議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 亀山市

平成17年 9月定例会(第7日10月 3日)




平成17年 9月定例会(第7日10月 3日)





 
 平成17年10月3日(月)午後2時 開議


第  1 議案第 67号   平成16年度旧亀山市工業用水道事業会計決算の認定に


               ついて


第  2 議案第 68号   平成16年度旧亀山市病院事業会計決算の認定について


第  3 議案第 69号   平成16年度旧関町国民宿舎「関ロッジ」事業会計決算


               の認定について


第  4 議案第 86号   平成16年度旧亀山市一般会計歳入歳出決算の認定につ


               いて


第  5 議案第 87号   平成16年度旧亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳


               出決算の認定について


第  6 議案第 88号   平成16年度旧亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決


               算の認定について


第  7 議案第 89号   平成16年度旧亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳


               出決算の認定について


第  8 議案第 90号   平成16年度旧亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出


               決算の認定について


第  9 議案第 91号   平成16年度旧関町一般会計歳入歳出決算の認定につい


               て


第 10 議案第 92号   平成16年度旧関町国民健康保険事業特別会計歳入歳出


               決算の認定について


第 11 議案第 93号   平成16年度旧関町老人保健特別会計歳入歳出決算の認


               定について


第 12 議案第 94号   平成16年度旧関町農業集落排水事業特別会計歳入歳出


               決算の認定について


第 13 議案第 95号   平成16年度旧関町公共下水道事業特別会計歳入歳出決


               算の認定について


第 14 議案第 96号   平成16年度旧関町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算


               の認定について


第 15 議案第 97号   平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定につい


               て


第 16 議案第 98号   平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出


               決算の認定について


第 17 議案第 99号   平成16年度亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算


               の認定について


第 18 議案第100号   平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出


               決算の認定について


第 19 議案第101号   平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決


               算の認定について


第 20 議案第102号   平成16年度亀山市水道事業会計決算の認定について


第 21 議案第103号   平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の認定につ


               いて


第 22 議案第104号   平成16年度亀山市病院事業会計決算の認定について


第 23 議案第105号   平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の認定につい


               て


第 24 議案第106号   平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組


               合歳入歳出決算の認定について


第 25 報告第 15号   平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の決算に関す


               る附属書類の提出について


第 26 報告第 16号   平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組


               合の決算に関する附属書類の提出について


第 27 議案第 76号   亀山市職員定数条例の一部改正について


第 28 議案第 77号   亀山市職員給与条例の一部改正について


第 29 議案第 78号   亀山市職員の旅費に関する条例の一部改正について


第 30 議案第 79号   亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正につい


               て


第 31 議案第 80号   亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補


               償条例の一部改正について


第 32 議案第 82号   平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)につい


               て


第 33 議案第 83号   平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計補正予算


               (第1号)について


第 34 議案第 84号   市道路線の認定について


第 35 議案第 85号   市道路線の変更について


第 36 報告第 17号   専決処分した事件の承認について


第 37 報告第 18号   専決処分した事件の承認について


第 38 請願の審査報告


第 39 議員提出議案第7号 自治体病院の医師確保対策を求める意見書の提出につい


               て


    ──────────────────────────────────────


〇本日の会議に付した事件


 議事日程のとおり


    ──────────────────────────────────────


〇出席議員(29名)


  1番   伊 藤 彦太郎 君     3番   前 田 耕 一 君


  4番   中 村 嘉 孝 君     5番   坊 野 洋 昭 君


  6番   宮 崎 勝 郎 君     7番   片 岡 武 男 君


  8番   宮 村 和 典 君     9番   前 田   稔 君


 10番   服 部 孝 規 君    11番   小 坂 直 親 君


 13番   杉 本 巳 範 君    14番   松 上   孝 君


 15番   宮 ? 伸 夫 君    16番   竹 井 道 男 君


 17番   中 川 賢 一 君    18番   池 田 依 子 君


 19番   小 川 久 子 君    20番   大 井 捷 夫 君


 21番   豊 田 勝 行 君    22番   橋 本 孝 一 君


 23番   水 野 雪 男 君    24番   葛 西   豊 君


 25番   打 田 孝 夫 君    27番   櫻 井 清 蔵 君


 28番   山 川 秋 雄 君    29番   国 分   修 君


 30番   桜 井   勉 君    31番   森   淳之祐 君


 32番   矢 野 英 直 君


    ──────────────────────────────────────


〇欠席議員(3名)


  2番   加 藤 正 信 君    12番   増 亦   肇 君


 26番   打 田 儀 一 君


    ──────────────────────────────────────


〇会議に出席した説明員氏名


 市長              田 中 亮 太 君


 助役              小 坂 勝 宏 君


 収入役             草 川   徹 君


 企画課長            匹 田   哲 君


 企画課企画監          古 川 鉄 也 君


 総務課長            石 山 覚 紀 君


 総務課防災対策監        草 川 義 照 君


 財務課長            浦 野 徳 輝 君


 工事検査監           原 田 健 三 君


 税務課長            笠 井   博 君


 税務課副参事          川 戸 正 則 君


 市民課長            服 部 雄 二 君


 市民課副参事          最 所 一 子 君


 生活環境課長          木 下 弘 志 君


 生活環境課副参事        国 分   純 君


 保健福祉課長          橋 爪 斉 昭 君


 保健福祉課副参事        田 中 一 正 君


 保健福祉課副参事        小 林 一 路 君


 商工農林課長          別 府 一 夫 君


 商工農林課副参事        多 田 照 和 君


 商工農林課副参事        桜 井 紀 久 君


 建設課長            水 野   博 君


 建設課副参事          浜 口 伸 介 君


 建設課副参事          川 瀬 行 雄 君


 建築指導課長          一 見   敏 君


 下水道課長           水 野 義 弘 君


 市民サービス課長        木 崎 辰 雄 君


 市民サービス課副参事      松 田   守 君


 医療センター事務局長      櫻 井 光 乘 君


 会計課長            青 木 七 重 君


 消防長             米 田   功 君


 消防本部消防総務課長      竹 中 壽 徳 君


 消防本部予防課長        内 田 義 文 君


 水道課長            西 川 省 三 君


 教育委員会委員長        横 山 瑳江子 君


 教育長             伊 東 靖 男 君


 教育総務課長          村 田 敏 彦 君


 学校教育課長          榊 原 鐡 雄 君


 社会教育課長          木 下 喜代子 君


 図書館長兼歴史博物館長     安 藤 利 幸 君


 監査委員            加 藤   隆 君


 監査委員事務局長        西 川 幸 夫 君


 選挙管理委員会事務局長     桜 井 康 次 君


    ──────────────────────────────────────


〇事務局職員


 事務局長               主幹(兼)議事調査係長


           山 ? 裕 康           城   隆 郎


 議事調査係主任書記 松 永 篤 人


    ──────────────────────────────────────


〇会議の次第


               (午後 2時00分 開議)


○議長(森 淳之祐君)


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事につきましては、お手元に配付の議事日程第7号により、取り進めます。


 それでは、さきの6月定例会において継続審査となりました日程第1、議案第67号から日程第3、議案第69号まで及び去る16日の本会議におきまして決算特別委員会にその審査を付託いたしました日程第4、議案第86号から日程第24、議案第106号まで、並びに日程第25、報告第15号及び日程第26、報告第16号の26件、いずれも決算特別委員会でご審査いただいた議案を一括議題といたします。


 決算特別委員会委員長から提出の審査報告書は、印刷の上、お手元に配付いたしてありますので、朗読は省略し、直ちに委員長から委員会における審査の経過並びに結果について報告を求めます。





                決算特別委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第 67号 平成16年度旧亀山市工業用水道事業会計決算の認定について   認  定


 議案第 68号 平成16年度旧亀山市病院事業会計決算の認定について      認  定


 議案第 69号 平成16年度旧関町国民宿舎「関ロッジ」事業会計決算の認定について


                                        認  定


 議案第 86号 平成16年度旧亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について    認  定


 議案第 87号 平成16年度旧亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 88号 平成16年度旧亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 89号 平成16年度旧亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 90号 平成16年度旧亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 91号 平成16年度旧関町一般会計歳入歳出決算の認定について     認  定


 議案第 92号 平成16年度旧関町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 93号 平成16年度旧関町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について 認  定


 議案第 94号 平成16年度旧関町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 95号 平成16年度旧関町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 96号 平成16年度旧関町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 97号 平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について     認  定


 議案第 98号 平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第 99号 平成16年度亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第100号 平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第101号 平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 議案第102号 平成16年度亀山市水道事業会計決算の認定について       認  定


 議案第103号 平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の認定について    認  定


 議案第104号 平成16年度亀山市病院事業会計決算の認定について       認  定


 議案第105号 平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の認定について     認  定


 議案第106号 平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合歳入歳出決算の認定について


                                        認  定


 報告第 15号 平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の決算に関する附属書類の提出について


                                        了  承


 報告第 16号 平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合の決算に関する附属書類の提出について                                     了  承





 平成17年9月29日





                      決算特別委員会委員長 国 分   修





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様











○議長(森 淳之祐君)


 国分 修決算特別委員会委員長。


○29番(国分 修君)(登壇)


 ただいまから、決算特別委員会における審査の経過並びに結果について報告いたします。


 当委員会は、6月定例会において継続審査とした議案第67号平成16年度旧亀山市工業用水道事業会計決算の認定について、議案第68号平成16年度旧亀山市病院事業会計決算の認定について及び議案第69号平成16年度旧関町国民宿舎「関ロッジ」事業会計決算の認定について、並びに去る16日の本会議で付託のありました、議案第86号から議案第96号までの旧亀山市、旧関町の一般会計決算、各特別会計決算の認定について、議案第97号から議案第105号までの亀山市一般会計決算、各特別会計決算及び各企業会計決算の認定について、議案第106号平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合歳入歳出決算の認定について、並びに報告第15号及び報告第16号の決算に関する附属書類の提出についての審査に当たるため、28日、29日の両日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 初めに市長からあいさつを受けた後、加藤代表監査委員から各会計決算についての審査の経過並びに審査の所見報告を受けました。


 続いて、一般会計及び各特別会計決算について、会計課長から決算内容の説明を受けた後、質疑に入り、慎重なる審査を尽くしました結果、議案第97号平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第98号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についての2件については、それぞれ反対討論があり、挙手による採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定することに決しました。


 また、議案第67号平成16年度旧亀山市工業用水道事業会計決算の認定について、議案第68号平成16年度旧亀山市病院事業会計決算の認定について、議案第69号平成16年度旧関町国民宿舎「関ロッジ」事業会計決算の認定について、議案第86号平成16年度旧亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第87号平成16年度旧亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第88号平成16年度旧亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第89号平成16年度旧亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第90号平成16年度旧亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第91号平成16年度旧関町一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第92号平成16年度旧関町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第93号平成16年度旧関町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第94号平成16年度旧関町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第95号平成16年度旧関町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第96号平成16年度旧関町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第99号平成16年度亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第100号平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第101号平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第102号平成16年度亀山市水道事業会計決算の認定について、議案第103号平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の認定について、議案第104号平成16年度亀山市病院事業会計決算の認定について、議案第105号平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の認定について、議案第106号平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合歳入歳出決算の認定については、いずれも異議なく、認定すべきものと決しました。


 さらに、報告第15号平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の決算に関する附属書類の提出について、及び報告第16号平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合の決算に関する附属書類の提出については、決算の附属書類の提出であり、了承すべきものと決した次第であります。


 なお、委員会として、一つ、審査の過程で指摘のありました事項、意見に十分配慮するとともに、効率的な予算の配分、執行を行われたい。二つとして、市税、国保税等の収納率の向上に取り組み、さらなる徴収努力をされたい。これらの意見を申し添えたところであります。


 以上をもちまして、決算特別委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 決算特別委員会委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結し、議案第67号から議案第69号まで及び議案第86号から議案第106号まで、並びに報告第15号及び報告第16号の26件について、討論に入ります。


 討論はございませんか。


 19番 小川久子議員。


○19番(小川久子君)(登壇)


 日本共産党議員団を代表して、議案第97号平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算及び議案第98号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、反対の立場で討論を行います。


 旧亀山市分の一般会計及び国民健康保険事業特別会計の決算についても、問題点はありますが、合併までの決算であり、全体が把握できませんので、新市の決算を1年間の決算ととらえ判断しました。予算審議の際に我が党議員団が指摘しましたが、多くの市民が望んでいる教育や福祉を充実させる施策、医療や介護の負担増に対する支援策など、市民生活を守る政策を強めるような内容は見られず、シャープや民間住宅建設への支援金、リニア駅誘致賛成へ市民を誘導するような行事への支出は続けるといった中身です。しかし、合併までの打ち切り決算であり、判断がしづらいということで、新市になった後の決算の状況をとらえて判断しました。


 まず、議案第97号の一般会計の決算では、16年度も実現性の定かでないリニア駅整備基金に5,000万円の積み増しがされ、総額9億円にもなりました。今後の財政状況を見れば、シャープなどへの奨励金などの支出により、財政調整基金がなくなる事態が予想され、市民サービスを維持することも困難な状況が生じます。こうしたときに、実現性が不明で、莫大な事業費を必要とする事業のための積み立てが市民の理解を得ることができるのか、大いに疑問です。市民の声は、バスなどの交通弱者の足の確保や、JR複線電化を進めて、安心して暮らせる方を望んでおります。また、決算審議を通して、大企業へ向けて奨励策をとっていても、従来からこの町を支えてきた中小零細企業については、長引く不況の中、どれだけ廃業に追い込まれたかなどの実態さえつかんでおりません。この奨励金の交付の目的である雇用の場の確保は、派遣・業務請負といった不安定雇用が大半で、市が目指す定住化にはつながりにくい状況です。また、市内産業の育成も、ごく限られた一部の企業でしかなく、中小企業や商店にはほとんど効果がないというのが実態です。


 以上のとおり、税の使い方の公平性や、多額の奨励金の交付が目的に見合った効果が得られていないなどの点で、この決算には反対するものです。


 次に、議案第98号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計についてですが、これも何度も指摘し、改善を求めてきましたが、全く考えられておりません。現在の経済不況の中でさらに滞納額が増加し、累計が3億9,810万円にも達しました。特に昨年度に比べ2,000万円もふえているその要因は、不況、リストラ、不安定雇用による生活不安、病気など、深刻な状況になっていることは、行政当局も認識されています。それに引きかえ、支払い準備基金が4億2,554万円もの多額に上りました。市の主張する、緊急に医療費の支払いがふえたときのために積み立てる、これであれば、多くても1億円ぐらいあれば十分ではないでしょうか。市民の実情がわかっていながら、積立金はふやすが、払える保険税額に引き下げることはしないというのでは、到底納得できるものではありません。4億円近い滞納額の解消に、徴収努力のみというのでは限界があります。


 以上の理由により、この決算には反対するものです。議員諸氏のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(森 淳之祐君)


 ほかに討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、ただいま討論のありました2件の議案のうち、議案第97号平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について、起立により採決を行います。


 本案についての委員長の報告は、原案のとおり認定すべきものとしております。


 本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(森 淳之祐君)


 起立多数であります。


 したがって、議案第97号平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに決しました。


 次に、同じく討論のありました議案第98号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、起立により採決を行います。


 本案についての委員長の報告は、原案のとおり認定すべきものとしております。


 本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(森 淳之祐君)


 起立多数であります。


 したがって、議案第98号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに決しました。


 次に、討論のありました議案以外の議案第67号から議案第69号までの3件及び議案第86号から議案第96号までの11件、議案第99号から議案第106号までの8件、並びに報告第15号及び報告第16号について、採決を行います。


 本各案についての委員長の報告は、いずれも原案のとおり認定、または了承すべきものとしております。


 本各案を委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、


 議案第 67号 平成16年度旧亀山市工業用水道事業会計決算の認定について


 議案第 68号 平成16年度旧亀山市病院事業会計決算の認定について


 議案第 69号 平成16年度旧関町国民宿舎「関ロッジ」事業会計決算の認定について


 議案第 86号 平成16年度旧亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 87号 平成16年度旧亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 88号 平成16年度旧亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 89号 平成16年度旧亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 90号 平成16年度旧亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 91号 平成16年度旧関町一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 92号 平成16年度旧関町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 93号 平成16年度旧関町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 94号 平成16年度旧関町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 95号 平成16年度旧関町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 96号 平成16年度旧関町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 99号 平成16年度亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第100号 平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第101号 平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第102号 平成16年度亀山市水道事業会計決算の認定について


 議案第103号 平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の認定について


 議案第104号 平成16年度亀山市病院事業会計決算の認定について


 議案第105号 平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の認定について


 議案第106号 平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合歳入歳出決算の認定について


 報告第 15号 平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の決算に関する附属書類の提出について


 報告第 16号 平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合の決算に関する附属書類の提出については、いずれも認定、または了承することに決しました。


 決算特別委員会は、これをもって任務を終了と認め、廃止をいたします。ご苦労さまでございました。


 続いて、去る16日の本会議におきまして、所管の各常任委員会にその審査を付託いたしました日程第27、議案第76号から日程第37、報告第18号までの11件を一括議題といたします。


 各常任委員会委員長から提出の審査報告書は、印刷の上、お手元に配付いたしてありますので、朗読は省略し、直ちに委員長各位から委員会における審査の経過並びに結果について報告を求めます。





                 総務委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第76号 亀山市職員定数条例の一部改正について              原案可決


 議案第77号 亀山市職員給与条例の一部改正について              原案可決


 議案第78号 亀山市職員の旅費に関する条例の一部改正について         原案可決


 議案第80号 亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


                                        原案可決


 議案第82号 平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についての内


 第1条第1項


        同条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中


        歳入全部


        歳出 第2款 総務費                      原案可決


 議案第83号 平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について


                                        原案可決


 報告第17号 専決処分した事件の承認について                 承  認


 報告第18号 専決処分した事件の承認について                 承  認





 平成17年9月27日





                      総務委員会委員長 櫻 井 清 蔵





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様











                教育民生委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第82号 平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についての内


        第1条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中


        歳出 第3款  民生費


           第10款 教育費                     原案可決





 平成17年9月26日





                      教育民生委員会委員長 宮 ? 伸 夫





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様











                産業建設委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第79号 亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正について      原案可決


 議案第82号 平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についての内


        第1条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中


        歳出 第6款 農林水産業費


           第7款 商工費


           第8款 土木費                      原案可決


 議案第84号 市道路線の認定について                     原案可決


 議案第85号 市道路線の変更について                     原案可決





 平成17年9月26日





                      産業建設委員会委員長 豊 田 勝 行





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様











○議長(森 淳之祐君)


 初めに、櫻井清蔵総務委員会委員長。


○27番(櫻井清蔵君)(登壇)


 ただいまから、総務委員会における審査の経過並びに結果について報告します。


 当委員会は、去る16日の本会議で付託のありました議案等の審査に当たるため、27日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 まず、担当課長から付託案件等について説明を受けた後、一括質疑に入り、審査を尽くしました結果、議案第76号亀山市職員定数条例の一部改正については、消防職員に今後多数の定年退職者が見込まれ、現在の消防体制を維持するため計画的な採用をする必要があることから、その定数を改めるものであり、原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第77号亀山市職員給与条例の一部改正については、行政改革の一環として特殊勤務手当を見直し、税務手当等を廃止するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第78号亀山市職員の旅費に関する条例の一部改正については、公用車を利用した往復100キロメートル未満の出張に係る半日当については既に廃止されていることから、これとの整合を図るため、鉄道、陸路及び水路を利用した出張に係る半日当についても廃止するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第80号亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正については、水防法が改正されて条が変更されたため、これを引用する当該2本の条例の条をそれぞれ改めるものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についてのうち、当委員会所管分については、総務費の一般管理費・臨時雇い賃金において、任用時期と予算提案の時期については、行政手続を遵守すべきとの強い意見もありましたが、やむを得ない補正と認め、原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第83号平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についても、やむを得ない補正と認め、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、報告第17号専決処分した事件の承認については、椿世町地内の工場火災により、椋川へ流入した重油等の除去作業に係る費用の損害賠償等請求のため訴えを提起するものであり、早急な対応が必要であったため、平成17年7月25日、やむやく専決処分したものであり、承認すべきものと決しました。


 次に、報告第18号専決処分した事件の承認については、衆議院の解散により、9月11日に執行された衆議院選挙費2,550万円を、平成17年度亀山市一般会計補正予算(第2号)として、平成17年8月15日、やむなく専決処分したものであり、承認すべきものと決しました。


 以上、総務委員会の審査の報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 次に、宮?伸夫教育民生委員会委員長。


○15番(宮?伸夫君)(登壇)


 ただいまから、教育民生委員会における審査の経過並びに結果について報告いたします。


 当委員会は、去る16日の本会議で付託のありました議案の審査に当たるため、26日、助役を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 まず、担当課長から付託議案について説明を受けた後、質疑に入り、審査を尽くしました結果、議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についてのうち、当委員会所管分については、民生費で、社会福祉協議会補助金、介護保険事業における広域連合への負担金、教育費では、学校事務共同実施事業費、歴史博物館臨時雇い賃金等が主なものであり、やむを得ない補正と認め、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、教育民生委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、豊田勝行産業建設委員会委員長。


○21番(豊田勝行君)(登壇)


 ただいまから、産業建設委員会における審査の経過並びに結果についてご報告いたします。


 当委員会は、去る16日の本会議で付託のありました議案等の審査に当たるため、26日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 まず、担当課長から付託議案について説明を受けた後、議案第84号、85号の市道路線の認定、変更について、現地を確認いたしました。その後、一括質疑に入り、審査を尽くしました結果、議案第79号亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正については、市内における定住化を推進することを目的に制定した本条例を、民間賃貸共同住宅の建設及び就業等の定住化をさらに推進するため、平成21年1月1日まで、適用期間を3年間延長する改正であり、採決の結果、賛成者多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についてのうち、当委員会所管分については、農林水産業費、商工費、土木費についての補正であり、やむを得ないものと認め、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第84号市道路線の認定については、亀山パーキングエリアスマートインターチェンジの社会実験事業に関連し、道野太岡寺側道3号線を認定し、議案第85号市道路線の変更については、東名阪伊勢道直結線整備に伴い、市道道野太岡寺側道1号線の起点を変更するもので、いずれも現地確認の上、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、産業建設委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 各常任委員会委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結し、議案第76号から議案第80号まで及び議案第82号から議案第85号まで、並びに報告第17号及び報告第18号の11件について、討論を行います。


 討論はございませんか。


 10番 服部孝規議員。


○10番(服部孝規君)(登壇)


 日本共産党議員団を代表して、議案第79号亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正及び議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算について、反対の立場で討論します。


 まず、民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正であります。


 議案質疑でもただしましたが、この条例が定住化を進めることに役立っているのかが最大の問題であります。例えば、この間に800人の人口増があったと報告されましたが、その3割の240人が外国人であり、定住への期待を持つことはできにくい人たちであります。さらに残りの日本人も、誘致企業の雇用形態が圧倒的に派遣・請負会社であるため、雇用期間が大変短く、定住にはつながりにくい状態であります。このように、アパートの建設を促進しても、誘致企業の従業員の住宅確保はできますが、市の目指す定住化にはつながらないということになります。また、新市まちづくり計画で、市の将来像として豊かな自然、悠久の歴史を掲げ、坂下宿、関宿、亀山宿と城下町の歴史・文化を保存・継承して、日常生活と観光が調和した町並みを形成する旧東海道の特色ある都市づくりを地域とともに進めるとしているのに、アパート建設が無秩序に進み、景観への規制もないため、このままでは新市まちづくり計画と矛盾したまちづくりが進むおそれがあります。今やるべきことは、アパートの建設の促進より、景観法を生かし、新市まちづくり計画に沿ったまちづくりを進めるための規制をつくることではないでしょうか。


 以上のとおり、市が掲げる定住化につながらず、新市まちづくり計画にも矛盾するようなアパートの建設の促進をさらに図るこの条例の延長には、市民の理解が得られないと考え、反対するものであります。


 次に、平成17年度亀山市一般会計補正予算についてです。


 この補正予算の大半は住民生活にとって必要なものであり、やむを得ない補正だと考えますが、ただ一つ、嘱託顧問の臨時職員賃金の補正予算210万円は、いかなる角度から見ても問題があり、補正予算に反対せざるを得ません。


 理由の第1は、本当に顧問を置く必要があるかということであります。市長は、6月議会の中で、顧問設置の必要性を感じたと答弁し、旧関町長としての11年間の経験を生かしてもらうという答弁もされました。しかし、合併後の最初の市長選で、新市の運営を任せてほしいと訴え当選された田中市長が、今になって旧関町長の力をかりなければ市政が運営できないというのは、全く理解できません。また、旧関町長時代の経過を教えてもらうだけなら、もっとほかに方法があるはずであります。


 第2に、予算を議会に諮ることが後回しになった問題であります。この問題については、先ほども報告がありましたが、市長が総務委員会で遺憾の意を表明されましたが、まさに議会での審議を避けるために、8月採用、9月補正としたとしか考えようがありません。


 第3に、嘱託顧問の位置づけの問題であります。総務委員会で地方公務員法第17条に根拠があると答弁されましたが、全く見当外れの答弁であります。この17条は、正規職員の欠員が生じた場合の正規任用についての規定で、今回の臨時的任用には当てはまりません。また、答弁では、嘱託顧問は重要なポストだと言いながら、なぜ臨時職員なのかと問われると、議会に諮るほどの仕事ではないのでと答弁するなど、矛盾した答弁が繰り返されました。こうした位置づけの不明確さは、最後まで払拭されませんでした。


 そのほか、月額30万円の根拠があいまいである点や、執務場所の変更、合併の効果と言われるポストの削減による人件費の削減など、合併に逆行するさまざまな点で市民の理解が得られないことがはっきりしました。


 以上のとおり、今回の二つの議案は市民にとって到底納得できるものとは言えず、反対するものであります。議員各位のご賛同を求め、討論といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 ほかに討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、ただいま討論のありました議案第79号亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正について、起立により採決を行います。


 本案についての委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものとしております。


 本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(森 淳之祐君)


 起立多数であります。


 したがって、議案第79号亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正については、原案のとおり可決することに決しました。


 次に、同じく討論のありました議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)について、起立により採決を行います。


 本案についての委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものとしております。


 本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(森 淳之祐君)


 起立多数であります。


 したがって、議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決することに決しました。


 次に、討論のありました議案以外の議案第76号から議案第78号までの3件、議案第80号及び議案第83号から議案第85号までの3件、並びに報告第17号及び報告第18号の合計9件について、一括採決を行います。


 各本案についての委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決、または承認すべきものとしております。


 本各案を委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、


 議案第76号 亀山市職員定数条例の一部改正について


 議案第77号 亀山市職員給与条例の一部改正について


 議案第78号 亀山市職員の旅費に関する条例の一部改正について


 議案第80号 亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 議案第83号 平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について


 議案第84号 市道路線の認定について


 議案第85号 市道路線の変更について


 報告第17号 専決処分した事件の承認について


 報告第18号 専決処分した事件の承認については、いずれも原案のとおり可決、または承認することに決しました。


 次に、日程第38、請願の審査報告を行います。


 請願第5号及び請願第6号の2件についての教育民生委員会における審査の結果は、お手元に配付の請願審査報告書のとおりであります。


 審査の結果報告は、議事の進行上、事務局長の朗読をもって委員長報告にかえたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、事務局長に朗読をいたさせます。


○事務局長(山?裕康君)  「請願審査報告書朗読」





                  請願審査報告書





 本委員会に付託の請願を審査の結果、別表のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第128条の規定により報告します。





 平成17年9月26日





                      教育民生委員会委員長 宮 ? 伸 夫





 亀山市議会議長 森   淳之祐 様





 別表





┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


┃受理番号     │請 5                             ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃受理年月日    │平成17年9月16日                      ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃件       名│「義務教育費国庫負担制度の存続」を求める請願書         ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃         │亀山市本町一丁目9−9                     ┃


┃請願者の住所・氏名│                                ┃


┃         │亀山市PTA連合会 会長 森 静子 外2名           ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃紹介議員氏名   │杉本巳範、国分 修、松上 孝、坊野洋昭             ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃委員会の意見   │趣旨を了とする                         ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃審査の結果    │採 択                             ┃


┗━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


┃受理番号     │請 6                             ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃受理年月日    │平成17年9月16日                      ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃件       名│「30人学級の早期実現、教育予算拡充」を求める請願書      ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃         │亀山市本町一丁目9−9                     ┃


┃請願者の住所・氏名│                                ┃


┃         │亀山市PTA連合会 会長 森 静子 外2名           ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃紹介議員氏名   │杉本巳範、国分 修、松上 孝、坊野洋昭             ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃委員会の意見   │趣旨を了とする                         ┃


┠─────────┼────────────────────────────────┨


┃審査の結果    │採 択                             ┃


┗━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





○議長(森 淳之祐君)


 続いて、請願の審査報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結し、本請願2件に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、採決を行います。


 本請願2件についての委員長の報告は、いずれも採択となっております。


 委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、請願第5号及び請願第6号については、いずれも採択することに決しました。


 お諮りいたします。


 ただいま採択いたしました請願についての取り扱い及び意見書の字句の整理等については、議長に一任願いたいと存じます。これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、ただいま採択いたしました請願の取り扱い及び意見書の字句の整理等については、議長に一任願うことに決しました。


 次に、日程第39、議員提出議案第7号自治体病院の医師確保対策を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 まず、事務局長に議案の朗読をいたさせます。


○事務局長(山?裕康君)  「議案朗読」


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、提出者に提案理由の説明を求めます。


 32番 矢野英直議員。


○32番(矢野英直君)(登壇)


 ただいま上程いただきました議員提出議案第7号自治体病院の医師確保対策を求める意見書の提出について、提出者を代表いたしまして提案理由の説明をいたします。


 さて、自治体病院は、地域医療の中核として、高度医療・夜間緊急医療提供体制の確保と医療水準の向上に努めているところであります。また、少子・高齢化を迎え、地域住民が安全で安心な生活を送る上において、地域における医療環境整備・充実が極めて重要な課題となっています。


 しかしながら、昨年4月から実施されている新たな医師臨床研修制度の必修化に伴う大学による医師の引き揚げや、医師の地域偏在、診療科偏在等により、地域医療を担う医師の不足が深刻化しております。


 このような医師不足は、全国的な課題となっており、各自治体は、医師確保に向けて懸命の努力を続けていますが、大変困難な状態にあります。地域医療の確保・継続が危ぶまれています。


 よって、国におかれては、都道府県、大学、学会、医師会等の連携のもと、早急に抜本的な医師確保対策を講じられるよう強く要望するものであります。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を各関係機関に提出しようとするものでございます。


 これをもって提案理由の説明といたしますので、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。


○議長(森 淳之祐君)


 提案理由の説明は終わりました。


 これより本議案についての質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結いたします。


 続いて、お諮りいたします。


 本議案については、会議規則第36条第2項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本議案は常任委員会への付託を省略することに決しました。


 これより本議案について討論に入ります。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、議員提出議案第7号について採決を行います。


 議員提出議案第7号について、原案のとおり可決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、議員提出議案第7号自治体病院の医師確保対策を求める意見書の提出については、原案のとおり可決することに決しました。


 次に、お諮りいたします。


 以上で、今期定例会の議事をすべて議了いたしました。


 議事を閉じ、閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、平成17年9月亀山市議会定例会は、これをもって閉会いたします。


               (午後 2時51分 閉会)





       ────────────────────────────────


 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


 平成17年10月3日





             議  長      森   淳之祐








             5  番      坊 野 洋 昭








             21 番      豊 田 勝 行