議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 志摩市

平成17年第5回臨時会(第1号11月28日)




平成17年第5回臨時会(第1号11月28日)





 
        平成17年(2005年)第5回志摩市議会(臨時会)会議録


                第  1  号


              平成17年11月28日(月曜日)





               会議に出欠席の議員氏名


 出席議員26名


      1番  小 田 幸 道 君     2番  ? 口 三代和 君


      3番  森 本 雅 太 君     4番  出 間 敏 和 君


      5番  西 ? 甚 吾 君     6番  廣 岡 安 吉 君


      7番  中 村 八 郎 君     8番  杉 本 三八一 君


      9番  小 森   仁 君    10番  野 名 澄 代 君


     11番  山 下   弘 君    12番  松 尾 忠 一 君


     13番  中 川 弘 幸 君    14番  森 本 紘 正 君


     15番  小 河 光 昭 君    16番  坂 口   洋 君


     17番  上 村 繁 子 君    18番  西 尾 種 生 君


     19番  三 橋 文 夫 君    20番  大 口 秀 和 君


     21番  森     昶 君    22番  山 際   優 君


     23番  畑   美津子 君    24番  杉 木 弘 明 君


     25番  谷 口   覚 君    26番  ? 岡 英 史 君


 欠席議員


      な  し


            職務のため出席した事務局職員の職氏名


 議会事務局長    山 川 勘 一 君   議事課長   岡   英 雄 君


 議事係長      平 井   正 君   議事係    橋 本 勝 弘 君





              会議に出席した説明員の職氏名


 市長        竹 内 千 尋 君   助役     田 中   稔 君


 収入役       磯 和 光 春 君   総務部長   宮 本 源 光 君


 参事兼市長公室長  谷 崎   豊 君   企画部長   柴 原 時 男 君


 産業振興部長    中 村 達 久 君   建設部長   西 村   弘 君


 健康福祉部長    中 川 洋 司 君   生活環境部長 西 井 一 夫 君


 上下水道部長    水 口 良 之 君   病院事業部長 浜 口 和 本 君


 総務課長      稲 葉 和 美 君   教育委員長  大 東 弘 郎 君


 教育長       西 岡 松太夫 君   教育部長   小山崎 幸 夫 君





               議事日程第1号


              平成17年11月28日(月曜日)


                 午前9時開議


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定について


 日程第3 議案第138号志摩市職員の給与に関する条例の一部改正について





                 会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定について


 日程第3 議案第138号志摩市職員の給与に関する条例の一部改正について





               午前 9時 00分 開議


                  開 会・開 議


○議長(?岡英史君) おはようございます。


 ただいまの出席議員数は26名であります。


 地方自治法第113条の規定により、定足数に達しておりますので、これより平成17年第5回志摩市議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。


 本臨時会の提出案件と説明者及び補足説明者の職氏名はお手元に配付した名簿のとおりであります。





                  市長招集あいさつ





○議長(?岡英史君) 市長から本臨時会招集のあいさつを受けます。


 市長竹内千尋君。


              (市長 竹内千尋君 登壇)


○市長(竹内千尋君) 皆さん、おはようございます。


 本日志摩市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましてはお揃いでご出席をいただきまして誠にありがとうございます。


 さて、来年11月3日・4日・5日にかけて、全米女子プロゴルフ協会公式戦の1つであります、ミズノクラシックが当市内のゴルフ場で開催されることが決定をいたしました。今年滋賀県で行われました大会には宮里藍、横峯さくら、不動裕理選手などのトップ選手が参加をし、連日たくさんのギャラリーが熱戦を観戦をいたしました。


 このような大きな大会が志摩市で開催されることによりまして、より多くの方々に志摩市を知っていただく機会になり、観光客の入り込みにも良い結果をもたらすものと期待をしているところでございます。つきましてはこういった準備に関しましても万全の体制をとっていきたいというふうに考えております。


 さて、本臨時会では志摩市職員の給与に関する条例の一部改正についての1議案を提出をさせていただいております。何とぞよろしくご審議をいただきますようお願い申し上げまして、招集のあいさつとさせていただきます。


○議長(?岡英史君) 以上であいさつを終わります。





                会議録署名議員の指名





○議長(?岡英史君) 日程第1会議録署名議員の指名を行います。


 本議会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、4番出間敏和君、24番杉木弘明君の以上2名を指名いたします。





                会期の決定について





○議長(?岡英史君) 日程第2会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日と決定いたしました。





               議案の上程(議案第138号)





○議長(?岡英史君) 日程第3議案第138号志摩市職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。





                   提案説明





○議長(?岡英史君) 提出者の説明を求めます。


 市長竹内君。


              (市長 竹内千尋君 登壇)


○市長(竹内千尋君) 議案第138号志摩市職員の給与に関する条例の一部改正について、ご説明を申し上げます。


 本案は、平成17年人事院勧告に準じて職員の給与改定を行うため、本条例の改正をお願いするものであり、今回の改正の主な内容は官民給与の逆格差、マイナス0.36%を解消をするため、2年ぶりの給料表の引き下げ改定と、初任給調整手当及び配偶者にかかる扶養手当の引き下げを行い、期末勤勉手当については年間で0.05か月分の引き上げを行うものであります。


 詳細につきましては総務部長からご説明をいたしますので、ご審議のうえ、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。





                  補足説明





○議長(?岡英史君) 補足説明を許します。


 総務部長 宮本君。


○総務部長(宮本源光君) では議案第138号について補足説明を申し上げます。


 条例改正の内容でございますが、第7条の2に規定する初任給調整手当の額について、第1項第1号の医師にかかる手当を「30万7,900円」から「30万6,900円」に、同項第2号の医師以外の医療関係の技術職につきまして「5万200円」から「5万円」にそれぞれ引き下げを行い、第8条第3項に定める配偶者にかかる扶養手当を「1万3,500円」から「1万3,000円」に引き下げるものであります。


 また18条の2第1項に定めます一般職員の12月期の勤勉手当の支給割合を「100分の70」から「100分の75」とし、期末勤勉手当の年間支給割合を「4.4か月」から「4.45か月」に引き上げ、再任用職員の勤勉手当につきましても現在の6月、12月それぞれ「100分の35」の支給割合から、12月につきましては「0.05か月」引き上げ、「100分の40」とするものでございます。


 別表の給与表の改定につきましては、マイナス0.3%の改定率となっております。


 本条例の施行につきましては、附則第1項において公布の日の属する月の翌月の初日からとしており、12月給与分からの適用となります。


 また附則第5項におきまして、本年4月以降の給与の官民格差を解消するため、平成17年12月期末手当の特例措置を設けております。その内容は本年12月期末手当支給額については、本則第17条第2項で計算した額から、平成17年4月1日において職員か受けるべき給料、初任給調整手当、扶養手当、住居手当、単身赴任手当て及び管理職手当の月額に0.36%を乗じた額に4月から11月までの月数を乗じた額と、それから6月の期末勤勉手当に0.36%を乗じた額の合計額を差し引いた額とすることとしております。


 なお、今回特別職につきましては本年度当初より5%の減額措置を行っております。また議員各位につきましても先の報酬審議会等におきまして、この新議員の発足に伴います報酬等について検討がなされ、そういうなかでこの人事院勧告の状況もほぼその段階でわかっておりましたので、議論もしていただくなかで今回の新報酬を決めていただいておるというふうなこともございます。そういうふうなことで今回改定を行わないこととしております。


 また一方、期末勤勉手当の支給額が、一般職の例によるとされております教育長につきましては、今回の一般職の給与改定を適用させない措置として、附則第8項において志摩市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正を行っております。


 その内容は補足に1項を追加しまして、準用する職員の給与条例の改定後の勤勉手当の支給割合の「100分の75」を改正前と同じく「100分の70」とし、12月期末手当の特例措置についても適用しないこととするものでございます。


 資料といたしまして新旧対照表及び今条例等の部分につきましても、例規データベース化で皆さんのお手元にないということで、関係条例をお届けをしておりますし、また志摩市の労務職員の給与、勤務時間、その他の勤務条件に関する規則の一部改正も添付をさせていただいておりますのでご参照いただきたいと思います。


 以上で補足説明を終わります。よろしくご審議をお願い申し上げます。


○議長(?岡英史君)以上で提出者の説明を終わります。


 お諮りいたします。


 議案第138号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第138号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。





                  質  疑





○議長(?岡英史君) これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 15番小河光昭君。


○15番(小河光昭君) 志摩市が志摩市の職員の給与を改正しようとするまず理由、1点目にお伺いいたします。


 2点目に、この改正によって年間の志摩市の職員の給与、どれぐらい削減できるのかを2点目でお伺いいたします。


○議長(?岡英史君) 総務部長宮本君。


○総務部長(宮本源光君) 給与改定につきましては、従来から各町におきまして人事院勧告に基づいて改定をしてきたというふうな経緯も含めまして、また今回、国の公務員制度の改革も含めていろんな議論がなされております。そういうことも勘案しながら改定をさせていただくというふうなことでございます。今回の改定によりまして、志摩市のなかで金額的なもので申しますと、全体の給与のなかの額でいきますと150万円ほどの減額というふうなことになってまいります。


○議長(?岡英史君) 15番小河光昭君。


○15番(小河光昭君) 年間150万円ということで、今給与という話が出ましたが、これは給与のなかには期末勤勉も含めまれた金額と解釈してよろしいですか。


○議長(?岡英史君) 総務部長宮本君。


○総務部長(宮本源光君) すべての扶養手当、また期末勤勉手当すべてを含めての額でございます。


○議長(?岡英史君) ほかに質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) 質疑なしと認めます。





                  討  論





○議長(?岡英史君) これより討論を行います。


 討論はありませんか。


 16番坂口洋君。


○16番(坂口洋君) 反対討論を行います。


 私は職員の生活と権利を守る立場から、阿児町議会時代から定数の削減や給与のカットには断固反対を貫いてきたものであります。今回もまた反対をするものです。


 反対理由の第1は、今回の賃下げが公務員労働者に直接影響与えるだけでなく、広範な民間労働者の賃下げにもつながるもので、まさに賃下げの悪循環を繰り返すことになるからであります。


 人勧は官民の格差解消を口実にして、公務員賃金を抑えるのが当然だとしています。しかし、今年の春闘の1.47%、3,743円賃上げという結果から見て不当なものであります。そしてしっかりと見極めなければならないのはこの大不況のなか、公務員賃金を抑えて日本経済全体に悪影響はないかという点であります。民間の賃金の低下は社会保障の改悪や増税、そして不良債権処理の名にによる中小企業潰しなど、国民生活を圧迫し、個人消費を押し下げ、消費不況を深刻にさせたなか、大企業が大リストラに加え、賃金か雇用かと迫り、能力成果主義賃金などで労働者を分断し、押さえ込んできた結果であります。


 この人勧を実施すればさらに消費不況を悪化させ、日本経済にもこの志摩市の地域経済にも否定的影響を与えることは明らかであります。今、地域経済を建て直すためには市民の暮らしを応援し、個人消費を引き上げることが最も求められているのであります。


 第2の理由、4月に遡り賃下げ調整を12月期末手当でするのは、不利益変更は過去に遡らないとする原則を踏みにじる脱法行為であります。この問題は法律論としても重大であるばかりでなく、人事院制度の根幹にかかわる原理原則が問われる問題であります。


 人事院は自らを労働基本権の代償、公正な第三者機関であるとしていますが、労働基本権の代償たりえず、政府財界の賃下げ攻撃と構造改革を推進する立場に陥っております。これが反対の理由であります。


 これに加え、各自治体の財政難を公務員の賃下げの理由とする意見にも反論をしておきます。


 全国の各自治体の財政難の原因は、公務員の賃金にあるのでは決してありません。ゼネコン奉仕の無駄な公共事業と三位一体改革という各悪による地方財政の削減にあるのであり、そしてこの志摩市も決してその例外ではありません。全国の各自治体が借金財政に陥ったその根本を改めることなく、公務員の賃金に犠牲を押しつけることでは打開できません。


 公務員は全体の奉仕者であり、その賃金は市民の納税で賄われるものですから、賃金労働条件も市民の理解と指示を得られることが必要なのは言うまでもありません。この厳しい不況のなかで公務員の待遇に対する住民の方々のさまざまな感情も私は理解できるものです。


 しかし、政府財界はこの感情を利用し、公務員労働者と民間労働者との間を分断する攻撃をこの間続けてまいりました。大切なことはこの分断攻撃に乗せられないことであります。民間賃金の低下と不安定な雇用の広がりをそのままにして、決して公務員賃金の引き上げを主張するものではありませんが、今必要なことは各自治体の財政破綻の原因である税金の無駄づかいを住民本位に転換させ、財政再建の道に寄せること。三位一体の改革に反対し、地方財政を守ることであります。


 そして労働者、勤労者を分断する攻撃に乗せられず、今こそ広範な労働者、勤労者の生活防衛の共同行動を広げることであります。今政府、小泉政権は大企業には減税を進め、また大型公共事業などの無駄と利権の構造にはメスを入れず、公務員の賃下げをテコにさまざまな国民生活切り捨てに連動させようとしております。サラリーマン増税に反対、消費税の増税に反対、社会保障改悪反対、不良債権処理の名による中小企業潰しを止めさせ、中小企業対策を強化すること、無法身勝手な大企業のリストラを許さない。サービス残業をなくし若者の雇用を確保することなど、労働者、勤労者が力を合わせて頑張らなくてはならないことが多くあります。


 この時期、公務員労働者と民間労働者を相対立させて議論することは、この求められる広範な共同行動をまさに分断する行為であります。私は今後も勤労者の生活を守る先頭に立つとともに、市職員の職務にふさわしい賃金の実現を目指す奮闘することを表明し、反対討論とします。


○議長(?岡英史君) 賛成の討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ声あり)


○議長(?岡英史君) 反対討論、15番小河光昭君。


○15番(小河光昭君) 当議案に対して反対の討論を行います。


 官民の格差があるということで給与改正を行おうとしておりますが、年間削減できる金額が150万円ということで、このことによって職員のやる気をなくしてしまえば、150万円で志摩市の活性化ができる。とてもじゃないけどそういうことは望めないと私は思います。


 官民の格差があるのは給料の金額じゃなく、中身に非常に大きな格差が生じている。今、志摩市がやらなければいけないことはその中身の改正であって、本当に職員がやる気をもって働ける職場を確保していく、非常に民間ではこの厳しい状況のなかでできない職員は首が飛ぶという、そういう厳しいなかで働いております。ここらへんが官民非常に大きな格差がある点であると私は思いますので、そういう点を踏まえて中身の改革に力を入れてほしい、今ここで給料をこんだけの差で改正する必要は全くないとこう思いますので、反対いたします。


○議長(?岡英史君) 賛成の討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ声あり)


○議長(?岡英史君) ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ声あり)


○議長(?岡英史君) これで討論を終わります。





                  採  決





○議長(?岡英史君) これより議案第138号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに、賛成の諸君の挙手を求めます。


               (多数挙手)


○議長(?岡英史君) 挙手多数であります。


 よって、議案第138号は、原案のとおり可決されました。





               不穏当発言の扱いについて





○議長(?岡英史君) お諮りします。


 不穏当発言及び志摩市議会会議規則第43条の規定にかかる事項につきまして、議長にて後刻調査のうえ、適当の措置を取ることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(?岡英史君) ご異議なしと認めます。


 したがって、不穏当発言及び志摩市議会会議規則第43条の規定にかかる事項につきましては、議長にて後刻調査のうえ、適当の措置を取ることに決定いたしました。





                  閉   会





○議長(?岡英史君) 以上をもちまして、本臨時会の日程はすべて終了いたしました。


 これをもちまして、平成17年第5回志摩市議会臨時会を閉会いたします。


 どうもありがとうございました。





                 午前9時22分閉会





  地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。











  志摩市議会議長    ? 岡 英 史         平成  年  月  日











  志摩市議会議員    出 間 敏 和         平成  年  月  日











  志摩市議会議員    杉 木 弘 明         平成  年  月  日