議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 伊勢市

伊勢市 平成21年 12月 定例会 12月22日−05号




伊勢市 平成21年 12月 定例会 − 12月22日−05号







伊勢市 平成21年 12月 定例会



        平成21年12月伊勢市議会定例会会議録

議事日程

               平成21年12月22日(火)午前10時開議

日程第1 議案第99号 平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)外6件一括

日程第2 議案第106号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について外2件一括

日程第3 議案第109号 尾崎咢堂記念館の指定管理者の指定について

日程第4 議案第110号 伊勢市離宮の湯の指定管理者の指定にについて

日程第5 議案第111号 今一色コミュニティセンターの指定管理者の指定について

日程第6 議案第112号 中学校教育用コンピュータ機器の取得について

日程第7 議案第113号 校務用コンピュータ機器の取得について

日程第8 議案第114号 デジタルテレビ一体型電子黒板の取得について

日程第9 議案第115号 市道の路線の廃止について外1件一括

日程第10 議案第123号 伊勢市職員給与条例等の一部改正について

日程第11 議案第117号 伊勢市副市長の選任につき同意を求めることについて

日程第12 議案第119号 伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて

日程第13 議案第120号 伊勢市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて

日程第14 議案第121号 伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

日程第15 議案第122号 伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

日程第16 報告第20号 専決処分事項の報告について

日程第17 報告第21号 専決処分事項の報告について

日程第18 報告第22号 専決処分事項の報告について

日程第19 報告第23号 専決処分事項の報告について

日程第20 報告第24号 専決処分事項の報告について

日程第21 報告第25号 専決処分事項の報告について

日程第22 平成21年請願第3号 改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願

日程第23 平成21年請願第4号 「義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元」を求める請願

日程第24 平成21年請願第5号 「30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充」を求める請願

日程第25 平成21年請願第6号 「保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充」を求める請願

日程第26 発議第19号 伊勢市選挙管理委員会委員並びに同補充員の選挙について

日程第27 議会運営委員会の閉会中の継続審査・調査について

本日の会議に付した事件

 1.平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)外6件一括

 1.議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について外2件一括

 1.尾崎咢堂記念館の指定管理者の指定について

 1.伊勢市離宮の湯の指定管理者の指定にについて

 1.今一色コミュニティセンターの指定管理者の指定について

 1.中学校教育用コンピュータ機器の取得について

 1.校務用コンピュータ機器の取得について

 1.デジタルテレビ一体型電子黒板の取得について

 1.市道の路線の廃止について外1件一括

 1.伊勢市職員給与条例等の一部改正について

 1.伊勢市副市長の選任につき同意を求めることについて

 1.伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて

 1.伊勢市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて

 1.伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

 1.伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.専決処分事項の報告について

 1.改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願

 1.改正貸金業法の早期完全施行等に関する意見書の提出について

 1.「義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元」を求める請願

 1.義務教育費国庫負担制度の存続等に関する意見書の提出について

 1.「30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充」を求める請願

 1.次期定数改善計画の策定・実施及び教育予算拡充に関する意見書の提出について

 1.「保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充」を求める請願

 1.保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充に関する意見書の提出について

 1.伊勢市選挙管理委員会委員並びに同補充員の選挙について

 1.議会運営委員会の閉会中の継続審査・調査について

出席議員(28名)

      1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君

      3番  世古 明君      4番  野口佳子君

      5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君

      7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君

      9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君

     11番  藤原清史君     12番  山根隆司君

     13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君

     15番  西山則夫君     16番  上田修一君

     17番  中川幸久君     18番  小山 敏君

     19番  杉村定男君     20番  浜口和久君

     21番  工村一三君     22番  山本正一君

     23番  佐之井久紀君    24番  宿 典泰君

     25番  世古口新吾君    26番  長岡敏彦君

     27番  中村豊治君     28番  中山裕司君

欠席議員(0名)

     なし

職務のため議場に出席した事務局職員

  事務局長     森 裕幸君   事務局次長    筒井弘明君

  議事係長     中川雅日君   調査係長     東浦富美君

  書記       奥野進司君   書記       中野 諭君

説明のため出席した者

  市長       鈴木健一君   病院事業管理者  間島雄一君

  会計管理者    楢井正文君   総務部長     松下 裕君

  財務政策部長   森井 啓君   環境生活部長   佐々木昭人君

  健康福祉部長   白木信行君   産業観光部長   鈴木豊司君

  都市整備部長   奥村 茂君   二見総合支所長  三浦 徹君

  小俣総合支所長  田端正美君   御薗総合支所長  内田 豊君

  上下水道部長   本多秀夫君   病院事務部長   中川芳明君

  消防長      保田幸宏君   消防本部次長   大西邦生君

  総務部参事    古布章宏君   総務課長     藤本 亨君

  行政経営課長   鈴木正人君   教育委員会委員長 岡本國孝君

  教育長職務代理者(教育部長)   教育次長

           松島康雄君            竹内勇夫君

  監査委員             選挙管理委員会委員長

           鈴木一博君            杉木 仁君



△開議 午前 9時59分



△開議の宣告



○議長(長田朗君) おはようございます。ただいまから市議会定例会の継続会議を開きます。

 本日の出席者は全員ですので、会議は成立いたしております。

 本日の会議録署名者及び議案等説明者は、開会当初決定あるいは御報告申し上げたとおりです。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。

 それでは、会議に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第99号外6件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 日程第1、「議案第99号平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)外6件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして関係常任委員会に審査付託となっているものです。各委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、産業建設委員会から報告をお願いします。

 17番、中川議員。



◆17番(中川幸久君) おはようございます。ただいま上程されました7件一括の議案中、産業建設委員会に審査付託されました「議案第99号平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)」中、当委員会関係分、「議案第104号平成21年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号)」「議案第105号平成21年度伊勢市下水道事業会計補正予算(第2号)」は、12月21日に委員会を開催し、慎重なる審査の結果、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(長田朗君) 次に、教育民生委員会から報告をお願いします。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) 上程中の7件一括の議案中、教育民生委員会に審査付託を受けました「議案第99号平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)」中、教育民生委員会関係分、「議案第100号平成21年度伊勢市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」「議案第101号平成21年度伊勢市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)」「議案第102号平成21年度伊勢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」及び「議案第103号平成21年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第2号)」、以上5件につきまして、去る12月21日に委員会を開会し、慎重に審査を行いました結果、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(長田朗君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いします。

 27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 上程中の7件一括の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第99号平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)」中、総務政策委員会関係分につきまして、去る12月21日に委員会を開会し、慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第99号外6件一括に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第99号外6件一括を採決いたします。

 本件につきまして、各委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第99号平成21年度伊勢市一般会計補正予算(第9号)」「議案第100号平成21年度伊勢市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」「議案第101号平成21年度伊勢市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)」「議案第102号平成21年度伊勢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」「議案第103号平成21年度伊勢市介護保険特別会計補正予算(第2号)」「議案第104号平成21年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号)」「議案第105号平成21年度伊勢市下水道事業会計補正予算(第2号)」、以上7件は、いずれも原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第106号外2件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第2、「議案第106号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について外2件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして所管の常任委員会に審査付託となっているものです。各委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 初めに、教育民生委員会から報告をお願いします。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました3件一括の議案中、教育民生委員会に審査付託を受けました「議案第107号伊勢市体育施設条例の一部改正について」及び「議案第108号伊勢市立学校施設の開放に関する条例の一部改正について」、以上2件につきまして、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(長田朗君) 次に、総務政策委員会から報告をお願いします。

 27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 上程中の3件一括の議案中、総務政策委員会に審査付託を受けました「議案第106号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの各委員会からの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第106号外2件一括に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第106号外2件一括を採決いたします。

 本件につきまして、各委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第106号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について」「議案第107号伊勢市体育施設条例の一部改正について」「議案第108号伊勢市立学校施設の開放に関する条例の一部改正について」、以上3件は、いずれも原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第109号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第3、「議案第109号尾崎咢堂記念館の指定管理者の指定について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「議案第109号尾崎咢堂記念館の指定管理者の指定について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第109号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第109号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第109号尾崎咢堂記念館の指定管理者の指定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第110号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第4、「議案第110号伊勢市離宮の湯の指定管理者の指定について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「議案第110号伊勢市離宮の湯の指定管理者の指定について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第110号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第110号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第110号伊勢市離宮の湯の指定管理者の指定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第111号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第5、「議案第111号今一色コミュニティセンターの指定管理者の指定について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして総務政策委員会に審査付託となっているものです。総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 ただいま上程されました総務政策委員会審査付託の「議案第111号今一色コミュニティセンターの指定管理者の指定について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第111号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第111号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第111号今一色コミュニティセンターの指定管理者の指定について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第112号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第6、「議案第112号中学校教育用コンピュータ機器の取得について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「議案第112号中学校教育用コンピュータ機器の取得について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第112号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第112号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第112号中学校教育用コンピュータ機器の取得について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第113号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第7、「議案第113号校務用コンピュータ機器の取得について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「議案第113号校務用コンピュータ機器の取得について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第113号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第113号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第113号校務用コンピュータ機器の取得について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第114号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第8、「議案第114号デジタルテレビ一体型電子黒板の取得について」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「議案第114号デジタルテレビ一体型電子黒板の取得について」は、去る12月21日開会の委員会におきまして慎重に審査を行いました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告いたします。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第114号に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第114号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第114号デジタルテレビ一体型電子黒板の取得について」は、原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第115号外1件一括の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第9、「議案第115号市道の路線の廃止について外1件一括」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして産業建設委員会に審査付託となっているものです。産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 17番、中川議員。



◆17番(中川幸久君) ただいま上程されました「議案第115号市道の路線の廃止について」「議案第116号市道の路線の認定について」は、去る12月21日開会の産業建設委員会におきまして慎重なる審査の結果、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、何とぞよろしく御決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、議案第115号外1件一括に対する討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第115号外1件一括を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第115号市道の路線の廃止について」「議案第116号市道の路線の認定について」、以上2件は、いずれも原案どおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第123号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(長田朗君) 次に、日程第10、「議案第123号伊勢市職員給与条例等の一部改正について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第123号伊勢市職員給与条例等の一部改正につきまして御説明を申し上げます。

 これは、国家公務員に係る一般職の職員の給与に関する法律の一部改正に準じ、職員の給料月額の改定を行いますとともに、住居手当を改めるため条例を改正しようとするものでございます。

 それでは、主な改正の内容につきまして御説明を申し上げますので、議案書の2ページ、3ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1条は、伊勢市職員給与条例の一部改正でございます。

 まず、2ページ上段の第12条の改正は、職員みずからの所有に係る住宅に世帯主として居住している場合に支給しておりました住居手当を廃止することとして、規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、2ページ下段から9ページ上段にかけましての別表の改正は、一般職の給料表につきまして1級から3級の一部の若年層を除いて、平均0.2%の引き下げを行おうとするものでございます。

 次に、9ページをお願いいたします。

 中段から附則の改正は、国の人事院勧告の趣旨に準じまして、平成22年1月から3月までの職員の給料月額につきまして100分の1に相当する額を減じた額とするため、規定の整備等を行おうとするものでございます。

 次に、10ページをお願いいたします。

 第2条の伊勢市上下水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正及び第3条の伊勢市病院企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正につきましては、第1条の改正と同様に、それぞれ住居手当につきまして規定の整備を行おうとするものでございます。

 次に、下段の第4条の伊勢市職員給与条例等の一部改正につきましては、平成18年7月からの給料表の号級の切りかえに伴う経過措置を受けております職員につきまして、給料月額を0.24%引き下げることとして規定の整備を行おうとするものでございます。

 なお、技能労務職員、上下水道企業職員、病院企業職員の給料月額につきましても、今回の改正の例によるものといたしております。

 また、この条例は、平成22年1月1日から施行しようとするものでございます。

 以上、議案第123号伊勢市職員給与条例等の一部改正につきまして御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります前に議長から申し上げます。

 質疑に当たりましては、一問一答方式によることといたしますとともに、発言につきましては答弁を含めて60分以内といたしますので、御留意いただきますようお願い申し上げます。

 それでは、質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第123号につきましては、総務政策委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことに決定いたしまして、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 総務政策委員会開会のため暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時36分



△再開 午前10時51分



○議長(長田朗君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(長田朗君) お諮りいたします。

 休憩前の本会議におきまして、総務政策委員会に審査付託となっておりました議案第123号につきまして、審査を終了した旨の報告がありましたので、これを本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題としたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第123号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) それでは、日程第11、「議案第123号伊勢市職員給与条例等の一部改正について」を議題といたします。

 総務政策委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 27番、中村議員。



◆27番(中村豊治君) 御報告申し上げます。

 ただいま上程されました総務政策委員会に審査付託の「議案第123号伊勢市職員給与条例等の一部改正について」は、本日、本会議休憩中に委員会を開会し、慎重なる審査の結果、全会一致をもって原案どおり可決すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 何とぞ本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようにお願いいたします。



○議長(長田朗君) ただいまの総務政策委員会からの報告に対しまして御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。



○議長(長田朗君) 続いて、議案第123号に対する討論に入ります。

 これまでのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕

          〔山根隆司君、中山裕司君入場〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第123号を採決いたします。

 本件につきまして、総務政策委員会の報告のとおり原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立多数と認めます。

 よって、「議案第123号伊勢市職員給与条例等の一部改正について」は、原案のとおり可決確定いたしました。

 全員協議会開会のため、10分間休憩いたします。



△休憩 午前10時54分



△再開 午前11時16分



○議長(長田朗君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第117号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第12、「議案第117号伊勢市副市長の選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第117号伊勢市副市長の選任につき同意を求めることについて、御説明を申し上げます。

 これは、本市副市長が欠員となっておりますので、その後任として松下 裕さんを選任いたしたく、地方自治法第162条の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。

 それでは、松下 裕さんの略歴について申し上げます。

 松下さんは、昭和26年1月21日生まれ。現住所は、伊勢市勢田町302番地28。学歴は、昭和48年3月立命館大学法学部卒業。主な経歴といたしましては、昭和48年4月伊勢市役所就職、厚生福祉事務所勤務、平成8年6月市民生活部清掃事業課副参事、同11年4月生活環境部廃棄物対策課長、同12年6月産業部商工労政課長、同13年9月総務部総務課副参事、同14年4月地方分権推進室行政改革推進課長、同15年4月地方分権推進室参事、同16年9月総合政策推進部長、同19年4月財務政策部長、同21年4月総務部長、現在に至っておられます。

 以上のとおりでございます。

 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第117号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第117号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第117号伊勢市副市長の選任につき同意を求めることについて」は、同意することに決定いたしました。

 会議の途中でありますが、暫時休憩いたします。





△休憩 午前11時20分



△再開 午前11時23分





○議長(長田朗君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第119号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第13、「議案第119号伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第119号伊勢市監査委員の選任について同意を求めることにつきまして、御説明を申し上げます。

 これは、本市監査委員3名のうち、浦野卓久委員が平成21年12月15日に任期満了となりましたので、その後任といたしまして中井 豊さんを新たに選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。

 それでは、中井 豊さんの略歴につきまして申し上げます。

 中井さんは、昭和27年4月26日生まれ。現住所は、伊勢市馬瀬町1055番地2。学歴は、昭和48年3月富士短期大学卒業。主な経歴といたしましては、昭和48年9月中井きぬ税理士事務所就職、同58年11月退職、同年11月中井 豊税理士事務所開業、現在に至っておられます。

 以上のとおりでございます。

 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いいたします。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第119号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第119号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第119号伊勢市監査委員の選任につき同意を求めることについて」は、同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第120号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第14、「議案第120号伊勢市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第120号伊勢市公平委員会委員の選任につき同意を求めることにつきまして、御説明を申し上げます。

 これは、伊勢市公平委員会委員3名のうち、松本由香里委員が平成21年12月25日に任期満了となりますので、その後任といたしまして、再度、松本由香里さんを選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。

 それでは、松本由香里さんの略歴につきまして申し上げます。

 松本さんは、昭和36年2月7日生まれ。現住所は、伊勢市岡本3丁目13番20号。学歴は、昭和56年3月津市立三重短期大学卒業。主な経歴といたしましては、昭和56年4月東洋信託銀行就職、同61年2月退職、平成8年11月有限会社松本宝飾取締役、同19年4月伊勢商工会議所女性部部長、同21年4月伊勢商工会議所女性部副会長、同年5月伊勢市公平委員会委員選任、現在に至っておられます。

 以上のとおりでございます。

 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第120号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第120号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第120号伊勢市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて」は、同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第121号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第15、「議案第121号伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました議案第121号伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることにつきまして、御説明を申し上げます。

 これは、伊勢市教育委員会委員5名のうち、疋田 勇委員が平成21年11月30日付で辞任され、欠員となっておりますので、その後任として宮崎吉博さんを新たに任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。

 それでは、宮崎吉博さんの略歴につきまして申し上げます。

 宮崎さんは、昭和24年3月27日生まれ。現住所は、伊勢市岩渕1丁目5番17号。学歴は、昭和46年3月早稲田大学教育学部卒業。主な経歴といたしましては、昭和49年4月鳥羽市立菅島中学校教諭として奉職、以降県下の中学校教諭を歴任され、平成14年4月伊勢市立四郷小学校長、同16年4月伊勢市立五十鈴中学校長、同21年3月退職、現在に至っておられます。

 以上のとおりでございます。

 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第121号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第121号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第121号伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」は、同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第122号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第16、「議案第122号伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第122号伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」、御説明申し上げます。

 これは、伊勢市教育委員会委員5名のうち、中居信明委員が本日12月22日に任期満了となりますので、再度、中居信明さんを任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。

 それでは、中居信明さんの略歴につきまして申し上げます。

 中居さんは、昭和31年3月5日生まれ。現住所は、伊勢市鹿海町3433番地88。学歴は、昭和49年3月三重県立伊勢工業高等学校卒業。主な経歴といたしましては、昭和49年3月美和ロック工業株式会社就職、平成19年7月退職、同年7月三重県労働者住宅生活協同組合理事長就任、同20年7月伊勢市教育委員会委員任命、現在に至っておられます。

 以上のとおりでございますので、何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第122号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから議案第122号を採決いたします。

 本件につきまして、同意することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「議案第122号伊勢市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」は、同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第20号外2件一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 審議の都合により、日程第17、「報告第20号専決処分事項の報告について」から日程第19、「報告第22号専決処分事項の報告について」に至る3件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「報告第20号専決処分事項の報告について」外2件につきまして御説明申し上げます。

 これは、いずれも平成21年10月8日の台風18号の強風による物損事故に係る損害賠償について、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分いたしましたので、同条第2項の規定によりまして、議会に御報告するものでございます。

 なお、詳細につきましては総務部長から御説明申し上げることといたしておりますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 総務部長。



◎総務部長(松下裕君) それでは、「報告第20号専決処分事項の報告について」外2件につきまして補足の御説明を申し上げます。

 最初に、報告第20号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げますので、議案書の56ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、小俣町本町地内の市所有の本町駐車場において、防犯灯が台風18号の強風により倒壊した際、防犯灯の電線が駐車中の相手方車両の右前部に接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、損害賠償額6万5,077円で示談が成立いたしましたので、平成21年11月9日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、報告第21号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げますので、議案書の60ページをお願いいたします。

 これは、小俣町新村町地内の小俣廃棄物投棄場内の樹木が台風18号の強風により倒れた際、隣接する美和ロック株式会社所有のグラウンドフェンスに接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、損害賠償額6万3,000円で示談が成立いたしましたので、平成21年11月9日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、報告第22号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げますので、議案書の64ページをお願いいたします。

 これは、東豊浜町地内の豊浜東幼稚園に設置してあった物置が台風18号の強風により倒壊し、その一部が隣接する民有地に駐車中であった車両に接触し、損害を与えたものでございます。

 なお、損害賠償の相手方につきましては、事故当時の車両所有者に対し、全国共済農業協同組合連合会三重県本部が自動車共済金を支払ったことにより、当該車両の所有権及び本市に対する損害賠償請求権が全国共済農業協同組合連合会三重県本部に移転したため、全国共済農業協同組合連合会三重県本部となるものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、損害賠償額72万5,035円で示談が成立いたしましたので、平成21年11月26日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、施設の管理につきましては、これまで以上に定期的な点検を徹底するとともに、老朽化した箇所は速やかに修繕するなど適切な対応を行ってまいりますので、御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以上、報告第20号専決処分事項の報告外2件につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、なお参考といたしまして、事故の概要書及び位置図をそれぞれ添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 報告第20号外2件一括につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから報告第20号外2件一括を採決いたします。

 本件につきまして、承認することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございました。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第20号専決処分事項の報告について」「報告第21号専決処分事項の報告について」「報告第22号専決処分事項の報告について」、以上3件は、いずれも承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第23号外2件一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 審議の都合により、日程第20、「報告第23号専決処分事項の報告について」から日程第22、「報告第25号専決処分事項の報告について」に至る3件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長。



◎市長(鈴木健一君) ただいま一括上程されました「報告第23号専決処分事項の報告について」外2件につきまして御説明申し上げます。

 これは、いずれも交通事故に係る損害賠償につき、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条第2項の規定によりまして、議会に御報告するものでございます。

 なお、詳細につきましては総務部長から御説明申し上げることといたしておりますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。大変御迷惑をおかけしております。



○議長(長田朗君) 総務部長。



◎総務部長(松下裕君) それでは、「報告第23号専決処分事項の報告について」外2件につきまして補足の御説明を申し上げます。

 最初に、報告第23号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げますので、議案書の68ページをお開きいただきたいと存じます。

 これは、平成21年8月9日日曜日、午後7時31分ごろ、川端町地内の県道鳥羽松阪線において、消防署西分署所属の救急車を同署員が小俣町地内の救急現場へ向かうため緊急走行中、赤信号の県道伊勢大宮線との交差点に進入した際、左方向から直進してきた相手方車両の右側後部に接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、市の過失割合が30%であり、相手方車両の修繕に要した費用としまして、損害賠償額11万3,717円を市が払うことで示談が成立いたしましたので、平成21年10月29日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、この事故による市の車両の損害は24万2,341円でございまして、相手方から16万9,639円が市に支払われるものでございます。この事故につきましては、運転手の交差点内での安全確認が十分でなかったことによるものであり、その職員に対し、処分を行ったところでございます。

 次に、報告第24号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げますので、議案書の72ページをお願いいたします。

 これは、平成21年10月22日木曜日、午後2時ごろ、小俣町明野地内の市道小俣明野21号線において、都市整備部維持課所属の普通貨物自動車を同課嘱託職員が道路パトロールのため運行中、県道東大淀小俣線との交差点を右折しようとしましたが、曲がり切れずに切り返しを行うため後退した際、後方に停車中の相手方車両の前部に接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、市の過失割合が100%であり、相手方車両の修繕に要した費用としまして、損害賠償額23万4,675円を市が支払うことで示談が成立いたしましたので、平成21年11月27日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、この事故による市の車両の損害額はございませんでした。この事故につきましては、運転手の後方確認が十分でなかったことによるものであり、その職員に対し、処分を行ったところでございます。

 次に、報告第25号専決処分事項の報告につきまして御説明申し上げますので、議案書の76ページをお願いいたします。

 これは、平成21年10月26日月曜日、午前9時50分ごろ、古市町地内の民有地において、環境生活部清掃課所属のじんかい収集車を同課職員が可燃ごみ収集作業のため運行中、後退して移動しようとした際、後方に駐車中の相手方車両のパワーゲートに接触し、損害を与えたものでございます。

 損害賠償の相手方と協議をいたしました結果、市の過失割合が100%であり、相手方車両の修繕等に要した費用としまして、損害賠償額24万412円を市が支払うことで示談が成立いたしましたので、平成21年12月1日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 なお、この事故による市の車両の損害額はございませんでした。この事故につきましては、運転手の後方確認及び同乗者の誘導が十分でなかったものによるものであり、職員に対し、処分を行ったところでございます。

 今回も交通事故による専決処分事項の御報告を申し上げますこと、まことに申しわけなく思っております。事故を起こした職員に対しましては、今後このような事故が発生しないよう、周囲の安全確認及び安全対策をとるよう指導を行ったところでございます。また各所属長及び職員に対しましても、先日、事故防止と安全意識の徹底を図るための通達を行ったところでございます。今後も職員への指導の強化、徹底を行い、安全運転に努めてまいりますので、御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以上、「報告第23号専決処分事項の報告について」外2件につきまして、補足の御説明を申し上げましたが、なお参考といたしまして、事故の概要書及び位置図をそれぞれ添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

 22番、山本議員。



◆22番(山本正一君) ただいま、当局から専決処分の報告があったわけでありますが、今、この経過を聞いておりますと、専決処分の中の報告で、交通事故が3件発生いたしております。私、いつもここで話をさせていただくんですが、この3件の中で2件が、今、バックというようなことであります。後方不確認、こういうことでございます。これはいつもこの本会議の中で専決処分で出てまいるわけでありますが、一向に直っておらん。いつも当局からは総務部長、るる注意をしましたということであるんですが、全く直っておらん。したがいまして交通事故撲滅と言いながら、いつも事故が発生をしとる。今、当局からの説明では、乗務員の誘導が甘かったとか、ミスがあった、バックの確認が甘い、これはもうるるずっと言われておるわけでありますが、今回、市長がかわられて、この交通事故に対する意識と申しますか、そこら辺の話をまず聞きたいな、このように思いますので、当局の答弁によりましては、自席からの再質問のお許しも願いたいな、このように思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(長田朗君) 市長。



◎市長(鈴木健一君) 山本議員の御質問にお答えします。

 まずは、今回の交通事故3件にかかわりましては市民の方に御迷惑をかけ、そして議会の皆さんにも御心配をおかけしましたことを、まずもっておわびを申し上げます。

 今回の交通事故に関することでありますが、私も就任した直後、1週間ぐらいしてから、決裁の書類にこの交通事故の書類が上がってまいりました。交通事故があって、今、こういうふうに対応しているという書類が上がってきて、早々に担当の部長、課長、管理職の方々に対して、一層の注意をまず図ってくれと、これはもう緊急事態であるということをまずお話をして、そして、今後の対策についてお願いをさせていただきました。そしてつい先日も、今回事故を起こした職員に対して、直接お会いをして、まずもってこれ以上交通事故に対してより一層注意を図ってほしいということ、そしてなお1回事故を起こした方が2回目起こすかは、今までの状況を見ますと数少ないことがありますので、ほかの方に対しても、ほかの職員に対しても声かけをして事故に注意するように、周りの方々の職員に対しても注意をするように指示をさせていただきました。自動車はどうしても「動く凶器」というふうに言われる存在でありますから、より一層注意をして、私自身も一人一人に声をかけていきますので、どうかまた御了承いただきたいと思いますし、ぜひ山本議員におかれましては、こういうことをすればもっと的確に交通事故に対して防ぐ意識を高めることができる、ぜひそういった御提案もちょうだいしたいと思いますので、御指導を賜りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 22番、山本議員。



◆22番(山本正一君) 今、市長から御答弁、的確な御答弁かな、このように思いますが、今のままでは絶対になくならないと思うんですよね。いつもこのごみに関しては、2人、3人乗っとるわけですわ。それがいつも何でバックを入れるときに後ろへおりてくれと、こういうことがいつも言えやんと。これに関しての上司の責任というのはどんなんかな。ちょっとそこら辺がわかっとったら。事故した本人の責任は、ちょっとようわからんのですが、何かあると。そやけど、上司の責任はどうなるんかな。



○議長(長田朗君) 総務部長。



◎総務部長(松下裕君) 御指摘のとおり、バック事故が多いということでございましたので、昨年度は実技を含めまして、バックの研修も行ったところでございます。それから特にじんかい収集車につきましては、後ろが見にくいというところがございますので、バックモニターの設置もさせていただきまして、なおかつ議員仰せのとおり、同乗者がおりますので、バックの際には誘導するよう、所属長から徹底をしていただいているところでございます。

 今回の処分につきましては、このじんかい収集車の処分につきましては、運転手とバックの誘導をした職員に対しまして処分を行ったものでございますけれども、所属長につきましては処分は行っておりません。

 以上でございます。



○議長(長田朗君) 22番、山本議員。



◆22番(山本正一君) 私は今、こう答弁を聞いておりましても、バックのモニターというのはさ、1人やったらええわ、1人やったら。まだ後ろを見て、モニターでやろうかなということなんですが、これはバックのモニターをつけても、また税金要るに。2人乗っとんやったら、おりたらええやん。指導をしたって、運転の教習やないんやで。乗っとるときにノークラッチの車でもミッションでも、ニュートラルは動かへんわけや。バックへ入れたらバックへ動くわけや。だからニュートラルのときにバックへ入れるやんか。そのときにちょっとおりてんかんと、バックするでということを言うたらなしになるわけやんか。

 それで、上司への責任が何もないということにも問題あると思いますよ。上司の管理責任。毎回起こっとるもん。それであなたらの答弁は、いつも一緒の話やわな。何にも進歩しとらんのやで。それでそんな甘いということになると、また鈴木新市長になっても、またそぞろ一緒のようなことが起こると思う。それで市長もかわったことやで、一遍責任のあり方というのも、どこまでが民間やったらどんな事故になっとると、これは死亡事故でも起こしたら大変なことですよ。そやで事故のあるんは、必ずそういう大きな事故になるわ。もう時間もないんで答弁はよろしいが、新市長になって、そこら辺の事故の撲滅ということで、特にバック事故に関しては十二分に気をつけるように要望して終わりたいと思います。



○議長(長田朗君) 他に御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 他にないようですので、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 報告第23号外2件一括につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから報告第23号外2件一括を採決いたします。

 本件につきまして承認することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「報告第23号専決処分事項の報告について」「報告第24号専決処分事項の報告について」「報告第25号専決処分事項の報告について」、以上3件は、いずれも承認することに決定いたしました。

 会議の途中ですが、午後1時まで休憩いたします。



△休憩 午前11時59分



△再開 午後 0時59分



○議長(長田朗君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成21年請願第3号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第23、「平成21年請願第3号改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして、産業建設委員会に審査付託となっておるものです。産業建設委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 17番、中川議員。



◆17番(中川幸久君) ただいま上程されました「平成21年請願第3号改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願」は、12月21日開会の産業建設委員会におきまして、慎重なる審査の結果、全会一致をもって採択すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、何とぞよろしく御決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、討論に入りますが、これまでのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから平成21年請願第3号を採決いたします。

 本件につきまして、産業建設委員会の報告のとおり採択することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「平成21年請願第3号改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願」は、採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(長田朗君) お諮りいたします。

 ただいま、平成21年請願第3号が採択されたことにより、意見書提出の必要が生じましたので、「改正貸金業法の早期完全施行等に関する意見書の提出について」を本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 議案を配付させます。

          〔議案の配付〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第20号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) それでは、日程第24、「発議第20号改正貸金業法の早期完全施行等に関する意見書の提出について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 提案者の説明を求めます。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました発議第20号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 これは、改正貸金業法の早期完全施行等を求めるものでございます。

 深刻な社会問題となった多重債務問題を解決するために、2006年12月に成立した改正貸金業法は段階的施行を重ね、いよいよ最終段階である出資法の上限金利の引き下げ、収入の3分の1を超える過剰貸付契約の禁止、総量規制などが完全施行される予定となっております。

 改正貸金業法の成立後、政府は多重債務者対策本部を設置するなどの多重債務問題に取り組み、また、官民が連携して多重債務対策に取り組んできた結果、多重債務者が大幅に減少し、2008年の自己破産者数も13万人を切るなどの成果が出ているところであります。

 ところが、改正貸金業法の完全施行を前に、消費者金融の成約率が低下し、借りたい人が借りられなくなっている、資金調達が制限された中小企業者の倒産が増加しているなどとして、改正貸金業法の完全施行の延期や貸金業者に対する規制の緩和を求める声が一部から出ております。

 しかしながら、改正貸金業法の完全施行の先延ばしや金利規制の貸金業者に対する規制の緩和は、再び自殺者や自己破産者、多重債務者の急増を招きかねないものであります。

 よって、今、多重債務者のために必要とされている施策として、国に対して1つ目に、改正貸金業法を早期に完全施行すること。

 2つ目に、自治体での多重債務相談体制の整備のため、相談員の人件費を含む予算を十分確保するなど、相談窓口の拡充を支援すること。

 3つ目に、個人及び中小事業者向けのセーフティーネット貸し付けをさらに充実させること。

 4つ目に、ヤミ金融を徹底的に摘発すること。

 以上の4項目を実現されるよう求め、地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明といたします。何とぞよろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 発議第20号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから発議第20号を採決いたします。

 本件につきまして原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「発議第20号改正貸金業法の早期完全施行等に関する意見書の提出について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 なお、本意見書につきましては議長において処理いたしますので、御了承をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成21年請願第4号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第25、「平成21年請願第4号「義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元」を求める請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして、教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「平成21年請願第4号「義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元」を求める請願」につきまして、去る12月21日開会の委員会におきまして、慎重に審査を行いました結果、請願人の願意を妥当と認め、全会一致をもって採択すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、討論に入りますが、これまでのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから平成21年請願第4号を採決いたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり採択することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「平成21年請願第4号「義務教育費国庫負担制度の存続と、負担率2分の1への復元」を求める請願」は、採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(長田朗君) お諮りいたします。

 ただいま、平成21年請願第4号が採択されたことにより、意見書提出の必要が生じましたので、「義務教育費国庫負担制度の存続等に関する意見書の提出について」を本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 議案を配付させます。

          〔議案の配付〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第21号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) それでは、日程第26、「発議第21号義務教育費国庫負担制度の存続等に関する意見書の提出について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 提案者の説明を求めます。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました発議第21号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 これは、義務教育費国庫負担制度の存続等を求めるものでございます。

 2006年3月、国の補助金等の整理及び合理化等に伴う義務教育費国庫負担法等の一部を改正する等の法律が成立し、義務教育費国庫負担制度は存続されましたが、負担率が2分の1から3分の1に引き下げられたことにより、地方財政の危機的状況の中、教育費の財源を確保することが厳しい状況が続いております。

 義務教育費国庫負担制度は、義務教育の機会均等とその水準の維持・向上及び地方財政の安定のため、国が必要な財源を保障するとの趣旨で確立されたものであります。

 先般行われた国の行政刷新会議における事業仕分けにおきましても、義務教育費国庫負担金については、見直しの判定結果となりましたが、その重要性から仕分け人からは国が給与全額を負担すべきではないかとする意見も出されたとの報道があったところでございます。

 未来を担う子供たちに「豊かな学び」を保障するため、その時々の国や地方の財政状況に影響されることのない確固とした制度とすることは、社会の基盤づくりにとって極めて重要なことであります。

 よって、行き届いた教育をすべての子供たちに保障するため、国に対して、義務教育費国庫負担制度の存続及び国庫負担率を2分の1へ復元することを強く求め、地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明とします。何とぞよろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 発議第21号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから発議第21号を採決いたします。

 本件につきまして原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「発議第21号義務教育費国庫負担制度の存続等に関する意見書の提出について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 なお、本意見書につきましては議長において処理いたしますので、御了承をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成21年請願第5号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第27、「平成21年請願第5号「30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充」を求める請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして、教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「平成21年請願第5号「30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充」を求める請願」につきまして、去る12月21日開会の委員会におきまして、慎重に審査を行いました結果、請願人の願意を妥当と認め、全会一致をもって採択すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におかれましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、討論に入りますが、これまでのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから平成21年請願第5号を採決いたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり採択することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「平成21年請願第5号「30人学級を柱にした義務教育諸学校および高等学校次期定数改善計画の策定、教育予算拡充」を求める請願」は、採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(長田朗君) お諮りいたします。

 ただいま、平成21年請願第5号が採択されたことにより、意見書提出の必要が生じましたので、「次期定数改善計画の策定・実施及び教育予算拡充に関する意見書の提出について」を本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 議案を配付いたします。

          〔議案の配付〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第22号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) それでは、日程第28、「発議第22号次期定数改善計画の策定・実施及び教育予算拡充に関する意見書の提出について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 提案者の説明を求めます。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました発議第22号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 これは、学級編制や教職員定数に係る次期定数改善計画の策定・実施及び教育予算拡充を求めるものでございます。

 少人数学級を実施している学校では、「子供たちが落ち着いて学校生活を送ることができる」「子供たちがさまざまな活動に意欲的に取り組んでいる」「一人一人にきめ細かな指導ができる」といった保護者、教職員からの声が多く聞かれるところであります。

 しかし、2006年に成立したいわゆる行政改革推進法では、公立学校の教職員その他の職員の総数について、児童及び生徒の減少に見合う数を上回る数の純減をさせるため、必要な措置を講ずることとされており、また、OECDによる調査では、日本の公財政教育支出の対GDP比がデータが存在するOECD加盟国の中で最低レベルのままの3.4%となっております。さらに2008年に閣議決定された教育振興基本計画には、具体的な財政的保障や数値目標が盛り込まれないなど、教職員定数の改善や教育予算の増額は引き続き厳しい状況にあります。

 また、近年、連れ去り事件など学校や通学途中で子供たちが被害者となるさまざまな事件が発生しています。さらに学校の耐震化については、自治体間で格差が生じており、耐震補強対策を早急に図ることが必要となっております。

 その中、2009年4月から学校保健安全法が施行されておりますが、条件整備や人的配置等についての具体的な財政上の措置等、不十分な点があります。

 よって、山積する教育課題を解決し、未来を担う子供たち一人一人を大切にした教育を進めるため、国に対して、1つ目に、30人学級を柱にした義務教育諸学校及び高等学校次期定数改善計画を早急に策定し、実施すること。

 2つ目に、学級編制基準の引き下げや教育条件の整備のため、教育予算の充実を図ること。

 以上の2項目を実現されるよう強く求め、地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明といたします。何とぞよろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 発議第22号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから発議第22号を採決いたします。

 本件につきまして原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「発議第22号次期定数改善計画の策定・実施及び教育予算拡充に関する意見書の提出について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 なお、本意見書につきましては議長において処理いたしますので、御了承をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成21年請願第6号の上程、報告、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) 次に、日程第29、「平成21年請願第6号「保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充」を求める請願」を議題といたします。

 本件につきましては、去る17日の本会議におきまして、教育民生委員会に審査付託となっているものです。教育民生委員会の審査結果について、委員長の報告を求めます。

 28番、中山議員。



◆28番(中山裕司君) ただいま上程されました「平成21年請願第6号「保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充」を求める請願」につきまして、去る12月21日開会の委員会におきまして、慎重に審査を行いました結果、請願人の願意を妥当と認め、全会一致をもって採択すべしと決定いたしましたので、御報告申し上げます。

 本会議におきましても、よろしく御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) ただいまの報告に対しまして、御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 続いて、討論に入りますが、これまでのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから平成21年請願第6号を採決いたします。

 本件につきまして、教育民生委員会の報告のとおり採択することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「平成21年請願第6号「保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充」を求める請願」は、採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(長田朗君) お諮りいたします。

 ただいま、平成21年請願第6号が採択されたことにより、意見書提出の必要が生じましたので、「保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充に関する意見書の提出について」を本日の日程に追加し、日程順序を変更して直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 議案を配付いたさせます。

          〔議案の配付〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第23号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(長田朗君) それでは、日程第30、「発議第23号保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充に関する意見書の提出について」を議題といたします。

 議案の朗読を省略いたします。

 提案者の説明を求めます。

 9番、広議員。



◆9番(広耕太郎君) ただいま上程されました発議第23号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 これは、子供たちの就学・修学に関する保護者の負担の軽減と支援に関わる制度の拡充を求めるものでございます。

 我が国においては、年収200万円以下の労働者が1,000万人を超え、生活保護基準以下で暮らすいわゆるワーキングプアが増加するなど、経済や雇用情勢の悪化が子供たちの暮らしや学びにも大きな影響を与えております。また、保護者の収入の格差が教育格差につながるとの指摘もされているところであります。家庭の経済的な理由により、義務教育段階では就学援助の受給者がふえているところですが、自治体が行う就学援助制度は、国による補助金の廃止や地方財政の悪化などの影響により、全国的には対象となるための所得要件の引き上げや援助金額の引き下げが進行しています。また、奨学金制度及び授業料減免制度を活用して学ぶ高校生もふえていますが、給付制奨学金が整備されている諸外国に比べ、我が国では奨学金の多くが貸与制であり、厳しい雇用情勢の中で返済の見通しを持つことができず、進学そのものを断念する子供も出ているところです。家庭の所得の違いによって、子供たちの学力や進路などに影響が出ることのないよう、就学・修学を保障する制度の一層の充実が重要となっています。

 よって、すべての子供たちに学びの機会を保障し、教育に格差が生じないようにするため、国に対して、保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充を図ることを強く求め、地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明といたします。何とぞよろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(長田朗君) 質疑に入ります。

 御発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御発言もないようですので、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 発議第23号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは、討論を行います。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 討論なしと認めます。

 ただいまから発議第23号を採決いたします。

 本件につきまして原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(長田朗君) ありがとうございます。

 起立全員と認めます。

 よって、「発議第23号保護者負担の軽減と就学・修学支援に関わる制度の拡充に関する意見書の提出について」は、原案どおり可決確定いたしました。

 なお、本意見書につきましては議長において処理いたしますので、御了承をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第19号 伊勢市選挙管理委員会委員並びに同補充員の選挙について



○議長(長田朗君) 次に、日程第31、「発議第19号伊勢市選挙管理委員会委員並びに同補充員の選挙」を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によることとし、その指名は議長において行うことといたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

 それでは指名いたします。

 伊勢市選挙管理委員会委員として、船江1丁目、鈴木市郎さん、二見町溝口、森本保治さん、小俣町本町、西宮晴一さん、御薗町高向、伴野加代子さん。

 同補充員として、順位1位、二俣2丁目、繁野清美さん、順位2位、辻久留3丁目、西田均さん、順位3、勢田町、松下 裕さん、順位4、船江1丁目、藤本 亨さん。

 以上指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました各位をそれぞれ伊勢市選挙管理委員会委員並びに同補充員の当選者と決定いたしまして御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました各位がそれぞれ伊勢市選挙管理委員会委員並びに同補充員に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会の閉会中の継続審査・調査について



○議長(長田朗君) 次に、日程第32、「議会運営委員会の閉会中の継続審査・調査について」を議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会委員長から会議規則第102条の規定により、お手元に配付いたしました議会運営委員会閉会中継続審査・調査申出事件一覧表のとおり、閉会中の継続審査・調査の申し出があったものでございます。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査・調査とすることに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長田朗君) 御異議なしと認めます。

 そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(長田朗君) 以上で本議会定例会提出の全議案を議了しました。

 それでは、これをもって本日の会議を閉じ、市議会定例会を閉会いたします。

 なお、議長の手元に陳情が5件参っておりますので、印刷、配付いたしておきましたから御了承ください。

 御苦労さまでした。



△閉会 午後1時40分



 会議の顛末を録し、ここに署名する。

   平成21年12月22日

        伊勢市議会議長     長田 朗

        伊勢市議会議員     野崎隆太

        伊勢市議会議員     吉井詩子