議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

松阪市 平成23年  8月 臨時会(第3回) 08月11日−01号




松阪市 平成23年  8月 臨時会(第3回) − 08月11日−01号







松阪市 平成23年  8月 臨時会(第3回)



議事日程第1号 平成23年8月11日 午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 選挙第2号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について

本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程追加 発議第7号 議長辞職許可について

 日程追加 選挙第3号 松阪市議会議長選挙について

 日程追加 発議第8号 副議長辞職許可について

 日程追加 選挙第4号 松阪市議会副議長選挙について

 日程第3 選挙第2号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について

出席議員(30名)

    1番  植松泰之君      2番  中瀬古初美君

    3番  川口寿美君      4番  堀端 脩君

    5番  野呂一男君      6番  中村良子君

    7番  山本芳敬君      8番  田中祐治君

    9番  山本 節君     10番  川口 保君

   11番  大平 勇君     12番  大久保陽一君

   13番  濱口高志君     14番  佐波 徹君

   15番  海住恒幸君     16番  永作邦夫君

   17番  松田俊助君     18番  中島清晴君

   19番  今井一久君     20番  山本登茂治君

   21番  中森弘幸君     22番  小林正司君

   23番  久松倫生君     24番  西村友志君

   25番  野口 正君     26番  松田千代君

   27番  田中 力君     28番  水谷晴夫君

   29番  前川幸敏君     30番  中出 実君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長          山中光茂君   副市長         中川 昇君

 総務部長        山路 茂君   市政戦略部長      小牧豊文君

 教育長         小林壽一君

事務局出席職員

 事務局長        石井千秋    次長          白藤哲央

 調査担当主幹      中西雅之    総務係長        上西伸幸

 議事係長        三木 敦    兼務書記        北畠和幸

 兼務書記        沼田雅彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午前10時0分開会



○議長(田中力君) おはようございます。これより平成23年8月第3回松阪市議会臨時会を開会いたします。議案説明のため市長以下関係者の出席を求めましたから御報告いたします。本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号により進めることにいたします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(田中力君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において11番 大平勇議員、28番 水谷晴夫議員を指名いたします。



△日程第2 会期の決定



○議長(田中力君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。会期につきましては、去る8月3日に議会運営委員会を開催し協議を願いましたので、この際、議会運営委員長より御報告を願います。



◆28番(水谷晴夫君) 去る8月3日に議会運営委員会を開催いたしまして、今期臨時会の会期について協議いたしました結果、今期臨時会の会期は本日から8月12日までの2日間とすることに決定いたしました。なお、議事予定につきましては、お手元に配付されております議事予定表のごとく進めることに決定いたしましたので、御報告いたします。



○議長(田中力君) お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告どおり今期臨時会の会期は本日から8月12日までの2日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、会期は2日間と決定いたしました。

 暫時休憩をいたします。

                         午前10時2分休憩

                         午前11時15分開議



○副議長(山本登茂治君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 ただいま田中力議員から、議長の辞職願いが提出をされました。

 お諮りいたします。発議第7号議長辞職許可についてを日程に追加し議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本登茂治君) 異議なしと認めます。よって、発議第7号議長辞職許可についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 発議第7号 議長辞職許可について



○副議長(山本登茂治君) 日程追加 発議第7号議長辞職許可についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○副議長(山本登茂治君) なお、地方自治法第117条により、田中力議長は退場されておりますので、御報告申し上げます。

 お諮りいたします。田中力議員の議長辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本登茂治君) 異議なしと認めます。よって、田中力議員の議長辞職を許可することに決しました。

 この際、田中力議員から発言を求められておりますので、これを許可します。

     〔27番 田中 力君登壇〕



◆27番(田中力君) まずもちまして、この1年間、大変皆様にお支えをいただき、無事大過なく過ごすことができました。まずもって、心からお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 この1年間、非常に早いようで長かったなと、こんな感じもいたしますが、無事にこうやってここで退任のごあいさつをさせていただける、皆さんのおかげと、このように思っています。

 1年間を振り返っていろいろなことがございました。任期が1年という申し合わせでございましたので、いろんな行事に参加することは、すべて初めてのことでございました。したがいまして、なかなか雰囲気がつかめなかったり、あるいは状況が読めなかったり、いろいろ苦労をいたしましたが、多くの皆さんの御支持あるいは御支援によりまして、何とかきょうを迎えることができました。

 さて、今議会は二元代表制ということで議会改革が進んでおります。私はよく言うのでありますが、果たして本当に二元代表制なのかなと。市長が一方の代表であるならば、やはり議会も一方の代表ということはよく理解をいたしますが、市長権限とこの議会の権限は大きく差がございます。このことを痛感した1年でもございました。やはり本当に二元代表制というのであれば、議会が一丸となって物事に対応していく、こういうことがなければ、本当の意味での二元代表制にはならない、このように感じる次第でございました。

 多くやり残したことがございます。次の新しい議長に、ぜひ私の思いをお伝えいたし、このやり残したことを実現していっていただきたいと、このようにも思っております。一つの例として、西黒部のたこ揚げ大会は、ぜひ議会として参加をしていただいて、たとえ揚がらなくも、途中で壊れても、市民の皆さんと一緒になって、あのような地域の行事に参加をしていく。このことは、口先だけの市民との連携というんじゃなくて、本当の意味での市民との協働をああいう場で議会として発揮をしていくべきだろうと、このようにも思っております。

 一つの例を挙げさせていただいて大変恐縮でございましたが、どうぞこれから、私もまだ終わったわけではございませんので、老兵は消え去るのみということでございますが、決して死んだわけではございませんので、また皆さんと一緒になって、こういう行事に積極的に参加をしていきたいというふうに思っております。

 この1年間、私が感じ取らせていただいたいろんな経験も、いろんな知恵も、また皆さんと分かち合いながら、この議会の活性化に向けて邁進をしていきたい、このようにも感じております。どうぞこれからもよろしく御支援、御指導をいただきますように心からお願いをいたします。

 最後に、議員の皆さんを初め、あるいは事務局の皆さん、本当にお世話になりました。少し言葉が続きませんが、これからも一緒になっていきたい、このように思っております。本当にありがとうございました。(拍手)

     〔27番 田中 力君降壇〕



○副議長(山本登茂治君) ただいま議長が欠員となりました。

 暫時休憩といたします。

                         午前10時23分休憩

                         午後1時0分開議



○副議長(山本登茂治君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 お諮りいたします。選挙第3号松阪市議会議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本登茂治君) 御異議なしと認めます。よって、選挙第3号松阪市議会議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 選挙第3号 松阪市議会議長選挙について



○副議長(山本登茂治君) 日程追加 選挙第3号松阪市議会議長選挙についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○副議長(山本登茂治君) 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項並びに会議規則の規定により、投票により行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本登茂治君) 御異議なしと認めます。よって、選挙は投票によって行うことに決しました。

 これより議長選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(山本登茂治君) ただいまの出席議員数は30名であります。投票用紙を配付いたします。

     〔職員投票用紙配付〕



○副議長(山本登茂治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本登茂治君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

     〔職員投票箱点検〕



○副議長(山本登茂治君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、立候補者の議員の氏名をはっきりと記入願います。

 それでは、議席順に右正面にあります記載台において記載願い、順次投票をお願いいたします。

     〔各員投票〕



○副議長(山本登茂治君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(山本登茂治君) 投票漏れなしと認めます。議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(山本登茂治君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番 野呂一男議員、26番 松田千代議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。これより開票を行います。

     〔投票点検〕



○副議長(山本登茂治君) 選挙の結果を事務局長より報告いたします。

     〔事務局長 石井千秋君登壇〕



◎事務局長(石井千秋君) 選挙の結果を御報告申し上げます。

     投票総数   30票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち

     有効投票   30票

     無効投票    0票

 有効投票中

     今井一久議員  6票

     野口 正議員 24票

 以上のとおりでございます。

     〔事務局長 石井千秋君降壇〕



○副議長(山本登茂治君) この選挙の法定得票数は7.5票であります。よって、野口正議員が議長に当選されました。

 議長に当選されました野口正議員が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 議長に当選されました野口正議員よりごあいさつがあります。

     〔議長 野口 正君登壇〕



○議長(野口正君) ありがとうございます。多くの方の御支持をいただきまして、議長につかせていただきます。

 きょう所信で述べましたことを実行すべく頑張りたいと思いますので、議員の皆様にも何とぞ御協力のほどお願いしたいと存じます。

 本当にありがとうございました。(拍手)

     〔議長 野口 正君降壇〕



○副議長(山本登茂治君) それでは、議長と交代いたします。

     〔副議長 山本登茂治君退席・議長 野口 正君着席〕



○議長(野口正君) ただいまから議長を務めさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 それでは、暫時休憩いたします。

                         午後1時13分休憩

                         午後1時25分開議



○議長(野口正君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 ただいま山本登茂治議員から、副議長の辞職願いが提出されました。

 お諮りいたします。発議第8号副議長辞職許可についてを日程に追加し議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 異議なしと認めます。よって、発議第8号副議長辞職許可についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 発議第8号 副議長辞職許可について



○議長(野口正君) 日程追加 発議第8号副議長辞職許可についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(野口正君) なお、地方自治法第117条により、山本登茂治副議長は退場されておりますので、御報告申し上げます。

 お諮りいたします。山本登茂治議員の副議長辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 異議なしと認めます。よって、山本登茂治議員の副議長辞職を許可することに決しました。

 この際、山本登茂治議員から発言を求められておりますので、これを許可いたします。

     〔20番 山本登茂治君登壇〕



◆20番(山本登茂治君) 皆さん、お暑うございます。今、議場の横の温度計が42度でございます。といいますのは、ちょっと囲いのあるところに温度計がついておるもんですから、正確な数字じゃないですけれども、そんなような温度でございます。

 大変高いところから失礼をいたします。一言皆さん方にお礼を申し上げたいと、このように思っております。

 国会では今、閣僚が退任するというような議論がなされております。それはお盆過ぎからこの8月いっぱいにかけてやられる議論でございますけれども、地方自治体であります松阪市議会は、8月の11、12日が正副議長の退任でございます。今、議長のほうからもごあいさつがございました。私のほうからも、一言皆さん方にお礼を申し上げたいと思います。

 昨年の8月11日に副議長というような大役を御推挙いただきました。本当にありがとうございました。何もわからないまま、何もしないまま、1年間がたったような気がいたしております。しかしながら、皆さん方の温かいお力添えで、また御指導で、副議長の職が全うできたのではないかなと、そんなような思いでいっぱいでございます。本当にありがとうございました。感謝を申し上げたいと思います。

 副議長としておらせていただいたときに、いろんなことを勉強させていただきました。やはり松阪市政というのは、市民の皆さん方、そしてまた議員の皆さん方、そしてまた理事者の皆さん方、この3本の柱が1本になれば、難しい問題も、難しいことも解決できるのではないかなと、そんなような気もいたしました。この1年間、皆さん方のいろんなお力添え、そして御指導をいただきながら、大変な勉強をさせていただきましたことをお礼申し上げたいと思います。今度、新議長、またこの後で副議長が確定するわけでございますけれども、どうぞひとつ皆さん方のお力を、御指導をよろしくお願いを申し上げたいと思います。大変偉そうな言い方になってしまいましたけれども、あの議長席というのは大変緊張した、そしてちょっと怖いところだなということも感じました。これからも市長の後を私も2年、平成25年の選挙までにはあと2年ございますが、それまでは一生懸命市政に尽くしていく、協力していく所存でございますので、重ねてお願いを申し上げたいと思います。

 今、温度計の温度を言いましたけれども、まだまだこれから暑い日が続きます。どうぞお体を御自愛いただきまして、それぞれの立場で御活躍されますことを御祈念申し上げて、ごあいさつにかえさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。(拍手)

     〔20番 山本登茂治君降壇〕



○議長(野口正君) ただいま副議長が欠員となりました。

 暫時休憩といたします。

                         午後1時31分休憩

                         午後3時5分開議



○議長(野口正君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 お諮りいたします。選挙第4号松阪市議会副議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 異議なしと認めます。よって、選挙第4号松阪市議会副議長選挙についてを日程に追加し議題とすることに決しました。



△日程追加 選挙第4号 松阪市議会副議長選挙について



○議長(野口正君) 日程追加 選挙第4号松阪市議会副議長選挙についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(野口正君) 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第1項並びに会議規則の規定により、投票により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 異議なしと認めます。よって選挙は投票によって行うことに決しました。これより副議長選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(野口正君) ただいまの出席議員数は30名であります。投票用紙を配付いたします。

     〔職員投票用紙配付〕



○議長(野口正君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

     〔職員投票箱点検〕



○議長(野口正君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、立候補者の議員の氏名をはっきりと記入願います。

 それでは、議席順に右正面にあります記載台において記載願い、順次投票をお願いいたします。

     〔各員投票〕



○議長(野口正君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 投票漏れなしと認めます。議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○議長(野口正君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に7番 山本芳敬議員、26番 松田千代君議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。これより開票を行います。

     〔投票点検〕



○議長(野口正君) 選挙の結果を事務局長より報告いたします。

     〔事務局長 石井千秋君登壇〕



◎事務局長(石井千秋君) 選挙の結果を御報告申し上げます。

     投票総数    30票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたします。

 そのうち

     有効投票    30票

     無効投票     0票

 有効投票中

     大久保陽一議員 23票

     久松 倫生議員  7票

 以上のとおりでございます。

     〔事務局長 石井千秋君降壇〕



○議長(野口正君) この選挙の法定得票数は7.5票であります。よって大久保陽一議員が副議長に当選されました。

 副議長に当選されました大久保陽一議員が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 副議長に当選されました大久保陽一議員よりごあいさつがございます。

     〔副議長 大久保陽一君登壇〕



◆副議長(大久保陽一君) ただいま多くの皆さん方の御支持をいただき、副議長を拝命することになりました大久保でございます。

 何分もとより浅学非才ではございます。しかし、一生懸命、全身全霊で議長を支え、円満な議会運営に努めてまいりたいと思いますので、今までより以上の御指導と御協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 まことにありがとうございました。(拍手)

     〔副議長 大久保陽一君降壇〕



○議長(野口正君) 暫時休憩といたします。

                         午後3時17分休憩

                         午後3時50分開議



○議長(野口正君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。



△日程第3 選挙第2号 松阪市議会議会運営委員会の委員選任について



○議長(野口正君) 日程第3 選挙第2号松阪市議会議会運営委員会の委員選任についてを上程いたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(野口正君) お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付いたしました名簿どおり指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野口正君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。明8月12日午前10時、本会議を開きます。本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでございました。

                         午後3時51分散会