議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

旧松阪市 平成13年  5月 臨時会(第2回) 05月16日−02号




旧松阪市 平成13年  5月 臨時会(第2回) − 05月16日−02号







旧松阪市 平成13年  5月 臨時会(第2回)



議事日程第2号 平成13年5月16日 午前10時開議

 日程第1  発議第3号 議長辞職許可について

 日程第2  選挙第1号 松阪市議会議長選挙について

 日程第3  発議第4号 副議長辞職許可について

 日程第4  選挙第2号 松阪市議会副議長選挙について

 日程第5  選挙第3号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について

 日程第6  選挙第4号 松阪市議会常任委員会の委員選任について

 日程第7  選挙第5号 三雲町松阪市学校組合議会の議員選挙について

 日程第8  選挙第6号 多気町松阪市学校組合議会の議員選挙について

 日程第9  選挙第7号 松阪市ほか六か町村衛生共同組合議会の議員選挙について

 日程第10 選挙第8号 松阪地区広域消防組合議会の議員選挙について

 日程第11 選挙第9号 松阪地区広域行政事務組合議会の議員選挙について

 日程第12 選挙第10号 松阪飯多農業共済事務組合議会の議員選挙について

 日程第13 選挙第11号 松阪地方介護広域連合議会の議員選挙について

 日程第14 議案第53号 監査委員選任について

本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

出席議員(30名)

      1番  今井一久君      2番  松田千代君

      3番  山本登茂治君     4番  長野 操君

      5番  紀平泰三君      6番  小林正司君

      7番  高橋 護君      8番  川北真衣君

      9番  中森弘幸君     10番  松尾一男君

     11番  小池美智子君    12番  森上正吉君

     13番  竹田哲彦君     14番  内田茂雄君

     15番  西村磨寿美君    16番  鎌倉 守君

     17番  前田行正君     18番  中出 実君

     19番  田中 力君     20番  野口 正君

     21番  山本忠生君     22番  西村友志君

     23番  赤塚 進君     24番  北岡 忠君

     25番  上田増夫君     26番  小阪五郎君

     27番  引地 忠君     28番  伊藤 稔君

     29番  大西常夫君     30番  杉山梅一君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長       野呂昭彦君     助役       三好利夫君

 収入役      松田敬八君     総務部長     宮本幹雄君

 建設部長     岩塚三善君     建設部次長    中村貴雄君

 企画調整部長   角谷忠夫君     税務担当参事   山岡 隆君

 教育委員長    越知愛幸子君    教育長      駒田哲夫君

 市民生活部長   山本 勲君     保健福祉部長   山嵜高裕君

 下水道部長    豊田敏明君     農林水産部長   大東丈文君

 商工部長     中谷正和君     水道事業管理者  西村敏彦君

 病院事務部長   鈴木正一君     消防団事務局長  奥田 修君

 監査委員     小杉勝子君

事務局出席職員

    事務局長  池村正己      次長    坂口秀夫

    庶務係長  高杉 功      議事係長  牧戸嘉之

    調査係長  田所正敏      兼務書記  松林育也

    兼務書記  松名瀬弘己

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午前10時0分開議



○議長(引地忠君) これより本会議を開きます。本日の議事は、議事日程第2号により進めることにいたします。

 議事の都合により、副議長と交代いたします。

          〔議長 引地 忠君退席・副議長 山本忠生君着席〕



○副議長(山本忠生君) 議長より発言を求められておりますので、これを許可します。

          〔議長 引地 忠君登壇〕



○議長(引地忠君) 議会の申し合わせによりまして議長を辞任することに当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 ちょうど1年前の5月の臨時議会で、議員の皆様方の温かい御支援、御推挙を得まして、議長の要職に着かせていただきました。以来1年間、もとより浅学非才、微力の身ではございましたけれども、市政の民主化、議会運営の円滑化にひたすら精進をしてきたつもりでありますけれども、皆様方の御期待に十分こたえ得なかったことにつきましては、まことに申しわけなく存じております。しかしながら、議員各位の格別の御支援、御協力をいただき、そしてまた市長初め理事者の皆様方、さらには報道関係の皆様方の温かい御支援、御協力もいただきながら、おかげをもちまして議長としての要職を大過なく果たすことができましたことは、私にとりましては大変ありがたいことでございまして、心から感謝申し上げると同時に、厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 どうか皆様方におかれましては、さらに市政発展のために御尽力をいただきますように念願いたすとともに、私に対しましても変わらぬ御厚情をいただければ幸いだと、このように思っておるところでございます。

 極めて簡単でございますけれども、議長辞任に当たりましての一言お礼と感謝の言葉にかえさせていただきます。どうも1年間、ありがとうございました。(拍手)

          〔議長 引地 忠君降壇〕



△日程第1 発議第3号 議長辞職許可について



○副議長(山本忠生君) 日程第1 発議第3号議長辞職許可についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○副議長(山本忠生君) お諮りいたします。引地忠議員の議長辞職を許可することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本忠生君) 御異議なしと認めます。よって引地忠議員の議長辞職を許可することに決しました。



△日程第2 選挙第1号 松阪市議会議長選挙について



○副議長(山本忠生君) 日程第2 選挙第1号松阪市議会議長選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○副議長(山本忠生君) 選挙の方法はいかにいたしましょうか、お諮りいたします。



◆30番(杉山梅一君) ただいま諮られております議長選挙の方法につきましては、投票によって行われたい旨提案をいたします。



○副議長(山本忠生君) ただいま30番議員より投票によって行われたいとの発言がありました。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本忠生君) 御異議なしと認めます。よって選挙は投票によって行うことに決しました。これより議長選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○副議長(山本忠生君) ただいまの出席議員数は30名であります。投票用紙を配付いたします。

          〔職員投票用紙配付〕



○副議長(山本忠生君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本忠生君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

          〔職員投票箱点検〕



○副議長(山本忠生君) 異状なしと認めます。念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、議員に同姓の方がありますので、氏名をはっきりと記入願います。

 それでは、議席順により、右正面にあります記載台において記載願い、順次投票をお願いいたします。

          〔各員投票〕



○副議長(山本忠生君) 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本忠生君) 投票漏れなしと認めます。議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○副議長(山本忠生君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に13番 竹田哲彦議員、15番 西村磨寿美議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。これより開票を行います。

          〔投票点検〕



○副議長(山本忠生君) 選挙の結果を事務局長より報告いたします。

          〔事務局長 池村正己君登壇〕



◎事務局長(池村正己君) 選挙の結果を御報告申し上げます。

     投票総数   30票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたします。

 そのうち

     有効投票   30票

     無効投票    0票

 有効投票中

     中出 実議員 17票

     上田増夫議員 13票

 以上のとおりであります。

          〔事務局長 池村正己君降壇〕



○副議長(山本忠生君) この選挙の法定得票数は7.5票であります。よって、中出実議員が議長に当選されました。

 議長に当選されました中出実議員が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 議長に当選されました中出実議員よりごあいさつがあります。

          〔議長 中出 実君登壇〕



○議長(中出実君) ただいまの議長選挙におきまして、不肖私を長い歴史と伝統のある松阪市議会の第55代議長に選任をいただきまして、大変光栄に存じております。またあわせて、責任の重大さを今ひしひしと感じておる次第でございます。もとより浅学非才の身でございますが、今後一日一日を絶えず問題意識とチャレンジ精神を持ちながら、円滑で公平な議会運営に全力を傾注してまいります。

 地方分権、少子高齢化社会を迎えた今、市民の生活も依然として長期にわたる経済低迷の中で厳しいものがあります。それだけに市政に対する市民の期待も大きく、議会に課せられた責務は大きなものであります。私は、今回、この1年市議会のリーダーとして頑張っていただきました引地議長からバトンを受けさせていただきます。単に片手でバトンを受けるのではなく、全身でしっかりとバトンをいただき、その職務を精励してまいりたいというふうに思っております。市民に信頼される議会を皆様と一緒になってつくり上げてまいりたい、そんな気持ちでおります。どうか、今後とも皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)

          〔議長 中出 実君降壇〕



○副議長(山本忠生君) 議長と交代いたします。

          〔副議長 山本忠生君退席・議長 中出 実君着席〕



○議長(中出実君) 副議長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。

          〔副議長 山本忠生君登壇〕



◆副議長(山本忠生君) 光陰矢のごとしと申しましょうか、本当に先日、副議長に皆さんの多数の御推挙をいただいて当選させていただきましてから、もう1年がたちます。この間、本当にいろいろと議長の補佐というんですか、そういうような形で議員の皆さんのいろいろな温かい御支援をいただいて、つつがなく副議長の要職を続けさせていただきました。これも本当に皆さん方の温かい御支援があったものと、このように思っております。

 また、当初は非常に議長が公務が多々あった関係で、私の出番も多かったわけですけれども、その責務をつつがなく受け継がさせていただいてきょうに至ったと、こういうような形でございます。

 前から私も言うておりますように、やはり松阪市は伝統ある松阪市議会でございますので、もう皆さんは非常に研さんして、この議場を立派な議場にしていただきたいと、このように思いまして、辞任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

          〔副議長 山本忠生君降壇〕



△日程第3 発議第4号 副議長辞職許可について



○議長(中出実君) 日程第3 発議第4号副議長辞職許可についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) お諮りいたします。山本忠生議員の副議長辞職を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって山本忠生議員の副議長辞職を許可することに決しました。



△日程第4 選挙第2号 松阪市議会副議長選挙について



○議長(中出実君) 日程第4 選挙第2号松阪市議会副議長選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆30番(杉山梅一君) ただいま諮られております副議長選挙の方法につきましても、同じく投票によって行われたい旨提案をいたします。



○議長(中出実君) ただいま30番議員より投票により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙は投票によって行うことに決しました。これより副議長選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○議長(中出実君) ただいまの出席議員数は30名であります。投票用紙を配付いたします。

          〔職員投票用紙配付〕



○議長(中出実君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

          〔職員投票箱点検〕



○議長(中出実君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、議員に同姓の方がありますので、氏名をはっきりと記入願います。

 それでは、議席順により、右正面にあります記載台において記載願い、順次投票をお願いいたします。

          〔各員投票〕



○議長(中出実君) 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 投票漏れなしと認めます。議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○議長(中出実君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に8番 川北真衣議員、17番 前田行正議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。これより開票を行います。

          〔投票点検〕



○議長(中出実君) 選挙の結果を事務局長より報告いたします。

          〔事務局長 池村正己君登壇〕



◎事務局長(池村正己君) 選挙の結果を御報告申し上げます。

     投票総数   30票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたします。

 そのうち

     有効投票   30票

     無効投票    0票

 有効投票中

     紀平泰三議員 17票

     北岡 忠議員 13票

 以上のとおりであります。

          〔事務局長 池村正己君降壇〕



○議長(中出実君) この選挙の法定得票数は7.5票であります。よって紀平泰三議員が副議長に当選をされました。

 副議長に当選をされました紀平泰三議員が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 副議長に当選されました紀平泰三議員よりごあいさつがあります。

          〔副議長 紀平泰三君登壇〕



◆副議長(紀平泰三君) ただいまは副議長に当選をさせていただきまして、心から御礼を申し上げます。もとより浅学非才の身であり、見てのとおりまだまだ若輩者でございますけれども、議長を補佐するという意味で懸命に努力をしてまいる所存でございます。どうぞ皆様方におかれましては、心温かい御指導を賜りますことをお願い申し上げまして、私のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

          〔副議長 紀平泰三君降壇〕



○議長(中出実君) 暫時休憩をいたします。

                            午前10時43分休憩

                            午前11時31分開議



○議長(中出実君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第5 選挙第3号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について



○議長(中出実君) 日程第5 選挙第3号松阪市議会議会運営委員会の委員選任についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) お諮りいたします。議会運営委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員を議会運営委員に選任することに決しました。



○議長(中出実君) 午さんのため休憩をいたします。午後3時、本会議を再開いたします。

                            午前11時34分休憩

                            午後3時2分開議



○議長(中出実君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第6 選挙第4号 松阪市議会常任委員会の委員選任について



○議長(中出実君) 日程第6 選挙第4号松阪市議会常任委員会の委員選任についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付いたしました名簿どおりそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。



△日程第7 選挙第5号 三雲町松阪市学校組合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第7 選挙第5号三雲町松阪市学校組合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております組合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選によって行われたい旨提案いたします。



○議長(中出実君) 26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選をされました。



△日程第8 選挙第6号 多気町松阪市学校組合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第8 選挙第6号多気町松阪市学校組合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております組合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選によって行われたい旨提案をいたします。



○議長(中出実君) ただいま26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選をされました。



△日程第9 選挙第7号 松阪市ほか六か町村衛生共同組合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第9 選挙第7号松阪市ほか六か町村衛生共同組合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております組合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選の方法によって行われたい旨提案をいたします。



○議長(中出実君) 26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選されました。



△日程第10 選挙第8号 松阪地区広域消防組合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第10 選挙第8号松阪地区広域消防組合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております組合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選によって行われたい旨提案いたします。



○議長(中出実君) 26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選されました。



△日程第11 選挙第9号 松阪地区広域行政事務組合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第11 選挙第9号松阪地区広域行政事務組合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております組合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選によって行われたい旨提案をいたします。



○議長(中出実君) 26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選されました。



△日程第12 選挙第10号 松阪飯多農業共済事務組合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第12 選挙第10号松阪飯多農業共済事務組合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております組合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選によって行われたい旨提案をいたします。



○議長(中出実君) ただいま26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選をされました。



△日程第13 選挙第11号 松阪地方介護広域連合議会の議員選挙について



○議長(中出実君) 日程第13 選挙第11号松阪地方介護広域連合議会の議員選挙についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 選挙の方法はいかようにいたしますか、お諮りいたします。



◆26番(小阪五郎君) ただいま諮られております連合議会の議員選挙の方法につきましては、指名推選によって行われたい旨提案をいたします。



○議長(中出実君) 26番議員より指名推選により行われたいとの発言がありました。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたします。お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員が当選をされました。



△日程第14 議案第53号 監査委員選任について



○議長(中出実君) 日程第14 議案第53号監査委員選任についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

          〔職員朗読〕



○議長(中出実君) 提案理由の説明を求めます。

          〔市長 野呂昭彦君登壇〕



◎市長(野呂昭彦君) ただいま上程されました議案第53号監査委員選任についての提案理由を御説明申し上げます。

 議会選出による監査委員をお務めいただいておりました鎌倉守氏から辞任の申し出がございました。後任といたしまして前田行正氏をお願いしようとするものでございます。前田氏の経歴につきましては、皆さん方もう既に御承知のとおりでございますが、目田町153番地にお住まいで、昭和10年12月12日のお生まれでございます。平成7年5月から今日まで議員として御活躍をいただいており、その間、総務常任委員会委員長、建設水道常任委員会委員長を歴任してみえます。本市の監査委員として適任と考え、提案させていただくものでありますので、よろしくお願い申し上げます。

          〔市長 野呂昭彦君降壇〕



○議長(中出実君) 本案について質疑、意見はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中出実君) お諮りいたします。本案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(中出実君) 起立全員であります。よって本案は同意することに決しました。

 監査委員に選任をされました前田行正議員からごあいさつがあります。

          〔17番 前田行正君登壇〕



◆17番(前田行正君) 失礼をいたします。ただいまは議員の皆さん全員の御同意をいただきまして、監査委員としての選任を受けました前田行正でございます。私にとりまして大変身に余る光栄でございます。と同時に責任の重大さにつきまして身の引き締まる思いがいたします。そして、この上は今進められております松阪野呂市政の政策の中での市政マネジメントシステム、各般にわたってその構築が展開をされようとされております。その中でも目的、費用対効果、それが問われ、そして求められているところでございます。そういった中でその与えられた任務を一生懸命に全うすべく、そして専念すべく頑張ってまいりたいと思います。どうか議員の皆さんのお力添え、御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、私のごあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

          〔17番 前田行正君降壇〕



○議長(中出実君) 暫時休憩いたします。

                             午後3時19分休憩

                             午後3時57分開議



○議長(中出実君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 以上をもちまして、今期臨時会に付議されました案件は全部議了いたしました。今期臨時会はこれにて閉会をいたします。大変御苦労様でございました。

                             午後3時58分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

            旧議長   引地 忠

            旧副議長  山本忠生

            新議長   中出 実

            新副議長  紀平泰三

            議員    森上正吉

            議員    伊藤 稔