議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 いなべ市

平成21年第1回臨時会(第1日 5月29日)




平成21年第1回臨時会(第1日 5月29日)





                  平成21年


              いなべ市議会(第1回)臨時会


            平成21年5月29日午前10時開会





 
開会(開議)の宣告


日程第 1        会議録署名議員の指名


日程第 2        会期の決定


日程第 3 報告第 3号 平成20年度員弁土地開発公社決算等の報告について


日程第 4 承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて


             (いなべ市税条例の一部を改正する条例)


日程第 5 議案第40号 いなべ市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条


             例の制定について





2 出席議員


    1番 小 林 昌 彦        13番 種 村 正 巳


    2番 川 瀬 利 夫        14番 林   正 男


    3番 近 藤 幸 洋        15番 水 谷 治 喜


    4番 城 野 正 昭        16番 伊 藤 弘 美


    5番 岡   英 昭        17番 奥 岡 征 士


    6番 小 林 俊 彦        18番 清 水 保 次


    7番 鈴 木 順 子        19番 小 川 みどり


    9番 衣 笠 民 子        21番 出 口   正


   10番 位 田 まさ子        22番 小 川 克 己


   11番 川 ? 智比呂        23番 太 田 政 俊


   12番 藤 本 司 生        24番 石 原   瞭





3 欠席議員


    8番 伊 藤 和 子        20番 水 貝 一 道





4 地方自治法第121条により出席した者の職氏名


市長          日 沖   靖   教育長         日 沖   貴


総務部長        奥 岡 史 郎   企画部長        名 村 之 彦


まちづくり部次長    種 村 茂 高   政策課長        岡   正 光


法務情報課長      川 添 隆 史





5 職務のため出席した者の職氏名


議会事務局長      江 上 安比古   議会事務局次長     種 村 道 夫


議会事務局議事課長   太 田 正 人   議会事務局議事課主幹  市 川 哲 也








              (午前10時00分 開会)


○議長(奥岡征士君)  おはようございます。


 本日は平成21年第1回いなべ市議会臨時会にご出席いただき、ありがとうございます。


 本臨時会に8番伊藤和子君及び20番水貝一道君から所用による欠席届が提出されております。


 ただいまの出席議員数は22名であります。


 定足数に達しておりますので、平成21年第1回いなべ市議会臨時会を開会いたします。


 これより、会議を開きます。


 本日の会議はお手元に配付の議事日程により進めてまいります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により11番 川?智比呂君、12番 藤本司生君を指名いたします。


 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日限りと決しました。


 お諮りいたします。


 日程第3、報告第3号、日程第4、承認第1号及び日程第5、議案第40号の3案件を一括議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  異議なしと認めます。


 よって、日程第3、報告第3号、日程第4、承認第1号及び日程第5、議案第40号の3案件は一括議題とすることに決しました。


 日程第3、報告第3号「平成20年度員弁土地開発公社決算等の報告について」日程第4、承認第1号「専決処分の承認を求めることについて(いなべ市税条例の一部を改正する条例)」及び日程第5、議案第40号「いなべ市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」の3案件につき提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖 靖君。


○市長(日沖 靖君)  皆さん、おはようございます。本日第1回いなべ市議会臨時会を招集いたしましたところ、皆さまには早朝よりご参集を賜り、心より御礼を申し上げます。そして日ごろより市政発展にご尽力いただいておりますこと改めて感謝を申し上げたいと思っております。


 早速でございますけれども、報告案件から申し上げます。報告第3号、平成20年度員弁土地開発公社決算につきまして報告をさせていただきます。お手元の資料の報告案件の6ページをお開きいただけますでしょうか。


 6ページの事業報告から平成20年度の事業報告の一番目といたしまして、中央ヶ丘用地、これにつきましては下水道処理施設の解体を2,300万円弱でさせていただきました。それと道路代替用地と書いてあるもの、その当年度、一番右側の欄を見ていただきますと、1,048万3千円、これはいなべニュータウン内の笠田新田中央線の替地でございます。


 次に、下の欄にいきます。平古工業団地、これにつきましては、2億6,500万円強でございますが、土地代と補償費をさせていただきました。工事代金につきましては、平成21年度扱いになっておりますので、ここでは2億6,000万円だけ計上をさせていただいております。


 続きまして、藤原工業団地の2,500万円強でございますが、水道施設の測量設計でございます。続いて鶴沢工業団地2,300万円強でございますが、これにつきましては、進入道路の用地の取得でございます。それと大安二期工業団地1,210万円強でございますが、これにつきましては、南山の換地業務が残っておりましたので、その最終的な南山の換地業務委託料、それと環境アセスの事後調査費を計上させていただきました。


 続きまして、売却分といたしまして、下の段、丹生川保育園用地0.5haにつきましては、昨年度丹生川保育園が完成をいたしましたその底地分4,000万円強でございます。続きまして下の段、中央保育園用地と書いてあるもの、これにつきましては1,058万円、これは石榑東、俗に言う馬場の土地でございますが、将来の中央保育園用地の外周道路を計画をさせていただき、市道石榑2区217号線として昨年度施行させていただきましたその用地といたしまして、売却をしたものでございます。


 続きまして、大貝戸住宅団地につきましては、1.5ha分2億2,900万円強でございます。これにつきましては、38区画移住地という形でさせていただきました、そのうちの30区画分が売却できましたので、その売却代、それと大貝戸交流センター用地の分でございます。


 続きまして、平古工業団地につきましては、9.9haで10億円強でございますが、これにつきましては、契約の2分の1が入金をされました。完成後登記のつく状況になった段階で残り10億円の入金となる予定でございます。


 続きまして、ページをめくっていただきまして、8ページ、平成20年度の歳入歳出の決算でございます。すべての決算で8ページの一番下の欄、20年度土地開発公社としての歳入合計が16億6,000万円強に対しまして、歳出は4億1,000万円強でございます。差引きが約12億5,000万円。これにつきましては、土地代金の半額の10億円はもう既に入金していただきましたけれども、工事代金が未払いでございますので、現在のところは多くなっております。しかし残りの分、完成後さらに10億円の土地代金が入ってまいりますので、大幅なプラスになることが予想されます。20年度につきましては、12億5,000万円の合計になっております。


 続きまして、12ページを開いていただきますと、貸借対照表、員弁土地開発公社の財務内容はどうなっているんだという多分ご質問があろうかと思っておりますので、員弁土地開発公社の内容につきましては、流動資産として12億円強ございます。資産の部、資産としては12億円の現金があると。そして公共用地分の土地という形で14億円分あります。未成土地、要は売却予定の土地として57億円ございます。


 しかし、この57億円の中には負債の部の下に未払い金と書いてある、35億円近く、これは藤原工業団地でございます。藤原工業団地はすべてを三菱アルミさん、現在は三菱マテリアルさんのリスクでさせていただいておりますので、登記は土地開発公社についているんですけれども、実質の所有権は三菱マテリアルさんに現在ございます。ですから売却したのちに経費を差し引いた分を三菱マテリアルさんにお支払いをするという契約内容になっています関係上、未払い金計上をされております。ですから皆さんの考えの中からは、一番上の未成土地の57億円から35億円を引いて、実質上は22億円だと思っていただけるとありがたいと思っております。


 それに対しましての固定負債、長期借入金としてこの段階で9億7,000万円ございます。上の現金及び預金12億5,000万円弱あります。それに対する負債は9億7,000万円ですから現金だけの比較をしても借金よりも現金の方が多いと。しかし、それを差し引いても上の公共用地、未成土地、これについての公共用地として10億円分の価値のある土地、それと未成土地として35億円を引いても22億円分の土地が残っているという勘定になります。


 資本の部でいきますと、資本の2,500万円は基本財産でございますので各町が最初から持ち寄った財産です。前期繰越準備金というのが出てまいります。38億7,000万円、これが計算上プラスとしてこの土地開発公社が余剰資産という形で持っている金額でございます。計算上で出てくる金額でございます。ですから、員弁土地開発公社は債務超過とは全く反対の資産超過になっているというのがこの現状でご理解をいただけると思っております。


 13ページにその内訳、基本財産は定期預金としてくくってございます。預金の有高、今の残金の有高を示させていただきました。その下、土地特別勘定の中が今の土地の金額に換算した今の評価、簿価でございます。これがこれだけあるということで理解をいただけるとありがたいと思います。その一番下の前林工業団地14億4,000万円につきまして今回開発を予定をさせていただきたいと思っております。


 14ページを見ていただきまして、その位置図、なかなかどこだということがわかりにくうございますので、前林工業団地の位置図を掲載をさせていただきました。石榑南・照光寺さんの南西になるわけですけれども、そういうところに広がっている土地でございます。この経緯につきましては、あとの全員協議会で少しご説明の機会を与えていただけるとありがたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。


 続きまして、18ページをおめくりをいただいて、平成21年度の事業計画につきましてご説明させていただきます。平成21年度は土地造成事業といたしまして、平古工業団地につきましては9億4,000万円、工事代金7億円を含めてのお支払いをさせていただく。そして平成21年度に完了をしていきたいと思っております。


 鶴沢工業団地の3,700万円につきましては、進入道路を分けていただけたらと思っておりますので、予定を書かせてもらいました。続きまして、前林工業団地1億4,800万円につきましては、前林工業団地はあと地権者1件を残して買収済みでございます。その1件の土地代金及び測量設計として計上をさせていただきました。次に、藤原工業団地の4億8,700万円につきましては、工業用水の施工費用でございますが、これにつきましては、当初予算でも若干問題になりましたけれども、今後施工方法について、必要の是非も含めまして水道会計での施工を考えるのか、それとも土地開発公社、それとももう少し延期をするのか、いろいろなことを検討していきたいと思っております。しかし、予算上は計上をさせていただきました。


 それと下の売却計画でございますけれども、平古工業団地の半額の工事が済みまして登記がつく状況になった段階でヤマザキマザック関連企業の泉鋳造から残り半額10億円を入金する予定でございますので、計上をさせていただいております。


 土地開発公社に関する報告は以上でございます。


 続きまして、議案の方に移らせていただけたらと思っております。議案書の承認第1号、専決処分の承認を求めることについてをご説明をさせていただきたいと思います。


 議案書の5ページをおめくりをいただきますと、専決第3号につきましては、地方税法が改正をされまして、4月1日に公布されたことに伴い専決処分をしたのもでございまして、いなべ市税条例の一部を改正をさせていただきました。


 内容につきましては、上から5行目ぐらいに第56条と書いてありますが、その内容につきましては、医療関係者の療養所において教育の用に供する固定資産にかかわる非課税の措置の拡充をする内容でございます。医療関係者の教育に使うような資産についても非課税としなさいということでございますので、そのようにしていきたいと思っております。


 続きまして、中ほどの第58条の2と書いてありますその下の部分からは、社会医療法人が直接救急医療等の事業に供する固定資産にかかわる非課税措置の創設。要は救急医療の施設として使うものについては、固定資産を非課税としますよという内容を新たにつくるということです。それが内容です。


 一番下の附則第10条の3を削ると書いてあります。この内容につきましては、阪神淡路大震災にかかわる固定資産の特例措置を終了しようとするものでございます。もう阪神淡路大震災から年限がたって復興が終わっておりますので、そういった措置ということです。


 6ページ見ていただきますと、附則第11条、これにつきましては、固定資産の第2年度、第3年度における下落修正措置の継続、今でも下落修正措置をしていただいておりますので、それを継続しようとするものでございます。


 続きまして、10行ぐらい下の附則第11条の3を削ると書いてありますが、これにつきましては、鉄道用地にかかわる課税の特例の終了でございます。今まで鉄道用地については課税の特例があったんですが、それを終えるということです。1行下の附則第12条と書いてあるところ、これにつきましては、宅地に対する課税の特例の継続をしたいと思います。あと3行下の附則第13条、これにつきましては、農地に対する課税の特例の継続、今までどおり延長するものでございます。附則第15条の2第1項、これは特別土地保有税の課税の特例の継続、これも今までどおりの措置を継続しようとするものです。


 続きまして、3行下の第2条認定長期優良住宅に対する固定資産の減額措置の創設、優良住宅については減額しようとする制度を新たに設けようとするものでございます。専決処分につきましては、以上でございます。


 続きまして、議案第40号、いなべ市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につきまして、10,11ページを開いていただきますと、人事院の勧告に従いまして、平成21年6月に支給する予定であります職員及び教育長の期末勤勉手当並びに市長の期末手当の額を暫定的に減額する措置を講ずる必要があるため、いなべ市職員の給与に関する条例等を改正しようとするものでございます。


 11ページを見ていただきますと、第1条、これは職員でございます。職員の期末手当、現在1.4カ月を1.25カ月に0.15カ月削減。それと勤勉手当を0.75カ月から0.7カ月に0.05カ月削減。合わせまして6月期の期末手当の合計としまして、2.15カ月から1.95カ月に0.2カ月減少しようとするものでございます。


 第2条につきましては、教育長でございます。教育長も職員と同じように期末手当を、1.4カ月から1.25カ月に、そして勤勉手当を0.725カ月から0.675カ月に。合わせまして2.125カ月から1.925カ月に、0.2カ月減少。


 3条の市長につきましては、これは勤勉手当がございませんので、期末手当だけでございます。2.125カ月から1.925カ月、0.2カ月同等に減少しようとするものでございます。よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。


○議長(奥岡征士君)  提案理由の説明が終わりました。


            (9番、衣笠民子議員「議長」と呼ぶ)


 9番、衣笠民子君。


○9番(衣笠民子君)  今提案されたばかりですので、会派で精査をしたいと思いますので、休憩を求める動議を提出したいと思います。


                (「賛成」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ただいま、衣笠議員から休憩の動議が提出されました。


 この動議は一人以上の賛成者がございますので、成立をいたしました。


 休憩の動議を議題として、採決いたします。この採決は、起立によって行います。


 動議に賛成の方は起立願います。


                 (少 数 起 立)


○議長(奥岡征士君)  起立少数です。


 休憩することの動議は、否決されましたので、会議を続けます。


 それでは、これより報告第3号、「平成20年度員弁土地開発公社決算等の報告について」に対する質問を許可いたします。


 報告第3号に対する質問はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  以上で、日程第3を終了いたします。


 これより、承認第1号「専決処分の承認を求めることについて(いなべ市税条例の一部を改正する条例)」に対する質疑を許します。


 質疑はございませんか。


○議長(奥岡征士君)  24番、石原 瞭君。


○24番(石原 瞭君)  6月定例会の議案にも含まれていたんですけど、ここにも税条例の一部改正が入っています。今日あえてここで専決処分の議案が審議されるということの意味は、どういうところにあるのですか。


○議長(奥岡征士君)  総務部長、奥岡史郎君。


○総務部長(奥岡史郎君)  今回の税条例に関しましては、地方税法が4月1日から施行されたということでございまして、直近の議会において承認を得るというルールがございますので、今回、この分につきましては、お願いをしたところでございます。なお、6月定例会分については、それぞれ施行期日が違いますので、改めて本会議でお願いするというものでございます。


○議長(奥岡征士君)  質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 承認第1号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  異議なしと認めます。


 よって、承認第1号は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより、承認第1号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  討論を終結します。


 承認第1号「専決処分の承認を求めることについて(いなべ市税条例の一部を改正する条例)」を採決いたします。


 本案は原案のとおり承認することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                 (全 員 起 立)


○議長(奥岡征士君)  起立全員であります。


 よって、承認第1号は原案のとおり承認することに決しました。


 次に、日程第5、議案第40号「いなべ市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」に対する質疑を許します。


 質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  質疑を終結します。


 お諮りします。


 議案第40号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  異議なしと認めます。


 よって、議案第40号は委員会付託を省略することに決しました。


 これより、議案第40号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


 9番、衣笠民子君。


○9番(衣笠民子君)  9番議員、日本共産党の衣笠民子です。反対の立場で討論を行います。


 この議案は二つの点で問題があります。一つは人事院がルール無視の異例の勧告を出し、それにならってこうした地方公務員の夏季一時金の削減が提案されるに至っている点です。そもそも公務員は労働基本権が剥奪されているため、人事院が民間の賃金を調べて、8月に勧告を出す仕組みになっています。もともと勧告は夏の一時金の支給には間に合わないため、年末の一時金に反映されており、時間差はあっても全体として水準調整が行われる仕組みです。それなのに、今回はそうした仕組みを無視して、8月の調査の前に一部企業の調査をもとに削減を勧告しています。


 このようなルール無視の異例の動きは、一時金のカットを求める与党の政治的圧力に追随したものです。5月1日に出された人事院による公務員の一時金削減の勧告は、春闘真っ最中の民間中小企業の賃金を押さえ込み、審議が始まる地域別最低賃金改正にも冷や水を浴びせるものです。


 そして、このように地方公務員の一時金カットの動きに広がっており、否定的影響は計りしれません。今の経済危機からの脱出には、政府も内需拡大によって景気回復が必要として、15兆円規模の補正予算を打ち出しています。その一方で内需を冷やす一時金削減をあえて前倒しで行う道理はどこにもありません。


 もう一つの問題点は、公務員の給与は給料表でも既にマイナス改定されていますし、いなべ市では平成21年度当初予算で、既に上げるはずだった1%の地域手当分も含め、予定より4%削減されたばかりです。こうしたことを鑑み、職員の給与引き下げには賛成することはできません。これをもって反対の討論とします。


○議長(奥岡征士君)  討論を終結いたします。


 これより、議案第40号「いなべ市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」を採決いたします。


 本案は原案のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                 (多 数 起 立)


○議長(奥岡征士君)  起立多数であります。


 よって、議案第40号は原案のとおり可決することに決しました。


 以上で、本臨時会に付されました案件の審議は、すべて終了をいたしました。


 それでは、これをもちまして、平成21年第1回いなべ市議会臨時会を閉会いたします。


               (午前10時30分 閉会)





地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








              いなべ市議会議長








              いなべ市議会署名議員








              いなべ市議会署名議員