議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 三重県

平成21年第1回定例会 06月04日−15号




平成21年第1回定例会 − 06月04日−15号









平成21年第1回定例会



                平成21年第1回

              三重県議会定例会会議録



                 第 15 号



            〇平成21年6月4日(木曜日)

          ──────────────────

              議事日程(第15号)

                  平成21年6月4日(木)午前10時開議

 第1  議案第106号から議案第116号まで

     〔提案説明〕

 第2  議員派遣の件

          ──────────────────

              会議に付した事件

 日程第1  議案第106号から議案第116号まで

 日程第2  議員派遣の件

          ──────────────────

             会議に出欠席の議員氏名

 出席議員  48名

    1  番                長 田  隆 尚

    2  番                津 村    衛

    3  番                森 野  真 治

    4  番                水 谷  正 美

    5  番                杉 本  熊 野

    6  番                村 林    聡

    7  番                小 林  正 人

    8  番                奥 野  英 介

    9  番                中 川  康 洋

    10  番                今 井  智 広

    11  番                藤 田  宜 三

    12  番                後 藤  健 一

    13  番                辻    三千宣

    14  番                笹 井  健 司

    15  番                中 村    勝

    16  番                稲 垣  昭 義

    17  番                北 川  裕 之

    18  番                服 部  富 男

    19  番                末 松  則 子

    20  番                中 嶋  年 規

    21  番                竹 上  真 人

    22  番                青 木  謙 順

    23  番                中 森  博 文

    24  番                真 弓  俊 郎

    25  番                舘    直 人

    26  番                日 沖  正 信

    27  番                前 田  剛 志

    28  番                藤 田  泰 樹

    29  番                田 中    博

    30  番                大 野  秀 郎

    31  番                前 野  和 美

    32  番                水 谷    隆

    34  番                岩 田  隆 嘉

    35  番                貝 増  吉 郎

    36  番                山 本    勝

    37  番                森 本  繁 史

    38  番                吉 川    実

    39  番                舟 橋  裕 幸

    40  番                三 谷  哲 央

    41  番                中 村  進 一

    43  番                西 塚  宗 郎

    44  番                萩 野  虔 一

    45  番                永 田  正 巳

    46  番                山 本  教 和

    47  番                西 場  信 行

    48  番                中 川  正 美

    49  番                萩 原  量 吉

    50  番                藤 田  正 美

 欠席議員  1名

    33  番                野 田  勇喜雄

   (51  番                欠      員)

   (52  番                欠      員)

   (42  番                欠      番)

          ──────────────────

          職務のため出席した事務局職員の職氏名

   事務局長                 大 森  秀 俊

   書記(事務局次長)            高 沖  秀 宣

   書記(議事課長)             青 木  正 晴

   書記(企画法務課長)           永 田  慎 吾

   書記(議事課副課長)           米 田  昌 司

   書記(議事課副課長)           藤 野  久美子

   書記(議事課主査)            平 井  靖 士

          ──────────────────

            会議に出席した説明員の職氏名

   知事                   野 呂  昭 彦

   副知事                  安 田  敏 春

   副知事                  江 畑  賢 治

   総務部長                 植 田    隆

   総務部副部長兼総括室長          北 岡  寛 之

   総務部総括室長              中 川  弘 巳

   総務部室長                中 田  和 幸

          ──────────────────

               午前10時0分開議



△開議



○議長(三谷哲央) ただいまから本日の会議を開きます。



△諸報告



○議長(三谷哲央) 日程に入るに先立ち、報告いたします。

 議案第106号から議案第116号まで並びに報告第14号から報告第44号までは、さきに配付いたしました。

 次に、県の出資等に係る法人の経営状況に関する説明書につきましては、さきに配付いたしました。

 次に、三重県における補助金等の基本的な在り方等に関する条例の規定により、交付決定実績調書が提出されましたので、さきに配付いたしました。

 次に、これまでに採択いたしました請願のうち、その処理経過及び結果の報告を求めたものについて、請願・陳情処理経過一覧表が提出されましたので、お手元に配付いたしました。

 以上で報告を終わります。

          ──────────────────



△追加提出議案件名

議案第106号 平成21年度三重県一般会計補正予算(第4号)

議案第107号 三重県屋外広告物条例の一部を改正する条例案

議案第108号 三重県警察の組織に関する条例の一部を改正する条例案

議案第109号 工事請負契約の変更について(松阪警察署建築工事)

議案第110号 損害賠償の額の決定及び和解について

議案第111号 平成21年度三重県一般会計補正予算(第5号)

議案第112号 平成21年度三重県母子及び寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)

議案第113号 平成21年度三重県農業改良資金貸付事業等特別会計補正予算(第1号)

議案第114号 平成21年度三重県水道事業会計補正予算(第1号)

議案第115号 平成21年度三重県工業用水道事業会計補正予算(第1号)

議案第116号 三重県森林整備加速化・林業再生基金条例案

          ──────────────────



△追加議案の上程



○議長(三谷哲央) 日程第1、議案第106号から議案第116号までを一括して議題といたします。



△提案説明



○議長(三谷哲央) 提出者の説明を求めます。

   〔野呂昭彦知事登壇〕



◎知事(野呂昭彦) 平成21年第1回定例会6月会議の議案の説明に先立ちまして、当面の県政運営についての考え方を申し述べます。

 昨年9月のリーマンブラザーズの破綻に始まった世界規模の経済危機により、本県においても、雇用、経済など県民生活は大きな影響を受けています。

 県内の鉱工業生産指数は4カ月連続して下降していたものの、3月についてはわずかながら上昇に転じました。しかしながら、雇用情勢は、4月の有効求人倍率が前月よりもさらに低い0.41倍と最も低い記録を更新し、本年6月までの非正規労働者の雇止めについても、全国で4番目に多い8551人と極めて深刻な状況になっています。

 このため、県では、平成20年度2月補正予算と平成21年度当初予算による第一次緊急雇用・経済対策により、雇用の創出、求職者総合支援センターなどの就労支援、セーフティネット資金の融資による中小企業支援などを迅速かつ着実に推進しているところです。

 しかしながら、その後も厳しい雇用・経済情勢が継続していることから、県議会での御意見や、官民が一体となって発足した経済危機対策会議における御意見、御要望等も踏まえ、平成21年度三重県緊急雇用・経済対策推進方針を取りまとめ、雇用の安定と新たな雇用の創出、景気の底支えと経済成長への布石、県民生活の安心と安定を目標として総合的な対策を講じていくこととしたところです。

 まず、5月15日には、この方針に基づき、第二次緊急雇用・経済対策に係る補正予算を議決いただいたところです。さらに、今回、雇用対策、経済対策、生活対策を柱とする総額約238億円規模の第三次緊急雇用・経済対策に係る予算を提出しました。

 雇用対策としては、これまでの雇用の創出に加え、障がい者雇用の促進も含めた農業部門の新規参入者の受け入れを進めることとしています。

 経済対策としては、後年度に予定されている公共事業の前倒し等により、総額約172億円規模の公共事業等を追加するとともに、県有車両の環境対応車への買いかえを進めるなど内需の拡大に取り組みます。また、県内中小企業の販路開拓等の支援、地域が取り組む間伐や木材加工流通施設整備等に対する支援など、景気の底支えと将来の成長へつなげるための取組を行います。

 生活対策としては、看護師等養成所の設備拡充に対する支援、高校生等を対象とする奨学金貸付枠の拡大など、県民生活の安心と安定に資するよう取り組みます。今後も雇用・経済情勢の推移を踏まえ、国の対策に連動しながら必要な対策を迅速かつ的確に講じていくこととしています。

 世界的な経済危機によって増幅された雇用、年金、医療などのセーフティネットのほころびや、様々な格差の拡大などから、今、国民の間には不安や閉塞感が漂っています。こうした状況を覆し、人々が将来に希望を持ち、安心して暮らすことができる社会を再構築し、我が国の再生につなげるためには、この国のあり方そのものを議論していくことが求められます。また、こうした議論を通じて、真の地方分権改革を実現する大きなうねりにつなげていくことが必要と考えます。

 こうした時期に、7月14日から15日にかけて、三重県で開催される全国知事会議に先立ち、7月13日に「希望を持って生きられる『この国のあり方』」をテーマに三重県主催のシンポジウムを開催します。この機会に住民に身近な地方行政の立場で住民の視点、地域の視点からこの国のあり方についてしっかり意見を申し上げることが大切であり、このことが国民的な議論の喚起につながればと考えています。

 以上、直面する雇用・経済対策とこの国のあり方に係る私の考え方を申し述べましたが、次に、今後県政を展開する上で留意して取り組むべき点について申し述べます。

 豊かな人間性を基本に据えた文化力の考え方は、経済的な豊かさや効率性だけでなく、本来、日本社会が持っていた信頼関係や温かさといった強み、豊かな感性に基づく価値観を大切にするものと考えます。様々な格差やひずみが大きな社会問題となり、経済面でも危機的状況にある今だからこそ、文化力の考え方の重要性は高まってきていると考えます。このため、本年度を“文化力立県”元年と位置づけ、様々な取組を通じて文化力の向上につなげていくこととしています。

 まず、文化力を象徴する取組となる「美し国おこし・三重」では、地域の皆さんが自ら地域の絆を見詰め直し、特色ある地域資源や創意工夫を生かした地域づくりを自立、持続して実践できるようにするとともに、こうした地域づくりを新たな経済活動の創出にもつなげていきたいと考えています。

 4月にオープニング宣言を行い、現在、県内各市町で地域の課題やビジョンを話し合う座談会を開催しています。座談会をきっかけに地域をよりよくしていこうとする活動を行うパートナーグループの登録も始まり、今後、オープニングの年として、市町や地域の団体等と連携した取組を一層強化していきます。

 また、7月の紀南中核的交流施設「里創人 熊野倶楽部」のオープン、全国高等学校総合文化祭、9月の世界新体操選手権、10月の熊野古道を含む紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産登録5周年を記念する国際シンポジウムなど大型イベントの開催等が続くことから、三重のすばらしい自然、文化を全国に情報発信するとともに、交流機会の拡大により県内経済の活性化にもつなげていきたいと考えています。

 次に、県民の安心を支える医療についてであります。県立病院改革については、「県立病院改革に関する考え方(基本方針)(案)」に対して、県議会、住民説明会、パブリックコメント等で様々な御意見をいただきました。今後さらに議論、検討を重ねながら基本方針を決定し、各病院が県民に良質で満足度の高い医療を安定的、継続的に提供することを目指す病院改革に取り組んでいきたいと考えています。

 新型インフルエンザについては、4月にメキシコでの感染例が報告されて以降、世界的な広がりを見せています。国内では、兵庫県、大阪府などの近隣府県でも相当数の感染者が報告されており、本県での感染者の発生も懸念されます。こうした状況を踏まえ、県では、新型インフルエンザ対策本部を設置し、全庁的な対応を行っているところです。また、医療対応については、発熱相談センターを設置し、県民の相談を受けるとともに、発熱外来の設置の拡充、追加に取り組むなど県内での発生に備えているところです。

 今後とも、国の基本的対処方針に沿って適切な対応を行うとともに、県民の皆様には、咳エチケット、手洗い、うがい、マスク着用などの感染予防対策の実行と正しい情報に基づく冷静な対応をお願いしていきます。

 引き続き、上程されました補正予算6件、条例案3件、その他議案2件、合わせて11件の議案について、その概要を説明いたします。

 今回の補正予算は、国の補正予算や県内の厳しい雇用・経済情勢に対応したもので、一般会計で316億6089万4000円、特別会計で2億524万5000円、企業会計で2億863万6000円、3会計合わせて320億7477万5000円を増額するものです。

 なお、このうち、国の交付金等を財源とした基金積立金82億2000万円を除く238億5477万5000円を第三次緊急雇用・経済対策として、一般会計、特別会計及び企業会計の3会計に計上しています。これにより平成21年度の予算総額は、一般会計で7180億3573万4000円となり、特別会計、企業会計を合わせた3会計の合計額は8028億3188万1000円となります。

 このうち、一般会計の歳入の主なものは、国庫支出金について緊急雇用創出事業臨時特例交付金72億2000万円、地域活性化・経済危機対策臨時交付金54億4311万6000円、地域活性化・公共投資臨時交付金41億812万2000円、公共事業関係補助金28億7365万8000円など209億2378万2000円を増額しています。また、県債について、公共事業等の増に伴い90億5500万円を増額しています。

 一般会計の歳出については、さきに説明いたしました公共事業等172億5572万円を含む雇用対策、経済対策、生活対策234億4089万4000円を計上したほか、国からの交付金等を財源として、森林整備加速化・林業再生基金に10億円、緊急雇用創出事業臨時特例基金に72億2000万円、合わせて82億2000万円を積み立てています。

 また、歳入歳出予算のほか、三重県総合文化センターの指定管理期間の更新に伴う協定など債務負担行為の追加及び変更をしています。

 以上で補正予算の説明を終わり、引き続き条例案等の諸議案について説明いたします。

 議案第116号は、三重県森林整備加速化・林業再生基金を設置するものです。

 議案第107号は、政治団体が政治活動のために表示または設置するはり紙等について、許可対象から除外する規定を整備するものです。

 議案第108号は、警察法施行令の一部改正に伴い、警察本部の所掌事務の改正を行うものです。

 議案第109号は、工事請負契約を変更しようとするものです。

 議案第110号は、損害賠償の額の決定及び和解をしようとするものです。

 以上で諸議案の説明を終わり、次に、報告事項について説明いたします。報告第14号から第35号までは、議会の委任による専決処分をしましたので報告するものです。

 報告第36号から第43号までは、平成20年度一般会計、特別会計及び企業会計のうち、翌年度へ繰り越した経費についてそれぞれ繰越計算書を調製しましたので報告するものです。

 報告第44号は、議会の議決すべき事件以外の契約等について条例に基づき報告するものです。

 以上をもちまして、提案の説明を終わります。何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(三谷哲央) 以上で提出者の説明を終わります。



△議員派遣の件



○議長(三谷哲央) 日程第2、議員派遣の件を議題といたします。



△採決



○議長(三谷哲央) お諮りいたします。本件をお手元に配付の一覧表のとおり派遣することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(三谷哲央) 起立多数であります。よって、本件はお手元に配付の一覧表のとおり派遣することに決定いたしました。

          ──────────────────



△議員派遣一覧表



1 平成21年度リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会総会


(1)派遣目的

   超電導磁気浮上式リニアモーターカーによる中央新幹線の早期建設の実現を強力に推進することを目的に、沿線9都府県の期成同盟会等が組織する「リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会」が、平成21年度事業計画・収支予算を決定するとともに、総会決議を行い国、関係機関等に要望活動を行うため開催する「平成21年度総会」に出席する。

(2)派遣場所  東京都

(3)派遣期間  平成21年6月8日  1日間

(4)派遣議員  長田 隆尚 議員  今井 智広  議員

         末松 則子 議員  竹上 真人  議員

         舘  直人 議員  日沖 正信  議員

         前田 剛志 議員  野田 勇喜雄 議員

         永田 正巳 議員  中川 正美  議員


          ──────────────────



○議長(三谷哲央) これをもって本日の日程は終了いたしました。



△休会



○議長(三谷哲央) お諮りいたします。明5日から8日までは休会といたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三谷哲央) 御異議なしと認め、明5日から8日までは休会とすることに決定いたしました。

 6月9日は、定刻より県政に対する質問を行います。



△散会



○議長(三谷哲央) 本日はこれをもって散会いたします。

               午前10時17分散会