議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 鈴鹿市

平成18年 6月定例会(第1日 6月 8日)




平成18年 6月定例会(第1日 6月 8日)





           鈴鹿市議会定例会会議録(第1日)


 平成18年6月8日鈴鹿市議会議場において鈴鹿市議会定例会を開く。


 
1出席議員


     1 番   杉 本 信 之      2 番   板 倉   操


     3 番   石 田 秀 三      4 番   森 川 ヤスエ


     5 番   南 条 雄 士      6 番   後 藤 光 雄


     7 番   原 田 勝 二      8 番   矢 野 仁 志


     9 番   青 木 啓 文     10 番   野 間 芳 実


    11 番   市 川 哲 夫     12 番   彦 坂 公 之


    13 番   小 島 巧 也     14 番   森   しず子


    15 番   高 橋   亨     16 番   伊 藤 寿 一


    17 番   森 田 治 已     18 番   儀 賀 久 明


    19 番   竹 口 眞 睦     20 番   中 村   浩


    21 番   今 井 俊 郎     22 番   大 杉 吉 包


    23 番   南 条 和 治     24 番   佐 藤 邦 正


    25 番   佐久間 浩 治     26 番   大 谷   徹


    28 番   平 田 雄之助     29 番   大 西 克 美


    30 番   市 川 義 ?     31 番   森   義 明


1欠席議員


    な  し


1説明のため出席した者


    市長         川 岸 光 男


    助役         一 見 奉 雄


    収入役        松 原 俊 夫


    教育委員長      吉 本   強


    監査委員       島 村 御 風


    選挙管理委員長    疋 田 士 郎


    水道事業管理者    倉 田 勝 良


    教育長        水 井 健 次


    消防長        長 澤 康 博


    企画財務部長     古 川   登


    総務部長       宮 ?   守


    生活安全部長     采びき 隆 道


    文化振興部長     佐 藤 邦 孝


    環境部長       中 村   功


    産業振興部長     熊 沢 逸 雄


    土木部長       大 井 明 人


    都市整備部長     山 ?   昭


    生活安全部次長    浅 野 正 士


    保健福祉部次長    渥 美 眞 人


    産業振興部次長    今 井 正 昭


    水道局次長      島 村   悟


    教育次長       矢 田 憲 二


    消防本部次長     須 藤 善 信


    総務部参事      松 村   亮


    土木部参事      林   治 門


1職務のため出席した事務局職員


    事務局長   池 中   敏        議事課長  今 田 行 隆


    書  記   玉 田 直 哉        書  記  勝 田 成 仁


    書  記   佐 野 方 彦


          ――――――――――――――――――――――――


1会議の事件


 日程第 1          会議録署名議員の指名について


 日程第 2          会期の決定について


 日程第 3          諸般の報告


 日程第 4  議案第 52号 専決処分の承認について(平成18年度鈴鹿市老人保健


                特別会計補正予算(第1号))


 日程第 5  議案第 53号 平成18年度鈴鹿市下水道事業特別会計補正予算


                (第1号)


        議案第 54号 鈴鹿市男女共同参画推進条例の制定について


        議案第 55号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関


                する条例の一部改正について


        議案第 56号 鈴鹿市税条例の一部改正について


        議案第 57号 鈴鹿市消防団条例の一部改正について


        議案第 58号 鈴鹿市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関す


                る条例の一部改正について


        議案第 59号 工事請負契約について


        議案第 60号 工事請負契約について


        議案第 61号 工事請負契約について


        議案第 62号 工事請負契約について


        議案第 63号 財産の取得について


        議案第 64号 三重県自治会館組合の規約変更に関する協議について


         ――――――――――――――――――――――――


            午 前 10 時 03 分 開 会


○議長(市川義?君)  ただいまの出席議員は29名で定足数に達しておりますので,議会は成立いたしました。


 ただいまから平成18年6月鈴鹿市議会定例会を開会いたします。


 本日の議事日程は,お手元に配付いたしましたとおりでございますので,御了承願います。


 これより本日の会議を開きます。


         ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  まず,日程第1,会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員には,会議規則第78条の規定により,議長において森川ヤスエ議員,佐久間浩治議員を指名いたします。


         ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第2,会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りをいたします。


 本件につきましては,去る6月1日の議会運営委員会において協議をいただき,今定例会の会期は,本日から6月27日までの20日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(市川義?君)  御異議がないものと認めます。


 よって,今定例会の会期は,本日から6月27日までの20日間と決定いたしました。


         ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第3,諸般の報告をいたします。


 本日の出席説明員の職・氏名を一覧表にしてお手元に配付しておきましたので,御了承願います。


 次に,監査委員から平成18年4月分の例月出納検査の結果に関する報告の提出がありましたので,写しをお手元に配付しておきましたので,御了承願います。


 次に,報告第10号 専決処分の報告についてから報告第28号 平成17年度鈴鹿市水道事業会計予算の繰越しについてまでの報告が別冊のとおり提出されております。


 この際,理事者より発言を求められておりますので,これを許します。


 市長。


               〔市長 川岸光男君登壇〕


○市長(川岸光男君)  おはようございます。


 本日は,6月市議会定例会をお願いいたしましたところ,議員各位におかれましては何かとお忙しい中,御出席を賜りましてまことにありがとうございます。何とぞよろしくお願いを申し上げます。


 それでは,諸般の報告について,御報告を申し上げます。


 まず,報告第1号から第23号までの専決処分の報告について,御説明申し上げます。


 いずれも損害賠償の額の決定についてでございますが,報告第10号から第20号までにつきましては,平成18年4月11日午後8時ごろ,五祝町地内の市道稲生三丁目332号線におきまして,降り続いた雨の影響により,津方面へ向かう路面に穴ぼこができ,当該箇所を通過した14台の自動車の車両左側のタイヤ・アルミホイール等を損傷させたものでございます。


 当該箇所につきましては,直ちに現場の仮復旧を行うとともに,その後,本復旧工事を行いました。


 なお,係る事故につきましては,その後の話し合いにより,11名の方と示談が成立をいたしております。


 次に,23ページ,報告第21号でございますが,平成18年4月11日午後3時ごろ,伊船町地内の市道長澤東庄内線において,降雨によって長澤町方面へ向かう路面に穴ぼこができ,当該箇所を通過した自動車の車両右後輪部のタイヤ・ホイール等を損傷させたものでございます。


 当該箇所につきましては,直ちに復旧工事を行いました。


 次に,25ページ,報告第22号及び第23号でございますが,平成18年2月1日午後2時30分ごろ,上田町地内の市道上田189号線において,配水路に設置してあったグレーチングが降雨によって浮き上がっていたため,当該箇所を通過した相手方車両が衝突し,運転者が受傷したとともに,当該車両及び積載車資材が損傷したものでございます。


 当該箇所につきましては,直ちに応急処置を施すとともに,後日,速やかに復旧工事を行いました。


 いずれも,その後の話し合いにより示談が成立をいたしましたので,地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をし,同条第2項の規定により,ここに御報告を申し上げるものでございます。


 続きまして,報告書の29ページ,報告第24号 平成17年度鈴鹿市一般会計継続費についてでございますが,新庁舎建設事業につきましては,旧本館解体工事及び外構工事等の経費を,平成17年度事業費46億5,836万6,000円のうち,1億3,885万3,050円を翌年度に逓次繰り越しをさせていただくものでございます。


 次に,32ページ,報告第25号 平成17年度鈴鹿市一般会計繰越明許費についてでございますが,各事業について繰越額が確定いたしましたので,地方自治法施行令第146条第2項の規定により,御報告を申し上げるものでございます。


 繰り越しとなります事業は,老人福祉施設建設費等補助など9事業でございまして,それぞれの事業を推進する上で,関連事業及び関係機関との協議・調整などに日数を要しましたことから,翌年度に繰り越しをさせていただくものでございます。


 次に,35ページ,報告第26号 平成17年度鈴鹿市下水道事業特別会計繰越明許費についてでございますが,一般会計と同様,繰越額が確定いたしましたので,ここに御報告を申し上げるものでございます。


 次に,38ページ,報告第27号 平成17年度鈴鹿市水道事業会計継続費についてでございますが,庄野送水場の更新工事において,地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により,継続費の繰り越しを行った旨の報告を水道事業管理者より受けましたので,ここに御報告を申し上げるものでございます。


 次に,41ページ,報告第28号 平成17年度鈴鹿市水道事業会計予算の繰越しについてでございますが,受託工事で開発行為や下水道工事の進捗と整合を図るために,工事の年度内完成が困難になったもの等でございまして,地方公営企業法第26条第1項の規定により,建設改良費の繰り越しを行った旨の報告を水道事業管理者より受けましたので,同条第3項の規定により,ここに御報告を申し上げるものでございます。


 以上でございます。


○議長(市川義?君)  以上で,報告は終わりました。


         ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第4,議案第52号 専決処分の承認についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


               〔市長 川岸光男君登壇〕


○市長(川岸光男君)  それでは,議案第52号 専決処分の承認について,御説明申し上げます。


 議案集の1ページをごらんいただきたいと存じます。


 御承認をお願いしようといたしますのは,平成18年度鈴鹿市老人保健特別会計補正予算(第1号)の専決処分についてでございます。


 さきの5月市議会全員協議会でお願いを申し上げましたように,平成17年度におきまして,老人医療費の財源となっております社会保険診療報酬支払基金交付金及び国からの支出金の交付時期が,国の予算の関係などから,一部,平成18年度にずれ込むこととなりました。その結果,平成17年度の財源確保が不可能となったものでありまして,歳入不足を補てんするため,5月31日に,18年度予算からの繰上充用をし,決算収支の均衡を図らせていただきました。


 つきましては,繰上充用に伴う平成18年度鈴鹿市老人保健特別会計補正予算(第1号)について,5月31日に,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をさせていただきましたので,同条第3項の規定により御報告を申し上げるとともに,御承認をお願いするものでございます。


 別冊の補正予算書1ページの第1条にありますように,それぞれ5,835万9,000円を追加し,総額を120億634万6,000円にいたしておりまして,歳入では,諸収入に歳入欠陥補填収入を,歳出では,前年度繰上充用金をそれぞれ計上させていただきました。


 よろしく御承認を賜りますようにお願いを申し上げます。


○議長(市川義?君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 御質疑があれば,御発言願います。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(市川義?君)  質疑ないものと認めます。


 お諮りをいたします。


 ただいま議題となっております議案第52号につきましては,会議規則第36条第2項の規定により,委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(市川義?君)  御異議なしと認めます。


 よって,議案第52号については,委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(市川義?君)  別段討論もございませんので,これより採決をいたします。


 議案第52号 専決処分の承認についてを採決いたします。


 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。


               〔賛 成 者 起 立〕


○議長(市川義?君)  起立全員であります。


 よって,議案第52号は,原案のとおり可決されました。


         ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  次に,日程第5,議案第53号 平成18年度鈴鹿市下水道事業特別会計補正予算(第1号)から議案第64号 三重県自治会館組合の規約変更に関する協議についてまでの12件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


               〔市長 川岸光男君登壇〕


○市長(川岸光男君)  それでは,引き続きまして,本定例会に上程されました議案の概要について説明させていただきます。


 まず,議案第53号 鈴鹿市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について,御説明申し上げます。


 別冊の議案書2ページをお開きいただきたいと存じます。


 債務負担行為の補正をお願いするもので,その内容は,関連公共下水道事業における小山雨水ポンプ場の整備に係る限度額を6億4,000万円から17億3,600万円に変更しようとするものでございます。


 変更の理由といたしましては,当初予算において詳細が確定しておりました管理棟や流入・放流渠などの建設工事に係る事業費は計上いたしておりますが,詳細が確定できていなかった建設工事以外のポンプ設備工事,水処理設備工事などの機械工事及び自家発電,監視制御,ポンプ操作,計装などの電気工事につきましては,平成19年度以降での予算と債務負担行為の計上を予定しておりましたが,このたび,事業全体につきまして詳細確定に至りましたので,債務負担行為の限度額の変更をお願いすることにより,事業全体の契約を行い,円滑な事業進捗を図るものでございます。


 また,これらの契約先といたしましては,日本下水道事業団を考えておりまして,全体事業費での契約となります。基本協定締結に係る契約議案につきましては,9月定例会に上程させていただく予定としておりますので,御理解を賜りますようにお願いを申し上げます。


 続きまして,議案第54号 鈴鹿市男女共同参画推進条例の制定について,御説明申し上げます。


 議案集の2ページをごらんいただきたいと存じます。


 お互いの生き方を尊重し合い,責任を分かち合いながら,一人一人が個性と能力を発揮できる男女共同参画社会の実現は,21世紀の最重要課題として,国や県におきましても,積極的な推進が図られているところでございますが,男女共同参画社会の実現のためには,本市においても,地域の特性に合わせた,さらなる取り組みを市民・事業者とともに行っていくことが重要であると考えております。


 そのため,条例の策定に当たりましては,識見者や市民委員により構成されました鈴鹿市の男女共同参画を推進する条例検討委員会に条例のあり方についての諮問を行い,その提言を尊重しながら,慎重な審議を重ねてまいりました。


 条例の特徴といたしましては,具体的な施策の条文中に,個々に定めるのではなく,基本計画にゆだねることにより,男女共同参画社会実現のために必要とされます施策に,より的確,迅速に対応できるようになっているところでございます。


 本市の取り組みの姿勢を示すとともに,市民・事業者・市の責務を明らかにし,男女共同参画社会の実現を目指すために,本条例の制定が必要であるとの認識に立ち,今回,上程させていただくものでございます。


 よろしく御審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 続きまして,8ページ,議案第55号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてでございますが,労働者災害補償保険法による災害補償との均衡を図るため,国家公務員災害補償法及び地方公務員災害補償法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い,通勤の範囲の改定及び障害の等級に係る規定につきまして,所要の改正を行うとするものでございます。


 続きまして,10ページ,議案第56号 鈴鹿市税条例の一部改正についてでございますが,地方税法等の一部を改正する法律が,去る3月31日に公布されましたので,これに伴い,税条例を改正しようとするものでございます。


 本年度の市税の賦課事務を進める上で必要な改正事項につきましては,既に専決処分をさせていただき,さきの5月臨時会におきまして御承認をいただいておりますので,今回は,それ以外の改正をお願いするものでございます。


 今回の改正につきましては,個人市民税・市たばこ税・国民健康保険税に関するものでございます。


 主な改正内容につきまして,それぞれ税目ごとに御説明をさせていただきたいと存じます。


 まず,個人市民税についてでございますが,国の三位一体改革の一環として,個々の納税者の税負担が変わらないように配慮し,所得税から個人住民税へ税源移譲を行うことを目的に改正するもので,改正内容の主なものは6点ございます。


 1点目は,所得割税率の変更についてでございますが,現行制度におきまして,所得割税率は,課税所得金額が200万円以下の場合は3%,200万円を超え700万円以下の場合は8%,700万円を超える場合は10%でございますが,今回の改正により,一律6%となるものでございます。


 2点目は,人的控除後の差に基づく負担増の減額措置の創設でございます。


 所得税と個人住民税の扶養控除等の人的控除額の差に基づく課税標準額の相違部分に生じる税の負担増を調整するため創設するものでございます。


 具体的には,課税所得金額が200万円以下の者は,人的控除額の差の合計,または,課税所得金額のいずれか小さい額に3%を乗じた額を,課税所得金額が200万円を超える者は,人的控除額の差の合計から,課税所得金額と200万円の差額を差し引いた額に3%を乗じた額を所得割額から減額するものでございます。


 3点目は,個人市民税の税率変更にあわせ,分離課税等に係る税率及び割合を変更するものでございます。


 まず,税率につきまして,土地・建物等の長期譲渡所得,株式等に係る譲渡所得及び先物取引等に係る雑所得につきましては3.4%を3%に,優良住宅の造成等のために土地を譲渡した場合の長期譲渡所得で,譲渡益2,000万円以下の部分につきましては2.7%を2.4%に,譲渡益が2,000万円を超える部分につきましては3.4%を3%に,住居用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得で特別控除後の譲渡益6,000万円以下の部分につきましては2.7%を2.4%に,特別控除後の譲渡益が6,000万円を超える部分につきましては3.4%を3%に,土地・建物等の短期譲渡所得につきましては6%を5.4%に,上場株式等に係る譲渡所得につきましては2%を1.8%に,肉用牛の売却による農業所得につきましては1%を0.9%に変更するものでございます。


 次に,控除の割合につきまして,外国税額控除における控除限度額につきましては,国税の控除限度額の100分の20を100分の18に,配当割額,または株式等譲渡所得割の控除における割合につきまして,100分の68を5分の3に変更するものでございます。


 4点目は,住宅ローン控除の創設でございます。税源移譲に伴い,所得税額が減少し,住宅ローン控除が所得税から控除しきれなくなる一方,個人住民税が増加する場合があることから,その影響額を翌年度分の個人住民税から控除するものでございます。


 なお,この措置は,平成11年から平成18年までの入居者について適用するものでございます。


 5点目は,定率減税の廃止でございます。


 平成11年度税制改正において,特例措置として導入されました4万円を限度に,所得割の15%を減額する定率減税を,平成18年度において2分の1に縮減する経過措置を経て,平成19年度課税分において廃止するものでございます。


 6点目は,地震保険料控除の創設でございます。


 地震保険料の2分の1に相当する額を2万5,000円を上限に所得控除するもので,平成20年度分以後の個人住民税について適用するものでございます。


 なお,この改正に伴い,平成18年度末までに締結した損害保険契約に係る保険料を除き,損害保険料控除は廃止するものでございます。


 次に,市たばこ税についてでございますが,本年7月1日より,税率を旧3級品以外の製造たばこにつきまして,1,000本につき2,977円を3,298円に,旧3級品の製造たばこにつきまして,1,000本につき1,412円を1,564円に引き上げるものでございます。


 最後に,国民健康保険税についてでございますが,公的年金等控除の見直しにつきまして,平成17年1月1日において,65歳に達していた者であって,平成17年度分の個人住民税算定に当たり,公的年金控除の適用があったものについて適用するもので,所得割額の算定基礎から,平成19年度は7万円を控除するというものでございます。


 なお,軽減判定用の所得についても,同様に控除するものでございます。


 その他,地方税法の改正などに伴う条文の整備等,所要の改正につきましても,あわせて行っております。


 以上が,税条例改正の要旨でございます。


 続きまして,27ページ,議案第57号 鈴鹿市消防団条例の一部改正についてでございますが,鈴鹿市職員の旅費に関する条例の一部が改正されたことに伴い,所要の規定整備を行うとするものでございます。


 続きまして,29ページ,議案第58号 鈴鹿市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてでございますが,消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正に伴いまして,非常勤消防団の退職報償金の支払い額を引き上げ,非常勤消防団員の処遇改善を図ろうとするものでございます。


 続きまして,31ページ,議案第59号 工事請負契約についてでございますが,潮風の街,磯山公営住宅建設工事(6R−1)の請負契約でございますが,このたびの工事は,7棟目と8棟目でございます。平成18年度・19年度の2カ年の継続事業として,契約金額3億6,750万円で,株式会社浜口リビックと平成19年7月15日限りの工期をもって,工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 工事概要につきましては,別冊の議案説明資料47ページ以降にお示しをいたしておりますとおりでございます。


 続きまして,32ページ,議案第60号 工事請負契約についてでございますが,白江地区1号調整池築造工事の請負契約でございますが,契約金額1億5,456万円で株式会社佐藤組と,平成19年3月10日限りの工期をもって工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 工事概要につきましては,別冊の議案説明資料54ページ以降にお示しをいたしましたとおりでございます。


 続きまして,33ページ,議案第61号及び34ページ,議案第62号の工事請負契約についてでございますが,まず,議案第61号の南部汚水幹線下水管推進工事その1の請負契約につきましては,契約金額2億6,250万円で奥村・大風特定建設工事共同企業体と,平成20年1月10日限りの工期をもって,次の議案第62号の南部汚水幹線下水管推進工事その2の請負契約につきましては,契約金額3億30万円で錢高・磯部特定建設工事共同企業体と平成20年2月10日限りの工期をもって,平成18年度,19年度の2カ年の継続事業として,それぞれ工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 工事概要等につきましては,別冊の議案説明資料56ページから59ページにお示しをいたしましたとおりでございます。


 続きまして,35ページ,議案第63号 財産の取得についてでございますが,今回,購入いたします自動体外式除細動器――いわゆるAEDを市庁舎を初め,各小学校等の市施設93カ所に設置するものであります。


 AEDは,不整脈等で心停止となった場合に,心臓に電気ショックを与え,正常なリズムに戻すための機器であり,高性能の心電図自動解析装置を内臓した医療機器で,電気ショックが必要な不整脈を判断し,機器が音声メッセージにより応急処置者に使用方法を指示する機器であります。これまでは,医師等にのみ認められておりましたが,平成16年7月から一般の市民の方も使えるようになりましたものでございます。蘇生の成功率は,倒れてから電気ショックを実施するまでに要する時間が,1分おくれるごとに7〜10%低下すると言われております。1分1秒でも早く,AEDによって電気ショックを行うことが重要であり,一刻を争う人命救助に欠かせない機器でありますことから,市施設を利用する市民の救命の充実強化が図られることにより,住民の負託にこたえようとするものでございます。


 続きまして,36ページ,議案第64号 三重県自治会館組合の規約変更に関する協議についてでございますが,このたび,三重県と県内の市町で構成します三重県電子自治体推進連絡協議会が,県内自治体の情報システム共同化の実現に向けて,平成17年3月に策定しました三重県電子自治体情報システム共同化基本構想に基づき,共有デジタル地図の共同化事業を本年度から実施していく予定となりました。そのための規約を変更することについて,地方自治法第286条第1項の規定により,関係地方公共団体の協議によりこれを定め,同法第290条の規定により,議会の議決をいただこうとするものでございます。


 以上で,議案第53号から議案第64号までの説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


○議長(市川義?君)  説明は終わりました。


        ――――――――――――――――――――――――


○議長(市川義?君)  以上で,本日の日程は終了いたしました。


 明日9日から13日までは休会といたします。


 来る14日は,本会議を開き,一般質問を行います。


 本日はこれにて散会いたします。


 どうも御苦労さまでございました。


            午 前 10 時 38 分 散 会