議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 名張市

平成15年第305回( 3月)定例会 03月12日−05号




平成15年第305回( 3月)定例会 − 03月12日−05号







平成15年第305回( 3月)定例会



         平成15年名張市議会第305回定例会会議録 第5号



              平成15年3月12日(水曜日)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                 議事日程 第5号

          平成15年3月12日(水曜日) 午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 議案第14号 平成14年度名張市一般会計補正予算(第6号)について

   議案第15号 平成14年度名張市福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)について

   議案第16号 平成14年度名張市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について

   議案第17号 平成14年度名張市東山墓園造成事業特別会計補正予算(第1号)について

   議案第18号 平成14年度名張市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について

   議案第19号 平成14年度名張市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について

   議案第20号 平成14年度名張市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について

   議案第21号 平成14年度名張市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について

   議案第22号 平成14年度名張市老人保健特別会計補正予算(第4号)について

   議案第23号 平成14年度名張市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

   議案第24号 平成14年度名張市病院事業会計補正予算(第3号)について

   議案第25号 平成14年度名張市水道事業会計補正予算(第2号)について

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  本日の会議に付した事件

   議事日程のとおり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  出席議員

   田合  豪      吉住美智子      石井  政      小田 俊朗

   宮下  健      永岡  禎      福田 博行      上村 博美

   藤島 幸子      中川 敬三      松崎  勉      梶田 淑子

   田郷誠之助      樫本 勝久      橋本 隆雄      橋本マサ子

   和田真由美      山下 松一      山村 博亮

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  欠席議員

   柳生 大輔

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  説明のため出席した者

   市長        亀井 利克       助役        中川  博

   収入役       松本 豊明       教育委員長     森本 孝子

   教育長       手島 新蔵       水道事業管理者   岡松 正郎

   総務部長      和田  満       企画調整部長    家里 英夫

   市民部長      見邨 光生       保健福祉部長    岸上  勇

   産業振興部長    森本 昭生       建設部長      西出  勉

   都市環境整備部長  山下 員啓       教育次長      奥田 正昭

   市立病院事務局長  志村 秀郎       水道部長      森本 和夫

   消防担当参事    稲森 歳典       環境衛生担当参事  三好  晃

   監査委員事務局長  雪岡 弘雄       農業委員会事務局長 吉永 博志

   市民部参事     堀永  猛       秘書室長      中澤 克郎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  事務局職員出席者

   事務局長      森岡 繁一       次長        金谷 保史

   副参事       中野 栄蔵       書記        黒岩 宏昭

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







                 午前10時2分開議

  (議長橋本隆雄議長席に着く)



○議長(橋本隆雄) おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(橋本隆雄) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において小田俊朗議員、宮下 健議員を指名いたします。

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第14号 平成14年度名張市一般会計補正予算(第6号)について

      議案第15号 平成14年度名張市福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)について

      議案第16号 平成14年度名張市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について

      議案第17号 平成14年度名張市東山墓園造成事業特別会計補正予算(第1号)について

      議案第18号 平成14年度名張市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について

      議案第19号 平成14年度名張市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について

      議案第20号 平成14年度名張市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について

      議案第21号 平成14年度名張市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について

      議案第22号 平成14年度名張市老人保健特別会計補正予算(第4号)について

      議案第23号 平成14年度名張市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

      議案第24号 平成14年度名張市病院事業会計補正予算(第3号)について

      議案第25号 平成14年度名張市水道事業会計補正予算(第2号)について



○議長(橋本隆雄) 日程第2、議案第14号、平成14年度名張市一般会計補正予算(第6号)について、議案第15号、平成14年度名張市福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、議案第16号、平成14年度名張市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、議案第17号、平成14年度名張市東山墓園造成事業特別会計補正予算(第1号)について、議案第18号、平成14年度名張市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について、議案第19号、平成14年度名張市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について、議案第20号、平成14年度名張市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、議案第21号、平成14年度名張市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、議案第22号、平成14年度名張市老人保健特別会計補正予算(第4号)について、議案第23号、平成14年度名張市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第24号、平成14年度名張市病院事業会計補正予算(第3号)について、議案第25号、平成14年度名張市水道事業会計補正予算(第2号)についての12議案を一括議題とし、これより質疑を行います。

 山下松一議員。



◆議員(山下松一) おはようございます。

 本日、補正予算の審議でございまして、またあすは当初予算でございまして、あす質問するのが妥当かと、このように思いますけども、少し議長にもお許しをいただき、けさの新聞紙上に載りました件につきまして、執行部の考え方をお尋ねをしておきたいと思います。

 某新聞でございますけれども、新清掃工場の位置が決まったかにやに載っておるところでございます。今回のこの定例会で、本年度末には今選定をし、議会にも報告もしというようなお話であったんではなかろうかと、このように思うところでございますけれども、地域が断定をされて、地域もその受け入れの方針を固めたようだと、こういうふうなお話が載っておるわけでございますけれども、このいきさつについて当局のご見解をこの際お伺いをいたしたい、このように思いますので、よろしくお願い申し上げたいと存じます。



○議長(橋本隆雄) 市長。



◎市長(亀井利克) 本件につきましては、数カ所あった候補地の中から、昨年の暮れからことしにかけまして、2カ所に大体絞込みをいたしてまいってきておるところでございます。その2カ所というのは、上比奈知の土捨て場でございます。もう一カ所が、きょう新聞に掲載されておりましたけども、八幡、西田原の山間部であるわけでございます。これは用地の取得等もございまして、秘密裏に、まことに申しわけございませんけれども、進めさしていただいたところでございますけれども、どういうルートでか出てしまったということでございまして、早々に1カ所への絞り込みをして、そして地域の役員改選がなされた時点でその地へお願いに行かしていただきたいと、こんなふうに思わしていただいてるところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 山下議員。



◆議員(山下松一) 当然と交渉は進めていただいておるということはもう承知の上でございますけれども、やはりこういうふうなことは、決定するまでは出るということについては、やはり今後の交渉にもこれは影響してくるんではなかろうかと、こう思うところでございまして、やはりもう少しその管理といいますか、私は執行部から出たとは申し上げませんけれども、その交渉過程なり何なりの状態において、もう少し秘密裏に進める場合には、そういう私、危機管理というんですけれども、それをしっかりとやっていかなくてはならないのでなかろうかと。公開するものは公開するで結構でございますけれども、こういう問題はもう少しきちっとしていただいて、今後の影響のないように交渉をしていただきたい、このことを特にお願いをしておきたいと思います。



○議長(橋本隆雄) 藤島幸子議員。



◆議員(藤島幸子) 補正予算にかかわりまして、2点ほど質問をさせていただきます。

 まず、補正予算書65ページに出てます医療費の通知事業ということで補正されておりますけども、この医療費の通知をしていただくということは、私たち本当にわかりやすい、自分がこれだけ医療がかかっているということで自覚できるといいましょうか、いい事業をしていただいているなっていうふうに思うわけですけども、一つ、高齢者の高額医療費に一部負担ということで高齢者がこの医療費に関しては制度が変わったわけですけども、そういう中で高額医療の場合、償還払いということで一時窓口で払っていただくわけですけども、その高額の分、返ってくる部分というのがなかなかわからないお年寄りもいらっしゃるっていうそういう状況にあると思います。できましたらば、償還払い、どのような形で通知をされてるのかということを先にお聞きしておきたいと思います。

 もう一点は、この81ページに、名張駅前周辺整備計画作成事業ということの1,000万円の減額をされてます。これはなぜかっていうことをまずお聞きしておきたいと思います。



○議長(橋本隆雄) 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(岸上勇) 私の方から、医療通知の方法等についてのご質問にお答え申し上げたいと思います。

 その中で、先ほどご質問の中で、老人医療というお話でございましたんで、老人関係についてお話を申し上げますと、もう議員さんもご承知のように、老人保健法の一部改正がございまして、本年9月からその対象者は70歳から75歳に1年に1歳ずつ上げていくというふうな暫定処置もございますが、75歳に引き上げられたというようなことと、それからもう一つは、窓口におきまして、老人の方々の医療、いわゆる負担というものは、定額の部分が一つは1割負担という形の中でそういう制度が設けられたことと、一定の所得以上の場合は2割負担という制度が設けられました。そういったことの中で、そのものの額はそうして決められてきたわけでございますが、もう一方高額医療、一定の窓口負担以上を超えた部分については、お戻しをするという制度、これを先ほど議員さんもお話しございましたように償還払い、もう一つの方では現物給付という呼び方もございますが、今の制度では償還払い方式でお戻しをするという制度がございます。

 そこで、先ほどの質問でございますが、それでは一定金額を超えた場合に、どういう形で償還を受ける方法、またその償還を受けるに当たっての周知方法はどうかというのが主なご質問であったかと、こう思うんでございますが、この制度につきましては、それぞれ皆さん方からもいろんなご要望なり、お話もございますが、現行の法制度の中では償還払いという形で当市も行っていきたいというふうに考えております。

 それから、その周知方法につきましては、広報等それぞれの状況等を伝達するよい啓蒙啓発方式をとっておるわけでございますが、さらにより内容の充実した形の中で広報活動を進めていきたいと、こう考えておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 建設部長。



◎建設部長(西出勉) それでは、駅前周辺整備計画作成業務委託の減額についてお答えをさせていただきます。

 この件につきましては、一般質問の中の梶田議員からのご質問いただいた中でもお答えさせていただいたとおりでございまして、事業の実施が予定しておりましたより出てまいりました関係、これにつきまして今の時点で市民の皆さん方のご意見なり、また地権者、それから関係機関との協議を進めていった上でのこういった計画書の作成を予定しておりましたんですが、そういったことも踏まえまして、そういったことの中で今後年度のずれによりまして、少し時期をずらしていただいた形で今後も改めて利用計画を策定していきたいと、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 藤島議員。



◆議員(藤島幸子) この高齢者の償還、高額医療の分の、広報でこれから周知してくださるっていうことですけども、できましたら今ここで上がっている医療費通知事業、通知していただいてるわけですので、なかなか高齢者の方っていうのは広報もちゃんと見ていただける方は見ていただくと思うんですけども、自分がそういうところに当てはまっているっていうことをわからない方もあると思います。そういうことで、私の方にも相談があったこともあるわけですけども、そういう中でできましたらこういう通知の中で個々に送られるわけですので、あなたはこれだけ高額医療で返還されますよということを通知していただくといいかなっていうふうに思います。その辺はどのようにお考えになるか、お答えをいただきたいと思います。

 それと、駅前周辺整備事業のこの減額についてはわかりました。

 それで、もう一つ、以前からの議会の中でも質問があったわけですけども、名張駅前の東側の、何ていうんですか、送迎の時間といいますか、一時とても混雑をいたします。送迎の車がもう二重、三重としてとまっているときもありますし、とても危ない状態にあるわけです。そのことについて、以前から研究、検討されるっていうことをお聞きしてるわけですけども、現在検討していただいてる進捗っていうか、もうそういう状況っていうか、その辺をお聞かせ願いたいと思います。



○議長(橋本隆雄) 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(岸上勇) 医療通知のあり方、そういうご質問でございます。

 一つの今行っている内容としましては、医療通知につきましては、これは医療を受けられる方々への適正な受診または重複受診と本人のそういう認識をいただくという形の中で、これも非常に大切な事業でございまして、そういう形の中で今医療通知を出さしていただいておるわけでございますが、その内容は、そういう目的で行っている中で、償還、還付内容について、そこへの記載という形については、現在これのいろいろ協力団体とか、いろいろそういう形の中の協力を得て、今医療通知を発行しておりますが、そういう中ではここへの記載についてはまだまだ検討を深めなければならないだろうというふうに考えております。

 それともう一つは、先ほどちょっと言い漏れいたしましたが、いわゆる償還払いと、それから先ほど申し上げました現物給付とのその中間という形の中で、領収書の証明方式という形の中で、医療機関との協力を得まして、還付、いわゆる償還払いのスムーズな方法という形もとっておりますもんで、そういうものをまた活用していきたいというふうに考えてます。

 という形の中で、今の医療通知の中への併用記載というのは、ちょっと当分もう少し検討を重ねなければならないというふうに考えておりますもんで、よろしくご理解賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 建設部長。



◎建設部長(西出勉) それでは、駅前広場の停滞解消についてどのように対応されているのかということでございますので、お答えをさせていただきます。

 この件につきましては、以前に駐車台数並びに交通量等を調査をいたしまして、その結果特に朝夕の混雑時には1,800台程度がそういったところで何らかの形で駐停車を行われておると、時間にもよるわけでございますが、そういったところが出ておりまして、これにつきまして対策といたしましては、側線の明確化をしていくということで、ラインの引き直しを行いました。

 それから、特に朝はお送りされるだけでございますので、停車時間はわずかでございますが、お迎えの車両につきましては、相当な時間とまっているケースがございますので、この間につきましての注意という形での啓発看板の設置を行っております。

 それから、県道上野名張線との交点に当たります信号機、これの制御時間の見直しでございますけれども、これにつきましても公安委員会の方へお願いをいたしまして、今見直し等も検討をいただいている状況でございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 藤島議員。



◆議員(藤島幸子) この通知をしていただくということは、まだまだ検討が要するということですので、前向きに検討していただきたいと思います。

 この駅前のことですけども、何かちょっと植え込みのあたりを少し変えるようなことも以前聞かしてもらったことがあるような気もするんですけども、その辺はもうさわらないで、この状況だけでとどまるんでしょうか。その辺をまたお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 建設部長。



◎建設部長(西出勉) ただいまご質問いただきました植え込み部分の改良はどうかということでございますが、これにつきましては植え込み部分につきましても、道路の線形等の整合をいたしながらつくってございますので、一部直すことによりまして道路形態等が変わってまいるおそれがございますので、もう少しほかにできないかということで検討をさせていただきたいと、このように考えております。

 それから、混雑におきましても、3月31日に都市計画道路の東町中川原線が開通いたします。その関係で、若干感情的な要素も出てまいりますので、その部分についても若干解消につながるんじゃないかなと、このように考えております。



○議長(橋本隆雄) 橋本マサ子議員。



◆議員(橋本マサ子) 補正予算にかかわりまして、幾つかお聞きしたいというふうに思います。

 まず最初に、10ページにそれぞれ繰越明許が明記されているわけですけれども、それぞれ6点ほどございますが、この現状と、それからどうして繰越明許されるのかというふうなことについて、まずそれぞれお聞きしときたいというふうに思います。

 それから、この一般会計、特別会計、そして企業会計の中には職員の人件費がそれぞれに減額されております。これはさきの人勧によりまして給与がカットされたという部分が期末手当で精査されているというふうに思いますのと、もう一つは、管理職の手当の分が含まれているのではないかというふうに思います。これがそれぞれどの程度の金額になっているのかというふうなことをまずお聞きしときたいというふうに思います。

 それから、53ページに、精神障害者の小規模作業所管理運営委員会委員として減額がなされております。先般から精神障害者の方に対しての小規模事業所の運営がされているわけですけれども、非常に利用者の方も多くなっているというふうなことも聞かしていただいておりますし、現状と、それから今後このことについての課題があるかというふうに思うわけですが、どのように対応なさっていかれるのかというふうなことをお聞きしときます。まず、その点からお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(岸上勇) 予算書の10ページの繰越明許の関係につきまして、表の一番上の民生費関係で、西田原保育所大規模改修事業という形で今回明許を918万6,000円をお願いいたしているところでございます。

 この改修内容の概要でございますが、西田原の保育所、いわゆる一部老朽化している部分もございまして、雨漏り等を含めまして、各種の改修をいたしたいというふうに考えておるわけでございます。

 そういった中で、明許をお願いいたしております理由でございますが、当初は平成15年度、新年度予算という形の中での計画をいたしておりましたが、国の方におけます前倒しの予算が得られるというふうな情報と早く改修いたしたいという形の中で、前倒し予算をちょうだいいたしまして、今回その計画を持った中で明許繰り越しをお願いしたいという形の中で、今回補正でも上げさしていただき、内容としてはそういうことを考えておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

 それから、53ページの精神障害者の小規模事業の状況という形の中で、今回は運営委員さんの皆さん方の開催していただく日にち等の関係で精査いたした分を今計上さしていただいておりますが、当初は四、五名という形で小規模作業所の開設をいたしまして、現在に至っているわけでございますが、最近いろいろの状況の中で、利用者の方々がふえてこられまして、現在は登録ふえて15名の方々が登録をされまして、それぞれの在宅サービス、そういう形の目的によって通所をされているという状況でございます。

 なお、今後の方向というものはどうかというご質問でございますが、この精神障害者のこの施設については、非常に名張市の関係は初めての開設でございまして、今後の対応についてはそれぞれ団体、保護者の方々ともお話をいたしておるわけでございますが、その中で今後は授産施設の設置という方向にも向かって考えているところでございます。そういった状況の中で、さらに充実をしていきたいというふうに考えておりますので、よろしくご理解を賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 都市環境整備部長。



◎都市環境整備部長(山下員啓) 私の方から、10ページの衛生費の合併浄化槽の設置補助金でございますが、これにつきましては本年の1月に国の方から県を通じまして、経済対策として補助金の受け入れの要請がございました。具体的には、非常に需要の多い5人槽を5基、7人槽を10基、これを補助金の受け入れ要請がございましたので、これを市として補助をしていこうということでお認めをぜひいただきたいということでお願いをしているとこでございます。

 また、従来の予算からございました10人槽につきましては変わりませんけれども、1基分については現時点では申し込みがございませんので、これについても繰り越しをさしていただいて対応をひとつさしていただきたいということで、合わせまして670万円の繰越明許費をお願いしているとこでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) それでは、私の方からも繰越明許費についてご説明申し上げます。

 農林水産業費でございます。蔵持地区のほ場整備事業でございまして、平成13年度の補助採択を受け、平成17年度までの5カ年事業の継続事業として進めさしていただいておるものでございます。面整備といたしまして17ヘクタールのほ場整備事業でございまして、本年度事業といたしましては、10.7ヘクタールの面整備事業と、それからあわせまして用水管ポンプ工事等の事業費でございます。その中で、若干工事の進捗状況等のおくれ等によりまして、一部繰越明許でお願いいたしたいというようなことでございます。8,740万円の繰り越しをお願いするものでございます。よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 建設部長。



◎建設部長(西出勉) それでは、赤坂夏秋橋線整備事業並びに矢川竜口線整備事業についてお答えをさしていただきます。

 赤坂夏秋橋線整備事業につきましては、工事の途中におきまして、のり面の崩落がございました。その関係で本年度調査をいたしまして、工事の方につきましては次年度ということでお願いをするものでございます。

 それから、矢川竜口線整備事業でございますが、これにつきましても同じく工事途中でのり面の崩落がございました。これにつきましてこの間についての工事について翌年度にお願いをしたいということで上げさしていただいております。よろしくお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 教育次長。



◎教育次長(奥田正昭) 教育委員会にかかわります繰り越しの3億1,760万円でございますが、内訳といたしまして、委託料といたしまして2,484万5,000円、それから公有財産購入費で2億9,000万円、それから補償費で100万円などの、あるいはそれに伴う事務費でございます。

 まず、繰り越しに至りました理由につきましては、実施設計業務委託でパブリックコメントを実施いたしました結果、一部基本設計の見直しが生じ、実施設計に十分な期間がとれなかったということで、それからさらに用地取得につきましては、地元で既にご理解をいただいておるところでございますが、土地収用法に係る事業認定申請に至るまでの諸手続、里道や水路の加工承諾あるいは土地売り渡し同意書、基本設計書の修正などに時間がかかりまして、県への申請が4月に食い込むということになってまいりました。

 以上が理由でございます。



○議長(橋本隆雄) 総務部長。



◎総務部長(和田満) 人件費の減額についてのお尋ねでございます。

 人事院勧告によります調整額につきましては、一般会計、それから特別会計、企業会計、合わせまして8,338万2,113円の減額でございます。

 それから、管理職手当2%のカット分につきましては、364万5,000円の減額でございまして、各会計の内訳につきましては、後ほど資料を提供さしていただきます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 橋本議員。



◆議員(橋本マサ子) それぞれ繰越明許につきましてお聞かせいただきました。それぞれの事情があるということで聞かせていただいておきます。

 それから、精神障害者の施設が大変不足しているということで、今後団体の方と話し合いをして、進めていっていただくというふうなことでもございます。非常に現在のところは手狭でもございますので、その辺も今後の計画の中に十分含めていただいて、対応していっていただきたいなというふうにお願いをしときたいというふうに思います。

 それから、人件費にかかわりまして、先ほどご答弁いただきました。この金額をトータルしましても、大変大きな金額になります。これは12月議会でさまざまな多くの皆さん方からいろんな意見が上げられていたかと思いますので、この件につきましては私から今またさらに重ねてということは申しませんが、これだけの大きな金額といいますのは、やはり職員の皆さんにとっても今までの生活設計を変えないといけないような状況も生まれてきているのではないかというふうにも思いますし、この金額は地域経済にも大きく影響してくるのではないかというふうに思います。私どもとしては、この辺については認められないというふうにも思うわけですけれども、このことにかかわりまして、今回期末手当でこのようにたくさんの金額が減らされるわけですけれども、地域経済に対しての影響というふうなことにかかわりましてどのように考えていらっしゃるかというふうなことをお聞きしときたいというふうに思います。

 次に、67ページにありますごみの対策費というのがあります。この中で、ほとんど今回の補正予算では減額補正があるわけなんですけれども、ごみの関係にしましても、唯一資源ごみの集団回収の事業補助金というのが450万円増額されているわけですけれども、これは一定の効果があったのではないかというふうに思います。そのようなことから、こうした増額がされているのではないかというふうに思うわけですけれども、現状をお聞かせいただきたいと思います。

 それから、78ページに河川費等での減額がございます。今名張川の方の公共下水道の工事にかかわって、公共下水道の終末処理場の対岸になるわけですが、竹をほとんど伐採をして、一定の整備をしていただいているわけですけれども、あそこには結構河川敷が広い範囲であるわけなんです。ですので、地域の皆さんからもこれは要望が出ている話なんですけれども、あそこをぜひ遊歩道的に整備をしていただきたいというふうに思うわけです。せっかくあのような広い河川敷がありますので、そこを整備して、地域の皆さん方あるいは名張のもっと周辺の皆さん方も寄ってきていただいて、あそこでゆったりと過ごしていただける、そんな場所をぜひ確保していただきたいなというふうに私も思うわけです。

 私ども建設委員会で、先般、直方市というところを視察をしてまいりました。あそこでは結構国の事業とのかかわりの中で大きな事業ができて、本当にすばらしいなあというふうに思ってきたわけなんですけども、それと同じようにはとてもできないというふうには思います。ただ、あそこの本当にそんなに広くない河川敷でもありますので、そこをこれは名張市だけじゃなくって国土交通省との関係もあるかというふうに思いますが、ぜひとも周辺の皆さんがゆったり過ごせる、そういう遊歩道的な整備をお願いしたいというふうに思うわけですけれども、その辺についてのご答弁をお願い申し上げます。

 それから、228ページ、老人保健特別会計で9億円余の減額補正がされております。この辺についての状況をお聞かせ願いたいというふうに思います。



○議長(橋本隆雄) 市長。



◎市長(亀井利克) 人件費、給与のカットと地域経済の影響についてということなんですが、私もその辺ちょっと不勉強で、関連ははかりかねるわけでございますけれども、かなり名張の方が京阪神の方へ出向いて、買い物なんかなされておるという状況もございますので、今後そこらの影響については私どもも勉強はしてまいりたいなというふうには思ってございます。



○議長(橋本隆雄) 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(岸上勇) 私の方から、予算書の229ページ、老人医療特別会計に絡みます医療給付費の減額給付9億4,500万円という数値についてお答え申し上げたいと思います。

 今回のこの見直し、最終補正に伴いまして、それぞれ医療費の精査をいたしていく中で、この数値の減額が出てきたわけでございますが、その内容につきましては、さきにもご説明申し上げておりますが、一番大きな要因といたしましては、老人保健法の改正という形の中で、先ほど来説明申し上げておりますものに、対象年齢が70歳から75歳に引き上げられたということと、もう一点は、やはり窓口でご負担になられる方々、所得において差はございますが、定額から1割負担、一定の所得のある方については2割負担というような、いわゆる患者等の負担が増加されたと、そういう形の中でそれぞれの受診される方々の思いというものはいろいろある中で、今回の医療費の給付の減という形に結びついたのは大きな要因でなかろうかというふうに考えております。そういった形の中で、今回減額補正をお願いしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 市民部長。



◎市民部長(見邨光生) 資源ごみ集団回収の関係についてお答え申し上げます。

 2月末現在でございますが、延べ413団体(237ページに訂正の発言あり)から申請いただきまして、集めていただきました量としましては、新聞紙、雑誌等含めまして2,677トンでございます。3月見込みであと300トンぐらい出てくる予想をさしていただいておりまして、今回補正をさしていただく金額でいけるか足らんかで、その辺でございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 建設部長。



◎建設部長(西出勉) 名張川の左岸の河川改修でございますが、これについてお答えをさせていただきます。

 本年度より木津川上流工事事務所におきまして、ご指摘のありました松原地区で河川改修が行われております。

 これにつきましては、おっしゃっていただいてますように、全部竹を今伐採をいたしましてやっておるわけでございますが、すべて伐採せずに、一部竹を残して、景観なり自然を残すというようなことも考えていただいて施工をいただいております。

 今後につきましては、親水対策、水に親しめるような河川をつくっていきたいというのが木津川工事事務所のお考えでもございますので、具体的にはどんな形で整備していくかということにつきましては、今後木津川工事事務所の方でお考えもいただけると思いますが、そういったことも含めて市の方からも要望をいたしておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 橋本議員。



◆議員(橋本マサ子) 資源ごみの集団回収につきましては、このように多くの団体の皆さん方が申請をしてくださって、こうして効果が得られているというふうに思うわけです。来年度におきまして、この補助金をなくしていくというふうな話を聞かせていただいているわけで、昨日も一般質問の中でこういった環境問題を考える中で、教育の観点からもやはり大事なことですので、私はぜひこれは残していただきたいというふうに思うわけです。

 といいますのは、梅が丘の皆さんも、子供会で毎月毎月集団回収をしてくださっております。この中には子供たちも参加して回収をしてくれているわけなんです。ですので、本当に今から新しく勉強するというよりは、実体験の中でこういった資源の大切さというのを学んでくださっているわけなんです。地域予算の中でそれぞれが取り組んだらいいではないかというふうなことではございますけれども、私は、今毎月毎月こうして取り組んでいっている事業が、こうして切りかえすることによってストップしてしまうという心配をするわけなんです。せっかく子供さんたちも一緒になってこうして参加をして、そういった回収の意味というふうなこともとらえながら体験をしてくださっているし、ましてや子供会の行事に向けても経費的にもここから捻出をして、さまざまな活動を展開してくださっているという大事な要素もございます。これは、ですから両方な観点でぜひとも残していっていただきたいというふうに思うわけですけれども、金額を見ましても1,000万円ほどということでございますので、どこかを節約しながら、こちらの方はぜひ残していただきたいというふうに思うわけですが、その辺についてもう少しお考えをお聞きしときたいというふうに思います。

 それから、河川改修にかかわりまして、名張川のあそこの河川敷の件ですが、木津川の方にぜひとも地域の皆さんの要望をかなえていただくように力を入れていただきたいというふうに思います。今なかなか考え方というふうなことが変わってきているというふうなこともございます。でも、あくまでも地域の皆さんの要求はあるということを踏まえていただいて、ぜひともこの辺の声を上げていっていただきたいというふうに思います。

 それから、老人保健の特別会計で、やはりこんなに大きな減額をするほど法の改悪によって医療の抑制がされたんだなというふうなことをこうして数字で見せていただいて思うわけですけれども、この辺についてもこれは名張独自の問題ではないというふうには思うわけです。国の影響が大きくこうしてあらわれてきてるんだろうなというふうに思うわけですけれども、これからまだまだこれのみならず、新しい年度においていろいろな医療費の削減が唱えられておりますので、こういったことには私たちは本当にしっかり見ていかなければならないなというふうに思っております。

 といいますのは、医療費を削減しなければならない、ならないと言いながら、やはりこうした医療抑制によりまして、病気になりかかっているのにお医者さんに行かずに余計病気がひどくなって、結局は医療費を高く使うようなことになってしまうのではないかというふうに思いますので、やはりこの点はきちっと結果を受けとめて、今後どうするかというふうなことについては、やはり私たち議員もしっかり考えていかなければならない点であろうなというふうに思っております。

 それで、一つお聞きするわけですけれども、老人の医療にかかわりましてはこのようなことでございました。私どもとしましては、先般から県の方ではもう予算化をしてくださっているかというふうに思うわけですけれども、かねがね市長の方にもお願いをしておりました。ぜひとも県の動向を見てやらしていただきますというふうなご答弁をいただいているわけですけれども、乳幼児の3歳未満児を4歳未満児に引き上げるということを来年度におきましてぜひ実施していただきたいということをお願いしときたいというふうに思うわけですが、ここではっきりとご答弁をいただけたらというふうに思いますので、その点についてお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 市長。



◎市長(亀井利克) まず、資源ごみの関係でございますけれども、政策誘導型補助金として、この資源ごみの回収についてのこの補助金が果たしてきた役割というのは、私はまことに大きなものがあるというふうに思っておりまして、評価はさしていただいているところでございます。

 しかしながら、これだけ日常的に定着してきた活動であるわけでございますから、もうこれは市民の皆さんの自発的なそういう活動にゆだねていったらどうやと。ただし、やっぱりこれはこれからも継続していただけるようなその方向性はつけていかなければならないということで、地域予算の中で継続いただけるように、今関係の方々にもお願いをいたしているところでございます。お金もらえるからするというのではなくして、資源循環型社会をきちっと構築していく上において、こういう事業は大切だというそういう認識の中でこれからも継続をしていっていただきたいなとこんなふうに思わしていただいているところでございます。

 それから、乳幼児医療費の年齢の引き上げにつきましては、県と協調してやらしていただきたいと、こんなふうに思ってございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 橋本議員。



◆議員(橋本マサ子) 乳幼児医療費については県と協調ということでございます。県も予算化をされておりますので、まだ最終本会議は向かえて、本日ですか、最終本会議かというふうに思うわけですけれども、決定をされたときにはぜひ実施をしていただきたいというふうなことで、お約束をお願いしたいというふうに思います。

 それから、資源ごみのことで、ぜひ自発的にというふうなことでご答弁をいただいたわけですけれども、地域予算というふうなかかわりの中で、今までされてたこの413団体にも上る皆さん方の地域で、これが本当に引き続き運営していけるかというふうなことについては、まだわからないわけです。毎月毎月続けていらっしゃる団体の方が、やっぱりそれが確定するまでストップするわけです。ですから、そういうのがあってはならないというふうに思うわけです。これは資源ごみのことだけにかかわらず、ほかの補助金についてもそうなんですけれども、このことについては従来からいろんな議員さんからの議論もあったわけですけれども、その辺がありますので、私もこの地域予算というふうなことにかかわりましては、もっともっと地元の人たちも組織がきちっとできて、計画が十分練られるようになって、それまで待つべきだというふうに思うわけです。そういうふうなことができてからでないと、やはり今までせっかく続けてきた事業に穴があいてしまうわけなんです。ですので、その辺についてしっかり見ていっていただきたいというふうに思うわけです。

 きのうだったかのご答弁の中で、最悪、区長さんだけでもそういう形が整えば、そういう事業をやっていただくんだというふうなご答弁をちょっといただいたかなというふうに思うんですけれども、そういうふうな形で何かどんどんなし崩しにしてしまうっていうか、地域の方たちにそれを求めるならば、やっぱり公のお金を交付するわけですので、きちっとした形で組織ができて、計画づくりができて初めて交付されるというそういうルールというものはきちっとつくっておかなければいけないと思うんです。その辺とも兼ね合って、地域の皆さんがじゃあ受けて立つよという土台づくりができるまで、私はもう少し待つべきだというふうに思うわけですけれども、その辺についてもう一度ご答弁をいただきたいというふうに思います。



○議長(橋本隆雄) 市長。



◎市長(亀井利克) 議員おっしゃるとおりでございまして、組織、それから事業計画がしっかりした時点でないと、支出はできないというふうに思っているところでございます。その組織あるいはまた事業計画がしっかりできるように、市の方も地域振興推進チームもお手伝いさしていただく中で、早くできるように市の方もバックアップをしていきたいと、こんなふうに思っております。

 それから、継続して今行われていたその事業につきましては、それはその団体の中で遡及できるということであれば、4月からやっておったことについて、その団体へ地域づくり委員会が支出をするということであっても私はええのではないかなと。そういう継続してされておった事業については、それでもいいのではないかというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 橋本議員。



◆議員(橋本マサ子) それでは、きちっとした組織づくりができなくっても、それは継続してやる事業に対しては交付されるということですか。



○議長(橋本隆雄) 市長。



◎市長(亀井利克) いや、それはきっちりした組織ができてからの話ですけれども、それは遡及をその団体がしていただければ、4月からにさかのぼって、これは継続して出してもいいじゃないかということであれば、私は、その団体、そういう決定をされたんであれば、それはそれでもいいのではないかというふうにも思わしていただいてるところでございます。

 ただ、地域団体でない団体ありますね。目的団体さんがなさっている場合があります。これはまた違った部署で支出できるように今検討をいたしているところでございます。



○議長(橋本隆雄) 橋本議員。



◆議員(橋本マサ子) その方法もよくわかるわけですけれども、それではやはり地域の皆さん方が一生懸命取り組んできた知識というものを私は損なってしまうのではないかというふうに思います。やはりそれはそれとして継続して、きちっとした立ち上げができるまでやはり市としての継続をして、事業をしていただきたいというふうに私は思いますので、今後またさらに検討していただきたいというふうに思います。



○議長(橋本隆雄) 市民部長。



◎市民部長(見邨光生) 先ほど団体413と申し上げました。申請件数が413件でございますので、訂正さしていただきます。



○議長(橋本隆雄) 小田俊朗議員。



◆議員(小田俊朗) それではまず、補正予算の27ページ、商工費県補助金というのがございます。ここで緊急地域雇用創出特別補助金、減額されておりますが、この減額した事業の内訳はどういうふうになっておりますか。それが一つです。

 次に、60ページ、同和対策事業です。

 ここでは補正予算の説明書の中でも、主な内容で投資的経費の中でかなり大きな部分を占めて減額されております。これだけの減額はなぜ起こったのか、それ一つです。

 もう一つは、住宅新築資金等貸付事業特別会計繰出金、これは逆にふえております。たしか住宅資金は既に昨年末で終わっていると思うんですが、なぜふえておるのか、お聞きします。

 その次、67ページ、衛生費、先ほど橋本マサ子議員が繰越明許のとこでお伺いしたところと関連するかもわかりませんが、合併浄化槽補助金、これが600万5,000円ふえております。当初1,020万7,000円でございました。6割の増加になっております。これはなぜなのか、この3点についてまずお伺いします。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) それでは、緊急地域雇用創出特別補助金の減額についてご説明申し上げます。

 総額で525万4,000円の減額でございます。

 まず、第1点目ではございますが、市史編さん室の関係の事業でございまして、民俗礼儀調査事業というこれも事業費の精査によりまして、127万4,000円の減額を行っております。

 それから、ごみゼロリサイクル推進の関係でございまして、環境レンジャーアンドカウンセラー事業でございます。これにつきましては、205万円の減額でございます。

 それから、商工観光課でございますが、私どもの事業でございまして、滝之原工業団地の売り込みでございます。これにつきまして3万円の事業費の精査をさしていただいております。

 それから、情報施策の関係でございまして、市民ITサポートセンター設置事業でございます。これも事業費の精査で160万円の減額でございます。

 それから、教育委員会の関係でございます。耐震診断業務ということで中学校でございます。これも事業費の精査で30万円の減額をさせていただきまして、トータル525万4,000円でございます。

 この緊急雇用創出事業でございますが、平成13年度から16年度までの事業でございまして、総額は1億1,207万円の名張市の配分を受けております。この減額した分につきましては、また翌年度、平成15年、16年度の方で事業を実施させていただくということになっておりますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 市民部長。



◎市民部長(見邨光生) 私の方から、同和対策事業の補正関係でご説明さしていただきます。

 まず、1点目の地方改善事業でございます。

 この事業につきましては、対象地域全域に有します駐車場、公園、小遊園地、火葬場、集会所等の維持修繕費や除草等の委託料として予算化さしていただいているものでございます。それぞれの事業につきまして、今後の見通しをつけ、精査さしていただいたもので、主な費目としましては、修繕料、手数料、委託料、工事請負費等が不要になりましたので、224万円を減額さしていただくものでございます。

 続きまして、建設同和対策事業でございます。

 同じく対象地区全域に有します地区道路や橋梁、それから下水排水路の新設並びに維持修繕費として計上しておりまして、また百々中央線の拡幅工事の新設費用として予算化いただいていたものでございます。

 そのうち建築用の道路等の維持修繕費分として910万円、下水排水路の維持修繕分で140万円、地区道路百々中央線拡幅事業が県事業として実施していただくようになりましたために、計上さしていただいておりました委託料180万円が不要になりました。合わせまして1,280万円を減額さしていただくものでございます。

 続きまして、農林同和対策事業でございます。

 同じく対象地区全域の農道、林道、それから農業用水路等の新設並びに維持修繕費として、それと農地等の整備事業を推進していくための費用として計上させていただいております。

 今回補正させていただく2,310万円につきましては、地方改善事業とあわせまして、同じように事業費の精査でございますが、特に9月補正でお願いしました大上工区のほ場整備事業につきまして、地権者の方と工法等の協議が長引きましたので、もう工期的に間に合わなくなったということで減額さしていただくものでございます。

 続きまして、住宅新築資金等の特別会計の繰り出しでございます。

 歳出不足分を一般会計から繰り出すものでございまして、公債費が歳出の主なものでございますが、年度途中に7件の一括償還者が出てまいりました関係上、公債費を3月補正で組んでいただく前に、一度に県の方へ返していただくということで、歳入歳出のバランスをとる関係上、一般会計からの繰り出しをお願いしたところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 都市環境整備部長。



◎都市環境整備部長(山下員啓) 合併浄化槽の予算の増額についてのお尋ねがございました。

 さきの橋本マサ子議員からのご質問もございましたように、本年の1月に県を通じまして国の方から、名張市、名張市以外の市町村もそうでございますけども、合併浄化槽の補助について、経済対策の観点から、補助金の受け入れ額の増大を求められましたので、私どもとしては、生活環境の推進に資する、あるいは排水がよくなるということでございますので、5人槽については3基から8基、7人槽については18基から28基ということで、5人槽は5基、7人槽は10基の受け入れをさせていただこうということで今回605万円のお願いをしてるとこでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 小田議員。



◆議員(小田俊朗) 先ほど質問に答えていただきましたが、緊急雇用特別基金事業でありますが、この補正予算書のところで備考欄でずっと私きのう見てたんですが、IT推進事業費のITのサポートのところにそれが書かれてませんでしたので、計算上は160万円足らなかったんで、何でなのかというのが一つ疑問に思ったんでお聞きいたしました。補正予算書にはきちっとその辺もわかるように書いてほしいと思います。

 ただ、12月段階で補正の段階で、昨日調べましたら、ITサポートセンターの事業については、中学校管理費の事業を減らしてこちらに回しておられるんですか、そういうふうな格好になってたと思います。それと、ITサポートセンターは200万円の補正を組まれて、160万円減額ですから、40万円しか使ってないということになります。実際どういうふうなことになっておったのか。

 この事業は、国が100%持つわけですから、今緊急地域雇用特別交付金事業につきましては、全国的に各自治体で今の経済不況の中で失業者対策という意味も込めまして、自治体が積極的に取り組んでおる事業であります。減額するような取り組みじゃなく、さらに増額していくというふうな積極的な事業内容を進めていただきたいと思うんですが、その辺は今後どういうふうに取り組まれようとしておるのか、また県から一億幾らかの配分があったということですが、それを市からもともとこういう事業をやりたいんだと。例えば、秋田県とか向こうの田舎の方では──田舎と言ったら失礼ですね──自然環境豊かなところでは、例えば松くい虫で立ち枯れの木を刈るというふうな事業もやっておられます。いろんなそれぞれの地域に合わした雇用形態を自治体が積極的に進めておられます。そういうところをよく研究されて取り組んでいただきたいと思うんですが、いかがに考えておられるか。

 もう一つ、2002年度から補正を上積みしまして、新しく中小企業の皆さんがこの事業を活用できるというふうに予算が総額800億円のうち400億円を組まれたというふうに聞いております。こういうふうな今中小企業の皆さん大変な実態です。もちろんいろんな条件があります。そのうち人件費に7割使えとかありますが、それを有効に使って、施策を打ち出すというふうなことは考えておられないのかどうか。ぜひ出を縮小するじゃなく、自治体は今の実態をとらまえて、積極的に事業を興すというのを、そういう国のせっかく100%やると言うたらおかしいですけど、税金を使って事業計画を立てと言うてるわけですから、その辺をどういうふうに考えておられるかというのをお伺いしたいと思います。

 それから、同和対策事業につきましては、今お聞きしました。しかし、やはりこれは積み上げの予算計画ではないです。幾らかこれぐらいあるだろうということで組まれてます。それで、減額が大きいというふうに思います。それならば、例えばこれだけの減額があれば、農林同和で2,300万円です。あれば、お出かけシルバーバス、二千数百万円でたしかいけるはずです。そういうところに今見直しをするというのも一つの手ではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。

 浄化槽の問題についてお答えいただきました。なぜ質問したかといいますと、確かに国や県からの補助金が経済的に効果があるということでおりてきたという説明ですが、私は、2月17日の時点で、ある区長さんから、この辺で業者の方が4月から名張市の補助金がカットされるので、今のうちに合併浄化槽をつけておいた方がいいというふうに回っておられますよということをお聞きいたしました。私が、この補助金について下げられるというのは、2月14日の重要施策調査特別委員会で聞きました。3日のうちに回るということはあり得ないので、既にその区長さんは、これは印鑑を押さなあかんわけですから、1月からもう回っておられましたよということでありました。もし業者の方の説明が本当であれば、私どもが知らない間に市の方から業者の方にもう既に4月から補助金がカットされるというふうな情報が提供されたことになります。これが事実かどうか、私の聞き間違いであればいいんですが、明確な答弁をお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 総務部長。



◎総務部長(和田満) ITサポートセンター事業の件でございますが、この事業につきましては、先ほどの国の緊急地域雇用創出特別基金事業でございます、市民を対象にIT講習受講後のフォローアップを行うとともに、市民のパソコンに関する技術向上のため、ITに関する基礎的な相談、例えばIT講習会を受講したが、うまく操作できないとか、インターネットに接続できないとか、電子メールが送れない等々に対応するために開設をするものでございまして、設置場所につきましては、名張産業振興センターのアスピア1階の展示コーナーということで以前藤島議員さんのご質問にもお答えをさしていただきました。しかし、当初名張商工会議所へ委託するということで準備を進めておりましたが、この事業はいわゆる雇用期間が6カ月間しか認められておりません。6カ月を経過すれば解雇をいたしまして、また新規の人を雇用しなければならないというような制度でございます。したがいまして、委託業者っていいますか、新規の雇用がしにくい状況ということもございますもんで、大変雇用条件が厳しくなっております。したがいまして、その名張商工会議所より受託辞退の申し入れがございまして、今現在別のIT関連の会社と折衝中でございまして、ほぼ合意に達しておりますので、新年度から契約等をいたしまして、開設をする予定でございます。

 以上です。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) それでは、失礼いたします。

 緊急地域雇用創出特別補助金の関係でございますが、先ほどもご説明を申し上げましたように、トータルで525万4,000円の減額でございます。

 この減額につきましては、翌年度以降へも繰り越して実施できるということでございまして、ご指摘いただきましたように、地域に合ったような形の中で、地域の特徴の出るようなこのような事業へも回さしていただきたいと、このように考えさしていただいておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

 それから、中小企業への増額等についてというご質問をいただきました。

 これにつきましても、県の方から通知がございまして、緊急に事業計画を各課の方へ現在連絡いたしまして、照会しておりますので、年度内に有効的な施策を考えさせていただきまして、いただいたような地域に密着したような事業展開をさしていただきたいと、このように考えておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 都市環境整備部長。



◎都市環境整備部長(山下員啓) 浄化槽の補助金の関係につきましてお答えを申し上げます。

 今小田議員がおっしゃいました内容については、私は承知しておりませんので、後ほど調査をいたしまして、議員にお答えをさしていただきたいと思います。

 ただ、私の方が担当の窓口で幾つかの業者の方がたくさんこの申請にお見えになりますけれども、どういう指導をしておったのかということについては、県の補助の見直しがあるとか、あるいはそういうことについては業者の方が非常に敏感になっておりますので、そういった観点でいろんなことできちっと説明ができなかった部分もあると思いますので、後ほど議員に調査をいたしましてお答えをさしていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。



○議長(橋本隆雄) 市民部長。



◎市民部長(見邨光生) 同和対策費の計上でございますが、この金額につきましては、過去の実績に基づきまして計上さしていただいているものでございます。たまたま本年度につきましては事業が少なかったということでございまして、必要な場合も出てまいりますので、予算化さしていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 小田議員。



◆議員(小田俊朗) ITのところはわかりました。受ける人がおらないということ、これは緊急雇用の場合は受ける人がおらないとできないということは確かですから、それはそれでいいと思うんですが、自治体が主体となってもう少し事業を取り組めるというふうにもたしか厚生労働省のホームページに書いてありました。そういう観点で、例えばいろんなITだけじゃなしに、先ほど産業振興部長の方は年度内に有効な施策を打つということですが、こういうことはせんだっての一般質問でも、今名張の事態が大変だということですので、早期に手を打って、名張市独自の産業政策を打ち出すということが今本当に求められてると思います。

 一方で、福祉サービスを切り捨てるだけじゃなしに、これはよいことではないですよ。だけども、もう一方で名張市はこういう施策を行ってますよという新鮮な取り組みが今求められていると思います。もう一度産業振興部長の決意のあるお答えをお願いしたいと思います。

 もう一つは、合併浄化槽の分につきましては、今後で資料をいただくということでしたので、調べてもらうということ、私の聞き違いかもわかりませんし、その辺はよく聞いてもらいたいと思います。

 ただ、補正がふえてるということですから、もう既に業者の方が回っておられますから、これは事実です。後で結構ですけども、どれだけの業者の方が何件、どの地域でこの補助金申請を受けるように申請されたのか、これも明らかにしてください。そうすれば、一定その辺の経過もわかってくるんじゃないかというふうには思います。

 同和対策の事業につきましては、今回たまたま事業が少なかったということですが、そういうことではなしに、やはり予算は必要な予算を組むということが求められてます。必要でないところは当初予算で削って、本当に住民の人はここはやってほしいというふうに声があるにもかかわらず削っているわけですから、そういうふうな立場でなしに、本当に住民の声に立った予算を組むということで、このことについても当初に向けても検討をしていただきたいと思います。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) 失礼いたします。本当に大変厳しい社会経済情勢の中で、中小企業を取り巻く状況は殊のほか厳しいものがありますので、ただいまいただきましたご意見を真摯に受けとめまして、即効性のある対応ができるよう最善の努力を行ってまいりたいと思っておりますので、またご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 石井 政議員。



◆議員(石井政) 補正予算にかかわる質問を2点さしていただきます。

 まず、1点目は、41ページの交通安全対策費ということでありますが、いろいろと交通安全の対策につきましては、市の方でもいろいろ取り組んでいただいていることと思いますが、先月の14日にありました交通死亡事故、桔梗が丘の南交差点でありました、学校安全サポーターの方が補導に向かわれる途中で亡くなられた痛ましい事故が発生いたしました。その後の対策につきまして、どのようになされておるのか、それがまず1点でございます。

 もう一点は、75ページの商工業振興費ということで、補助金及び交付金、中小企業振興利子補給補助金ということで、これ10万円の減額がなされております。

 国の方では、ことし2月10日から資金繰り支援保障制度が開始されております。中小企業の方、非常に多分議員の方のいろんな質問もありますように、非常に大変な中でいろんな資金繰りで困られておられる。また、貸し渋りとか貸しはがし等もございまして、この制度が開始されることによって、非常に中小企業の皆さんのサポートになる制度だと思いますけれども、これの市の方としてのPR、新しく制度が開始されましたこのPR、どのようにされておられるのかということをまず2点お伺いいたします。



○議長(橋本隆雄) 教育長。



◎教育長(手島新蔵) 第1点のご質問につきましては、私ども教育委員会がかかわることでございますので、お答えを申し上げたいと思います。

 今ご所見ございましたように、2月14日午前7時50分ごろ、名張市桔梗が丘五番町五街区の市道で、学校安全サポーターで指導中の桔梗南一番町の松本 豊さんが痛ましい交通事故によってお亡くなりになりました。私も、そのことを朝事故があった後、ご近所、ご家族から学校または教育委員会へご連絡いただきました、ちょうど急遽市立病院の方へお見舞いをさしていただいたときにお亡くなりになったということで、本当に残念であるし、お悔やみを申し上げたいと思います。1時13分、頭部骨折をもってご逝去されました。

 この学校安全サポーターは、一昨年から大阪教育大附属の池田小学校の事件をきっかけに、児童の登下校の安全確保のために導入されました施策でございまして、県から名張市内1校補助金が出まして、あと17校は市単で配置をさしていただいていると。市教育委員会に登録されているのは、現在学校安全サポーター57名、常時それの務めをしていただきますのは1校2名ずつということでございます。これにつきましては、このことが起こっては困るということでございますけども、起こった段階につきまして、早急に各学校に教育委員会名で児童・生徒の交通安全指導の徹底と危機管理を見直す。また、交通安全指導に当たっていただきますPTAの方または小学校の今学校安全サポーターの方につきましては、十分事故の起こらないようにご留意をいただきたいという旨を通知をさせていただきましたとともに、早速それに当たっている方の講習会を実施をしました。指導いただく方には、緊急時の笛、それから腕章を身につけていただくと。また、横断のときには児童に旗を持たす。そして、一緒に渡っていただくときには、当然この安全サポーターの方が旗を持って左右を自動車の確認をしながらその横断をするということになっておるわけでございますけども、たまたまこの安全サポーターの務めに入っていただいた直後、まだ子供はそこには来ておらなかったんですけど、務めに入っていただく直後、そういう事故が起こったということでございました。これにつきまして、学校等を通じまして、安全サポーターの方には3月2日に講習会をして、そういう場合もあり得るので、ひとつ前後のそういう安全については、児童の安全についてはもちろんではございますけども、当たっていただく方自身のそういう事故が起こらないとは限らないということでございます。

 これにつきましては、もう既にマスコミ等でご案内いただいてますように、34歳の方の勤務に係るいわゆる通勤途上の無謀な運転ということになっておりまして、当該の方につきましては、死亡事故ということで業務上過失致死と、こういうことで逮捕されたというふうにはお聞きしております。

 3日、4日後に告別式がございまして、亀井市長さん、橋本市議会議長さん、そして私も含めまして、告別式には参列をさせていただいて、お悔やみを申し上げました。

 今後につきましては、ご遺族の方に対しまして、市からお1人1万円ずつの保険に入っておりまして、その保険が四十九日を過ぎた段階におりてくるということの手続は完了しました。

 なおまた、臨時職員というご身分になるかどうかにつきましては、労働基準監督署の方並びに警察署、関係機関、そして庁内におきましては職員課、学校教育課等協議の上、そのことにつきましては、先ほど申しましたように、そういう務めに入っていただく途中なのか、務めに入ったと解釈するのかと、この辺につきましてはもう一度審査をしていただくというふうにお聞きしてますが、事故が起こった分につきましては、本当に残念でございますので、今後そういうことにつきまして精いっぱい名張市としましても、教育委員会としましても努めてまいりたいと考えておりまして、二度とこういうことの起こらないような万全の施策を進めてまいる覚悟でございます。ご理解を賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) 中小企業振興利子補給補助金のお尋ねでございます。

 今回補正で10万円の減額でございますが、今回この対象者がなかったということで減額さしていただいたものでございます。

 この制度につきましては、中小企業者が新たな事業展開あるいは現在の事業を新たに高度な事業に持っていくための資金融資制度でございまして、今回ゼロということになっておりますが、これのPR等につきましてどのようにしているかということでございますが、中小企業の融資のPRにつきましては、会議所の中小企業相談所への指導並びに各事業へのメーンバンクを通じ、中小企業へご案内させていただいているということでございまして、ご指摘いただいたようなPR不足というようなこともございまして、結果的に減額させていただかなければならない結果になっておりますので、今後ともPRにも努めさせていただきたいと、このように思っておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 石井議員。



◆議員(石井政) 今教育長の方からもお話がありましたように、その方の補償、務めに入る前か、要するに勤務につかれた後かということで、私は、これ勤務に、実務的には横断歩道の歩道ですけども、家からそこまで来るということ自体もそれは含まれるのではないかなと、その辺思います。

 もう一つ、保護者の方から、これ学校の方で資料いただいたんですけども、押しボタン式の表示があそこに、私も現場に行ったんですけど、横断中という表示なんです。それが児童が押すと点滅するという状態で、非常にインパクトのない、運転者から見れば赤は絶対とまるという感じなんで、あれは判断、児童が通られる中で点滅してる、ああ、とまらなあかんとか、おれへんかったらもうそのまま行ってしまおうかと。その辺で非常にあれが保護者の方からも中途半端だと、横断中の表示は。谷本石材前の信号と連動した信号をつけるべきだという、そういう要望も出ているように思います。

 また、道路に段差をつけるとか、あるいはスピードを落とすような横断歩道の手前、そういう白線を引いてほしいとか、そういう要望もあったように聞いておりますけども、その辺のハード面ではどうなのかということがまず1点です。

 もう一点は、その安全サポーターの方あるいは児童の皆さん、そして保護者の方っていう事故を受ける側の注意を喚起する、命の大切さとか、そういうことが非常に学校での集会を持ち、そういうお話をされてると思うんですけども、一方の方でドライバーの方、聞くところによりますと、携帯電話を操作しておられたのかなというふうな話も聞いております。今非常に携帯電話を持つ人口が多いわけでありまして、この辺のドライバーのマナーにつきましても、これから私たち含めて気つけていかなきゃいかんのではないかなと。私もその現場に行き、いろんなお話を聞かしていただく中で、これは人ごとではないと。私もそういう場面があるときもありますので、これは運転中はもう絶対に携帯電話の使用はしてはならないという、私も自分に言い聞かしたんですけども、道路交通法の改正で、運転中の携帯電話の使用が禁止になっております。ところが、この禁止というのは、罰則が携帯電話の使用にかかわって事故を起こすか、あるいは事故を誘発した場合に減点2点と、それから罰則金9,000円というふうになってるんですけども、運転中の携帯電話の使用自体の行為は罰則金とか減点にはかかっておらないわけです。それで、その辺のところをもう一度市の方も、今回の事故、非常に痛ましい事故でありましたので、名張だけではないんでしょうけども、ドライバーの運転中の携帯電話の使用については、もう一度注意というか、もう使用しないということの何か啓発というんですか、そういうことをする必要があるのではないかなと思っております。その点について再度お伺いいたします。

 それから、先ほどの中小企業の問題ですけども、これ国の方で平成14年度の補正予算で中小企業対策として5,000億円を計上されております。その中にセーフティーネットの対策として4,600億円が盛り込まれておりますけれども、この2月10日から資金繰り支援保障制度ということで、借りかえ、あるいは何社にわたって融資を受けてる。それを1本にしてまとめて、そして返済期限もこれ何年でした、5年で、月々の元本返済もこれによって非常に減額されるということで、中小企業の方にとっては非常に救われる制度でございますので、この辺先ほどPR不足とおっしゃってましたけども、再度この2月10日から始まっておりますので、まだ知らない方もおられますし、また私のもとにも2月10日から始まった制度、これ一体どうなっとんねやということで、私も持ってる資料をもとに詳しくご説明をさしていただいたようなわけでございますので、市の方としましても、今中小企業非常に困っておられるという現状でございますので、このPRの方は、新しい制度でございますので、しっかりとして、皆さんに知っていただきたいなと、このように思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 教育長。



◎教育長(手島新蔵) ただいまの再度の石井議員さんのご質問の前半部分について、教育委員会からお答えを申し上げたいと思います。

 ご指摘いただきましたように、この交通事故につきましては、公務に、または勤務にかかわる、子供の指導に入るということを、旗を持って横断歩道のとこに立たれたという行為が勤務に入ったものと教育委員会としてはこう理解をし、そのように考えているわけでございますけども、その現場検証または付近の目撃者、特に車がその石材店のところに2台とまっておって、その方についても警察の方から確認されたというふうなこともございますし、明らかになれると思いますし、私どもはそういうふうな補償の面につきましても精いっぱい努めてまいりたいと思います。

 また、2点目の安全標識等につきましては、石材店のところと、それから桔梗南幼稚園のところに信号機がございまして、距離が非常に短いわけでございまして、その間の横断歩道と、こういうことでございますが、横断歩道をそこに設置するということについては、交通安全協会等も、警察の方も非常に至難であるけども、何らかの形で、例えばスクールゾーンとか、または信号機に準じたそういうものを検討していきたいと、このように言っていただいているようでございますし、教育委員会としましても、当該課、また名張市安全協会、交通安全協会、警察署を通じましてそのことの取り組みを進めてまいる覚悟でございますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 市民部長。



◎市民部長(見邨光生) 啓発の関係でございますが、啓発につきましては、交通安全推進委員会並びに警察の交通課と協議しまして啓発してまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) 中小向けの新たな金融対策ということでございますので、私どももPRに努めてまいりたいと、このように思っております。

 現在は金融関係の相談窓口につきましては、名張商工会議所において、中小企業相談業務のための相談員を配置し、徹底をしているところでございますが、今後とも私どもの方の担当部でも相談に力を入れてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 和田真由美議員。



◆議員(和田真由美) このたびの補正予算についてお聞きをしたいと思います。

 私は、重点的に歳入の方についてお聞きをしたいと思います。

 今回平成14年度の締めくくりの予算ということで全体を見てみました。かなりの減額補正、精査となっております。特に歳入につきましては、大事な市政を動かす大きな財源となってまいりますので、そのあたりについてお聞きをしたいと思います。

 私なりに見てみましたことをしゃべってみたいと思いますが、まず収入減という点では、市税、今回個人市民税が8,340万円増額ということになっております。また、地方交付税、これは6,550万円の増額、また国庫支出金におきましては、委託金で82万9,000円、県支出金では、県の負担金、県の補助金等々ございます。それぞれ791万円と県補助が4,169万円、これがプラス部門です。あと、寄附金として989万9,000円、諸収入で、これは雑入ということで2,540万2,000円という形で計上されております。

 また、収入減というところを見てみますと、交通安全対策特別交付金で200万円の減、分担金、負担金で922万3,000円の減、使用料、手数料では、使用料におきましては802万円余、手数料では14万7,000円の減額です。また、県支出金では、委託料として276万6,000円の減額、財産収入では、財産の運用収入ということで145万5,000円の減額になっております。繰入金では3億8,519万4,000円、雑収入におきましては、市の預金利子が50万円の減額、市債では1億9,439万9,000円の減額ということです。

 これは収入増、いかにふやすかというのがこれからの私は市の大事な要素であると考えております。減額の精査またはこの補正ということについてお聞きをしておきます。

 まず、市税です。

 今回8,340万円の補正をされておりますが、平成14年度として今後の見込みはどのようになるのかということです。

 それで、この個人市民税、特に市税というもの自体、増収をどうするのかということについて市長にお尋ねしたいのは、私自身、住みよいまずまちづくりをつくることが大事というふうに考えております。すなわち、赤ちゃんからお年寄りまで、この名張に住んで本当によかったということがこの市税の増収につながるのではないかという点では、どんな施策があるのかを聞いておきたいと思います。

 次に、分担金、負担金です。

 この中身を見てみますと、保育所の運営費の負担金が365万6,000円減額されております。また、埋蔵文化財発掘調査事業費負担金ということで500万円の減額がされております。この減額理由を聞きたいと思います。

 次に、使用料、手数料におきましては、見てみますと、総合福祉センターやリバーナホール、それから勤労者福祉会館、それと市営の駐車場の使用料、幼稚園の使用料、夏見廃寺の展示館入館料、こういうものが減額しております。使用をされる方が前回より少なかったのかどうか、この減額理由についてお尋ねをしておきます。

 次に、国庫支出金です。

 生活保護費、この負担金、扶助費ということでこれも減額されております。国からの減額。それから、児童扶養手当の負担金、これも大きく減額をしております。467万3,000円余です。それと、身体障害者の保護費負担金、これも768万1,000円の減額です。今障害者の支援費ということがこれから4月には開設されるわけですが、これとのかかわりについて、なぜこのように減額措置をされているのかを聞きたいと思います。

 その次に、20ページの衛生費、これは国庫補助です。水道未普及地域解消事業補助金として2,348万円が減額されております。これは赤目町の長坂です。飲料水の供給施設整備事業というのがあります。10分の4の国庫補助があるんですが、これが減額されております。なぜでしょうか。

 次に、21ページの教育費国庫補助金の中で、就学援助費の補助金がこれも686万9,000円大きな減額です。不況下の中で、私は、結構申請があるのではないかと思うんですが、このあたりなぜ少なかったのか、見込み違いだったのかを聞きたいというふうに思います。まず、その点でお願いします。



○議長(橋本隆雄) 市長。



◎市長(亀井利克) 市民税の増のお尋ねについてございましたけども、これは担当部長の方からお答えをさしていただくわけでございますが、昨年暮れに大阪の某企業というか、事業所というかの大幅のリストラ等がございまして、それの一時金によるものであるわけでございます。

 それから、これから市民税をどのようにしてふやしていくかと。これは人口が微減している中で、人口増加をどのように図っていくかということにも通ずるかと思うわけでございますが、これはかねてから申し上げているとおり、住みよいまちあるいはまた暮らしよいまち、それをより特化していかなければならないと、こんなふうに思っておりまして、それを反映した総合計画を今策定をいたしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 総務部長。



◎総務部長(和田満) それでは、個人市民税の8,340万円の増額補正ということでございますが、これにつきましては先ほど市長の方が申し上げましたとおり、大阪の企業等からの退職者が増加したことによります退職所得が増加したということでございます。6月の調定と3月現在の調定との差を算出いたしまして、それに対する収納率を掛けますと8,340万円ということになってまいりました。これにつきましては、退職等によりまして、給与所得者が減ります。そうしますと、特別徴収が減収となり、また景気の低迷等によりまして、過年度の課税分も減収となってきます。それから、退職によりまして給与所得者が減ることによりまして、今度は普通徴収者──特別徴収から普通徴収に変わります──が増収となり、また早期の退職といいますか、リストラ等によりまして退職金に係る所得分が増収となってきます。

 しかし、今年度はこのような一時的に増になっておりますが、来年度以降につきましては、その退職等による所得っていうのがそうたびたび見込まれることもできませんもので、今後は減少していくんではないかと、そのように予想をいたしております。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(岸上勇) 私の方から、収入に対する3点についてお答え申し上げます。

 まず、1点目の分担金及び負担金という費目の中で、保育所運営費負担金、今回の補正で365万6,000円の減額補正をお願いしているところでございます。

 この内容につきましては、保育所運営負担金という形の中で、保護者の方々に保育料をちょうだいしている部分でございます。

 この保育料のちょうだいいたします積算につきましては、所得からの割り出しに応じましてそれぞれのご負担をいただいとる中で、当初予算にそれぞれ積算をいたすわけでございますが、所得におきましては、前年度所得という形の中での試算をしておる中で、本年度におきましては、こういう景気の低迷、社会情勢等において保護者の方々の一部そういう収入が減になったというところがこちらの方にもおりてきたという形の中での三百余万円の減額補正となっております。

 続きまして、生活保護費負担金、これは国庫支出金でございますが、明細書の中ほどの数値でございます。今回補正をお願いしておりますのは、児童扶養手当負担金といたしまして、国からの部分でございますが、4,600万円余の減額補正をいたしているわけでございます。

 この児童扶養手当の支給に対しましては、地方分権の一括法の改正の中で、昨年8月から市の方へこの児童手当の支給事務が移管されまして、それを受けて、市の方から昨年8月から給付をいたしているわけでございます。

 そうした中で、8月から3月までのその期間については、国の方では、当初平成14年度、当該年度という形の処理でお話がございましたが、その後いろいろ負担金の経過につきまして国の方からご指導いただきまして、12月から3月分までについては新年度で計上し、その支払事務に充てろというお話がございまして、当初名張市におきましては、8月から実施をいたして、ことしの3月まで扶養手当の計上をいたしておりましたが、国等の指導ございまして、12月から3月分までは新年度、いわゆる平成15年度の方に支払業務は変わるという形の中で、会計年度の整理上、今回その4カ月分については新年度に移行するという形の中で今まで平成14年度の計算上でお願いしていた部分については減額をさしていただくという部分でございます。

 なお、もう一点、身体障害者の保護費負担金の減額760万円でございます。

 この内容につきましては、それぞれ障害者の方々のご支援をいたしているわけでございますが、ここに示されている部分で申し上げますと、身体障害者の更生援護施設等にそれぞれ利用される方が市内のその施設を利用さしていただいております。そういった中で、それぞれ人員についてはある程度の積算をしておりますが、平成14年度の状況の中で、その利用者、当初より減額した分、いわゆる入所されなかった人員の分について今回精査をいたして、768万1,000円の減額をお願いしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 企画調整部長。



◎企画調整部長(家里英夫) 交付税に関しまして、地方交付税の増額6,550万円につきましては、特別交付税について、当初予算に8億円を計上いたしているところでございますが、昨年度実績を考慮いたしまして、約5%の減額になるとの見通しによりまして、当初予算計上額との差額を今回補正をさせていただきました。

 なお、この確定につきましては、今月中旬ごろということで聞いております。よろしくお願いいたします。



○議長(橋本隆雄) 建設部長。



◎建設部長(西出勉) それでは、駐車場の使用料の減額についてお答えをさせていただきます。

 使用料の徴収をいたしております駐車場につきましては、4カ所ございます。栄町、名張駅西、桔梗が丘南、丸之内東、4カ所でございます。そのうち栄町駐車場におきましては、160万円の減でございます。それから、名張駅西でございますが、24万円の減でございまして、丸之内の東側につきましては、10万円の増ということでございまして、174万円の減をさせていただいております。

 それから、住宅駐車場の使用料の減でございますが、これは中川原市営住宅におきまして、駐車場の使用料をいただいている分でございます。これは使用者の減という形で精査させていただきました。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 産業振興部長。



◎産業振興部長(森本昭生) リバーナホールの使用料の減額でございます。

 リバーナホールの使用につきましては、公益的な利用がほとんどというような形の中で、減免規定にかなう利用が多かったというようなことで減免さしていただいたものでございますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 教育次長。



◎教育次長(奥田正昭) 17ページの埋蔵文化財の発掘調査費500万円の減額でございますが、結果といたしまして、この見込みも含めまして、開発時にこの埋蔵文化財の発掘調査が指導要綱によりまして義務づけられております。これが結果としてなかったということでございます。これは平成15年度の予算にも実は計上させていただいておりますが、万一のそうした申請があった場合、急遽この発掘調査に対応できるようにということで、毎年年度当初に歳入で受けているものでございます。これの業者負担金という埋蔵文化財の保護法の中に原因者が負担するというふうな条文がございまして、これによって歳入で受け入れを予定していたものでございます。

 それから、2つ目の夏見廃寺でございますが、当初50万円の使用料収入を見込んでおりました。年々入館者の減少が進みまして、2月末で1,500人強と、ピーク時の3分の1程度になっております。できるだけ入館者の増に努力をしていかなければならないわけでございますが、この時点で目標をさらに増員することということで今日まで経過いたしまして、ここで落とさしていただいたということでございます。

 それから、次の21ページの就学援助費補助金でございますが、これにつきましては年度当初該当者数が350名というふうに見込んでおりました。これが263名ということでございまして、当初予算1,458万円に対しまして、減額によりまして771万1,000円ということでございます。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 水道部長。



◎水道部長(森本和夫) お尋ねのございました水道未普及地域解消事業補助金の減額要因でございますが、これにつきましてはご承知いただいてございますとおり、昨年度と本年度の2カ年間にわたりまして、長坂の飲料水の供給施設の整備をやらしていただいているところでございます。

 昨年度につきましては、調査設計という業務をさしていただいております。本年度につきましては、その内容を踏まえまして、事業をさしていただいたということで、おかげをもちまして現在すべての施設が完成いたしまして、試験運転をさしていただいておると、こういうふうな状況の中で、事業費の全体の事業費を精査さしていただいた結果、トータルで2,348万円の減額と、こういうような内容でございますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(橋本隆雄) 暫時休憩をいたします。(休憩午前11時54分)



○議長(橋本隆雄) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。(再開午後1時0分)

 和田真由美議員。



◆議員(和田真由美) 今回の補正予算の歳入にかかわって、たくさんの今午前中答弁をいただきました。この中で、もう一度市長にお尋ねをいたします。

 住みよいまちづくりという点では、総合計画をこれからつくるということですが、特に名張市における商業の「商」、工業の「工」、それから「遊」、遊ぶ方です、それから観光の「観」、「学」というこれを備えた形での多分総合計画は考えていただいております。前任者のこの総合計画との兼ね合いという点では、全く新しい総合計画になるのか、それとも市長そのものがお考えになってる、そういう総合計画をつくられるのか。特に財政再建という非常事態宣言という中での総合計画というのは、どのようなものを考えておられるのか、概要のご説明をお願いしたいと。いつごろこれを私たちに提示していただけるのかという点についてもお聞かせをしていただきたいと思います。

 それから、教育委員会には、使用料、手数料の中での幼稚園使用料607万円の減額につきましてのお答えがなかったので、これもあわせてお答えをいただきたいんですが、先ほどの教育国庫補助金の就学援助補助費、これにかかわって少しこの実情をお伺いしますのと同時に、現在申請の仕方というのがどのようになっているのかをお聞きしておきたいというふうに思います。

 以上、まずそこから。



◎市長(亀井利克) 総合計画でございますけれども、前任者がつくられました総合計画をベースといたしまして、私の考えを盛り込んだものにいたしてまいりたいと。これは市民の皆さんの参画によってできた、その計画でもあるわけですから、それを生かした中でつくっていきたいと、こんなふうに思っているところでございます。

 その中で、「産」「学」「住」「遊」兼ね備えたそういう計画にするのが望ましいわけでございますけれども、その中でもやはり「住む」を強調していかなければならない。やっぱり広域的にいろいろ考えていかなければならない部分もあるわけでございますから、名張で住んで、そして北へ、上野あるいはまた伊賀町へ働きに行っていただくという、こういう人口移動もあるわけでございますから、そういう方向性も生かしながら、「住む」「暮らし」、そういうことをコンセプトにより強調した総合計画にいたしてまいりたいと、こんなふうに思っているところでございます。

 昨年からこれ事務的に検討を進めてきているわけでございますけれども、平成15年度1年間かけてつくっていきたいというふうに思っております。4月から総合企画室を中心にいたしまして、全庁挙げて素案の作成をいたしてまいります。そして、夏から秋にかけまして、事務素案を議会にご説明をさせていただきたいと、こんなふうに思っておりまして、概要版も全戸配付し、パブリックコメントも実施をいたしてまいりたいと、こんなふうに思っております。最終的に来年度の3月の議会でお認めをいただくようにいたしてまいりたいと、こんなふうに思ってございます。



○議長(橋本隆雄) 教育次長。



◎教育次長(奥田正昭) 大変失礼をいたしました。午前中申し上げました数字につきましては、全く違う項目でございまして、改めましてご答弁申し上げます。

 幼稚園使用料につきましては、607万7,000円の減額でございますが、これは当初の段階で入園児が350といたしておりました。実態は263名という推計をいたしまして、全体の75%ということになりますが、そのために減額をさせていただきました。

 それから、次の就学援助の関係でございますが、申請の方法でございますが、まず毎年全学校を通じまして、保護者に案内を該当要件等の要項をお渡しをいたします。これは全保護者あてに出します。1年生につきましては、入学時におきまして、学校から保護者の方々にお渡しすると。これを保護者が受けまして、該当する方々が教育委員会の事務局あるいは学校へいらっしゃいます。そこで、説明をさしていただきまして、添付書類を添えて、まず学校へ提出がございます。各学校では、校長の推薦をつけまして、それから教育委員会に戻ってくるということでございます。教育委員会でこれを審査いたしまして、さらに学校に通知すると、そういう形をとっております。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 和田議員。



◆議員(和田真由美) 総合計画につきましては、来年の3月にははっきりとしたものが出るということで了解をいたしました。

 就学援助制度についてですけども、これは毎年全保護者にということなんですが、ここで一つ申請の仕方の改善をお願いしたいと思います。

 今お聞きしましたように、添付書類を学校へということなんですが、いろんな方から私どもに電話がかかってまいります。なぜ教育委員会へ直接ではいけないのかということです。今大変な不況の中ですし、児童・生徒を通じて学校側へ渡すということは、ある部分ではいじめの対象になったり、子供さん自身がそういうことを知ることで非常に心を痛める。かえってご家庭の方が受けたいけど受けられないという状況も出てきております。

 それと、このアピールにつきましては、年度1回だけです。多分途中からでも受けられたと思うんですけども、年度途中でも受けられるように、そして市民にはわかりやすく、広報では多分3月広報で1回きりだと思うんですけども、今大変な不況ですので、こういう制度がありますよというのは皆さんに周知徹底をよりしていただきたいというふうに思います。その点についてお聞かせください。

 それと、この就学援助制度の中には、小学校の給食費も補助されます。そういう点については、昨年、中学校給食につきまして質問をいたしましたところ、アンケートをつくって、そしてまた中学校給食実現の立ち上げをしてということでご返答がありましたが、その辺の途中経過、どのようになっているかを聞かせていただきたいというふうに思います。

 もう一点は、先ほど保健福祉部長からお答えがありましたが、障害者の支援制度について、これは昨年10月1日から相談業務が名張では開始されております。すべての障害者、この支援費制度に変わりましたことがきちっと周知徹底されたのかどうかという点についてお聞きをいたします。

 また、今般相談窓口が育成園の方に変わることになっております。じゃあ、一体行政は窓口で何をするのかということについてお聞きをしておきたいというふうに思います。

 もう一点、ちょっとこれ外れるんですが、住基ネットにつきまして、先日新聞報道で、仙台市でしたか、委託をしたものが一部漏れてしまったと、委託業者が漏らしてしまったということがあります。名張市の住基ネットの管理は大丈夫なのかという点についてお聞きをしたいと思います。どうもここは税関係のことで漏れたということでは、氏名とか年齢、それから職業とかいろんなものが出てしまっているというて非常に問題であると思います。住基ネットの扱いにつきましては、十分注意をしていただきたいのと、万が一こういうことがありましたら、当然きちっとした対応をしないと、これは本当に大きな問題だけで済まないというふうに思いますので、今個人情報保護条例制定をされる状況になっております中で、保護をするという点では安全に向けてやっていただきたいという点で質問いたします。



○議長(橋本隆雄) 教育長。



◎教育長(手島新蔵) ただいまのご質問の中の学校給食につきましてお答えを申し上げたいと思います。

 学校給食の民間委託につきまして、中学校給食を含めた市全体の給食のあり方を学校給食システム検討委員会を立ち上げ、検討するというふうにお答え申してございます。現在まで2回の検討委員会を実施をさせていただきました。1回目は、学校給食システム検討委員会の組織づくりと今後の進め方、2回目は、具体的に市民、いわゆる保護者、それから子供たち、そして教職員、この三者にアンケートを実施するその対象別のアンケートの項目の内容の検討、それから具体的にアンケートをとる、そしてから結果の集約、そういうふうな方向を決めまして、先月末2回目の検討委員会でそのことを決め、来る3月24日に第3回の検討委員会を開きまして、アンケートを項目を確定し、来年度は4月、5月にアンケートを実施、7月段階にこのアンケートを集約して、情報公開をしてまいりたいと。

 いずれにしましても、このことにつきましては、先ほど来の市政一新プログラム等にも述べられておりまして、小学校の一校でも早く民間委託をしてはどうかと、こういうご所見もいただいておりますので、そういうことも含めながら、このことについては推進してまいりたいと。

 ただ、そこでなお念のため申し上げたいのは、民間委託をただ費用対効果的なメリット、そういうことではなしに、民間委託することによりまして、これまでの食教育をどう進めるか、または地消地産の食材をどのようにそれを取り入れていくのか。または、安全衛生管理面を的確にできるのかどうか、その他この民間委託につきまして、現在よりも後退することなしに学校給食内容が充実すると、さらにメニューも複数的なメニューを配置できると、こういうふうなことを踏まえながらこの民間委託を検討しなければいけないと、このように考えております。

 あと、補助金関係につきましては、教育次長の方からお答え申し上げます。



○議長(橋本隆雄) 教育次長。



◎教育次長(奥田正昭) 申請の流れでございますが、あくまでも執行機関は教育委員会の事務局でございまして、保護者と教育委員会がその執行機関であると。学校は、あくまでも補助機関だという位置づけでございます。

 したがいまして、私、先ほど画一的に聞こえたかわかりませんが、必ずしも学校へ提出をいただかなくてもそれは結構ということになっております。

 さらに、ご懸念の個人の情報が子供たちにと、あるいはというようなことに配慮いたしまして、委任状もいただいております。したがいまして、そうしたことのないように、もちろん書類学校に提出される場合には封筒で、あるいはすべて慎重に情報漏れのないようにということには心を配っておりますが、しかしご懸念のご指摘の向きもございますので、そうした点に十分な配慮をしてまいりたいと考えております。

 それから、ご指摘のように、年度途中でも可能でございます。

 それから、周知徹底につきましては、毎年2月の広報でしておるわけでございますが、さらに徹底できますように努めてまいりたいと思います。



○議長(橋本隆雄) 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(岸上勇) 私の方から、平成15年度から障害者──精神を除きますが──方々の現在措置制度から支援費制度に移行されるという形で法的になっているわけでございますが、そういった中でその支援費制度への取り組みはどうかというご質問に対してお答えを申し上げたいと思います。

 当市におきましては、この支援費制度の創設という形の中で、非常に複雑であるということと、利用者または本人のいろいろ制度に対する理解が必要ということを踏まえまして、早い段階と申しますか、昨年の2月からいろいろ関係者の方々への研修を手始めにいろいろ対応をとってまいりました。

 一例的に申し上げますと、昨年の2月に家族の方々にお集まりいただきまして、いよいよ始まる支援費制度という題の中で、本当にこのときお集まりの保護者の方々等においては初めて耳にする制度の内容であったかと思います。しかし、そういう必要性の中で、2月から研修を始めまして、また3月にはいよいよ始まる支援費制度という形の中で、家族の方々、また場合によって本人の方々も参加をいただきまして、研修を行ってきたわけでございます。

 そしてまた、これは利用者だけではなくて、それを実施していただくサービス事業者への啓蒙啓発等も必要でございますもので、昨年の8月にサービス事業者の方々にお集まりいただきまして、支援費制度をどう生かすかという題の中でそれぞれ講演または研修を受けていただいたという形の中で、現在に至るまで数回、それぞれの勉強会並びに研修会を重ね、啓蒙啓発に努めてまいったわけでございます。

 しかし、そうしていった中で、過日の議会の中でもお話が出ましたように、この支援費制度の基本的なあり方についてはそれぞれ情報が流れておりましたが、具体的な実施についての一番必要となってきますサービス単価または取り扱い等について、非常におくれておりまして、2月に入ってからその方向が示される中で、利用をされる団体の方々がそのサービス量につきましてもいろいろ物議を醸し出し、その内容は新聞またはテレビ等で放映されたとおりでございます。

 そういった中で、非常にこういう難しいといいますか、複雑な制度に向けての啓蒙啓発が必要であるという形の中で、当市においては、早い段階から皆さん方に周知をしてきたという実態が一つ、そういう形の中でそれじゃあどういう仕組みでこの支援費制度にのっとった利用方法をとっていただくかということも必要でございますもので、名張市としては名張市の仕組みを用いまして、この4月から始める支援費制度への体制づくりをいたしたわけでございます。

 そういった中で、一番基本的なことは、障害者の方々が本人主体の中で、その主体性を持った生活をしていただく支援を行うと。この仕組みとして、ケアマネジメントシステムというものを構築いたしまして、支援費対応をいたしていきたいという形でこのシステムを立ち上げたわけでございます。

 そうしたことで、先ほど議員さんの方から、この支援費制度の中で実施していく場合に、育成園に置かれたんじゃなかろうかというふうなお話も、私、そういうふうに伺ったわけでございますが、これは育成園という法人名ではなくて、育成園の業務を今まで福祉関係については造詣の深い中でそれぞれ地域の福祉そのものの振興に役立つ業務をいただいているわけでございましたが、そういった中で社会資源と申しますか、育成園の中で知的専門相談員という方々がおられます。そういう相談員の方々のお力添えを得まして、生活支援センターという役目を持っていただくことが一つ、これは知的障害者、それからもう一方、身体障害者の方々に対しましては、身体障害者の専門相談員として福祉法人のはなの里生活支援センターと、そういう機関を利用さしていただきまして、そういうセンターのお力をかりて、なおかつそれを市の窓口という形の中で総括した窓口業務を行い、利用者の方々にいろんな形でいろんな方向から相談をお受けいたしまして、新しく始まる支援費制度に対応していくということで市の窓口としてそういう制度をご利用いただき、皆さん方に支援費制度への移行をスムーズにしていきたいという組織づくりをしておりますもんで、これは育成園へお願いしたというんじゃなくて、それぞれの持ち前の専門的な分野をおかりして、この支援費制度を進めていくというものでございますもので、ご理解を賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 市民部長。



◎市民部長(見邨光生) 住基ネットの安全対策、危機管理対策についてお答え申し上げます。

 住基ネットによって送受信される個人情報を保護するため、国や地方自治体、地方自治情報センターでは、法令面、技術面、運用面でさまざまな対策を講じております。

 その主なものとしましては、まず法令面では、住基ネットで保有する本人確認情報は、氏名、住所、性別、生年月日、住民票コード等、これらの変更情報に限定しているということでございます。

 次に、住基ネットから情報提供を行う行政機関や利用事務は、法律で具体的に限定され、目的外利用が禁止されております。

 次に、民間部門が住民票コードを利用することは禁止しております。

 次に、関係職員に対して、秘密保持等義務づけ、秘密を漏らした場合には、通常より重い罰則規定を適用しております。

 次に、技術面でございますが、技術面では、外部ネットワークから不正進入、情報漏洩を防止するため、名張市と県、国等の専用回線でネットワークを構築しているほか、通信データの暗号化、ファイヤーウォール及び進入探知装置の設置などを行っています。

 次に、住基ネットにウイルスの検知、駆除ソフトを組み込んでおります。

 システム操作者の目的外利用を防止するために、操作用ICカードやパスワードによる厳重な確認を行っています。戸籍課職員、国、県の職員でICカード、パスワードがなかったら、もう動かせないということでございます。

 市役所では、庁内LANにおいては、住基ネットを初め住民記録、税、保険、福祉の行政の機関となるシステムとこのインターネット閲覧等のシステムとは2系統に分離し、インターネット経由の不正進入を防止しております。

 その他、既に運用されている電子計算組織に係る個人情報の保護に関する条例に加えまして、住民基本台帳ネットワークシステムの運用管理規定を制定し、これに基づきまして職員研修等を実施しておりまして、もし漏れた場合はセキュリティー会議を招集し、緊急対策を講じてまいりたいと、そういうふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(橋本隆雄) 以上をもちまして質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第14号から議案第25号までの12議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(橋本隆雄) ご異議なしと認めます。よって、議案第14号から議案第25号までの12議案については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。

 橋本マサ子議員。

  (議員橋本マサ子登壇)



◆議員(橋本マサ子) ただいま上程されております議案第14号、平成14年度名張市一般会計補正予算(第6号)について、議案第19号、平成14年度名張市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について、議案第20号、平成14年度名張市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、議案第21号、平成14年度名張市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、議案第22号、平成14年度名張市老人保健特別会計補正予算(第4号)について、議案第23号、平成14年度名張市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第24号、平成14年度名張市病院事業会計補正予算(第3号)について、議案第25号、平成14年度名張市水道事業会計補正予算(第2号)について、以上8議案に対しまして、同様の内容が含まれていることから一括して反対の討論を行います。

 これらの補正予算には、2002年の人事院勧告に基づいた職員の給与削減が盛り込まれています。この内容は、4年連続の一時金引き下げに加えて、給与勧告創設以来、かつてなかった給与の引き下げであり、不当にも昨年4月にさかのぼって適用されるというものでございます。さらに、これに加えて、2003年1月から財政健全化緊急対策として十分な話し合いもなく、管理職員に対しての名張市独自の給与の2%カットが盛り込まれています。

 このことにより、人事院勧告に基づく調整が期末手当において8,300万円余、また管理職手当のカット分として360万円余が減額補正されています。大変大きな金額であり、問題です。給与は、市職員とその家族の生活給であり、またこのように大きな金額では、地域経済に対するマイナスの影響を免れることはできません。そうしますと、民間の賃金引き下げに拍車がかかり、これが呼び水となって再び人事院勧告での公務員の給与カットへ波及するといった悪循環を引き起こすだけでございます。これではそれでなくとも行き詰まった現在の地域経済に一層の不安材料を持ち込むだけでございます。

 現在、戦後初めてのデフレ経済が続く中、小泉首相が掲げる構造改革は、税制や金融及び社会保障などあらゆる分野で国民に激痛を押しつけるばかりです。それらの影響が今国民の暮らしに大きくのしかかっており、不安材料が山積しています。その上、このようなことが重なってまいりますと、今後の市政運営面での支障も懸念されます。ひいては市民サービスへの影響へとつながるのではないかと危惧されるものでございます。

 以上のことなどから、それぞれの補正予算に計上されました人件費の大幅な減額について、反対の意思を表明して、私の討論を終わります。



○議長(橋本隆雄) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第14号について採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

  (賛成者起立)



○議長(橋本隆雄) 起立多数であります。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 引き続き、議案第19号から議案第25号までの7議案について一括採決をいたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

  (賛成者起立)



○議長(橋本隆雄) 起立多数であります。よって、議案第19号から議案第25号までの7議案は原案のとおり可決されました。

 引き続き、議案第15号から議案第18号までの4議案について一括採決をいたします。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(橋本隆雄) ご異議なしと認めます。よって、議案第15号から議案第18号までの4議案は、原案のとおり可決されました。

 以上をもちまして本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。

                 午後1時31分散会

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

議長は、この会議録をつくり、署名者とともに署名する。



  議 長



  議 員



  議 員