議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成23年  6月 定例会 06月20日−01号




伊勢市 平成23年  6月 定例会 − 06月20日−01号







伊勢市 平成23年  6月 定例会



        平成23年6月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

               平成23年6月20日(月)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 発議第2号 議会運営委員会委員の辞任願い出について

日程第4 議案第42号 専決事項の承認を求めることについて

日程第5 議案第43号 平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)

日程第6 議案第44号 伊勢市市税条例の一部改正について

日程第7 議案第45号 伊勢市工場等立地促進条例の制定について

日程第8 議案第46号 訴訟の提起について

日程第9 議案第47号 市道の路線の廃止について

日程第10 議案第48号 市道の路線の認定について

日程第11 議案第49号 伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について

本日の会議に付した事件

 1.会議録署名議員の指名について

 1.会期の決定について

 1.議会運営委員会委員の辞任願い出について

 1.専決事項の承認を求めることについて

 1.平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)

 1.伊勢市市税条例の一部改正について

 1.伊勢市工場等立地促進条例の制定について

 1.訴訟の提起について

 1.市道の路線の廃止について

 1.市道の路線の認定について

 1.伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について

出席議員(26名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     17番  中川幸久君     19番  杉村定男君

     20番  浜口和久君     21番  工村一三君

     22番  山本正一君     23番  佐之井久紀君

     24番  宿 典泰君     25番  世古口新吾君

     27番  中村豊治君     28番  中山裕司君

欠席議員(2名)

     18番  小山 敏君     26番  長岡敏彦君

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     古布章宏君   事務局次長    筒井弘明君

  議事係長     中川雅日君   調査係長     津村将彦君

  書記       中野 諭君   書記       中川浩良君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君

  病院事業管理者  間島雄一君   会計管理者    松島康雄君

  総務部長     藤本 亨君   情報戦略局長   森井 啓君

  環境生活部長   白木信行君   健康福祉部長   山本辰美君

  産業観光部長   中井宏明君   都市整備部長   宮田重和君

  二見総合支所長  三浦 徹君   小俣総合支所長  田端正美君

  御薗総合支所長  内田 豊君   病院事務部長   中川芳明君

  上下水道部長   本多秀夫君   消防長      保田幸宏君

  消防本部次長   大西邦生君   総務課長     北 一晃君

  行政経営課長   大西要一君   教育委員会委員長 熊谷 渉君

  教育長      宮崎吉博君   教育部長     佐々木昭人君

  教育次長     北村 陽君   監査委員     鈴木一博君

  農業委員会会長  奥野長衛君   選挙管理委員会委員長

                            鈴木市郎君



△開会 午前9時59分



△開会の宣告



○議長(宿典泰君) ただいまから市議会定例会を開会いたします。

 本日の出席者は26名であり、議員定数の半数以上です。

 よって、会議は成立をいたしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(宿典泰君) 本議会の議案等説明のため、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、監査委員の出席を求めましたところ、市長から副市長、病院事業管理者、会計管理者、各部長、局長、各総合支所長、消防長、各次長、各参事、各課長、各室長、消防署長、各副参事、各消防署副署長、嘱託員を、教育委員会委員長から教育長、部長、次長、各課長、所長、各副参事を、また選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、代表監査委員からそれぞれ事務局長を説明補助員として議場に出席承認方の申し出がありましたので、これを承認いたしておきましたから、御報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(宿典泰君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。

 それでは、会議に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(宿典泰君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本議会の会議録署名者は、会議規則第80条の規定により、議長において17番、中川議員、19番、杉村議員の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(宿典泰君) 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。

 お諮りをいたします。

 本議会の会期は、本日から7月6日までの17日間と決定いたしまして、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 よって、本議会の会期は本日から7月6日までの17日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第2号議会運営委員会委員の辞任願い出について



○議長(宿典泰君) 次に、日程第3、「発議第2号議会運営委員会委員の辞任願い出について」を議題といたします。

 本件につきましては、長岡議員から、一身上の都合により、議会運営委員会委員を辞任したい旨の申し出があるものです。

 お諮りをいたします。

 本件につきましては、本人の申し出を了とし、直ちに許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 よって、「発議第2号議会運営委員会委員の辞任願い出について」は、許可することに決定いたしました。

 議会運営委員会開会のため、暫時休憩をいたします。



△休憩 午前10時2分



△再開 午前10時18分



○議長(宿典泰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第42号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(宿典泰君) 次に、日程第4、「議案第42号専決事項の承認を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第42号専決事項の承認を求めることにつきまして御説明を申し上げます。

 これは、国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が3月25日に、健康保険法施行令等の一部を改正する政令が3月30日に公布をされ、平成23年4月1日から施行されることとなりましたので、伊勢市国民健康保険条例を改正する必要が生じましたが、市議会を招集する時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分しましたので、同条第3項の規定によりこれを御報告し、御承認を求めるものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第42号専決事項の承認を求めることにつきまして、補足の御説明を申し上げます。

 これは、伊勢市国民健康保険条例の一部改正でございます。改正の主な内容につきまして御説明申し上げますので、恐れ入りますが、条例関係の議案書の2ページをお開きいただきたいと存じます。

 まず、第7条の改正は、出産育児一時金に係る規定の整備でございまして、出産育児一時金につきましては、平成21年10月から国の緊急の少子化対策としまして、平成23年3月までの間は暫定措置として、附則におきまして39万円を支給することといたしておりました。今回、この暫定措置が恒久化され、平成23年4月以降につきましても、これまでと同様に39万円を支給することとなったため、第7条において規定の整備を行うとともに、附則の暫定措置の規定を削除したものでございます。

 なお、産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合におきましては、出産育児一時金を3万円増額支給することとなっておりますので、出産育児一時金の額は42万円となるものでございます。

 次に、18条から第22条までの改正は、中間所得者層の保険料等の負担の軽減を図るため、保険料の基礎賦課限度額を50万円から51万円に、後期高齢者支援金等賦課額の限度額を13万円から14万円に、介護納付金賦課額の限度額を10万円から12万円にそれぞれ引き上げたものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しているものでございます。

 以上、議案第42号専決事項の承認を求めることにつきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 質疑に入ります前に、議長から申し上げます。

 質疑に当たりましては、一問一答方式によることといたしておりますとともに、発言につきましては、答弁を含め60分以内といたしますので、御留意いただきますようにお願いをいたします。

 それでは、質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第42号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第42号を採決いたします。

 本件につきまして承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(宿典泰君) ありがとうございました。起立全員と認めます。

 よって、「議案第42号専決事項の承認を求めることについて」は、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第43号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第5、「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げます。

 補正予算としては、東日本大震災への対応に要する経費及びこれに関連しますエネルギー対策等に要する経費を追加計上させていただくことを念頭に編成に当たったところでございますが、新規事業を初め、国・県補助金の決定等による事業費の追加並びに行政運営上、早急に予算化を必要とする諸経費を合わせ9,808万円の追加補正をお願いするものでございます。補正後の歳入歳出の総額は、それぞれ441億7,629万5,000円となるものでございます。

 人口減少社会の到来で、行政のスリム化の必要性を痛感する一方、少子高齢化の急速な進行に伴う人口構造の変化とふえ続ける社会保障関係経費、教育環境のさらなる充実、中心市街地の活性化など、社会経済情勢の変化に対応した施策が喫緊の課題となっております。加えて東日本大震災を契機に、市民の安全・安心を守るという行政の本来的、基礎的な役割としての防災対策の視点や、日常生活の生活スタイルや生活の質に対する考え方にも及ぶこととなります。地域のエネルギー対策の視点など、社会経済活動のさまざまな面において、そのあり方や基準について、一人一人がそれぞれの立場で考え、見直しをしなければならないという、重い課題を改めて認識することとなりました。

 市といたしましても、その責任においてリスクマネジメントのあり方をできる限り早急に整理し直し、必要な対策に積極的に取り組んでいかなければならないと考えております。

 また、本市には間近に迫ってまいりました第62回式年遷宮を初め、10年後、20年後を見据えた伊勢市やさしさプランの取り組みなど、重要課題が山積をしております。

 これらさまざまな市政運営上の重要課題をしっかりと認識し、時を違えずスピード感を持って適切に対応していくため、役割分担を念頭に私の補佐役としてもう一人の副市長を選任し、庁内の指揮命令のあり方や執行体制の強化を図り、これからの伊勢市のまちづくりに鋭意取り組んでいく所存でございます。

 なお、副市長の選任に当たりましては、広く人材を求めるためにも公募によるものとしたいと考えておりますので、御理解を賜りますようお願いを申し上げます。

 それでは、補正予算の歳出の主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 総務費における省エネルギー対策に要する経費、民生費における障害者グループホームの施設整備補助に要する経費、衛生費における家庭用太陽光パネル設置補助及び共同墓地整備に要する経費、農林水産業費における農業振興及び農業生産基盤の保全管理に要する経費、土木費における西36号線ほか1線整備に要する経費、消防費における津波被害復旧並びに一般住宅耐震診断及び補強工事補助に要する経費等をそれぞれ計上いたしております。

 以上が歳出の主なものでございますが、これらに要します財源としては、国・県支出金、繰越金及び市債を充当することといたしております。

 なお、繰越明許費、債務負担行為及び地方債につきましても所要の補正を行っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 なお、詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 補正の主な内容を御説明申し上げますので、補正予算書の10ページ、11ページをお開きいただきたいと存じます。10ページ、11ページでございます。

 歳出でございますが、款2総務費、項1総務管理費、目30エネルギー対策費、省エネルギー対策事業1,070万円の追加は、電力・エネルギー対策本部において決定しました省エネルギー対策としての取り組みに要する経費を計上したものでございます。具体的な取り組みとしましては、啓発のための見える化の推進として、小中学校へのデマンド監視装置の設置、また、施設改良による省エネの促進として、本庁舎本館及び東庁舎の南及び西に面する窓への遮熱フィルムの貼付を行うものでございます。

 次に、12ページ、13ページをお願いいたします。款3民生費、項1社会福祉費、目2障害者福祉費、障害者グループホーム等緊急整備事業1,500万円の追加は、現在、市内で不足を来しております障害者グループホームにつきまして三重県のグループホーム等緊急整備事業費補助金を活用し、新たにグループホームを設置します社会福祉法人四季の里への補助金交付に要する経費を計上したものでございます。

 次に、14ページ、15ページをお願いいたします。項2老人福祉費、目1老人福祉推進費、老人福祉施設建設等補助金では、事業費の増減はございませんが、計上費目の配分変更を行っております。これは試験的な取り組みとして予定しておりました24時間対応の定期巡回・随時対応サービス等推進事業につきまして、より本格的な実施を前提に、国の地域介護・福祉空間整備等交付金の割り当ての内示がありましたことから、事業推進補助金としての計上を減額し、新たに事業委託料として計上しまして、モデル事業を実施するものでございます。

 次に、16ページ、17ページをお願いいたします。上段の款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費、環境審議会経費78万9,000円の増額は、審議会に対し、エネルギーの地産地消に係る諮問をしたことに伴い、審議会の開催がふえることに対応したものでございます。

 次に、家庭用新エネルギー普及推進事業1,200万円の増額は、当初予算で100件分の住宅用太陽光発電システム設置費補助金を計上しておりましたが、5月の時点で予定数の申請を受理しているところでございます。電力需要対策の一環としましても積極的な推進を図るために、さらに200件分の設置補助に要する経費を計上したものでございます。

 次に、下段の目6墓地費、共同墓地整備事業補助金103万1,000円の増額は、今年度内の共同墓地の改修に係る要望のうち、緊急性の高いものがございましたことから、墓地管理委員会等が実施します整備事業に対する補助に要する経費を計上したものでございます。

 次に、18ページ、19ページをお願いいたします。款6農林水産業費、項1農業費、目4農業用施設管理費、農地・水・環境保全向上対策事業294万5,000円の増額は、老朽化が進んでおります農業用用排水路などの長寿命化のための補修等の取り組みを行う集落に対しまして支援金を交付するものでございまして、現時点で要望のございます7地区での活動に要する経費を計上したものでございます。

 次に、20ページ、21ページをお願いいたします。項3水産業費、目2水産振興費、漁業近代化資金利子補給補助金22万7,000円の追加は、東北地方太平洋沖地震による津波で直接被害を受けました市内漁業者の漁業経営再生支援のため、市内漁業者が行う復旧資金借り入れに対する利子補給に要する経費を計上したものでございます。

 次に、22ページ、23ページをお願いいたします。款9土木費、項2道路橋梁費、目6道路整備事業費、西36号線ほか1線整備事業2,820万円の追加は、今一色地区からの緊急時の避難道路として整備を行うものでございまして、用地取得、建物補償、改良工事等に要する経費を計上したものでございます。

 次に、24ページ、25ページをお願いいたします。款10消防費、項1消防費、目5災害対策費、東日本大震災対策経費1,049万3,000円の追加は、東北地方太平洋沖地震による津波で直接被害を受けましたノリ網・ロープ等の漁具の残骸処分に対する一部支援に要する経費、また東北地方の被災地支援等のため送りました備蓄物資等の補充に要する経費を計上したものでございます。

 次に、備蓄物資整備事業127万5,000円の増額は、被災地への職員派遣を通じ、得た教訓に基づきまして、増強します備蓄物資及び資器材の購入に要する経費を計上したものでございます。

 次に、住宅建築物耐震改修等促進事業1,515万円の増額は、木造住宅耐震診断に要する経費及び三重県との連携によります耐震補強等工事費の一部補助に要する経費を計上したものでございます。なお、耐震診断におきましては、太陽光パネル設置補助と同様、当初の想定を超える申し込みがございましたので、250件分の増額を、また耐震補強工事等におきましては、三重県の動向にあわせまして増額を行うものでございます。

 以上、簡単ではございますが、歳出の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、歳入の御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、8ページ、9ページにお戻りいただきたいと存じます。款15国庫支出金、款16県支出金、款20繰越金及び款22市債につきましては、いずれも説明欄に記載のとおりでございますので、後ほど御高覧を賜りますようよろしくお願いいたします。

 恐れ入ります、4ページにお戻りいただきたいと存じます。上段の第2表、繰越明許費でございますが、当初予算に計上の戸籍住民システム管理経費及び今回の補正予算での追加計上となっております道路整備事業におきまして、それぞれ繰越明許費を設定いたしております。

 中段の第3表、債務負担行為補正でございますが、農地・水・環境保全向上対策事業につきまして、新たに債務負担行為を設定いたしております。

 下段の第4表、地方債補正でございますが、市町村合併特例事業債におきまして、起債限度額の変更を行っております。

 以上、「議案第43号平成23年度伊勢市一般会計補正予算(第1号)」につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第43号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第44号外1件一括上程、説明



○議長(宿典泰君) 審議の都合により、日程第6、「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」及び日程第7、「議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定について」の2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」及び議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定につきまして御説明を申し上げます。

 まず、「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」は、地方税法等の一部改正に伴い、東日本大震災に係る個人市民税の雑損控除額の特例等について規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。

 次に、「議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定について」は、本市における工場等の立地を促進するために奨励制度を講ずることにより、産業の振興及び雇用の促進を図り、もって地域経済の活性化に資することを目的に、工場等を設置する事業者に対して奨励金を交付すること等に関し、必要な事項を定めるため、条例を制定しようとするものでございます。

 なお、詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」及び議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 まず、議案第44号伊勢市市税条例の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、議案書の12ページ、13ページをお開きいただきたいと存じます。

 まず、第54条の改正は、地方自治法が改正され、特別地方公共団体の一つである地方開発事業団が廃止されることに伴いまして、埋立地に係る固定資産税の納税義務者の規定中に地方開発事業団を引用しているため、これを削除しようとするものでございます。

 次に、附則に2条を加える改正は、東日本大震災による被災納税者に対する特例措置の創設に伴う規定の整備でございます。

 附則第22条は、市民税に係る雑損控除額等の特例でございまして、災害により、住宅、家財等について生じた損失の控除につきましては、災害のあった年の所得から控除するものでございますが、今回の震災に係る損失につきましては、その前年の平成22年の所得から控除することができるようにしようとするものでございます。

 次に、13ページ中段から14ページにかけまして記載してございます附則第23条は、住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例でございまして、いわゆる住宅ローン減税に係るものでございますが、住宅借入金等特別税額控除を受けていた住宅が今回の震災により、居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について引き続き控除を適用しようとするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行し、地方税法の一部を改正する法律の施行の日である平成23年4月27日から適用しようとするものでございますが、附則第23条につきましては、平成24年1月1日から、第54条の改正につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行の日からそれぞれ施行しようとするものでございます。

 次に、議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定につきまして御説明を申し上げます。

 23ページ、24ページをお開きいただきたいと存じます。本市の工場等の設置に係る奨励制度といたしましては、市内全域を対象としました伊勢市工場等誘致奨励条例並びにサン・サポート・スクエア伊勢及び神薗工業団地を対象としました伊勢市指定団地企業立地促進条例で定めているところでございますが、今回対象となる業種の拡大、設備投資に係る奨励金の交付要件の緩和及び雇用に係る奨励金の対象を市内全域とするなどの見直しを行いまして、新たにこの条例を制定しようとするものでございます。

 条例の主な内容でございますが、第1条は目的について規定いたしております。第2条は用語の定義について規定いたしておりまして、工場等につきましては、再生可能な自然エネルギーへの転換が予測されますことから、原子力発電所を除きます発電所及びガス製造工場の用に供する施設を新たに加えようとするものでございます。

 また、サン・サポート・スクエア伊勢及び神薗工業団地を指定地域といたしますとともに、工場等の設置につきましては、新たに設置する新設、拡充の目的をもって設置する増設に加え、本市の他の区域内に別に設置する移設につきましても対象としようとするものでございます。

 次に、24ページ中段から記載してございますが、第3条の事業者の要件、25ページになりますが、中段からの第4条の奨励措置、第5条の奨励金の交付につきましては、用地に係る用地取得奨励金、土地、家屋及び償却資産の固定資産税に係る設備投資奨励金、雇用に係る雇用奨励金の要件及び金額等につきまして、それぞれ規定をいたしております。

 奨励金の内容でございますが、業種、投下固定資産総額、雇用人数の要件はありますが、用地取得奨励金につきましては、工場等の用地を本市から3,000平方メートル以上取得した場合に3億円を限度としまして、取得にかかる費用の30%を交付しようとするものでございます。

 設備投資奨励金につきましては、指定地域以外では工場等の立地に係る土地等に対する固定資産税額に相当する金額の100%の額を最初の年に、75%の額を2年目に、50%の額を3年目にそれぞれ交付しようとするもので、指定地域内では、固定資産税額に相当する金額の100%の額を5年間交付しようとするものでございます。

 なお、設備投資奨励金につきましては、奨励金の交付の対象となる工場等の要件の緩和を行ったものでございます。

 雇用奨励金につきましては、本市に住所を有する新規常時雇用従業員1人当たり20万円を乗じた額を交付しようとするものでございます。

 なお、雇用奨励金につきましては、指定地域のみが対象となっておりましたが、これを市内全域に拡大しますとともに、限度額を600万円から4,000万円に引き上げたものでございます。

 次に、26ページ下段から27ページにかけまして記載してございます第6条は、指定の申請等について規定いたしております。

 次に、27ページ、28ページをお願いいたします。

 第7条は奨励金の交付申請について、第8条は変更の届け出について、第9条は指定の取り消し等について、第10条は地位の承継について、第11条は報告及び調査について、それぞれ規定いたしております。

 次に、第12条は事業用定期借地権を適用しまして、指定地域内において市が所有する土地を工場等の立地に係る土地として貸し付けることができることとしますとともに、減額して貸し付けができることといたしております。

 なお、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 また、附則におきまして、伊勢市工場等誘致奨励条例及び伊勢市指定団地企業立地促進条例を廃止しますとともに、経過措置を設けております。

 以上、「議案第44号伊勢市市税条例の一部改正について」及び議案第45号伊勢市工場等立地促進条例の制定につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第44号外1件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第46号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第8、「議案第46号訴訟の提起について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第46号訴訟の提起につきまして御説明を申し上げます。

 これは、工作物撤去請求事件について、訴訟を提起するにつき、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第46号訴訟の提起につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、議案書の30ページ、31ページをごらんいただきたいと存じます。工作物撤去請求事件の内容でございますが、本市が所有します法定外公共物である道路、いわゆる赤道でございますが、この法定外公共物内にコンクリートブロック塀及びトタン塀を所有する相手方に対しまして、これらの不法占用工作物の撤去を求めようとするものでございます。

 相手方とは境界査定を行いましたが不調となり、境界が確定しないまま、相手方は工作物の設置をしたものでございます。また、筆界特定制度により、筆界の特定を行いましたところ、相手方が設置しました工作物は、法定外公共物内に存在することが明確となったため、相手方に対し、工作物の撤去による原形復旧を求めてまいりましたが、応じていただけなかったものでございます。

 なお、本件訴訟につきましては、北岡雅之弁護士を訴訟代理人と定め、第一審判決の結果、必要がある場合は上訴する方針でございます。

 以上、議案第46号訴訟の提起につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第46号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第47号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第9、「議案第47号市道の路線の廃止について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第47号市道の路線の廃止につきまして御説明を申し上げます。

 これは、市道の路線を廃止するにつき、道路法第10条第3項の規定により、あらかじめ議会の議決を経ようとするものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第47号市道の路線の廃止につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の33ページをお開きいただきたいと存じます。これは、朝熊12号線を廃止しようとするものでございまして、フットボール場整備に伴いまして、起点及び終点を変更するため、一たん路線の廃止をしようとするものでございます。

 なお、次の議案におきまして、改めて路線の認定をお願いすることといたしております。

 以上、議案第47号市道の路線の廃止につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第47号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第48号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第10、「議案第48号市道の路線の認定について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第48号市道の路線の認定につきまして御説明を申し上げます。

 これは、市道の路線を認定するにつき、道路法第8条第2項の規定により、あらかじめ議会の議決を経ようとするものでございます。

 詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第48号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の35ページをお開きいただきたいと存じます。これは、3路線を認定しようとするものでございます。認定する路線は、朝熊12号線、長屋23−1号線及び長屋23−2号線でございます。

 まず、朝熊12号線につきましては、先ほどの議案で路線の廃止につきまして御説明を申し上げましたが、フットボール場整備に伴い、起点及び終点を変更しまして、市道として認定し、適正な管理をしようとするものでございます。

 次に、長屋23−1号線につきましては、農道として管理しているものでございますが、周辺の土地利用の変化に伴いまして、市道として認定し、管理しようとするものでございます。

 次に、長屋23−2号線につきましては、土地の一部が農林水産省の所有となっているものでございますが、埋設されています宮川用水管の用途廃止に伴いまして、土地の払い下げの申し入れがありましたことから、市道として認定し、管理しようとするものでございます。

 なお、路線の土地につきましては、朝熊12号線、長屋23−1号線につきましては市の所有地、長屋23−2号線につきましては市及び国の所有地でございます。

 以上、議案第48号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第48号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第49号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第11、「議案第49号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第49号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約につきまして御説明を申し上げます。

 これは、伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について、このたび契約の運びとなりましたので、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 なお、詳細につきましては、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第49号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約につきまして、補足の御説明を申し上げますので、追加送付させていただきました議案書をごらんいただきたいと存じます。

 本件は、要件付一般競争入札により、5月23日に入札公告を行いましたところ、1社の参加申し込みがあり、6月14日に開札しました結果、入札金額3億100万円が最低価格でございまして、愛知県名古屋市中区錦1丁目11番20号、沖電気工業株式会社中部支社、支社長中山達博に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み3億1,605万円で契約を締結しようとするものでございます。

 今回の契約の主な内容といたしましては、屋外拡声子局設備につきまして、旧伊勢市内52カ所、二見町地内12カ所、小俣町地内17カ所、御薗町地内2カ所、合わせまして83カ所の整備をするものでございます。

 完成につきましては、平成24年3月を予定いたしております。

 参考といたしまして、入札結果調書を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第49号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(宿典泰君) 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 お諮りをいたします。

 議案の精読のため、明21日から24日までの4日間を休会といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 よって、明21日から24日までの4日間を休会とすることに決定いたしました。

 継続会議は、来る27日午前10時から開きます。

 それでは、本日は散会いたします。

 なお、本日御出席の皆様には開議通知を差し上げませんから、御了承をお願いをいたします。

 御苦労さまでした。



△散会 午前11時01分

 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成23年6月20日

        伊勢市議会議長     宿 典泰

        伊勢市議会議員     中川幸久

        伊勢市議会議員     杉村定男