議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 津市

平成 5年  6月 定例会(第2回) 06月21日−03号




平成 5年  6月 定例会(第2回) − 06月21日−03号 − P.0 「(名簿)」








平成 5年  6月 定例会(第2回)



           平成5年第2回津市議会定例会会議録(第3号)

           平成5年6月21日(月曜日)午前10時開議

             議事日程(第3号)

第1 上程議案に対する質疑並びに市政一般質問

 報告第15号 専決処分の報告について

 報告第16号 専決処分の報告について

 報告第17号 専決処分の報告について

 報告第18号 専決処分の報告について

 報告第19号 平成4年度津市継続費繰越計算書について

 報告第20号 平成4年度津市繰越明許費繰越計算書について

 議案第58号 津市伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関する条例の制定について

 議案第59号 津市職員の勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部の改正について

 議案第60号 工事請負契約について

 議案第61号 財産の購入について

 議案第62号 財産の購入について

 議案第63号 平成5年度津市一般会計補正予算(第1号)

 議案第64号 平成5年度津市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第65号 平成5年度津市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             会議に出欠席の議員

 出席議員

    1番 竹田 治君       2番 若林泰弘君

    3番 佐藤岑夫君       4番 竹沢陽一君

    5番 阿部健一君       6番 梅崎保昭君

    7番 中村 治君       8番 大西禧夫君

    9番 篠田耕一君      10番 岡野恵美君

   11番 駒田拓一君      12番 小林賢司君

   13番 田村宗博君      14番 小倉昌行君

   15番 中川隆幸君      16番 西川 実君

   17番 佐藤肇子君      18番 岡本文男君

   19番 川瀬利夫君      20番 日野 昭君

   21番 吉田 修君      22番 岩本 勝君

   23番 西浦澄夫君      24番 安藤之則君

   25番 北野 薫君      26番 伊藤 昭君

   27番 山岡祥郎君      28番 小林 弘君

   29番 井ノ口昭太郎君    30番 山舗公義君

   31番 稲守久生君      32番 森 錦一君

   33番 田中 巧君      34番 小田新一郎君

   35番 川合 務君      36番 岡部栄樹君

 欠席議員

   なし

             会議に出席した説明員

   市長                         岡村初博君

   助役                         近藤康雄君

   収入役                        松下憲夫君

   市長公室        市長公室長          森 貞夫君

               企画調整課長         宮武新次郎君

   プロジェクト推進部   プロジェクト推進部長     藤波津三君

               プロジェクト推進部次長

                              森 恒利君

               兼プロジェクト推進課長

   総務部         総務部長           宇田川和風君

               総務課長           糸川洪司君

   財務部         財務部長           大河内徳松君

               財務部次長兼財政課長     西口清二君

   市民部         市民部長           家城隆一君

               市民対話課長         三井征一君

   環境部         環境管理課長         伊藤和佳君

   福祉保健部       福祉保健部長         澤田信之君

               福祉管理課長         川村麒一郎君

   同和対策室       同和対策室長         中山邦彦君

   産業労働部       産業労働部長         片岡次夫君

               労政監兼商工課長       小柴淳治君

   競艇事業部       競艇事業部長         岡部高樹君

               競艇事業部次長

                              森 茂樹君

               兼管理課長

   検査室         検査室長           濱口文吉君

   都市計画部       都市計画部長         小河俊昭君

               都市計画管理課長       木村 正君

   建設事業部       建設事業部長         錦 金則君

               街路公園課長         加藤博敏君

   下水道部        下水道部長          福森 操君

               業務課長           奥山直猛君

   消防本部        消防長            奥田 久君

               防災調整担当参事

                              大杉忠司君

               兼消防本部次長

   収入役室        参事兼副収入役        別所正継君

   三重短期大学      三重短期大学学長       丹羽友三郎君

               三重短期大学事務局長     野田武義君

   水道局         水道事業管理者        河合安雄君

               水道局次長兼総務課長     米澤和郎君

   教育委員会       教育委員長          鈴木秀昭君

               教育長            荒木 務君

               教育次長           伊東武年君

               管理課長           谷中 憲君

   監査委員                       鈴木 有君

               監査事務局長         坂口賢次君

             職務のため出席した事務局職員

   事務局長   平松利幸君       事務局次長   岡山彰一君

   議事課長   大西一治君       調査課長    豊田精一郎君

   主査     中村研二君       主査      工藤伸久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(稲守久生君) 休会前に引き続きただいまより本日の会議を開きます。

 直ちに日程に入ります。

 通告順による総体質問を続行いたします。13番 田村宗博君。

         〔13番 田村宗博君 登壇〕



◆13番(田村宗博君) 皆様方おはようございます。私は清津会を代表いたしまして御質問をさせていただきます。よろしくお願いいたします。早速質問に入らせていただきます。

 議案第58号津市伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関する条例の制定についてでございます。その公共性、将来性を見据えた施設として、このヘリポートの持つ意義は大きいものがあると思っております。いよいよ運用を開始されるわけでございますが、そこで具体的に収支の見通しについて御質問いたします。バブル崩壊、円高問題等々で大変厳しい経済状況下の今日、よほど慎重に知恵を絞り、効率的かつ積極的に努力する姿勢が重要と考えますが、2月ごろにお示しになりました収支予測についてどのようにお考えでございましょうか。また、将来的なことも含めて御見解をお伺いいたします。

 2点目といたしまして、第14条にあります夜間照明についてでございますが、機種の大小にかかわらず使用料を設定すべきと思うが、どのようでございますか。同時に、私たちは使用料自体が非常に安いというイメージを持ちますが、どのようにお考えでございましょうか。

 次、議案第63号についてでございます。中勢北部サイエンスシティ構想第1期事業計画に係る調査委託料についてでございます。本来、この種の費用は事業主体が負担すべきものと考えられます。事業主体が特定できない現在、事業に対する事前の支出等は、独立会計的な処理をすることが将来の収支決算をより明確にし、ひいてはこの大事業を円滑にさせる基本ではないかと考えますが、今回は本市財政で負担となっております。

 では御質問いたします。その負担のあり方についてどう考えてみえますか。2点目、河芸町に位置する地域も含まれると思いますが、その費用分担はどのようにされるおつもりでございましょうか。

 これより一般質問に入らせていただきます。

 拠点都市指定についてでございます。指定を受けて日数もたちまして、整理も進んだことと存じます。そこでお尋ねをいたします。基本計画で考えてみえる事業は何を考えてみえますか。具体的にお示しください。また、その進みぐあいは現在いかほどでございましょうか。

 2点目、事業計画推進のために一部事務組合をつくるとの答弁が初日にあったと思います。その中で、拠出金も必要と言われましたが、その額はどれほどを予定してみえますか。全体の額、県の負担額、本市の負担額を教えてください。また、その額は相当の金額になると思いますが、その予算づけはどのようにされる御予定でございますか。

 中勢北部サイエンスシティ構想についてでございます。基本計画事業の中で一番進んでおり、本市として最重点事業と位置づけてみえると思います。この構想について、過日の質問と重なるところは、その答弁を踏まえて、また違った観点から御質問をさせていただきます。公社方式と公団方式の分担等はわかりましたが、では、その方式それぞれのメリット、またデメリットがあればお教えいただきたいと思います。

 2点目、円滑化調査の結果、また現在の社会状況、経済状況等、非常に厳しい状況下での事業推進であります。つくるよりも売る難しさを考えた場合に、売るための組織づくりがより重要かと思いますが、どのように取り組んでみえますか。

 着手から計画終了までを考えますと、私でも取り決めておかなければならない諸問題が種々考えられるわけでございますが、今回は一つだけお聞きいたしておきます。完成された時点において、河芸町さんとの行政界が残るわけでございますが、その対処はどのようにされるおつもりでございましょうか。

 次、ごみ問題について。過日の竹田議員の御質問で理解をしたところは省きます。

 まず、全国市長会で提言された中に、ごみ収集有料化を進めるという部分があったと思いますが、清津会といたしまして、有料化をという意見を言わせてもらった経過もございます。

 御質問させていただきます。本市としては有料化に向けて検討してみえますか。2点目、資源ごみ回収補助金制度は双方に相当にメリットが大きい施策だ、こう考えるわけでございますが、より一層推し進めるために、補助金の増額をお考えですか。

 全県域下水道化構想について、県が4年度事業といたしまして、全県域下水道化構想を策定して発表しましたが、各市町村から出されました整備手法の原案を県の整備部会で協議調整してまとめたと新聞に載っておりました。これについて質問させていただきます。

 この構想を少し御説明を願いたいと思います。

 また、この中には普及率100%までに40年とありますか、本市は40年で可能なのでございましょうか、お尋ねをしておきます。

 津インター周辺の開発についてでございます。私たち農家の側から見ますと、この地域は耕地整理がされ、中勢用水の受益地になり、また湛水防除計画等でようやく整備された水田になったときであります。そのような中で、産業振興センターのオープン、また中勢バイパスの一部開通も二、三年後かと想像されます。調整区域とは相反することがメジロ押しでございます。過去の議会等で何度も論議されたことではございますが、あえて地元議員として質問をさせていただきます。

 この地区の将来について、どのような計画を、また案をお持ちでございましょうか、お尋ねをしておきます。

 総合文化センターについて。巨大な施設が着々と建設されて、その形が私たち素人にも理解できるようになってまいりました。これが津市に建設されたことにより、津市の発展に大いに寄与することと期待をするものでございます。

 御質問いたします。新総合文化センターの建設に伴い、津市が当センター用の駐車場用地を確保し、利用できる状態に整備する必要があると聞き及んでおるところでございますが、これにつきましてその後どのようになったかお尋ねをしておきたいと思います。

 地域間交流について。4年の9月議会において、当会派の西川議員が、北海道上富良野町との交流を提言させていただいたところ、その方向で検討するとの御返答があったように思います。安東納所町の方々で、自分の地区出身の方々の努力で、今の上富良野町があるということに誇りを持っております。ぜひ自分たちも参加させてほしいというようなことも聞かせていただいております。いわゆる市民参加型を望む声といいますか、私といたしましても、なるべく早い時期に実現できればと思うのでございますが、経過、また今後の方針等をお聞かせいただきたいと思います。

 新農政プランについて。農業、特に水田稲作農業の環境は、説明させていただく必要がないほどよく御存じのことと思います。そのような中、平成4年6月に新農政プランなるものが発表され、また本年度から水田営農活性化対策事業が実施される運びとなっておりますが、私たち農家にとりましては、新農政プランにつきましては、アウトラインとしては理解できるのでありますが、現実問題になりますと非常に難しい問題があるのでございます。俗に言います総論賛成、各論反対といいますか。そこで本市担当部といたしましては、これらをどのように受けとめてみえるのか、御見解をお聞かせいただきたいと思います。

 続きまして、公園整備、調整区域に広場をということでございます。偕楽公園、お城公園、それらともにでございますが、見通しも悪く、イメージ的に非常に暗い公園になってしまっております。女性の方々など、夜は端を通るのも危険を感じるような公園になっている、こう思うのは私一人ではないのではないか、かように思います。

 御質問をさせていただきます。明るい安心して行ける公園にイメージチェンジをする計画はございませんか。

 次に、私は市街化調整区域に住んでおります。いわゆる農村部でありますが、なぜか私たちのところには公園は一つもございません。いや、公園のようなぜいたくなものでなくても、子供たちが遊ぶ広場すらないのであります。新しい教育長が見えますが、基本的な考え方は変わらないと思いますので、あえて教育長にお尋ねはいたしませんが、前田岡教育長の話の中にも、学校5日制に絡んで、外で年の差を越えて伸び伸びと遊ぶ場所も必要ではないかという話も数回聞かせていただいておるわけでございます。教育的な見地からも必要なことは事実でございます。

 御質問いたします。子供が安心して遊べ、また住民のコミュニケーションが図れる少しのスペースでも結構でございます。広場をつくっていただくことはできませんか、お尋ねいたしておきます。

 最後に、産業振興センターのオープンに向けて。いろいろと物議を醸し出したことだろうと思われますが、地元住民の方々の御理解、御協力によりまして、また関係各位の御努力によりまして、めでたく夏に、8月19日と聞いておるわけでございますが、開館の運びになっておるそうでございます。私も心より喜んでおる一人でございます。さぞかし津市、また三重県の産業界の発展に大きく寄与してくれることと期待をしております。

 質問させていただきます。工事の進みぐあいはいかがでしょうか。また、地元の住民の方々との問題はございませんか。利用予約の状況はどのようなものてすか。わかれば、業種、日数、日程といいますか、等を教えていただきたいと思います。また、その施設の利用増進を図るために、どのような努力をされているのですか。他県の同様施設の利用状況はどうでございましょうか。もう一点、愛称を募集しておるというふうなことも聞かしていただいておりますが、現在どのように進んでみえるのでございましょうか、お聞かせをいただきたいと思います。

 以上をもちまして壇上よりの質問を終わらせていただきます。(拍手)



○議長(稲守久生君) 当局の答弁を求めます。

         〔市長 岡村初博君 登壇〕



◎市長(岡村初博君) 今回、議案第58号で提案をさしていただきました伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関する条例の制定については、大変重要な課題でもありますし、今日まで多額の費用もかけてきておるわけでございますし、したがいまして、ヘリポートの管理運営等につきましては、十分私ども配慮し、努力し、最大限の経営努力をしていかなきゃならん、かように基本的に考えております。

 現在の状況の中におきましては、収支の見通しというような御質問でございますけれども、公共性も高いものになろうかと思いますので、そう大きく収入は期待できないと思いますけれども、管理委託料等がいわゆる大半になるわけでございまして、その財源の一部としてヘリポートの使用料収入を充てる、このようになろうかと思っております。

 しかし、公共施設であるという建前から、私どもはいろんなことで努力をしていかなきゃなりませんので、もちろん経費等についても十分考えてまいりたい、こう思いますし、さらにまた、収入面については、御案内のとおり一機でも多く離着陸することが重要でございますから、それらについては営業面としての努力もひとつ積極的に進めてまいりたい、こう思っております。

 そしてさらにまた、公共という側面、これらにつきましても、可能であるかどうかということはまだまだこれからの問題でございますけれども、県なり国なりに対しましても、公共性を強調しながらも、やはり行政需要額算定等につきましても、応分の対応をぜひしてもらいたいというふうなことにつきましても、国に対しましても強く要請もしていきたい、かように考えております。

 大変これからの運営、重要でございますので、十分御意見等、今議会等でいただきました皆さん方の御意見参考にさしていただいて努力していきたい、こう思っております。

 夜間照明費等については担当からお答えをさしていただきます。

 次に、中勢北部にかかわりまして、調査費等についての御意見、御所見等も拝聴いたしまして、まさに私どももそのような考え方を持っておるわけでございます。ただ、そういう調査の中で、公共部門がどれだけあるかというような問題も出てまいりますから、したがって、丸々即というわけにも参らん場合もありますけれども、基本としては、このプロジェクトによって津市が大変財政的に困窮する、こんなことではないわけで、逆にむしろそれによって地域が活性化され、そして財政的にもやはりそれらしい形できちっと対応ができて、よかったなという姿に持っていくのが基本ですから、したがって、いろいろと御懸念はちょうだいしておりますけれども、しかし、ゼロから、何も投資せずにできるというものではないわけですから、したがって、当面は調査費としての計上は当然さしていただかなければならんと思いますし、それらについてどのように、民間に例えば売却するなり、あるいは第三セクターに売却するなり、あるいはその他公団等に売却するなりする段階において、それらは当然原価の中へ含めて対応していく、これは基本になろう、こう思っております。

 しかし、土地が売りやすい条件づくりということになると、その中でも公共で対応できるものは、公共としてやはり国の制度なり県の制度なりを導入して、これは公共でという納得いただける姿のものは、やはりそれは進めていかなければ、何もかもそういう中へ原価として組み込む、こういうものでもなかろう、こう思っておりますので、そこら十分慎重に、かつまた合理的に進めていかなきゃならん、こう思っております。

 当然河芸町との負担等についても、面積割その他いろいろあろうかと思いますので、これらについても考えておるわけでございまして、双方の事務レベルの段階でもそういう話は進められておる、このように私は聞いておるわけでございます。

 拠点都市につきましては、基本的な事業計画は、端的に申しまして、津市として、私ども3つの事業をこの中で盛り込んでいきたい、こう思っております。すなわち中勢北部サイエンスシティの中における業務施設立地のアルカディアですね。それから駅前北ビルの再開発事業、それから中央部における地区更新計画の事業、この3つを現時点で私どもは基本計画の3つ、このように受けとめて進めていきたい、こう思っております。

 それから、一部事務組合の問題は担当からお答えいたしますが、これはいわゆる広域としての拠点地域都市としてのソフト面での対応をどうするか、こういうことのための基金づくり、あるいは管理組合づくり、そして地域連帯感を持った中で、この地域をどうするか、こういうための一部事務組合の管理組合、こういうことですから、従来行政枠としての境がありますし、あるいは大きく言えば政治的にも1区、2区との境もあったりして、とかく競合し合ったり、あるいは足の引っ張り合いしたり、こんなこともあったわけですけれども、そういうのを外れて、この地域として一つの拠点都市としてなった。したがって、それらをうまく円滑に進めていく、あるいは共通意識を醸成する、あるいはそのためにはどうしたらいいか、共通の事業はどんなものがあるんだ、こんなふうなことから入っていかなきゃなりませんし、実際には具体的に何かの事業をそれぞれ積み上げていく、こんなふうなことになろうと思います。その資金づくり、それからそれを運営していく一部事務組合、こんなふうに御理解いただければ結構ではないかと思いますが、具体的な数字その他については、担当の方からお答えをさせていただきたいと思います。

 ごみ問題については、かねがねいろいろと御提案もちょうだいいたしておるわけでございますので、私どもとしても十分検討をしてまいらなければならん、こう思っておりますが、有料化等について研究をしておるのか、こういうことでございますが、やっとるといえばやっておりますけども、やってないといえばやってない、こういうことになろうと思います。

 とにかく有料化のための研究は、御提言もいただいているわけですから、どうしたらできるんだ、ああしたらできるんだ、こんなことは当然やっておるわけですけども、それじゃいつからそういうふうにやるんかということもできるかできやんか、これは市民の皆さんのやはり共感も得なければなりませんし、しかし、これが現在では全国市長会で異例の形での有料化の提言がなされた、こういうことは、これは一津市だけではなくって、全国の各市それぞれの大きな共通の悩みになってきておる、こういう現実の中で、あえてそういう提言がなされてきた、こういうことでございます。

 したがいまして、私どもとしては、現在検討してきたよりももう一歩踏み込んだ形での検討は当然これまたしていかなきゃならん、こう思っておりますが、しかし、そのための、うまく軟着陸して、そういう形に持っていき、しかもごみの減量の効果を上げるためにはどうしたらいいかということも考えなきゃならんわけですから、まずごみ減量ができていくならば、あえて有料化をしなくてもいいわけですから、まずそれを取り組んでいくのか、現時点では私どもとるべき姿勢ではなかろうか、基本的にはそう思っております。

 それやってもやはりだめなんだよ、こういうことになれば、有料化もやっぱりやむを得んな、こういう形になりますから、ただ、提言があったから、はいやりました、そんな簡単なものでは、私はこれは市民生活に直結するものですから、ない、こう思っておりますので、ひとつごみ減量に最大の努力をする。それはいろんな方策を今日まで御意見いただいたことを積極的に実際に取り組んで、実際に実行に移す。議論何ぼしたって、実際に移していって、その結果としてやっぱりだめだな、余り効果なかったな、こういうことになれば、やっぱりやらなきゃならん、こう基本的に思いますから、ひとつどうぞ今後ともよろしく、市民の皆さんとの接点が非常に多い議会の皆さんでございますから、いろんな御意見等拝聴できれば大変幸いだ、こう思っております。

 そこで、補助金はどうするんだ、こういうことですが、でき得るならば、確かに実効は上げてきております。したがって、少しでもふやしたい。それによってそれが倍増するのであれば、実際はやりたい。しかし、現在の状況といたしましては、大変厳しい財政事情、これは目に見えてあるわけですから、ここしばらくはひとつ3円で御辛抱いただいて、そして実効をもう一つさらに上げていただければ大変幸いだな、こう思っておりますので、御了承をちょうだいしたい、こう思う次第でございます。

 地域間交流につきまして、いろいろと御提言もちょうだいしておりまして、前向いた積極的な御指摘等ちょうだいしておりまして、大変同感の部分が多々ございます。どういう形でこれが出てきたかについては、御案内のとおりでございますけれども、北海道の上富良野町との地域間交流、こういうことになるわけですが、昨年の7月、本市から、事前調査ということで、上富良野町を訪問したことによりまして、その後双方での交流の機運が高まってきている中で、特に昨年の10月、ラベンダーの苗を上富良野町より寄贈を受けまして、市役所玄関前に植樹しましたところ、御承知のように、本年6月の初めには見事に咲きまして、市役所を訪れる市民の皆さんにも大変注目をいただいておる、こういうことでございます。

 今後の交流につきましては、歴史的に深いつながりのある上富良野町でありますことから、観光面、教育面、文化面などいろいろな交流が考えられますので、それぞれの地域性を生かした交流事業を推進してまいりたい、こう考えております。

 具体的な交流事業といたしましては、本年は行政間の往来を一応進めてまいりたい、こう思いますが、既に本年の6月には、上富良野町長さんも津へお越しいただきました。そのときに、町長から、上富良野町への招待も私も受けております。本市といたしましても、7月のラベンダー祭りがあるんですかね。そのときにも訪問することをただいま検討をいたしております。こうしたことから、今後の上富良野町との交流について、御提言の趣旨を十分認識いたしますとともに、歴史的背景を踏まえながら、子供からお年寄りまで官民一体となった意義ある交流を進めてまいりたい、こう考えております。

 上富良野町の開拓の歴史の中で、非常に重要な役割を我々津市の先輩が築いてきた、こういう現実でございまして、大変厳しい明治の時代あるいはまた大正の十勝岳噴火の後、粒々辛苦されて今日の富良野町があるんだ、こういう認識を富良野町の人たちほとんどが持っておる、こういうことでございまして、私どもはこれを十分参考にさしていただいて、特に若い世代等に対しまして、積極的な進取の気性その他等につきましては、学校の副読本等でやはりより周知をさしていくということも一つの方法ではないかな、こう思ったりもいたしますし、とりわけまたこの近くの三雲町は、北海道名づけ親の松浦武四郎さんの出生地でもある、こういう歴史的事実は明確なわけですから、それらをもう少しこの地域として、人々の熟知する、よく知っていただく、そういう形にすべきてはないかな、このようにも思っておりますので、今後とも十分そういう意味合いを持ってひとつ努力してまいりたいと思いますので、御協力のほどお願いしたいと思います。

 以上で私の壇上から終わります。

         〔プロジェクト推進部長 藤波津三君 登壇〕



◎プロジェクト推進部長(藤波津三君) 議案第58号津市伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関します条例の制定につきまして、照明の手数料について御質問をいただきましたので、お答えを申し上げます。

 夜間照明の使用料につきましては、着陸料の5%としておるものでございますが、これは着陸の使用料など他の使用料と同様に、運輸省の認可をいただかなければならないものでございまして、他のヘリポートの例あるいは運輸省が定めております空港管理規則及び運輸大臣が設置し及び管理する公共用飛行場の使用に関する告示の例により定めたものでございますが、公共性の高い交通機関ということで、将来的にネットワークされるときにおきまして、他の飛行場と同様となるよう歩調を合わせたいというふうに考えておるものでございます。

 続きまして、中勢北部サイエンスシティ構想の推進にかかわりまして、公団と公社のメリット、デメリットということでお尋ねを賜ったわけてございますが、現在第1期事業区域の推進に当たりまして、事業主体といたしましては、津市開発公社あるいはオフィスアルカディアの区域の造成等につきましては、地域振興整備公団に事業を要請し、その他の区域につきましては、開発公社の方で造成しようというふうに計画をしておるものでございますが、そこで具体的なメリット、デメリットということでございますか、現在まだ折衝中でございまして、具体的な要件がわかっておりませんけれども、地域整備公団で実施をいたしましたときには、当然に全国的なネットワークがあるわけでございまして、もちろん過去の実例等もございますし、特に申し上げておきたいのは、売却時におきますいわゆる情報の多寡によりまして、そこらが非常に有利になるんではなかろうか、こんなふうに思っております。

 しかしながら、反面におきましては、造成の段階におきましていろいろと条件といいましょうか、先方さんとの間の協議事項がございまして、そこらが非常に多くあるということでございますけれども、これからの問題でございますので、そこらにつきましては現段階では私どもの方から申し上げられませんので、御理解を賜りたいと存じます。

 ただ、開発公社の場合には、私どもサイドの自由な部分があるということで御理解をいただきたいと思います。

 それから3点目にございました企業誘致の組織はどうか、こういうことでございますけれども、現在企業誘致のかかわりにつきましては、先般先端産業やあるいは研究開発分野の約300社の企業に対しまして、私どもからアンケートをお願いしております。その結果によりまして、対象企業等も追加しながら、誘致行動を進めてまいりたいというふうに考えておるものでございます。また、研究機関の誘致のために、産・学・官の交流あるいは情報交換の場としての三重大学の研究者あるいは企業関係者等の参加を得まして、フォーラムの設置にも取り組みまして、企業等ヘアプローチをしていきたいというふうに考えておるものでございます。

 そこで、取り組みます組織ということに相なるわけでございますが、基本的には私どもで事業の進捗にあわせまして、当然そのような形でのアプローチをしていくということに相なろうかと思います。しかしながら、既に御承知のとおり、庁内におきまして推進協議会も設置をされておりますので、この問題につきましては、現状の認識をいたしまして、全庁的な取り組みの中で持っていきたいというふうに考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。

 続きまして、河芸町との行政界はどうするのか、こういうお尋ねでございました。御承知かと存じますけれども、今回の第1期の事業区域の中には、約20ヘクタールの河芸町の区域が含まれております。そこで、今後の計画の中で土地利用のあり方にもよるわけでございますけれども、土地利用上、両市町村の境界をなぶるということがあり得ることも想定されるわけでございまして、その時点には私ども河芸町とも十分協議をいたしまして、法的な手続によりまして行政界を変更をすべきものと法的に決まっておりますので、そのような手続をしていきたいというふうに考えておるものでございます。御理解を賜りたいと思います。

 以上でございます。

         〔市長公室長 森 貞夫君 登壇〕



◎市長公室長(森貞夫君) 拠点都市指定につきましての一部事務組合の拠出金の割合につきまして御質問いただきましたので、お答え申し上げます。

 拠出金につきましては、基金の規模がおおむね20億円とされております。これを地域を構成する18市町村の出資及び県の助成により造成を行うことになりますが、本市も一定の負担は必要となってくるのではないかと考えております。県への拠出金の割合につきましても、今後お願いすることになると思います。

 この一部事務組合につきましては、今後、人的措置や事務所の位置なども含めまして、一部事務組合設立に係る具体的な検討につきましては、拠出割合や基本計画の策定作業とあわせまして、18市町村並びに県と協議を行うこととしておりますので、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 次に、津インター周辺の開発につきましてお答え申し上げます。この地域は、御承知のとおり現在建設中の中勢バイパスや主要地方道津芸濃大山田線が通過する地域であり、さらに将来的には第2名神自動車道、リニア中央新幹線等新たな国土軸にも近接した位置にあることに加え、三重産業振興センター、三重県総合文化センターの開館、さらには市中心部から比較的近い位置にあり、非常に重要な地域であることは、十分認識しているところでございます。このような地域でありますことから、この地域の開発につきましては、陸上物流拠点にふさわしい位置にあり、流通業務拠点等の形成を検討していく一方、周辺環境にも配意した地域づくりを、御趣旨の点も踏まえまして今後とも研究してまいりたいと存じますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

 以上です。

         〔下水道部長 福森 操君 登壇〕



◎下水道部長(福森操君) 全県下下水道化構想について、その後の津市の取り組みという御質問でございますが、本構想といたしまして、従来の下水道は市街地を対象とした公共下水道中心でございまして、しかしながら、昨今の下水道整備の要望がますます高まる中、下水道普及率を高めるため、市街地以外の農山漁村においても下水道整備の必要がありますことから、こうした対象地域の拡大によりまして、行政区域全域におきます下水道等の整備を計画的かつ効率的に実施を行うため、当構想の原案策定に当たりましては、現計画にとらわれず、変更も考え合わせた中での全県域下水道化構想策定となっているところでございます。

 また、この構想につきましては、将来的なプランでありまして、目標年度につきましては、まだ決定されておりませんが、長期的なものと考えておりますので、どうかその点御理解を賜りますようお願い申し上げたいと思います。

 以上でございます。

         〔教育長 荒木 務君 登壇〕



◎教育長(荒木務君) 三重県総合文化センターの駐車場問題についてお答え申し上げます。

 三重県総合文化センターを立地する津市の負担につきましては、当初建設用地の取得と当該用地の造成及び用地の提供が要請されておりましたが、その後県から、県自身が用地費負担をするかわりに、1,500台程度の駐車場用地を近隣地で確保してほしいとの申し入れがなされ、市において検討しました結果、困難性はあるものの、県の期待にこたえるということで確約しましたことは、これまでにおける本会議での答弁や議員各位への報告で御承知いただいているところでございます。

 さて、現在の状況でございますが、近隣地の土地は、将来の土地利用において高度な利用が見込まれますことから、現時点の買収は困難性もありますので、賃貸借での確保も含めて、現在地権者と交渉中でございます。しかし、一方では、賃貸料を初め種々条件的な問題も多く、その整理に鋭意努力しているところでございます。

 いずれにいたしましても、開館が平成6年10月に決定されていることもあり、県の期待にこたえるべく一層の努力をしてまいりたいと存じますので、よろしく御理解いただきますようお願い申し上げます。

         〔産業労働部長 片岡次夫君 登壇〕



◎産業労働部長(片岡次夫君) 御質問のありました新農政プランについてお答えさせていただきます。

 農林水産省は、社会経済情勢の進展に伴い、農業、農村を取り巻く状況も、農業就労人口などの面で大きく変化してきており、特に農業経営を担う者の確保が深刻な状況になっており、国民的視点に立った食糧・農業・農村施策の確立が改めて問われている状況でありましたことから、21世紀に向けて思い切った施策展開を図るための新しい食糧・農業・農村施策の方向にいわゆる農政プランを平成4年6月に発表しました。

 その概要につきましては、農業を職業として選択し得る魅力とやりがいのあるものとするため、他産業並みの労働時間で、生産所得が他産業従事者と遜色ない水準とすることを目標として、経営規模の拡大を目指した望ましい経営態度、余暇時間の増大や緑豊かなゆとりある居住空間に対する国民的要望を踏まえ、かつ効率的、安定的な農業をつくり上げていくため、生産規模と生産環境が一体的に整備され、都市的にも開かれた新しい景観を有する農村空間の形成などを推進していく旨の方向が示されております。

 この趣旨を踏まえまして、昭和62年度から平成2年度までの水田営農確立対策事業の実績と経験から、農業者、農業者団体の一層の主体的取り組みを基礎にしまして、地域の自主性を尊重することを旨として、水稲作と転作を通ずる望ましい経営体の育成を図りつつ、生産性の高い水田営農の確立を期するところの水田営農活性化対策事業が平成5年度から平成7年度の3ヵ年実施されるところであります。

 また、農林水産省は、経営規模の拡大を目指した望ましい経営態度等を提示していますものの、農業が直面しております農業従事者の高齢化や兼業化による労力不足等に係る農用地の遊休地等の問題もあり、平成5年3月に今後の農業経営のあり方などにつきまして、主たる経営内容、経営面積、経営上の問題、農機具等の保有状況と、遊休農地の面積などの9項目、今後の農業経営につきましては、経営農地につき3年間程度を見越して現状維持、規模拡大、縮小などの農地の利用の仕方や処分方法につきましての24項目と、農用地利用増進事業並びに農業経営主の年金加入状況など、市単独で市内の全農家の方々を対象に農家の意向調査を実施しましたところでありまして、現在その調査票の整理を行っているところであります。

 今後は、国の農業施策を基本的に踏まえながら、その調査結果の意向を勘案し、本市における地域の特性に応じた農業振興を図っていきたいと考えていますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

 次に、三重産業振興センターの建設工事の進捗状況はという御質問についてお答えいたします。進捗率は5月末で77%で、予定どおりの進捗状況でございます。次に、予約状況でございますが、本年9月から来年3月末までで22件、延べ80日間の利用申し込みで、稼働率といたしましては39%となります。また、利用申し込みの職種については、自動車関係が3件、機械器具関係が4件、他に商工・経済団体の5件などが主たるものでございます。

 他府県の利用状況でございますが、稼働率で見ますと、開館初年度で24%から60%、2年度で40%から70%ほどとなっております。率に差がございますが、これは地域性等などいろいろな要因が影響しているものと思われます。

 次に、施設利用等に係るPRの内容でございますが、パンフレット1万3,000部を県内及び中部・近畿地区を重点的に配布し、さらに県道津芸濃大山田線の両側に看板を設置して啓発しております。

 また、現在施設の愛称募集を行っており、案内を中勢地区を中心として県下へ配布したほか、関係機関等の広報紙を利用しているところでございます。

 次に、開館記念事業といたしましては、8月27日から8月31日の5日間において、インポートフェアの開催、また三重県が同時にスペイン産業展を開催いたしますので、相乗効果を図り、よりよいものにしてまいりたいと考えております。議員の皆さん方におかれましても、よろしく御協力のほどお願い申し上げます。

 なお、施設の建設に当たりましては、地域の方々に周辺の環境整備について御要望をいただいておりますが、今後も引き続き協力してまいりたいと存じますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

         〔建設事業部長 錦 金則君 登壇〕



◎建設事業部長(錦金則君) 公園、広場等のあり方にかかわりまして、2点ほど御質問いただきましたので、お答え申し上げます。

 公園は、ゆとりと潤いのある美しい都市景観を形成するため、またコミュニティの場として、あるいはまた心身の健康の場といたしまして果たす役割は大きいと認識いたしておりまして、その管理の重要性を痛感いたしております。そのため、既設の公園にありましては、職員による日常管理と、業者による管理業務委託の中で、樹木本来の機能を損なわない程度で適切な剪定を行っておりますが、よりよい公園の環境を目指しまして、鋭意努力しているところでございます。

 しかしながら、今後の公園の整備につきましては、市民の方々が憩い集う公園といたしまして、御指摘の趣旨を生かす方策を研究してまいりたいと存じておりますので、よろしく御理解賜りたいと思います。

 続きまして、市街化調整区域に公的広場をとの御質問についてお答え申し上げます。御質問の趣旨につきましては、市街化調整区域におきまして気軽に子供たちが楽しめる遊び場あるいは広場の設置をということでございますが、公園を所管する私どもから、公園整備の一環としての立場でお答えさしていただきたいと存じます。

 現在管理いたしております公園等は、202ヵ所ございますが、そのうち市街化調整区域内は46ヵ所でありますが、この公園のほとんどが団地開発に伴い帰属を受けているものでございます。いずれにいたしましても、議員の御指摘のことにつきましては、今後、未利用地の活用方法等も含めまして、庁内の関係部局と調整、研究してまいりたいと存じますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げたいと思います。



◆13番(田村宗博君) それぞれ御返答をいただきましてありがとうございました。

 順不同になりますけども、それぞれに対する考え等を述べさしていただきたいと思います。

 まず先ほどの公園からでございますけども、私もそれなりにこの分野に関しては意見を持ち合わせておるわけでございますけれども、話も長くなります。省かせていただきますけども、今後の公園または緑化のあり方というのは、時代とともにだんだん変革していくと思われます。それを十分研究をしていただきまして、努力していただいて、その成果を私たちに提供してほしい、かように考えておる次第でございます。

 調整区域に広場をとの件ですけども、これは私、聞き取りの状況から考えますと、できるという方向で十分考慮された御返答をいただいたと考えております。非常に感謝をいたしております。今後の御努力に期待をいたしたい、こう思っております。

 産業展示館でございます。質問の趣旨につきましては一応理解をさしていただきましたが、一言苦言を申し添えておきますけども、この産業展示館、できてしもたら終わりや、こういう問題じゃないのであります。といいますのは、地元住民の建設に伴う要望というのは、三重県また津市の産業界の発展をということで、全部十分にそれこそ精査されない中で途中発車したような点もございます。特に北河路安東小学校線、両端の問題、これらは関係者の方ならよく御存じと思います。そういった積み残した部分もあるんや、これから努力していってほしいということをあわせまして、またセンター側につきましては、今後また地域の住民という形になるわけでございます。地元住民と力を合わせていただいて、今後のあの地区の、またその施設の発展というか、機能を十分果たすために御努力を願いたい、かように思っております。以上で、これは結構でございます。

 新農政プランについてでございますけども、これ本当に話ししとると切りがございませんので、もうええわけでございますけども、国の行政を受けて市の行政ということになってまいります関係で、非常にやりにくい点もあろうかと思いますけども、やがては地方の時代と言われております。確固たる考えを持って行政として取り組んでいただきたい。また、できますれば、少し先を行ったような御指導をいただけたらありがたいな、かように考えております。結構でございます。

 総合文化センターにつきまして、その駐車場問題でございますけども、今の答弁とちょっと違うんですけども、うわさでは、少し進んどるよというようなこともうわさとして聞きました。もう細部については伺いませんけども、先ほどもおっしゃってみえましたように、その付近の将来の計画、そこら辺十分に考慮に入れられて、またこの施設はすぐに終わるということじゃございません。30年、50年とその場で座っておるわけでございます。そこら辺考慮に入れていただいた、だから地域の住民の方々の意見も入れた施設というか、駐車場にしていただきたい。しばらくは動かせやんわけでございます。よろしくお願いをいたします。

 それから拠点でございます。少し飛んで申しわけございません。質問させていただいた点につきましては、了解をさせていただきました。今ここで少し要望でございますけども、本来私ども御質問させていただく予定で、聞き取りまではいたしたわけでございますけども、今回はあえて御質問を控えさせていただきました。

 本来ならば、それぞれその事業計画を持つ中で、財政計画も持たれて当然かと私どもは考えております。今の現在の市財政の見込み、財調がなくなったというふうないろいろ話を聞かせていただいております。また、長谷山レクリエーションエリア、競艇場改築問題、北ビル、にえざき、こういろいろ山積しておるわけでございます。そういった中で、一度精査をすべきときかとも思います。次回の議会のときには、主たる事業だけでも結構でございます。明確な事業計画をお示しいただきたい、財政計画をお示しいただきたい、かように思っております。要望いたしておきます。

 地域間交流でございます。御返答で十分理解をさしていただきます。さわやかなる地域間交流ができますことを望んでおきます。

 次に、全県下流域下水道構想について、質問の部分は理解しましたけども、恐らく40年ではできやんのやろなという御返答やったと思います。この部分ちょっと再質をさせていただきます。本市の整備手法では、私どもが考えましても、従来の計画では非常に不都合な点というか、不合理な点も多数考えられておったわけでございますけども、今回この県に出された原案は、その辺は考慮をされて出されておるんでございましょうか。具体的にお答えをいただきたい、このように思っております。

 インター周辺の開発についてでございます。ちょっと質問さしていただきますけども、それほどこの地域が重要だ、こうお考えでございますれば、県道一身田豊野久居線の現状は御存じでございましょうか。また、あの路線は、県の文化会館じゃなくて、県新総合文化センターですか、津インターよりの非常に重要なアクセスというか、道路になろうかとも思われます。既に考えてみえるかどうかわかりませんけども、その辺県とは話をされたかどうかお聞きをいたしておきたいと思いますし、また、今のうちかチャンスやと思います。両側に建物が張りついてからでは遅いと思いますので、御意見等お聞かせいただけたらと思っております。

 ごみ問題でございますけども、まず減量化が先だ、それから有料化だよという御返事だったと思います。ごみ減量に対しましては、ごみ対策監というのを配置して、十分な検討がなされておるとは思うんですけども、ほかにどのような減量政策を考えてみえるのか、ありましたらお答えをいただきたいと思います。

 続きまして、議案68号でございますけども、これは私の考え方だけ述べさせていただきたいと思います。かかった費用を、公共事業をどうするのかというふうなことまで私踏み込むつもりはなかったわけでございますけども、かかった費用を含めるのは基本だというふうなお考えではなかったか、このように思っております。

 1番目の質問はそれで結構でございますけども、2つ目の河芸町に位置する部分、河芸町の費用負担はという部分でございますけども、河芸町に負担をしていただくというふうな御返答やと、こう解釈をいたしますが、私といたしましては、こんなものは津市のみで持ったらどうなんや、こういうふうな考え方でございます。といいますのも、このような大事業を津市が主導権を持ってとり行っていくわけでございます。これから河芸町側に対しまして、いろんな御無理をお願いせんならんことも出てこようかと思います。今後、また先々を考え合わすれば、もっと大所高所に立った御判断をいただきたい、かように考えております。要望だけしておきます。意見としておきます。

 中勢北部サイエンスシティでございますが、質問の部分はよくわかりまして、ちょっと聞き忘れた点がありますので、これだけひとつ再質という形で御質問させていただいておきます。進出してくる企業等には、特別処置などの特例があると聞きました。しかし、拠点に指定された他県におきましても、その特例はやはり一緒のようにあるわけでございます。現在で32ヵ所が指定をされており、最終的には70ないし80ヵ所が指定されるんではなかろうかと聞いております。そのような同一条件の中で、一緒のようにして動き出すわけでございます。本市の本事業に他県に例を見ないような特性を持たす、こういう必要も出てくるんじゃなかろうかと思うのですが、その辺はどのようにお考えでございましょうか、お聞きをいたしておきます。

 58号です。はっきりいいまして希望的収支見込みとしか言いようがないと考えますが、結構でございます。

 14条の部分についての御返答で、ちょっと私の聞き間違いだったら御免してほしいんですけども、終わりの方に、将来的にネットワークされる時点において他の飛行場と同様なものとなるよう歩調を合わせたい、こういう部分があったんでございますが、では今は歩調合わせとらんのかというふうな疑問が浮かんだんでお尋ねするわけですけども、その分の取り回しというのか、ちょっと再度確認のためにもう一度聞かせていただきたいと思います。訂正するんやったらするんでよろしいんですけども、理解のしようがございませんもんで、お願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(稲守久生君) 当局の答弁を求めます。



◎市長(岡村初博君) 再質問に対しましてお答えするわけですが、私からは、この拠点の関係につきましては、御懸念ちょうだいいたしましたように、全国で各地域でこのような計画がなされていくわけでございますから、したがって、そういう面では他県との競争というのは大変激しくなるであろう、こう思いますし、他県だけではなくって、同じ圏域内でも、場合によればあり得るわけでございます。したがいまして、私どもとしてはそういう場合の条件をどのようによくするかということについては、当然考えなきゃなりませんから、それらについてはいろんなことか想定されます。

 したがって、御懸念いただくことは十分承知はいたしておりますけども、それをこうやるからこうだという形には今申し上げませんけれども、総合的にいろんなものをひとつ組み合わせながら、進出してきやすい条件づくり、これをまずしていきたい、こう思います。えらい総論的なことで申しわけございませんけども、それはちょっと時間かかりますけども、言い出すとさいがちょっとかなりかがりますから、申し上げませんが、どうぞひとつそういう点で何とか打ちかっていきたい、こう思っております。

 例えばインフラの整備という問題は非常に大きな問題でもありますし、住宅なんかでも、どのように安く、どのようにひとつ環境のいい住宅が提供できるかということも、これもやっぱり都市の魅力の大きな一つでございます。それから労働力が確保できるかという問題、あるいは最近では外国労働者の必要性も出てきておる段階において、いかにそういうものを受け入れやすいかというような問題、しかも高いレベルの労働力がどのように確保てきるか、あるいは学校が近くに、有名大学でも、有名高校でも整備されておるかどうか、そんなことも非常に大きくなりますし、交通態勢はどうだろうかとか、東京や大阪や名古屋へ出るのにはどの程度の時間で行けるだろうかとか、気候はどうだとか、上げたら切りがないわけですから、それらをやっぱりみんな満たせるように一生懸命努力する。経済の原則は、やっぱり安いということが経済の原則ですわね。だから、そのためにやっぱりそのように持っていく努力をどうするかということ、これも大きなことだと思っております。したがって、いろんな方策を組み合わせていきたい、こう思いますので、今後ともお気づきの点がありましたら、どうぞひとつその都度また御指導いただければ大変ありがたいな、こう思っております。

 以上、私からのお答えといたします。



◎助役(近藤康雄君) お尋ねのありましたごみ減量につきまして、環境部長にかわりましてちょっと御説明を申し上げたいと思います。

 御承知の5月にごみ減量の市民会議が発足をいたしまして、行政、それから事業者、それから市民の方々、これは三位一体になってやっていかなきゃならんことだと思います。そういうような会議でいろいろ御所見を伺いながら進めていくんでしょうけれども、事業者からいろいろ出てまいりますごみというのは、非常に大きなウエートを占めておりますから、そういう業者の方に対して、事業者の方に対しての啓発啓蒙、お願い、それから前にもこちらで御所見がありましたが、台所ごみ等に対するコンポストといいますか、そういう堆肥化の推進、それから空き缶の問題、それからきょう御所見のありました報償金を使ってというのは、ちょっと言い方が変になるかもわかりませんけれども、ああいうことをお願いしてリサイクル運動の推進、それから減量化に果たしてどれだけのというんか、問題点は市長も申し上げましたけれども、有料化の問題等々は、やっぱり検討材料になってくると思います。

 何せごみの量掛ける単位費用というのは、非常に大きくなってきておりまして、市の行財政に占めるごみ問題というのは大きなウエートを占めてきております。一生懸命勉強させますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

 以上です。



◎下水道部長(福森操君) 県下の広域下水道化に伴いまして、津市としてどのように考慮されているか具体的な御説明をということでございます。

 本市といたしましては、以前より中南勢水域流域別下水道整備総合計画に基づきまして、中勢沿岸流域下水道雲出川左岸処理区と、それから志登茂川処理区、また単独公共下水道、これ中央処理区の計画がございますが、雲出川左岸処理区及び単独公共下水道処理区につきましては、事業は既に実施いたしておりますことから、今回の構想におきましても基本的に変わっておりません。

 しかし、計画中の志登茂川処理区につきましては、中南勢水域流域別下水道整備総合計画がありまして、大きくは変更できないところでございますけれども、関係部課との協議を図りながら、将来的な土地利用の観点から、また事業化等を検討いたしまして、大里地区の一部を農業集落排水事業で、また津西ハイタウン、川北団地につきましては、今回の区域内へ取り込むなど、見直しを図ってきたものでございます。

 今後といたしましては、流域別総合計画の見直し時期におきまして、本下水道化構想に整合すべく検討してまいりたいと考えておりますので、どうか御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。



◎建設事業部長(錦金則君) 御指摘のございました路線につきましては、現在までも県に対しまして強く要望してきているわけでございますけども、県におかれましても、整備の必要路線との認識のもとで平成4年度に既にもう一色橋から津安芸農協の間まで測量を実施していただいております。引き続きまして、これからも早期の整備着手を県の方へ強く要望してまいりたい、このように考えておりますので、ひとつ御理解賜りたいと思います。



◎プロジェクト推進部長(藤波津三君) 伊勢湾ヘリポートにかかわります照明使用料の関係でございますけれども、現在全国で照明設備を持っておるヘリポートは、余りないようでございまして、私先ほど申し上げましたんは、ネットワークされるという段階におきまして、他の飛行場と同様となるような歩調を合わせたい、こういうふうに申し上げましたので、御理解をいただきたいと思います。



◆13番(田村宗博君) まず下水道でございます。今具体的におっしゃっていただきまして、不都合な点といいますか、不合理な点が改善される可能性が見出せた、そのように考えていただけたということで、大きく評価をさせていただきたいと思います。

 それからごみですけども、有料化に向けてということで、近隣市町村との関係もございましょうが、ひとつ提言もあったことでございますし、市民会議等の中で話も出していただいて、積極的に取り組んでいかれたらいかがか、かように考えております。

 資源ごみ回収補助金制度でございますけども、本当にわりかし安い費用で双方にメリットかある、かように考えますので、これも担当部としてはそれぞれ御協力をいただいておるように伺っております。いろいろ問題もあろうと思いますので、今後の御努力に期待をいたすわけでございますけども、簡単に案等を言わせてもらっておけば、分別収集になるわけでございますけども、紙類を本、新聞、段ボールとそれぞれ分別して出せば、5円だよとか10円だよとかですね。一緒くたで出せばただだよとか3円だよとかいうふうな差をつけていただくのも、より一層分別収集を進める上でいいんじゃないかな。これは私の考えでございます。よろしくお願いをいたします。

 インターの周辺でございますけども、県道の整備も考えていただいておるということで理解をいたします。本当に積極的に、両側に建物が張りついてからでは本当に遅いと切実に感じますもので、よろしくお願いをいたしたいと思っております。

 このインターの周辺ですけども、その公共性とかまた必要性によりましては、あの周辺が土地利用の変更というのはやむを得ん、時代の要請ということで理解はさしていただくのでございますけども、私は地元の住民として一番言いたいのは、ひとつこれも住民参加型の開発といいますか、過去何百年とその地区に住んできた人たちもおるわけでございます。その人たちを、その地区を基本に考えた開発計画を持ってほしい。これが主張したい部分でございます。言いかえれば、変な言い方になりますけども、そちら側の都合だけで絵をかかれては私たち困るんやと。最後には農家にしわ寄せが来ます。そこら辺をよく考慮に入れられて、いろんな意味も含めまして、次期計画に大きく期待をして、この部分終わらせていただいておきます。

 それから、ようわからんのですか、これもしつこいようで、もうよろしいんですけど、将来的にネットワークされるときにおいて、他の飛行場と同様となるように歩調を合わせたいと。これはようわからんのですけども、もう結構でございますわ。

 とにかく何もかも安いような気がします、私たちは。ヘリコプターなんて、公共的なことも考えればともかくですけども、一般の人が使うと非常にぜいたくな乗り物であろう。もっととったったらどうなんや、こういうふうな考え方を、素直じゃないかわかりませんけど持つわけでございます。そういった中で、この経営自体が赤字になるんじゃないかな、そういう懸念をされる中で、とれるものならもっととったらどうなんやというのが私の考え方でございます。最大限入ってくる努力といいますか、このヘリポートの会社自体が独立していく努力、これをやっていただきたい。いつまでもおんぶにだっこではあかんよ、おれたちは独立していくんや、そういう気持ちでこの会社を運営していただきたい、かように思うわけでございますけども、公共性という部分もあります。やむを得ん部分もありますけども、気持ちだけはそう持っていただきたい、こう思うのであります。

 初めて空の事業に津市として参加されるわけでございます。職員どのように教育されるんかわかりませんけども、そこら辺も含めまして、事故のないようにやっていただきたい。前の例もございます。よろしくお願いいたしたいと思います。

 サイエンスシティにかかわってでございます。お気づきの点があれば聞かせてくれと市長さんさっき言われましたもんで、気づいた点言わせていただいておきますと、これは特別な性格、特性を持たす部分はないのかという点でございますけども、ぱっと思っただけでございますので、うわさによりますと、第2名神とか、リニア新幹線も、あの辺に来るというふうな話も聞かせていただいております。当初の開発計画の中で、造成計画の中で、そちらに顔を向けたような造成計画も当然考えてほしい。また一方では、たとえ1メーターでも大里の方ヘリニアや第2名神を近づけてくる努力ですね。それも十分な御努力を願いたい、かように考えておる次第でございます。

 このサイエンスにつきましては以上で終わりますけども、要望だけさしていただきたいと思います。これは本当に多数の地権者の方々の土地をこの事業の趣旨を理解していただいて譲っていただく。これができないと、全く絵にかいたもちでございます。その上に汚水とか雨水とか排水問題もありまして、多くのそれこそ広域の住民の方に理解をしていただかんとできやん事業でございます。金では買えやん、銭で片つかんという部分があるわけでございます。そこら辺を心していただきまして、関係者の方々と十分な御協議、話し合いを持っていただいて、理解が得られるように努力をしていただく、今一番必要なんはこれやと私は確信をしております。

 私どもの会派には、推進協議会の会長さんも見えます。私ども会派といたしましても、微力ではあるが御協力をさせていただく心づもりでおりますので、最善の御努力をお願いをいたして終わります。

 以上で終わります。



○議長(稲守久生君) 6番 梅崎保昭君。

         〔6番 梅崎保昭君 登壇〕



◆6番(梅崎保昭君) 私は公明党議員団を代表いたしまして、今回上程になりました議案の中からと、市政一般につきまして御質問をさせていただきます。当局の明快なる御答弁をお願い申し上げまして、御質問に入りたいと思います。

 まず上程議案でございますが、議案第63号平成5年度津市一般会計補正予算(第1号)の総務費中、中勢北部サイエンスシティ第1期事業計画に係る環境影響評価調査委託料に関連してお尋ねいたします。

 この課題につきましては、先日来、すべての御質問された議員さんから出ておるわけでございまして、若干重複する点も出ようかと思いますけれども、お許しをいただきまして、できるだけ精査してお尋ねをしたいと思います。

 御案内のとおり、地方拠点都市地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に問する法律に基づきまして、ことし4月指定され、本事業も、当指定に基づいて重点的に整備を進めていくものでありますが、景気後退と厳しい財政状況であると言われている中で本事業を進めていかれるわけでありますけれども、それだけに的確な情勢判断がより問われるものと考えるわけでございます。

 そこで、次の点について御質問をいたしたいと思います。できるだけ重複した点は省きたいと思いますが、まず、通告いたしました環境影響評価調査の委託内容につきましては、先日来の質疑と事前の聞き取りによりまして、大筋で理解をいたしましたので、省きたいと思います。

 2番目と3番目の今後のスケジュールということと、それから中勢バイパスの新設事業との関連ということでございますけれども、今までの御説明では、平成9年度に一部開業する、こういうことでございます。先日来御質疑の中に出ておりましたように、この問題は私どもとしてもぜひとも成功してほしいという立場からお尋ねするわけでございますけれども、大変財政的にも、また社会の経済状況も厳しい中でございますので、若干ヒステリックな御質問になると思いますけれども、今後の企業誘致、そういったものを非常に懸念をいたします。そのためにも、中勢バイパスというのは非常に大きなセールスポイントになるんではなかろうか、こういうふうに思うわけでございます。

 そういった意味から、この本事業と中勢バイパスとのスケジュールとの関連性、そういったものには大変神経が走っておるわけでございますけれども、そのあたりの当局のお考え、また見通しといいますか、中勢バイパス事業とずれるとすれば、どの程度のずれが起こるのか、それに対して今後の本事業の企業誘致その他施設誘致に対してのデメリットというのは出てこないのか、こういった点についての御所見を伺っておきたいと思います。

 それから企業誘致を含む核となる施設誘致、これについてもやはり企業誘致をしようと思えば、大変企業誘致に有利になるような公的施設、そういったものも必要であろうと思いますし、また条件整備も必要であろうと思います。我々御説明いただいております25ヘクタールですか、オフィスアルカディア、このゾーンにおきましては、先端的研究開発区、またさらにはソフトウエア関連産業業務区、また情報関連産業業務区、またデザイン関連産業業務区、関連いたしまして交流、支援、サービス区とか、そういった内容が御説明の中にありますけれども、やはり冒頭申し上げましたように、こういった財政状況の厳しい中での企業誘致というのは、大変本事業の成否に重大なかかわりが出てこようと思います。そういった意味から、この本会議の場で若干もう少し踏み込んで、また内容的にも細部にわたって御説明をいただけたら、こういうふうに思いますので、御質問の趣旨を御理解いただきまして御答弁いただきたいと思います。

 この質問の最後でございますけれども、どうしても財源について心配になってまいります。調べておりませんので、想像で恐縮ですけれども、やはり本市の財政の総合的な見地からも検討しなければならない、こんなふうに思うわけでございます。公債費率がどのように推移しているかわかりませんけれども、これから恐らく財源的にも厳しいものが出てくるんではなかろうか。また、本市の財政がこれまである程度弾力性があったとも言われておりますけれども、弾力性が相当硬直してきておるんではなかろうか、本財政の弾性指数あたりも大変心配になってくるんではなかろうか、こんなふうな感じがいたします。本事業に対する財源的な御質問はたくさん出ましたけれども、本市の財政的な面から見て当局の見通しの御所見を伺っておきたい、こんなふうに思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 続きまして、市政一般についてお尋ねいたします。

 まず、美里村地内のゴルフ場増設計画に係る対応につきましてお尋ねをいたします。この点につきましても、先般来の質問者の議員さんの中から多数出ておりますので、若干重複いたすかわかりませんが、お許しをいただきたいと思います。当局は、使用農薬等による河川、貯水池の水質汚濁や富栄養化、あるいは山林の伐採による保水力の低下等が社会的にも懸念されているところである、水道原水の取水口周辺へのゴルフ場の増設については、基本的には避けられるべきであると考える。しかしながら、当該増設の計画区域からの流出水は、通常はすべてが待口川を通じて大井水路に流入し、水道原水の取水口上流には流出しないという条件にあり、またこれまで待口川の表流水は取水していないことから、当該増設に伴う取水への直接的な影響としては生じない状況にあると言える。したがって、現在の待口川からの流出水の流出形態が技術的に維持される場合、当該ゴルフ場の増設はやむを得ないと判断されるものであるとの御見解を示しておられます。

 しかしながら、洪水時等には、待口川の水が越流をいたします。そのような状況のときには、水道の取水口は、常駐しておられる職員により閉じるということでございますけれども、さまざまな自然現象の中で、このようにうまくいかない場合も想定されるのではなかろうか、こんなふうに感じるわけでございます。

 そこで、私どもといたしましては、水道の取水口と待口川のせきを自動的に調整開閉する遠方監視集中システムのような形をとれないのか、このように思うわけでございます。先日若干御答弁の中に出たように思いますけれども、技術的な面も含めて詳しく御答弁をいただければと思うわけでございますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、私どもとしては、何でも印鑑制度の改善をということで、平成3年6月、竹沢議員より初めて御提言申し上げ、昨年の9月の議会でも取り上げさしていただきまして、行政事務の改善という観点から、この推進をお願いしておるわけでございます。その後の進捗状況についてお尋ねいたしますが、先ほど申しましたように、平成4年9月議会で総務部長は、庁内でプロジェクトチームを組み、各課より関係資料を取り寄せ、申請書等関係書類の把握を行っているところであるとの御答弁でございました。平成3年6月からちょうど2年たっております。また、平成4年9月から年度も改まりまして、現在平成5年6月。御努力をいただいておるとは思いますけれども、実現の見通しと時期等についてお尋ねをしておきたいと思います。

 続きまして、岩田川流域を生活排水対策地域に県が指定をいたしましたが、その後の進展につきましてお尋ねをいたします。

 岩田川は、私の子供のころも本当にきれいな川でございました。花火大会が行われ、また寒中水泳等も行われ、いろいろな思い出のある川でございますし、そういった思い出のある方々は私ばかりではない、たくさんの方々が見えるんではなかろうか、こんなふうに思いますし、本当に市民に親しまれる川でありました。しかし、今では御承知のとおり生活排水により川が汚れ、昔の面影などどこにも見当たらないのが実情でございます。

 こうした中、平成4年4月、岩田川流域が水質汚濁防止法第14条の規定に基づいて、生活排水対策重点地域に指定されたことを受けて、当市では長い間市民に親しまれてきたかつての岩田川の姿を取り戻すために、水質浄化のため、一体となって取り組みが行われていくことになり、10月には津市生活排水対策懇談会設置要綱が制定をされ、11月に津市生活排水対策懇談会が発足をいたしました。当懇談会よりことしの3月に報告書が出されております。それによりますと、生活排水の発生源対策として、市民で実施できること、地域で実施できること、行政で実施できることとの区別を明確にし、これらの役割分担のもとで総合的に進めることが必要とあります。さらに、そのための組織づくりも必要である、このように締めくくられております。

 具体的に提言を受けておるわけでございますけれども、岩田川の今後の生活排水対策についてどのように進めていかれるつもりか、お尋ねをいたしておきたいと思います。

 続きまして、パート労働者の健康確保についてお尋ねをいたします。私どもは、本年3月に女性のパート労働者を対象に、健康に関するアンケート調査を実施いたしました。それによりますと、10人のうち6人が働いていてつらい、こういう自覚症状を訴えられております。また、10人のうち8人が医療機関にかかるなど、パート労働者の健康が相当むしばまれている実態が浮き彫りになってまいりました。また、労働者の健康管理の証となる健康保険証等についても、交付されていない人が7割等、大半が国保への加入や、社会保険の被扶養者となって健康を管理しているのか現状であります。

 そして健康診断の受診状況は、全く受けていない人が24%にも上っております。受けていない理由といたしましては、30%の人が、日時が合わないから受けない、こういうふうに訴えております。45%の方々が、休日診断の実施があれば、診断を自由に受けられるのではとの訴えであります。なお、今後受診したい内容については、がん検診の充実を求めつつも、人間ドック等総合的な健診要望が強くなってきております。こうしたことから、健康管理や福利厚生面等、働く上での保障が不安定なパート労働者の諸施策の充実か急務であると考えるところでございます。

 特に、健康保険証の交付条件の緩和や職場内健診制度の充実等含めたパート労働法の制定が必要になってくると考えるわけでございますけれども、また健康診断については、集団健診、病院での健診等の休日や夜間での実施や拡大が必要であります。それとともに、女性の死亡率が急激に増加をいたしております大腸がん等のがん検診の充実や人間ドック健診の導入を図っていかなくてはならないという結果に達しました。この問題は、市独自で対応できることばかりではございませんけれども、当局では対応できるものについてはぜひとも積極的に取り組んでいただくとともに、関係機関、さらには事業所関係等への働きかけをお願いしたいと思いますけれども、当局の御見解を伺いたいと思います。

 続きまして、在宅老人家庭の住宅改造の工事費助成制度の設置をということでお尋ねをいたします。老後をどこで迎えどう過ごすかは、今や人生後半最大の課題であります。仮に体が不自由になっても、施設か、我が家かと問われれば、すべての人が自分の住みなれた家で暮らしたいとおっしゃるのが実態ではなかろうかと言っても過言ではないと思います。ですが、現実はいろいろな障害があって難しい、こういった実態でございます。可能な限り、元気で最後まで自分の家で暮らせるようにとの考え方が、高齢化社会に向けての老人福祉の基本的な考え方であろうと思うわけであります。

 そこで、次の制度を提案を申し上げたいと思います。東京の江戸川区では、すこやか住まい制度と名づけておられるところでございます。介助を必要とする60歳以上の方、体が不自由な方が住まいを改造する場合、資金を助成するとした内容の助成制度でございます。細部にわたっては聞き取りのときに御説明申し上げてございますので、省略をいたしますけれども、当局の御見解をお尋ねいたします。

 続いて、津市斎場の整備につきまして御質問いたします。私どもの会派にも、利用された市民の方々や地域住民の方々から数多くの要望の声をいただいております。この問題につきましては、我が会派の竹沢議員が、四日市の近代的な施設の視察に基づき、駐車場も含めた斎場全体の建てかえについて、3月議会で当局の見解をただしたところであります。担当部長よりも、今後取り組む大きな課題であると認識しており、地域住民の方々の御理解もいただきながら、調査研究していく、こういう御答弁でございました。

 このような経過を踏まえ、会派として、先般鈴鹿市の施設を視察してまいりました。昭和60年に整備が完了した施設でありますが、ゆったりとした駐車スペース、近代的なサロンや待合室、無煙無臭、短煙突式の焼却炉など、充実した施設となっておりました。前議会で部長答弁を踏まえて当局の早急な対応、すなわち整備計画の策定等、具体的対策の検討に踏み出していただきたいと思いますが、いかがでありましょうか。この件につきましては、最初に御質問いたしましたように、大変多くの市民からこのことが訴えられておりますので、大変恐縮でございますけれども、定例議会に続いての御質問でございますが、御理解をいただき、御所見をお述べいただきたいと思います。

 続きまして、歯科診療の6歳児までの無料化をということでお尋ねをいたします。この件につきましては、昨年の6月定例会で阿部議員の方より御提案を申し上げました。以来1年が経過をいたしました。特に4歳から5歳ごろは、永久歯の虫歯の発生がしやすい時期であると、これは医学的にも言われております。この大切な時期、4歳、5歳の時期こそ、虫歯予防と早期治療が本当に必要とされることは、言うまでもないと思うところでございます。改めて、当局の研究された内容と取り組みについて御見解を伺っておきたいと思います。

 続きまして、福祉推進制度の設置をということでお尋ねをいたします。丸亀市では、各地区福祉推進委員と在宅ボランティア協力員を選任し、それぞれの役割分担を決め、福祉ニーズの早期発見、早期対応を図り、小地域の中でお互いに助け合い、いつでも必要な施策、福祉サービス、社会資源等を活用しながら、だれもが住んでよかったと言える福祉の町づくりを目指しておられます。名づけて福祉推進制度ということでございます。

 そこで、福祉推進委員の役割として、1つとして、担当地域内で常時福祉相談の窓口となる。2つ目といたしまして、適宜担当地域内を巡回して、福祉二ーズをキャッチする。3つ目といたしまして、援助の必要な状況とそれに伴う対策等を通報する。4つ目といたしまして、把握されたニーズが担当地域内で解決可能なものについて、ニーズに適合したボランティア協力員をお願いし、活動を依頼する。5つ目といたしまして、ボランティア協力員から報告のあったボランティア活動内容を報告する。6つといたしまして、活動過程で発生した諸問題を研究する。こういったことが主な役割でございます。

 加えてボランティア協力員の活動範囲といたしましては、福祉推進委員が把握した福祉ニーズを無理のない程度で行い、その経験の積み重ねの中で、福祉推進委員と連携をとりながら広げていく。役割といたしましては、1つ目に、福祉推進委員等の把握した対象者家庭への自主的な安否に対する訪問。2つ目といたしまして福祉推進委員からの連絡による対象者家庭への出向援助活動。3つ目といたしまして、福祉推進委員への活動内容の報告と、在宅ボランティ了推進委員会の参加といったことが役割でございます。地域に根差した福祉行政として、また福祉ニーズを幅広く取り上げる施策として、ぜひとも取り組むべきだと考えるわけでございますけれども、当局の御見解をお尋ねしておきたいと思います。

 次に、住宅団地の青空駐車等の違法駐車対策についてお尋ねをいたします。一家に数台自動車を所有し、駐車場がないため路上に駐車して近所とトラブルか起きたり、消防車や救急車が通れないといった状況か特に住宅団地を中心に惹起しております。警察の方々も力を入れているようでございます。この件につきましては、なかなか地元での解決は、人間関係の壁に阻まれ、思うようにいかないのが現実でございます。津市内の状況と警察の対応等を把握していることについて、お尋ねをしておきたいと思います。

 なお、市営住宅の現状と対策についてお尋ねいたしましたが、聞き取りの段階で大筋で理解をいたしました。詳細につきましては建設委員会でお尋ねしてまいりたい、このように思いますので、ここでは省略をいたしたいと思います。

 質問の最後になりますが、通学路の総点検についてお尋ねをいたします。公明党は、独自に通学路の総点検を全国的に行わさしていただきまして、私どもも津市においても全市的に総点検を実施いたしました。5月23日の参議院予算委員会で中村建設大臣は、通学路の安全点検調査について、児童と一緒に歩き、児童の目の高さで点検する。結果をもとに交通安全施設の整備を推進すると積極的に対応することを明言されました。建設省の道路局長は、ことしの夏までに全国で幾つかの小学校を選びモデル調査を行う、また全国2万4,000の小学校で一斉に行うという答弁を行い、調査の概要を初めて明らかにいたしました。

 さらに同局長は、小学校、警察などから構成する検討会をつくり、通学路を通して交通安全のネットワーク化を図る考えを示されました。また、予算措置につきましては、通学路には通常事業より多い10分の5.5の補助率が認められているとの前向きの答弁でありました。平成5年3月議会で、3月12日に竹沢議員が質問いたしたところでございますが、その直後に建設省が前向きの姿勢を示されたわけでございます。お聞きしましたところ、県にも市にも何の通達も来ておらないとのことでございますけれども、国の即応体制のまずさに苦言を呈しておきたいと思いますが、近い時期に何らかの対応が必要となってくると思われます。これに対する当局の見解を伺っておきたいと思います。

 以上で公明党議員団としての代表質問を終わらせていただきます。(拍手)



○議長(稲守久生君) 質問の途中でございますが、午さんのため、暫時休憩いたします。

         午前11時52分休憩

         午後1時再開



○議長(稲守久生君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 総体質問を続行いたします。午前中の梅崎議員の質問に対する当局の答弁を求めます。

         〔市長 岡村初博君 登壇〕



◎市長(岡村初博君) 議案第63号にかかわりまして、数点にわたりまして御質問をちょうだいいたしました。今回の私どもが行おうとします環境影響評価調査の委託内容等については、御了承を大筋でちょうだいいたしておる、こういうことでございますが、県の環境影響評価の実施に関する指導要綱に基づきまして実施しようとするものでございまして、地域の概況のほか、人の健康または生活環境に係る項目として、大気質及び気象を初め悪臭、水質、土壌など、自然環境に係る項目としては、地形、地質、植物、動物などのほか、自然景観に係る項目をも調査するものでありまして、専門調査団体に委託の上、約1年半程度の期間で実施を予定してある、こういうことでございます。

 そこで、第2点目として、一応オフィスアルカディアにかかわっての平成9年度には一部開業にまでこぎつけたい、こういうことに対しまして、企業誘致が非常に重要になってくるのでないか。そういうような中で、そういうことになりますと、この大きな用地のセールスポイントには中勢バイパスがなるのではないか、こういうふうな御所見のもとに、それら中勢バイパスの進みぐあいはどうか、今後の対応はどうするのか、こんなふうな御趣旨のお尋ねであったように思いますが、したがいまして、私どもはかねがね中勢バイパス道路につきましては、一日も早いひとつ供用開始を、こういうことで建設省に対しまして協力をさしていただきながら今日まで来ております。

 この津関線から306号までは、幸いこのバイパス路線の中でも既に事業認可をちょうだいいたしまして、さらにまた用地買収にも入っていただいておりますし、地元に対しての説明も既にして、用地買収の段階に来ておる、こういうことでございますが、御案内のとおり用地買収にかかわっては、いろんな条件といいますか、個人個人の所有者の方たちの事情等も出てまいりまして、若干の日にちはまだ要るかと思いますけども、さらにそうなりますと、今度は具体的にはまた影響調査等も建設省でされると思いますし、さらにまた、学術調査等といいますか、遺跡等の問題等もあるわけですが、幸い中勢道路につきましては、比較的、発掘調査しなきゃならん遺跡というのはほとんど見当たらん、こういうことですから、比較的用買が進めば事業は早めることができる、こう思っておるわけでございます。

 したがって、今後とも、やはり相当な最近の交通に耐え得る進入路がなければ、セールスポイントはないわけですから、それらを踏まえて、特に重点的にこの地域の中勢道路の整備を国に対して要請をしていきたい、こう思っております。

 次に、さらにそういう状況の中で、より誘致に有利な条件が必要ではないか、こういうことでございまして、私どもとしては、ただいま、既にお答え申したような形での対応はさしていただいて強力に進めていきたい、こう思っております。いずれにしてもこれからの大きな課題でもあるわけでございますから、精力的にひとつ進めてまいろう、こう思っております。

 ただ、今回は、第1期事業として、アルカディアを中心にして大体150ヘクタールを中心にいたしますが、まだまだ当初500ヘクタールの地域でございますから、それは先ほど来お話もありましたように、新しいリニア新幹線の停車駅との関係、あるいは第2名神との関係、これらも当然出てまいりますから、それらも視野の中へ入れて、この150ヘクの開発の進め方を考えていかなきゃならん。極めて異質のものを次々と張りつけるというわけには相ならんわけですから、したがって、そのゾーンそのゾーンとして、それが西の方へでもとにかく関連性を持ちながら広げられるというふうな、そんなふうなことも視野の中へ入れながら進めていかなきゃならん、こう思っておる次第でございます。

 中身どんな形になるかというのは、現時点ではあくまでも計画でございますから、大ざっぱな計画、4つか5つのゾーンぐらいの計画になろう、こう思っておりますけども、それらが一応機能的には集約しますけれども、また総合的には一つの調和を持つようにし、そしてそれがまたさらにより大きなゾーンにつながっていくような形に将来的には考えていかなきゃならん、こういうことでございますので、なかなか計画どおり進むかどうかは、これからの我々の努力と地元の皆さんの御理解、あるいは日本の経済の情勢、政治の情勢等の状況の中で、若干の消長といいますか、発展の度合いの変化等は出てまいろうと思います。しかし、大筋としては、流れとしてはそういう方向に行って、それが決して21世紀に間違ってなかった、こう言われる姿にしていきたい、こう思っております。

 そこで、御心配いただく財源でございますが、あくまでもこれらにつきましては、当然私どもとしては最も重要な関心を持っておる問題でございまして、当然民間等が相当強力に張りついていただく必要があるわけですから、あるいは住宅にいたしましても当然考えなきゃならない。人の住まない街区なんていうのは、それは夜になったら何かさびしいところになっちゃうわけですから、やっぱり人が住んでこそ初めて町が息づくわけですから、そういうふうなことを考えていきますと、そういう財源的な問題等については、やはり原価としての組み入れを当然していく、こういう原則があるわけですから、現在の津市の財政の中でそれを圧迫するような形での財政対応というものは当然考えていない、基本的にはそのようにまず御理解をちょうだいしたい、こう思います。しかし、必要なものはやっぱり公共として対応さしていただく、こういうことになろう、こう御理解をいただきたいと思います。

 したがって、ここで数字をどうのこうの、こういう段階でもまだございませんので、基本的なことについてまず御理解をしていただければ幸いだ、こう思います。むしろ逆にそれがプラスに一日も早くなるように、こんなふうな考えでございます。

 それから第1期のアルカディアは平成5年度を目標に一応開業というところに行っておりますけれども、他の150ヘク全体については、一応悪くとも10年間には形を整えたい、こんなふうな一応の目標を置いております。

 壇上から以上私からお答えさしていただいて、他は担当部長からお答えいたします。

         〔助役 近藤康雄君 登壇〕



◎助役(近藤康雄君) 御質問のありました岩田川の浄化対策につきまして、私から御答弁申し上げます。

 生活排水対策推進計画、これができておりますれば、お示しいたしましてお答えになるんですけれども、昨年の4月、重点地域に指定されましてから作業を進めておりますが、でき上がっておるんですけれども、関係機関といいますか、河川管理者あたりとまだ少し整合をとらなきゃなりませんので、いましばらく御猶予いただけませんでしょうか。じきにお示しできると思います。

 といいましても、具体的な内容でありますけれども、下水道なんかの生活排水の処理施設の整備促進、こういう観点と、それからもう一つは啓発からできております。前者につきましては、流総計画の区域内でありますから、こういったものと整合をとっていかなきゃならんと思います。後者につきまして、啓発でありますけれども、既に御案内の懇談会の答申がございます。そういった内容を考慮しながら、台所なんかの発生源対策でありますとか、それから地域ぐるみの活動といいますか、それは組織づくりなんでしょうけれども、普及啓発、指導員の養成とか、情報収集とか、そういったようなところに配慮をいたしまして実践をしていきたいな、こういうふうに考えております。

 以上でございます。

         〔水道事業管理者 河合安雄君 登壇〕



◎水道事業管理者(河合安雄君) 美里村地内ゴルフ場増設計画に係る対応についての中で、取水口、待口川のせきの操作を自動化にということでお答えをさせていただきます。

 先日竹田議員さんの御質問で、取水口ゲートの自動化について調査研究いたしますとお答えさせていただいたところでありますが、御提言いただきました遠方監視システム等につきましても、関係機関等の協議を含め、慎重に研究をしていきたいと思いますので、御理解賜りたいと存じます。

 以上でございます。

         〔総務部長 宇田川和風君 登壇〕



◎総務部長(宇田川和風君) 印鑑制度の改善を、についてお答えを申し上げます。

 市民の皆さんに提出いただく書類への押印の省略につきましては、以前にも御提言をいただいておりますが、市といたしましても、市民サービスの向上や簡略化を図るため、現在押印省略に向けての整理を行っているところでございます。押印が必要な書類等の中には、明文規定に基づくものなどがございまして、それらの整理が秋ごろには終了するものと思われますので、終わり次第、各課との意見調整を行い、不必要な押印は可能なものから早期に省略をするよう努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

         〔産業労働部長 片岡次夫君 登壇〕



◎産業労働部長(片岡次夫君) パート労働者が働く上で健康管理について保障を確保する必要があり、その対策はどのようにしているかという御質問につきましてお答えいたします。

 近年パート労働者は増加の傾向にあり、パート労働者を抜きにした労働対策は語れない状況にあります。御承知のように、労働者の健康管理といたしましては、労働安全衛生法に事業主に対し労働者の健康診断を1年に1回義務づけております。また、健康保険への加入につきましては、原則として従業員が5人以上の事業所が強制適用事業所になっているわけでございますが、パート労働者の多くは、配偶者の被扶養者になっており、扶養手当等の関係から、健康保険へは加入をしたがらないのが実情でございます。

 このようなことから、労働者の健康管理につきましては、労働基準局等関係各行政機関と連携をとりながら、事業主やパート労働者に対してより一層の周知を図るよう啓発に努めてまいりますので、よろしく御理解を賜りますようお願い申し上げます。

         〔福祉保健部長 澤田信之君 登壇〕



◎福祉保健部長(澤田信之君) 御質問の在宅老人家庭の住宅改造の工事費の助成についてお答えいたします。

 現在高齢化がますます進行する中で、高齢者は住みなれた町で家族や仲間たちと安心して快適に生きがいを持って生活が送れることを望んでおります。このような観点からも、老人家庭の住宅改造が有効な対策であると認識しております。現在、三重県社会福祉協議会におきまして、高齢者住宅整備資金貸付の制度があり、居室等を増改築または改造するために必要な資金の貸し付けが行われておりますが、今後も国県に対してこの制度の適用拡大を要望してまいりますとともに、助成制度につきましても、先進都市の状況等を調査しながら研究してまいりたいと存じます。よろしく御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 次に、福祉推進制度の設置を、につきましては、今後とも高齢者人口の急速な増加により、高齢期を地域社会で過ごす時間が進捗する中で、ますます地域社会における交流や連帯が重要になってくると思われます。地域社会で高齢者等の生活を支えるには、行政による施策の推進に加え、地域内で福祉を住民自身の問題としてとらえ、互いに助け合う地域の潜在的な力を生かしたぬくもりのある地域福祉活動が必要になってくるものと考えておりますので、今後先進都市の状況等も調査してまいりたいと思いますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

         〔市民部長 家城隆一君 登壇〕



◎市民部長(家城隆一君) 斎場の整備について御質問をちょうだいいたしましたので、お答えいたします。

 御質問いただきました斎場の整備につきましては、さきの本会議におきましてもお答えさせていただいたところでございますが、御視察いただきました先進地の状況を踏まえて、本市の取り組みはどうかということかと存じます。

 御質問のとおり、近年建設されます火葬施設につきましては、大変近代的な設備を持った施設となっております。御承知のとおり、本市の斎場は、昭和47年に建設され、その後昭和58年に大改修を行い、また平成3年、平成4年には計画的な火葬炉の改修も施し、現在に至っております。御質問の趣旨は十分理解いたしているところでございますが、御趣旨を踏まえまして今後に向けて研究を進めてまいりたいと存じますので、よろしく御理解をお願いします。

 歯科診療の6歳児まで無料化について御質問をいただきましたので、お答え申し上げます。平成4年の本会議でも御質問いただきお答えさせていただきましたが、歯科疾患の発病は本人の生活習慣がかなり影響することから、歯科保健に対する広報等を通じて普及啓発を行うべきであると認識いたしております。特に4歳から5歳ころは、永久歯虫歯の発生しやすくなる時期でございますし、虫歯予防と早期治療が必要であり、歯科健康診査、歯科保健指導、歯科予防措置等が重要であると考えます。

 本市の乳幼児医療費事業は、県単事業に比べ1歳上乗せをいたしまして、3歳未満の乳幼児までを対象といたしております。この事業の平成4年の実績を見てみますと、登録対象者数は4,705人で、そのうち歯科診療に係る助成件数は242件、助成額は49万1,000円となっております。なお、県の医療費事業のうち、母子家庭医療費助成事業において、年齢制限を15歳未満の者までとしておりましたが、本年4月より、本市と同様に18歳未満の者までと拡充されました。このような経緯もあり、6歳までの歯科診療無料化につきましては、他都市の状況、動向等もあわせ調査研究し、県または関係機関へ引き続き要望してまいりたいと思っておりますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

 次に、住宅団地の青空駐車等の違法駐車対策について、現在の状況と警察の対応について御質問いただきましたので、お答え申し上げます。

 青空駐車の問題につきましては、法律により道路を保管場所として使用してはならないと従来より定められておりますが、現実は全国的にも大きな社会問題となっております。津市におきましても、主な住宅団地だけで約3,000台もの青空駐車がなされており、市民生活にも一部支障を来しているのが現状でございます。

 このような状況の中、平成3年7月1日からこの法律が一部改正されまして、違反者に対する罰則等が強化されたところでございます。これに伴い、津警察署では、管内の主な住宅団地の関係自治会長さん65名の出席による青空駐車防止対策懇談会をこれまで2回開催し、また津警察署管内地域交通安全活動推進協議会とともに、特に状態の悪い団地について、警告ビラなどによる指導啓発活動を実施するとともに、当該自治会との懇談会を積極的に実施し、駐車場所の確保について指導が行われております。この結果、約1,000台程度が減少したと聞き及んでおりまして、津市といたしましても、昨年度に違法駐車追放を訴えるチラシの自治会回覧や、交通安全運動などへの取り組みの中で、広く市民の皆様に啓発を図ってきたところでございますが、今後におきましても、市政だより、チラシなどによる呼びかけやキャンペーンの実施を通じ、機会あるごとに広報啓発してまいりたいと考えておりますので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。

         〔教育長 荒木務君 登壇〕



◎教育長(荒木務君) 通学経路について御質問いただきましたので、お答えを申し上げます。

 通学経路につきましては、各学校におきまして、地域の保護者の方々の御協力を得ながら、最も安全な経路を指定しているところでございますが、教育委員会では、毎年学校や地域から危険と思われる箇所の整備について報告を受け、関係各機関と連携して、計画的、年次的に整備しております。

 なお、御質問の建設省からの通学路改善についての通知等があれば、関係部課と協議の上取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。



◆6番(梅崎保昭君) 一通りの御答弁をいただきましたので、まとめてまいりたいと思います。一部改めてお尋ねしたいとこがございますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。

 まず、上程議案の議案第63号の関係でございますか、いろいろ御努力いただいておることをお聞きいたしました。壇上でもお話ししましたように、中勢バイパスの事業計画と本事業との関連性、これ非常に大事なことであるというふうにとらえていただいておる、こういうふうに受けとめさしていただきました。そういったところで整合性を持たせていただいて、この事業がスムーズにいくようにぜひお願いしたいと思います。

 それで、財源の見通しですけれども、本市全体の総合的な財政との関連について若干お尋ねいたしましたけれども、やはり平成元年から3年度ぐらいの公債の比率、それから同年度間ぐらいの経常収支、大分財政的に硬直が懸念されますので、財政の弾性的な係数としては、経常収支比率あたりが目安になるんじゃなかろうか、こんなふうに感じます。どの程度のものなのか、ちょっとお尋ねをしておきたいと思います。

 市政一般につきましてまとめていきたいと思いますけれども、水道の取水口の自動化の問題でございますが、壇上でこれも申し上げましたように、自然現象でございます。どんなことがあるかわからないということで御提案申し上げたわけですけれども、ぜひ実現の方向で協議していただきたい、このように思うわけでございます。そうでなければ、やはり提言にもありましたように、取水口の上流にゴルフ場ができるという、非常に美里村の活性化ということもわかりますけれども、我々その水道を飲んでおる立場、津市民としては、現段階で非常に懸念のされるところでございます。やはりそういったより安全な方策を御検討いただくということで、前向きに御検討いただくことをお願いしておきたいと思います。

 次の印鑑制度ですけれども、率直に申し上げて若干日にち的に非常にたっておるんではなかろうか、そんな気がいたします。なぜかといいますと、やはりやらないかんという考え方で私どもと行政側とは一致しておる。やろうやないかという形で御検討をいただいておるという判断に立ってやはりおるとすれば、若干作業が2年もかかっておってはどうなんだろうかという気がいたします。そういった意味で、御答弁にありましたわけですけれども、積極的に推進をいただきたい、こういうふうにお願いをしておきたいと思います。

 次の岩田川の流域の浄化対策について助役さんから御答弁をいただきました。公共下水の推進については御努力いただいておりますし、また啓発的なことについては御答弁があったわけでございますけれども、率直に申し上げて、今後どういうふうに絵がかかれていくんだろうなという感じがわからないわけです。それでこの提言を受けてどういうふうに進めていかれるのか。そういったところをもう少し、今御答弁にあったんですけれども、かみ砕いてわかるようにもう少し御答弁いただけれは、こんなふうに思います。

 いわゆる生活排水てすので、住民の協力を得なければならん部分がたくさんありますし、もっと細かくいけば、各家庭で協力を願わんならんことがたくさんあると思うんです。特にその辺が焦点になってくる、こういうふうに思うんです。ほとんどが、岩田川であれば工場排水ではなくて、大半が家庭排水のような感じがいたします。そういった意味で、その辺のところをどのようなふうに今後絵がかかれていくのか、その辺のところが少しわからないような気がいたしますので、もう少し内容等について深めて、恐縮ですけれども、御答弁いただければ、こんなふうに思いますので、この点についてはお願いしておきたいと思います。

 その次のパート労働者の健康確保につきましては、市でできる部分、それから関係行政、関係箇所への働きかけが必要な部分、いろいろありますけれども、実態調査をした現状をひとつ大きく御認識いただきまして、積極的に進めていただくようにお願いしたいと思います。

 次の在宅老人家庭の住宅改造の工事費の助成制度の設置ということで御質問いたしました。研究をするということでございますが、やはり細かいことになりますけれども、お年寄りや体の不自由な方が見える、そして息子さん御夫婦やお孫さんが見えると。ある程度一般的な裕福な家庭でも、体の不自由な方、やはりお年寄りの方というのは、経済的にも多少あっても、例えば手すりをつけてほしい、こう思っておっても、やはり息子らにちょっと遠慮があるとか、言いにくいとか、やはり精神的ハンディを感じると思うんですね。そういったことを我々よく聞くわけです。そういった意味で御提案申し上げたわけなんです。いろんな福祉制度はあるのは教えていただいて承知をいたしておりますけれども、やはりお年寄りの方と若い人と一緒に住んだ場合に、そういったところまで踏み込んだ感覚での福祉行政でなければ、老後については、お父さんが天下とっとるというおうちであればよろしいけれども、やはり体が動かなくなれば、家庭の中では話ししにくいという部分がよく聞かれますもんですから、そういった意味で御提案申し上げました。ひとつそういったところを御理解いただいて、前向きに御研究をいただくことを切に要望いたしておきます。

 それから斎場の関係ですけれども、大変失礼な言い方で恐縮なんですけれども、全然やらないというふうに感じられるわけです。研究していただいておると思うんですけれども、これは壇上でも申し上げたように、本当に皆さんから御意見をよく聞きますもんですから、大変、いわゆる3月も御質問した、今度も何だという感覚もあったんですけれども、お尋ねをした、こういう経過がございます。ひとつ積極的に御研究いただきたい、こんなふうに思います。スペース的な問題とか、ある意味では地域に御協力をいただく問題でございますので、そういった課題もあろうと思いますけれども、前向きの御研究を切望しておいておきたいと思います。

 それから歯科診療の6歳児までの無料化につきましては、やはりお医者さん方に聞きますと、4歳、5歳あたり、この辺が一番いわゆる永久歯が虫歯になってくる。一生の問題ということで、大げさかもわかりませんけれども、歯にとっては永久歯が言うまでもなく虫歯になれば将来ともに歯そのものがだめになるというのは言うまでもないわけですけれども、そういう重要な時期というものは、何らかの形でとらえていただくということが大事なんではなかろうか、こういうふうに思います。そういった意味で積極的な行政の推進をお願いしたわけでございます。よろしく御研究いただいて、前向きの推進を要望いたしておきたいと思います。

 福祉推進制度の設置をということでお尋ねをいたしました。やはり本市におきましては、いろいろな福祉行政が推進されておりまして、確かに課題はありますけれども、福祉先進と言われておるところもたくさんございます。

 しかしながら、データを見ておりますと、やはり今流の進んだ電気機械と一緒で、設備はあるけれども、なかなかそこまで利用されておらない、福祉のニーズが要求するところまでいっておらないというようなことを地域におりましてよく感じます。そういった意味で、よりきめ紬かく福祉ニーズを吸い上げていくためには、そういった方々に御協力をいただくということは大切なんではなかろうか。福祉行政をさらに進める上では、大切なんではなかろうか、こんなふうに思いますので、御提案を申し上げたわけでございます。そういった観点から御研究いただきたい、こんなふうに思います。

 住宅団地の青空駐車等の違法駐車対策につきましては、御答弁にありましたけれども、市の方で積極的に対応できることにつきましては、お願いしたいと思います。これも壇上で申し上げたように、庁内とか地域ではなかなか腹を割っての話というのが、率直に言ってしにくい部分もございまして、解決に非常に戸惑っておるという地域がたくさんございますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 最後の通学路総点検でございますけれども、この建設省の対応、国の対応は非常に遅い。私ども確認をいたしまして、まだ県も来ておらないということでございましたけれども、一応待ちの姿勢ではなくて問い合わせていただいて、ひとつこちらの対応も、予算的にも、やはりそういったことであれば、国の方の優遇措置もあろうか、こういうふうに思いますし、そういったところも御研究を積極的にしていただければ、こんなふうに思います。これまでもいろいろと通学路については気配りをしていただいておりますけれども、そういった国の制度が出てくるということになれば、積極的に乗るべきであるというふうにいますし、そのようにお考えだと思いますけれども、ぜひともそういったことで進めていただきたい、こんなふうに思います。

 一部御質問いたしましたけれども、よろしくお願いいたします。



○議長(稲守久生君) 当局の答弁を求めます。



◎助役(近藤康雄君) それでは、再度、少し重複したような御説明になるかわかりませんが、お話しいたしたいと思います。

 一つは、処理施設の整備に関する事項ですけれども、これ集落ごとの検討でありますとか、それから経済性の検討でありますとか、そういうふうなことが内容になっておりますけれども、先ほど申し上げましたように、流総計画との整合がございますから、これはそういった中でやっていかれると思います。

 それから主として再質問の御趣旨にあったのは、もう一つ、啓発に関する事項ではないかと思います。原稿をちょっと見ながら要点をお答えしたいと思いますけれども、生活排水対策の啓発の必要性というのは、これは御承知のとおりだと思います。家庭での生活排水の対策源でありますけれども、台所対策、それからもう一つは小型の合併処理槽によるところの対策、そういったようなところが内容になってまいると。台所ではいろいろ具体的に提言があると思います。残ったものをどういうふうにするとか、お米のとぎ汁はどうするとか、何か細かいことがずっといろいろと内容になってくると思いますし、洗濯のときの対策も、洗剤等をどういうふうにしてやっていくのか、おふろはどうするのか、こういうきめ細かいような内容になってくると思います。

 それからもう一つは、啓発の推進方法でありますけれども、これもいろいろ考えられますけれども、イベントを行いますとか、それからマスメディアによる啓発でありますとか、指導員制の導入でありますとか、環境教育の推進でありますとか、各種いろいろなものになってくると思います。

 いずれにいたしましても、私思いますのに、計画作成だけではございません。永続性が必要でございまして、それへの取り組みということが大切になると思います。岩田川だけではなく、津市全体がそういったような取り組みができるように努力をしてまいりたい、こんなふうに思います。

 以上です。



◎財務部長(大河内徳松君) お答えいたします。

 まず、年度別の公債費比率でございますが、平成元年度11.8%、平成2年度13.1%、平成3年度は13.2%となっておりまして、次に経常収支比率でありますが、平成元年度72.9%、平成2年度73.0%、平成3年度76.7%となっております。

 以上であります。



◆6番(梅崎保昭君) 議案第63号関係は、やはりお聞きしましたように、若干財源が硬直の方向を示しておりますし、公債比率も13.2%ということで、やはり15%にかなり近づくであろう、また通り越すのではなかろうかという、これは推測で恐縮ですけれども、そんな感じがしないでもありません。そういった意味から、本プロジェクト事業につきましては重要な事業でありますし、また推進していただきたいという観点から御質問いたしましたけれども、ひとつ総合的な財源、また部分的な財源につきましても、ひとつ対応を的確な判断をお願いして進めていただきたい、このように要望いたしておきたいと思います。

 それから岩田川の流域の浄化対策につきましては、若干細かく御説明いただきましたけれども、何といってもやっぱり解消しなければならないわけです。あの岩田川の状況を何としても解消していただかなければならん。そういった意味で、この提言をひとつ事業化する、そしてさらに解決という方向で生かしていただくことを御要望しておきたいと思います。

 その他若干の御質問をしたいところもありますけれども、他の機会に譲りたいと思います。

 以上で終わりたいと思います。



○議長(稲守久生君) 27番 山岡祥郎君。

         〔27番 山岡祥郎君 登壇〕



◆27番(山岡祥郎君) 私は市政研究会を代表して登壇いたしました。よろしくお願いをいたします。

 今日の日本経済の現状を見るに、使い古された言葉でございますけれども、バブル経済の崩壊、円高不況と、産業界は大変厳しい状態でございます。このことは、私たちの市民生活にも大きな打撃を与えることは言うまでもありません。このような状況のもとで、国の政策と相まって、景気浮揚の経済対策として、10億円に上る例年にない前倒し補正予算を組まれたことを高く評価するものであります。中でも、特に毎年6月の補正予算に計上されてなかった繰越金の2億665万の計上は、財務当局の勇気ある積極的な姿勢に拍手を送りたいと思うのでございます。事業の積極的な推進に効果のある補正予算の計上で、地方経済にとってよい刺激になることを期待しまして、質問をいたしたいと存じます。

 議案第63号平成5年度補正予算について質問をいたします。

 まず、総務費プロジェクト推進費伊勢湾ヘリポートについてお伺いをいたします。中部新空港へのアクセスとして、また県下防災上の見地から、その必要は理解をするのでございます。しかし、第三セクターとしての株式会社伊勢湾ヘリポートの経営は、大変厳しいものがあるように思います。そこで、今回使用料の単価設定と係留予想の台数で、当初に立てた年次計画どおりいくのかいなという心配もございます。そこで、累積赤字が増大した場合に、委託料の増額という形で補てんをされるのか、その点をお伺いをいたしたいと思います。

 なお、管理委託料の内容につきましては、聞き取りの段階でも了解いたしましたので、割愛をいたします。

 続いて、中勢北部サイエンスシティについてお伺いをいたします。津市の第3次総合計画に盛られながら、影の薄かった構想が、地方拠点都市指定によって急に表舞台に躍り出た感がございます。北部にも遅まきながら日の当たるプロジェクトができたかな。ややもすれば中央部や南部に活性化のプランが偏るきらいがある中で、北郊議員団の一人として、胸の熱くなる思いがするのでございます。

 先般、同僚の伊藤議員の提案により、1年生議員で岡山吉備高原都市を視察してまいりました。高原都市へのアクセス、進出企業、教育、そして居住等幾多の問題をはらみながら、恵まれた自然環境の吉備高原都市に出現した都市は、既に動き出しております。

 視察で感じた課題の一つは、核となる企業体であります。魅力ある企業体を誘致されれば、マグネット効果と申しますか、関連する企業の進出も容易ではなかろうかと思うのでございます。しかし、既に拠点都市の第1次指定が14地域ございます。第2次指定、我が津市を含めて18地域にあり、計32の地域が、それぞれ誘致合戦を繰り広げるのでございます。中勢バイパス、近鉄、JR、三重大学、中部新空港等周辺設備の条件はそろっているものの、勝敗を決するポイントは、ぜひとも津に進出したいという、500ヘクタールにわたるすばらしい事業化計画ではなかろうかと思うのでございます。

 私は、時折プロジェクト室に顔を出します。そこにぴんと張られた緊張を感じるのは、私一人でありましょうか。津は化石の町という悪口を耳にする中で、プロジェクトの若い職員は、全員が真剣にサイエンスに取り組んでおります。新しい町づくりに燃えているのであります。ようやく化石が目覚めて、若い命が胎動しているようであります。サイエンスシティと津市とは運命共同体であります。サイエンスシティの成功は、津市の活性化に直結いたします。甲斐の武田節に、人は石垣、人は城とあります。職員の士気を高める市長の人材育成に意のあるところをお聞かせ願えれば幸いと存じます。

 そこで質問いたします。事業化スケジュールにある企業誘致活動として、既に企業へ資料を送付したとのことでございますが、その反応はいかがなものでございましょうか。また、公共施設をどの省庁にターゲットを絞っているのかお聞かせをいただきたいと思います。

 次いで、河芸町、国、県との協議において進めるべく手順をお聞かせいただきたいと思います。

 なお、環境アセスの調査項目は既に報告をいただいておりますので、割愛をいたします。

 次いで、ごみ収集車についてお伺いをいたします。今回の補正予算で5台のごみ収集車の購入が計上されております。そこで、職員数とごみ収集車との関係で、望まれる保有台数は何台かお伺いをいたします。現在の保有台数と、毎年買いかえの台数がわかればお知らせをいただきたいと思います。

 なお、この際、新しい5台のごみ収集車を購入するのでございますから、市民にごみ問題をアピールする意味で、収集車の外装を一新していただくことはできませんでしょうか。例えば市の鳥シロチドリをかくとか、市の花ツツジなどを模様化して車体に描くのはいかがなものでしょうかということを提案いたします。

 続いて、津駅見当山線についてお伺いをいたします。新しい総合文化センターの建設が始まって、その周辺が大きく変貌いたしております。完成後には、車も多くなるものと考えます。当該の住民といたしましては、新総合文化センターのオープンまで道路整備ができるんかいなという心配ございます。整備ができないと周辺が交通渋滞に巻き込まれるというおそれがございます。そこで、本年度当初予算と補正予算で、本年度に手がける工事内容と、来年の完成予定をお聞かせいただきたいと思います。

 続いて、市政一般に移ります。

 まず、今回全員協議会に提出されました美里村地内ゴルフ場増設計画に係る対応の基本方針についてお伺いいたします。津市は、津市水道水源保護審議会の意見を十分尊重しつつ、水道水源の保全に努め、諸条件を勘案して増設やむなしの判断をされたのでありますが、その意見書には、将来的にはゴルフ場の無農薬化が図られるよう厳正な指導に努められたいとあり、ただ単に意見を十分尊重しつつではなく、さらに一歩踏み込んで、意見書の上に立って無農薬化の対策を強く求めるべきであると思いますが、当局のお考えをお伺いいたします。

 次いで、学校5日制月2回モデル地区指定についてお伺いをいたします。なんじの国の青年を我に示せ、しからば我なんじの国の将来を示さん。西洋の哲人の言葉であります。日本のあすを担う青少年の大切な教育行政について、素人の私が質問をするのは、教育への冒涜だとおっしゃるかもしれませんが、お許しをいただきたいと思います。

 我が国の経済の発展はすばらしく、日本の名を世界に知らしめました。勤勉な国民性に加えて、教育制度もその一翼を担ったものと思うのであります。しかし、その教育制度にも、詰め込み、落ちこぼれ等疲弊が出てまいり、週休2日制とも相まって、ゆとりの教育として週5日制が導入されたものと考えるのであります。

 しかしながら、週5日制月2回も試行錯誤の状態であり、先日来の新聞報道にもございますように、文部省と県教委との足並みがそろわず、揺れ動いております。そのしわ寄せが児童生徒に来るようでは、何のための改革かいなと理解することができないのであります。あすの津市を担う児童生徒のために、週5日制月2回が本当に必要なんでありましょうか。昨年導入された月1回をどのように評価されたのか。導入の必要性と昨年の評価をまずお聞きしたいのであります。

 次いで、本年度における小学校と橋北中学との短縮される授業時間は、それぞれ何時間でありましょうかお伺いをいたします。特に高校受験を控えた3年生にどのような配慮がなされたのか。保護者、PTAの説明にどのような反応があったのか。モデル地区としての重ねた調査研究の内容、あわせてお伺いをいたす次第でございます。

 続いて、高度救急業務開始に伴う消防体制についてお伺いをいたします。まず、消防救急業務については、職務とはいえ、奥田消防長初め署員の皆さんの昼夜を分かたぬ勤務に、私たち市民は心安らかに日々を送ることができます。まず感謝をいたすのでございます。特に、消防業務においては、津市の実情に合った消防機器の研究開発に取り組まれ、数々の特許を申請されております。改めて敬意を表するのでございます。

 さて、7月から始まる救急救命士による高度救急業務の具体的な活動と、今後の救急業務の展望と、あわせて救急隊員の組織的専門化による消防隊員との役務分担についてお聞かせをいただきたいと思います。

 次に、安東贄崎線につきましては、担当者よりの聞き取りにおいて、誠心誠意交渉に当たっており、今が大切なときとの、一生懸命真剣に取り組んでおられる様子を伺い、私の本会議での質問でよからぬ波紋が起きてはと思い、早期解決を期待し、工事再開の早からんことを願いつつ、質問を取り下げます。

 続いて、白銀環境清掃センターについてお伺いをいたします。今や、ごみ問題は毎日のようにテレビ、新聞等で取り上げられ、減量、減容について議論がなされているところでありますが、人間が生活を営む以上どうしても排出されるので、その処分については相当な労力と経費が必要であります。全国的にも、焼却炉の立地、処分場の確保は、自治体の重要な施策の一つであります。幸い津市においては、地元の理解により第1期処分場に引き続き第2処分場が確保され、地元の方々には感謝をしなければならんと思うのでございます。第2期処分場も、計画搬入量を大きく上回り、大幅に埋立期間が短縮されるやに聞き及んでおります。

 そこでまず、第2期処分場の埋立年数はあと何年あるのかということをお伺いいたします。

 2点目として、第1期処分場は地盤沈下も激しく、メタンガスの発生で建造物も建たず、運動場としての使用も不可能と聞きますが、ほかに有効利用のお考えがあればお聞かせをいただきたいと思います。

 次いで、志登茂川流域下水道についてお伺いいたします。昨年度の建設水道委員会において、終末処理場が白塚と河芸町にまたがる地域に設定されました。早期着工をこいねがうものでございますけれども、その後河芸町や県とのとるべき手順をお伺いし、また年次別の目途もできましたらお伺いをいたしたいと思います。

 次いで、新総合文化センターの周辺整備について提案をいたしたいと思います。平成8年から第4次総合計画が発足するであろうという仮定で提案をいたします。総合文化センターがオープンする平成6年の秋に合わせて、中勢バイパス、豊里久居線、津駅見当山線等周辺道路の整備が進んでおります。その周辺には、今申し上げました新築されるであろう総合文化センターがあります。県の美術館もあります。三重の短大もあります。考古群が3つもあります。未確定ながら、県立の養護短大も移転やに聞いております。ほかに類を見ない教育文化ゾーンであると思うのであります。手狭な三重短大、老朽化した体育館、そういうものを思うにつけ、この恵まれた教育文化ゾーンに移転されてはどうかと、市長のお考えをただすのでございます。

 最後に、地方拠点都市指定についてお伺いをいたすのでございますけれども、先ほど来の質問で了解をいたしました。津の3本柱といたしましては、中勢北部サイエンスシティと、津駅前再開発に伴う都市整備と、丸之内再開発という大きな3本柱がございます。ほかにもなぎさまちもあります。長谷山もあります。競艇場の建てかえもあります。勤労青少年のホーム建てかえも問題になっております。ごみ焼却場の問題もあります。体育館の問題もあります。重要な懸案事業が山積をいたしております。市民に淡い夢だけを植えつけることなく、できるだけ実現に向けて御努力をお願いをいたしまして、壇上からの質問を終わります。ありがとうございました。(拍手)



○議長(稲守久生君) 暫時休憩いたします。

         午後2時7分休憩

         午後2時27分再開



○議長(稲守久生君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 総体質問を続行いたします。山岡議員の質問に対する当局の答弁を求めます。

         〔市長 岡村初博君 登壇〕



◎市長(岡村初博君) 一般会計補正予算にかかわりまして、中勢北部サイエンスシティの推進につきまして、種々現下の情勢等踏まえまして、企業へのアクセス等大変重要である、こういう認識の上に立ちまして、いろいろと御提言なりあるいは御意見等ちょうだいしたわけでございまして、民間企業誘致のために300社ほどに対しまして、今調査依頼をお願いして、返事をいただくように連絡しておるわけでございますか、それに対しましてどのような反応か、こういう端的な御質問だったと思いますが、まだまだ全部返事が来ている段階ではございませんけれども、現下の大変厳しい経済情勢、これを確実に反映しておる、このように思います。したがいまして、大変厳しい現在においては状況である、このように考えてはおります。

 しかし、一極集中を排除しようという命題は、これは日本経済組織の中におきましても、ずっとまだまだ政府においてもとり続ける大きな命題であるわけでございますので、それらに対する優遇策等々も、さらに必要に応じていろいろな手だても行われるてあろう、こう存じておりますし、したがって、今からそのようにいろいろと手段を尽くしなからPRを進めていく、こういうことは極めて重要なことである、こう思っておりますので、私どもも御意見等十分参考にさしていただきなから今後とも努力をしていきたい、こう思っております。

 おっしゃったように、やはり優良企業一つ来るならば、それを取り巻くいろいろな下請を含めていろんな問題、企業等の進出もある得るわけでございますので、そういうことも十分念頭に置きながら進めていきたい、こう思っております。

 それから今回の指定によりまして、6省庁かかかわっての拠点都市指定でございます。その中で国との調整の中でどういうところを中心に、こういうことだったのではないかなと御質問を思いますけれども、もちろんアルカディアについては通産省でございますから、これは中心に進めてまいりますが、しかし、それ以外にやはり業務施設等ということになりますと、民間、半官半民という組織もありますし、いろんな組織がございますので、それら等は各省庁を問わずそれぞれ持っておるわけでございますから、十分そういう点もひとつ私ども各省庁に対しましてアプローチをしていきたい、こう思っておりますので、ただそれは単発的に何か御用伺いに行く程度のことでは、やはり難しいと思います。したがって、常にそういうことができ得る対応、組織まではいきませんけれども、そういう対応策を具体的に講じていかなきゃならん、こう思っております。また、いろいろと今後の重要課題と受けとめておりますので、対応をより一層密にしていきたい、こう思っております。

 それから美里村のゴルフ場増設にかかわりまして、審議会等の御意見等も拝聴いたしました。私どもとしては、御案内のとおり、増設していただきたくないという気持ちは十分ありますけれども、他の町村のことでもあるわけですから、またやはりそれなりの他の町村としての考え方もあるわけでございますので、一方的なことばかしも言っておれないという現実でございまして、その中で、無農薬化について図られるようという御意見がありました。私どもとしては、それらは当然私どもが県へ意見具申する段階における一つの条件には当然になるわけでございます。ただ、それらを参考にされて県において最終的にはいろいろと検討される、こういうことになろうと思いますけれども、私どもの強い希望としてはそういうことは十分求めていくことはできる、こう思っております。

 次に、白銀環境センターにつきまして、いろいろとごみ問題等にかかわりまして御懸念をちょうだいいたしておりまして、具体的に、あと第2期処分場の埋め立てはどれぐらいか、こういうことでございますが、平成4年度の搬入量が11万4,500トンということでございまして、年間の計画搬入量に対しましては、25ないし30%搬入量が超過しておる、こういう現況でございます。したがいまして、当初14年と言っておったわけでございますけれども、25ないし30%ふえ続けて今の状態がいくとするならば、もう10年ぐらいにならざるを得ないんじゃないか、こう思うわけですが、さらにまたもう既にそれから終わってから2年たっておるということを差し引きますと、残念ながら7年か8年ぐらいで満杯になるんではなかろうかということが予測をされるわけでございます。

 それから第1期の方の有効利用につきましては、もともと第3次総合計画の中におきましては、そこに総合運動場のような総合レクリエーションのゾーン、こういう位置づけをいたしておるわけでございますが、現在の時点におきましては、ただいまその埋め立てたところにつきましては、粗大ごみ等の集積もいたしておりますし、そしてまたそれの選別場にもなっておる、こんなふうなことでございまして、ただいまはそういう鉄くず等が非常に安くなって、なかなか売却できない、こういう現況でございます。したがいまして、今すぐこの第1期のところの当初計画のような形での対応はできないという現況でございますが、いずれにしても周辺への景観整備の問題その他等々もあるわけでございまして、私どもとしても、できるだけ地元の御協力いただいた方々に対する対応策としての整備の方向について、より一層ひとつ研究をしていきたい、こう考えております。当面は、まだもうしばらくお時間をちょうだいしたい、こう思うわけでございます。

 それから新文化会館周辺の問題にかかわりまして、端的に三重短大を移転させたらどうか、こういうことでございますが、三重短期大学は今のところ江戸橋駅から大変至近の距離にありまして、大変便利なところでございまして、それなりに地域にも貢献もいたしておる、こう思いますし、今三重短期大学の学部を新しく創設する、こういうふうな計画もない段階でございます。したがいまして、今すぐに移転、こういうふうなことは計画はいたしておりません。

 しかしながら、これから、津市、特に北郊地域等については、別におくれておるわけではございませんけれども、大変変貌することは間違いございません。したがいまして、それらを含めて私どもとしてはやはり常に頭の中で考えておる問題でもありますし、場合によれば案外早くそういう時期が来ないとも限りませんし、何とも今のところは申し上げかねますけれども、ひとつ御提言等の趣旨は、また今後の政策展開の中で参考にはさせていただきたい、こう思っております。

 近ごろ、化石の町というお話もございましたが、もう二十数年前はそういう話もよく聞きましたけども、今まさに住みやすい町、こういう形の中で私どもとしてはぜひ進めてまいろう、こう思っておりまして、それなりの成果も上がってきておるように思っておりますので、ひとつ今後ともよろしく我が町に誇りを持ってお互いひとつ進んでいきたい、こう思いますので、よろしくお願いいたします。(拍手)

 壇上からは以上で終わらせていただきます。

         〔助役 近藤康雄君 登壇〕



◎助役(近藤康雄君) 御質問、それから御提言のありました清掃事業課のごみの車につきましてお答えをいたします。

 今総台数は40台です。現役が30台と、それから車の状態見まして随時使用しております予備車が10台、こういうふうになっております。

 それから過去の状態でありますけれども、平成元年ごろが35台でありましたから、現在が40台、それから平成5年予算をお認めいただきますと、廃車するのと買うのと入れかわりいたしまして、43台ぐらいの数字になると思います。

 それからもう一つ、望まれる保有台数はという御質問でありますけれども、今の形の業務では、今の車の数で支障がないと思います。将来収集地区が大きくなりましたり、それから分別収集とか、そういう形が変わってまいりますればまた別でありますが、それはそのときの対応をいたします。

 それからもう一つデザイン化につきまして御提言をいただきました。ごみの減量とかそれから環境保全につながります新しい感覚の御提言というふうに承りたいと思います。40台の車を今すぐ全部塗りかえという、御提言をいただきましてすぐ塗りかえますというわけにもまいらんと思いますけれども、そういうところで検討をしてまいりたいと思います。

 以上であります。

         〔プロジェクト推進部長 藤波津三君 登壇〕



◎プロジェクト推進部長(藤波津三君) 議案第63号にかかわりまして、ヘリポートの管理委託料につきまして、管理委託料の増額はあり得るのかという端的な御質問でございました。将来の収支見通しということでお答えをさせていただきたいと存じますけれども、株式会社伊勢湾へリポートは、極めて公共性の高い業務範囲の限られた会社でございまして、その収益は津市からの管理委託料が大半となるものでございます。

 当ヘリポートの管理運営にかかわります収支予測につきましては、将来的には使用収入をもって経費を賄うという基本的な考え方は変えておりませんけれども、当ヘリポートの利用状況によりまして、景気に左右されやすいことを考えますと、当面は厳しいものがあるんではなかろうかというふうに考えております。したがいまして、当面は5年度の実績を見る中で、6年度以降の収支見通しにつきまして検討してまいりたいというふうに考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。

 続きまして、同じく議案第63号の補正予算の申で、サイエンスにかかわります他市町村との連携ということで御質問を賜りました。御案内のとおり、当地域の整備構想の全体区域は498ヘクタールでございまして、河芸町区域が約177ヘクタール含まれておりまして、これとともに連携いたしまして、一体的に当事業に取り組むために、昭和63年度に、河芸町及び関係機関を含めました中勢北部サイエンスシティ整備構想推進協議会を設置をいたしまして、以来その事業化を目指しましていろいろの調査等に取り組んできたところでございます。

 今回、地方拠点都市地域としての指定あるいは当サイエンスシティを拠点地区として位置づけることを見込みまして、事業化を図るに当たりまして、4月に地元におきまして、中勢北部サイエンスシティ地域振興協議会が設立されたところでございますが、河芸町の関係者といたしましては、町会議員さん、関係自治会長さん及び地権者の代表者の方々に加わっていただきまして、町当局とともに事業の円滑な推進に御協力をいただいておるというのが現状でございます。今後とも、河芸町と連携なしにはこの事業が推進できないわけでございまして、その点につきましては常に連絡を密にいたしまして、両市町が息を合わせましてこの事業を推進できますように留意してまいりたいというふうに考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。

         〔建設事業部長 錦 金則君 登壇〕



◎建設事業部長(錦金則君) 議案第63号にかかわりまして、津駅見当山線の進捗状況についてお答え申し上げます。

 当事業は、津駅と津西部の住宅地を結びます幹線道路といたしまして、平成3年10月18日に事業認可を受けまして、事業に着手しているところでございます。起点といたしましては、津駅から県立美術館の前を通過しまして、既設の津駅見当山線と県立津商業高等学校前を通過します同じく既設の上浜元町線の交差部より市道の浜田長岡線までの延長約910メートル、幅員16メーターでございまして、平成4年度末までの用地買収の進捗率は、全体の約48%でございます。

 なお、改良工事につきましては、本年秋より着工を予定いたしておりまして、その内容といたしましては、下層路盤工を施工いたしまして、さらには平成6年度には舗装工を仕上げまして、秋の三重県総合文化センターの開館までに、暫定改良といたしまして、上津部田第1号線までの区間、延長約420メートルについて、完成に向けて鋭意努力してまいりたいと考えておりますので、よろしく御理解のほどお願いいたしたいと思います。

         〔教育長 荒木 務君 登壇〕



◎教育長(荒木務君) 学校週5日制関係の御質問にお答えを申し上げます。

 まず、学校週5日制は、子供たちがこれからの社会で生きていくために必要な、みずから考え、主体的に判断し行動できる豊かな資質や能力を身につけることを目指して導入されたものでございます。

 月1回の評価についてでございますが、昨年9月12日から実施しております月1回の土曜休業日につきましては、実施前は種々不安もございましたが、現在に至りますまでの評価は、児童生徒にとりましては、ゆとりある生活ができ、自分たちの個性的な時間が生かせるというよい反応が多数を占めております。また、保護者の皆様にも十分な御理解と御協力を得ておりまして、定着してきたものと考えております。

 次に、学校週5日制月2回の実施校におきます授業時数の短縮は何時間かという御質問でございますが、平成5年度は第4土曜休業日が7回でございます。土曜日は3時限の授業でございますので、計算上では21時限、ほかの学校より少なくなります。そこで、中学校では週時程を土曜休業日のない週をA週、土曜休業日のある週をB週とする2案を作成し、土曜休業日のある週はその週の中で授業時数の確保を行っており、実際には週時程の工夫により、他の市内の中学校とほぼ同じ時間数が確保されております。

 また、小学校の場合は、月3時限減となりますが、教科の授業時数を確保する意味から、写生大会、球技大会、スポーツテスト等の行事をそれぞれ図工科、体育科等の授業に位置づけたり、常時の清掃活動を充実して、大掃除の時間の特設をしなかったり、運動会の練習時間を効率よい方法で工夫したりして、授業時数の確保に努めてまいりたいと思います。

 次に、児童生徒の学力低下にならないかについてでございますか、授業時数の確保等に各学校とも創意工夫を凝らして取り組んでおりますので、他の学校と同様に学力が保持されるものと考えております。

 保護者、PTAへの説明とその反応についてでございますが、該当する各学校園におきましては、4月27日に県教委の調査研究協力校園連絡協議会で指定通知書を受領した後、PTA役員会、保護者会、PTA総会等あらゆる機会を通じて、保護者への理解と協力をお願いしてまいりました。津市教育委員会といたしましては、該当する校園長と協議し、5月11日に校園長と連名で、各保護者に向けて、平成5年度学校週5日制(月2回)調査研究協力校の指定を受けるに当たってという文書を配布し、この指導に対する理解と協力をお願いしたところでございます。

 その反応につきましては、5月22日の第4土曜休業日の実施状況調査によりますと、円滑に実施されたものと報告を受けておりますので、御理解のほどよろしくお願いを申し上げます。

         〔消防長 奥田 久君 登壇〕



◎消防長(奥田久君) 先ほどは、私ども消防の業務につきましていろいろとお言葉をちょうだいいたしまして、恐縮をいたしております。

 さて、高度救急業務につきましてのお尋ねでございますが、現在までいろいろと諸準備に取り組んでまいりました。諸準備と申しますと、救急救命士の病院実習、導入をいたしました高規格救急車の完熟運転、積載をいたしました高度応急手当器具の習熟訓練、あるいは関係の病院に設置をいたしました通信機器の操作訓練、こういうことをやってまいりました。これならいけるというめどがつきましたので、計画どおり7月1日から実施をいたしたいというふうに考えております。

 管内では一番救急業務の多い本署に高規格の救急車を配置をいたしまして運用をする予定でございますけれども、何分にも現在のところ、救急救命士はわずか1名でございます。どのようにすれば一番市民の皆さんのお役に立つだろうかということで検討いたしました結果、日勤勤務ということで運用をしてまいる計画でございます。救急救命士不在の時間帯につきましては、救急2課程の出身者が9名既に在籍をいたしておりますので、これをもって対応をしてまいるように考えております。

 救急救命士の増員につきましては、現在のところ国から与えられております枠は、年間ほぼ1名でございます。これではとても足りませんので、機会あるごとに、県国に対しましてもっと養成をしたいのでよろしくお願いをしたい、こういうことをひとつ上げてまいりたいというふうに考えております。

 次は、救急隊員の専従化の問題でございます。救急救命士はもちろん専従で使うつもりでおりますけれども、その他の救急隊員につきましては、現在のところ専従化は考えておりません。ただ、救急救命士の増員であるとか、あるいは高規格の救急車の増強に対応いたしまして、専従化の問題というのも当然考えていかねばならない、こういうふうに考えておりますが、現在は救急救命士1名の専従で対応してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。

         〔下水道部長 福森 操君 登壇〕



◎下水道部長(福森操君) 建設水道委員会の報告後の進捗状況と、それから年次計画という御質問いただきましたので、お答え申し上げたいと思います。

 御存じのように、中勢沿岸流域下水道の志登茂川処理区の進捗状況についてでございますが、御案内のとおり、平成5年4月12日に建設水道委員協議会で御報告さしていただきましたように、浄化センターの候補地を決定いたしましたところでございます。その後、地元とのコンセンサスを得るために、県及び関係庁と一体となりまして、関係漁業組合あるいは地元自治会等の代表者との接触を行いまして、事業の説明並びに環境アセスメント調査の御協力について協議、調整を行っているところでございます。

 そこで、ちょっと御参考に申し上げますが、この年次計画につきましては、雲出川左岸処理区につきましては、環境アセスメント調査をやってから供用開始まで約13年という期間がかかっているわけでございます。そういうことでございまして、現在の地元交渉の過程もございまして、確定的なことはまだこの計画については申し上げることはできませんですが、今後、作業及び準備の内容といたしましては、引き続き、今申し上げましたように地元の協議、調整を続けるとともに、環境アセスメントの調査の同意を得られました場合には、当調査の実施あるいは基本計画の策定等の諸準備に入りたい。そして法的な手続と申しますと、都市計画決定あるいは事業認可、こういうものを進めて、早期に事業の着手に向けて努力してまいりたい、こういうふうに考えております。

 いずれにいたしましても、公共下水道は、地元の協力並びに御理解が必要でございまして、今後も早期に事業に着手すべく努力してまいりたいと県とともに考えておりますので、御理解を賜りたく存じますが、よろしくお願い申し上げます。



◆27番(山岡祥郎君) 年がいもなく緊張しておりまして、順番も間違いました。改めて訂正をいたします。

 再度精査をしてまいりますが、救急業務についての御説明で了解をいたしたんでございます。それぞれの専門分野での活躍を願うものでございます。しかし、救急業務の組織的専門化によります将来を展望をいたしますと、現在でも2階のロビーや廊下に机を置いて処理をしているような状態を見るわけでございます。そういう中で、果たしていいものかどうか。来庁者の駐車場もないやに伺っておりますが、このような手狭な、大変大事な命を預かり財産を預かっていただくような業務の中で、手狭な庁舎でいいのかどうか。将来計画があればお聞かせをいただきたいなと思っております。

 それから教育の問題になるわけでございますが、橋北中学の授業を今報告いただいたんですけれども、結局は授業数においては少なくなるけども、内容は一緒やということになりますと、ゆとりやなしに、詰め込みというふうに感じるのでございますけれども、そういうとらえ方では違うんでしょうか。

 何か言葉が足りませんけれども、ごまかされているような感じがして仕方がないんですが、ゆとりということは、もう一度ゆとりの教育ということについては、私は本当にのんびりした教育やろと思うんですが、授業日数は減ったわ、教科は一緒やわというと、子供のしりをたたいて勉強詰め込み主義にならざるを得んやないか、本来のゆとりの教育に逆行した考えやないやろかということを感じるわけですが、ちょっとその点が納得しかねるんですな。

 指導要領をそのままにしといて、こんだけ教えよということをそのままにしておいて、時間を切るということは、私は、水を1リットル用意して器を小さくするようなものと違うやろか。教育は大事なことですから、ましてや受験を控えた親御さんの心配はどんなもんやろ。片方の学校で余分にいろんな課外活動ができるのに、片一方はできずに詰め込まれるということは、不公正はあらへんやろかというふうに思うんですが、そこら辺の、私は教壇に立ったわけやございませんので、その点の対応はしかといいのか。教育長、本当に教壇に立たれた経験から、ごまかしやなしに、本当にどうなんや。必要性というふうに言われましたけども、それは文部省からの通達の必要性であって、現場の先生から本当に必要だというた声が上がってきたんでしょうか。何か割り切れんところかございます。

 それから、文部省と県の教育委員会との足並みがそろっておりません。何か県は国に対して反骨精神と申しますか、ノーというふうなことのように伺いますんですが、仮に津の教育委員会として県に、それか正しいのか、正しくないのか、子供に必要なのか。必要でないとするならば、はっきりした態度とれますか。1年間に21時限短くなるわけですね。6年間というと、それに6掛けたらいいわけですな、小学校の場合。それが積み重なっていきますと、どんなもんでしょうか。心配ないんでしょうかね。余分なことを申しましたんですけども、再度答弁をいただきたいと思うんです。

 以上です。



○議長(稲守久生君) 答弁求めます。



◎市長(岡村初博君) 私から、消防の関係、御指摘ちょうだいしましたので、お答えをさせていただきたいと思います。

 御指摘のとおり、昔の消防と異なりまして、救急業務が入り、そしてまたさらに救急救命士等大変重要な役割を果たさなきゃならん、こういう形になってまいりましたし、また現在のところが下垂線で非常に交通量がふえてまいってきておりまして、あすこを消防車等が出入りするについても、若干やはり一般の方たちに迷惑もかけたりいたしますし、そういうふうなことを考えたりいたしておりますと、若干現在のところではもう手狭であり、ちょっと場所としてもどうかな、こんなふうな感覚は持っております。

 したがいまして、今後の救急業務等の充実、さらにまた周辺の市町村の関係も私どもいろいろと対応をいたしておりますから、そこらとの絡み等も踏まえて、やはり−−−ぼつぼつでってはいかんかわかりませんが、本年から来年ぐらいにかけて、ひとつ場所の選定等に取り組んでいってもいいんではないかな、こんなふうに考えておりまして、御提言の趣旨、十分私どもも理解をさしていただいておりますので、前向いてひとつ検討していこう、このように考えておりますので御了承いただきたい、こう思います。



◎教育長(荒木務君) 2点について御質問いただきましたので、お答えをしたいと思います。

 学校週5日制の2回の試行につきましては、教育課程のあり方、学校運営のあり方等について研究調査をするということで始めております。そこで、橋北中学校の授業時数の関係でございますけれども、壇上でお答えいたしましたように、A週、B週と申しましたが、奇数の週の時間割につきましては、学裁という学校裁量の時間が週に2回あります。それをB週のいわゆる偶数の週につきましては、教科の時間に振り充てております。そしてなおかつ水曜日の普通は5限で授業終わるわけですけれども、6限目に教科の授業を持ってきて、土曜日の3限をそこで行うという形にしておりますので、授業時数としては確保をされる。ただ、学校の中でのゆとりは、他の学校よりも少し少なくなる。しかし、土曜日が休みになりますので、地域、家庭におけるゆとりは十分とれるというふうな形で考えております。

 それから2点目のことでございますが、去る18日の新聞紙上等で、県教委に対して文部省が指導をなされたということが出ておりましたので、早速問い合わせをしたりしておりました。また、県議会でも答弁ありまして、きょう実は県の方から県教委の見解として4点示されておりますので、それを申し上げたいと思います。

 1、文部省から県単での試行は中止するよう指導を受けており、現在文部省と折衝中である。2、県議会において自民党及び県民クラブから続行すべしとの意見をもらっている。3、今後とも文部省の理解を得るよう努める。4、今月26日(土曜日)については、予定どおり試行願いたい。こういうことか来ております。

 議員さんのお話で、津市として県にどうするんだということでございますけれども、いましばらく今お読みしました県の見解をもっていきたい、こう考えております。

 以上でございます。



◆27番(山岡祥郎君) 教育長、私は、津の教育委員会として物を申していただきたい。県の顔色をうかがってしばらく様子を見るということでなしに、津の教育委員会としてこういうふうな態度をとるということができないのでしょうか。大変上級官庁には物を申しにくいということはわかっておりますけれども、やはり津の教育委員会としての週5日制をどういうふうに位置づけるかということがそこにないといかんように思うんですが、国から言うてきた、県はノーと言うた、また再度言うて、結局またもとへ戻るということになってくると、朝令暮改ということで、教育界は本当に混乱をするんじゃないかなと思いますが、県に対して教育委員会としての立場、教育長としての立場、経験を踏まえての立場を表明していただくのが一番いいんやないかと思いますが、それ以上追及いたしませんので、どうか教育長におかれましては、津の教育のためにひとつ尽力をしていただきたいということをお願いをして、質問を終わります。ありがとうございました。(拍手)



○議長(稲守久生君) 本日はこにれて会議をとどめます。

 明22日の日程は、上程議案に対する質疑と市政一般質問であります。

 本日はこれをもって散会いたします。

         午後3時10分散会