議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成24年 12月 定例会 12月05日−03号




伊勢市 平成24年 12月 定例会 − 12月05日−03号







伊勢市 平成24年 12月 定例会



        平成24年12月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

                   平成24年12月5日(水)午前10時開議

日程第1 発議第15号 伊勢市議会議長の選挙について

日程第2 発議第11号 常任委員会委員の選任について

日程第3 発議第12号 議会運営委員会委員の選任について

本日の会議に付した事件

 1.市議会議長の選挙について

 1.議長の常任委員会委員の辞退願い出について

 1.議長の議会運営委員会委員の辞任願い出について

 1.議会運営委員会委員の補欠選任について

 1.市議会副議長の辞職願い出について

 1.市議会副議長の選挙について

 1.副議長の議会改革特別委員会委員の辞任願い出について

 1.議会改革特別委員会委員の補欠選任について

 1.伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて

出席議員(26名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     17番  中川幸久君     19番  杉村定男君

     20番  浜口和久君     21番  工村一三君

     23番  佐之井久紀君    24番  宿 典泰君

     25番  世古口新吾君    26番  長岡敏彦君

     27番  中村豊治君     28番  中山裕司君

欠席議員(2名)

     18番  小山 敏君     22番  山本正一君

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     中川芳明君   事務局次長    杉原正基君

  議事係長     伊藤 亨君   調査係長     津村将彦君

  書記       中野 諭君   書記       中川浩良君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君

  総務部長     藤本 亨君   総務部参事    可児文敏君

  総務課長     北 一晃君



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○副議長(浜口和久君) ただいまから市議会定例会の継続会議を開きます。

 本日の出席者は26名であり、議員定数の半数以上です。よって、会議は成立いたしております。

 本日の会議録署名者及び議案等説明者は、前回決定あるいは御報告申し上げたとおりでございます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 それでは、会議に入ります。

 議事整理のため暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時01分



△再開 午前10時30分



○副議長(浜口和久君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第15号 伊勢市議会議長の選挙について



○副議長(浜口和久君) 日程第1、発議第15号市議会議長の選挙を行います。

 最初に、議長立候補者の所信表明を行います。

 これは、議長の選出の過程を市民にわかりやすくするとともに、伊勢市議会の方向性を明確にするために行うものでございます。

 杉村議員から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) 議長立候補に当たりまして、私の所信の一端を述べさせていただきます。

 市の財政は非常に厳しいものがあります。また、市の行政課題も山積しております。防災を初め市民病院、小学校の統廃合、駅前の活性化、さらには来年第62回目の伊勢神宮の遷宮もございます。伊勢市にとっては大変重要な節目の年になろうかと思います。

 また一方、議会におきましても、議会改革特別委員会を設置していただいて、議会の、市民にわかりやすい議会に取り組んでいるところでございます。そのような大事なときに、私は大変微力ではございますが、全力でその課題に取り組んでいく所存でございますので、皆様方の御支援と御協力をお願い申し上げまして、所信表明とさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○副議長(浜口和久君) 次に、選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(浜口和久君) ただいまの出席議員数は26名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     〔投票用紙配付〕



○副議長(浜口和久君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浜口和久君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○副議長(浜口和久君) 異状なしと認めます。

 この際、申し上げます。長岡議員から、登壇が困難なため、投票箱への投入につき代理投票の申し出がありましたので、代理投票を認めることにいたします。

 この場合、地方自治法第118条において準用する公職選挙法第48条第2項の規定により、立会人の意見を聞いて投票補助者2名を定めることになっております。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、1番、野崎議員、2番、吉井議員の御両名を指名いたします。代理投票の投票補助者2名を決定するため、立会人の方々は直ちに議長席までお願いいたします。

 それでは、投票補助者2名は伊藤議事係長と中野書記といたします。

 それでは、これから投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票を願います。

 なお、長岡議員の投票は、議席において投票用紙にお書きいただいた後、一番最後に投票補助者をして投票箱へ投入させることにいたしたいと思いますので、御了承のほどよろしくお願いをいたします。

 それでは、点呼を命じます。

     〔点呼〕

     〔投票〕



○副議長(浜口和久君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浜口和久君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(浜口和久君) 開票を行います。

 立会人の野崎議員、吉井議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○副議長(浜口和久君) ただいまの選挙結果を御報告申し上げます。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票20票、無効投票6票。

 有効投票中、19番杉村議員20票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6.5票であります。よって、本市議会議長に杉村議員が当選されました。

 ただいま議長に当選されました杉村議員が議場にお見えになりますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 当選人の当選承諾とごあいさつをお願いいたします。



◆19番(杉村定男君) ただいまは推挙いただきまして、まことにありがとうございます。

 先ほど所信表明にも申しましたが、非常に大きな課題が山積しております。その山積に向かって、その課題に向かって、微力ではございますが誠心誠意全力で取り組んでいきたいというふうに思っておりますので、皆様方の御支援と御協力と御指導を切にお願い申し上げまして、簡単ではございますが就任のあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。(拍手)



○副議長(浜口和久君) それでは、新しく議長が選出されましたので、議長席を交代いたします。

 諸事にわたり何かと御協力をいただきまして、ありがとうございました。(拍手)

     〔杉村定男君議長席に着く〕



○議長(杉村定男君) 議事整理のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時48分



△再開 午前11時30分



○副議長(浜口和久君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○副議長(浜口和久君) お諮りいたします。

 ただいま杉村議長から議長の職務にかんがみ、常任委員会委員を辞退したい旨及び議会運営委員会委員を辞任したい旨の申し出がありましたので、これらを本日の日程に追加し、日程順序を変更して、ただいま申し上げた順に直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浜口和久君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第16号 議長の常任委員会委員の辞退願い出について



○副議長(浜口和久君) それでは、日程第2、「発議第16号議長の常任委員会委員の辞退願い出について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、本人の申し出を了とし、直ちに同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浜口和久君) 御異議なしと認めます。

 よって、「発議第16号議長の常任委員会委員の辞退願い出について」は同意をすることに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第17号 議長の議会運営委員会委員の辞任願い出について



○副議長(浜口和久君) 次に、日程第3、「発議第17号議長の議会運営委員会委員の辞任願い出について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、本人の申し出を了とし、直ちに許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浜口和久君) 御異議なしと認めます。

 よって、「発議第17号議長の議会運営委員会委員の辞任願い出について」は許可することに決定をいたしました。

     〔杉村定男君入場〕



○副議長(浜口和久君) それでは、議長席を交代いたします。

     〔杉村定男君議長席に着く〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 ただいま議長の議会運営委員会委員の辞任願いを許可したことに伴い、欠員となりました議会運営委員会委員の選任を行う必要が生じましたので、これを本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第18号 議会運営委員会委員の補欠選任について



○議長(杉村定男君) それでは、日程第4、「発議第18号議会運営委員会委員の補欠選任について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、25番、世古口議員を議会運営委員会委員に指名したいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 よって、世古口議員を議会運営委員会委員に選任することに決定いたしました。

 議事整理のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時34分



△再開 午後1時10分



○議長(杉村定男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 ただいま浜口副議長から、一身上の都合により副議長の辞職願が提出されましたので、これを本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第19号 市議会副議長の辞職願い出について



○議長(杉村定男君) それでは、日程第5、「発議第19号伊勢市議会副議長の辞職願い出について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、本人の申し出を了とし、直ちにこれを許可することに決定いたしまして、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 よって、「発議第19号 伊勢市議会副議長の辞職願い出について」は、許可することに決定いたしました。

     〔浜口和久君入場〕



○議長(杉村定男君) ただいま市議会副議長の職を辞任されました浜口議員から辞任のあいさつの申し出がありましたので、許可いたします。

 20番、浜口議員。



◆20番(浜口和久君) 副議長を辞任するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年の12月定例議会におきまして、皆様の御推挙のおかげをもちまして、副議長という要職に1年間つかさせていただきました。その間、大きなミスもすることもなく、無難にこなせてきたかなと自分では思っているのでございますが、それもひとえに皆様方が支えていただいたおかげだと思っております。本当に感謝をいたしております。ありがとうございます。

 また、前西山議長におかれましては、健康に留意をされまして1年間議会を休むことなく、議長の職を全うされました。そして、信念を持って議会運営に携わっていただけたと思っておりますが、何分後ろに控えておりました私が非力なものでございますから、いろいろと御迷惑をかけた点があったのではないかなというふうに自問自答しておるところでございます。

 本当に有意義な1年間を過ごさせていただき、ありがとうございます。本日ただいまから一議員に戻りまして、市政発展のために鋭意汗をかいてまいる所存でございますので、今後とも御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げまして、退任のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 ただいま副議長の辞職を許可し、副議長が欠員となりましたので、この際、本日の議事日程に日程第6として「発議第20号市議会副議長の選挙について」を追加いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定されました。

 議事整理のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時14分



△再開 午後2時30分



○議長(杉村定男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第20号 市議会副議長の選挙について



○副議長(浜口和久君) 日程第6、発議第20号市議会副議長の選挙を行います。

 最初に、副議長立候補者の所信表明を行います。

 これは、副議長の選出の過程を市民にわかりやすくするとともに、伊勢市議会の方向性を明確にするために行うものでございます。

 広議員から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) 副議長に立候補の際の所信表明をさせていただきます。

 先ほど、杉村議長のほうから所信表明がありました。伊勢にはたくさんの問題が山積をしております。今後は、具体的な施策をもってそれを講じていかなければいけない、そのように私も思っております。特にその中でも病院問題、そして駅前の開発の問題、さらには景気対策等々がございます。私見を述べさせてもらうとすれば、例えば今、伊勢病院を建て直す。これは必要かと思います。しかし、そもそも論といいますか、ではどのような病院が今、伊勢市民のために必要なのかどうか、いわゆる病院完結型でいいのか、さらには地域完結型にしなければいけないのか、そういう問題があろうかと思います。

 特には、日赤さんがああいうふうに充実されておる中で、日赤さんと、そして慶友病院さんと、それでまた伊勢病院が、これがコラボレーションして新しい病院をつくっていく、そういった議論をする時期になってきておるのではないかというふうに私は思います。

 そして、駅前問題でございます。今、駅前は、皆さん御存じのように温泉も掘り始めてます。私のこれは考えですが、内宮ではおかげ横丁、そしておはらい町通りと活況を呈しております。しかし、今、外宮前がまだまだ元気がない状態の中で、ようやく最近、外宮も元気が出てきたんかなと。これは考えですが、内宮のほうでは大体夕方ぐらいにはもう終わってしまいます。ですから、それが終わってから外宮のほうで夜は過ごしていただいて、さらには新道のほうのナイトスポットのほうも充実をしていくような、そういった流れをつくっていきたいなと、つくっていかなければならないというふうには思っております。

 さらには、少子化と絡めましての景気対策も、今後具体的な施策を講じていかなければいけない。

 私がもし皆さんに御推挙いただければ、このような問題に具体的な施策をもって対応していきたいと、そのように思っておりますので、どうかよろしくお願いを申し上げまして所信表明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(杉村定男君) 次に、選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(杉村定男君) ただいまの出席議員数は26名であります。

 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○議長(杉村定男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○議長(杉村定男君) 異状なしと認めます。

 この際、申し上げます。長岡議員から、登壇が困難なため、投票箱への投入につき代理投票の申し出がありましたので、代理投票を認めることにいたします。

 この場合、地方自治法第118条において準用する公職選挙法第48条第2項の規定により、立会人の意見を聞いて投票補助者2名を定めることになっております。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、1番、野崎議員、2番、吉井議員の御両名を指名いたします。代理投票の投票補助者2名を決定するため、立会人の方々は直ちに議長席までお越しください。

 それでは、投票補助者2名は伊藤議事係長と中野書記といたします。

 それでは、これから投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票を願います。

 なお、長岡議員の投票は、議席において投票用紙にお書きいただいた後、一番最後に投票補助者をして投票箱へ投入させることにいたしたいと思いますので、御了承をお願いいたします。

 それでは、点呼を命じます。

     〔点呼〕

     〔投票〕



○議長(杉村定男君) 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○議長(杉村定男君) 開票を行います。

 立会人の野崎議員、吉井議員の開票の立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○議長(杉村定男君) ただいまの選挙結果を御報告申し上げます。

 投票総数は26票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち有効投票16票、無効投票10票、内訳は白票でございます。

 有効投票中、9番広議員16票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4票であり、よって、本市議会副議長に広議員が当選されました。

 ただいま副議長に当選されました広議員が議場にお見えになりますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 当選人から発言を求められておりますので、許可をいたします。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) このたびは副議長に御推挙いただきまして、まことにありがとうございました。

 今後は、微力ではございますが、議長を補佐し、全力でその職に務めてまいりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。本日はありがとうございました。(拍手)



○議長(杉村定男君) 議事整理のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時50分



△再開 午後3時40分



○議長(杉村定男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(杉村定男君) この際、本日の会議時間を議事の都合によりあらかじめ延長いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 ただいま広副議長から副議長の職務にかんがみ、議会改革特別委員会委員を辞任したい旨の申し出がありました。これを本日の日程に追加し、日程順序を変更し、直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第21号 副議長の議会運営委員会委員の辞任願い出について



○議長(杉村定男君) それでは、日程第7、「発議第21号副議長の議会改革特別委員会委員の辞任願い出について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、本人の申し出を了とし、直ちに許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 よって、「発議第21号副議長の議会改革特別委員会委員の辞任願い出について」は許可することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 ただいま副議長の議会改革特別委員会委員の辞任願い出を許可したことに伴い、欠員となりました議会改革特別委員会委員の選任を行う必要が生じましたので、これを本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第22号 議会改革特別委員会委員の補欠選任について



○議長(杉村定男君) それでは、日程第8、「発議第22号議会改革特別委員会委員の補欠選任について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、21番、工村議員を議会改革特別委員会委員に指名したいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 よって、工村議員を議会改革特別委員会委員に選任することに決定いたしました。

 議事整理のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時42分



△再開 午後4時2分



○議長(杉村定男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 ただいま、当局から「議案第122号伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて」、議案の送付を受けましたので、これを本日の日程に追加し、日程順序を変更して、直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 議案を配付させます。

     〔議案の配付〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第122号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村定男君) それでは、日程第9、「議案第122号伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました「議案第122号伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて」御説明を申し上げます。

 これは、本市監査委員1名が欠員となりましたので、その後任として山根隆司さんを選任するにつき、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。

 それでは、山根隆司さんの略歴につきまして申し上げます。

 山根さんは、昭和29年7月6日生まれ。現住所は伊勢市宮川2丁目4番53号。学歴は昭和48年3月三重高等学校を卒業。経歴といたしましては、平成15年5月伊勢市議会議員当選就任、同年同月議会報発行委員会副委員長選任、同16年7月予算特別委員会副委員長選任、同年9月産業建設委員会副委員長選任、同17年9月産業建設委員会副委員長選任、同年11月伊勢市議会議員当選就任、同年12月産業建設委員会副委員長選任、同20年12月産業建設委員会委員長選任、同21年11月伊勢市議会議員当選就任、同22年12月産業建設委員会委員長選任、同23年12月議会運営委員会副委員長選任、現在に至っておられます。

 以上のとおりでございます。

 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(杉村定男君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御発言もないようでありますので、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 議案第122号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 討論なしと認めます。

 ただいまから採決を行います。

 議案第122号につきまして同意することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(杉村定男君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第122号伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて」は、同意することに決定いたしました。

     〔山根隆司君入場〕



○議長(杉村定男君) この際、山根議員から発言のお申し出がありますので、許可いたします。

 12番、山根議員。



◆12番(山根隆司君) 皆さん、本当にありがとうございます。

 伊勢市の監査という重大な責務を受けさせていただき、監査業務に邁進して一生懸命頑張る所存でございますので、今後、皆様方には御指導、御鞭撻を仰ぎながら、重ねてお願い申し上げます。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の訂正について



○議長(杉村定男君) 午前中の本会議におきまして、有効投票数の訂正がありますので、御報告申し上げます。

 午前中の本会議におきまして、発議第15号市議会議長の選挙についての開票結果におきまして、有効投票数に誤りがございましたので訂正の報告をいたします。市議会議長選挙の有効投票数を6.5票と報告いたしましたが、正しくは4票でございましたので、「4票」と訂正させていただきますので、御了解ください。

 なお、選挙結果の影響はございません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(杉村定男君) お諮りいたします。

 議事日程はまだ残っておりますが、本日はこの程度で散会し、明6日午前10時から継続会議を開くことに決定いたしまして、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 継続会議は明6日午前10時から開きます。

 それでは、本日は散会いたします。

 なお、本日御出席の皆様には開議通知を差し上げませんから、御承知をお願い申し上げます。御苦労さんでございました。



△散会 午後4時08分

 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成24年12月5日

        伊勢市議会議長     杉村定男

        前伊勢市議会副議長   浜口和久

        伊勢市議会議員     広 耕太郎

        伊勢市議会議員     品川幸久