議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 三重県

平成21年第1回臨時会 08月03日−01号




平成21年第1回臨時会 − 08月03日−01号









平成21年第1回臨時会



                平成21年第1回

              三重県議会臨時会会議録



                 第 1 号



            〇平成21年8月3日(月曜日)

          ──────────────────

□開会に当たり、野呂昭彦知事、三谷哲央議長は、それぞれ次のあいさつを述べた。



◎知事(野呂昭彦) おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 平成21年第1回の臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはお集まりをいただきまして、まことにありがとうございます。

 この臨時会におきましては、補正予算1件を提出しております。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。

 以上、簡単ではございますが、開会のあいさつといたします。



○議長(三谷哲央) おはようございます。

 平成21年第1回臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 初めに、このたび、中国・九州北部地方における豪雨災害で被災されました皆様に、心からお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

 さて、今臨時会は、法人二税等の歳出還付に係る三重県一般会計補正予算を付議事件として招集されたものであります。議員各位におかれましては、十分な御審議を賜りますようお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、開会のごあいさつとさせていただきます。

          ──────────────────

              議事日程(第1号)

     平成21年8月3日(月)午前10時開議

 第1  会議録署名議員の指名

 第2  会期決定の件

 第3  議案第1号

     〔提案説明、委員会付託、委員長報告、討論、採決〕

          ──────────────────

              会議に付した事件

 日程第1  会議録署名議員の指名

 日程第2  会期決定の件

 日程第3  議案第1号

          ──────────────────

             会議に出欠席の議員氏名

 出席議員  49名

    1  番                長 田  隆 尚

    2  番                津 村    衛

    3  番                森 野  真 治

    4  番                水 谷  正 美

    5  番                杉 本  熊 野

    6  番                村 林    聡

    7  番                小 林  正 人

    8  番                奥 野  英 介

    9  番                中 川  康 洋

    10  番                今 井  智 広

    11  番                藤 田  宜 三

    12  番                後 藤  健 一

    13  番                辻    三千宣

    14  番                笹 井  健 司

    15  番                中 村    勝

    16  番                稲 垣  昭 義

    17  番                北 川  裕 之

    18  番                服 部  富 男

    19  番                末 松  則 子

    20  番                中 嶋  年 規

    21  番                竹 上  真 人

    22  番                青 木  謙 順

    23  番                中 森  博 文

    24  番                真 弓  俊 郎

    25  番                舘    直 人

    26  番                日 沖  正 信

    27  番                前 田  剛 志

    28  番                藤 田  泰 樹

    29  番                田 中    博

    30  番                大 野  秀 郎

    31  番                前 野  和 美

    32  番                水 谷    隆

    33  番                野 田  勇喜雄

    34  番                岩 田  隆 嘉

    35  番                貝 増  吉 郎

    36  番                山 本    勝

    37  番                森 本  繁 史

    38  番                吉 川    実

    39  番                舟 橋  裕 幸

    40  番                三 谷  哲 央

    41  番                中 村  進 一

    43  番                西 塚  宗 郎

    44  番                萩 野  虔 一

    45  番                永 田  正 巳

    46  番                山 本  教 和

    47  番                西 場  信 行

    48  番                中 川  正 美

    49  番                萩 原  量 吉

    50  番                藤 田  正 美

   (51  番                欠      員)

   (52  番                欠      員)

   (42  番                欠      番)

          ──────────────────

          職務のため出席した事務局職員の職氏名

   事務局長                 大 森  秀 俊

   書記(事務局次長)            高 沖  秀 宣

   書記(議事課長)             青 木  正 晴

   書記(企画法務課長)           永 田  慎 吾

   書記(議事課副課長)           米 田  昌 司

   書記(議事課主幹)            山 本  秀 典

   書記(議事課主査)            竹之内  伸 幸

          ──────────────────

            会議に出席した説明員の職氏名

   知事                   野 呂  昭 彦

   副知事                  安 田  敏 春

   副知事                  江 畑  賢 治

   総務部長                 植 田    隆

   総務部副部長兼総括室長          北 岡  寛 之

   総務部総括室長              中 川  弘 巳

   総務部室長                中 田  和 幸

          ──────────────────

             午前10時2分開会・開議



△開会・開議



○議長(三谷哲央) ただいまから平成21年第1回臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。



△諸報告



○議長(三谷哲央) 日程に入るに先立ち、報告いたします。

 緊急を要する議員派遣1件がありましたので、会議規則第97条第1項ただし書きの規定により、お手元に配付の一覧表のとおり決定いたしました。

 次に、議案第1号は、さきに配付いたしました。

 次に、例月出納検査報告2件が提出されましたので、お手元に配付いたしました。

 次に、説明のための出席要求につきましては、お手元に配付の名簿のとおり出席を求めました。

 以上で報告を終わります。

          ──────────────────



△議員派遣報告一覧表



1 議会改革に関する調査

(1)派遣目的

   議会基本条例を制定している県議会とより緊密な交流連携を図るとともに、同条例制定後の議会改革の取組について調査を行う。

(2)派遣場所  宮城県仙台市、岩手県盛岡市及び福島県福島市

(3)派遣期間  平成21年7月13日及び14日 2日間

(4)派遣議員  萩野 虔一 議員


          ──────────────────



△提出議案件名

 議案第1号 平成21年度三重県一般会計補正予算(第8号)

          ──────────────────



△会議録署名議員の指名



○議長(三谷哲央) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員として、

                  17番 北 川 裕 之 議員

                  25番 舘   直 人 議員

                  32番 水 谷   隆 議員

以上、3名の方を指名いたします。



△会期の決定



○議長(三谷哲央) 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三谷哲央) 御異議なしと認め、会期は本日1日と決定いたしました。



△議案の上程



○議長(三谷哲央) 日程第3、議案第1号を議題といたします。



△提案説明



○議長(三谷哲央) 提出者の説明を求めます。

   〔野呂昭彦知事登壇〕



◎知事(野呂昭彦) 議案の説明に先立ちまして、7月下旬に中国地方及び九州北部地方で発生した豪雨により、とうとい命をなくされました皆様に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして、その概要を説明いたします。

 議案第1号の一般会計補正予算は、厳しい経済情勢に伴う企業収益の大幅な減収から、予定申告等により昨年度納付された法人関係税の還付金が増加したことに伴うものでありますが、還付金が増加し、歳出予算が不足する見込みとなったことはまことに遺憾に存じます。

 こうした事態に対応するため、66億5700万円を補正予算として計上するものであり、補正予算に要する財源として全額県債を計上しています。

 以上をもちまして提案の説明を終わります。

 何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(三谷哲央) 以上で、提出者の説明を終わります。

 ただいま議題となっております議案第1号に関する質疑の通告は受けておりません。



△議案付託



○議長(三谷哲央) お諮りいたします。本件はお手元に配付の議案付託表のとおり、予算決算常任委員会に付託し、会議規則第36条第1項の規定により、2時間以内に審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三谷哲央) 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。

          ──────────────────



△議案付託表





議案付託表





 予算決算常任委員会


議案番号件名
1平成21年度三重県一般会計補正予算(第8号)


          ──────────────────



△休憩



○議長(三谷哲央) 予算決算常任委員会開催のため、暫時休憩いたします。

               午前10時6分休憩

          ──────────────────

               午前11時35分開議



△開議



○議長(三谷哲央) 休憩前に引き続き会議を開きます。



△諸報告



○議長(三谷哲央) この際、報告いたします。

 付託議案の審査報告書が予算決算常任委員長から提出されましたので、お手元に配付いたしました。

 以上で報告を終わります。

          ──────────────────



△予算決算常任委員会審査報告書


議案番号件名
1平成21年度三重県一般会計補正予算(第8号)


 本委員会において、上記の議案審査の結果、原案を可決すべきものと決定した。

 よって、ここに報告する。

                           平成21年8月3日

   三重県議会議長  三谷 哲央 様

                   予算決算常任委員長  山本 教和

          ──────────────────



△委員長報告



○議長(三谷哲央) 議案第1号の審議を継続いたします。

 本件に関し、予算決算常任委員長から委員会における審査の経過と結果について報告を求めます。山本教和予算決算常任委員長。

   〔山本教和予算決算常任委員長登壇〕



◎予算決算常任委員長(山本教和) 御報告申し上げます。

 予算決算常任委員会に審査を付託されました議案第1号平成21年度三重県一般会計補正予算(第8号)につきましては、本日委員会を開催し、関係当局の出席を求め、慎重に審査をいたしました結果、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(三谷哲央) 以上で委員長報告を終わります。

 委員長報告に対する質疑の通告は受けておりません。



△討論



○議長(三谷哲央) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。49番 萩原量吉議員。

   〔49番 萩原量吉議員登壇〕



◆49番(萩原量吉) ただいま上程されております一般会計補正予算(第8号)、私たちは、この議案に反対を表明して討論に参加したいと思います。

 もとより、この議案は地方税法そのものに根本的な原因があって、三重県だけで何とかしがたいという問題であることも確かであります。しかしながら、私は、あえて問題も提起しながらという点も含めて、皆さん方にお訴えしたいし、せっかく専決処分ではなくて、このような形でわざわざ本会議を招集されたという以上、とことんこの問題について論議をすべきだと思いますし、ましてや今、総選挙を控えて、場合によっては政権交代もあるのかどうかというそんな時期でもあるだけに、私は、この地方税法のあり方について、大いに各党、各会派が論議をして、国へも積極的に意見も言っておく、また、知事のほうでも、それこそ各政党のマニフェストをいろいろと採点してみえるといったようなことでもあったり、また、こういう地方分権ということが言われているときだけに、本当にこのような税制、税法が許されていいのかどうかといったような点も、知事から率直に私は聞きたかったということをつけ加えておきたいというふうに思うわけであります。

 これは、企業収益の大幅な減収ということが最大の理由になっているわけでありますけれども、私は本当につくづく思うけれども、昨年の秋以来、とりわけ年末から今年にかけて、派遣切り、あるいはまた、期間工の雇止めなどが相次いで、三重県は4番目に多い。単に職を奪われるだけではなくて、社宅まで追い出されるという、本当に悲惨な実態が今なお続いている。

 三重県が結構早い時期に景気は底をついたなどといったようなことを発表していますけれども、底をつくどころか、失業者が今なお増大をしている、あるいはまた、有効求人倍率は低下の一途をたどっている、そういったような状況をだれがつくったのかという点ですね。私は、こういったような派遣切りや期間工の人たちを雇っているから大変なんだといったような状況の中で、まだ欠損金がようけ出てきているけれどもといったような事態ならばわかります。一定の理解は示します。しかしながら、そうじゃない。結局のところ、派遣切りその他を全くそのままで放置をしておきながら、自分のところだけが内部留保は全然使わずに、どんと隠しておきながらという形でやってきている、この企業収益の減収、これは本当に許すことができないと思うわけであります。

 制度とはいえ、また中小企業にもこれは適用されるんだとはいうものの、今、本当に中小企業は、この不況の中で経営が大変だ、実態は赤字だけれども、赤字決算を出したらそれこそ銀行が相手にしてくれないということで、中小企業は黒字決算でそれこそ偽装しなきゃならん、こういう状況の中で、やっぱり大企業、大法人というのは随分優遇されている。

 私は、本当にこの国の形といいますか、この国のあり方が、今、この選挙でも問われなければならんと思うんですが、また、野呂知事もよく言われるわけだけれども、今、本当に日本の国のこの経済のあり方、政治や暮らしの仕組みを考えるときに、大企業、大法人、財界を優遇する税の取り方でも、また、使い道の無駄遣いも含めて、今、このことが問われているんだということを私は皆さんにぜひお訴えもし、また、そんな点で、今、民主党が政権をとろうとしているというそんな時期でもあるので、大いに私は期待もしたいし、これまでの政治を本当に変えていくという点で、私は、積極的にまた発言もしてほしいなという期待さえ語りたいわけであります。

 既に本議会では、この間の6月末の議会の会議の末に、国に対しても経済危機対策等に伴う地方負担の軽減を求める意見書というのを全会一致で採択されておりますし、平成21年度まで実施されている公債費負担軽減対策の継続及び地方税の還付加算金の在り方について、急激に悪化している地方財政の状況を勘案し、検討を行うことということまで決議を上げているわけでありまして、残念ながら、今の自民党、公明党の政権では、それは聞いてもらえないかわからんけれども、民主党政権になれば、場合によっては、これは本当に実現するのかというふうに期待さえするような実態にも私は思うわけであります。

 大いにそういう点を私は本議会で、それこそ地方分権というのならば議論もし、各党、各会派の違いも鮮明にしながら、県民の前に対して、それこそ、こんな議論をしていますよということになるならば、大いに県議会の二元代表制、さすがだということにもなるのではないかな、そんな思いを率直にしているわけでありますけれども、何人かの議員からも、これは専決処分でよかったのと違うかというようなことを言われているような県議会では、私はやっぱり情けないな、そんな思いがしています。

 余りにもこの返還額の多過ぎる見通しの甘さ等を含めて、私は、やっぱり厳しくチェックも今後はしていただきたいし、これが今後、繰越欠損金制度と言われて、結局大法人などがどーんと赤字を出したら、それこそ、これから7年間の間にこの欠損を取り戻さなかったら、税金はゼロでいいというこんなばかげた法律もあるわけですね。こういう制度になっていますね。だから、大銀行がこの間もずっと法人税がゼロで1円も払っていないというこんな事態さえも新聞でも大きく報道され、問題になったところでもありますけれども、こういったような大企業優遇のこの税制のあり方に対して、あえて一石を投じて、私は、この県議会だけで何とかできるというわけではありませんけれども、ぜひ皆さんとともに大いに議論もしたい、国の政治を変えていきたい、そんな思いであえて討論に立ったところでもございます。ぜひ御理解をいただきたいということを申し上げて、討論を終わりたいと思います。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(三谷哲央) 以上で討論を終結いたします。



△採決



○議長(三谷哲央) これより採決に入ります。

 議案第1号を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案を委員長の報告どおり決することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(三谷哲央) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告どおり可決されました。

 以上で、本臨時会に付議されました事件はすべて議了いたしました。



△閉会



○議長(三谷哲央) これをもって、平成21年第1回臨時会を閉会いたします。

               午前11時46分閉会



□閉会に当たり、三谷哲央議長、野呂昭彦知事は、それぞれ次のあいさつを述べた。



○議長(三谷哲央) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成21年第1回臨時会は、付議されました案件を議了し、ここに閉会の運びとなりました。

 今臨時会は、地方税法の規定に基づく法人二税等の歳出還付に係る補正予算について御審議をいただきました。この補正予算は、昨年来の世界的な経済不況の中で、県内企業の多くが予測を大幅に上回る減益となったことにより必要となったものであり、図らずも昨今の厳しい経済状況の一端を象徴することとなりました。

 このほかにも、県民の生活と安全にかかわる重要課題が山積する中で、来月16日には第2回定例会の開会を迎えます。議員並びに執行部各位におかれましては、暑さ厳しい折から健康に十二分に御留意いただき、県政進展のため、ますます御活躍いただきますようお願いを申し上げ、閉会のごあいさつといたします。(拍手)



◎知事(野呂昭彦) 閉会に当たりまして、私からも一言ごあいさつ申し上げます。

 議員の皆様方には、熱心に御審議をいただき、提出の議案を議了いただきましたことに感謝いたしますとともに、厚く御礼申し上げます。

 今後も県政の推進にさらに努力をいたしてまいりますので、格別の御理解と御協力をいただきますようお願い申し上げます。

 議員の皆様方におかれましては、暑さ厳しき折ではございますが、御健康に十分御留意の上、なお一層県政発展のために御活躍くださいますようお祈り申し上げまして、簡単ではございますが、閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)







   地方自治法第123条の規定により署名する







     議  長     三 谷 哲 央





     署名議員     北 川 裕 之





     署名議員     舘   直 人





     署名議員     水 谷   隆