議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 松阪市

松阪市 平成23年  6月 定例会(第2回) 06月21日−01号




松阪市 平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月21日−01号







松阪市 平成23年  6月 定例会(第2回)



議事日程第1号 平成23年6月21日 午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案第59号 平成23年度松阪市一般会計補正予算(第1号)

 日程第4 議案第60号 平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 議案第61号 平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第6 議案第62号 平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第7 議案第63号 平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第8 議案第64号 平成23年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第9 議案第65号 平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第10 議案第66号 平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)

 日程第11 議案第67号 松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正について

 日程第12 議案第68号 松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

 日程第13 議案第76号 松阪市土地開発公社定款の一部変更について

 日程第14 議案第69号 松阪市税条例の一部改正について

 日程第15 議案第70号 松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正について

 日程第16 議案第71号 松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について

 日程第17 議案第72号 松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について

 日程第18 議案第73号 松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について

 日程第19 議案第74号 松阪市防災会議条例の一部改正について

 日程第20 議案第77号 工事請負契約の締結について(松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事)

 日程第21 議案第75号 松阪市水道水源保護条例の一部改正について

 日程第22 議案第78号 工事請負契約の締結について(松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事)

 日程第23 議案第79号 専決処分の承認について(平成22年度松阪市一般会計補正予算(第8号))

本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

出席議員(30名)

    1番  植松泰之君      2番  中瀬古初美君

    3番  川口寿美君      4番  堀端 脩君

    5番  野呂一男君      6番  中村良子君

    7番  山本芳敬君      8番  田中祐治君

    9番  山本 節君     10番  川口 保君

   11番  大平 勇君     12番  大久保陽一君

   13番  濱口高志君     14番  佐波 徹君

   15番  海住恒幸君     16番  永作邦夫君

   17番  松田俊助君     18番  中島清晴君

   19番  今井一久君     20番  山本登茂治君

   21番  中森弘幸君     22番  小林正司君

   23番  久松倫生君     24番  西村友志君

   25番  野口 正君     26番  松田千代君

   27番  田中 力君     28番  水谷晴夫君

   29番  前川幸敏君     30番  中出 実君

欠席議員(0名)

議場出席説明者

 市長          山中光茂君   副市長         小林益久君

 副市長         中川 昇君   総務部長        山路 茂君

 市政戦略部長      小牧豊文君   税務部長        川口昌宏君

 生活部長        村田長稔君   環境部長        橋本昭彦君

 保健部長        松林育也君   福祉部長        森本義次君

 農林水産部長      山口天司君   まちづくり交流部長   平本和義君

 建設部長        杉山貴雄君   都市政策部長      中山 伸君

 教育長         小林壽一君   教育委員会事務局長   森 幹生君

 嬉野地域振興局長    加藤宗信君   三雲地域振興局長    中林 聰君

 飯南地域振興局長    高見秀志君   飯高地域振興局長    海住利彦君

 上下水道事業管理者   松尾茂生君   市民病院事務部長    大林春樹君

 消防団事務局長     大釋 博君   監査委員        土本 勲君

事務局出席職員

 事務局長        石井千秋    次長          白藤哲央

 調査担当主幹      中西雅之    総務係長        上西伸幸

 議事係長        三木 敦    兼務書記        北畠和幸

 兼務書記        沼田雅彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午前10時7分開会



○議長(田中力君) これより平成23年6月第2回松阪市議会定例会を開会いたします。

 議案説明のため、市長以下関係者の出席を求めましたから、御報告を申し上げます。

 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号により進めることにいたします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(田中力君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、10番 川口保議員、26番 松田千代議員を指名いたします。



△日程第2 会期の決定



○議長(田中力君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。会期につきましては、去る6月14日に議会運営委員会を開催し、協議を願いましたので、この際、議会運営委員長より御報告を願います。



◆28番(水谷晴夫君) 去る6月14日に議会運営委員会を開催いたしまして、今期定例会の会期について協議いたしました結果、今期定例会の会期は、本日から7月7日までの17日間とすることに決定いたしました。なお、議事予定につきましては、お手元に配付されております議事予定表のごとく進めることに決定いたしましたので、御報告いたします。

 以上。



○議長(田中力君) お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告どおり、今期定例会の会期は本日から7月7日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、会期は17日間と決定いたしました。



△日程第3 議案第59号 平成23年度松阪市一般会計補正予算(第1号)



○議長(田中力君) 日程第3 議案第59号平成23年度松阪市一般会計補正予算第1号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) おはようございます。よろしくお願いいたします。

 それでは、ただいま上程されました議案第59号平成23年度松阪市一般会計補正予算第1号について、御説明を申し上げます。

 1ページをお願いいたします。第1条の歳入歳出予算の補正でございますけれども、今回の補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ2563万4000円を追加し、歳入歳出の予算総額をそれぞれ565億863万7000円とさせていただくものでございます。

 次に、第2条の継続費の補正、第3条の債務負担行為の補正につきましては、それぞれの関係個表で御説明申し上げますので、4ページをお願いいたします。

 第2表継続費補正の廃止及び第3表債務負担行為補正の追加でございますが、内容につきましては、ごみ処理施設建設専門委員会で協議を進める中で、ごみ処理施設建設工事に係る入札につきましては、建設費だけではなく、施設運営開始後の運転維持管理経費を含めて行うべきとの方向性が確認されましたことから、このことを踏まえまして、当初予算でお認めいただきましたごみ処理基盤施設建設事業に係る継続費を廃止いたしまして、次の第3表債務負担行為補正の追加として、改めて建設費と施設運営開始後の運転維持管理経費を合わせて債務負担行為の限度額271億4468万7000円を設定し、期間を平成23年度から平成46年度までと定めさせていただくものでございます。

 6ページ、7ページをお願いいたします。歳入歳出補正予算事項別明細書総括の歳出でございますけれども、今回の補正予算の財源内訳につきましては、7ページ最下段の合計欄にございますように、国庫支出金9億2303万8000円の減額、県支出金5億6090万8000円、その他財源1770万4000円、一般財源3億7006万円の追加となっております。なお、この一般財源につきましては、主に財政調整基金繰入金、地方特例交付金及び繰越金等によって調整いたしております。

 8ページ、9ページをお願いいたします。歳入でございますけれども、それぞれ歳出予算に計上させていただいております事業の特定財源等でございますので、新規計上を中心に、主なものを御説明申し上げます。

 款10地方特例交付金835万3000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことによります児童手当及び子ども手当特例交付金の減額でございます。

 次に、款14使用料及び手数料、項1使用料、目1総務使用料273万4000円の追加、及び、次の目8教育使用料109万4000円の追加は、それぞれ本庁舎本館地下と総合体育館の自動販売機設置事業者募集に係る入札によるものでございます。

 款15国庫支出金、項1国庫負担金9億2549万6000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、子ども手当の財源内訳としての国庫負担金を減額するとともに、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことによるものでございます。

 次に、項2国庫補助金、目3衛生費国庫補助金967万1000円の追加は、働く世代への大腸がん検診推進事業に係るものでございます。

 続きまして、項3国庫委託金、目2民生費国庫委託金811万3000円の減額につきましては、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、子ども手当支給に係る事務費の財源内訳としての国庫委託金を見直すことによるものでございます。

 次に、目4教育費国庫委託金90万円は新規計上で、学校運営協議会のあり方を研究するコミュニティ・スクール推進事業に係るものでございます。

 款16県支出金、項1県負担金、目2民生費県負担金3億1140万4000円の追加は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、子ども手当の財源内訳としての県負担金を追加するものでございます。

 10ページ、11ページをお願いいたします。項2県補助金、目2民生費県補助金、節1社会福祉費補助金の1地域支え合い体制づくり事業費補助金2254万4000円は新規計上で、平成22年度の国の一般会計補正予算第1号を受けまして、三重県が積み増した介護基盤緊急整備等臨時特例基金を原資といたしまして、松阪市社会福祉協議会に対する事業補助金に充てるものでございます。同じく節2の老人福祉費補助金の1介護基盤緊急整備等特別対策事業補助金2億2234万7000円も新規計上でございまして、松阪市の介護保険事業計画に基づき公的介護施設及びスプリンクラーを整備する事業者に対する補助金に充てるものでございます。

 次に、目3衛生費県補助金、節1保健衛生費補助金の1健康増進事業費補助金128万8000円の追加は、肝炎ウイルス検査の受診促進に係るものでございます。

 目4農林水産業費県補助金、節1農業費補助金の1戸別所得補償制度導入推進事業費補助金178万5000円の追加につきましては、戸別所得補償制度で畑作物の所得補償が追加されたことに伴う水田台帳管理システム改修に係るものでございます。同じく2農地制度実施円滑化事業費補助金51万8000円は新規計上で、県補助金の内示によるものでございます。

 次に、目7教育費県補助金、節1教育総務費補助金の1外国人児童生徒受入促進事業費補助金107万8000円の減額につきましては、県補助金の内示によるものでございます。

 続きまして、項3県委託金、目4教育費県委託金の1外国人児童生徒の学習支援事業委託金100万円は新規計上でございまして、外国人児童生徒の教科学習支援体制整備に係るものでございます。2「ふるさと三重」教育推進事業委託金10万円も新規計上で、地域の偉人を題材にした郷土学習における、発達段階に応じた指導のあり方についての調査研究に充てるものでございます。3理数教育充実支援事業委託金100万円も新規計上でございます。児童生徒の算数・数学、理科の学力向上を図るため、学力向上アドバイザーによる教員への指導助言など、指導方法の工夫改善に係る実践的研究に充てるものでございます。

 続きまして、款17財産収入、項1財産運用収入、目1財産貸付収入126万円の追加は、旧松阪ハイツの貸付先であります有限会社明日香からの土地貸付収入52万5000円及び建物貸付収入73万5000円でございます。

 目2利子及び配当金、節1利子及び配当金の1住民生活に光をそそぐ基金利子11万5000円は新規計上で、平成22年度一般会計補正予算第6号で計上し、積み立てました住民生活に光をそそぐ基金に係る運用利子でございます。

 款18寄附金18万3000円の追加は、市民等から御寄附をいただきました3件分でございます。うち1件、10万円がふるさと応援寄附金でございます。

 次に、款19繰入金、項1基金繰入金、目1財政調整基金繰入金3億円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整として追加させていただくものでございます。なお、補正後の平成23年度末財政調整基金の残高見込み額でございますけれども、68億9900万円余でございます。

 次に、目16市民活動振興基金繰入金30万円は新規計上で、平成22年度一般会計補正予算第6号で計上いたし、積み立てましたふるさと応援寄附金相当額を繰り入れまして、住民協議会活動交付金に充てるものでございます。

 12、13ページをお願いいたします。目17住民生活に光をそそぐ基金繰入金1240万1000円は新規計上で、平成22年度一般会計補正予算第6号で計上し、積み立ていたしました住民生活に光をそそぐ基金から繰り入れ、説明欄に記載の各事業に充てるものでございます。

 款20繰越金7788万8000円の追加は、平成22年度収支見込みの中で、今回の補正予算に伴う財源調整として追加させていただくものでございます。

 款21諸収入、項5雑入、目1雑入、節10教育費雑入の1全国市長会市民総合賠償補償保険金12万5000円は新規計上で、市民総合災害補償規則に基づく補償保険収入でございます。

 14ページ、15ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、新規事業を中心に、主なものについて御説明申し上げます。

 款1議会費、項1議会費、目1議会費の1議員報酬・期末手当245万7000円の減額につきましては、さきの定例会でお認めいただきました松阪市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正に基づくもので、期末手当の年間支給月数を0.15月引き下げたことに伴うものでございます。

 16ページ、17ページをお願いいたします。款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給135万1000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、職員の子ども手当のうち、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことに伴うものでございます。

 以下、各科目にわたります職員給につきましても、同様の理由によるものでございますので、説明を省略させていただきたいと思います。御了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 同じく、3住民生活に光をそそぐ基金積立金11万5000円は新規事業で、平成22年度一般会計補正予算第6号で計上し、積み立てをいたしました住民生活に光をそそぐ基金に係る運用利子を積み立てるものでございます。4被災地支援事業費3417万円も新規事業で、主に、さきの東日本大震災の被災地への職員派遣に係る旅費、時間外勤務手当等でございます。

 次に、目4人事管理費の1産休等代替賃金3387万9000円の減額につきましては、主に幼稚園教諭等の産休等代替非常勤職員賃金との組み替えによるものでございます。

 続きまして、目11まちづくり推進費の1住民協議会活動交付金30万円の追加は、平成22年度一般会計補正予算第6号で計上いたし、積み立てましたふるさと応援寄附金相当額を、新たに景観整備事業等を行う波瀬むらづくり協議会へ追加交付するものでございます。

 目14防災対策費の1防災啓発事業費15万円の追加は、津波浸水想定区域の本庁管内67カ所、嬉野管内5カ所、三雲管内28カ所の合計100カ所に、海抜表示板を設置するものでございます。2防災設備等管理事業費105万6000円の追加は、松阪市が防災行政無線で提供する災害時の避難勧告などの緊急情報を、9月から携帯メールに配信するための経費等でございます。3災害用備蓄管理事業費736万円の追加は、平成22年度末に東日本大震災の支援物資として使用した災害用備蓄品の補充購入を行う経費でございます。

 26ページ、27ページをお願いいたします。項6監査委員費、目1監査委員費の1特別職給14万1000円の減額は、さきの定例会でお認めいただきました松阪市常勤の監査委員の給与等に関する条例の一部改正に基づくもので、代表監査委員の期末勤勉手当の年間支給月数を0.2カ月引き下げたことに伴うものでございます。

 28ページ、29ページをお願いいたします。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費の2地域支え合い体制づくり事業費補助金2254万4000円は新規事業で、平成22年度の国の一般会計補正予算第1号を受け、三重県が積み増しました介護基盤緊急整備等臨時特例基金を活用し、山間部で高齢化の進んでいる地域で、松阪市社会福祉協議会が行う地域住民による支え合い体制づくりモデル事業や研修事業等に対する事業補助金でございます。

 目9福祉会館費の1療育センター運営事業費569万1000円の追加は、平成22年度末に松阪市障害者地域自立支援協議会から受けた提言を踏まえまして、人員配置等を見直し、非常勤職員1名分の賃金と他の非常勤職員の雇用延べ日数を追加するものでございます。

 30ページ、31ページをお願いいたします。項2老人福祉費、目1老人福祉総務費の3の(1)公的介護施設等整備費補助金2億2234万7000円は、松阪市の介護保険事業計画に基づき公的介護施設を整備する事業者に対する建設補助金等で、施設建設及び施設開設準備3施設、並びに既存の施設へのスプリンクラー設置5施設に係るものでございます。

 32、33ページをお願いいたします。項3児童福祉費、目1児童福祉総務費の3子ども手当支給事業費3億268万7000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことに伴うものでございます。

 36、37ページをお願いいたします。款4衛生費、項1保健衛生費、目7健康増進事業費の1健康診査事業費1958万8000円の追加は、一定の年齢の市民に対しまして、肝炎ウィルス検査の無料受診券と大腸がん検診の無料クーポン券・検診手帳を交付するための経費と、それらの検査・検診委託料等を追加するものでございます。

 次に、目13病院費の1松阪市民病院事業会計繰出金105万1000円の追加は、さきの東日本大震災の被災地への災害派遣医療チームに係る経費219万2000円の追加と、子ども手当114万1000円の減額に伴うものでございます。

 40ページ、41ページをお願いいたします。款6農林水産業費、項1農業費、目4畜産振興費の1弁護士委託等事業費42万円は新規事業で、松阪牛の新定義取り消し等に係る裁判が松阪市等被告側の勝訴で終結いたしましたことから、弁護士への成功報酬を計上いたしたものでございます。この成功報酬につきましては、もう一方の被告でありました松阪肉牛協会と折半するものでございます。

 目5水田農業構造改革対策費の1新たな需給調整システム確立推進事業費178万5000円の追加は、戸別所得補償制度で畑作物の所得補償が追加されたことに伴いまして、水田台帳管理システム改修経費を追加するものでございます。

 次の目8農地費の1農地・水・農村環境保全向上活動事業費233万1000円の追加は、国から新たに農業用施設の長寿命化対策活動に係る向上活動支援交付金を受ける市内の5つの活動組織を支援するため、地域協議会への負担金を追加するものでございます。

 48、49ページをお願いいたします。款8土木費、項6住宅費、目1住宅管理費の2被災者支援市営住宅緊急修繕費598万5000円は新規事業で、さきの東日本大震災の被災者入居に係る19戸分の緊急空き家修繕費でございます。

 以上、款10教育費を除く説明とさせていただきます。

 なお、62ページ以降の給与費明細書等の補正調書につきましては説明を省略させていただきますので、御了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 その他事業の補正内容につきましても、お手元にお配りいたしております補正予算説明資料のとおりでございますので、何とぞよろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕

     〔教育長 小林壽一君登壇〕



◎教育長(小林壽一君) 続きまして、教育費につきまして主なものを御説明申し上げます。

 予算書50ページ、51ページをお願いいたします。款10教育費は、補正前の額が53億9664万2000円で、今回全体で4370万2000円の増額をお願いするものでございます。それでは、主なもののみ御説明申し上げます。

 項1教育総務費、目3教育指導費の1教育指導事業費、(1)「ふるさと三重」教育推進事業費10万円は県委託事業で、郷土についての学習を進め、新学習指導要領が重視する言語活動の充実や伝統文化に関する教育の充実を図るものでございます。(2)コミュニティ・スクール推進事業費90万円は国委託事業で、地域住民や保護者が学校教育活動に参画することによりまして地域教育力を高める学校運営協議会のあり方を研究するものでございます。(3)理数教育充実支援事業費100万円は県委託事業でございまして、理科や算数・数学に対する知的好奇心や探究心をはぐくみ、科学的な見方や考え方を育てるための計画的・継続的な実践を進めるものでございます。

 目5人権教育費の2外国人児童生徒受入促進事業費90万5000円の減額は、県補助金の内示に伴う事業内容の見直しによる報償費の減等でございます。3外国人児童生徒の学習支援事業費100万円は、三重県教育委員会から委託を受けて行う新規事業でございまして、外国人児童生徒の教科学習の理解力の向上を目的とし、大阪教育大学の協力によりまして、児童生徒にわかりやすい指導方法や学校の指導体制について実践的に研究を行うものでございます

 52ページ、53ページをお願いいたします。項2小学校費、目1学校管理費の1小学校施設管理運営事業費210万9000円は、産休等職員の代替非常勤職員賃金等の増でございます。

 54ページ、55ページをお願いいたします。項3中学校費、目1学校管理費の2中学校施設管理運営事業費208万6000円は、人事異動に伴います欠員補充のための非常勤職員賃金等の増でございます。

 56ページ、57ページをお願いいたします。項4幼稚園費、目1幼稚園管理費の2幼稚園施設管理運営事業費3437万2000円は、幼稚園教諭の産休等代替非常勤職員賃金等で、総務費の人事管理費との組み替え等によるものございます。

 58ページ、59ページをお願いいたします。項5社会教育費、目5公民館費の1公民館事業費214万2000円は、6公民館のAED設置に伴う備品購入費の追加でございます。

 目3図書館費につきましては、住民生活に光をそそぐ基金繰入金から、図書館管理運営事業費に充当させていただくものでございます。

 目5文化財保護費の1歴史的建造物公開事業費22万2000円は、御城番屋敷の借上料等の追加でございます。

 目6文化センター費の2弁護士委託等事業費1万1000円は、舞台管理業務等委託違約金の支払い督促申立判決後の強制執行手続に係る通信運搬費等の追加でございます。

 以上簡単でございますが、教育費の説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔教育長 小林壽一君降壇〕



△日程第4 議案第60号 平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 議案第61号 平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第6 議案第62号 平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第7 議案第63号 平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(田中力君) 続きまして、日程第4 議案第60号平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号、日程第5 議案第61号平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第1号、日程第6 議案第62号平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号、日程第7 議案第63号平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算第1号、以上議案4件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました議案第60号平成23年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 特別会計補正予算書の1ページをお願いいたします。第1条の歳入歳出予算の補正でございますけれども、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8万4000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ171億6638万2000円とさせていただくものでございます。

 8ページ、9ページをお願いいたします。歳入でございますけれども、款9繰入金8万4000円の減額は、いわゆる繰出基準に基づくもので、国民健康保険事務費であります職員の子ども手当に係る一般会計繰入金の減額でございます。

 10ページ、11ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給8万4000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、職員の子ども手当のうち、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことに伴うものでございます。

 なお、12ページの補正予算給与費明細書につきましては説明を省略させていただきますので、御了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 以上、国民健康保険事業特別会計補正予算第1号の説明とさせていただきます。

 続きまして、13ページをお願いいたします。議案第61号平成23年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますけれども、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1244万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ130億3411万5000円とさせていただくものでございます。

 20ページ、21ページをお願いいたします。歳入でございますけれども、款3国庫支出金、項2国庫補助金、目4地域包括ケア推進事業費補助金1202万4000円は新規計上で、デイサービス利用者の緊急・短期間の宿泊ニーズ等に関する調査事業に係るものでございます。

 続きまして、款5県支出金、項2県補助金、目3地域支え合い体制づくり事業費補助金50万円は新規計上で、高齢者安心見守り隊の育成事業に係るものでございます。

 款7繰入金、項1一般会計繰入金、目4その他一般会計繰入金8万4000円の減額は、子ども手当に係る職員給与費等繰入金の減額でございます。

 22、23ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給8万4000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、職員の子ども手当のうち、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことに伴うものでございます。

 24、25ページをお願いいたします。項7地域包括ケア等推進事業費、目1地域包括ケア推進事業費の1宿泊ニーズ等調査事業費1202万4000円は新規事業で、社会福祉法人太陽の里に宿泊サービスモデル事業を委託し、デイサービス利用者の緊急・短期間の宿泊ニーズへの対応や課題等について検討を行うための調査研究を実施するものでございます。

 次に、目2地域支え合い体制づくり事業費の1地域支え合い体制づくり事業費50万円は新規事業で、地域包括支援センター単位で高齢者安心見守り隊を対象とした研修を行うものでございます。

 なお、26ページの補正予算給与費明細書につきましては説明を省略させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上、介護保険事業特別会計補正予算第1号の説明とさせていただきます。

 続きまして、27ページをお願いいたします。議案第62号平成23年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますけれども、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ20万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6882万7000円とさせていただくものでございます。

 34、35ページをお願いいたします。歳入でございますけれども、款2繰入金36万4000円の減額は、今回の補正予算に伴う財源調整として一般会計繰入金を減額させていただくものでございます。

 款5分担金及び負担金、項1分担金、目1農業集落排水事業費分担金56万4000円は新規計上で、条例に基づく新規加入者に係る分担金でございます。

 36、37ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、款2事業費、項1業務費、目1施設管理費の1須賀・川北地区施設維持管理費20万円の追加は、新規加入者に係る管路の延長及び公共ます設置工事費でございます。

 以上、農業集落排水事業特別会計補正予算第1号の説明とさせていただきます。

 続きまして、39ページをお願いいたします。議案第63号平成23年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算第1号について、御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますけれども、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8万4000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3641万4000円とさせていただくものでございます。

 46、47ページをお願いいたします。歳入でございますが、款4繰入金8万4000円の減額は、今回の補正予算に伴う財源調整として一般会計繰入金を減額させていただいたものでございます。

 48、49ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1一般職員給8万4000円の減額は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえまして、職員の子ども手当のうち、3歳未満の子どもに対する月額7000円の上積み分を見直すことに伴うものでございます。

 なお、50ページの補正予算給与費明細書につきましては説明を省略させていただきますので、御了承のほどお願い申し上げます。

 以上、特別会計4件の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕



△日程第8 議案第64号 平成23年度松阪市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第9 議案第65号 平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(田中力君) 続きまして、日程第8 議案第64号平成23年度松阪市水道事業会計補正予算第1号、日程第9 議案第65号平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算第1号、以上議案2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君登壇〕



◎上下水道事業管理者(松尾茂生君) ただいま上程されました議案第64号平成23年度松阪市水道事業会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回の補正は、一般会計と同じく子ども手当の減額と、東日本大震災に伴う職員派遣旅費の計上によるものでございます。

 企業会計予算書の1ページをお願いします。予算第2条に定めました業務の予定量におきまして、(4)建設改良事業で16万8000円を減額し、15億5568万6000円とするものでございます。

 次に、予算第3条に定めました収益的収入及び支出でございますが、収入において第1款水道事業収益を36万円追加し、40億616万9000円とし、支出において第1款水道事業費を27万6000円追加し、39億515万2000円とするものでございます。

 2ページをお願いいたします。予算第4条資本的収入及び支出でございますが、補正後の資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額は過年度分損益勘定留保資金9億9233万2000円で補てんするものに改めさせていただくもので、支出で第1款資本的支出を16万8000円減額し、20億6929万6000円とするものでございます。

 次に、予算第5条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、子ども手当減額による職員給与費を25万2000円減額し3億6751万1000円とするものでございます。

 6ページをお願いいたします。予算基礎資料に基づきまして、主なものを御説明申し上げます。

 収益的収入及び支出でございますが、収入で営業外収益の他会計負担金36万円につきましては、被災地支援に備えての旅費分について、一般会計からの負担金でございます。支出でございますが、営業費用の総係費27万6000円の追加は、子ども手当の減額と東日本大震災被災地支援に備えての職員2名分の出張旅費10日分を計上したものでございます。

 資本的支出の補正につきましては、子ども手当の減額によるものでございます。

 なお、附属資料の説明につきましては省略させていただきますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第65号平成23年度松阪市公共下水道事業会計補正予算第1号について御説明申し上げます。

 今回の補正につきましても、水道事業会計と同様に子ども手当の減額と、東日本大震災に伴う職員派遣旅費の計上をさせていただいたものでございます。

 7ページをお願いします。予算第2条に定めました業務の予定量におきまして、(4)主要な建設改良事業の管渠布設費で16万8000円を減額させていただくものでございます。

 次に、予算第3条に定めました収益的収入及び支出でございますが、収入において第1款下水道事業収益を4万5000円追加し、33億771万7000円とし、支出において第1款下水道事業費を21万3000円追加し、32億7785万2000円とするものでございます。

 8ページをお願いします。予算第4条資本的収入及び支出でございますが、補正後の資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額14億6445万6000円は、過年度分損益勘定留保資金6億9274万4000円、当年度分損益勘定留保資金6億6918万6000円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1億252万6000円で補てんするものに改めさせていただくもので、支出において第1款資本的支出を16万8000円減額し、43億7641万1000円とさせていただくものでございます。

 予算第5条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、子ども手当を31万5000円減額し、3億419万6000円とするものでございます。

 予算第6条他会計からの補助金でございますが、31万5000円減額し、21億6131万3000円とさせていただくものでございます。

 12ページをお願いします。補正予算基礎資料に基づきまして、主なものを御説明申し上げます。

 収益的収入及び支出でございますが、収入で営業外収益の他会計補助金31万5000円の減額は、子ども手当の減額に係る一般会計からの補助金の減でございます。他会計負担金36万円につきましては、水道事業会計と同じく被災地支援旅費に対する一般会計の負担金でございます。支出でございますが、営業費用は子ども手当の減額と総係費において36万円の旅費の追加は、東日本大震災被災地支援に備えての職員2名分の出張旅費の計上によるものでございます。

 資本的支出につきましても、子ども手当の減額によるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君降壇〕



△日程第10 議案第66号 平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(田中力君) 続きまして、日程第10 議案第66号平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔市民病院事務部長 大林春樹君登壇〕



◎市民病院事務部長(大林春樹君) ただいま上程されました議案第66号平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号につきまして、御説明申し上げます。

 今回の補正は、国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律を踏まえた子ども手当の減額と東日本大震災に伴います災害派遣医療チームに係る費用の追加をお願いするものでございます。

 13ページをお願いいたします。初めに、予算第2条に定めました収益的収入及び支出でございますが、収入において第1款病院事業収益を105万1000円増額し、78億346万3000円とし、支出におきまして、第1款病院事業費用を105万1000円増額し、75億9900万2000円とするものでございます。

 次に、予算第3条に定めました議会の議決を経なければ流用することのできない経費でございますが、(1)職員給与費におきまして58万8000円減額し、35億7863万5000円に改めるものでございます。

 予算第4条他会計からの補助金でございますが、3億627万8000円を3億513万7000円に改めるものでございます。

 予算の詳細につきましては、積算基礎資料に基づきまして説明を申し上げます。

 17ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の収入でございますが、病院事業収益105万1000円の増は他会計補助金で、子ども手当の減額に係る一般会計からの補助額114万1000円の減、他会計負担金219万2000円の増は、東日本大震災における災害派遣医療チームに要する経費で、一般会計からの負担金の増でございます。

 次に、支出でございますが、病院事業費用105万1000円の増は、医業費用におきまして、給与費は子ども手当支給額の減、東日本大震災における災害派遣医療チームの現地活動時間外手当支給額の増で、差し引きいたしまして58万8000円の減でございます。経費におきましては、災害派遣医療チームの交通費、寝袋代、レンタカーの借用料等、4月、5月に派遣をいたしました際の費用と今後の派遣予定分で合計3回分の派遣に要する経費163万9000円を見込んだものでございます。

 以上、簡単でございますが、平成23年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算第1号の説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔市民病院事務部長 大林春樹君降壇〕



○議長(田中力君) 暫時休憩をいたします。午前11時5分、本会議を再開いたします。

                         午前10時52分休憩

                         午前11時5分開議



○議長(田中力君) 休憩前に引き続きまして、本会議を再開いたします。



△日程第11 議案第67号 松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正について

 日程第12 議案第68号 松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

 日程第13 議案第76号 松阪市土地開発公社定款の一部変更について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第11 議案第67号松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正について、日程第12 議案第68号松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、日程第13 議案第76号松阪市土地開発公社定款の一部変更について、以上議案3件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔総務部長 山路 茂君登壇〕



◎総務部長(山路茂君) ただいま上程されました議案3件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、議案第67号松阪市職員の育児休業等に関する条例及び松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正についてでございます。

 議案書の1ページをお願いいたします。本議案につきましては、平成22年12月3日に公布されました国家公務員の育児休業等に関する法律等の一部を改正する法律の中におきまして、一定の要件を満たす非常勤職員に育児休業及び部分休業を認める地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正、及び、一定の要件を満たす非常勤職員に介護休業を認める育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部改正が行われまして、平成23年4月1日から施行されたことに伴い、関連する2つの条例改正を1議案として提案させていただくものでございます。

 今回の法改正では、一般職の非常勤職員について、仕事と育児・介護の両立を図る観点から、育児休業及び部分休業、介護休暇を取得することができるよう必要な措置が講じられたもので、条例改正において所要の規定整備を行うものでございます。

 条例の主な改正内容でございますが、まず第1条は、松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正でございます。第2条第3号を追加しておりますが、これは育児休業における非常勤職員の基本的な資格要件を規定するもので、在職期間に係る要件として、引き続き1年以上在職し、かつ、その養育する子が1歳に達する日を超えて引き続き在職が見込まれる非常勤職員で、勤務条件に係る要件として、任用形態により規則で定められた非常勤職員−−これは1種、2種を想定しております−−を定めることによりまして、非常勤職員における育児休業を認めるための規定整備を行うものでございます。

 2ページをお願いいたします。第2条の2の追加は、育児休業の期間の満了日について規定するもので、第1号でその養育する子の1歳到達日と規定するほか、第2号及び第3号においては、特別な事情がある場合における当該期間満了日について規定するものでございます。

 3ページをお願いいたします。第3条は、原則1回に限られている育児休業の取得について、特別の事情がある場合にあっては、再度の取得を認める規定でございますが、第6号、第7号を追加することにより、その特別な事情を新たに規定するものでございます。第21条の改正は、部分休業における非常勤職員の基本的な資格要件を規定するもので、在職期間に係る要件として、引き続き1年以上在職している非常勤職員で、勤務条件に係る要件として、任用形態により規則で定められた非常勤職員を定めることにより、非常勤職員における部分休業を認めるための規定整備を行うものでございます。第22条は、部分休業を承認することができる時間帯、時間の単位及び時間の上限を定めている規定で、第2項では、1日について2時間以内であること、第3項におきましては、1日の勤務時間から5時間45分を減じた時間を超えない範囲内であることとしております。第23条第2項の追加は、部分休業の承認を受けて勤務しない場合における非常勤職員の報酬の減額を規定するものでございます。

 4ページをお願いします。続きまして、第2条につきましては松阪市非常勤職員の取扱いに関する条例の一部改正でございます。

 これは、第1条の松阪市職員の育児休業等に関する条例の一部改正におきまして、第23条第2項として、部分休業の承認を受けて勤務しない場合における非常勤職員の報酬の減額を追加規定することに伴い、第6条第3項を追加して、1時間当たりの報酬額を計算するために必要な規定の整備を行うものでございます。第11条の改正は、休暇の種類として介護休暇を追加するものでございます。

 附則としまして、この条例は、公布の日から施行するものとしております。

 続きまして、議案第68号松阪市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでございます。

 議案書は5ページでございます。本議案につきましては、議会改革検討委員会において協議がなされ、市議会から御提案のありました議員の審議会等への参画の見直しの趣旨を踏まえまして検討いたしましたところ、議員報酬と委員報酬との重複支給に関する調整規定の整備が必要となりましたこと、及び、福祉部において児童扶養手当障害認定医を設置することに伴い、条例別表に追加規定する必要が生じたため、条例の一部改正を行うものでございます。

 改正内容といたしましては、第1条として、この条例の趣旨規定を追加し、第1条の3として、議員が委員等を兼職する場合における議員報酬と委員報酬との重複支給に関する調整規定を追加するとともに、別表に第69号として、児童扶養手当障害認定医、日額7000円を追加するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行する。ただし、第1条の3を加える規定については平成23年8月1日から施行するものとしております。

 続きまして、議案第76号松阪市土地開発公社定款の一部変更についてでございます。

 議案書の17ページをお願いいたします。本議案につきましても、市議会から御提案のありました議員の審議会等への参画の見直しの趣旨を踏まえまして、松阪市土地開発公社理事会において、理事及び監事の構成について検討した結果、議員からの選任を取りやめるということになりまして、これに伴いまして監事の定数を変更するための定款の変更が必要となりました。定款を変更する場合は、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定に基づき、設立団体の議会の議決を経る必要があるということから提案させていただくものでございます。

 定款変更の内容につきましては、第6条第1項第2号の監事3名を3名以内に改めるものでございます。なお、第1号に規定する理事につきましては、定款上、既に11名以内と規定されていることから、変更の必要はございません。

 附則といたしまして、この定款は、三重県知事の認可のあった日から施行するものとしております。

 以上、提案説明とさせていただきます。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。

     〔総務部長 山路 茂君降壇〕



△日程第14 議案第69号 松阪市税条例の一部改正について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第14 議案第69号松阪市税条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔税務部長 川口昌宏君登壇〕



◎税務部長(川口昌宏君) ただいま上程されました議案第69号松阪市税条例の一部改正について、提案理由の御説明を申し上げます。

 今回の改正は、東日本大震災の被災者等の負担軽減等を図るため、緊急の対応として、特別措置等を講ずる地方税法の一部を改正する法律が平成23年4月27日に公布されたことに伴い、市税条例の一部を改正するものでございます。

 それでは、条例の改正内容につきまして御説明申し上げます。

 議案書の6ページをお願いいたします。附則第22条は、東日本大震災により住宅や家財等について生じた損失について、所得割の納税義務者の選択により、その損失額を平成22年分の総所得金額等から雑損控除として控除できる規定を追加するものでございます。

 7ページをお願いいたします。附則第23条は、東日本大震災により居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りについて、引き続き住宅借入金等特別税額控除を適用できる規定を追加するものでございます。

 附則第24条は、被災住宅用地の特例適用を受けようとする場合は、当該被災住宅用地についての申告書の提出規定を追加するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行することとしております。ただし、附則第23条の改正規定は、平成24年1月1日から施行することとしております。

 以上、改正の説明とさせていただきますので、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

     〔税務部長 川口昌宏君降壇〕



△日程第15 議案第70号 松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第15 議案第70号松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔飯南地域振興局長 高見秀志君登壇〕



◎飯南地域振興局長(高見秀志君) ただいま上程されました議案第70号松阪市リバーサイド茶倉条例の一部改正について、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案書の9ページをお願いいたします。本議案につきましては、松阪市リバーサイド茶倉条例と松阪市茶倉駅条例を統合するものであります。松阪市リバーサイド茶倉と松阪市茶倉駅の管理を指定管理者において、施設管理、事業運営を行っておりますが、平成24年3月末をもって指定期間が満了することに伴い、改めて公募を行うものでございます。

 両施設は、別々の施設ではありますが、櫛田川を挟んで両側にあり、それぞれの設置目的と事業内容に関しましては、地域の活性化及び農林水産業の振興と酷似する部分が多く、茶倉橋でつながり、一体的な施設として市民からも認識されておるところでございます。この施設を別々で公募するより一本化した上で公募した方が、指定管理者による柔軟な管理運営に期待することができ、また両施設の相乗効果を最大限に生み出すことができると判断したため、リバーサイド茶倉条例に茶倉駅条例を溶け込ますような条例の一部改正を行うものでございます。

 それでは、主な改正内容を御説明させていただきます。

 第1条の設置目的に、茶倉駅の目的でありました都市との交流を積極的に行い、観光情報の発信及び地域物産品の振興を図るを追加し、また第2条の事業内容につきましても、茶倉駅の事業内容でありました地域特産品の振興に関することを追加するものでございます。第4条の休業日につきましても、交流ターミナル施設茶倉駅の休業日である12月29日から翌年1月1日までを追加するものでございます。第5条で施設全体の開業日及び利用時間を見直した上で、別表第1とし、第7条の別表第2の利用料金を改めるものでございます。第16条の指定管理者の行う業務につきましては、地域農林水産物の加工販売事業を追加するものでございます。

 附則といたしまして、第1項は、平成24年4月1日から施行させていただき、第2項は、茶倉駅条例を廃止させていただくものでございます。第3項、第4項は、経過措置を規定したものでございます。

 以上、簡単な御説明ではございますが、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔飯南地域振興局長 高見秀志君降壇〕



△日程第16 議案第71号 松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について

 日程第17 議案第72号 松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第16 議案第71号松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について、日程第17 議案第72号松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について、以上議案2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔飯高地域振興局長 海住利彦君登壇〕



◎飯高地域振興局長(海住利彦君) ただいま上程されました議案2件について御説明申し上げます。

 議案第71号松阪市宿泊施設スメール条例の一部改正について御説明申し上げます。

 議案書の12ページをお願いします。松阪市宿泊施設スメール条例別表におきまして、別表第1及び別表第2のリフレッシュパークの項を削除するものです。

 飯高町森にあります松阪市宿泊施設スメールは、宿泊施設、交流センター、リフレッシュパーク、グラウンドゴルフ場等を指定管理者制度で運営してまいりましたが、平成16年9月28日から30日の台風21号による災害により、リフレッシュパークの山腹が崩落し、輸送設備であったリフトの支柱基礎部分の浸食やローラーリュージュコースののり面の崩落、路肩決壊等により、安全管理上危険であると判断し、使用を中止してまいりました。山頂部分には、スカイスペースとしての遊具等を整備しており、芝生公園としての活用を検討してまいりましたが、主要施設から離れ十分な管理ができないことから、施設への不法侵入など施設が荒らされた経過もあり、現在は閉鎖しております。災害発生から6年以上が経過し、当初の目的の用途に供さなくなっており、維持管理することは困難となってまいりましたので、スメール条例から削除させていただくものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、議案第71号の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第72号松阪市飯高老人福祉センター条例の一部改正について、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案書13ページをお願いいたします。本議案につきましては、市議会から御提案のありました議員の審議会等への参画の見直しの趣旨を踏まえ、委員構成について検討した結果、松阪市飯高老人福祉センター運営委員会委員から、第1号委員である議員を削除しようとするものでございます。

 改正内容といたしましては、第15条第1項中10人以内を8人以内に改め、同項第1号の市議会の関係常任委員会の正副委員長を削り、第2号を第1号とし、第3号から第6号までを1号ずつ繰り上げるものでございます。この改正により、現在委員をお願いしております議員2人が減となり、委員構成は10人から8人になるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成23年8月1日から施行するものとしております。

 以上、簡単ではございますが、議案第72号の提案説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔飯高地域振興局長 海住利彦君降壇〕



△日程第18 議案第73号 松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について

 日程第19 議案第74号 松阪市防災会議条例の一部改正について

 日程第20 議案第77号 工事請負契約の締結について(松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事)



○議長(田中力君) 続きまして、日程第18 議案第73号松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について、日程第19 議案第74号松阪市防災会議条例の一部改正について、日程第20 議案第77号工事請負契約の締結について、松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事、以上議案3件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔生活部長 村田長稔君登壇〕



◎生活部長(村田長稔君) ただいま上程されました議案3件について御説明を申し上げます。

 まず、議案第73号松阪市交通安全対策委員会条例の一部改正について、提案理由を御説明申し上げます。

 議案書の14ページをお願いいたします。本議案につきましては、議会改革検討委員会において協議がなされ、市議会から御提案がございました議員の審議会等への参画の見直しの趣旨を踏まえ、委員構成につきまして検討した結果、松阪市交通安全対策委員会から第1号委員である市議会議員を削除しようとするものでございます。

 改正内容といたしまして、第3条第2項中、第1号の市議会議員を削り、第2号を第1号とし、第3号から第5号までを1号ずつ繰り上げるものでございます。この改正によりまして、現在委員をお願いしております市議会議員4人が減となりまして、委員構成は25人から21人となるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成23年8月1日から施行するものでございます。

 以上、提案説明とさせていただきます。

 次に、議案第74号松阪市防災会議条例の一部改正について、提案説明を申し上げます。

 議案書の15ページをお願い申し上げます。本議案につきましても、議会改革検討委員会において協議がなされ、市議会から御提案のございました議員の審議会等への参画の見直しの趣旨を踏まえ、委員構成につきまして検討した結果、松阪市防災会議条例から第4号委員である市議会議長、第5号委員である市議会総務生活委員会委員長、第6号委員である市議会建設水道委員会委員長を削除しようとするものでございます。

 改正内容といたしまして、第3条第5項中第4号から第6号までを削り、第7号を第4号とし、第8号から第11号までを3号ずつ繰り上げるものでございます。この改正によりまして、現在委員をお願いしております市議会議員3名が減となり、委員構成は38人から35人となるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成23年8月1日から施行するものでございます。

 以上、提案説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第77号工事請負契約の締結について提案理由を御説明申し上げます。

 議案書18ページをごらんいただきたいと存じます。今回御審議いただきます議案につきましては、議会の議決に付すべき契約に関する条例第2条に規定する予定価格が1億5000万円以上の工事の請負に該当いたしますことから、提案させていただくものでございます。

 それでは、内容につきまして御説明申し上げます。

 1工事名、松阪市防災行政無線(同報系)嬉野管内設備設置工事で、地震や台風等の大規模災害から市民生活の安全を確保するため、地域住民に迅速かつ的確な情報伝達を行い、被害の軽減を図る有力な情報伝達手段として、平成23年度から平成24年度にかけ、2カ年で嬉野管内にデジタル同報系の防災行政無線を計画的に整備するものでございます。2の契約の方法でございますが、条件付き一般競争入札でございます。3の契約金額でございますが、2億8875万円でございます。4契約の相手方でございますが、愛知県名古屋市中区錦二丁目15番15号、株式会社日立国際電気中部支社、支社長清瀬尚と請負契約をさせていただくものでございます。

 次に、議案書19ページの議案資料をごらんいただきたいと存じます。請負契約の概要につきまして御説明を申し上げます。

 1施工場所は、松阪市内の嬉野管内でございます。2の工期につきましては、市議会議決の日から平成25年2月28日まででございます。3入札年月日は平成23年6月2日でございます。4契約保証金は、記載の理由により免除でございます。入札経緯と結果表は記載のとおりでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔生活部長 村田長稔君降壇〕



△日程第21 議案第75号 松阪市水道水源保護条例の一部改正について



○議長(田中力君) 続きまして、日程第21 議案第75号松阪市水道水源保護条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君登壇〕



◎上下水道事業管理者(松尾茂生君) ただいま上程されました議案第75号松阪市水道水源保護条例の一部改正について御説明申し上げます。

 議案書の16ページをお願いします。本議案につきましては、議会改革検討委員会において協議がなされ、市議会から御提案のありました議員の審議会等への参画の見直しの趣旨を踏まえ、松阪市水道水源保護条例から市議会議員を削除しようとするものでございます。

 改正内容といたしまして、第13条第2項中、第1号の市議会議員を削り、第2号を第1号とし、第3号を第2号とし、第4号を第3号とするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成23年8月1日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案説明とさせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔上下水道事業管理者 松尾茂生君降壇〕



△日程第22 議案第78号 工事請負契約の締結について(松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事)



○議長(田中力君) 続きまして、日程第22 議案第78号工事請負契約の締結について、松阪市立嬉野中学校屋内運動場耐震補強工事を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔教育長 小林壽一君登壇〕



◎教育長(小林壽一君) ただいま上程されました議案第78号工事請負契約の締結につきまして、御説明申し上げます。

 議案書は21ページをお願いいたします。今回御審議をいただきます議案につきましては、議会の議決に付すべき契約に関する条例第2条に規定する予定価格が1億5000万円以上の工事の請負に該当し、提案させていただくものでございます。

 現在の嬉野中学校の屋内運動場は、昭和47年度に建築され、築38年経過しており、耐震診断の結果、耐震性能が保たれていないため、今回耐震補強するとともに、内外装の老朽化が著しいため、大規模改造工事を実施させていただくものでございます。契約の方法は、条件付き一般競争入札、契約の金額は、1億6931万9850円でございます。契約の相手方は、株式会社北村組と請負契約をさせていただこうとするものでございます。

 なお、今回工事させていただく屋内運動場は、延床面積3494平方メートルで、鉄筋コンクリートづくり、一部鉄骨づくり、2階建てでございます。

 次に、議案資料によりまして御説明させていただきます。工期といたしましては、議決をいただいた日から平成24年1月31日までといたしたいと考えております。入札年月日は、平成23年5月26日で、契約保証金は1693万1985円となっております。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

     〔教育長 小林壽一君降壇〕



△日程第23 議案第79号 専決処分の承認について(平成22年度松阪市一般会計補正予算(第8号))



○議長(田中力君) 続きまして、日程第23 議案第79号専決処分の承認について、平成22年度松阪市一般会計補正予算第8号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔副市長 中川 昇君登壇〕



◎副市長(中川昇君) ただいま上程されました議案第79号専決処分の承認に係る専決第2号の平成22年度松阪市一般会計補正予算第8号について、御説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、さきの2月定例会におきまして、平成22年度松阪市一般会計補正予算第7号を議決いただきました後に、予算措置しなければならないことが生じてまいりましたので、地方自治法第179条第1項に基づき専決処分をさせていただいたものでございます。

 それでは、その内容について御報告を申し上げ、御承認をいただきたく存じます。

 1ページをお願いいたします。第1条の歳入歳出予算の補正でございますけれども、今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億2788万2000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ565億7970万7000円とさせていただくものでございます。

 8ページ、9ページをお願いいたします。歳入でございますけれども、款2地方譲与税から次の10ページ、11ページにわたります款12交通安全対策特別交付金までの各種交付金等は、交付額の確定によるものでございます。

 10ページ、11ページの款17財産収入23万5000円の追加につきましては、財政調整基金利子の確定によるものでございます。

 款18寄附金19万3000円の追加は、市民等から御寄附をいただきました寄附金5件分でございまして、このうち1件、1万円がふるさと応援寄附金でございます。

 款22市債の2億7603万3000円の減額は、今回の補正予算に伴う財源調整としての臨時財政対策債の減額でございます。

 12ページ、13ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の1指定寄附基金積立金19万3000円の追加は、寄附5件に係る積立金で、このうち1件は、ふるさと応援寄附金でございます。同じく3の被災地支援事業費6万8000円は新規事業で、さきの東日本大震災の被災地への支援物資の搬送・梱包用ダンボール箱200箱の購入費でございます。

 目7財産管理費の1財政調整基金積立金23万5000円の追加は、基金利子を積み立てるものでございます。

 14ページ、15ページをお願いいたします。款8土木費、項6住宅費、目1住宅管理費の2被災者支援市営住宅緊急修繕費88万円でございますけれども、新規事業で、さきの東日本大震災の被災者入居に係る緊急空き家修繕費でございます。

 16ページ、17ページをお願いいたします。款14諸支出金、項1基金費、目1財政調整基金費2億2745万4000円の追加は、今回の補正予算に伴う財源調整として、予算収支の剰余分を積み立てるものでございます。なお、補正後の平成22年度末財政調整基金の残高見込額は、73億2200万円余でございます。

 18ページの補正調書につきましては説明を省略させていただきたく存じますので、お願い申し上げます。

 以上、専決処分とさせていただきました専決第2号の報告を終わらせていただきます。何とぞ御承認賜りますようお願い申し上げます。

     〔副市長 中川 昇君降壇〕



○議長(田中力君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。お諮りいたします。明6月22日及び23日の2日間を休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(田中力君) 御異議なしと認めます。よって、明6月22日及び23日の2日間を休会とすることに決しました。6月24日午前10時、本会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでございました。

                         午前11時40分散会