議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

松阪市 平成23年  6月 定例会(第2回) 07月07日−06号




松阪市 平成23年  6月 定例会(第2回) − 07月07日−06号







松阪市 平成23年  6月 定例会(第2回)



議事日程第6号 平成23年7月7日 午前10時開議

 日程第1 議案第59号 平成23年度松阪市一般会計補正予算(第1号)

      議案第60号 平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第61号 平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第62号 平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第63号 平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第64号 平成23年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)

      議案第65号 平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第1号)

      議案第66号 平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)

      議案第67号 松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正について

      議案第68号 松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第69号 松阪市税条例の一部改正について

      議案第70号 松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正について

      議案第71号 松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について

      議案第72号 松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について

      議案第73号 松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について

      議案第74号 松阪市防災会議条例の一部改正について

      議案第75号 松阪市水道水源保護条例の一部改正について

      議案第76号 松阪市土地開発公社定款の一部変更について

      議案第77号 工事請負契約の締結について(松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事)

      議案第78号 工事請負契約の締結について(松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事)

      議案第79号 専決処分の承認について(平成22年度松阪市一般会計補正予算(第8号))

      議案第80号 工事請負契約の締結について(宮町ポンプ場改築・更新(電気設備)工事)

      議案第81号 松阪市税条例等の一部改正について

      議案第82号 松阪市都市計画税条例の一部改正について

      請願第3号 教育基本法改正ならびに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願書

      請願第2号 「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書の提出を求める請願書(継続審査中のもの)

 日程第2 報告第2号 平成22年度松阪市一般会計繰越明許費繰越計算書について

 日程第3 報告第3号 平成22年度松阪市一般会計事故繰越し繰越計算書について

 日程第4 報告第4号 平成22年度松阪市水道事業会計予算繰越計算書について

 日程第5 報告第5号 平成22年度松阪市公共下水道事業会計予算繰越計算書について

 日程第6 報告第6号 松阪市土地開発公社の経営状況について

 日程第7 報告第7号 財団法人松阪市勤労者サービスセンターの経営状況について

 日程第8 報告第8号 財団法人松阪スポーツ振興研修センターの経営状況について

 日程第9 報告第9号 リバーサイド茶倉組合の経営状況について

 日程第10 報告第10号 株式会社飯高駅の経営状況について

 日程第11 発議第5号 地方財政の充実・強化を求める意見書について

本日の会議に付した事件

 日程第1 議案第59号 平成23年度松阪市一般会計補正予算(第1号)

      議案第60号 平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第61号 平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第62号 平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第63号 平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第64号 平成23年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)

      議案第65号 平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第1号)

      議案第66号 平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)

      議案第67号 松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正について

      議案第68号 松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第69号 松阪市税条例の一部改正について

      議案第70号 松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正について

      議案第71号 松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について

      議案第72号 松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について

      議案第73号 松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について

      議案第74号 松阪市防災会議条例の一部改正について

      議案第75号 松阪市水道水源保護条例の一部改正について

      議案第76号 松阪市土地開発公社定款の一部変更について

      議案第77号 工事請負契約の締結について(松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事)

      議案第78号 工事請負契約の締結について(松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事)

      議案第79号 専決処分の承認について(平成22年度松阪市一般会計補正予算(第8号))

      議案第80号 工事請負契約の締結について(宮町ポンプ場改築・更新(電気設備)工事)

      議案第81号 松阪市税条例等の一部改正について

      議案第82号 松阪市都市計画税条例の一部改正について

      請願第3号 教育基本法改正ならびに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願書

      請願第2号 「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書の提出を求める請願書(継続審査中のもの)

 日程第2 報告第2号 平成22年度松阪市一般会計繰越明許費繰越計算書について

 日程第3 報告第3号 平成22年度松阪市一般会計事故繰越し繰越計算書について

 日程第4 報告第4号 平成22年度松阪市水道事業会計予算繰越計算書について

 日程第5 報告第5号 平成22年度松阪市公共下水道事業会計予算繰越計算書について

 日程第6 報告第6号 松阪市土地開発公社の経営状況について

 日程第7 報告第7号 財団法人松阪市勤労者サービスセンターの経営状況について

 日程第8 報告第8号 財団法人松阪スポーツ振興研修センターの経営状況について

 日程第9 報告第9号 リバーサイド茶倉組合の経営状況について

 日程第10 報告第10号 株式会社飯高駅の経営状況について

 日程第11 発議第5号 地方財政の充実・強化を求める意見書について

 日程追加 発議第6号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書について

出席議員(30名)

    1番  植松泰之君      2番  中瀬古初美君

    3番  川口寿美君      4番  堀端 脩君

    5番  野呂一男君      6番  中村良子君

    7番  山本芳敬君      8番  田中祐治君

    9番  山本 節君     10番  川口 保君

   11番  大平 勇君     12番  大久保陽一君

   13番  濱口高志君     14番  佐波 徹君

   15番  海住恒幸君     16番  永作邦夫君

   17番  松田俊助君     18番  中島清晴君

   19番  今井一久君     20番  山本登茂治君

   21番  中森弘幸君     22番  小林正司君

   23番  久松倫生君     24番  西村友志君

   25番  野口 正君     26番  松田千代君

   27番  田中 力君     28番  水谷晴夫君

   29番  前川幸敏君     30番  中出 実君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長          山中光茂君   副市長         小林益久君

 副市長         中川 昇君   総務部長        山路 茂君

 市政戦略部長      小牧豊文君   税務部長        川口昌宏君

 生活部長        村田長稔君   環境部長        橋本昭彦君

 保健部長        松林育也君   福祉部長        森本義次君

 農林水産部長      山口天司君   まちづくり交流部長   平本和義君

 建設部長        杉山貴雄君   都市政策部長      中山 伸君

 教育長         小林壽一君   教育委員会事務局長   森 幹生君

 嬉野地域振興局長    加藤宗信君   三雲地域振興局長    中林 聰君

 飯南地域振興局長    高見秀志君   飯高地域振興局長    海住利彦君

 上下水道事業管理者   松尾茂生君   市民病院事務部長    大林春樹君

 消防団事務局長     大釋 博君   監査委員        土本 勲君

事務局出席職員

 事務局長        石井千秋    次長          白藤哲央

 調査担当主幹      中西雅之    総務係長        上西伸幸

 議事係長        三木 敦    議事係主任       刀根真紀

 兼務書記        北畠和幸    兼務書記        沼田雅彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午前10時0分開議



○議長(田中力君) おはようございます。これより本会議を開きます。本日の議事は、議事日程第6号により進めることにいたします。



△日程第1 議案第59号 平成23年度松阪市一般会計補正予算(第1号)

 議案第60号 平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第61号 平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第62号 平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第63号 平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第64号 平成23年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)

 議案第65号 平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第1号)

 議案第66号 平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)

 議案第67号 松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正について

 議案第68号 松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

 議案第69号 松阪市税条例の一部改正について

 議案第70号 松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正について

 議案第71号 松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について

 議案第72号 松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について

 議案第73号 松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について

 議案第74号 松阪市防災会議条例の一部改正について

 議案第75号 松阪市水道水源保護条例の一部改正について

 議案第76号 松阪市土地開発公社定款の一部変更について

 議案第77号 工事請負契約の締結について(松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事)

 議案第78号 工事請負契約の締結について(松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事)

 議案第79号 専決処分の承認について(平成22年度松阪市一般会計補正予算(第8号))

 議案第80号 工事請負契約の締結について(宮町ポンプ場改築・更新(電気設備)工事)

 議案第81号 松阪市税条例等の一部改正について

 議案第82号 松阪市都市計画税条例の一部改正について

 請願第3号 教育基本法改正ならびに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願書

 請願第2号 「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書の提出を求める請願書(継続審査中のもの)



○議長(田中力君) 日程第1 議案第59号から議案第82号まで、請願第3号及び継続審査中の請願第2号について、以上議案26件を一括議題とし、これより各常任委員長の報告を求めます。

 初めに、環境福祉委員長 川口保議員。

     〔10番 川口 保君登壇〕



◆10番(川口保君) おはようございます。それでは、環境福祉委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の御報告を申し上げます。

 まず、議案第59号平成23年度松阪市一般会計補正予算第1号のうち、歳出第3款民生費、同第4款衛生費第1項第12目水道費を除く、継続費補正、債務負担行為補正についてでありますが、民生費に関しまして、「地域支え合い体制づくり事業費補助金の今後の財源確保及び継続性は」との質疑に対し、「平成23年度単年度の事業予定であり、平成24年度以降は市単独事業として予算化する予定はない。しかし、次年度以降、既存の社会福祉協議会への補助金で手当できないか検討するとともに、自主財源として赤い羽根共同募金も活用できないか検討中である」との答弁。「地域支え合い体制づくり事業の社会福祉協議会の担当職員は、コーディネート力のある職員が必要だと思うが、市としての対応は」との質疑に対し、「この事業に関してはコミュニティワーカーとして9人の社会福祉協議会の正規職員を配置し、この職員をサポートするため非常勤職員を配置する。市としても補助金を交付するだけでなく社会福祉協議会と協働しながら、地域に出向く体制を考えている」との答弁。

 衛生費に関しまして、「健康診査事業に係る肝炎ウィルス検診、大腸がん検診の無料検診対象者数は」との質疑に対し、「肝炎ウィルスの無料検診対象者は約1万4000人で、今回の補正において受診見込み増を約400人と見込み、また大腸がん検診の無料クーポン券対象者は約1万2000人で、受診見込み増を約3000人と見込んでいる。」との答弁。「大腸がん検診無料クーポン券や他のがん検診についての市民への周知・啓発はどのように考えているか」との質疑に対し、「乳がん・子宮頸がん検診に対しても去年からいろいろと啓発に関して課題はいただいているが、今年度、乳がん・子宮頸がん検診無料クーポン券では封筒を大きくしたり、封筒の色に関しても工夫しており、大腸がん検診無料クーポン券に関しても同様の工夫を凝らしたい。また、街頭啓発に関しては、乳がん・子宮頸がん検診とあわせて大腸がん検診の啓発を行っていく。その他がん検診については、広報、ケーブルテレビ、子どもフェスタ等で周知・啓発を行うとともに、関係機関とも連携をとっていきたい」との答弁。

 債務負担行為に関しまして、「ごみ処理施設に関して、入札までのタイムスケジュールは」との質疑に対し、「現在、スケジュールを具体的に示せる段階でないが、今は造成工事の設計を行っている段階であり、11月、12月の議会承認でお願いできればとのスケジュールで進めている。また、プラント建設に関して発注仕様書をまとめているところである」との答弁。「はっきりわかった段階で特別委員会なり環境福祉委員会で示してほしい」との意見があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第60号平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第61号平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第1号についてでありますが、「宿泊ニーズ等調査事業費について、今後どのような人に24時間対応型を適用していくのか」との質疑に対し、「現在は、単年度事業であり、原則申し込みのあった施設を使用している人となるが、利用者以外の人も可能である。国においては、本年度各市町で検証した内容を、2年後の制度化に向けて検討していくことになっている」との答弁。「施設を利用している人だけでなく、広くサービスが利用できるよう国への働きかけを今後してほしい」との意見があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第66号平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第72号松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願第2号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書の提出を求める請願書 継続審査中のものでありますが、本請願は、平成23年2月定例会において上程され、本委員会において閉会中の継続審査となっていたものであります。本請願については、6月9日に審査を行いました。「国の子ども・子育てビジョンに基づいて待機児童の解消・乳幼児の受け皿の拡大、サービスの多様化等を目的に子どもや子育て家庭の視点に立った制度改革を進める新たな子育て支援体系の制度として平成25年度から取り組んでいこうとするものですが、いろいろな面で課題は大きいと認識をしており、また学識者からも社会的擁護や障害児福祉、ひとり親家庭の福祉などが新システムから置き去りにされてはならないとの大きな懸念も示されております。よって、現時点でこの新システムに対して全面的に賛同しているわけではない」との意見。「国の作業部会において、このシステムに対していろんな意見が出ておりますが、今後、作業部会においてよりよいものにまとまっていくと思われる」との意見。「子ども子育ては公的な機関において行うものと考えるべきである」との意見がありました。

 続いて討論に入り、「子ども・子育て新システム検討の作業部会が進行中であり、いろいろな方から意見が出ている。現段階では議論半ばであるので、時期尚早と思われることからこの請願には反対である」との発言。「新システムには株式会社が参入できることから、保育で上げた利益を他の事業に充てることができることが検討の中に盛り込まれているようであることから、保育の公的責任の放棄、保育の質の低下につながりかねず危険であることから、請願に賛成である」との発言があり、採決の結果、挙手多数、採択すべきものと決定いたしました。

 以上、環境福祉委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の報告を終わります。

     〔10番 川口 保君降壇〕



○議長(田中力君) 続きまして、文教経済委員長 大久保陽一議員。

     〔12番 大久保陽一君登壇〕



◆12番(大久保陽一君) おはようございます。文教経済委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の御報告を申し上げます。

 まず、議案第59号平成23年度松阪市一般会計補正予算第1号のうち、歳出第6款農林水産業費、同第10款教育費についてでありますが、「コミュニティ・スクール推進事業の目的は」との質疑に対し、「平成12年度の教育改革国民会議において、学校が地域とともに教育活動を行うことが提言された。本事業は研究指定校において運営協議会を設置し、学校教育にかかわる内容を検討していくものである。学校がさまざまな状況を地域に提供したり地域の声を聞きながら、学校のあり方を地域の中で考え、将来的には教育活動を地域とともに進めていく」との答弁。「学校からの要望に地域はこたえているが、地域からの要望に学校はこたえていないということが現状としてある。学校側から改善していくことが重要である。来年度には住民協議会が設置されることから、コミュニティ推進課と連携し、学校としてその中に入っていくという考えは」との質疑に対し、「最終的には学校運営協議会を目指していることから、松阪市が目指している住民協議会との連携のあり方等も、この2年間で方向性も探りながら、子どもたちや、地域、学校にとって一番よい方法でできるよう研究していきたい」との答弁。「究極の目的は同じであり、相互の連携が重要となる。しっかりと検証をしていただきたい」との意見。

 「幼稚園施設管理運営事業費において、非常勤職員の賃金が追加計上されている理由は。また、幼稚園職員の状況は」との質疑に対し、「幼稚園教諭の欠員補充、産前産後休暇、育児休暇等の非常勤職員については、4月より第一種非常勤職員として任用することになり、幼稚園非常勤職員の予算を担当課で計上することになった。正規の幼稚園職員は73名で、そのうち13名が育児休暇、病気休暇を取得しており、現在60名である。非常勤職員は75名で、昨年度に比べ7名ふえている」との答弁。

 「理数教育充実支援事業費の目的、背景は。また、各学校との連携は」との質疑に対し、「国際的な学力調査において、日本の子どもたちが理数教育に対する基礎的な学力に課題があることが明らかになった。指導方法の工夫や改善、ICTを使った指導方法、授業形態などを通し、理数教育の充実を図る。新学習指導要領では、お互いに一つの課題を相談し解決していくという力が求められており、殿町中学校を中心に2年間実践的教育を進める。各学校が当該校の研究発表を通して、自校の教育と比べ改善活動を行うとともに、モデル校については先進的な地域へ出向くなどして、研究開発を進める。市教育委員会としては、研究成果を各学校に配布したり、指導主事の要請訪問により説明していきたい」との答弁。「最終的には児童生徒の学力向上がしっかりとあらわれてくる必要があるが、成果として求められるものは」との質疑に対し、「さまざまに工夫された授業や指導方法によって、子どもたちみずからが理数に対する興味、関心を持ち、学ぶ喜びや、できるといった実感を通して学力が伸びる。評価の方法や、評価内容をどのように具現化していくかが研究課題となっているが、小中連携で事業に取り組み、9年間を見越した理数教育の充実を目指している」との答弁。「9年間に基本的な力をつけて、子どもたちが、興味関心を持って、学ぶことが楽しいと思えるような指導をぜひともお願いしたい」との意見。

 「電子黒板の活用については、理数教育において、子どもたちの興味を引くという点では非常に大事であるが、どのように考えているのか」との質疑に対し、「現在、各教科で電子黒板の活用について、研究とともに実践を進めている。使いやすさについては教師も実感しており、教育委員会からも具体的な事例を提案していきたい」との答弁。

 「外国人児童生徒の学習支援事業費において、JSLカリキュラムがどのように使われ、授業がどのように改善されていくのか」との質疑に対し、「日本語力の不十分な子どもたちに、教科独特の日本語の語彙について、易しく丁寧に子どもたちがわかるような言葉にかえ、学ぶことが楽しい、興味関心を高めていく、わかりやすい授業を展開し、日本語力の充実を図っていく。いっぽ教室による日常会話的な初期の日本語指導は充実してきたが、一斉授業の中でみんなと一緒にわかる授業ができるよう、文部科学省が推奨しているJSLカリキュラムを用い、学習支援事業の実践研究を第五小学校、久保中学校で行う」との答弁。

 「シンポジウムにおいて、松阪らしさを出す工夫や、情報発信については」との質疑に対し、「松阪モデルとして全国的にめずらしいいっぽ教室や、学校の体制づくりとして、外国人児童生徒受入促進事業が3年目を迎えるが、その集大成として1月22日にシンポジウムの開催を考えている。松阪色の出る部分はいっぽ教室が中心になるが、情報発信については、ポスターの配布、県教育委員会の協力や、いっぽ教室に尽力いただいているボランティアの方から市民の方への周知を考えている」との答弁。「多文化共生について、相互に理解をしていくネットワークづくりをしっかりと行っていただきたい」との意見があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第62号平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第70号松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正についてでありますが、「リバーサイド茶倉と茶倉駅を統合するメリットは」との質疑に対し、「職員の相互利用や仕入れの一括購入など、お互いの施設の相乗効果を最大限生み出すことにより、経費削減につながるとともに、一体的な運営ができる」との答弁があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第71号松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第78号工事請負契約の締結について、松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願第3号教育基本法改正ならびに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願書についてでありますが、市議会会議規則第86条の規定により紹介議員の出席を求め、審査を行いました。

 「すべて文部科学省の検定を通った教科書であり、請願を出す必要性はどこにあるのか。また、どのような教科書が正しいと言えるのか」との質疑に対し、「教育基本法の改正や新しい学習指導要領に基づいた教科書が検定基準に合格してきたと認識しているが、検証してみると、教科書によって載せ方に差があるなど、その趣旨にのっとっているのか疑問に思うところがあり、本請願を出すに至った」との答弁。「市教育委員会が選定委員をきちんと選んで、子どもたちのためを思う教科書が今まで選定されてきていることから、選定委員を信頼するのが前提であり、このような請願を出す必要性はどこにもない。このことに異議を申し立てるのは極めて遺憾である」との意見。

 「市教育委員会の教科書採択について、公平公正でない根拠は。また、教科書選定は公平公正で静ひつな状況で行われるべきであり、教科書の選定が行われているこの時期にこのような請願を出すことは、行政行為に対する圧力になるのではないか」との質疑に対し、「教育基本法にのっとった各関連法令に基づき選定基準が決められているが、過去の議事録を見ると、検定基準にはない基準によって選定されているような形跡が多々見受けられ、公平公正でないと考える。平成21年3月には文部科学省から各県の教育長に通達が出されているが、教科書採択に対して疑義があったからこそ出されたものと認識している。このことを松阪市においても反映していただきたいことから、あえてこの時期に本請願を提出した」との答弁。「これは紹介議員の思いであり、客観性は薄いと言わなければならない。本請願は、市教育委員会の行政行為に対して、議会として採択し、注文をつけるという内容であり、採択をすれば、市教育委員会の教科書採択については公平かつ適切でない点があるということを認めることになる。議会として軽々にこのようなことをしてはならない」との意見がありました。

 続いて討論に入り、委員より「市教育委員会の教科書採択に対して、議会が疑問を持つことになり、また圧力をかけることになる。教科書は公平に採択されるものと考えており、それに注文をつけるということはいかがなものかと考え、本請願には反対である」との発言があり、採決の結果、挙手少数、不採択にすべきものと決定いたしました。

 以上、文教経済委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の報告を終わります。

     〔12番 大久保陽一君降壇〕



○議長(田中力君) 次に、建設水道委員長 濱口高志議員。

     〔13番 濱口高志君登壇〕



◆13番(濱口高志君) それでは、建設水道委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 まず、議案第59号平成23年度松阪市一般会計補正予算第1号のうち、歳出第4款衛生費第1項第12目水道費、同第8款土木費についてでありますが、「被災者支援市営住宅緊急修繕費について、19戸分の根拠及び現在の利用状況は」との質疑に対し、「被災者支援のための市営住宅は、近隣の伊勢市、津市と同様に20戸の提供としたが、3月24日に福島県いわき市の1世帯が緊急入居となり、平成22年度補正予算の対応となったことから、今回の補正では19戸分を予算計上した。また、3月に入居した1世帯は、5月16日に退居し、現在、被災者の方の入居はゼロである」との答弁。「今後、被災者支援市営住宅への入居見込みはあるのか。また、市民への提供も考えているのか」との質疑に対し、「入居の問い合わせは、4月18日時点で15件あったが、それ以降はほとんどない状況である。また、市民の方が火災等により罹災された場合にも使用することができると考えている」との答弁があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第64号平成23年度松阪市水道事業会計補正予算第1号についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第65号平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算第1号についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第75号松阪市水道水源保護条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第79号専決処分の承認について 平成22年度松阪市一般会計補正予算第8号のうち、歳出第8款土木費についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、承認すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第80号工事請負契約の締結について 宮町ポンプ場改築・更新(電気設備)工事についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、建設水道委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の報告を終わります。

     〔13番 濱口高志君降壇〕



○議長(田中力君) 次に、総務生活委員長 山本節議員。

     〔9番 山本 節君登壇〕



◆9番(山本節君) それでは、委員長報告最後になりますが、総務生活委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の御報告を申し上げます。

 まず、議案第59号平成23年度松阪市一般会計補正予算第1号のうち歳入全部、歳出第1款議会費、同第2款総務費についてでありますが、歳入について、「子ども手当負担金について、平成22年度からのつなぎ法案の関係で、今回国庫負担金から県負担金と市一般財源への財源振替が行われているが、今後の子ども手当法案の見通しは」との質疑に対し、「9月までの6カ月間延長のつなぎ法案に基づく今回、通年の補正予算であるが、その後に制度が変わるようなことがあれば、改めて補正をお願いすることになる」との答弁。「介護基盤緊急整備等特別対策事業補助金は、5施設のスプリンクラーを対象としているが、その基準は」との質疑に対し、「スプリンクラーの設置補助は、これまでグループホームが対象であったが、今回は小規模多機能型居宅介護事業所も対象となった。本事業所における補助基準は、275平米以上で補助単価は平米当たり9000円である」との答弁。「財政調整基金について、3億円を取り崩し基金残高は約69億円ということであるが、今後の基金運用の見通しは」との質疑に対し、「今後、本市において、ごみ処理建設事業費やその起債の元利償還金、退職手当、施設の維持管理費等、大きな財政出動に備え、財政調整基金はその財源における調整機能としての役割は重要であり、持続可能な財政運営の実現を目指していきたい」との答弁。「旧松阪ハイツを明日香に貸し付けた財産貸付収入126万円について、契約上の運用はどのようになっているのか。また、ハイツの耐震性の問題は」との質疑に対し、「明日香とは10年契約で、平成24年4月以降に旅館業を開業するとのこと。契約上、事業の運営に係る施設改修は、レストラン部分の耐震化も含め、明日香が行うことになるが、建築基準法にのっとり、市の建築関係部署などの助言もいただき、瑕疵が起こらないよう連絡を密にしながら、施設改修を進めることになる」との答弁。

 次に歳出に関しまして、「災害用備蓄管理事業で東日本大震災被災地支援物資分の災害備蓄補充とあるが、その内訳は」との質疑に対し、「被災地の宮城県に対してアルファー米1万2000食、毛布1000枚であるが、市組織等の災害派遣にアルファー米250食を提供した」との答弁。「ふるさと応援寄附金による波瀬むらづくり協議会への活動交付金30万円であるが、同協議会へ交付されることが決定した経過は」との質疑に対し、「県外在住の方が波瀬地区に別荘を所有されており、しばしば来訪される中で、同地区の活性化のために役立ててほしいと、平成22年12月に、みずからふるさと納税を行うことの申し出があったことから、当該寄附金の使途については、庁内審査会において、寄附者の強い意向もあり、波瀬むらづくり協議会への交付金として決定されたものである」との答弁。「ふるさと応援寄附金は、地域によってばらつきがあるので、なるべく平等に行き渡るよう提案をしていきたい」との意見があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第63号平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算第1号についてでありますが、審査を行いました。

 続いて討論に入り、委員より「当初予算から反対をしていることから本補正予算には反対である」との発言があり、採決の結果、挙手多数、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第67号松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第68号松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第69号松阪市税条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第73号松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第74号松阪市防災会議条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第76号松阪市土地開発公社定款の一部変更についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第77号工事請負契約の締結について 松阪市防災行政無線同報系嬉野管内設備設置工事でありますが、「今回の入札参加者は1者だけであったが、競争性が発揮されなかった理由は」との質疑に対し、「条件つき一般競争入札で広く入札参加希望者を募ったが、結果は1者に終わった。参加業者以外の業者については、競争に参加する資格を放棄していったと推測され、また、競争性は失われておらず、入札は有効と考える」との答弁。「入札では、他の業者にとって当初のシステム開発をした日立国際電気に有利であるという判断が働き、参入することができなかったと考えないのか」との質疑に対し、「今回は既設の親局の無線機に子局の増設機器との接続改修工事が必要であり、接続に当たっては、総務省推奨規格をもとに標準規格として策定されており、異なる業者でも接続は可能であると考えているが、入札の結果は、企業戦略によるものであると考える」との答弁。「今回の入札自体、違法性はないが、競争性が結果的には発揮されなかった理由には、希望価格に対しての落札率が最初は67.13%で今回は99.55%であり、当初の段階から安価で落札しシステム開発を行い、今回の入札結果に至った過程の中で、最初から公平性はなかったのではないか」との質疑に対し、「現時点では、当初の入札も含め、契約審査会においても広く門戸を開き、競争性を担保することを重要視した入札方式であり、その中で業者も企業戦略を考え努力していると推測する。また、入札制度の公平・公正・透明性等を確認する意味で、第三者機関である入札等監視委員会で意見等をいただく中で、入札制度の研究等もしていきたい」との答弁がありました。

 続いて討論に入り、委員より「入札方式には問題はないと思うが、これまでの経過と今回、入札参加者は1者のみで競争性に疑いがあるような状況の中での99.55%であり、このことは、市民に対して説明責任が果たせないことから、反対である」との発言。「今回の入札では、当初のシステム開発から継続する事業として、いかに公平・公正・透明・競争性を担保するのかが問われてきた。結果的には競争性が欠け入札参加者が1者となった点は、入札がシステム開発した業者に有利に働いた事実が残るという問題点を指摘して、本案には反対である」との発言があり、採決の結果、挙手多数、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第79号専決処分の承認について 平成22年度松阪市一般会計補正予算第8号のうち歳入全部、歳出第2款総務費、同第14款諸支出金、地方債補正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、承認すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第81号松阪市税条例等の一部改正についてでありますが、審査を行いました。

 続いて討論に入り、委員より「株式による譲渡所得の税率が、もともと20%であるものが、10%のままで来ている。また、平成23年12月31日を25年3月31日まで延長するということであるが、20%から10%にすることで、国は約1兆円の負担を強いられることになり、早期に元の制度に戻してほしいことから、本案には反対である」との発言があり、採決の結果、挙手多数、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第82号松阪市都市計画税条例の一部改正についてでありますが、審査を行い、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、総務生活委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果の報告を終わります。

     〔9番 山本 節君降壇〕



○議長(田中力君) 以上で委員長報告を終わります。

 それでは、これより先ほどの委員長報告に対する質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて質疑を終わります。

 これより討論、採決を行います。

 議案第59号について討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第59号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、議案第59号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第60号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第60号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、議案第60号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第61号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第61号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、議案第61号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第62号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第62号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第62号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第63号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第63号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手多数でございます。よって、議案第63号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第64号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第64号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第64号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第65号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第65号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第65号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第66号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第66号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手多数でございます。よって、議案第66号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第67号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第67号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第67号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第68号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第68号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第68号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第69号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第69号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第69号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第70号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第70号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員であります。よって、議案第70号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第71号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第71号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第71号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第72号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第72号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員(訂正前 挙手多数)でございます。よって、議案第72号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第73号について討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第73号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第73号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第74号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第74号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第74号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第75号について討論はございませんか。



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第75号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第75号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第76号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第76号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第76号は原案どおり可決されました。

 暫時休憩をいたします。午前10時55分本会議を再開いたします。

                         午前10時46分休憩

                         午前10時55分開議



○議長(田中力君) 休憩前に引き続きまして本会議を再開いたします。

 次に、議案第77号について討論はございませんか。

     〔15番 海住恒幸君登壇〕



◆15番(海住恒幸君) 議案第77号工事請負契約の締結について 松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事に対し、反対の討論を行います。

 反対の理由は大きく分けて2つございます。まず第1点、1社参加の高い落札率という点に関してでございます。今回のこの契約に関しては、入札時におきまして、日立国際電気中部支社1社のみの参加となり、予定価格に対して99.5%という高い落札価格となったこと自体、問題視しなければなりません。条件つき一般競争入札といえども、事実上の随意契約となっている点を指摘します。

 なぜ1社しか参加しなかったのか。1社の参加では入札が成り立たない。その際、とるべき適切な措置を考えるべきではなかったか。希望価格、今回は2億7622万6000円ということですが、下限は、下の制限価格はないけれども、上限はあるということで、上限ぎりぎりのところで1社が高値入札してしまえるシステムとなってしまっているという点。しかも、同じ種類の工事であるのに、平成20年度は同じ日立国際電気中部支社が67.2%という低い価格、そしてほとんど同じ工事であると想定されているにもかかわらず、今回は99.5%という、こういう不自然な結果となってしまったという点、これは事業者側が入札制度の盲点を突いて、その制度上の弱点を突いて、このような有利な価格で落札することができるという、そのような結果を招いた。

 このような点から、まず第1点の問題を指摘し、次に第2点といたしまして、請負業者としての適正の問題を述べたいと思います。平成20年度の工事において、当時生活部長が平成21年3月19日付の文書において、請負業者としての責務及び契約上の信義に反するともとれる不誠実な対応があったとして、生活部長より、適切かつ誠実な対応を強く求める趣旨の文書が発せられております。また、工事のおくれから議会において決められた予算の減額補正の専決処分も行われております。

 こうした点、果たして松阪市契約規則第8条、すべて誠実に履行した実績の有無が問われているわけですけれども、この問題に関し、平成20年度に果たして誠実に対応したと言えるのかどうか疑問を残す、このような入札となったという点において、以上の2点から、この契約に関し反対といたします。

 以上でございます。

     〔15番 海住恒幸君降壇〕



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。

     〔19番 今井一久君登壇〕



◆19番(今井一久君) 議案第77号工事請負契約の締結について、松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事に対して反対の討論を日本共産党市議団を代表して行います。

 総務生活常任委員会の審議でも、今回の入札は落札率99.5%という入札結果でありました。今回の入札はシステム開発を行った日立に有利に働いたことは客観的な事実として明らかであり、1社となり、公平性、競争性を欠くということが明らかになったのではないかと思います。もともとこの事業の開始のとき、システム開発を伴う事業としての入札を公正、公平、透明性、競争性を見て全体の事業をどうするかという検討が非常に甘かったということではないかと思います。今後、入札等監視委員会でこの件についても研究するということも委員会で副市長によって明言をされたことを確認して、反対の討論といたします。

 以上。

     〔19番 今井一久君降壇〕



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第77号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手多数でございます。よって、議案第77号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第78号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第78号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第78号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第79号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第79号に対する委員長の報告は承認でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第79号は承認されました。

 次に、議案第80号について討論はございませんか。



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第80号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第80号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第81号について討論はございませんか。



◆19番(今井一久君) 自席で失礼します。議案第81号松阪市税条例等の一部改正について、反対討論をいたします。

 株式等にかかわる譲渡所得の税率は、もともと10年、つまり平成21年度までに、もとの所得税で2割に戻す計画でありました。しかし、自民公明政権や民主党政権で依然としてこれは残されております。いわゆる金持ち減税の性格を持つものであり、もとの税率に戻せば、所得税として約1兆円の財源を生み出すことになります。今回のような金持ち減税の延長にかかわる地方税の改正には反対をいたします。

 以上。



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第81号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手多数でございます。よって、議案第81号は原案どおり可決されました。

 次に、議案第82号について討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第82号に対する委員長の報告は可決でございます。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、議案第82号は原案どおり可決されました。

 次に、請願第3号について討論はございませんか。

     〔15番 海住恒幸君登壇〕



◆15番(海住恒幸君) 請願第3号教育基本法改正並びに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願書に反対の討論を行いたいと思います。

 本論に入る前に少し前置きをすることをお許しいただきたいと思います。実は、私も中学校、高校の社会科の教師の資格を持つ身であり、先月、松阪市において平成24年度採択用の教科書候補図書の展示が開かれておりましたので、見てまいりました。時間も限られていたので、中学校の社会科の歴史だけに限って、展示されている教科書用図書を比較してまいりました。

 比較読みをしておりますと、確かに1冊1冊、出版社によって記述の重点の置きどころに違いがあり、文科省による検定をパスした図書ばかりとはいえ、出版社のカラーや執筆人の顔ぶれによって違いがあることを認識いたしました。他の教科であれば、使いやすさ、わかりやすさを重点に置いた教科書選びが可能であるかもしれませんが、歴史の場合は、出版社と執筆人の歴史認識によって重点の置かれるところの違い、そのことによって読む人が受ける歴史認識に差が出かねないとの印象を受けました。

 私的にはそれぞれの本を読むこと自体、楽しい体験であり、もっと詳細に読み込んでみたいと思い、帰ってまいりましたが、果たして教科書として採用される場合、そのうちのどれか1冊でございます。そういった意味で、他の教科書との比較はできないわけで、中学校という学校現場において、採用された図書以外の他の本に書かれている歴史認識は見えなくなる、そのような側面がある、そういった意味で改めて大変重要な採択なんだということを認識しております。

 さて、本請願の趣旨についてでございますが、新しい教育基本法、新学習指導要領に示された目標により近い学習内容にかなった教科書選びをするように議会としての意思を表明するという、そのことを目的としたものであると解釈いたしました。すなわち、この請願趣旨に議会が賛同するということは、議会として、どの教科書を使ってほしいかという意思を表明するということであり、今後、そのこと自体は極めて重要性を持つ議論ではありますが、私たち、現在のこの教科書採択の方法において、どれだけの議員のもとに1冊1冊の教科書を比較検討できる機会があったか、それはないわけでございまして、そのような議会に与えられた資料の不存在という現状の中において、私たちが今ここで責任ある判断をできるかどうかということにおいて、できないだろう、現状においてはできる余地は現在のところない、一人一人の議員の皆さんが検討していただいておるという努力があれば別ですけれども、議会として十分な審議がこの中身について行われていないという現状をまず見落とすわけにはまいりません。

 そして、現状において、なぜそのような採択の方法をとっているかというと、恐らく厳正さを期するということも一つある。同時に、厳正さを期することのために、さまざまな圧力を排除することを目的に、教科ごと一定数の調査員にだけ調査を委嘱するという手法が用いられているのだろうと考えますが、私はむしろこれをオープンに、一定のルールのもと、一定期間市民的論議にかけ、私たちのまちではこの教科書を使いたいんだという、本当の意味での文献的な発想で教科書選びをしていきたい、そのような市民的意思を表明する場を教科書選びにおいてつくられていく。そして、それと同時並行して、議会審議にもかけられる。松阪市としてはこのような教科書が望ましい、そのようなことで戦後長らく私たちに覆ってきた教科書タブーの問題を超える方法を探れないか、そのように今回の請願を受けて、私自身は考えました。

 ただし、そのようなプロセスを経ない現状のもとでは、請願理由にもあるとおり、請願理由の資料の中に書かれておりますが、文科省の都道府県知事、教育長にあてた文書、つまり教育基本法の改正部分に新しい指導要領の趣旨を踏まえた基本的な方向性を、この通知には、参考にしつつ、各採択者の権限と責任のもと十分な調査研究が行われ、適切な採択がなされることを文科省は都道府県に通知しておるわけなんですが、これはあくまでも請願の趣旨と違う点は、請願趣旨は、教育基本法と学習指導要領の趣旨に最も近いものを選んでほしいという、そのように議会意思を決めてほしいということでありますが、文科省のこの通知によると、あくまでも指導要領、教育基本法、そういった方向をあくまでも参考にしつつ、いわば標準的に考えつつ、それぞれの自治体の採択の権限と責任のもと、採択する、そういう趣旨であります。そういった点で採択、この請願の趣旨と、文科省の通知の趣旨とは違ってまいります。そういった意味で必ずしも通知の趣旨は、請願にある趣旨のことを求めているわけではございませんので、それにもかかわらず、議会として新しい教育基本法、新しい指導要領の趣旨を十分に反映させた教科書を採択するということを議会として意思表明することは、どの教科書を選べということを議会が言うに等しいことになります。

 すなわち、それほど特定されてまいります。学習指導要領、教育基本法と、実際展示されている教科書を比較してまいりますと、極めて数ある展示物の中で一定のものに限定されてまいります。そういった意味で事実上、請願の意思をここで採用するということは、どの教科書を選べということを議会が言うことにほかならない。そのようなことに対しては、現状、議会意識というものが明確に、今ここでしっかりとした審議というのが行われていない中で、議会意思をこの教科書採択の問題において介在させることは著しく拙速もたらすものとの懸念を持たざるを得ないということにおいて、今回、この請願には反対させていただく、その趣旨として述べさせていただきました。

 以上、よろしくお願いいたします。

     〔15番 海住恒幸君降壇〕



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。



◆25番(野口正君) 自席から失礼をいたします。請願第3号教育基本法改正ならびに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願について、賛成の討論を行います。

 本請願の趣旨並びに請願事項につきましては、配布されたものでございます。今回の請願は、あくまで法律にのっとり、公正で公正な調査研究と審議を重ねた上で、平成24年度の中学校の教科書を採択していただきたいとの思いでございます。

 皆様にまず御理解をいただきたいのは、これまでの教科書の採択においては一定の反省があり、だからこそ反省に基づいた改善を求める通知が国から出されたという事実があります。松阪市の採択協議会においてはそれを十分踏まえた上で、綿密な調査研究をなされるべきであり、そのことは当然実行されるべきものと考えております。子どもたちの将来を決める大事な教科書が間もなく決まります。このような大切なときだからこそ、もう一度原点に立ち返って採択してほしいとの思いであります。皆様にはぜひそのことを十分御理解いただき、本請願に対し御賛同いただくようお願い申し上げ、賛成の討論とさせていただきます。



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。

     〔23番 久松倫生君登壇〕



◆23番(久松倫生君) 失礼します。請願第3号教育基本法改正ならびに学習指導要領の趣旨に則った中学校教科用図書の採択を求める請願に、日本共産党議員団として反対の討論をいたします。

 私は、先ほどの委員長報告がございました当該所属議員として、1つ目に、請願及び趣旨の内容から、松阪市教育委員会の教科書採択に公正かつ適切でないことがあるのかどうかという点、2つ目に検定を合格した教科書の中で十分に、先ほどのいろんな文言の文書を十分に反映させたものと、そうでないものがあるかとの認識があるのかという点、3番目に現在教科書の選定が行われているという時期であり、請願の採択ということで、議会の議決を行うということが適切と考えるのかという3点で質疑をいたしました。紹介議員さんのほうから答弁もいただきましたけれども、大きく結論としては、結局請願人の方々などお考えの、その意図に沿った教科書の採択を求めるということが明らかになったと私は受けとめております。

 ここに、ある政党だと思いますけれども、平成23年夏の中学校教科書採択への取り組みについての要請文というのがございます。その中には日本教育再生機構の作成資料として、こうした意見書を出してください、あるいはこういう項目で議会への質問をしてくださいというような中身がございます。その点の是非はこの団体の考え方でありますから、置くといたしまして、しかしこの中で大事な文言が書かれております。教科書採択は外部の不当な圧力により結果がゆがめられることは決して許されることではありません、あるいは採択に当たっては外部からの不当な働きかけ等で採択がゆがめられることがないよう静ひつな採択環境の確保を求めると。こうした文書がそもそもこうした教科書採択の取り組みについてという、こういうことを要請なさる、そういう政党なり政治勢力の皆さんからでも、このように教科書採択が外部の不当な圧力によってゆがめられることは決して許されることではないと、このように述べられているところであります。

 本請願をもし議会が議決し、私どもの松阪市教育委員会へ議会としてこの内容を求めることになりますと、まさにこのことに当たるんではないか。結局私どもの議会の議決という一つの力で教科書採択に圧力を加えるということになるんではないでしょうか。私は、それぞれの思想信条、学問学術研究の自由があります。それぞれの考えや運動で、世論形成などでこういうことは進めるべきであって、請願の議決という形でこれを行うことは、教育行政への政治の介入、外部の圧力となり得るものとして、決して行ってはならないことだと考えるものであります。私は本請願に対して、松阪市議会の皆さんの本当に良識が発揮され、不採択され、こうした意思を表明いただきますよう御賛同をお願いして、反対の討論といたします。

 以上であります。

     〔23番 久松倫生君降壇〕



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。請願第3号に対する委員長の報告は不採択でありますが、採決に当たっては、可とする方法を諮る原則により、請願第3号を採択することについてを先にお諮りをいたしますので、念のため申し上げます。

 それでは、請願第3号を採択することに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手多数でございます。よって、請願第3号は採択されました。

 次に、継続審査中の請願第2号について討論はございませんか。

     〔26番 松田千代君登壇〕



◆26番(松田千代君) 請願第2号子ども・子育て新システムに基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書の提出を求める請願書について、日本共産党議員団を代表し、賛成の討論を行います。

 全国各地で保育新システム反対の運動が広がっており、国会請願署名も300万筆を超え、昨年8月には、参議院では請願が全会一致で採択されています。ことし1月、日本弁護士連合会もすべての子どもに保育を受ける権利を保障することに明らかに逆行するとして、意見書を政府に提出しています。大震災後も被災地の岩手県、福島県内の市町村議会を初め、全国で新システム反対の意見書が採択されています。松阪市も現行保育制度の中で認可保育園をふやし、園舎の建てかえなど、公的保育を前進させていることから、子ども・子育て新システムに基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書の提出を求める本請願を御採択いただきますようお願いいたしまして、賛成の討論といたします。

     〔26番 松田千代君降壇〕



○議長(田中力君) 他に討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。継続審査中の請願第2号に対する委員長の報告は採択であります。委員長の報告どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手多数であります。よって、継続審査中の請願第2号は採択されました。

 暫時休憩をいたします。午後1時本会議を再開いたします。

                         午前11時23分休憩

                         午後1時0分開議



○議長(田中力君) 休憩前に引き続きまして本会議を再開いたします。

 まず冒頭、先ほど議案第72号におきまして、「挙手多数」と申し上げましたが、「挙手全員」でございますので、訂正をさせていただきます。御了承いただきたいと思います。



△日程第2 報告第2号 平成22年度松阪市一般会計繰越名許費繰越計算書について



○議長(田中力君) それでは、日程第2 報告第2号平成22年度松阪市一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました報告第2号平成22年度松阪市一般会計繰越明許費繰越計算書について御説明申し上げる前に、提出を申し上げております平成22年度松阪市一般会計繰越明許費繰越計算書の一部に誤りがございました。お手元にお配りをいたしております正誤表のように財源内訳の御訂正をいただきたく存じます。よろしくお願い申し上げます。提出書につきましては、精査をいたしておるところでございますけれども、まことに申しわけなく、謹んでおわびを申し上げます。

 それでは、議案書の26ページをお願いいたします。この報告につきましては、平成22年度松阪市一般会計補正予算第4号及び第6号におきまして、翌年度に繰り越して使用することをお認めいただいたもので、地方自治法施行令第146条の第2項の規定により御報告を申し上げるものでございます。

 議案書の27ページをお願いいたします。内容につきましては、庁舎等改修事業費ほか40件の事業に係る翌年度繰越額が確定をいたしましたもので、30ページの合計欄に記載のように、繰越明許の合計金額12億3128万円に対しまして、翌年度繰越額合計を11億8463万6042円とさせていただいたものでございます。内訳につきましては、繰越計算書に記載のとおりでございます。

 繰り越しの理由につきましては、国の補正予算第1号に係る事業で、年度内に完成できなかった事業が27件、県事業が年度内に完成できなかったことによるものが8件、実地調査後の実施設計と工事発注となったために、年度内に完成できなかった補助災害復旧事業2件、その他工事施工に当たっての資材調達や工法検討など、事業実施に当たり不測の日数を要しましたことから、年度内に完成ができなかった事業が4件でございます。

 以上、一般会計の繰越明許費繰越計算書の報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告を終わります。



△日程第3 報告第3号 平成22年度松阪市一般会計事故繰越し繰越計算書について



○議長(田中力君) 次に、日程第3 報告第3号平成22年度松阪市一般会計事故繰越し繰越計算書についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました報告第3号平成22年度松阪市一般会計事故繰越し繰越計算書について御説明を申し上げる前に、提出を申し上げております平成22年度松阪市一般会計事故繰越し繰越計算書の一部についても誤りがございました。大変申しわけございません。お手元にお配りをいたしております正誤表のように、財源内訳の訂正をお願いいたしたく存じます。まことに申しわけなく謹んでおわびを申し上げます。

 それでは、議案書の31ページをお願いいたします。この報告につきましては、平成22年度歳出予算の経費の金額のうち、平成22年度内に支出負担行為をし、避けがたい事故のため年度内に支出を終わらなかったものにつきまして、地方自治法施行令第150条第3項の規定により御報告をさせていただくものでございます。

 議案書の32ページをお願いいたします。内容につきましては、地区市民センター管理運営事業費及び生活保護適正化実施推進事業費に係るもので、さきの東日本大震災により、それぞれ部品及び製品の納入がおくれ、年度内に事業を完成することができなかったものでございます。32ページの合計欄に記載のように、翌年度繰越額合計を183万9180円とさせていただいたものでございます。内訳につきましては、繰越計算書に記載のとおりでございます。

 以上、一般会計の事故繰越し繰越計算書の報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第3号の報告を終わります。



△日程第4 報告第4号 平成22年度松阪市水道事業会計予算繰越計算書について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第4 報告第4号平成22年度松阪市水道事業会計予算繰越計算書についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君登壇〕



◎上下水道事業管理者(松尾茂生君) ただいま上程されました報告第4号平成22年度松阪市水道事業会計予算繰越計算書について御説明申し上げます。

 議案書34ページをお願いいたします。款1資本的支出の項1建設改良費の配水及び給水施設費の配水管布設替で7件、基幹施設整備費で1件、石綿管布設替費で1件の計9件の繰り越しを行うものでございます。合計欄のとおり繰越額は2億166万3900円でございます。内訳につきましては、計算書に記載のとおりでございます。

 繰り越しの理由につきましては、計算書の上段から、三重県の道路改良のおくれによるものが1件、低水圧区域の早期解消を図る必要があったものが2件、工事の施工に当たっての調整や手続など、不測の日数を要した事業が2件でございます。また、嬉野・三雲管内の事業につきましては、下水道事業に関連するものですが、下水道事業の国の追加補正予算の交付決定日が平成23年2月下旬であったことから、4件を繰り越したものでございます。繰り越した事業のうち既に完成している事業もございますが、全件の完了につきましては、平成24年1月を予定しております。

 以上が水道事業会計の繰越計算書の報告でございます。よろしくお願いします。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第4号の報告を終わります。



△日程第5 報告第5号 平成22年度松阪市公共下水道事業会計予算繰越計算書について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第5 報告第5号平成22年度松阪市公共下水道事業会計予算繰越計算書についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君登壇〕



◎上下水道事業管理者(松尾茂生君) ただいま上程されました報告第5号平成22年度松阪市公共下水道事業会計予算繰越計算書について御説明を申し上げます。

 議案書の36ページをお願いいたします。内容でございますが、款1資本的支出の項1建設改良費で、松阪2−9号汚水幹線外汚水管渠工事ほか23件の事業に係るもので、37ページの合計欄に記載のとおり、繰越額合計は13億4444万7481円でございます。内訳につきましては、計算書に記載のとおりでございます。

 繰り越しの理由につきましては、工事の施工に当たっての調整や手続などに不測の日数を要した事業が計算書の冒頭から8件、続いて37ページの2件目の中勢沿岸流域下水道建設事業負担金は、三重県の施工する事業が繰り越しとなったことによるものです。

 また、桜町管更正及び以下の嬉野、三雲管内の事業につきましては、国の補正予算第1号に係る事業で、交付決定の日が、2月の下旬及び3月の上旬であったことから、繰り越したものでございます。繰り越した事業のうち既に完成している事業もございますが、全件の完了につきましては、平成24年1月を予定いたしております。

 以上、公共下水道事業会計の繰越計算書の報告とさせていただきます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第5号の報告を終わります。



△日程第6 報告第6号 松阪市土地開発公社の経営状況について



○議長(田中力君) 次に、日程第6 報告第6号松阪市土地開発公社の経営状況についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔総務部長 山路 茂君登壇〕



◎総務部長(山路茂君) ただいま上程されました報告第6号松阪市土地開発公社の経営状況について御説明を申し上げます。別冊の平成22年度事業報告及び決算報告書をお願いいたします。

 まず、第1ページの平成22年度事業報告をごらんください。事業の報告でございますが、平成22年度の公社事業つきましては、公有地の新たな取得及び処分はございませんでしたが、事業外収益等により50万8376円の当期純利益を計上しております。平成22年度末の保有面積は16万1574.16平方メートル、保有高は19億7282万8689円となっております。公有地の処分につきましては、駅部田町字花岡の保有地を条件付一般競争入札で募集を行いましたが、応札者がなく不調となりましたので、先着順による随意契約の募集を行っておりますが、平成22年度中の応募はございませんでした。

 今後の公社経営につきましては、市との調整連携を保ちながら、長期保有地の縮減、管理コストの縮減等に努め、公社経営の健全化を図りつつ、地域の秩序ある整備と市民福祉の増進に寄与していくこととしております。

 会議記録等は、1ページ中段から記載のとおりでございます。

 続きまして、2ページ、3ページをお願いいたします。平成22年度決算報告書でございます。まず、1収益的収入及び支出でございますが、収入の第1款事業収益は、土地の売却収入でございますが、決算額は0円となっております。第2款事業外収益は、定期預金及び普通預金の利息と保有地の貸し付けによる土地使用料並びに西上川地区区画整理換地処分による生産収益で、決算額は合計で474万37円となっております。

 次に、支出の第1款事業原価は、西上川地区区画整理換地処分による清算に伴う原価でございます。第2款一般管理費は、公社の経常経費でございます。第3款事業外費用につきましては、簿価に含めない代替地の支払利息を計上したものでございます。第4款は予備費で、決算額は0円でございます。決算額の合計は423万1661円となっております。

 続きまして、2資本的収入及び支出でございますが、収入の第1款資本的収入は、事業費等の借入金で、決算額は8億7296万8117円でございます。

 次に、支出の第1款資本的支出は、公有地取得及び土地造成事業費と借入金に係る支払利息及び償還金で、決算額は合計で8億7550万221円でございます。なお、公有地取得事業費と土地造成事業費の主な内容は、草刈り清掃業務委託でございます。

 4ページをお願いします。損益計算書でございます。1事業収益から2事業原価と3一般管理費を差し引き、4の事業外収益を加え、5事業外費用を差し引きますと、50万8376円の当期純利益となりました。前年度繰越準備金に当期純利益を繰り入れました結果、当年度繰越準備金が1億4301万1429円となったものでございます。

 5ページをお願いします。貸借対照表でございます。まず資産の部の1流動資産の合計は19億8351万1107円でございます。2固定資産はございませんので、資産合計は流動資産合計と同額となります。

 次に、負債の部でございますが、1流動負債は18億3549万9678円で、全額、金融機関及び松阪市からの借入金でございます。詳細につきましては17ページに短期借入金明細表を添付いたしております。

 続きまして、資本の部でございますが、資本合計は1億4801万1429円となり、先ほどの負債合計に資本合計を加えた負債資本合計は19億8351万1107円となり、資産合計と一致をしております。以上が貸借対照表でございます。

 6ページの財産目録、7ページのキャッシュ・フロー計算書、8ページの注記事項、9ページ以降の付属明細表等につきましては、説明を省略させていただきます。

 なお、この事業報告及び決算報告につきましては、去る5月24日の理事会で承認を得たことを申し添えて、事業報告及び決算の説明とさせていただきます。

 続きまして、平成23年度松阪市土地開発公社収支予算について御説明を申し上げます。別冊の収支予算書をお願いいたします。

 まず、1ページでございますが、第2条は事業の予定量で、記載の事業を予定しており、合計額といたしましては8億5512万8000円を予定しております。次に第3条は、収益的収入及び支出でございます。収入の第1款事業収益は、保有地の売却収入でございます。第2款事業外収益は、預金の利息と保有地の貸し付け等による土地使用料でございます。予算額は、収入合計といたしまして1976万7000円を予定しております。次に支出の第1款事業原価から第4款予備費までの支出合計といたしまして、1975万6000円を予定しております。

 2ページをお願いします。第4条は、資本的収入及び支出でございます。まず収入の第1款資本的収入、第1項借入金として、8億4065万1000円を予定しております。次に、支出の第1款資本的支出は、第1項公有地取得事業費から第3項借入金償還金までの支出合計として8億5512万8000円を予定するもので、資本的収入額が支出額に対して不足する額1447万7000円につきましては、当年度分損益勘定留保資金等で補てんさせていただくものとしております。

 次に、第5条の借入金でございますが、各事業の執行運営に要する資金の借入限度額として、8億4065万1000円と定めるものでございます。

 以下、第6条予算の流用、第7条予算の弾力運用につきましては、記載のとおりとするものでございます。

 3ページ以降に添付しております基礎資料等につきましては、説明を省略させていただきます。

 以上、報告とさせていただきます。

     〔総務部長 山路 茂君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。



◆23番(久松倫生君) 報告ですので、簡潔に基本的な点だけお聞きしたいなと思いますけれども、当年度、平成22年度、平成23年度の収支及び予算書を見せていただきますと、率直に言って、土地開発公社としての今後の役割というのは一体どういうことになるのかなというふうに思います。というのは、土地の売買といいますか、先行取得もほんとんどありませんし、また売却そのものもないということで、収益が、雑収入というのか、そのものだけに限っているということになりますと、土地開発公社の役割というのは一体どうなのかということで、どんな見通しをこれからお持ちなのか、基本点ですけど、お願いしたいと思います。



◎総務部長(山路茂君) 久松議員のほうから御質問をいただいております。

 先ほど御報告申し上げましたとおり、公社としての先行取得等の案件も近年ございません。また、売却収入も前年度はなかったというふうなことでございます。現在、土地の保有地といたしましては、御報告申し上げましたように、16万平方メートルございます。実は、そのうちの内訳としまして、総合運動公園の部分につきまして13万平方メートルということで、これが大きな部分を占めておるということで、当面総合運動公園のほうの買い戻しということを市のほうでやっていただくというふうなことが主たる業務になってくるのかな。なお、保有地について、売却できるものについてはできるだけ売却をしていくというふうな方向性を持ちながら、あるいは保有土地の中で市のほうで活用できるものについては、できるだけ公社の土地を活用してもらうというふうなことも、公社としては市のほうへ要望をしてきているというふうな状況でございます。



◆23番(久松倫生君) おっしゃることはわかりました。例えば、今、総合運動公園の問題が出ておりますけれども、この報告にあります面積もそうですけれども、土地の保有高が約19億7000万円ですか、20億円を切っているわけですけれども、金額的に言いましても、総合運動公園が11億何がし、公有地ということになっている部分ですと、12億円の大部分が総合運動公園ですので、総合運動公園の事業、これが終結といいますか、買い戻しが終われば、ほとんどの部分の、あとは残有地と言うと変ですけれども、未活用地みたいな形になっていくのかなというふうに思いますけれども、そうした時期を見ながら、公社そのもののあり方というのは再検討されるのかどうか。そのようにちょっと、きょうのきょうみたいなもんですから、あんまりこっちも系統的に議論できませんけれども、そういうふうな見込みといいますか、見通しというものを持っていてもいいのかどうか。どなたからでも結構です、市長さんでも結構ですけれども、ちょっとお考えを聞かせていただきたいと思いますけど、いかがですか。以上です。



◎総務部長(山路茂君) 総合運動公園というのが主な事業になっているということで申し上げました。その辺の経緯を見ながら、やはり公社の存在意義ということにもかかってまいりますので、公社のあり方については理事会等で今後さらに検討をしていくというふうな方向性を持っているということであります。



○議長(田中力君) 他に質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第6号の報告を終わります。



△日程第7 報告第7号 財団法人松阪市勤労者サービスセンターの経営状況について



○議長(田中力君) 次に、日程第7 報告第7号財団法人松阪市勤労者サービスセンターの経営状況についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔まちづくり交流部長 平本和義君登壇〕



◎まちづくり交流部長(平本和義君) ただいま上程されました報告第7号財団法人松阪市勤労者サービスセンターの経営状況について御説明を申し上げます。

 それでは、お手元の平成22年度事業報告書及び財務諸表の2ページをお願い申し上げます。?の会員の入退会状況でございますが、平成23年3月31日現在の事業所数につきましては1544所、会員数は8420名でございます。

 3ページをお願い申し上げます。?の福利厚生事業でございますが、この主な内容につきましては、1の施設利用補助事業(1)レジャー施設等の指定店等につきましては、3ページから5ページにかけて記載をさせていただいておるとおりでございます。

 6ページをお願い申し上げます。(2)の通年発行チケット等の取り扱いにつきましては、2万2057枚でございます。(3)の各種催し物等補助付斡旋といたしまして、7ページから10ページにかけて記載をさせていただいておるとおりでございます。

 次に、11ページをお願い申し上げます。(5)の特約指定店といたしまして、掲載の70事業所の契約をさせていただいております。

 12ページをお願い申し上げます。12ページの健康管理事業費から14ページの教室事業費までの各事業につきましては、記載のとおりの事業をさせていただいております。

 次に、14ページをお願い申し上げます。生活安定事業から17ページのおいしんぼ探検までの各事業につきましても、記載のとおりの事業をさせていただいております。

 次に、18ページでございます。?の広報活動から?の三重県内中小企業勤労者福祉サービスセンター情報交換会、この各事業につきましても、記載のとおりの事業を行ってきたところでございます。

 19ページでございます。?の各種会議の開催状況につきましては、19ページから20ページに記載をさせていただいたとおりでございます。

 21ページをお願い申し上げます。?の市委託事業の1勤労青少年ホーム事業は40講座を実施させていただきまして、1781名の参加をいただいております。2のワークセンター松阪事業につきましては53講座、2314名の参加でございます。(2)その他(フリーレッスン)につきましては3講座で、延べ参加者数につきましては5155名でございます。

 以上が平成22年度の事業報告でございます。

 次に財務諸表について御説明を申し上げます。

 23ページの貸借対照表をよろしくお願い申し上げます。?の資産の部でございますが、当年度流動資産合計は1722万8071円で、固定資産としていたしまして、基本財産合計3億2910万2466円と、特定資産合計8428万4000円、その他の固定資産合計944万388円で、固定資産合計は4億2282万6854円でございます。資産合計といたしましては、4億4005万4925円でございます。

 次に、?の負債の部でございます。流動負債合計につきましては1401万9191円でございます。

 ?の正味財産の部といたしまして、指定正味財産合計3億1710万2466円と、一般正味財産1億893万3268円で、正味財産合計といたしましては4億2603万5734円でございます。負債及び正味財産合計つきましては4億4005万4925円でございます。

 次に、24ページの正味財産増減計算書をお願い申し上げます。?一般正味財産増減の部の1経常増減の部でございますが、経常収益計が2億5762万466円、経常費用計が2億4793万7876円でしたので、差し引きいたしまして、当期経常増減額は968万2590円でございます。2の経常外増減の部はございませんでしたので、当期一般正味財産増減額は968万2590円となりまして、一般正味財産期末残高につきましては1億893万3268円でございます。

 次に、?の指定正味財産増減の部でございます。指定正味財産期末残高3億1710万2466円を含めた期末正味財産残高つきましては、4億2603万5734円でございます。

 25ページから26ページに注記を記載させていただいております。

 27ページの財産目録をお願い申し上げます。流動資産、固定資産の内訳は、記載のとおりで、資産合計4億4005万4925円でございます。負債合計は1401万9191円でございます。これによりまして、資産合計から負債合計を差し引きいたしました正味財産は4億2603万5734円でございます。

 なお、23ページの貸借対照表の正味財産合計、また24ページの正味財産増減計算書の期末正味財産残高と符合するものでございます。それぞれの内訳を28ページから29ページに記載いたしております。

 30ページをお願い申し上げます。平成22年度財団法人松阪市勤労者サービスセンター収支計算書について報告をさせていただきます。

 ?事業活動収支の部の1事業活動収入ですが、実績額で主な収入は、基本財産運用収入の基本財産利息収入279万4780円、事業収入は2億758万4895円で、この内訳につきましては、会費・入会金収入7157万7000円、会員の参加者負担金収入1億3061万4260円、共済事業掛金収入539万3635円でございます。続きまして、補助金収入2800万円は管理費に充てているものです。市委託事業収入1704万1366円につきましては、勤労青少年ホーム及びワークセンター松阪の各種事業に要します委託費等収入など、これらを合わせた事業活動収入合計は2億5761万9572円でございます。

 31ページをお願い申し上げます。2の事業活動支出の事業費支出1億9306万8686円につきましては、実績額で主な支出は、生活安定事業費支出1億2868万8805円によるものです。次に、市委託事業費支出1704万1366円につきましては、勤労青少年ホーム、ワークセンターのそれぞれの事業費支出でございます。管理費支出3646万1627円の内訳につきましては、31ページから32ページの記載のとおりでございます。

 32ページをお願い申し上げます。事業活動支出合計は2億4657万1679円となりまして、事業活動収支差額は1104万7893円でございます。

 次に、?投資活動収支の部の1投資活動収入は、特定預金取崩収入の463万4000円でございます。2投資活動支出は、特定預金支出の1600万8000円となりまして、投資活動収支差額はマイナスの1137万4000円でございます。したがいまして、当期収支差額はマイナス32万6107円となりまして、これに前期繰越収支差額363万2215円を加えました次期繰越収支差額は330万6108円となってございます。

 33ページに注記を記載させていただいております。

 次に監査報告書を添付いたしております。御確認をいただきたいと思います。

 なお、この事業報告書及び財務諸表につきましては、平成23年5月30日の理事会におきまして、承認をいただいておりますことを申し添え、御報告とさせていただきます。

 続きまして、別冊の平成23年度財団法人松阪市勤労者サービスセンター事業計画及び収支予算書について御報告を申し上げます。

 1ページの事業計画をお願い申し上げます。平成23年度の経済見通しも依然厳しい経済状況にあるわけでございますが、松阪市勤労者サービスセンターが実施してまいりました事業へ好評をいただき、総合的な勤労者福利厚生事業に御支持をいただいております。平成23年度におきましても、生活に密着した事業を展開して、安心して楽しく暮らせる毎日を築くお手伝いをするとともに、勤労者や事業所の活力により、地域社会の活性化に寄与していこうとするものでございます。また、平成23年度につきましては、設立20周年の節目の年となるためさまざまな記念事業も計画をいたしております。

 事業につきましては、?事業内容、(1)余暇活動推進事業、2ページの(2)健康管理事業、(3)自己啓発事業、(4)生活安定事業、(5)共済事業、(6)情報提供事業など、3ページの(8)20周年記念事業、(9)管理部門まで、幅広い事業運営に努めてまいりたいと存じます。事業の詳細につきましては、4ページから5ページに記載しております。よろしくお願い申し上げます。

 引き続きまして、平成23年度財団法人松阪市勤労者サービスセンター収支予算書について報告をさせていただきます。

 平成23年度の松阪市勤労者サービスセンターの予算につきましては、新会計処理規程に基づき、損益ベースによるものと、従来の資金ベースによるものを作成しております。7ページから9ページにかけましては損益ベース、10ページから12ページにかけましては資金ベースの予算書となっております。

 説明につきましては、従来の資金ベースの予算書によりまして説明を申し上げます。10ページをお願い申し上げます。?事業活動収支の部でございますが、1の事業活動収入につきまして、内訳につきましては記載のとおりでございまして、事業活動収入合計は、2億7061万5000円でございます。11ページをお願い申し上げます。2の事業活動支出につきましても、内訳は記載のとおりでございますが、事業費支出以下、事業計画を受けそれぞれに編成いたしまして、事業活動支出合計で2億9532万1000円でございます。

 12ページをお願い申し上げます。?の投資活動収支の部でございますが、1の投資活動収入につきまして、内訳は記載のとおりでございます。投資活動収入合計は3122万1000円でございます。2の投資活動支出につきましても、内訳は記載のとおりでございまして、投資活動支出合計は641万5000円でございます。予備費支出は10万円でございます。

 以上、報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔まちづくり交流部長 平本和義君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第7号の報告を終わります。



△日程第8 報告第8号 財団法人松阪スポーツ振興研修センターの経営状況について



○議長(田中力君) 次に、日程第8、報告第8号財団法人松阪スポーツ振興研修センターの経営状況についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔まちづくり交流部長 平本和義君登壇〕



◎まちづくり交流部長(平本和義君) ただいま上程されました報告第8号財団法人松阪スポーツ振興研修センターの経営状況につきまして御報告を申し上げます。

 それでは、お手元の平成22年度事業報告書及び財務諸表をお願い申し上げます。

 まず事業調書でございます。1ページから2ページにかけましては、平成22年度の主要施策の成果及び実績でございます。内容につきましては、記載のとおりでございます。

 3ページから5ページでございますが、施設の利用状況の実績でございます。?の宿泊利用状況につきましては、年間利用者が延べ7370人でございます。4ページ、?の研修室及び会議室利用、5ページ、?のトレーニング室利用状況につきましては、記載のとおりでございます。

 次に7ページをお願い申し上げます。平成22年度収支計算書総括表でございますが、会計別に御説明を申し上げます。まず、8ページをお願い申し上げます。平成22年度収支計算書一般会計の?事業活動収支の部の1事業活動収入でございますが、?の基本財産運用収入8万8005円は定期預金利息、?の補助金等収入1875万4000円は松阪市からの補助金でございます。?の使用料収入720万円つきましては、サイクルシアター使用料及び川越町亀崎コミュニティプラザの使用料でございます。事業活動収入計は、2604万2005円でございます。2の事業活動支出でございますが、?の管理費支出は、事業を管理するための費用でございます。役員報酬支出から雑費支出までの合計は743万8035円でございます。?の他会計への繰入金支出でございますが、収益事業会計への繰入金支出は1822万3657円でございまして、事業活動支出計は2566万1692円でございます。よりまして、事業活動収支差額につきましては38万313円でございます。当期収支差額につきましては38万313円、前期繰越収支差額は405万3258円でございます。よりまして、次期繰越収支差額につきましては443万3571円でございます。

 次に9ページ、収益事業会計でございます。このうち?事業活動収支の部1の事業活動収入の?事業収入でございますが、宿泊収入は1906万2445円でございます。会議室及び研修室使用収入は37万1640円、トレーニング室使用収入は110万8140円でございます。?の雑収入は293万4955円でございます。?の他会計からの繰入金収入でございますが、一般会計からの繰入金収入は1822万3657円でございます。よりまして、事業活動収入計は4170万837円でございます。2の事業活動支出につきましては、収益事業の運営経費、給料手当支出から委託費支出までの合計4169万6317円でございます。よりまして、事業活動収支差額は4520円でございます。当期収支差額は4520円、前期繰越収支差額は1600円、次期繰越収支差額は6120円になってございます。

 10ページをお願い申し上げます。10ページの収支計算書に対します注記につきましては記載のとおりでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に財務諸表でございますが、11ページから13ページは貸借対照表でございます。11ページの総括表に記載をさせていただいておりますように資産合計が13億3818万1832円、負債合計が548万5242円となりまして、差し引き正味財産合計が13億3269万6590円となります。

 次に、15ページから17ページにかけましては、正味財産増減計算書でございますが、15ページの総括表に記載をさせていただいておりますように、平成22年度の正味財産期末残高は13億3269万6590円でございます。

 次に18ページでございますが、平成23年3月31日現在の財産目録でございます。正味財産は13億3269万6590円でございます。

 なお、11ページの貸借対照表総括表の正味財産合計、また15ページの正味財産増減計算書総括表の正味財産期末残高と符合するものでございます。よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 19ページ、20ページにつきましては、財務諸表に対します注記でございます。内容は記載のとおりでございます。

 次に、監査報告書を添付させていただいております。この事業報告書及び財務諸表につきましては、平成23年5月13日の理事会におきまして、承認をいただいておりますことを申し添え、報告とさせていただきます。

 続きまして、平成23年度財団法人松阪スポーツ振興研修センターの事業計画及び収支予算について御報告を申し上げます。

 別冊の平成23年度事業計画及び収支予算書をよろしくお願い申し上げます。1ページから2ページにつきましては、平成23年度の事業計画書でございます。公益の増進に寄与することを目的として、スポーツ活動の振興、市民の健康増進及び交流増進を図りますとともに、本年度は競輪のビックレース「共同通信社杯 秋本番」が10月に開催されますが、選手宿舎としての機能を十分に発揮するために、施設の充実を図ってまいりたいと存じます。

 次に3ページから5ぺージでございます。収支予算書でございますが、3ページの総括表に記載させていただいております。一般会計、収益事業会計の収入の部、支出の部につきましては、内容を省略させていただきたいと思います。当期収入合計につきましては、事業活動収入計6174万2000円と、投資活動収入計325万6000円を合わせました6499万8000円でございます。当期支出合計につきましては、事業活動支出計の6040万3000円と投資活動支出計の449万5000円及び予備費支出の10万円を合わせました6499万8000円でございます。

 以上、報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔まちづくり交流部長 平本和義君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第8号の報告を終わります。



△日程第9 報告第9号 リバーサイド茶倉組合の経営状況について



○議長(田中力君) 次に、日程第9 報告第9号リバーサイド茶倉組合の経営状況についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔飯南地域振興局長 高見秀志君登壇〕



◎飯南地域振興局長(高見秀志君) ただいま上程されました、報告第9号リバーサイド茶倉組合の経営状況につきまして御説明申し上げます。

 議案書の41ページをお願いいたします。また、あわせまして平成22年度事業報告書及び収支決算報告書をごらんいただきたいと思います。

 まず、1ページをお願いいたします。リバーサイド茶倉の事業概要でございます。当年度は、利用客が昨年に比べ全体で約16%減少し、9131名でした。特に減少しているものにつきましては、本館、コテージなどの宿泊客が約28%、昨年の猛暑、2月、3月の雪や冷え込み等の影響によりまして、テニスコートの利用者は65%、幾つかのイベントにつきましても天候に恵まれず、28%も減少したところでございます。昨年4月から開始した金曜、土曜、日曜に茶倉農園の食材を主にしたランチにつきましては好評を得ており、レストランの利用はふえております。

 2ページをお願いいたします。リバーサイド茶倉のイベント参加者数でございます。1年間のイベント事業として、お茶摘み体験、水辺のカーニバル、牛まつり等の事業を実施いたしました。次に、茶倉駅の事業概要及び利用者数でございますが、トイレや展望台の休憩利用者は多いものの、レストラン、売店利用者数につきましては、前期に比べ減少しております。これは、高速道路料金の改定や景気のよくない社会情勢の影響が挙げられます。

 続きまして3ページをお願いいたします。平成22年度のリバーサイド茶倉と茶倉駅を総括した収支決算書の収入の部でございます。主な収入といたしましては、市の委託事業収入と事業収入の宿泊事業収入、料飲事業収入、売店事業収入等でございます。収入金額は5528万3599円でございます。

 4ページをお願いいたします。同じく、支出の部でございます。支出合計は5769万1228円で、当期収支差額はマイナス240万7629円でございます。要因といたしましては、リバーサイド茶倉の宿泊利用者や茶倉駅の利用者減少に伴い、それぞれの収入が減となったものが大きな要因でございます。

 5ページから8ページにつきましては、リバーサイド茶倉及び茶倉駅の施設ごとの収支決算書でございます。

 9ページをお願いいたします。正味財産増減計算書でございます。表の下から3段目の当期正味財産増加額はマイナス205万7342円でございます。前期繰越正味財産額は1051万4595円でございますので、期末正味財産合計額は845万7253円でございます。

 10ページをお願いいたします。貸借対照表でございますが、資産の部で1の流動資産は1039万5802円、2の固定資産は、有形固定資産が77万3364円、無形固定資産が57万161円で、資産合計は1173万9327円でございます。負債の部で、流動負債は328万2074円でございます。正味財産は、9ページで御説明申し上げたとおりでございます。負債及び正味財産の合計は1173万9327円となっております。

 11ページをお願いいたします。次期繰越収支差額でございますが、当期末残高は534万8717円となっております。

 12ページから14ぺージにつきましては、貸借対照表のそれぞれの内訳でございます。

 15ページをお願いいたします。財産目録でございます。10ページの貸借対照表で御説明いたしました資産、負債、正味財産の目録でございますので、省略させていただきます。

 16ページをお願いいたします。監査報告書でございます。この事業報告及び収支決算報告書につきましては、平成23年5月20日の総会におきまして承認をいただいておりますので、御報告申し上げます。

 17ページをお願いいたします。リバーサイド茶倉組合の役員名簿を添付させていただいております。

 以上、平成22年度リバーサイド茶倉組合の事業報告書及び収支決算報告書の御説明とさせていただきます。

 続きまして、別冊の平成23年度事業計画及び収支予算書につきまして御説明申し上げます。

 1ページをお願いいたします。事業計画でございますが、リバーサイド茶倉組合は指定管理者として2期目の最終年を迎えます。事業計画の概要といたしまして、より積極的な施設のPRを行い、地域の特性と人と資源を生かした参加型、体験型のイベントなどを多く企画し、地域住民を巻き込み、少しでも売上を伸ばす努力を行っていきます。

 2ページをお願いいたします。イベント利用目標者数を記載しております。

 3ページをお願いいたします。平成23年度リバーサイド茶倉組合収支予算書の収入の部でございますが、当該年度は、5739万円の収入を見込んでおります。

 4ページをお願いいたします。支出の部でございますが、5700万円の支出を見込んでおります。

 リバーサイド茶倉組合は、地域資源や地域の人々との強いつながりを大いに経営の中に生かし、これからも一層努力してまいりますので、どうかよろしく御理解と御支援を賜りますようお願いいたします

 以上、報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔飯南地域振興局長 高見秀志君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第9号の報告を終わります。

 山路総務部長より発言を求められておりますので、これを許可いたします。

     〔総務部長 山路 茂君登壇〕



◎総務部長(山路茂君) 申しわけございません。先ほどの土地開発公社の経営状況の久松議員からの答弁の中で、面積等を申し上げました。そのときに単位をどうも間違って申し上げておる部分があったようでございます。正確な数字を申し上げますので、御訂正のほうお願いしたいと思います。

 全体の保有面積は約16万平方メートル、そのうち総合運動公園の分は13万平方メートルということで、ここの部分で「13億」ともしかしたら申し上げておる。億の単位は金額でございまして、金額につきましては、総合運動公園の分が11億2000万円程度ということでございます。どうも申しわけございません。よろしくお願いいたします。

     〔総務部長 山路 茂君降壇〕



○議長(田中力君) お聞きのとおりでございます。御了承願います。

 暫時休憩をいたします。午後2時本会議を再開いたします。

                         午後1時51分休憩

                         午前2時0分開議



○議長(田中力君) 休憩前に引き続きまして本会議を再開いたします。



△日程第10 報告第10号 株式会社飯高駅の経営状況について



○議長(田中力君) 次に、日程第10 報告第10号株式会社飯高駅の経営状況についてを議題といたします。理事者の説明を求めます。

     〔飯高地域振興局長 海住利彦君登壇〕



◎飯高地域振興局長(海住利彦君) ただいま上程されました報告第10号、議案書42ページ、株式会社飯高駅の経営状況について御説明申し上げます。

 別冊の平成22年度事業報告及び収支決算書の1ページをお願いいたします。営業概況でございますが、昨年度は高速道路無料化社会実験の開始、東日本大震災の発生など、売上に多大な影響を及ぼすものと危惧されてまいりましたが、販売促進企画や各種メディアで取り上げられた効果もあり、391万8000円の税引き前当期純利益を確保しております。部門別概況につきましては1ページから2ページに記載のとおりでございます。

 3ページは、部門別利用人数と販売実績でございます。4ページは、部門別の収支実績を示したもので、税引き後当期純利益は207万6000円でございます。

 5ページから6ページにつきましては、会社の概況でございます。

 7ページをお願いいたします。貸借対照表でございます。資産の部合計が7864万2891円でございます。続きまして8ページをお願いいたします。同じく貸借対照表で、負債の部合計が4294万2911円、純資産の部合計が3569万9980円でございます。

 9ページをお願いいたします。損益計算書でございます。売上高3億3302万7558円から、売上原価1億7199万1605円と販売費及び一般管理費1億5842万7463円を差し引いた営業利益が260万8490円となっております。また、営業外収益と営業外費用及び特別損失控除後の税引き前当期純利益は391万7776円となり、法人税等184万2100円を差し引いた当期純利益は207万5676円となっております。

 10ページは、販売費及び一般管理費明細書でございます。

 11ページをお願いいたします。株主資本等変動計算書でございます。資本金3000万円に対しまして純資産の当期末残高は3569万9980円となっております。

 12ページをお願いします。本決算の注記事項を記載させていただいております。

 13ページをお願いします。平成22年度の監査報告書でございます。なお、この事業報告及び収支決算書につきましては、去る5月31日に開催の株主総会において承認を得ましたことを申し添えて、簡単ではありますが、事業報告及び収支決算書の説明とさせていただきます。

 続きまして、別冊の平成23年度事業計画及び収支予算書につきまして御説明申し上げます。

 1ページから2ページは事業計画、3ページは施設別予定利用者数でございます。本年度も飯高地域の地場産業と観光、交流、いやしの空間を有機的に結合させ、あわせて就労の機会と市民のふれあいの場として地域活性化を目的とした施設設立趣旨を尊重し、利用客とのふれあいを大切にし、ひいては地域活性化の一翼を担っていく所存でございます。

 4ページをお願いいたします。平成23年度予算書でございます。収入の部として販売収入等3億4808万4000円を見込んでおります。支出の部として、売上原価1億9802万6000円、人件費及びその他管理費等1億5071万3000円を予定しております。差引営業利益に営業外収支を算入しました経常利益95万4000円を見込んでおります。

 以上、簡単ではございますが、御報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔飯高地域振興局長 海住利彦君降壇〕



○議長(田中力君) 理事者の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 以上で報告第10号の報告を終わります。



△日程第11 発議第5号 地方財政の充実・強化を求める意見書について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第11、発議第5号地方財政の充実・強化を求める意見書についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(田中力君) 提案理由の説明を求めます。



◆30番(中出実君) ただいま上程されました発議第5号地方財政の充実・強化を求める意見書につきまして、発議者を代表いたしまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成23年3月11日の東日本大震災により、東日本の太平洋沿岸部は壊滅的被害を受け、加えて福島第一原子力発電所の事故により、我が国の社会経済は深刻な状況に陥っております。現在、被災地の復旧、復興と日本の再生に向け、国、地方を挙げた取り組みが行われているところでありますが、被災者はもとより地方全体におきましても危機的な財政状況がさらに悪化することが懸念されております。

 昨今の大変厳しい経済状況の中で地域の雇用対策、社会保障の充実など、地域のセーフティネットとして地方自治体の果たす役割は今まで以上に重要となっております。今後も基礎自治体として地域住民のニーズにこたえ、福祉、教育などの市民生活に欠かすことのできない行政サービスを提供し、地域の活性化を図っていくためには、持続的かつ安定的な行財政運営が可能となる地方財政の充実、強化が不可欠であります。

 このことから、平成24年度の地方財政予算全体の安定確保に向け、国に対しまして被災自治体に対する復興費の確保、平成24年度地方財政計画、地方交付税総額の確保、地方財源の充実、強化を図るため、国、地方の税収配分の適正化に向け、税源移譲の検討や地域間格差を是正するための対策を強く要望するものであります。

 よろしく御審議をいただきまして、御決定の上、関係方面へ意見書を提出していただきますようよろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。

 以上です。



○議長(田中力君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。



◆23番(久松倫生君) ただいま上程されました意見書案につきまして、1点だけお聞きしたいと思います。

 本意見書に提案されております地方交付税措置を初めとした地方財源の確保と、また震災復興等、国の責任を求めることについては一致していくべきだというふうに考えております。そして、その中で提案された意見書案で、地方消費税にかかわる文言がございます。消費税率あるいは財源の問題等につきましては議論がされており、特に消費税率の引き上げが論議されておりますけれども、本提案でのこの地方消費税の充実というのは、この消費税引き上げを前提としているのかどうか、この1点だけただしておきたいと思います。よろしくお願いいたします。



◆30番(中出実君) 久松議員のほうから御質問いただきまして、御答弁をさせていただきます。

 本意見書につきましては、先ほど提案理由の説明でも申し上げましたけれども、来年度の地方財政予算全体にわたる安定確保に向けての国への要望でございます。地方財源の充実、強化を図るために、国、地方の税収配分の適正化を求めるものでありまして、今お述べになりました消費税引き上げを前提とするものではございません。

 以上、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(田中力君) 他に質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて質疑を終わります。

 お諮りをいたします。ただいま議題となっております発議第5号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、発議第5号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論、採決を行います。討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。発議第5号を原案どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) ありがとうございました。挙手全員でございます。よって、発議第5号は原案どおり可決されました。

 お諮りいたします。ただいま可決されました発議第5号の取り扱いを議長に一任を願いたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り扱いをいたしたいと思います。

 次に、日程追加についてお諮りをいたします。発議第6号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、発議第6号を日程に追加し、議題とすることに決しました。



△日程追加 発議第6号 「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書について



○議長(田中力君) 日程追加 発議第6号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書についてを議題といたします。職員より朗読いたします。

     〔職員朗読〕



○議長(田中力君) 提案理由の説明を求めます。



◆26番(松田千代君) 自席から失礼いたします。発議者を代表いたしまして、補足の説明をさせていただきます。

 昨年9月から子ども・子育て新システムを議論してきた作業部会が、6日に内閣府で開かれ、事務局が示した中間取りまとめ案が了承されました。中身は、利用者負担のあり方などの課題を多く積み残す一方、国と自治体が保育サービスを提供する義務を負う公的保育は解体される内容です。現行の保育サービスそのものを提供する現物給付の仕組みを個人に対する給付、現金給付にかえ、市町村の役割を保育の必要性を認定するだけにしています。幼保一体化によって待機児童をなくすとされていましたが、現行の保育所と幼稚園を統合する新たな総合施設には、待機児童の8割以上を占める3歳未満児の受け入れを義務づけないため、待機児童解消が進む保障はありません。事業者の指定制度を導入し、営利企業など、多様な事業主体の参入を認めるとしました。費用負担のあり方などは残された検討課題とされ、新システムの財源は消費税増税頼みとなることなどから、保育の中身の議論のないままに、公的保育を解体していく子ども・子育て新システムに基づく保育制度改革に反対し、国に現行保育の拡充を求める本意見書の御採択をお願いいたしまして、補足の説明とさせていただきます。



○議長(田中力君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて質疑を終わります。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております発議第6号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、発議第6号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論、採決を行います。討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) これにて討論を終わります。

 これより採決を行います。発議第6号を原案どおり決するに賛成の議員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○議長(田中力君) 挙手多数でございます。よって、発議第6号は原案どおり可決されました。

 お諮りいたします。ただいま可決されました発議第6号の取り扱いを議長に一任を願いたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り扱いをいたしたいと思います。

 以上をもちまして今期定例会の案件は全部議了いたしました。今期定例会はこれにて閉会をいたします。長期間にわたりまして、御苦労さまでございました。

                         午後2時20分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

            議長    田中 力

            副議長   山本登茂治

            議員    川口 保

            議員    松田千代