議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

旧松阪市 平成13年  6月 定例会(第3回) 06月26日−01号




旧松阪市 平成13年  6月 定例会(第3回) − 06月26日−01号







旧松阪市 平成13年  6月 定例会(第3回)



議事日程第1号 平成13年6月26日 午前10時開会

 日程第1  会議録署名議員の指名

 日程第2  会期の決定

 日程第3  議案第54号 平成13年度松阪市一般会計補正予算(第1号)

 日程第4  議案第55号 平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5  議案第56号 平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第6  議案第57号 平成13年度松阪市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第7  議案第58号 平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第8  議案第59号 平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第9  議案第60号 平成13年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第10 議案第61号 職員の再任用に関する条例の制定について

 日程第11 議案第62号 松阪市職員の定年等に関する条例の一部改正について

 日程第12 議案第63号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

 日程第13 議案第64号 松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

 日程第14 議案第65号 職員の給与に関する条例の一部改正について

 日程第15 議案第66号 委員会の委員等の報酬および費用弁償に関する条例の一部改正について

 日程第16 議案第67号 松阪市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

 日程第17 議案第68号 松阪市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

 日程第18 議案第69号 財産の取得について(松阪市総合運動公園用地)

 日程第19 議案第70号 財産の取得について(上川町遊歩道公園用地)

本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

出席議員(30名)

      1番  今井一久君      2番  松田千代君

      3番  山本登茂治君     4番  長野 操君

      5番  紀平泰三君      6番  小林正司君

      7番  高橋 護君      8番  川北真衣君

      9番  中森弘幸君     10番  松尾一男君

     11番  小池美智子君    12番  森上正吉君

     13番  竹田哲彦君     14番  内田茂雄君

     15番  西村磨寿美君    16番  鎌倉 守君

     17番  前田行正君     18番  中出 実君

     19番  田中 力君     20番  野口 正君

     21番  山本忠生君     22番  西村友志君

     23番  赤塚 進君     24番  北岡 忠君

     25番  上田増夫君     26番  小阪五郎君

     27番  引地 忠君     28番  伊藤 稔君

     29番  大西常夫君     30番  杉山梅一君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長       野呂昭彦君     助役       三好利夫君

 収入役      松田敬八君     総務部長     宮本幹雄君

 建設部長     岩塚三善君     建設部次長    中村貴雄君

 企画調整部長   角谷忠夫君     税務担当参事   山岡 隆君

 教育委員長    越知愛幸子君    教育長      駒田哲夫君

 市民生活部長   山本 勲君     保健福祉部長   山嵜高裕君

 下水道部長    豊田敏明君     農林水産部長   大東丈文君

 商工部長     中谷正和君     水道事業管理者  西村敏彦君

 病院事務部長   鈴木正一君     消防団事務局長  奥田 修君

 監査委員     小杉勝子君

事務局出席職員

    事務局長  池村正己      次長    坂口秀夫

    庶務係長  高杉 功      議事係長  牧戸嘉之

    調査係長  田所正敏      兼務書記  松林育也

    兼務書記  松名瀬弘己

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午前10時7分開会



○議長(中出実君) これより平成13年6月第3回松阪市議会定例会を開会いたします。議案説明のため市長以下関係者の出席を求めましたから御報告をいたします。本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号により進めることにいたします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(中出実君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において13番 竹田哲彦議員、27番 引地 忠議員を指名いたします。



△日程第2 会期の決定



○議長(中出実君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。会期につきましては、去る6月19日議会運営委員会を開催し協議を願いましたので、この際議会運営委員長より御報告を願います。



◆26番(小阪五郎君) 去る6月19日に議会運営委員会を開催いたしまして、今期定例会の会期について協議をいたしました結果、今期定例会の会期は、本日から7月9日までの14日間とすることに決定をいたしました。なお、議事予定につきましては、お手元に配付されております議事予定表のごとく進めることに決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(中出実君) お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告どおり今期定例会の会期は本日から7月9日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって会期は14日間と決定いたしました。



△日程第3 議案第54号 平成13年度松阪市一般会計補正予算(第1号)



○議長(中出実君) 日程第3 議案第54号平成13年度松阪市一般会計補正予算第1号を議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔助役 三好利夫君登壇〕



◎助役(三好利夫君) ただいま上程されました議案第54号平成13年度松阪市一般会計補正予算第1号について御説明を申し上げます。

 今、朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては2億2368万3000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ393億5081万5000円とさせていただくものでございます。

 第2条の地方債の補正につきましては、5ページの第2表をお願いいたします。内容はそれぞれの事業の起債対象事業費の増減に伴う起債限度額の変更で、限度額の合計を610万円減額させていただくものでございます。

 次に、8ページ、9ページをお願いいたします。今回の補正の財源内訳でございますが、一般財源につきましては前年度繰越金、諸収入により財源調整をいたしております。

 10、11ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、歳入につきましては、それぞれ歳出予算に計上させていただいております事業に伴う特定財源でございますので、一般財源等に係るもののみ、御説明を申し上げます。款15寄附金につきましては、お手元にお配りしております補正予算説明資料に内訳を記載しておりますので、御参照をいただきたいと思います。10、11ページから12、13ページにかけての款17繰越金につきましては、今回の補正に伴う一般財源の財源調整として1億8857万1000円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込は17億6749万3000円でございます。2の民生費雑入、介護保険給付費返還金1694万1000円につきましては、平成12年度介護保険事業特別会計の保険給付費に対する市負担分の精算による返還金収入でございます。

 14、15ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、主なものについて御説明を申し上げます。まず款総務費、防災対策経費は、職員用災害行動マニュアルの新規作成による追加で災害時に速やかに防災体制がとれるよう図るものでございます。2の嘱託職員賃金等は通勤手当の支給に伴う追加等で、また以下、各款項にわたる嘱託職員賃金等につきましては、通勤手当の支給及び嘱託職員の異動に伴う増減でございます。次に総務一般経費は職員便利帳の新規作成による追加でございます。財産管理費の庁舎等管理事業費は、教育委員会事務局移転及び庁舎レイアウト変更等に伴う庁用器具備品及び庁舎改修工事等の追加でございます。16、17ページをお願いいたします。戸籍住民基本台帳費の戸籍コンピュータ化事業費は、戸籍システム端末機の増設経費等の追加でございます。2の住民基本台帳ネットワークシステム構築事業費は住民基本台帳ネットワークシステムの詳細確定に伴う既存住民記録システム改修費等の追加でございます。18、19ページをお願いいたします。参議院議員選挙費は投票管理者等報酬改定及び自動開封機購入による追加でございます。

 20、21ページをお願いいたします。民生費の社会福祉総務費はそれぞれ寄附による積立金でございます。次の知的障害者福祉費の知的障害者・児デイサービス事業費は、国庫補助2分の1、県補助4分の1の新規事業で、知的障害者入通所更生施設、こいしろの里の開設に伴うデイサービス事業でございます。次の知的障害者更生施設等整備事業費補助金も新規事業で、こいしろの里に対する施設等整備費補助金で通所デイサービス施設送迎車両購入、入所更生施設に係るものでございます。22、23ページをお願いいたします。老人福祉総務費、生きがい活動支援通所事業費は、うきさと憩センターの活動用車両修繕料、水質検査料等の追加でございます。2の寝たきり等高齢者福祉事業費はそれぞれ事業費の組みかえによるものでございます。24、25ページをお願いいたします。児童福祉施設費の施設管理運営事業費は、保育所運営費の組みかえによる保育所一般消耗品の減でございます。4の保育所地域活動事業費は県補助3分の2の事業で、障害児保育推進事業実施に伴う保育用器具購入等の追加でございます。広域入所制度運営事業費は広域入所児童の2名増による追加でございます。26、27ページをお願いいたします。地域改善対策費の共同浴場施設整備事業費は県補助3分の2の新規事業で、京町共同浴場の施設設備の老朽化に伴い修繕を実施するものでございます。28、29ページは特に申し上げることはございません。

 30、31ページをお願いいたします。衛生費、塵芥処理費、廃棄物集積所設置補助金は、申請件数の増による追加でございます。

 32、33ページをお願いいたします。農林水産業費、農業委員会費の農業委員会活動事業費は、農地銀行活動事業からの事業費組みかえに伴う振りかえで、市単アルバイト賃金の追加でございます。農林業地域改善対策費の小規模零細地域水田農業特別対策事業費は県補助10分の10の新規事業で、小規模零細地域において麦、大豆等の転作作物の栽培技術を研修する栽培研修会や、転作作物の附加価値を高めるための事例調査を実施するもので、対象は東町、宮町農家実行組合でございます。次の湛水防除施設管理費、施設管理事業費は新川排水機場空気圧縮機修繕等の追加でございます。次の農用地高度利用促進対策費の農地銀行活動事業費は県補助金の減額等によるアルバイト賃金等事業費の減でございます。

 34、35ページは特に申し上げることはございません。36、37ページをお願いいたします。農と匠の里建設費の水源調査等委託事業費は新規事業で、学習水田に井戸水を使用するに当たり、ため池等の周辺地域影響調査を実施するものでございます。

 38、39ページをお願いいたします。商工費、商工振興費の松阪まちづくり公社対策検討委員会委員報酬は、松阪街づくり公社再建のための検討委員会委員報酬で委員11名分でございます。次の中小商業活性化事業補助金は国庫補助3分の1の新規事業で、TMO構想策定並びに設立に向けた調査、研究を検討するもので、松阪商工会議所に補助するものでございます。観光費、観光施設管理運営事業費は案内看板修繕及び近畿自然歩道維持管理業務の追加によるものでございます。産業立地費の企業誘致推進事業費は松阪市に係る中部経済界等への企業誘致説明会開催経費等の追加でございます。次の松阪中核工業団地緑地伐採事業費は県補助10分の10の新規事業で、緊急雇用対策事業による松阪中核工業団地緑地伐採を行うものでございます。

 40、41ページをお願いいたします。土木費、道路新設改良費、市単道路整備事業費は松阪高校前通り線外3線の市単事業費の追加でございます。浸水対策費の浸水対策事業費は用地購入の承諾が得られたことに伴う大津排水路の用地測量費の追加でございます。

 42、43ページをお願いいたします。都市計画総務費の一般職員給は補助事業の支弁人件費の振りかえによる追加でございます。街路事業費の42号松阪多気バイパス関連整備事業費は市道朝田清水線交差点改良の用地購入費等の追加でございます。街路事業補助事業費はそれぞれ国庫補助事業の内示による補助種別変更に伴う事業費の組みかえでございます。都市下水路費の施設整備事業費は大口ポンプ場周辺整備工事の追加でございます。公園事業費、宝塚古墳公園事前調査事業費は新規事業で、宝塚古墳公園の都市計画決定に伴う事前業務経費でございます。総合運動公園建設事業費は立ち木補償の増等に伴う国補事業費の追加でございます。46、47ページをお願いいたします。住宅管理費、施設管理運営事業費は東町団地火災住宅調査費及び南郊団地汚水処理施設維持管理委託料の追加でございます。

 48、49ページをお願いいたします。消防費、非常備消防費、各種団体等負担金は掛金の引き上げに伴う消防団員退職報償金負担金の追加でございます。

 以下、教育費につきましては教育長から説明を申し上げますが、よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

          〔助役 三好利夫君降壇〕

          〔教育長 駒田哲夫君登壇〕



◎教育長(駒田哲夫君) 引き続き教育費につきまして御説明申し上げたいと存じます。

 教育費の歳出でございますが、50、51ページをお願いいたします。主なものについて御説明申し上げます。

 まず款教育費、目事務局費の1の教育委員会事務局一般経費は事務局移転に伴う電子複写機カウンターリース料及び用紙代を追加するものでございます。2松阪市教育会館施設改修の事業補助金は、松阪市教育研究所が入所しています松阪市教育会館の空調施設は故障が著しく修理不能となりましたので、事業費の一部を補助するものでございます。

 52、53ページをお願いいたします。目の学校管理費の1の嘱託職員賃金等は、通勤手当の支給に伴う追加等で、また以下、各款、項にわたる嘱託職員賃金等につきましては通勤手当の支給及び嘱託職員の異動に伴う増減でございます。54ページ、55ページをお願いいたします。学校管理費の1の(1)の施設管理運営事業費は、中学校の宿日直を廃止し、機械警備委託による賃金の減額をするものでございます。3の交通事故賠償金は、中学校労務員の物損事故により、相手方と職員の原付自転車と自家用自動車の修繕費を相殺した負担金を追加するものでございます。56、57ページは特にございません。

 58、59ページをお願いいたします。目文化振興費の1の(1)真福寺木造阿弥陀如来坐像保存事業補助金は、下蛸路の真福寺の本尊、木造阿弥陀仏如来坐像は国の重要文化財に指定されておりますが、虫食いの被害が出てきておりますので、収蔵庫全体を薫蒸処理し、文化財の保護、保存を図るための補助金の追加でございます。60、61ページは特にございません。62ページ、63ページも特にございません。

 以上、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

          〔教育長 駒田哲夫君降壇〕

          〔助役 三好利夫君登壇〕



△日程第4 議案第55号 平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第5 議案第56号 平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第6 議案第57号 平成13年度松阪市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第7 議案第58号 平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第8 議案第59号 平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(中出実君) 日程第4 議案第55号平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算第1号、日程第5 議案第56号平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号、日程第6 議案第57号平成13年度松阪市老人保健事業特別会計補正予算第1号、日程第7 議案第58号平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算第1号、日程第8 議案第59号平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第1号、以上、議案5件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔助役 三好利夫君登壇〕



◎助役(三好利夫君) ただいま上程をされました議案第55号平成13年度松阪市競輪事業特別会計補正予算第1号について御説明を申し上げます。

 今、朗読をいただきましたように、今回の補正につきましては7483万8000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ144億8923万1000円とさせていただくものでございます。

 8ページ、9ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、事業収入、競輪活性化対策広報事業助成金は、財団法人日本自転車普及協会からファンサービスのための松阪競輪活性化対策広報事業として助成金500万円が見込まれることから追加をいたすものでございます。繰越金、前年度繰越金は、今回の補正財源として6983万8000円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込みは1億1998万1000円でございます。

 10、11ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、事業費の広告宣伝事業費800万円は、松阪競輪活性化モデル宣伝事業としてラジオのレギュラー番組を実施することによる追加でございます。2の開催事業費316万2000円の減は出走表印刷の入札差金による減でございます。12、13ページをお願いいたします。営繕費の施設整備事業費7000万円は、来年度開催のふるさとダービー開催に伴う施設整備として、第3、4コーナースタンドの改修工事を追加するものでございます。以上でございます。

 次に、議案第56号平成13年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回の補正につきましては2796万7000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ89億1411万8000円とさせていただくものでございます。

 22、23ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、連合会支出金、介護円滑導入給付金、収納対策給付金2796万7000円は、昨年度に引き続き国保中央会で基金設置し、各保険者に交付される介護円滑導入給付金で、保険料の円滑な徴収を図るという趣旨で交付されるものでございます。

 24、25ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、款総務費、一般管理費の1公用車購入事業費210万円は、保険税徴収のための徴収用軽自動車2台を購入させていただくものでございます。26、27ページをお願いいたします。款諸支出金、保険給付費支払準備基金の国保支払準備基金積立金2586万7000円は、財源振りかえに伴う一般財源を国保支払準備基金に積み立てをさせていただくものでございます。以上でございます。

 次に、議案第57号平成13年度松阪市老人保健事業特別会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回の補正につきましては1億334万5000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ114億7793万3000円とさせていただくものでございます。

 36、37ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、繰越金の前年度繰越金は、今回の補正財源として1億334万5000円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込みは2億5658万5000円でございます。

 38、39ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、償還金の過年度分返還金1億334万5000円は平成12年度老人保健医療給付費等の精算による支払基金交付金の返還金でございます。以上でございます。

 次に、議案第58号平成13年度松阪市公共下水道事業特別会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回の補正につきましては500万円を減額させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ63億5600万5000円とさせていただくものでございます。

 次の第2条地方債の補正は44ページの第2表をお願いいたします。今回の市単事業費の減額に伴い起債限度額を32億2990万円から32億2510万円に変更し、480万円の減額をさせていただくものでございます。

 48、49ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、繰入金、一般会計繰入金20万円の減は今回の補正に伴う財源調整でございます。市債、事業債480万円の減は、第2条で説明を申し上げましたように、関連公共下水道事業費の市単事業費の減によるものでございます。

 50、51ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、関連公共下水道費、公共下水道施設整備事業費500万円の減は、内訳として国補事業の事業費枠内の組みかえと市単独事業費500万円の減額でございます。国補事業は事業費19億円で変更はございません。市単独事業費につきましては25億54万5000円から24億9554万5000円に変更するものでございます。以上でございます。

 次に、議案第59号平成13年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回の補正につきましては1億6617万2000円を追加させていただき、歳入歳出の予算総額をそれぞれ51億4974万1000円とさせていただくものでございます。

 60、61ページをお願いいたします。次に歳入でございますが、繰入金、介護保険給付費支払準備基金繰入金は、前年度に係る介護保険給付費の精算に伴い、支払準備基金より3425万8000円を繰り入れするものでございます。繰越金は今回の補正財源として1億3191万4000円を計上させていただいております。なお、平成12年度における純繰越金の決算見込みは1億4615万7000円で、今回の補正と既決予算額を合わせて全額を計上しております。

 62、63ページをお願いいたします。次に歳出でございますが、償還金の過年度分償還金等は、平成12年度の介護保険給付費の精算に伴う返還金で、国庫負担金が5052万1000円、県負担金が1808万9000円、市負担金が1694万1000円、及び支払基金が8062万1000円となり、合わせて1億6617万2000円を追加させていただくものでございます。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

          〔助役 三好利夫君降壇〕



△日程第9 議案第60号 平成13年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(中出実君) 日程第9 議案第60号平成13年度松阪市水道事業会計補正予算第1号を議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔水道事業管理者 西村敏彦登壇〕



◎水道事業管理者(西村敏彦君) ただいま上程されました議案第60号平成13年度松阪市水道事業会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回、補正をお願いいたしますのは、まず予算第2条業務の予定量のうち、建設改良事業を132万円補正するものでございまして、これは水道用地購入費でございます。

 次に、予算第3条に定めました収益的収入及び支出でございます。収入で第1款水道事業収益、既決予定額38億9459万7000円を1億6068万9000円増額し、40億5528万6000円にするものでございまして、これは第1項営業収益の受託工事収益の増によるものでございます。

 2ページをお願いいたします。支出は第1款水道事業費の既決予定額37億5623万8000円を1億4564万9000円増額し、39億188万7000円とするもので、これは営業費用で受託工事費の増でございます。

 次に第4条資本的収入及び支出でございますが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額は、ただいまの朗読のとおりで補てんするものでございます。

 収入で第1款資本的収入既決予定額7億7932万4000円を7500万円増額し、8億5432万4000円とするものでございまして、内容につきましては第5項国庫補助金で7500万円補正するもので、これは石綿管更新事業国庫補助金でございます。

 資本的支出につきましては、予算第2条で申し上げたとおりでございます。

 予算の詳細につきましては、基礎資料につきまして御説明を申し上げます。7ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の収入は受託工事収益で公共下水道事業に伴う配水管布設替工事収益、西黒部町ほか12件の追加でございます。支出につきましては、先ほど説明いたしました受託工事収益に係る工事請負費でございます。

 8ページをお願いいたします。資本的収入及び支出の収入は、石綿管更新事業で、国庫補助金の交付内定によるものでございます。なお、今回のこの事業につきましては、国庫補助金のみの補正でございますが、事業内容が確定次第、財源振りかえをお願いするものでありますので、よろしくお願い申し上げます。次に支出につきましては、国土交通省施行の櫛田川堤防拡張に伴いまして、水道用地内の民地264平方メートルを購入するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、平成13年度水道事業会計補正予算第1号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

          〔水道事業管理者 西村敏彦君降壇〕



△日程第10 議案第61号 職員の再任用に関する条例の制定について



△日程第11 議案第62号 松阪市職員の定年等に関する条例の一部改正について



△日程第12 議案第63号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について



△日程第13 議案第64号 松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について



△日程第14 議案第65号 職員の給与に関する条例の一部改正について



△日程第15 議案第66号 委員会の委員等の報酬および費用弁償に関する条例の一部改正について



○議長(中出実君) 日程第10 議案第61号職員の再任用に関する条例の制定について、日程第11 議案第62号松阪市職員の定年等に関する条例の一部改正について、日程第12 議案第63号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、日程第13 議案第64号松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について、日程第14 議案第65号職員の給与に関する条例の一部改正について、日程第15 議案第66号委員会の委員等の報酬および費用弁償に関する条例の一部改正について、以上、議案6件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔総務部長 宮本幹雄君登壇〕



◎総務部長(宮本幹雄君) ただいま上程されました議案6件につきまして提案説明をさせていただきます前に、少し時間をいただきまして、再任用制度の概要につきまして、配付をさせていただいております資料に基づきまして御説明をさせていただきたいと考えますので、よろしくお願いを申し上げます。

 定年退職をした国家公務員等を最長65歳まで再雇用する新たな再任用制度を導入するための法律、国家公務員法等の一部を改正する法律が、平成11年7月1日に成立をいたしまして、同月7日公布されました。また、これを受けまして、地方公務員法等の一部を改正する法律が公布されましたことにより、今回条例の制定と関連いたします条例の一部改正をお願いするものでございます。

 お手元の資料の1ページをお願いいたします。再任用制度導入の必要性でございますが、公的年金の支給開始年齢が引き上げられたことと、高齢期、60歳代前半の職員が長年養った能力、経験を有効に発揮できるようにすることでございます。

 再任用の対象者といたしましては、定年退職者、勤務延長後に退職した者、定年退職日以前に退職した者のうち、25年以上勤務して退職した者であって、当該退職の日の翌日から起算して5年を経過する日までの間にある者、また再任用をされたことがある者でございます。能力実証の方法につきましては、従前の勤務実績に基づいて選考するものでございます。また、任期につきましては1年以内でございます。

 資料の2ページをお願いいたします。任期の更新につきましては、勤務実績が良好である場合に、あらかじめその職員の同意を得た上で、1年以内で可能としているものでございます。任期の末日につきましては、再任用職員が65歳に達する日以後の最初の3月31日以前とするものでございますが、任用上限年齢につきましては、経過措置といたしまして、退職共済年金の支給開始年齢の段階的な引き上げに合わせまして、61歳から段階的に引き上げがなされます。任用上限年齢の引き上げにつきましては、そこに記載の表のとおりでございます。

 3ページをお願いいたします。勤務時間につきましては、週40時間のフルタイム勤務と、週16時間から週32時間までの範囲内での短時間勤務とに区分されております。短時間勤務職員の週休日、勤務時間の割り振りにつきましては、原則といたしまして、週休日は土日を含む2日以上とし、勤務時間につきましては、1日8時間以内としています。また、短時間勤務職員の年次休暇につきましては、資料に記載の算式で求める日数となるわけでございますが、例えば1日の勤務時間が4時間で週5日勤務の場合ですと、年次休暇は20日ということになります。また、1日の勤務時間が5時間で週4日勤務の場合には16日といったことになります。

 次に、再任用職員の給料月額でございますが、職務の級ごとに単一の額が設定されておりまして、再任用後の職務に応じて決定された級に応じた額が支給されるものでございます。短時間勤務職員の給料月額につきましては、その者の勤務時間に比例して算出することとなりますし、また再任用が最長でも5年という短期間任用のため昇給制度は適用されないものでございます。

 4ページをお願いいたします。再任用職員の給料表でございます。4ページから5ページに記載されておりますけれども、各職種別に、また各級ごとに設定されておりますが、再任用職員の給料の位置づけにつきましては、新しくつく職務の内容と責任の度合い等を総合的に勘案をいたしまして設定するものでございます。

 再任用職員に支給いたします手当についてでございます。5ページをお願いいたします。手当につきましては、通勤手当、時間外勤務手当、期末勤勉手当等でございまして、扶養手当、住宅手当、再任用後の退職手当等につきましては支給されないものでございます。期末勤勉手当の支給割合でございますが、期末手当につきましては、年間1.9カ月分で、勤勉手当の支給割合は0.6カ月分で、合計で年間2.5カ月分でございます。

 以上、簡単な説明ではございましたが、この制度につきましては、国家公務員に準じて地方公務員も行おうとするものでございまして、三重県下におきましても、三重県の方はもちろんでございますけれども、13市におきましても既に10市が上程、可決されておりまして、伊勢、津におきましては、この9月議会に上程する予定であるとのことでございます。このため、当市におきましても今議会に上程をさせていただいたものでございますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、議案第61号職員の再任用に関する条例の制定について、またこれに関連いたします議案第62号松阪市職員の定年等に関する条例の一部改正について、議案第63号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、議案第64号松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について、議案第65号職員の給与に関する条例の一部改正について、それぞれ御説明を申し上げます。

 今回の制定及び改正は、ただいま御説明を申し上げましたように、新たな再任用制度の導入を主な内容とする地方公務員法等の一部を改正する法律が、平成11年7月に公布されたことに伴いまして、条例を制定及び改正しようとするものでございます。

 主な内容は、高齢社会の到来に伴いまして、高齢者の知識、経験を社会において活用していくとともに、年金制度の改正にあわせまして、60歳代前半の生活を雇用と年金の連携により支えるため、一般職員の定年退職者等の再任用制度について、条例で定める年齢までの在職を可能とし、フルタイム勤務及び短時間勤務の制度を設けようとするものでございます。

 まず、議案第61号職員の再任用に関する条例の制定について御説明を申し上げます。

 第1条は、地方公務員法の定年退職者等の再任用に関する採用、任期、任期の末日の規定に基づきまして、職員の再任用について条例で必要な事項を定めるとしたものでございます。

 第2条は、定年退職者に準ずるものについて規定したものでございます。定年退職者及び勤務延長後の退職者のほか、定年退職日以前に退職した者で、長年勤務し、公務に貢献した者も含まれるというものでございます。

 第3条、任期の更新について規定したものでございます。再任用職員の任期満了時点において、その更新直前の任期における勤務実績が良好である場合に、あらかじめ職員の同意を得た上で1年以内で任期の更新を可能とするものでございます。

 第4条は、任期の末日について規定したものでございます。再任用職員が65歳に達する年度の年度末以前でなければならないとするものでございます。

 第5条は、この条例に関して必要な事項は規則で定めようとするものでございます。

 附則第1条といたしまして、この条例は平成13年8月1日から施行とするものでございます。

 また附則第2条は、任期末日の特例を定めるものでございまして、任用上限年齢を、経過措置として退職共済年金の支給開始年齢の段階的な引き上げにあわせまして、61歳から段階的に引き上げるものでございます。

 以上が職員の再任用に関する条例を制定するものでございます。

 続きまして、議案第62号の松阪市職員の定年等に関する条例の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 これまでこの条例の中で定年退職者の再任用について規定しておりましたが、今回、職員の再任用に関する条例を制定することに伴いまして、従来の定年退職者の再任用についての条文の削除や整理を行うものでございます。

 以上、松阪市職員の定年等に関する条例の一部改正でございます。

 続きまして、議案第63号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてでございます。

 再任用職員の勤務時間、休暇につきましてですが、再任用常時勤務職員は一般職員と同様でございます。再任用の短時間勤務職員の勤務時間につきましては、1週間当たり16時間から32時間までの範囲内で任命権者が定めるとするもので、週休日につきましては、日曜日及び土曜日に加えまして、月曜日から金曜日までに週休日を設けることができるとするもので、勤務時間の割り振りにつきましては、1日につき8時間を超えない範囲内で勤務時間を割り振るものとするというものでございます。また、特別の形態によって勤務する必要のある再任用短時間勤務職員につきましては、4週間ごとの期間につき8日以上の週休日を設けなければならないとするものでございます。休暇につきましては、年次休暇についてその者の勤務時間等を考慮して設定することといたします以外は、常時勤務職員と同様とされているところでございます。

 以上、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正でございます。

 続きまして、議案第64号松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正でございます。

 現行制度上、非常勤職員に対しましては、育児のための部分休業を付与することができないこととされておりますけれども、再任用短時間勤務職員は常勤職員と同様の本格的な執務に従事することとしておりますことから、育児のための部分休業を付与することができるとするものでございます。

 以上、松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正でございます。

 続きまして、議案第65号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして御説明を申し上げます。

 この条例は、再任用制度の導入に伴い、再任用職員の給料、手当を定めるものでございます。

 第5条の3は、再任用職員の給料月額を定めるものでございます。再任用職員の給料月額は、その者に適用される給料表の再任用職員の欄に掲げる給料月額のうち、その者の属する職務の級に応じた額とするものでございます。また、再任用職員のうち短時間勤務職員については、その勤務時間に応じて給料月額を決定するというものでございます。

 第10条第2項第2号は、自動車等の交通用具を利用して通勤する再任用職員の通勤手当を定めるものでございます。通勤手当の額は、再任用職員以外の職員と同額でございますが、短時間勤務職員については1カ月当たりの通勤回数を考慮して、規則で定める割合を乗じて得た額を減じた額とするものでございます。

 第12条第3項は時間外勤務手当に関するものでございます。再任用短時間勤務職員が正規の勤務時間を超えて勤務した場合、その勤務時間と正規の勤務時間との合計が8時間に達するまでは時間外勤務手当の割り増しは行わないというものでございます。

 第18条第3項は、期末手当に関するものでございます。3月に支給される期末手当の支給割合は100分の30、6月は100の70、12月は100分の90、管理職員については、6月は100分の60、12月は100分の80とするものでございます。

 第19条第2項は勤勉手当に関するものでございます。再任用職員の勤勉手当の支給割合は、6月、12月とも100分の30、管理職員については100分の40とするものでございます。

 第20条の2は、再任用職員には扶養手当、住宅手当を支給しないというものでございます。

 第21条は、臨時または非常勤職員の給与に関するものでございますが、再任用短時間勤務職員はこの適用を受けないというものでございます。

 続きまして、別表第1から別表第3までの給料表でございます。別表第1のイの行政職給料表(一)は、事務職員、技術職員、保育士、保健婦に適用しております給料表でございます。ロの行政職給料表(二)は、現業職員に適用しております給料表でございます。別表第2のイの医療職給料表(一)は、病院に勤務する医師、歯科医師、ロの医療職給料表には薬剤師、技師等、ハの医療職給料表(三)は、看護婦等に適用している給料表でございます。別表第3の教育職給料表は幼稚園に勤務する教諭、養護教諭に適用している給料表でございます。それぞれの給料表の下の欄に、再任用職員の給料月額を定めるものでございます。これらの給料表のうち、別表第1のロの行政職給料表(二)と別表第2のハの医療職給料表(三)の再任用職員以外の職員についても、今回一部改正を行います。行政職給料表(二)につきましては、職務の級の4級と5級に行政職給料表(一)の4級と5級を導入するものでございます。医療職給料表(三)は、現在の5級制を6級制に改正するものでございます。現在5級は、総看護婦長及び看護婦長の職務となっておりますが、6級制に伴い平成14年4月1日から、総看護婦長は6級、看護婦長は5級の職務となります。

 附則第1項は、施行期日を定めているもので、この条例は平成13年8月1日から施行するというものでございます。

 附則第2項は、改正前の地方公務員法により採用された職員は、この条例の適用を受ける再任用職員ではないというものでございます。

 以上、簡単な説明でございますが、よろしく御審議をお願い申し上げます。

 続きまして、議案第66号委員会の委員等の報酬および費用弁償に関する条例の一部改正につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 今回、提案させいただきますのは、市の行政委員会や附属機関等の委員をお務めいただいております方々のうち、投票管理者等に報酬日額の改定と、一部の委員名称の変更を行おうとするものでございます。

 改正内容でございますが、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律が去る6月13日に公布され、施行されたことに基づきまして、本条例中の委員の区分と報酬の額を定めております別表第21号の投票管理者の報酬を、日額1万2300円から1万2700円に、第22号の投票立会人を日額を1万2000円から1万2300円(訂正前 1万3000円)に、第23号の開票管理者及び選挙長を日額1万400円から1万700円に、そして第24号の開票立会人及び選挙立会人の日額8600円から8900円にそれぞれ改めてさせていただくものでございます。

 失礼しました。1万2300円を1万3000円と申し上げたようでございますので、訂正をよろしくお願いいたします。

 また本市の高齢者保健福祉計画及び介護保険計画の策定に伴いまして、従来の老人保健福祉計画策定委員会はその役割を終了したため解散し、今後これらの計画に基づいたより効果的な総合福祉行政を推進していくために、新たに高齢者保健福祉審議会を設置いたしました。このことによりまして、同表第31号に規定しております老人保健福祉計画策定委員の名称を高齢者保健福祉審議会委員に変更をさせていただくものでございます。

 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

          〔総務部長 宮本幹雄君降壇〕



○議長(中出実君) 暫時休憩をいたします。午前11時20分本会議を再開いたします。

                            午前11時9分休憩

                            午前11時20分開議



○議長(中出実君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第16 議案第67号 松阪市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について



△日程第17 議案第68号 松阪市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について



○議長(中出実君) 日程第16 議案第67号松阪市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、日程第17 議案第68号松阪市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、以上、議案2件を一括議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔消防団事務局長 奥田 修君登壇〕



◎消防団事務局長(奥田修君) ただいま上程されました議案2件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 初めに、議案第67号松阪市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてであります。

 今回の改正は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が公布、施行されたことに伴い、これに基づき非常勤消防団員等に対する損害補償の充実を図ろうとするものでございます。

 その内容でございますが、第5条第3項中、配偶者以外の子等扶養親族に係る補償基礎額の加算額を、2人までについては183円を200円に、3人目からについては1人につき67円を100円にそれぞれ引き上げるものでございます。

 今回改正の附則としましては、1において、この条例の施行日を公布の日とし、2と3においては平成13年4月1日を適用日とする、それぞれの経過措置等について定めたものでございます。

 続きまして、議案第68号松阪市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてであります。

 今回の改正は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が公布、施行されたことに伴い、これに基づき同条例に定める消防団員退職報償金支払い額の改正を図ろうとするものでございます。

 その内容でございますが、条例別表の勤務年数5年以上から5年刻みで30年以上までの6段階に応じて団員から団長までを6つに分け、それぞれの退職報償金支払い額を4000円引き上げようとするものでございます。

 今回改正の附則としましては、1において、この条例の施行日を公布の日とし、2と3においては平成13年4月1日を適用日とする、それぞれの経過措置等について定めたものでございます。

 以上2件、簡単な説明でございますが、どうぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

          〔消防団事務局長 奥田 修君降壇〕



△日程第18 議案第69号財産の取得について(松阪市総合運動公園用地)



○議長(中出実君) 日程第18 議案第69号財産の取得について 松阪市総合運動公園用地を議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔建設部長 岩塚三善君登壇〕



◎建設部長(岩塚三善君) ただいま上程されました議案69号財産の取得について御説明を申し上げます。

 総合運動公園の用地につきましては、今までに地権者、また地域の方々の御協力をいただきながら用地取得を進めております。今回、御審議をいただく議案につきましては、松阪市土地開発公社が所有する物件について用地を取得しようとするものでございます。別添の資料の図の斜線の部分が取得予定の用地でございます。

 土地の所在につきましては、松阪市山下町字大塚山164番地ほか11筆で、面積は1万2360.91平方メートルでございます。取得予定価格につきましては8876万6650円で、随意契約により松阪市土地開発公社から取得をしようとするものでございます。

 よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

          〔建設部長 岩塚三善君降壇〕



△日程第19 議案第70号 財産の取得について(上川町遊歩道公園用地)



○議長(中出実君) 日程第19 議案第70号財産の取得について 上川町遊歩道公園用地を議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔市民生活部長 山本 勲君登壇〕



◎市民生活部長(山本勲君) ただいま上程されました議案第70号財産の取得につきまして御説明申し上げます。

 松阪市上川町985番地の松阪市一般廃棄物最終処分場北側に隣接いたします用地でございまして、別添資料の斜線の部分でございます。上川町遊歩道公園の工事をいたしておるところでございます。

 今回、御審議いただきます議案につきましては、工事の目的でございますが、一般廃棄物最終処分場のイメージアップを図るとともに、周辺の環境整備をするものでございます。遊歩道公園の設置につきましては、当処分場の建設の同意に伴いまして、地元から強い要望もございまして、地元住民を初め周辺の住民の方々のコミュニケーションの活動の場として大いに利用していただけるものと思っておるところでございます。当公園の整備を目的といたしまして用地を取得するものでございます。なお、当該用地につきましては、前年度の平成12年度から3カ年計画で松阪市土地開発公社より用地の買い戻しを行っておるところでございます。

 土地の所在地でございますが、松阪市上川町字口一ツ883番地の2ほか23筆でございます。地積は1万4821平米でございまして、取得の目的は上川町遊歩道公園用地でございます。取得の方法は随意契約でございまして、予定価格が1億3014万560円でございます。相手方でございますが、松阪市土地開発公社でございます。

 以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

          〔市民生活部長 山本 勲君降壇〕



○議長(中出実君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。お諮りいたします。明6月27日及び6月28日の2日間を休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって6月27日及び6月28日の2日間は休会とすることに決しました。6月29日午前10時、本会議を開きます。本日はこれにて散会いたします。

                            午前11時31分散会