議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

松阪市 平成24年 11月 定例会(第5回) 11月26日−01号




松阪市 平成24年 11月 定例会(第5回) − 11月26日−01号







松阪市 平成24年 11月 定例会(第5回)



議事日程第1号 平成24年11月26日 午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案第99号 平成24年度松阪市一般会計補正予算(第5号)

 日程第4 議案第100号 平成24年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 議案第101号 平成24年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第6 議案第102号 平成24年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第7 議案第103号 平成24年度松阪市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第8 議案第104号 平成24年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第9 議案第105号 平成24年度松阪市戸別合併処理浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第10 議案第106号 平成24年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第11 議案第107号 平成24年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第12 議案第108号 平成24年度松阪市水道事業会計補正予算(第3号)

 日程第13 議案第109号 平成24年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第2号)

 日程第14 議案第110号 平成24年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)

 日程第15 議案第111号 松阪市移動通信用鉄塔施設条例の一部改正について

 日程第16 議案第116号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市市民活動センター)

 日程第17 議案第112号 松阪市手数料条例の一部改正について

 日程第18 議案第113号 松阪市暴力団排除条例の一部改正について

 日程第19 議案第114号 松阪市民病院使用料及び手数料条例の一部改正について

 日程第20 議案第115号 訴えの提起について

 日程第21 議案第117号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市飯高地域資源活用交流施設)

 日程第22 議案第118号 宮川福祉施設組合規約の変更に関する協議について

 日程第23 議案第119号 専決処分の承認について(平成24年度松阪市一般会計補正予算(第4号))

本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

出席議員(29名)

    1番  植松泰之君      2番  中瀬古初美君

    4番  堀端 脩君      5番  野呂一男君

    6番  中村良子君      7番  山本芳敬君

    8番  田中祐治君      9番  山本 節君

   10番  川口 保君     11番  大平 勇君

   12番  大久保陽一君    13番  濱口高志君

   14番  佐波 徹君     15番  海住恒幸君

   16番  永作邦夫君     17番  松田俊助君

   18番  中島清晴君     19番  今井一久君

   20番  山本登茂治君    21番  中森弘幸君

   22番  小林正司君     23番  久松倫生君

   24番  西村友志君     25番  野口 正君

   26番  松田千代君     27番  田中 力君

   28番  水谷晴夫君     29番  前川幸敏君

   30番  中出 実君

欠席議員(1名)

    3番  川口寿美君

議場出席説明者

 市長          山中光茂君   副市長         小林益久君

 副市長         中川 昇君   総務部長        山路 茂君

 市政戦略部長      中山 伸君   税務部長        川口昌宏君

 生活部長        村田長稔君   環境部長        磯田康一君

 保健部長        小阪久実子君  福祉部長        森本義次君

 農林水産部長      上嶋 豊君   まちづくり交流部長   松林育也君

 建設部長        浜地一美君   都市政策部長      中西士典君

 教育長         小林壽一君   教育委員会事務局長   森 幹生君

 嬉野地域振興局長    中林 聰君   三雲地域振興局長    世古政男君

 飯南地域振興局長    高見秀志君   飯高地域振興局長    福山雅文君

 上下水道事業管理者   乾 智光君   市民病院事務部長    大林春樹君

 消防団事務局長     大釋 博君   監査委員        土本 勲君

事務局出席職員

 事務局長        石井千秋    次長          白藤哲央

 調査担当主幹      中西雅之    総務係長        上西伸幸

 議事係長        三木 敦    兼務書記        北畠和幸

 兼務書記        沼田雅彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午前10時0分開会



○議長(中森弘幸君) おはようございます。これより平成24年11月第5回松阪市議会定例会を開会いたします。

 議案説明のため、市長以下関係者の出席を求めましたから御報告をいたします。

 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号により進めることにいたします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(中森弘幸君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により、議長において、5番 野呂一男議員、20番 山本登茂治議員を指名いたします。



△日程第2 会期の決定



○議長(中森弘幸君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。会期につきましては、去る11月19日に議会運営委員会を開催し、協議を願いましたので、この際、議会運営委員長より御報告を願います。



◆24番(西村友志君) 去る11月19日に議会運営委員会を開催いたしまして、今期定例会の会期について協議いたしました結果、本日から12月14日までの19日間とすることに決定いたしました。なお、議事予定につきましては、お手元に配付されております議事予定表のごとく進めることに決定いたしましたので、御報告いたします。

 以上です。



○議長(中森弘幸君) お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告どおり、今期定例会の会期は、本日から12月14日までの19日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中森弘幸君) 御異議なしと認めます。よって、会期は19日間と決定いたしました。



△日程第3 議案第99号 平成24年度松阪市一般会計補正予算(第5号)



○議長(中森弘幸君) 日程第3 議案第99号平成24年度松阪市一般会計補正予算第5号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました議案第99号平成24年度松阪市一般会計補正予算第5号について、御説明申し上げます。

 一般会計補正予算書の1ページをお願いいたします。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ16億1729万3000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ588億389万7000円とさせていただくものでございます。

 次に、第2条の繰越明許費、第3条の債務負担行為の補正、第4条の地方債の補正につきましては、それぞれの関係個表で御説明申し上げますので、5ページをお願いいたします。

 第2表繰越明許費でございますが、内容につきましては、まず橋りょう長寿命化事業費と消防防災施設整備事業費は、平成24年10月26日に閣議決定されました国の経済危機対応・地域活性化予備費の活用による補助事業であり、工事着手までに関係機関との調整に日数を要し、年度内に完成しない可能性があるため、繰越明許費の金額を、それぞれ3540万円、3277万円と定めさせていただくものでございます。また、道路橋りょう災害復旧事業費は、国の災害査定後に実施設計と工事発注を行うため、年度内完成が見込めないことから、繰越明許費の金額を2000万円と定めさせていただくものでございます。

 6ページをお願いいたします。第3表債務負担行為補正でございますが、追加の内容につきまして、今定例会において御提案申し上げます公の施設に係る指定管理者の指定にかかわり、債務負担行為の設定を行うもの2件のほか、職員作業服等貸与事業、松阪市うきさと憩センター業務委託料、各種検査手数料、学校図書館業務委託料につきましては、平成25年度での納品・業務委託に当たり、その準備などのため、平成24年度中に業者決定が必要になるものでございます。また、電話催告業務委託料につきましては、複数年契約により契約事務の効率化を図るとともに、競争性を確保し、業務の質の向上とともに経費の節減を図ろうとするものでございます。それぞれ債務負担行為の期間及び限度額を第3表に記載のとおり定めさせていただくものでございます。

 7ページをお願いいたします。第4表地方債補正でございますが、追加につきましては、平成23年に発生した林業施設災害復旧事業の施越し分に係る新規計上で、限度額、起債の方法、利率、償還の方法を第4表に記載のとおり定めさせていただくものでございます。

 変更につきましては、県営広域営農団地農道整備事業負担金外11件の起債対象事業費の変動に伴う限度額の変更で、変更の内訳は、第4表に記載のとおりでございます。

 10ページ、11ページをお願いいたします。歳入歳出補正予算事項別明細書総括の歳出でございますが、今回の補正予算の財源内訳につきましては、歳出合計欄にございますように、国庫支出金1億1962万4000円の追加、県支出金1億136万6000円の追加、地方債1億3120万円の減額、その他財源3874万7000円の追加、一般財源14億8875万6000円の追加となっております。なお、この一般財源につきましては、市税、財政調整基金繰入金及び繰越金等により措置いたしております。

 12、13ページをお願いいたします。歳入でございますが、それぞれ歳出予算に計上しております事業の変更に伴う特定財源等でございますので、新規計上や変動の大きなものを中心に、その主なものを御説明申し上げます。

 款1市税、項2固定資産税、目1固定資産税9390万5000円の追加は、主に償却資産に係る固定資産税の調定見込み額の増額によるものでございます。

 款13分担金及び負担金、項2負担金、目1民生費負担金の1私立保育園保育料1475万9000円の追加、及び、2公立保育園保育料852万8000円の追加は、主に年度途中の入園児童数の増加見込みによるものでございます。

 続きまして、款14使用料及び手数料、項2手数料、目4土木手数料の1低炭素化建築物認定事務手数料5万円は新規計上で、都市の低炭素化の促進に関する法律の施行に基づく、低炭素建築物新築等計画の認定に係る手数料でございます。

 款15国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金、節1社会福祉費負担金の1障害者自立支援事業費負担金3428万4000円の追加は、利用者数等の増加によるものでございます。節2児童福祉費負担金の1私立保育園運営費負担金6417万7000円の追加は、年度途中の入園児童数の増加見込みによるものでございます。目3災害復旧費国庫負担金の1公共土木施設災害復旧費負担金1680万8000円の追加は、さきの台風17号による道路橋りょう・河川災害復旧工事に係るものでございます。

 続きまして、項2国庫補助金、目2民生費国庫補助金の1障害者地域生活支援事業費補助金283万1000円の追加は、内示によるものでございます。目5土木費国庫補助金、節1道路橋りょう費補助金の1地方道更新防災等対策事業費補助金1500万円は新規計上で、国の経済危機対応・地域活性化予備費の活用に係るもので、橋りょうの緊急老朽化対策に充てるものでございます。同じく、2社会資本整備総合交付金825万円の減額は、内示によるものでございます。節2河川費補助金の1社会資本整備総合交付金500万円の減額は、対象事業費の減額によるものでございます。

 14ページ、15ページをお願いいたします。目6消防費国庫補助金の1消防防災施設整備費補助金1047万2000円の減額は、国庫補助不採択による皆減でございます。同じく、2消防防災施設整備費補助金(経済危機対応・地域活性化)1047万2000円は、国の経済危機対応・地域活性化予備費の活用に係る新規計上で、耐震性貯水槽の整備に充てるものでございます。

 次に、款16県支出金、項1県負担金、目1総務費県負担金の1三重県の事務処理の特例に関する条例に基づく交付金491万1000円の追加は、交付決定によるものでございます。目2民生費県負担金、節1社会福祉費負担金の1障害者自立支援事業費負担金1339万2000円の追加は、国庫負担金と同様、利用者数等の増加によるものでございます。節3児童福祉費負担金の1私立保育園運営費負担金3208万8000円の追加は、国庫負担金と同様、年度途中の入園児童数の増加見込みによるものでございます。

 次に、項2県補助金、目1総務費県補助金の1地域支え合い体制づくり事業補助金11万5000円、及び、2地域支え合い体制づくり事業補助金9万円は、ともに新規計上で、説明欄に記載の施設への三重おもいやり駐車場利用証制度に基づくおもいやり駐車場の整備に充てるものでございます。他の目にございます地域支え合い体制づくり事業補助金につきましても同様でございますので、以下の説明を省略させていただきたいと思います。御了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

 続きまして、目2民生費県補助金、節1社会福祉費補助金の1障害者地域生活支援事業費補助金141万5000円の追加は、国庫補助金と同様、内示によるものでございます。節4生活保護費補助金の1生活保護受給者就労支援事業費補助金111万7000円の追加は、対象事業費の増加に伴うものでございます。目3衛生費県補助金の1市町村合併支援交付金1000万円は新規計上で、交付決定より、説明欄に記載の事業に充てるものでございます。目4農林水産業費県補助金、節1農業費補助金の2新規就農者総合支援事業費補助金225万円、及び、3農用地利用集積特別対策事業費補助金879万5000円は、ともに新規計上で、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの人と農地の問題解決のため、新規就農者の増加や農地の集積を支援する事業に充てるものでございます。節2林業費補助金の1林道整備交付金事業費補助金560万円の減額は、内示によるものでございます。続きまして、目7教育費県補助金、節1教育総務費補助金の1外国人児童生徒受入促進事業費補助金104万4000円は新規計上で、県単独の緊急支援補助金の採択によるものでございます。

 16、17ページをお願いいたします。節5保健体育費補助金の1市町村合併支援交付金2500万円、及び、2市町村合併支援交付金400万円は、ともに新規計上で、交付決定より、説明欄に記載の事業に充てるものでございます。目8災害復旧費県補助金の1農地等災害復旧費補助金231万5000円の追加は、さきの台風17号による農地及び農業用施設災害復旧工事に係るものでございます。2農地等災害復旧費補助金(施越分)15万円、及び、3林業施設災害復旧費補助金(施越分)9375万2000円は、ともに新規計上で、平成23年9月に発生した農地・農業用施設災害及び林業施設災害復旧事業の施越し分に係るものでございます。目9消防費県補助金の1市町村合併支援交付金500万円は新規計上で、交付決定により、説明欄に記載の事業に充てるものでございます。

 款17財産収入、項2財産売払収入、目1不動産売払収入、節2土地売払収入の1市有地売払収入3889万3000円は新規計上で、一般県道蓮峡線道路改良事業に伴う飯高町富永の市有地売払代金でございます。

 続きまして、款18寄附金、項1寄附金、目1総務費寄附金33万8000円の追加は、市民等からの御寄附10件分で、説明欄に記載のとおりそれぞれの基金に積み立てるものでございます。このうち8件23万4000円分が、いわゆるふるさと応援寄附金に係るものでございます。次に、目2教育費寄附金70万円は、市民からの御寄附によります新規計上で、それぞれ説明欄に記載の事業に充てるものでございます。

 款19繰入金5億2229万1000円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整として財政調整基金繰入金を追加させていただくものでございます。

 18、19ページをお願いいたします。款20繰越金6億9531万9000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴い、予算未計上分の全額を計上させていただくものでございます。

 款21諸収入、項5雑入、目1雑入、節2総務費雑入の1水道事業等退職手当在職期間分収入711万1000円の追加は、定年外退職者の追加に伴う水道事業等企業会計在職期間の退職手当相当の原資分収入でございます。続きまして、節3民生費雑入の1国民健康保険事業特別会計返還金2485万9000円は新規計上で、前年度繰出金の精算による一般会計への返還金でございます。節4衛生費雑入の1一般県道蓮峡線道路改良事業補償金479万6000円は新規計上で、川俣地区資源ごみステーションの移設に係るものでございます。節8土木費雑入の1建物総合損害共済災害共済金791万6000円は新規計上で、平成21年度に発生したこだま団地の火災に係るものでございます。節10教育費雑入の1建物総合損害共済災害共済金8万8000円は新規計上で、さきの7月6日の落雷によるオーシャンファーム武道館の集中制御盤の修繕に係るものでございます。2建物総合損害共済災害共済金136万3000円も新規計上で、さきの5月29日の落雷によるベルランチの施設・設備被害修繕料に係るものでございます。

 続きまして、款22市債1億2440万円の減額は、7ページ第4表の地方債補正で御説明申し上げたとおりでございます。

 20ページ、21ページをお願いいたします。歳出でございますが、内容は、施設設備の緊急修繕や実績に基づく変更等でございますので、新規事業や変動の大きなものを中心に、その主なものを御説明申し上げます。

 款1議会費、項1議会費、目1議会費の1一般職員給454万8000円の追加は、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。以下、各科目にわたります職員給につきましても、同様の調整でございますので、説明を省略させていただきたいと思います。御了承賜りたく存じます。

 22、23ページをお願いいたします。款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の3指定寄附基金積立金10万8000円の追加は、寄附4件に係る積立金で、うち2件がふるさと応援寄附金でございます。次に、目2広報費の1ケーブルシステム事業特別会計繰出金217万1000円の追加は、県道蓮峡線道路改良事業に伴う施設の移設、飯南放送通信センターの無停電電源装置バッテリーの緊急修繕及び人件費の増額等によるものでございます。目4人事管理費の1一般職退職手当4億2194万5000円の追加は、定年外退職者25名分に係るものでございます。2産休等代替賃金2193万8000円の追加は、産休等取得者の増加によるものでございます。目10IT推進費の1システム管理事業費391万6000円の追加は、DV等被害者支援措置の充実のためのシステム改修委託料でございます。

 24、25ページをお願いいたします。目11まちづくり推進費の1市民活動振興基金積立金23万円の追加は、ふるさと応援寄附金6件を積み立てるものでございます。続きまして、目13地域振興局費の4飯高総合開発センター施設整備事業費133万9000円は新規事業で、県道蓮峡線道路改良工事に伴う施設設備の移設に係る工事費等でございます。5地域集会所施設整備事業費6000円の減額は、赤桶集会所の玄関スロープの緊急改修工事費の新規計上、及び、田引集会所屋上防水等改修工事費の精算によるものでございます。

 36、37ページをお願いいたします。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費の3国民健康保険事業特別会計繰出金1196万4000円の減額は、当該特別会計の人件費の減額によるものでございます。目5障害者自立支援費9222万1000円の追加は、利用者数等の増加によるものでございます。

 38、39ページをお願いいたします。項2老人福祉費、目1老人福祉総務費の2後期高齢者医療事業特別会計繰出金979万2000円の減額は、当該特別会計の前年度繰越金の計上、人件費の減額、及び過年度分の療養給付費負担金の追加によるものでございます。同じく、3介護保険事業特別会計繰出金170万円の減額は、DV等被害者支援措置充実のためのシステム改修に係る事務費追加、及び、当該特別会計の人件費の減額によるものでございます。4老人福祉事業費の(1)老人福祉費国県支出金返還金28万5000円は新規計上で、平成23年度分の国県支出金の精算に係る返還金でございます。以下、各科目にわたります国県支出金返還金につきましても同様の返還金でございますので、説明を省略させていただきたいと思います。御了承賜りたく存じます。

 40ページ、41ページをお願いいたします。項3児童福祉費、目2私立保育園費の1私立保育園運営事業費2億2266万8000円の追加は、年度途中の入園児童数の増加見込みによるものでございます。目3公立保育園費の2保育園管理運営事業費8370万7000円の追加は、主に障害児の入園の増加に伴う非常勤の加配保育士賃金等でございます。目9児童発達支援費の2児童発達支援一般経費256万8000円の追加は、権限移譲に伴い平成25年度から実施する育成医療給付等に係るシステム改修経費でございます。

 42、43ページをお願いいたします。項4生活保護費、目1生活保護総務費の2生活保護受給者就労支援事業費112万1000円の追加は、就労支援員の1名追加によるものでございます。

 44、45ページをお願いいたします。款4衛生費、項1保健衛生費、目6母子保健費の1未熟児養育医療給付事業費26万3000円は新規事業で、権限移譲に伴い平成25年度から実施する養育医療給付に係るシステム改修等の準備経費でございます。

 48、49ページをお願いいたします。項2清掃費、目3省資源再資源化事業費の1飯高川俣地区資源ごみステーション移設事業費496万7000円は新規事業で、県道蓮峡線道路改良工事に伴う施設設備の移設に係る工事費でございます。

 52、53ページをお願いいたします。款6農林水産業費、項1農業費、目6地域農政推進活動費の1新規就農者総合支援事業費補助金225万円、及び、2農用地利用集積特別対策事業費補助金879万5000円は、ともに新規事業で、県補助金を活用し、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの人と農地の問題解決のため、新規就農者の増加や農地の集積を支援しようとするものでございます。続きまして、目8農地費の1県営広域営農団地農道整備事業負担金716万3000円の追加は、阿波曽蛸路トンネル工事費及び関連事業費の追加によるものでございます。2土地基盤整備事業補助金91万円は新規事業で、機殿土地改良区が県単独の補助事業の採択を受け、緊急に実施する農道整備補修工事費に対する補助金でございます。

 54、55ページをお願いいたします。項2林業費、目4林業構造改善対策事業費の1林道整備交付金事業費800万円の減額は、残土処理に係る工事請負費及び補償金の減額でございます。

 58、59ページをお願いいたします。款7商工費、項1商工費、目1商工総務費の2競輪事業特別会計繰出金4億6530万7000円は新規計上で、今年度競輪事業において、急激な売り上げの落ち込みにより、必要額に不足が生じる見込みとなったことから、その不足見込み額を補填するために、繰り出すものでございます。売り上げの落ち込み等の詳細につきましては、競輪事業特別会計補正予算の提案説明の中で改めて御説明申し上げます。

 62、63ページをお願いいたします。款8土木費、項2道路橋りょう費、目3道路新設改良費の1島田北10号線道路新設事業費1100万円の減額は、交付金の内示額に応じた事業費の減額でございます。2道路整備単独事業費2227万円の減額は、主に県の三渡川河川事業の延伸に伴うものでございます。目4橋りょう新設改良費の1橋りょう耐震補強事業費450万円の減額は、主に入札による新柏野橋の工事請負費の減額でございます。3橋りょう長寿命化事業費3540万円は新規事業で、国の経済危機対応・地域活性化予備費を活用し、塩ヶ瀬橋外3橋の緊急老朽化対策を行うものでございます。

 64、65ページをお願いいたします。項3河川費、目3河川改良費の2準用河川九手川改修事業費1500万の減額は、主に用地交渉の継続に伴い、事業内容を測量設計業務へ組み替えたことによるものでございます。

 66、67ページをお願いいたします。項5都市計画費、目3街路事業費の1県施行街路事業負担金1億1453万8000円の減額は、県施行事業費の減額に伴うものでございます。目7都市下水路費の1都市下水路管理運営事業費1449万3000円の減額は、主に入札によるポンプ場運転管理業務委託料の減額でございます。続きまして、2都市下水路施設整備事業費3600万円の追加は、大口ポンプ場及び中川東部排水機場のポンプの緊急分解整備工事費の追加でございます。続きまして、目8下水道費の1公共下水道事業会計繰出金7475万3000円の減額は、主に流域下水道維持管理負担金の精算によるものでございます。2高須町公園多目的広場施設整備事業費90万円の追加は、維持及び管理のために行う張コンクリート工、及び、防犯対策のための門扉設置工の追加でございます。

 68、69ページをお願いいたします。項6住宅費、目1住宅管理費の3市営住宅維持修繕費376万4000円の追加は、施設の老朽化に伴う給水、ガス供給設備、雨漏り等の緊急修繕でございます。

 70、71ページをお願いいたします。款9消防費、項1消防費、目1常備消防費の1松阪地区広域消防組合分担金3519万8000円の追加は、主に定年外退職者の退職手当に係るものでございます。

 款10教育費の説明に入ります前に、84、85ページの款11災害復旧費をお願いいたします。教育費につきましては、後ほど教育長から御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、項1農林水産業施設災害復旧費、目1農地等災害復旧費の1農地等災害復旧事業費545万円の追加は、さきの台風16号及び17号による補助災害に係る農地1件、施設2件、市単災害に係る農地1件、施設3件の工事請負費、重機借上料1件の追加でございます。続きまして、目2林業施設災害復旧費の1林業施設災害復旧事業費230万円の追加は、さきの台風17号による重機借上料10件の追加でございます。目3漁港災害復旧費の1猟師漁港災害復旧事業費85万円は新規事業で、さきの台風17号による樋門堆積土の除去及び倒木の復旧費でございます。

 86、87ページをお願いいたします。項2公共土木施設災害復旧費、目1道路橋りょう災害復旧費の1道路橋りょう災害復旧事業費1993万円の追加は、さきの台風17号による路肩決壊等に係る補助災害1件、市単災害5件の工事請負費の追加等でございます。次に、目2河川災害復旧費の1河川災害復旧事業費830万円の追加は、さきの台風17号による護岸決壊に係る補助災害3件、市単災害1件の工事請負費の追加等でございます。

 88、89ページをお願いいたします。款14諸支出金、項1基金費、目1財政調整基金費の1財政調整基金積立金5億1600万円は新規計上で、地方財政法第7条第1項に基づき、前年度繰越金10億3116万6000円の2分の1を下らない額を積み立てるものでございます。なお、補正後の平成24年度末財政調整基金の残高見込額は、78億9400万円余でございます。

 なお、91ページ以降の給与費明細書等の補正調書につきましては、説明を省略させていただきますので、御了承賜りたく存じます。

 以上、款10教育費を除く説明でございますが、その他事業の補正内容につきましては、お手元にお配りしております補正予算説明資料のとおりでございます。何とぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕

     〔教育長 小林壽一君登壇〕



◎教育長(小林壽一君) 続きまして、教育費につきまして御説明申し上げます。予算書72ページ、73ページをお願いいたします。

 款10教育費は、補正前の額が52億7029万5000円で、今回4530万8000円の減額をお願いするものでございます。なお、各科目にわたります職員給につきましては、職員異動等に伴う調整でございますので、説明は省略させていただきます。

 それでは、主なものを御説明申し上げます。項1教育総務費、目1教育委員会費の1教育委員会委員候補者公募選考事業費16万9000円は、教育行政の一層の活性化や、さらなる充実を図るため、教育委員会委員候補者を小中学生の女性の保護者の中から公募選考するための経費を新たに計上するものでございます。

 目2事務局費の2私立幼稚園就園奨励費補助金16万8000円は、補助対象園児の増により追加をお願いするものでございます。3スクールバス運営事業費10万3000円は、スクールバスの運行回数の増により燃料費等の追加をお願いするものでございます。

 目3教育指導費の1児童生徒指導事業費、(1)児童生徒体育文化行事参加旅費等補助金208万3000円は、中学校体育行事の全国大会、東海大会出場が増加したことによる追加でございます。

 74ページ、75ページをお願いします。項2小学校費、目1学校管理費の2小学校施設管理運営事業費203万8000円は、消防法に基づく点検結果による修繕料の追加等でございます。

 目2教育振興費の1要保護及び準要保護児童生徒援助事業費728万1000円は、対象者の増に伴う追加でございます。

 76ページ、77ページをお願いします。項3中学校費、目1学校管理費の2中学校施設管理運営事業費35万4000円は、消防法に基づく点検結果による修繕料の追加等でございます。3中学校防災防犯対策事業費57万1000円の減額は、入札による工事請負費の減でございます。

 目2教育振興費の1要保護及び準要保護児童生徒援助事業費267万8000円は、小学校費と同様の理由で追加をお願いするものでございます。

 78ページ、79ページをお願いします。項4幼稚園費、目1幼稚園管理費の2幼稚園防災防犯対策事業費14万2000円の減額は、精算による借上料等の減でございます。3幼稚園空調設備整備事業費400万4000円の減額は、入札による工事請負費の減でございます。

 目2幼児園管理費の1幼児園施設管理運営事業費131万円は、実績見込みによる電気料の追加でございます。

 80ページ、81ページをお願いします。項5社会教育費、目4文化振興費の1文化振興基金積立金50万円は、市民からの御寄附による積立金の追加でございます。目5文化財保護費の1郷土資料室資料保存管理事業費20万円は、市民からの御寄附に伴う、資料整理・保存に係る消耗品費の追加でございます。2長谷川家文書調査事業費は、事業費の組み替えでございます。

 目6文化センター費の2嬉野ふるさと会館管理運営事業費79万9000円は、故障による資料室空調等修繕料の追加でございます。

 目9松浦武四郎記念館費の2松浦武四郎記念館管理運営事業費9万円は、松浦武四郎記念館のおもいやり駐車場路面シート設置に伴う委託料の追加でございます。

 82ページ、83ページをお願いします。項6保健体育費、目2学校給食費の2学校給食単独調理場管理運営事業費188万4000円は、調理場の燃料費、備品及び施設修繕料の追加でございます。3学校給食センター管理運営事業費254万7000円は、学校給食センターの燃料費、光熱水費、備品及び施設修繕料の追加でございます。

 目4体育施設費の1体育施設管理運営事業費77万2000円は、雲出川河川敷グラウンドの堆積土砂撤去等に係る修繕料の追加でございます。2阪内川スポーツ公園管理運営事業費8万8000円は、落雷による松阪牛の里オーシャンファーム武道館の集中制御盤修繕料の追加でございます。

 目5中部台運動公園施設費の2中部台運動公園施設管理運営事業費35万6000円の減額は、入札による流水プール管理委託料の減等でございます。

 以上、教育費の説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。

     〔教育長 小林壽一君降壇〕



△日程第4 議案第100号 平成24年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 議案第101号 平成24年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第6 議案第102号 平成24年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第7 議案第103号 平成24年度松阪市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第8 議案第104号 平成24年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第9議案第105号 平成24年度松阪市戸別合併処理浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第10議案第106号 平成24年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第11議案第107号 平成24年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(中森弘幸君) 日程第4 議案第100号平成24年度松阪市競輪事業特別会計補正予算第1号、日程第5 議案第101号平成24年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号、日程第6 議案第102号平成24年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第3号、日程第7 議案第103号平成24年度松阪市後期高齢者医療事業特別会計補正予算第1号、日程第8 議案第104号平成24年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算第2号、日程第9 議案第105号平成24年度松阪市戸別合併処理浄化槽整備事業特別会計補正予算第1号、日程第10 議案第106号平成24年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号、日程第11 議案第107号平成24年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算第1号、以上、議案8件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました議案第100号平成24年度松阪市競輪事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 競輪事業におきましては、昭和25年度に開設してから、約155億円を一般会計へ繰り出し、教育施設や道路・河川の整備、産業の振興などに大きく貢献してきました。しかし、レジャーの多様化、ファン層の高齢化、景気の低迷などのさまざまな要因によって、競輪事業は冬の時代を迎え、平成14年度に一般会計へ1億円を繰り出して以来、平成23年度まで9年連続してその使命を果たせずにいるところでございます。

 そのような中、平成22年度には松阪競輪あり方検討会という外部有識者等による経営改善の委員会を、平成23年度には職員で構成する松阪競輪再構築策定部会を設立し、競輪場経営の効率化のほか、集客・売り上げ向上につながる対策等を検討、実行しながら、国に対して制度改善の要望を続け、市議会の皆様方からも関係各方面にJKA交付金制度の改善を緊急に求める意見書等を提出していただいております。しかしながら、今年度になり急激な売上げの減少により、半期を過ぎた現時点で必要額に不足が生じる見込みとなり、松阪競輪の特別会計予算において初めて、その不足見込み額を一般会計から補填せざるを得なくなったことを御報告申し上げなければなりません。

 同時にこのことを受け、この補正予算におきまして、収益回復へ向けて、しかるべき予算措置を行おうとするものでございますので、何とぞ御理解を賜りたく存じます。

 それでは、特別会計補正予算書の1ページをお願いいたします。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ19億8543万6000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ96億2649万3000円とさせていただくものでございます。

 次に、第2条の債務負担行為の補正につきましては、第2表債務負担行為補正で御説明申し上げますので、4ページをお願いいたします。第2表債務負担行為補正の追加でございますが、内容につきましては、売り上げの向上と経費節減を図り収益回復を目指す業務改善を、企業再生等で実績のある専門業者に委託するもので、平成25年3月末日までにプロポーザル方式で業者を選定し、最長平成27年度まで業務改善を委託し、平成28年度でそれまでの業務改善の成果に基づく委託料の上積みを想定していることから、第2表に記載のとおり、債務負担行為を設定させていただくものでございます。

 8ページ、9ページをお願いいたします。歳入でございますが、款1事業収入、項1事業収入、目2勝者投票券売上金21億5847万1000円の減額は、普通競輪及び記念競輪売り上げの大幅な落ち込みが見込まれることによるものでございます。これまでの実績及び他場での記念競輪を含めた最近の動向によりますと、今年度に入ってからの売り上げの落ち込みが予想以上に大きく、こういった状況を踏まえたものでありますこと、御理解賜りたいと存じます。

 次に、款4繰越金1億1999万4000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴い、予算未計上分全額を計上させていただくものでございます。

 款5諸収入、項1雑入、目1場外車券売場設置収入5億4737万5000円の減額、及び、目2雑入6426万円の減額は、款1事業収入と同様、最近の動向から、他場の特別競輪・記念競輪等を松阪競輪が臨時場外発売して得られる収入も大幅に減少すると見込まれることによるものでございます。

 次に、款6繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金4億6530万7000円は新規計上で、今年度競輪事業において、急激な売り上げの落ち込みにより、必要額に不足が生じる見込みとなったことから、その不足見込み額を補填するために、一般会計から繰り入れるものでございます。

 項2基金繰入金、目1財政調整基金繰入金2億58万1000円は、普通競輪及び記念競輪売り上げの大幅な減少による財源調整として、基金残高の全額を計上させていただくものでございます。

 10ページ、11ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給292万7000円の追加は、一般会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。2松阪競輪業務改善委託業者選定委員会事業費133万9000円は新規事業で、平成25年度から実施する業務改善の委託業者を選定するための委員会開催経費でございます。この委員会では、専門的な見地から業者募集要領等の精査から選定までを御協議いただくものでございます。

 12ページ、13ページをお願いいたします。款2事業費、項1事業費、目1事業費の1普通競輪開催事業費1790万7000円の減額は、普通競輪の売り上げ減に伴う、自転車競技会競技運営委託料の減額でございます。同じく、2選手賞金及び賞金等賞賜金1億4912万5000円の減額は、レース形態等の変更によるものでございます。3全国施行者協議会分担金1501万9000円の減額、4日本自転車振興会交付金7516万6000円の減額、5記念競輪開催事業費1億681万1000円の減額、6普通競輪払戻金12億4385万4000円の減額、及び、7記念競輪払戻金3億7500万円の減額も、売り上げの大幅な減額見込み等に伴うものでございます。

 14ページ、15ページをお願いいたします。款5諸支出金、項1納付金、目2川越町納付金の1川越町納付金682万円の減額は、川越場外売上金の減額見込みによるものでございます。

 なお、16ページ以降の給与費明細書等につきましては、説明を省略させていただきますので、御了承賜りたく存じます。

 続きまして、議案第101号平成24年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号について御説明申し上げますので、21ページをお願い申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1944万7000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ178億2398万7000円とさせていただくものでございます。

 28、29ページをお願いいたします。歳入でございますが、款9繰入金、項1一般会計繰入金、目1一般会計繰入金1196万4000円の減額は、繰出基準に基づくもので、人件費の減額によるものでございます。

 款10繰越金、項1繰越金、目2その他繰越金3141万1000円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整でございます。

 30、31ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給1196万4000円の減額は、他会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。

 32、33ページをお願いいたします。款10諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目1一般被保険者保険税還付金の1一般被保険者保険税還付金600万円の追加は、現時点での実績に基づく過年度還付金の見込みによるものでございます。目4返還金の1過年度分返還金等2541万1000円の追加は、主に平成23年度一般会計繰入金の精算によるものでございます。

 なお、34ページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきますので、御了承賜りたく存じます。

 続きまして、議案第102号平成24年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第3号の説明をさせていただきますので、37ページをお願い申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ39万5000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ149億9227万3000円とさせていただくものでございます。

 44、45ページをお願いいたします。歳入でございますが、款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金、節2過年度分77万3000円、及び、款4支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1介護給付費交付金、節2過年度分135万3000円は、いずれも過年度分の精算による新規計上でございます。

 次に、款7繰入金、項1一般会計繰入金、目4その他一般会計繰入金、節1職員給与費等繰入金191万7000円の減額、及び、節2事務費繰入金21万7000円の追加は、職員異動等に伴う人件費の減額や事務費の追加に伴う法定繰入金の補正でございます。

 続きまして、款8繰越金26万4000円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整でございます。

 款9諸収入、項3受託事業収入、目1認定審査受託事業収入29万5000円の減額は、認定審査会運営事業費の減額によるものでございます。

 46、47ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給170万1000円の減額は、他会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。同じく、2介護保険システム管理事業費55万5000円の追加は、DV等被害者支援措置の充実のためのシステム改修委託料でございます。

 48、49ページをお願いいたします。項3介護認定審査会費、目2認定審査会費の1認定審査会運営事業費58万5000円の減額は、審査委員報酬の減額、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。

 50ページ、51ページをお願いいたします。款4基金積立金212万6000円の追加は、歳入で御説明申し上げました過年度の介護給付費負担金・交付金精算額相当額を介護保険給付費支払準備基金に積み立てるものでございます。

 なお、52ページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきますので、御了承賜りたく存じます。

 続きまして、議案第103号平成24年度松阪市後期高齢者医療事業特別会計補正予算第1号について説明させていただきますので、57ページをお願い申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ421万8000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ30億329万1000円とさせていただくものでございます。

 64、65ページをお願いいたします。歳入でございますが、款3繰入金、項1一般会計繰入金、目1事務費等繰入金1890万3000円の減額は、人件費の減額及び繰越金の計上により、一般会計繰入金を減額させていただくものでございます。目3療養給付費繰入金911万1000円の追加は、平成23年度分の療養給付費負担金の精算に伴う追加でございます。

 款4繰越金1402万8000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴い、予算未計上分の全額を計上させていただくものでございます。

 款5諸収入、項2雑入、目1雑入の1雇用保険料個人負担収入1万8000円の減額は、職員異動によるものでございます。

 66、67ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給489万3000円の減額は、他会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。

 68、69ページをお願いいたします。款2後期高齢者医療広域連合納付金、項1後期高齢者医療広域連合納付金、目1後期高齢者医療広域連合納付金の1過年度分療養給付費負担金911万1000円は新規計上で、平成23年度分の療養給付費負担金の精算に伴い、三重県後期高齢者医療広域連合に支払うものでございます。

 なお、70ページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきます。

 73ページをお願いいたします。続きまして、議案第104号平成24年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算第2号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ171万5000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億5293万9000円とさせていただくものでございます。

 80、81ページをお願いいたします。歳入でございますが、款4繰入金35万3000円の減額は、今回の補正に伴う財源調整として、一般会計繰入金を減額させていただくものでございます。

 款5繰越金249万5000円の追加は、既に確定しております前年度繰越金の予算未計上分を全額計上させていただくものでございます。

 款6諸収入42万7000円の減額は、繰越金の確定による朝見簡易水道組合負担収入の減額でございます。

 82、83ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給212万円の追加は、他会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。

 86、87ページをお願いいたします。款2事業費、項2建設改良費、目1簡易水道整備費の1飯高簡易水道整備事業費539万1000円の追加は、入札による設計業務委託料の減額のほか、県道蓮峡線道路改良工事に伴う占用水道管の布設替えに係る工事請負費の追加等によるものでございます。同じく2飯高西部簡易水道施設更新事業費300万円の減額は、入札による事業変更認可申請作成業務委託料の減額でございます。

 88、89ページをお願いいたします。款3公債費、項1公債費、目2利子の1長期債償還利子279万6000円の減額は、平成23年度債償還利子の確定によるものでございます。

 90ページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきます。

 続きまして、93ページをお願いいたします。議案第105号平成24年度松阪市戸別合併処理浄化槽整備事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ26万4000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億6226万6000円とさせていただくものでございます。

 第2条の地方債の補正につきましては、関係個表で御説明申し上げますので、96ページをお願いいたします。

 第2表地方債補正でございますが、内容につきましては、財源組み替えに伴うもので、限度額を3290万円から3240万円に変更させていただくものでございます。

 100ページ、101ページをお願いいたします。歳入でございますが、款1分担金及び負担金、項1分担金、目1浄化槽分担金の1浄化槽設置工事分担金74万1000円の追加は、主に専用住宅以外の設置工事が増加したことによるものでございます。

 次に、款2使用料及び手数料、項1浄化槽使用料、目1浄化槽使用料104万円の減額は、減免及び休止による現年度分の浄化槽使用料の減額見込みによるものでございます。

 款6繰入金42万7000円の減額は、今回の補正予算に伴う財源調整として、一般会計繰入金を減額させていただくものでございます。

 次に、款7繰越金149万円の追加は、前年度繰越金の確定に伴い、予算未計上分全額を計上させていただくものでございます。

 次に、款8市債50万円の減額は、96ページの第2表で御説明申し上げたとおりでございます。

 102、103ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給6万3000円の追加は、共済費追加費用と地方公務員災害補償基金特別負担金の追加によるものでございます。2一般管理経費20万1000円の追加は、消費税の確定によるものでございます。

 108ページ以降の給与費明細書等の補正調書につきましては、説明を省略させていただきます。よろしく御了承賜りたく存じます。

 続きまして、111ページをお願いいたします。議案第106号平成24年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ41万5000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6793万3000円とさせていただくものでございます。

 118、119ページをお願いいたします。歳入でございますが、款2繰入金39万9000円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整として、一般会計繰入金を追加させていただくものでございます。

 款3繰越金1万6000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴い、予算未計上分全額を計上させていただくものでございます。

 120ページ、121ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給41万5000円の追加は、他会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。

 122ページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきます。

 続きまして、125ページをお願いいたします。議案第107号平成24年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ451万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億4572万7000円とさせていただくものでございます。

 132、133ページをお願いいたします。歳入でございますが、款2使用料及び手数料、項1使用料、目1ケーブルシステム使用料13万8000円の追加は、滞納繰越分の徴収実績によるものでございます。

 款4繰入金217万1000円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整として、一般会計繰入金を追加させていただくものでございます。

 次に、款5繰越金96万円の追加は、前年度繰越金の確定に伴い、予算未計上分全額を計上させていただくものでございます。

 款6諸収入124万1000円の追加は、県道蓮峡線道路改良事業に伴う物件移転補償金でございます。

 134、135ページをお願いいたします。歳出でございますが、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給161万3000円の追加は、他会計と同様、地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整でございます。

 136、137ページをお願いいたします。款2事業費、項1事業費、目1運営費の1ケーブルシステム施設管理運営事業費290万8000円の追加は、テレビ愛知の地上デジタルテレビジョン放送の再送信にかかわる総務大臣裁定のための旅費等の減額のほか、飯南放送通信センターの無停電電源装置バッテリーの緊急修繕、及び県道蓮峡線道路改良工事に伴うケーブル移設費の追加によるものでございます。同じく、2ケーブルシステム施設整備事業費1万1000円の減額は、伝送路監視システム構築工事費の精算によるものでございます。

 138ページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきますので、御了承賜りたいと存じます。

 以上、特別会計8件の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕



○議長(中森弘幸君) 暫時休憩をいたします。午前11時10分、本会議を再開いたします。

                         午前11時1分休憩

                         午前11時10分開議



○議長(中森弘幸君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第12 議案第108号 平成24年度松阪市水道事業会計補正予算(第3号)

 日程第13 議案第109号 平成24年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第2号)



○議長(中森弘幸君) 日程第12 議案第108号平成24年度松阪市水道事業会計補正予算第3号、日程第13 議案第109号平成24年度松阪市公共下水道事業会計補正予算第2号、以上、議案2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔上下水道事業管理者 乾 智光君登壇〕



◎上下水道事業管理者(乾智光君) ただいま上程されました議案第108号平成24年度松阪市水道事業会計補正予算第3号について、御説明申し上げます。

 まず、今回の補正につきましては、一般会計、特別会計と同様に、職員異動等に伴う人件費の調整と、事業費の見直しにより、減額の補正をさせていただいております。

 それでは予算書の1ページをお願いいたします。初めに、予算第2条に定めました業務の予定量でございますが、建設改良事業を1億4335万3000円減額し、13億7040万7000円にするもので、主に工事費等入札差金によるものでございます。

 次に、予算第3条収益的収入及び支出でございますが、支出で第1款水道事業費用を767万4000円減額し、38億9274万3000円とするものでございます。

 予算第4条の資本的収入及び支出でございますが、補正後の資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額9億6695万8000円を記載の財源により補填するものに改めさせていただくものでございます。

 2ページをお願いいたします。収入において第1款資本的収入を1億440万円減額し、9億3706万1000円とし、支出において第1款資本的支出を1億4335万3000円減額し、19億401万9000円とするものでございます。

 次に、予算第5条の企業債でございますが、起債の限度額を記載のとおりに改めさせていただくものでございます。

 予算第6条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費で地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整により、308万1000円を減額させていただくものでございます。

 以下、補正予算基礎資料各科目にわたります職員給につきましては、同様の調整でございますので、説明を省略させていただきたいと思います。御了承賜りたく存じます。

 予算の詳細につきましては、補正予算基礎資料に基づき主なものにつきまして説明を申し上げます。

 8ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の支出でございますが、職員異動等に伴う調整が主な内容でございます。営業費用のうち、目2配水及び給水費の委託料160万円の減額、及び目5総係費の賃借料から、同じく目5総係費の委託料への組み替えは、資産管理システム等に関する費用の組み替えによるものでございます。

 9ページをお願いいたします。資本的収入及び支出の収入でございますが、項1企業債、目1企業債1億440万円の減額は、事業費の見直しに伴うものでございます。

 支出でございますが、主なものとしまして、項1建設改良費、目1配水及び給水施設費の賃借料12万7000円は、配水管布設替え工事に伴う仮設水道管リース料でございます。目2基幹施設整備費の委託料550万円の減額は、久保山ポンプ場電気設備外更新設計業務委託に係る減と、新中部台配水池実施設計業務委託に係る追加によるものでございます。工事請負費1億4065万円の減額は、第一水源地電気設備更新工事の入札差金による減と、三雲配水場耐震補強工事の追加によるものでございます。また、補償費90万円の追加は六呂木配水池の改築工事に関連し、電力柱等の移設を行うための費用でございます。目3固定資産購入費は、給水車の購入費用が確定したことに伴う減額でございます。

 続きまして、議案第109号平成24年度松阪市公共下水道事業会計補正予算第2号について、御説明申し上げます。

 まず、今回の補正につきましては、他の会計と同様に、職員異動等に伴う人件費の調整をさせていただいております。また、社会資本整備総合交付金及び地域再生基盤強化交付金の減に伴い、財源並びに事業費の見直しを行ったものでございます。

 それでは、予算書の11ページをお願いいたします。初めに、予算第2条に定めました業務の予定量でございますが、4主要な建設改良事業のうち、管渠布設費の予定量を5億6878万8000円減額し、20億4924万2000円とし、ポンプ場築造費の予定量を2884万3000円減額し、6615万7000円とするものでございます。

 次に、予算第3条に定めました収益的収入及び支出でございますが、収入で、第1款下水道事業収益を1023万5000円増額し32億3856万円とし、支出で、第1款下水道事業費用を1023万5000円増額し33億395万6000円とするものでございます。

 12ページをお願いいたします。次に、予算第4条の資本的収入及び支出でございますが、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額13億2758万8000円を記載の財源により補填するものに改めさせていただくもので、収入において第1款資本的収入を5億3945万円減額し26億8855万5000円とし、支出において第1款資本的支出を6億2903万5000円減額し40億1614万3000円とするものでございます。

 次に、予算第5条債務負担行為の追加でございますが、いずれも平成25年3月末日までに契約準備が必要になることから、債務負担行為を設定させていただくものでございます。

 次に、予算第6条の企業債でございますが、起債の限度額を記載のとおりに改めさせていただくものでございます。

 13ページをお願いいたします。予算第7条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費で地方公務員災害補償基金特別負担金の追加と、職員異動等に伴う調整により、213万7000円を追加させていただくものでございます。

 以下、補正予算基礎資料各科目にわたります職員給につきましては、同様の調整でございますので、説明を省略させていただきたいと思います。御了承賜りたく存じます。

 予算第8条他会計からの補助金につきましては、記載のとおりに改めさせていただくものでございます。

 予算第9条重要な資産の取得及び処分につきましても、土地の数量を記載のとおりに改めさせていただくものでございます。

 予算の詳細につきましては、補正予算基礎資料に基づき主なものにつきまして説明を申し上げます。

 21ページをお願いいたします。収益的収入及び支出でございますが、収入で、項2営業外収益、目2他会計補助金8253万1000円の減額は、一般会計補助金の減額でございます。項3特別利益、目1過年度損益修正益9276万6000円は、平成23年度の流域下水道維持管理負担金の精算に係る返還金でございます。

 22ページをお願いいたします。次に、支出ですが、職員異動等による人件費の調整などを行っております。

 23ページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございますが、収入で、項1企業債、目1企業債2億9380万円の減額及び項4国庫補助金、目1国庫補助金3億620万2000円の減額については、本庁管内の社会資本整備総合交付金事業と三雲管内の地域再生基盤強化交付金事業の減によるものでございます。

 項2他会計負担金、目1他会計負担金の777万8000円の追加につきましては、雨水に関する建設事業に係る一般会計の負担金の追加でございます。

 項6負担金及び分担金、目1受益者負担金及び分担金5277万4000円につきましては、全期一括納付等による受益者負担金の追加でございます。

 24ページをお願いいたします。次に、支出で項1建設改良費、目1管渠布設費の5億6878万8000円の減額は、職員異動等による人件費の調整及び公共下水道建設事業に係る交付金の減額により、工事請負費等を減額するものでございます。目2ポンプ場築造費の2884万3000円の減額は、入札による差金の減額及び建築基準法関係手数料でございます。目3受益者負担金賦課徴収業務費のうち報償費の288万円の追加については受益者負担金の一括納付等による納入報奨金でございます。委託料9万2000円の追加は嬉野管内の賦課確認業務の委託に係るものです。目5固定資産購入費の土地購入費3514万円の減額は今年度に購入する用地を見直したことによるものです。

 以上、議案2件について説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔上下水道事業管理者 乾 智光君降壇〕



△日程第14 議案第110号 平成24年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(中森弘幸君) 日程第14 議案第110号平成24年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔市民病院事務部長 大林春樹君登壇〕



◎市民病院事務部長(大林春樹君) ただいま上程されました議案第110号平成24年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 25ページをお願いいたします。初めに、予算第2条に定めました収益的収入及び支出でございますが、収入において第1款病院事業収益を6万1000円増額し79億9965万2000円とし、支出において第1款病院事業費用を1億4931万9000円減額し78億2534万7000円とするものでございます。

 続きまして、予算第3条債務負担行為でございますが、代表電話交換業務において、平成25年3月末日までに契約準備が必要になることから、債務負担行為を設定させていただくものでございます。

 26ページをお願いいたします。次に、予算第4条に定めました議会の議決を経なければ流用することのできない経費ですが、1職員給与費におきまして、1億4912万1000円減額し37億6440万円に改めるものでございます。

 予算第5条他会計からの補助金ですが、3億453万2000円を3億594万1000円に改めるものでございます。

 予算の詳細につきましては、積算基礎資料に基づきまして説明を申し上げます。

 32ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の収入でございますが、病院事業収益6万1000円の増は、医業外収益におきまして、共済追加費用の確定により他会計補助金で140万9000円の増、企業債利子の確定により他会計負担金で134万8000円の減、差し引き6万1000円の増でございます。

 次に、支出でございますが、病院事業費用1億4931万9000円の減は、医業費用におきまして給与費で職員の異動及び減により1億4643万4000円の減、33ページの材料費で手術症例の増加に伴う消耗備品や医療安全の向上を図るためのベッドセンサーの購入費など250万円の増によるものでございます。

 医業外費用は、企業債利息で平成23年度に借り入れました企業債の利息が減と確定したことによる269万8000円の減でございます。訪問看護ステーション事業費用は、給与費で職員の減により、268万7000円の減でございます。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。

     〔市民病院事務部長 大林春樹君降壇〕



△日程第15 議案第111号 松阪市移動通信用鉄塔施設条例の一部改正について

 日程第16 議案第116号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市市民活動センター)



○議長(中森弘幸君) 日程第15 議案第111号松阪市移動通信用鉄塔施設条例の一部改正について、日程第16 議案第116号松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について松阪市市民活動センター、以上2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔市政戦略部長 中山 伸君登壇〕



◎市政戦略部長(中山伸君) ただいま上程されました議案第111号松阪市移動通信用鉄塔施設条例の一部改正についての提案説明を申し上げます。

 議案書の1ページをお願いいたします。本議案につきましては、松阪市移動通信用鉄塔施設条例を変更しようとするもので、携帯電話等の移動通信が不通である地域での通信状態を解消するため、平成24年度移動通信用鉄塔施設事業を行うことで、鉄塔施設及び無線電力設備による携帯電話鉄塔基地局を新たに整備するものでございます。

 この事業に伴い、基地局の名称及び位置を条例の規定に追加しようとするため、第2条の表に新たに施設を追加し、名称及び位置をそれぞれ松阪飯高富永局、松阪市飯高町富永264番地1とするものでございます。

 附則といたしまして、施行期日は規則で定める日からとしております。施行期日を規則で定めるといたしました理由につきましては、携帯電話鉄塔基地局工事の工期を平成24年12月21日までといたしまして、現在工事は進行中であります。また、地域の皆様からは、一日も早い開局の申し出を受けておりますことから、工事の完成後、速やかに供用を開始するため、引き渡しが完了した時点で規則の制定を行い、施行期日を定めようとするものでございます。

 続きまして、議案第116号松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について御説明を申し上げます。

 議案書11ページをお願いいたします。松阪市市民活動センターは、松阪市を中心にボランティア、NPOなどの公益的な活動をする団体の市民活動の拠点施設でございます。当施設は、平成18年4月から指定管理者制度を活用し運営管理を行っており、これまでに指定管理者の更新を2度行っております。平成25年3月31日に指定期間の満了を迎えるに当たって、平成25年4月からの5年間について施設の運営管理を委ねる団体を公募で選定いたしました。選定につきましては、平成24年10月15日に審査選定委員会を開催し、プロポーザルと申請書類による審査選定を行った結果、特定非営利活動法人Mブリッジ理事長米山哲司が指定管理者の候補者として選定されました。

 この候補者団体は、平成18年4月から指定管理者として7年間運営管理している団体であります。施設利用者は年間2万人を超え、登録団体も年々ふえている中、公平、平等な利用方策など適切な管理運営がなされている実績のある団体であり、より一層の利用者サービスの向上及び市民活動の活性化を目指しており、最適な団体であると考えております。

 なお、指定管理の期間は、平成25年4月1日から平成30年3月31日までといたしております。

 以上、議案2件の提案理由とさせていただきますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔市政戦略部長 中山 伸君降壇〕



△日程第17 議案第112号 松阪市手数料条例の一部改正について



○議長(中森弘幸君) 日程第17 議案第112号松阪市手数料条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔都市政策部長 中西士典君登壇〕



◎都市政策部長(中西士典君) ただいま上程されました議案第112号松阪市手数料条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 都市の低炭素化の促進に関する法律が本年9月5日に公布され、12月4日までに施行されることに伴いまして、この法律に基づく認定事務に要する手数料を新たに規定するため、松阪市手数料条例を一部改正するものでございます。

 この法律は、都市の低炭素化の促進を図り、都市の健全な発展に寄与することを目的として制定された法律でございます。認定手数料の額につきましては、国から審査事務に要する時間数が示されており、これをもとに県内の所管行政庁で格差が生じないよう調整を行い、県下統一の金額としております。

 議案書の2ページをお願いいたします。別表第5のその1でございますけれども、低炭素建築物新築等計画の認定審査に要する手数料を規定するもので、1号で新規の申請を、議案書3ページの2号で変更申請について規定しております。

 続きまして、その2は、認定申請手数料の金額を設定しており、一戸建ての住宅、共同住宅等、非住宅の3区分に分けて、また手数料の金額欄の右側の列は松阪市が全てを審査する場合の手数料でございます。また、左側の列は、住宅性能評価機関等で事前に技術的審査を受けている場合で、松阪市が全てを審査する場合よりも低い額の手数料を設定しております。

 5ページをお願いいたします。その3は、認定を受けた物件について内容を変更する場合の手数料でございます。

 なお、附則といたしまして、この条例の施行期日につきましては、都市の低炭素化の促進に関する法律の施行日からとしております。

 以上で、議案第112号の説明とさせていただきます。よろしく御審査賜りますよう、よろしくお願いいたします。

     〔都市政策部長 中西士典君降壇〕



△日程第18 議案第113号 松阪市暴力団排除条例の一部改正について



○議長(中森弘幸君) 日程第18 議案第113号松阪市暴力団排除条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔生活部長 村田長稔君登壇〕



◎生活部長(村田長稔君) ただいま上程されました議案第113号松阪市暴力団排除条例の一部改正について、提案理由を御説明申し上げます。

 議案書の8ページをお願いいたします。本議案につきましては、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律が平成24年10月30日に施行されたことに伴い、松阪市暴力団排除条例において引用している条項の一部改正を行うものでございます。

 今回の法改正は、最近の暴力団をめぐる情勢をかんがみ、暴力的要求行為及び準暴力的要求等の規制等を強化することなどが主な目的でございます。

 条例改正の内容といたしましては、第2条第4号、関係団体の部分において、法第32条の2第1項の規定により、三重県暴力追放運動推進センターとして指定を受けた者の条文中の「第32条の2第1項」を「第32条の3第1項」に改めるものでございます。

 なお、本議案は法律から引用された条項の改正のみでございますことから、条例の中身そのものには影響を及ぼすものではございません。

 附則といたしまして、この条例の施行期日は、公布の日からとしております。

 以上、提案理由とさせていただきますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔生活部長 村田長稔君降壇〕



△日程第19 議案第114号 松阪市民病院使用料及び手数料条例の一部改正について



○議長(中森弘幸君) 日程第19 議案第114号松阪市民病院使用料及び手数料条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔市民病院事務部長 大林春樹君登壇〕



◎市民病院事務部長(大林春樹君) ただいま上程されました議案第114号松阪市民病院使用料及び手数料条例の一部改正について御説明申し上げます。

 議案書の9ページをお願い申し上げます。今回の一部改正につきましては、ポリオワクチン接種に使用するワクチンが経口生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに変更されたため、所要の改正を行うものでございます。

 改正内容は、第6条の表ポリオの項中、「ポリオ」を「不活化ポリオ」に改め、ワクチンの購入価格等が変わりますことから、接種手数料6500円を9600円に改めるものでございます。

 附則としまして、第1項で施行期日は平成25年1月4日からとし、第2項で経過措置を議案書のとおり規定いたしております。

 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔市民病院事務部長 大林春樹君降壇〕



△日程第20 議案第115号 訴えの提起について

 日程第21 議案第117号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市飯高地域資源活用交流施設)



○議長(中森弘幸君) 日程第20 議案第115号訴えの提起について、日程第21 議案第117号松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について松阪市飯高地域資源活用交流施設、以上2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔飯高地域振興局長 福山雅文君登壇〕



◎飯高地域振興局長(福山雅文君) ただいま上程されました議案第115号訴えの提起について、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案書の10ページをお願いします。この議案は、松阪市が締結した市有物件売買契約に基づくローラーリュージュカート売却代金未払い金の支払いを求めるため、少額訴訟による訴えを提起しようとするものであります。

 まず、経緯について御説明申し上げます。リフレッシュパーク開業当時のローラーリュージュカートの納品業者である相手方から、使用していないローラーリュージュカートの購入希望があり、平成24年2月20日に株式会社オージーオージャパンとカート40台分、売却代金43万2000円で市有物件売買契約書を締結しました。しかし、代金納入期日である平成24年3月31日を過ぎても入金がないため、電話、メール、ファクスで再三にわたり督促をしましたが、入金されないまま出納整理期間を経過し、未収に至りました。このため、相手方との協議により、同年6月22日に6回分割納付誓約書を交わしましたところ、第1回分の7万2000円のみ納入されましたが、第2回以降については納入期限が過ぎても入金がなされませんでした。再三にわたる督促によっても、なお残金36万円の支払いが履行されないことから、分割納付誓約書にも記載していたとおり、訴えの提起をさせていただくことに至ったものでございます。

 訴えの内容といたしましては、訴訟の相手方は会社である福岡県糟屋郡志免町志免三丁目10番6−304号、株式会社オージーオージャパン代表取締役割石博孝と、連帯保証人である同住所の割石博孝個人でございます。請求の趣旨は、松阪市が相手方に売却したローラーリュージュカート40台分の代金43万2000円のうち、未払い部分である36万円の支払いと、未払い部分に係る遅延損害金の支払いを求めるものでございます。

 訴訟遂行の方針は、判決の結果、必要がある場合は異議申し立てをいたします。

 今回の訴えの提起にまで至りましたのは、売却代金の入金を確認した上で物品の引き渡しをすべきところを、その手続を怠って代金支払い前に物品を引き渡してしまったことが原因でございまして、今後このようなことが起きないよう、心からおわびを申し上げるとともに、厳格に契約事務を執行していく所存でございます。

 続きまして、議案第117号松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案書の12ページをお願いします。指定管理者の指定につきましては、公募を原則としていますが、松阪市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条により、公募を実施せず指定管理者を選定させていただくものでございます。

 飯高地域資源活用交流施設は、平成20年4月1日から平成25年3月31日までの指定期間により、株式会社飯高駅が管理運営を行っております。当施設は、飯高地域の自然や文化の地域資源を活用した憩いと潤いの場を創設し、地場産業と観光、交流、癒し空間を有機的に結合させ、あわせて地域住民の雇用の場として地域活性化を推進するためにオープンいたしました。オープンするに当たり、民間の活力を生かし、経営責任を担っていただくため、地域住民が出資した株式会社を設立し、管理運営を委託してまいりました。

 指定管理者である株式会社飯高駅は、当施設の開設以来、地域の人材雇用を積極的に行い、地域活性化の拠点としてイベントへの出展や地域食材の活用を進めるなど、地域に密着した事業展開を行っていただいております。温泉館の入湯者数は、当初見込みを大幅に上回る12万人を超え、農産物直売所との相乗効果により好評を博しています。業績も、株式会社飯高駅の経営努力の結果、5期連続黒字を保っております。こうした設立の経緯と事業の継続性、現在の管理運営の状況などを十分考慮した結果、現在の指定管理者が引き続き管理を行うことにより、安定したサービスの提供及び事業効果が期待できるものと考えております。

 施設の名称は、松阪市飯高地域資源活用交流施設で、位置は松阪市飯高町宮前177番地、指定管理者となる団体は、松阪市飯高町宮前177番地、株式会社飯高駅で、代表者は代表取締役の小林益久でございます。

 指定の期間につきましては、平成25年4月1日から平成30年3月31日までの5年間としております。

 以上、議案2件の提案説明とさせていただきます。どうかよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔飯高地域振興局長 福山雅文君降壇〕



△日程第22 議案第118号 宮川福祉施設組合規約の変更に関する協議について



○議長(中森弘幸君) 日程第22 議案第118号宮川福祉施設組合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔保健部長 小阪久実子君登壇〕



◎保健部長(小阪久実子君) ただいま上程されました議案第118号宮川福祉施設組合規約の変更に関する協議についての提案理由を御説明申し上げます。

 議案書の13ページ及び資料の宮川福祉施設組合規約新旧対照表を御参照ください。宮川福祉施設組合は、松阪市、多気町、明和町、大台町の1市3町によって組織されておりまして、老人福祉法第15条第3項に規定する養護老人ホーム崇雲寮及び特別養護老人ホームやまびこ荘の設置管理及びこれに附帯する事務を共同処理する一部事務組合でございます。

 一部事務組合である同組合規約を変更しようとするときには、地方自治法第286条第1項の規定に基づきまして、関係市町の協議が必要であり、この協議が議会の議決を要することから、同法第290条の規定に基づき提案するものでございます。

 変更の内容は、組合議会の組織を見直すものでございまして、現在の組合議会の議員の定数は、1市3町の長を含め12人と規定しておりますが、第5条第1項で組合議会の議員の定数を12人から8人に改めまして、長を削除いたします。第8条では、管理者及び副管理者につきまして、管理者は組合構成市町の長の互選によるものとし、副管理者を1人から3人と改め、管理者が属する市町を除く組合市町の長をもって充てることとし、その他所要の変更を行うものでございます。

 附則といたしまして、この規約は平成25年4月1日から施行するものでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔保健部長 小阪久実子君降壇〕



△日程第23 議案第119号 専決処分の承認について(平成24年度松阪市一般会計補正予算(第4号))



○議長(中森弘幸君) 日程第23 議案第119号専決処分の承認について平成24年度松阪市一般会計補正予算第4号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました議案第119号専決処分の承認についてに係る専決第15号平成24年度松阪市一般会計補正予算第4号について、御説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、去る平成24年11月16日の衆議院の解散に伴う総選挙等の予算措置について、急を要しましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、専決処分をさせていただいたものでございます。

 それでは、その内容について御報告申し上げ、御承認賜りたく存じます。

 1ページをお願いいたします。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6328万4000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ571億8660万4000円とさせていただいたものでございます。

 8ページ、9ページをお願いいたします。歳入でございますが、款16県支出金、項3県委託金、目1総務費県委託金6328万4000円は、衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査に係る委託金で、内訳は説明欄に記載のとおりでございます。

 10ページ、11ページをお願いいたします。歳出でございますが、款2総務費、項4選挙費、目5衆議院議員選挙費6298万4000円は、平成24年12月16日投開票の衆議院議員総選挙に係る管理執行経費でございます。目6最高裁判所裁判官国民審査費30万円は、衆議院議員総選挙と同時に行われます最高裁判所裁判官国民審査の管理執行経費でございます。

 なお、12ページ以降の補正調書につきましては、説明を省略させていただきますので、御了承賜りたく存じます。

 以上で、専決処分とさせていただきました専決第15号の報告を終わらせていただきます。何とぞ御承認賜りますようお願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕



○議長(中森弘幸君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。明11月27日及び28日の2日間を休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中森弘幸君) 御異議なしと認めます。よって、明11月27日及び28日の2日間を休会することに決しました。11月29日午前10時、本会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでございました。

                         午前11時51分散会