議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 いなべ市

平成21年第4回定例会(第1日12月 8日)




平成21年第4回定例会(第1日12月 8日)





                  平成21年


              いなべ市議会(第4回)定例会


            平成21年12月8日午前9時 開会





 
開会(開議)の宣告


  日程第 1        会議録署名議員の指名


  日程第 2        会期の決定


  日程第 3        諸般の報告


  日程第 4 同意第 2号 いなべ市教育委員の任命につき同意を求めることについ


               て


  日程第 5 議案第60号 社会保険の保険料等に係る延滞金を軽減するための厚生


               年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条


               例の整備に関する条例の制定について


  日程第 6 議案第61号 いなべ市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償


               等に関する条例の一部を改正する条例の制定について


  日程第 7 議案第62号 いなべ市消防団に関する条例の一部を改正する条例の制


               定について


  日程第 8 議案第63号 いなべ市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する


               条例の制定について


  日程第 9 議案第64号 いなべ市地域包括センター条例の一部を改正する条例の


               制定について


  日程第10 議案第65号 財産の無償譲渡について(市之原自治会への譲渡)


  日程第11 議案第66号 財産の無償譲渡について(大井田自治会への譲渡)


  日程第12 議案第67号 字の区域の変更について(員弁町松之木地区)


  日程第13 議案第68号 いなべ市道路線の廃止について


  日程第14 議案第69号 平成21年度いなべ市一般会計補正予算(第3号)


  日程第15 議案第70号 平成21年度いなべ市農業集落排水事業特別会計補正予


               算(第1号)


  日程第16 議案第71号 平成21年度いなべ市下水道事業特別会計補正予算(第


               2号)


  日程第17 議案第72号 平成21年度いなべ市水道事業会計補正予算(第2号)





追加日程


  日程第 1 同意第 3号 いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについ


               て


  日程第 2 同意第 4号 いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについ


               て


  日程第 3 議案第73号 財産の取得について(小中学校教育用コンピュータ及び


               周辺機器購入)


  日程第 4 議案第74号 財産の取得について(スクールバス購入)





2 出席議員


    1番 多 湖 克 典        11番 種 村 正 已


    2番 川 瀬 利 夫        12番 伊 藤 弘 美


    3番 小 林 昌 彦        13番 奥 岡 征 士


    4番 近 藤 幸 洋        14番 林   正 男


    5番 伊 藤 正 俊        16番 水 谷 治 喜


    6番 衣 笠 民 子        17番 小 川 克 己


    7番 小 林 俊 彦        18番 太 田 政 俊


    8番 鈴 木 順 子        19番 清 水   實


    9番 位 田 まさ子        20番 石 原   瞭


   10番 岡   英 昭





3 欠席議員


   15番 水 貝 一 道





4 地方自治法第121条により出席した者の職氏名


市長          日 沖   靖   教育長         日 沖   貴


会計管理者       二 宮 敏 夫   総務部長        奥 岡 史 郎


企画部長        名 村 之 彦   福祉部長        安 藤 喜 之


市民部長        安 藤 博 幸   農林商工部長      清 水 隆 徳


建設部長        小 寺 修 栄   水道部長        安 藤 三 成


まちづくり部次長    種 村 茂 高   まちづくり部次長    溝 口 勝 三


教育委員会教育次長   川 島   修   政策課長        岡   正 光


法務情報課長      川 添 隆 史





5 職務のため出席した者の職氏名


議会事務局長      江 上 安比古   議会事務局次長     種 村 道 夫


議会事務局議事課長   太 田 正 人   議会事務局議事課主幹  市 川 哲 也








              (午前 9時00分 開会)


○議長(伊藤弘美君)  おはようございます。


 平成21年度第4回いなべ市議会定例会にご出席いただき、ありがとうございます。


 本日の定例会に15番、水貝一道君から一身上の都合による欠席届が提出されております。


 ただいまの出席議員数は19名であります。


 定足数に達しておりますので、平成21年第4回いなべ市議会定例会を開会いたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 本日の会議は、お手元に配付の議事日程により進めてまいります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により7番、小林俊彦君、8番、鈴木順子君を指名いたします。


 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から12月22日までの15日間といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から12月22日までの15日間と決しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 議長の会議等についての報告及び議員派遣に関する報告、並びに監査委員からの例月出納検査の結果報告を諸報告綴としてお手元に配付いたしましたので、ご了承願います。


 お諮りいたします。


 日程第4、同意第2号、いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてから、日程第17、議案第72号、平成21年度いなべ市水道事業会計補正予算(第2号)までの14案件を一括議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  異議なしと認めます。


 よって、日程第4、同意第2号から日程第17、議案第72号までの14案件は一括議題とすることに決しました。


 日程第4、同意第2号から日程第17、議案第72号までの14案件の提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖 靖君。


○市長(日沖 靖君)  皆さん、おはようございます。


 それでは、早速説明をさせていただきたいと思います。お手元の定例会議案の右肩2番の同意第2号、いなべ市教育委員会委員の任命につきまして、説明をさせていただきます。


 3ページをお開きをいただきますと、同意第2号、いなべ市教育委員会の委員の任命につきまして、教育委員6名のうち、玉野 勸氏の任期満了の後任といたしまして、新たに三輪 敏氏を任命しようとするもので、三輪氏は教育委員、学校長としていなべ市の教育の発展に尽力された方です。


 続きまして、議案第60号、5ページをお開きいただきますと、社会保険の保険料に係る滞納金を軽減するための厚生年金保険法等の一部改正に伴い関係条例を整理しようとするものでございます。7ページをお開きいただきますと、第1条では国民健康保険条例の延滞金の利率、第2条では介護保険法条例の延滞金、第3条では後期高齢者医療に関する条例でございます。三つの条例の延滞金について規定をするものでございまして、納期限から一定期間延滞金利率を軽減しようとするもので、従来1カ月間につきましては、7.3%、それ以降につきましては、14.6%であったものを、3カ月間延長しようとするものでございます。


 従いまして、今後3カ月につきましては7.3%の利率を、それ以降3カ月以降が14.6%の利率が適用されるものでございます。


 続きまして、議案第61号、9ページをお開きいただきまして、いなべ市議会の議員他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして。10ページをお開きいただきますと、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う地方公務員災害補償法の一部改正に伴いまして、いなべ市議会の議員その他非常勤職員の公務災害補償に関する条例を改正しようとするものです。地方公務員である船員、船の船員です。船員のうち再任用、短時間勤務職員、非常勤職員につきまして、常勤の地方公務員である船員と同様の補償を行おうとするものでございます。


 続きまして、議案第62号、いなべ市消防団に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、15ページをお開きをいただきますと、改正案は第15条第4項中の6級を5級に、5級を4級にというだけでございますが、この背景は、いなべ市消防団の旅費規程につきまして、いなべ市職員旅費に関する条例を準用しておりますが、平成18年の行政職の給料表の抜本改正によりまして、旧給料表の3級と4級が合成され、新3級となったために、それ以降の級が繰り上げされたための改正でございます。実質的な旅費の金額は変わっておりません。


 続きまして、議案第63号、いなべ市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定につきましては、19ページをお開きいただきますと、第2条中第35条の7を第35条の10に改めるという項目だけでございます。背景につきましては、消防法の改正によりまして、従来の被害の軽減に加えまして、傷病者の搬送を適切に行うということが、消防法の条文の中に加わったことによりまして、関係条例を整理しようとするものでございます。


 続きまして、議案第64号、いなべ市地域包括センターのセンター条例の一部を改正する条例の制定につきまして、23ページをお開きをいただきますと、介護保険法及び老人保健法が改正され、市町村長による介護事業者への勧告、命令や連絡調整など必要な措置を行える規定が追加されました。この法改正に伴いまして、条例中の関係条例を整理するものでございます。


 続きまして、25ページ、議案第65号、財産の無償譲渡につきましては、市之原自治会への財産の無償譲渡でございます。市之原自治会の法人化に伴いまして、市之原字湯ケ谷1312番、山林の4,922?、この土地を本来の所有者に返還しようとするものでございます。


 続きまして、議案第66号、29ページ、財産の無償譲渡につきまして、大井田自治会への譲渡ということで、これも大井田自治会の法人化に伴いまして、大井田字明珍1498番2の山林878?を本来の所有者に返還しようとするものでございます。


 続きまして、議案第67号、字の区域の変更につきまして、員弁町松之木地区の市営松之木住宅敷地の整備に伴いまして、住宅整備がなされた区域に従って字の区域を整備しようとするのでございます。


 続きまして、議案第68号、いなべ市道路線の廃止につきまして、これにつきましては、39ページをお開きをいただきますと、長尾篠立支1号線、この路線は藤原工業団地の開発に伴いまして、長尾篠立線が完成したことによりまして、交通量が激減し、粗大ごみの不法投棄が後を絶たない状態であることから、市道としての登録を廃止し、一般車両の進入を制限し、不法投棄の防止を進めようとするものでございます。


 議案第69号、補正予算、一般会計補正予算第3号をご覧をいただきたいと思います。3−1を見ていただきますと、いなべ市一般会計補正予算の歳入歳出それぞれ3,501万4,000円を減額し、185億162万5,000円としようとするものでございます。


 内容につきましては、歳出の21ページをお開きください。歳出の方からご説明をさせていただきたいと思います。


 歳出は人事院勧告による人件費の減額が、大きなウエートを占めておりますけれども、総務費の財産管理費の594万5,000円、入札契約事務費、これにつきましては、物品や業務委託などの入札参加の資格申請、審査を三重県自治会館組合に委託をいたしまして、これの委託につきましては、県内24市町が委託をし、共同で受付、審査を行います。平成22年4月からの運用に際してのデータの取り込みを行うシステムの環境を整備しようとするものでございます。


 その下、企画費のバス交通整備事業費294万円につきましては、員弁地域コミュニティバス事業費42万円、これは、三岐鉄道から、そして下の北勢地域と書きましたが、藤原北勢地域のコミュニティバス事業252万円、これは三重交通でございますけれども、それぞれ2台、市のバスをお貸しをしております。それを市の方に4月から、緑ナンバーから白ナンバーへ登録換えをする関係上、あらかじめ車を市の方に返していただきまして、車の運転は今後は、シルバー人材センターさんにお願いをしますので、シルバー人材センターさんの運転の練習。それと車検時の車の代がえ代といたしまして、これを計上するものでございます。


 続きまして、委託料の972万6,000円につきましては、クレジット収納対応システム改修委託料でございます。これにつきましては、ヤフー公金支払システムを利用したクレジット収納を始めたいと思います。インターネット上でクレジットカードによる支出を可能にするためのシステム改修の委託料でございます。


 次のページ、23ページを 開いていただきますと、500万円のコミュニティ施設整備事業費、これにつきましては、畑毛自治会の旧十社幼稚園の半分を解体しまして、そこに畑毛自治会の自治会会館を建設するための補助金でございます。


 25ページを開いていただきますと、真ん中から下、老人福祉費の1,000万円の補正につきましては、その上の社会福祉総務費、ありがとう券の事業費の30万円につきましては、これはありがとう券導入に伴います印刷費でございます。5万シートを計画しております。50万枚、5万シート。そして福祉バス準備事業費731万2,000円につきましては、車両の登録変更、そして運転教習、運行管理室の整備が主な内容でございます。


 その下の老人福祉費1,000万円につきましては、介護保険事業費として、国の交付金事業といたしまして、認知症対応型の通所介護施設、これについての国から100%の補助金をいただいての施設整備でございます。7月30日に公募をいたしまして、プロポーザルで厳正な審査を行った結果、有限会社だいちを選定し、阿下喜地区で介護事業サービスをされるということに対する補助金でございます。


 続きまして、委託料につきまして、障害者福祉費の委託料1,050万円、その工事請負費1億5,000万円、備品購入費の1,050万円、これにつきましては、重度身体障害者通所施設の建設にかかる費用でございます。合計1億7,100万円でございます。これにつきましては、下の補助金で当初計画をいたしておりましたので、補助金9,840万9,000円の減額になっております。臨時交付金を充当して、補助金を拠出することを当初見込んでおりましたけれども、定住自立圏の補助金が、政権の交代によりまして、大幅に減額され、この重度身体障害者施設の補助金がカットされました。それに伴いまして、市の建設に変更をさせていただくものでございます。総事業費が1億7,100万円でございます。前もっての臨時交付金の予算額が9,900万円でございましたので、差額7,200万円について補正計上をさせていただくものでございます。扶助費の3,170万4,000円につきましては、障害者自立支援市単独補助事業でございます。介護給付報酬の改定に伴う給付費の増加分でございます。


 続きまして、27ページをお開きをいただきますと、福祉医療費、その中の償還金利子及び割引料、障がい者医療費扶助事業費の203万6,000円につきましては、補助金の精算による返還金でございます。その下も17万9,000円が出てまいりますのが、これも同じく障害者在宅施設サービス事業費、平成20年度の負担金の精算による返還金でございます。その下、18万9,000円につきましても手話通訳者等派遣事業費、これも精算の返還金でございます。1番下の児童手当費430万円、合計で448万円の児童手当事業費につきましては、該当者の増加によるものでございます。


 29ページをお開きいただきますと、保育園費、これにつきましても私立の大安中央保育園の建設事業費の補助金、これを1億1,000万円減額をするものが主な内容でございます。それと、公立保育園運営事業費、これにつきましては臨時職員の追加でございます。特別支援保育の対象者の増加に伴いまして、人員を増強いたします関係上507万6,000円追加するものでございます。


 1番下の生活保護総務費の生活保護システム改修委託料15万8,000円につきましては、政権交代により母子加算手当が復活されたことによるシステム改良でございます。


 31ページをお開きをいただきますと、予防費の扶助金3,390万6,000円につきましては、新型インフルエンザ予防接種助成金3,390万6,000円でございます。市民税非課税世帯に対する助成でございまして、助成対象者は5,350人を見込んでおります。この事業は国2分の1、県が4分の1、市が4分の1で共同出資をして、インフルエンザの予防に努めるものでございます。


 その下、環境衛生費、工事請負費の1,550万円につきましては、グリーンニューディール事業費1,550万円、これにつきましては、大安町にあります中央公民館の空調設備、それと照明をLED灯に改修しようとするものでございます。内訳につきましては、県補助が1,400万円、市単独で150万円でございます。


 続きまして、33ページをお開きをいただきますと、農業振興費、集落営農支援事業費、農地・水・環境保全向上対策事業費82万円につきましては、三つの集落営農組織が面積が広がりました関係上、それによる加算でございます。その下の中山間地域等直接支払事業費30万円につきましては、一つの営農組合が法人化によりまして不成立になりました。それによりまして、補助金の返還金でございます。


 農地費の農業集落排水特別会計への繰出金1,108万円につきましては、前年度繰越金が確定したことによります繰出金の減額でございます。県単独土地基盤整備事業費436万円につきましては、宇賀地区と宇賀地区の用水路改修が補助対象になりましたので、それに伴います県単独事業でございます。


 1番下の段の農地有効利用支援整備事業費1,137万4,000円につきましては、政権交代による補助事業の見直しによります減額でございます。


 次のページ、35ページを開いていただきますと、林業振興事業621万円につきましては、400万円の病害虫対策事業費、これは員弁公園の樹幹注入、松くい虫の被害の対策費でございます。県補助がつきまして、500万円の県補助がつきました。100万円は従前より予算を持っておりましたので、400万円を追加いたしまして、500万円の県事業をやっていただくということです。その下、県単独林業改良事業費221万円につきましては、宇賀渓と北中津原の林道の整備でございます。


 商工振興費、消費者行政事業費101万9,000円につきましては、消費者相談員の育成といたしまして、臨時職員の賃金でございます。緊急経済雇用対策の一環での補助金になっております。


 その下の観光施設整備事業費152万5,000円につきましては、観光客受入施設整備事業費100万円、これは宇賀渓の遊歩道を整備しようとするものでございます。その下、観光施設整備事業費52万5,000円、市内観光マップを増刷させていただこうと思っております。5,000部の増刷分でございます。


 次のページ、37ページを開いていただきますと、道路橋梁新設改良の中の委託料の1億1,780万円の減額、そして工事請負費の8,400万円の増額、公有財産の2,480万円の増額につきましては、地方道路整備事業交付金事業といたしまして、今、大井田3区292号線と笠田新田坂東新田線を整備しておりますけれども大井田地区で予定をしておりました委託事業を笠田新田坂東新田線に事業を振りかえまして、集中的に整備を進めようとする予算の組み換えでございます。大井田地区も一部残りますけれども、集中的に笠田新田坂東新田線を整備していきたいと思っております。


 続きまして、39ページをお開きいただきますと、災害対策費の委託料278万円につきまして。防災無線事業費が78万円でございます。その下、全国瞬時警報システムの導入事業200万円につきましては、Jアラートと言っておりますが、緊急地震速報とか、弾道ミサイルの情報など、対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を衛星通信から行政が受信をいたしまして、市民に伝達するためのシステムの誘導でございます。100%国費、136万7,000円分が国費でございます。そして受けた情報をいなべ市としましたらメルマガ、「まいめる」と呼んでおりますけど、それの配信を即時にしていきたいと思いますので、そのシステム改良費を63万3,000円単費で予定をしております。


 続きまして、41ページの学校管理費の委託料の減額400万円につきましては、小学校の保守管理委託料、委託契約がすべて終わりましたので、入札差金による減額の400万円でございます。


 43ページ、これは中学校施設の委託契約が済みましたので、200万円の減額でございます。1番下の公民館事業費の公民館連絡協議会事業費10万円につきましては、石仏公民館の土地借り上げ料でございます。地権者との間で和解することができましたので、借地契約を締結できました。その借地料でございます。


 45ページをお開きをいただきますと、図書館事業費の70万円につきましては、増員と祝祭日勤務手当の適正化による増額でございます。博物館事業費の85万円につきましては、正規職員から人事異動によります臨時職員の賃金でございます。


 1番下の学校給食整備事業費539万8,000円につきましては、大安給食センターにおいて、員弁西小学校の調理を行うことによります3名の臨時職員の増加分でございます。


 次のページ、47ページをお開きいただきますと、農地災害復旧事業費の100万円でございます。これは台風18号によります災害で北勢町地内農地1件、農業用施設1件の被害がございましたので、その災害復旧費、農地分といたしまして100万円、そして農業用施設分としまして112万円でございます。


 歳入について、少しご説明をさせていただきます。13ページに戻っていただいて、地方特例交付金の確定によりまして、2,907万7,000円が確定をいたしました。三つ目の普通交付税、これの9,328万円、これは確定でございます。普通交付税につきましては、昨年よりも多くなりました。トータルでいきますと、昨年が17億8,400万円でございましたが、平成21年度は18億9,300万円と増額をしております。特別交付税につきましては、確定をいたしておりませんので、昨年度が3億6,000万円ですけど、2億円を仮計上をさせていただきました。政権交代によりまして、流動的でございますので、まだ予断を許さない状況でございます。


 15ページを開いていただいて、子育て応援特別手当事業費補助金の4,500万円の減額につきましては、政権交代によります減額でございます。


 17ページを開いていただきまして、最終的な財政調整基金の繰入金2億円を減額しようとするものでございます。これによりまして、財政調整基金残高は平成20年度は28億円でしたが、21年度は25億円、3億円減額をいたします。


 一般会計の説明は以上でございます。


 続きまして、農業集落排水特別会計補正予算第1号、3−2というのをお開きください。歳入歳出それぞれ572万4,000円を追加いたしまして、2億7,019万4,000円としようとするものでございます。


 主な内容につきましては、9ページをお開きいただいて、9ページの前年度繰越金が確定したことによります一般会計からの繰入金を減額をしようとするものでございます。前年度繰越金1,680万4,000円が繰り越されましたので、そのうちの経費を除いて、一般会計から1,108万円を減額するものでございます。


 11ページを開いていただきまして、27万円のマイナスは人件費の人事院勧告によります人件費の引き下げでございます。そして600万円につきましては、農業集落排水施設維持改修事業費、これは県道布設マンホール改修工事の増額でございます。農業集落排水事業特別会計補正予算については以上でございます。


 続きまして、3−3、下水道事業特別会計補正予算第2号につきましては、歳入歳出それぞれ145万7,000円を減額いたしまして、17億2,640万3,000円としようとするものでございます。主な内容につきましては、9ページをお開きをいただきますと、一般会計からの繰入金145万7,000円の減額につきましては、人事院勧告によります人件費の減額でございます。


 11ページをお開きいただきますと、下水道使用料賦課徴収事業費72万円につきましては、過年度還付金と消費税でございます。そして公共下水道整備事業72万円の減額につきましては、水道管の移転と補償費の精査によります減額、公共下水道の補償費の減額でございます。これが主な内容でございます。


 最後になりましたけれども、水道事業会計の補正予算、3−4を開いていただきますと、3−4の3ページ、水道事業会計補正予算の主な内容につきましては、収益的収入及び支出の項目、それの固定資産売却益の479万3,000円につきましては、員弁第一加圧場と言いまして、笠田大溜の西側に設置をされておりました加圧場でございます。それを笠田新田坂東新田線の新設工事改良に伴いまして、笠田大溜の西にありましたこの加圧場を解体をいたしますその移転補償。歳入につきましては、その移転補償として土地代77万円、建物の移転補償といたしまして402万3,000円でございます。合計479万3,000円でございます。


 支出の200万円につきましては、建物の解体にかかる費用でございます。支出の欄の総務費の154万9,000円につきましては、人事院勧告によります人件費の減額でございます。これが水道会計の主な内容でございます。以上でございます。慎重なご審議よろしくお願いします。


○議長(伊藤弘美君)  市長から説明が終わりましたが、補足説明がありましたら許可をいたします。


                (「なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  以上で、提案理由の説明を終わります。


 日程第4、同意第2号、いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題といたします。


 これより、同意第2号に対する質疑を許します。


 質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  質疑を終結します。


 お諮りいたします。


 同意第2号、いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、会議規則第37条第3項の規定より、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  異議なしと認めます。


 よって、同意第2号につきましては、委員会付託を省略することに決しました。


 これより、同意第2号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  討論を終結します。


 同意第2号を採決いたします。


 本案は原案のとおり同意することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(伊藤弘美君)  起立全員であります。


 よって、同意第2号、いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、原案のとおり同意することに決しました。


 暫時休憩いたします。


 このままでお待ちください。


               午前  9時40分 休憩


               午前  9時40分 再開


○議長(伊藤弘美君)  再開いたします。


 ただいま、市長から同意第3号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについて、同意第4号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについて、議案第73号、財産の取得について(小中学校教育用コンピュータ及び周辺機器購入)及び議案第74号、財産の取得について(スクールバス購入)の4案件が提出されました。


 よって、これを日程に追加し、追加日程第1から追加日程第4として議題といたしたいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  異議なしと認めます。


 よって、追加日程第1から追加日程第4として、議題とすることに決しました。


 再び暫時休憩します。


 このままでお待ちください。


               午前  9時41分 休憩


               午前  9時43分 再開


○議長(伊藤弘美君)  再開いたします。


 それでは、まず、追加日程第1、同意第3号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 市長より同意第3号の提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖 靖君。


○市長(日沖 靖君)  同意第3号につきまして、いなべ市監査委員として羽場恭博氏を選任しましたので、議会の同意を求めようとするものでございます。よろしくお願いを申し上げます。


○議長(伊藤弘美君)  これより、質疑を許します。


 同意第3号に対する質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  質疑を終結します。


 お諮りいたします。


 同意第3号は会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  異議なしと認めます。


 よって、同意第3号は委員会を省略することに決しました。


 これより、同意第3号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  これにて、討論を終結します。


 それでは、同意第3号を採決いたします。


 本案を原案のとおり同意することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(伊藤弘美君)  起立全員であります。


 よって、同意第3号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案のとおり同意することに決しました。


 追加日程第2、同意第4号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、小林俊彦君の除斥を求めます。


                (小林俊彦君、退場)


○議長(伊藤弘美君)  市長より同意第4号の提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖 靖君。


○市長(日沖 靖君)  同意第4号、いなべ市監査委員として、小林俊彦氏の選任の同意を求めようとするものでございます。よろしくお願いします。


○議長(伊藤弘美君)  これより、質疑を許します。


 同意第4号に対する質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  質疑を終結します。


 お諮りいたします。


 同意第4号も会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  異議なしと認めます。


 よって、同意第4号は委員会付託を省略することに決しました。


 これより、同意第4号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(伊藤弘美君)  これにて、討論を終結します。


 それでは、同意第4号を採決いたします。


 本案を原案のとおり同意することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(伊藤弘美君)  起立全員であります。


 よって、同意第4号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案のとおり同意することに決しました。


 小林俊彦君の除斥を解きます。


                (小林俊彦君、入場)


○議長(伊藤弘美君)  小林俊彦君に申し上げます。


 ただいま提出されました同意第4号、いなべ市監査委員の選任につき同意を求めることについては、同意と決しましたので、お伝えいたします。


 追加日程第3、議案第73号、財産の取得について(小中学校教育用コンピュータ及び周辺機器購入)追加日程第4、議案第74号、財産の取得について(スクールバス購入)の2議案を一括で議題といたします。


 2議案の提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖 靖君。


○市長(日沖 靖君)  議案第73号、財産の取得につきましては、小中学校教育用コンピュータ471台及び周辺機器レーザープリンター18台などを購入しようとするもので、この件につきましては、国のスクールニューディール政策による補助2分の1、それと経済危機対策交付金、この2分の1を受けまして、学校のICT情報コミュニケーション技術の環境を整備しようとするものでございます。


 契約方法につきましては、10社による指名競争入札を行いました。契約金は5,720万4,000円でございます。設計額に対する落札率は64%でございました。契約の相手方は、株式会社フューチャーイン四日市営業所でございます。


 続きまして、議案第74号、財産の取得につきまして、スクールバスといたしまして、ハイエースコミュータ15人乗りを9台、ハイエースワゴン10人乗りを2台を国の地域活性化経済危機対策の臨時交付金事業といたしまして、購入しようとするものでございます。


 契約の方法につきましては、18社によります指名競争入札を行いました。契約金額は、2,982万円でございます。設計金額に対する落札率は84%でございます。契約の相手方は、北勢町瀬木の有限会社加藤モータース商会でございます。慎重なご審議をよろしくお願いを申し上げます。


○議長(伊藤弘美君)  以上をもちまして、本日の日程はすべて終了しました。


 なお、本日説明のありました日程第5、議案第60号から日程第17、議案第72号及び追加日程第3、議案第73号、追加日程第4、議案第74号の15議案につきましては、12月15日の本会議において、総括質疑を行います。


 よって、質疑の発言希望者は、お手元に配付の質疑通告書を12月10日正午までに議会事務局へ提出くださるようお願いいたします。


 次回の本会議は、12月10日午前9時に再開し、一般質問を行います。


 それでは、本日はこれをもちまして、散会といたします。


 どうもご苦労様でございました。


              (午前 9時52分 散会)





        地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








               いなべ市議会議長








               いなべ市議会署名議員








               いなべ市議会署名議員