議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

旧松阪市 平成13年 11月 定例会(第5回) 12月07日−03号




旧松阪市 平成13年 11月 定例会(第5回) − 12月07日−03号







旧松阪市 平成13年 11月 定例会(第5回)



議事日程第3号 平成13年12月7日 午前10時開議

 日程第1  議案第97号 平成12年度松阪市歳入歳出決算認定について

 日程第2  議案第98号 平成13年度松阪市一般会計補正予算(第4号)

 日程第3  議案第99号 平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第4  議案第100号 平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第5  議案第101号 平成13年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第6  議案第102号 平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第7  議案第103号 平成13年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第8  議案第104号 平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第9  議案第105号 平成13年度松阪市水道事業会計補正予算(第3号)

 日程第10 議案第106号 平成13年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)

 日程第11 議案第107号 松阪市交通安全条例の制定について

 日程第12 議案第108号 松阪市企業立地促進条例の制定について

 日程第13 議案第109号 松阪市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について

 日程第14 議案第110号 松阪市職員退職諸給与支給条例等の一部を改正する条例の一部改正について

 日程第15 議案第112号 字の区域の設定について

 日程第16 議案第111号 松阪市手数料条例の一部改正について

 日程第17 議案第116号 財産の取得について(松阪市総合運動公園用地)

 日程第18 議案第113号 町及び字の区域の設定及び変更について

 日程第19 議案第114号 字の区域の変更について

 日程第20 議案第115号 松阪市農業集落排水施設の区域外設置に関する明和町との協議について

 日程第21 議案第117号 教育委員会委員の選任について

本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

出席議員(30名)

      1番  今井一久君      2番  松田千代君

      3番  山本登茂治君     4番  長野 操君

      5番  紀平泰三君      6番  小林正司君

      7番  高橋 護君      8番  川北真衣君

      9番  中森弘幸君     10番  松尾一男君

     11番  小池美智子君    12番  森上正吉君

     13番  竹田哲彦君     14番  内田茂雄君

     15番  西村磨寿美君    16番  鎌倉 守君

     17番  前田行正君     18番  中出 実君

     19番  田中 力君     20番  野口 正君

     21番  山本忠生君     22番  西村友志君

     23番  赤塚 進君     24番  北岡 忠君

     25番  上田増夫君     26番  小阪五郎君

     27番  引地 忠君     28番  伊藤 稔君

     29番  大西常夫君     30番  杉山梅一君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長       野呂昭彦君     助役       三好利夫君

 収入役      松田敬八君     総務部長     宮本幹雄君

 建設部長     岩塚三善君     建設部次長    中村貴雄君

 企画調整部長   角谷忠夫君     税務担当参事   山岡 隆君

 教育委員長    矢野隆登志君    教育長      駒田哲夫君

 市民生活部長   山本 勲君     保健福祉部長   山嵜高裕君

 下水道部長    豊田敏明君     農林水産部長   大東丈文君

 商工部長     中谷正和君     水道事業管理者  西村敏彦君

 病院事務部長   鈴木正一君     消防団事務局長  奥田 修君

 監査委員     小杉勝子君

事務局出席職員

    事務局長  池村正己      次長    坂口秀夫

    庶務係長  高杉 功      議事係長  牧戸嘉之

    調査係長  田所正敏      兼務書記  松林育也

    兼務書記  松名瀬弘己

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午前10時0分開議



○議長(中出実君) これより本会議を開きます。本日の議事は議事日程第3号により進めることにいたします。



△日程第1 議案第97号 平成12年度松阪市歳入歳出決算認定について



○議長(中出実君) 日程第1 議案第97号を議題とし、決算調査特別委員長の報告を求めます。19番 田中 力議員。

          〔19番 田中 力君登壇〕



◆19番(田中力君) それでは、平成12年度の決算報告につきまして、私の方から報告を申し上げたいというふうに思います。

 正味2日半にわたりました審査でございました。もちろん逐一皆さんに御報告申し上げ、御承認をいただかなけりゃならないだろうというふうに思うんでありますが、時間の関係上、そうはいきません。特に決算審査の中で多くの人たちが触れられた問題なり、あるいはその審査の趣旨について一定取りまとめをいたしましたので、そのことを御報告申し上げ、お手元にその内容が載っておりますので、それを読み上げて御報告にかえさせていただきたい、このように思いますので、よろしく御理解いただきますようお願い申し上げます。それでは読み上げます。

 決算調査特別委員長報告。決算調査特別委員会に付託されました議案第97号平成12年度松阪市歳入歳出決算認定についてを審査の結果、次の意見をつけ多数をもって認定すべきものと決定いたしました。

 審査意見。

 1 一般会計歳入について

 その中で(1)市税の収入未済額について、市税の収入未済額が前年度に比べ2億2392万2976円増加し、さらに収納率が1.6ポイント減となっている。徴収業務を取り巻く環境には長引く景気低迷の影響もあって厳しいものがあるが、自主財源の確保、税負担の公平・公正な面からも滞納処分をより一層強化するなど収納率向上と収入未済額解消にさらに努力されたい。

 (2)不納欠損処分について、不納欠損処分については、滞納者の実態を十分調査の上、今後とも地方税法に基づく適切な処理を望むものである。

 (3)住宅使用料について、住宅使用料の収入未済額解消について努力されているにもかかわらず、過年度分の収入未済額が増加している。今後さらに滞納者に対して法的措置などを含め、毅然たる態度で臨むとともに、連帯保証人に対する債務履行について積極的に行うなどして、収入未済額解消になお一層努力されたい。また、住宅使用料に係る職員の不祥事が発生し、その後そのことに対する市の取り扱いに適正を欠く面があったことは誠に遺憾なことであり、今後再びこのようなことが起こらないよう万全を期すべきである。

 2 一般会計歳出について

 (1)職員の海外研修について、国際化の時代にあって職員の海外派遣研修は重要なことであり、さらにその内容の充実を図られるとともに、研修結果報告の方法についてもその効果が十分生かされるよう工夫をされたい。

 (2)交通安全対策について、交通死亡事故ワースト上位脱却のため、あらゆる努力をされているが、いまだ憂慮すべき事態であることから関係機関との連携をさらに強化するなど、市民総ぐるみの交通安全意識の高揚に向け一層の努力をされたい。

 (3)大学奨学金制度について、社会に有為な人間の育成を目的として大学奨学生を決定し奨学金を給与しているが、卒業後、奨学生が松阪市の情報を全国へ発信できるようなシステムを検討されたい。

 (4)放置自転車のリサイクルについて、放置自転車のうち、リサイクル可能な自転車については、主な公共施設をステーション基地としてレンタル利用ができるような方策を検討されたい。

 (5)接遇研修について、市民と接する機会の多い窓口業務については、市民に適切な対応ができるよう、嘱託職員、アルバイト職員に対しても十分な接遇研修をされたい。

 (6)未登記財産の処理について、公有財産の未登記物件の処理については、毎年努力されているところであるが、今後とも関係各課においてその解消に鋭意努力されたい。

 (7)地域の健康づくり推進事業について、国の地域保健推進特別事業の指定を受け、大河内地区と東黒部地区においてモデル事業として地域の健康づくりを推進されているが、この事業は市民の健康づくりにつながる事業でもあり、さらに事業の拡大に努力されたい。

 (8)森林保全対策事業について、森林の保全は水源涵養、治山治水等に大きな効果をもたらすものであり、さらに積極的に取り組まれたい。

 (9)水田農業経営確立対策について、平成12年度の生産調整達成率は関係者の努力により83.3%となり、前年度に比べ2.3ポイント増となったが、まだまだ県下においては低い状況にあり、さらにこのことについて一層の努力をされたい。

 (10)松阪牛生産農家の後継者対策について、全国的なブランドである松阪牛の名声を保持するためにも、後継者育成対策を初め、さらにその振興に努力されたい。

 (11)百々川の早期改修について、百々川の改修については下流部において一部改良が進んでいるが、関係流域の状況等を勘案すると早期に改修すべきであり、引き続き県当局に対し強く要望されたい。

 (12)開発に伴う浸水対策について、上流部のミニ開発により、遊水池がなくなるため、浸水を生じている地域が見受けられる。これらの浸水対策について努力されたい。

 (13)工事施行に伴う設計変更について、工事施行について、設計変更による工事が見られるとの監査委員の指摘がある。中にはやむを得ない事情もあると思われるが、さらに十分な事前調査を行い、設計変更を少なくする努力をされたい。

 (14)東部テニスコートの利用について、東部テニスコートの利用が他のテニスコートに比べ少ないことから、さらに利用増を図るための配慮をされたい。

 (15)難聴学級教室について、小中学校において難聴学級教室の改修工事が行われているが、改修に当たっては障害者の立場に立った配慮をされたい。

 (16)小学校の図書充実について、読書は子供の教育にとって重要なものであり、今後も図書充実について努力されたい。

 (17)人権文化を構築する子供フォーラムについて、「人権文化を構築する子供フォーラムが、三重県教育委員会と実行委員会の共催により各中学校区で実施されたが、この実行委員会に任意の運動団体が入っていることは公教育の中立性から見て問題ではないか」との発言があり、このことに対し「この事業については現実に差別事象がある中で、その事実を見詰め直すことによって人を思いやる心を育て子供の人権感覚を培っていくことを目的として実施しているものである」との答弁がありました。

 (18)公債費について、縁故債の繰上償還並びに公営企業金融公庫で借り入れた利率の高い市債を特例措置により借りかえがされているが、政府債においてもこのことが実現されるよう、さらに強く要望されたい。

 3 国民健康保険事業特別会計について

 長引く景気低迷の影響もあって国民健康保険税の滞納額が増加している。このことに伴ない医療費の一時全額支払いが必要となる資格証の発行も年々増加している。悪質な滞納者に対し保険証にかわる資格証を交付することは理解できるが、今後さらに資格証の交付が減少するよう納付指導の充実に努力されたい。

 また、国民健康保険税の賦課において、共有固定資産に係る資産割課税に課税漏れがあったことは遺憾である。よって、速やかに適正な処理を望むものである。

 4 公共下水道事業特別会計について

 供用開始地域の水洗化率が54.6%と低い状況となっている。受益者負担金、下水道使用料は運営の根幹をなすものであり、さらに事業への理解を求め、水洗化の促進になお一層取り組まれたい。

 5 介護保険事業特別会計について

 収入未済額の中には月額1万5000円以下の年金受給者から納付される普通徴収分が多く未納となっており、その回収については介護保険制度の趣旨への理解を求めるとともに、十分な納付相談を行われたい。

 むすびといたしまして、本決算については厳しい財政運営に加え、社会構造の変化、市民意識の多様化、地方分権の進展など市を取り巻く環境条件が大きく変化する中にあって、一部事業の繰り越しがあったものの効率的な市政運営に努められた結果、所期の目的を達成されたことは評価するものであります。しかしながら、本市においても長引く景気低迷の影響を受け、税収等自主財源が著しく減少するなど、今後ますます厳しい財政運営を迫られている。このような状況の中で少子高齢化対策、地域経済の再生、環境保全対策等の行政需要の増大や地方分権による自治体間の本格的な政策競争に対処するためには、市民の意向を行政に的確に反映するとともに、人材や財源の限られた資源を有効に活用することが求められています。よって、今後の市政運営に当たっては歳入において引き続き市税を柱とする自主財源確保に鋭意努めるとともに、歳出においては全ての分野にわたって徹底した経費の見直しを行うなど、行財政改革を積極的に推進され、市政の発展と市民福祉の向上になお一層の努力をされるよう望むものであります。

 なお、最後に決算調査特別委員会並びに監査委員の指摘事項についてはその趣旨を十分受けとめるとともに、決算審査意見を今後の行財政運営に反映させるという視点から考え、その審査時期を早めることの検討をされるよう要望いたしました。

 以上で決算調査特別委員会の審査結果の御報告を終わらせていただきます。以上でございます。

          〔19番 田中 力君降壇〕



○議長(中出実君) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) これにて質疑を終わります。これより討論を行います。討論はありませんか。

          〔14番 内田茂雄君登壇〕



◆14番(内田茂雄君) 議案第97号平成12年度松阪市歳入歳出決算認定について、不認定の討論をいたします。

 平成12年度は野呂市政最初の予算執行をした決算であります。市政の主人公は市民であるとの理念で野呂市政は出発しましたが、市長就任早々、市職員による住宅使用料を横領するという不祥事が発生し、その対応に市長の判断ミスがあり、11年度の決算資料も偽造されるということがなされ、市政に対する市民の信頼を大きく傷つけることになった。こうした政治市政が市政に対する市民の信頼を失墜させるものとなりました。

 2つ目、長引く不況のもとで、個人市民税は大きく落ち込み、市税、国保税、住宅使用料などの滞納が増大いたしました。市民の暮らしがいかに大変であるかを物語っております。このようなときにこそ市民の暮らしを守り、福祉を充実させることが求められております。そうしたときに、借金まで行って農と匠の里や総合運動公園などの大型開発事業を推進させてきたことは、財政運営が逆立ちになっているのではないか。

 3つ目、行政同和教育についてですが、住環境の整備が大きく進み、解消したもとでの特別対策は差別をつくり出すだけであります。同和教育においては三重県教育委員会と運動団体が加入している実行委員会の共催で、人権文化を構築する子供フォーラムが行われたことは、教育の中立性を侵し、ゆがんだ同和教育であり、よってこの決算には不認定であります。

          〔14番 内田茂雄君降壇〕



○議長(中出実君) 他に討論はありませんか。

          〔25番 上田増夫君登壇〕



◆25番(上田増夫君) 議案第97号平成12年度松阪市歳入歳出決算認定について賛成の討論を行います。

 平成12年度決算は野呂市長の初めての決算でございます。長期にわたる景気の低迷の中の厳しい状況にありながら、市政の発展と市民福祉の向上のため、市政の主人公は市民であるとの理念のもとで、誇りある人間都市松阪市など、6つの柱の実現のために編成せられ、健全な運営がなされた結果、12年度は黒字決算となりましたことは、市長を初めとして職員の方々が一丸となって取り組まれたたまものであり、評価するものであります。

 歳入面におきましては、昨今の厳しい経済情勢の中にあって、自主財源と依存財源の構成比48.8%から47.8%と落ちておりますが、財政の骨幹である市税の収入が予算現額の104%、6億700万円余の増徴となっておりますことは、担当職員のたゆまない努力であり、自主財源の確保に努められた結果であります。

 一方、歳出でありますが、行財政を運営していく中で各種の重点事業の推進、さらにソフト、ハード面、両面にわたってのきめ細かな事業運営が積極的に、また適宜行われ、全般にわたって初期の成果をおさめております。加えて創意工夫、経費の節減、合理化などが随所に見受けられ、最少の経費で最大の効果を上げており、すべてに効率的な運営に努められたこと、平成12年度の予算執行を高く評価するものであります。

 まだまだ今後行財政はなお厳しさが増すと思われます。なお一層の市勢の発展に努められますことを望みまして、平成12年度の決算認定の賛成討論といたします。

          〔25番 上田増夫君降壇〕



○議長(中出実君) 他に討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) これにて討論を終わります。これより採決を行います。議案第97号に対する委員長の報告は認定であります。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(中出実君) 挙手多数であります。よって議案第97号は認定されました。



△日程第2 議案第98号 平成13年度松阪市一般会計補正予算(第4号)



△日程第3 議案第99号 平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第4 議案第100号 平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第5 議案第101号 平成13年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第6 議案第102号 平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第7 議案第103号 平成13年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第8 議案第104号 平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)



○議長(中出実君) 日程第2 議案第98号平成13年度松阪市一般会計補正予算第4号、日程第3 議案第99号平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算第3号、日程第4 議案第100号平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第3号、日程第5 議案第101号平成13年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算第1号、日程第6 議案第102号平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算第3号、日程第7 議案第103号平成13年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号、日程第8 議案第104号平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第3号、以上議案7件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔助役 三好利夫君登壇〕



◎助役(三好利夫君) ただいま上程されました議案第98号平成13年度松阪市一般会計補正予算第4号について御説明を申し上げます。

 朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては1億3874万円を追加させていただき、歳入歳出予算の総額をそれぞれ399億4480万2000円とさせていただくものでございます。

 次の第2条債務負担行為の補正、第3条地方債の補正につきましては、それぞれ第2表、第3表で御説明を申し上げます。

 5ページの第2表債務負担行為補正をお願いいたします。内容は、松阪市が土地開発公社に用地先行取得を依頼することに伴います用地取得費等で、1つは北部処理場跡地利用事業の未買収用地に係るもので、平成13年度から16年度までの買い戻しをすることに対するもので、限度額は用地取得費1億750万8000円と、事務費及び利子に相当する額でございます。

 もう一つは、総合運動公園建設事業に係るもので、平成13年度から15年度までに買い戻しすることに対するもので、限度額は用地取得費4050万円と事務費及び利子に相当する額でございます。

 次に6ページの第3表地方債補正をお願いいたします。内容は、それぞれの事業の起債対象事業費の増減及び起債借り入れ要件に満たなかったことに伴う起債限度額の変更で、限度額の合計は4750万円追加させていただくもので、内訳は記載のとおりでございます。

 次に8、9ページをお願いいたします。今回の補正の財源の内訳でございますが、一般財源2210万1000円につきましては、市税減税の補てんを含め、前年度繰越金等により財源調整をいたしております。

 10、11ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、歳入につきましては、それぞれの歳出予算に計上させていただいております事業に伴う特定財源等でございますので、一般財源など主なもののみ御説明を申し上げます。

 まず、款1市税、2の法人でございますが、これは製造業及び電子部品における急激なIT市況の悪化による企業収益の減によるものでございます。

 款10分担金及び負担金、1民生費負担金は入所児童数の増による保育所徴収金の追加でございます。2農林水産業費負担金は、地元からの事業打ち切りの要請があったことにより全額を減額させていただくものでございます。

 12、13ページをお願いいたします。款13県支出金、2県補助金、3衛生費補助金の清掃費補助金は、経費の確定に伴うものでございます。14、15ページをお願いいたします。15寄附金につきましては、お手元に配布しております補正予算説明資料に内訳を記載いたしておりますので、御参照をいただきたいと思います。

 款17繰越金は、今回の補正に伴う一般財源の財源調整として2億5708万7000円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込み額17億6749万3000円から既決予算額と今回の補正額を控除した後の留保額は4億7598万6000円でございます。

 款18諸収入、1雑入の総務費雑入、電気自動車等普及事業助成金は、ハイブリッドカー購入に伴い財団法人日本電動車両協会より交付されるものでございます。3農林水産業費雑入の(1)機殿地区県営圃場整備事業負担金返還金は、換地業務に係る委員手当の三重県への返還命令に伴う松阪市負担分の返還でございます。(2)八幡沖地区県営一般農道整備事業調査設計業務地元負担収入は、地元より事業取り下げの申し入れがあったことに伴う事業費の全額負担でございます。4土木費雑入につきましては、それぞれの工事契約で請負業者が倒産したもの及び工事を途中で放棄したものに係る契約違約金、前払い保証金収入でございます。

 16、17ページをお願いいたします。款19市債は、第3表地方債補正の説明で申し上げましたとおりでございますが、土木債の1カネボウ跡公園建設事業充当分は事業費の減額により全額を減額するものでございます。

 18、19ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、主なものについて御説明を申し上げます。

 まず款2総務費、一般管理費の2弁護士等委託事業費はISO14001認証取得事業に係る訴訟事件弁護士委託料の追加でございます。4市制施行記念式典事業費は、事業見直しにより記念式典を取りやめたことによる減でございます。4の企画費の2市町村合併推進事業費は市民委員会の立ち上げによる謝礼金の追加でございます。7財産管理費の2の(1)市有財産管理事業費は、松名瀬海岸市有地の枯れ松伐採処理による委託料の追加でございます。3の(1)交通事故賠償金は、専決処分でもお願いをいたしておりますが、平成13年9月5日、木の郷町地内において発生をした車両接触による交通事故賠償金で、過失割合は市側100%でございます。日ごろから職員には安全運転に努めるよう指導し、周知を図っておりますが、今回もこのような事故が発生したことに対しましては心からおわびを申し上げます。20、21ページをお願いいたします。2の賦課徴収金の1の(1)固定資産税賦課事業費は地番図家屋図修正等委託料の請負差金による減でございます。22、23ページをお願いいたします。1戸籍住民基本台帳費の1弁護士委託事業費は、新規事業で戸籍コンピューター化事業に係る訴訟事件弁護士委託料でございます。

 24、25ページをお願いいたします。款3民生費、1社会福祉総務費の2の(1)民生委員児童委員連合会活動費補助金は、改選に伴う委員の増員による活動費補助金の追加でございます。2身体障害者福祉費の1の(1)身体障害児補装具給付事業費は申請見込み件数19件の増による追加でございます。3の(1)重度心身障害者タクシー料金助成事業費は利用件数の増による追加でございます。3の知的障害者福祉費の1の(1)生活ホーム入居者措置事業費は入居者数の2名の増による追加でございます。6の国民年金事務費の1国民年金事務事業費は、国民年金被保険者名簿の廃止に伴う社会保険庁からの被保険者名簿情報提供に係る経費の追加でございます。26、27ページをお願いいたします。老人福祉総務費の1の(1)敬老会開催事業費は、主に記念品の精算による減でございます。28、29ページをお願いいたします。1児童福祉総務費の児童手当給付事業費は、児童手当所得制限額の改正等に伴う給付対象児童数の増によるものでございます。2児童措置費の2民間保育所運営事業費は入所延べ児童数311人の増による保育所運営費の追加でございます。3児童福祉施設費の1施設管理運営事業費は入所延べ児童数873人の増による保育所運営費の追加でございます。2病休・産休代替等保育士賃金は主に産休代替保育士の増によるものでございます。30、31ページをお願いいたします。生活保護総務費の2生活保護費国県支出金返還金は平成12年度分国庫支出金の精算に伴う返還金でございます。32、33ページをお願いいたします。目1の隣保館費の隣保館事業費は講座回数等の減による講師謝礼金の減でございます。地域改善対策費の墓地整備事業費は県補助3分の2の新規事業で、庄町の墓地整備事業でございます。

 34、35ページをお願いいたします。款4衛生費、保健衛生総務費の1松阪市民病院事業会計繰出金は、繰り出し基準に係る公債費の減額によるものでございます。3松阪市ほか六か町村衛生共同組合分担金は、通常経費に係る燃料費、薬品代等の減額に伴うものでございます。2予防費の1の(1)予防接種事業費は予防接種法の一部改正に伴い65歳以上の高齢者に対するインフルエンザ接種経費の追加でございます。環境衛生費の環境衛生一般経費は来年度から導入予定の合併処理浄化槽設置補助金の啓発パンフレット印刷代でございます。36、37ページをお願いいたします。清掃総務費の北部処理場跡地利用事業費は用地買収の同意を得たことによる民有地境界整備工事費等の減でございます。塵芥処理費の1の(5)第一清掃工場施設整備事業費は入札差金による工事費、委託料の減でございます。(6)塵芥収集車購入事業費は車種変更及び入札差金による減でございます。

 38、39ページをお願いいたします。6の農林水産業費、農林業地域改善対策費の小規模零細地域農林業対策事業費は県単東町地区の暗渠排水事業の新規採択による追加でございます。7の農地費の農業農村整備事業負担金は、それぞれ県営事業費の減によるものでございます。8の圃場整備事業費の1の県営圃場整備事業公共事業分補助金は新規事業で、平成12年度県営圃場整備事業で実施した農道、排水路等の公共的事業分の事業費分に対して土地改良区へ補助するものでございます。県営圃場整備事業補助金はそれぞれの県営事業費の減によるものでございます。農用地高度利用促進対策費の農地銀行活動事業費は農用地利用計画図作成費の減でございます。40、41ページをお願いいたします。漁港改修事業費の1猟師漁港改良事業費と松ケ崎漁港改良事業費は事業費の精算による減でございます。42、43ページをお願いいたします。農と匠の里建設費の弁護士委託事業費は新規事業で農と匠の里建設事業に係る訴訟事件弁護士委託料でございます。

 44、45ページをお願いいたします。款7商工費、産業立地費の企業誘致推進事業費は企業誘致訪問に係る旅費の追加でございます。8のワークセンター松阪管理費の施設管理運営事業費は雨漏りの修繕料の追加でございます。

 46、47ページをお願いいたします。款8土木費、道路新設改良費の1の(1)臨時地方道整備事業費は市単道路整備事業からの組みかえ及び事業施工に伴う事業費の追加でございます。(2)の市単道路整備事業費は臨時地方道整備事業への組みかえ及び事業施工に伴う事業費の減でございます。4の橋梁維持費の橋梁耐震補強事業費は精算等による減でございます。48、49ページをお願いいたします。3の河川改良費の1河川改良市単事業費は事業施工に伴う事業費の追加でございます。50、51ページをお願いいたします。都市計画総務費の4公共下水道事業特別会計繰出金は、公共下水道使用料、消費税還付収入の減額等に伴う追加でございます。5の公園費のカネボウ跡公園管理事業費は電気使用料等の増による需用費の追加でございます。公園事業費の総合運動公園整備事業費単独分は、用地買収費等の補助対象外経費の増によるものでございます。総合運動公園建設事業費補助分、カネボウ跡公園建設事業費は国庫補助事業の内示による事業費の減でございます。52、53ページをお願いいたします。住宅管理費の市営住宅維持修繕費は、建具、内装等修繕料の追加でございます。小規模住宅地区等改良事業費の老朽住宅除去補助金は老朽住宅除却戸数6戸の増による追加でございます。

 54、55ページをお願いいたします。消防費、常備消防費の松阪地区広域消防組合分担金は人件費及び普通建設事業費等の増による追加でございます。2の非常備消防費の消防団員退職報償金等は消防団員退職者1名の増による追加でございます。

 次の教育費につきましては、教育長から説明を申し上げますので、交代をいたします。

          〔助役 三好利夫君降壇〕

          〔教育長 駒田哲夫君登壇〕



◎教育長(駒田哲夫君) 引き続きまして、10教育費につきまして御説明申し上げます。

 教育費の歳出でございますが、主なものについてのみ御説明申し上げたいと思います。

 56、57ページをお願いいたします。まず、項1教育総務費、目2事務局費の2同和地区高校等入学支度金及び奨学金は受給人数の減により127万1000円の減額と、3の同和地区大学入学支度金及び奨学金は同じく受給人数の減により124万2000円の減額とするものでございます。

 次に目3教育指導費の1児童生徒指導事業費は、(5)スクールサポートボランティアモデル事業費は、6月に起きました池田小学校の事件を受けまして、国より県を通じて委託がありました事業でございまして、54万円の増額をお願いするものでございます。事業の趣旨は、地域のボランティアの皆さんの協力を得て、学校行事の開催日や登下校時の安全対策の強化を図りまして、安心して通える学校を目指すものでございます。花岡小学校と徳和小学校の2校をモデル校に実施するものでございます。

 58、59ページをお願いいたします。項2小学校費、目1学校管理費の1小学校管理経費、(1)の施設管理運営事業費は、小学校の教育用コンピューター24校増設分等の入札差金411万7000円の減額をするものでございます。次に(2)施設維持修繕事業費の817万8000円の増額の主なものは、第五小学校等受水槽のポンプ取りかえ修繕の401万1000円の増額と、工事請負費で256万8000円の増額をしておりますが、これは大阪池田小学校事件に関連いたしまして、一部の学校へ防犯カメラを設置するものでございます。(3)空調設備整備事業費は空調設備工事費に係る入札差金490万6000円の減額でございます。目3学校建設費の2花岡小学童保育施設事業費は、花岡小学校内に学童保育施設を建設するために1910万円の増額をお願いするものでございます。

 60、61ページをお願いいたします。項3中学校費、目1学校管理費、1バリアフリー推進事業の979万4000円の増額は、鎌田中学校へ車いす使用の生徒の入学予定からの対応工事をするものでございます。2中学校費管理経費、(1)施設管理運営事業費398万4000円の減額は、久保中学校ほか1件のコンピューター入れかえ等の入札差金が主なものでございます。(2)空調設備整備事業費の120万円の増額は中学校パソコン教室に空調設備を整備するための設計委託料でございます。

 62、63ページをお願いいたします。項4幼稚園費、目1幼稚園管理費、2施設維持修繕事業費39万6000円は、大阪の池田小学校事件に関連する防犯監視対策といたしまして、2園にインターフォンの設置をするためのものでございます。3空調設備整備事業費は17園の遊戯室に係る空調工事費の入札差金165万3000円の減額をするものでございます。

 64、65ページをお願いいたします。項5社会教育費、目2地区市民センター費、1施設整備事業費、(1)の地区市民センター改修事業費20万9000円の増額につきましては朝見地区市民センターの上水道切りかえ工事を行うものでございます。目5埋蔵文化財調査費、1宝塚古墳保存整備事業費は、発掘調査区域の増加により工事請負費の入札差金を財源に、需用費の2万1000円、委託料148万4000円、合計150万5000円を組みかえるものでございます。

 66から69ページまでは特に申し上げることはございません。よろしく審議を賜りますようお願い申し上げます。

          〔教育長 駒田哲夫君降壇〕

          〔助役 三好利夫君登壇〕



◎助役(三好利夫君) 続きまして款11災害復旧費について御説明を申し上げます。70、71ページをお願いいたします。農地等災害復旧費の農地等災害復旧事業費は台風15号による市単災害復旧事業費の精査による減でございます。

 72、73ページをお願いいたします。款12公債費、2利子は清掃費県補助金の減額に伴う財源振りかえでございます。

 以上で一般会計の説明を終わります。

 次に議案第99号平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算第3号について、御説明申し上げます。

 1ページをお願いいたします。朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては2529万7000円を減額させていただき、歳入歳出予算の総額をそれぞれ154億5416万円とさせていただくものでございます。

 次の第2条、債務負担行為の補正につきましては4ページの第2表をお願いいたします。これは平成14年度に開催予定のふるさとダービーに伴うテレビ放映の業務内容等から事前に業者決定を行い、準備期間が必要なため契約するもので、平成14年度の支出予定限度額は1億5300万円でございます。

 8、9ページをお願いいたします。歳入でございますが、事業収入の雑入、競輪活性化対策広報事業助成金は社団法人全国競輪施行者協議会から競輪初心者教室開催のための収入が見込めることから追加をさせていただくものでございます。3繰入金の財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴う財源調整により2609万7000円を減額させていただくものでございます。

 10、11ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款1総務費、1一般管理費の総務一般経費は通信運搬費及び保険料の追加でございます。

 12、13ページをお願いいたします。款2事業費、事業費の1ファンサービス事業費は競輪初心者セミナーの実施による追加及び入札差金による消耗品の減等でございます。2の広告宣伝事業費は、電話投票会員用情報紙の請負差金による減でございます。3の開催事業費は契約変更によるニュース編集委託料の減でございます。3の選手賞金及び賞金等賞賜金は賞金改定による選手賞金の減でございます。臨時場外開設事業費の臨時場外開設事業費は記念競輪の臨時場外従事員賃金等の追加でございます。

 以上で説明を終わります。

 次に議案第100号平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第3号について御説明申し上げます。

 15ページをお願いいたします。朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては651万4000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ89億3757万4000円とさせていただくものでございます。

 22、23ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、款1国民健康保険税の1一般被保険者国民健康保険税は保険税の資産割課税の修正によるものでございます。款4療養給付費交付金の1療養給付費交付金は、退職被保険者等還付加算金の増に伴う療養給付費交付金の追加でございます。次の繰入金、一般会計繰入金は繰り出し基準によるシステムデータ作成業務委託料の増に伴う職員給与費等繰入金の追加でございます。

 24、25ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款1総務費、一般管理費の一般管理経費は保険税の資産割課税の修正に伴うシステムデータ作成業務委託料及び徴収事務に係るOA地図システム導入によるものでございます。2の公用車購入事業費は入札差金による減でございます。26、27ページをお願いいたします。款8諸支出金、一般被保険者保険税還付金、一般被保険者保険税還付加算金、5退職被保険者等保険税還付加算金につきましては、保険税の資産割課税の修正に伴う過年度還付金の追加でございます。

 以上で説明を終わります。

 次に議案第101号平成13年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算第1号について御説明を申し上げます。

 29ページをお願いいたします。朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては47万円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ636万2000円とさせていただくものでございます。

 36、37ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、款3繰越金は今回の補正に伴う一般財源の財源調整として47万円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込額290万5000円から既決予算額と今回の補正額を控除した後の留保額は4000円となるものでございます。

 38、39ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款1総務費、一般管理費の石綿管更新事業費は立田町地内の布設替工事費の布設替延長及び舗装復旧費の増による追加でございます。

 以上で説明を終わります。

 次に、議案第102号平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算第3号について御説明申し上げます。

 41ページをお願いいたします。朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては1673万円を減額させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ63億7927万5000円とさせていただくものでございます。

 次の第2条地方債の補正につきましては44ページの第2表をお願いいたします。まず中勢沿岸流域下水道負担金は国補事業費の増額に伴いまして限度額を2億6090万円から3億2680万円に増額し、また関連公共下水道事業は市単独事業費の減額補正によりまして32億2510万円から31億3010万円に減額し、合わせて限度額を2910万円減額させていただくものでございます。

 48、49ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、款2使用料及び手数料、事業使用料の公共下水道使用料は、公共下水道への接続件数が当初計画を下回り年間有収水量が大きく落ち込む見込みとなったことによるものでございます。款6繰入金、一般会計繰入金は主に公共下水道使用料と消費税還付収入の減額補正に伴うものでございます。款8諸収入の雑入は消費税還付収入が確定申告により確定したことによる補正でございます。平成12年度事業費が繰り越しとなりましたことから減額をするものでございます。款9市債の目1事業債は地方債補正の説明で申し上げましたとおりでございます。

 50、51ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款1事業費、管理費の一般職員給は補助事業支弁人件費の振りかえによる追加でございます。2の(1)受益者負担金納入報奨金は13年度賦課分における全期一括納付、残金一括納付件数の増によるものでございます。3の(1)公共下水道整備基金積立金は、公共下水道施設整備事業費の補正により受益者負担金収入が公共下水道施設整備事業費において1019万9000円充当減となったことにより同額を補正するものでございます。52、53ページをお願いいたします。目1の流域下水道費の2の(1)中勢沿岸流域下水道事業負担金は、国補事業費が増額になったことによるものでございます。2の関連公共下水道費の1公共下水道施設整備事業費は9980万円の減額でございますが、事業別内訳では国補事業の事業費枠内の組みかえ、市単独事業は24億9554万5000円から23億9574万5000円に9980万円の事業費減額によるものでございます。内容等は記載のとおりでございます。54、55ページをお願いいたします。款2公債費、利子につきましては、財源充当の変更により公共下水道使用料の減額に伴い特定財源充当額が減額となり同額の一般財源を充当したものでございます。

 以上で説明を終わります。

 次に議案第103号平成13年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号について御説明を申し上げます。

 57ページをお願いいたします。朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては3131万4000円を減額させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ1億2856万2000円とさせていただくものでございます。

 次の第2条地方債の補正につきましては60ページの第2表をお願いいたします。これは高木地区の事業費の減額によるもので限度額を4780万円から3850万円に変更し、930万円を減額させていただくものでございます。

 64、65ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、款2県支出金の農業集落排水事業費補助金は高木地区の事業費の減額によるものでございます。款3繰入金の一般会計繰入金は建設改良費、一般管理費の減額に伴うものでございます。次の繰越金は今回の補正に伴う一般財源の財源調整として16万5000円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込額は16万6000円で、既決予算額と今回の補正額を合わせまして全額を計上させていただいております。款5諸収入、雑入の消費税還付収入は建設改良費における資本的収入の地方債の減額によるものでございます。2高木地区農業集落排水事業明和町負担金収入は事業費の減額に伴うものでございます。款6市債の建設改良債につきましては、地方債補正の説明で申し上げたとおりでございます。

 66、67ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款1総務費、一般管理費の一般管理経費は、浄化槽管理士認定講習会受講申請手数料、浄化槽技術管理者認定講習会受講申請手数料の減額でございます。68、69ページをお願いいたします。款2事業費、施設管理費の小野地区施設維持管理費は、加入世帯の増による電気料、水道料の追加と浄化槽保守点検業務委託料の精査による減額でございます。

 70、71ページをお願いいたします。建設改良費の農業集落排水施設整備事業費は国補事業費を1億2423万円から9191万円に3232万円の減額を、また市単事業費を1100万円から1145万円に45万9000円の増額をさせていただくものでございます。内容等は、臨時職員賃金、需用費の消耗品費、印刷製本費、修繕料と高木地区事業の工事請負費の減額及び高木地区の汚水処理施設内の机、パイプ椅子等の備品購入でございます。

 以上で説明を終わります。

 次に議案第104号平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第3号について御説明申し上げます。

 73ページをお願いいたします。朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては336万8000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ51億5347万5000円とさせていただくものでございます。

 80、81ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、3の国庫支出金、事務費交付金は、かかりつけ医意見書作成手数料の増額による事務費交付金の追加でございます。7の繰入金、一般会計繰入金、その他一般会計繰入金は、今回の補正に伴う事務費繰入金として一般会計から繰り入れをさせていただくものでございます。2の基金繰入金、介護保険円滑導入基金繰入金は財政安定化基金拠出金の増額による追加でございます。

 82、83ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款1総務費、認定調査等事業費の1認定調査等事業費は継続在宅見込み件数の増による主治医意見書作成手数料の追加によるものでございます。84、85ページをお願いいたします。款2保険給付費、介護サービス等諸費のそれぞれの目は各種サービス等の利用者の増減が見込まれることからの追加及び減額をさせていただくものでございます。86、87ページをお願いいたします。支援サービス等諸費のそれぞれの目は各種支援サービスの利用者の増減が見込まれることからの追加及び減額でございます。88、89ページをお願いいたします。款3の財政安定化基金拠出金は標準給付費額の増による追加でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

          〔助役 三好利夫君降壇〕



○議長(中出実君) 暫時休憩をいたします。午前11時15分に本会議を再開いたします。

                            午前11時5分休憩

                            午前11時15分開議



○議長(中出実君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第9 議案第105号 平成13年度松阪市水道事業会計補正予算(第3号)



○議長(中出実君) 日程第9 議案第105号平成13年度松阪市水道事業会計補正予算第3号を議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔水道事業管理者 西村敏彦君登壇〕



◎水道事業管理者(西村敏彦君) ただいま上程されました議案第105号平成13年度松阪市水道事業会計補正予算第3号について御説明申し上げます。

 今回補正をお願いいたしますのは、予算第2条に定めました業務の予定量におきまして、(4)建設改良事業の予定量を7533万1000円減額し、8億6089万1000円とするものでございます。これは建設改良費の工事請負費等の減が主なものでございます。

 次に予算第3条に定めました収益的収入及び支出でございますが、収入で第1款水道事業収益を9199万6000円増額し、41億4728万2000円とするものでございまして、これは第1項営業収益の受託工事収益の増によるものでございます。

 2ページをお願いいたします。支出でございますが、第1款水道事業費を7962万4000円増額し、39億8151万1000円とするものでございます。これは第1項の営業費用で増額するもので、主なものといたしましては、受託工事費の工事請負費の増でございます。

 次に第4条資本的収入及び支出でございますが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額は、ただいまの朗読のとおり補てんするものでございます。

 収入で第1款資本的収入を3866万1000円減額し、8億1566万3000円とするものでございます。これは団地造成に伴う改良工事負担金の減でございます。支出の第1款資本的支出につきましては、予算第2条で申し上げたとおりでございます。

 予算の詳細につきましては、基礎資料に基づきまして御説明申し上げます。

 7ページをお願いいたします。収益的収入及び支出でございますが、収入は受託工事収益で公共下水道事業に伴う配水管布設替工事収益の追加及び県営圃場整備事業並びに県道道路改良工事に伴う配水管布設替工事収益の減でございます。

 8ページをお願いいたします。支出につきましては配水及び給水費で、修繕工事跡路面復旧費の追加と受託工事費の委託料で、公共下水道事業に伴う配水管調査委託料の減と、工事請負費は先ほど御説明いたしました受託工事収益に係る工事請負費の追加でございます。業務費はハンディーターミナル導入に係る経費で、アルバイト賃金の追加及び委託料の減でございます。総係費は職員パソコン導入に伴います賃借料の追加でございます。

 次に資本的収入及び支出でございますが、収入は団地造成に伴う改良工事負担金の減でございます。

 10ページをお願いいたします。支出は石綿管布設替費で、設計委託料の減及び工事請負費の追加、第5期拡張費では豊原、山下町地内での県道道路改良工事遅延に伴う配水管布設工事中止による減、建設受託工事費は萌木団地及び、仮称でございますが、松阪阿形団地造成に伴う配水管布設工事費の減、固定資産購入費は機械及び装置で西野ポンプ場、ウォーターハンマー防止用圧力タンクの購入費でございます。

 以上、簡単ではございますが、平成13年度水道事業会計補正予算第3号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。

          〔水道事業管理者 西村敏彦君降壇〕



△日程第10 議案第106号 平成13年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(中出実君) 日程第10 議案第106号平成13年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号を議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔病院事務部長 鈴木正一君登壇〕



◎病院事務部長(鈴木正一君) 議案の説明に入ります前に、このたびの議案書の14ページの実施計画のうち、資本的収入、支出の記載漏れがございまして、去る27日に差しかえをさせていただきましたところでございます。議案作成の不備を深く反省いたしまして、心からおわび申し上げます。

 ただいま上程されました議案第106号平成13年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号につきまして御説明申し上げます。

 11ページをお願い申し上げます。このたびの補正は、医療機械器具の整備にかかります費用と、またそれと連動いたします起債の額等の変更、企業債の利息の減に係ります補助金、出資金の変更を行うこと、並びに過年度未収金の時効によります損の計上をお願いしようとするものでございます。

 それでは第2条の業務の予定量につきまして、建設改良事業のうち医療機械器具等整備事業につきまして、購入予定額で主といたしまして、CTいわゆるコンピューター断層撮影装置でございますけれども、の更新が予定より低くなりましたことから、5200万円を減額し、2億2993万8000円とさせていただこうとするものでございます。

 3条の収益的収入及び支出につきまして、病院事業収益のうち第2項医業外収益におきまして、企業債利息が1.6%となり、再計算により減となりましたことから、他会計補助金が71万6000円減となりまして、6億8200万4000円に改めさせていただくものでございます。

 12ページをお願い申し上げます。病院事業費用につきまして、第2項医業外費用で企業債利息が107万4000円の減となり4億6380万8000円とし、第4項特別損失では平成7年度以前の未収金につきまして、主として住所不明等によりまして地方自治法236条による時効の成立によりまして327万4000円を欠損処分をしようとするものでございます。

 第4条本分括弧書きでございますけれども、朗読のとおりでございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。資本的収入及び支出の予定額を次のように補正をお願いするものでございますけれども、資本的収入におきましては、第1項企業債で5200万円を減額し、第3項他会計出資金において12年度起債償還金措置期限が延びたことから減となりまして、他会計出資金1666万7000円を減額し、資本的収入の計は4億640万2000円とさせていただき、資本的支出では第1項建設改良費5200万円を減額し、第2項企業債償還金で2500万円の減額となり、資本的支出の計は5億1663万7000円とさせていただくものでございます。

 13ページをお願いします。第5条企業債の限度額につきまして、医療機械器具整備事業の限度額2億5000万円から5200万円を減額し、1億9800万円と改めるものでございます。

 附属資料につきましては、説明を省略させていただきますが、よろしく御審議を賜りますようにお願い申し上げます。

          〔病院事務部長 鈴木正一君降壇〕



△日程第11 議案第107号 松阪市交通安全条例の制定について



○議長(中出実君) 日程第11 議案第107号松阪市交通安全条例の制定についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔市民生活部長 山本 勲君登壇〕



◎市民生活部長(山本勲君) 議案説明の前に、今回松阪市交通安全条例を制定しようとする趣旨等につきまして御説明を申し上げます。

 松阪市は平成7年から交通事故死亡者数は、全国10万人以上の都市の中で常にワースト上位に位置する不名誉な記録が残念ながら続いてきておるところでございます。このような状況の中で、本年9月に交通死亡事故多発非常事態宣言を発令いたしまして、交通事故防止活動を推進してきておるところでございます。交通死亡事故の現場を調査いたしまして、事故の原因、特徴等を分析いたしますと、大半が事故当事者の安全不確認と前方不注意によるものが数多くを占めていることが明らかになったところでございます。特に本年の交通死亡事故件数につきましては、23件中、被害者側、または双方の安全不確認と一時停止等を怠ったものが16件と、全体の70%を占めておるところでございます。安全運転意識の欠如が死亡事故を増加させている要因となっておるところでございます。交通安全の基本は、市民の皆様が交通安全の知識の向上と交通マナーを高めることが、悲惨な交通事故をなくすことにつながるものでございます。年々増加傾向にあります交通事故から、松阪市民の生命、身体、財産を守るためには、市民への交通安全に対する知識の普及と、交通安全の思想の高揚を重点といたしまして、市民が安心して暮らせる安全で安心な松阪を実現するため、松阪市交通安全条例を制定しようとするものでございます。

 それでは、ただいま上程されました議案第107号松阪市交通安全条例につきまして御説明申し上げます。

 まず第1条の目的でございますが、年々増加する交通事故の防止を図るため、交通安全対策基本法に基づきまして、本市の基本理念を定め、交通安全に関する施策の基本となる事項を定めることによりまして、交通安全施策を総合的、計画的に推進し、市民の安全快適な生活の実現を図ることを目的といたしております。

 第2条の基本理念でございますが、交通事故及び交通事故によります死傷者の根絶のため、交通安全の確保はもちろんでございますが、将来にわたって保持されなければならないといたしております。

 次に第3条の市の責務でございますが、市の責務は、交通安全意識の高揚、道路交通環境の整備など、交通安全の確保に関する施策を推進すること。一方、市民等の身体、財産の保護を図ることとしております。

 第4条の市民等の責務でございますが、前条と同じ理由で市民等といたしまして、市、その他関係行政機関及び交通関係団体が実施する啓発活動等、交通安全対策に協力するとともに、自主的な交通安全活動に努めることといたしております。

 次に第5条の交通安全教育の推進でございますが、市民の交通安全意識高揚のため、幼児から高齢者に至る対象者に応じた交通安全教育を推進することとしております。

 第6条の広報啓発活動でございますが、交通安全に関する広報啓発活動を積極的に推進することとしております。

 次に第7条の交通安全用具の普及でございますが、交通安全確保のため、反射器材、チャイルドシートなど、交通安全用具の普及促進を図ることとしております。

 次に第8条の松阪市交通安全の日でございますが、毎月11日を松阪市交通安全の日に指定し、この交通安全の日には関係機関等は構成員による啓発活動を実施するなど、市民挙げて交通安全に取り組むことといたしております。

 次に第9条の関係機関等への要請でございますが、良好な道路交通環境を確保するため、必要に応じまして、県、警察、安全協会等への意見上申等を行うこととしております。

 第10条の交通死亡事故等発生時の措置でございますが、交通死亡事故が発生したとき、及び交通事故が多発した場合は、関係機関等と現地調査を実施し、必要な事故防止対策を講じておるところでございます。また第2項では、死亡事故が連続して発生した場合は、市民に広く惨状を訴えるため、交通死亡事故多発警報、あるいは交通死亡事故多発非常事態宣言を発令できることを定めておるものでございます。

 次に第11条の関係機関等との協力につきましては、本条例案の目的達成のため、交通安全活動を行う県、警察、安全協会等と密接に連携協力して、効果的な交通安全対策を推進することとしております。

 最後に第12条の委任でございますが、条例の施行についての細部につきましては、規則等で定めることができる規定でございます。

 附則といたしまして、この条例は平成14年1月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

          〔市民生活部長 山本 勲君降壇〕



△日程第12 議案第108号 松阪市企業立地促進条例の制定について



○議長(中出実君) 日程第12 議案第108号松阪市企業立地促進条例の制定についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔商工部長 中谷正和君登壇〕



◎商工部長(中谷正和君) ただいま上程されました議案第108号松阪市企業立地促進条例の制定につきまして、提案内容につきまして御説明申し上げます。

 長引く景気低迷の中、多くの企業は新規計画や設備投資に慎重な姿勢でございます。また雇用につきましても極めて抑えている状況でございます。

 三重県の北勢、中勢地域におきまして、競合する優良な工業団地等の状況を見ますと、これらの企業誘致活動が最も重要になってきていると思っております。このような状況の中からも松阪市中核工業団地西地区への効果的な企業立地を図るため、奨励措置を講じるものでございます。

 それでは本文条項を御説明申し上げます。

 まず第1条でございますが、目的でございます。企業の立地を促進するため必要な奨励措置を講じ、松阪市の産業振興と雇用の創出を図り、経済の発展に寄与することといたしております。

 第2条でございますが、用語の意義を定めております。

 第3条は奨励金の交付を規定するものでございまして、交付額は企業が取得した土地の取得価格に100分の25を乗じた額といたしております。

 第4条は奨励金の交付要件を定めておりまして、対象業種、対象地域、工場等の着工期間、雇用者数など、条件を付することといたしております。

 第5条は工場等の建設に着工する前に市長の指定を受けなければならない規定でございます。

 第6条は指定後の交付申請と交付決定を定めております。

 第7条は記載のとおりでございます。計画変更を行うときは申請が必要であることといたしております。

 第8条は、指定の承継の取り扱い方、手続は市長へ届け出るものといたしております。

 第9条は指定の取り消し等を定めまして、それらは不正による指定、条例または規則違反、市長が必要と認めたときといたしております。

 第10条は記載のとおりでございまして、特に必要と認めたとき、報告を求め、調査ができることといたしております。

 第11条は、施行に関してこの条例で定めるもののほか、規則で定めることといたしております。

 附則といたしまして、この条例は平成14年4月1日から施行しようとするものでございます。また、この条例は平成19年3月31日限りで効力を失うものでございます。

 以上、説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

          〔商工部長 中谷正和君降壇〕



△日程第13 議案第109号 松阪市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について



△日程第14 議案第110号 松阪市職員退職諸給与支給条例等の一部を改正する条例の一部改正について



△日程第15 議案第112号 字の区域の設定について



○議長(中出実君) 日程第13 議案第109号松阪市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について、日程第14 議案第110号松阪市職員退職諸給与支給条例等の一部を改正する条例の一部改正について、日程第15 議案第112号字の区域の設定について、以上議案3件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔総務部長 宮本幹雄君登壇〕



◎総務部長(宮本幹雄君) ただいま上程されました議案3件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。まず議案第109号松阪市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてでございますが、このたびお願いいたします条例の改正理由につきましては、平成13年6月29日に成立いたしました商法等の一部を改正する等の法律を受けて、同日に成立いたしました商法等の一部を改正する等の法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律第64条におきまして、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律が一部改正されたことに伴いまして、本条例につきましても一部改正を行う必要が生じたものでございます。

 改定内容につきましては、第2条第1項第6号中、市長の資産等報告書を作成する上で、株券にあってはこれまで株式の銘柄、株数及び額面金額の総額を記載しなければならないとなっておりましたが、今回の改正によりまして、額面金額の総額の記載の必要がなくなり、株式の銘柄及び株数のみの記載となったものでございます。

 なお、この条例の施行日につきましては、附則におきまして、公布の日からといたしております。

 次に議案第110号松阪市職員退職諸給与支給条例等の一部を改正する条例の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 今回の改正は、恩給法等の一部を改正する法律が公布施行されたことに伴いまして、その改正に準じて所要の措置を講じようとするものでございます。本条例は昭和37年11月以前の退職者に対しまして適用する条例でございます。

 改正の内容は、普通退隠料、扶助料の最低保障額の一部を引き上げようとするものでございます。

 それでは条例本文について御説明を申し上げます。

 附則第3条1項中、平成12年4月分を平成13年4月分に改めるものでございます。これは長期の在職者の普通退隠料、扶助料の年額の最低保障額の引き上げ期日を示しております。

 改正額についてですが、65歳以上の者に給する普通退隠料の実在職年数が6年未満の区分につきましては、これまでの56万6400円を56万7400円に、扶助料の実在職年数が6年未満の区分につきましては、これまでの39万8000円を39万9000円に改正するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 また、今回は平成13年4月分以降における退隠料、扶助料につきまして、その年額の基礎となっております給料年額につきましては据え置かれております。

 次に議案第112号字の区域の設定についての提案理由を御説明申し上げます。

 このたびお願いいたします字の区域の設定は、地方自治法第260条第1項に基づくものでございまして、阿形町地内に総面積5万1577平方メートル、計画戸数132戸の住宅団地を建設するに当たり、小字が複雑に入り組んでいるため新たに字の区域を設定し、分合筆を進めようとするものでございます。

 新字名につきましては、現在県道を挟んだ阪内川親水公園は桜が多く植えられておりまして、また同団地側にも桜を植樹する計画があることから、桜通という名称にしてほしいという開発者からの要望がございまして、市としては特段問題もないと考えられるため、これを承認しようとするものでございます。

 なお、新字の設定区域といたしましては、阿形町字下河原の34筆、字上河原の27筆、字石原の1筆、合計3字62筆と、これらの区域に隣接介在いたします道路等である国有地の全部でございます。

 内容につきましては、別紙資料のとおりでございますので、省略をさせていただきます。

 以上、議案3件、簡単な説明でございますが、御審議いただきますようよろしくお願い申し上げます。

          〔総務部長 宮本幹雄君降壇〕



△日程第16 議案第111号 松阪市手数料条例の一部改正について



△日程第17 議案第116号 財産の取得について(松阪市総合運動公園用地)



○議長(中出実君) 日程第16 議案第111号松阪市手数料条例の一部改正について、日程第17 議案第116号財産の取得について 松阪市総合運動公園用地、以上議案2件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔建設部長 岩塚三善君登壇〕



◎建設部長(岩塚三善君) ただいま上程されました議案2件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 まず議案第111号松阪市手数料条例の一部改正についてでございますが、平成14年度から三重県の事務処理の特例に関する条例に基づきまして、三重県屋外広告物条例に規定する事務の一部を受任することにしております。受任する事務の中に屋外広告物の許可に関する事務が含まれておりまして、三重県屋外広告物条例第23条の規定に基づく許可手数料につきましては、本市が徴収し収入するものでございます。つきましては、手数料条例を一部改正させていただき、本市における当該手数料の徴収につきまして規定するものでございます。

 市条例の掲載につきましては、別表中第39号を第40号といたしまして、第27号から第38号までを1号ずつ繰り下げ、第26号の次に、次の1号を加えるものでございます。内容といたしましては、別表のとおり第27号として定めるものであります。張り紙、張り札、立て看板など9項目につきまして、三重県の基準により手数料を徴収しようとするものでございます。

 なお、この条例につきましては、平成14年4月1日から施行しようとするものでございます。

 次に議案第116号財産の取得についてでございますが、総合運動公園の用地につきましては、さきの9月定例議会でも事業認可の拡大について県と協議中であると御説明をさせていただいております。その協議が整い、認可の拡大の承認を受けたところでございます。元区域の整備計画に影響を及ぼす部分から、松阪市土地開発公社が所有する物件について用地を取得しようとするものでございます。

 土地の所在につきましては、松阪市安楽町字西谷513番ほか1筆で、別紙図面の斜線の部分でございます。面積につきましては1万5238.73平方メートルであります。取得予定価格につきましては1億667万1110円で、随意契約によりまして、松阪市土地開発公社から取得しようとするものでございます。

 以上、議案2件につきましてよろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

          〔建設部長 岩塚三善君降壇〕



○議長(中出実君) 午さんのため休憩をいたします。午後1時本会議を再開いたします。

                            午前11時55分休憩

                            午後1時0分開議



○議長(中出実君) 休憩前に引き続き本会議を開きます。



△日程第18 議案第113号 町及び字の区域の設定及び変更について



△日程第19 議案第114号 字の区域の変更について



△日程第20 議案第115号 松阪市農業集落排水施設の区域外設置に関する明和町との協議について



○議長(中出実君) 日程第18 議案第113号町及び字の区域の設定及び変更について、日程第19 議案第114号字の区域の変更について、日程第20 議案第115号松阪市農業集落排水施設の区域外設置に関する明和町との協議について、以上議案3件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔農林水産部長 大東丈文君登壇〕



◎農林水産部長(大東丈文君) ただいま上程されました議案3件について御説明を申し上げます。

 まず議案第113号町及び字の区域の設定及び変更についての提案理由を御説明申し上げます。

 この案件につきましては、地方自治法第260条第1項の規定による手続でありまして、県営低コスト化水田農業大区画圃場整備事業櫛田地区で、田、畑等が整理統合されましたことによりまして、町及び字の区域が従前のままに存続しては不合理でありますので、新しい区画に沿って区域の設定及び変更を行うものでございます。

 当櫛田地区は平成5年度に着手し、平成13年度に完了を予定しております。受益面積は108.2ヘクタールで、区域の変更は、松阪市櫛田町、清水町、菅生町、上七見町、魚見町、豊原町、和屋町の各一部に係る7町84字1000筆であります。また、字の区域の設定は、菅生町字保田、櫛田町字羽祢田と設定したものでございます。

 内容につきましては、別紙資料のとおりでございますので、詳細な説明を省略させていただきます。

 なお、効力につきましては、地方自治法施行令第179条により換地処分公告の翌日からとなりまして、平成14年3月に換地処分を予定いたしております。

 続きまして議案第114号字の区域の変更につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 この案件につきましては、地方自治法第260条第1項の規定による手続でありまして、農林業地域改善対策事業小片野地区圃場整備事業の施行に伴い、田畑耕地等が整理統合されたことによりまして、字の区域が従前のまま存続しては不合理でありますので、新しい区画に沿って区域の変更を行うものでございます。

 なお、小片野地区は区画整理面積9.7ヘクタールで、平成2年度に着手し、年度内に事業を完了しておりますけれども、換地手続がおくれていたものでございます。今回変更させていただくのは、小片野町の3字29筆と、これに付随する道路である国有地の一部を編入させていただくことになっております。

 なお、効力につきましては、地方自治法施行令第179条による換地処分公告の翌日からとなりまして、平成14年3月に換地処分を予定しております。

 次に議案第115号の松阪市農業集落排水施設の区域外設置に関する明和町との協議についての御説明を申し上げます。

 この案件につきましては、地方自治法第244条の3第1項の規定による松阪市農業集落排水施設の区域外設置に関する明和町との協議について、平成14年度から高木地区の農業集落排水施設の供用を開始することに伴う同条第3項の規定に基づくものでございます。

 設置の目的につきましては、農業集落排水施設の隣接する地域を含めた広域的整備により事業の効率的推進を図り、地域住民の福祉向上に資するものとするものでございます。設置する公の施設及び位置は、松阪市農業集落排水施設の一部を明和町大字竹川に設置するものでございまして、経費の負担につきましては、明和町は当該施設の管理に要する経費について、松阪市と協議の上、応分の負担をするというものでございます。

 施設の使用につきましては、明和町大字竹川の一部区域の住民は、平成14年度から供用を開始する当該施設を使用することができるというものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

          〔農林水産部長 大東丈文君降壇〕



△日程第21 議案第117号 教育委員会委員の選任について



○議長(中出実君) 次に日程第21 議案第117号教育委員会委員の選任についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔市長 野呂昭彦君登壇〕



◎市長(野呂昭彦君) ただいま上程されました議案第117号教育委員会委員の選任についての御説明を申し上げます。

 本市教育委員会委員でございます野口美智子氏の任期が平成13年12月15日に満了となります。したがいまして、同氏の後任に伊藤節子氏をお願いしようとするものでございます。

 伊藤氏は松阪市久保町1329番地4にお住まいで、昭和12年2月3日のお生まれでございます。経歴につきましては別紙のとおりでございますが、山田赤十字高等看護学院を卒業後、松阪中央総合病院総看護婦長、松阪女子短期大学非常勤講師等を歴任され、現在はホームヘルパー養成講座の講師をされてみえます。教育委員として適任と認めてお願いするものでございますので、何とぞ御同意を賜りますようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。

          〔市長 野呂昭彦君降壇〕



○議長(中出実君) 本案について質疑、意見はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) お諮りをいたします。本案に同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(中出実君) 起立全員であります。よって本案は同意することに決しました。

 教育委員会委員に選任されました伊藤節子さんからごあいさつがあります。

          〔伊藤節子君登壇〕



◎委員等(伊藤節子君) 伊藤節子でございます。ただいま私の教育委員就任につきまして、御同意いただきありがとうございました。久しぶりに身の引き締まる思いでございます。

 私がこれまで経験してきました道のりは長いものではありますが、看護という限られた分野のものでありました。教育につきましては、身近には感じておりましたが、その幅の広さ、それから奥行きの深さ、そういうものについては未知でございます。これを機会に視野を広げて、私自身が生涯学習という気持ちで成長していきたいと思っております。そしてまた、将来、自分の人生を振り返りましたときに、生まれ育った、そして大好きな松阪市で教育委員を経験させていただいたということが、よかったなと思えるように誠心誠意努めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。(拍手)

          〔伊藤節子君降壇〕



○議長(中出実君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。お諮りいたします。12月10日、12月11日の2日間を休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって12月10日、12月11日の2日間は休会することに決しました。なお、12月8日、12月9日の2日間は休会となっておりますので、御了承願います。12月12日午前10時、本会議を開きます。本日はこれにて散会をいたします。

                             午後1時12分散会