議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 鳥羽市

平成12年  6月 定例会(第2回) 06月20日−05号




平成12年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−05号







平成12年  6月 定例会(第2回)



           平成12年第2回鳥羽市議会(定例会)会議録

                 平成12年6月20日(火曜日)午前10時開議

◯出席議員(19名)

       1番   山本泰秋君         2番   竹内 久君

       3番   世古安秀君         4番   村山俊幸君

       5番   藤原喜代造君        6番   尾崎 幹君

       7番   山下伴郎君         8番   片山幹夫君

       9番   野村保夫君        10番   中村欣一郎君

      11番   木下行保君        12番   戸上幸子君

      13番   中村和徳君        14番   木村幸夫君

      15番   寺下 進君        16番   直木伝吏君

      17番   寺本春夫君        18番   吉川昭一君

      19番   高橋信夫君

◯欠席議員(なし)

◯議場出席説明者

    市長      井村 均君      助役      野末孝行君

    収入役     中野好孝君      企画課長    清水 彰君

    総務課長    中村哲哉君      財政課長    木田正治君

    市民課長    寺本信博君      税務課長    野村寿夫君

    人権・生活

            楠井一孝君      保健環境課長  浜岸好夫君

    課長

    商工観光課長  滝沢偉司君      農林課長    小林千代太郎君

    水産漁港課長  浜口光寿君      建設課長    杉原俊雄君

    都市計画課長  石原茂一君      定期船課長   前田和夫君

    社会福祉

            松村久男君      介護保険課長  夏川輝夫君

    事務所長

    水道課長    大谷茂良君      消防長     押田 巧君

    教育委員長   山岡一裕君      教育長     川村光徳君

    教委総務課長  上村 攻君      監査委員    井村善也君

◯職務のため議場に出席した事務局職員

                       次長兼

    事務局長    野村憲幸君              政山堅太郎君

                       庶務係長

    議事係長    高橋 達君

◯本日の会議に付した事件

 日程  議案番号     件名

  1       議案第44号〜議案第54号

             (午前10時00分 開議)



○議長(寺本春夫君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△モナザイトの件について



○議長(寺本春夫君) 議事に先立ち、モナザイトの件について市長から発言したい旨の申し出がありましたので、この際これを許します。

 市長、井村 均君。

          (市長 井村 均君 登壇)



◎市長(井村均君) モナザイト鉱の件について、経過とご報告を申し上げます。

 ご承知のように、首相官邸など10カ所に放射性物質を含むモナザイトが郵送された事件と関連しまして、不明となっているこのモナザイトが鳥羽市内にも持ち込まれていると報道されたことから、市民の皆様方、議員の皆様方には大変ご心配をおかけいたしました。

 15日以降、市といたしましては三役以下、総務課並びに関係課において応急対策が行える体制を整え、三重県、鳥羽警察署、インターネット等により市民の健康や環境面を考慮し、情報収集を行い、対応してまいりました。

 16日にモナザイトが市内の幸丘に保管されていることが判明したことから、17日に科学技術庁の職員2名、日本分析センターの職員3名が鳥羽市に調査に入り、保管場所の確認と周辺一帯の放射能の測定等が実施され、当該物質が埋まっている箇所の地表面で自然界の放射線よりやや高い程度であり、周辺住民と周辺環境に影響がないと現場で発表されました。調査終了後に、科学技術庁、日本分析センターの職員が市役所に報告に来て、お会いをいたしました。現場の周辺住民と周辺環境に影響がないとの説明を受け、大変安堵をいたしました。

 現在、モナザイトが現場に埋められていることから、回収対策について科学技術庁、三重県、警察など関係機関が協議をし、対処することになると考えております。当市におきましても、一日も早く発見したモナザイトを撤去してもらい、安全終息できるよう要請をしておりますので、議員の皆様方におかれましてもご理解をお願いいたしたいと存じます。

 以上、報告を申し上げます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第44号〜議案第54号



○議長(寺本春夫君) これより議事に入ります。

 日程第1、議案第44号から議案第54号までの11件を一括議題といたします。

 各議案の委員会における審査の経過並びに結果について報告を求めます。

 総務常任委員長、中村和徳君。

          (総務常任委員長 中村和徳君 登壇)



◆総務常任委員長(中村和徳君) お許しを得ましたので、総務常任委員会委員長報告を申し上げます。

 総務常任委員会における審査の経過並びに結果についてご報告をいたします。

 今回付託されました案件は、議案第44号、専決処分した事件の承認について(平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第1号))、議案第45号、平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第2号)、歳入全部と歳出予算のうち所管分、議案第49号、鳥羽市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、議案第50号、鳥羽市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、議案第51号、鳥羽市地域振興券交付事業特別会計条例の廃止についての5議案であります。

 いずれの議案も慎重審査の結果、全会一致をもちまして、原案どおり承認、可決することに決定いたしました。

 これより審査過程における質疑、意見等の主なものについて申し上げます。

 まず、議案第45号、平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第2号)、歳入、第14款県支出金、目5商工費県補助金について、委員より「生活創造圏づくり推進事業並びに市町村イベント支援事業は今後も継続して補助はあるのか」との問いに、担当課長は「生活創造圏づくり推進事業費補助金については広域的な事業の補助メニューであり、今回はスカイフェスタのプレ・イベントとして事業採択されたことにより計上したものである。市町村イベント支援事業費補助金については、単年度事業ではあるが県の事業採択があれば最高2年間の補助が受けられるものであり、本年度も昨年度に引き続き、鳥羽魚魚まつり、小浜わくわく夏まつり、答志島まるごと体験フェスタ事業が承認された。また、各地域のイベントについても県の事業採択があれば、補助事業として実施していくことになるかと考えている」と答えております。他の委員より「町おこしという観点から来年度は市内各地域のイベントをできるだけ支援するような方向づけをしてほしい」との要望がありました。

 続いて、議案第49号、鳥羽市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、委員より「原子力災害対策特別措置法の施行に伴い、新たに原子力災害に関する規定が設けられたが、事故が起こった場合の招集などの対応は」との問いに、消防長は「本市には原子力関連施設等は近くになく、詳細な検討はしていない。本市において想定される原子力災害としては、船舶事故が発生した場合、直接現場に行くことはないと思うが、何かが漂着するということもあると思うので、今後その対策について検討していきたい」と答えておりますが、さらに委員より「船舶の座礁などあらゆるシミュレーションをし、原子力災害の対応策を考えておく必要がある」との意見がありました。

 なお、付託外でありますが、委員より「本市にはレスキュー隊はあるが、救助工作車はない。交通事故で車に挟まれるケースが多くあるが、即座に救出できるような救助工作車を購入する考えは」との問いに、消防長は「緊急時における必要最小限の器具は保有しており、それで対応している。救助工作車については多額の費用を必要とすることなどから、今すぐ購入とはならないが、今後検討していきたい」と答えておりますが、さらに委員より「市民はもちろん、多くの観光客が訪れる本市には救助工作車は必要である。来年度予算に計上していただきたい」との要望がありました。また、他の委員より「過疎化対策と活性化対策は表裏一体であり、本市における最重要課題である。しかしながら、活性化のためのプロジェクトチームは結成されておらず、その課題に対処するための体制づくりさえできているのか疑問である。今こそ行政が主体性を持ち、行政主導で取り組むべきである」との強い意見がありました。

 以上が当委員会における審査の経過並びに結果であります。

 よろしくご審議いただき、当委員会の決定どおりご賛同くださいますようお願い申し上げまして、報告といたします。



○議長(寺本春夫君) 文教民生常任委員長、直木伝吏君。

          (文教民生常任委員長 直木伝吏君 登壇)



◆文教民生常任委員長(直木伝吏君) 文教民生常任委員長報告を行います。

 これより、文教民生常任委員会における審査の経過、結果について報告いたします。

 当委員会に付託されました案件は、議案第45号、平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第2号)のうち所管分、議案第46号、平成12年度鳥羽市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第48号、鳥羽市国民健康保険給付費支払準備基金条例の一部改正について、以上3議案であります。

 いずれの議案も慎重審査の結果、原案どおり全会一致で可決されました。

 これより審査過程における質疑、要望等、主なものについて申し上げます。

 まず、議案第45号、平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第2号)、歳出、第9款教育費、第2項小学校費、教育振興費について、委員から「生きる力をはぐくむ特色のある学校教育推進事業とはどのようなものなのか。また、弘道小学校が推進校に指定されたが、その講師はどのような方を考えているのか」との問いに、担当課長は「平成14年度から完全実施される新学習指導要領に総合的な学習の時間が新設された。これは子供たちに本当の意味での生きる力をつけるため、体験的な活動を通して、よりよく問題を解決する力や、主体的・創造的に物事に取り組むことができる力をつけさせようとするものである。学校から地域に出て、地域の人々から学ぶ、あるいは自然から学ぶなど体験的な活動を展開するものである。また、今回講師に考えているのは地域の農業に詳しく、また学校教育にご協力をいただける方をお願いしたいと考えている。本年度は栽培活動について7回程度実地指導していただく予定である」と答えております。

 また、他の委員から「この事業は継続して行われるのか。また、他の地域の学校にも広げていく考えがあるのか」との問いに、担当課長は「今後ともこうした体験的な活動に継続して取り組んでいく。弘道小学校の場合、平成13年度においても継続して取り組んでいく。他の学校においても、新学習指導要領の完全実施に向けて、この総合学習の推進のため研究・取り組みを進めている」と答えております。

 さらに他の委員から「この体験活動の中に思いやりの心を持つ、人の痛みのわかる等いろいろな活動を取り入れてやっていただきたい」との要望がありました。

 次に、付託外でありますが「ごみ問題は本市の最重要課題である。数々の諸問題に対応するには、現在の職員体制では不十分であり、緊急に増員する必要がある」など、多数の委員から職員体制の充実について意見が出ております。

 以上が当委員会における審査の経過並びに結果であります。

 よろしくご審議いただき、当委員会の決定どおりご賛同くださいますようお願い申し上げ、報告といたします。



○議長(寺本春夫君) 経済建設常任委員長、木下行保君。

          (経済建設常任委員長 木下行保君 登壇)



◆経済建設常任委員長(木下行保君) 経済建設常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております日程のうち、当委員会に付託されました議案の審査の経過並びに結果についてご報告を申し上げます。

 今回付託されました案件は、議案第45号、平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第2号)に係る所管分、議案第47号、平成12年度鳥羽市水道事業会計補正予算(第1号)、議案第52号、鳥羽市道路線の認定について、議案第53号、専決処分した事件の承認について(平成12年度鳥羽市定期航路事業特別会計補正予算(第1号))、議案第54号、公有水面埋立てに関する意見について(答志町)、以上の5議案であります。

 いずれの議案も慎重審査の結果、全会一致をもちまして原案どおり可決、承認することに決定をいたしました。

 これより審査の過程における質疑の主なものについて申し上げ、報告といたします。

 まず、議案第45号、平成12年度鳥羽市一般会計補正予算(第2号)のうち、歳出、第5款農林水産業費の林業総務費、伊勢志摩地域林業振興連絡協議会特別負担金について、委員より「現在、生産を休止しているハタケシメジの施設改善費負担金ということであるが、今回だけのものか」との問いに、担当課長は「この施設は平成9年度と10年度に県と管内の14市町村が負担をして立ち上げたものである。生産休止中のハタケシメジを何とか復活させ、県の特産物としてブランド化に取り組み、全国発信させていくということで生産を安定化し、経営基盤強化を図るための施設改修費負担をするものである。今後は、事業主体であるいせしま森林組合が5カ年計画で黒字転換への方向づけをしており、ご迷惑をかけることはないとのことである」と答えております。

 続いて、第6款商工費の観光費、市観光協会補助金について、委員より「市町村イベント支援事業とのことであるが、単年度のものか」との問いに、担当課長は「今回の事業は鳥羽魚魚まつり、小浜わくわく夏祭り、答志島まるごと体験フェスタの3件で、県から継続して2年間補助がある支援事業であり、すべて2年目となっている」と答えておりますが、他の委員より「補助を受けられるのは新規のイベントだけか」との問いに、担当課長は「この事業の目的は地域おこしということで、各地方で行われているこれまで継続されてきたものについてもイベント拡大をさせるための補助金が受けられる。地元活性化のためのイベントが定着していくよう、このような補助金の情報提供を徹底させていきたい」と答えております。

 なお、付託外ではありますが、これに関連して委員より「一過性の祭りへの補助ではなく、各地域の分散型の祭りへの補助を考えてはどうか」との問いに、担当課長は「これまで行われてきた大型イベントは一定の成果は上げてはいるが、これからも継続していくのかということになると少し問題もあり、見直す時期にきている。今後は地元に定着した歴史のある祭りを地元の方だけではなく、観光客にも情報発信を行うとともに地域イベントに継続的に予算支援していく方向で考えていきたい」と答えております。

 以上が当委員会に付託されました議案の審査の経過並びに結果であります。

 よろしくご審議をいただき、委員会の決定どおりご賛同くださいますようお願い申し上げ、報告といたします。



○議長(寺本春夫君) 各常任委員長の報告は終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 ご質疑はございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(寺本春夫君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はございませんが、討論はございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(寺本春夫君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 これより各議案を採決いたします。

 そのうち、まず議案第44号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり承認する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり承認するに賛成の諸君は挙手をお願いいたします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第44号は原案どおり承認されました。

 続いて、議案第45号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手を願います。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第45号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第46号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いいたします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第46号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第47号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いいたします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第47号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第48号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第48号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第49号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第49号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第50号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第50号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第51号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第51号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第52号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第52号は原案どおり可決されました。

 続いて、議案第53号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり承認する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり承認するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第53号は原案どおり承認されました。

 続いて、議案第54号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案どおり可決する旨の報告であります。

 お諮りいたします。

 本案を委員長報告どおり決するに賛成の諸君は挙手をお願いします。

          (挙手全員)



○議長(寺本春夫君) ありがとうございます。挙手全員であります。

 よって、議案第54号は原案どおり可決されました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 市長、井村 均君。

          (市長 井村 均君 登壇)



◎市長(井村均君) 第2回定例市議会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 今期の定例市議会は、去る6月5日の開会以来、16日間にわたり、平成12年度一般会計補正予算、条例の一部改正等、多くの案件につきまして慎重にご審議を賜りました結果、いずれも原案どおり可決、ご承認いただき、本日、閉会の運びとなりましたことに対し厚く御礼申し上げます。

 ここに成立を見ました各議案の執行につきましては、会期中議員の皆様方よりいただきましたご意見、ご要望等、十分これを尊重し、検討いたしまして、慎重に対処してまいりたいと存じますので、皆様方のご支援、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 暑気日ごとに加わり本格的な夏に向かいますが、議員の皆様方には、日々健康に留意され、市政の進展のため一層のご尽力を賜りますようお願いを申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○議長(寺本春夫君) これをもちまして、平成12年第2回定例市議会を閉会いたします。

             (午前10時30分 閉会)

            −−−−−−−−−−−−−−−

議長はこの会議録をつくり署名議員とともにここに署名する。

 平成12年6月20日

              鳥羽市議会議長      寺本春夫

              署名議員(16番)    直木伝吏

              署名議員(18番)    吉川昭一