議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 亀山市

平成17年 9月定例会(第1日 9月 5日)




平成17年 9月定例会(第1日 9月 5日)





 
 平成17年9月5日(月)午前10時 開会及び開議


第  1 諸報告


第  2 会議録署名議員の指名


第  3 会期の決定


第  4 現況報告


第  5 議案第 76号 亀山市職員定数条例の一部改正について


第  6 議案第 77号 亀山市職員給与条例の一部改正について


第  7 議案第 78号 亀山市職員の旅費に関する条例の一部改正について


第  8 議案第 79号 亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正について


第  9 議案第 80号 亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補償条


             例の一部改正について


第 10 議案第 81号 亀山市火災予防条例の一部改正について


第 11 議案第 82号 平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)について


第 12 議案第 83号 平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)について


第 13 議案第 84号 市道路線の認定について


第 14 議案第 85号 市道路線の変更について


第 15 議案第 86号 平成16年度旧亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について


第 16 議案第 87号 平成16年度旧亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決


             算の認定について


第 17 議案第 88号 平成16年度旧亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


第 18 議案第 89号 平成16年度旧亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決


             算の認定について


第 19 議案第 90号 平成16年度旧亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算


             の認定に ついて


第 20 議案第 91号 平成16年度旧関町一般会計歳入歳出決算の認定について


第 21 議案第 92号 平成16年度旧関町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算


             の認定について


第 22 議案第 93号 平成16年度旧関町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定に


             ついて


第 23 議案第 94号 平成16年度旧関町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算


             の認定について


第 24 議案第 95号 平成16年度旧関町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


第 25 議案第 96号 平成16年度旧関町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認


             定について


第 26 議案第 97号 平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について


第 27 議案第 98号 平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算


             の認定について


第 28 議案第 99号 平成16年度亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認


             定について


第 29 議案第100号 平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算


             の認定について


第 30 議案第101号 平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


第 31 議案第102号 平成16年度亀山市水道事業会計決算の認定について


第 32 議案第103号 平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の認定について


第 33 議案第104号 平成16年度亀山市病院事業会計決算の認定について


第 34 議案第105号 平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の認定について


第 35 議案第106号 平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合歳


             入歳出決算の認定について


第 36 報告第 15号 平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の決算に関する附


             属書類の提出について


第 37 報告第 16号 平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合の


             決算に関する附属書類の提出について


第 38 報告第 17号 専決処分した事件の承認について


第 39 報告第 18号 専決処分した事件の承認について


    ──────────────────────────────────────


〇本日の会議に付した事件


 議事日程のとおり


    ──────────────────────────────────────


〇出席議員(31名)


  1番   伊 藤 彦太郎 君     2番   加 藤 正 信 君


  3番   前 田 耕 一 君     4番   中 村 嘉 孝 君


  5番   坊 野 洋 昭 君     6番   宮 崎 勝 郎 君


  7番   片 岡 武 男 君     8番   宮 村 和 典 君


  9番   前 田   稔 君    10番   服 部 孝 規 君


 11番   小 坂 直 親 君    12番   増 亦   肇 君


 13番   杉 本 巳 範 君    14番   松 上   孝 君


 15番   宮 ? 伸 夫 君    16番   竹 井 道 男 君


 17番   中 川 賢 一 君    18番   池 田 依 子 君


 19番   小 川 久 子 君    20番   大 井 捷 夫 君


 21番   豊 田 勝 行 君    22番   橋 本 孝 一 君


 23番   水 野 雪 男 君    24番   葛 西   豊 君


 25番   打 田 孝 夫 君    27番   櫻 井 清 蔵 君


 28番   山 川 秋 雄 君    29番   国 分   修 君


 30番   桜 井   勉 君    31番   森   淳之祐 君


 32番   矢 野 英 直 君


    ──────────────────────────────────────


〇欠席議員(1名)


 26番   打 田 儀 一 君


    ──────────────────────────────────────


〇会議に出席した説明員氏名


 市長              田 中 亮 太 君


 助役              小 坂 勝 宏 君


 収入役             草 川   徹 君


 企画課長            匹 田   哲 君


 企画課企画監          古 川 鉄 也 君


 総務課長            石 山 覚 紀 君


 総務課防災対策監        草 川 義 照 君


 財務課長            浦 野 徳 輝 君


 工事検査監           原 田 健 三 君


 税務課長            笠 井   博 君


 税務課副参事          川 戸 正 則 君


 市民課長            服 部 雄 二 君


 市民課副参事          最 所 一 子 君


 生活環境課長          木 下 弘 志 君


 生活環境課副参事        国 分   純 君


 保健福祉課長          橋 爪 斉 昭 君


 保健福祉課副参事        田 中 一 正 君


 保健福祉課副参事        小 林 一 路 君


 商工農林課長          別 府 一 夫 君


 商工農林課副参事        多 田 照 和 君


 商工農林課副参事        桜 井 紀 久 君


 建設課長            水 野   博 君


 建設課副参事          浜 口 伸 介 君


 建設課副参事          川 瀬 行 雄 君


 建築指導課長          一 見   敏 君


 下水道課長           水 野 義 弘 君


 市民サービス課副参事      松 田   守 君


 市民サービス課長        木 崎 辰 雄 君


 医療センター事務局長      櫻 井 光 乘 君


 会計課長            青 木 七 重 君


 消防長             米 田   功 君


 消防本部消防総務課長      竹 中 壽 徳 君


 消防本部予防課長        内 田 義 文 君


 水道課長            西 川 省 三 君


 教育委員会委員長        横 山 瑳江子 君


 教育長             伊 東 靖 男 君


 教育総務課長          村 田 敏 彦 君


 学校教育課長          榊 原 鐡 雄 君


 社会教育課長          木 下 喜代子 君


 図書館長兼歴史博物館長     安 藤 利 幸 君


 監査委員            加 藤   隆 君


 監査委員事務局長        西 川 幸 夫 君


    ──────────────────────────────────────


〇事務局職員


 事務局長               主幹(兼)議事調査係長


           山 ? 裕 康           城   隆 郎


 議事調査係主任書記 松 永 篤 人


    ──────────────────────────────────────


〇会議の次第


               (午前10時05分 開会)


○議長(森 淳之祐君)


 皆さん、おはようございます。


 ただいまから平成17年9月亀山市議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事につきましては、お手元に配付いたしてあります議事日程第1号により取り進めます。


 日程第1、諸報告をいたします。


 まず、今期定例会の議事説明のため、地方自治法第121条の規定に基づき、あらかじめ関係当局の出席を求めておきましたところ、お手元の配付文書のとおり任命、または委任の通知に接し、それぞれ出席を得ておりますので、ご了承願います。


 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく例月出納検査結果報告書12件が提出されており、いずれも印刷の上、お手元に配付いたしてありますので、ごらんおき願いたいと存じます。


 続いて、この際報告いたします。


 6月定例会において継続審査となっております議案第69号平成16年度旧関町国民宿舎「関ロッジ」事業会計決算の認定について、剰余金計算書の中に記載漏れがあった旨、市長より申し出があり、既に正誤表を配付いたしておりますので、ご了承願います。


 次に日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第77条の規定により、議長において、


  5番 坊 野 洋 昭 議員


 21番 豊 田 勝 行 議員


のご両名を指名いたします。ご両名には、よろしくお願いいたします。もし、会期中におきまして、ただいま指名の方にお差し支えが生じました場合には、それぞれ次の議席の方にお願いいたします。


 次に日程第3、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から10月3日までの29日間にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、会期は10月3日までの29日間と決定いたしました。


 続いて日程第4、現況報告を行います。


 初めに、市長に市政の現況について報告を求めます。


 田中市長。


○市長(田中亮太君)(登壇)


 平成17年9月亀山市議会定例会の開会に当たり、市政の現況と今後の見通しについてご報告申し上げ、議員各位を初め、市民の皆様のご理解とご支援を賜りたいと存じます。


さて、政府は、去る6月21日の閣議で「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2005(骨太方針)」を決定しました。その中で、日本経済は「バブル後を抜け出した」とし、来年度までの重点強化期間に取り組む課題に、小さくて効率的な政府、少子・高齢化とグローバル化を乗り切るための戦略及び民需主導の経済成長の三つを上げております。


 一方、国から地方への改革では、来年度までに三位一体改革を確実に実現するため、税源移譲は3兆円規模を目指すこと、また補助金改革の残された課題は今秋までに結論を得ること、さらに、地方交付税改革は来年度までは一般財源を確保し、あわせて基礎的財政収支黒字化を目指し、歳出削減に引き続き努めるとしております。


 これに対し、地方六団体は、これまでの三位一体の改革への取り組みは真の地方分権改革を推進するものとなっていないことから、去る7月19日の代表者会議で、三位一体改革の積み残しとなった6,000億円の税源移譲に結びつく補助金削減案の原案を固め、その提示の前提条件として、第2期改革の実施や国と地方の協議の場の制度化及び三位一体改革推進法の制定などを国に要請しました。


 このような中、去る8月8日、郵政民営化関連法案が参議院本会議で否決されたことを受け、このたびの衆議院議員選挙に至ったところでございますが、これにより、三位一体の国・地方の行財政改革、財政再建といった待ったなしの政策課題が停滞してしまうことが強く懸念されます。


 市といたしましては、今後の第2期改革を見きわめるとともに、平成18年度予算編成に向けた国のさまざまな制度の改正には十分に注意を払い、情報の収集や市への影響等の把握に努め、適切に対処してまいる所存でございます。


 また、当市の平成17年度の財政見通しは、基準財政需要額に対し基準財政収入額が上回り、新市におきましては財政力指数が1を超え、交付税の不交付団体となりました。このような中、国の三位一体改革による税財源の移譲、さらに県からは事務事業の移譲が進められ、地方財政を取り巻く状況は一層厳しくなってまいりますことから、今後も歳入の確保と歳出の削減に努め、財政の健全化を図ってまいる所存でございます。


 さて、合併から7ヵ月が経過いたし、新市の市政も順調に進展いたしておりますが、新市の一体感を醸成する施策等について市長が助言を得るため、前関町長の清水孝哉氏を去る8月1日に嘱託顧問といたしたところでございます。


 それでは、以下、市政の各部門にわたりまして、新市まちづくり計画の六つの基本方針に基づき、現況をご報告申し上げます。


 まず、「産業の振興」のうち農林振興についてでありますが、水田農業構造改革対策の推進につきましては、既に転作の現地確認を終え集計作業を進めており、このうち集団転作は川崎地区集団転作調整協議会、山下営農組合及び三寺営農組合で実施され、小麦を中心に66ヘクタールの実績となる見込みでございます。また、太田営農組合及び三寺営農組合では、転作田を利用して田園景観作物のコスモスを栽培され、例年実施しております「コスモスまつり」が本年もそれぞれの地区で10月に開催される予定と伺っております。


 次いで、本市の特産物であります亀山茶の振興対策として、来る10月8日に、恒例となりました「亀山青空お茶まつり」が中の山パイロットで亀山青空お茶まつり実行委員会により開催される予定でございます。


 一方、森林開発のうち森林環境創造事業でございますが、県の環境林整備の方針が変更されましたので、森林再生CO2吸収量確保対策事業や新たに創設された花粉症対策事業も活用し、事業を進めてまいりたいと存じます。


 次いで、地域産業の振興でございますが、亀山・関テクノヒルズ内におきましては、現在、シャープ亀山第2工場の建設工事を初めとして、既存液晶関連工場の増設工事が順調に進められているところであり、三重県クリスタルバレー構想の拠点地域を担うべく、一層の発展が期待できるものと考えております。


 次に、観光の振興についてでございますが、亀山市観光協会の主催により、去る7月23日、24日の両日に関宿夏まつり、また8月20日には関宿納涼花火大会が開催されました。さらに、8月6日、7日の両日には、合併後初の納涼大会が亀山市納涼大会実行委員会の主催により開催されました。いずれの催しも多数の市民の方々にご参加いただき、夏のひとときを大いに楽しんでいただけたものと存じております。なお、開催に当たりご協力いただきました関係各位に対しまして、深く感謝を申し上げる次第でございます。


 一方、来る11月6日に、東海道関宿街道まつりが実行委員会主催により開催されます。今年は亀山市誕生記念事業と位置づけ、前夜祭を含め盛大に開催される予定でございまして、市民の皆様に幅広くご参加いただくことにより、新市の一体感の醸成に寄与していただけるものと期待しております。


 次に、関地区で湧出が確認されております温泉につきましては、その泉質の特徴、活用上の課題等を把握するため、先月、専門機関への調査を依頼いたしたところでございます。また、温泉活用も含め、関宿及びその周辺地域のにぎわいづくりのあり方を検討するための地域資源活用に関する調査につきましても、市民や関係団体の皆様との意見交換の場を持たせていただきながら進めてまいりたいと考えております。


 次いで、「教育・文化の充実」でございますが、学校教育、社会教育等、教育分野の詳細につきましては、後ほど教育委員会当局からご説明を申し上げます。


 続きまして、「健康福祉の充実」のうち、総合保健福祉センターの「白鳥の湯」でありますが、去る7月26日に本年度第1回の「支えあいふれあい入浴日」を設け、障害者とその介助者35人の方々に無料でご利用いただいたところでございます。また、来る20日には、敬老の日及び老人週間にちなみ「湯ったりお風呂の日」を設け、市内在住の65歳以上の高齢者の方々に無料でご利用いただく予定となっております。


 次に、高齢者福祉の関係でありますが、介護保険制度の大幅な改正により、予防重視型システムヘの転換、施設給付の見直しや新たなサービス体系の確立等が図られることになり、既存サービスの見直しや、介護予防事業として、介護保険制度の中で新たに運動機能の向上、栄養改善、閉じこもり予防等、介護予防に資する新規サービスを行うなど、予防を重視した事業が実施されることとなったところでございます。今後、これらの新たな介護予防事業等の実施に向け、適切に対処してまいりたいと存じます。


 また、介護保険以外の高齢者の福祉サービスにつきましては、現在、市民の参加を得ながら、高齢者保健福祉計画の策定に向け諸準備を進めているところでございます。


 ところで、合併後速やかに調整するとされております高齢者の敬老会事業、高齢者記念品、敬老祝金の三つの事業につきましては、去る7月5日に第1回の検討委員会を開催し、さまざまな角度から議論をいただいており、おおむね本年10月ごろには調整が図られるものと存じます。


 次に、児童福祉関係でございますが、野登地域における民間保育所の引き継ぎにつきましては、このたび社会福祉法人微笑福祉会が経営主体となり、新たに整備されます野登ルンビニ園が平成17年度次世代育成支援対策施設整備交付金事業として採択されましたので、市といたしましても、亀山市社会福祉法人に対する助成条例に基づき、当該施設の整備費の一部を助成してまいりたいと存じます。


 次に、新市として初めての開催となりますクローバーフェスタでありますが、来る10月23日に、総合保健福祉センターを会場として、亀山市社会福祉協議会及びボランティアフェスティバル実行委員会の「あいあい祭り」との同時開催を予定しており、関地域の皆様方にも多数ご来場いただけるよう交通の便など考慮してまいりたいと存じます。


 続きまして、「生活基盤の充実」でございますが、身近な交通手段の確保につきましては、来る10月1日から「さわやか号」の一部運行区域の拡大を初め、試行的運行期間が終了する野登・白川地区自主運行バス(乗合タクシー)及び事前予約制施設送迎サービスの継続運行を実施すべく、現在、諸準備を進めております。なお、事前予約制施設送迎サービスにつきましては、先月から関地域にもサービス拡大を図っておりますとともに、今月末で運行を終了する白子亀山線の一部沿線地域につきましては、来る10月1日から暫定措置として利用条件を緩和してまいります。


 次に、新たな交通拠点の形成につきましては、リニア中央エクスプレス・JR複線電化推進亀山市民会議による「夏休み親子リニア試乗会」でごさいますが、去る7月26日、27日の両日、小学生78人、保護者74人の参加を得て実施いたし、時速500キロの世界を体験いただきました。


 次いで、道路の整備についてでございますが、地方道路交付金事業を活用し、通学・生活道路の安全性向上や防災機能の強化を図るため、市道6路線の整備を推進しているところでございます。このうち、市道辺法寺9号線、山下24号線、小野会下線、小野布気線については工事発注を行ったところであり、残り2路線の市道今里今福線、太岡寺線につきましても、工事発注の諸準備を進めているところでございます。


 次に、県営事業についてでございますが、椋川の改修事業につきましては用地買収を、急傾斜地崩壊対策事業につきましては下庄町上古屋地区、江ヶ室地区、太森町岩森地区の工事を、それぞれ昨年に引き続き進めていただいているところでございます。また、関町越川地区では、崩壊対策として砂防工事を進めていただくと伺っております。


 ところで、先月の道路ふれあい月間におきましては、酷暑の中、各自治会の方々には道路の草刈りや側溝清掃などにご協力をいただき、厚く御礼を申し上げる次第でございます。


 次いで、水道事業についてでございますが、今年は春先から初夏にかけまして降水量が少なく、全国的には給水制限を実施した地域もありましたが、幸いにして、当市におきましては順調に給水することができました。今後、渇水時においても安定給水ができるよう施設改良に努めてまいりたいと存じます。また、給水量につきましては、猛暑でありました昨年同期と比較いたしますと、多少は下回っておりますが、おおむね堅調に推移しております。


 一方、工業用水道事業でございますが、さきの6月定例会でご承認いただきました拡張事業につきましては、去る7月に設計業務等を専門業者に委託いたしたところでございます。今後、早期に工事着手できるよう全力で取り組んでまいりたいと存じます。


 次いで、下水道事業でございますが、流域関連公共下水道事業につきましては、井田川・能褒野処理分区、御幸・本町南部処理分区の管渠布設工事をそれぞれ進めております。また、関第5処理分区及び野村処理分区で管渠布設工事を発注したところでございます。


 一方、農業集落排水事業でございますが、両尾・安坂山地区及び南部地区の管路施設工事を発注いたしております。また、南部地区処理施設実施設計の発注に向け準備をしているところでございます。さらに、坂下地区、市瀬地区につきましては、測量業務及び管路施設実施設計業務を発注したところでございます。


 次に、公共施設の活用・整備のうち、市営斎場建設事業につきましては、用地選定の最終調整を行っているところでありまして、地籍、所有者の抽出に加え、都市計画法に基づく諸手続も見据えまして、設備条件の決定、環境影響調査の実施に向け精査を行っているところでございます。


 ところで、計量棟増設事業につきましては、空車専用の計量施設を増設することにより場内の混雑を回避する計画で進めているところでありまして、土木工事、計量機設置工事、電気工事等、順次取り組んでまいります。


 次いで、消防関係でございますが、去る7月17日には、新亀山市としての第1回市消防団消防操法競技大会を開催しましたところ、暑い中、議員各位にはご観覧を賜り厚く御礼を申し上げます。小型ポンプ操法を初め、消防ポンプ自動車操法並びに女性分団による軽可搬ポンプ操法の模範展示を行うなど、日ごろの訓練成果を披露し、成功裏に終えましたことを改めてご報告いたします。


 一方、職員につきましても、去る8月3日に名古屋市消防学校で開催されました消防技術東海地区指導会には、亀山、関の両消防署が出場するなど、日ごろ鍛えた技術成果を発揮したところでございます。また、昨日、海山町と尾鷲市で開催されました三重県総合防災訓練にも緊急消防援助隊を派遣するなど、有事の際の災害活動に備え、一層の士気向上に努めているところでございます。


 次に、防災関係でございますが、自治会連合会の参画を得て、「地震・防災」をテーマに、地域防災研究会を各コミュニティー単位、また、自主防災組織において順次実施しており、さらなる防災意識の高揚に努めているところでございます。


 そのほか、65歳以上の高齢者住宅等における家具等の転倒防止の支援事業として、民生委員、三重県建設労働組合亀山支部のご協力のもと、補強作業を早急に行うべく諸準備を進めているところであります。


 続きまして、「環境にやさしい社会の形成」でございますが、刈り草コンポスト化事業につきましては、刈り草を剪断する設備の選定及び全体システムの構築を完了し、今後は計量機やコンポストヤード等の各設備の設置を順次取り進めていく所存でございます。


 次に、こどもエコクラブ全国フェスティバル事業につきましては、去る8月1日に環境省による現地視察も実施され、会場、宿泊施設の決定等、全国の子供たちを招く準備を着々と進めているところでございます。会場としましては西野公園を中心に、また、宿泊場所は関ロッジを中心に予定いたしておりまして、市民の皆様へのご協力もお願いしながら、関の町並みの見学、人々との触れ合いなど、子供たちのよき思い出となりますよう計画いたしてまいります。


 一方、総合環境研究センター事業につきましては、研究センターにおきまして、環境について学ぶ場、学ぶ機会の充実、人材の育成・確保のための「かめやま環境市民大学」の開催が予定されておりまして、市も協働してとり行うべく準備を進めているところでございます。


 次に、指定ごみ袋導入事業につきましては、市民の皆様に対して過度な負担のない供給、本格導入に向けた試行期間の設置等を検討いたしておりまして、市民の皆様に十分ご理解いただけるような内容のものとすべく進めているところでございます。


 続いて、ISOマネジメントシステム推進事業につきましては、再認証取得に向けて取り組んでいるところでございますが、昨年度に完成いたしました環境基本計画の進行管理もあわせて行うべく準備を進めているところでございます。


 続きまして、「情報化と地域自治の推進」のうち、まず、総合計画策定事業の進捗状況でございますが、亀山市総合計画審議会につきましては、市議会議員、知識経験者及び各種団体からの委員16人と公募の委員4人の計20人の委員にご就任いただき、去る8月26日、第1回の審議会を開催いたし、会長に三重大学副学長の渡邉悌爾先生に就任いただきました。


 また、三重大学との友好協力協定に基づき、今回は三重大学の支援を受け総合計画を策定いたしますことから、共同で設置いたします亀山市総合計画策定研究会につきましても、三重大学及び三重短期大学からの10人の先生に分野ごとに参加をいただいたところでございます。


 なお、庁内の策定委員会、部会、ワーキンググループにつきましても、それぞれ設置をいたしましたので、今後、現状と課題の検討やアンケートの実施、シンポジウムの開催、職員研修などに取り組んでまいりたいと存じます。


 次に、亀山市地域活力創生委員会でございますが、公募5人を含む16人の委員に就任いただき、第1回の委員会及び管内視察を実施いたしました。今後、新市まちづくり計画や新市土地利用構想提言に基づき、地域ごとの活性化策についてご議論をいただき、約1年をかけて提言書にまとめていただく予定でございます。なお、委員会の顧問に清水孝哉氏に就任をいただきました。


 次いで、合併調整事項のうち、合併後速やかに調整するものとされております協議事項のその後の調整状況でございますが、84項目のうち33項目につきましては調整が終了、28項目が検討組織を立ち上げるなど現在調整中であり、残る23項目につきましても一元化に向けて鋭意調整を進めているところでございます。


 ところで、自動車の新たな地域名表示ナンバープレートの導入でございますが、鈴鹿市と共同して取り組んでまいりました鈴鹿ナンバーの導入につきまして、去る7月29日、国土交通省から鈴鹿ナンバーが採択されたとの通知を受けたところでございます。これまでご理解とご支援を賜りました市議会並びに市民の皆さんに感謝申し上げますとともに、今後は地域のイメージアップや活性化につながるよう、当地域のさらなる発展に努めてまいりたいと存じます。


 最後に、本年5月21日から8月20日までに係る3,000万円以上1億5,000万円未満の工事請負契約の状況は別紙のとおりでございましたので、ご高覧賜りたいと存じます。


 以上、簡単ではございますが、市政の現況報告についてご報告申し上げました。よろしくご了承賜り、一層のご支援とご協力のほど、お願いを申し上げます。ありがとうございました。


○議長(森 淳之祐君)


 市長の現況報告は終わりました。


 続いて、教育委員会委員長に教育行政の現況について報告を求めます。


 横山教育委員会委員長。


○教育委員会委員長(横山瑳江子君)(登壇)


 おはようございます。


 平成17年9月亀山市議会定例会の開会に当たり、教育行政の現況についてご報告を申し上げ、議員各位を初め市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。


 まず初めに、現在審議中であります中教審義務教育特別部会における経過報告の中で、「学校、家庭、地域の3者が互いに連携し、適切に役割を分担し合うという基本的な考え方は今後も重要であり、社会との広い接点を持つ開かれた学校、信頼される学校でなければならない」と述べられています。本市におきましても、従前よりさまざまな取り組みを行ってまいりましたが、今後も一層の連携を図り、信頼を高めてまいりたいと存じます。


 それではまず、学校教育についてご報告を申し上げます。


 本年度、子ども総合支援室が創設されましたが、連携の一つとして、就学指導における情報交換のあり方について、関係課、各保育園、幼稚園とともに検討してまいりました。今後は、さらにきめ細かく、幼稚園、保育園での指導が学校教育で生かせるよう工夫してまいりたいと存じます。


 学校では去る7月21日より夏休みとなりましたが、大きな事故もなく2学期を迎えられたことにつきまして、地域の皆様、市民の皆様のご協力に深く感謝申し上げる次第です。


 夏休みの過ごし方につきましては、学校から児童・生徒に地域の行事等に積極的に参加するよう呼びかけたところでございますが、本年度も、中学生がボランティアとして地域の清掃活動、アルミ缶回収などに参加したことが報告されています。関中学校の職場体験学習も夏休み期間に行われました。また、小学生につきましては、例年のように地域のキャンプ、子供会の活動等に多数参加しております。こうした豊かな体験活動が青少年の健全育成につながっていくものと大きな期待を寄せるところであります。


 また、各校が計画いたしました夏休みにおける活動として、夏休み学習会、水泳教室、宿泊研修等が例年のように取り組まれ、中でも、出前講座として教員が校区の各コミュニティーに出かけて、基礎学力の補充や夏休みの宿題の相談をするなどの活動も実施されました。今後もより充実した夏休みが過ごせるように、また、地域との連携がさらに強化されますよう努めてまいります。


 中学校の体育活動につきましては、柔道の個人の部で中部中学校の女子1人が、また、陸上では同中学校の男子2人、女子2人が東海大会に出場しております。


 一方、文化活動では、三重県中学校吹奏楽コンクールにおきまして、関中学校、亀山中学校、中部中学校ともに銀賞に輝いております。


 教職員の資質向上、指導力向上のための研修は年間を通して計画的に行っておりますが、特に夏休み、夏季休業中は集中して開催いたしました。主な研修内容といたしましては、県教委主催の初任者研修、経験者5年目・10年目研修や学校経営研修などを行い、亀山市教育研究会では、教科・課題別研修等が行われております。これらの研修を内容面から見ますと、特別支援教育、学級集団づくり、不登校に関する研修、英語活動や情報教育など、いずれも現在の教育が直面するテーマとなっているところでございます。


 一方、当市におきましては、子供の理解を深め学級集団づくりを進めるために、関西国際大学助教授米田薫先生による「育てるカウンセリング連続講座」を年6回の実施を計画しております。既に夏季休業中に3回実施しましたが、教職員の関心も高く、毎回約70名の教職員の参加を得ているところでございます。


 さらに、今年度すべての学校で取り組んでおります学校経営品質にかかわる研修につきましては、管理職を含め多数の教員が参加しております。


 次に、来年度から使用いたします中学校の教科書採択でございますが、亀山市は鈴鹿市と2市で構成しております北勢第三地区教科用図書採択協議会を設置し、調査検討を進めてまいりました。


去る8月9日の臨時教育委員会で、9教科16種目の教科書を採択決定したところでございます。


 なお、亀山市学校教育ビジョンの策定につきましては、去る8月30日に第1回策定委員会を開催いたしまして、策定方針やアンケート調査の方法等について協議するなど、策定作業に取り組んでいるところでございます。


 続きまして、生涯学習の推進でございますが、公民館事業の文化講座や教室、出前講座で多くの方々に学んでいただいており、人と人とのつながりや交流を図っていただいております。そうした中、新市の誕生に伴いまして、市民一人一人がいつでもどこでも学べる生涯学習の環境整備をさらに図るための指針となる生涯学習基本計画を策定するため、現在、アンケート調査や生涯学習推進会議等を開催し、策定作業に取り組んでいるところでございます。


 次に、青少年の健全育成につきましては、青少年の育成にかかわります各種団体においてさまざまな活動を展開いただいている中、青少年の非行防止活動として、日ごろのパトロールに加え、関宿夏まつりや納涼大会、花火大会など子供たちが集まる行事において、青少年補導センターと亀山市青少年育成市民会議や市内補導委員による合同パトロールを実施していただきました。また、最近の青少年補導状況の中で深夜の徘回が増加傾向にあることから、亀山警察署と連携をしながら深夜パトロールも行い、青少年の非行防止に力を注いでいるところでございます。さらに、補導活動とあわせて、不審者等の防犯対策として、青色回転灯を青少年補導センターパトロール車2台に設置し、子供たちの安全を見守る活動も行っており、家庭、学校、地域、行政等がそれぞれの機能を十分発揮しながら、地域社会全体で青少年の健全育成、非行防止、子供の安全確保などに努めているところでございます。


 一方、文化財保護につきましては、亀山西小学校の改築事業にあわせて、亀山城二之丸帯曲輪等の復元に取り組んでおり、年度末完成に向けて順調に進んでいるところでございます。


 また、文化振興につきましては、芸術文化を通して地域の一体感を醸成し、薫り高い文化のまちづくりを進めるため、市民と行政の協働による第1回市民文化祭の開催に向け、諸準備を進めているところでございます。


 さらに、スポーツ振興につきましては、生涯スポーツの振興を図るためさまざまなスポーツ教室を開講し、幅広い世代の市民が気軽にスポーツに親しむ場の提供に努めているところです。また、この秋、スポーツを通して交流を深め、さらには生きがいづくりや健康保持増進につながることを目的に、体育施設の無料開放を初め、壮年ソフトボール大会や女性バレーボール大会、市民綱引き大会など、体育指導委員や各種団体の協力を得ながら開催し、スポーツの秋を身近に実感いただける場面づくりに努めてまいりたいと存じます。


 続きまして、図書館についてでございますが、去る8月1日から15日まで「戦争と平和展」を開催し、パネル等による原爆投下による被害者の実情を紹介しましたところ、多数の方々にご来館いただきました。また、小学生を対象に「紙きり教室」と「くるくる絵本教室」を開設し、物づくりを通じて親子の触れ合う機会を設け、好評を得たところでございます。


 次いで、歴史博物館についてでございますが、企画展示室では、去る7月2日から8月29日までの間、子供も! おとなも! 調べて納得博物館「わたしたちがいま小学校で習っている社会の教科書で亀山の歴史をのぞいてみよう」を開催し、亀山市内の小学6年生が学習している社会の教科書に掲載されている内容を初め、亀山の歴史を調べる手がかりとなる内容を展示いたしましたところ、大勢の方々にご来館いただきました。


 一方、常設展示室では、来る25日まで「国指定史跡 正法寺山荘跡出土遺物」と題したテーマ展示を開催中でございます。


 また、来る10月1日からは「宿場のうつりかわり〜坂下宿・関宿・亀山宿〜」と題して、それぞれの宿場に残された史料より、宿場の移り変わりを比較しながらそれぞれの宿場の特徴を紹介する企画展を、常設展示室では、市史編さん事業の近世部会が中間報告展示を予定しております。


 次いで、小・中学校等の施設整備についてでございますが、児童・生徒の安全を確保するため、井田川・川崎・野登・白川・関・加太小学校6校にフェンスを設置し、また、昼生及び井田川小学校校舎外部改修、川崎小学校体育館前バリアフリー化及び進入路整備工事、昼生・井田川・白川小学校及び中部中学校の放送設備改修工事、井田川幼稚園園庭整備、亀山幼稚園及びみずほ台幼稚園テラス改修工事を行ったところでございます。


 次に、亀山西小学校改築事業でございますが、普通教室棟の基礎工事が完了し、現在1階部分に着手いたしております。なお、工事進捗率は、去る7月末時点で全体の52%であり、当初の工程どおり進んでおります。


 一方、耐震改修工事関係でございますが、亀山東小学校校舎、亀山南小学校校舎及び屋内運動場、野登・白川・神辺小学校の屋内運動場、さらに亀山中学校第3棟及び屋内運動場、中部中学校技術科棟及び屋内運動場の改修工事に着手いたしております。また、平成18年度実施予定の川崎・井田川・野登・関小学校や亀山・中部中学校及び井田川幼稚園の補強計画及び実施計画を順次進めているところでございます。


 次に、夏季休業期間を利用し協力いただいております各小・中学校及び幼稚園の修繕等奉仕作業でございますが、本年度は、去る7月31日に、三重県建設労働組合亀山支部の皆様により、関小学校と加太小学校を実施していただきました。また、新たに去る8月25日に、三重県電気工事協力会亀山支部亀山電設協同組合の皆様による幼稚園4園の配線診断や簡易補修を実施していただいたところです。皆様方には、暑さ厳しい中、終日熱心に作業いただきましたことに厚く御礼申し上げるものでございます。


 以上、教育行政の現況についてご報告申し上げました。よろしくご理解を賜り、なお一層のご指導とご協力のほどお願い申し上げます。ありがとうございました。


○議長(森 淳之祐君)


 現況報告は終わりました。


 会議の途中ですが、10分間休憩いたします。


               (午前10時50分 休憩)


       ───────────────────────────────


               (午前11時05分 再開)


○議長(森 淳之祐君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に日程第5、議案第76号から日程第39、報告第18号までの35件を一括議題といたします。


 まず、事務局長に議案を朗読いたさせます。


○事務局長(山?裕康君)  「議案朗読」


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、市長に上程各案に対する提案理由の説明を求めます。


 田中市長。


○市長(田中亮太君)(登壇)


 それでは、ただいま上程いただきました議案につきまして、提案理由の説明を申し上げたいと存じます。


 まず、議案第76号亀山市職員定数条例の一部改正についてでございますが、消防職員につきましては、平成19年度末をピークとして多数の定年による退職者が見込まれますことから、現在の消防体制を維持していくため、今後、消防職員を計画的に採用していくこととしております。このことから、現在の定数を、平成18年度及び平成19年度を76人、平成20年度以降は73人といたすものでございます。


 次に、議案第77号亀山市職員給与条例の一部改正についてでございますが、現在支給しております特殊勤務手当につきまして、行政改革の一環としてこれを見直しましたので、今回、税務手当を廃止いたすものでございます。なお、危険及び不快手当、特殊手当及び病院手当の一部につきましても、亀山市職員の特殊勤務手当に関する規則を改正し、あわせて廃止いたしております。


 次に、議案第78号亀山市職員の旅費に関する条例の一部改正についてでございますが、行政改革の一環として、公用車を利用した往復100キロメートル未満の出張に係る日当につきましては既に見直し、廃止いたしておりますが、今回、鉄道、陸路及び水路を利用した往復100キロメートル未満の出張に係る日当につきましても、これと整合を図り、同様の扱いとするため廃止いたすものでございます。


 次に、議案第79号亀山市民間賃貸共同住宅新築促進条例の一部改正についてでございますが、市内における定住化を推進することを目的として制定いたしました本条例につきまして、民間賃貸共同住宅の建設及び就業者の定住化をさらに推進するため、この適用期間を3年間延長し、平成21年1月1日までといたすものでございます。


 次に、議案第80号亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてでございますが、水防法の改正に伴い、亀山市水防協議会条例及び亀山市消防団員等公務災害補償条例にそれぞれ引用されています条項につきまして、所要の改正を行うものでございます。


 次に、議案第81号亀山市火災予防条例の一部改正についてでございますが、消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部改正等に伴いまして、本条例に関する事項につきまして所要の改正を行うものでございます。


 主な改正内容は、まず、燃料電池発電設備が新たに対象火気設備等として位置づけられたことから、その管理の基準等を定めるものでございます。施行日は、法令に準じて平成17年10月1日といたしております。


 次に、市民の方にかかわりますものといたしまして、住宅用防災警報機、または住宅用防災報知設備の設置が義務づけられました。したがいまして、これら機器の設置及び維持に関する基準等を新たに定めるものでございまして、この施行日は平成18年6月1日とし、既存住宅では平成20年6月1日からの適用といたすものでございます。


 続きまして、議案第82号平成17年度亀山市一般会計補正予算(第3号)についてでございますが、今回の補正額は6,637万6,000円の増額でございまして、補正後の予算総額は196億5,702万5,000円といたしております。


 それでは、歳出の主な補正内容からご説明申し上げます。


 初めに、総務費におきましては、嘱託顧問賃金のほか市税返還金、民生費では介護保険事業におきます広域連合への負担金、商工費では、小規模事業資金に係る融資保証料補給金のほか、日東電工(株)への産業振興奨励金、土木費では、道路改良事業における各路線事業進捗による費目の組み替えを行ったものでございます。


 続きまして、歳入でございますが、各事業費の補正に係る国・県支出金のほか、不足する財源につきましては、地方特例交付金及び前年度繰越金を充当いたした次第でございます。


 次に、議案第83号平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回の補正額は1,608万2,000円の増額で、補正後の予算総額は30億5,718万2,000円といたしております。


 補正の内容は、前年度繰越金を財源とする療養給付費等交付金及び国庫負担金の過年度精算金でございます。


 以上が、今回提案いたしました一般会計及び国民健康保険事業特別会計補正予算の主な内容でございます。


 なお、詳細につきましては、助役をして説明いたさせますので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


 次に、議案第84号市道路線の認定についてでございますが、亀山パーキングエリアスマートインターチェンジの社会実験事業に関連し、道野太岡寺側道3号線の認定につきまして、道路法第8条第2項の規定により議決を求めるものでございます。


 次に、議案第85号市道路線の変更についてでございますが、東名阪伊勢道直結線整備に伴いまして、市道道野太岡寺側道1号線の起点を変更することにつきまして、道路法第10条第3項の規定により議決を求めるものでございます。


 なお、それぞれの箇所につきましては、参考資料の路線図をごらんいただきたいと存じます。


 次に、議案第86号からの平成16年度決算でございますが、今回、ご承知のとおり平成17年1月11日の合併に伴い、各旧市町の打ち切り決算と1月11日からの新市決算で多数の提案となっておりまして、例年とは異なる決算となっております。したがいまして、詳細は収入役から説明いたさせますので、私からは簡略にご説明申し上げますので、ご了承賜りたいと存じます。


 初めに、議案第86号平成16年度旧亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第87号平成16年度旧亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第88号平成16年度旧亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第89号平成16年度旧亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第90号平成16年度旧亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでございますが、地方自治法第233条第3項及び同法施行令第5条第3項の規定により、旧亀山市各会計の決算を監査委員の意見をつけて認定をお願いするものでございます。


 次に、議案第91号平成16年度旧関町一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第92号平成16年度旧関町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第93号平成16年度旧関町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第94号平成16年度旧関町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第95号平成16年度旧関町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第96号平成16年度旧関町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでございますが、同じく地方自治法第233条第3項及び同法施行令第5条第3項の規定により、旧関町各会計の決算を監査委員の意見をつけて認定をお願いするものでございます。


 次に、平成17年1月11日以降の新市決算でございますが、議案第97号平成16年度亀山市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第98号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第99号平成16年度亀山市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第100号平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第101号平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、地方自治法第233条第3項の規定により、合併後の一般会計、各特別会計につきまして監査委員の意見をつけて決算認定をお願いするものでございます。


 次に、議案第102号平成16年度亀山市水道事業会計決算の認定について、議案第103号平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の認定について、議案第104号平成16年度亀山市病院事業会計決算の認定について、議案第105号平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の認定についてでございますが、合併後、新亀山市の企業会計について、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見をつけて認定をお願いするものでございます。


 なお、企業会計決算の詳細につきましては、所管するそれぞれ担当課長より説明いたさせますので、よろしくお願い申し上げます。


 以上がご提案いたしております平成16年度決算でございます。何とぞよろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


 次に、議案第106号平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合歳入歳出決算の認定についてでございますが、三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合につきましては平成16年12月31日をもって解散し、養護老人ホーム清和荘の運営を社会福祉法人安全福祉会に移譲したところでございますが、組合の収入は解散の日をもって打ち切られましたことから、その決算につきまして、地方自治法施行令第5条第3項の規定により監査委員の意見をつけて認定をお願いするものでございます。決算額でございますが、歳入総額2億4,465万835円に対しまして、歳出総額1億557万7,123円となり、歳入歳出差し引き1億3,907万3,712円は、その事務を継承いたしました旧亀山市の一般会計に引き継いだ次第でございます。


 続きまして、報告第15号平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の決算に関する附属書類についてでございますが、地方自治法及び同法施行令の規定により、旧亀山市、旧関町及び亀山市の平成16年度主要施策の成果報告書など附属書類をあわせて提出いたしておりますので、よろしくご審査賜りますようお願い申し上げます。


 次に、報告第16号平成16年度三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合の決算に関する附属書類の提出についてでございますが、三重県亀山市、鈴鹿郡関町老人福祉施設組合の決算に関する附属書類をあわせて提出いたすものでございます。


 次に、報告第17号専決処分した事件の承認についてでございますが、椿世町地内の工場火災により椋川へ流入した重油等の排除作業に係る費用の損害賠償等請求のため訴えを提起するもので、早急な対応が必要であったことから、平成17年7月25日、地方自治法第179条第1項の規定によりやむなく専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。


 次に、報告第18号専決処分した事件の承認についてでございますが、平成17年度亀山市一般会計補正予算(第2号)につきまして、地方自治法第179条第1項の規定により、平成17年8月15日をもって専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により承認を求めるものでございます。これは、衆議院の解散により今月11日に執行されます衆議院議員選挙に必要な投票立会人等の報酬、ポスター掲示板設置委託料など、選挙費として2,550万円を追加し、補正後の総額を195億9,064万9,000円といたしたものでございます。


 以上、簡単ではございますが、今議会にご提案申し上げております各議案の説明といたします。何とぞよろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森 淳之祐君)


 市長の上程各案に対する提案説明は終わりました。


 次に、助役に平成17年度各会計補正予算についての補足説明を求めます。


 小坂助役。


○助役(小坂勝宏君)(登壇)


 それでは、今議会に提出いたしました各会計補正予算の主な項目につきまして、補足説明をさせていただきます。なお、今回の一般会計の補正は、一つ、市税等の還付金及び返還金、二つ、介護保険制度の改正に係る広域連合の負担金、三つ、道路改良事業での事業進捗に合わせた費目の組み替えなどが主なものでございます。


 それでは、歳出から順を追ってご説明申し上げます。


 補正予算書10、11ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款総務費、第1目一般管理費、説明欄の一般管理費210万円は嘱託顧問の賃金、市民活動支援事業104万5,000円は、安楽集会所ほか3地区の集会所などの修繕に係る助成金でございます。


 また、下段の第2目賦課徴収費、説明欄の市税還付金等2,720万円は、地方税法並びに亀山市固定資産税等返還金支払要綱に基づく税の返還金でございます。


 次に、12、13ページ、第3款民生費、第1目社会福祉総務費、説明欄の社会福祉協議会補助金265万円は、心身障害者小規模作業所「なかまの部屋」に係る運営費補助金、その下の介護保険事業850万7,000円は、介護保険制度の改正による電算システムの改修費に係ります広域連合への負担金でございます。


 次に、14、15ページ、第6款農林水産業費、第6目林業振興費、説明欄の森林環境創造事業は、一部の事業費において、県単事業から国補事業に移行することとなったため、補助金から委託料に費目の組み替えを行うものでございます。


 また、中段の第7款商工費、第2目商工業振興費、説明欄の一般事業800万円は、小規模事業者が設備投資等に充てるための融資に係る保証料の補給申請が増加いたしておりますので、補正を行うものでございます。


 また、下段の第1目開発費、説明欄の奨励金217万円は、亀山市産業振興条例を適用する日東電工株式会社の工場増設に係る指定施設の変更による産業振興奨励金の不足が見込まれますので、増額補正を行うものでございます。


 次に、16、17ページ、第8款土木費、第3目道路新設改良費につきましては、各路線の事業進捗に合わせ、費目の組み替えを行うものでございます。


 また、18、19ページ中段の第1目河川維持費400万円は、田村町地内広瀬川ののり面崩壊が進んでいるため、その復旧工事を急ぐ必要が生じたため計上をいたしたところでございます。


 次に、下段の第10款教育費、中学校費の第1目学校管理費、説明欄の学校事務共同実施事業312万円は、亀山中学校を共同事務の拠点校とし、小・中学校事務の効率化を図ろうとするもので、事務室の整備費を計上いたしました。


 次に、20、21ページ中段の第6目博物館費200万円の補正は、市史等の博物館資料の情報化を推進するため任用する情報統括員の賃金の計上でございます。


 以上で、歳出の説明を終わります。


 続きまして、歳入に移らせていただきます。


 戻りまして恐縮ですが、6、7ページをお開き願います。


 第9款地方特例交付金6,276万8,000円は、地方税の恒久減税の補てんとして交付されるもので、交付額が決定されましたので計上をいたしました。


 また、第14款国庫支出金、第15款県支出金につきましては、それぞれ事業費の増額があったので計上いたしました。


 次に、8、9ページ中段の第19款繰越金30万5,000円は、今回の補正予算に係ります不足する一般財源として、前年度繰越金を充当するものでございます。


 以上、簡単でございますが、一般会計の説明といたさせていただきます。


 続きまして、国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。


 32、33ページをごらんいただきたいと存じます。


 今回の補正は、第7款諸支出金、第3目償還金1,608万2,000円で、これは16年度の療養給付費等交付金及び国庫負担金の精算に係ります返還金であり、これに伴います財源として、30、31ページのとおり、第3款国庫支出金で16年度の療養給付費等に係る精算金148万4,000円を受け入れ、第10款繰越金のとおり、前年度繰越金1,459万8,000円を充当するものでございます。


 以上をもちまして補足説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森 淳之祐君)


 助役の説明は終わりました。


 次に、平成16年度各会計決算についての補足説明を求めます。


 まず、収入役に平成16年度旧亀山市、旧関町及び亀山市の一般会計及び各特別会計歳入歳出決算についての補足説明を求めます。


 草川収入役。


○収入役(草川 徹君)(登壇)


 それでは、議案第86号から議案第90号に関する補足説明をいたします。


 市長から提案理由の説明がございましたが、私からは、旧市町並びに新市における収入のもろもろ、歳出は主要事業、主要施策として旧市町の実施計画に登載をされました主要事業の中から主なものについての決算状況を申し上げますが、今回は決算関係の議案数も多くなっておりますことから、少し長くなりますが、説明時間をいただきますようお願いを申し上げます。


 お手元の旧亀山市一般会計及び特別会計歳入歳出決算書並びに決算の附属書類の一般会計歳入歳出事項別明細書36、37ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、一般会計の歳入の主なものでございます。


 第1款市税でございますが、調定額85億6,463万7,461円に対しまして収入済額は57億5,257万8,519円となり、不納欠損額は3,489万1,445円でございます。収入未済額は27億7,716万7,497円で、決算時におけます調定額に対する収納率は67.2%となっております。各税目別の収納率を申し上げますと、市民税は77.1%、固定資産税は74.8%、軽自動車税は86.7%、市たばこ税はほぼ100%、特別土地保有税は0.2%、入湯税は100%、都市計画税は74.8%となっております。


 次に、38、39ページでございますが、第2款地方譲与税は、平成16年度から三位一体の改革等で実施をされました国庫負担金の廃止などによる税源移譲に至るまでの暫定的な財源措置として新設をされました所得譲与税3,291万7,000円のほか、自動車重量譲与税、地方道路譲与税を合わせ、収入済額は1億6,325万3,000円でございます。


 次に、第4款配当割交付金につきましては、平成16年度から特定配当の所得につきまして県が課税したもののうち64.6%が交付されるもので、収入済額は733万6,000円となっております。


 次に、40、41ページでございますが、第10款地方交付税の収入済額は9億6,149万4,000円となっております。


 次に、46、47ページでございますが、第14款国庫支出金の収入済額は3億8,167万5,528円となっております。


 次に、64、65ページでございます。第21款市債でございますが、合併時までに借り入れを行わなかったことにより、収入済額はゼロとなっております。


 次ページにまいりまして、歳入合計は、予算現額177億4,965万9,534円に対し、調定額は126億9,698万7,594円で、収入済額は95億16万7,762円でございます。また、不納欠損額は3,489万1,445円でございまして、収入未済額は31億6,192万8,387円となっております。


 次に、一般会計につきましても、主要事業の中から主なものに絞って説明をさせていただきます。


 まず、第2款総務費でございますが、79ページをごらんいただきたいと思います。市民の参画を得て実施する行政情報番組の制作、放送に係る経費や機器の使用料を初めとする経費1,900万8,880円、また、89ページでございますが、合併により新市として円滑に対応できるための総合住民情報システムやさまざまな情報システムの構築、導入が図られました行政事務システム管理費6,436万2,360円のほか、91ページにございます合併に伴う住民情報システムを一本化する経費などでございます。市町村合併準備費1,480万3,582円などが主なものでございます。


 次に、民生費では、113ページでございますが、高齢者の生きがいづくり、健康を保持する活動を行う場となる介護予防支援センター施設整備費944万6,850円などが主なものでございます。


 次に、衛生費でございますが、131ページにございます新市の将来を見据えました環境施策の指針となる環境基本計画策定のための経費163万2,716円のほか、里山、野池などの環境を再現し、在来種の植栽を行う環境再生事業に係る経費1,278万3,820円などが主なものでございます。


 次に、商工費でございますが、153ページにございます産業立地の促進及び産業の高度化を図るための亀山市産業振興条例に基づく奨励金2億6,877万4,000円などが主なものでございます。


 次に、土木費でございますが、159ページにございます国庫補助道路整備事業として実施しております、くらしの道づくり事業の御幸線整備の経費2,341万5,514円のほか、161ページにございます山下23号線、朝明山線などに係ります高速道路関連事業の経費8,337万5,179円が主なものでございます。


 また、169ページにございます市単公園整備事業は、市民参画を得て事業が進められました本町公園整備に係ります工事費の前払金1,448万2,850円などが主なものでございます。


 次に、教育費では、183ページでございますが、小学校における耐震化補強事業として、東小学校体育館の補強工事及び平成17年度工事予定の実施設計委託に係る経費1億1,306万6,000円のほか、185ページでございますが、2ヵ年の継続事業でございます亀山西小学校改築に係ります平成16年度分事業費1億8,280万5,030円、また、205ページでございますが、文化会館の映像施設整備の経費1,732万5,000円、北側駐車場拡張等の事業経費1億92万653円、さらに同ページで実質2年目に入ります市史編さん事業に係ります経費1,678万4,648円などが主なものでございます。


 216、217ページをごらんいただきますと、歳出合計は、予算現額177億4,965万9,534円に対し、支出済額は93億6,996万3,384円でございます。


 続きまして、国民健康保険事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、220、221ページでございます。


 第1款国民健康保険税の収入済額は7億8,930万7,064円、不納欠損額は1,730万149円でございます。収入未済額は4億3,073万5,533円で、決算時におきます調定に対する収納率は63.8%となっております。


 226、227ページをごらんいただきますと、これらを含めまして、歳入合計は予算現額が24億6,026万5,000円、調定額は26億951万1,091円、収入済額は17億8,956万3,207円、不納欠損額は1,730万149円で、収入未済額は8億264万7,735円でございます。


 次に、歳出でございますが、230、231ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款保険給付費の支出済額は、11億1,110万2,381円でございます。


 236、237ページをごらんいただきますと、これらを含めまして、歳出合計は、予算現額24億6,026万5,000円に対しまして、支出済額は17億4,219万202円でございます。


 続きまして、老人保健事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、240、241ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款支払基金交付金は、医療費に対します各保険者負担金について社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございますが、収入済額は13億1,196万1,000円でございます。


 これらを含めまして、歳入合計は、予算現額32億1,433万4,000円、調定額は28億1,145万1,416円、収入済額は21億9,010万7,416円で、収入未済額は6億2,134万4,000円となっております。


 次に、歳出でございますが、242、243ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款医療諸費の支出済額は21億5,561万3,546円でございますが、次ページをごらんいただきますと、これらを含めました歳出合計は、予算現額32億1,433万4,000円に対しまして、支出済額は21億8,956万6,603円でございます。


 続きまして、農業集落排水事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、248、249ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款使用料及び手数料は、田村地区ほか4地区の施設使用料などで、収入済額は3,243万6,290円、収入未済額は101万2,240円で、決算時におきます調定に対する収入率は97.0%となっております。


 これらを含めまして、歳入合計は、予算現額7億6,169万5,630円、調定額は3億8,620万3,655円、収入済額は1億7,440万6,635円でございます。


 次に、歳出でございますが、第1款事業費では、253ページから少し飛びまして255ページでございますが、建設改良費で両尾・安坂山地区整備事業や南部地区整備事業に係ります経費7,936万1,371円が主なものでございます。


 これらを含めまして、歳出合計は、予算現額7億6,169万5,630円に対しまして、支出済額は1億5,485万1,885円でございます。


 最後に、公共下水道事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、258、259ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款の使用料及び手数料の収入済額は6,719万5,700円、収入未済額は2,099万7,800円で、決算時におきます調定に対する収入率は76.2%となっております。


 260、261ページをごらんいただきますと、これらを含めまして、歳入合計は予算現額11億725万950円、調定額は7億729万6,082円、収入済額は4億8,310万2,186円、収入未済額は2億2,419万3,896円でございます。


 次に、歳出でございますが、264、265ページでございます。


 本町南部ほか3処理分区での施設整備事業に係る経費1億7,092万7,596円が主なものでございます。


 次ページをごらんいただきますと、これらを含めまして、歳出合計は、予算現額11億725万950円に対しまして、支出済額は4億376万3,200円でございます。


 以上で、旧亀山市の一般会計及び各特別会計決算について説明を申し上げましたので、よろしくご審議をいただきたいと存じます。


○議長(森 淳之祐君)


 説明の途中ですが、昼食のため午後1時まで休憩いたします。


               (午前11時59分 休憩)


       ───────────────────────────────


               (午後 1時02分 再開)


○議長(森 淳之祐君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 午前中に引き続き、収入役の補足説明を求めます。


 草川収入役。


○収入役(草川 徹君)(登壇)


 引き続き説明をさせていただきます。


 先ほど申し上げました旧亀山市の一般会計、各特別会計の実質収支額についてでございますが、270ページから274ページに記載がございますが、各会計とも黒字決算となっております。


 また、附属書類として別冊の一般会計及び各特別会計決算資料を提出させていただいておりますので、ごらんいただきますようお願いをいたします。


 続きまして、議案第91号から議案第96号までの平成16年度旧関町一般会計及び各特別会計歳入歳出決算についてでございます。


 お手元の旧関町歳入歳出決算書、各会計歳入歳出決算事項別明細書の一般会計歳入歳出決算事項別明細書、1、2ページをお開き願いたいと思います。


 まず、一般会計の歳入の主なものでございます。


 第1款町税は、調定額11億1,110万9,793円に対しまして、収入済額8億7,815万6,195円となり、不納欠損額は1,170万1,441円でございます。収入未済額は2億2,125万2,157円で、決算時におきます調定額に対する収納率は79.0%となっております。各税目ごとの収納率を申し上げますと、町民税は73.7%、固定資産税は84.3%、軽自動車税は88.7%、町たばこ税は100%、特別土地保有税は0.7%となっております。


 次に、第2款地方譲与税の中の収入済額は、先ほど旧亀山市の一般会計歳入の中でも申し上げましたように、平成16年度から創設をされました所得譲与税6,608万5,000円のほか、自動車重量譲与税、地方道路譲与税を合わせまして3,553万9,000円でございます。


 次に、3、4ページでございますが、第4款配当割交付金につきましても、平成16年度から特定配当の所得について県が課税いたしましたもののうち64.6%が交付されるものでございまして、収入済額は129万6,000円となっております。


 次に、5、6ページでございます。第10款地方交付税の収入済額は5億2,094万9,000円でございます。


 次に、13、14ページにまいりまして、第14款国庫支出金の収入済額は2,400万1,333円でございます。


 次に、31、32ページでございますが、第21款町債につきましては2億7,920万の収入済額でございます。


 次ページにまいりまして、歳入合計でございます。予算現額38億8,350万1,000円に対しまして、調定額は29億523万2,926円で、収入済額は26億5,309万2,146円でございます。また、不納欠損額は1,170万1,441円でございまして、収入未済額は2億4,043万9,339円となった次第でございます。


 次に、一般会計歳出につきましても、主なものに絞って説明をさせていただきます。


 第2款総務費でございますが、48ページをごらんいただきたいと存じます。第8目諸費にございます、亀山坂下線路線バス運行管理委託料及び加太福祉バス運行管理委託料のほか、平成16年度新規事業として実施をされました南部地域、北部地域から中心部を結ぶ地域巡回バス運行管理委託料など、地域の利便性確保のための交通対策経費1,268万6,037円が主なものでございます。


 次に、49ページをごらんいただきたいと思います。第12目情報化推進事業費におきまして、光ケーブル網を活用しました行政情報ネットワーク化を図るための電子自治体推進事業を初め、管理事務事業など情報化推進のための経費822万6,994円が主なものでございます。


 また、民生費でございますが、68ページをごらんいただきたいと存じます。児童福祉充実のための学童保育所運営準備設立委員会への助成や、施設整備工事を初めとする学童保育所整備事業3,876万4,468円などが主なものでございます。


 次に、衛生費でございますが、76ページでございます。環境基本計画策定に係ります委員報酬などの経費10万8,130円や、亀山市と連携して不法投棄の監視を行うための機器設置などの事業経費94万6,304円などが主なものでございます。


 次に、農林水産業費では、88ページをごらんいただきたいと思いますが、森林環境を創造するための事業費など、森林保全事業に要する経費1,634万2,840円などが主なものでございます。


 次に、商工費では、92ページにございますが、街道まつりを開催する委託料、春祭り、夏祭り開催などに伴う観光協会への補助金ほか、花火大会開催に係る実行委員会への補助金650万円などの観光振興事業が主なものでございます。


 次に、土木費におきましては、94ページでございますが、関宿に温泉を掘削するための工事費に係ります前払金1,890万円などの経費が主なものでございます。


 次に、教育費につきましては、110ページでございますが、関小学校におきまして、プールサイドの改修とあわせ防球ネットの設置の経費759万6,750円を初めとしました小学校整備事業費のほか、126ページでございますが、伝統的建造物群保存地区の保存修理に係ります補助事業及び単独事業であります修景事業を合わせまして、11件の保存、修理、修景事業経費1,454万3,000円、また134ページでございますが、既存の関学校給食センターの改築整備に係ります工事費の前払金2,800万円などが主なものでございます。


 137、138ページをごらんいただきますと、歳出合計は、予算現額38億8,350万1,000円に対しまして、支出済額は23億6,889万9,752円でございます。


 続きまして、国民健康保険事業特別会計に移らせていただきます。


 まず、歳入でございますが、139、140ページをごらんいただきたいと思います。


 第1款国民健康保険税の収入済額は1億3,554万5,115円、収入未済額は5,869万7,677円で、決算時におきます調定に対する収納率は69.8%となっております。


 145、146ページをごらんいただきたいと思います。これらを含めまして、歳入合計は予算現額が5億939万6,000円、調定額が4億5,414万5,465円、収入済額は3億9,544万7,788円、収入未済額は5,869万7,677円でございます。


 次に、歳出でございますが、149、150ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款保険給付費の支出済額は2億4,841万5,034円でございます。


 155、156ページをごらんいただきますと、これらを含めました歳出合計でございますが、予算現額5億939万6,000円に対しまして、支出済額は3億7,749万8,351円でございます。


 続きまして、老人保健特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、157、158ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款支払基金交付金でございますが、医療費に対する各保険者負担分について社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございますが、収入済額は3億3,132万3,991円でございます。


 これらを含めまして、歳入合計は、159、160ページのとおり、予算現額8億3,949万7,000円、調定額、収入済額とも同額の6億207万1,559円となっております。


 次に、歳出でございますが、161、162ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款医療諸費の支出済額は5億4,229万5,216円でございます。


 次ページをごらんいただきますと、これらを含めました歳出合計は、予算現額8億3,949万7,000円に対しまして、支出済額は5億6,772万5,730円でございます。


 続きまして、公共下水道事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、165、166ページをごらんいただきたいと思います。


 第2款使用料及び手数料の収入済額は961万5,140円、収入未済額は30万6,760円で、決算時におきます調定に対する収入率は96.9%となっております。


 次ページをごらんをいただきますと、これらを含めまして、歳入合計は、予算現額3億1,460万6,000円に対しまして、調定額は1億3,188万5,149円、収入済額は1億2,393万2,477円、収入未済額は795万2,672円でございます。


 次に、歳出でございますが、171、172ページでございます。


 関町木崎・新所地内などの公共下水道整備事業に係ります経費8,461万5,299円が主なものでございます。


 これらを含めまして、歳出合計は、予算現額3億1,460万6,000円に対しまして、支出済額は1億2,383万2,741円でございます。


 次に、農業集落排水事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、173、174ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款使用料及び手数料でございますが、白木一色ほか1地区の施設使用料でございまして、収入済額は346万5,000円、収入未済額は7,350円で、決算時におきます調定に対する収入率は99.8%となっております。


 これらを含めまして、歳入合計は、次ページのとおり、予算現額6億9,652万4,000円、調定額は2億8,979万8,658円、収入済額は2億8,979万1,308円、収入未済額は7,350円でございます。


 次に、歳出でございますが、第1款事業費のうち、178から少し飛びまして182ページをごらんいただきたいと存じます。この間に、建設改良費で加太板屋、加太市場地区などでの農集排整備事業に係る経費が出ておりまして、1億8,968万2,773円が主なものでございます。


 これらを含めまして、歳出合計は、181、182ページのとおり、予算現額6億9,652万4,000円に対しまして、支出済額は1億9,919万6,378円でございます。


 最後に、宅地造成事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、183、184ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款財産収入でございますが、鷲山ハイツ、市場住宅の宅地造成分譲に係ります売払収入で、収入済額は計27区画に係る売払分1億5,994万100円、収入未済額は2,999万8,900円でございます。


 これらを含めまして、歳入合計は、予算現額3億6,271万7,000円に対しまして、調定額は2億9,960万1,814円、収入済額は2億6,960万2,914円、収入未済額は2,999万8,900円でございます。


 次に、歳出でございますが、185、186ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款事業費の市場地区宅地造成事業及び鷲山地区宅地造成事業のそれぞれ造成工事、土地建物及び用地購入費などに係る経費2億3,616万4,249円が主なものでございます。


 これらを含めまして、歳出合計は、予算現額3億6,271万7,000円に対しまして、支出済額は2億6,960万2,914円でございます。


 以上で、旧関町の一般会計及び各特別会計決算について説明を申し上げましたので、よろしくご審議をいただきたいと存じます。


 なお、一般会計、各特別会計の実質収支額は、別冊でございますが、旧関町会計別状況表2ページのとおり、各会計とも黒字決算となっております。


 また、附属書類として、別冊の会計状況表に財産に関する調書、決算審査資料を提出させていただいておりますので、ごらんいただきますようお願いをいたします。


 続きまして、議案第97号から議案第101号までの平成16年度亀山市一般会計及び各特別会計歳入歳出決算についてでございます。


 お手元の一般会計及び各特別会計歳入歳出決算書並びに決算の附属書類の一般会計歳入歳出決算事項別明細書36、37ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、一般会計の歳入でございますが、第1款市税は、調定額31億2,779万8,164円、収入済額14億875万5,741円、不納欠損額2,231万5,072円、収入未済額は16億9,672万7,351円で、調定額に対します収納率は45.0%となっております。しかし、特別土地保有税の徴収猶予額を除きました収納率は65.8%でございます。各税目ごとの収納率を申し上げますと、市民税は71.7%、固定資産税は64.5%、軽自動車税は12.2%、市たばこ税は100%、特別土地保有税は0.04%、入湯税は100%、都市計画税は65.5%となっております。


 次に、第2款地方譲与税は、所得譲与税3,900万4,000円のほか、自動車重量譲与税、地方道路譲与税を合わせ、収入済額は1億1,711万7,000円でございます。


 次に、38、39ページでございますが、第4款第1項配当割交付金の収入済額は384万3,000円でございます。


 次に、第9款地方交付税でございますが、収入済額は6億2,825万円でありますが、これは17年3月、新市に交付されました特別交付税に係るものが大半を占めております。


 次に、44、45ページでございます。第13款国庫支出金の収入済額は5億7,127万4,126円となっております。


 次に、66、67ページでございます。第19款市債でございますが、旧亀山市、旧関町で計画、実施されました事業の借り入れに係るもので、収入済額は23億6,240万円となっております。


 次のページにまいりまして、歳入合計は、予算現額89億9,228万5,000円に対しまして、調定額は103億7,505万5,954円で、収入済額は84億9,099万8,764円でございます。また、不納欠損額は2,231万5,072円でございまして、収入未済額は18億6,174万2,118円となった次第でございます。


 次に、一般会計歳出につきましても、主なものに絞らせていただいて説明をさせていただきます。


 まず、第2款総務費でございますが、78、79ページをごらんいただきたいと思います。


 放送エリアを旧関町エリアへも拡大をし、さまざまな行政情報番組の制作に係る経費966万7,550円などのケーブルテレビ情報推進費、また、82、83ページでございますが、企画費、一般管理費では旧関町50周年記念誌の発刊などの経費567万3,150円や、88、89ページにございますが、行政情報化推進費では、合併に対します新しいシステムの導入や保健福祉システムの統合など行政事務システム管理経費6,351万7,326円、また、次のページでございますが、合併に伴います総合住民情報システムの旧市町のデータ統合化を初めとします各システムの統合を図った経費2億1,953万1,702円などが主なものでございます。


 次に、第3款民生費でございますが、104ページ、105ページをごらんいただきたいと存じます。特別養護老人ホームの整備を行いました社会福祉法人に対しまして助成を行いました経費1億円を初め、116、117ページにございます福祉医療費助成事業につきましては、少子化対策、子育て支援対策としての乳幼児医療費の助成などで、合併協議に基づき旧市町におきまして実施をされました経費3,075万5,389円などが主なものでございます。


 次に、第4款衛生費でございますが、130、131ページをごらんいただきたいと思います。新市の環境施策の指針となります環境基本計画を策定し、住民に周知をされました経費827万5,050円や、その下段でございますけれども、里山、野池などの環境を再現し、環境の再生を図るための事業経費2,213万9,959円などが主なものでございます。


 次に、第6款農林水産業費でございます。148、149ページにございます。環境林として区分をされました森林について、森林の公益的機能が生まれる事業への補助といたしまして、2,088万円の支出が主なものでございます。


 次に、第7款商工費でございますが、150、151ページにございます。廃止代替バスの路線維持及び広域バス路線への補助のための地方バス運行事業経費1,790万5,879円、さわやか号や関地区巡回バス運行委託料などに係ります市バス運行事業経費1,505万5,635円、野登・白川地区自主運行バス及び事前予約制運行に係ります地域生活交通再編事業経費1,326万1,000円、また、152、153ページでございますが、関宿に温泉を掘削するため旧関町において着手されました関宿温泉整備事業に係ります経費6,951万4,290円などが主なものでございます。


 次に、第8款土木費でございますが、158、159ページをごらんいただきたいと思います。地方道路対策として進められております南北幹線道路となります和賀白川線整備のための用地取得などの経費や、太岡寺線整備事業、御幸線整備事業に係ります経費1億2,201万8,799円のほか、166、167ページにございます本町公園整備事業のバリアフリー化等も含め、市民参画のもと実施されました公園改修整備事業経費4,593万4,850円などが主なものでございます。


 次に、第10款教育費でございますが、182、183ページをごらんいただきたいと思います。平成16年度からの継続事業でございます亀山西小学校改築事業は、特別教室棟などの整備事業費7億3,156万9,032円となっております。また、190、191ページでございますが、亀山城跡整備事業は亀山城二之丸帯曲輪周辺の整備に伴います調査、基本計画、実施計画の経費2,041万6,200円、また、202、203ページでございますけれども、関宿旅籠玉屋歴史資料館に係る経費231万5,537円を初め、次のページにございます伝統的建造物群保存修景事業は、伝統的景観の保存と整備のため、18件2,226万5,000円の補助が行われておりますが、これらを含めまして、町並み保存費は2,737万8,186円となっております。また、206、207ページでございますが、老朽化のため衛生的、効率的な施設として整備が行われました関学校給食センターの改築整備事業費1億1,942万5,191円などが主なものでございます。


 216、217ページをごらんいただきますと、13款でございますが、諸支出金でございます。リニア中央新幹線の県内停車駅及び周辺の都市整備に備える積立金5,000万円を初め、財政調整基金など各基金への積立金5,715万1,170円でございます。


 歳出合計は、予算現額89億9,028万5,000円に対しまして、支出済額は77億5,471万2,605円、継続費逓次繰越額は9,039万3,968円、繰越明許費は4億3,011万4,500円、不用額は7億1,506万3,927円となっております。


 続きまして、国民健康保険事業特別会計でございます。


 まず、200、201ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款国民健康保険税の収入済額は1億4,644万3,280円、不納欠損額は564万289円、収入未済額は3億3,981万2,379円、調定額に対します収納率は29.8%となっております。


 226、227ページをごらんいただきますと、これらを含めました歳入合計でございますが、予算現額9億3,784万6,000円に対しまして、調定額は13億809万2,747円、収入済額は9億6,264万79円、不納欠損額は564万289円、収入未済額は3億3,981万2,379円となっております。


 次に、歳出でございますが、230、231ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款保険給付費の支出済額は5億7,583万1,398円でございます。


 236、237ページをごらんいただきますと、歳出の合計は、予算現額9億3,784万6,000円に対しまして、支出済額は8億3,896万9,278円、不用額は9,887万6,722円となっております。


 続きまして、老人保健事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、240、241ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款支払基金交付金は、医療費に対します保険者負担金につきまして社会保険診療報酬支払基金から交付されたものでございますが、収入済額は7億3,090万1,000円でございます。


 これらを含めまして、歳入合計は、予算現額13億6,178万6,000円に対しまして、調定額、収入済額とも同額でございまして、11億7,274万5,657円でございます。


 次に、歳出でございますが、242、243ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款医療諸費の支出済額は11億6,734万9,583円でございます。


 これらを含めまして、歳出合計は、244、245ページにございますとおり、予算現額13億6,178万6,000円に対しまして、支出済額は11億7,269万9,544円、不用額は1億8,908万6,456円となっております。


 次に、農業集落排水事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、248、249ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款使用料及び手数料は田村地区ほか6地区の施設使用料で、収入済額は1,243万8,340円、収入未済額は80万2,870円で、調定額に対します収入率は93.9%となっております。


 これらを含めまして、歳入合計は、予算現額11億5,010万円、調定額は10億1,529万7,320円、収入済額9億7,134万4,450円、収入未済額は4,395万2,870円でございます。


 次に、歳出でございますが、第1款事業費では、252ページから少し飛んでおりますが255ページにかけまして、建設改良費がございますが、両尾・安坂山地区整備事業、上加太地区など6地区の整備事業に係ります経費7億7,669万8,776円が主なものでございます。


 これらを含めまして、歳出合計は、256、257ページにございますとおり、予算現額11億5,010万円に対しまして、支出済額は9億4,346万7,357円、翌年度繰越額は9,297万5,900円で、不用額は1億1,365万6,743円となっております。


 最後に、公共下水道事業特別会計でございます。


 まず、歳入でございますが、260、261ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款使用料及び手数料は公共下水道使用料などで、収入済額は5,495万2,540円、収入未済額は157万4,680円で、調定に対します収入率は97.2%となっております。


 これらを含めまして、歳入合計は、予算現額8億2,413万円に対しまして、調定額は8億1,930万2,180円、収入済額は7億9,448万3,193円、収入未済額は2,481万8,987円でございます。


 次に、歳出でございますが、第1款事業費では、264、265ページ、本町南部処理分区などの施設整備事業に係ります経費3億9,681万8,131円などが主なものでございます。


 これらを含めまして、次のページをごらんいただきますと、歳出合計は、予算現額8億2,413万円に対しまして、支出済額は7億3,815万6,573円、翌年度繰越額が2,154万円、不用額は6,443万3,427円となっております。


 以上、簡単でございますが、平成16年度の亀山市一般会計及び各会計歳入歳出決算について説明を申し上げました。よろしくご審議をいただきたいと存じます。


 なお、一般会計、各特別会計の支出済額は、270ページから274ページのとおり、各会計とも黒字決算となっております。


 また、附属書類として、別冊の一般会計及び各特別会計決算資料を提出させていただいておりますので、ごらんをいただきたいと存じます。


○議長(森 淳之祐君)


 収入役の説明は終わりました。


 次に、水道課長に平成16年度亀山市水道事業会計決算及び平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算についての補足説明を求めます。


 西川水道課長。


○水道課長(西川省三君)(登壇)


 議案第102号平成16年度亀山市水道事業会計決算の補足説明を申し上げます。


 平成16年度亀山市水道事業会計決算書の1ページ、2ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございますが、第1款上水道事業収益の決算額は2億545万5,996円となっております。


 第1項営業収益の決算額は2億223万3,451円で、その主なものは給水収益であります。


 また、第2項営業外収益の決算額は322万2,545円で、合併に伴う電算統合化事業等の一般会計負担金、預金利息及び雑収入などでございます。


 第2款簡易水道事業収益の決算額は476万7,710円となっております。


 第1項営業収益は464万7,746円で、その大半が給水収益となっております。


 第2項営業外収益の決算額は11万9,964円で、これは一般会計負担金であります。


 一方、支出につきましては、第1款上水道事業費用の決算額は2億4,145万8,717円となっております。


 第1項営業費用の決算額は1億7,534万9,425円で、これは水道施設の維持管理などに要した経費であります。


 第2項の営業外費用の決算額は6,588万1,802円で、主として企業債利息でございます。


 第3項の特別損失の決算額は22万7,490円で、水道料金の不納欠損でございます。


 第2款簡易水道事業費用の決算額は532万1,521円で、第1項営業費用408万7,705円は施設の維持管理などに要した経費で、第2項営業外費用の115万8,936円は、主として企業債利息でございます。


 第3項特別損失の決算額は7万4,880円で、これは水道料金の不納欠損であります。


 続きまして、決算書の3ページ、4ページの資本的収入及び支出についてご説明を申し上げます。


 第1款上水道資本的収入、第1項企業債の決算額は5,000万円で、第3項工事負担金の決算額は4,383万6,024円でございます。これは、新規給水加入金及び下水道事業に伴います水道配水管の移設負担金でございます。


 第4項負担金の決算額は1,150万3,175円で、消火栓設置負担金及び合併に伴う電算統合化費用に係る一般会計負担金でございます。


 次に、第2款簡易水道資本的収入の決算額は814万650円で、農業集落排水事業に伴います水道配水管の移設工事負担金となっております。


 支出についてでございますが、第1款上水道資本的支出、第1項建設改良費の決算額は2億1,824万7,249円で、下水道事業に伴います配水管改良工事などの実施によるものでございます。


 第2項企業債償還金の決算額は6,408万8,890円となっております。


 第2款簡易水道資本的支出の決算額は158万3,954円で、固定資産購入費と企業債償還金であります。


 続きまして、5ページの平成16年度亀山市水道事業損益計算書についてご説明申し上げます。


 営業収益から営業費用を差し引いた営業利益は2,053万6,283円となっております。また、営業外収支が6,415万8,109円の費用超過となっておりますことから、経常損失は4,362万1,826円となっております。また、特別損失が28万7,972円発生いたしておりますので、当年度は純損失4,390万9,798円となりました。なお、経常損失に陥りました要因といたしましては、合併により経理期間が短縮されたことにより、一部経費について費用化が本経理期間に繰り越されたことが収支に大きく影響したものでございます。


 続きまして、6ページ、7ページの平成16年度亀山市水道事業剰余金計算書についてご説明申し上げます。


 まず、利益剰余金の部につきましては、?の減債積立金が1,097万6,311円、?の未処分利益剰余金は、前年度未処分利益剰余金が1億2,013万1,986円となっております。当経理期間に純損失が4,390万9,798円生じましたことから、当年度未処分利益剰余金は7,622万2,188円となっております。


 7ページの資本剰余金の部におきましては、?の工事負担金及び?のその他資本剰余金において、当年度発生額が合計6,045万7,024円となり、翌年度繰越資本剰余金は58億9,888万1,071円となっております。


 続きまして、平成16年度亀山市水道事業剰余金処分計算書についてご説明申し上げます。


 当年度未処分利益剰余金は7,622万2,188円で、減債積立金に700万円を積み立て、6,922万2,188円を翌年度繰越利益剰余金といたしております。


 次に、平成16年度亀山市水道事業貸借対照表についてご説明申し上げます。


 まず、資産の部ですが、固定資産合計額は、有形固定資産と無形固定資産を合わせました100億8,859万4,106円となっております。これらの明細につきましては、決算書27ページ、28ページに記載いたしております。2の流動資産は、現金預金、未収金、貯蔵品、前払費用及びその他流動資産を合計いたしました10億9,538万8,806円であります。また、3の繰延勘定につきましては、開発費で38万円の償却を行っております。


 以上、資産合計といたしましては、111億8,694万6,912円となります。


 一方、負債の部につきましては、4の固定負債が合計9,225万6,498円で、5の流動負債は未払金、前受金及びその他流動負債の合計額が2億8,810万5,313円ですので、負債合計額といたしましては3億8,036万1,811円となっております。


 次に、資本の部における資本金合計額は、自己資本金と企業債であります借入資本金等合計いたしました48億2,050万5,531円でございます。なお、企業債の明細につきましては、決算書の29ページから34ページに記載いたしております。また、剰余金合計額は、資本剰余金と利益剰余金とを合わせまして59億8,607万9,570円でありますので、資本合計額といたしましては108億658万5,101円となります。


 したがいまして、負債と資本の合計額は111億8,694万6,912円となり、前8ページの資産合計額と合致いたしております。


 以上、簡単ではございますが、議案第102号平成16年度亀山市水道事業会計決算の補足説明でございます。


 説明は省略させていただきました決算書10ページ以降の附属書類もあわせてご審議賜りますようお願いいたします。


 引き続きまして、議案第103号平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算についての補足説明を申し上げます。


 平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算書の1ページ、2ページをごらんください。


 まず、収益的収入及び支出でございますが、第1款工業用水道事業収益の決算額は2,642万7,642円となっております。


 第1項営業収益の決算額は1,247万4,000円で、これは給水収益であります。


 第2項の営業外収益の決算額は1,395万3,642円で、消費税還付金及び預金利息でございます。


 次に、支出については、第1款工業用水道事業費用の決算額は815万8,317円となっております。


 第1項の営業費用の決算額は458万1,440円で、これは施設の維持管理など事業の運営に要した経費であります。


 第2項の営業外費用の決算額は357万6,877円で、支払利息でございます。


 続きまして、決算書3ページ、4ページをごらんください。


 資本的収入及び支出についてですが、第1款資本的収入の決算額は2億770万円で、企業債借り入れによるものでございます。


 第1款資本的支出、第1項建設改良費の決算額は3億371万5,650円で、主なものは工事請負費となっております。


 決算書5ページの平成16年度亀山市工業用水道事業損益計算書をごらんください。


 営業収益から営業費用を差し引きました営業利益は738万2,896円となっております。また、営業外収支が357万6,221円の費用超過となっておりますことから、経常収支は380万6,675円となりました。また、特別利益及び特別損失はいずれもゼロでありますことから、当年度純利益は経常利益と同額の380万6,675円となっております。この結果、前年度繰越利益剰余金2,255万7,542円に当年度純利益を加えました当年度未処分利益剰余金は2,636万4,217円となりました。


 続きまして、6ページの平成16年度亀山市工業用水道事業剰余金計算書をごらんいただきますようお願いいたします。


 まず、利益剰余金の部につきましては、?の減債積立金の当年度末残高が200万円で、?の未処分利益剰余金は、繰越利益剰余金年度末残高が2,255万7,542円となっております。したがいまして、当年度純利益が380万6,675円ですので、当年度未処分利益剰余金は2,636万4,217円となっております。


 7ページの資本剰余金の部につきましては、いずれも当年度発生額、処分額はゼロとなっておりますことから、翌年度繰越資本剰余金は1,286万96円となっております。


 続きまして、平成16年度亀山市工業用水道事業剰余金処分計算書についてご説明申し上げます。


 当年度未処分利益剰余金は2,636万4,217円で、200万円を減債積立金とし、翌年度繰越利益剰余金を2,436万4,217円といたしております。


 次に、8ページの平成16年度亀山市工業用水道事業貸借対照表についてご説明申し上げます。


 まず、資産の部でございますが、1の固定資産につきましては、有形固定資産が7億1,821万4,115円で、無形固定資産はゼロとなっております。固定資産の明細につきましては、決算書17ページから18ページに記載いたしております。


 続きまして、2の流動資産につきましては現金預金と未収金及びその他流動資産を合わせました3億5,556万1,195円でございます。


 以上、資産合計額といたしましては、10億7,377万5,310円となっております。


 一方、負債の部でございますが、3の固定負債は退職給与引当金が86万2,000円で、4の流動負債といたしましては、未払金及びその他流動負債の合計が3億408万8,997円となっておりますことから、負債合計額は3億495万997円となっております。


 続きまして、資本の部でございますが、5の資本金につきましては、自己資本金はゼロで、企業債及び他会計長期借入金であります借入資本金が7億2,760万円となっておりますことから、資本金合計額も同金額の7億2,760万円となっております。なお、企業債等の借入資本金の明細につきましては、決算書の17ページから18ページに記載いたしております。


 6の剰余金につきましては、工事負担金など資本剰余金合計額といたしましては、前経理期間末と同額の1,286万96円となっております。また、利益剰余金につきましては、減債積立金が200万円、当年度未処分利益剰余金が2,636万4,217円となっております。


 以上、剰余金合計額は4,122万4,313円となり、資本合計額といたしましては7億6,882万4,313円でございます。


 したがいまして、負債と資本の合計額は10億7,377万5,310円となり、前8ページの資産合計額と一致いたしております。


 簡単ではございますが、以上が、議案第103号平成16年度亀山市工業用水道事業会計決算の補足説明でございます。


 決算書10ページ以降の附属書類につきましてはご説明を省略させていただきましたが、あわせてご審議賜りますようお願いいたします。


○議長(森 淳之祐君)


 まだ補足説明は残っておりますが、ここで10分間休憩いたします。


               (午後 2時00分 休憩)


       ───────────────────────────────


               (午後 2時15分 再開)


○議長(森 淳之祐君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、医療センター事務局長に平成16年度亀山市病院事業会計決算についての補足説明を求めます。


 櫻井医療センター事務局長。


○医療センター事務局長(櫻井光乘君)(登壇)


 それでは、議案第104号平成16年度亀山市病院事業会計決算につきまして補足説明を申し上げます。


 平成16年度亀山市病院事業会計決算書の1ページ、2ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出の収入、第1款病院事業収益決算額は4億7,104万8,649円で、その内訳は、第1項の入院外来等の医業収益決算額4億3,708万5,834円と、第2項の他会計負担金等の医業外収益決算額3,396万2,815円となっております。


 続きまして、支出、第1款病院事業費用決算額は4億1,572万8,505円で、その内訳は第1項給与、材料、施設維持管理経費等の医業費用決算額3億8,690万1,635円と、第2項の企業債支払利息等の医業外費用決算額2,882万260円、第3項の過年度損益修正損等の特別損失決算額6,610円となっております。


 次に、3ページ、4ページの資本的収入及び支出についてご説明申し上げます。


 まず、収入、第1款資本的収入決算額は1,037万9,348円となっており、全額が第1項の出資金で、企業債償還金に対する他会計出資金となっております。


 続きまして、支出の第1款資本的支出決算額は2,228万3,266円で、その内訳は、第1項の機械備品等の購入による建設改良費決算額635万4,243円と、第2項の企業債償還金決算額1,556万9,023円、第3項の看護師等の就学資金貸付金の投資決算額36万円となっております。


 次に、5ページの平成16年度亀山市病院事業損益計算書についてご説明申し上げます。


 医業収益は4億3,669万8,000円で、医業費用3億8,291万8,165円を差し引きました医業収支は5,377万9,835円の利益となり、一方、医業外収益は3,383万9,625円で、医業外費用が3,240万7,407円でございますので、医業外収支につきましても143万2,218円の利益となっております。


 したがいまして、医業利益と医業外利益を合算いたしますと5,521万2,053円の経常利益となり、そこから特別損失の6,610円を差し引きますと、当年度純利益は5,520万5,443円となり、前年度の繰越利益剰余金4,329万7,957円を加えました9,850万3,400円が当年度未処分利益剰余金となっております。


 続きまして、6ページの平成16年度亀山市病院事業剰余金計算書についてご説明申し上げます。


 利益剰余金の部の減債積立金は、前年度末残高855万9,575円から当年度取り崩し処分額518万9,675円を差し引きますと、当年度末残高は336万9,900円となっております。


 次に、未処分利益剰余金につきましては、前年度未処分利益剰余金4,329万7,957円に当年度純利益5,520万5,443円を加えました9,850万3,400円が当年度未処分利益剰余金となっております。


 続きまして、資本剰余金の部の補助金は、前年度末残高が2,252万2,000円で、平成16年度発生及び処分がございませんでしたので、全額が翌年度繰越資本剰余金となっております。


 次に、平成16年度亀山市病院事業剰余金処分計算書についてご説明申し上げます。


 当年度未処分利益剰余金は9,850万3,400円で、減債積立金として2,361万7,258円を処分いたしましたので、翌年度繰越利益剰余金は7,488万6,142円となっております。


 最後になりましたが、7ページ、8ページの平成16年度亀山市病院事業貸借対照表についてご説明申し上げます。


 まず、資産の部でございますが、固定資産は土地、建物等の有形固定資産と電話加入権の無形固定資産及び長期貸付金の投資で、合わせまして28億4,648万8,619円で、流動資産は現金・預金、未収金、薬品・診療材料等の貯蔵品、前払金、その他流動資産で、合計13億478万267円となっており、固定資産、流動資産に4条予算の建設改良費に係る控除対象外消費税額の繰延勘定合計686万3,513円を合わせました資産合計が41億5,813万2,399円となっております。


 続きまして、8ページの負債の部でございますが、固定負債は退職給与引当金と修繕引当金を合わせた1,388万6,139円で、流動負債は未払金及びその他流動負債を合わせた1億2,073万4,801円で、負債の合計といたしましては1億3,462万940円となっております。


 次に、資本の部でございますが、資本金は自己資本金と企業債による借入資本金を合わせた38億9,911万6,159円となっており、7の剰余金は6ページでご説明申し上げました利益剰余金と資本剰余金を合わせた1億2,439万5,300円で、資本の合計は40億2,351万1,459円となっております。


 したがいまして、負債と資本の合計額は41億5,813万2,399円となり、7ページの資産の合計額と合致するわけでございます。


 以上で、議案第104号平成16年度亀山市病院事業会計決算の補足説明とさせていただきます。


 なお、9ページ以降の附属書類もあわせまして、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森 淳之祐君)


 医療センター事務局長の補足説明は終わりました。


 次に、市民サービス課長に平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算についての補足説明を求めます。


 木崎市民サービス課長。


○市民サービス課長(木崎辰雄君)(登壇)


 それでは、議案第105号平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の補足説明を申し上げます。


 決算書の2ページ、3ページをごらんください。


 まず、収益的収入及び支出でございますが、まず収入につきましては、第1款事業収益の決算額は3,900万9,277円となっております。


 第1項の営業収益の決算額は3,755万341円で、この主なものは宿舎等の利用収益であります。


 また、第2項営業外収益の決算額は145万8,936円で、これは預金利息とテナント業者からの賃貸料等の雑収益でございます。


 続きまして、支出につきましては、第1款の事業費用の決算額は4,340万9,285円となっております。


 第1項の営業費用の決算額は4,254万6,485円で、これは宿舎事業の運営に要した経費であります。


 第2項の営業外費用の決算額は86万2,800円で、これが消費税でございます。


 続きまして、決算書の4ページ、5ページの資本的収入及び支出についてご説明申し上げます。


 まず、資本的収入はゼロでございます。


 次に、資本的支出でございますが、第1款資本的支出の決算額は69万500円となっております。その内訳であります第1項の建設改良費の決算額は69万500円で、これは道の駅、関宿、地域振興施設等の排水を公共下水道に接続するための排水設備工事の実施によるものでございます。


 続きまして、決算書6ページの平成16年度亀山市国民宿舎事業損益計算書につきまして、これにつきましては7ページの宿舎事業と8ページの道の駅事業を合わせまして、平成17年1月11日から平成17年3月31日までの期間における損益を記載したものでございます。


 それでは、まず7ページの宿舎事業の損益計算につきましてご説明申し上げます。


 1の営業収益につきましては、利用収益が2,997万9,376円、売店収益が145万3,324円、宴会等による特別料理及び配膳料などのその他営業収益が166万2,740円で、合計3,309万5,440円となっております。


 これに対しまして、2の営業費用は、宿舎経営費が3,484万9,477円、減価償却費が355万3,539円、資産減耗費が15万2,822円で、合計3,855万5,838円となっております。


 営業収益から営業費用を差し引きました営業収支は、546万398円の損失となっております。


 次に、営業外収益は、受取利息及び配当金が169円、賃貸料の雑収入が12万9,899円で、合計13万68円でございます。


 また、これに対します営業外費用はゼロとなっております。


 したがいまして、営業外収益から営業外費用を差し引きました営業外収支は13万68円の利益となり、営業損失546万398円を差し引きいたしますと、533万330円の経常損失となっております。


 この結果、当年度未処理欠損金は、当年度純損失533万330円と前年度繰越欠損金1,702万2,537円を合わせました2,235万2,867円となりました。


 続きまして、8ページの道の駅事業の損益につきましてご説明申し上げます。


 1の営業収益につきましては、道の駅営業収益が266万6,890円でございます。


 2の営業費用は道の駅経営費339万1,512円でございます。


 したがいまして、営業収益から営業費用を差し引きました営業収支は、72万4,622円の損失となっております。


 次に、3の営業外収益は、テナント業者からの賃貸料等の道の駅営業外収益125万9,410円でございます。


 また、これに対します営業外費用はゼロでございます。


 したがいまして、営業外収益から営業外費用を差し引きました営業外収支は125万9,410円の利益となり、営業損失72万4,622円を差し引きいたしますと、53万4,788円の経常利益となっております。


 この結果、当年度未処理利益剰余金は、当年度純利益53万4,788円と前年度繰越利益剰余金1,198万4,973円を合わせました1,251万9,761円となっております。


 これら宿舎事業と道の駅事業を合わせました事業損益は6ページに記載いたしておりますので、ごらんいただきたいと存じます。


 続きまして、9ページの平成16年度亀山市国民宿舎事業剰余金計算書につきましてご説明申し上げます。


 まず、利益剰余金の部につきましては、?の建設改良積立金の前年度末残高8,002万4,736円に繰り入れ及び処分がございませんでしたので、8,002万4,736円がそのまま積立金の合計となっております。


 次に、?の欠損金でございますが、(1)前年度未処理欠損金503万7,564円と、(3)当年度純損失479万5,542円を合わせました983万3,106円が当年度未処理欠損金となっております。


 次に、資本剰余金の部につきましては、?受贈財産評価額9,954万4,170円と、?他会計補助金1,877万1,000円、ともに前年度末残高と変わりなく、これらを合わせました1億1,831万5,170円が翌年度繰越資本剰余金となっております。


 次に、平成16年度亀山市国民宿舎事業欠損金処理計算書につきましては、1の当年度未処理欠損金983万3,106円がそのまま3の翌年度繰越欠損金となっております。


 続きまして、10ページの平成16年度亀山市国民宿舎事業貸借対照表でございますが、平成17年3月31日現在、資産、負債、資本の状況を記載いたしたものでございます。


 まず、資産の部、1の固定資産でございますが、有形固定資産合計は3億3,915万5,333円で、その内訳といたしましては、土地が2,395万8,970円、建物が2億4,654万5,546円、建物附属設備3,943万2,500円、機械及び装置358万9,280円、構築物354万6,429円、車両運搬具663万681円、器具及び備品1,545万1,927円となっております。


 次に、無形固定資産は電話加入権で8万3,902円となっております。


 次に、投資は関魚青物市場の投資有価証券11万2,000円となっており、これらを合わせました固定資産合計は3億3,935万1,235円となっております。


 次に、2の流動資産は、現金預金が7,544万6,326円、未収金405万2,447円、貯蔵品408万6,524円、短期貸付金5万7,200円、その他流動資産は百五銀行との間で交付金の出納事務並びに預金の取扱事務に関して契約を締結し、その担保として100万円の債権を受けております。これら流動資産合計は8,464万2,497円となっております。


 これらの資産合計といたしましては、4億2,399万3,732円となっております。


 次に、11ページの負債の部でございますが、3の流動負債は未払金915万9,504円、前受金9万290円、社会保険料等のその他の流動負債676万4,681円となっております。流動負債合計及び負債合計は、ともに1,601万4,475円となっております。


 最後に、資本の部でございますが、4の資本金は自己資本金の2億1,947万2,457円となっております。


 次に、5の剰余金につきましては、資本剰余金のうち、受贈財産評価額9,954万4,170円と他会計補助金1,877万1,000円と合わせました1億1,831万5,170円が資本剰余金の合計となっております。


 利益剰余金につきましては、建設改良積立金8,002万4,736円から当年度未処理欠損金983万3,106円を差し引きしました7,019万1,630円が利益剰余金の合計となっております。これらを合わせました剰余金合計は1億8,850万6,800円となっております。


 したがいまして、資本合計は4億797万9,257円となっております。


 以上、負債と資本の合計といたしましては、4億2,399万3,732円となり、10ページの資産合計と合致いたしております。


 簡単ではございますが、以上が議案第105号平成16年度亀山市国民宿舎事業会計決算の補足説明でございます。


 決算書の12ページ以降の附属書類につきましては説明を省略させていただきますが、あわせてご審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(森 淳之祐君)


 市民サービス課長の補足説明は終わりました。


 以上で、上程各案に対する提案説明は終わりました。


 次に、お諮りいたします。


 本日の会議はこの程度にとどめたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定いたしました。


 続いて、お諮りいたします。


 明6日から15日までの10日間は、議案精査のため休会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、明6日から15日までの10日間は休会することに決しました。


 次の会議は16日午前10時から開き、上程各案に対する質疑を行います。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。


               (午後 2時38分 散会)