議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成23年  6月 定例会 07月06日−05号




伊勢市 平成23年  6月 定例会 − 07月06日−05号







伊勢市 平成23年  6月 定例会



        平成23年6月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

                平成23年7月6日(水)午前10時開議

日程第1 議案第43号 平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)

日程第2 議案第44号 伊勢市市税条例の一部改正について外1件一括

日程第3 議案第46号 訴訟の提起について

日程第4 議案第47号 市道の路線の廃止について

日程第5 議案第48号 市道の路線の認定について

日程第6 議案第49号 伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について

日程第7 議案第50号 伊勢市市税条例等の一部改正について

日程第8 議案第51号 伊勢市都市計画税条例の一部改正について

日程第9 議案第52号 水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について

日程第10 議案第53号 水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について

日程第11 報告第6号 専決処分事項の報告について

日程第12 報告第7号 専決処分事項の報告について

日程第13 報告第8号 専決処分事項の報告について

日程第14 報告第9号 継続費繰越しの報告について

日程第15 報告第10号 繰越明許費繰越しの報告について

日程第16 報告第11号 事故繰越しの報告について

日程第17 報告第12号 伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて

日程第18 報告第13号 伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて

日程第19 報告第14号 伊勢市土地開発公社の決算について

日程第20 平成23年請願第2号 「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書提出を求める請願

日程第21 議会改革特別委員会の第2回中間報告について

本日の会議に付した事件

 1.平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)

 1.伊勢市市税条例の一部改正について外1件一括

 1.訴訟の提起について

 1.市道の路線の廃止について

 1.市道の路線の認定について

 1.伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について

 1.伊勢市市税条例等の一部改正について

 1.伊勢市都市計画税条例の一部改正について

 1.水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について

 1.水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.継続費繰越しの報告について

 1.繰越明許費繰越しの報告について

 1.事故繰越しの報告について

 1.伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて

 1.伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて

 1.伊勢市土地開発公社の決算について

 1.「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書提出を求める請願

 1.議会改革特別委員会の第2回中間報告について

出席議員(27名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     17番  中川幸久君     18番  小山 敏君

     19番  杉村定男君     20番  浜口和久君

     21番  工村一三君     22番  山本正一君

     23番  佐之井久紀君    24番  宿 典泰君

     25番  世古口新吾君    27番  中村豊治君

     28番  中山裕司君

欠席議員(1名)

     26番  長岡敏彦君

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     古布章宏君   事務局次長    筒井弘明君

  議事係長     中川雅日君   調査係長     津村将彦君

  書記       中野 諭君   書記       中川浩良君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君

  病院事業管理者  間島雄一君   会計管理者    松島康雄君

  総務部長     藤本 亨君   情報戦略局長   森井 啓君

  環境生活部長   白木信行君   健康福祉部長   山本辰美君

  産業観光部長   中井宏明君   都市整備部長   宮田重和君

  二見総合支所長  三浦 徹君   小俣総合支所長  田端正美君

  御薗総合支所長  内田 豊君   病院事務部長   中川芳明君

  上下水道部長   本多秀夫君   消防長      保田幸宏君

  消防本部次長   大西邦生君   総務課長     北 一晃君

  行政経営課長   大西要一君   用地課長     渡邊 実君

  教育委員会委員長 熊谷 渉君   教育長      宮崎吉博君

  教育部長     佐々木昭人君  教育次長     北村 陽君

  監査委員     鈴木一博君   農業委員会会長  奥野長衛君

  選挙管理委員会委員長

           鈴木市郎君



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(宿典泰君) ただいまから市議会定例会の継続会議を開きます。

 本日の出席者は26名であり、議員定数の半数以上です。よって、会議は成立をいたしております。

 本日の会議録署名者及び議案等説明者は、開会当初決定、あるいは御報告申し上げたとおりです。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 それでは、会議に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第43号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 日程第1、「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして関係常任委員会に審査付託となっているものであります。

 各委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、産業建設委員会から御報告をお願いをいたします。

 12番、山根議員。



◆12番(山根隆司君) おはようございます。

 ただいま上程されました「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」中、産業建設委員会関係分につきましては、去る6月30日の開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(宿典泰君) 次に、教育民生委員会から御報告をお願いをいたします。

 15番、西山議員。



◆15番(西山則夫君) 上程中の「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」中、教育民生委員会関係分につきまして、7月1日、委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告いたします。



○議長(宿典泰君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いをいたします。

 23番、佐之井議員。



◆23番(佐之井久紀君) 上程中の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」中、総務政策委員会関係分につきましては、去る7月4日に委員会を開会いたしまして、慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第43号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第43号を採決いたします。

 本件につきまして、各委員会からの報告のとおり原案を可決することに賛成の方の御起立をお願いします。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第44号外1件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第2、「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について外1件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして所管の常任委員会に審査付託となっているものです。

 各委員会からの審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、産業建設委員会から報告をお願いをします。

 12番、山根議員。



◆12番(山根隆司君) ただいま上程されました2件一括の議案中、産業建設委員会に審査付託されました「議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定について」は、去る6月30日の開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定しましたので、御報告申し上げます。



○議長(宿典泰君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いします。

 23番、佐之井議員。



◆23番(佐之井久紀君) 上程中の2件一括の議案中、当委員会に審査付託を受けました議案第44号伊勢市市税条例の一部改正につきましては、去る7月4日に委員会を開会いたしまして、慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第44号外1件一括に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第44号外1件一括を採決いたします。

 2件一括の議案のうち、まず「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」を採決いたします。

 議案第44号につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 次に、「議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定について」を採決いたします。

 議案第45号につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第46号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第3、「議案第46号訴訟の提起について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして産業建設委員会に審査付託となっているものです。

 産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 12番、山根議員。



◆12番(山根隆司君) ただいま上程されました「議案第46号訴訟の提起について」は、去る6月30日の開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第46号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第46号を採決いたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第46号訴訟の提起について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第47号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第4、「議案第47号市道の路線の廃止について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして産業建設委員会に審査付託となっているものです。

 産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 12番、山根議員。

     〔山本正一君入場〕



◆12番(山根隆司君) ただいま上程されました「議案第47号市道の路線の廃止について」は、去る6月30日開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第47号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第47号を採決いたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方の御起立をお願いします。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第47号市道の路線の廃止について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第48号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第5、「議案第48号市道の路線の認定について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして産業建設委員会に審査付託となっているものです。

 産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 12番、山根議員。



◆12番(山根隆司君) ただいま上程されました「議案第48号市道の路線の認定について」は、去る6月30日開会の産業建設委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定願いますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第48号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第48号を採決いたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方の御起立をお願いします。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第48号市道の路線の認定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第49号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第6、「議案第49号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして総務政策委員会に審査付託となっているものです。

 総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 23番、佐之井議員。



◆23番(佐之井久紀君) 上程中の議案第49号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約につきましては、去る7月4日に委員会を開会し慎重に審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第49号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第49号を採決いたします。

 本件につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第49号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第50号外1件一括上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(宿典泰君) 審議の都合により、日程第7、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」及び日程第8、「議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正について」の2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま一括上程されました「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」及び「議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正について」御説明を申し上げます。

 まず、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」は、地方税法等の一部改正に伴い、たばこ税等に係る不申告に関する過料に係る規定の整備を行うとともに、上場株式等配当所得に係る市民税の課税の特例措置を延長する等の規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。

 次に、「議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正について」は、地方税法の一部改正に伴い、条例中に引用する条項が移動したことに伴う規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」及び議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 国の平成23年度の税制改正に伴います地方税法等の改正につきましては、当初に国会に提出されておりました法律案が、その審議の過程におきまして2つの法律案に分けられたものでございまして、今回その1つの、現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律が6月30日に公布され、施行されることとなったことに伴い、条例を改正しようとするものでございます。

 なお、個人市民税の成年扶養控除の対象の見直し等を内容としましたもう一つの法律案につきましては、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法等の一部を改正する法律案として、現在、国会におきまして審議中となっているものでございまして、この法律が公布されますと、市税条例の改正を再度お願いすることになりますので、よろしくお願い申し上げたいと存じます。

 最初に、議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 追加送付させていただきました議案書の2ページ、3ページをお開きいただきたいと存じます。

 改正の内容でございますが、第1条は、伊勢市市税条例の一部改正でございます。

 第26条から第53条の10までの改正につきましては、経済状況の変化に対応し、税制への信頼の一層の向上を図る観点から、法改正におきまして罰則を強化する見直しが行われたことによりまして、市民税の納税管理人等が正当な理由がなく申告をしなかった場合に課します過料、これは過ち料でございますけれども、その過料の上限の金額を3万円から10万円に改めますとともに、その他所要の規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、第61条の改正は、条例中に引用しております条項が移動したことに伴い、規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、第65条、第75条及び第88条の改正は、先ほど御説明申し上げました罰則の見直しに係るものでございまして、固定資産税及び軽自動車税に係る不申告に関する過料につきましても、上限の金額を3万円から10万円に改めようとするものでございます。

 次に、第100条の2の改正は、これまでたばこ税に係る不申告に関する過料の規定は設けられておりませんでしたが、法改正により、過料の上限を10万円としまして新たに規定しようとするものでございます。

 次に、第133条の改正は、特別土地保有税の納税管理人に係る不申告に関する過料の上限の金額につきまして、10万円に改めようとするものでございます。

 次に、2ページ下段から3ページにかけまして記載してございます第139条の2の改正は、特別土地保有税に係る不申告に関する過料につきまして、先ほどのたばこ税と同様に新たに規定を設けようとするものでございます。

 次に、3ページ上段の附則第8条の改正は、肉用牛の売却による事業所得に係る市民税の課税の特例につきまして、その適用期限について、平成24年度までとなっておりましたものを平成27年度まで延長しますとともに、免税対象の見直しを行う規定の整備等を行おうとするものでございます。

 次に、4ページ、5ページをお開きいただきたいと存じます。

 4ページ上段の附則第10条の2の改正は、条例中に引用しております高齢者の居住の安定確保に関する法律の条項が改正されたことに伴いまして、規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、第2条は、伊勢市市税条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。これは、上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に係る市民税の課税の特例につきましては、1.8%の軽減税率の特例が設けられ、平成23年12月31日までとなっておりましたものを、平成25年12月31日まで延長しようとするものでございます。

 次に、第3条も伊勢市市税条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。これは、第2条で御説明申し上げました上場株式等に係る市民税の課税の特例が2年間延長されることによりまして、上場株式等に係る市民税の課税の特例の廃止に伴って施行されることとなっておりました非課税口座内上場株式等の譲渡に係る市民税の所得計算の特例の施行期日につきましても2年間延長しようとするものでございます。

 なお、非課税口座内上場株式等の譲渡に係る市民税の所得計算の特例につきましては、金融取引業者等の営業所を経由して税務署長に届け出た口座内において、1年につき100万円を上限として、取得した株式の配当所得及び譲渡所得については口座を開設してから10年間非課税とするものでございます。

 なお、附則におきまして施行期日を規定いたしますとともに、所要の経過措置を規定いたしております。

 次に、議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 恐れ入ります。議案書の32ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、条例中に引用しております地方税法の条項が移動したことに伴い、都市計画税の納税義務者等を定める第2条及び都市計画税の課税標準の特例を定める附則第12項におきまして、それぞれ規定の整備を行おうとするものでございます。

 なお、附則におきまして施行期日を規定いたしますとともに、経過措置を規定いたしております。

 以上、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」及び議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第50号外1件一括につきましては、総務政策委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第52号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(宿典泰君) 次に、日程第9、「議案第52号水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第52号水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について」御説明を申し上げます。

 これは、水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)を取得するにつき、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 詳細につきましては、消防長から御説明を申し上げますので、御了承の上、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 消防長。



◎消防長(保田幸宏君) それでは、議案第52号水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の35ページをお開きいただきたいと存じます。

 本件は、要件付一般競争入札によりまして、6月6日に入札公告をいたしましたところ、4社の参加申し込みがあり、6月21日に開札しました結果、入札金額3,150万円が最低価格でございまして、伊勢市上地町2691番地、三重保安商事株式会社、代表取締役、松本隆幸に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み3,307万5,000円で買い入れようとするものでございます。

 主な装備といたしましては、水槽1,500リットルを初め、電動アシスト式のホースカー、三連はしご昇降装置等を備えつけますとともに、交通事故が発生した際に救助を行うため、油圧救助器具を備えつけております。

 なお、この水槽付消防ポンプ自動車につきましては、防衛施設周辺民生安定施設整備補助金を受けて購入し、老朽化した車両にかえて玉城出張所に配備しようとするものでございます。

 なお、納期は平成24年3月の予定でございます。

 参考といたしまして、入札結果調書を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第52号につきましては、総務政策委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第53号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(宿典泰君) 次に、日程第10、「議案第53号水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第53号水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について」御説明を申し上げます。

 これは、水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)を取得するにつき、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 詳細については、消防長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 消防長。



◎消防長(保田幸宏君) それでは、議案第53号水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の38ページをお開きいただきたいと存じます。

 本件は、要件付一般競争入札により、6月6日に入札公告を行いましたところ、4社の参加申し込みがあり、6月21日に開札しました結果、入札金額2,960万円が最低価格でございまして、伊勢市上地町2691番地、三重保安商事株式会社、代表取締役、松本隆幸に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み3,108万円で買い入れようとするものでございます。

 主な装備といたしましては、水槽1,500リットルを初め、電動アシスト式のホースカー、三連はしご昇降装置等を備えつけていますとともに、火災が発生した場合に救助を行う際に必要となります空気呼吸器を備えつけているものでございます。

 なお、この水槽付消防ポンプ自動車につきましては、消防庁の緊急消防援助隊設備整備補助金を受けて購入し、二見出張所に配備しようとするものでございます。

 なお、納期は平成24年3月の予定でございます。

 参考といたしまして、入札結果調書を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第53号につきましては、総務政策委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 総務政策委員会開会のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時35分



△再開 午前11時00分



○議長(宿典泰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(宿典泰君) お諮りをいたします。

 休憩前の本会議におきまして、総務政策委員会に審査付託となっておりました議案第50号外1件一括、議案第52号及び議案第53号につきまして、審査を終了した旨の報告がありましたので、これらを本日の日程に追加し、日程順序を変更して、ただいま申し上げた順に直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第50号外1件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) それでは、日程第11、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について外1件一括」を議題といたします。

 総務政策委員長の報告を求めます。

 23番、佐之井議員。



◆23番(佐之井久紀君) 上程中の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について外1件一括」でございますが、本日、本会議休憩中に委員会を開会いたしまして、慎重なる審査の結果、議案第50号については賛成多数をもって、議案第51号につきましては、伊勢市都市計画税条例の一部改正でございますが、51号につきましては、全会一致をもってそれぞれ原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第50号外1件一括に対する討論に入ります。

 これまでのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第50号外1件一括を採決いたします。

 2件一括の議案のうち、まず、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」を採決いたします。

 議案第50号につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立多数と認めます。

 よって、「議案第50号伊勢市市税条例等の一部改正について」は原案どおり可決確定いたしました。

 次に、「議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正について」を採決いたします。

 議案第51号につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第51号伊勢市都市計画税条例の一部改正について」は原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第52号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第12、「議案第52号水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について」を議題といたします。

 総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 23番、佐之井議員。



◆23番(佐之井久紀君) 上程中の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第52号水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について」は、本日、本会議休憩中に委員会を開会し、慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第52号に対する討論に入ります。

 これまでのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第52号を採決いたします。

 本件につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第52号水槽付消防ポンプ自動車(玉城出張所配備分)の取得について」は原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第53号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第13、「議案第53号水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について」を議題といたします。

 総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 23番、佐之井議員。



◆23番(佐之井久紀君) 上程中の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第53号水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について」につきましては、本日、本会議休憩中に委員会を開会し、慎重に審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定をしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第53号に対する討論に入ります。

 これまでのところ通告はありません。討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、議案第53号を採決いたします。

 本件につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第53号水槽付消防ポンプ自動車(二見出張所配備分)の取得について」は原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第6号外2件一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 審議の都合により、日程第14、「報告第6号専決処分事項の報告について」から、日程第16、「報告第8号専決処分事項の報告について」までの3件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「報告第6号専決処分事項の報告について」外2件につきまして御説明を申し上げます。

 これは、消防本部、環境生活部、都市整備部における交通事故に係る損害賠償につき、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分しましたので、同条第2項の規定によりまして、議会に御報告するものでございます。

 本来、住民の生命、財産を守るべき立場の者がこのような交通事故を起こしたことに関しまして、おわびを申し上げたいと思います。そして、今後このような事故がないよう、しっかりと職員一丸となって対処をしてまいりたいと思います。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「報告第6号専決処分事項の報告について」外2件につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 今回、これから御報告申し上げます交通事故につきましては、いずれも職員の不注意によるものでございます。このような御報告を申し上げますこと、まことに申しわけなく思っております。

 最初に、報告第6号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げます。

 条例関係の議案書の40ページをお開きいただきたいと存じます。40ページでございます。

 これは、平成23年2月17日木曜日、午後1時ごろ、度会郡玉城町田丸地内の玉城町役場の駐車場におきまして、消防本部総務課所属の軽貨物自動車を同課職員が玉城町役場での業務を終えて消防本部に向かうため運行中、駐車位置から後退して移動しようとした際、後方に駐車中の相手方車両の後部に接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、市の過失割合が100%であり、相手方車両の修繕等に要した費用としまして、損害賠償額32万2,000円を市が支払うことで示談が成立いたしましたので、平成23年5月6日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、この事故による市の車両の損害は5万6,963円でございました。

 次に、報告第7号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げます。

 44ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成23年3月30日水曜日、午後3時ごろ、岩渕1丁目地内の市役所本庁舎駐車場におきまして、環境生活部人権政策課所属の軽貨物自動車を同課嘱託職員が本庁舎での業務を終えて大久保市民館に向かうため運行中、駐車位置から後退して移動しようとした際、後方に駐車中の相手方の原動機付自転車に接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、市の過失割合が100%であり、相手方車両の修繕等に要した費用としまして、損害賠償額3万1,651円を市が支払うことで示談が成立いたしましたので、平成23年5月23日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、この事故による市の車両の損害はございませんでした。

 次に、報告第8号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げます。

 48ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成23年3月30日水曜日、午前10時20分ごろ、津市大里窪田町地内の国道23号の交差点におきまして、総務部管財契約課所属の小型乗用自動車を都市整備部都市計画課職員が鈴鹿国際大学に向かうため運行中、右折車線から直進車線に車線変更をしようと後退して移動した際、右後方に赤信号で停車中の相手方車両の左前部に接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、市の過失割合が100%であり、相手方車両の修繕に要した費用としまして、損害賠償額8万5,932円を市が支払うことで示談が成立いたしましたので、平成23年5月25日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、この事故による市の車両の損害はございませんでした。

 今回御報告申し上げました事故につきましては、いずれも運転手の後方確認が十分でなかったことによるものでございまして、これらの職員に対しましては、今後このような事故が発生しないよう、周囲の安全確認をとるよう厳しく指導を行いますとともに、処分を行ったところでございます。

 今後は職員に対しまして、さらに一層、後方確認も含めまして安全運転に徹するよう指導してまいりますので、御理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 以上、「報告第6号専決処分事項の報告について」外2件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、なお、参考といたしまして、事故概要書及び位置図をそれぞれ添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第6号外2件一括につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第6号外2件一括を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第6号専決処分事項の報告について」「報告第7号専決処分事項の報告について」「報告第8号専決処分事項の報告について」、以上3件はいずれも承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第17、「報告第9号継続費繰越しの報告について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「報告第9号継続費繰越しの報告について」御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法施行令第145条第1項の規定により、柏東大淀線整備事業平成22年度継続費ほか1事業に係る継続費繰越計算書を調製いたしましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細については、副市長から御説明申し上げますので、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第9号継続費繰越しの報告につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の51ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成23年3月議会におきまして議決をいただきました柏東大淀線整備事業及び準用河川大堀川支川改修事業に係るものでございまして、平成22年度年割額に係る歳出予算の経費のうち、年度内に支出を終わらなかったものにつきまして、法の定めるところに従い、52ページに記載してございますが、継続費繰越計算書を調製しまして御報告申し上げるものでございます。

 繰り越しの主な理由でございますが、地元及び関係機関との工程の調整に不測の日数を要したことなどでございます。

 なお、これらの事業につきましては、平成23年度中の完成を目標に鋭意取り組んでおりますので、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第9号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第9号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第9号継続費繰越しの報告について」は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第18、「報告第10号繰越明許費繰越しの報告について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました報告第10号繰越明許費繰越しの報告につきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、母子生活支援施設整備補助金ほか48事業に係る繰越明許費繰越計算書を調製しましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明申し上げますので、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第10号繰越明許費繰越しの報告につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の53ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成22年9月議会におきまして議決をいただきました母子生活支援施設整備補助金、平成22年12月議会におきまして議決をいただきました住民情報系ネットワーク機器更新事業を初めとします5事業並びに平成23年3月議会におきまして議決をいただきました水道事業出資金を初めとします43事業に係るものでございます。年度内に支出を終わらない見込みのものにつきまして、法の定めるところに従い、55ページから58ページにかけまして記載してございますが、繰越明許費繰越計算書を調製しまして御報告申し上げるものでございます。

 繰り越しの主な理由でございますが、国の2次補正予算に対応した事業の予算化並びに地元及び関係機関との用地問題の調整に不測の日数を要したことなどでございます。

 これら繰り越しをしました事業につきましては、現時点におきまして一部においては完成もしくは完成間近であり、その他の事業につきましても完成を目指し鋭意取り組んでいるところでございますので、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第10号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第10号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第10号繰越明許費繰越しの報告について」は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第19、「報告第11号事故繰越しの報告について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました報告第11号事故繰越しの報告につきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法施行令第150条第3項の規定により、備蓄物資整備事業ほか3事業に係る事故繰越し繰越計算書を調製しましたので、議会に御報告するものでございます。

 なお、詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第11号事故繰越しの報告につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の59ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、備蓄物資整備事業を初めとします4事業に係るものでございまして、事業着手後、年度内に支出を終わらなかったものにつきまして、法の定めるところに従い、60ページに記載してございますが、事故繰越し繰越計算書を調製しまして御報告申し上げるものでございます。

 繰り越しの理由でございますが、東日本大震災によりまして製造、運搬に不測の日数を要したことによるものでございます。

 なお、当該事業につきましてはすべて納入済みとなっておりますので、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第11号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第11号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方の御起立をお願いします。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第11号事故繰越しの報告について」は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第20、「報告第12号伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました報告第12号伊勢市水道事業会計予算の繰越しにつきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方公営企業法第26条第3項の規定により、伊勢市水道事業会計における7事業に係る繰越額の使用に関する計画について報告がありましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第12号伊勢市水道事業会計予算の繰越しにつきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の61ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、去る5月18日、繰越額の使用に関する計画について報告を受けました水道事業会計の建設改良費に係るものでございまして、年度内に工事等が完了しなかったものにつきまして、法の定めるところに従い、繰越計算書を作成しまして御報告を申し上げるものでございます。

 62ページに繰越計算書の記載がございますが、このたびの繰り越しは、原水施設等設置事業を初め7事業に係るものについて繰り越すものでございます。

 繰り越しの主な理由でございますが、その原因となります下水道工事との工程調整、関係機関との協議により工事におくれが生じたことなどでございます。これら繰り越しをしました工事等につきましては、現時点におきまして完成したものもございますが、残る工事等につきましては、完成を目指し鋭意取り組んでいるところでございますので、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第12号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第12号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第12号伊勢市水道事業会計予算の繰越しについて」は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第21、「報告第13号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました報告第13号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しにつきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方公営企業法第26条第3項の規定により、伊勢市下水道事業会計における21事業に係る繰越額の使用に関する計画について報告がありましたので、議会に御報告するものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第13号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しにつきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の63ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、去る5月18日、繰越額の使用に関する計画について報告を受けました下水道事業会計の建設改良費に係るものでございまして、年度内に工事等が完了しなかったものにつきまして、法の定めるところに従い、繰越計算書を作成しまして御報告を申し上げるものでございます。

 64ページから65ページにかけまして繰越計算書の記載がございますが、このたびの繰り越しは、汚水処理施設整備事業を初めとします21事業に係るものについて繰り越すものでございます。

 繰り越しの主な理由でございますが、設計業務における関係機関との協議における工法の見直し並びに工事における施工方法の変更及び工程の調整により不測の日数を要したことなどでございます。これら繰り越しをしました工事等につきましては、現時点におきまして完成したものもございますが、残る工事等につきましては、完成を目指し鋭意取り組んでいるところでございますので、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第13号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第13号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第13号伊勢市下水道事業会計予算の繰越しについて」は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第22、「報告第14号伊勢市土地開発公社の決算について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました報告第14号伊勢市土地開発公社の決算につきまして御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法第243条の3第2項の規定により、伊勢市土地開発公社の平成22年度の決算に関する書類を作成しましたので、議会に御報告するものでございます。

 なお、詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、報告第14号伊勢市土地開発公社の決算につきまして、補足の御説明を申し上げます。(中村豊治君退場)

 平成22年度伊勢市土地開発公社事業報告書及び決算報告書の1ページをお開きいただきたいと存じます。

 まず、1の公有地取得事業用地の取得でございますが、八日市場高向線外1線整備事業用地で、御薗町地内、面積は778.89平方メートル、取得金額は6,413万7,204円でございます。

 次に、桧尻川22−1号線道路改良事業で、船江4丁目地内、面積は48.75平方メートル、取得金額は311万250円でございます。

 次に、市道小俣1号線整備事業で、小俣町地内、面積は122.05平方メートル、取得金額は787万2,225円でございます。

 次に、勢田5号線外1線整備事業で、勢田町地内、面積は1.95平方メートル、取得金額は11万9,730円でございます。

 次に、補償でございますが、これは八日市場高向線外1線整備事業の用地取得に係る建物補償等に対する補償でございまして、1億8,545万3,896円でございます。(中村豊治君入場)

 次に、市道小俣1号線整備事業に係る工作物等に対する補償でございまして、223万7,185円でございます。

 次に、測量試験費でございますが、八日市場高向線外1線整備事業ほか3事業の用地取得に要しました建物調査費及び登記手数料等でございまして、397万1,916円でございます。

 以上、事業費の合計といたしましては2億6,690万2,406円でございまして、いずれも市からの依頼によるものでございます。

 次に、処分でございますが、八日市場高向線外1線整備事業を初めとする3事業に係る事業用地を処分したものでございます。

 内訳は記載のとおりでございまして、総面積で2,974.85平方メートル、処分総額は2億6,046万3,151円でございます。

 次に、2ページから3ページにかけましては、会議記録及び処理事項を記載させていただいております。

 次に、4ページをお願いいたします。

 平成22年度の決算報告書につきまして御説明申し上げます。

 収益的収入及び支出でございますが、まず収入では、款1事業収益、項1公有地取得事業収益、目1公有用地売却収益及び項2代替地売却収益の決算額2億6,046万3,151円は、先ほど事業報告で処分として御説明申し上げました公有地の売却収益でございます。

 次の款2事業外収益、項1受取利息及び項2雑収益の決算額は685万1,880円でございます。

 以上、収入合計は、予算額2億6,807万9,000円に対し決算額は2億6,731万5,035円で、76万3,965円の収入減となったものでございます。

 次に、支出でございますが、款1事業原価、項1公有地取得事業原価、目1公有用地売却原価、及び目2代替地売却原価の決算額2億4,362万8,570円は、売却処分をいたしました用地の原価でございます。

 次に、款2販売費及び一般管理費、項1販売費及び一般管理費、目1人件費及び目2経費の決算額は1,283万717円で、これは事業管理に要した経費でございまして、9ページに明細を記載いたしておりますので、御高覧いただきたいと存じます。

 以上の結果、支出合計は、予算額2億5,739万3,000円に対し決算額2億5,645万9,287円となり、93万3,713円の支出減となったものでございます。

 次に、5ページをお願いいたします。

 資本的収入及び支出でございますが、まず収入では、款1資本的収入、項1借入金、目1借入金の決算額1億7,978万2,000円は、用地の取得、補償費等に要します資金を市から借り入れたものでございます。

 次に、支出でございますが、款1資本的支出の項1公有地取得事業費につきましては、先ほど事業報告の中で御説明申し上げました用地の取得に要した費用で、土地取得費、補償費、測量試験費を合わせまして決算額1億7,977万9,406円となるものでございます。

 なお、補償費1億56万8,081円につきましては、事業報告で御説明申し上げました補償費1億8,769万1,081円から、八日市場高向線外1線整備事業の取得に伴います建物等の撤去が年度内に完了できなかったことから、平成21年度に支払いの前渡金として処理しました8,712万3,000円を減額したものでございます。

 次に、項2借入金償還金、目1借入金償還金の決算額2億4,007万4,000円は、伊勢市の土地開発基金からの借入金を償還したものでございます。この結果、資本的支出におきましては、予算額4億2,062万円に対し決算額が4億1,985万3,406円となり、76万6,594円の執行残となったものでございます。

 以上の結果、資本的収入額に対し資本的支出額が2億4,007万1,406円の不足を生じましたが、これは損益勘定留保資金で補てんをさせていただいております。

 次に、6ページをお願いいたします。

 損益計算書でございますが、先ほど決算報告書で御説明申し上げました平成22年度中の収益的収入及び支出をそれぞれ記載いたしております。この結果、当期におきまして1,085万5,748円の純利益となったものでございます。

 次に、7ページをお願いいたします。

 貸借対照表でございますが、これは当年度末における事業の財産状態を総括的にあらわしております。資産の部は、流動資産、固定資産を合わせまして資産合計は19億4,599万3,582円となったものでございます。負債の部は、流動負債、固定負債を合わせまして負債合計は17億2,750万8,033円となったものでございます。

 資本の部の準備金は、当期純利益が生じたことによりまして、法の定めるところにより、繰越準備金に充てることといたしております。

 このことから、次期繰越準備金は2億1,348万5,549円となるものでございます。これによりまして、資本金、準備金を合わせました資本の合計は、2億1,848万5,549円となったものでございます。

 次に、8ページをお願いいたします。

 キャッシュ・フロー計算書でございますが、これは平成22年度中の現金の収入、支出の動きを表にしたものでございます。1の事業活動によるキャッシュ・フローは7,470万4,972円に、2の財務活動によるキャッシュ・フローはマイナス6,029万2,000円になったものでございます。平成22年度末の現金及び現金同等物の期末残高は、2億506万6,937円になったものでございます。

 なお、10ページ以降に現金及び預金明細表、公有用地明細表等をそれぞれ添付いたしておりますので、御高覧いただきたいと存じます。

 また、本決算につきましては、去る5月23日、監査をお願いし、その監査結果を末尾に添付させていただいております。

 以上、報告第14号伊勢市土地開発公社の決算につきまして、補足の御説明を申し上げました。何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第14号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから、報告第14号を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方の御起立を願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第14号伊勢市土地開発公社の決算について」は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成23年請願第2号の上程、報告、質疑、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第23、「平成23年請願第2号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書提出を求める請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る6月27日の本会議におきまして、教育民生委員会に審査付託となっているものであります。

 教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 15番、西山議員。



◆15番(西山則夫君) ただいま上程されました「平成23年請願第2号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革に反対する意見書提出を求める請願」について、去る7月1日委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果、幼保一体化については、幼稚園側、保育園側にそれぞれの立場により問題点が異なること、県下の他市と比べて私立幼稚園の率が非常に高いことから、歴史的経過も踏まえて問題に対する議論が必要であるという意見。また、国会でも審議が中断しており、まだ方向性が定まっていない状態でもあることから、いましばらく検討する時間を持ったらどうかという意見があるなど、3名の委員から意見があり、これらの状況を踏まえ、さらに詳細に審査をする必要があると認め、全会一致をもって継続審査にすべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、以上で委員長報告に対する質疑は終わります。

 お諮りいたします。

 平成23年請願第2号につきましては、教育民生委員会の報告のとおり、さらに審査期限を延長し、議会閉会中も審査を願い、次の議会に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会改革特別委員会の第2回中間報告について



○議長(宿典泰君) 次に、日程第24、「議会改革特別委員会の第2回中間報告について」を議題といたします。

 会議規則第46条第2項の規定により議会改革特別委員会から中間報告を行いたいとの申し出がありました。この際、御報告をいただくことにいたします。

 議会改革特別委員会委員長、27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 議会改革特別委員会は、平成22年7月設置以来、ちょうど1年が経過をいたしました。昨年、平成22年12月定例会において第1回中間報告を行いましたが、その後の調査活動及び調査結果につきまして、御報告申し上げます。

 平成22年12月定例会で行いました中間報告後から今日まで、第12回から第22回まで11回の議会改革特別委員会と所沢市議会、青梅市議会を訪問し先進地視察を行い、また、伊勢市まちづくり市民会議と懇談会を行いました。(中山裕司君退場)

 伊勢市まちづくり市民会議との懇談結果でございますが、懇談で出されました意見や要望、批判につきましては真摯に受けとめ、議会改革の取り組みをしっかりと進めていくことを確認いたしました。今後は引き続き具体的検討項目の検討を進めながら、議会のあり方及び議会基本条例について検討を行う予定としております。

 まず、1といたしまして、「本会議でのパネル使用の規定」でございます。議会での議論は口頭による議論が原則でありまして、1、パネル使用はあくまでも説明の補助としての使用であること、2、必要最小限の使用とすること、3、後日会議録を読んだときに、パネルを参照しなくても発言の内容がわかるように配慮すること、このことを前提条件にパネル使用を認めることを決定いたしました。

 次に、2の「議員間の自由討議」につきまして申し上げます。これまで議会での議論は、議案の審議を含めほとんどが執行機関側への質問に終始しており、議員間で議論することはほとんどなかったことを踏まえ、議員間で議論を尽くすため、自由討議を行うようにすることとし、まずは常任委員会で取り組んでいくこととしました。この自由討議につきましては、既に各常任委員会において所管事務調査等で取り組んでおられるところであります。

 次に、3の「予算決算委員会及び各派代表者会議の運用の改善」であります。

 予算及び決算特別委員会については、当面は現行の委員の人数配分の方法、全会派によるドント方式での配分を継続することといたしました。各派代表者会議につきましては、現行3名以上の会派とし、2名以下の会派はオブザーバー参加とすることを継続することといたしました。

 次に、4の「議会ルールの確認」について、不備な点がございましたら適宜議論を起こしていくことといたしました。

 次に、5の「政策討論」につきましては、記載のとおりであります。

 次に、「議長の任期」でございますが、まず、正副議長の任期につきましては、慎重に協議を行いましたが結論が出ず、一たん保留といたしました。

 「議選の監査委員の任期」につきましては、監査委員の職務、職責から、議員活動に対して一定の時間制約がかかってしまうということを考慮し、現行を継続することといたしました。

 次に、7の「常任委員会委員の任期」につきましては、慎重なる協議の結果、伊勢市議会においては、同じ常任委員会の委員に再任されることができる運用としていることから、現行の1年を継続することといたしました。

 また、「議会運営委員会の委員の任期」につきましては、正副議長の任期について保留としたことから、関連性を考慮して一たん保留といたしました。

 次に、「質疑・一般質問の発言通告のあり方」について申し上げます。

 協議の結果、発言通告書に記載する内容につきましては、何を聞きたいのか、何が論点なのかを明確にわかるように具体的に書くことといたしました。

 次に、9の「議員定数と報酬に対する意識改革」について申し上げます。

 今、議会が見えない、行政のチェック機能を果たしていない、議員のモラルが低い等といった議会や議員に対する不信、批判の声が全国的に地方議会に寄せられている現状を踏まえ、議会の役割、議会の仕事とは何か、議員はどうあるべきかということを再認識し、議員みずからの資質の向上を図っていくこと、そして、市民に議会活動や議員活動が見えるようにしていく、伝える努力をしていくことが大切であるとの認識に立ち、議会改革の取り組みを進めていくことを確認をいたしました。

 次に、10の「研修の充実」でございます。

 まず、研修の目的、意義に対して、議会における研修は、議会や議員に求められる機能を正しく発揮しその役割を果たすため、また、議員倫理の向上を図るため、議員一人一人の資質の向上と議会全体の水準の向上を目的として実施するものであることを確認をいたしました。

 また、単に研修を受けただけに終わらないようにするための方策として、議員一人一人が研修の目的、研修の意義を理解し、学んだことを生かそうとする努力をしていくこと、二元代表制といいながらも、情報量や支援する職員数などが首長と議会では大きな違いがあるという認識をしっかりと認識し、研修に取り組むことが重要であることを確認するとともに、他の議員を対象に研修会の報告会を実施するなど、研修の成果をアップさせていく工夫を講じていくとの結論に至りました。(中山裕司君入場)

 議員全体研修については年2回程度実施する方向として、その企画や実施につきましては議長において進めていただくことといたしました。

 次に、11の「議案等についての議員の賛否の公表」について申し上げます。

 この件につきましては、定例会や臨時会の審査結果について議員の賛否を公表するということを昨年決定いたしました。そこで、議論の結果、いせ市議会だよりによる公表を6月定例会から先行して実施していくことといたしました。掲載の方法、方式につきましては、いせ市議会だより発行委員会で検討を願うこととなりました。

 次に、12の具体的検討項目で3月定例会から運用開始したものについて検証結果を申し上げたいと思います。

 「対面方式」、「一般質問の通告の時期」、「本会議でのパネル使用の規定」及び「質疑・一般質問の発言通告のあり方」は、記載のとおり継続していくことといたしました。

 なお、質疑と一般質問との違いを議員各位が正しく認識することも確認いたしました。

 また、パネルの大きさにつきましては、A1サイズまでとすることといたしました。

 「反問権」につきましては、質問の趣旨確認でない場合の反問について、1といたしまして、前提として、まず議員から質問があって、それに対する答弁を執行機関側はきちっとすること、2といたしまして、その上で当該質問の内容に対し、執行機関側が反問するべきであることを確認いたしました。

 「請願に係る意見書」につきまして、申し上げます。

 以前は、所管の常任委員会の審査結果を受けて議会運営委員会で意見書案を作成するパターンでありましたが、常任委員会の機能強化を図っていくことから、意見書案の作成と議案提出を所管の常任委員会で行う方法に改めました。

 1つといたしまして、全会一致の場合、所管の常任委員会で意見書案を作成し、議案提出につきましては委員会提出とする。

 2つといたしまして、多数決の場合、所管の常任委員会で意見書案を作成しますが、議案提出につきましては賛成議員による議案提出とする。

 以上が議会改革特別委員会の平成22年12月定例会における中間報告後の調査結果及び調査活動結果でございます。具体的検討項目の検討は、これまで議会の会議の進め方が中心でありましたが、いよいよ議会のあり方や議員のあり方といった基本的、実質的なところに入ってまいりました。議会改革の取り組みは、決して議会改革特別委員会の委員だけで進めるべきでなく、伊勢市議会議員全員が一丸となって議会改革の取り組みを進めていくことが重要であります。

 こうした考えから、委員外議員の皆様に傍聴を呼びかけ、議論への参加をお願いしたところ、多くの議員の参加をいただきました。議員各位におかれましては、今後も議会改革特別委員会の傍聴をしていただき、委員外議員発言など、積極的な議論への参加をお願い申し上げまして、第2回の中間報告とさせていただきます。



○議長(宿典泰君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御発言もないようでありますので、本件につきましては以上とし、議会改革特別委員会につきましては、引き続き調査検討をお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(宿典泰君) 以上で、本議会定例会提出の全議案を議了をいたしました。

 それでは、これをもって本日の会議を閉じ、市議会定例会を閉会いたします。

 なお、議長の手元に陳情が2件参っておりますので、印刷、配付いたしておきましたから、御了承ください。

 御苦労さまでした。



△閉会 午後0時00分

 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成23年7月6日

        伊勢市議会議長     宿 典泰

        伊勢市議会議員     中川幸久

        伊勢市議会議員     杉村定男