議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成24年  6月 定例会 06月25日−01号




伊勢市 平成24年  6月 定例会 − 06月25日−01号







伊勢市 平成24年  6月 定例会



           平成24年6月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

                   平成24年6月25日(月)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 議案第60号 平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)

日程第4 議案第61号 平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第5 議案第62号 伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について

日程第6 議案第63号 伊勢市火災予防条例の一部改正について

日程第7 議案第64号 三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について

日程第8 議案第65号 水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について

日程第9 議案第66号 水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得について

日程第10 議案第67号 市道の路線の認定について

日程第11 議案第68号 人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて

日程第12 議案第69号 人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて

本日の会議に付した事件

 1.会議録署名議員の指名について

 1.会期の決定について

 1.平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)

 1.平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)

 1.伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について

 1.伊勢市火災予防条例の一部改正について

 1.三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について

 1.水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について

 1.水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得について

 1.市道の路線の認定について

 1.人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて

 1.人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて

出席議員(27名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     17番  中川幸久君     18番  小山 敏君

     19番  杉村定男君     20番  浜口和久君

     21番  工村一三君     22番  山本正一君

     23番  佐之井久紀君    24番  宿 典泰君

     25番  世古口新吾君    27番  中村豊治君

     28番  中山裕司君

欠席議員(1名)

     26番  長岡敏彦君

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     中川芳明君   事務局次長    杉原正基君

  議事係長     伊藤 亨君   調査係長     津村将彦君

  書記       中野 諭君   書記       中川浩良君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君

  病院事業管理者  藤本昌雄君   会計管理者    白木信行君

  総務部長     藤本 亨君   情報戦略局長   森井 啓君

  環境生活部長   中井宏明君   健康福祉部長   山本辰美君

  産業観光部長   三浦 徹君   都市整備部長   宮田重和君

  二見総合支所長  中村龍平君   小俣総合支所長  森 明彦君

  御薗総合支所長  内田 豊君   上下水道部長   本多秀夫君

  病院事務部長   佐々木昭人君  消防長      大西邦生君

  総務部理事    角前 明君   産業観光部理事  奥野喜久君

  消防本部次長   竜田博史君   総務部参事    可児文敏君

  総務課長     北 一晃君   行政経営課長   大西要一君

  教育委員会委員長 楠田英子君   教育長      宮崎吉博君

  教育部長     玉置行弘君   教育次長     北村 陽君

  監査委員     鈴木一博君   選挙管理委員会委員長

                            鈴木市郎君



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(西山則夫君) ただいまから市議会定例会を開会いたします。

 本日の出席者は全員ですので、会議は成立いたしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(西山則夫君) 本議会の議案等説明のため、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、監査委員の出席を求めましたところ、市長から副市長、病院事業管理者、会計管理者、各部長、局長、各総合支所長、消防長、各理事、各次長、各参事、各課長、各室長、消防署長、各副参事、各消防署副署長、嘱託員を、教育委員会委員長から教育長、部長、次長、各課長、所長、各副参事を、また選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、代表監査委員からそれぞれ事務局長を説明補助員として議場に出席承認方の申し出がありましたので、これを承認しておきましたから、御報告いたします。

 会議に入ります前に、去る4月19日に開催されました東海市議会議長会定期総会並びに5月23日に開催されました全国市議会議長会定期総会におきまして中村豊治議員が議員在籍25年以上の特別表彰を受けられ、議長が代理受領してまいりましたので、ただいまから表彰状の伝達を行います。

     〔表彰状伝達〕



○議長(西山則夫君) 以上で、表彰状の伝達を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(西山則夫君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。

 それでは、会議に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(西山則夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本議会の会議録署名者は、会議規則第80条の規定により、議長において5番、岡田議員、6番、福井議員の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(西山則夫君) 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本議会の会期は、本日から7月11日までの17日間と決定いたしまして、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、本議会の会期は本日から7月11日までの17日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第60号外1件一括上程、説明



○議長(西山則夫君) 審議の都合により、日程第3、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」及び日程第4、「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」の2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) おはようございます。

 議案の説明の前に、先ほど表彰された中村豊治議員に対しまして、25年という長い期間の市政への反映に関しまして、心からお祝いとお喜びを申し上げたいと思います。本当におめでとうございます。

 それでは、ただいま一括上程されました「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」及び「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」について御説明を申し上げます。

 まず、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」につきましては、新規事業を初め国・県補助金の決定等によります事業費の変更、緊急雇用創出事業の追加並びに行政運営上早急に予算化を必要とする諸経費を合わせ、10億9,119万2,000円の追加補正をお願いするものでございまして、補正後の歳入歳出の総額は、それぞれ458億1,106万円となるものでございます。

 それでは、歳出の主なものについて御説明を申し上げます。

 まず、総務費における地域自治推進事業及びふるさと創生基金の積み立てに要する経費、民生費における障害児入所施設の耐震化整備の補助及び地域支え合い体制づくりに要する経費、衛生費における環境審議会の運営に要する経費、労働費における緊急雇用創出に要する経費、農林水産業費における土地改良施設の維持補修の補助に要する経費、土木費における市街地再開発支援に要する経費、消防費における消防本部庁舎設計に要する経費、教育費における人権教育の推進、通学費扶助及び倉田山公園野球場改修に要する経費等をそれぞれ計上いたしております。

 以上が歳出の主なものですが、これらに要する財源としましては、分担金及び負担金、国・県支出金、財産収入及び市債を充当することとし、また繰入金では歳入歳出調整のため減額をしております。

 なお、歳出予算に関連して、継続費、繰越明許費、債務負担行為及び地方債についても所要の補正を行っております。

 次に、「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」については、保険事業勘定において246万5,000円の追加補正をお願いしております。

 これは、平成23年度国・県負担金等の精算による返還金を計上したものでございます。

 財源としては繰越金を計上いたしております。

 以上、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」及び「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げましたが、詳細につきましては副市長から御説明を申し上げます。御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」及び「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 まず、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」につきまして御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、補正予算書の14ページ、15ページをお開きいただきたいと存じます。

 歳出でございますが、款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費、地域自治推進事業293万4,000円の増額は、修道地区の地区みらい会議の事務所として利用いたします。修道小学校の2階の第2音楽室の改修を行うものでございます。

 次に、目16基金管理費、ふるさと創生基金3,000万円の増額は、債務負担行為にも計上しております工場等立地促進奨励金として平成25年度以降に支出を見込んでおりますことから、企業立地用地売払収入の一部を財源として確保するため、ふるさと創生基金へ積み立てるものでございます。

 次に、16ページ、17ページをお願いいたします。款3民生費、項1社会福祉費、目2障害者福祉費におきます1,913万5,000円の増額は、障害者支援施設等整備補助金では、当初予定しておりました生活介護事業施設の整備が平成24年度の国庫補助協議対象施設と認められなかったことから1,626万5,000円を減額いたしますとともに、障害児入所施設等耐震化整備補助金において三重済美学院が実施いたします障害児入所施設の耐震化整備事業への補助金交付に要する経費3,540万円を追加計上することによるものでございます。

 次に、18ページ、19ページをお願いいたします。項2老人福祉費、目1老人福祉推進費、地域支え合い体制づくり事業補助金350万円の増額は、高齢者や障がい者の買い物支援など、地域における日常的な支え合い活動の体制づくりを行う団体に対する補助に要する経費を計上したものでございます。

 次に、22ページ、23ページをお願いいたします。款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費、環境審議会経費30万3,000円の増額は、三重県が提唱するプロジェクト「地域と共に創るEV等を活用した低炭素社会モデル事業」に参画するに当たり、その取り組みが伊勢市地球温暖化防止実行計画に影響を及ぼすことから、環境審議会の開催回数をふやし対応しようとするものでございます。

 次に、24ページ、25ページをお願いいたします。款5労働費、項1労働諸費、目2緊急地域雇用対策事業費614万7,000円の増額は、三重県の緊急雇用創出事業臨時特例交付金を活用した各種雇用創出に要する経費を計上したものでございまして、治安・防災関連雇用対策事業として、市指定の避難所の見直しのため避難所に係る調査・解析等を、医療関連雇用対策事業として、小学生の通院医療費助成制度の開始に伴う申請受付等を、情報通信関連雇用対策事業として、転入転出における要因調査等の基礎資料の作成を、介護・福祉関連雇用対策事業として、平成26年度に予定しております地域福祉計画の改定に備えた調査等を行うに当たり、それぞれ1人ずつ計4人の雇用に要する経費を計上したものでございます。

 次に、26ページ、27ページをお願いいたします。款6農林水産業費、項1農業費、目6農地費、土地改良事業補助金46万7,000円の増額は、自治会等が実施する土地改良施設の維持補修に対する補助に要する経費を計上したものでございます。

 次に、28ページ、29ページをお願いいたします。款9土木費、項5都市計画費、目2まちづくり推進費6万円の減額は、中心市街地都市機能再生促進事業では6,806万円を減額し、同事業の緊急促進分では6,800万円を増額することによるものでございます。これは伊勢市市街地再開発事業等補助金を事業者の実施計画に基づき減額いたしますものの、進捗が停滞しておりますジャスコ跡地の市街地再開発事業に対し、事業を促進するとともに中心市街地の活性化を図るため、緊急的な上乗せ支援を行う経費を計上したものでございます。

 次に、30ページ、31ページをお願いいたします。款10消防費、項1消防費、目1常備消防費、消防本部庁舎新設事業2,241万3,000円の増額は、消防本部庁舎の設計に当たり防災センターとの共用部分につきまして、平成24年度の社会資本整備総合交付金の全国防災枠分の対象となりますことから、継続費として設定しておりました平成25年度割の事業を前倒しして実施しようとするものでございます。なお、このことに伴いまして継続費は減額を行い、設定を取りやめ、また新たに繰越明許費を設定いたしております。

 次に、32ページ、33ページをお願いいたします。款11教育費、項1教育総務費、目4人権教育費110万1,000円の増額は、三重県からの委託事業としまして人権教育の推進に取り組むものでございます。人権教育研究推進事業では、人権意識を培うための学校教育のあり方に関し実践的な研究を行い、子ども支援ネットワーク構築事業では、教育的に不利な環境のもとにある子供の学力向上を支えるため、地域連携の仕組みとして子ども支援ネットワークを構築しようとするものでございます。

 次に、34ページ、35ページをお願いいたします。項3中学校費、目2中学校教育振興費、遠距離生徒通学費補助事業97万6,000円の増額は、交通安全上バス通学を行う中学生の保護者負担の軽減を図るため、バス定期代金の一部助成を行うもので、今回の助成対象者は県道伊勢南島線を利用し、宮川中学校に通う生徒を予定しております。

 次に、40ページ、41ページをお願いいたします。項6保健体育費、目5体育施設費、倉田山公園野球場改修事業で9億9,972万9,000円の増額をしております。倉田山公園野球場改修につきましては、当初、一部継続費を設定し、平成24年度及び25年度の2カ年での予算化、事業実施を想定しておりましたが、平成24年度の社会資本整備総合交付金の全国防災枠分の対象となりますことから、25年度で予定しておりました内外野スタンドの改修、メーンスタンドの改築及びスコアボードの新設工事等に要する経費を計上し、事業を前倒しして実施するものでございます。なお、このことに伴いまして継続費は減額を行い、設定を取りやめ、また新たに繰越明許費を設定いたしております。

 そのほか、平成24年度の社会資本整備総合交付金の全国防災枠分の内示に伴う交付金対象事業につきましては、それぞれ充当財源の変更をあわせて行っております。

 以上、簡単ではございますが、歳出の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、歳入の御説明を申し上げます。恐れ入りますが、10ページ、11ページにお戻りいただきたいと存じます。

 款13分担金及び負担金、款15国庫支出金、款16県支出金、款17財産収入、款19繰入金及び款22市債につきましては、いずれも説明欄に記載のとおりでございますので、後ほど御高覧を賜りますようお願いいたします。

 次に、4ページをお願いいたします。上段の第2表継続費補正でございますが、消防本部庁舎新設事業及び倉田山公園野球場改修事業におきまして減額を行い、設定を取りやめるものでございます。

 下段の第3表繰越明許費補正でございますが、市街地活性化事業ほか2事業につきまして、繰越明許費を設定いたしております。

 次に、5ページをお願いいたします。上段の第4表債務負担行為補正でございますが、サン・サポート・スクエア伊勢の用地売却に伴い工場等立地促進奨励金につきまして債務負担行為を変更するものでございます。

 下段の第5表地方債補正でございますが、市町村合併特例事業債ほか2件につきまして起債限度額の変更を行っております。

 以上で一般会計補正予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」につきまして御説明申し上げますので、58ページ、59ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、款6諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目2償還金246万5,000円の増額は、三重県国民健康保険団体連合会への償還に要する経費を計上したものでございます。

 続きまして、歳入の御説明を申し上げます。56ページ、57ページにお戻りいただきたいと存じます。

 今回の補正の財源としましては、前年度繰越金を充てることといたしております。

 以上で介護保険特別会計補正予算の説明を終わらせていただきます。

 以上、「議案第60号平成24年度伊勢市一般会計補正予算(第2号)」及び「議案第61号平成24年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第1号)」につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 以上で議案第60号外1件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第62号外1件一括上程、説明



○議長(西山則夫君) 審議の都合により、日程第5、「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」及び日程第6、「議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正について」の2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」及び議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 最初に、「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」は、中心市街地における都市機能を再生するために奨励制度を講ずることにより、中心市街地の活性化、雇用の促進を目的として都市機能再生事業の施行者等に対して、奨励金を交付することに関し必要な事項を定めるため、条例を制定しようとするものでございます。

 次に、「議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正について」は、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部改正に伴い、対象火気設備等の種類に急速充電設備が加えられ、その設置の際の位置、構造及び管理に関して定められたことに伴う規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」及び議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 まず、議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定につきまして御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、条例関係の議案書の2ページ、3ページをお開きいただきたいと存じます。これは、空洞化の進む中心市街地に都市機能の更新を誘導するため、民間の都市開発を支援する制度を創設しようとするものでございます。

 条例の主な内容でございますが、第1条は目的について規定いたしております。

 次に、第2条は用語の定義について規定いたしておりまして、相当数の小売商業者及び相当数の都市機能が集積し、市の中心として役割を果たしている市街地で、市長が指定する区域を中心市街地とすることといたしております。また、奨励金の交付の対象となります都市機能再生事業につきましては、中心市街地において施行される都市再開発法に規定する市街地再開発事業、市街地の環境の整備改善及び良好な市街地住宅の供給等に資するため、土地の利用の共同化、高度化等に寄与する優良建築物等の整備を行う優良建築物等整備事業及び法の規定により建物の容積率を500%以上に定めた地区において施行される市街地再開発事業または優良建築物等整備事業に関連して行われる都市機能更新誘導地区事業としております。

 次に、3ページ中段から4ページにかけまして記載してございます第3条は、土地、家屋及び償却資産の固定資産税に係る都市機能再生奨励金、雇用に係る雇用奨励金の要件及び金額等につきましてそれぞれ規定しますとともに、市長の指定を受けた指定事業に関して奨励金を交付することとしております。

 奨励金の内容でございますが、都市機能再生奨励金につきましては、都市機能再生事業の施行者、都市機能再生事業が施行された土地の所有者または整備された建物等において店舗等を営む者に対して、当該都市機能再生事業に係る固定資産税相当額を、3億円を限度としまして5年間交付しようとするものでございます。

 雇用奨励金につきましては、整備された建物等において店舗等を営む者に対し、本市に住所を有する新規常時雇用従業員を5人以上1年間雇用した場合に、20万円に当該新規常時雇用従業員の人数を乗じて得た額を、4,000万円を限度として、施設の供用開始日から3年以内に1回交付しようとするものでございます。

 次に、4ページ、5ページをお願いいたします。第4条は、都市機能再生事業の指定の申請等について規定いたしておりまして、施行者は、指定事業の指定を受けようとするときは、市長に申請しなければならないこととしております。

 第5条は指定の取り消し等について、第6条は奨励金の交付申請等について、第7条は奨励金の交付決定の取り消しについて、それぞれ規定いたしております。

 次に、5ページに記載してございます第8条は地位の承継について、第9条は奨励金の交付請求について、第10条は報告及び調査について、それぞれ規定いたしております。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 8ページ、9ページをお開きいただきたいと存じます。これは、近年の電気自動車の普及に伴うインフラ整備の一つとして設置が進められております電気自動車用の急速充電設備について、火災予防上必要な安全対策を確保するための技術基準を定めるため、省令が一部改正されたことに伴い条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容でございますが、第11条の改正は急速充電設備について、第11条の2において規定することに伴いまして、変電設備に係る規定から削除しようとするものでございます。

 次に、9ページ下段にかけまして記載してございます第11条の2の改正は、急速充電設備の位置、構造及び管理の基準を定めようとするものでございます。

 次に、第12条の改正は、第11条の2の規定を新たに設けたことに伴いまして、引用する条項を改めるため規定の整備を行ったものでございます。

 なお、この条例の施行期日を平成24年12月1日としますとともに、経過措置としまして、この条例の施行の際現に設置され、または設置の工事がされている急速充電設備のうち、この条例による改正後の規定に適合しないものについては、当該規定は、適用しないこととするものでございます。

 以上、「議案第62号伊勢市中心市街地都市機能再生促進条例の制定について」及び議案第63号伊勢市火災予防条例の一部改正につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 以上で議案第62号外1件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第64号の上程、説明



○議長(西山則夫君) 次に、日程第7、「議案第64号三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第64号三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について」、御説明を申し上げます。

 これは、三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更をすることについて、地方自治法第291条の11の規定により、議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第64号三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の19ページをお開きいただきたいと存じます。これは、住民基本台帳法の一部改正に伴い外国人登録制度が廃止され、外国人住民の皆さんにつきましても、住民基本台帳法の適用の対象となることに伴い連合規約の一部を変更する規約を定めることについて、関係地方公共団体と協議するため議決を求めようとするものでございます。

 規約の変更の内容でございますが、関係市町の負担金の額について規定しております別表第3におきまして、負担金の額の算定の基礎となる人口について住民基本台帳及び外国人登録原票に基づく人口と規定しておりますものを、法改正に伴い住民基本台帳に基づく人口に改めようとするものでございます。

 なお、この規約は平成24年7月9日から施行しようとするものでございます。

 以上、議案第64号三重県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 以上で議案第64号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第65号外1件一括上程、説明



○議長(西山則夫君) 審議の都合により、日程第8、「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について」及び日程第9、「議案第66号水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得について」の2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について」及び「議案第66号水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得について」、御説明を申し上げます。

 これは、西分署及び度会出張所に配備する水槽付消防ポンプ自動車を取得するにつき、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 詳細につきましては、消防長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 消防長。



◎消防長(大西邦生君) それでは、「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について」及び議案第66号水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 まず、議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得につきまして御説明申し上げます。

 議案書の21ページをお開きいただきたいと存じます。本件は、要件付一般競争入札により5月21日に入札公告を行いましたところ、4社の参加申し込みがあり、6月5日に開札いたしました結果、入札金額3,545万円が最低価格でございまして、伊勢市藤里町130番地の1、株式会社モリタ東海伊勢営業所、所長、小林一雄に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み3,722万2,500円で買い入れようとするものでございます。

 主な装備といたしましては、水槽1,500リットルを初め、電動アシスト式のホースカー、三連はしご昇降装置等を備えつけますとともに、交通事故等が発生した際に救助を行うための油圧救助器具を備えつけております。

 なお、この水槽付消防ポンプ自動車につきましては、国土交通省の社会資本整備総合交付金を受けて購入し、老朽化した車両にかえて西分署に配備しようとするものでございます。

 また、納期は平成25年2月の予定でございます。

 次に、議案第66号水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得につきまして御説明を申し上げます。

 24ページをお願いいたします。本件は、要件付一般競争入札により5月21日に入札公告を行いましたところ、4社の参加申し込みがあり、6月5日に開札しました結果、入札金額3,545万円が最低価格でございまして、伊勢市藤里町130番地の1、株式会社モリタ東海伊勢営業所、所長、小林一雄に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み3,722万2,500円で買い入れようとするものでございます。

 主な装備でございますが、先ほど御説明申し上げました西分署に配備する水槽付消防ポンプ自動車と同様となっております。

 なお、この水槽付消防ポンプ自動車につきましては、防衛施設周辺民生安定施設整備事業補助金を受けて購入し、老朽化しました車両にかえて度会出張所に配備しようとするものでございます。

 また、納期は平成25年2月の予定でございます。

 以上、「議案第65号水槽付消防ポンプ自動車(西分署配備)の取得について」及び議案第66号水槽付消防ポンプ自動車(度会出張所配備)の取得につきまして、補足の御説明を申し上げました。

 参考といたしまして、入札結果調書をそれぞれ添付しておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 以上で議案第65号外1件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第67号の上程、説明



○議長(西山則夫君) 次に、日程第10、「議案第67号市道の路線の認定について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました議案第67号市道の路線の認定につきまして御説明を申し上げます。

 これは、市道の路線を認定するにつき、道路法第8条第2項の規定により、あらかじめ議会の議決を経ようとするものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第67号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の27ページをお開きいただきたいと存じます。これは、鹿海24−1号線から、28ページにかけまして記載してございます神久2丁目24−10号線までの10路線を認定しようとするものでございます。これらにつきましては、いずれも民間事業者の宅地造成により設置された道路でございまして、鹿海町地内で6路線、小俣町相合地内で1路線、神久2丁目地内で3路線をそれぞれ市道として認定し、適正な管理を行おうとするものでございます。

 なお、これらの路線の土地は市の所有地でございます。

 以上、議案第67号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして、位置図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(西山則夫君) 以上で議案第67号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 全員協議会開会のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時39分



△再開 午前10時46分



○議長(西山則夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第68号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第11、「議案第68号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第68号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」、御説明を申し上げます。

 これは、本市区域の人権擁護委員の小崎峰子委員が本年3月31日に任期満了となっておりますので、その後任として永田密山さんを推薦するにつき、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をお聞きするものでございます。

 それでは、永田密山さんの略歴につきまして申し上げます。

 永田さんは、昭和32年4月26日生まれ。現住所は伊勢市二見町江1659番地。学歴は昭和51年3月、三重県立宇治山田商業高等学校卒業。主な経歴としましては、昭和54年4月、太江寺住職、同56年10月、観音寺住職、現在に至っておられます。

 永田さんにおかれましては、市民の皆さんからの相談も快く受けておられ、人格、識見高く、また広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある方であるためお願いしたいと考えております。

 以上のとおりでございます。何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第68号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第68号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第68号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」は、同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第69号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(西山則夫君) 次に、日程第12、「議案第69号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第69号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことにつきまして御説明を申し上げます。

 これは、本市区域の人権擁護委員の的塲善一委員が本年6月30日付で辞任されますので、その後任として小林薫さんを推薦するにつき、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をお聞きするものでございます。

 それでは、小林薫さんの略歴につきまして申し上げます。

 小林さんは、昭和24年5月7日生まれ。現住所は伊勢市円座町1572番地。学歴は昭和47年3月、静岡大学教育学部卒業。主な経歴といたしましては、昭和47年4月、南島町立南島小学校教諭として奉職、以降、県内の小学校教諭を歴任され、平成8年4月、南島町立東小学校教頭、同11年4月、小俣町立明野小学校教頭、同15年4月、伊勢市立大湊小学校教頭、同18年4月、伊勢市立城田小学校教頭、同22年3月退職、現在に至っておられます。

 小林さんにおかれましては、教職につかれておられたときには、人権教育の推進に取り組んでこられた実績もおありで、人格、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある方であるためお願いしたいと考えております。

 以上のとおりでございます。何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(西山則夫君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第69号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第69号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(西山則夫君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第69号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」は、同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(西山則夫君) 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議案の精読のため、明26日から29日までの4日間を休会いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西山則夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、明26日から29日までの4日間を休会とすることに決定いたしました。

 継続会議は、来る7月2日午前10時から開きます。

 それでは、本日は散会いたします。

 なお、本日御出席の皆様には開議通知を差し上げませんから、御了承をお願いいたします。

 御苦労さまでした。



△散会 午前10時51分

 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成24年6月25日

        伊勢市議会議長     西山則夫

        伊勢市議会議員     岡田善行

        伊勢市議会議員     福井輝夫