議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 亀山市

平成17年 3月定例会(第6日 3月30日)




平成17年 3月定例会(第6日 3月30日)





 
 平成17年3月30日(水)午後2時 開議


第  1 議案第42号 平成17年度亀山市一般会計予算について


第  2 議案第43号 平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について


第  3 議案第44号 平成17年度亀山市老人保健事業特別会計予算について


第  4 議案第45号 平成17年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について


第  5 議案第46号 平成17年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について


第  6 議案第47号 平成17年度亀山市水道事業会計予算について


第  7 議案第48号 平成17年度亀山市工業用水道事業会計予算について


第  8 議案第49号 平成17年度亀山市病院事業会計予算について


第  9 議案第50号 平成17年度亀山市国民宿舎事業会計予算について


第 10 議案第21号 亀山市表彰条例の制定について


第 11 議案第22号 政治倫理の確立のための亀山市長の資産等の公開に関する条例


            の制定について


第 12 議案第23号 亀山市子育て支援センター条例の制定について


第 13 議案第24号 亀山市心身障害児童福祉手当支給条例の制定について


第 14 議案第25号 亀山市重度心身障害者介助者手当支給条例の制定について


第 15 議案第26号 亀山市国民健康保険税条例の制定について


第 16 議案第27号 亀山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正につい


            て


第 17 議案第28号 亀山市手数料条例の一部改正について


第 18 議案第29号 亀山市文化財保護条例の一部改正について


第 19 議案第30号 亀山市伝統的建造物群保存地区保存条例の一部改正について


第 20 議案第31号 亀山市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


第 21 議案第32号 亀山市農業集落排水処理施設条例の一部改正について


第 22 議案第33号 平成16年度亀山市一般会計予算について


第 23 議案第34号 平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について


第 24 議案第35号 平成16年度亀山市老人保健事業特別会計予算について


第 25 議案第36号 平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について


第 26 議案第37号 平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について


第 27 議案第38号 平成16年度亀山市水道事業会計予算について


第 28 議案第39号 平成16年度亀山市工業用水道事業会計予算について


第 29 議案第40号 平成16年度亀山市病院事業会計予算について


第 30 議案第41号 平成16年度亀山市国民宿舎事業会計予算について


第 31 議案第51号 市道路線の廃止について


第 32 議案第52号 市道路線の認定について


第 33 議案第53号 市道路線の変更について


第 34 請願の審査報告


第 35 議員提出議案第5号 市長専決処分事項の指定について


  ──────────────────────────────────────


〇本日の会議に付した事件


 議事日程のとおり


  ──────────────────────────────────────


〇出席議員(31名)


  1番   伊 藤 彦太郎 君     2番   加 藤 正 信 君


  3番   前 田 耕 一 君     4番   中 村 嘉 孝 君


  6番   宮 崎 勝 郎 君     7番   片 岡 武 男 君


  8番   宮 村 和 典 君     9番   前 田   稔 君


 10番   服 部 孝 規 君    11番   小 坂 直 親 君


 12番   増 亦   肇 君    13番   杉 本 巳 範 君


 14番   松 上   孝 君    15番   宮 ? 伸 夫 君


 16番   竹 井 道 男 君    17番   中 川 賢 一 君


 18番   池 田 依 子 君    19番   小 川 久 子 君


 20番   大 井 捷 夫 君    21番   豊 田 勝 行 君


 22番   橋 本 孝 一 君    23番   水 野 雪 男 君


 24番   葛 西   豊 君    25番   打 田 孝 夫 君


 26番   打 田 儀 一 君    27番   櫻 井 清 蔵 君


 28番   山 川 秋 雄 君    29番   国 分   修 君


 30番   桜 井   勉 君    31番   森   淳之祐 君


 32番   矢 野 英 直 君


  ──────────────────────────────────────


〇欠席議員(1名)


  5番   坊 野 洋 昭 君


  ──────────────────────────────────────


〇会議に出席した説明員氏名


 市長              田 中 亮 太 君


 助役              小 坂 勝 宏 君


 収入役             草 川   徹 君


 企画課長            匹 田   哲 君


 企画課企画監          古 川 鉄 也 君


 総務課長            石 山 覚 紀 君


 総務課防災対策監        草 川 義 照 君


 財務課長            浦 野 徳 輝 君


 税務課長            笠 井   博 君


 税務課副参事          川 戸 正 則 君


 市民課長            服 部 雄 二 君


 市民課副参事          最 所 一 子 君


 生活環境課長          木 下 弘 志 君


 生活環境課副参事        国 分   純 君


 保健福祉課長          橋 爪 斉 昭 君


 保健福祉課副参事        田 中 一 正 君


 保健福祉課副参事        小 林 一 路 君


 商工農林課長          別 府 一 夫 君


 商工農林課副参事        多 田 照 和 君


 商工農林課副参事        桜 井 紀 久 君


 建設課長            水 野   博 君


 建設課副参事          浜 口 伸 介 君


 建設課副参事          川 瀬 行 雄 君


 建築指導課長          一 見   敏 君


 下水道課長           水 野 義 弘 君


 市民サービス課長        木 崎 辰 雄 君


 市民サービス課副参事      櫻 井 光 乘 君


 医療センター事務局長      松 田   守 君


 会計課長            青 木 七 重 君


 消防本部消防長         米 田   功 君


 消防総務課長          竹 中 壽 徳 君


 水道課長            西 川 省 三 君


 教育委員会委員長        横 山 瑳江子 君


 教育長             伊 東 靖 男 君


 教育総務課長          村 田 敏 彦 君


 学校教育課長          高 橋   均 君


 社会教育課長          木 下 喜代子 君


 図書館長            安 藤 利 幸 君


 歴史博物館長          駒 田 清 美 君


 監査委員            加 藤   隆 君


 監査委員事務局長        西 川 幸 夫 君


 選挙管理委員会事務局長     桜 井 康 次 君


  ──────────────────────────────────────


〇事務局職員


 事務局長               主幹(兼)議事調査係長


           山 ? 裕 康           城   隆 郎


 議事調査係書記   松 永 篤 人


  ──────────────────────────────────────


〇会議の次第


               (午後 2時00分 開議)


○議長(森 淳之祐君)


 本日の会議の前に、去る3月19日にご逝去されました辻村博史元議員に対し、心から弔意を表しますとともに、ご冥福をお祈りするため、議席に生花をささげたいと存じます。全員のご起立をお願いいたします。


                   (総員起立)


                   (職員献花)


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、黙祷を行います。


                   (総員黙祷)


○議長(森 淳之祐君)


 黙祷を終わります。ご着席ください。


                   (総員着席)


○議長(森 淳之祐君)


 この際、追悼の意を表するため、山川秋雄議員より発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 28番 山川秋雄議員。


○28番(山川秋雄君)(登壇)


 去る3月19日、逝去されました故辻村博史議員の急逝を悼み、深く哀悼の意を表したいと存じます。


 きょうここに、平成17年3月定例会の最終日に当たり、いま一人33番議席にありし日の容姿とけいがいに接することもできず、議員一同、惜別の情を禁じ得ないところでございますとともに、まことに痛惜の念にたえません。よってここに、私は皆さんのご同意を得、議員一同を代表して、謹んで哀悼の意の言葉を述べたいと存じます。


 あなたは、旧関町木崎町に生まれ、実業である銭湯の傍ら、雑貨店を営んでおられましたが、天性の野心家であり、行動力に満ちたあなたは、中町に転居されるや、小萬屋電化センターを開店され、家業の繁栄をなし遂げられました。また、若き日のあなたは、明朗闊達で衆望厚く、常にリーダーとして周囲の者を引っ張っていく指導力には殊のほかすぐれておられました。その卓越した経営手腕と指導力とすぐれた資質は高い人望と相まって、地域住民はもとより、広く住民の支持を得るところとなり、昭和49年に旧関町議会議員選挙において初当選の栄に輝かれ、以来8期27年10ヵ月の長きにわたり、町政の推進に参画されていたのであります。この間、公営企業運営、地域開発の各特別委員長を初め、議会運営委員会委員長、監査委員、副議長等要職を歴任された後、昭和60年に旧関町議会第30代議長に選出され、以後4たび議長に就任されるなど、これら数えるに枚挙にいとまもなく、常にあなたは生活基盤の整備をライフワークとして献身的な努力に継承されてまいりました。ここに、あなたが生涯27年に余る幾多の功績は、必ずや後世にその名をとどめておかれるものと信じてやまないものであります。


 責任感の強いあなたは、新亀山市になっても、もうあそこの側溝は完成するのや、あの道路の舗装は完成するだろうなあと気にしてみえましたね。そして、周辺が取り残されないように見守らなければと言ってみえました。これからあなたの行動力、機動力を発揮していただけるものとご期待申し上げていたところでありましたのに、残念でなりません。私たちはあなたのご遺志に対し、新亀山市が周辺地域まで気配りされた新市となるよう、精いっぱい頑張ることをここにお誓い申し上げます。


 今定例会の開会日には元気な姿を見せていただいたことでありましたのに、14日に体調不良を訴えられ、以後、本会議であなたの姿を見ることができず気がかりでありましたところ、日を追って病魔に侵食されること、ご家族の手厚い日夜にわたる看護とその薬石に効もなく、議員としての大成を嘱望されていた身をもって、ついに不帰の客となられましたことは、返す返すの痛惜にたえません。辻村博史先輩、いろいろとありがとうございました。


 そして77年間、お疲れさまでした。あなたのありし日の面影をしのび、生前のご功績をたたえ、ひたすら泉下の安らぎと、ご遺族並びに新亀山市の前途に限りないご加護を賜りますことを特にお願い申し上げまして、追悼の言葉とさせていただきます。


○議長(森 淳之祐君)


 ただいまから、辻村博史議員の氏名標を議場よりお送りいたします。ご起立をお願いいたします。


                   (総員起立)


               (職員 生花・氏名標を送る)


○議長(森 淳之祐君)


 どうぞご着席ください。


                   (総員着席)


○議長(森 淳之祐君)


 これより本日の会議を開きます。


 なお、原田工事検査官は公務のため、本日は欠席する旨の通知に接しておりますので、ご了承を願います。


 本日の議事につきましては、お手元に配付の議事日程(第6号)により、取り進めます。


 それでは、去る14日の本会議におきまして、予算特別委員会にその審査を付託いたしました日程第1、議案第42号から日程第9、議案第50号までの平成17年度各会計予算についての9件を一括議題といたします。


 予算特別委員会委員長から提出の審査報告書は、印刷の上、お手元に配付いたしてありますので、朗読は省略し、直ちに委員長から委員会における審査の経過並びに結果について報告を求めます。











                予算特別委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第42号 平成17年度亀山市一般会計予算について             原案可決


 議案第43号 平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について     原案可決


 議案第44号 平成17年度亀山市老人保健事業特別会計予算について       原案可決


 議案第45号 平成17年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について     原案可決


 議案第46号 平成17年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について      原案可決


 議案第47号 平成17年度亀山市水道事業会計予算について           原案可決


 議案第48号 平成17年度亀山市工業用水道事業会計予算について        原案可決


 議案第49号 平成17年度亀山市病院事業会計予算について           原案可決


 議案第50号 平成17年度亀山市国民宿舎事業会計予算について         原案可決





 平成17年3月28日





                      予算特別委員会委員長 桜 井   勉





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様











○議長(森 淳之祐君)


 桜井 勉予算特別委員会委員長。


○30番(桜井 勉君)(登壇)


 ただいまから、予算特別委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。


 当委員会は、去る14日の本会議で付託のありました議案第42号から議案第50号に至る、平成17年度各会計予算の審査に当たるため、25日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 最初に、正副委員長の互選を行い、委員長に不肖私が、副委員長に打田孝夫委員が、それぞれ選出された後、審査に入り、各担当課長から所管の費目について説明を受け、質疑に入りました。


 また、28日にも委員会を開催し、延べ2日間にわたり、慎重に審査を行いました。


 その結果、議案第42号平成17年度亀山市一般会計予算について、議案第43号平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算についての2議案につきましては、それぞれ賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第44号平成17年度亀山市老人保健事業特別会計予算について、議案第45号平成17年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について、議案第46号平成17年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について、議案第47号平成17年度亀山市水道事業会計予算について、議案第48号平成17年度亀山市工業用水道事業会計予算について、議案第49号平成17年度亀山市病院事業会計予算について、議案第50号平成17年度亀山市国民宿舎事業会計予算についての7議案については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。


 なお、委員会で出されました意見として、一つ、一般会計予算については、骨格型の位置づけであるが、委員会で出された意見を十分尊重し、効果的に執行されたい。一つ、合併に伴う調整事項については速やかに一体化を図るとともに、その指針となる条規の整備を早急に行われたい。一つ、議案審議には十分な資料を提出し、さらに議論を深めることができるよう配慮願いたいとの3点を申し添えたところであります。


 以上、予算特別委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 予算特別委員会委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。


 議案第42号から議案第50号までの9件について、討論はございませんか。


 19番 小川久子議員。


○19番(小川久子君)(登壇)


 日本共産党議員団を代表して、議案第42号平成17年度亀山市一般会計予算及び議案第43号平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について、反対の立場で討論します。


 まず、一般会計予算です。今小泉政権により、国民に総額7兆円に及ぶ大増税、負担増が押しつけられようとしており、新聞各紙も「老いも若きも負担増」などと、厳しい論調で報じています。


 先日成立した国の新年度予算にも、国民生活の隅々まで新たな負担増が盛り込まれています。主なものを挙げれば、定率減税の半減、年金保険料の毎年の値上げ、高齢者の住民税の非課税限度額廃止、介護施設の居住費や食費の自己負担導入などです。亀山市の予算を考え論ずるとき、こうした負担増を避けて通ることはできません。なぜなら、地方自治体はこうした悪政の防波堤としての役割があるからです。


 こうした中で、編成された亀山市の新年度予算は、幼稚園、小・中学校の耐震化補強事業や西小学校改築事業、さらに合併効果と言われる乳幼児医療費助成の就学前までの拡大など、評価できるものも幾つか含まれています。しかし、その一方で、問題のある大企業向けや国・県の進める事業への予算も含まれています。例えば産業振興条例の目的に沿った効果が雇用の面でも市の産業振興の面でも疑問視されるシャープへの12億円の奨励金や、アパートの無秩序な乱立を後押しする民間賃貸住宅建設への奨励金、また建設の見通しが全くないリニア中央新幹線駅誘致のために、現在9億円ある基金を、さらに5,000万円積み増しすること、さらに費用対効果の面で効果が全く疑問な住基ネット予算など、評価できない予算が少なからずあります。また、自立を妨げる部落解放同盟関支部への補助金、さらに効果が疑問視される消費生活センター設置のための広域連合負担金や指定ごみ袋の導入事業など、問題点が指摘された予算も幾つかあります。その上、合併を急いだために十分な調整ができず、両市町の制度をそのまま予算計上したものが結構たくさんありまして、余分な支出となっております。


 今、市民の暮らしや営業は、あらゆる面で厳しいものとなっています。今こそ、自治体がその防波堤の役割を果たすべきときです。ところが、シャープなど大企業には多額の奨励金を交付しながら、これまで亀山市を支えてきた地元商店や中小企業への支援策はほとんどありません。また、市民が切実に求める市営住宅の建設に対しては、全く取り組む姿勢がありません。さらに、教育の問題も深刻です。予算と人の思い切った配分が切実に求められているのに、国が緊急雇用対策事業を打ち切れば現場の評価が高い事業でも縮小・削減する、さらに30人学級についても、県が学級編制を認めないのであれば、他市で実施しているような市独自での非常勤講師の配置で少人数授業などを充実させることもできるのに、やろうとはしておりません。見通しのないリニアへの5,000万円もの積み増しをやめれば十分に実現できます。将来のためと言うのであれば、教育にこそ投資すべきです。


 さらに、次から次へと負担のふえる高齢者や低所得者に対する支援策も全く不十分です。今市民が求めているのは、暮らしを支え、福祉や教育を充実させるための予算ではないでしょうか。小泉内閣による国民にのみ痛みを押しつける悪政が進められる中、市民生活を守るという自治体の役割がますます大きくなってきています。こうした立場から予算を見れば、市民生活を守り、教育・福祉を充実させるための予算が十分に組まれているとは言えず、この議案には反対するものです。


 次に国民健康保険事業特別会計予算です。今議会に、国民健康保険税条例が提案され、平準化することで7割・5割・2割の軽減が適用になり、多くの世帯で保険税が引き下げられることは評価できます。しかし、こうした措置をとっても、高くて払えないと言われる国保税の高い水準には変わりはありません。今必要なことは、払いたくても払えない人をなくすために、積み立てた基金約4億円を使って国保税の引き下げを図ることです。払えないという現実は、多額の滞納額となってあらわれています。こうした滞納を少しでもなくすためにも、引き下げが必要ではないでしょうか。


 国保制度は、機会あるごとに取り上げているように、仕組みそのものにこうした事態を招く要因があります。国民皆保険制度のもとで、国保世帯の多くが低額な年金所得者であることや、リストラなど職をなくした人たちの受け皿となっていることなど、もともと国や自治体の財政支援なしでは成り立たなくなっています。私たちは、国がみずから負担すべき財政負担を減らしたことが最も大きな責任だと考えていますが、市も基金や一般会計からの繰り入れをふやすなどの措置をとるべきだと考えます。そうした措置がとられず、国保税が高い水準のままになっているこの予算には反対するものです。議員各位のご賛同を求め、討論とします。


○議長(森 淳之祐君)


 ほかに討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、ただいま討論のありました2件の議案のうち、議案第42号平成17年度亀山市一般会計予算について、起立採決をいたします。


 本案について、委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものとしております。


 本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(森 淳之祐君)


 起立多数であります。


 したがって、議案第42号平成17年度亀山市一般会計予算については、原案のとおり可決することに決しました。


 次に、同じく討論のありました議案第43号平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について、起立採決をいたします。


 本案についての委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものとしております。


 本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  (賛成者起立)


○議長(森 淳之祐君)


 起立多数であります。


 したがって、議案第43号平成17年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算については、原案のとおり可決することに決しました。


 次に、議案第44号から議案第50号までの7議案について一括して採決を行います。


 本各案についての委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決すべきものとしております。


 本各案を委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、


 議案第44号 平成17年度亀山市老人保健事業特別会計予算について


 議案第45号 平成17年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について


 議案第46号 平成17年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について


 議案第47号 平成17年度亀山市水道事業会計予算について


 議案第48号 平成17年度亀山市工業用水道事業会計予算について


 議案第49号 平成17年度亀山市病院事業会計予算について


 議案第50号 平成17年度亀山市国民宿舎事業会計予算について


の7議案は、いずれも原案のとおり可決することに決しました。


 予算特別委員会はこれをもって任務を終了と認め、廃止をいたします。


 続いて、去る14日の本会議におきまして、所管の各常任委員会にその審査を付託いたしました日程第10、議案第21号から日程第33、議案第53号までの24件を一括議題といたします。


 各常任委員会委員長から提出の審査報告書は、印刷の上、お手元に配付してありますので、朗読は省略し、直ちに委員長各位から委員会における審査の経過並びに結果について報告を求めます。











                 総務委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第21号 亀山市表彰条例の制定について                  原案可決


 議案第22号 政治倫理の確立のための亀山市長の資産等の公開に関する条例の制定について


                                        原案可決


 議案第26号 亀山市国民健康保険税条例の制定について             原案可決


 議案第27号 亀山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について   原案可決


 議案第28号 亀山市手数料条例の一部改正について               原案可決


 議案第31号 亀山市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について      原案可決


 議案第33号 平成16年度亀山市一般会計予算についての内


        第1条第1項


        同 条第2項「第1表 歳入歳出予算」中


        歳入全部


        歳出 第1款 議会費


           第2款 総務費


           第3款 民生費


            第1項 社会福祉費


             第1目 社会福祉総務費の内


                  福祉医療費助成事業


                  防犯対策事業


                  介護保険料賦課徴収費


                  国民健康保険事業繰出金


                  老人保健事業繰出金


             第2目 身体障害者福祉費の内


                  福祉医療費助成事業


             第5目 老人福祉費の内


                  福祉医療費助成事業


            第2項 児童福祉費


             第1目 児童福祉総務費の内


                  児童手当管理費


                  福祉医療費助成事業


                  児童手当システム費


             第2目 児童措置費の内


                  児童手当給付費


            第5項 国民年金費


           第4款 衛生費


            第1項 保健衛生費


             第1目 保健衛生総務費


                  病院事業繰出金


             第4目 火葬施設費


                  (ただし、斎場管理費


                    施設管理費の内


                     消耗品費


                     修繕料


                     機械保守点検委託料


                   関斎場管理費を除く)


           第9款 消防費


           第12款 公債費


           第13款 諸支出金


            第1項 基金費


             第1目 リニア中央新幹線駅整備基金費


             第2目 財政調整基金費


             第4目 減債基金費


           第14款 予備費


        第3条「第3表 繰越明許費」中


            第9款 消防費        第4条から第7条


                                        原案可決


 議案第34号 平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について     原案可決


 議案第35号 平成16年度亀山市老人保健事業特別会計予算について       原案可決


 議案第41号 平成16年度亀山市国民宿舎事業会計予算について         原案可決





 平成17年3月24日





                        総務委員会委員長 櫻 井 清 蔵





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様





    ──────────────────────────────────────





                教育民生委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第23号 亀山市子育て支援センター条例の制定について           原案可決


 議案第24号 亀山市心身障害児童福祉手当支給条例の制定について        原案可決


 議案第25号 亀山市重度心身障害者介助者手当支給条例の制定について      原案可決


 議案第29号 亀山市文化財保護条例の一部改正について             原案可決


 議案第30号 亀山市伝統的建造物群保存地区保存条例の一部改正について     原案可決


 議案第33号 平成16年度亀山市一般会計予算についての内


        第1条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中


        歳出 第3款 民生費


              (ただし、第1項 社会福祉費


                第1目 社会福祉総務費の内


                     福祉医療費助成事業


                     防犯対策事業


                     介護保険料賦課徴収費


                     国民健康保険事業繰出金


                     老人保健事業繰出金


                第2目 身体障害者福祉費の内


                     福祉医療費助成事業


                第5目 老人福祉費の内


                     福祉医療費助成事業


               第2項 児童福祉費


                第1目 児童福祉総務費の内


                     児童手当管理費


                     福祉医療費助成事業


                     児童手当システム費


                第2目 児童措置費の内


                     児童手当給付費


               第5項 国民年金費を除く)


           第4款 衛生費


              (ただし、第1項 保健衛生費


                第1目 保健衛生総務費の内


                     病院事業繰出金


                第3目 環境衛生費の内


                     合併処理浄化槽設置整備事業


                第4目 火葬施設費


                     斎場管理費


                      一般管理費


                      施設管理費の内


                       燃料費


                       光熱水費


                       浄化槽清掃手数料


                       地下タンク漏洩検査等手数料


                       消防用設備等保守点検委託料


                       浄化槽保守点検委託料


                       施設管理等委託料


                       水質検査等委託料


               第3項 下水路費を除く


           第10款 教育費


        第2条                             原案可決


 議案第40号 平成16年度亀山市病院事業会計予算について           原案可決





 平成17年3月23日





                      教育民生委員会委員長 宮 ? 伸 夫





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様





    ──────────────────────────────────────





                産業建設委員会審査報告書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第97条の規定により報告します。





                     記


 議案第32号 亀山市農業集落排水処理施設条例の一部改正について        原案可決


 議案第33号 平成16年度亀山市一般会計予算についての内


        第1条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中


        歳出 第4款 衛生費


            第1項 保健衛生費


             第3目 環境衛生費の内


                  合併処理浄化槽設置整備事業


            第3項 下水路費


           第5款 労働費


           第6款 農林水産業費


           第7款 商工費


           第8款 土木費


           第11款 災害復旧費


           第13款 諸支出金


            第1項 基金費


             第3目 公共施設等基金費


        第3条「第3表 繰越明許費」中


           第8款 土木費


           第11款 災害復旧費                   原案可決


 議案第36号 平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について     原案可決


 議案第37号 平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について      原案可決


 議案第38号 平成16年度亀山市水道事業会計予算について           原案可決


 議案第39号 平成16年度亀山市工業用水道事業会計予算について        原案可決


 議案第51号 市道路線の廃止について                     原案可決


 議案第52号 市道路線の認定について                     原案可決


 議案第53号 市道路線の変更について                     原案可決





 平成17年3月22日





                      産業建設委員会委員長 豊 田 勝 行





 亀山市議会議長   森   淳之祐 様











○議長(森 淳之祐君)


 初めに、櫻井清蔵総務委員会委員長。


○27番(櫻井清蔵君)(登壇)


 ただいまから、総務委員会における審査の経過並びに結果について報告いたします。


 当委員会は、去る14日の本会議で付託のありました議案の審査に当たるため、24日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 まず、担当課長から付託案件について説明を受けた後、質疑に入り、審査を尽くしました結果、議案第21号亀山市表彰条例の制定については、市政の振興に寄与し、その功労が顕著であった方に対する功労表彰と、市民の模範と認められる行為のあった方に対する特別表彰など、市の表彰基準を定め、新たに条例を制定するものであり、原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第22号政治倫理の確立のための亀山市長の資産等の公開に関する条例の制定については、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開に関する法律の規定に基づき、国会議員の資産等の公開措置に準じて市長の資産公開を行うものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第26号亀山市国民健康保険税条例の制定については、現在、暫定施行となっている亀山市国民健康保険税条例及び関町国民健康保険税条例について、基礎課税額に占める被保険者均等割額及び世帯別平等割額を見直すことにより、3段階で税を減額して低所得者の負担を軽減するなど制度を一元化したことから、2条例を廃止し、新たに国民健康保険税の税率、軽減制度等を定める条例を制定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第27号亀山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正については、国においては、育児または介護を行う職員の福祉の増進と公務能率の向上を図るため、平成17年4月1日から育児または介護を行う国家公務員に対して早出、遅出、勤務職員の措置を講じることから、市においても地方公務員法の規定に基づき、国に順じた措置とするため、所要の改正を行うものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第31号亀山市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正については、三重県において、福祉医療費の助成対象者の範囲が改正されたこと、また児童福祉法の一部改正により条ずれが生じたことから、所要の改正を行うものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第33号平成16年度亀山市一般会計予算についてのうち当委員会所管分について、議案第34号平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について、議案第35号平成16年度亀山市老人保健事業特別会計予算について、議案第41号平成16年度亀山市国民宿舎事業会計予算については、現行の予算が専決処分による暫定で執行されていた、いわゆるつなぎ予算であるため、平成16年度各会計本予算を編成したものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、総務委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 次に、宮?伸夫教育民生委員会委員長。


○15番(宮?伸夫君)(登壇)


 ただいまから、教育民生委員会における審査の経過並びに結果について報告をいたします。


 当委員会は、去る14日の本会議で付託のありました議案の審査に当たるため、23日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 まず、担当課長から付託議案について説明を受けた後、一括質疑に入り、審査を尽くしました結果、議案第23号亀山市子育て支援センター条例の制定については、亀山市総合保健福祉センター及び亀山市関乳幼児センター「アスレ」に設置されている各子育て支援センターについて、合併を機にそれぞれ公の施設として位置づけるため、新たに条例を制定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第24号亀山市心身障害児童福祉手当支給条例の制定については、現在、暫定施行となっている亀山市心身障害児童福祉年金条例及び関町心身障害者福祉年金支給に関する条例について統一を図り、福祉手当の対象となる児童、支給額、支給の時期等を定める条例を新たに制定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第25号亀山市重度心身障害者介助者手当支給条例の制定についても、現在、暫定施行となっている亀山市重度心身障害者介助者手当の支給に関する条例及び関町心身障害者福祉年金支給に関する条例を統一し、介助者手当の対象となる障害者、支給額、支給の時期等を定め、新たに条例を制定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第29号亀山市文化財保護条例の一部改正については、文化財保護法の改正において、民俗文化財の定義が新たに追加されたこと等に伴い、本条例における民俗文化財の定義に「民俗技術」を追加し、また、本条例に引用されている同法の条項にずれが生じたため所要の改正を行うものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第30号亀山市伝統的建造物群保存地区保存条例の一部改正についても、文化財保護法の改正により、本条例に引用されている同法の条項にずれが生じたため所要の改正を行うものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第33号平成16年度亀山市一般会計予算についてのうち当委員会所管分について及び議案第40号平成16年度亀山市病院事業会計予算については、現行の予算が専決処分による暫定で執行されていた、いわゆるつなぎ予算であるため、平成16年度各会計本予算を編成したものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、教育民生委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、豊田勝行産業建設委員会委員長。


○21番(豊田勝行君)(登壇)


 ただいまから、産業建設委員会における審査の経過並びに結果について報告いたします。


 当委員会は、去る14日の本会議で付託のありました議案の審査に当たるため、22日、市長を初め各担当課長等の出席を求めて開催いたしました。


 まず、担当課長から付託議案について説明を受けた後、一括質疑に入り、審査を尽くしました結果、議案第32号亀山市農業集落排水処理施設条例の一部改正については、上加太地区浄化センター及び下加太地区浄化センターの完成に伴い、これら処理施設の名称、位置及び処理すべき区域、並びにこれら区域の新規加入金を新たに規定するため、所要の改正を行うものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第33号平成16年度亀山市一般会計予算についてのうち当委員会所管分について、議案第36号平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について、議案第37号平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について、議案第38号平成16年度亀山市水道事業会計予算について、議案第39号平成16年度亀山市工業用水道事業会計予算についての5件の予算については、現行の予算が専決処分による暫定で執行されていた、いわゆるつなぎ予算であるため、平成16年度各会計本予算を編成したものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第51号市道路線の廃止については、東名阪伊勢道直結線及び県道亀山関線の整備に伴う廃止や、合併に伴う路線の見直しによる廃止など10路線を廃止するもので、議案第52号市道路線の認定については、開発道路や道路改良事業、東名阪伊勢道直結線及び県道亀山関線の整備、並びに合併に伴う路線の見直しによる認定など7路線を認定し、議案第53号市道路線の変更については、東名阪伊勢道直結線及び県道亀山関線の整備に伴う2路線の終点を変更するものであり、いずれも現地確認の上、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、産業建設委員会の審査報告といたします。


○議長(森 淳之祐君)


 各常任委員会委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結し、討論に入ります。


 ただいま議題になっております議案のうち、議案第21号から議案第32号までの条例関係12件について、討論に入ります。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、条例関係12件について、一括して採決を行います。


 本各案についての委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決すべきものとしております。


 本各案を委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、


 議案第21号 亀山市表彰条例の制定について


 議案第22号 政治倫理の確立のための亀山市長の資産等の公開に関する条例の制定について


 議案第23号 亀山市子育て支援センター条例の制定について


 議案第24号 亀山市心身障害児童福祉手当支給条例の制定について


 議案第25号 亀山市重度心身障害者介助者手当支給条例の制定について


 議案第26号 亀山市国民健康保険税条例の制定について


 議案第27号 亀山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について


 議案第28号 亀山市手数料条例の一部改正について


 議案第29号 亀山市文化財保護条例の一部改正について


 議案第30号 亀山市伝統的建造物群保存地区保存条例の一部改正について


 議案第31号 亀山市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


 議案第32号 亀山市農業集落排水処理施設条例の一部改正については、いずれも原案のとおり可決することに決しました。


 次に、ただいま議題となっております議案のうち、議案第33号から議案第41号までの平成16年度予算関係9件について、討論に入ります。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、採決を行います。


 本各案についての委員長の報告は、いずれも原案のとおり可決すべきものとしております。


 本各案を委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、


 議案第33号 平成16年度亀山市一般会計予算について


 議案第34号 平成16年度亀山市国民健康保険事業特別会計予算について


 議案第35号 平成16年度亀山市老人保健事業特別会計予算について


 議案第36号 平成16年度亀山市農業集落排水事業特別会計予算について


 議案第37号 平成16年度亀山市公共下水道事業特別会計予算について


 議案第38号 平成16年度亀山市水道事業会計予算について


 議案第39号 平成16年度亀山市工業用水道事業会計予算について


 議案第40号 平成16年度亀山市病院事業会計予算について


 議案第41号 平成16年度亀山市国民宿舎事業会計予算については、いずれも原案のとおり可決することに決しました。


 次に、議案第51号から議案第53号までの道路関係3議案について、討論に入ります。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、採決を行います。


 本各案についての委員長報告は、いずれも原案のとおり可決すべきものとしております。


 本各案を委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、


 議案第51号 市道路線の廃止について


 議案第52号 市道路線の認定について


 議案第53号 市道路線の変更については、いずれも原案のとおり可決することに決しました。


 次に、日程第34、請願の審査報告を議題といたします。


 産業建設委員会における審査の結果は、お手元に配付の請願審査報告書のとおりであります。


 審査の結果報告は、議事の進行上、事務局長の朗読をもって委員長報告にかえたいと思います。これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、事務局長に朗読をいたさせます。


○事務局長(山?裕康君)  「請願審査報告書朗読」











                  請願審査報告書





 本委員会に付託の請願を審査の結果、別表のとおり決定したので、亀山市議会会議規則第128条の規定により報告します。





 平成17年3月22日





                         産業建設委員会委員長 豊 田 勝 行





 亀山市議会議長 森   淳之祐 様





 別表


 ┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


 ┃受理番号     │請 1                             ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃受理年月日    │平成17年2月14日                      ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃件       名│WTO・FTA交渉に関する請願書                ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃         │津市広明町415−1                      ┃


 ┃請願者の住所・氏名│食とみどり、水を守る三重県連絡会議               ┃


 ┃         │議長 谷山鉄郎                         ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃紹介議員氏名   │宮崎勝郎、松上 孝、宮?伸夫、増亦 肇             ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃委員会の意見   │趣旨を了とする                         ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃審査の結果    │採 択                             ┃


 ┗━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 ┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


 ┃受理番号     │請 2                             ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃受理年月日    │平成17年2月14日                      ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃件       名│食品安全行政の充実を求める国への意見書提出についての請願書   ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃         │津市広明町415−1                      ┃


 ┃請願者の住所・氏名│食とみどり、水を守る三重県連絡会議               ┃


 ┃         │議長 谷山鉄郎                         ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃紹介議員氏名   │宮崎勝郎、松上 孝、宮?伸夫、増亦 肇             ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃委員会の意見   │趣旨を了とする                         ┃


 ┠─────────┼────────────────────────────────┨


 ┃審査の結果    │採 択                             ┃


 ┗━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、請願の審査報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結し、本請願2件に対する討論を行います。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、採決を行います。


 本請願2件についての委員長の報告は、いずれも採択となっております。


 委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、請願第1号及び請願第2号については、いずれも採択することに決しました。


 お諮りいたします。


 ただいま採択いたしました請願についての取り扱い及び意見書の字句の整理等については、議長に一任願いたいと存じます。これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、ただいま採択いたしました請願の取り扱い及び意見書の字句の整理等については、議長に一任願うことに決しました。


 次に日程第35、議員提出議案第5号市長専決処分事項の指定についてを議題といたします。


 まず、事務局長に議案の朗読をいたさせます。


○事務局長(山?裕康君)  「議案朗読」


○議長(森 淳之祐君)


 続いて、提出者に提案理由の説明を求めます。


 32番 矢野英直議員。


○32番(矢野英直君)(登壇)


 ただいま上程いただきました議員提出議案第5号市長専決処分事項の指定について、提出者を代表いたしまして提案理由の説明をいたします。


 本議案につきましては、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、議会の権限に属する軽易な事項のうち、市長が専決できる事項を指定することによりその権限を委任しようとするものであります。


 その指定の内容といたしましては、一つは50万円以下、自動車事故に係るものについては、自動車損害賠償保障法における保険金額の最高限度額以下の法律上の義務に属する損害賠償の額を定めること。二つ目は、市営住宅に係る訴訟の提起、裁判上の和解及び調停に関すること。以上の2項目でございます。


 なお、専決処分を行った事項は、地方自治法の規定により、次の議会への報告が義務づけられておりますことを申し添えまして、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくご審議を賜り、ご賛同いただきますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(森 淳之祐君)


 提案理由の説明は終わりました。


 これより本議案についての質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、質疑を終結いたします。


 続いて、お諮りいたします。


 本議案については、会議規則第36条第2項の規定により、常任委員会への付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本議案は常任委員会への付託を省略することに決しました。


 これより本議案について討論に入ります。


 討論はございませんか。


                 (「なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ないようですので、討論を終結し、議員提出議案第5号について採決を行います。


 議員提出議案第5号について、原案のとおり可決することにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、議員提出議案第5号市長専決処分事項の指定については、原案のとおり可決することに決しました。


 次に、お諮りいたします。


 以上で、今期定例会の議事をすべて議了いたしました。


 議事を閉じ、閉会したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                (「異議なし」の声あり)


○議長(森 淳之祐君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、平成17年3月亀山市議会定例会は、これをもって閉会いたします。


               (午後 2時54分 閉会)





       ────────────────────────────────


 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


 平成17年3月30日





             議  長      森   淳之祐





             3  番      前 田 耕 一





             19 番      小 川 久 子