議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 いなべ市

平成18年第2回定例会(第5日 6月22日)




平成18年第2回定例会(第5日 6月22日)





                  平成18年


              いなべ市議会(第2回)定例会


             平成18年6月22日午前9時開会





 
開会(開議)の宣告


  日程第 1          委員長報告


  日程第 2  議案第49号  いなべ市観光用駐車場条例の制定について


  日程第 3  議案第50号  いなべ市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害


                 補償等に関する条例の一部を改正する条例について


  日程第 4  議案第51号  委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の


                 一部を改正する条例について


  日程第 5  議案第52号  いなべ市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正


                 する条例について


  日程第 6  議案第53号  いなべ市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に


                 関する条例の一部を改正する条例について


  日程第 7  議案第54号  いなべ市・東員町障害者介護給付費等の支給に関す


                 る審査会の共同設置に関する協議について


  日程第 8  議案第55号  三重県自治会館組合の共同処理する事務の変更及び


                 三重県自治会館組合の規約の変更に関する協議につ


                 いて


  日程第 9  議案第57号  いなべ市道路線の変更について


  日程第10  議案第58号  平成18年度いなべ市一般会計補正予算(第2号)


  日程第11  請願第 2号  出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、


                 預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸


                 金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願書


  日程第12  請願第 3号  出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、


                 預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸


                 金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願書


追加日程第 1  発議第 3号  「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関す


                 る法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改


                 正を求める意見書


追加日程第 2  議長発議  議員派遣について





2 出席議員


    1番 小 林 昌 彦        13番 種 村 正 巳


    2番 川 瀬 利 夫        14番 林   正 男


    3番 近 藤 幸 洋        15番 水 谷 治 喜


    4番 城 野 正 昭        16番 伊 藤 弘 美


    5番 岡   英 昭        17番 奧 岡 征 士


    6番 小 林 俊 彦        18番 清 水 保 次


    7番 鈴 木 順 子        19番 小 川 みどり


    8番 伊 藤 和 子        20番 水 貝 一 道


    9番 衣 笠 民 子        21番 出 口   正


   10番 位 田 まさ子        22番 小 川 克 己


   11番 川 ? 智比呂        23番 太 田 政 俊


   12番 藤 本 司 生        24番 石 原   瞭





3 欠席議員


   なし





4 地方自治法第121条により出席した者の職氏名


市長          日 沖   靖   収入役         小 西 初 枝


教育長         日 沖   貴   企画部長        奧 岡 史 郎


総務部長        渡 辺 広 次   建設部長        伊 藤 清 治


福祉部長        安 藤 喜 之   市民部長        安 藤 博 幸


教育委員会教育次長   川 島   修   水道部次長       安 藤 三 成


農林商工部次長     清 水 隆 徳   企画部次長       名 村 之 彦


総務部次長兼企画部次長           福祉部次長兼福祉事務所長


            辻   清 成               伊 藤 一 人


建設部次長       小 林   隆   政策課長        近 藤 重 年


法務課長        川 添 隆 史





5 職務のため出席した者の職氏名


議会事務局長      川 瀬   学   議会事務局議事課長   小 寺 修 栄


議会事務局庶務課長   江 上 安比古   議会事務局議事課長補佐 太 田 正 人


議会事務局庶務課長補佐 三 ? 隆 雪   議会事務局議事課主事  城 野 雅 子








              (午前 9時00分 開会)


○議長(太田 政俊君)  皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は24名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


 傍聴人の方に申し上げます。


 傍聴人の方は、いなべ市議会傍聴規則を厳守していただきますようお願いいたします。


 なお、CTYから取材のため撮影の申し込みが来ておりますので、これを許可しております。


 本日の日程はお手元に配付の議事日程により進めてまいります。


 日程第1、委員長報告を行います。


 日程第2、議案第49号、いなべ市観光用駐車場条例の制定についてから、日程第12、請願第3号、出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願書までの11案件について一括議題といたします。


 6月16日の本会議で各常任委員会に付託をし、審議が終わっております。


 各委員長より審査結果の報告を求めます。


 委員長報告は登壇して行っていただきます。


 委員長報告終了後、委員長に対する質疑を行います。


 委員長は質疑終了後、降壇してください。


 各常任委員長に対する質疑が終了後、討論、採決を行います。


 初めに、総務常任委員長、近藤幸洋君。


○3番(近藤 幸洋君)  皆さん、おはようございます。


 それでは、総務常任委員会委員長報告を行います。


 6月16日の本会議において、総務常任委員会が付託を受けました議案は、5議案でありました。


 委員会は、6月16日午前10時から、委員全員出席のもと開会し、総務部・企画部の担当者から内容説明を受け、慎重な審査を行いました。


 その審査の内容について報告いたします。


 まず議案第50号、いなべ市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について、改正による対象者はいるのかとの質問がありました。


 現在、該当する方はいません。国の法律等の均衡を図るために今回改正をしましたとの答弁でありました。


 以上、討論はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第52号、いなべ市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例については、この時期に、なぜ補償額が下がったのかとの質問に対し、社会情勢に合わせて下がったと聞いていますという答弁でした。


 討論はなく、採決の結果、議案等52号は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第53号、いなべ市非常勤消防団員にかかる退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例については、報償金を上げる改正ですが、議案第52号の説明とは矛盾を感じるが、整合性はどうなっているかとの質問があり、退職報償金については、昨今、非常勤の消防団員の確保がだんだん難しくなっており、処遇改善を図るためのものですという答弁でありました。


 以上、討論はなく、採決の結果、議案第53号は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第55号、三重県自治会館組合の共同処理する事務の変更及び三重県自治会館組合の規約変更に関する協議について、新たな事業を起すことになるが、市の負担はどうなるのかという質問に対する答弁では、いなべ市ではGIS構築に伴い、既にデジタル地図を作成しているため、地図を提供することによる共同事業への参加となります。今後、経年変化による更新については、共同化で行うか、単独で行うか、経費を含めて考えていきますとのことでした。


 また、このデジタル地図を市民が活用することはあるかとの質問には、企業にとっては複数の市町で同一の地図となることはメリットが考えられますが、他市の地図を市民が活用することは少ないと考えますとの答弁でありました。


 以上、討論はなく、採決の結果、議案第55号は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第58号、平成18年度いなべ市一般会計補正予算(第2号)のうち、総務常任委員会の所管について、財産管理費、事務事業委託料について、大安老人福祉センターと聞いたが、耐震結果によってはどうされるのかとの質問がございました。


 答弁では、今回の調査は建築基準法に基づくものです。昭和55年の建物であり、その結果によっては福祉部とも十分協議を行い、何らかの方策を取っていくことになりますとのことでした。


 以上、討論はなく、採決の結果、議案第58号は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、総務常任委員会委員長報告を終わります。


○議長(太田 政俊君)  委員長の報告が終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑なしと認めます。


 これをもって、総務常任委員会委員長の報告に対する質疑を終わります。


 ご苦労さまでした。


 次に、教育民生常任委員長、岡英昭君。


○5番(岡 英昭君)  それでは、教育民生常任委員会委員長報告を行います。


 本定例会において、教育民生常任委員会が付託を受けました案件は、3議案でありました。


 なお、3議案はすべて教育委員会所管についてはなく、福祉部の所管でございます。


 審査は、6月16日本会議において付託を受けた後の、午前10時から第1委員会室おいて、全委員出席のもと委員会を開き、担当者より内容説明を受け、慎重に審議を行いました。


 その中から、説明に対する主な質疑と採決の結果につき、ご報告をいたします。


 まず、議案第51号、委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についての審査結果につき報告をいたします。


 説明は、社会福祉課長から説明を受け、そのあと質疑を行いました。


 質疑では、障害者介護給付費等の支給に関する審査会の委員の手当を日額2万300円にするということだが、2万300円とする根拠は何かという問いがありました。


 それに対する答弁は、当審査会の内容を考慮した上で、介護認定審査会の委員に対する日額と同額にしたということでありました。


 なお、当議案に関し、福祉部より、障害者介護給付費等の支給に関する審査会の委員の手当のほか、従来から申し合わせにより支給していた介護認定審査会の委員に対する手当、日額2万300円についても、今回あわせて条例に加えたという説明があり、本委員会において了承をしましたので、この場でご報告をいたします。


 当議案に対する討論はなく、採決を行った結果、議案第51号は全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 続きまして、議案第54号、いなべ市・東員町障害者介護給付費等の支給に関する審査会の共同設置に関する協議についての審査結果についてご報告をいたします。


 説明は、同じく社会福祉課長から説明を受け、質疑を行いました。


 質疑では、審査会の委員は10人となっているが、審査及び判定に当たっては5人ずつ2つのグループに分けての合議体を設置し、そして行うのかという問いがあり、答弁は、そうである。なお10人の内訳は、医療関係として医師4名、保健関係2名、福祉関係4名を予定しているという説明でありました。


 なお、当議案に対する討論はなく、採決を行った結果、議案第54号は全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第58号、平成18年度いなべ市一般会計補正予算(第2号)、そのうち、教育民生常任委員会所管の審査結果について報告をいたします。


 当議案につきましても、社会福祉課長から説明を受け、質疑を行いました。


 質疑では、障害者介護給付費等支給審査会共同設置費467万2,000円のうち、臨時雇賃金148万5,000円に関し、臨時職はどのような業務を行うのかという問いがあり、対する答弁は、審査会に上げる当市分の案件の事前処理については、いなべ市の職員によりスムーズに行うことができるが、東員町から提出された分については、当市において精査をしなければならない。そのため、臨時職を雇い、臨時職により東員町分の整理や精査を行っていただくものであるということでありました。


 また、歳入の分担金に関し、いなべ市と東員町の分担金の割合はどのように決めるのかという質疑があり、対する答弁は、現在、いなべ市と東員町のそれぞれにおいて障害者福祉サービスを利用されている方の割合をもとに算出をし、計上をした。なお、年度末にはきっちりと清算を行うという説明でありました。


 なお、当議案に対する討論はなく、採決の結果、議案第58号、平成18年度いなべ市一般会計補正予算(第2号)のうち、教育民生常任委員会所管につきましては全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本定例会において、教育民生常任委員会が付託を受けました3議案の審査結果の報告を終わらせていただきます。


○議長(太田 政俊君)  以上で、委員長報告が終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、これをもって質疑を終結します。


 ありがとうございました。


 次に、産業建設常任委員長、城野正昭君。


○4番(城野 正昭君)  どうも、おはようございます。


 それでは、産業建設常任委員会委員長報告をいたします。


 去る6月16日の本会議において、当委員会が付託されました案件は、議案2件と請願2件でありました。


 審査は、6月16日午前10晴から、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重に審査を行いました。


 その審査の経過と結果について報告いたします。


 まず、議案第49号、いなべ市観光用駐車場条例の制定についての審査結果を報告いたします。


 質疑では、指定管理者を前提とした条例であるが、指定管理者を選定する時期はという質問がありました。


 答弁は、ことしの10月から指定管理者制度を実施したいと考えていますということでありました。


 また、駐車場の草刈り、トイレの電気代、水道代、軽微な補修工事はどうするのかという質問に対しては、今までは市が管理していましたが、制度を実施すれば、指定管理者に支払っていただくことになります。詳細なことについては、今後検討しますという答弁でございました。


 また、今まで自治体が管理していたが、決して利益の上がるものではない。市のフォローがないと管理する人もいなくなると思うがという質問があり、年間を通して、管理経費のデータがありません。1年間の実績を出していただき、市としての対応を考えますという答弁でございました。


 当議案に対する討論はなく、採決を行った結果、議案第49号は、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第57号、いなべ市道路線の変更については、質疑、討論もなく、採決の結果、全会一致により可決すべきものと決しました


 最後に、請願第2号、請願第3号は、出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願で、内容が同趣旨であり一括議題として審査しました。


 特に意見、討論はございませんでした。


 なお、採決を行った結果、請願第2号、請願第3号は全会一致により、採択すべきものと決しました。


 以上で、産業建設常任委員会が付託を受けました2議案、2請願に対する委員長報告を終わります。


○議長(太田 政俊君)  委員長報告が終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑なしと認め、これをもって、委員長報告に対する質疑を終結します。


 ご苦労さまでした。


 これより、各議案ごとに討論、採決を行います。


 日程第2、議案第49号、いなべ市観光用駐車場条例の制定について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  討論を終結します。


 これより、議案第49号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第49号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第3、議案第50号、いなべ市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終わります。


 これより、議案第50号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第50号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第4、議案第51号、委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終結します。


 これより、議案第51号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第51号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第5、議案第52号、いなべ市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について討論を行います。


 討論、ございませんか。


 9番、衣笠民子君。


○9番(衣笠 民子君)  9番議員、日本共産党の衣笠民子です。


 議案第52号、いなべ市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について反対の立場で討論をします。


 公務災害は起こらないように十分対策を講じることが大前提ですが、何かあったときに補償されることは大切なことです。


 今、国の公務員削減方針のもと、ただでさえ不足している消防職員を減らそうとしています。


 この中で、地域の消防団員は住民の安全を守る大切な存在です。


 よって、今回のように補償を下げる議案には賛成できません。


○議長(太田 政俊君)  他にございませんか。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより、議案第52号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (多数起立)


○議長(太田 政俊君)  起立多数であります。


 よって、議案第52号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第6、議案第53号、いなべ市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終結いたします。


 これより、議案第53号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第53号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第7、議案第54号、いなべ市・東員町障害者介護給付費等の支給に関する審査会の共同設置に関する協議について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終わります。


 これより、議案第54号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第54号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第8、議案第55号、三重県自治会館組合の共同処理する事務の変更及び三重県自治会館組合の規約の変更に関する協議について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終わります。


 これより、議案第55号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第55号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第9、議案第57号、いなべ市道路線の変更について討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終結します。


 これより、議案第57号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第57号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 日程第10、議案第58号、平成18年度いなべ市一般会計補正予算(第2号)の討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございます。討論を終わり、これより議案第58号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります


 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、議案第58号は委員長の報告のとおり可決することに決しました。


 お諮りいたします。


 日程第11、請願第2号及び日程第12、請願第3号は同一趣旨の請願でありますので一括議題といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、請願第2号及び請願第3号は一括議題とすることに決しました。


 日程第11、請願第2号及び日程第12、請願第3号、出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める請願について討論を行います。


 討論ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終結します。


 これより、請願第2号及び請願第3号を採決いたします。


 本請願に対する委員長の報告は採択であります。


 本請願は委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、請願第2号及び請願第3号は委員長の報告のとおり採択することに決しました。


 お諮りいたします。


 発議第3号、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める意見書が提出されました。


 発議第3号を日程に追加し、追加日程第1として議題といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、発議第3号を日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決しました。


 暫時休憩をいたします。


              (午前 9時31分 休憩)


              (午前 9時32分 再開)


○議長(太田 政俊君)  会議を再開いたします。


 お諮りいたします。


 発議第3号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、委員会付託を省略することに決しました。


 追加日程第1、発議第3号、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める意見書について議題といたします。


 提出者、城野正昭君から提案理由の説明を求めます。


○4番(城野 正昭君)  発議第3号、意見書の提出についての提案理由の説明をいたします。


 意見書の朗読をもって説明にかえさせていただきます。


 「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める意見書(案)でございます。


 全国の破産申立件数は、平成14年以来20万件台に上り、多重債務を抱えた潜在的破産予備軍は200万人にも及ぶともいわれる。


 また、警察庁の統計によれば、平成15年度の経済的理由による自殺者は8,897人とされ、さらにこの多重債務問題が、ホームレス、離婚、配偶者間暴力、児童虐待、犯罪等の被害を引き起こす要因となっており、深刻な社会問題である。


 現在、我が国の公定歩合が年0.1%、銀行の貸出平均金利が年2%以下という超低金利時代において、消費者金融、信販会社、商工ローン等の貸金業者は、利息制限法が定める制限金利(年15%から20%)でさえ高金利といえるところ、貸金業規制法第43条の要件遵守を条件に、出資法の上限金利たる年29.2%(日賦貸金業者及び電話担保金融は年54.75%)という超高金利での営業をしている。


 よって、国においては、下記のとおり法律改正することを強く要望する。


                  記


 1.出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律第5条の上限金利を、利息制限法第1条の制限金利まで引き下げること


 2.貸金業の規制等に関する法律、貸金業規制法第43条の、いわゆる「みなし弁済規定」を撤廃すること


 3.貸金業の規制等に関する法律、出資法における日賦貸金業者及び電話担保金融に対する特例金利を廃止すること


 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。


              平成18年6月22日


                    三重県いなべ市議会議長  太 田 政 俊


 なお、意見書の提出先は、衆・参両院議長、内閣総理大臣ほかでございます。


 以上、発議第3号の提案理由の説明とさせていただきます。


 ご審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(太田 政俊君)  これより質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、質疑を終結します。


 ありがとうございました。


 これより討論を行います。


 討論、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  これで討論を終結いたします。


 これより、発議第3号を採決いたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (全員起立)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、発議第3号は原案のとおり可決されました。


 お諮りします。


 閉会中の議員派遣について、日程に追加し、追加日程第2として議題といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、閉会中の議員派遣についてを日程に追加し、追加日程第2として議題とすることに決しました。


 追加日程第2、閉会中の議員派遣について議題といたします。


 当面の閉会中の議員派遣について、別紙のとおり派遣したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、当面の議員派遣については、別紙のとおり派遣することに決しました。


 これをもって、本定例会に付された案件の審議はすべて終了いたしました。


 以上をもちまして、平成18年第2回いなべ市議会定例会を閉会いたします。


 どうもご苦労さまでございました。


              (午前 9時39分 散会)








地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








              いなべ市議会議長








              いなべ市署名議員








              いなべ市署名議員