議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成24年  6月 定例会 07月11日−05号




伊勢市 平成24年  6月 定例会 − 07月11日−05号







伊勢市 平成24年  6月 定例会



           平成24年6月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

                   平成24年7月11日(水)午前10時開議

日程第1 議案第60号 平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)外1件一括

日程第2 議案第62号 伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について外1件一括

日程第3 議案第65号 水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について外1件一括

日程第4 議案第67号 市道の路線の認定について

日程第5 議案第70号 平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第3号)

日程第6 議案第71号 伊勢市営住宅等の指定管理者の指定について

日程第7 報告第5号 繰越明許費繰越しの報告について

日程第8 報告第6号 伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて

日程第9 報告第7号 伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて

日程第10 報告第8号 伊勢市土地開発公社の決算について

日程第11 平成24年請願第1号 所得税法第56条の廃止を求める請願

日程第12 平成24年請願第2号 年金支給減額に反対する意見書提出の請願

日程第13 発議第5号 基地対策予算の増額等を求める意見書の提出について

本日の会議に付した事件

 1.平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)外1件一括

 1.伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について外1件一括

 1.水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について外1件一括

 1.市道の路線の認定について

 1.平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第3号)

 1.伊勢市営住宅等の指定管理者の指定について

 1.繰越明許費繰越しの報告について

 1.伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて

 1.伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて

 1.伊勢市土地開発公社の決算について

 1.所得税法第56条の廃止を求める請願

 1.年金支給減額に反対する意見書提出の請願

 1.基地対策予算の増額等を求める意見書の提出について

出席議員(28名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     17番  中川幸久君     18番  小山 敏君

     19番  杉村定男君     20番  浜口和久君

     21番  工村一三君     22番  山本正一君

     23番  佐之井久紀君    24番  宿 典泰君

     25番  世古口新吾君    26番  長岡敏彦君

     27番  中村豊治君     28番  中山裕司君

欠席議員(0名)

      なし

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     中川芳明君   事務局次長    杉原正基君

  議事係長     伊藤 亨君   調査係長     津村将彦君

  書記       中野 諭君   書記       中川浩良君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君

  病院事業管理者  藤本昌雄君   会計管理者    白木信行君

  総務部長     藤本 亨君   情報戦略局長   森井 啓君

  環境生活部長   中井宏明君   健康福祉部長   山本辰美君

  産業観光部長   三浦 徹君   都市整備部長   宮田重和君

  二見総合支所長  中村龍平君   小俣総合支所長  森 明彦君

  御薗総合支所長  内田 豊君   上下水道部長   本多秀夫君

  病院事務部長   佐々木昭人君  消防長      大西邦生君

  総務部理事    角前 明君   産業観光部理事  奥野喜久君

  消防本部次長   竜田博史君   総務課長     北 一晃君

  行政経営課長   大西要一君   用地課長     渡邊 実君

  教育委員会委員長 楠田英子君   教育長      宮崎吉博君

  教育部長     玉置行弘君   教育次長     北村 陽君

  監査委員     鈴木一博君   選挙管理委員会委員長

                            鈴木市郎君



△開議 午前9時59分



△開議の宣告



○議長(西山則夫君) ただいまから市議会定例会の継続会議を開きます。

 本日の出席者は全員ですので、会議は成立いたしております。

 本日の会議録署名者及び議案等説明者は、開会当初決定あるいは御報告申し上げたとおりです。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 それでは、会議に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第60号外1件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 日程第1、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)外1件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして関係常任委員会に審査付託となっているものです。

 各委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、産業建設委員会から報告をお願いいたします。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました2件一括の議案中、産業建設委員会に審査付託をされました「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」中、産業建設委員会関係分につきましては、去る7月5日に委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(西山則夫君) 次に、教育民生委員会から報告をお願いいたします。

 27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 上程中の2件一括の議案中、教育民生委員会に審査付託を受けました「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」中、教育民生委員会関係分及び「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」、以上2件につきましては、去る7月6日、委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 なお、審査の過程におきまして、議案第60号中、款3民生費において、地域支え合い体制づくり事業の補助金のことはもっとしっかりと市民及び市民団体にも周知をしていただき、可能であれば市の事業も含め、従来からの要望についても考えていただきたいという意見、また、款11教育費においては、人権教育研究推進事業として、県教委の支援を受けてモデル校を選定し、人権教育のカリキュラムを作成していくということであれば、他校でもすぐに活用できるようなものにしていただきたいという意見がありましたので、あわせて御報告申し上げます。



○議長(西山則夫君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いいたします。

 19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) 御報告申し上げます。

 上程中の2件一括の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」中、総務政策委員会関係分につきましては、去る7月9日に委員会を開会し、慎重に審査を行った結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告を申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第60号外1件一括に対する討論に入りますが、通告はありません。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから議案第60号外1件一括を採決いたします。

 2件一括の議案のうち、まず「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」を採決いたします。

 議案第60号につきまして、各委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」は、原案どおり可決確定いたしました。

 次に、「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」を採決いたします。

 議案第61号につきまして、教育民生委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第62号外1件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第2、「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について外1件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして所管の常任委員会に審査付託となっているものです。

 各委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、産業建設委員会から報告をお願いいたします。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました2件一括の議案中、産業建設委員会に審査付託をされました「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」は、去る7月5日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(西山則夫君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いいたします。

 19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) 御報告申し上げます。

 上程中の2件一括の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正につきまして、去る7月9日に委員会を開会し、慎重に審査を行った結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第62号外1件一括に対する討論に入りますが、通告はありません。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから議案第62号外1件一括を採決いたします。

 2件一括の議案のうち、まず「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」を採決いたします。

 議案第62号につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 次に、「議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正について」を採決いたします。

 議案第63号につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第65号外1件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第3、「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について外1件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして総務政策委員会に審査付託となっているものです。

 総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) 御報告申し上げます。

 ただいま上程されました「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について外1件一括」につきましては、去る7月9日に総務委員会を開会し、慎重に審査を行った結果、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第65号外1件一括に対する討論に入りますが、通告はありません。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから議案第65号外1件一括を採決いたします。

 本件につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について」、「議案第66号水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得について」、以上2件は、いずれも原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第67号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第4、「議案第67号市道の路線の認定について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして産業建設委員会に審査付託となっているものです。

 産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました「議案第67号市道の路線の認定について」は、去る7月5日開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第67号に対する討論に入りますが、通告はありません。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから議案第67号を採決いたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第67号市道の路線の認定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第70号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第5、「議案第70号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第3号)」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして関係常任委員会に審査付託となっているものです。

 各委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、産業建設委員会から報告をお願いいたします。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました「議案第70号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第3号)」中、産業建設委員会関係分につきましては、去る7月5日開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 なお、委員から、指定管理の途中での打ち切りの確認とその後の市営住宅の運営方法について質問があり、当局から、契約の解除については募集要綱でこちらから解除できることを明記している。解除後は直営で運営し、改めて指定管理者を募集するとの答弁がありましたことを御報告申し上げます。



○議長(西山則夫君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いいたします。

 19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) 御報告申し上げます。

 上程中の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第70号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第3号)」中、総務政策委員会関係分につきましては、去る7月9日に総務政策委員会を開会し、慎重に審査を行った結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第70号に対する討論に入りますが、通告はありません。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから議案第70号を採決いたします。

 本件につきまして、各委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第70号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第3号)」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第71号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第6、「議案第71号伊勢市営住宅等の指定管理者の指定について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして産業建設委員会に審査付託となっているものです。

 産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました「議案第71号伊勢市営住宅等の指定管理者の指定について」は、去る7月5日開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、賛成多数をもって可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 なお、審査の過程におきまして、委員から、今回指定管理を受ける企業体は自社で発注して自社で受注することが可能であり、民法108条に抵触するおそれがあるのではという質問がありました。しかし、その後の委員間討議では、他の企業でも同じことが起こり得る、公平に決められているとの意見がありましたことを御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第71号に対する討論に入りますが、通告はありません。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから議案第71号を採決いたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立多数と認めます。

 よって、「議案第71号伊勢市営住宅等の指定管理者の指定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第7、「報告第5号繰越明許費繰越しの報告について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました「報告第5号繰越明許費繰越しの報告について」御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、ハートプラザみその等管理事業ほか27事業に係る繰越明許費繰越計算書を調製いたしましましたので、議会に御報告するものでございます。

 なお、詳細につきましては副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第5号繰越明許費繰越しの報告につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の32ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成23年12月議会におきまして議決をいただきましたハートプラザみその等管理事業を初めとします4事業、平成24年1月議会におきまして議決をいただきました倉田山公園整備事業並びに平成24年3月議会におきまして議決をいただきました市史編さん事業を初めとします23事業に係るものでございます。

 年度内に支出を終わらない見込みのものにつきまして、法の定めるところに従い、33ページから35ページにかけまして記載してございますが、繰越明許費繰越計算書を調製しまして御報告申し上げるものでございます。

 なお、今回の報告分から、報告内容の充実を図るため、様式の一部変更を行い、繰り越しとなった主な理由及び完成予定年月を記載いたしております。

 繰り越しの主な理由でございますが、国の予算に係る3事業につきましては、国の平成23年度第3次補正予算または補助金の追加配分に対応した事業を予算化したことなどによるものでございます。

 次に、工事及び設計に係る20事業につきましては、地元及び関係機関との調整に不測の日数を要したこと、または国・県が施行する工事におくれが生じたことなどによるものでございます。

 次に、その他の5事業につきましては、作業がおくれたことなどによるものでございます。

 これらの事業につきましては、先ほど申し上げました理由によりまして、実施に不測の日数を要し、平成23年度内での完成に至らず、やむなく繰り越しとなったものでございます。

 現時点におきまして完成した事業もございますが、その他の事業につきましては、計算書に記載の完成予定年月以内での完成を目指し、鋭意取り組んでいるところでございます。

 何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第5号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 ただいまから報告第5号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第5号繰越明許費繰越しの報告について」は、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第8、「報告第6号伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました報告第6号伊勢市水道事業会計予算の繰越しにつきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方公営企業法第26条第3項の規定により、伊勢市水道事業会計における5事業に係る繰越額の使用に関する計画について報告がありましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細につきましては副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第6号伊勢市水道事業会計予算の繰越しにつきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の36ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成24年5月16日、繰越額の使用に関する計画について報告を受けました水道事業会計の建設改良費に係るものでございまして、年度内に工事等が完了しなかったものにつきまして、法の定めるところに従い、繰越計算書を作成しまして御報告を申し上げるものでございます。

 37ページに繰越計算書の記載がございますが、このたびの繰り越しは、原水施設等設置事業を初めとします5事業に係るものにつきまして繰り越すものでございます。

 なお、今回の報告分から、報告内容の充実を図るため、繰り越しの理由をそれぞれの工事等の内容別に区分し、記載いたしております。

 繰り越しの主な理由でございますが、その原因となります下水道工事等との工程調整や関係機関との協議により、工事におくれが生じたことなどでございます。

 これら繰り越しをしました26件の工事等につきましては、現時点におきまして13件が完成しており、残りの13件につきましても完成を目指し、鋭意取り組んでいるところでございます。

 何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第6号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 ただいまから報告第6号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第6号伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて」は、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第9、「報告第7号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました報告第7号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しにつきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方公営企業法第26条第3項の規定により、伊勢市下水道事業会計における19事業に係る繰越額の使用に関する計画について報告がありましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細につきましては副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第7号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しにつきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の38ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成24年5月16日、繰越額の使用に関する計画について報告を受けました下水道事業会計の建設改良費に係るものでございまして、年度内に工事等が完了しなかったものにつきまして、法の定めるところに従い、繰越計算書を作成しまして御報告を申し上げるものでございます。

 39ページから40ページにかけまして繰越計算書の記載がございますが、このたびの繰り越しは、汚水処理施設整備事業を初めとします19事業に係るものにつきまして繰り越すものでございます。

 なお、今回の報告分から、報告内容の充実を図るため、繰り越しの理由をそれぞれの工事等の内容別に区分し、記載いたしております。

 繰り越しの主な理由でございますが、工事等における施工方法の変更や工程調整等、また設計業務における関係機関との協議に不測の日数を要したことなどでございます。

 これら繰り越しをしました59件の工事等につきましては、現時点におきまして17件が完成しており、残りの42件につきましても完成を目指し、鋭意取り組んでいるところでございます。

 何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第7号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 ただいまから報告第7号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第7号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて」は、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第10、「報告第8号伊勢市土地開発公社の決算について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「報告第8号伊勢市土地開発公社の決算について」御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法第243条の3第2項の規定により、伊勢市土地開発公社の平成23年度の決算に関する書類を作成しましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細につきましては副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第8号伊勢市土地開発公社の決算につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 平成23年度伊勢市土地開発公社事業報告書及び決算報告書の1ページをお開きいただきたいと存じます。

 まず、1の公有地取得事業用地の取得でございますが、八日市場高向線外1線整備事業用地で、御薗町地内、面積は126.49平方メートル、取得金額は1,264万9,000円でございます。

 次に、桧尻川22−1号線道路改良事業で、船江4丁目地内、面積は344.12平方メートル、取得金額は2,141万7,000円でございます。

 次に、補償でございますが、これは八日市場高向線外1線整備事業の用地取得に係る建物補償等に対する補償でございまして、5,141万7,534円でございます。

 次に、桧尻川22−1号線道路改良事業に係る建物等に対する補償でございまして、2,025万1,099円でございます。

 次に、測量試験費でございますが、八日市場高向線外1線整備事業及び桧尻川22−1号線道路改良事業の用地取得に要しました登記手数料でございまして、15万7,457円でございます。

 以上、事業費の合計といたしましては1億589万2,090円でございまして、いずれも市からの依頼によるものでございます。

 次に、処分でございますが、八日市場高向線外1線整備事業を初めとする4事業に係る事業用地を処分したものでございます。

 内訳は記載のとおりでございまして、総面積で1,127.92平方メートル、処分総額は3億3,678万3,713円でございます。

 次に、2ページから3ページにかけましては、会議記録及び処理事項を記載させていただいております。

 次に、4ページをお願いいたします。

 平成23年度の決算報告書につきまして御説明申し上げます。

 収益的収入及び支出でございますが、まず収入では、款1事業収益、項1公有地取得事業収益、目1公有用地売却収益及び目2代替地売却収益の決算額3億3,678万3,713円は、先ほど事業報告で処分として御説明申し上げました公有地の売却収益でございます。

 次の款2事業外収益、項1受取利息及び項2雑収益の決算額は313万2,892円でございます。

 以上、収入合計は、予算額3億3,991万2,000円に対し決算額は3億3,991万6,605円で、4,605円の収入増となったものでございます。

 次に、支出でございますが、款1事業原価、項1公有地取得事業原価、目1公有用地売却原価及び目2代替地売却原価の決算額3億2,684万1,780円は、売却処分をいたしました用地の原価でございます。

 次に、款2販売費及び一般管理費、項1販売費及び一般管理費、目1人件費及び目2経費の決算額は1,203万3,007円で、これは事業管理に要した経費でございまして、9ページに明細を記載いたしておりますので、御高覧をいただきたいと存じます。

 以上の結果、支出合計は、予算額3億3,904万2,000円に対し決算額3億3,887万4,787円となり、16万7,213円の支出減となったものでございます。

 次に、5ページをお願いいたします。

 資本的収入及び支出でございますが、まず収入では、款1資本的収入、項1借入金、目1借入金の決算額1億589万3,000円は、用地の取得、補償費等に要します資金を市から借り入れたものでございます。

 次に、支出でございますが、款1資本的支出の項1公有地取得事業費につきましては、先ほど事業報告の中で御説明申し上げました用地の取得に要した費用で、土地取得費、補償費、測量試験費を合わせまして決算額1億589万2,090円となるものでございます。

 次に、項2借入金償還金、目1借入金償還金の決算額3億2,684万3,000円は、伊勢市の土地開発基金からの借入金を償還したものでございます。この結果、資本的支出におきましては、予算額4億3,273万9,000円に対し決算額が4億3,273万5,090円となり、3,910円の執行残となったものでございます。

 以上の結果、資本的収入額に対し資本的支出額が3億2,684万2,090円の不足を生じましたが、これは損益勘定留保資金で補てんをさせていただいております。

 次に、6ページをお願いいたします。

 損益計算書でございますが、先ほど決算報告書で御説明申し上げました平成23年度中の収益的収入及び支出をそれぞれ記載いたしております。この結果、当期におきまして104万1,818円の純利益となったものでございます。

 次に、7ページをお願いいたします。

 貸借対照表でございますが、これは当年度末における事業の財産状態を総括的にあらわしております。資産の部は、流動資産、固定資産を合わせまして資産合計は17億2,716万2,185円となったものでございます。負債の部は、流動負債、固定負債を合わせまして負債合計は15億763万4,818円となったものでございます。

 資本の部の準備金は、当期純利益が生じたことによりまして、法の定めるところにより、繰越準備金に充てることといたしております。

 このことから、次期繰越準備金は2億1,452万7,367円となるものでございます。これによりまして、資本金、準備金を合わせました資本の合計は、2億1,952万7,367円となったものでございます。

 次に、8ページをお願いいたします。

 キャッシュ・フロー計算書でございますが、これは平成23年度中の現金の収入、支出の動きを表にしたものでございます。1の事業活動によるキャッシュ・フローは2億2,199万9,550円に、2の財務活動によるキャッシュ・フローはマイナス2億2,095万円になったものでございます。平成23年度末の現金及び現金同等物の期末残高は、2億611万6,487円になったものでございます。

 なお、10ページ以降に現金及び預金明細表、公有用地明細表等をそれぞれ添付いたしておりますので、御高覧いただきたいと存じます。

 また、本決算につきましては、本年5月22日、監査をお願いし、その監査結果を末尾に添付させていただいています。

 以上、報告第8号伊勢市土地開発公社の決算につきまして、補足の御説明を申し上げました。何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第8号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 ただいまから報告第8号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第8号伊勢市土地開発公社の決算について」は、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成24年請願第1号の上程、報告、質疑、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第11、「平成24年請願第1号所得税法第56条の廃止を求める請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして総務政策委員会に審査付託となっているものです。

 総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) ただいま上程されました「平成24年請願第1号所得税法第56条の廃止を求める請願」につきましては、去る7月9日に総務政策委員会を開会し、慎重に審査を行った結果、所得税法第56条が存在する意味や関連する同法第57条についてももう少し時間をかけて精査したいとの意見があり、全会一致をもって継続審査にすべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 平成24年請願第1号につきましては、総務政策委員会の報告のとおり、さらに審査期限を延長し、議会閉会中も審査を願い、次の議会に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成24年請願第2号の上程、報告、質疑、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第12、「平成24年請願第2号年金支給額減額に反対する意見書提出の請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る2日の本会議におきまして教育民生委員会に審査付託となっているものです。

 教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 ただいま上程されました「平成24年請願第2号年金支給額減額に反対する意見書提出の請願」について、去る7月6日、委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果、人口構造が変化していく中、高齢者の人口を若者世代がどこまで支えられるのか、高齢者を支える若者世代にとっては、保険料が上がり、支給額がそのままということは理解しがたい部分があるのではないかという意見、また、マクロ経済スライドも若者にツケを残さないという一つの考え方となっており、もう少し議論の必要があるのではないかという意見など、5名の委員から発言があり、これらの状況を踏まえ、さらに詳細に審査をする必要があると認め、全会一致をもって継続審査にすべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 平成24年請願第2号につきましては、教育民生委員会の報告のとおり、さらに審査期限を延長し、議会閉会中も審査を願い、次の議会に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第13、「発議第5号基地対策予算の増額等を求める意見書の提出について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 提案者の説明を求めます。

 総務政策委員会委員長、19番、杉村議員。



◆19番(杉村定男君) ただいま上程されました発議第5号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 基地施設周辺の市町村は、基地所在に伴う諸問題の解決に向けて鋭意努力しているところでありますが、長期にわたる景気低迷による地域経済の著しい疲弊や基地所在に伴う特殊な財政需要の増大等により、大変厳しい財政状況にあります。

 こうした基地関係市町村に対しては、これまで基地交付金や調整交付金が交付され、また基地周辺対策事業が実施されているところでありますが、先ほど申し上げたように、基地関係市町村の実情に配慮いたしまして、1つ目に、基地交付金及び調整交付金の増額と基地交付金の対象資産の拡大、2つ目に、基地周辺対策費の所要額を確保するとともに各事業の補助対象施設及び範囲の拡大など実現されるように求め、地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明といたします。

 何とぞよろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 発議第5号は委員会提出でありますので、会議規則第38条第2項の規定により、委員会に付託せず、討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 よって、これをもって討論を終わります。

 ただいまから発議第5号を採決いたします。

 本件につきまして、原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「発議第5号基地対策予算の増額等を求める意見書の提出について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 なお、本意見書につきましては、議長において処理をいたしますので、御了承をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(西山則夫君) 以上で、本議会定例会提出の全議案を議了いたしました。

 これをもって本日の会議を閉じ、市議会定例会を閉会いたします。

 なお、議長の手元に陳情が1件参っておりますので、印刷、配付しておきましたから、御了承ください。

 御苦労さまでした。



△閉会 午前10時52分

 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成24年7月11日

        伊勢市議会議長     西山則夫

        伊勢市議会議員     岡田善行

        伊勢市議会議員     福井輝夫