議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成23年  3月 定例会 02月21日−01号




伊勢市 平成23年  3月 定例会 − 02月21日−01号







伊勢市 平成23年  3月 定例会



        平成23年3月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

                平成23年2月21日(月)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 議案第1号 平成23年度伊勢市一般会計予算

日程第4 議案第2号 平成23年度伊勢市国民健康保険特別会計予算

日程第5 議案第3号 平成23年度伊勢市後期高齢者医療特別会計予算

日程第6 議案第4号 平成23年度伊勢市介護保険特別会計予算

日程第7 議案第5号 平成23年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

日程第8 議案第6号 平成23年度伊勢市農業集落排水事業特別会計予算

日程第9 議案第7号 平成23年度伊勢市観光交通対策特別会計予算

日程第10 議案第8号 平成23年度伊勢市土地取得特別会計予算

日程第11 議案第9号 平成23年度伊勢市病院事業会計予算

日程第12 議案第10号 平成23年度伊勢市水道事業会計予算

日程第13 議案第11号 平成23年度伊勢市下水道事業会計予算

日程第14 議案第12号 平成23年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計予算

日程第15 議案第13号 平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)

日程第16 議案第14号 平成22年度伊勢市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第17 議案第15号 平成22年度伊勢市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)

日程第18 議案第16号 平成22年度伊勢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

日程第19 議案第17号 平成22年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第3号)

日程第20 議案第18号 平成22年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)

日程第21 議案第19号 平成22年度伊勢市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

日程第22 議案第20号 平成22年度伊勢市土地取得特別会計補正予算(第1号)

日程第23 議案第21号 平成22年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)

日程第24 議案第22号 平成22年度伊勢市水道事業会計補正予算(第2号)

日程第25 議案第23号 平成22年度伊勢市下水道事業会計補正予算(第2号)

日程第26 議案第24号 平成22年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計補正予算(第1号)

日程第27 議案第41号 平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第8号)

日程第28 議案第25号 伊勢市暴力団排除条例の制定について

日程第29 議案第26号 伊勢市職員給与条例の一部改正について

日程第30 議案第27号 伊勢市職員退職手当支給条例等の一部改正について

日程第31 議案第28号 伊勢市特別会計条例の一部改正について

日程第32 議案第29号 伊勢市立郷土資料館条例の廃止について

日程第33 議案第30号 伊勢市敬老金支給条例の廃止について

日程第34 議案第31号 伊勢市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部改正について

日程第35 議案第32号 伊勢市廃棄物処理センター条例の廃止について

日程第36 議案第33号 伊勢市公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について

日程第37 議案第34号 伊勢市矢持会館の指定管理者の指定について

日程第38 議案第35号 伊勢市と三重県市町職員退職手当組合との間における退職手当審査会に関する事務の委託について

日程第39 議案第36号 権利の放棄について

日程第40 議案第37号 市道の路線の廃止について

日程第41 議案第38号 市道の路線の認定について

本日の会議に付した事件

 1.会議録署名議員の指名について

 1.会期の決定について

 1.平成23年度伊勢市一般会計予算

 1.平成23年度伊勢市国民健康保険特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市後期高齢者医療特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市介護保険特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市農業集落排水事業特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市観光交通対策特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市土地取得特別会計予算

 1.平成23年度伊勢市病院事業会計予算

 1.平成23年度伊勢市水道事業会計予算

 1.平成23年度伊勢市下水道事業会計予算

 1.平成23年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計予算

 1.平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)

 1.平成22年度伊勢市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 1.平成22年度伊勢市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)

 1.平成22年度伊勢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 1.平成22年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第3号)

 1.平成22年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)

 1.平成22年度伊勢市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 1.平成22年度伊勢市土地取得特別会計補正予算(第1号)

 1.平成22年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)

 1.平成22年度伊勢市水道事業会計補正予算(第2号)

 1.平成22年度伊勢市下水道事業会計補正予算(第2号)

 1.平成22年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計補正予算(第1号)

 1.平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第8号)

 1.伊勢市暴力団排除条例の制定について

 1.伊勢市職員給与条例の一部改正について

 1.伊勢市職員退職手当支給条例等の一部改正について

 1.伊勢市特別会計条例の一部改正について

 1.伊勢市立郷土資料館条例の廃止について

 1.伊勢市敬老金支給条例の廃止について

 1.伊勢市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部改正について

 1.伊勢市廃棄物処理センター条例の廃止について

 1.伊勢市公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について

 1.伊勢市矢持会館の指定管理者の指定について

 1.伊勢市と三重県市町職員退職手当組合との間における退職手当審査会に関する事務の委託について

 1.権利の放棄について

 1.市道の路線の廃止について

 1.市道の路線の認定について

出席議員(27名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     18番  小山 敏君     19番  杉村定男君

     20番  浜口和久君     21番  工村一三君

     22番  山本正一君     23番  佐之井久紀君

     24番  宿 典泰君     25番  世古口新吾君

     26番  長岡敏彦君     27番  中村豊治君

     28番  中山裕司君

欠席議員(1名)

     17番  中川幸久君

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     森 裕幸君   事務局次長    筒井弘明君

  議事係長     中川雅日君   調査係長     東浦富美君

  書記       中野 諭君   書記       中川浩良君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君

  病院事業管理者  間島雄一君   会計管理者    松島康雄君

  総務部長     藤本 亨君   情報戦略局長   森井 啓君

  環境生活部長   古布章宏君   健康福祉部長   白木信行君

  産業観光部長   中井宏明君   都市整備部長   山下克己君

  二見総合支所長  三浦 徹君   小俣総合支所長  田端正美君

  御薗総合支所長  内田 豊君   病院事務部長   中川芳明君

  上下水道部長   宮田重和君   消防長      保田幸宏君

  消防本部次長   大西邦生君   総務課長     北 一晃君

  行政経営課長   大西要一君   教育委員会委員長 熊谷 渉君

  教育長      宮崎吉博君   教育部長     佐々木昭人君

  教育次長     北村 陽君   監査委員     鈴木一博君

  農業委員会会長  奥野長衛君   選挙管理委員会委員長

                            鈴木市郎君



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(宿典泰君) ただいまから市議会定例会を開会いたします。

 本日の出席者は27名であり、議員定数の半数以上であります。

 よって、会議は成立をいたしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(宿典泰君) 本議会の議案等説明のため、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、監査委員の出席を求めましたところ、市長から副市長、病院事業管理者、会計管理者、各部長、局長、各総合支所長、消防長、各次長、各参事、各課長、各室長、消防署長、各副参事、各消防署副署長、嘱託員を、教育委員会委員長から教育長、部長、次長、各課長、所長、各副参事を、また選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、代表監査委員からそれぞれ事務局長を説明補助員として議場に出席承認方の申し出がありましたので、これを承認いたしておきましたから、御報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(宿典泰君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

 それでは、会議に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(宿典泰君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本議会の会議録署名者は、会議規則第80条の規定により、議長において16番、上田議員、18番、小山議員の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(宿典泰君) 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。

 お諮りをいたします。

 本議会の会期は、本日から3月17日までの25日間と決定いたしまして、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 よって、本議会の会期は本日から3月17日までの25日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号外11件一括上程、説明



○議長(宿典泰君) 審議の都合により、日程第3、「議案第1号平成23年度伊勢市一般会計予算」から日程第14、「議案第12号平成23年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計予算」に至る12件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「議案第1号平成23年度伊勢市一般会計予算」外11件につきまして御説明を申し上げます。

 最初に、平成23年度における市政運営の基本的な考え方を申し上げます。

 平成22年国勢調査の三重県の速報値が1月に発表をされました。三重県全体で見ると、前回の平成17年の結果の186万6,963人と比較し、1万2,221人、0.65%減の185万4,742人となっています。

 伊勢市においては、平成17年が13万4,973人、今回が13万228人で4,745人の減となっております。一方、世帯数から見ると、この5年間で260世帯、率にすると0.53%伸びております。20年後の伊勢市の人口は約1万8,000人、14%減少し、11万5,000人程度になる見込みであります。そのうち子供の世代は約6,000人、35%の減少、働く世代は約1万5,000人、19%が減少することが見込まれ、対照的に65歳以上の高齢者は3,000人以上、10%の増加が見込まれております。その結果、3人に1人が高齢者となり、働く世代、言いかえれば「支える世代」が少なくなるという社会が到来してまいります。

 このことにより、税収が減少し経済規模の縮小が進み、反対に子育て、介護など福祉施策がより必要とされることとなります。こうしたことの先を見越した対応が必要であると考えているところでございます。

 また、市民の皆さんに昨年末から1月にかけて電話による市民の意向調査を3回にわたり実施をしました。そこではおおむね7割強の方が伊勢市の暮らしについて満足をしていただいているという結果でございました。また、市への要望として聞かせていただいたところ、回答をいただいた方に偏りはあるものの、特に顕著であったのが「福祉・健康」についてでありまして、全体の42%を占め、次に「農林水産・雇用・観光」、いわゆる産業政策についてが18.5%となっております。「福祉・健康」への市民の期待については、市長就任当時からの思いと一致をしているところであり、改めて今の伊勢市に大切な分野であると思っております。

 また、その次に要望されている「農林水産・雇用・観光」、産業政策につきましては、景気の回復や雇用の増大などへの対応を期待されているものと思っております。

 さらに進む少子化、高齢化の社会へどう対応していくのか、直面する大きな課題と考えているところでございます。

 私は、この避けて通ることのできない少子化を笑う子供と書いて「笑子化」、また高齢化を幸せな齢を重ねて「幸齢化」と読めるような社会を目指していきたいと考えております。

 そのために、「やさしさ」を持った施策を展開していきたいと考えており、これらの施策をまとめたものが「伊勢市やさしさプラン」としてお示しをさせていただいたものでございます。

 このプランの目指すところは、「やさしさのあふれるまち」と「地域の自立と繁栄」でございます。伊勢市のすべての人が優しさに包まれて生活できるまち、また市民と行政が一緒になってつくる活気あふれるオンリーワンのまちを目指していきたいと考えたものでございます。

 このプランは、「食と健康・医療」、「福祉・教育」、「観光・国際交流」、「安全・安心」、「次世代育成・定住促進」、「環境・産業振興」、「行政活動・市民協働」の7つの柱、23のプロジェクトとしております。

 「食と健康・医療」については、健康を支える食生活、また病気になってしまったときの医療体制などを充実していく施策をまとめております。

 平成23年度においては、健康・医療の電話相談をしていきたいと考えております。これは、無料の電話相談窓口を委託し、市民の健康・医療を初め介護、出産、育児、さまざまな相談に専門スタッフが24時間対応していただくものでございます。また、食育の推進、地産地消の推進、予防ワクチンの接種などに引き続き取り組んでまいります。

 次に、「福祉・教育」では、さまざまな生活環境の中で皆さんが生活をされております。環境は違ってもそれぞれ温かな生活を送っていただけるようなまちづくりや教育への施策をまとめております。

 障がい者に優しいまちづくりについては、障がいのある方がより外出がしやすいように利用できるトイレの整備を図ります。また、ひとり暮らしの高齢者の方への救急医療情報キットの配布などにも取り組んでまいります。

 次に、「観光・国際交流」では、平成25年に神宮式年遷宮を控え、観光を中心とした産業活性化に取り組む施策をまとめております。

 伊勢の顔づくりとして、伊勢市駅前広場整備、またソフトテニスのほかにもスポーツ観光につなげるものとして倉田山公園野球場の整備、朝熊山麓公園サッカー場の整備などに取り組んでまいります。

 次に、「安全・安心」では、災害に備えた安全で、生活基盤がしっかりとした安心なまちを目指す施策をまとめています。

 引き続き、木造住宅の耐震化を進め、また旧伊勢市と旧御薗村を結ぶ重要な幹線道路である八日市場高向線の整備などに取り組んでまいります。

 次に、「次世代育成・定住促進」では、少子化への対策として、子供を産み育てやすい環境づくりを進める施策をまとめています。

 庁内に、こども家庭相談センターを設置し、児童虐待、DV・女性相談などの相談体制の一元化などに取り組んでまいります。

 次に、「環境・産業振興」では、これまで受け継がれてきた自然を守りつつ、地域産業が元気になる施策をまとめており、住宅リフォームや店舗の改装に助成を行うことで市内の住宅関連産業の振興を図ります。また、獣害対策を初め、農林水産業の振興に取り組んでまいります。

 次に、「行政活動・市民協働」では、情報戦略や行政の仕事の効率化を図り、また行政だけではなく、地域との協働のまちづくりを進めるための施策をまとめております。

 広報いせと市のホームページをリニューアルし、情報発信の強化に努め、また税金や使用料などの公金の滞納整理の一元化などに取り組んでまいります。平成23年度以降このプランを柱に、やさしいまちづくりを目指し、また昨年策定した「第二次行財政改革大綱」とも整合を図りながら、さらに施策を展開していきたいと考えております。

 次に、内宮周辺の交通対策として、宇治浦田駐車場などの有料化に取りかかります。内宮周辺の交通対策については、パーク・アンド・バスライドを初め、混雑期に臨時駐車場の開設や交通誘導などの対策を実施しています。しかし、内宮周辺の交通量は増加し続けており、最近では休日ごとに渋滞が発生する状況となっております。この状況を改善するため、宇治浦田駐車場、五十鈴川河川敷、五十鈴公園グリーントピアの3カ所を市営有料駐車場として整備をし、駐車容量や機能の向上を図りたいと考えております。また駐車料金による収入を交通対策に充てることで、交通対策のさらなる充実を図っていくため、特別会計を設置したいと考えております。

 これらの政策を実現するために、人材の確保にも尽力をしていきたいと考えております。

 続きまして、予算編成方針につきまして御説明を申し上げます。

 初めに、平成23年度国予算編成及び地方財政についての概要を申し上げます。

 国におきましては、昨年12月に閣議決定、閣議了解された「平成23年度予算編成の基本方針」並びに「平成23年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」に基づき編成された予算案が去る1月24日国会に提出されたところでございます。

 この「予算編成の基本方針」によれば、『これまで先送りされてきた重要政策課題に着手し、解決していくための出発点としなければならない。とりわけ「経済成長」、「財政健全化」、「社会保障改革」を一体的に実現し、元気な日本を復活させるための礎を築く必要がある。』としております。

 このような基本的な考え方のもとに編成された平成23年度の国の一般会計予算案は92兆4,116億円、対前年度比で1,124億円、0.1%の増となっております。

 平成23年度の経済見通しにおいては、「世界経済の緩やかな回復が期待される中で、予算、税制等による新成長戦略の本格実施等を通じ、雇用・所得環境の改善が民間需要に波及する動きが徐々に強まることから、景気は持ち直し、経済成長の好循環に向けた動きが進むとし、物価についてはほぼ横ばい、完全失業率は雇用者数の増加から低下する。」と見込み、なお先行きのリスクとして「海外景気の下振れ懸念や為替市場の動向等」を挙げております。

 そうした中で、平成23年度の地方財政は、企業収益の回復等により地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が増加する一方、社会保障関係費の自然増や公債費が高い水準で推移することにより、定員純減や人事委員会勧告等の反映に伴い給与関係経費が大幅に減少してもなお、依然として大幅な財源不足が生じるものと見込まれることから、財政運営戦略に基づき社会保障関係費の自然増に対応する地方財源の確保を含め、交付団体初め地方の安定的な財政運営に必要となる地方の一般財源総額について実質的に平成22年度の水準を下回らないよう確保することを基本として、平成23年度の地方財政への対応を行うとしています。

 次に、本市の平成23年度の予算編成についてでありますが、先ほど申し上げましたとおり、国・地方の財政状況の厳しい現状を十分認識をし、自立的な行財政運営を進める上で、予算編成に当たっての基本的な考え方を申し上げます。

 まず、国においても徹底した予算の組みかえと無駄の削減の取り組みを行っているように、本市においても財政基盤をしっかりと点検し直し、事業の取捨選択を行い、その上で具体的な政策に取り組む必要があると考えております。

 次に、行政のスリム化に努める一方で、少子高齢化の急速な進行とふえ続ける社会保障関係経費、教育環境のさらなる充実、中心市街地の活性化など、社会経済情勢の変化に対応した施策が喫緊の課題とされ、これらの課題解決に当たり速やかなる対応が求められていることも十分認識をしております。

 これらの状況を念頭に置きながら、合併後6年目となる平成23年度も引き続き市の一体感の醸成、地域間格差是正のための取り組みがより一層求められてきております。

 さらに喫緊の課題である雇用関係については、国・県と連携のもと地域の雇用機会の創出を図るための経費を計上し、今後もさらに事業化の可能性を検討し、拡充も視野に入れて取り組んでまいりたいと考えております。

 以上、所信の一端と経済動向、予算編成に当たっての基本的な考え方を申し上げましたが、続いてこれら諸施策を遂行するための新年度予算を初めとします各議案について順を追って御説明を申し上げます。

 まず、「議案第1号平成23年度伊勢市一般会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 前年度、平成22年度当初予算は骨格予算とし、6月補正で本格予算を編成しましたことから、前年度対比を6月補正後の本格予算との対比で申し上げます。

 平成23年度伊勢市一般会計予算は、総額440億7,821万5,000円となり、前年度予算と比較すると、金額で2億4,225万5,000円、率にして0.5%の減となっております。

 新年度予算を性質別に分類すると、投資的経費として38億2,455万3,000円、消費的経費として279億7,961万3,000円、その他の経費として122億7,404万9,000円という構成になっております。

 投資的経費については、前年度予算額と比較して16億64万5,000円、29.5%の減となっております。また、消費的経費につきましては、前年度予算額と比較をして10億1,646万2,000円、3.8%の増となっております。その他の経費については、前年度予算額と比較をして3億4,192万8,000円、2.9%の増となっております。

 以下、歳出の主なものについて、順を追って御説明を申し上げます。

 まず、総務費でございますが、一般管理費においてふるさと未来づくり推進計画の検証及び制度の確立に要する経費等を計上しております。

 広報広聴費において、広報いせ、伊勢市ホームページのリニューアルに取り組み、情報発信に要する経費等を計上しております。

 交通対策費において、コミュニティバス運行に要する経費等を計上しております。

 選挙費において、三重県知事及び県議会議員の選挙執行に要する経費等を計上しております。

 次に、民生費でございますが、障がい者福祉対策として障がい者にやさしいまちづくりへの取り組みに要する経費等を計上しています。

 医療費支給事業では、心身障がい者、乳幼児、一人親家庭等の医療費の助成に要する経費を計上しております。

 高齢者福祉対策として、救急医療情報キット配備に要する経費等を計上しています。

 児童福祉対策として、こども家庭相談センターの設置による相談体制の強化、子ども手当を初め子育てと就労の両立支援を図るため、民間保育所や放課後児童クラブに対する支援経費、地域子育て支援センター事業、民間認定こども園整備補助に要する経費等を計上しております。

 次に、衛生費でございますが、予防接種、生活習慣病対策、妊婦検診の無料化に向けた取り組みに要する経費、ごみ収集に当たっての集積化・ステーション化に要する経費等を計上しております。

 次に、労働費でございますが、若年求職者に対する就職・自立の支援に要する経費、緊急雇用創出事業補助を受けて実施する離職を余儀なくされた非正規労働者等の一時的な雇用・就業機会の創出に要する経費等を計上しております。

 次に、農林水産業費でございますが、獣害防止を初め、各種事業の振興に要する経費等を計上しております。

 次に、商工費でございますが、住宅等のリフォーム促進、消費生活センター運営、産業支援センターにおけるものづくり支援、起業支援に要する経費等を計上しております。

 次に、観光費でございますが、おもてなしの充実、宿泊施設のバリアフリー化改修の促進、伊勢のすぐれた観光資源を広く紹介するための積極的な情報発信・誘客活動、各種行事開催に要する経費等を計上しております。

 次に、土木費でございますが、まず道路橋梁関係としては、市民の皆様から多くの御要望をいただいておる生活関連道路の改良のほか、新設整備に要する経費等を計上しております。河川関係としては、浸水・排水対策のため計画的な河川改修、排水施設整備に要する経費等を計上しております。都市計画関係としては、観光交通対策の取り組み、街路事業として八日市場高向線の整備、伊勢市駅・宇治山田駅の駅前広場整備、高向小俣線の整備着手に向けた調査に要する経費等を計上しております。公園関係としては、朝熊山麓公園サッカー場の整備に要する経費等を計上しております。住宅関係として、公営住宅の改修、整備に要する経費等を計上しております。

 次に、消防費でございますが、各種資機材の整備経費及び消防自動車の購入に要する経費等を計上しています。また、災害対策としては、自主防災隊の育成・強化、一般木造住宅等の耐震診断・耐震補強に係る補助に要する経費等を計上しています。

 次に、教育費でございますが、学習支援員や学校教育支援ボランティアを活用し、きめ細やかな指導の充実に要する経費、いじめ等の問題への取り組みに要する経費、教育相談の充実に要する経費等を計上しています。

 小中学校費関係としては、それぞれの教育振興事業、社会教育関係としては、文化財保存整備、保健体育関係としては、倉田山公園野球場の整備に要する経費等を計上しています。

 以上、歳出の主なものについて、順を追って御説明申し上げましたが、これらに要する財源として、市税においては158億5,000万円、地方消費税交付金においては11億8,000万円、地方交付税においては93億円、国・県支出金において86億3,343万6,000円、市債において48億5,290万円等をそれぞれ充当することとしております。

 なお、歳入歳出予算のほか債務負担行為、地方債、一時借入金、歳出予算の流用についてもそれぞれ計上しておりますので、御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。

 以上、一般会計の予算の概要を申し上げましたが、続きまして、特別会計及び企業会計について御説明を申し上げます。

 「議案第2号平成23年度伊勢市国民健康保険特別会計予算」については、総額135億8,153万4,000円となり、前年度当初予算と比較すると2.2%の減となっております。これは、主に保険給付費の減によるものでございます。そのほか、一時借入金についても計上しております。

 「議案第3号平成23年度伊勢市後期高齢者医療特別会計予算」については、総額23億98万6,000円となり、前年度当初予算と比較をしますと2.3%の増となり、後期高齢者医療広域連合納付金及びこれに関連します事務費等を計上しています。そのほか、一時借入金についても計上しております。

 「議案第4号平成23年度伊勢市介護保険特別会計予算」については、保険事業勘定と介護サービス事業勘定合わせて総額104億7,124万3,000円となり、前年度当初予算と比較をしますと5.4%の増となり、介護サービスに必要な諸経費を計上しています。そのほか、債務負担行為、一時借入金についても計上しております。

 「議案第5号平成23年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算」については、総額2,052万5,000円となり、貸付金元利金の回収、公債費、事務費を計上しています。

 「議案第6号平成23年度伊勢市農業集落排水事業特別会計予算」については、総額6,831万4,000円となり、主に施設の維持管理に要する経費、公債費を計上しております。

 「議案第7号平成23年度伊勢市観光交通対策特別会計予算」については、今回、特別会計を新設し、総額4億5,980万7,000円を計上しておりますが、宇治浦田駐車場を初めとする駐車場の有料化に着手をするもので、主に施設の整備に要する経費を計上しております。

 「議案第8号平成23年度伊勢市土地取得特別会計予算」については、総額2億114万8,000円となり、土地開発基金からの繰入金を財源とし、公共事業促進のため用地の先行取得に要する経費を計上しております。

 「議案第9号平成23年度伊勢市病院事業会計予算」については、業務の予定量としまして、入院患者1日平均202人、外来患者646人、健診・ドック38人と見込み、収益的収入及び支出に要する経費を計上しております。

 資本的収支においては、器械備品等資産購入に要する経費を計上しております。そのほか、一時借入金、歳出予算の流用についてもそれぞれ計上をしております。

 病院事業については、医師、看護師不足や国の医療費抑制方針もあり、収支状況は非常に厳しいものと予想されますが、患者サービスの向上に努めるとともに、さらなる合理化、健全経営に努めてまいりたいと考えております。

 「議案第10号平成23年度伊勢市水道事業会計予算」については、業務の予定量として給水戸数5万4,757戸、年間総給水量1,746万4,000立方メートルを見込み、収益的収入及び支出に所要の経費を計上しております。

 資本的収支においては、配水及び給水施設設置事業、老朽管更新事業、配水管敷設事業、公共下水道事業に伴う配水管の布設がえ等の建設改良費を主なものとして計上しております。そのほか、企業債、一時借入金、歳出予算の流用についてもそれぞれ計上しております。

 「議案第11号平成23年度伊勢市下水道事業会計予算」については、業務の予定量としまして、排水戸数1万6,140戸、年間総排水量479万2,000立方メートルを見込み、収益的収入及び支出に所要の経費を計上しています。

 資本的収支においては、流域関連公共下水道事業、宇治・中村特環公共下水道事業、雨水管渠敷設事業、ポンプ場築造事業等の建設改良費を主なものとして計上しております。そのほか、債務負担行為、企業債、一時借入金、歳出予算の流用についてもそれぞれ計上しております。

 水道・下水道事業につきましても、より一層経営の合理化を推進し、企業としての独立採算制を堅持し、健全経営に努めてまいりたいと考えております。

 「議案第12号平成23年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計予算」については、業務の予定量として入居居室数9室を見込み、収益的収入及び支出に所要の経費を計上しております。

 資本的収支においては、非常口の新規設置に要する経費を計上しております。そのほか、一時借入金についても計上しております。

 以上、新年度の各予算につきまして、その概要を申し上げましたが、なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、一括上程中の「議案第1号平成23年度伊勢市一般会計予算」外11件につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 まず、「議案第1号平成23年度伊勢市一般会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 それでは、説明の便宜上、歳出からその主なものにつきまして御説明を申し上げますので、まず48ページをお開きいただきたいと存じます。48ページでございます。

 上段の款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費では、49ページ説明欄、大事業7地域自治推進事業としまして3,714万2,000円を計上しております。これは、ふるさと未来づくり推進計画の検証を行い、新たな地域自治の仕組みとしての制度の確立を目指すものでございます。

 次に、50ページをお願いいたします。下段の目6広報広聴費では、51ページ説明欄、大事業1広報事業、中事業5インターネット情報発信事業としまして2,590万円を計上しております。これは、伊勢市ホームページのリニューアルを行い、情報発信に努めようとするものでございます。

 次に、52ページをお開きください。下段の目9企画費では、53ページ説明欄、大事業5情報調査事業、中事業2公共施設情報整理事業としまして945万円を計上しております。これは、公共施設について社会情勢の変化や人口減少、少子高齢化社会の到来を見据えた中長期的な視点に立った施設の更新、改修、維持管理のあり方を検討するための調査を行おうとするものでございます。

 次に、62ページをお開きください。62ページでございます。中段の目25交通対策費では、63ページ説明欄、大事業2交通対策推進事業、中事業1コミュニティバス運行事業としまして9,111万9,000円を計上しております。これは、公共交通サービスの地域格差の是正や交通弱者への交通手段の提供など公共交通サービスの充実を図るため、コミュニティバス運行を行うものでありますが、一部の路線においてデマンド型サービスを導入し、より効率的、経済的な運行に努めるものでございます。

 次に、68ページをお願いいたします。項4選挙費におきましては、4月執行予定の知事及び県議会議員選挙及び70ページに移りまして農業委員会委員選挙等に関します所要の経費を計上しております。

 次に、76ページをお開きください。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費では、77ページ説明欄の大事業13で国民健康保険特別会計に対します繰出金8億1,856万9,000円を計上しております。

 次に、78ページをお開きください。上段の目2障害者福祉費では、79ページ説明欄の大事業2障害者福祉対策事業、中事業5障がい者にやさしいまちづくり事業としまして782万4,000円を計上しております。これは、公共施設にある既存の多目的トイレにオストメイト対応トイレ設備の整備を行うものでございます。また、公共施設窓口等へのコミュニケーションボード設置や障がいのある方の生活に必要な場所のバリアフリー調査及び情報整理を行うものでございます。また、大事業4障害者介護給付等事業としまして10億6,585万3,000円を計上しております。これは、障害者自立支援法に基づく居宅介護、短期入所などさまざまなサービスの給付を行うことで、障がいのある方の地域生活を支援するものでございます。

 下段の目3医療支給費におきます6億8,663万円につきましては、障がい者、乳幼児、一人親家庭等の医療費助成に必要となる経費を計上しております。

 次に、82ページをお開きください。項2老人福祉費、目1老人福祉推進費では、83ページ説明欄の大事業6高齢者福祉対策事業、中事業4救急医療情報キット配備事業としまして79万円を計上しております。これは、緊急時における救急対策として、救急隊員や病院関係者等に情報を迅速・的確に伝えるため、75歳以上の独居高齢者等に救急医療情報キットを配布するものでございます。このほか、大事業11後期高齢者医療特別会計繰出金13億3,570万5,000円及び大事業12介護保険特別会計繰出金15億9,108万9,000円の計上がその主なものとなっております。

 次に、86ページをお開きください。上段の項3児童福祉費、目1児童福祉総務費では、87ページ説明欄の大事業6要保護児童等支援事業、中事業2こども家庭相談センター事業としまして927万8,000円を計上しております。これは、児童虐待防止等の市町に係る役割が増大しているため、要保護児童対策、児童虐待等の相談業務について関係機関と連携し充実を図るため、こども家庭相談センターを設置するものでございます。また、現在、生活支援課で実施しているDV・女性相談についても関連することが多いため、相談事業を一元化することにより、相談体制の強化を図っていくものでございます。

 そのほか、各種子育て支援事業、放課後児童クラブに対する運営費補助、また民間保育所における延長保育の促進や障がい児の受け入れに対する各種補助に必要となる経費を計上しております。

 次に、目2児童措置費では、大事業3児童保育事業としまして、民間保育所16園に対し保育所運営を支援する経費11億4,011万1,000円のほか、国の政策として実施されます大事業4子ども手当支給事業としまして26億9,360万円を計上しております。

 次に、88ページをごらんください。目4児童福祉施設費では、89ページ説明欄の大事業5認定こども園施設整備事業としまして6,745万7,000円を計上しております。これは、新園舎が完成しますことから、以前の施設である旧あさま保育所園舎の解体と園庭整備を行うものでございます。

 次に、98ページをお開きください。款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費では、99ページ説明欄の大事業2伊勢広域環境組合運営事業としまして、伊勢広域環境組合の運営・管理に関する経費のうち斎場分及びし尿処理分合わせまして2億7,538万6,000円の負担金を計上しております。また、水道事業に関しまして、大事業11では繰出金2,783万5,000円を、大事業12では出資金2億7,790万円をそれぞれ計上しております。

 目2保健センター費では、大事業2保健衛生推進事業、101ページに移りますが、説明欄の中事業4健康・医療電話相談事業としまして968万1,000円を計上しております。これは、心と体のさまざまな相談に答える24時間無休体制の無料電話相談窓口を開設しようとするものでございます。また、大事業6で病院事業会計に対する繰出金5億5,000万円を計上しております。本年度につきましても引き続き病院事業における不良債務解消のため、前年度当初予算と同額としております。

 次に、目3予防費では、大事業1予防接種事業、中事業3子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業としまして2億2,186万1,000円を計上しております。これは、任意予防接種であります3つのワクチン、ヒブ、小児肺炎、子宮頸がん、この3つのワクチンを無料接種にすることで経済的負担の緩和や子供たちの健康を守り、安心して暮らせるよう医療機関での個別接種による予防接種等に要する経費を計上しております。

 次に、目5母子保健推進費では103ページの説明欄、大事業2健康診査事業、中事業1妊婦・乳児健康診査事業としまして1億2,944万4,000円を計上しております。これは、妊婦健診の無料化に向けた取り組みとして妊婦健康診査を14回、乳児健康診査を2回実施し、疾病や異状を早期発見、早期に対応することにより各期に応じた母子の健康づくりを支援するためのものでございます。

 次に、106ページをお開きください。項2清掃費、目1清掃総務費では、伊勢広域環境組合に対しますごみ処理分に係る負担金8億2,706万3,000円を計上しております。

 次に、目2資源循環推進費におきます8,478万7,000円につきましては、ごみの減量・資源化推進に要する経費を計上しております。

 次に、110ページをお開きください。上段の款5労働費、項1労働諸費、目1労働諸費では、若年求職者等支援事業、高年齢者労働能力活用事業補助金を初めとします雇用・労働対策事業、また勤労者福祉事業等、事業推進に要します経費合わせて7,594万4,000円を計上しております。

 次に、下段の目2緊急地域雇用対策事業費では、1億1,391万1,000円を計上しております。これは、昨年に引き続き非正規労働者等の一時的な雇用、就業機会の創出に向けた取り組みとして国から示された対象分野区分に合わせ事業を設定し、それぞれの分野ごとに緊急対応として次の雇用までの短期の雇用・就業機会を創出、提供するための経費を計上しております。

 次に、112ページをお願いいたします。中段の款6農林水産業費、項1農業費、目2農業総務費では、113ページ説明欄の大事業3で農業集落排水事業特別会計に対する繰出金4,136万6,000円を計上しております。

 次に、118ページをお開きください。中段の項2林業費、目2林業振興費では、119ページ説明欄の大事業4獣害対策事業としまして156万円を計上しております。これは、近年増加傾向にある有害獣の捕獲や有害獣から農作物等を守るための防護柵設置助成を行うものでございます。

 次に、120ページをお開きください。中段の項3の水産業費、目3漁港管理費では、121ページ説明欄の中事業3水産物供給基盤機能保全事業としまして2,001万円を計上しております。これは、効率的、効果的な漁港施設の更新を図るため、施設の老朽化状況を調査・機能診断し、機能保全計画の策定を行うものでございます。

 次に、122ページをお開きください。上段の款7商工費、項1商工費、目2商工業振興費では、123ページ説明欄の大事業4中小企業活性化促進事業、中事業1住宅・店舗リフォーム促進事業補助金としまして1,000万円を計上しております。これは、住宅の安全性、耐久性及び居住性の向上を図るため、市民が行う住宅リフォームを支援するほか、商業の活性化を図るため、商業者が行う改装を支援することにより、市内関連産業の振興を促進し、あわせて地域経済の活性化を図ろうとするものでございます。

 次に、126ページをお願いいたします。上段の款8観光費、項1観光費、目1観光総務費では、127ページ説明欄の大事業3もてなし心醸成事業、中事業3バリアフリー観光向上事業としまして4,283万2,000円を計上しております。これは、今後増加が予想される高齢の、また障がいをお持ちの観光客に対応するため、宿泊施設を中心におもてなしと施設改修の両面をサポートし、関係者の意識向上を図ろうとするものでございます。

 中段の目2旅客誘致費では、大事業3地域産業首都圏振興事業としまして334万3,000円を計上しております。これは、首都圏において御遷宮に向けた各種誘客活動や情報発信、販売・流通ルートの開拓など産業や流通に係る拠点整備について調査を行うものでございます。

 次に、132ページをお開きください。款9土木費、項2道路橋梁費におきましては、生活に密着した基盤整備を行うため、中段の目2道路維持費におきまして、生活道路維持に要する経費1億5,361万2,000円を、下段の目3道路新設改良費におきまして、道路側溝等の改良などに要する経費5億1,349万4,000円を、134ページの目5交通安全施設費におきまして、交通安全施設の維持に要する経費3,885万4,000円を、目6道路整備事業費におきまして、茶屋25号線ほかの道路整備に要する経費をそれぞれ計上しております。

 次に、138ページをお開きください。下段の項3河川費、目7排水路整備費におきまして、道路と同様に生活に密着した基盤整備を行うため、排水路改良やポンプ場の新設・増設に要する経費1億7,611万9,000円を計上しております。

 次に、142ページをお開きください。上段の項5都市計画費、目1都市計画総務費におきます23億3,759万1,000円でございますが、下水道事業会計に対します繰出金17億3,000万円、平成23年度に新設します観光交通対策特別会計に対します繰出金4億4,980万7,000円がその主なものとなっております。

 次に、144ページをお開きください。中段の目5街路事業費におきます6億591万6,000円では、八日市場高向線ほかの街路整備、伊勢市駅、宇治山田駅の駅前広場整備、また今後の高向小俣線の整備に当たっての調査を行おうとするものでございます。

 下段の目6公園費では、大事業3朝熊山麓公園サッカー場整備事業としまして1億5,100万円を計上しております。これは、フットボールヴィレッジ構想推進のため、人工芝コート2面及び駐車場造成のための基盤整備を行うものでございます。

 次に、150ページをお開きください。款10消防費、項1消防費、目1常備消防費では、車両更新計画に基づく消防自動車購入事業など施設設備の維持更新に要する経費などを計上しております。

 次に、152ページをお開きください。下段の目5災害対策費、153ページ説明欄、大事業2地域防災隊支援事業におきます1,120万5,000円につきましては、災害時における共助の強化を図るため、自主防災隊への防災資機材配備等に要する経費を計上しております。また、155ページ説明欄、大事業4防災基盤整備事業では、中事業2防災行政無線整備事業としまして2億9,452万円を、中事業3住宅建築物耐震改修等促進事業としまして2,887万2,000円をそれぞれ計上しております。

 次に、156ページをお開きください。款11教育費、項1教育総務費、目2事務局費では、157ページ説明欄の大事業3事務局運営事業、中事業4学校教育支援事業としまして1億1,892万8,000円を計上しております。これは、きめ細やかな支援や相談体制の充実のために、学習支援員や心の支援員を配置するため必要となる経費等を計上しております。

 次に、下段の目3教育研究所費では、大事業2教育研究所運営事業、中事業4子どもリレーションシップ総合推進事業としまして3,442万2,000円を計上しております。これは、いじめの早期発見対応、未然防止のため、研究推進モデル校として24校を指定し、子供の人間関係づくり研究を行い、その成果を実践事例集にまとめ、安心して過ごせる学級集団づくりのための取り組みを行うものでございます。

 次に、159ページ説明欄の中事業5スクールサポート事業としまして2,004万2,000円を計上しております。これは、教職経験者や臨床心理士、専門的知識や経験を有する人材を学校に派遣し、学校経営に対する助言及びきめ細やかな生徒指導体制の充実強化の支援を図り、各学校の教育力の向上を目指し、また幼児、児童生徒の教育、不登校等の問題に関する相談にも対応し、問題の早期解消を支援するものでございます。

 次に、162ページをお開きください。項3小学校費、目2小学校教育振興費におきます1億204万2,000円につきましては、学校図書、教材備品の充実経費等を計上しております。

 次に、164ページをお開きください。下段の目2中学校教育振興費におきます1億1,086万2,000円でございますが、小学校と同様に学校図書、教材備品の充実経費等のほか、ALT活動事業におきまして生徒の語学力向上に要する経費等を計上しております。

 次に、170ページをお開きください。項5社会教育費、目3文化振興費におきましては、173ページに移りまして旧豊宮崎文庫の練塀の保存修理経費のほか、郷土資料館等各施設の管理運営等に要します経費等を計上しております。

 次に、180ページをお開きください。目5体育施設費では、中事業3倉田山公園野球場改修事業としまして5,065万1,000円を計上しております。これは、施設の利用者や観覧者の快適性を向上させることで稼働率の向上を目指し、野球場改築のための調査、設計に取りかかるものでございます。

 次に、194ページをお開きください。款15予備費につきましては、災害復旧と緊急の事態に対応するため5,000万円を計上しております。

 以上、簡単でございますが、歳出につきましての御説明を終わらせていただきます。

 次に、歳入につきましての御説明を申し上げますので、恐れ入ります、14ページにお戻りいただきたいと存じます。14ページでございます。

 まず、款1市税につきましては、市税全体で158億5,000万円の計上となっております。

 下段の款2地方譲与税から18ページ中段の款12交通安全対策特別交付税に至る歳入につきましては、地方財政計画等を参考にして予算計上したものでございます。

 下段の款13分担金及び負担金、款14使用料及び手数料、22ページの款15国庫支出金、26ページ下段の款16県支出金につきましては、いずれも説明欄に記載のとおりでございまして、それぞれの条例に定める額及び補助金要綱等に基づき算出し計上したものでございます。

 次に、42ページをお開きください。42ページでございます。中段の款22市債につきましては、それぞれ説明欄に記載の事業に充当する金額を計上しております。

 以上で歳入につきましての御説明を終わらせていただきます。

 次に、債務負担行為、地方債につきまして御説明申し上げます。

 8ページにお戻りください。第2表債務負担行為でございますが、伊勢市土地開発公社の事業運営資金に対する損失補償を初め、共同調理場生ごみ資源化・減量化運営経費まで記載の経費につきまして、それぞれ債務負担行為を設定しております。

 次に、9ページの第3表地方債につきましては、平成23年度の事業につきまして限度額等を計上しております。

 次に、1ページにお戻りください。第4条では、一時借入金の限度額を40億円としております。

 以上で一般会計予算につきましての御説明を終わらせていただきます。



○議長(宿典泰君) 説明の途中でありますが、10分間休憩をいたします。



△休憩 午前10時53分



△再開 午前11時03分



○議長(宿典泰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 上程中の議案に対する説明を続けます。

 副市長。



◎副市長(松下裕君) 続きまして、補足の御説明を申し上げます。

 207ページをお開きいただきたいと存じます。207ページでございます。

 「議案第2号平成23年度伊勢市国民健康保険特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 それでは、歳出からその主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 203ページをお開きいただきたいと存じます。失礼しました、230ページでございます。230ページをお願いします。款2保険給付費、項1療養諸費でございますが、82億4,870万4,000円を計上しております。

 次に、232ページをお開きください。項2高額療養費では、目1一般被保険者高額療養費を8億7,600万円、目2退職被保険者等高額療養費を5,640万円計上しております。

 次に、240ページをお開きください。款3後期高齢者支援金等では15億3,487万7,000円を計上しております。これは、後期高齢者医療制度を運営するための財源の約4割を支えるため、医療保険者として三重県後期高齢者医療広域連合に対し支援金を支出するものであります。

 次に、242ページをお開きください。款4前期高齢者納付金等では、446万7,000円を計上しております。これは、各医療保険者間の加入者層の違いにより生じている医療費負担の不均衡を解消するため、調整金額分の納付金を社会保険診療報酬支払基金に支出するものでございます。

 次に、246ページをお開きください。款6介護納付金では6億9,664万2,000円を計上しております。これは、介護保険第2号被保険者数及び一人当たりの負担額により算定し、社会保険診療報酬支払基金へ支払うものでございます。

 次に、250ページをお開きください。款8保健事業費、項1特定健康診査等事業費では1億8,500万8,000円を計上しております。これは、高齢者の医療の確保に関する法律に基づき医療保険者に義務づけられた生活習慣病に関する特定健康診査と特定保健指導を実施するものでございます。

 次に、歳入につきまして御説明を申し上げますので、214ページにお戻りください。214ページでございます。款1国民健康保険料でございますが、32億2,237万2,000円を計上しております。保険料の収納率といたしまして、医療一般被保険者現年賦課分で91.0%、医療退職被保険者等現年賦課分で96.5%を見込み計上したものでございます。

 次に、216ページをお開きください。款3国庫支出金、項1国庫負担金につきましては、一般被保険者に係る保険給付費、後期高齢者支援金・病床転換支援金、老人保健医療費拠出金、介護納付金、前期高齢者交付金に対する国の負担分、高額医療費共同事業に対する国の負担分及び特定健康診査等負担金を合わせまして22億9,755万6,000円を計上しております。

 また、項2国庫補助金としまして6億9,129万8,000円を計上しておりますが、これは市町村間の財政力の格差を補うものなどとして国の予算の範囲内で交付されるものでございます。

 次に、款5前期高齢者交付金では41億3,244万円を計上しております。これは、各医療保険者間の加入者層の違いにより生じている医療費負担の不均衡を解消するため、社会保険診療報酬支払基金から調整交付されるものでございます。

 次に、218ページをお開きください。下段の款9繰入金、項1他会計繰入金、目1一般会計繰入金では8億1,856万9,000円を計上し、次の項2基金繰入金は収支差し引きしました結果、財政上1億円の調整が必要となりましたので、財政調整基金から繰り入れをするものでございます。

 以上で国民健康保険特別会計予算につきましての御説明を終わらせていただきます。

 続きまして、271ページをお開きいただきたいと存じます。

 「議案第3号平成23年度伊勢市後期高齢者医療特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 それでは、歳出の主なものを御説明申し上げますので、284ページをお開きください。款2後期高齢者医療広域連合納付金22億3,867万2,000円におきましては、制度の運営主体であります三重県後期高齢者医療広域連合への負担金を計上しております。内容としましては、市が徴収する保険料のほか療養給付費、保険基盤安定制度、保険事業及び事務費に係る負担金でございます。

 278ページにお戻りください。278ページでございます。歳入でございますが、款1後期高齢者医療保険料におきましては、保険料の賦課を行います三重県後期高齢者医療広域連合の算定に基づきまして9億6,266万円を計上しております。

 次に、款2繰入金では13億3,570万5,000円を計上しております。これは、三重県後期高齢者医療広域連合への負担金及び市における事務費等に要する財源といたしまして一般会計から繰り入れをするものでございます。

 以上で後期高齢者医療特別会計予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、297ページをお開きください。

 「議案第4号平成23年度伊勢市介護保険特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 こちらの会計につきましては、保険事業勘定としまして104億2,796万8,000円、介護サービス事業勘定としまして4,327万5,000円をそれぞれ計上しております。

 それでは、保険事業勘定の歳出から主なものを御説明申し上げます。

 314ページをお開きください。款2保険給付費、項1介護サービス等諸費、目1介護サービス等給付費でございますが、総額で99億5,791万6,000円を計上しております。保険給付費の総額は、前年度の介護報酬改定及び第4期介護保険事業計画のサービス料を勘案し、所要額を計上したものでございます。

 主なものとしまして、315ページ説明欄、大事業1介護サービス等給付事業、中事業1居宅介護サービス給付費負担金で43億6,994万2,000円、中事業3施設介護サービス給付費負担金で32億2,709万7,000円となっております。また、大事業2介護予防サービス等給付事業では、要支援高齢者に対して行われます介護予防サービスに係る保険給付費4億1,020万2,000円を、大事業3高額介護サービス等給付事業で1億5,278万2,000円、大事業4特定入所者介護サービス等給付事業では、低所得者対策として実施する負担軽減経費4億3,378万円を計上しております。

 次に、316ページをお開きください。款3地域支援事業費、項1地域支援事業費、目2包括的支援事業・任意事業費1億4,952万4,000円でございますが、これは、地域包括支援センターに専門職の保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士を配置する経費のほか、高齢者に対する生活支援サービスを提供する経費等を計上しております。

 続きまして、歳入予算につきまして御説明申し上げます。

 304ページにお戻りください。款1保険料におきましては、第4期介護保険事業計画に基づき設定されました保険料を基本に65歳以上の第1号被保険者に納めていただく保険料を積算し、17億3,583万6,000円を計上しております。

 次に、款2国庫支出金、項1国庫負担金22億3,459万5,000円ですが、これは、保険給付に係る国の負担分でございます。

 次に、項2国庫補助金、目1調整交付金におきまして、保険者間の財政力格差を調整するための交付金4億8,861万1,000円を計上しております。

 次に、款3支払基金交付金は、保険給付及び地域支援事業に係る第2号被保険者の負担分29億9,863万9,000円を計上しております。

 次に、款4県支出金におきまして、項1県負担金で保険給付に係る県の負担分を、項2県補助金で地域支援事業に係る県の補助分をそれぞれ計上しております。

 次に、306ページをお開きください。款6繰入金、項1一般会計繰入金では、総額で15億5,856万7,000円を計上しております。

 次に、項2基金繰入金、目1介護給付費準備基金繰入金でございますが、これは、平成23年度における財源不足額を6,522万5,000円と見込み、繰り入れるものでございます。

 続きまして、介護サービス事業勘定の歳出から主なものを御説明申し上げます。

 334ページをお開きください。款1事業費では、居宅介護支援事業所にケアプラン作成を委託する経費等4,316万5,000円を計上しております。

 続きまして、歳入予算につきまして御説明申し上げます。

 332ページにお戻りください。款1サービス費収入で1,074万2,000円、款2繰入金で一般会計からの繰入金3,252万2,000円をそれぞれ計上しております。

 以上で介護保険特別会計予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、345ページをお開きいただきたいと存じます。

 「議案第5号平成23年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、352ページをお開きください。上段の款1事業収入は、貸付者からの返済金を計上しており、中段の款3繰入金は、本会計の収支の均衡を図るため、一般会計からの繰入金を計上しております。

 次に、354ページをお開きください。歳出につきましては、款1総務費では、貸付金の徴収等に要します事務費、356ページの款2公債費では、償還年次表に基づく元利償還金を計上しております。

 以上で住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、361ページをお願いいたします。

 「議案第6号平成23年度伊勢市農業集落排水事業特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 368ページをお願いいたします。款2使用料及び手数料は、施設利用者からの使用料を計上しております。款3繰入金は、本会計の収支の均衡を図るため、一般会計からの繰入金を計上しております。

 次に、歳出につきまして御説明申し上げます。

 372ページをお開きください。款1農業集落排水事業費、項2維持管理費におきましては、荘地区及び西地区の処理場維持管理経費等を計上し、374ページの款2公債費では、市債の償還年次表に基づく元利償還金を計上しております。

 以上、農業集落排水事業特別会計予算の説明とさせていただきます。

 続きまして、379ページをお開きいただきたいと存じます。

 「議案第7号平成23年度伊勢市観光交通対策特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 本会計は、新たに条例設置しまして公共の利益のために必要な観光交通対策を実施する事業に係る歳入歳出を経理するものでございます。

 386ページをお願いいたします。款1事業収入は、整備完了後の駐車場使用料を計上しております。款2繰入金は、駐車場整備に必要となる経費等を一般会計から繰り入れるものでございます。

 次に、歳出でございますが、388ページをお願いいたします。款1観光交通対策事業費、項1管理費におきまして駐車場管理運営に要する経費を、390ページに移りまして項2事業費におきまして駐車場整備に要する経費を計上いたしております。

 以上で観光交通対策特別会計予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、395ページをお願いいたします。

 「議案第8号平成23年度伊勢市土地取得特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 本会計は、条例の趣旨に基づき土地開発基金から繰り入れを行い、公共事業促進のため用地の先行取得を行うことを主な内容としております。

 402ページをお開きください。款2繰入金1億9,902万3,000円は、公有地確保を推進するため土地開発基金から繰り入れるものでございます。

 次に、歳出でございますが、406ページをお願いします。406ページでございます。款1用地取得事業費、項2事業費におきまして、公共事業用地及び公共事業代替用地の先行取得に要する経費を計上しております。

 以上で土地取得特別会計予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、411ページをお願いいたします。

 「議案第9号平成23年度伊勢市病院事業会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 第2条でございますが、年間患者数や1日平均患者数等業務の予定量を記載してございます。第3条は、収益的収入及び支出について記載してございます。第4条は、資本的収入及び支出について記載してございます。これらの内容につきましては、後ほど実施計画のところで御説明申し上げます。

 412ページをお願いいたします。第5条は、一時借入金の限度額でございまして、25億円としております。第6条は、病院事業費用内の経費間の流用の規定を、第7条は、職員給与費及び公債費に係る経費の流用禁止の規定を、第8条は、他会計からの補助金を定めております。第9条は、棚卸資産購入限度額について定めております。

 413ページをお願いいたします。予算の内容につきまして、予算実施計画に基づきまして御説明を申し上げます。まず、収益的収入でございますが、款1病院事業収益といたしましては53億8,638万4,000円を予定しております。収益の内容は、項1医業収益で46億9,702万8,000円でございます。その内訳は、目1入院収益で29億4,727万円、目2外来収益で16億2,191万8,000円、目3その他医業収益は、室料差額収益その他で1億2,784万円を予定しております。

 項2健診収益の2億655万5,000円は、健診センターにおける人間ドック、健康診断等の公衆衛生活動収益などでございます。

 項3医業外収益の4億8,270万1,000円につきましては、主に他会計負担金4億5,000万円で、これは一般会計からの繰入金でございます。

 次に、収益的支出でございますが、款1病院事業費用といたしましては、59億7,506万6,000円を予定しております。その内容は、項1医業費用で57億4,238万9,000円でございます。その主なものといたしましては、目1給与費で33億712万1,000円、414ページに移りまして目2材料費で11億9,350万3,000円、目3経費で9億9,544万8,000円、目4減価償却費で2億1,349万3,000円でございます。

 次に、項2健診費用では1億5,119万5,000円で、その内訳は、目1給与費で9,690万8,000円、目2材料費で811万3,000円、目3経費で3,407万6,000円でございます。これらの内容につきましては、備考欄に記載のとおりでございます。

 次に、項3医業外費用では、企業債利息、退職金の繰延勘定償却等で8,038万2,000円を予定しているところでございます。

 次に、415ページに移りまして、資本的収入及び支出につきまして御説明を申し上げます。

 まず、資本的収入といたしましては、款1資本的収入、項1負担金で一般会計からの繰入金1億円を予定しております。一般会計からの繰入金につきましては、収益的収入で見込んだ4億5,000万円と合わせ合計5億5,000万円となっております。

 一方、資本的支出は2億2,323万5,000円を予定しております。その内訳は、項1建設改良費、目1資産購入費の8,000万円で、内容といたしましては、器械備品等の更新分でございます。

 次の項2企業債償還金は、政府債等の償還元金で1億3,173万5,000円を予定しております。

 次に、項3投資は、看護職員就職準備資金ほかで1,150万円を予定しております。

 この結果、資本的収支におきまして、1億2,323万5,000円の不足額が生じますが、これにつきましては一時借入金で措置をするものといたしております。

 416ページ以降に資金計画、給与費明細書等を添付させていただいておりますので、御高覧賜りますようお願い申し上げます。

 以上の結果、収益的収支における当年度純損失は6億4,609万3,000円となり、累積欠損金は41億8,784万1,000円となる予定でございます。

 今後も経費節減はもとより、患者サービスの向上に努め、地域医療の向上に貢献しつつ経営改善に取り組んでいく所存でございますので、よろしく御了承のほどお願い申し上げます。

 続きまして、429ページをお開きください。

 「議案第10号平成23年度伊勢市水道事業会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 まず、第2条、平成23年度の業務の予定量でございますが、過去の実績と昨今の状況を勘案し、上水道事業と簡易水道事業合わせまして給水戸数、年間総給水量、1日平均給水量を記載のとおり予定いたしております。

 主な建設改良事業といたしましては、配水管網の整備や更新、施設の耐震化等配水管施設新設及び改良事業を初め、原水施設更新事業、老朽管更新事業並びに簡易水道施設の新設及び更新事業を予定いたしております。

 次に、第3条、収益的収入及び支出、第4条、資本的収入及び支出につきましては、432ページからの水道事業会計予算実施計画によりまして御説明を申し上げます。

 それでは、432ページをお願いいたしたいと存じます。初めに、収益的収入及び支出でございますが、収入においては、款1水道事業収益、項1営業収益におきまして、給水収益及びその他営業収益等で26億7,703万9,000円を予定し、項2営業外収益では、加入金等で5,549万3,000円、また項3簡易水道収益の給水収益等133万7,000円を合わせまして、水道事業収益として27億3,386万9,000円を予定いたしております。

 次に、433ページからの支出におきましては、款1水道事業費用、項1営業費用におきまして、事業運営に必要な職員給与費、委託料、受水費、動力費、修繕費並びに減価償却費等で21億8,425万8,000円を予定し、435ページの項2営業外費用では企業債利息等で1億9,866万1,000円、項3簡易水道費用には、簡易水道の維持管理費等として483万8,000円、それに項4の予備費の1,000万円を合わせまして、水道事業費用として23億9,775万7,000円を予定いたしております。

 以上によりまして、収益的収支における当年度純利益は、消費税を除きまして2億8,823万円となる見込みでございます。

 次に、436ページの資本的収入及び支出でございますが、まず収入においては、款1資本的収入、項1企業債におきまして、老朽管更新事業等に伴います企業債2億6,900万円を予定し、項2負担金におきまして、工事負担金等1億285万7,000円、それに項3出資金の2億7,790万円を合わせまして、資本的収入として6億4,975万7,000円を予定いたしております。

 一方、437ページの支出でございますが、款1資本的支出、項1建設改良費におきまして、施設の耐震化や更新を初め、配水本管の未整備地区への新規布設、他の事業で支障となる配水本管の布設がえ、老朽配水本管の更新などで17億8,653万4,000円を予定し、項2償還金の2億7,500万8,000円を合わせまして、資本的支出として20億6,154万2,000円を予定いたしております。

 以上の結果、資本的収支におきましては、14億1,178万5,000円の不足となる予定でございますが、429ページにお戻りいただきまして、第4条に記載いたしましたとおり、過年度分損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。

 次に、430ページの第5条以降に企業債等の必要事項につきましても定めておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 また、438ページ以降の資金計画等の関係付属資料にそれぞれ必要事項を記載してございますので、御高覧を賜りたいと存じます。

 以上が平成23年度の水道事業会計予算の概要でございますが、給水人口の減少やお客様の節水意識の向上などから使用水量は逓減状態にあり、一方では老朽化した配水管の更新等施設の整備、改良事業が不可欠となっておりますが、おいしい水の安定した供給、健全な事業の継続、環境に配慮した事業運営に努力をしてまいる所存でございますので、よろしくお願い申し上げます。

 続きまして、451ページをお開きください。

 「議案第11号平成23年度伊勢市下水道事業会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 まず、第2条、平成23年度の業務の予定量でございますが、現在の下水道への接続実績と流域関連公共下水道の共用区域拡大に伴います新規接続見込みを勘案し、排水戸数、年間総排水量、1日平均排水量を記載のとおり予定いたしております。

 主な建設改良事業としましては、汚水管渠敷設事業、処理場の整備及び更新事業、雨水管渠敷設事業並びにポンプ場の築造及び更新事業を予定いたしております。

 次に、第3条、収益的収入及び支出、第4条、資本的収入及び支出につきましては、454ページからの下水道事業会計予算実施計画によりまして御説明を申し上げます。

 それでは、454ページをお願いいたします。初めに、収益的収入及び支出でございますが、収入においては、款1下水道事業収益、項1営業収益におきまして、下水道使用料及び他会計負担金等で9億2,402万円を予定し、項2営業外収益の他会計負担金及び他会計補助金等14億4,427万3,000円を合わせまして、下水道事業収益として23億6,829万3,000円を予定いたしております。

 次に、455ページをお願いいたします。支出におきましては、款1下水道事業費用、項1営業費用におきまして、事業運営に必要な職員給与費、流域下水道維持管理負担金、委託料、動力費並びに減価償却費等で18億3,934万2,000円、457ページの項2営業外費用には企業債利息等で6億3,870万円を予定し、それに項3予備費の300万円を合わせまして、下水道事業費用として24億8,104万2,000円を予定いたしております。

 以上によりまして、収益的収支における当年度純損失は、消費税を除きまして1億6,988万8,000円となる見込みでございます。

 次に、458ページの資本的収入及び支出でございますが、まず収入においては、款1資本的収入、項1企業債におきまして、流域関連公共下水道交付金事業費等に伴います企業債14億2,920万円、項2負担金におきまして、他会計負担金及び受益者負担金として3億6,121万1,000円を予定し、項3国庫補助金8億4,600万円を合わせまして、資本的収入として26億3,641万1,000円を予定いたしております。

 一方、459ページの支出でございますが、款1資本的支出、項1建設改良費におきまして、年次計画に基づく流域関連公共下水道整備区域の汚水及び雨水管渠整備を初め、ポンプ場の築造、設備の更新、流域下水道建設負担金等27億4,116万5,000円を予定し、460ページの項2企業債償還金14億7,955万7,000円、項3受益者負担金返還金55万円、461ページに移りまして、項4国庫補助金返還金に小俣浄化センター廃止に伴い建設時の財源としました国庫補助金の未償還部分の返還金として1億3,600万円、並びに項5諸支出金396万8,000円を合わせまして、資本的支出として43億6,124万円を予定いたしております。

 以上の結果、資本的収支におきましては17億2,482万9,000円の不足となる予定でございますが、451ページにお戻りいただきまして、第4条に記載いたしましたとおり、過年度分損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。

 次に、452ページの第5条以降に債務負担行為等の必要事項につきまして定めておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 また、462ページ以降の資金計画等の関係付属資料にそれぞれ必要事項を記載してございますので、御高覧を賜りたいと存じます。

 以上が平成23年度の下水道事業会計予算の概要でございますが、平成18年6月に供用開始いたしました流域関連公共下水道の供用区域の拡大を進めるとともに、下水道への接続率の向上及び下水道使用料の増収を図り、事業の健全経営になお一層の努力をしてまいる所存でございますので、よろしくお願い申し上げます。

 続きまして、477ページをお願いいたします。

 「議案第12号平成23年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 まず、第2条、平成23年度の業務の予定量でございますが、居室数9室に全室入居いただく予定としております。

 予算の内容につきまして、予算実施計画に基づきまして御説明を申し上げます。

 478ページをお願いいたします。初めに、収益的収入及び支出でございますが、収入におきましては、款1グループホーム事業収益、項1営業収益におきまして介護報酬、グループホーム使用料等で3,891万2,000円を予定しております。

 次に、支出におきましては、款1グループホーム事業費用、項1営業費用におきまして、事業運営に係る委託料及び減価償却費等を合わせまして4,066万2,000円を予定しております。

 次に、479ページに移りまして、資本的収入及び支出でございますが、資本的収入としましては、補助金で150万円を予定し、資本的支出におきましては、建設改良費としまして150万円を予定しております。

 477ページにお戻りいただきまして、第5条に一時借入金につきまして定めておりますのでよろしくお願い申し上げます。

 また、480ページ以降の資金計画等の関係付属資料にそれぞれ必要事項を記載してございますので、御高覧を賜りたいと存じます。

 以上、「議案第1号平成23年度伊勢市一般会計予算」外11件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第1号外11件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号外12件一括上程、説明



○議長(宿典泰君) 審議の都合により、日程第15、「議案第13号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)」から日程第27、「議案第41号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第8号)」に至る13件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「議案第13号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)」外12件につきまして御説明を申し上げます。

 今回の補正は、追加提出しました国補正予算対応としての地域活性化の推進に関する一般会計補正予算(第8号)分を除き、通常の最終的な計数整理に伴う補正予算計上を行ったものでございます。

 以下、今回補正をお願いしております各会計につきまして、主なものを御説明申し上げます。

 まず、「議案第13号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)」については、1,461万1,000円の減額となっています。

 歳入において追加した主なものは、法人市民税、普通交付税、安全・安心な学校づくり交付金、不動産売払収入、臨時財政対策債等でございまして、減額する主なものは、個人市民税、保育所負担金、保育所運営費国負担金、生活保護費国負担金、財政調整基金繰入金、市町村合併特例事業債等でございます。

 以上が歳入の概要でございますが、以下、順を追って歳出の主なものを御説明申し上げます。

 まず、総務費におきましては、勧奨退職者の退職金に要する経費、財政調整基金への基金積み立てに要する経費等について追加を行っております。

 民生費におきましては、国民健康保険特別会計繰出金では追加を、民間保育所児童保育事業、四郷地区認定こども園施設整備事業では減額を行い、そのほか社会福祉、老人福祉、児童福祉、生活保護費等の経費について、それぞれ実績見込みにより減額または追加を行っております。

 衛生費においては、病院事業会計繰出金では追加を、合併処理浄化槽設置整備事業補助金、伊勢広域環境組合ごみ分負担金では減額を行っております。

 労働費におきましては、緊急地域雇用対策に要する経費について、実績見込みにより減額を行っています。

 土木費におきましては、伊勢市駅周辺整備事業、八日市場高向線整備事業では減額を行い、そのほか道路・河川・都市計画事業等の経費について、それぞれ実績見込みにより減額または追加を行っております。

 公債費におきましては、市債利子で減額を行っています。

 なお、歳出予算に関連しまして、継続費、繰越明許費、債務負担行為、地方債につきましても、それぞれ補正をしております。

 次に、「議案第14号平成22年度伊勢市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」については、7億4,938万8,000円の減額となっています。

 これは、歳入歳出とも計数の精査を行い、主に保険給付費、共同事業拠出金、諸支出金の実績見込みにより補正を行ったものでございます。

 次に、「議案第15号平成22年度伊勢市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)」については、22万2,000円の減額となっています。

 これは、前年度医療費の実績に基づく精算により補正を行ったものでございます。

 次に、「議案第16号平成22年度伊勢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)」については、1,153万9,000円を減額しております。

 これは、歳入歳出とも計数の精査を行い、主に後期高齢者医療、広域連合納付金の実績見込みにより補正を行ったものでございます。

 次に、「議案第17号平成22年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第3号)」については、保険事業勘定において1億1,299万2,000円の追加、また介護サービス事業勘定においては355万4,000円の減額となっていますが、それぞれ保険給付費及び事業費の実績見込みにより補正を行ったものでございます。

 次に、「議案第18号平成22年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)」については、44万8,000円の減額となっています。

 次に、「議案第19号平成22年度伊勢市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」については、15万5,000円の減額となっております。

 次に、「議案第20号平成22年度伊勢市土地取得特別会計補正予算(第1号)」については、事業費の実績見込みにより1億921万1,000円の減額となっています。

 次に、「議案第21号平成22年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)」については、収益的収支及び資本的収支において、薬品費、診療材料費、退職金等それぞれの実績等に基づき、必要額及び不用額の補正を行っております。そのほか、歳出予算の流用等についても補正を行っております。

 次に、「議案第22号平成22年度伊勢市水道事業会計補正予算(第2号)」については、収益的収支及び資本的収支において、それぞれ実績等に基づき、必要額及び不用額の補正を行っております。

 次に、「議案第23号平成22年度伊勢市下水道事業特別会計補正予算(第2号)」については、収益的収支及び資本的収支において、それぞれ実績等に基づき、必要額及び不用額の補正を行っております。そのほか、企業債等についても補正を行っております。

 次に、「議案第24号平成22年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計補正予算(第1号)」については、収益的収支において実績等に基づき必要額の補正を行っております。

 次に、「議案第41号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第8号)」については、3億8,204万3,000円を追加しています。

 これは、国の補正予算(第1号)で地域活性化の推進に当たり、地域の目線に立った支援拡充のため設置された「きめ細やかな交付金」、及び「住民生活に光をそそぐ交付金」を財源に実施するもので、きめ細やかな交付金の対象事業として、市立保育所施設整備事業、市営墓地改修事業、サンライフ整備事業、農業振興補助金、道路側溝等改良事業、住宅等改修事業、郷土資料館施設維持管理経費を、また住民生活に光をそそぐ交付金の対象事業として、ふるさと創生基金への基金積立事業、障害者福祉運営対策経費、こども家庭相談センター準備経費、小中学校における学校図書館充実経費、図書館運営事業に要する経費等を計上したものでございます。

 あわせまして、繰越明許費、地方債の補正も行っております。

 以上、補正予算につきまして、その概要を申し述べましたが、なお詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、一括上程中の「議案第13号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)」外12件につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 まず、「議案第13号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)」につきまして御説明を申し上げます。

 それでは、歳出から主なものにつきまして御説明申し上げます。

 恐れ入ります、平成22年度補正予算書の38ページ、39ページをお開きいただきたいと存じます。款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費におきまして、2億2,313万5,000円を追加しておりますが、これは希望による退職手当及び退職手当組合負担金等並びに他会計への退職手当負担金の追加を行うことによるものでございます。

 次に、42ページ、43ページをお開きください。目16基金管理費におきます12億3,690万1,000円の追加は、景観形成基金への積み立てのほか、今回の7号補正予算編成で歳入歳出差し引きにおける剰余等を財政調整基金に積み立てることとするものでございます。

 次に、58ページ、59ページをお開きください。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費におきます4,252万2,000円の追加は、保険料軽減世帯数の実績が当初見込みを上回ったことに伴い、大事業8国民健康保険特別会計繰出金、中事業1保険基盤安定繰出金において7,213万7,000円を追加することによるものでございます。

 次に、64ページ、65ページをお願いいたします。項3児童福祉費、目2児童措置費で1億2,737万8,000円を減額しておりますが、これは大事業2児童保育事業、中事業1民間保育所児童保育事業で、実績見込みに基づき不用額1億2,389万1,000円を減額することによるものでございます。

 次に、目4児童福祉施設費で1億9,953万8,000円を減額しておりますが、これは大事業2市立保育所各種保育事業で8,731万8,000円を、67ページに移りまして大事業5認定こども園施設整備事業で9,829万6,000円を実績見込みに基づき減額することによるものでございます。

 次に、74ページ、75ページをお開きください。款4衛生費、項1保健衛生費、目1保険衛生総務費で1億1,403万3,000円を減額しておりますが、これは大事業5合併処理浄化槽普及推進事業において1億477万4,000円を減額することによるものでございます。

 次に、目2保健センター費におきましては、各事業では減額となっているものの、大事業4において不良債務解消のため病院事業会計への繰出金として1億5,000万円を追加しているため、9,057万9,000円の増額となっております。

 次に、78ページ、79ページをお開きください。項2清掃費、目1清掃総務費で1億1,688万6,000円を減額しておりますが、大事業2伊勢広域環境組合負担金において1億1,640万1,000円を減額することによるものでございます。

 次に、106ページ、107ページをお願いいたします。款9土木費、項5都市計画費、目2まちづくり推進費で1億6,419万8,000円を減額しておりますが、これは大事業1市街地活性化事業、中事業1伊勢市駅周辺整備事業において1億5,050万4,000円を減額することによるものでございます。

 次に、108ページ、109ページをお願いいたします。目5街路事業費で1億4,982万2,000円を減額しておりますが、これは大事業1街路整備事業、中事業2八日市場高向線整備事業において1億4,936万1,000円を減額することによるものでございます。

 次に、120ページ、121ページをお願いします。120、121ページです。款11教育費、項3中学校費、目3中学校建設費の減額7,745万7,000円は、厚生中学校及び五十鈴中学校校舎改築事業の減額によるものでございます。

 次に、134ページ、135ページをお願いいたします。款13公債費、項1公債費、目2利子9,143万2,000円の減額は、平成21年度借り入れの地方債につきまして、予算計上の段階で予想していた利率より低利で借り入れが行えたことなどに伴います償還金利息の減額でございます。

 以上で歳出予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、歳入予算につきまして御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、14ページ、15ページにお戻りをください。まず、款1市税、項1市民税、目1個人で2億2,000万円の減額を見込んでおりますが、目2法人で1億8,000万円、項2固定資産税で3,000万円、項4市たばこ税で1,000万円を増額することから、市税全体では補正前と同額の156億円としているところでございます。

 款7ゴルフ場利用税交付金で100万円の減額、款9国有提供施設等所在市町村助成交付金で194万円の増額、款11地方交付税で10億3,049万円の増額、款12交通安全対策特別交付金で289万2,000円の減額をそれぞれいたしておりますが、これらは収入実績等を勘案したものでございます。

 次に、18ページ、19ページをお開きください。款15国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金では、事業の実績見込みに基づきまして1億6,567万円の減額としております。

 次に、21ページにかけましての項2国庫補助金につきましては、それぞれ事業の実績見込みに基づきまして、おおむね減額といたしておりますが、目7教育費国庫補助金では、安全・安心な学校づくり交付金において8,845万9,000円の増額としております。

 次に、26ページ、27ページをお開きください。款19繰入金、項1基金繰入金、目4財政調整基金繰入金において、今回の補正予算の計数を整理し、その他の財源確保を図りました結果、今回の減額補正となり、取り崩し予定の5億円のすべてを減額するものでございます。

 次に、28ページ、29ページをお開きください。款21諸収入、項5雑入、目3総務費収入において8,128万8,000円を増額いたしておりますが、これは退職手当各会計分担金収入として5,518万1,000円の増額によるものでございます。

 次に、32ページから35ページにかけましての款22市債でございますが、全体で4億7,340万円の減額でございます。これは、適債事業費の変更等により起債額の調整を行ったものでございます。

 以上で歳入予算の説明を終わらせていただきます。

 6ページにお戻りをいただきたいと存じます。第2表継続費補正でございますが、継続費設定しております各事業につきまして、平成22年度事業費の実績見込みに基づき事業総額の変更または年割額の変更をお願いするものでございます。

 次に、7ページから8ページにかけましての第3表繰越明許費補正でございますが、水道事業出資金ほか16事業の追加をお願いし、豊北漁港整備事業ほか4事業につきましては、限度額の増額または減額をお願いするものでございます。

 繰り越しの主な理由といたしましては、国補助金の追加割り当てに合わせた事業費割り当ての増に伴うもの、県営事業の繰り越しに伴うもの、また地元及び関係機関との調整に不測の日数を要したことなどによるものでございまして、事業の促進になお一層努力してまいりたいと存じます。

 次に、9ページの第4表債務負担行為補正でございますが、新たに矢持会館の管理委託の設定と債務負担行為設定しております各事業につきまして、期間または限度額の変更をお願いするものでございます。

 次に、10ページの第5表地方債補正でございますが、先ほど御説明申し上げましたとおり事業費を精査いたしまして、それぞれ限度額の変更を行ったものでございます。

 以上で一般会計補正予算(第7号)の説明を終わらせていただきます。



○議長(宿典泰君) 説明の途中でありますが、午後1時まで休憩をいたします。



△休憩 午前11時55分



△再開 午後0時58分



○議長(宿典泰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 上程中の議案に対する説明を続けます。

 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、続きまして、「議案第14号平成22年度伊勢市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」につきまして御説明を申し上げます。

 歳出から主なものを申し上げますので、170ページ、171ページをお願いいたします。補正予算書の170ページ、171ページでございます。

 款2保険給付費、項1療養諸費で5億6,729万9,000円の減額でございますが、これは一般被保険者に係る保険給付費で減額となったことによるものでございます。

 次に、184ページ、185ページをお願いいたします。款7共同事業拠出金2億2,298万円の減額は、高額医療費共同事業、保険財政共同安定化事業、それぞれの減額に伴うものでございます。

 次に、192ページ、193ページの款10諸支出金、項1償還金及び還付加算金1億145万2,000円の追加につきましては、目5償還金に平成21年度分療養給付費負担金返還金として1億375万2,000円を増額したことによるものでございます。

 続きまして、歳入の御説明を申し上げます。158ページ、159ページをお願いいたします。款1国民健康保険料2億773万円の減額でございますが、収納額の減が見込まれるため減額補正となるものでございます。

 次に、160ページ、161ページをお願いいたします。款3国庫支出金、項1国庫負担金2億2,859万4,000円の減額でございますが、これは目1療養給付費等負担金の減によるものでございます。

 次に、項2国庫補助金1億4,834万4,000円の減額でございますが、これは普通調整交付金の減によるものでございます。

 次に、162ページ、163ページをお開きください。款6県支出金、項2県補助金1億3,804万1,000円の減額でございますが、これは普通調整交付金の減によるものでございます。

 次に、款7共同事業交付金2億1,670万円の減額でございますが、これは保険財政共同安定化事業交付金の減によるものでございます。

 次に、款9繰入金1億462万円の減額でございますが、これは保険料軽減基準額及び保険者支援基準額の実績が当初の見込みを上回り、一般会計繰入金は増となったものの財政調整基金からの繰り入れを減額したことによるものでございます。

 恐れ入ります、154ページにお戻りをいただきたいと存じます。第2表繰越明許費でございますが、電算事務経費につきまして繰越明許費設定をお願いするものでございます。

 以上で国民健康保険特別会計補正予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、「議案第15号平成22年度伊勢市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)」につきまして御説明を申し上げます。

 歳入から主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、208ページ、209ページをお開きください。款4繰入金を35万円の減額としておりますが、これは歳出における医療諸費の見込みの減等によるものでございます。

 次に、歳出の主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 212ページ、213ページをお願いいたします。款2医療諸費では、今後の医療費等の見込み及びこれまでの実績に基づきまして13万2,000円の減額をいたしております。

 以上で老人保健医療特別会計補正予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、217ページをお開きいただきたいと存じます。

 「議案第16号平成22年度伊勢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)」につきまして御説明を申し上げます。

 それでは、歳出から主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 230ページ、231ページをお願いいたします。款2後期高齢者医療広域連合納付金では、広域連合予算の補正に伴いまして881万9,000円の減額をいたしております。

 次に、歳入の御説明を申し上げます。

 224ページ、225ページにお戻りをいただきたいと存じます。款1後期高齢者医療保険料を3,853万5,000円の減額としております。これは、収納額の見込みにより減額補正となるものでございます。

 次に、款3繰越金で前年度繰越金2,756万円を増額しております。

 以上で後期高齢者医療特別会計補正予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、237ページをお開きいただきたいと存じます。237ページでございます。

 「議案第17号平成22年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第3号)」につきまして御説明を申し上げます。

 今回補正をお願いいたしますのは、保険事業勘定で1億1,299万2,000円を追加し、補正後の予算額は100億7,731万4,000円となっております。また、介護サービス事業勘定で355万4,000円を減額し、補正後の予算額は3,580万円となっております。

 それでは、保険事業勘定の歳出から主なものにつきまして御説明を申し上げますので、254ページ、255ページをお開きいただきたいと存じます。

 款2保険給付費におきましては1億2,723万円の増額となりますが、これは実績見込みにより増額するものでございます。

 続きまして、歳入の御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、244ページ、245ページにお戻りをいただきたいと存じます。款1保険料、款2国庫支出金、款3支払基金交付金及び款4県支出金の増減でございますが、それぞれ実績見込み、変更交付見込み額を計上したものでございます。

 次に、246ページ、247ページをお願いいたします。款6繰入金、項1一般会計繰入金、目1介護給付費繰入金1,590万5,000円の増額でございますが、これは保険給付費の実績見込み額の増額によるものでございます。

 次に、項2基金繰入金、目1介護給付費準備基金繰入金でございますが、今回、保険給付費関係の歳出から歳入を差し引いた不足額を1億7,795万6,000円と見込みまして、2,919万9,000円を増額するものでございます。

 続きまして、介護サービス事業勘定の歳入を御説明申し上げます。

 268ページ、269ページをお願いいたします。款1サービス費収入及び款2繰入金の増減でございますが、これは実績見込みの増減に伴うものでございます。

 次に、歳出につきまして御説明申し上げます。

 270ページ、271ページをお願いいたします。款1事業費におきましては、355万4,000円の減額でございますが、これは実績見込みにより減額するものでございます。

 以上で介護保険特別会計補正予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、275ページをお願いいたします。

 「議案第18号平成22年度伊勢市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げます。

 今回、補正をお願いいたしますのは、44万8,000円の減額でございまして、補正後の予算額は2,264万3,000円となっております。

 歳出の補正といたしましては、284ページ、285ページに記載してございますように、事務費等の実績見込みにより減額するものでございます。

 続きまして、291ページをお開きいただきたいと存じます。

 「議案第19号平成22年度伊勢市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げます。

 今回、補正をお願いいたしますのは、15万5,000円の減額でございまして、補正後の予算額は6,131万円となっております。歳入歳出とも実績見込みに基づき計数整理を行っております。

 続きまして、307ページをお願いいたします。

 「議案第20号平成22年度伊勢市土地取得特別会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げます。

 今回、補正をお願いいたしますのは、1億921万1,000円の減額でございまして、補正後の予算額は9,179万円となっております。これは、主なものといたしまして、318ページ、319ページの款1用地取得事業費、項2事業費におきまして、実績見込みに基づきまして1億4,800万円を減額いたしたものでございます。

 続きまして、323ページをお願いいたします。

 「議案第21号平成22年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)」につきまして御説明を申し上げます。

 今回の補正は、実績等に基づき最終の整理を行ったものでございます。第2条は、業務の予定量の補正でございます。第3条の収益的収入及び支出、また第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、後ほど実施計画のところで御説明申し上げます。

 324ページをお開きください。第7条は、たな卸資産購入限度額の補正を行っております。

 それでは、補正予算の内容につきまして、325ページからの実施計画により御説明を申し上げます。収益的収支におきまして、まず収入の款1病院事業収益で6億1,470万3,000円の減額をいたしております。その主なものといたしましては、項1医業収益におきまして7億6,622万3,000円の減額を予定いたしております。これは、目1入院収益におきまして、患者数で9,842名の減少を見込んだことにより、5億9,776万2,000円の減額となったものでございます。また、目2外来収益でも、患者数で1万9,618名の減少を見込んだことにより、1億5,002万9,000円の減額となったものでございます。

 さらに項2健診収益におきましても825万8,000円の減額を、一方、項3医業外収益、目2他会計負担金では、一般会計負担金1億5,000万円、目4その他医業外収益では、駐車場使用料などで1,099万7,000円の増額を予定いたしております。

 次に、支出でございますが、款1病院事業費用で2億1,605万4,000円の減額をいたしております。これは、項1医業費用におきまして2億1,089万4,000円の減額を予定しております。その内容としましては、目1給与費におきまして退職金の追加等により4,935万2,000円の増額、目2材料費におきまして1億9,602万2,000円の減額、目3経費におきましては6,177万2,000円の減額を予定しているものでございます。

 次に、項2健診費用におきましては、787万8,000円の減額。その内容としましては、目1給与費におきます賃金等の減額をいたしております。

 次に、326ページでございますが、項3医業外費用におきましては、支払利息の減額はあるものの負担金の増により89万9,000円の増額を予定しているところでございます。

 次に、資本的収支でございますが、収入におきましては、款1資本的収入、項2投資償還金、目1投資償還金におきまして37万5,000円の増額を、支出におきましては、款1資本的支出、項3投資、目1その他投資におきまして340万円の減額を予定しております。

 この結果、資本的収支におきまして1億3,447万6,000円の不足額が生じますが、一時借入金で措置するものといたしております。

 以上により、平成22年度の収益的収支において3億8,755万1,000円の単年度純損失を生じ、累積欠損金は35億4,174万8,000円となる見込みでございます。

 今後も病院経営に関しましては、大変厳しい状況が予想されるため、引き続き財政健全化に向け職員一同さらに努力する所存でございますので、何とぞ御了承を賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、333ページをお願いいたします。

 「議案第22号平成22年度伊勢市水道事業会計補正予算(第2号)」につきまして御説明を申し上げます。

 335ページの補正予算(第2号)実施計画をお開きいただきたいと存じます。このたびの補正は、最終の整理を行ったものでございます。

 まず、収益的収入及び支出でございますが、収入においては、款1水道事業収益、項1営業収益におきまして1,664万7,000円の増額補正を計上いたしておりますが、これは主に目1給水収益の減収と目3その他営業収益における他会計負担金の増収によるものでございます。

 次に、項2営業外収益におきまして208万9,000円の増額補正を計上いたしておりますが、これは主に目1受取利息及び配当金の増収によるものでございます。

 次に、項3簡易水道収益におきましては、5万1,000円の増額補正を計上いたしております。また、項4特別利益におきましては、220万9,000円の増額補正を計上いたしておりますが、これは目1固定資産売却益の発生によるものでございます。

 次に、支出でございますが、款1水道事業費用、項1営業費用におきまして5,352万3,000円の減額補正を計上いたしておりますが、これは主に目1原水費における委託料、目2配水及び給水費における委託料、工事請負費、目6資産減耗費における固定資産除却費の減額と目5減価償却費の増額によるものでございます。

 次に、項2営業外費用におきまして1,270万3,000円の減額補正を計上いたしておりますが、これは主に目4消費税における消費税納税予定額の減額によるものでございます。

 次に、項3簡易水道費用におきまして6万3,000円の減額補正を計上いたしておりますが、これは資産減耗費の減額によるものでございます。

 以上によりまして、収益的収支における当年度純利益は、消費税を除きまして5億6,175万9,000円となる見込みでございます。

 次に、336ページの資本的収入及び支出でございますが、収入においては、款1資本的収入、項2負担金におきまして1,662万8,000円の増額補正を計上いたしております。これは、配水本管布設がえ工事に伴う工事負担金の増収でございます。

 次に、項3出資金におきまして一般会計からの出資金60万円を減額いたしております。

 また、項4固定資産売却代金におきましては、土地及び投資有価証券売却代金5,030万2,000円の増額補正を計上いたしております。

 次に、支出でございますが、款1資本的支出、項1建設改良費におきまして1,236万4,000円の減額補正を計上いたしております。これは、主に目1原水施設費における委託料、目6加圧施設更新事業費における工事請負費の減額と目7固定資産購入費における機械及び装置購入費の減額によるものでございます。

 以上の結果、資本的収支におきましては、10億5,523万9,000円の不足となる予定でございますが、過年度分損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。

 以上によりまして、第3条、第4条で収益的収支及び資本的収支を補正し、それに関連いたしまして第2条の業務の予定量を初め、それぞれ必要額等の補正をいたしております。

 続きまして、343ページをお開きいただきたいと存じます。

 「議案第23号平成22年度伊勢市下水道事業会計補正予算(第2号)」につきまして御説明を申し上げます。

 345ページの補正予算(第2号)実施計画をお開きいただきたいと存じます。345ページでございます。このたびの補正は、最終の整理を行ったものでございます。

 まず、収益収入及び支出でございますが、収入においては、款1下水道事業収益、項1営業収益におきまして745万円の増額補正を計上いたしておりますが、これは主に目1下水道使用料の減収と目2他会計負担金の増収によるものでございます。

 次に、項2営業外収益におきまして5,788万9,000円の増額補正を計上いたしておりますが、これは主に目2他会計負担金の減収と目3他会計補助金及び目6消費税及び地方消費税還付金の増収によるものでございます。

 次に、346ページをお願いいたします。款1下水道事業費用、項1営業費用におきまして1,043万5,000円の減額補正を計上いたしておりますが、これは主に目7業務費における報償費、目9汚水減価償却費の減額と目11資産減耗費における固定資産除却費の増額によるものでございます。また、項2営業外費用におきましては、2,471万2,000円の減額補正を計上いたしておりますが、これは目1支払利息及び企業債取扱諸費における企業債利息の減額によるものでございます。

 以上によりまして、収益的収支における当年度純損失は、消費税を除きまして3億1,933万5,000円となる見込みでございます。

 次に、347ページの資本的収入及び支出でございますが、収入においては、款1資本的収入、項1企業債におきまして2,900万円の増額補正を計上いたしております。これは、流域下水道建設負担金の財源となります目2流域下水道事業債の増額によるものでございます。

 次に、項2負担金におきましては、2,796万8,000円の減額補正を計上いたしておりますが、これは主に目1他会計負担金における雨水建設改良負担金の増額及び目2受益者負担金の減収によるものでございます。

 一方、支出でございますが、款1資本的支出、項1建設改良費において2,882万7,000円の増額補正を計上いたしておりますが、これは主に目12流域下水道建設負担金の増額でございます。また、項2企業債償還金におきましては、10万2,000円の減額補正を計上いたしております。

 以上の結果、資本的収支におきましては、7億8,292万4,000円の不足となる予定でございますが、過年度分損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。

 以上によりまして、第3条、第4条で収益的収支及び資本的収支を補正し、それに関連いたしまして第2条の業務の予定量を初め、それぞれ必要額等の補正をいたしております。

 続きまして、355ページをお開きいただきたいと存じます。355ページでございます。

 「議案第24号平成22年度伊勢市認知症対応型共同生活介護事業会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げます。

 このたびの補正は、最終の整理を行ったものでございます。

 356ページの補正予算(第1号)実施計画をお開きいただきたいと存じます。

 収入におきまして、款1グループホーム事業収益で4万2,000円の減額をいたしております。これは、グループホーム利用料では3万2,000円の増額となるものの、介護報酬では7万4,000円の減額となることによるものでございます。また、支出におきましては、減価償却費を22万5,000円増額いたしております。

 357ページ以降、資金計画等の関係付属資料につきましても、今回の補正にあわせまして必要分の変更を行ってございます。

 続きまして、「議案第41号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第8号)」の1ページをごらんいただきたいと存じます。一般会計補正予算(第8号)でございます。

 「議案第41号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第8号)」につきましては、国の補正予算対応として地域活性化の推進に当たり、地域の目線に立った支援拡充のため措置されたきめ細やかな交付金及び住民生活に光をそそぐ交付金を活用した事業の諸経費を追加いたしまして、3億8,204万3,000円の追加補正をお願いするものでございます。

 補正の主な内容の御説明を申し上げますので、補正予算書の12ページ、13ページをお開きいただきたいと存じます。

 歳出でございますが、款2総務費、項1総務管理費、目16基金管理費、基金積立事業1億3,000万円の増額は、平成23年度、24年度に実施する雇用拡大につながる事業の財源を確保するため、住民生活に光をそそぐ交付金をふるさと創生基金に積み立てるものでございます。

 次に、14ページ、15ページをお願いいたします。款3民生費、項1社会福祉費、目2障害者福祉費、障害者福祉運営対策経費191万8,000円の増額は、就労支援施設の修繕に要する経費を計上するものでございます。

 次に、16ページ、17ページをお願いいたします。項3児童福祉費、目1児童福祉総務費、こども家庭相談センター準備経費331万5,000円の増額は、こども家庭相談センター設置に当たり、庁舎改修や備品購入に必要となる経費を計上するものでございます。目4児童福祉施設費、市立保育所施設整備事業1,252万9,000円の増額は、空調修繕を初め、保育環境整備のため必要な経費を計上するものでございます。

 次に、18ページ、19ページをお開きください。款4衛生費、項1保健衛生費、目6墓地費、市営墓地改修事業2,924万5,000円の増額は、大世古墓地内における利用者の利便性向上のため、通路の舗装、水くみ場の整備など環境整備に要する経費を計上するものでございます。

 次に、20ページ、21ページをお開きください。款5労働費、項1労働諸費、目1労働諸費、サンライフ整備事業1,371万3,000円の増額は、サンライフ伊勢の屋上防水改修に要する経費を計上するものでございます。

 次に、22ページ、23ページをお願いいたします。22ページ、23ページでございます。款6農林水産業費、項1農業費、目3農業振興費、農業振興補助金3,000万円の増額は、青ねぎ集出荷施設整備に対する建設補助に要する経費を計上したものでございます。

 次に、28ページ、29ページをお願いいたします。款9土木費、項2道路橋梁費、目3道路新設改良費、道路側溝等改良事業5,215万円の増額は、生活に密着した基盤整備を行うため、道路側溝等の改良などに要する経費を計上するものでございます。

 次に、32ページ、33ページをお願いいたします。項6住宅費、目1住宅管理費、住宅等改修事業3,158万7,000円の増額は、老朽化した市営住宅の除去等に要する経費を計上するものでございます。

 次に、36ページ、37ページをお願いいたします。款11教育費、項2小学校費、目2小学校教育振興費、学校図書館充実経費490万円の増額は、学習環境整備のため、学校図書館の図書購入に要する経費を計上するものでございます。また、中学校についても同様の経費を計上しております。

 次に、40ページ、41ページをお開きください。項5社会教育費、目3文化振興費、郷土資料館施設維持管理経費1,598万円の増額は、耐震強度不足と診断された郷土資料館の除去や保管資料の移管等に要する経費を計上するものでございます。目5図書館費におきます3,089万6,000円の増額は、伊勢、小俣両図書館の施設改修や図書、視聴覚資料等の購入に要する経費を計上するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、歳出の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、歳入の御説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、10ページ、11ページにお戻りいただきたいと存じます。

 款11地方交付税、款15国庫支出金、款18寄附金、款22市債につきましては、いずれも説明欄に記載のとおりでございますので、後ほど御高覧を賜りますようお願いいたします。

 次に、4ページ、5ページにお戻りいただき、第2表繰越明許費補正でございますが、老人福祉センター等管理事業ほか19事業の追加をお願いし、道路新設改良事業につきましては、限度額の増額をお願いするものでございます。

 次に、第3表地方債補正でございますが、きめ細やかな交付金充当事業の追加に伴いまして、限度額の追加を行うものでございます。

 以上で一般会計補正予算(第8号)の説明を終わらせていただきます。

 以上で「議案第13号平成22年度伊勢市一般会計補正予算(第7号)」外12件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第13号外12件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号外8件一括上程、説明



○議長(宿典泰君) 審議の都合により、日程第28、「議案第25号伊勢市暴力団排除条例の制定について」から日程第36、「議案第33号伊勢市公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について」に至る9件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「議案第25号伊勢市暴力団排除条例の制定について」外8件につきまして御説明を申し上げます。

 まず、「議案第25号伊勢市暴力団排除条例の制定について」は、伊勢市からの暴力団排除に関する基本理念を定め、市並びに市民及び事業者の責務を明らかにするとともに、暴力団排除に関する施策等を定めることにより、暴力団排除を推進し、もって市民の安全で平穏な生活を確保し、及び社会経済活動の健全な発展に寄与するため、条例を制定しようとするものでございます。

 次に、「議案第26号伊勢市職員給与条例の一部改正について」は、平成23年4月から平成24年3月までの間、地域手当を支給しないこととするため、条例を改正しようとするものでございます。

 次に、「議案第27号伊勢市職員退職手当支給条例等の一部改正について」は、国家公務員退職手当法の一部改正に準じ、退職後に懲戒免職等処分を受けるべき行為をしたと認めた場合には、退職手当の支給の制限及び返納ができるようにする等の規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。

 次に、「議案第28号伊勢市特別会計条例の一部改正について」は、観光交通対策特別会計を設置するとともに、老人保健医療特別会計を廃止するため、条例を改正しようとするものでございます。

 次に、「議案第29号伊勢市立郷土資料館条例の廃止について」は、伊勢市立郷土資料館を廃止するため、条例を廃止しようとするものでございます。

 次に、「議案第30号伊勢市敬老金支給条例の廃止について」は、敬老金の支給を廃止することとするため、条例を廃止しようとするものでございます。

 次に、「議案第31号伊勢市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部改正について」は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部改正に伴い、不適正に処理された廃棄物を発見したときの土地所有者等の通報努力義務を設けるため、条例を改正しようとするものでございます。

 次に、「議案第32号伊勢市廃棄物処理センター条例の廃止について」は、伊勢市廃棄物処理センターを廃止するため、条例を廃止しようとするものでございます。

 次に、「議案第33号伊勢市公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について」は、下水道事業受益者負担金の負担区を新たに設けるため、条例を改正しようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議ほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第25号伊勢市暴力団排除条例の制定について」外8件につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 最初に、議案第25号伊勢市暴力団排除条例の制定につきまして御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、条例関係の議案書の2ページ、3ページをお開きいただきたいと存じます。条例関係の議案書の2ページ、3ページでございます。

 これは、昨年10月に三重県におきまして、県民の安全で平穏な生活を確保するとともに、社会経済活動の健全な発展に寄与することを目的に、三重県暴力団排除条例が制定され、平成23年4月から施行される予定となっておりますが、本市におきましても、市民の生活や社会経済活動の場からの暴力団排除を推進するため、条例を制定しようとするものでございます。

 なお、県下の市町におきましても、同様に条例の制定が予定されているものでございます。

 条例の主な内容でございますが、第1条は目的について、第2条は用語の定義についてそれぞれ規定をいたしております。第3条は基本理念について規定いたしておりまして、暴力団を恐れない、暴力団に金を出さない、暴力団を利用しないという暴力団追放三ない運動の精神を基本としまして、暴力団排除をする上での基本的なあり方を示したものでございます。

 次に、3ページをお願いいたします。第4条は市の責務について、第5条は市民の及び事業者の責務について規定いたしておりまして、市は基本理念にのっとり、市民、事業者、関係行政機関等と連携し、暴力団排除に関する施策を推進することといたしております。また、市民の皆様につきましても、暴力団排除のための活動に自主的に取り組んでいただくとともに、市が実施します暴力団排除に関する施策に御協力をお願いするものでございます。

 第6条は、推進体制の整備について規定いたしておりまして、市は警察署等と連携し、暴力団排除のための推進体制の整備をすることといたしております。

 第7条は、市に対する不当要求行為に対する処置について規定いたしておりまして、暴力団員による不当要求行為に対してはこれを拒否し、必要な措置を講ずることとしております。

 次に、4ページをお願いいたします。第8条は、市の事務及び事業における措置について規定しておりまして、市は、公共工事等により暴力団を利することとならないよう、暴力団員を市が実施する入札に参加させないなどの必要な措置を講ずることとしております。

 第9条は、公の施設の利用における制限について規定しておりまして、公の施設の利用が暴力団を利することとならないよう必要な措置を講ずることとしております。

 第10条は、市民及び事業者に対する支援等について規定しておりまして、市は、市民及び事業者が暴力団排除のための活動に取り組むことができるよう情報の提供など必要な支援を行うこととしております。

 第11条は、青少年に対する教育等について規定しておりまして、市が設置します中学校におきまして暴力団への加入防止及び暴力団犯罪からの被害防止のための教育を行うとともに、保護者等に対しましても情報提供等の支援を行うこととしております。

 次に、5ページをお願いいたします。第12条は、利益供与の禁止について規定しておりまして、市民は、暴力団員に対する財産上の利益の供与をしてはならないことといたしております。

 第13条は、暴力団の威力を利用することの禁止について規定しておりまして、市民は、債権の回収、紛争の解決等に暴力団の威力を利用してはならないこととしております。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第26号伊勢市職員給与条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 7ページをお開きいただきたいと存じます。改正の内容でございますが、附則におきまして、引き続き地域手当の支給割合をゼロとするため、条例を改正しようとするものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第27号伊勢市職員退職手当支給条例等の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 10ページ、11ページをお開きください。これは、国家公務員退職手当法が改正され、国家公務員の退職手当において、新たな支給制限及び返納等の制度が設けられましたので、本市におきましても同様の規定を設けることとするため、条例を改正しようとするものでございます。

 改正の主な内容でございますが、第1条は、伊勢市職員退職手当支給条例の一部改正でございます。まず、第2条の2の改正は、遺族の範囲及び順位につきまして、法の改正に合わせまして規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、11ページをお願いいたします。上段の第3条の改正から次のページになりますが、12ページ中段の第9条までの改正につきましても、法の改正に合わせまして所要の規定の整備をそれぞれ行おうとするものでございます。

 次に、12ページ中段でございますが、第10条の改正は、この条例の改正に伴いまして用います懲戒免職等処分等の用語につきまして定義をしたものでございます。

 次に、13ページをお願いいたします。第11条の改正は、懲戒免職等処分を受けて退職をした者につきまして、退職手当の全部または一部を支給しないこととしようとするものでございます。

 次に、14ページをお願いいたします。14ページ中段から17ページ下段にかけましての第12条の改正は、退職をした者が在職期間中の行為に係る刑事事件に関し起訴された場合、及び在職期間中に懲戒免職処分を受けるべき行為をしたと疑うに足りる相当な理由がある場合は、退職手当の支払いの差しとめ等をしようとするものでございます。

 次に、17ページをお願いいたします。17ページ下段から19ページ中段にかけましての第13条の改正は、退職をした者が在職期間中の行為に係る刑事事件に関し禁錮以上の刑に処せられた場合、及び在職期間中に懲戒免職等処分を受けるべき行為をしたと認める場合は、退職手当の全部または一部を支給しないこととしようとするものでございます。

 次に、19ページをお願いいたします。19ページ中段から20ページ下段にかけましての第14条の改正は、退職をした者が在職期間中の行為に係る刑事事件に関し禁錮以上の刑に処せられたとき及び在職期間中に懲戒免職等処分を受けるべき行為をしたと認めるときで、既に退職手当が支払われている場合は、退職手当の全部または一部の返納を命ずることとするものでございます。

 次に、20ページをお願いいたします。20ページ下段から21ページ中段にかけましての第15条の改正は、第14条で御説明申し上げました退職手当の返納と同様に、職員が死亡による退職をした場合で、遺族に対して退職手当が支払われている場合には、その遺族に対しまして、退職手当の全部または一部の返納を命ずることとするものでございます。

 次に、21ページをお願いいたします。21ページ中段から24ページ中段にかけましての第16条の改正も、第14条、第15条の退職手当の返納と同様に、退職手当の支払いを受けた者が死亡している場合には、その相続人に対しまして、退職手当の全部または一部に相当する額の納付を命ずることとするものでございます。

 次に、24ページをお願いいたします。24ページ中段から25ページにかけましての第17条の改正は、退職手当の支給の制限等の処分をする場合には、退職手当審査会に諮問することといたしております。なお、本市におきましては、議案第35号におきまして後ほど御説明申し上げることといたしておりますが、この退職手当審査会に関する事務につきましては、三重県市町職員退職手当組合に委託しようとするものでございます。

 次に、25ページ中段の第2条の伊勢市上下水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正、及び26ページ中段の第3条の伊勢市病院企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正につきましては、第1条の伊勢市職員退職手当支給条例の改正と同様に、退職手当につきまして所要の規定の整備を行おうとするものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。また、附則におきましては、経過措置を設けますとともに、条項移動に伴う規定の整備を行っております。

 次に、議案第28号伊勢市特別会計条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 恐れ入ります、59ページをお開きください。改正の内容でございますが、平成20年4月から後期高齢者医療制度が創設され、老人保健制度は廃止となり、老人保健制度の特別会計である老人保健医療特別会計は、過去の診療分の請求等に対応するため、経過措置として3年間存続することが義務づけられていましたが、この期間が切れますことから、老人保健医療特別会計を廃止するため、第1条中第2号を削る改正を行おうとするものでございます。また、公共の利益のために必要な観光交通対策を実施する事業に係る歳入歳出を経理し、観光交通の円滑化を図ることを目的として観光交通対策特別会計を設置するため、第1条に第6号を加える改正を行おうとするものでございます。

 なお、附則におきまして、この条例の施行期日を平成23年4月1日としますとともに、所要の経過措置を規定いたしております。

 次に、議案第29号伊勢市立郷土資料館条例の廃止につきまして御説明申し上げます。

 恐れ入ります、62ページをお願いいたします。伊勢市立郷土資料館の建物につきましては、耐震診断を行いましたところ、目標耐震性能を下回っており、地震に対して崩壊の危険性があるとの診断結果が出ました。建物には耐震補強工事及び今後の維持修繕に多額の費用が見込まれますことから、耐震補強工事等は行わず、伊勢市立郷土資料館につきましては、平成23年3月31日をもって閉館することとするため、条例を廃止しようとするものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第30号伊勢市敬老金支給条例の廃止につきまして御説明申し上げます。

 64ページをお願いいたします。敬老金につきましては、平成17年の合併時の調整に基づきまして、77歳、88歳、99歳及び最高齢の方に対し敬老金の支給を行ってまいりましたが、今後は、要綱を制定しまして対象者の見直しを行いますとともに、祝い品を贈呈させていただくこととするため、条例を廃止しようとするものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第31号伊勢市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 66ページをお願いいたします。これは、法の改正によりまして、法の規定に違反して処理された廃棄物と認められるものを発見したときは、速やかに通報する努力義務が創設されましたことから、法と同様の規定を設けております第7条におきまして、規定の整備を行おうとするものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第32号伊勢市廃棄物処理センター条例の廃止につきまして御説明申し上げます。

 69ページをお願いいたします。伊勢市廃棄物処理センターの二見美化センター及び御薗リサイクルセンターにつきましては、これまでそれぞれの地区においてごみの収集基地としていましたが、ごみの収集方法等の統一に関する基本方針に基づきまして、伊勢市廃棄物処理センターを廃止することとするため、条例を廃止しようとするものでございます。

 なお、この条例の附則におきまして、施行期日を平成23年4月1日としますとともに、伊勢市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例におきましてこの条例を引用しておりますので、規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、議案第33号伊勢市公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 72ページをお開きいただきたいと存じます。これは、旧伊勢市内における流域関連公共下水道事業第3期事業認可区域の下水道事業受益者負担金の負担区につきまして、新たにいせ第3負担区を設けようとするものでございます。

 改正の内容でございますが、別表におきまして新たにいせ第3負担区を設け、1平方メートル当たりの単位負担金額を他の負担区と同額の508円とするため、規定の整備を行おうとするものでございます。

 なお、この条例は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上、「議案第25号伊勢市暴力団排除条例の制定について」外8件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第25号外8件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第34号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第37、「議案第34号伊勢市矢持会館の指定管理者の指定について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第34号伊勢市矢持会館の指定管理者の指定につきまして御説明を申し上げます。

 これは、伊勢市矢持会館において指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第34号伊勢市矢持会館の指定管理者の指定につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の74ページをお開きいただきたいと存じます。伊勢市矢持会館につきましては、地域づくりの推進を図るための集会施設でありますことから、地元の団体を指定候補者としたものでございます。指定管理者となる団体は、伊勢市矢持町下村512番地2、伊勢市矢持町下村区区長、向井俊廣でございまして、指定の期間は平成23年4月1日から平成28年3月31日までとしております。

 以上、議案第34号伊勢市矢持会館の指定管理者の指定につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第34号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第35号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第38、「議案第35号伊勢市と三重県市町職員退職手当組合との間における退職手当審査会に関する事務の委託について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第35号伊勢市と三重県市町職員退職手当組合との間における退職手当審査会に関する事務の委託につきまして御説明を申し上げます。

 これは、退職手当審査会に関する事務を三重県市町職員退職手当組合に委託することについて、地方自治法第252条の2第3項の規定により、議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第35号伊勢市と三重県市町職員退職手当組合との間における退職手当審査会に関する事務の委託につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の76ページをお開きいただきたいと存じます。これは、先ほど御説明申し上げました議案第27号の伊勢市職員退職手当支給条例等の一部改正に係るものでございまして、今回の改正により、退職手当の支給制限等の処分をする場合は、退職手当審査会に諮問することとなり、その調査審議については、高度の専門性や公平性が求められますことから、三重県市町職員退職手当組合に委託しようとするものでございます。

 このことにより、地方自治法第252条の14第1項の規定に基づきまして、規約を定め、退職手当審査会に関する事務を三重県市町職員退職手当組合に委託することについて協議するに当たり、議会の議決を求めようとするものでございます。

 77ページ、78ページをお願いいたします。規約の内容でございますが、第1条は、委託する事務の範囲について規定をいたしております。

 なお、合併前の二見町、小俣町及び御薗村の職員であった職員の退職手当につきましては、既に組合において共同処理される事務となっておりますことから、除かれるものでございます。

 第2条は、管理及び執行の方法について規定しておりまして、委託する事務については、組合の条例等に定めるところによるものとしております。

 第3条及び第4条は、経費の負担及び予算の執行について規定しておりまして、委託事務に要する経費は伊勢市の負担としますとともに、委託事務に係る収入及び支出につきましては、組合の予算に計上し経理するものとしております。

 第5条は連絡会議について、第6条は条例等改正の場合の措置についてそれぞれ規定しております。

 なお、この規約は、平成23年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上、議案第35号伊勢市と三重県市町職員退職手当組合との間における退職手当審査会に関する事務の委託につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第35号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第36号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第39、「議案第36号権利の放棄について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第36号権利の放棄につきまして御説明を申し上げます。

 これは、未払いの賃料等について権利を放棄するため、地方自治法第96条第1項第10号の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第36号権利の放棄につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の79ページをお開きいただきたいと存じます。まず、権利の内容でございますが、職業訓練法人三重県サービス技能協会が、平成6年4月1日付で旧二見町と土地賃貸借契約を締結し、旧二見町所有の土地上に国際リゾート短期大学校として鉄筋コンクリート造3階建て校舎を建てて、土地を使用していた際の未払い賃料等でございまして、平成8年7月10日支払期の賃料600万円の内金300万円の支払いがされた後、賃料等の支払いがされないまま現在に至ったものでございます。

 回収不能の未払い賃料等を資産として計上したままにすることは、不健全な資産計上でありますことから、賃料等の債権を放棄しようとするものでございます。

 放棄により利益を受ける者は、伊勢市二見町松下1740番地の1、職業訓練法人三重県サービス技能協会、代表者清算人、弁護士、室木徹亮でございます。権利放棄する金額は、平成8年度から平成20年度までの間の土地貸付賃料及び遅延損害金の1億668万6,982円並びに契約解除後の平成21年度及び平成22年度の使用損害金1,038万9,041円を合わせまして、1億1,707万6,023円でございます。放棄の理由でございますが、職業訓練法人三重県サービス技能協会は、平成18年11月15日午前9時、津地方裁判所伊勢支部において破産手続開始決定を受け、その後平成20年12月17日、破産財団の財源不足により破産廃止となったことにより、未払い賃料等の回収の見込みがないことによるものでございます。

 以上、議案第36号権利の放棄につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第36号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第37号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第40、「議案第37号市道の路線の廃止について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第37号市道の路線の廃止につきまして御説明を申し上げます。

 これは、市道の路線を廃止するにつき、道路法第10条第3項の規定により、あらかじめ議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第37号市道の路線の廃止につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 恐れ入ります、議案書の81ページをお開きいただきたいと存じます。これは、日赤神田線及び樫原堤線を廃止しようとするものでございまして、日赤神田線につきましては、道路改良工事に伴い起点を変更するため、一たん路線の廃止をしようとするものでございます。また、樫原堤線につきましては、終点から県道豊北港小俣線に通じる国土交通省管理の堤防道路を路線に含めることにより、終点を変更するため、一たん路線の廃止をしようとするものでございます。

 なお、次の議案におきまして、改めてこれらの2路線の御認定をお願いすることといたしております。

 以上、議案第37号市道の路線の廃止につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付しておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第37号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第38号の上程、説明



○議長(宿典泰君) 次に、日程第41、「議案第38号市道の路線の認定について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第38号市道の路線の認定につきまして御説明を申し上げます。

 これは、市道の路線を認定するにつき、道路法第8条第2項の規定により、あらかじめ議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、詳細については、副市長から御説明申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(宿典泰君) 副市長。



◎副市長(松下裕君) それでは、議案第38号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げます。

 議案書の84ページをお願いいたします。これは、2路線を認定しようとするものでございます。認定する路線は、日赤神田線及び樫原堤線でございまして、先ほどの議案で御説明を申し上げましたが、日赤神田線につきましては起点を変更するため、また樫原堤線につきましては終点を変更するため、一たん廃止し、再度、市道として認定し、管理しようとするものでございます。

 なお、路線の土地につきましては、日赤神田線につきましては市の所有地、樫原堤線につきましては国の所有地でございます。

 以上、議案第38号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付しておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(宿典泰君) 以上で議案第38号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(宿典泰君) 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 お諮りをいたします。

 議案の精読のため、明22日から25日までの4日間を休会といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宿典泰君) 御異議なしと認めます。

 よって、明22日から25日までの4日間を休会することに決定いたしました。

 継続会議は、来る28日午前10時から開きます。

 それでは、本日は散会をいたします。

 なお、本日御出席の皆様には開議通知を差し上げませんから、御了承をお願いいたします。

 御苦労さまでした。



△散会 午後2時03分

 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成23年2月21日

        伊勢市議会議長     宿 典泰

        伊勢市議会議員     上田修一

        伊勢市議会議員     小山 敏