議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 津市

平成14年  9月 定例会(第3回) 09月09日−01号




平成14年  9月 定例会(第3回) − 09月09日−01号 − P.0 「(名簿)」








平成14年  9月 定例会(第3回)



       平成14年第3回津市議会定例会会議録(第1号)

       平成14年9月9日(月曜日)午前10時開議

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎市長(近藤康雄君) 皆さん、おはようございます。

 招集にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 きょうは市議会定例会を招集させていただきました。

 議員の皆様方には、何かと御多用の中、御参集をいただきまして厚くお礼を申し上げます。

 先日は南立誠小学校におきまして、市民総ぐるみ防災訓練を実施をいたしました。議員の皆様方を初め、多くの市民、地域の方に御参加をいただきましてありがとうございました。この夏、雨量が平年に比べて約半分、大変少なくまた暑うございます。9月になりますと、今度は大雨の心配かもしれません。しかし訓練から得ましたことを防災行政に反映しつつ、災害に的確に対応してまいりたいと考えておりますので、議員の皆様方にもよろしく御指導のほどをお願いを申し上げます。

 さて、本定例会におきまして御審議いただきます案件は、専決処分の報告1件、条例の制定を初めといたします議案12件でございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 以上、招集に当たりましてのごあいさつといたします。どうかよろしくお願いいたします。



○議長(梅崎保昭君) おはようございます。9月定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様方におかれましては、何かと御多用の中、御参集を賜りまして厚くお礼申し上げます。

 去る9月1日には先ほどもお話しがございましたように、多くの市民の皆様方が参加される中で、市民総ぐるみ総合防災訓練が実施されましたけれども、先月、国においては東海地震による被害想定が公表されたところでもあり、日ごろから防災意識を持つことの重要性をますます実感したところであります。

 9月とは言いますものの、日中はまだまだ暑く、体調を崩しやすい季節の変わり目でもございますので、体調には十分御留意をいただきまして、今定例会を乗り切っていただきたいと思います。

 さて、本定例会に提出されます案件は、先ほどの市長さんのごあいさつにもございましたとおり報告1件、議案12件でございます。また追加議案もあるように聞き及んでおります。

 いずれも重要な案件でございますので、何とぞ慎重なる御審議を賜りまして、適切妥当な結論が得られますようお願い申し上げますとともに、議事運営につきましては格別の御協力をお願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますが、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          議事日程(第1号)

第1 会議録署名議員の指名

第2 諸般の報告

第3 会期の決定

第4 提出議案の上程−議案説明

 報告第27号 専決処分の報告について

 議案第93号 津市一身田寺内町の館の設置及び管理に関する条例の制定について

 議案第94号 津市情報公開条例の一部の改正について

 議案第95号 津市国民年金印紙購入基金の設置及び管理に関する条例の廃止について

 議案第96号 津市市税条例の一部の改正について

 議案第97号 津市国民健康保険条例の一部の改正について

 議案第98号 津市福祉医療費等の助成に関する条例の一部の改正について

 議案第99号 財産の購入について

 議案第100号 平成14年度津市一般会計補正予算(第4号)

 議案第101号 平成14年度津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 議案第102号 平成14年度津市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第103号 平成14年度津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第104号 平成14年度津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          会議に出欠席の議員

出席議員

      1番 伊藤恵美子君      2番 鈴木雅彦君

      3番 坪井年明君       4番 梅崎保昭君

      5番 竹沢陽一君       6番 村田彰久君

      7番 前田勝彦君       8番 藤井弘二君

      9番 岡村 武君       10番 竹田 治君

      11番 豊田光治君       12番 橋村清悟君

      13番 田中勝博君       14番 佐藤肇子君

      15番 安藤之則君       16番 岩本 勝君

      17番 小菅雅司君       18番 小林賢司君

      19番 小野欽市君       20番 日野 昭君

      21番 大西禧夫君       22番 岡 幸男君

      23番 田矢修介君       24番 田端隆登君

      25番 中村勝春君       26番 田村宗博君

      27番 田中 守君       28番 川瀬利夫君

      29番 井ノ口昭太郎君     30番 稲守久生君

      31番 山岡祥郎君       32番 川崎正次君

      33番 中川隆幸君       34番  欠員

欠席議員

      なし

          会議に出席した説明員

   市長                        近藤康雄君

   助役                        高橋広幸君

   収入役                       河合安雄君

   市長公室        市長公室長         小河俊昭君

               市長村合併担当理事     米澤和郎君

               IT担当理事        山田耕作君

               検査担当理事        谷本光敏君

               市長公室次長        大市正志君

   サイエンスシティ推進部 サイエンスシティ推進部長  村田佳美君

               サイエンスシティ推進次長  黒宮英二君

   財務部         財務部長          稲垣武年君

               財務部次長         吉岡泰三君

   市民生活部       市民生活部長        青木 淳君

               人権担当理事        澤田信之君

               市民生活部次長       正次幸雄君

   環境部         環境部長          北岡万睦君

               環境部次長         佐藤良克君

   福祉保健部       福祉保健部長        小菅賢造君

               福祉保健部次長       吉川 淨君

   産業労働部       産業労働部長        坂口賢次君

               産業労働部次長       野田俊和君

   競艇事業部       競艇事業部長        糸川洪司君

               競艇事業部次長       三井征一君

   都市計画部       都市計画部長        木村 正君

               港湾・海上アクセス担当理事 錦 金則君

               都市計画部次長       西田 豊君

   建設部         建設部長          後藤 巧君

               建設部次長         亀井美明君

   下水道部        下水道部長         草深昭一君

               下水道部次長        平井秀次君

   消防本部        消防長           上村 仁君

               消防次長          濱口幸春君

   収入役室        副収入役          小柴淳治君

   三重短期大学      三重短期大学学長      雨宮照雄君

               三重短期大学事務局長    眞弓純一君

   水道局         水道事業管理者       平松利幸君

               水道事業担当理事      曽我清和君

   教育委員会       教育委員          畑地 晃君

               教育長           田中 彌君

               教育次長          宮武新次郎君

               教育総務課長        小柴勝子君

   選挙管理委員会     委員長           大橋達郎君

               選挙担当理事        岡山彰一君

   監査委員        監査委員          岡部高樹君

               監査担当理事        森 茂樹君

          職務のため出席した事務局職員

   局長       野田武義君   次長兼議事課長  野崎精一君

   議事調査担当主幹 蟻戸正裕君   主事       瀧 宣彦君

   主事       浜田耕二君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(梅崎保昭君) ただいまから、平成14年第3回津市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 これより日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員につきましては、会議規則の定めにより、3番坪井年明さん、19番小野欽市さんを御指名いたします。

 日程第2、諸般の報告を行います。今期定例会に議事説明員の出席を要求いたしましたところ、お手元に配付いたしましたとおり、通知に接しましたので、御了承をお願いいたします。

 次に、監査当局から、お手元に配付いたしましたとおり、監査報告がなされておりますので、ごらんおき願います。

 続いて、日程第3、会期についてお諮りいたします。

 今期定例会の会期を本日から9月30日までの22日間と定めたいと存じます。

 御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梅崎保昭君) 御異議なきものと認め、本日から9月30日までの22日間と定めます。

 日程第4、当局から提出の報告第27号並びに議案第93号から第104号に至る各案を一括上程議題に供したいと存じます。

 御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梅崎保昭君) 御異議なきものと認め、報告第27号並びに議案第93号から第104号に至る各案を一括上程議題に供します。

 なお、議事の進行上、事務局長の議案朗読は省略いたしますが、会議録にはこれをとどめます。

 引き続き、市長から上程議案に対する説明を求めます。

     〔市長 近藤康雄君 登壇〕



◎市長(近藤康雄君) ただいま上程になりました報告第27号及び議案第93号から第104号までを一括御説明申し上げます。

 報告第27号専決処分の報告につきましては、工事請負契約の一部の変更で、平成13年度公下補第10号船頭排水区雨水幹線築造工事におきまして、試掘調査を行ったところ、地層が砂質層で掘削面の崩壊が予想されるため、ウエルポイント工法の増工等により、契約金額を207万6,967円増額し、2億2,845万6,967円に変更したものであります。

 議案第93号津市一身田寺内町の館の設置及び管理に関する条例の制定につきましては、一身田地域の文化財の活用等を図るとともに、住民による交流の場として供し、地域社会の発展の促進を図るため、当該施設を設置しようとするもので、その名称を津市一身田寺内町の館とし、使用料その他必要な事項を定めようとするものであります。

 施行期日といたしましては、平成14年11月9日からとするものでありますが、会議施設を施行日から使用できるよう、使用許可等については同年10月9日から施行しようとするものであります。

 議案第94号津市情報公開条例の一部の改正につきましては、独立行政法人等の情報公開について、行政機関の保有する情報の公開に関する法律の一部改正が施行されたことから、本市においても独立行政法人等を国に準ずるものとして取り扱うこととし、不開示情報の規定など所要の改正をしようとするもので、平成14年10月1日から施行しようとするものであります。

 議案第95号津市国民年金印紙購入基金の設置及び管理に関する条例の廃止につきましては、地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、国民年金印紙による納付が廃止されるとともに、国民年金保険料の徴収事務が国の直接執行となったことから、当該条例を廃止しようとするものであります。

 議案第96号津市市税条例の一部の改正につきましては、地方税法の一部改正に伴い、所要の改正をしようとするものであります。

 主な改正の内容を申し上げますと、固定資産課税台帳の閲覧及び証明書交付の手数料については、これまで津市手数料徴収条例に基づき徴収しているところでありますが、法制化されましたことから、津市市税条例に定めようとするものであります。

 次に、個人の市民税の課税の特例でありますが、納税義務者が所有期間1年を超える上場株式等を譲渡した場合に、その譲渡所得金額から100万円を控除できる特例期間を平成17年12月31日までに延長しようとするものであります。また、上場株式等の譲渡所得等に係る市民税の所得割の額について、課税譲渡所得等の金額の100分の4に相当する金額を100分の3.4に相当する金額に改正し、平成16年度から平成18年度までに限り、所有期間1年を超える上場株式等を譲渡した場合には、課税譲渡所得等の金額の100分の2に相当する額にしようとするものであります。

 次に、市民税の申告等について、証券会社において、特定口座を有する者について、上場株式等取引報告書を提出することにより、納税義務者が申告書を提出することを不要とする特例等を定めようとするものであります。また、譲渡所得等に係る譲渡損失の金額について、損失が生じた年の翌年以後3年間繰越控除できることとしようとするものであります。

 なお、施行期日については、固定資産税に係る改正部分については平成15年4月1日から、個人の市民税の課税の特例に係る部分については平成15年1月1日から、その他地方税法の改正に伴う所要の改正について公布の日から施行しようとするものであります。

 議案第97号津市国民健康保険条例の一部の改正につきましては、医療保険制度の改革による国民健康保険法等の改正に伴い、所要の改正をしようとするものであります。

 主な改正の内容を申し上げますと、療養の給付を受ける被保険者が医療機関等に支払う一部負担金の割合について、3歳未満の乳幼児は10分の2に改正し、老人保健法の改正による老人医療受給対象者の年齢が引き上げられたことに伴い、一部負担金の負担区分を追加し、70歳以上の方は10分の1に、一定以上の所得を有する70歳以上の方は負担割合を10分の2としようとするもので、その他条文の整備を行い、平成14年10月1日から施行しようとするものであります。

 議案第98号津市福祉医療費等の助成に関する条例の一部の改正につきましては、68歳・69歳の方への福祉医療費の助成について現行のとおりとするため、対象者の定義について、老人保健法等の改正に伴う所要の改正をしようとするもので、平成14年10月1日から施行しようとするものであります。

 議案第99号財産の購入につきましては、高規格救急自動車1台を購入しようとするもので、去る7月26日に条件付一般競争入札を行い、三重トヨタ自動車株式会社津桜橋店から2,834万7,900円で購入しようとするものであります。

 議案第100号平成14年度津市一般会計補正予算(第4号)は、歳入歳出予算、継続費及び債務負担行為について補正しようとするものであります。

 まず、歳入歳出予算につきましては、歳入歳出それぞれ9億339万9,000円を計上し、補正後の予算総額は、495億1,853万7,000円となるものであります。

 歳出から款の順序に従いまして御説明申し上げます。

 第2款総務費は、5億9,260万円の計上で、財政調整基金積立金これは、海上アクセス積立金でありますが及び過年度市税還付金等であります。

 第3款民生費は、7,668万円の計上で、過年度国県支出金返還金及び公立保育所臨時職員賃金等であります。

 第4款衛生費は、4,714万7,000円の計上で、合併処理浄化槽設置整備事業補助金、住宅用太陽光発電システム設置事業補助金及び環境事業課事務所棟施設改修工事費等であります。

 第6款農林水産業費は、288万3,000円の計上で、農業生産総合対策事業推進費補助金等であります。

 第7款商工費は、212万1,000円の計上で、郷土芸能資料館等施設整備等事業補助金等であります。

 第8款土木費は、1億5,106万4,000円の計上で、土地区画整理事業特別会計繰出金等であります。

 第10款教育費は、3,090万4,000円の計上で、公民館施設整備工事費及び国指定文化財修理事業補助金等であります。

 次に、歳入について御説明申し上げます。

 第12款使用料及び手数料は、1万5,000円の計上で、(仮称)津市一身田寺内町の館使用料であります。

 第13款国庫支出金は、541万6,000円の計上で、合併処理浄化槽設置整備事業費補助金であります。

 第14款県支出金は、2,756万2,000円の計上で、精神障害者小規模通所授産施設運営費補助金及び住宅用太陽光発電システム普及支援事業費補助金等であります。

 第16款寄附金は、5億円の計上で、海上アクセス事業寄附金であります。

 第17款繰入金は、600万円の計上で、国民年金印紙購入基金繰入金であります。

 第18款繰越金は、前年度繰越金で、3億4,642万円の計上であります。

 第19款諸収入は、1,798万6,000円の計上で、一般廃棄物処理受託事業収入等であります。

 次に、継続費に補正は、栗真町屋都市下水路築造事業につきまして、契約実績により総額及び年割額をそれぞれ変更しようとするものであります。

 債務負担行為の補正は、ダイオキシン類調査業務委託について、期間及び限度額を定めようとするものであります。

 議案第101号平成14年度津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、歳入歳出予算について補正しようとするもので、歳入歳出それぞれ36万4,000円を計上し、補正後の予算総額は、84億2,939万9,000円となるものであります。

 歳出は、訴訟業務委託料等であります。

 歳入は、一般会計繰入金であります。

 議案第102号平成14年度津市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算及び地方債について補正しようとするものであります。

 まず、歳入歳出予算につきましては、歳入歳出それぞれ1億5,330万円を計上し、補正後の予算総額は、7億5,072万5,000円となるものであります。

 歳出は、土地区画整理に伴う補償費等の計上、歳入は一般会計繰入金等であります。

 次に、地方債の補正は、土地区画整理事業債の変更を行うものであります。

 議案第103号平成14年度津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算について補正しようとするもので、歳入歳出それぞれ17万9,000円を計上し、補正後の予算総額は、3,583万4,000円となるものであります。

 歳出は、使用料収納関係の印刷製本費の計上、歳入は、農業集落排水処理施設使用料の計上と一般会計繰入金減であります。

 議案第104号平成14年度津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算について補正しようとするもので、歳入歳出それぞれ4,331万1,000円を計上し、補正後の予算総額は、68億9,264万2,000円となるものであります。

 歳出は、過年度介護給付費国県負担金返還金等の計上、歳入は前年度繰越金等であります。

 以上で、上程議案に対する説明をおわります。

 よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(梅崎保昭君) 以上で説明は終わりました。

 本日はこれにて会議をとどめます。

 明10日から17日までは、議案精読のため会議を開かないことにいたします。

 9月18日の日程は、上程議案に対する質疑と市政一般質問であります。

 本日はこれをもって散会いたします。

     10時22分 散会