議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 鳥羽市

平成25年  6月 定例会(第2回) 06月06日−01号




平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月06日−01号







平成25年  6月 定例会(第2回)



          平成25年第2回鳥羽市議会(定例会)会議録

               平成25年6月6日(木曜日)午前10時02分開会

◯出席議員(14名)

       1番   戸上 健君         2番   中世古 泉君

       3番   井村行夫君         4番   松井一弥君

       5番   浜口一利君         6番   木下爲一君

       7番   坂倉広子君         8番   世古安秀君

       9番   橋本真一郎君       10番   坂倉紀男君

      11番   村山俊幸君        12番   山本泰秋君

      13番   野村保夫君        14番   寺本春夫君

◯欠席議員(なし)

◯議場出席説明者

   市長       木田久主一君  副市長      木下憲一君

   会計管理者    田岡洋子君   企画財政課長   上村和弘君

   企画財政課

   副参事(企画   濱口博也君   総務課長     中村 孝君

   経営担当)

   総務課副参事

   (防災危機    世古雅人君   市民課長     梅村 守君

   管理担当)

   税務課長     高橋 達君   健康福祉課長   寺田勝治君

   健康福祉課

   副参事(子育   西川丈司君   環境課長     東川元洋君

   て支援担当)

   観光課長     山下正樹君   農水商工課長   益田由典君

                    建設課副参事

                    (建設・

   建設課長     松尾直至君            堀口 敦君

                    まちづくり

                    整備担当)

   定期船課長    下村悦生君   水道課長     南川則之君

   消防長      細木正蔵君   教育委員長    大松正嗣君

   教育長      斎藤陽二君   教委総務課長   松井真澄君

   教委

            清水敏也君   監査委員     村林 守君

   生涯学習課長

◯職務のため議場に出席した事務局職員

                    次長

   事務局長     寺本孝夫君            吉川久寿男君

                    兼庶務係長

   議事係長     北村純一君

◯本日の会議に付した事件

  日程  議案番号      件名

   1        会議録署名議員の指名

   2        会期の決定

   3    44  平成25年度鳥羽市一般会計補正予算(第1号)

   4    45  平成25年度鳥羽市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

   5    46  平成25年度鳥羽市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

   6    47  平成25年度鳥羽市定期航路事業特別会計補正予算(第1号)

   7    48  平成25年度鳥羽市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

   8    49  平成25年度鳥羽市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

   9    50  平成25年度鳥羽市水道事業会計補正予算(第1号)

  10    51  鳥羽市市長及び副市長の給与の臨時特例に関する条例の制定について

  11    52  鳥羽市教育長の給与の臨時特例に関する条例の制定について

  12    53  鳥羽市職員の給与の臨時特例に関する条例の制定について

  13    54  鳥羽市市税条例の一部改正について

  14    55  鳥羽市都市計画税条例の一部改正について

  15    56  鳥羽市消防団条例の一部改正について

                (午前10時02分 開会)



○議長(野村保夫君) それでは、改めまして、皆さん、おはようございます。

 ただいまから平成25年第2回定例市議会を開会し、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(野村保夫君) 議事に先立ち、諸般の報告をいたします。

 地方自治法第121条の定めによりまして、関係当局に対し説明員の出席を要求いたしましたところ、お手元に配付いたしてあります文書のとおり通知に接しましたので、ご承知おき願います。

 続いて、監査委員より地方自治法第235条の2第3項の規定による例月出納検査の結果報告が提出されておりますので、ごらんおき願います。

 続きまして、去る5月22日、東京都で開催されました全国市議会議長会第89回定期総会におきまして、橋本真一郎議員、坂倉紀男議員が議員在職10年表彰を受けましたので、ただいまから表彰状の伝達を行います。

     (表彰状伝達)



○議長(野村保夫君) 議場内の温度が上昇しておりますので、上着をとっていただいて結構でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(野村保夫君) これより議事に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第85条の規定により、4番、松井一弥議員、5番、浜口一利議員を指名いたします。

 なお、会期中に署名議員が欠席されましたときは、順次繰り上げ、署名議員に指名させていただきますから、ご承知おき願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(野村保夫君) 続いて、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から6月28日までの23日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(野村保夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から6月28日までの23日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第44号から



△日程第15 議案第56号まで一括上程



○議長(野村保夫君) 続いて、日程第3、議案第44号から日程第15、議案第56号までの13件を一括議題といたします。

 上程議案に対する趣旨説明を求めます。

 市長。

     (市長 木田久主一君 登壇)



◎市長(木田久主一君) 本日、平成25年第2回定例市議会を招集しましたところ、議員の皆様におかれましては、何かとご多忙の中ご出席いただき、まことにありがとうございます。

 議案の提案に入ります前に、このたび全国市議会議長会から議員在職10年の表彰を受けられました坂倉紀男議員、橋本真一郎議員におかれましては、心からお祝い申し上げます。

 両議員の長年にわたります議員活動に深く敬意を表しますとともに、今後とも本市の発展にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

 それでは、開会に当たりまして、一般会計等の補正予算議案、その他諸議案のご審議をお願いするとともに、私の所信の一端を申し述べたいと存じます。

 このたびの市長選挙に際し、「地震・津波対策」、「佐田浜地区の新展開」と「子育て支援の充実」、「交通空白地への小型バス運行」や「産業振興」、「環境・新エネルギー」、「行財政改革」の7項目を3期目の重点公約といたしました。

 全ての市民が安心して暮らすことができ、風光明媚な自然景観、鳥羽でしか味わえない新鮮な産物を求めて、多くの人々が鳥羽を訪れていただく。そして、このすばらしい自然・生活環境の中で、生涯幸せを感じて暮らしていただけるよう、子育て支援策をさらに充実させ、働く場が確保される、このような鳥羽のまちづくりを目指していきたいと考えております。

 私は、これまでの2期8年の実績と経験を踏まえ、これからの4年間は、伊勢神宮の常若の精神を見習い、心新たに常にチャレンジすることを心がけ、全力を傾注して施策を確実に実施してまいります。

 そのためには、私を先頭に市職員が一丸となり、市議会、市民の皆様とともに活力ある鳥羽をつくり上げていかなければなりません。つきましては、今後とも議員各位のご指導と市民の皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げる次第でございます。

 それでは、提出しております議案についてご説明申し上げます。今回ご審議をお願いします案件は、補正予算議案7件、条例議案6件、合わせて13件でございます。

 初めに、議案第44号、鳥羽市一般会計補正予算につきましては、平成25年度一般会計当初予算が骨格予算であるため、政策的な予算編成として、今回の補正予算において新規施策などの追加を行うほか、国の地域の元気臨時交付金や特別職を含めた職員の給与削減分を財源として活用した事業についてもあわせて計上するものでございます。

 補正額は、歳入歳出ともそれぞれ11億5,500万円を追加し、補正後の予算総額を104億4,900万円とするものです。

 それでは、歳出予算からご説明申し上げます。

 最初に職員等の人件費につきましては、一般会計全体で9,410万3,000円の削減となっており、内訳としまして、国の地方公務員給与引き下げ要請等に基づき、私ども三役を含め、7月から行う給与削減措置によるものが7,658万2,000円、退職手当の制度改正によるものが921万1,000円、その他人事異動等に伴うものが831万円となっております。

 なお、7月から行う給与削減措置の総額は、一般会計及び特別会計等を合わせた全会計では8,956万3,000円となっております。

 次に、各款の内容についてご説明申し上げます。

 議会費につきましては、情報収集環境を整えるための行政情報サービスを導入する経費28万4,000円の増額を初め、議員視察に対応する経費として21万7,000円を計上するなど、その他所要の補正を加え、46万1,000円の減額となっています。

 総務費におきましては、定住促進事業をより充実、拡大していくこととし、定住応援事業奨励金の額を現行の50万円から100万円に増額する経費3,150万円を初め、地域の防災力を強化し、安心・安全なまちづくりを進めるため、津波避難所への避難誘導看板等の設置や、避難所に配備する防災資機材の購入、防災行政無線の改修、一斉津波避難訓練など、防災関連経費として3,173万3,000円を計上しています。

 また、協働のための人材育成事業、戸籍の滅失を防止するためのネットワークシステム構築経費のほか、職員用のパソコンや公用車の購入など、その他所要の補正を加え、総務費で7,860万7,000円を増額しております。

 民生費では、子ども・子育て支援法で義務づけられた子ども・子育て支援事業計画の策定経費236万円の増額を初め、子供たちの安全を確保するものとして、全保育所に災害対策用のヘルメットを整備するほか、保育所の窓ガラスに飛散防止用のフィルムを設置する経費790万8,000円を増額しております。

 また、安楽島保育所関連では、造成工事費2,730万円を増額、生活保護事業では基準の見直しに伴うシステム改修経費を計上するなど、その他所要の補正を加え、民生費で1,366万6,000円を増額しております。

 衛生費につきましては、堅神火葬場の雨漏り対策として390万円、鳥羽駅前空間に整備する花壇の管理経費49万7,000円のほか、松尾町地域振興事業費補助金として4,209万2,000円、清掃センター最終処分場の雨水対策工事費9,375万4,000円を増額するなど、その他所要の補正を加え、衛生費で1億2,623万9,000円を計上しております。

 農林水産業費としましては、環境林の整備や生産林の間伐等を促進する森と海・きずな事業を継続して実施する経費1,750万3,000円を初め、就労環境の改善と漁家経営の合理化を図るため、答志地区での黒ノリ加工委託施設の整備補助金3億2,634万円や、佐田浜地区において農水産物販売のための直売所の整備に係る地質調査と設計委託費など1,921万2,000円を計上しています。

 また、沿岸漁場の整備として、自然石投入による増殖場造成を行い、アワビやサザエなどの資源の維持、増大を図る経費と、漁業用無線局非常時用機器の設置補助金、漁港整備工事費など、その他所要の補正を加え、農林水産業費で4億1,022万2,000円を計上しております。

 商工費としましては、地域資源活用促進事業として、都市部での販路拡大や生産者の6次産業化に係る勉強会の実施、観光PRと連携した他地域での物産展への出展、鳥羽商工会議所への補助などに伴う経費245万9,000円を初め、市内の中学生が地元で働くことをイメージできる環境づくりを推進するため、進路学習、地域学習の中で活用できる市内既存業種の取り組みを紹介する教材の作成費を計上しております。

 また、観光関連では、観光振興推進事業として、式年遷宮に向け、せんぐう旅博や観光地域ブランド確立支援事業などへの助成費1,138万4,000円のほか、鳥羽駅前での花を生かした歓迎空間整備に係る経費を計上するなど、その他所要の補正を加え、商工費で2,426万4,000円を計上しております。

 土木費につきましては、地方道路整備交付金事業として、市道横山線、鳥羽東中学校線などの道路改良や岩崎大橋の耐震補強に1億8,340万5,000円を計上するほか、集中豪雨や高潮時における冠水対策として移動式排水ポンプを購入する経費に1,491万円、中央公園のバリアフリー化を図る都市公園整備事業に1,200万1,000円、大黒橋、岩崎大橋遊歩道の整備などを行うまちづくり整備交付金事業で7,775万1,000円を増額するなど、その他所要の補正を加え、土木費で3億3,266万1,000円を計上しております。

 消防費におきましては、消防団の出動時に支給する費用弁償として367万9,000円の増額を初め、消防救急無線のデジタル化の整備に伴う実施設計費1,026万9,000円や、大規模災害時における消防水利を確保するため、鳥羽東中学校横に耐震性貯水槽を整備する経費3,682万6,000円のほか、災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車及び離島に配備するポンプ自動車の整備費7,069万5,000円を計上するなど、その他所要の補正を加え、消防費全体で1億2,547万6,000円を計上しております。

 教育費につきましては、子供たちの安全確保のため、全小中学校及び幼稚園に災害対策用のヘルメットを整備し、安楽島小学校やかもめ幼稚園に飛散防止フィルムを設置するなどの防災対策経費1,261万8,000円を初め、鏡浦中学校の統合に伴うスクールバスの購入経費721万7,000円、神島小学校及び中学校の校舎建設用地の測量経費などを計上しています。

 教育振興では、国の補正予算を活用し、各小中学校に理科教育備品を整備する経費1,147万円を初め、元教育委員の故宮村公子氏のご親族からいただいた寄附金を活用し、小学校図書の充実を図る経費などを計上しています。

 社会教育では、文化財保護事業として、鳥羽城跡の土塀修理に613万6,000円、子供たちの身体を巧みに動かす能力を向上させるコーディネーション・トレーニングの普及啓発事業費100万8,000円など、その他所要の補正を加え、教育費で5,452万6,000円を計上しております。

 諸支出金としましては、定期航路事業特別会計への繰出金1,020万円を減額するものです。

 次に、歳入予算について申し上げます。

 使用料及び手数料では、使用料として、行政財産使用料42万3,000円を計上しております。

 国庫支出金につきましては、国庫補助金として地域の元気臨時交付金や産地水産業強化支援事業費補助金、社会資本整備総合交付金、消防防災施設整備費補助など、委託金として国民年金事務費交付金を計上し、合わせまして5億8,769万円を増額しております。

 県支出金におきましては、県補助金として地域減災力強化推進補助金や漁港施設整備事業費補助金など、委託金では子ども支援ネットワーク構築事業委託金など、合わせまして5,198万5,000円を計上しております。

 財産収入は、不動産売払収入800万8,000円を計上し、寄附金につきましては、沿岸漁場整備事業並びに小学校の図書購入に係る寄附金として、合わせまして188万5,000円を計上しております。

 繰入金におきましては、観光振興基金などから2,131万4,000円の繰り入れを、諸収入は、コミュニティ事業助成金など、合わせまして1,088万3,000円を増額、繰越金は、財政調整としまして、前年度繰越金1億4,421万2,000円を追加しております。

 市債につきましては、漁業施設整備事業債、都市公園整備事業債、まちづくり整備事業債などを追加し、安楽島保育所建設事業債、地方道路等整備事業債、消防施設整備債を増額し、合わせまして3億2,860万円を計上しております。

 次に、債務負担行為について申し上げます。

 平成26年度までの委託経費としまして、子ども・子育て支援事業計画策定業務で281万2,000円を限度額として債務負担行為を計上しております。

 続きまして、特別会計についてご説明申し上げます。

 議案第45号、鳥羽市国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ40万円を追加し、補正後の予算総額を31億9,670万円とするものであります。

 歳出につきましては、総務費で、給与削減措置等により人件費47万円を減額、保健事業では、健康づくりセミナー事業や脳ドック受診事業を追加実施するため87万円を増額しております。

 歳入につきましては、一般会計繰入金を47万円減額し、前年度繰越金87万円を増額しております。

 議案第46号、鳥羽市介護保険事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ190万円を減額し、補正後の予算総額を22億4,210万円とするものであります。

 歳出では、総務費で、給与削減措置等により人件費190万円を減額、歳入においては、一般会計繰入金を190万円減額するものでございます。

 議案第47号、鳥羽市定期航路事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ1,020万円を減額し、補正後の予算総額を5億6,480万円とするものであります。

 歳出では、定期航路事業経費で、給与削減措置等による人件費の調整など1,020万円を減額、歳入においては、一般会計繰入金を1,020万円減額するものでございます。

 議案第48号、鳥羽市特定環境保全公共下水道特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ230万円を減額し、補正後の予算総額を1億4,840万円とするものであります。

 歳出では、事業費で、給与削減措置等により人件費230万円を減額、歳入においては、一般会計繰入金を230万円減額するものでございます。

 議案第49号、後期高齢者医療特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ12万円を追加し、補正後の予算総額を4億6,172万円とするものであります。

 歳出では、事業費で、給与削減措置等により人件費12万円を増額、歳入においては、一般会計繰入金を12万円増額するものでございます。

 議案第50号、鳥羽市水道事業会計補正予算につきましては、収益的収入におきまして、鳥羽小涌園緑の村専用水道施設の整備工事を受託するに当たり、その工事費及び事務費の受託工事収益と、その他の雑収益として9,814万円を増額しております。

 収益的支出では、受託工事費用として工事費及び事務費8,814万1,000円を計上し、その他所要の補正を加え、9,214万円を増額しております。

 また、資本的収入においては、緑の村専用水道施設の整備に伴う水道施設拡充分担金として1億6,317万円を増額しております。

 続いて、債務負担行為についてご説明申し上げます。

 鳥羽小涌園緑の村専用水道施設に係る受託工事の限度額として、ポンプ室、配水池造成工事で937万6,000円、配水池築造工事で2億5,565万5,000円、配水池築造工事等に係る発注支援業務に393万8,000円を計上いたしております。

 続きまして、条例議案についてご説明させていただきます。

 議案第51号、鳥羽市市長及び副市長の給与の臨時特例に関する条例の制定及び議案第52号、鳥羽市教育長の給与の臨時特例に関する条例の制定につきましては、地方公務員の職員給与を国家公務員の給与削減措置と同様にすることを前提として地方交付税が削減されることから、市長、副市長並びに教育長の給料、期末手当の引き下げを行うものであります。

 議案第53号、鳥羽市職員の給与の臨時特例に関する条例の制定につきましても、市長等の削減理由と同様に、地方公務員の給与削減を前提とした地方交付税削減が実施されることから、本市職員におきましても、職務の等級に応じて給料及び期末勤勉手当の引き下げを行うものであります。

 議案第54号、鳥羽市市税条例の一部改正及び議案第55号、鳥羽市都市計画税条例の一部改正につきましては、地方税法の一部が改正されたことに伴い、所要の条例整備を行うものでございます。

 主な内容としましては、個人住民税における住宅ローン控除の延長、拡充が行われることや、優良住宅地を造成等のため譲渡した場合には、長期譲渡所得に係る市民税の課税特例の拡充などが行われるものであります。

 議案第56号、鳥羽市消防団条例の一部改正につきましては、消防団の充実強化を図るため、消防団員に対する費用弁償等の支給額を拡充するものであります。

 以上、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(野村保夫君) 提案者の趣旨説明は終わりました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 明7日から11日までの5日間は議案精読並びに内容調査のため休会といたします。

 本会議は12日午前10時より再開し、一般質問を行いますので、定刻までにご参集願います。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

                (午前10時29分 散会)

               −−−−−−−−−−−−−−−

議長はこの会議録をつくり署名議員とともにここに署名する。

 平成25年6月6日

             鳥羽市議会議長     野村保夫

             署名議員(4番)    松井一弥

             署名議員(5番)    浜口一利