議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

松阪市 平成26年  8月 臨時会(第3回) 08月18日−01号




松阪市 平成26年  8月 臨時会(第3回) − 08月18日−01号







松阪市 平成26年  8月 臨時会(第3回)



議事日程第1号 平成26年8月18日 午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 選挙第1号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程追加 発議第8号 議長辞職許可について

 日程追加 選挙第2号 松阪市議会議長選挙について

 日程追加 発議第9号 副議長辞職許可について

 日程追加 選挙第3号 松阪市議会副議長選挙について

 日程第3 選挙第1号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について

出席議員(28名)

    1番  深田 龍君      2番  沖 和哉君

    3番  松岡恒雄君      4番  坂口秀夫君

    5番  植松泰之君      6番  中瀬古初美君

    7番  堀端 脩君      8番  野呂一男君

    9番  中村良子君     10番  山本芳敬君

   11番  田中祐治君     12番  山本 節君

   13番  川口 保君     14番  大平 勇君

   15番  大久保陽一君    16番  濱口高志君

   17番  海住恒幸君     18番  永作邦夫君

   19番  松田俊助君     20番  中島清晴君

   21番  今井一久君     22番  久松倫生君

   23番  西村友志君     24番  野口 正君

   25番  松田千代君     26番  田中 力君

   27番  水谷晴夫君     28番  前川幸敏君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長          山中光茂君   副市長         小林益久君

 副市長         小牧豊文君   総務部長        中出 繁君

 経営企画部長      加藤正宏君   教育長         東 博武君

事務局出席職員

     事務局長    石井千秋   次長      白藤哲央

     調査担当主幹  松本 健   議事係長    三木 敦

     兼務書記    北畠和幸   兼務書記    沼田雅彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午前10時0分開会



○議長(中島清晴君) おはようございます。これより平成26年8月第3回松阪市議会臨時会を開会いたします。市長以下関係者の出席を求めましたので御報告申し上げます。本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号により進めることにいたします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(中島清晴君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により、議長において6番 中瀬古初美議員、21番 今井一久議員を指名いたします。



△日程第2 会期の決定



○議長(中島清晴君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。会期につきましては、去る8月11日に議会運営委員会を開催し協議を願いましたので、この際、議会運営委員長より御報告を願います。



◆27番(水谷晴夫君) 去る8月11日に議会運営委員会を開催いたしまして、今期臨時会の会期について協議いたしました結果、今期臨時会の会期は本日から明8月19日までの2日間とすることに決定いたしました。なお、議事予定につきましては、お手元に配付されております議事予定表のごとく進めることに決定いたしましたので、御報告いたします。



○議長(中島清晴君) お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告どおり今期臨時会の会期は本日から明8月19日までの2日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中島清晴君) 御異議なしと認めます。よって、会期は2日間と決定いたしました。

 暫時休憩をいたします。

                         午前10時1分休憩

                         午前10時15分開議



○副議長(山本芳敬君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 ただいま中島清晴議員から、議長の辞職願いが提出されました。

 お諮りいたします。発議第8号議長辞職許可についてを日程に追加し議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本芳敬君) 御異議なしと認めます。よって、発議第8号議長辞職許可についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 発議第8号 議長辞職許可について



○副議長(山本芳敬君) 日程追加 発議第8号議長辞職許可についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○副議長(山本芳敬君) 地方自治法第117条により、中島清晴議長は退場されておりますので、御報告申し上げます。

 お諮りいたします。中島清晴議員の議長辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本芳敬君) 御異議なしと認めます。よって、中島清晴議員の議長辞職を許可することに決しました。

 この際、中島清晴議員から発言を求められていますので、これを許可いたします。

     〔20番 中島清晴君登壇〕



◆20番(中島清晴君) ただいま議長を辞任させていただきました。一言御挨拶をさせていただきます。

 1年間、皆様方の温かい御支援により、大過なく過ごさせていただきました。1年前を振り返りますと、議会改革を進めること、責任ある説明を果たすこと、そして決断できる議会をということで、この1年、頑張ってきたつもりでございますけれども、まだまだ道半ばということで、しかしこの1年間で本当に大きく議会は変わったんじゃないかなというふうに思っております。いつだったかは、改革は1ミリも進まんと言われた方もいらっしゃいましたけれども、まあ1センチぐらいは前へ進んだというよりは、皆さんの意識は大きく変わっていったんじゃないかなというふうに思います。

 しかし、地方議会に対する逆風、アゲインストは大変強いものがございます。全国的に見ても、号泣議員なり、やじを飛ばしたりとか、本当にいろんなことが行われておりますけれども、この逆風の中で、飛行機が飛び立つときも鳥が羽ばたくときも、いつも逆風の中、風に向かって飛ぶんだということ。その中で私たちが本当にしっかりと頑張っていかなければならないということ、改めて身にしみたところでございます。

 何はおきましても、チーム松阪市議会として皆さんと一緒に歩いてきた1年でしたし、支えていただきました皆様方の温かいお気持ちに感謝を申し上げます。大変お世話になりました。1年間、ありがとうございました。(拍手)

     〔20番 中島清晴君降壇〕



○副議長(山本芳敬君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。選挙第2号松阪市議会議長選挙についてを日程に追加し議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本芳敬君) 御異議なしと認めます。よって、選挙第2号松阪市議会議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 選挙第2号 松阪市議会議長選挙について



○副議長(山本芳敬君) 日程追加 選挙第2号松阪市議会議長選挙についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○副議長(山本芳敬君) 暫時休憩といたします。

                         午前10時21分休憩

                         午前11時45分開議



○副議長(山本芳敬君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 これより議長選挙を行います。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項の規定により、投票により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本芳敬君) 御異議なしと認めます。よって、選挙は投票によって行うことに決しました。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(山本芳敬君) ただいまの出席議員数は28名であります。投票用紙を配付いたします。

     〔職員投票用紙配付〕



○副議長(山本芳敬君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本芳敬君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

     〔職員投票箱点検〕



○副議長(山本芳敬君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、立候補者の議員の氏名をはっきりと記入願います。

 それでは、議席順に右正面にあります記載台において記載願い、順次投票をお願いいたします。

     〔各員投票〕



○副議長(山本芳敬君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本芳敬君) 投票漏れなしと認めます。議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(山本芳敬君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に4番 坂口秀夫議員、25番 松田千代議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。これより開票を行います。

     〔投票点検〕



○副議長(山本芳敬君) 選挙の結果を事務局長より報告いたします。

     〔事務局長 石井千秋君登壇〕



◎事務局長(石井千秋君) それでは、選挙の結果を御報告申し上げます。

     投票総数    28票でございます。

 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち

     有効投票    27票

     無効投票     1票でございます。

 有効投票中

     水谷晴夫議員  23票

     久松倫生議員   4票でございます。

 以上でございます。

     〔事務局長 石井千秋君降壇〕



○副議長(山本芳敬君) この選挙の法定得票数は6.75票であります。よって、水谷晴夫議員が議長に当選されました。

 議長に当選されました水谷晴夫議員が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 議長に当選されました水谷晴夫議員より御挨拶がございます。

     〔議長 水谷晴夫君登壇〕



○議長(水谷晴夫君) 先ほどは議員の大多数の皆さんの御推挙をいただき、議長に当選させていただきました。本当にありがとうございます。心から厚くお礼を申し上げます。

 議会改革はもとよりですけれども、最後に言わせていただいた公平で公正な、しかも28人の円満な議会運営をこれからも目指していきたいというふうに心しておりますので、今後とも1年間、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 ありがとうございました。(拍手)

     〔議長 水谷晴夫君降壇〕



○副議長(山本芳敬君) ここで議長と交代いたします。

     〔副議長 山本芳敬君退席・議長 水谷晴夫君着席〕



○議長(水谷晴夫君) それでは、ただいまから議長を務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

 着任早々ではございますが、暫時休憩といたします。

                         午前11時57分休憩

                         午後1時0分開議



○議長(水谷晴夫君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 ただいま山本芳敬議員から、副議長の辞職願いが提出されました。

 お諮りいたします。発議第9号副議長辞職許可についてを日程に追加し議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 御異議なしと認めます。よって、発議第9号副議長辞職許可についてを日程に追加し議題とすることに決定いたしました。



△日程追加 発議第9号 副議長辞職許可について



○議長(水谷晴夫君) 日程追加 発議第9号副議長辞職許可についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(水谷晴夫君) なお、地方自治法第117条により、山本芳敬副議長は退場されておりますので、御報告申し上げます。

 お諮りいたします。山本芳敬議員の副議長辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 御異議なしと認めます。よって、山本芳敬議員の副議長辞職を許可することに決定いたしました。

 この際、山本芳敬議員から発言を求められておりますので、これを許可いたします。

     〔10番 山本芳敬君登壇〕



◆10番(山本芳敬君) ただいま副議長職を辞職いたしました山本芳敬でございます。1年間、議員の皆様方には議会運営、議会改革に対しまして御尽力を賜りました。御協力を賜りました。一歩一歩前進したのかなと思っている次第でございます。また、私は中島議長という本当に論理的で調整能力の高い優秀な議長と御一緒させていただいたということで、本当によい勉強をさせていただいたということで感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 1年間振り返りますと、いろんなことがあったかなと思いますけれども、やっぱり印象的なのは、まちづくり基本条例の再上程があったり、RDFの離脱問題ということがありました。これはすごく大きな問題だったなと思うんですけれども、これにおきましても、いろんな議論の中で議会として慎重に正しい判断をしたんじゃないかなと私は思っている次第でございます。

 きょうは、お昼前に、松阪市の代表であります三重高校が2回戦を突破したということで、本当にうれしいニュースをいただきました。今後は私も一兵卒となって一議員で頑張っていく所存でございますけれども、1回戦で11回の裏にツーアウト満塁のワンスリーから、フォアボールを選んで三重高校が1回戦を突破したわけでございますけれども、中村監督のコメントに、私は就任以来、選球眼を磨いてきたと。ボールを打たないように、選球眼をしっかりと磨いたことで、最後にそれがつながったかなとおっしゃいました。私も一議員となって、いろんなボールが執行部とか市民の皆さんからも投げられてくるかなと思っております。そのボールを選球眼をしっかり磨けるような議員になって、好球必打でいい球を打つと。変化球が来たら、それは慎重に見きわめ、執行部の球もしっかりと見きわめていきたいと思っている次第でございます。

 最後になりましたけれども、本当に1年間について思いました。高沖前県民局長に議会改革でいろいろお世話になっておったわけでございますけれども、高沖局長が議会と議会事務局は車の両輪であるということをおっしゃいました。本当にこの1年間、議会事務局の方々にも大変お世話になり、私たちも支えをいただいたということを実感してまいりました。今後とも議会と議会事務局一体になった格好で、また執行部と一体になって今後は市民生活の向上に向けて頑張っていく所存でございますので、今後ともひとつどうぞよろしくお願い申し上げます。

 これをもちまして辞職の御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

     〔10番 山本芳敬君降壇〕



○議長(水谷晴夫君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。選挙第3号松阪市議会副議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 御異議なしと認めます。よって、選挙第3号松阪市議会副議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 選挙第3号 松阪市議会副議長選挙について



○議長(水谷晴夫君) 日程追加 選挙第3号松阪市議会副議長選挙についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(水谷晴夫君) 暫時休憩いたします。

                         午後1時7分休憩

                         午後2時25分開議



○議長(水谷晴夫君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 これより副議長選挙を行います。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項の規定により、投票により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 御異議なしと認めます。よって選挙は投票によって行うことに決しました。議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(水谷晴夫君) ただいまの出席議員数は28名であります。投票用紙を配付いたします。

     〔職員投票用紙配付〕



○議長(水谷晴夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

     〔職員投票箱点検〕



○議長(水谷晴夫君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、立候補者の議員の氏名をはっきりと記入願います。

 それでは、議席順に右正面にあります記載台において記載願い、順次投票をお願いいたします。

     〔各員投票〕



○議長(水谷晴夫君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 投票漏れなしと認めます。議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○議長(水谷晴夫君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に13番 川口保議員、25番 松田千代議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。これより開票を行います。

     〔投票点検〕



○議長(水谷晴夫君) 選挙の結果を事務局長より報告いたします。

     〔事務局長 石井千秋君登壇〕



◎事務局長(石井千秋君) それでは、副議長選挙の結果の御報告をいたします。

     投票総数    28票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち

     有効投票    28票

     無効投票     0票でございます。

 有効投票中

     永作邦夫議員  22票

     今井一久議員   6票でございます。

 以上でございます。

     〔事務局長 石井千秋君降壇〕



○議長(水谷晴夫君) この選挙の法定得票数は7票であります。よって永作邦夫議員が副議長に当選されました。

 副議長に当選されました永作邦夫議員が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 副議長に御当選されました永作邦夫議員より御挨拶がございます。

     〔副議長 永作邦夫君登壇〕



◆副議長(永作邦夫君) ただいまはたくさんの皆さんの御信任をいただきまして、副議長に当選をさせていただきました。ありがとうございます。

 当選させていただきましたからには、経験の豊かな議長ですけれども、議長の補佐役としてしっかりと支えていく所存でございます。それと、議会改革に向かって、皆さんと一緒になって、皆さんの協力を仰ぎながら推し進めていく所存でございますので、今後とも皆さんの御支援と御協力をよろしくお願いいたします。

 どうもありがとうございました。(拍手)

     〔副議長 永作邦夫君降壇〕



○議長(水谷晴夫君) 暫時休憩といたします。

                         午後2時36分休憩

                         午後3時0分開議



○議長(水谷晴夫君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第3 選挙第1号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について



○議長(水谷晴夫君) 日程第3 選挙第1号松阪市議会議会運営委員会の委員選任についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(水谷晴夫君) お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付いたしました名簿どおり指名したいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水谷晴夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。明8月19日午前10時、本会議を開きます。本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでした。

                         午後3時1分散会