議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 鈴鹿市

平成18年12月定例会(第1日12月 5日)




平成18年12月定例会(第1日12月 5日)





           鈴鹿市議会定例会会議録(第1日)


 平成18年12月5日鈴鹿市議会議場において鈴鹿市議会定例会を開く。


 
1出席議員


     1 番   杉 本 信 之      2 番   板 倉   操


     3 番   石 田 秀 三      4 番   森 川 ヤスエ


     5 番   南 条 雄 士      6 番   後 藤 光 雄


     7 番   原 田 勝 二      8 番   矢 野 仁 志


     9 番   青 木 啓 文     11 番   市 川 哲 夫


    12 番   彦 坂 公 之     13 番   小 島 巧 也


    14 番   森   しず子     15 番   高 橋   亨


    16 番   伊 藤 寿 一     17 番   森 田 治 已


    18 番   儀 賀 久 明     19 番   竹 口 眞 睦


    20 番   中 村   浩     21 番   今 井 俊 郎


    22 番   大 杉 吉 包     23 番   南 条 和 治


    24 番   佐 藤 邦 正     25 番   佐久間 浩 治


    26 番   大 谷   徹     28 番   平 田 雄之助


    29 番   大 西 克 美     30 番   市 川 義 ?


    31 番   森   義 明


1欠席議員


    10 番   野 間 芳 実


1説明のため出席した者


    市長              川 岸 光 男


    助役              一 見 奉 雄


    収入役             松 原 俊 夫


    教育委員会委員長        岡 田 惠美子


    監査委員            島 村 御 風


    選挙管理委員会委員長      疋 田 士 郎


    水道事業管理者         倉 田 勝 良


    教育長             水 井 健 次


    消防長             長 澤 康 博


    企画財務部長          古 川   登


    総務部長            宮 ?   守


    生活安全部長          采びき 隆 道


    文化振興部長          佐 藤 邦 孝


    環境部長            中 村   功


    保健福祉部長          渥 美 眞 人


    産業振興部長          熊 沢 逸 雄


    土木部長            大 井 明 人


    都市整備部長          山 ?   昭


    生活安全部次長         浅 野 正 士


    産業振興部次長         今 井 正 昭


    水道局次長           島 村   悟


    教育次長            矢 田 憲 二


    総務部参事           松 村   亮


    消防本部参事          澤 井 正 明


1職務のため出席した事務局職員


    事務局長   池 中   敏        議事課長  今 田 行 隆


    書  記   玉 田 直 哉        書  記  勝 田 成 仁


    書  記   板 橋 隆 行


          ――――――――――――――――――――――――


1会議の事件


 日程第 1          会議録署名議員の指名について


 日程第 2          会期の決定について


 日程第 3          諸般の報告


 日程第 4  議案第 94号 平成18年度鈴鹿市一般会計補正予算(第2号)


        議案第 95号 平成18年度鈴鹿市下水道事業特別会計補正予算


                (第3号)


        議案第 96号 鈴鹿市副市長定数条例の制定について


        議案第 97号 鈴鹿市河川占用料徴収条例の制定について


        議案第 98号 鈴鹿市法定外公共物管理条例の制定について


        議案第 99号 地方自治法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例


                の制定について


        議案第100号 鈴鹿市職員の旅費に関する条例の一部改正について


        議案第101号 鈴鹿市手数料条例の一部改正について


        議案第102号 鈴鹿市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正につ


                いて


        議案第103号 鈴鹿市道路占用料徴収条例等の一部改正について


        議案第104号 鈴鹿市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につい


                て


        議案第105号 鈴鹿市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例


                の一部改正について


        議案第106号 三重県後期高齢者医療広域連合設立に関する協議につ


                いて


          ――――――――――――――――――――――――


            午 前 10 時 00 分 開 会


○議長(市川義?君)  皆さん,おはようございます。


 きょうから12月定例会でございますので,どうかよろしくお願いをいたします。


 ただいまの出席議員は28名で定足数に達しておりますので,議会は成立いたしました。


 ただいまから平成18年12月鈴鹿市議会定例会を開会いたします。


 本日の議事日程は,お手元に配付いたしましたとおりでございますので,御了承願います。


 これより本日の会議を開きます。


          ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  まず,日程第1,会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員には,会議規則第78条の規定により,議長において原田勝二議員,大杉吉包議員を指名いたします。


          ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第2,会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本件につきましては,去る11月28日の議会運営委員会において協議をいただき,今定例会の会期は,本日から12月22日までの18日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(市川義?君)  御異議ないものと認めます。


 よって,今定例会の会期は,本日から12月22日までの18日間と決定をいたしました。


          ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第3,諸般の報告をいたします。


 本日の出席説明員の職・氏名を一覧表にしてお手元に配付しておきましたので,御了承願います。


 次に,報告第41号 専決処分の報告についてが別冊のとおり提出されております。


 この際,理事者より発言を求められておりますので,これを許します。


 市長。


               〔市長 川岸光男君登壇〕


○市長(川岸光男君)  おはようございます。


 本日は,12月市議会定例会をお願いいたしましたところ,議員各位におかれましては何かとお忙しい中,御出席を賜りまして,まことにありがとうございます。


 何とぞよろしくお願いを申し上げます。


 それでは,報告第41号の専決処分の報告について,御説明を申し上げます。


 別冊の報告書をごらんいただきたいと存じます。


 平成18年8月31日午後3時15分ごろ,職員が公用車を運転中,神戸本多町地内の市道神戸地子町102号線の交差点におきまして,左側から直進してきた相手方車両の前部と当該公用車の左側面部が衝突したものでございます。


 係る事故につきましては,その後の話し合いにより,物損事故として示談が成立いたしましたことから,地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をいたしましたので,ここに御報告を申し上げます。


○議長(市川義?君)  以上で報告は終わりました。


          ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第4,議案第94号 平成18年度鈴鹿市一般会計補正予算(第2号)から議案第106号 三重県後期高齢者医療広域連合設立に関する協議についてまでの13件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


               〔市長 川岸光男君登壇〕


○市長(川岸光男君)  それでは,ただいま議題とされました議案について,御説明申し上げます。


 まず,議案第94号及び議案第95号の補正予算について,御説明を申し上げます。


 別冊の補正予算書の1ページをお開きいただきたいと存じます。


 議案第94号 平成18年度鈴鹿市一般会計補正予算(第2号)でございますが,第1条で,歳入歳出それぞれ5,437万8,000円を追加いたしまして,総額を559億374万8,000円にしようとするものでございます。


 その内容につきましては,支給対象者数の増加による扶助費の増額や放課後児童対策施設整備費補助の増額,また,11月の全員協議会で御説明申し上げました後期高齢者医療広域連合の設立準備費,設立後の負担金など,社会福祉関係費の補正のほか,安全・安心のまちづくり事業といたしまして,各種地震対策補助金の申込者数の増加への対応,施設の老朽化に伴う維持・修繕など,工事の追加に伴う補正が主なものでございます。


 なお,歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額,並びに補正後の歳入歳出予算の金額は,2ページからの「第1表 歳入歳出予算補正」のとおりでございます。


 第2条,債務負担行為の補正につきましては,6ページ,第2表にありますとおり,一時的な教室の不足に対応するため,平成20年度までと予定をしておりました加佐登小学校仮設教室の借り上げを,さらに1年間延長させていただく必要が生じましたことと,神戸中学校移転改築の基本設計業務委託に際しまして,各般の意見聴取と,その調整に期間を要したことにより,年度をまたぐ工期となりますことから,債務負担行為の追加をお願いするものでございます。


 続きまして,25ページからの議案第95号 平成18年度鈴鹿市下水道事業特別会計補正予算(第3号)でございます。


 補正内容といたしましては,推進工事に係る用地借地や生活道路における交通障害等について,関係者との調整に想定を超える期間を要しておりますことから,繰り越しをお願いするものでございます。


 以上が,補正予算の説明でございます。


 続きまして,議案集をごらんいただきたいと存じます。


 1ページの議案第96号 鈴鹿市副市長定数条例の制定についてでございますが,地方自治法の一部を改正する法律が本年6月7日に公布され,平成19年4月1日より施行されることとなりました。


 今回の改正により,これまでの助役にかえて,副市長を置くものとされました。


 なお,副市長は,この改正法の施行の際,現に助役である者が副市長として選任されたものとみなされるものでございます。


 また,副市長の定数につきましては,条例により定めることとなっており,本議案は,その定数を定めようとするものでございます。


 続きまして,3ページ,議案第97号 鈴鹿市河川占用料徴収条例の制定についてでございますが,準用河川において,土地の占用許可を受けた者から占用料を徴収するなどの規定を定めようとするものでございます。


 次に,7ページ,議案第98号 鈴鹿市法定外公共物管理条例の制定についてでございますが,地方分権推進計画に基づく地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律――いわゆる地方分権一括法が平成12年4月1日に施行され,旧建設省所管のいわゆる赤道・青水路などの法定外公共物が無償で市町村へ譲与されることになりました。これまで,国の法定受託事務として県が行ってきた財産管理事務が市町村に移管され,譲与後は,機能管理・財産管理とも市町村の自治事務とされることから,これら譲与された法定外公共物の管理などに関する規定について定めようとするものでございます。


 続きまして,12ページ,議案第99号 地方自治法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について,御説明申し上げます。


 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い,地方公共団体の組織及び運営の合理化を図るため,関係いたします6条例について所要の規定整備を行おうとするものでございます。


 今回の具体的な改正内容といたしましては,助役を廃止し,副市長とすること,収入役を廃止すること及び吏員区分を廃止し,長の補助機関である職員に改めることに関する改正を行っております。


 なお,現在の収入役につきましては,改正法附則の経過措置に規定されておりますように,その任期終了までの間は在職することとなります。


 次に,15ページ,議案第100号 鈴鹿市職員の旅費に関する条例の一部改正についてでございますが,収入役の廃止に伴い,所要の規定整備をするものでございます。


 続きまして,17ページ,議案第101号 鈴鹿市手数料条例の一部改正についてでございますが,戸籍事項の証明に係る手数料の免除に関する事項に対象となる法律を追加するとともに,公布順に整理しようとするものでございます。


 続きまして,19ページ,議案第102号 鈴鹿市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正についてでございますが,健康保険法等の一部改正に伴い,所要の規定整備を行おうとするものでございます。


 続きまして,21ページ,議案第103号 鈴鹿市道路占用料徴収条例等の一部改正についてでございますが,電気通信事業法の一部改正により,第1種電気通信事業及び第2種電気通信事業の区分が廃止されたことに伴い,所要の規定整備を行おうとするものでございます。


 続きまして,23ページ,議案第104号 鈴鹿市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてでございますが,非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い,非常勤消防団員等の損害補償等に係る障害の等級に関して所要の規定整備を行おうとするものでございます。


 次に,28ページ,議案第105号 鈴鹿市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正についてでございますが,非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い,引用条項及び用語について,所要の規定整備を行うとするものでございます。


 続きまして,30ページ,議案第106号 三重県後期高齢者医療広域連合設立に関する協議について,御説明申し上げます。


 本議案は,本年6月の国会の参議院本会議におきまして,医療制度改革関連法案が可決,成立したことに伴い,75歳以上の高齢者の医療制度については,現在の老人保健制度にかわり,平成20年度から新たに創設される後期高齢者医療制度が施行されることとなりました。


 この中で,各都道府県ごとに,すべての市町村が加入する広域連合を平成18年度末までに設置するよう規定されたところです。


 この規定に基づき,三重県におきましても,平成19年2月1日の広域連合設立に向け,本年8月1日には,設立準備委員会を立ち上げており,本市からも1名の職員を派遣し,その準備に当たっているところでございます。


 この後期高齢者医療制度におきましては,広域連合が運営主体となり,現在の老人保健の制度より,財政運営の責任をより明確化し,安定化を図ることを目的としております。


 つきましては,地方自治法第291条の11の規定により,議会の議決をいただこうとするものでございます。


 以上で,議案第94号から議案第106号までの説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


○議長(市川義?君)  説明は終わりました。


          ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  以上で,本日の日程は終了いたしました。


 あす6日から10日までは休会といたします。


 来る11日は,本会議を開き,一般質問を行います。


 本日はこれにて散会いたします。


 どうも御苦労さまでございました。


            午 前 10 時 18 分 散 会