議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 いなべ市

平成17年第2回臨時会(第1日12月 1日)




平成17年第2回臨時会(第1日12月 1日)





                  平成17年


              いなべ市議会(第2回)臨時会


             平成17年12月1日午前9時開会





 
                 開会あいさつ


                 臨時議長選出


開会(開議)の宣告


  日程第 1          仮議席の指定


  日程第 2  選挙第 1号  議長選挙について


追加日程第 1          議席の指定について


追加日程第 2          会議録署名議員の指名


追加日程第 3          会期の決定について


追加日程第 4  選挙第 2号  副議長選挙について


追加日程第 5  発議第11号  いなべ市議会委員会条例の一部を改正する条例


                 について


追加日程第 6  発議第12号  いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則に


                 ついて


追加日程第 7  発議第13号  議会広報特別委員会の設置に関する決議につい


                 て


追加日程第 8  発議第14号  いなべ市議会広報誌発行に関する条例の一部を


                 改正する条例について


追加日程第 9  選任第 1号  いなべ市議会常任委員会委員の選任について


追加日程第10  選任第 2号  いなべ市議会運営委員会委員の選任について


追加日程第11  選任第 3号  議会広報特別委員会委員の選任について


追加日程第12  報告第 7号  常任委員会の委員長及び副委員長の報告につい


                 て


追加日程第13  報告第 8号  議会運営委員会の委員長及び副委員長の報告に


                 ついて


追加日程第14  報告第 9号  議会広報特別委員会の委員長及び副委員長の報


                 告について


追加日程第15  選挙第 3号  桑名広域清掃事業組合議員の選挙について


追加日程第16  選挙第 4号  桑名・員弁広域連合議会議員の選挙について


  日程第 2  報告第 6号  専決処分の報告について


  日程第 3  承認第 8号  専決処分の承認を求めることについて


                (いなべ市一般会計補正予算(第6号))


  日程第 4  議案第59号  いなべ市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関


                 する条例の一部を改正する条例について


  日程第 5  議案第60号  いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等


                 に関する条例の一部を改正する条例について


  日程第 6  議案第61号  いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正


                 るす条例について


追加日程第17          議長の常任委員会委員辞任


追加日程第18          議会運営委員会の閉会中の継続審査


追加日程第19          各常任委員会の所管事務調査の閉会中の継続審


                 査





2 出席議員


    1番 小 林 昌 彦        13番 種 村 正 巳


    2番 川 瀬 利 夫        14番 林   正 男


    3番 近 藤 幸 洋        15番 水 谷 治 喜


    4番 城 野 正 昭        16番 伊 藤 弘 美


    5番 岡   英 昭        17番 奧 岡 征 士


    6番 小 林 俊 彦        18番 清 水 保 次


    7番 鈴 木 順 子        19番 小 川 みどり


    8番 伊 藤 和 子        20番 水 貝 一 道


    9番 衣 笠 民 子        21番 出 口   正


   10番 位 田 まさ子        22番 小 川 克 己


   11番 川 ? 智比呂        23番 太 田 政 俊


   12番 藤 本 司 生        24番 石 原   瞭





3 欠席議員


   なし





4 地方自治法第121条により出席した者の職氏名


市長          日 沖   靖  収入役         岡   正 文


教育長         日 沖   貴  市長公室長       岡   清 英


総務部長兼企画部長   渡 辺 広 次  建設部長        伊 藤   晃


福祉部長兼福祉事務所長 安 藤 喜 之  農林商工部次長     伊 藤 一 人


教育委員会教育次長   川 島   修  水道部次長       伊 藤 清 治


市民部次長兼北勢庁舎地域調整監


            安 藤 博 幸  総務部次長       里 村   薫


企画部次長       名 村 之 彦  市長公室次長      奧 岡 史 郎


藤原庁舎地域調整監   野 々 清 重  大安庁舎地域調整監   安 藤 三 成


員弁庁舎地域調整監   辻   清 成  法務課長        小 西 初 枝





5 職務のため出席した者の職氏名


議会事務局長      川 瀬   学  議会事務局議事課長   小 寺 修 栄


議会事務局庶務課長   江 上 安比古  議会事務局議事課長補佐 太 田 正 人


議会事務局庶務課主幹  小 林 治 夫  議会事務局議事課主事  城 野 雅 子





              (午前 9時00分 開会)





○事務局長(川瀬 学君)  皆さん、おはようございます。議会事務局長の川瀬でございます。


 本臨時議会は、一般選挙後初めての議会でありますので、ここで開会前ではございますが、市長からごあいさつをいただきます。


○市長(日沖 靖君)  皆さん、おはようございます。


 それと、皆さんご当選おめでとうございます。


 新しい60人から24人の議員の皆様に、きょうは早朝よりご参集をいただきました。皆さんも選挙の中で市民の皆さまのいろいろな意見を多分吸収をされてこの場に臨んでおられることと思います。


 我々も今まで以上に、やはり襟を正して、そして皆さまとともに新しいまちづくりを、そして行政改革に取り組んでいきたいと思っておりますので、両輪として皆さんとともにすばらしいまちづくりを進めていきたいと思いますのでよろしくお願いを申し上げあいさつとさせていただきます。


 本当にきょうはありがとうございます。


○事務局長(川瀬 学君)  ありがとうございました。


 引き続き、執行部の自己紹介を申し上げますので、よろしくお願いをいたします。


                (執行部 自己紹介)


○事務局長(川瀬 学君)  ありがとうございました。


 ここで執行部の方にお願いをします。議会構成が終わりますまで退席をお願いしたいと存じます。


                 (執行部 退席)


○事務局長(川瀬 学君)  それでは、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、出席議員の中で、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 ここで、年長の出口正議員をご紹介いたします。


 出口正議員、議長席にご着席をいただきたいと存じます。


○臨時議長(出口 正君)  皆さん、おはようございます。


 ただいまご紹介いただきました出口正でございます。


 地方自治法第107条の規定によりまして、臨時に議長の職務を行なわせていただきます。どうぞ、よろしくお願いを申し上げます。


 ただいまから、平成17年第2回いなべ市議会臨時会を開会いたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員は24名であります。


 よって、会議は成立いたしました。


 傍聴人に申し上げます。


 傍聴人の方々は、いなべ市議会傍聴規則を厳守していただきますようお願いします。


 また、CTYから取材のため撮影の申し込みがありましたので許可をしております。


 本日の、議事日程はあらかじめお手元に配付のとおりであります。


 日程第1、仮議席の指定を行ないます。


 仮議席は、ただいま着席の議席を指定いたしたいと思います。


 日程第2、選挙第1号、議長の選挙を行います。


 選挙は投票で行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○臨時議長(出口 正君)  異議なしと認めます。


 よって、選挙は投票で行います


 議場の出入口を閉めます。


                 〔議場を閉鎖〕


○臨時議長(出口 正君)  ただいまの出席議員は24名であります。


 開票立会人を指名いたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、1番 小林昌彦君及び2番 川瀬利夫君を指名いたします。


 投票用紙を配付します。


                (投票用紙の配付)


○臨時議長(出口 正君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


                (「なし」の声あり)


○臨時議長(出口 正君)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


                 (投票箱の点検)


○臨時議長(出口 正君)  異常なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名をフルネームで記載の上、議席番号1番の議員から順次投票を願います。


                  〔投  票〕


○臨時議長(出口 正君)  投票漏れはありませんか。


                (「なし」の声あり)


○臨時議長(出口 正君)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 開票を行います。


 小林昌彦君及び川瀬利夫君、開票の立会いをお願いします。


                  〔開  票〕


○臨時議長(出口 正君)  選挙の結果を報告します。


 投票総数24票、有効投票24票、無効投票ゼロでございます。有効投票のうち、水貝一道君12票、太田政俊君12票、以上のとおりでございます。


 この選挙の法定得票数は6票であり、水貝一道君と太田政俊君の得票数はいずれもこれを超えております。


 両君の得票数は同数です。


 この場合、地方自治法第118条第1項の規定は公職選挙法第95条第2項の規定を準用して、くじで当選人を決定することとなっております。


 よって、水貝一道君と太田政俊君にくじを引いていただきます。


 くじは2回引きます。


 1回目はくじを引く順序を決めるためのもので、若い番号を引いた方が先に2回目のくじを引くことになります。


 2回目はこの順序によってくじを引き、当選人を決定するためのもので、若い番号を引いた方が当選人となります。


 それでは、小林昌彦君、川瀬利夫君、くじの立会いをお願いいたします。


 くじの準備をしてください。


                (順番決定のくじ)


○臨時議長(出口 正君)  くじを引く順序が決定しましたので報告をいたします。


 まず初めに太田政俊君、次に水貝一道君、以上のとおりでございます。


 ただいまの順序によりまして当選人を決定するくじを行います。


 太田政俊君、水貝一道君の順でくじを引いてください。


                (議長決定のくじ)


○臨時議長(出口 正君)  くじの結果を報告いたします。


 くじの結果、太田政俊君が当選人と決しました。


 よって、太田政俊君が議長に当選されました。


 ただいま、議長に当選されました太田政俊君が議場におられます。


 会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 議長に当選されました太田政俊君のあいさつをいただきます。


○23番(太田 政俊君)  たくさんの方にご支持をいただいて、議長の重責を担うことになりました。


 ここは円満な議会運営、もちろん公平な議会運営に務めますとともに、議会の権威を高めるために精いっぱい頑張りますので、議員各位の是非とものご協力をお願いいたしたいと思います。


 簡単ではございますが、就任のあいさつにかえさせていただきます。


 ありがとうございました。


○臨時議長(出口 正君)  これをもちまして、私の臨時議長としての職務を終わらせていただきます。


 ご協力、まことにありがとうございました。


 太田議長、議長席におつきください。


○議長(太田 政俊君)  ただいまから議会運営に当たらせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 お諮りいたします。


 日程の順序を変更し、ただいま配付しました追加日程第1、議席の指定から、追加日程第16、選挙第4号、桑名・員弁広域連合議会議員の選挙についてを日程に追加し、先に審議したいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 日程の順序を変更し、追加日程第1、議席の指定から、追加日程第16、選挙第4号、桑名・員弁広域連合議会議員の選挙についてを先に審議することに決定しました。


 追加日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、ただいまご着席の仮議席を本議席に指定いたします。


 追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 お諮りいたします。


 会議録署名議員は、この後、発議第12号で提案される、いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則案に準じて指名したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則案に準じて指名いたします。


 3番 近藤幸洋君、4番 城野正昭君の2名を指名いたします。


 追加日程第3、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は本日1日限りとすることに決しました。


 日程第4、選挙第2号、副議長の選挙を行います。


 選挙は投票で行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、選挙は、投票で行います。


 議場の出入口を閉鎖します。


                  (議場閉鎖)


○議長(太田 政俊君)  ただいまの出席議員は24名です。


 次に、開票立会人を指名いたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に5番 岡英昭君及び6番 小林俊彦君を指名いたします。


 投票用紙を配付します。


                (投票用紙の配付)


○議長(太田 政俊君)  投票用紙の「配付漏れ」はありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


                 (投票箱の点検)


○議長(太田 政俊君)  異常なしと認め、ただいまから投票を行います。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名をフルネームで記載の上、議席番号1番の議員から順次投票を願います。


                  〔投  票〕


○議長(太田 政俊君)  投票漏れはありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 開票を行います。


○議長(太田 政俊君)  岡英昭君及び小林俊彦君、開票の立会いをお願いします。


                  〔開  票〕


○議長(太田 政俊君)  選挙の結果を報告します。


 投票総数24票、有効投票24票、無効投票ゼロです。


 有効投票のうち、小川みどり君12票、出口正君10票、石原瞭君2票、以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票です。


 したがって、小川みどり君が副議長に当選されました。


 議場の出入口を閉鎖をときます。


               〔議場出入口を開ける〕


○議長(太田 政俊君)  ただいま、副議長に当選しました小川みどり君が議場におられます。


 会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 副議長に当選されました、小川みどり君のあいさつがあります。


○19番(小川 みどり君)  ただいま副議長に選出していただきました小川みどりでございます。


 たくさんの方々のご支援ありがとうございました。


 議長を補佐し、そして、このいなべ市議会が発展するよう努力し、そして、皆さんだれもが望んでいることですけれど、住んでよかったといういなべ市に向けて前進してまいりたいと思いますので、皆さんのご協力よろしくお願いいたします。


 きょうはありがとうございました。


○議長(太田 政俊君)  ここで暫時休憩をいたしたいと思います。


 このあと、全員協議会を議員控室で行いますのでよろしくお願いします。


              (午前 9時45分 休憩)


              (午前11時20分 再開)


○議長(太田 政俊君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 お諮りいたします。


 発議第11号から発議第14号までの4件については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、発議第11号から発議第14号までの4件については、委員会付託を省略することに決しました。


 追加日程第5、発議第11号、いなべ市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提出者であります小林俊彦君から、本案について提案理由の説明を求めます。


 小林俊彦君。


○6番(小林 俊彦君)  発議第11号、いなべ市議会委員会条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明をさせていただきます。


 いなべ市議会委員会条例の一部を次のように改正する。


              平成17年12月1日提出


                       提出者 いなべ市議会議員 小林 俊彦


                       賛成者 いなべ市議会議員 小林 昌彦


                           いなべ市議会議員 近藤 幸洋


                           いなべ市議会議員 鈴木 順子


 第2条を次のように改める。


 第2条、常任委員会の名称、委員の定数及び所管は次のとおりとする。


 (1)総務常任委員会 8人


  ア 総務部の所管に関する事項


  イ 企画部の所管に関する事項


  ウ 収入役の所管に関する事項


  エ 市長公室の所管に関する事項


  オ 他の常任委員会の所管に属さない事項


 (2)教育民生常任委員会 8人


  ア 市民部の所管に関する事項


  イ 福祉部の所管に関する事項


  ウ 教育委員会の所管に関する事項


 (3)産業建設常任委員会 8人


  ア 農林商工部の所管に関する事項


  イ 建設部の所管に関する事項


  ウ 水道部の所管に関する事項


  エ 農業委員会に関する事項


 第3条第1項中「2年」を「1年」に改める。


 この改正は、常任委員の任期が2年となっていましたが、1年に改正するものであります。


 第4条第2項中「8人」を「6人」に改める。


 この改正につきましては、議会運営委員会の定数は8人となっていましたが、6人に改正するものであります。


 附則につきましては、この条例は公布の日から施行する。


 以上で、提案理由の説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(太田 政俊君)  これより質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終了いたします。


 これより、発議第11号、いなべ市議会委員会条例の一部を改正する条例について、討論を行います。


 討論ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございます。


 これにて討論を終結いたします。


 これより、発議第11号、いなべ市議会委員会条例の一部を改正する条例について採決をいたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立全員)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、発議第11号は原案のとおり可決することに決しました。


 追加日程第6、発議第12号、いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題といたします。


 提出者であります岡英昭君から、本案について提案理由の説明を求めます。


 5番、岡英昭君。


○5番(岡 英昭君)  発議第12号、いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則について、提案理由の説明をさせていただきます。


 いなべ市議会会議規則の一部を次のように改正する。


              平成17年12月1日提出


                       提出者 いなべ市議会議員 岡  英昭


                       賛成者 いなべ市議会議員 伊藤 和子


                           いなべ市議会議員 衣笠 民子


                           いなべ市議会議員 位田まさ子


 第78条第2項を次のように改める。


 議事は議長の定める方法により記録する。


 この改正は、議事録は速記法によって速記するとなっていたのを改正するものであります。


 第81条中「3人」を「2人」に改める。


 この改正につきましては、会議録署名議員数は3名となっていましたが、2名に改正するものであります。


 附則につきましては、この条例は公布の日から施行する。


 以上で、提案理由の説明を終わります。


○議長(太田 政俊君)  説明が終わりました。


 これより質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより、発議第12号、いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則について、討論を行います。


 討論ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  討論ないようでございます。


 これにて討論を終結いたします。


 これより、発議第12号、いなべ市議会会議規則の一部を改正する規則について、採決いたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立全員)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、発議第12号は原案のとおり可決することに決しました。


 追加日程第7、発議第13号、議会広報特別委員会の設置に関する決議についてを議題といたします。


 提出者であります城野正昭君から、提案理由の説明を求めます。


 4番、城野正昭君。


○4番(城野 正昭君)  発議第13号、議会広報特別委員会の設置に関する決議について、提案理由の説明をさせていただきます。


 議会広報特別委員会の設置に関する決議(案)でございます。


 次のとおり、議会広報特別委員会を設置するものである。


 1.名   称 議会広報特別委員会


 2.設置の根拠 地方自治法第110条及びいなべ市議会委員会条例第6条


 3.目   的 いなべ市議会広報に関する調査及び編集


 4.委員の定数 6名


 5.調査の期限 調査及び作成が終了するまでは閉会中もなお調査を行うことが


         できる


              平成17年12月1日提出


                       提出者 いなべ市議会議員 城野 正昭


                       賛成者 いなべ市議会議員 川?智比呂


                           いなべ市議会議員 種村 正巳


                           いなべ市議会議員 林  正男


 以上で、提案理由の説明を終わります。


 よろしくお願いします。


○議長(太田 政俊君)  説明が終わりました。


 質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑なしと認め、これにて質疑を終了します。


 これより、討論を行います。


 討論ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終結いたします。


 これより、発議第13号、議会広報特別委員会の設置に関する決議についてを、採決いたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立全員)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、発議第13号は原案のとおり可決されました。


 追加日程第8、発議第14号、いなべ市議会広報誌発行に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提出者であります城野正昭君から提案理由の説明を求めます。


 4番、城野正昭君。


○4番(城野 正昭君)  発議第14号、いなべ市議会広報誌発行に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明をさせていただきます。


 いなべ市議会広報誌発行に関する条例の一部を次のように改正する。


              平成17年12月1日提出


                       提出者 いなべ市議会議員 城野 正昭


                       賛成者 いなべ市議会議員 川?智比呂


                           いなべ市議会議員 種村 正巳


                           いなべ市議会議員 林  正男


 第3条第3項中、「2年」を「1年」に改める。


 この改正は、委員の任期を1年に改正するものであります。


 附則につきましては、この条例は公布の日から施行する。


 以上で、提案理由の説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(太田 政俊君)  説明が終わりました。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑なしと認めます。


 よって、質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 討論ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございますので、討論を終結いたします。


 これより、発議第14号、いなべ市議会広報誌発行に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立全員)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、発議第14号は原案のとおり可決されました。


 暫時休憩します。


              (午前11時35分 休憩)


              (午前11時35分 再開)


○議長(太田 政俊君)  次に、追加日程第9、選任第1号、いなべ市議会常任委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。


 常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、ただいま配付いたしております名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました、以上の方々を常任委員会委員に選任することに決しました。


 次に、追加日程第10、選任第2号、いなべ市議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。


 いなべ市議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、ただいま配付いたしました名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました、以上の方々をいなべ市議会運営委員会委員に選任することに決しました。


 追加日程第11、選任第3号、議会広報特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。


 議会広報特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、ただいま配付いたしました名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました、以上の方々を議会広報特別委員会委員に選任することに決しました。


 ただいま選任されました、各常任委員会、議会運営委員会及び議会広報特別委員会を休憩中にそれぞれ開会し、正副委員長の互選を行い、速やかに委員会の構成を終えるよう、委員会条例第10条第1項の規定により、ここに召集をいたします。


 なお、各委員会終了後、全員協議会を開きすのでよろしくお願いします。


 暫時休憩をいたします。


              (午前11時41分 休憩)


              (午後 1時30分 再開)


○議長(太田 政俊君)  休憩前に引き続き、会議を再開いたします。


 追加日程第12、報告第7号、常任委員会の委員長及び副委員長の報告についてを議題といたします。


 これにつきましては、休憩中、各常任委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われましたので報告いたします。


 総務常任委員会委員長に近藤幸洋君、副委員長に出口正君、


 教育民生常任委員会委員長に岡英昭君、副委員長に伊藤和子君、


 産業建設常任委員会委員長に城野正昭君、副委員長に石原瞭君、


 以上で報告を終わります。


 追加日程第13、報告第8号、議会運営委員会の委員長及び副委員長の報告についてを議題といたします。


 これにつきましても、休憩中、委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われましたので報告いたします。


 議会運営委員会委員長に林正男君、副委員長に鈴木順子君が選出をされております。


 追加日程第14、報告第9号、議会広報特別委員会の委員長及び副委員長の報告についてを議題といたします。


 休憩中、議会広報特別委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われましたので、報告いたします。


 議会広報特別委員会委員長に衣笠民子君、副委員長に伊藤弘美君、


 以上で報告を終わります。


 日程第15、選挙第3号、桑名広域清掃事業組合議員の選挙についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、指名推薦によるか投票によるかいかがいたしましょうか。


               (「指名推薦」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ただいま水谷治喜君から、選挙の方法は指名推薦との発言がありました。


 桑名広域清掃事業組合議員の選挙については、議長から指名することにいたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法については、議長において指名することに決しました。


 それでは、桑名広域清掃事業組合議員には衣笠民子君を指名いたします。


 ただいま、議長において指名たしました衣笠民子君を当選人と定めることにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、衣笠民子君が当選されました。


 ただいま当選されました衣笠民子君が議場におられます。


 会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 日程第16、選挙第4号、桑名・員弁広域連合議会議員の選挙について、議題といたします。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、指名推薦によるか投票によるか、いかがいたしましょうか。


               (「指名推薦」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ただいま、川?智比呂君から選挙の方法は指名推薦との発言がございました。


 桑名・員弁広域連合議会議員の選挙については、議長から指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、指名の方法については議長において指名することに決しました。


 それでは、桑名・員弁広域連合議会議員に清水保次君、小林俊彦君、水貝一道君、藤本司生君の4名を指名いたします。


 ただいま、議長において指名いたしました、清水保次君、小林俊彦君、水貝一道君、藤本司生君の4名を当選人と定めることにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、清水保次君、小林俊彦君、水貝一道君、藤本司生君の4名が当選されました。


 ただいま当選されました清水保次君、小林俊彦君、水貝一道君、藤本司生君の4名が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 お諮りいたします。


 日程第2、報告第6号、専決処分の報告についてから、日程第6、議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてまで、5案件につきましては一括上程といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、日程第2、報告第6号、専決処分の報告についてから、日程第6、議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてまでの5案件を一括上程と決しました。


 日程第2、報告第6号、専決処分の報告について、日程第3、承認第8号、専決処分の承認を求めることについて、日程第4、議案第59号、いなべ市議会の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第5、議案第60号、いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第6、議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 市長より、提出議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長、日沖靖君。


○市長(日沖 靖君)  まず、報告第6号につきましては、議会の議決により指定をいただいております市長の専決処分事項のうち、100万円以下の損害賠償額の決定に該当するもので、その内容といたしましては、市道大安東部線上における道路欠損による交通事故の損害賠償額を38万7,090円と決定し、専決処分したもであります。


 続きまして、承認第8号につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、市議会議員選挙にかかわる経費の補正に対する専決処分を行いましたので、議会のご承認を求めるものでございます。


 議案第59号、議会の議員の報酬等に関する条例につきましては、議会議員の報酬額を改正するとともに、一般職の職員の給与に関する法律等の改正に伴い、これに準じて関係規定を整備しようとするものでございます。


 議案第60号の市長、助役、収入役の給与表に関する条例の一部の改正につきましては、一般職の職員の給与に関する法律等の改正に伴い、これに準じて関係規定を整備しようとするもので、その内容といたしましては、期末手当の支給の基準となる額に乗じる割合を12月で100分の230を100分の235に改めようとするものでございます。


 議案第61号の職員の給与に関する条例の一部の改正につきましては、一般職の職員の給与に関する法律等の改正に伴い、これに準じて関係規定を整備しようとするもので、その内容といたしましては、給与表、扶養手当、勤勉手当を人事院勧告に準じて改めようとするものでございます。


 慎重なご審議、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(太田 政俊君)  市長の説明が終わりました。


 日程第2、報告第6号から、日程第6、議案第61号までについて補足説明を求めます。


 水道部次長、伊藤清治君。


○水道部次長(伊藤 清治君)  お手元の専決第9号、専決処分書の方でございます。


 事故の発生から事故処理までの経過の報告をさせていただきます。


 大安町梅戸北地内の市道、大安東部線上に設置をいたしました水道止水栓が陥没をいたしましたので、平成17年8月30日でございますが、修繕をいたしたわけでございます。


 修繕後は、交通安全対策も十分考慮をしまして、穴のあきました30センチ四方でございますけれど、レミファルトで簡易舗装をいたしたわけでございます。


 ところが、その日の午後9時から10時半にかけまして、局所的に雨が降りました。そこを行き交う車と雨水で、レミファルトの簡易舗装がめくれて取れてしまったわけでございます。そこに段差が生じました。


 そこへ通りかかった車のタイヤが偶然にもめり込みまして、左前輪と左後輪、タイヤホイールが破損をいたしました。また、車体の一部も破損をしたわけでございます。


 事故発生時間は午後10時30分ごろでございました。


 水道部の対応として、通行者に対する注意看板等設置していなかったことに対して深く反省をしているところでございます。


 今後、このようなことが起こらないよう、十分、現場対応に心がけいたすところでございます。


 損害賠償額38万7,090円、うち保険金としておりる額は33万7,090円でございます。免責分といたしまして、市が負担する額が5万円でございます。


 損害賠償の相手方は、桑名市福島934番地、平野光彦様でございます。


 平成17年10月22日、平野様と示談が成立しましたので、ここに専決処分として報告をさせていただきます。


 よろしくお願いします。


○議長(太田 政俊君)  総務部長、渡辺広次君。


○総務部長(渡辺 広次君)  失礼いたします。


 承認の第8号、3ページをお願いいたします。


 専決処分の承認を求めることについて、平成17年度いなべ市一般会計補正予算(第6号)でございます。


 裏のページでございますが、4ページでございます。専決第10号でございます。


 専決処分書ということで、平成17年度いなべ市一般会計補正予算(第6号)につきまして、地方自治法第179条第1項の規定により次のとおり専決処分を求めるということで、平成17年11月1日にさせていただいております。


 内容でございますが、別紙補正予算(第6号)をお開きをいただきたいと思います。


 予算書の1ページでございます。平成17年度いなべ市一般会計補正予算(第6号)でございます。


 補正予算の内容でございますが、市議会議員選挙費でございます。


 平成17年度いなべ市一般会計補正予算(第6号)は次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正ということで、第1条でございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるということで、11月1日専決ということでございます。


 3ページをお開きいただきたいと思います。


 第1表、歳入歳出予算補正でございます。歳出でございますが、歳出の合計ということでございまして、補正額はゼロ、計192億235万円ということでございます。


 補正の額でございますが、選挙費で516万2,000円、予備費で516万2,000円の減額ということでゼロということでございます。


 7ページをお開きいただきたいと思います。


 歳出でございますが、款2総務費、項4選挙費、目3市議会議員選挙費でございます。補正前の額でございますが、2,184万5,000円、補正額516万2,000円、計2,700万7,000円ということでございます。


 内容でございますが、節でございます、13節委託料でございます。516万2,000円ということでございます。


 補正の内容でございますが、看板設置費の委託費でございます。当初、金額が衆議院選挙の看板の程度でございましたが、33名の方が立候補されまして、看板が大きくなったということでございまして、175組、39区画の看板でございます。これが516万2,000円の補正でございます。


 それから、予備費の方でございますが、同じく、これも1目の予備費でございまして、516万2,000円の減額という内容でございます。補正額はゼロでございます。


 以上でございます。


 それでは、議案第59号、5ページをお開きいただきたいと思います。


 いなべ市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。


 12月1日提出ということでございます。


 6ページを見ていただきたいと思います。


 提案の理由でございますが、本市の議会議員の報酬の額の改正及び一般職の職員の給与に関する法律等の一部改正をする法律(平成17年法律第113号)が平成17年11月7日に公布されまして、同年12月1日に施行されることに伴い、これに準じて期末手当の改正を行うとともに、いなべ市議会の議員さんの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正することにつきまして議会の承認を得る必要がございますので提案をいたしましたわけでございます。


 内容でございますが、いなべ市議会議員の、これも条例の一部改正の内容でございますけれども、5行目でございますが、第1条中29万円、これは議長さんの報酬でございます。これが49万5,000円に、副議長さんでございますが、22万5,000円、これが42万円に。議員さんが20万5,000円を39万に改めさせていただくということでございます。


 これにつきましては、先般、特別職の報酬審議会の答申がございまして、県内各市の支給状況を考慮するとともに、一般職の給与改正のもとになる平成17年の人事院勧告を踏まえ、現行の支給割合を国の特別職の支給割合に準じて改正することが適当であるという答申が出ておりますが、その答申の内容につきましては、先般説明をさせていただいてございます。その答申に基づきまして提案をさせていただいたということでございます。


 それから、第5条でございます。これは期末手当をいうておるわけでございますが、第5条第2項中の1号中、100分の210を100分の160に改め、同項第2号中100分の230を100分の175にということで、160の分につきましては6月でございますし、170につきましては12月の期末手当ということでございます。


 附則といたしまして、施行期日でございます。この条例は平成17年12月1日から施行すると。


 それから、平成17年12月期末手当の特例というのがございますが、これにつきましては、平成17年12月支給期末手当につきまして、いなべ市議会の議員の報酬及び費用弁償に関する条例第5条第1項後段に規定するものについてはなお従前の例によるということで、期末手当のことを言うておりまして、基準備前一月以内に任期満了、辞職、除名、死亡または議会の解散により、その方については従前の率とするということをここに書かせていただいておるわけでございます。


 答申内容につきましては、先般ご説明をさせていただきました、あるいは、また議会議員さんの県内各市の報酬の比較についてもご説明させていただきましたので、それにつきましては省略させていただきます。


 それでは、9ページをお願いいたします。


 議案第60号でございます。


 いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。


 その改正の内容でございます。10ページでございます。


 一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律、これも平成17年の法律第113号でございますが、平成17年11月7日に公布されまして、同年12月1日に施行されることに伴いまして、これに準じまして本市の市長、助役及び収入役の給与改正を行うため、いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等に関する条例、平成15年いなべ市条例第39号の一部を改正する必要がございますので、議会の承認を得るために議会の方へ提出をさせていただいたわけでございます。


 この詳細でございますが、右分けにございます、11ページでございますが、率の改正でございまして、期末手当の率でございます。第5条中第1項第2号中100分の230を100分の235にというふうに改めるということで、0.05増ということでございます。


 附則といたしまして、この条例は平成17年12月1日から施行するということでございます。


 続きまして、13ページをお願いいたします。


 議案第61号でございます。いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてということで、平成17年12月1日提出、いなべ市長、日沖靖ということでございますが、提案の理由でございます。人事院は平成17年8月15日に、国家公務員につきまして給与水準の引き下げと、昭和32年以来の50年ぶりに行われます給与構造の抜本的な改革の実施を柱とする勧告がなされたわけでございます。


 それで、これにつきましても同じように、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律(平成17年法律第113号)が、これも同じように11月7日に公布されまして、12月1日に施行されることに伴いまして、これに準じまして本市の職員の給与改正を行うために、議会の承認を得るために提出をさせていただいたわけでございます。


 改正の概要でございますが、右側にございますが、主な改正の概要でございます。給与月額の引き下げ、改定率といたしましては0.3%の減でございます。配偶者にかかる扶養手当の支給月額の引き下げ、配偶者でございますが1万3,500円が1万3,000円でございます。期末勤勉手当の引き上げ。職員につきましては、期末勤勉手当、12月分でございますが0.05カ月分ということで12月勤勉手当0.7から0.75月ということの改正でございます。


 それから、行政職給料表の別表にございますが、行二の方につきまして国公の5級と6級を導入させていただいたということでございますが、これにつきましては、他市との均衡上、あるいは国の方からも来ておりまして、技能労務職員の給与については国における同種の職員の給与を参考といたしまして、その職の性格や内容を含みまして、民間の同種の職務に従事する人との均衡、あるいは他市との給与を考えまして、これを導入させていただいたというような状況でございます。


 15ページでございますが、これも先ほどご説明させていただいたとおりでございまして、1万3,500円が1万3,000円、それから勤勉手当でございますが100分の70が100ぶんの75、それから第2号中というのがございますが、これにつきましては、再任用の方でございますが、6月に支給する割合が100分の35、12月に支給する割合を100分の40というふうなことでございます。


 それから、15ページの次に別表をつけさせていただいております。これの左、16ページでございますが別表の第1でございますが、一般行政職の職員の給料表でございます。再任用職員以外の職員が上の段でございまして、一番下に再任用の職員でございます。


 それから、先ほどご説明させていただきました行政職給料表、2号職員の方でございますが、2号で再任用職員、これにつきましても1級から6級までという表でございます。


 それから、18ページをお願いいたします。


 附則でございます。施行期日でございますが、この条例は平成17年12月1日から施行するということになっております。


 それから、2番目にございますが、最高号級を超えるものについては、その調整をせなあかんということを規則の方で、ただ単にその給料表でいくんでなしに、その最高号級を超える給料月額を受ける職員の給与の切りかえ等に関する規則に基づいてということで規則で定めるというようなことを書いてございます。


 それから、施行日前の異動者の号級の調整でございますが、これにつきましても、施行日前に級を変わったもの等については市長の定めるところにより必要な調整を行うことができるということでございます。


 その次も同じようなことを書かせていただいておりまして、その後に、平成17年12月に支給する期末手当に関する特例措置というようなことがございますが、これにつきましては、先ほどご説明させていただきました民間との格差が0.36%減額になったということでございまして、その額を減じて、もうた額からそれを減じて12月で調整するという特例措置が今回の人事院勧告になったということでございまして、今年4月からこの改正の実施日の前日までの期間にかかる官民格差相当分を解消するために4月の給与に格差率を乗じていた額に4月から実施の日の前日までの月数を乗じた額と6月期の合算の額に格差率を乗じていた額の合計額に相当する額を12月の期末手当の額で調整するということを5項の中で書かせていただいておるわけでございます。


 6項につきましても、詳細につきましては簡単に申し上げますとそういうことでございますけれども、規則の方へ詳細について委任させていただいておるというようなことでございます。


 7番につきまして、附則第2項から全項6項までの定めるもののほか、この条例の施行に関して必要な事項は規則で定めておりますということでございます。


 ご審議のほどよろしくお願いします。


○議長(太田 政俊君)  これより、報告第6号、専決処分の報告について質疑を許します。


 質疑、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑ないようでございますので、これにて質疑を終結し報告を終ります。


 お諮りします。


 日程第3、承認第8号及び日程第4、議案第59号から日程第6、議案第61号までの4案件について、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、承認第8号、議案第59号、議案第60号及び議案第61号の4案件については委員会付託を省略することに決しました。


 これより、日程第3、承認第8号、専決処分の承認を求めることについて、質疑を許します。


 質疑、ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑ないようでございますので、これにて承認第8号の質疑を終結いたします。


 これより、承認第8号、専決処分の承認を求めることについて、討論を行います。


 討論ございませんか。


               (「討論なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  討論ないようでございますので、討論を終結いたします。


 これより、承認第8号、専決処分の承認を求めることについて、採決いたします。


 本案は原案のとおり承認することに、賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立全員)


○議長(太田 政俊君)  起立全員であります。


 よって、承認第8号は原案のとおり承認することに決しました。


 これより、日程第4、議案第59号、いなべ市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  これにて、承認第8号の質疑を終結いたします。


 これより、議案第59号、いなべ市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、討論を行います。


 討論ございませんか。


 24番、石原瞭君。


○24番(石原 瞭君)  私は、この議案に反対の立場で討論をいたします。


 合併協定書には、議員報酬については同規模の市をもとに調整を図るという趣旨が書かれておりました。


 今回の議案のもととなったいなべ市特別職報酬等審議会の答申は同規模の亀山市や、新しい志摩市にあわせたものでありますが、そもそも議員の報酬は人口や財政の規模によって左右されるというのも何ら根拠はありません。


 市民の一部には、ある程度の額がなければ優秀な若い人材が集まらないというご意見もありますけれども、しかし大多数の市民の皆さんは60名から24名に議員の数が大幅に減ったので大いに市の財政が助かったと思っておられます。


 ところが、今回の上げ幅は議長20万5,000円、副議長19万5,000円、その他の議員18万5,000円と、大変大きなもので、60%の議員が減ったのに単純に報酬額だけで比較すると23.5%しか財政的な寄与がないことになります。


 これでは市民感情として納得の得られるものではなく、お手盛りの組織は免れません。


 また、市民の暮らしの状況を考えるなら、期末手当の5%引き上げはすべきではないと思いますので、この提案に反対をいたします。


○議長(太田 政俊君)  これにて討論を終結いたします。


 これより、議案第59号、いなべ市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について採決いたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立多数)


○議長(太田 政俊君)  起立多数であります。


 よって、議案第59号は原案のとおり可決することに決しました。


 日程第5、議案第60号、いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例について質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ないようでございます。これにて議案第60号の質疑を終結いたします。


 これより、日程第5、議案第60号、いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。


 討論ございませんか。


 24番、石原瞭君。


○24番(石原 瞭君)  この議案は、市長、助役、収入役の12月の期末手当を5%引き上げようとするものでありますけれども、前の議案と同様に、いま国は景気回復傾向などにあるなどと言っておりますけれども、市民の台所には全くそういう風は吹かず、次々負担がふやされようとしており、そういう市民の生活を考えるなら、三役の期末手当の引き上げはすべきではないというふうに思いますので、この議案に反対をいたします。


○議長(太田 政俊君)  これにて討論を終結いたします。


 これより、議案第60号、いなべ市長、助役及び収入役の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立多数)


○議長(太田 政俊君)  起立多数であります。


 よって、議案第60号は原案のとおり可決することに決しました。


 これより、日程第6、議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について質疑を許します。


 質疑ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  質疑ないようでございますので、これにて議案第61号の質疑を終結いたします。


 これより、議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。


 討論ございませんか。


 9番、衣笠民子君。


○9番(衣笠 民子君)  9番議員、日本共産党の衣笠民子です。


 議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対して反対の立場で討論をします。


 今回の改正は、国家公務員一般職の給与法の改正に準じて市職員の給与の引き下げにつながるものです。既に公務員の給与はここ5年連続でマイナス改定になっています。給与月額で一律0.3%の引き下げ、給与手当で年間6,000円の引き下げが行われることになります。40歳をモデルにした平均年間給与額では7,000円ほどの引き下げになります。


 今回の改定では、金額的には余り大きくないものの、改定の本質は今までの公務員給与引き下げの一連の流れであり、引き下げの理由に、民間にあわせるといって公務員の給与を引き下げていったのでは、次は民間全体の引き下げの圧力になっていきます。これでは、地域の経済もますます冷え込むばかりです。


 5年連続のマイナス改定でもあり、このままでは地域経済に与える影響も大きいので、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正するこの条例に賛成はできません。


 これをもって反対の討論とします。


○議長(太田 政俊君)  これにて討論を終結いたします。


 これより、議案第61号、いなべ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、採決をいたします。


 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (起立多数)


○議長(太田 政俊君)  起立多数であります。


 よって、議案第61号は原案のとおり可決することに決しました。


 お諮りいたします。


 議長の常任委員辞任についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  異議なしと認めます。


 よって、議長の常任委員辞任についてを日程に追加することに決しました。


 ここで、議長を交代させていただきます。


○副議長(小川 みどり君)  追加日程第17、議長の常任委員辞任についてを議題といたします。


 ここで、地方自治法第117条の規定によって、議長の除斥を求めます。


                  (議長除斥)


○副議長(小川 みどり君)  太田政俊議長から公正な議会運営のため、常任委員会委員を辞任したい旨、申し出がありました。


 お諮りいたします。


 議長の申し出のとおり、常任委員会委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○副議長(小川 みどり君)  異議なしと認めます。


 よって、本件は議長の申し出のとおり、辞任を許可することに決しました。


○副議長(小川 みどり君)  議長の入場を許可いたします。


                  (議長入場)


○副議長(小川 みどり君)  ここで、議長を交代いたします


○議長(太田 政俊君)  お諮りします。


 議会運営委員長から、議会における会期・日程等、議会の運営に関する事項について、閉会中の継続審査の申し出がありました。


 この件を日程に追加し、追加日程第18として議題としたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会の閉会中の継続審査について日程に追加し、追加日程第18として議題とすることに決しました。


 追加日程第18、議会運営委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。


 委員長から申し出のとおり、本会議の会期日程、議会運営に関する事項については、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


 お諮りします。


 総務、教育民生及び産業建設の各常任委員長から、会議規則第98条の規定により、所管事務調査について閉会中の継続調査の申し出がありました。


 この件を日程に追加し、追加日程第19として議題としたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員会の所管事務調査の閉会中の継続調査を日程に追加し、追加日程第19として議題とすることに決しました。


 追加日程第19、各常任委員会の所管事務調査の閉会中の継続調査について議題といたします。


 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(太田 政俊君)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。


 以上をもちまして、本臨時会の日程はすべて終了いたしました。


 これをもちまして、平成17年第2回いなべ市議会臨時会を閉会といたします。


 どうも、ご苦労さんでした。


              (午後 2時15分 閉会)








地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








              いなべ市議会臨時議長








              いなべ市議会議長








              いなべ市議会署名議員








              いなべ市議会署名議員