議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 いなべ市

平成20年第4回定例会(第1日12月 2日)




平成20年第4回定例会(第1日12月 2日)





                  平成20年


              いなべ市議会(第4回)定例会


            平成20年12月2日午前9時 開会





 
開会(開議)の宣告


  日程第 1        会議録署名議員の指名


  日程第 2        会期の決定


  日程第 3        諸般の報告


  日程第 4 報告第17号 専決処分の報告について(大安学校給食センター改築工


               事請負契約の変更)


  日程第 5 諮問第 4号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


  日程第 6 諮問第 5号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


  日程第 7 諮問第 6号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


  日程第 8 同意第 3号 いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めること


               について


  日程第 9 議案第62号 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社


               団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に


               伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条


               例の整理に関する条例の制定について


  日程第10 議案第63号 員弁土地開発公社定款の一部を変更することについて


  日程第11 議案第64号 いなべ市立幼稚園条例の一部を改正する条例について


  日程第12 議案第65号 いなべ市立学校給食センター条例の一部を改正する条例


               について


  日程第13 議案第66号 いなべ市国民健康保険条例の一部を改正する条例につい


               て


  日程第14 議案第67号 いなべ市農業公園に関する条例の一部を改正する条例に


               ついて


  日程第15 議案第68号 青川峡キャンピングパークの指定管理者の指定について


  日程第16 議案第69号 いなべ市観光用駐車場の指定管理者の指定について


  日程第17 議案第70号 三重県市町公平委員会を共同設置する地方公共団体の数


               の減少に関する協議について


  日程第18 議案第71号 三重県市町公平委員会を共同設置する地方公共団体の数


               の増加及び三重県市町公平委員会共同設置規約の変更に


               関する協議について


  日程第19 議案第72号 字の区域の変更について(大安町門前地区)


  日程第20 議案第73号 平成20年度いなべ市一般会計補正予算(第3号)


  日程第21 議案第74号 平成20年度いなべ市住宅新築資金等貸付事業特別会計


               補正予算(第1号)


  日程第22 議案第75号 平成20年度いなべ市農業公園事業特別会計補正予算(


               第2号)


  日程第23 議案第76号 平成20年度いなべ市農業集落排水事業特別会計補正予


               算(第1号)


  日程第24 議案第77号 平成20年度いなべ市下水道事業特別会計補正予算(第


               2号)


  日程第25 議案第78号 平成20年度いなべ市水道事業会計補正予算(第2号)


  追加日程


  追加日程第 1        議長辞職の件


  追加日程第 2 選挙第 1号 議長の選挙


  追加日程第 3        副議長辞職の件


  追加日程第 4 選挙第 2号 副議長の選挙


  追加日程第 5 選任第 1号 いなべ市議会常任委員会委員の選任について


  追加日程第 6 選任第 2号 いなべ市議会運営委員会委員の選任について


  追加日程第 7 選任第 3号 いなべ市議会広報特別委員会委員の選任について


  追加日程第 8 選任第 4号 員弁土地開発公社理事の選任について


  追加日程第 9 選挙第 3号 桑名広域清掃事業組合議員の選挙について


  追加日程第10 選挙第 4号 桑名・員弁広域連合議会議員の選挙について


  追加日程第11 議長発議   議長の常任委員会委員辞任の件





2 出席議員


    1番 小 林 昌 彦        13番 種 村 正 巳


    2番 川 瀬 利 夫        14番 林   正 男


    3番 近 藤 幸 洋        15番 水 谷 治 喜


    4番 城 野 正 昭        16番 伊 藤 弘 美


    5番 岡   英 昭        17番 奥 岡 征 士


    6番 小 林 俊 彦        18番 清 水 保 次


    7番 鈴 木 順 子        19番 小 川 みどり


    8番 伊 藤 和 子        20番 水 貝 一 道


    9番 衣 笠 民 子        21番 出 口   正


   10番 位 田 まさ子        22番 小 川 克 己


   11番 川 ? 智比呂        23番 太 田 政 俊


   12番 藤 本 司 生        24番 石 原   瞭





3 欠席議員


   な し





4 地方自治法第121条により出席した者の職氏名





市長          日 沖   靖   副市長         大 槻 英 治


収入役         小 西 初 枝   教育長         日 沖   貴


企画部長        名 村 之 彦   総務部長        奥 岡 史 郎


まちづくり部次長    種 村 茂 高   まちづくり部次長    溝 口 勝 三


市民部長        安 藤 博 幸   福祉部長        安 藤 喜 之


農林商工部長      清 水 隆 徳   建設部長        小 寺 修 栄


水道部長        安 藤 三 成   教育委員会教育次長   川 島   修


政策課長        岡   正 光   法務情報課長      川 添 隆 史





5 職務のため出席した者の職氏名





議会事務局長      江 上 安比古   議会事務局次長     種 村 道 夫


議会事務局議事課長   太 田 正 人   議会事務局議事課主任  市 川 哲 也








               (午前9時00分 開会)


○議長(林 正男君)  おはようございます。


 本日は、平成20年第4回いなべ市議会定例会にご出席いただき、ありがとうございます。


 ただいまの出席議員数は24名であります。


 定足数に達しておりますので、平成20年第4回いなべ市議会定例会を開会いたします。


 これより、会議を開きます。


 CTYから取材のため撮影の申し込みがありましたので、許可いたしました。


 本日の会議は、お手元に配付の議事日程により進めてまいります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により2番、川瀬利夫君、3番、近藤幸洋君を指名いたします。


 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から12月16日までの15日間といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から12月16日までの15日間と決しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 議長の会議等についての報告及び議員派遣に関する報告、並びに監査委員からの例月出納検査の結果報告を「諸報告綴」としてお手元に配付いたしましたので、ご了承願います。


 お諮りいたします。


 日程第4、報告第17号から日程第25、議案第78号までの22案件を一括議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、日程第4、報告第17号から日程第25、議案第78号までの22案件は一括議題とすることに決しました。


 日程第4、報告第17号、専決処分の報告について(大安学校給食センター改築工事請負契約の変更)から日程第25、議案第78号、平成20年度いなべ市水道事業会計補正予算第2号までの22案件の提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖 靖君。


○市長(日沖 靖君)  皆さん、おはようございます。


 本日平成20年第4回いなべ市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様には早朝よりご参集賜り、心より御礼を申し上げます。日ごろは市政運営にわたりご指導いただいておりますことをこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。


 さて、今回提案いたします報告案件から説明をさせていただきたいと思います。専決第9号といたしましてお手元の報告を見ていただきますと、これにつきましては、大安給食センター改築工事請負契約の変更を締結しようとするものでございまして、当初予算2億1,924万円、そして変更金額が1,404万1,650円を変更させていただきたいというものでございます。この内容は空調機器室外機置き場の吸音設備の設置、それと厨房内の非常用照明灯の整備、もう一つは調理室の空調設備の変更、そういったもろもろの関係上1,400万円強を追加変更させていただきたいというものでございます。


 続きまして、議案の方に移らせていただきたいと思います。議案書第5ページ、諮問第4号、人権擁護委員の推薦につきまして意見を求めることにつきましては、伊藤久子さん、現在2期6年を既にやっていただいているわけですけれども、再任をお願いをしたいという提案でございます。


 続きまして、諮問第5号、日沖香子さんを人権擁護委員として推薦を求めることにつきましては、寺本喜晴さんの死去に伴いまして一人欠員が生じました。長らく保育士をやっていただいた方でございます。ご推薦を賜ればと思いますので、よろしくお願いします。


 諮問第6号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、畑中准子さん、上相場の方で、伊藤逸子さんのご退任に伴います補充でございます。准子さんのご主人は自治会長をやっておられます。ご同意いただけるとありがたいと思っております。


 続きまして、同意第3号につきましては、いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めることにつきましては、川?久子さんの同意をお願いしたいと思っております。川?久子さんは昭和21年12月1日生まれ、四日市管区内で小中学校の教員を長らくされておられました。菰野町朝上小学校の教頭を最後にご退職をされております。住所は石榑東でございます。よろしくお願いをしたいと思います。


 続きまして、議案第62号、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきましては、14ページ、15ページを開いていただきますと、一般社団法人と財団法人、そして公益法人の認定法、それに伴う整備法が平成20年12月1日に施行されることに伴いまして関係する条例の文言を訂正しようとするものでございます。


 続きまして、議案第63号、員弁土地開発公社の定款の一部を変更することにつきまして、これも一般社団法人及び財団法人に関する関係法令の改正に伴いまして、従来、員弁土地開発公社の定款の管理につきましては、民法の規定を準用しておりましたが、整備法及び公有地の拡大の推進に関する法律が改正をされました。従いまして、換地の規定も公有地拡大法の中で規定されることとなったために定款の文言を改正しようとするものでございます。変更前の換地の規定は民法第59条の職務を行うということになっておりますが、変更後は公有地の拡大の推進に関する法律第16条第8項の職務を行うということで、はっきりと規定を改めようとするものでございます。


 続きまして、議案第64号、いなべ市立幼稚園条例の一部を改正する条例につきましては、22ページ、23ページ開いていただきますと、いなべ市立阿下喜幼稚園、十社幼稚園及び山郷幼稚園を廃止をさせていただき、それぞれ阿下喜保育所、十社保育所、山郷保育所に統合しようとするものでございます。従いまして、平成21年4月1日以降は幼稚園としては、ふじわら幼稚園の5歳のみとさせていただきたいという提案でございます。


 続きまして、議案第65号、いなべ市立学校給食センター条例の一部を改正する条例につきまして、26ページを開きますと、いなべ市立の大安学校給食センターの配食校につきまして、新たに員弁西小学校を加える。そしてもう1点は、藤原学校給食センターの配食校のうちふじわら幼稚園を削り、ふじわら保育所内での調理室から供給しようとするものでございます。


 続きまして、議案第66号、いなべ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、30ページ、健康保険法施行令の改正に伴いまして、出産育児一時金の支給額を現行の35万円から38万円に引き上げようとするものでございます。背景としましては、妊娠の場合、通常の妊娠分娩にかかわらず重度の脳性まひとなった子どもおよびその家族の経済的負担の補償のために補償金3,000万円を支払う産科医療補償制度が発足をいたしました。それは民間の保険を利用させていただきますので、1分娩あたり3万円の保険料を支払うということになっております。これによりまして、出産費用の上限を上方修正させていただいて、その分を保険料としてまかなっていただこうというものでございます。


 続きまして、議案第67号、いなべ市農業公園に関する条例の一部を改正する条例につきましては、34、35ページを開いていただきますと、いなべ市農業公園の入園料の徴収につきまして、エコ福祉広場のぼたん園に加えまして梅林公園の入園料を加えようとするものでございます。


 35ページの表を見ていただきますと、入園料1人あたり大人で500円、そして団体20名以上で400円ということでさせていただきたいと思っております。


 続きまして、議案第68号、青川峡キャンピングパークの指定管理者の指定につきまして、青川峡キャンピングパークの指定管理者を11月5日に指定管理者選定委員会の決定どおり、財団法人ほくせいふれあい財団に再指定をしようとするものでございます。


 続きまして、議案69号、藤原町大貝戸のいなべ市観光用駐車場の指定管理者につきまして、11月5日の指定管理者選定委員会の決定どおり、藤原岳もみじの会に再指定をしようとするものでございます。


 続きまして、議案第70号、三重県市町公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少に関する協議につきまして、平成21年3月31日をもちまして、多気郡大台町、度会郡、大紀町中学校組合が三重県市町公平委員会から脱退することによりまして、協議しようとするものでございます。


 続きまして、議案第71号、これにつきましては、同じく三重県市町公平委員会に新たに木曽岬町が加入することに伴いまして協議をしようとするものでございます。


 続きまして、議案第72号、字の区域の変更につきまして、これにつきましては、大安町門前地区南山土地改良事業共同施工に伴いまして、耕地等が整理統合されるため、字の区域が従来のままであれば整理された区域と無関係に存続することになり、不合理でありますので、土地改良がなされた区域に従いまして、字の区域を変更しようとするものでございます。


 場所につきましては、49ページに位置図を提示をさせていただきました。株式会社デンソー大安製作所の南東でございます。50ページの地図にいなべ市大安町門前字南山という区域が出てまいります。そこに一部江丸、そして三反谷等が、違う小字に入っておりますので、それをすべて南山に統合をさせていただきたいという提案でございますので、よろしくお願いをします。


 続きまして、一般会計補正予算の方に移らせていただきたいと思います。


 平成20年度一般会計補正予算第3号、歳入歳出それぞれ1億9,796万7,000円を追加をいたしまして、209億6,057万5,000円としようとするものでございます。


 内容につきましては、歳出の方から説明をさせていただきますと、歳出20ページ、21ページをお開きをいただきますと、企画費の中の大貝戸地域交流センター整備事業費、これにつきましては、建設資材の高騰、外構工事の追加などによりまして、補正をさせていただきたいというものでございます。


 続きまして、電算管理費498万4,000円につきましては、平成21年度に介護保険制度が改正されることによりまして、介護認定審査会システムを改修しようとするものでございます。


 続きまして、22ページ、23ページをお開きをいただきますと、民生費老人福祉費の1,000万円の補正につきましては、地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金事業費1,000万円ということで、補正をさせていただきました。これにつきましては、認知症対応型の通所介護事業所、いわゆるデイサービス事業所、これを民家をお借りをし、そして改造することによって事業をしようとすることに対する政府の補助金がつきましたので、石榑東2528番地の家屋を借りまして、そこを1,000万円で改造し、社会福祉協議会が認知症対応のデイサービス事業として展開を図ろうというものでございます。100%の補助事業でございます。


 福祉医療費の1,834万1,000円の増額につきましては、福祉医療費、県の補助事業がこの4月に少し議論を含めて改正になりました。その制度改正によりまして、対象となる方の医療費が増加したことに伴います増加でございます。


 次のページです。民生費児童福祉総務費の方で180万円の増額でございます。これにつきましては、学習環境整備事業費ということで、現在三里小学校の敷地内に放課後児童クラブ室という形で、建設事業が進んでまいります。さくらんぼさんという方が事業を受けていただくわけですけれども、その水道管の移設事業の組み換えでございます。


 その下、保育費保育園費につきまして、保育園費の2,780万円の増額につきまして、これにつきましては臨時保育士の補充を人材派遣業者などに委託をいたしましたので、その組み換えとして、650万円のプラス、650万円のマイナスが同時に発生をいたしました。それと公立保育園維持修繕事業費400万円につきましては、阿下喜、十社、山郷保育所が今後5歳児を受け入れることになりますので、机、いすの整備をしようとするものでございます。私立保育園運営補助費2,380万円につきましては、国からの補助費の精算、確定してまいりましたので計上をさせていただきました。


 続きまして、7番の保育園建設費といたしまして、6,511万1,000円の減額につきましては、丹生川保育園建設費の精算による減額でございます。主な内容は3,211万1,000円、これは対象面積の変更でございます。当初すべての敷地といいますか、丹生川保育園は細長い敷地3枚の田を利用させていただきました。ですから、すべての面積でいきますと、9,710?ございます。すべてを丹生川保育園としてまず購入をさせていただこうという計画でございましたけれども、対象面積、実際には半分の4,996?しか使いませんので、対象面積を今の保育園に限った形にさせていただき、そして、後に残りの土地は高齢者福祉、それと将来の児童館用地して議論を深めていきたいと思っておりますので、そのための減額でございます。それと、工事費が入札差金ができましたので、3,200万円減額をさせていただきました。


 続きまして、農林振興費の補正額826万7,000円につきましては、国の補助制度が単費から県補助に少し変えていただきました。従来は集落組織づくり推進支援事業交付金という制度がございました。それを減額をさせていただいて、387万5,000円減額をさせていただいて、次に元気な集落づくり推進支援事業補助金に切り換えた関係上865万9,000円の補正をさせていただきたいというものでございます。


 それと、その下の担い手育成事業費164万7,000円の減額につきましては、精算でございます。事業認可を受けるにあたりまして、さまざまな要件があります。それを残念ながら満たすことができなかった担い手でございます。その方のための減額が主な内容です。


 それと100万円につきましては、有害鳥獣対策費といたしまして、金網500枚×2,000円、100万円を追加補正をさせていただきたいというものでございます。


 続きまして、農地費の方からいきますと、農業用施設整備事業費、県単土地基盤整備事業費の609万円の増加、そして市単独土地基盤整備事業費の504万円の減額、これにつきましては、員弁町大泉地域の水路、六把野井水の支線になっているところでございますが、これを県単事業として採択をいただきましたので、市単から県単への組み換えをさせていただきたいと思っております。


 それと、下の梅戸北地区の換地事業費、これにつきましては、昭和50年当時から梅戸北の補助整備事業に取り組んでいるわけですけども、それが極めて難航をしてまいりました。しかし、幸いにして、ここにきましてほぼ終結をできるところまで目鼻が立ってまいりましたので、その登記用図面作成委託費として80万円計上をさせていただきたいと思っております。対象面積は13.5haでございます。


 次のページにいきまして、28、29ページです。農林水産業費の林業振興費、これの20万円につきましては、冷川線の災害復旧とする土砂の撤去費用でございます。


 あと商工費の観光費の中で、集客力向上事業費23万1,000円、これにつきましては、ふるさといなべ応援事業費、これはふるさと納税制度に伴います、ふるさと納税寄付者に対するお礼を青川峡キャンピングパークとか阿下喜温泉、そして農業公園の利用引換券のようなものを発行させていただきお礼をすることによりまして、ふるさと納税を推進しようとするものでございます。


 次のページにいきまして、土木費になります。1,582万9,000円の減額、道路橋梁費につきましては、地方道路整備交付金事業ということで、今2本大きな道路に取り組んでおります。笠田新田坂東新田線、それと大井田3区292号線、これの特に笠田新田坂東新田線の設計管理委託料、これが入札差金によりまして、5,200万円減額になりました。


 それと用地費といたしまして1億8,500万円、当初見積もっておりました土地の単価より相当安く購入することができましたので、減額をさせていただきたいと思います。それと補償、立ち木の補償です。これも500万円減額をさせていただきます。そういった減額を工事請負費をさらに積みますことによりまして、工事を進捗させようとするものでございます。


 あと道路整備費のまちづくり交付金事業の藤原地区につきまして、これにつきましては、上相場上之山田線の測量設計委託料、これは相場橋の測量設計でございますが、入札による入札差金が出てまいりましたので、968万円の減額でございます。その下の1,000万円の減額につきましては、下野尻長尾線、これは藤原工業団地内、株式会社三五が今、工場建設をやっております。その外周道路にあたる部分が相当劣化をしております。それを改修しようとする事業で、入札差金ができましたので、差金金額1,000万円を減額しようとするものでございます。


 1番下の市単独道路改良事業320万円につきましては、野尻橋、下野尻瀬木線の測量設計委託料を計上をさせていただきました。


 次のページ、32、33ページを開いていただきますと、住宅費1,500万円の計上につきましては、公営住宅事業といたしまして、現在の石仏住宅は1戸だけを残すことになっておりますが、4,400?という広い敷地の中で、従来は4戸建ての長屋が2棟、1戸建てが9棟ございました。それを解体、もう既にされておりまして更地になっております。1戸残すのみとなっておりますけれども、その土地の確定測量を実施をさせていただき、将来有効利用を計っていきたいと考えております。


 次のページ、34、35ページを開いていただきますと、災害復旧費といたしまして、農業用施設の災害復旧費として3,610万円。これにつきましては、補助事業10カ所、市単事業3カ所、13カ所3,610万円の補正をお願いしようとするものでございます。その下、林業振興費、これにつきましては、林業施設の災害復旧費といたしまして5カ所、5,521万4,000円を計上をさせていただきました。1番大きなものは、治田の新町線、これが4,385万2,000円でございます。


 続きまして、災害復旧費の土木施設につきましては、全体で8,083万3,000円の補正でございます。道路災害復旧事業といたしまして、4,753万4,000円でございます。主な内容につきましては、野尻橋が3,414万3,000円でございます。あと立田線2本、1本は370万円余、そしてもう1本は170万円余でございます。そういった関係上、主立って4本の、あと十社第6号線870万円余、これにつきまして4本を整備をさせていただきたいと思っております。


 河川災害復旧事業、これにつきまして3,329万9,000円を計上をさせていただきました。補助事業といたしまして、6本の河川、そして単独事業2本の河川、計8本の河川の整備事業でございます。


 続きまして、次のページ公債費を見ていただきますと、公債費の2,134万4,000円の増額につきましては、平古工業団地に進出企業が決まりまして、県から借りていましたお金を将来県に戻させていただこうということで、公社から市の方に、公社への貸付金を戻させていただいて、そして県の方にお返しをしようとするものでございます。以上が歳出。


 歳入に移らさせていただきますと、歳入10ページを開けていただきます。地方税等減収補てん臨時交付金727万2,000円につきましては、道路特定財源の暫定税率の執行に伴いますその期間、1カ月分、平成20年4月分、これを補てんを国の方からしていただくものでございます。


 続きまして、地方交付税338,000円につきましては、調整率の変更に伴います確定でございます。続きまして、分担金につきましては、農業費の分担金100万円の減額につきましては、補助事業で地元発注の工事の分担、これを補助事業に巻きかえることによりまして、100万円の減額となりました。そういった事業でございます。


 あと災害復旧費の地元分担金として687万円増額をさせていただきます。地元の分担金が約7%から20%発生をいたしますので、そういった地元の災害復旧費、補助事業であっても地元の分担金が必要となっていきます。その歳入分でございます。


 国庫支出金につきましては、児童福祉費負担金といたしまして、1,966万2,000円、これは対象者数の確定によります精算でございます。最後、小学校費の負担金1,121万5,000円につきましては、員弁西小学校建設費の確定による清算でございます。


 続きまして、12、13ページ災害復旧費国庫負担金、土木施設の災害復旧費を5,388万9,000円計上をさせていただきました。この内容は野尻橋、立田線、空川等河川6件、合わせましての国からの支出金でございます。


 次の国庫支出金につきましては、主な内容は小学校の補助金ということで8,738万4,000円、これは員弁西小学校の国庫補助の確定でございます。1番下の県支出金1,240万7,000円につきましては、児童手当、それと保育所運営費、それの対象者数が確定をいたしましたので、計上するものでございます。


 次のページにいっていただきまして、主な内容は災害復旧費につきまして、5,552万9,000円につきましては、農林水産業施設の災害復旧費の補助費でございます。二つに分けまして、農地農業用施設の災害復旧費、2,121万円の県の支出金、これにつきましては、先ほどの災害の補助事業の10件でございます。林業施設の災害箇所、これも3,431万9,000円、これも先ほどの5件ですかね、それが対象となってまいります。


 次のページにいっていただきまして、16、17ページにいっていただきますと、財政調整基金の繰入金3,000万円の減額でございます。収入増によります基金取り崩しの減額をさせていただこうというものでございます。


 続きまして、諸収入4,240万円、これが先ほどの歳出で見ました平成18年度より三重県工業団地整備促進事業貸付事業、これが創設をされまして、平古工業団地に適用をしていただきました。10月7日に進出企業が決定をいたしまして、土地代金の半額が入金をされておりますので、精算をしようとするものでございます。


 あと次のページ、18、19ページを開けてみますと、最後に災害復旧費という形で、これは市債です。市債として農林水産施設の災害復旧債ということで2,900万円、公共土木施設の災害復旧費として2,990万円計上をさせていただきました。


 一般会計は以上でございます。


 続きまして、住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算第1号、これにつきましては、前年度の繰越金696万1,000円、これを追加をいたしまして、一般会計に戻そうとするもので、歳出歳入それぞれ4,955万3,000円としようとするものでございます。


 続きまして、いなべ市農業公園事業特別会計補正予算第2号、3−3でございます。これにつきましては、梅まつり入園料を徴収することの増収分を公園整備費用に充てようとするもので、歳入として465万3,000円を追加をいたしまして、歳入歳出それぞれ1億356万8,000円としようとするものでございます。


 続きまして、農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては、前年度の繰越金が確定をいたしました。それによりまして、744万7,000円を追加をいたしまして、その分、農業集落施設の修繕費として244万7,000円、そして管路整備として500万円、744万7,000円を追加をさせていただいて、歳入歳出それぞれ2億8,618万2,000円としようとするものでございます。


 続きまして、いなべ市下水道事業特別会計補正予算第2号、3−5でございます。これにつきましては、歳入歳出それぞれ2,271万9,000円を減額をいたしまして、18億4,156万円としようとするものでございます。その内容につきましては、歳出の方からいきますと、10、11ページ開けていただけますと、歳出、公共下水道事業費といたしまして、管理費2,280万円を増加しようとするものでございます。主な内容は公課費、要は消費税の確定によりまして、1,260万円を収蔵させていただこうというものでございます。あと需用費426万円、そして工事請負費の600万円につきましては、マンホールポンプ、そして舗装の修繕、そういったものをさせていただきたいというものでございます。


 あと、次の建設改良費の4,966万9,000円の減額につきましては、人事異動に伴います人件費の減、それと公共下水道補助事業の精査によります減でございます。


 あと最後、公債費415万円の増加につきましては、平成19年度の借入金の確定によりまして、総額をさせていただきました。これが主な内容でございます。


 最後になりました、平成20年度いなべ市水道事業会計補正予算第2号につきまして、5ページを開けていただきますと、いなべ市水道事業会計補正予算第2号実施計画の収益的収入及び支出の支出につきまして、これにつきましては水源の方、原水及び浄水費、水源のところの整備といたしまして、852万6,000円を計上をさせていただきました。主な内容は修繕費を1,230万円増額させていただきたいというものでございます。


 そして、配水及び給水費の300万円の増額につきましては、これも配水関係の増額をしようとするものでございます。あと78万5,000円は人事異動に伴います人件費の増加分でございます。これが主な内容です。


 続きまして、6ページの資本的収入及び支出の項目につきましては、工事負担金といたしまして3,982万円の増額をさせていただきました。支出の方の主な内容、これにつきまして1,263万4,000円の増額、この内容は委託料、基本的に藤原工業団地内の株式会社三五さんが今、進出を決めていただきました。その藤原工業団地への配水事業の設計業務、これとして3,260万円を計上させていただき、そして委託料の精査によりまして、2,361万3,000円を減額をさせていただきました。差し引き898万7,000円を増額計上をさせていただきました。この事業等に伴います工事負担金とする歳入を上の項3,982万円としてもろもろ計上させていただき、藤原工業団地を主に整備をさせていただきたいというのが内容でございます。水道会計、以上でございます。


 以上、提案をさせていただきますので、慎重なご審議をよろしくお願いをしたいと思います。ありがとうございました。


○議長(林 正男君)  市長からの説明が終わりましたが、補足説明がありましたら、許可をいたします。


 副市長、大槻英治君。


○副市長(大槻英治君)  先ほど、市長から議案第73号、一般会計補正予算の内容で、資料で言いますと33ページ、公営住宅事業費の説明について、1,500万円ということで、口頭でご説明させていただきましたが、記載のとおり150万円ということでございますので、訂正をさせていただきます。以上でございます。


○議長(林 正男君)  ほかに補足はありませんね。


 以上で、提案理由の説明を終わります。


 これより、日程第4、報告第17号、専決処分の報告について(大安学校給食センター改築工事請負契約の変更)を議題といたします。


 それでは、報告第17号に対する質問を許可いたします。


 質問はございませんか。


               (「質問なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  以上で、日程第4を終了いたします。


 次に、日程第5、諮問第4号、人権擁護委員の推薦につき、意見を求めることについてを議題といたします。


 これより、質疑を許します。


 質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  質疑を終結します。


 お諮りいたします。


 諮問第4号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、諮問第4号は委員会付託を省略することに決しました。


 諮問第4号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  討論を終結します。


 諮問第4号、人権擁護委員の推薦につき、意見を求めることについてを採決いたします。


 本案は原案のとおり推薦することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(林 正男君)  起立全員であります。


 よって、諮問第4号は、原案のとおり同意することに決しました。


 次に、日程第6、諮問第5号、人権擁護委員の推薦につき、意見を求めることについてを議題といたします。


 これより、質疑を許します。


 質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  質疑を終結します。


 お諮りいたします。


 諮問第5号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、諮問第5号は委員会付託を省略することに決しました。


 諮問第5号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  討論を終結します。


 諮問第5号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決いたします。


 本案の原案のとおり推薦することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(林 正男君)  起立全員であります。


 よって、諮問第5号は原案のとおり同意することに決しました。


 続いて、日程第7、諮問第6号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。


 これより、質疑を許します。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 諮問第6号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、諮問第6号は委員会付託を省略することに決しました。


 諮問第6号に対する討論を行います。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  討論を終結します。


 諮問第6号、人権擁護委員の推薦につき、意見を求めることについてを採決いたします。


 本案の原案のとおり推薦することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(林 正男君)  起立全員であります。


 よって、諮問第6号は原案のとおり同意することに決しました。


 次に、日程第8、同意第3号、いなべ市教育委員会委員の任命につき、同意を求めることについてを議題といたします。


 これより、質疑を許します。


 質疑はございませんか。


               (「質疑なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 同意第3号は、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、同意第3号は委員会付託を省略することに決しました。


 同意第3号に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(林 正男君)  討論を終結します。


 同意第3号、いなべ市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを採決いたします。


 本案は原案のとおり同意することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                (全 員 起 立)


○議長(林 正男君)  起立全員であります。


 よって、同意第3号は原案のとおり同意することに決しました。


 本日、説明がありました日程第9、議案第62号から日程第25、議案第78号までの17議案につきましては、12月10日の本会議において、質疑を行います。


 よって、質疑の発言希望者は、質疑通告書を12月4日の正午までに議会事務局へ提出してくださるようお願いいたします。


 市長はじめ執行部の皆さんに連絡します。この後、追加日程により議会の人事案件を行いますので、執行部の皆さんは退席くださるようお願いいたします。


 暫時休憩します。


                 (執行部退席)


               午前 9時45分 休憩


               午前10時05分 再開


○副議長(城野正昭君)  会議を再開いたします。


 議長の都合により、私が議長の職務を代行させていただきます。


 ただいま、議長の林 正男君から議長の辞職願が提出されました。


 よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○副議長(城野正昭君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 追加日程第1、議長辞職の件を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、林 正男君の除斥を求めます。


                (林 正男君 退席)


○副議長(城野正昭君)  林 正男君から議長の辞職願が提出されております。


 事務局長に辞職願を朗読させます。


○議会事務局長(江上安比古君)


 平成20年12月2日


 いなべ市議会副議長、城野正昭様。


 いなべ市議会議長 林 正男


 辞職願


 このたび一身上の都合により、議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。


○副議長(城野正昭君)  お諮りいたします。


 林 正男君の議長の辞職を許可することに、異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○副議長(城野正昭君)  ご異議なしと認めます。


 よって、林 正男君の議長の辞職を許可することに決しました。


 林 正男君の除斥を解きます。


                (林 正男君 復席)


○副議長(城野正昭君)  林 正男君に申し上げます。


 ただいま提出されました議長辞職の件は、これを許可することに決しましたので、お伝えします。


 ここで林 正男君からごあいさつをいただきます。


              (林 正男君 辞職あいさつ)


○議長(林 正男君)  辞職にあたり一言ごあいさつを申し上げます。


 いなべ市となりまして5年目ということで、全国議長会をはじめ、さまざまな要職を経験させていただきました。1年間至らぬ議長ではございましたが、議会運営、そしてまた議会改革に私なりに努力をさせていただきました。皆様方の温かいご理解、ご協力によりまして議長の重責を大過なく務めさせていただくことができましたことを感謝申し上げ、あいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


○副議長(城野正昭君)  ただいま、議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○副議長(城野正昭君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


 追加日程第2、選挙第1号、議長の選挙を行います。


 選挙第1号、議長の選挙について、地方自治法第103条第1項の規定により、議長の選挙を求める。


 平成20年12月2日


 いなべ市議会副議長 城野正昭


 議長の選挙は投票で行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○副議長(城野正昭君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙は投票で行います。


 会議規則第27条の規定により議場を閉鎖いたします。


                  (議場閉鎖)


○副議長(城野正昭君)  ただいまの出席議員は24名であります。


 これより、投票用紙を配布いたします。


                 (投票用紙配布)


○副議長(城野正昭君)  投票は、投票記載台でお願いをいたします。


 投票用紙の配布漏れはありませんか。


                (「なし」の声あり)


○副議長(城野正昭君)  配布漏れなしと認めます。


 投票箱の点検を行います。


                 (投票箱点検)


○副議長(城野正昭君)  投票箱、異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名をフルネームで記載してください。


 それでは、ただいまから投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順次、記載台において投票を願います。


○事務局長(江上安比古君)  1番小林昌彦議員、2番川瀬利夫議員、3番近藤幸洋議員、5番岡 英昭議員、6番小林俊彦議員、7番鈴木順子議員、8番伊藤和子議員、9番衣笠民子議員、10番位田まさ子議員、11番川?智比呂議員、12番藤本司生議員、13番種村正巳議員、14番林 正男議員、15番水谷治喜議員、16番伊藤弘美議員、17番奥岡征士議員、18番清水保次議員、19番小川みどり議員、20番水貝一道議員、21番出口 正議員、22番小川克己議員、23番太田政俊議員、24番石原 瞭議員。最後に城野副議長、お願いします。


○副議長(城野正昭君)  投票漏れはありませんか。


                (「なし」の声あり)


○副議長(城野正昭君)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


○副議長(城野正昭君)  これより、開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番岡 英昭君、6番小林俊彦君を指名いたします。


 両君の立ち会いをお願いいたします。


                  (開  票)


○副議長(城野正昭君)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符号しております。


 そのうち有効投票24票。有効投票のうち、奥岡征士君14票、水貝一道君10票。以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。


 よって、奥岡征士君が議長に当選されました。


○副議長(城野正昭君)  議場の閉鎖を解きます。


                 (議場閉鎖解除)


○副議長(城野正昭君)  ただいま、議長に当選されました奥岡征士君が議場にお見えですので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、議長選挙の当選人である旨告知をいたします。


 ここで、当選されました奥岡征士君に議長受託をごあいさつを受けたいと思います。


              (新議長、登壇してあいさつ)


○17番(奥岡征士君)  ただいま、多数の議員の皆さんのご支持をいただきまして、私、いなべ市議会の議長の席に就くことができました。責任の重大性と身の引き締まる思いでございます。本当にありがとうございます。


 振り返ってみますと、平成15年に県内で1番早く町町合併、全く新しい合併をした第1号のいなべ市として、以降5年間が経ちまして、先輩の議長さんはじめ議員の皆さんの真摯な前向きな議会改革の取り組みで、いよいよ一昨年から会派制度の導入、翌年の来年の第1回議会からは会派運営制度ということで、大変近代的ないなべ市議会ができようとしております。先輩議長さん、皆様方に敬意を表するところでございますが、いよいよその箱ものの形ができましたけれども、今年はそこに魂を入れる完成の年かというふうに考えております。


 今、市民のニーズは、議会がいかに目に見える形の議会運営がなされておるのかということが大変大きな的でございます。そして、こういう時代でございますので、いわゆる要求の議会、要求型の議会から提案型、あるいは創造型の議会に移っていく時代ではなかろうかなというふうに思っております。


 大変微力ではございますけれども、皆様のご協力をいただきながら一生懸命取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。甚だ簡単でございますが、就任のごあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。


○副議長(城野正昭君)議長が選任されましたので、これをもって議長職を終わらせていただきます。これにて、降壇させていただきます。


 ご協力ありがとうございました。


 奥岡征士君、議長席にお着きください。


                  (議長交代)


○議長(奥岡征士君)  ただいま、城野正昭君から副議長の辞職願が提出されました。


 よって、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 追加日程第3、副議長辞職の件を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により城野正昭君の除斥を求めます。


                (城野正昭君 退席)


○議長(奥岡征士君)  城野正昭君から副議長の辞職願が提出されました。


 事務局長に辞職願を朗読させます。


○事務局長(江上安比古君)


 平成20年12月2日


 いなべ市議会議長様


 いなべ市議会副議長 城野正昭


 辞職願


 このたび一身上の都合により、副議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。


○議長(奥岡征士君)  お諮りいたします。


 城野正昭君の副議長の辞職を許可することに、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。辞職を許可することに決しました。


 城野正昭君の除斥を解きます。


                (城野正昭君 復席)


○議長(奥岡征士君)  城野正昭君に申し上げます。


 ただいま、提出されました副議長辞職の件は、これを許可することに決しましたので、お伝えをいたします。


 ここで城野正昭君からごあいさつをいただきます。


 よろしくお願いします。


○4番(城野正昭君)  辞職にあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。


 ここ1年間、林前議長ともどもに議会の運営に微力ながら努力をさせてもらいました。これ一重に皆様方のご理解、ご協力の賜ものであると深く感謝を申し上げるとともに、厚くお礼を申し上げます。簡単ではございますけども、辞職のごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


○議長(奥岡征士君)  ただいま、副議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


 追加日程第4、選挙第2号、副議長の選挙を行います。


 選挙第2号、副議長の選挙について、地方自治法第103条第1項の規定により、副議長の選挙を求める。


 平成20年12月2日


 いなべ市議会議長


 副議長の選挙は、投票で行いたと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙は投票で行います。


 会議規則第27条の規定により議場を閉鎖をいたします。


                  (議場閉鎖)


○議長(奥岡征士君)  ただいまの出席議員は24名であります。


 これより投票用紙を配布いたします。


                 (投票用紙配布)


○議長(奥岡征士君)  投票は投票記載台でお願いをいたします。


                 (投票用紙配布)


○議長(奥岡征士君)  投票用紙の配布漏れはありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  配布漏れなしと認めます。


 投票箱の点検をお願いいたします。


                 (投票箱点検)


○議長(奥岡征士君)  投票箱異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙には、被選挙人の指名をフルネームで記載をしてください。


 ただいまから、投票を行います。


 事務局長が自席番号と指名を読み上げますので、順次記載台で投票をお願いいたします。


○事務局長(江上安比古君)  1番小林昌彦議員、2番川瀬利夫議員、3番近藤幸洋議員、4番城野正昭議員、5番岡 英昭議員、6番小林俊彦議員、7番鈴木順子議員、8番伊藤和子議員、9番衣笠民子議員、10番位田まさ子議員、11番川?智比呂議員、12番藤本司生議員、13番種村正巳議員、14番林 正男議員、15番水谷治喜議員、16番伊藤弘美議員、18番清水保次議員、19番小川みどり議員、20番水貝一道議員、21番出口 正議員、22番小川克己議員、23番太田政俊議員、24番石原 瞭議員。最後に奥岡議長お願いします。


○議長(奥岡征士君)  投票漏れはございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 これより、開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により立会人に7番鈴木順子君、8番伊藤和子君を指名いたします。


 両君の立ち会いをお願いをいたします。


                  (開  票)


○議長(奥岡征士君)  選挙の結果をご報告いたします。


 投票票数24票、これは先ほどの出席議員に符合しております。


 そのうち、有効投票数18票、無効投票6票、有効投票のうち岡 英昭君16票、石原 瞭君2票。以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 よって、岡 英昭君が副議長に当選をされました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場閉鎖解除)


○議長(奥岡征士君)  ただいま、副議長に当選をされました岡 英昭君が議場におみえですので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、副議長選挙の当選人である旨、告知をいたします。


 ここで、当選されました岡 英昭君の副議長受託のごあいさつを受けたいと思います。よろしくお願いします。


             (岡 英昭君 登壇してあいさつ)


○副議長(岡 英昭君)  ただいま浅学非才の私をご選任いただきまして、誠にありがとうございました。奥岡議長の補佐と、それから議会の信頼を深めることに邁進し、そして議会のますますの活性化に努めてまいりたいと思います。そして議会の改革にも精進していきたいと思っておりますので、皆様方のご協力とご支援をいただいて、進めていきたいと思います。


 本当にありがとうございました。


○議長(奥岡征士君)  暫時休憩をいたします。


 この後、全員協議会を11時05分から開催をいたしますので、時間になりましたら全員協議会室にお集まりをいただくようにお願いをいたします。


               午前10時50分 休憩


               午後 1時30分 再開


○議長(奥岡征士君)  再開いたします。


 追加日程第5、選任第1号、いなべ市議会常任委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長においてお手元に配布をいたしました常任委員会委員名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました各議員をそれぞれの常任委員会委員に選任することに決しました。


 追加日程第6、選任第2号、いなべ市議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会委員の選任につきましても、委員条例第8条第1項の規定により、議長においてお手元に配布いたしました議会運営委員会委員名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました各議員を議会運営会委員に選任することに決しました。


 追加日程第7、選任第3号、いなべ市議会広報特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会広報特別委員会委員の選任につきましても、委員会条例第8条第1項の規定により、議長においてお手元に配布いたしました議会広報特別委員会委員名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました各議員の議会広報特別委員会委員に選任することに決しました。


 暫時休憩をいたします。


                午後1時32分 休憩


                午後1時36分 再開


○議長(奥岡征士君)  再開いたします。


 先ほど、各委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、報告いたします。


 総務常任委員会委員長に伊藤弘美君、総務常任委員会副委員長に水谷治喜君。教育民生常任委員会委員長に小川みどり君、教育民生常任委員会副委員長に位田まさ子君。産業建設常任委員会委員長に藤本司生君、産業建設常任委員会副委員長に伊藤和子君。議会運営委員会委員長に川?智比呂君、議会運営委員会副委員長に近藤幸洋君。議会広報特別委員会委員長に衣笠民子君、議会広報特別委員会副委員長に水貝一道君。以上のとおりでございます。


 追加日程第8、選任第4号、員弁土地開発公社理事の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 員弁土地開発公社理事の林 正男君、水貝一道君、藤本司生君から辞職願が提出され、3名が欠員となりました。


 員弁土地開発公社理事の欠員3名は、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、員弁土地開発公社理事の欠員3名は、議長において指名することに決しました。


 員弁土地開発公社理事には、伊藤弘美君、岡 英昭君と私、奥岡征士を指名いたします。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、員弁土地開発公社理事には、伊藤弘美君、岡 英昭君、私、奥岡征士の3名を指名することに決しました。


 追加日程第9、選挙第3号、桑名広域清掃事業組合議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項に規定により、指名推薦により行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙は指名推薦により行うことに決しました。


 続いて、お諮りいたします。


 指名推選には、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 それでは、桑名広域清掃事業組合議員に小林俊彦君を指名いたします。


 ただいま、議長において、指名いたしました小林俊彦君を当選人と定めることにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました小林俊彦君が桑名広域清掃事業組合議員に当選をされました。


 ただいま当選をされました小林俊彦が議場におられますので、議会規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 追加日程第10、選挙第4号、桑名・員弁広域連合議会議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推薦により行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙は指名推薦により行うことに決しました。


 続いて、お諮りをいたします。


 指名推薦は、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 それでは、桑名・員弁広域連合議会議員には、位田まさ子君、清水保次君、水貝一道君、小川克己君の4名を指名いたします。


 ただいま、議長において指名いたしました4名を当選人と定めることにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました位田まさ子君、清水保次君、水貝一道君、小川克己君の4名が桑名・員弁広域連合議会議員に当選をされました


 ただいま当選をされました4名の方が議場におられますので、議会規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 お諮りいたします。


 議長の常任委員会委員辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(奥岡征士君)  ご異議なしと認めます。


 ここで議長を交代をさせていただきます。


                  (議長交代)


○副議長(岡 英昭君)  追加日程第11、議長の常任委員会委員辞任の件を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、議長の除斥を求めます。


                (奥岡征士君退席)


○副議長(岡 英昭君)  議長から公正な議会運営のため、常任委員会委員を辞任したい旨申し出がありました。


 お諮りいたします。


 議長の申し出のとおり、常任委員会委員の辞任を許可することに、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○副議長(岡 英昭君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長の申し出のとおり、常任委員会委員の辞任を許可することに決しました。


 議長の除斥を解きます。


                (奥岡征士君 復席)


○副議長(岡 英昭君)  議長に申し上げます。議長の常任委員会委員辞任の件はこれを許可することに決しましたので、お伝えいたします。


 ここで議長を交代いたします。


○議長(奥岡征士君)  以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 次回の本会議は12月4日午前9時再開をいたします。


 一般質問を行います。


 それでは、これをもちまして散会といたします。


 ご苦労様でございました。


             (午後1時48分 散会)





地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








              いなべ市議会議長








              いなべ市議会署名議員








              いなべ市議会署名議員