議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 津市

平成13年 12月定例会 発言通告一覧




平成13年 12月定例会 − 発言通告一覧 − P.0 「発言通告一覧」








平成13年 12月 発言者通告一覧表





◎発言者 (3番)坪井年明



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第102号
工事請負契約について
・建設進行時のチェック体制の強化を


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)
第4款衛生費中
・保健衛生費の予防費から
 ・予防接種委託料の内容とその啓蒙方法について








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.津警察跡地の取得について
1)行財政が厳しいこの時期に取得する意義は何か
2)懇話会が提言した「福祉・文化の拠点」として整備す
 るのか
3)市民活動や福祉の拠点となったセンターパレスとの
 調整はどうするのか


2.市町村合併について
1)「地域懇話会」の結果は
2)「30万都市」か、「50万都市」も視野にいれるのか
3)「合併重点支援地域」の早期指定を受けるべき
4)今後の取り組みは


3.行政評価システムについて
1)事務事業の実施結果とその評価は
2)第三者評価の導入や予算への反映を
3)マネジメントサイクルによる「市民満足度」の検証を
4)バランスシートについて
 ?「台帳方式」の検討も必要と思うが
 ?特別会計との「連結決算」や「行政コスト計算書」
  の作成を
 ?市民によりわかりやすいシートの作成を


4.電子自治体について
1)総務省が推進する「e-Japan戦略」をいかに推進する
 のか
2)市民提案システム「市民電子会議室」の研究を
3)IT装備都市として「ICカード」の実証実験にいか
 に取り組むのか
4)「チャレンジド(障害者)」を納税者にするIT雇用
 の創出を


5.自治基本条例について
・「市民自治」「住民自治」の確立を


6.保健・福祉の充実について
1)社会福祉法の改正による「地域福祉計画」の策定を
2)「措置」から「支援」に変わる障害者福祉事業の体制
 の整備を図るべき3)介護保険事業の充実を
 ?低所得者への減免策の検討を
 ?ケアマネージャーの相互研鑽・研修の場の創出を
 ?「介護保険事業計画」の改定作業は進んでいるか
 ?「グループホーム」の整備促進を
4)「健康日本」津版の保健計画の策定を
5)障害者の日常生活用具としてパソコンの給付は考えられないか


7.教育改革について
1)「教育改革推進担当」が行う組織改革の狙いは
2)新学習指導要領の施行で「学力低下」につながるとの
 意見があるが見解は
3)教育改革に伴う「学校評議員」制度の推進状況は
4)「子供読書運動」の更なる促進を
5)図書館の紛失本の実態とその対策は
6)「教育基本法」の見直しについて、教育長の見解は


8.文化芸術の振興について
1)「文化芸術振興基本法案」に対する市長の見解は
2)「基本計画」の策定を
3)高齢者や障害者、青少年の文化芸術活動の充実を


9.環境行政について
1)環境基本方針について
 ?見直し期間を明確に
 ?市民参加で進めるとの内容がないのでは
2)家庭版ISOの推進を


10.「河芸町島崎町線」の整備について
・13年度は県市の研究会が一度も開催されていないのは
 何故か










◎発言者 (19番)小野欽市



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第91号
津市職員の再任用に関す
る条例の制定について
1)給料月額の扱いは適正か
2)各種手当
3)休暇に対する考え方は
4)ワークシェアリングの方向での検討はいかがか


〇議案第105号
津市指定金融機関の指定
について
1)ペイオフの論議、その後の進展は
2)津市の各特別会計にある定期性預金の取り扱いは


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)
歳入第17款繰入金
・津警察署跡地購入費について
間違いのない運用を


〇認定第3号
平成12年度津市一般会計
歳入歳出決算
1)実質収支18億円あまりをふまえて今後の展開は
2)平成14年予算編成方針
3)新しいまちづくり・区画整理事業等








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.市町村合併に関する諸課題
・法定合併協議会までに整理すべき課題は


2.津西高に係る問題への対応
1)裁判の経過となぜ応訴に至るのか
2)並行して県との交渉はできないか


3.調達契約に係る諸問題について
1)現在までの内部の検討項目の整理は
2)前渡金のシステム改革を
 ?下請け企業への支払い確認と、倒産関連企業への配慮
 ?検査課の評価の在り方
 ?積算業務と落札率の差異をどう考えるか


4.教育改革について
1)教育委員会の組織改正の基本的考え方は
2)トータルな力の発揮を望む
3)教育改革とは何か
4)校・園長会の弾力的運用を計れ
5)校長権限の拡大で、意識の薄い校長への指導は
6)総合的な学習の時間への取り組み等、各学校格差解消方策は
7)子どもの命、守るための体制整備を(交通安全施策等)
8)備品購入に係る考え方について
9)教育行政に対する事業評価検証について
10)本市における文化芸術の創造を
11)成人式のあり方について
12)幼児教育に関する政策プログラム










◎発言者 (15番)安藤之則



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第99号
津市手数料徴収条例の一
部の改正について
1)手数料の額を定める場合の基本的な考え方について
2)手数料の一斉点検のその結果について
3)今後どのうような事務の委譲を求めていくのか


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)につ
いて
・警察跡地について








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.各種審議会・協議会等の見直しと人選について
1)各会とも全体でいくつか
2)年間の開会回数は何回くらいか
3)委員の選出基準及び同一人の兼職はいくつくらいで何名か
4)発言数の割合は
5)委員推せん氏名はだれが打出すか
6)いくつか統廃合が出来ると思うが考えは


2.海上アクセスについて
1)今後の行動計画と議会及び一般市民への協力要請はなにか
2)周辺市町村への協力依頼に回っておられないのはなぜか


3.狂牛病騒ぎの風評被害について
1)津市は今どんな取り組みをしているか
2)生産から消費までの落込は「風評被害による」経済政
 策の一端と思うが
3)松阪だけの対岸の火事か、それとも行政課題か
4)安全宣言をだされた三重の黒和牛はマスコミとともに
 もっと考えては


4.防災体制について
1)各組織・隊の行動範囲と準備資材のちがいは
2)地域よって危険度の災害に対する訓練は
3)人災の確認は大切、常にだれが把握しておくか
4)マップ等の指示は画一的である。地域性の指導は


5.平成14年度財政計画と重点政策は
1)財政規模と重点政策
2)骨格予算か


6.津市のこれからの町づくりと計画は
1)鈴鹿市・四日市市に大きく振りはなされた原因は
2)近畿自動車道・中勢バイパス津港跡部線この活用と町づくりは
3)市町村合併を考えて西郊地区はこれでよいのか
4)大門・丸之内・新町、西へつなぐ考えは
5)農振地区の除外は大変むつかしいが町を作る以上必要、津市は腰をあげないか


7.入札制度について
1)経審点数制における業者間のギャップは
2)国・県・市税の完納証明と確認
3)業者の支店等の確認方法と事務所の整備現況とどの時
 点で入札参加を認めているか
4)業者の資質とペナルティは、又基準はあるか
5)今の入札方法は地元業者をつぶし、又地元経済に冷え
込みをあたえていないか
6)業種によっては特記事項もあり地元をささえては
7)落札決定後これを変更することはあるのか
8)入札参加資格は従来の扱いとどうかわったところがあるか










◎発言者 (10番)竹田治



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)
旧津警察署跡地購入費について
1)取得に当たっては、津西高用地住民訴訟での名古屋高
裁判決を最大限に生かしてこそ市民的合意を得る道で
はないか
2)活用方策について
?住民懇話会の提案(福祉・文化の複合施設案)を基
本にするのか
?津城跡と連動した「近世の資料館」の導入を








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.来年度予算編成に当たって、近藤市長の
基本姿勢を問う
1)リスクを伴う大型公共投資をやめ、福祉・介護、教育
 の充実へ重点配分を
2)市長の退職金4年間で3千万円。制度の見直しを求める


2.組織改革。特に教育委員会について
1)教育現場を軽視した改変ではないかという批判にどう
こたえるか
2)文化課
 ・津署跡地へ「近世の資料館」の導入にむけての諸準
  備を資料館準備担当で
3)体育課
 ・津市体育館の整備や市営球場の整備を


3.津駅前北部土地区画整理事業について
1)住民・地権者の意識動向について。栄町4丁目自治会
 のアンケート調査時点と今日の変化をどう見るか
 ・仮換地案にたいし、72%が不満。満足はわずか7%
 ・意向調査が反映されているかの問いには、満足して
  いるは、たった1.8%
2)栄町4丁目:45名(10月30日提出)
 上浜町1丁目南:37名(11月21日提出)の請願への対
 応について
3)審議会の運営について。換地指定の答申を巡る動議に
 関連して
4)当局の地権者への強圧的態度について
(新聞報道等に関連して真意を質す)


4.津西高用地住民訴訟への津市の対応
について
1)上告した理由は何か、名古屋高裁の判決に何が不満なのか
2)顧問弁護士の指導・助言は如何に
3)勝訴の見込みとその根拠


5.センターパレス及びアスト津の積極的
活用策について
1)センターパレスやアスト津にも1階入り口付近へ催し
 物の「総合案内板」の設置を
2)駐車料金の軽減を再度求める
3)アスト津の「連絡路」「案内板」の整備を










◎発言者 (27番)田中 守



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)
・旧警察署跡地購入費に関して
 ?津市総合計画の基本的性格について
 ?事業凍結を解除すべき状況の変化があったのか
 ?事業用土地は必要に応じ購入すべきではないか
 ?土地の使い道が生じなかった場合は、どうなるのか
 ?購入価格は特別安くなるのか
 ?埋蔵文化財発掘調査のリスクは誰が負担するのか


〇認定第3号
平成12年度津市一般会計
歳入歳出決算
・予算現額に対する不用額に関して
 ?決算審査の結果、その適否に関する意見はないのか
 ?費目ごとに見ると、不用額が多いものがあるが、予
  算執行上の問題はなかったのか








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.市有財産の有効活用について
1)伝染病隔離病舎の跡地等利用目的のない土地の管理は
 どのようになっているのか
2)普通財産を有効利用しないのか
3)有償で貸している土地はどのぐらいあるのか
4)処分は進んでいるのか


2.自治会集会所用地に対する助成制度等に
 ついて
1)空いている市有地を無償で貸すことができないか
2)現在借地料を支払っている自治会に助成できないか
3)これから購入しようとする自治会に対しては購入費の
 補助ができないか
4)既存の集会所用地を市に寄付するという場合は受けとるか


3.自転車道の整備に関連して
1)今回の道路構造令改正で津市の道路行政にどのような
 影響があるのか
2)これから工事にかかる幹線道路で自転車道を整備しな
 いものがあるのか


4.例月出納検査の結果について
1)モーターボート競走事業にかかる収支がマイナスにな
 っているが、今後どのように推移するとみているのか
2)9月末の収入累計額が対前年、約30億6千万円の収入
 減となっているが、年間収支が赤字になるようなこと
 はないのか










◎発言者 (24番)田端隆登



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第99号
津市手数料徴収条例の一
部の改正について
1)想定される件数と事務交付金および収入について
2)事務執行面の体制と他市の状況および問題点は
3)三重県開発審査会に付託される「やむを得ないと認め
 られる開発行為など」とは何か


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)
歳出 第2款総務費中
     企画費
   第7款商工費中
   商工業振興費
・旧津警察署跡地の購入について
 ?購入に向けた経過は
 ?将来における当該跡地の利用計画は
1)企業立地奨励金の内容は
2)制度の見直し時期と必要性は








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.IT装備都市研究事業について
1)進捗状況について
2)継続運用についての考え方は
3)実証後の課題について
4)事業継続のための市の体制について


2.サービス向上運動の推進について
1)いままでの具体的取り組みは
2)取り組み前と現在との比較とアンケート結果を受けて
 の内部評価は
3)今後の課題と取り組みは


3.業務改善提案制度の状況について
1)具体的取り組みは
2)提案の内容と件数は
3)今後の課題と取り組みは


4.教育委員会事務局の組織改正に関わって
1)組織改正に至った経緯と本意は
2)津市の教育の現状と将来像
3)組織改正後の配員体制は


5.小・中学校への少人数教育の加配状況に
 ついて
1)配置状況と時間数および役割は
2)常勤教員との連携は
3)効果・課題について


6.新しい学習指導要領に関わって
1)学力評価システムの現状は
2)改革後の学力評価基準の在り方は


7.成人式について
1)今までの評価は
2)次回の式典の特徴は


8.市道塔世橋南郊線(近鉄道路)の整備に
 ついて
1)整備の経過についてついて
2)今後の取り組みは


9.市長選挙について
・次期選挙への姿勢は










◎発言者 (22番)大西禧夫



上程議案に対する質疑


議案名
要旨


〇議案第91号
津市職員の再任用に関する
条例の制定について
1)再任用職員の職務内容は
2)第5条に定める規則の内容は
3)運用に細心の注意を


〇議案第97号
津市職員の給与に関する
条例の一部の改正について
・再任用職員の給料表の適用について


〇議案第106号
平成13年度津市一般会計
補正予算(第4号)
第2款総務費中
   企画費について
・公有財産の購入について
 ?購入地の利用計画は
 ?購入を必要とする理由は








市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.市町村合併について
1)住民に対する情報開示と住民意思の集約についての考
 え方は
2)任意及び法定の合併協議会の設立目途は
3)調整項目の整理と集約の目途は
4)調整項目の協議と進め方について


2.第4次津市総合計画中期基本計画の検証
 について
1)計画期間中の歳入見通しについて
 ?実質経済成長率1.7%は
 ?諸収入ボート会計からの50億円は
2)「望ましいバス交通システム」の構築協議について


3.津市長選挙について
・次期市長選に臨む決意等について


4.教育行政について
1)教育改革のより積極的推進を
2)特色ある学校づくりへの競争的取り組みを
3)学校施設整備方針の策定見通しは
4)2階建以上プレハブ校舎等で、2方向避難路のない施
 設での安全対策について
 ?該当施設数
 ?従来の避難訓練について
 ?有効な避難訓練の実施と具体的な安全対策を
5)津市成人式について


5.マスメディアとの対応について
・慎重な対応を


6.福祉行政について
1)国保保険料の滞納状況と対処策について
2)福祉住宅の建設推進を


7.環境行政について
1)家電4品目その後の不法投棄の状況は
2)ISO認証取得の推進状況
3)スタート時点での諸数値の設定について


8.競艇事業について
1)三連単投票制度導入後の状況について
2)一般会計への繰入れ額5億円の見通しについて


9.防災体制について
・雑居ビル査察9月議会以降の取り組み状況について


10.通学道路の整備について
1)豊里中学校通学道路の早期整備について
2)新たに指定された通学路の安全確保について


11.住居表示事業の促進について
・豊里ネオポリスにおける事業促進について










◎発言者 (2番)鈴木雅彦



市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.12市町村の合併について
1)充分な時間を取っての説明会を求める。
2)合併の是非が判断できるよう市民に充分な情報を公開
 せよ
3)合併特集号『どうして今「市町村合併」なの』について。
 ?日常生活が市町村の枠を越えているとなぜ合併なのか。
 ?安全・安心確保の施策実行には区域を越えた対応が
  欠かせないと言うが、現実の一部事務組合などを
  評価しないのか。
 ?効率的な運営が必要と言うが、30万都市が津市より
効率的という資料を示せ。


2.海上アクセスに関して
1)両備運輸が運航事業を子会社で行う意向を示したこと
に関して。
 ?プロポーザルの対象が両備運輸であることの確認を
  求める。
 ?子会社が実際の運航を行うことは技術提案されてお
  らず、プロポーザルを無効にするものではないか。
2)市民の新たな負担となる海上アクセス計画の中止を求
 める


3.審議会等のあり方について
1)審議会、懇話会などの公開が決まった7月以降、傍聴
 者はゼロ、周知徹底を求める。
2)全審議会に委員公募を広げ、公募委員を全体のせめて
50%にするよう求める。
3)充て職委員の兼任を避けるよう求める。


4.地震防災について
1)体育館、プールの地震対策を求める。
2)避難所となっている公共施設の地震対策を求める。
3)地震対策を統括できる体制を求める。


5.水道について
・長良川水系の責任水量据え置きを強く県に求めよ。


6.長谷山の産廃施設の火災について
・安全性が確保されるまで、協定に基づいた操業停止措
 置を取るよう求める。










◎発言者 (25番)中村勝春



市政一般に対する質問


質問事項
要旨


1.高茶屋運転免許試験場跡地について
1)市民協働の芽生えについて
2)跡地の取得に向けた取り組みについて
3)県は残地の取り扱いをどのように考えているか


2.地方分権時代にふさわしい人材育成の
在り方について
1)本市における人材の在り方は
2)今後、職員の能力・資質の向上をどのように進めて行
 くのか


3.環境問題について
1)資源循環を基調とした、ごみ処理体系をどのように構
 築されるか
2)不用品リサイクルフェアの開催について


4.小児救急医療体制について
1)現状と問題点
2)今後の取り組み状況は


5.子どもたちの生活の現状を把握するため
「健康生活しらべ」の実態調査結果について
1)実態調査方法と回収率について
2)データを集約をした段階での感想は
3)今後、この結果を踏まえてどのように対応して行く
 のか


6.中勢バイパスについて
1)全体としての進捗状況は
2)13工区、久居工区事業化の目途は