議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 津市

平成 5年  6月 定例会(第2回) 06月10日−01号




平成 5年  6月 定例会(第2回) − 06月10日−01号 − P.0 「(名簿)」








平成 5年  6月 定例会(第2回)



           平成5年第2回津市議会定例会会議録(第1号)

           平成5年6月10日(木曜日)午前10時開会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎市長(岡村初博君) おはようございます。招集に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 本日、市議会定例会を招集いたしましたところ、何かと御多用の中御参集いただきまして、厚くお礼を申し上げます。

 本定例会におきまして御審議いただきます案件は、専決処分の報告6件、条例の制定など議案8件の計14件であります。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 以上、甚だ簡単でございますが、招集に当たりましてのごあいさつといたします。



○議長(稲守久生君) 皆さんおはようございます。6月定例会開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆さん方におかれましては、公私何かと御多用の折御参集いただきまして、まことにありがとうございます。

 さて、今期定例会に提出されました案件は、ただいま市長のごあいさつにもございましたが、報告案件6件、条例2件、一般3件、補正予算3件、合わせて14件の御審議をいただくわけでございますか、そのほか追加議案もあるやに聞いております。いずれも重要な議案でございますので、慎重に御審議賜りますようお願いいたしますとともに、議会運営につきましても格段の御協力をお願いいたしまして、ごあいさつといたします。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             議事日程(第1号)

第1 会議録署名議員の指名

第2 諸般の報告

第3 会期の決定

第4 提出議案の上程−−−-説明

 報告第15号 専決処分の報告について

 報告第16号 専決処分の報告について

 報告第17号 専決処分の報告について

 報告第18号 専決処分の報告について

 報告第19号 平成4年度津市継続費繰越計算書について

 報告第20号 平成4年度津市繰越明許費繰越計算書について

 議案第58号 津市伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関する条例の制定について

 議案第59号 津市職員の勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部の改正について

 議案第60号 工事請負契約について

 議案第61号 財産の購入について

 議案第62号 財産の購入について

 議案第63号 平成5年度津市一般会計補正予算(第1号)

 議案第64号 平成5年度津市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第65号 平成5年度津市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             会議に出席した説明員

   市長                         岡村初博君

   助役                         近藤康雄君

   収入役                        松下憲夫君

   市長公室        市長公室長          森 貞夫君

               企画調整課長         宮武新次郎君

   プロジェクト推進部   プロジェクト推進部長     藤波津三君

               プロジェクト推進部次長

                              森 恒利君

               兼プロジェクト推進課長

   総務部         総務部長           宇田川和風君

               総務課長           糸川洪司君

   財務部         財務部長           大河内徳松君

               財務部次長兼財政課長     西口清二君

   市民部         市民部長           家城隆一君

               市民対話課長         三井征一君

   環境部         環境部長           伊庭弘大君

               環境管理課長         伊藤和佳君

   福祉保健部       福祉保健部長         澤田信之君

               福祉管理課長         川村麒一郎君

   同和対策室       同和対策室長         中山邦彦君

   産業労働部       産業労働部長         片岡次夫君

               労政監兼商工課長       小柴淳治君

   競艇事業部       競艇事業部長         岡部高樹君

               競艇事業部次長

                              森 茂樹君

               兼管理課長

   検査室         検査室長           演口文吉君

   都市計画部       都市計画部長         小河俊昭君

               都市計画管理課長       木村 正君

   建設事業部       建設事業部長         錦 金則君

               街路公園課長         加藤博敏君

   下水道部        下水道部長          福森 操君

               業務課長           奥山直猛君

   消防本部        消防長            奥田 久君

               防災調整担当参事

                              大杉忠司君

               兼消防本部次長

   収入役室        参事兼副収入役        別所正継君

   三重短期大学      三重短期大学学長       丹羽友三郎君

               三重短期大学事務局長     野田武義君

   水道局         水道事業管理者        河合安雄君

               水道局次長兼総務課長     米澤和郎君

   教育委員会       教育委員           藤田和美君

               教育長            荒木 務君

               教育次長           伊東武年君

               管理課長           谷中 憲君

   監査委員                       鈴木 有君

               監査事務局長         坂口賢次君

             職務のため出席した事務局職員

   事務局長   平松利幸君       事務局次長   岡山彰一君

   議事課長   大西−治君       調査課長    豊田精一郎君

   主査     中村研二君       主査      工藤伸久君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(稲守久生君) ただいまより平成5年第2回津市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 これより日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員につきましては、会議規則の定めにより、17番佐藤肇子君、35番川合務君を御指名いたします。

 日程第2、諸般の報告を行います。

 今期定例会に議事説明員の出席を要求いたしましたところ、お手元に配付いたしましたとおり通知に接しましたので、御了承をお願いいたします。

 次に、監査当局よりお手元に配付いたしましたとおり監査報告がなされておりますので、ごらんおき願います。

 続いて、過般開催されました東海市議会議長会並びに全国市議会議長会において、10年以上市議会議員の職にある者として、岡野恵美君、小林賢司君、岩本勝君がそれぞれ表彰の栄に浴されました。

 ただいまから表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(平松利幸君) 被表彰者を代表されまして、小林賢司議員、御受領をお願いいたします。

     〔小林賢司議員 被表彰者を代表して表彰状の伝達を受ける〕(拍手)

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             表彰状

                          津市議会議員  小林賢司殿

あなたは市議会議員の要職にあること10年鋭意市政の発展に寄与された功績は誠に顕著であります

よって本会表彰規程によりこれを表彰します

 平成5年4月22日

                          東海市議会議長会会長

                           一宮市議会議長 吉田作治

         ………………………………………………………………

             表彰状

                          津市      小林賢司殿

あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第69回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします

 平成5年5月27日

                          全国市議会議長会

                           会長     鈴木正之

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎事務局長(平松利幸君) 議長からお祝いの言葉がございます。

         〔議長 稲守久生君 登壇〕



○議長(稲守久生君) それでは私から議会を代表して、晴れの表彰の栄に浴されました3人の議員の方に一言お祝いの言葉を申し上げます。

 先般開催されました東海議長会並びに全国市議会議長会定期総会の席におきまして、岡野議員を初め小林賢司議員、岩本議員の皆さんにおかれましては、このたび市議会議員としてそれぞれ10年の長きにわたり市勢の発展に多大な御尽力と御努力をされ、また地方自治行政の伸展に寄与されました御功績をたたえ表彰の栄に浴されましたことを心からお祝いを申し上げます。きょうまでの10年間におきまして、津市政は決して平たんな道のりばかりてなく、その間には幾多の困難や試練に直面されたものと思われます。

 どうぞ今後とも健康に十分留意され、豊富な経験をもとに、市勢発展のためにさらに御尽力を賜りますことを御期待申し上げ、甚だ簡単ではございますがお祝いの言葉といたします。まことにおめでとうございました。(拍手)



◎事務局長(平松利幸君) 続きまして市長からお祝いの言葉がございます。

         〔市長 岡村初博君 登壇〕



◎市長(岡村初博君) 私からも一言お祝いのごあいさつを申し上げたいと存じます。

 今回はえある10年表彰を受賞されました3名の皆さん方には、心からお喜びを申し上げます。

 皆さん方には、10年という長きにわたり市民の信託を受けてこられたのでございますか、この間、社会経済情勢は目まぐるしく変化をし、私ども自治体を取り巻く環境も非常に厳しいものがありましたことは、御承知のとおりでございます。

 こうした中にありまして、皆さん方には、議会活動における諸議案の審議を初め市政全般にわたり貴重な御意見、御提言等をいただきまして、津市の伸展と住民の福祉向上に格段のお力添えを賜ってまいりました。ここに今日までの皆さん方の真摯なお取り組みと熱意ある御努力に対しまして、深甚なる敬意を表するものであります。

 本年は地方拠点都市としての指定を受けまして、本市の事業推進に大きな弾みがつくことが期待されますが、これを機に、県都にふさわしいさまざまな都市基盤の整備や機能をさらに充実発展させてまいりたいと考えておりますので、今後とも格別の御支援、御協力を陽りますようお願いを申し上げます。

 最後になりましたが、皆さん方には御健康に十分留意をされまして、ますます御活躍いただきますことを祈念いたしまして、お祝いのごあいさつとさせていただきます。本日はまことにおめでとうございました。(拍手)



◎事務局長(平松利幸君) 被表彰者を代表されまして、小林議員からお礼の言葉がございます。

         〔小林賢司君 議場前方に進む〕



◆12番(小林賢司君) 貴重な時間をおかりいたしまして恐縮に存じますか、受賞者を代表いたしまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 ただいまは、東海議長会並びに全国市議会議長会より10年表彰の栄をいただき、光栄に存じております。これもひとえに先輩並びに同僚の皆さん、理事者の方々の温かい御指導と御協力の賜物と深く感謝をいたしておるところでございます。

 また、先ほどは稲守議長さん、岡村市長さんより過分なる御言葉をいただき、恐縮に存じております。私ども一同、これを契機にさらに研さんを積み、市勢発展のために努力をいたします所存でございますので、何とぞこれまで以上の御指導をいただきますようお願いをいたしまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)



○議長(稲守久生君) 続いて日程第3、会期についてお諮りいたします。今期定例会の会期を本日より6月28日までの19日間と定めたいと存じますが、御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(稲守久生君) 御異議なきものと認め、本日より6月28日までの19日間と定めます。

 日程第4、当局より提出の報告第15号より第20号までと議案第58号より第65号に至る各案を一括上程議題に供したいと存じますが、御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(稲守久生君) 御異議なきものと認め、報告第15号より第20号までと議案第58号より第65号に至る各案を一括上程議題に供します。

 なお、議事の進行上、事務局長の議案朗読は省略いたしますが、会議録にはこれをとどめます。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 報告第15号 専決処分の報告について

 報告第16号 専決処分の報告について

 報告第17号 専決処分の報告について

 報告第18号 専決処分の報告について

 報告第19号 平成4年度津市継続費繰越計算書について

 報告第20号 平成4年度津市繰越明許費繰越計算書について

 議案第58号 津市伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関する条例の制定について

 議案第59号 津市職員の勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部の改正について

 議案第60号 工事請負契約について

 議案第61号 財産の購入について

 議案第62号 財産の購入について

 議案第63号 平成5年度津市一般会計補正予算(第1号)

 議案第64号 平成5年度津市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第65号 平成5年度津市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(稲守久生君) 引き続き市長より上程議案に対する説明を求めます。

         〔市長 岡村初博君 登壇〕



◎市長(岡村初博君) ただいま上程になりました報告第15号から第20号までと議案第58号から第65号までを一括御説明申し上げます。

 報告第15号から第18号まての専決処分の報告につきましては、いずれも工事請負契約の一部の変更でありまして、報告第15号は、新町都市下水路(新町西ポンプ場下部土木)築造工事において、ポンプ場の位置を変更したことにより土質が変化したため、矢板工等を減工し、あわせて各工種に係る数量精算のため、契約金額を689万4,519円減額し、5億58万円から4億9,368万5,481円に変更したものであります。

 報告第16号は、小森EF住宅建てかえ(第2期)工事の児童遊園整備に係る敷地造成工において、土どめ用の擁壁工及び既設側溝の復旧工の増工のため、契約金額を24万223円増額し、2億2,783万6,000円から2億2,807万6,223円に変更したものであります。

 報告第17号は、仮称伊勢湾ヘリポート整備工事において、他工事の発生土の利用と、あわせて各工種に係る数量精算のため、契約金額を843万3,480円減額し、6億564万円から5億9,720万6,520円に変更したものであります。

 報告第18号は、平成4年度五六川準用河川(花ノ木樋門)改修工事の仮設工において、仮排水路の位置を変更することにより、本体工の鋼矢板を利用できることによる減工と、あわせて各工種に係る数量精算及び同工事の平張りブロック護岸工において、盛り土等による施工を鋼矢板仮締め切り工に変更し、あわせて各工種に係る数量精算のため、契約金額を283万4,485円減額し、1億1,742万円から1憶1,458万5,515円に変更したものであります。

 報告第19号平成4年度津市継続費繰越計算書につきましては、一般会計の上浜、新町の各都市下水路築造事業及び公営住宅建設事業に係る逓次繰り越しの状況で、平成4年度から平成5年度にわたり施行中の上浜都市下水路築造事業につきましては、平成4年度予算現額7億9,040万円のうち、1,495万7,353円を、新町都市下水路築造事業につきましては、平成4年度予算現額3億2,405万3,866円のうち723万7,710円を、公営住宅建設事業につきましては、平成4年度予算現額1億180万3,000円のうち27万5,129円をそれぞれ平成5年度へ繰り越しいたしましたので、御報告申し上げます。

 報告第20号平成4年度津市繰越明許費繰越計算書につきましては、事業の進捗状況から、去る12月と3月の市議会定例会で繰越明許費の議決をいただきましたもので、その主なものといたしまして、一般会計の道路新設改良事業につきましては、各道路の用地処理や地元調整等に日時を要したことにより、繰越限度額4,066万円のうち446万8,000円を、また橋梁新設改良事業につきましては、国の予算配分のおくれ及び交通規制による地元調整に日時を要したことにより、繰越限度額1,400万円のうち、976万9,000円を、また五六川河川改修事業につきましては、河川全面せきどめによる出水期の工事の調整及び地元調整に日時を要したことにより、繰越限度額4,665万円のうち4,210万5,000円を、また安東贄崎線街路改良事業につきましては、一部の用地取得が困難になり、年度内完成が見込めないことから、補助事業枠の調整をするため、公有財産購入費及び補償費を工事請負費に振りかえたことにより、繰越限度額6,560万円のうち3,872万5,000円を、また栄町鳥居町線街路改良事業につきましては、道路設計の中で本線との取りつけ道路設計に係る地元との協議に日時を要したことにより、繰越限度額1,217万円全額を、また阿漕都市下水路築造事業につきましては、交通規制に伴う地元調整及び地下埋設物移設工事との調整等に日時を要したことにより、繰越限度額2,700万円全額を、さらに河川災害復旧事業につきましては、国の予算配分のおくれと、交通規制による地元調整及びしゅんせつ時期の調整により、繰越限度額1億3,170万円のうち1億3,055万7,000円をそれぞれ平成5年度へ繰り越しいたしましたので、御報告申し上げます。

 議案第58号津市伊勢湾ヘリポートの設置及び管理に関する条例の制定につきましては、ヘリコプターによる旅客または貨物の運送等の用に供することにより、航空交通の推進を図り、もって本市の発展及び住民等の福祉の増進に寄与するため、ヘリポートを設置し、名称を津市伊勢湾ヘリポートと定めようとするものであります。

 また、ヘリポートの管理につきましては、株式会社伊勢湾ヘリポートに委託するものとし、施設の運用時間、使用可能なヘリコプターの最大離陸重量及び着陸、停留、夜間照明等の使用料についても定め、航空法第46条の規定に基づき、運輸大臣が告示するヘリポートに係る供用開始期日から施行するものであります。

 議案第59号津市職員の勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部の改正につきましては、骨髄移植の提供者となる国家公務員について、人事院規則が改正され、特別休暇として認められることから、これに準じ、津市職員の取り扱いについても所要の改正を行うものであります。

 内容を申し上げますと、骨髄移植のための骨髄液の提供希望者としての登録の申し出や近親者以外の方への提供時に、必要な検査、入院等をする場合に、特別休暇を与えることができることとするもので、公布の日から施行するものであります。

 議案第60号の工事請負契約につきましては、去る5月21日に指名競争入札を執行いたしましたところ、落札人が決定しましたので、議案記載のとおり契約しようとするものであります。

 議案第60号津市立南が丘小学校屋内運動場新築工事につきましては、2億3,690万円で日本土建株式会社と契約しようとするもので、工事の概要としましては、鉄筋コンクリートづくり2階建て、一部平家建て、延べ床面積1,115.13平方メートルで、ミーティングルーム、ステージ、男女更衣室、放送室等を備えた屋内運動場を建築するものであります。

 議案第61号及び第62号の財産の購入につきましては、随意契約により議案記載のとおり購入しようとするものであります。

 議案第61号につきましては、競走用モーター60基の購入でありまして、3,652万3,800円、また議案第62号につきましては、競走用ボート65隻の購入でありまして、2,928万3,930円で、いずれもヤマト発動機株式会社から購入しようとするものであります。

 議案第63号平成5年度津市一般会計補正予算(第1号)と議案第65号平成5年度津市下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、いずれも国の総合経済対策を受け、その財政的な措置が決まりました社会福祉施設等の整備事業を初め、公共事業や地方単独事業について対応しようとするものが主なものであります。

 議案第63号平成5年度津市一般会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算、債務負担行為及び地方債について補正しようとするものであります。

 まず、歳入歳出予算につきましては、歳入歳出それぞれ10億3,335万3,000円を追加計上し、補正後の予算総額は、453億2,792万8,000円となるものであります。

 歳出から款の順序に従いまして御説明申し上げます。

 第2款総務費は、都市宣言塔設置工事費、伊勢湾ヘリポート管理委託料及び中勢北部サイエンスシティ第1期事業計画に係る環境影響評価調査委託料などで5,085万2,000円の計上であります。

 第3款民生費は、1億7,180万5,000円の計上で、民間社会福祉施設等整備事業補助金及び児童福祉会館増改築工事費等であります。

 第4款衛生費は、3,999万1,000円の計上で、ごみ収集車の購入経費であります。

 第6款農林水産業費は、5,512万円の計上で、白塚漁港整備事業費であります。

 第8款土木費は、7億758万5,000円の計上で、道路維持工事費、道路新設改良事業費、栄町鳥居町線街路改良事業費、白塚新町都市下水路築造事業費及び上浜都市下水路実施設計委託料等の計上と、下水道事業特別会計繰出金の減であります。

 第10款教育費は、仮称埋蔵文化財センターの建設に伴う水路改修工事費で、800万円の計上であります。

 次に、歳入について款の順序に従いまして御説明申し上げます。

 第11款使用料及び手数料は、伊勢湾ヘリポート使用料で、661万5,000円の計上であります。

 第12款国庫支出金は、1億4,887万8,000円の計上で、社会福祉施設整備事業補助金、白塚漁港整備事業補助金及び白塚新町都市下水路築造事業費補助金等であります。

 第13款県支出金は、3,347万5,000円の計上で、社会福祉施設整備事業補助金及び白塚漁港整備事業補助金などであります。

 第17款繰越金は、前年度繰越金2億665万5,000円の計上であります。

 第18款諸収入は、423万円の計上で、中勢北部サイエンスシティ第1期事業計画に係る環境影響評価調査受託事業収入であります。

 第19款市債は、6億3,350万円の計上で、社会福祉施設整備事業債、ごみ運搬車整備事業債、道路整備事業債、街路整備事業債及び都市下水路整備事業債であります。

 次に、債務負担行為の補正は、追加といたしまして、中勢北部サイエンスシティ第1期事業計画に係る環境影響評価調査委託について、期間及び限度額を定めようとするものであります。

 また、地方債の補正は、社会福祉施設整備事業に係る起債について、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について追加いたしますのと、清掃運搬施設整備事業のほか3件について起債の限度額を変更しようとするものであります。

 議案第64号平成5年度津市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出それぞれ2億3,614万円を追加計上し、補正後の予算総額は、521億3,767万1,000円となるものであります。

 歳出は、臨時従事員賃金改定分の増及び臨時従事員の日雇い特例健康保険から一般の健康保険と厚生年金保険への移行に伴う増減調整などで、歳入は、前年度繰越金と保険の移行に伴う被保険者負担金の増減調整などであります。

 議案第65号平成5年度津市下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算及び地方債について補正しようとするものであります。

 まず、歳入歳出予算につきましては、歳入歳出それぞれ1億4,960万円を追加計上し、補正後の予算総額は45億3,779万4,000円となるものであります。

 歳出は、新町ポンプ場沈砂池設備改築工事費及び汚水準幹線実施設計委託料等の計上であります。

 歳入は、国庫補助事業の増による公共下水道建設費補助金及び公共下水道事業債の計上と、一般会計繰入金の減であります。

 また、地方債の補正は、公共下水道事業に係る起債について、限度額を変更しようとするものであります。

 以上で上程議案に対する説明を終わります。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(稲守久生君) 以上で説明は終わりました。

 本日はこれにて会議をとどめます。

明11日から17日までは、議案精読のため会議を開かないことにいたします。

6月18日の日程は、上程議案に対する質疑と市政一般質問であります。

本日はこれをもって散会いたします。

         午前10時30分散会