議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 津市

平成14年12月定例会 発言通告一覧




平成14年12月定例会 − 発言通告一覧 − P.0 「発言通告一覧」








平成14年 12月 発言通告一覧表



          平成14年第4回津市議会定例会

            発言順位表

[会派代表質問]



順位
会派名
発言者
発言内容
発言予定時間


上程議案に対する質疑
市政一般に対する質問



新政会
岩本 勝


約 130分



公明党議員団
坪井年明


約 110分



日本共産党議員団
鈴木雅彦


約  70分



民主クラブ
佐藤肇子


約 120分



県都クラブ
山岡祥郎


約 100分



市民クラブ
小野欽市


約 130分



清津会
田中 守


約 100分









[個人質問]



順位
会派名
発言者
発言内容
発言予定時間


 
 
 
上程議案に対する質疑
市政一般に対する質問
 



清津会
小菅雅司
 

約  70分



県都クラブ
中村勝春
 

約  90分


10
日本共産党議員団
伊藤恵美子
 

約  60分



●会派別質問持ち時間

・県都クラブ(190分) ・新政会(130分) ・民主クラブ(130分)

・市民クラブ(150分) ・清津会(170分) ・日本共産党議員団(130分)

・公明党議員団(110分)







●発言者 (16番)岩本 勝



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第117号
津地区合併協議会の設置に関する協議について
1)これまでの合併とどこが違うのか
2)合併で、どんな町にするのかという議論が必要
3)合併基本4項目に対する考え方
4)母都市としての役割とは何か
5)第4次総合計画に及ぼす影響













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.分権型まちづくりについて
1)都市計画法改正と条例事項の拡大
2)開発指導要綱の条例化


2.入札制度について
1)制度改正の取り組み状況とその成果
2)丸投げの判断基準とは


3.中勢北部サイエンスシティ第1期事業戸建住宅地販売事業について
1)PR活動と販売状況
2)区画を個人・業者向けに分ける理由
3)第1期事業以降の事業計画
4)販売体制の強化


4.教育改革について
1)教育改革が不断に追求される理由は
2)教育内容の削減で学力の定着が図られるのか
3)「生活科」導入の成果はあがっているのか
4)学習指導要領が最低基準とはどういう意味か
5)校長任用特別選抜実施のねらいは何か


5.都ホテルの存続について
・小手先の策でなく思いきった発想を


6.介護保険について
1)支払能力によるサービス利用の階層化が進んでいないか
2)施設サービスに対する国の参酌標準は妥当なものか
3)介護保険事業計画策定にあたっては在宅介護中心への方向付けが必要である









●発言者 (3番)坪井年明



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第109号
津市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部の改正について
1)民間委託によるメリットとデメリットは
2)新たな課題とその対策は


◯議案第112号
津市センターパレスホールの設置及び管理に関する条例の一部の改正について


◯議案第113号
津市駐車場事業の設置等に関する条例の一部の改正について













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.北川知事、三選不出馬について
・県都の市長としての見解は


2.市町村合併について
1)任意協議会での課題と今後のスケジュールは
2)公明党県本部のアンケート調査から
 ?「行財政の効率的運営」と「行政サービスの向上」の推進を
 ?地域間格差を如何にして乗り越えるのか
 ?「まちづくり構想」策定や合併プロセスへの住民参画を
3)合併後の県行政との関係をどう考えるか・道州制への見解は
4)合併における準備金の確保は


3.行政評価システムについて
1)推進状況は
2)施策評価・政策評価の展開を
3)「まちづくり評価アンケート」等で市民満足度調査の実施を


4.中部国際空港の海上アクセスについて
1)県の支援ルートに対する市の姿勢は
2)海上アクセス拠点づくりの状況と今後の課題は


5.中心市街地の活性化について
1)津都ホテル存続の協議は
2)新商工会議所との連携強化を


6.介護保険について
1)保険料の見直し状況は
2)ケアマネージャーの適正な評価システム作りを
3)在宅介護支援センターの地域における役割は
4)施設入所の待機者解消の進展は
5)在宅介護サービスの充実を推進すべき


7.教育改革について
1)「特色ある学校づくり」をいかに進めていくのか
2)公募校長の選任状況は
3)学校評価システムの導入を


8.男女共同参画について
1)具体的な施策の展開は
2)「らしさ必要論」をどう考えるか


9.ミニ公募債について
1)資金調達の大きな手法であるがその見解は
2)公募債で市民の目線による事業整備を


10.一身田寺内町の振興について
1)寺内町歴史文化を宣揚する環境整備を
2)陶板の具体的な設置方法は


11.市民と行政の協働について
1)市民活動ネットワーク作りの現状は
2)市民活動団体に対する支援策は
3)市民との協働の方針作りを









●発言者 (2番)鈴木雅彦



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第117号
津地区合併協議会の設置に関する協議について
1)全国の圧倒的多数の法定協議会が多数の住民参加を規定しているのに、津地区の協議会が住民参加を求めない真意は何か。
2)住民説明会への市民参加は2年間で延べ1,500名(人口比0.9%)、説明責任を果たしたと言えない。法定協議会設置の前に制度や料金、暮らしがどう変わるのか、合併の是非についての判断材料を市民に示すのがスジではないか。
3)合併すると類似の自治体の中で、全国で最も財政力の弱い自治体になるが、行政サービスの水準は維持できると言い切れるか。
4)合併すると支所が廃止される懸念があるが、支所は維持できるか。
5)「住民投票」を求める市民の声に応えよ。
6)合併問題担当職員の過重労働の改善を求める。
   一人あたり月平均時間外勤務
           4月〜9月 42.5時間
          10月    78.0時間













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.2003年度予算編成に当たって税金の使い方を問う
1)税収増が見込めない不況のもとで、公共事業の見直しは時代の流れ。採算性に疑問のある海上アクセス事業の凍結を求める。
2)不良債権処理政策で追いつめられようとしている今こそ中小企業への支援が必要。短期間に実行できる小口の融資制度の創設と予算措置を求める。
3)高齢者が苦しんでいる現状は放置できない問題。福祉・医療・住宅・道路・街づくり等々、総合的な高齢者施策の検討と必要な予算措置を求める。
4)せめて就学児前までの医療費無料化と予算措置を求める。
5)学校の机・椅子の更新ペースを早めるよう予算措置を求める。


2.「正しい歴史教育に期待する」という市長答弁(7月議会)の真意を問う
1)「正しい歴史教育」とは何を指すのか。
2)市長は今の歴史教育の何に異を唱えるのか。


3.住民基本台帳への不正アクセス防止について
・住民基本台帳へのアクセスを記録するシステムの構築を求める。


4.市のホームページについて
・市民の立場に立って、ホームページの充実を求める。


5.通学路の交通安全対策
1)一身田団地東公園脇の横断歩道を利用する児童・生徒の通学の安全確保のため、路上駐車をせずに済むよう県営住宅の駐車場増設を県に求めよ。
2)夢が丘方面からの児童・生徒の通学路の安全確保のために、JR試験場踏切(一身田小学校南側)の遮断時間の短縮をJRと交渉せよ。


6.釘貫門の石橋欄干の左右不整合について
・釘貫門(高田本山山門前)石橋欄干のデザインの左右不整合を是正せよ









●発言者 (14番)佐藤肇子



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第107号
津市条例の整備に関する条例の制定について
・役割を終えた条例はそのつど見直すべきではないか













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.民主クラブが実施した市政アンケートから
1)子育て支援について
 ・ファミリーサポートセンターの設置を
2)新交通システム
 ・実施に向け具体的調査検討を
3)政策立案過程から市民参加できるよう、まず情報の提供を


2.介護保険の見直しについて
1)第1号被保険者の保険料改定について
 ・幅広すぎる第2段階、低収入の人の保険料軽減を
2)介護保険の当初目的どおり在宅介護を中心にするためには、制度のどこが問題とお考えか
3)ケアマネージャーの質の向上および中立性の確保へ努力を


3.障害者福祉サービスの支援費への移行について
1)準備状況と懸念されることは
2)サービスの量と質の確保ならびに費用分担は
3)生活支援センターの準備は


4.市町村合併について
1)合併後に備え、母都市としてスリムで効率的な行政システムの構築を
2)組織機構のあり方の議論を早めに


5.海上アクセスについて
・海に開かれたまちづくりの具体案づくりを


6.プラスチック類のリサイクルおよび障害者雇用について
1)プラスチック類リサイクルの見通しは
2)リサイクルセンターでの障害者雇用を


7.防災計画について
1)地震対策と水害対策に分けた計画を
2)職員の防災対応チェックリストの作成を


8.学校教育について
1)学習支援のため4月から実施された?小学校低学年における複数教員担当制導入?小学校高学年の教科担任制?教職志望の大学生による中学校数学の指導?津市出身者による「よき先輩・ふるさと学校訪問授業」の評価と課題ならびに次年度の対応は
2)学校長の民間任用について、民間校長に求めるものは何か。また、権限拡大の範囲は


9.今後の市営住宅のあり方について
1)管理を高齢・障害世帯と一般世帯に区分すべきではないか
2)高茶屋里の上住宅と新町住宅の建替えにあたっては、建設時から区分を
3)津市の住宅政策を


10.サイエンスシティの住宅用地について
1)売買状況は
手数料を負担しても宅建業者に斡旋を委託すべきでは


11.市役所庁舎内の分煙を
・非常に高い受動喫煙の害。職員や来庁する市民の健康のため、施設改善を









●発言者 (31番)山岡祥郎



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第117号
津地区合併協議会の設置に関する協議について
1)今後の主なスケジュールは
2)美杉村の正式加入時期と設置手続きの方法は
3)「まちづくり基本構想策定委員会」の答申時期の構成市町村数は
4)今後の委員会の設置の考え方と位置付け等の内容は













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


・津市の教育改革について
1)学力向上に向けた取り組み状況と2年目への課題について
 ?非常勤講師の活用と効果
 ?幼・小連携及び幼保一元化
 ?学力の評価
 ?特色ある学校づくり
2)新しいタイプの学校づくりの状況について
 ・公募による校長起用の主旨と今後の予定
3)国際理解教育の充実について
 ・英語教育の充実について
  ア)ALTの活用による子供たちの英語能力の育成
  イ)中学生の英語研修と英語教員の研修の充実









●発言者 (19番)小野欽市



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第117号
津地区合併協議会の設置に関する協議について
・新市建設計画に組み入れるべきものは何か、津市が母都市としてのリーダーシップを


◯議案第119号
平成14年度津市一般会計補正予算(第5号)について
歳出第4款 衛生費中津地区広域圏粗大ごみ処理施設組合負担金について
1)今、なぜ追加補正が必要なのか?
2)業者との契約行為は正常に執行されているのか?
3)人事の体制つくりの進捗は?


歳出第7款 商工費中商工業振興施設等建設補助金について
1)この補助金を有効に生かした方策はどのようなものか?
2)都ホテルの存続に向けた動き、その後
3)都ホテル・センターパレスを含めた活用策について


歳出第8款 土木費中道路新設改良費について
1)都市経計画道路の今後の具体的な整備計画は
2)御殿場海岸観光レクレエーション整備計画にある市道の改良工事の状況、今後の見通しは


◯議案第120号
平成14年度津市下道事業特別会計補正予算(第4号)歳出第2款 建設費中工事請負費に係わって
・新町西ポンプ場施設整備工事費について













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.救急救命士の業務と、市民の、業務に対する理解は
1)年間の救急業務の回数、内容は
2)救急搬送対象者の、業務に対する理解度は


2.二次救急医療体制事業の見直しを
1)平成13年3月議会における質疑以降の経過はいかがか
2)救急告知による二次救急医療の確保に行政はどのように関わりをもっているのか
3)いざという時の救急医療体制整備を求める


3.河芸・島崎町線の今後の展開について
1)主体となるべき県の態度について
2)今後、地区住民のとるべき対応策は


4.リサイクル資源回収活動支援事業について
・本年度で終了予定の事業、総括と今後の取り組みは


5.男女共同参画社会への取り組みを
1)理念の普及と、具体の施策を同時に展開すべき
2)新しい産業展開のために


6.教育に関わる諸点について
1)幼稚園、各小・中学校の管理職養成について
 ?南が丘小学校の新しい取り組みを生かすために
 ?経験、年齢だけが決め手にはならない
2)校長会のあり方、現状のままでいいのか
 ?小学校、中学校の区分けだけで地域との連携を図る方策が見出せるか
 ?広域人事交流の実を生かすために、校長間の競争と、相互指導の体制の検討を









●発言者 (27番)田中 守



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


◯議案第117号
津地区合併協議会の設置に関する協議について
1)不均一課税をすることができる税目は考えられるか
2)使用料手数料が地域によって異なる料金設定となるようなものは考えれるか
3)公共サービスの提供が地域によって異なるようなことになるものは考えられるか
4)地域審議会に対する考え方は


◯議案第119号
平成14年度津市一般会計補正予算(第5号)(款)商工費中 負担金・補助金及び交付金
1)総合計画の目標別計画は手続きなしに内容が変わっても良いのか
2)まちづくりの目標に合致した施設か
3)市町村合併を見越した施設か
4)補助金は市民に還元される面があるのか













市政一般に対する質問


質問事項
要旨


・高校入学選抜に「目標に準拠した評価(絶対評価)」が用いられることに関して
1)調査書に記載される評定の公平性について
 ?全生徒を公平公正に評価する客観的な方法が確立しているのか
 ?他市町村との間においても同水準で評価できるのか
2)中学校における学校評議員の評議事項について
 ?これまでの評議事項とその概要は
 ?絶対評価に関して意見を求めたことはあるのか









●発言者 (17番)小菅雅司



市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.中心市街地の活性化について
1)都ホテル撤退問題について
2)津市中心市街地活性化基本計画(第2次改訂)について


2.海上アクセスの開港について
1)開港までのスケジュールについて
2)海上アクセスルートの県支援問題について


3.観光政策について
1)津の観光資源の整備について
2)津駅に観光案内所の設置を
3)津の歴史がひとめでわかるガイダンス施設について


4.つつじ号について
・平成16年度以降のつつじ号の活用について


5.障害者雇用について
・障害者雇用努力企業から優先的に物品を調達する制度の創設を


6.身体障害者補助犬法について
・補助犬の社会的認知について









●発言者 (25番)中村勝春



市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.旧三重県運転免許試験場跡地の施設計画について
1)地区自治会連合会が実施した跡地利用のアンケート結果について
2)現状における施設計画は


2.環境問題について
1)不法投棄対策について
 ?不法投棄の現状は
 ?今後、不法投棄の対策としてどのように進めるのか
2)食品リサイクル法について
 ?現在の取り組みについて
 ?今後の取り組みはどのように進めるのか
3)し尿処理問題について
 ?許可業者への対応は
 ?ごみ収集の民間委託は


3.公用車の安全運転管理について
1)市管理の車両の台数と、ここ数年間の事故の発生件数について
2)交通安全対策はどのようにしているのか
3)昼間点灯による安全対策について


4.里の上等市営住宅について
1)老朽化が進んでいるが、建替計画は考えているか
2)団地南側の擁壁が高く崩壊する恐れあり早急な対応を


5.子育て支援策について
1)取り組んでいる子育て支援策の状況
2)安心して預けられる保育所の現状について
3)国が示している少子化対策プラスワンの内容について


6.災害時の避難所と一時立ち退き場所の設置について
1)避難所が市管理施設が中心であり地域によっては片寄っている
2)一時立ち退き場所の拡大と、住民への周知の徹底について
3)避難所と一時立ち退き場所の看板の設置について


7.学校体育施設利用規則について
1)規則と現状と異なっているが状況を把握しているか
2)利用が少ない地域があるが管理指導員との委託上での問題か









●発言者 (1番)伊藤恵美子



市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.介護保険制度の充実を重ねて求める
1)特養ホームの待機者が、896人という深刻な事態にいたって、施設の増設は最優先課題で取り組むべきでは
2)保険料の算定の見直しに当たって
 ?深刻さを増す不況のなかで、これ以上生活を圧迫する保険料の引き上げは見合わせるべき
 ?第一、第二段階については、保険料の引き上げを
3)利用料について
 ・第一、第二段階のすべての利用者の在宅介護サービスの利用料を3%に


2.高齢者が安心して暮らせる住宅の確保を
1)市営住宅の高層階から低層階への入居替えの緩和措置を
 ・介助を必要とする高齢者の入居替えの申請にタイムリーにこたえられるように改善を
2)高齢者向け住宅の建設を
  (既存住宅の改良も含めて)
3)民設公営(民間住宅の借り上げ方式)の採用に向けて本格的な検討を


3.経済状況に直撃され、生活がいっそう困難になっている母子家庭への支援の強化を
1)児童扶養手当削減にともない新たに創設された「特例児童扶養資金」の周知徹底を
2)母子寡婦福祉資金制度を活用しやすくするために
 ?利子補給据え置き期間の延長など、返済条件の緩和措置を
3)雇用への支援策を
 ・母子家庭の母を雇用した事業主への助成制度(特定求職困難者雇用開発助成金制度)の周知など、企業者への雇用促進の協力依頼を


4.津駅前北部土地区画整理事業について
1)60人に及ぶ異議申し立て者への対応について
 ・県への弁明書は、津市として誠意を示す内容といえるのか
2)家屋取り壊し計画について
 ?家屋調査は間に合うのか
 ?異議申し立て者へは、どのように対応されるのか
3)建物補償について
 ・地権者が「検証」できるように補償額の算出根拠を示すべきではないか


5.御殿場海岸堤防の車両の不法投棄対策について
1)9月議会で指摘した不法投棄車両撤去の見通しは
2)抜本的な解決策の障害となっている「県条例」の見直しが必要ではないか
3)御殿場荘北側市有地の不法投棄車両(15台)の対策も同時進行で