議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 津市

平成 5年  5月 臨時会(第2回) 05月17日−03号




平成 5年  5月 臨時会(第2回) − 05月17日−03号 − P.0 「(名簿)」








平成 5年  5月 臨時会(第2回)



         平成5年第2回津市議会臨時会会議録(第3号)

         平成5年5月17日(月曜日)午前10時開議

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               議事日程(第3号)

第1 各常任委員会委員長報告

     教育厚生委員長

     経済環境委員長

     建設水道委員長

     総務財政委員長

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            会議に出欠席の議員

出席議員

     1番 竹田 治君       2番 若林泰弘君

     3番 佐藤岑夫君       4番 竹沢陽一君

     5番 阿部健一君       6番 梅崎保昭君

     7番 中村 治君       8番 大西禧夫君

     9番 篠田耕一君      10番 岡野恵美君

    11番 駒田拓一君      12番 小林賢司君

    13番 田村宗博君      14番 小倉昌行君

    15番 中川隆幸君      16番 西川 実君

    17番 佐藤肇子君      18番 岡本文男君

    19番 川瀬利夫君      20番 日野 昭君

    21番 吉田 修君      22番 岩本 勝君

    23番 西浦澄夫君      24番 安藤之則君

    25番 北野 薫君      26番 伊藤 昭君

    27番 山岡祥郎君      28番 小林 弘君

    29番 井ノ口昭太      30番 山舗公義君郎君

    31番 稲守久生君      32番 森 錦一君

    33番 田中 巧君      34番 小田新一郎君

    35番 川合 務君      36番 岡部栄樹君

欠席議員

     なし

             会議に出席した説明員

   市長                      岡村初博君

   助役                      近藤康雄君

   収入役                     松下憲夫君

   市長公室       市長公室長        森 貞夫君

              企画調整課長       宮武新次郎君

   プロジェクト推進部  プロジェクト推進部長   藤波津三君

              プロジェクト推進部次長

                           森 恒利君

              兼プロジェクト推進課長

   総務部        総務部長         宇田川和風君

              総務課長         糸川洪司君

   財務部        財務部長         大河内徳松君

              財務部次長兼財政課長   西口清二君

   市民部        市民部長         家城隆一君

              市民対話課長       三井征一君

   環境部        環境部長         伊庭弘大君

              環境管理課長       伊藤和佳君

   福祉保健部      福祉保健部長       澤田信之君

              福祉管理課長       川村麒一郎君

   同和対策室      同和対策室長       中山邦彦君

   産業労働部      産業労働部長       片岡次夫君

              労政監兼商工課長     小柴淳治君

   競艇事業部      競艇事業部長       岡部高樹君

              競艇事業部次長

                           森 茂樹君

              兼管理課長

   検査室        検査室長         濱口文吉君

   都市計画部      都市計画部長       小河俊昭君

              都市計画管理課長     木村 正君

   建設事業部      建設事業部長       錦 金則君

              街路公園課長       加藤博敏君

   下水道部       下水道部長        福森 操君

              業務課長         奥山直猛君

   消防本部       消防長          奥田 久君

              防災調整担当参事

                           大杉忠司君

              兼消防本部次長

   収入役室       参事兼副収入役      別所正継君

   三重短期大学     三重短期大学学長     丹羽友三郎君

              三重短期大学事務局長   野田武義君

   水道局        水道事業管理者      河合安雄君

              水道局次長兼総務課長   米澤和郎君

   教育委員会      教育委員         藤田和美君

              教育長          荒木 務君

              教育次長         伊東武年君

              管理課長         谷中 憲君

   監査委員                    鈴木 有君

              監査事務局長       坂口賢次君

             職務のため出席した事務局職員

  事務局長   平松利幸君       事務局次長  岡山彰一君

  議事課長   大西一治君       調査課長   豊田精一郎君

  主査     中村研二君       主査     工藤伸久君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森錦一君) 休会前に引き続きただいまより本日の会議を開きます。

 直ちに日程に入ります。

 去る14日の本会議におきまして関係常任委員会へ審査を付託いたしました各案の審議を行います。

 最初に、各常任委員長より提出の審査報告書につきましては、既にお手元に配付いたしておりますので、議事の進行上、事務局長の朗読を省略し、直ちに関係常任委員長より委員会における審査の経過と結果について御報告を求めます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               教育厚生委員会審査報告書

報告第7号  専決処分の承認について

        平成4年度津市一般会計補正予算(第7号)

         第1条「第1表 歳入歳出予算補正」中

          歳出 第10款 教育費

 以上、本委員会において審査の結果、全会一致で原案どおり承認した。

 よってここに報告する。

                           平成5年5月14日

                            教育厚生委員会

                             委員長 川瀬利夫

   津市議会議長

    森 錦一殿

               経済環境委員会審査報告書

報告第7号  専決処分の承認について

        平成4年度津市一般会計補正予算(第7号)

         第1条「第1表 歳入歳出予算補正」中

          歳出 第6款 農林水産業費

 以上、本委員会において審査の結果、全会一致で原案どおり承認した。

 よってここに報告する。

                           平成5年5月14日

                            経済環境委員会

                             委員長 若林泰弘

   津市議会議長

    森 錦一殿

               建設水道委員会審査報告書

報告第7号 専決処分の承認について

        平成4年度津市一般会計補正予算(第7号)

         第1条「第1表 歳入歳出予算補正」中

          歳出 第8款 土木費

報告第9号  専決処分の承認について

報告第10号 専決処分の承認について

議案第56号 津市住宅新築資金等貸付条例の一部の改正について

 以上、本委員会において審査の結果、全会一致で原案どおり承認並びに可認した。

 よってここに報告する。

                           平成5年5月14日

                            建設水道委員会

                             委員長 川合 務

   津市議会議長

    森 錦一殿

               総務財政委員会審査報告書

報告第7号  専決処分の承認について

        平成4年度津市一般会計補正予算(第7号)

         第1条「第1表 歳入歳出予算補正」中

          歳入 全部

          歳出 第2款 総務費

         第2条「第2表 地方債補正」

報告第8号  専決処分の承認について

議案第55号 津市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部の改       正について

 以上、本委員会において審査の結果、全会一致で原案どおり承認並びに可認した。

 よってここに報告する。

                           平成5年5月14日

                            総務財政委員会

                             委員長 安藤之則

   津市議会議長

    森 錦一殿

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森錦一君) 最初に、教育厚生委員長、19番川瀬利夫君。

              〔19番 川瀬利夫君 登壇〕



◆教育厚生委員長(川瀬利夫君) おはようございます。去る14日、教育厚生委員会を開会し、付託になりました案件の審査を行いましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 当委員会に付託になりました案件は、報告第7号専決処分の承認について、平成4年度津市一般会計補正予算(第7号)第10款教育費についてであります。

 その内容につきましては、本会議の市長説明で御承知のことと存じますので省略いたしますが、当委員会は関係部課長出席のもと、細部にわたる説明を受け、慎重な審査を行いました。

 その結果、当委員会に付託になりました案件は、全会一致をもって承認すべきものと決した次第であります。議員各位におかれましても、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げ、報告を終わります。



○議長(森錦一君) 次に、経済環境委員長、2番若林泰弘君。

              〔2番 若林泰弘君 登壇〕



◆経済環境委員長(若林泰弘君) 去る14日、経済環境委員会を開会し、当委員会に付託になりました報告第7号専決処分の承認についての審査を行いましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 委員会では、本案件の内容について当局からさらに細部にわたる説明を受け、慎重な審査を行いました。

 その結果、当委員会に付託になりました案件は、全会一致をもって承認すべきものと決した次第であります。議員各位におかれましても、当委員会の結果どおり御賛同いただきますようお願いいたしまして、報告を終わります。



○議長(森錦一君) 続いて、建設水道副委員長、3番佐藤岑夫君。

              〔3番 佐藤岑夫君 登壇〕



◆建設水道副委員長(佐藤岑夫君) 委員長所用のため、かわって御報告申し上げます。

 去る14日に建設水道委員会を開会し、付託になりました案件の審査を行いましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 当委員会に付託になりました案件は、報告第7号、第9号及び第10号の専決処分の承認案件3件と、議案第56号津市住宅新築資金等貸付条例の一部改正についての合わせて4件であります。

 付託議案の内容につきましては、既に本会議における議案説明等により十分御承知のことと存じますので、その説明は省略いたしますが、当委員会は関係当局出席のもとに、さらに細部にわたる説明を受け、審査いたしました。

 その結果、当委員会に付託になりました案件は、いずれも全会一致をもって承認並びに可認すべきものと決した次第であります。議員各位におかれましても、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げ、報告を終わります。



○議長(森錦一君) 最後に、総務財政委員長、24番安藤之則君。

              〔24番 安藤之則君 登壇〕



◆総務財政委員長(安藤之則君) 去る14日、総務財政委員会を開会し、付託になりました案件の審査を行いましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、報告第7号及び第8号の専決処分の承認について並びに議案第55号津市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部の改正についての合わせて3件であります。

 議案の内容につきましては、本会議での議案説明並びに質疑等により御承知のことと存じますので、その説明は省略いたしますが、当委員会は関係当局出席のもと、さらに詳細な説明を求め、慎重な審査を行ったのであります。

 審査の過程における主なものといたしましては、議案第55号津市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部の改正についてでは、一部委員より、議会の議決を必要としない契約件数がふえることにより、担当者の責任が大きくなる旨の本会議答弁がなされたが、その責任を全うする上から、当該契約が厳正かつ公正に行われたことを正確に受けとめられる制度やシステムを当局と議会との信頼関係の中でつくることが必要となる、一般競争入札制度の採用に当たっては、採用当初はある程度の問題は懸念されるものの、当制度が一般化すれば問題はないと考えられる、今後他市の事例も調査し、採用の可能性について研究されるとともに、指名資格審査委員会においても論議を深めてほしい、また従来から工事請負契約資料が議会に送付されているが、今後も継続されたい、あわせて9,000万円から1億5,000万円までの契約結果についても、これまでの議案同様の資料添付がなされることを当委員会の要望とされたいとする意見及び要望が出されました。

 採決に当たって一部委員から、1億5,000万円に引き上げることはふさわしくないと考えるが、政令に基づくものであり、裁量の余地がないため、やむを得ず認めたいとする態度表明がありました。

 以上が当委員会における審査の主な経過であります。その結果、当委員会に付託になりましたすべての案件は、全会一致をもって承認及び可認すべきものと決した次第であります。議員各位におかれましても、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げ、報告を終わります。



○議長(森錦一君) 以上をもちまして各常任委員長の報告は終わりました。

 ただいまの報告に対し御質疑はございませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 続いて、御意見もしくは討論がございましたら御発表願います。

              〔1番 竹田 治君 登壇〕



◆1番(竹田治君) おはようございます。日本共産党議員団は、上程されました案件に賛成するものでありますが、この際若干の意見を申し上げておきたいと思います。

 まず、専決処分についての議会への報告のあり方についてであります。専決処分の承認については、地方自治法第179条並びに同法第180条に規定されています。179条は、地方公共団体の長の専決処分について定めた条項であり、180条は、議会の委任による長の専決処分について定めた条項であります。

 問題は、180条の専決処分についての報告の時期であります。180条の条文には、時期の明示はありませんが、179条同様、次の議会に報告することが当然とされ、1956年−−昭和31年4月2日付で自治省が示した行政実例に対する見解では、本条、すなわち180条の専決処分についても、次の会議において議会に報告することが、法意、すなわち法律の趣旨もしくは法律制定時の制定者の意思と解されると述べており、これについてもほとんど議論の余地がないのではないでしょうか。

 本会議における市長の答弁は、この点においてあいまいさを残すものになっており、是正について危惧の念を抱かざるを得ません。あえて日本共産党議員団の見解を再度申し述べ、早急な是正を求めるものであります。

 次に、議案第55号議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部の改正につきましては、上位法である地方自治法施行例の改定に伴う改正であるため、結論としてはやむを得ないものとして賛成するものの、4点にわたって意見を申し述べておきたいと思います。

 まず第1点目は、議会のチェック機能にかわる機能を十分に果たすべく、入札審査委員会、検査室、さらに監査委員会等に対して、これまで以上に慎重な取り組みを求めるものであります。

 2点目に、事後であっても議会がチェックできるように、議会に対する報告は詳細かつ正確な内容を求めておきたいと思います。

 3点目に、地元企業に対する配慮を一層徹底し、大手ゼネコンなどに対して比較的競争力の弱い地元企業育成の立場を貫いていただきたいと思うのであります。

 最後4点目として、公共工事にかかわる今日の政治腐敗、汚職が発生する大もとが、指名競争入札制度であることは、大方の認めるところであります。この点についても、法が規定する原点に戻って、一般競争入札を原則とする入札方法に改めるよう強く求めておきたいと思います。

 以上、議案採決に当たって日本共産党議員団の見解を申し上げ、態度表明といたします。どうも失礼しました。(拍手)



◆28番(小林弘君) 議事進行について=ただいま上程中の各案につきましては、関係常任委員会において慎重に審査され、先ほどの報告に接しました。ついては、上程中の各案はただいまの委員長報告のとおり原案どおり可決されたい。以上の動議を提出いたします。(「賛成」と呼ぶ者あり)



○議長(森錦一君) ただいまの小林議員の動議は成立いたしました。

 これにて質疑、討論を打ち切り、直ちに採決を行います。

 報告第7号より第10号までと、議案第55号及び第56号の各案に対し、ただいまの動議のとおり委員長報告どおり可決することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(森錦一君) 御異議なきものと認め、報告第7号より第10号に至る各案は原案どおり承認し、議案第55号及び第56号の各案は、原案どおり可決確定をいたします。

 議事整理のため、暫時休憩いたします。

     午前10時14分休憩

     午前11時1分再開



◆1番(竹田治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議員の皆さんに御報告かたがたお諮りいたします。ただいま議長森錦一君より議長の辞職願が提出されました。つきましては、本件を本日の日程に追加し、直ちに上程議題に供したいと存じます。御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(西浦澄夫君) 御異議なきものと認め、議題といたします。

 事務局長に朗読させます。

             〔事務局長 平松利幸君 朗読〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              津市議会議長の辞職許可について

                           平成5年5月17日

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(西浦澄夫君) お諮りいたします。森錦一君の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(西浦澄夫君) 御異議なきものと認め、森錦一君の議長の辞職を許可することに決定いたします。

              〔32番 森 錦一君 入場〕



○副議長(西浦澄夫君) 前議長森錦一君に申し上げます。あなたは議長の辞職願を提出されましたので、議会は願い出のとおりこれを許可することに決定いたしましたから、御通知申し上げます。

 この際、ごあいさつがございましたらどうぞ。

              〔32番 森 錦一君 登壇〕



◆32番(森錦一君) 議長辞任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 思い起こしますと、昨年の5月20、皆様方の温かい御推挙によりまして議長に就任をさせていただきましたが、早くも1年が経過いたし、本日ここに辞任の運びということに相なりました。

 この1年間を顧みますと、議員各位並びに岡村市長を初めといたします市当局の皆様方の御協力を得ながら、誠心誠意、円満な議会運営に努めてまいったところでございますが、何分にも不なれであり、皆様方に大変御迷惑をおかけしたものと存じております。この場をおかりいたしまして、深くおわびを申し上げたいと存じます。

 さて、21世紀を間近に控えまして、国の内外とも依然として厳しい社会経済情勢であり、地方自治体におきましても、多様化する市民のニーズにこたえるため、厳しい財政事情の中、諸施策の展開が図られているところでございます。

 こうした中で、このたびの地方拠点都市の指定は、広域行政を推進する上で大きなインパクトをもたらすものであり、本市のみならず、圏域の飛躍発展にとりましても、大いに期待がかかるところでございます。特に近隣市町村との連携強化は、県都津市として死命の課題であると認識をいたしておるところでございます。今後とも議会と行政がそれぞれの特性、機能を生かし、活力ある津市を創造するため、いわば車の両輪となって、相互がともに努力をしていくことが肝要であろうと考えておるところでございます。

 議長在職中は、人間味豊かな西浦副議長を初め平松局長ら議会事務局職員の皆様の温かい御協力と支えによりまして、この1年間を無事に乗り切ることができまして、改めて心より感謝を申し上げる次第でございます。

 最後になりましたが、本日をもちまして議長職を退きますが、これからは一議員として今後とも市勢発展のため精いっぱい努力をいたす所存でございますので、よろしく御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上、甚だ簡単でございますが、辞任に当たりましてのお礼のごあいさつとさせていただきます。1年間本当に皆様ありがとうございました。(拍手)



○副議長(西浦澄夫君) お諮りいたします。議長が欠員となりましたので、この際市議会議長の選挙を本日の日程に追加し、選挙を行いたいと存じます。御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(西浦澄夫君) 御異議なきものと認め、市議会議長の選挙を本日の日程に追加し、選挙を行います。

 一応事務局長に朗読させます。

             〔事務局長 平松利幸君 朗読〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                 津市議会議長の選挙

 津市議会議長の選挙を行う。

                           平成5年5月17日

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(西浦澄夫君) ただいま朗読いたしましたとおりであります。

 議事整理のため、暫時休憩いたします。

     午前11時8分休憩

     午後3時15分再開



○副議長(西浦澄夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 本日はこれにて会議をとどめます。

 明18日の日程は、市議会議長の選挙であります。

 本日はこれをもって散会いたします。

     午後3時15分散会