議事ロックス -地方議会議事録検索-


三重県 三重県

平成19年第1回 5月臨時会 05月18日−02号




平成19年第1回 5月臨時会 − 05月18日−02号









平成19年第1回 5月臨時会



                平成19年第1回

              三重県議会臨時会会議録



                 第 2 号



            〇平成19年5月18日(金曜日)

          ──────────────────

             議 事 日 程(第2号)

                   平成19年5月18日(金)午前10時開議

 第1  議長選挙の件

 第2  副議長選挙の件

 第3  常任委員会の委員定数の件

 第4  常任委員選任の件

 第5  議会運営委員会の委員定数の件

 第6  議会運営委員選任の件

 第7  特別委員会設置並びに委員定数の件

 第8  特別委員選任の件

 第9  四日市港管理組合議会議員選挙の件

 第10  議案第1号

     〔提案説明、委員会付託〕

 第11  議案第1号

     〔委員長報告、採決〕

 第12  議案第2号

     〔採決〕

          ──────────────────

             会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1  議長選挙の件

 日程第2  副議長選挙の件

 日程第3  常任委員会の委員定数の件

 日程第4  常任委員選任の件

 日程追加  常任委員辞任の件

 日程第5  議会運営委員会の委員定数の件

 日程第6  議会運営委員選任の件

 日程第7  特別委員会設置並びに委員定数の件

 日程第8  特別委員選任の件

 日程第9  四日市港管理組合議会議員選挙の件

 日程第10  議案第1号

 日程第11  議案第1号

 日程第12  議案第2号

 日程追加  議員派遣の件

 日程追加  閉会中の継続審査及び調査の件

          ──────────────────

             会議に出欠席の議員氏名

 出席議員  51名

    1  番            山 中  光 茂 君

    2  番            津 村    衛 君

    3  番            森 野  真 治 君

    4  番            水 谷  正 美 君

    5  番            村 林    聡 君

    6  番            奥 野  英 介 君

    7  番            塩 谷  龍 生 君

    8  番            中 川  康 洋 君

    9  番            今 井  智 広 君

    10  番            杉 本  熊 野 さん

    11  番            藤 田  宜 三 君

    12  番            後 藤  健 一 君

    13  番            辻    三千宣 君

    14  番            笹 井  健 司 君

    15  番            中 村    勝 君

    16  番            稲 垣  昭 義 君

    17  番            小 林  正 人 君

    18  番            服 部  富 男 君

    19  番            竹 上  真 人 君

    20  番            青 木  謙 順 君

    21  番            末 松  則 子 さん

    22  番            中 嶋  年 規 君

    23  番            真 弓  俊 郎 君

    24  番            北 川  裕 之 君

    25  番            舘    直 人 君

    26  番            日 沖  正 信 君

    27  番            前 田  剛 志 君

    28  番            藤 田  泰 樹 君

    29  番            田 中    博 君

    30  番            大 野  秀 郎 君

    31  番            中 森  博 文 君

    32  番            前 野  和 美 君

    33  番            水 谷    隆 君

    34  番            岩 田  隆 嘉 君

    35  番            貝 増  吉 郎 君

    36  番            山 本    勝 君

    37  番            吉 川    実 君

    38  番            森 本  繁 史 君

    39  番            桜 井  義 之 君

    40  番            舟 橋  裕 幸 君

    41  番            三 谷  哲 央 君

    43  番            中 村  進 一 君

    44  番            西 塚  宗 郎 君

    45  番            萩 野  虔 一 君

    46  番            永 田  正 巳 君

    47  番            山 本  教 和 君

    48  番            西 場  信 行 君

    49  番            中 川  正 美 君

    50  番            藤 田  正 美 君

    51  番            岩 名  秀 樹 君

    52  番            萩 原  量 吉 君

   (42  番            欠        番)

          ──────────────────

          職務のため出席した事務局職員の職氏名

   事務局長                 宮 村  由 久

   書記(事務局次長)            神 田  要 文

   書記(議事課長)             青 木  正 晴

   書記(企画法務課長)           内 藤  一 治

   書記(議事課副課長)           岡 田  鉄 也

   書記(議事課主査)            西 塔  裕 行

   書記(議事課主査)            中 川  耕 次

          ──────────────────

            会議に出席した説明員の職氏名

   知事                   野 呂  昭 彦 君

   総務部長                 福 井  信 行 君

   総務部総括室長兼室長           稲 垣  清 文 君

   総務部副室長               坂 三  雅 人 君

          ──────────────────

               午前10時2分開議



△開議



○臨時議長(吉川実君) おはようございます。

 ただいまから、本日の会議を開きます。



△議長の選挙



○臨時議長(吉川実君) 日程第1、議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖します。

   〔議 場 閉 鎖〕



○臨時議長(吉川実君) ただいまの出席議員数は51名であります。

 お諮りします。会議規則第24条第2項の規定により、立会人として、

                19番   竹 上 真 人 君

                24番   北 川 裕 之 君

を指名いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(吉川実君) 御異議なしと認めます。よって、立会人に、19番 竹上真人君、24番 北川裕之君を指名いたします。

 投票用紙と名札を配付いたします。

   〔投票用紙、名札配付〕



○臨時議長(吉川実君) 投票用紙と名札の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(吉川実君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

   〔投 票 箱 点 検〕



○臨時議長(吉川実君) 異状なしと認めます。

 念のため、申し上げます。

 投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、名札を持参し、議席順に1番 山中光茂君から順次投票を願います。

   〔投 票 執 行〕



○臨時議長(吉川実君) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(吉川実君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議 場 開 鎖〕



○臨時議長(吉川実君) これより開票を行います。

 立会人の方、立ち会いを願います。

   〔開     票〕



○臨時議長(吉川実君) 選挙の結果を報告します。

 投票総数   51票

 有効投票   51票

 無効投票   0票

 有効投票中

   岩 名 秀 樹 君    49票

   萩 原 量 吉 君    2票

以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は13票であります。よって、岩名秀樹君が議長に当選されました。

          ──────────────────

投票者氏名

  1  番          山 中  光 茂 君

  2  番          津 村    衛 君

  3  番          森 野  真 治 君

  4  番          水 谷  正 美 君

  5  番          村 林    聡 君

  6  番          奥 野  英 介 君

  7  番          塩 谷  龍 生 君

  8  番          中 川  康 洋 君

  9  番          今 井  智 広 君

  10  番          杉 本  熊 野 さん

  11  番          藤 田  宜 三 君

  12  番          後 藤  健 一 君

  13  番          辻    三千宣 君

  14  番          笹 井  健 司 君

  15  番          中 村    勝 君

  16  番          稲 垣  昭 義 君

  17  番          小 林  正 人 君

  18  番          服 部  富 男 君

  19  番          竹 上  真 人 君

  20  番          青 木  謙 順 君

  21  番          末 松  則 子 さん

  22  番          中 嶋  年 規 君

  23  番          真 弓  俊 郎 君

  24  番          北 川  裕 之 君

  25  番          舘    直 人 君

  26  番          日 沖  正 信 君

  27  番          前 田  剛 志 君

  28  番          藤 田  泰 樹 君

  29  番          田 中    博 君

  30  番          大 野  秀 郎 君

  31  番          中 森  博 文 君

  32  番          前 野  和 美 君

  33  番          水 谷    隆 君

  34  番          岩 田  隆 嘉 君

  35  番          貝 増  吉 郎 君

  36  番          山 本    勝 君

  37  番          吉 川    実 君

  38  番          森 本  繁 史 君

  39  番          桜 井  義 之 君

  40  番          舟 橋  裕 幸 君

  41  番          三 谷  哲 央 君

  43  番          中 村  進 一 君

  44  番          西 塚  宗 郎 君

  45  番          萩 野  虔 一 君

  46  番          永 田  正 巳 君

  47  番          山 本  教 和 君

  48  番          西 場  信 行 君

  49  番          中 川  正 美 君

  50  番          藤 田  正 美 君

  51  番          岩 名  秀 樹 君

  52  番          萩 原  量 吉 君

          ──────────────────



○臨時議長(吉川実君) 議長に当選されました岩名秀樹君が議場におられますので、当選の通知をいたします。

 議長 岩名秀樹君、ごあいさつを願います。

   〔議長 岩名 秀樹君登壇〕



○議長(岩名秀樹君) このたび、議員の皆様の御推挙を受け、名誉ある第100代三重県議会議長の要職を担うことになりました。まことに身に余る光栄であり、その使命と責務の重大さに身の引き締まる思いであります。

 この上は、決意を新たにして、議会の活性化と公正で円滑な議会運営に努め、県民の皆様の期待と信頼にこたえてまいりたいと考えております。

 私たち三重県議会は、分権時代を先導する議会を目指し、これまで数々の議会改革に取り組んでまいりました。昨年は、藤田正美前議長のもと、これまでの改革の集大成として、三重県議会基本条例を全会一致で議決、制定をしたところであります。議会基本条例の制定は出発点であり、これを実行していく新しいステージに入りました。これまでの成果を踏まえつつ、さまざまな試行錯誤も恐れず、仏つくって魂入れずとならないよう、議会を挙げて実践していくことが強く求められているところでございます。

 特に、議会が自治のガバナンスを担う主体にふさわしい政策形成能力の向上を図るとともに、県民の参画や議員間討議を充実させ、県民自治の具体的な仕組みを確立してまいりたいと考えております。さらに議会の透明性を高め、一層の情報公開に取り組み、県民の信頼を得られる議会運営に努めてまいります。加えて、これまでの地方自治の概念にとらわれない新しい地方自治の姿を模索し、法の不備を正すために、知事並びに執行機関とも協働しながら、地方自治法の改正を国に対して働きかけてまいりたいと考えております。

 さて、第100代三重県議会議長という節目を迎え、本県議会は重要な歴史的役割を担う意義ある時期にあります。諸先輩が築き上げてきた輝かしい歴史に新たな1ページを加え、未来を切り開いていけるよう、今後、精いっぱい議長としての職責を全うしてまいる所存でございます。

 何とぞ、皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げまして、議長就任のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○臨時議長(吉川実君) 議長 岩名秀樹君、議長席にお着き願います。

   〔臨時議長 吉川実君退席、議長 岩名秀樹君議長席に着く〕



△副議長の選挙



○議長(岩名秀樹君) 日程第2、副議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖いたします。

   〔議 場 閉 鎖〕



○議長(岩名秀樹君) ただいまの出席議員数は51名であります。

 お諮りいたします。会議規則第24条第2項の規定により、立会人として、

                20番   青 木 謙 順 君

                25番   舘   直 人 君

を指名いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、立会人に、20番 青木謙順君、25番 舘直人君を指名いたします。

 投票用紙と名札を配付いたします。

   〔投票用紙、名札配付〕



○議長(岩名秀樹君) 投票用紙と名札の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

   〔投 票 箱 点 検〕



○議長(岩名秀樹君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、名札を持参し、議席順に1番 山中光茂君から順次投票を願います。

   〔投 票 執 行〕



○議長(岩名秀樹君) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議 場 開 鎖〕



○議長(岩名秀樹君) これより開票を行います。

 立会人の方、立ち会いをお願いいたします。

   〔開     票〕



○議長(岩名秀樹君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数   51票

 有効投票   48票

 無効投票   3票

 有効投票中

   桜 井 義 之 君    46票

   真 弓 俊 郎 君    2票

以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は12票であります。よって、桜井義之君が副議長に当選されました。

          ──────────────────

投票者氏名

  1  番          山 中  光 茂 君

  2  番          津 村    衛 君

  3  番          森 野  真 治 君

  4  番          水 谷  正 美 君

  5  番          村 林    聡 君

  6  番          奥 野  英 介 君

  7  番          塩 谷  龍 生 君

  8  番          中 川  康 洋 君

  9  番          今 井  智 広 君

  10  番          杉 本  熊 野 さん

  11  番          藤 田  宜 三 君

  12  番          後 藤  健 一 君

  13  番          辻    三千宣 君

  14  番          笹 井  健 司 君

  15  番          中 村    勝 君

  16  番          稲 垣  昭 義 君

  17  番          小 林  正 人 君

  18  番          服 部  富 男 君

  19  番          竹 上  真 人 君

  20  番          青 木  謙 順 君

  21  番          末 松  則 子 さん

  22  番          中 嶋  年 規 君

  23  番          真 弓  俊 郎 君

  24  番          北 川  裕 之 君

  25  番          舘    直 人 君

  26  番          日 沖  正 信 君

  27  番          前 田  剛 志 君

  28  番          藤 田  泰 樹 君

  29  番          田 中    博 君

  30  番          大 野  秀 郎 君

  31  番          中 森  博 文 君

  32  番          前 野  和 美 君

  33  番          水 谷    隆 君

  34  番          岩 田  隆 嘉 君

  35  番          貝 増  吉 郎 君

  36  番          山 本    勝 君

  37  番          吉 川    実 君

  38  番          森 本  繁 史 君

  39  番          桜 井  義 之 君

  40  番          舟 橋  裕 幸 君

  41  番          三 谷  哲 央 君

  43  番          中 村  進 一 君

  44  番          西 塚  宗 郎 君

  45  番          萩 野  虔 一 君

  46  番          永 田  正 巳 君

  47  番          山 本  教 和 君

  48  番          西 場  信 行 君

  49  番          中 川  正 美 君

  50  番          藤 田  正 美 君

  51  番          岩 名  秀 樹 君

  52  番          萩 原  量 吉 君

          ──────────────────



○議長(岩名秀樹君) 副議長に当選されました桜井義之君が議場におられますので、当選の通知をいたします。

 副議長 桜井義之君、ごあいさつを願います。

   〔副議長 桜井 義之君登壇〕



○副議長(桜井義之君) 副議長就任に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。

 ただいま、多数の議員の皆様方の御推挙により、伝統ある三重県議会第101代副議長の要職を担わせていただくことになりました。私にとりまして、身に余る光栄と存じますとともに、その職責の重さに身の引き締まる思いでございます。改めて議員の皆様方の格別の御高配に厚く御礼を申し上げます。

 この上は、微力でございますが、岩名議長とともに円滑な議会運営と県政の進展に向けて、その公の責務を全うしてまいる所存でございます。議員の皆様並びに知事はじめ執行部の皆様の御指導と御協力を切にお願い申し上げ、就任のごあいさつといたします。

 ありがとうございました。(拍手)



△休憩



○議長(岩名秀樹君) 暫時休憩いたします。

               午前10時37分休憩

          ──────────────────

               午後1時15分開議



△開議



○議長(岩名秀樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。



△常任委員会の委員定数



○議長(岩名秀樹君) 日程第3、常任委員会の委員定数の件を議題といたします。

 お諮りいたします。常任委員会の委員定数は、政策防災常任委員会9名、総務生活常任委員会8名、健康福祉病院常任委員会8名、環境森林農水商工常任委員会9名、県土整備企業常任委員会8名、教育警察常任委員会9名、予算決算常任委員会50名といたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、常任委員会の委員定数は、政策防災常任委員会9名、総務生活常任委員会8名、健康福祉病院常任委員会8名、環境森林農水商工常任委員会9名、県土整備企業常任委員会8名、教育警察常任委員会9名、予算決算常任委員会50名とすることに決定をいたしました。



△常任委員の選任



○議長(岩名秀樹君) 日程第4、常任委員選任の件を議題といたします。

 お諮りいたします。常任委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、議長から、お手元に配付の常任委員名簿のとおり、それぞれ指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、それぞれ議長指名のとおり決定いたしました。

          ──────────────────



△常任委員名簿



会派\委員会名
   (定数)

政策防災
(9名)
総務生活
(8名)
健康福祉病院
(8名)
環境森林農水商工
(9名)
県土整備企業
(8名)
教育警察
(9名)
新政みえ4名4名4名4名4名4名

  稲垣 昭義  

  田中  博  

  舟橋 裕幸  

  三谷 哲央  

  辻 三千宣  

  前田 剛志  

  西塚 宗郎  

  萩野 虔一  

  山中 光茂

  杉本 熊野

  中村  勝

  日沖 正信

  津村  衛  

  藤田 宜三  

  大野 秀郎  

  桜井 義之  

  水谷 正美  

  笹井 健司  

  舘  直人  

  中村 進一  

  森野 真治  

  後藤 健一  

  北川 裕之  

  藤田 泰樹  
自民・無所属議員団3名2名2名3名3名3名

  中森 博文  

  山本  勝  

  中川 正美  

  竹上 真人  

  吉川  実  

  小林 正人  

  前野 和美  

  村林  聡  

  貝増 吉郎  

  西場 信行  

  青木 謙順  

  岩田 隆嘉  

  山本 教和  

  服部 富男  

  水谷  隆  

  永田 正巳  
未来塾1名1名1名1名名名
  中嶋 年規    藤田 正美    岩名 秀樹    末松 則子                    
自民党青雲会県議団1名1名名1名名名
  森本 繁史    塩谷 龍生             奥野 英介                    
日本共産党三重県議団名名名名1名1名
                                      真弓 俊郎    萩原 量吉  
公明党名名1名名名1名
                    今井 智広                      中川 康洋  





△常任委員名簿



会派\委員会名
   (定数)
予算決算
(50名)
新政みえ24名

  山 中 光 茂   津 村   衛   森 野 真 治   水 谷 正 美  

  杉 本 熊 野   藤 田 宜 三   後 藤 健 一   辻   三千宣  

  笹 井 健 司   中 村   勝   稲 垣 昭 義   北 川 裕 之  

  舘   直 人   日 沖 正 信   前 田 剛 志   藤 田 泰 樹  

  田 中   博   大 野 秀 郎   桜 井 義 之   舟 橋 裕 幸  

  三 谷 哲 央   中 村 進 一   西 塚 宗 郎   萩 野 虔 一  
自民・無所属議員団16名

  村 林   聡   小 林 正 人   服 部 富 男   竹 上 真 人  

  青 木 謙 順   中 森 博 文   前 野 和 美   水 谷   隆  

  岩 田 隆 嘉   貝 増 吉 郎   山 本   勝   吉 川   実  

  永 田 正 巳   山 本 教 和   西 場 信 行   中 川 正 美  
未来塾3名
  末 松 則 子   中 嶋 年 規   藤 田 正 美
自民党青雲会県議団3名
  奥 野 英 介   塩 谷 龍 生   森 本 繁 史
日本共産党三重県議団2名
  真 弓 俊 郎   萩 原 量 吉
公明党2名
  中 川 康 洋   今 井 智 広



          ──────────────────



△休憩



○議長(岩名秀樹君) 着席のまま、暫時休憩いたします。

               午後1時17分休憩

          ──────────────────

               午後1時18分開議



△開議



○副議長(桜井義之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程追加・常任委員の辞任



○副議長(桜井義之君) 常任委員辞任の件について、会議規則第18条第1項の規定により、日程に追加し、直ちに議題といたします。

 健康福祉病院常任委員、岩名秀樹君から、常任委員の辞任願が提出されております。

 お諮りいたします。

 委員会条例第10条第1項の規定により、岩名秀樹君の健康福祉病院常任委員の辞任を許可することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(桜井義之君) 御異議なしと認めます。よって、岩名秀樹君の健康福祉病院常任委員の辞任を許可することに決定いたしました。



△休憩



○副議長(桜井義之君) 着席のまま、暫時休憩いたします。

               午後1時19分休憩

          ──────────────────

               午後1時20分開議



△開議



○議長(岩名秀樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。



△議会運営委員会の委員定数



○議長(岩名秀樹君) 日程第5、議会運営委員会の委員定数の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会の委員定数は13名といたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員の定数は13名とすることに決定いたしました。



△議会運営委員の選任



○議長(岩名秀樹君) 日程第6、議会運営委員選任の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、議長から、お手元に配付の議会運営委員名簿のとおり指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、議長指名のとおり決定いたしました。

          ──────────────────



△議会運営委員名簿



会派\委員会名
   (定数)
議会運営委員
(13名)
新政みえ6名

     北 川  裕 之     

     日 沖  正 信     

     田 中    博     

     三 谷  哲 央     

     中 村  進 一     

     西 塚  宗 郎     
自民・無所属議員団3名

     竹 上  真 人     

     岩 田  隆 嘉     

     山 本    勝     
未来塾1名

     藤 田  正 美     
自民党青雲会県議団1名

     森 本  繁 史     
日本共産党三重県議団1名

     萩 原  量 吉     
公明党1名

     中 川  康 洋     



          ──────────────────



△特別委員会設置並びに委員定数



○議長(岩名秀樹君) 日程第7、特別委員会設置並びに委員定数の件を議題といたします。

 お諮りいたします。特別委員会の設置並びに委員定数につきましては、お手元に配付の一覧表のとおりとし、それぞれ審査終了まで継続調査を認めることといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員会の設置並びに委員定数につきましては、お手元に配付の一覧表のとおりとし、それぞれ審査終了まで継続調査を認めることに決定いたしました。

          ──────────────────



△特別委員会設置一覧表


名   称所 管 事 項定 数
地域活性化対策調査特別委員会生活創造圏づくりに代わる新しい地域活性化政策に関する調査11
南北格差対策調査特別委員会県内南北地域間の格差是正対策に関する調査13
子育て支援対策調査特別委員会子育て支援対策に関する調査12
県立病院等調査特別委員会次期三重県保健医療計画並びに県立4病院の役割及び経営形態に関する調査13


          ──────────────────



△特別委員の選任



○議長(岩名秀樹君) 日程第8、特別委員選任の件を議題といたします。

 お諮りいたします。特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、議長から、お手元に配付の特別委員名簿のとおり、それぞれ指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、それぞれ議長指名のとおり決定いたしました。

          ──────────────────



△特別委員名簿



会派\委員会名
   (定数)

地域活性化対策調査
(11名)
南北格差対策調査
(13名)
子育て支援対策調査
(12名)
県立病院等調査
(13名)
新政みえ6名6名5名6名

  水 谷 正 美  

  後 藤 健 一  

  笹 井 健 司  

  舘   直 人  

  藤 田 泰 樹  

  西 塚 宗 郎  

  津 村   衛  

  中 村   勝  

  前 田 剛 志  

  三 谷 哲 央  

  中 村 進 一  

  萩 野 虔 一  

  森 野 真 治  

  杉 本 熊 野  

  辻   三千宣  

  稲 垣 昭 義  

  日 沖 正 信  

  山 中 光 茂  

  藤 田 宜 三  

  北 川 裕 之  

  田 中   博  

  大 野 秀 郎  

  舟 橋 裕 幸  
自民・無所属議員団4名4名4名4名

  服 部 富 男  

  青 木 謙 順  

  岩 田 隆 嘉  

  山 本   勝  

  村 林   聡  

  竹 上 真 人  

  水 谷   隆  

  中 川 正 美  

  小 林 正 人  

  前 野 和 美  

  吉 川   実  

  永 田 正 巳  

  中 森 博 文  

  貝 増 吉 郎  

  山 本 教 和  

  西 場 信 行  
未来塾名1名1名1名
             藤 田 正 美    末 松 則 子    中 嶋 年 規  
自民党青雲会県議団1名1名名1名
  奥 野 英 介    森 本 繁 史               塩 谷 龍 生  
日本共産党三重県議団名1名1名名
             真 弓 俊 郎    萩 原 量 吉             
公明党名名1名1名
                        中 川 康 洋    今 井 智 広  



          ──────────────────



○議長(岩名秀樹君) この際、申し上げます。

 ただいま選任されました各常任委員会、議会運営委員会並びに各特別委員会の委員の方々は、それぞれの委員会において、委員長及び副委員長を互選の上、御報告を願います。



△休憩



○議長(岩名秀樹君) 常任委員会、議会運営委員会並びに特別委員会の委員長及び副委員長互選のため、暫時休憩いたします。

               午後1時22分休憩

          ──────────────────

               午後2時10分開議



△開議



○議長(岩名秀樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。



△諸報告



○議長(岩名秀樹君) この際、報告いたします。

 各常任委員会、議会運営委員会並びに各特別委員会において、それぞれ委員長及び副委員長をお手元に配付の委員長及び副委員長名簿のとおり互選した旨の報告がありました。

 以上で報告を終わります。

          ──────────────────



△委員長及び副委員長名簿

  (各常任委員会、議会運営委員会、各特別委員会)


委員会委員長副委員長
政策防災常任委員会稲 垣 昭 義中 森 博 文
総務生活常任委員会竹 上 真 人前 田 剛 志
健康福祉病院常任委員会中 村   勝前 野 和 美
環境森林農水商工常任委員会末 松 則 子大 野 秀 郎
県土整備企業常任委員会青 木 謙 順舘   直 人
教育警察常任委員会北 川 裕 之水 谷   隆
予算決算常任委員会西 場 信 行日 沖 正 信
議会運営委員会西 塚 宗 郎山 本   勝
地域活性化対策調査特別委員会舘   直 人青 木 謙 順
南北格差対策調査特別委員会水 谷   隆中 村   勝
子育て支援対策調査特別委員会日 沖 正 信前 野 和 美
県立病院等調査特別委員会田 中   博中 森 博 文


          ──────────────────



△四日市港管理組合議会議員の選挙



○議長(岩名秀樹君) 日程第9、四日市港管理組合議会議員の選挙を行います。

 なお、選挙すべき議員の数は5名であります。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により指名推選とし、指名の方法は、議長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認め、ただいまから指名いたします。

                     稲 垣 昭 義 君

                     前 田 剛 志 君

                     藤 田 泰 樹 君

                     中 森 博 文 君

                     岩 田 隆 嘉 君

以上の方々を指名いたします。

 ただいま指名いたしました5名の方を当選人と定めることに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました5名の方が四日市港管理組合議会議員に当選されました。

 当選されました方々が議場におられますので、当選の通知をいたします。



△議案の上程



○議長(岩名秀樹君) 日程第10、議案第1号を議題といたします。



△提案説明



○議長(岩名秀樹君) 提出者の説明を求めます。

   〔知事 野呂 昭彦君登壇〕



◎知事(野呂昭彦君) 議案の説明に先立ちまして、まず、4月15日に三重県中部を震源として発生した地震につきまして、この地震により被災された県民の皆様には心からお見舞い申し上げます。

 さて、私は、このたびの知事選挙により、再び県民の皆様の負託を受け、今後4年間、県政を担当することになりました。

 県政を取り巻く環境は、経済情勢や雇用情勢などが好転し、三重が全体として確実に元気になってきている一方で、行財政運営については、行政改革推進法の成立やいわゆる「骨太の方針2006」の閣議決定を受け、一層の効率化、簡素化が求められています。また、地方分権改革推進法が成立し、第2期の地方分権改革がスタートしたことに伴い、地域主権の社会を目指して、地方は強い決意を持って真の分権改革を進め、どの地域においても豊かな自治が実現できるよう、しっかりと取り組んでいく必要があります。

 このような状況の中で、これからの県政を推進するに当たりましては、私は、文化力に基づく政策を、新しい時代の公にふさわしい進め方で展開し、質の行政改革という県政の新しいステージを本格的に推進していくことによって、公共サービスの水準を維持し、さらには向上させていく道を切り開き、県民一人ひとりが幸せを実感できる県政の実現に全力を尽くしてまいる所存であります。

 議員の皆様方には、格別の御理解と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 それでは、ただいま上程されました議案について、その概要を説明申し上げます。

 議案第1号は、地方税法の一部を改正する法律の施行等に伴い、県民税、自動車取得税、狩猟税等に関して、県税条例の改正を行ったものです。

 この議案は、地方自治法第179条の規定に基づき専決処分をしたもので、報告申し上げ、御承認をお願いするものです。

 このほか、報告第1号から第15号までは、議会の委任による専決処分をしましたので、報告するものです。

 以上をもちまして、提案の説明を終わります。

 何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(岩名秀樹君) 以上で提出者の説明を終わります。

 ただいま議題となっております議案第1号に対する質疑の通告は受けておりません。



△議案付託



○議長(岩名秀樹君) お諮りいたします。議案第1号は、お手元に配付の議案付託表のとおり、総務生活常任委員会に付託し、会議規則第36条第1項の規定により、2時間以内に審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。

          ──────────────────



△議案付託表





議案付託表





 総務生活常任委員会


議案番号件名
1専決処分の承認について(三重県県税条例の一部を改正する条例)


          ──────────────────



△休憩



○議長(岩名秀樹君) 総務生活常任委員会開催のため、暫時休憩いたします。

               午後2時15分休憩

          ──────────────────

               午後3時12分開議



△開議



○議長(岩名秀樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。



△諸報告



○議長(岩名秀樹君) この際、報告いたします。

 付託議案の審査報告書が総務生活常任委員長から提出されましたので、お手元に配付いたしました。

 次に、本日、議案第2号が提出されましたので、お手元に配付いたしました。

 以上で報告を終わります。

          ──────────────────



△総務生活常任委員会審査報告書


議案番号件名
1専決処分の承認について(三重県県税条例の一部を改正する条例)


 本委員会において、上記の議案審査の結果、承認すべきものと決定した。

 よって、ここに報告する。

                          平成19年5月18日

 三重県議会議長  岩名 秀樹 様

                  総務生活常任委員長  竹上 真人

          ──────────────────



△議案第2号

   監査委員の選任につき同意を得るについて

 監査委員に次の者を選任いたしたいから、地方自治法(昭和22年法律第67号)第196条第1項の規定に基づき同意を得たい。

  平成19年5月18日提出         三重県知事  野 呂 昭 彦



県議会議員の中から選任しようとする者

  住    所                 氏   名

多気郡大台町小滝110番地             大 野 秀 郎

桑名市末広町53番地               貝 増 吉 郎



提案理由

 監査委員の選任については、県議会の同意を要する。これが、この議案を提出する理由である。

          ──────────────────



△委員長報告



○議長(岩名秀樹君) 日程第11、議案第1号を議題といたします。

 本件に関し、総務生活常任委員長から、委員会における審査の経過と結果について報告を求めます。総務生活常任委員長 竹上真人君。

   〔総務生活常任委員長 竹上 真人君登壇〕



◎総務生活常任委員長(竹上真人君) 御報告申し上げます。

 総務生活常任委員会に審査を付託されました議案第1号専決処分の承認について(三重県県税条例の一部を改正する条例)につきましては、本日、委員会を開催し、関係当局の出席を求め、慎重に審査いたしました結果、全会一致を持って原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上、御報告申し上げます。



○議長(岩名秀樹君) 以上で委員長報告を終わります。

 委員長報告に対する質疑の通告は受けておりません。



△討論



○議長(岩名秀樹君) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。23番 真弓俊郎君。

   〔23番 真弓 俊郎君登壇〕



◆23番(真弓俊郎君) 日本共産党県議団を代表しまして、今回上程されています議案第1号専決処分の承認について(三重県県税条例の一部を改正する条例)に反対を表明し、その理由を述べ、討論に参加します。

 2007年3月23日に地方税法の一部を改正する法律が成立し、30日に交付をされました。

 その主な内容は次の3点です。1、県民税について。2、自動車取得税について。3、狩猟税について。

 1の県民税について、これは、上場株式等の配当等及び譲渡所得等に対する税率の軽減措置の適用期限をさらに1年延長することにあります。この減税に対しては、成立時から金持ち優遇税制だとの批判がありました。そして、昨年の政府税調答申でも、現在の経済状況では大幅に改善しているとして、期限到来とともに廃止というふうにしています。しかし、日本経団連からの働きかけなどを受け、与党税調が延長を決め、今回の改正となったものです。

 また、地方間格差の増大に伴い、地方財政の逼迫も招いています。本来、税率が5%、所得税15%と合わせ、そして20%。これが税率3%、所得税7%と合わせて10%、20%から10%に軽減されていることが延長されることにより、県への影響額は、県民税配当割で8億円、また、県民税株式等譲渡所得割で12億円。本来、県に入るべき20億円が消えてしまっています。税収増に取り組む県としては大変な損失です。

 ところが、一方では、定率減税の廃止により、昨年と今年で35億円もの県民税が増税になっています。増税は庶民に、減税は大金持ちに、格差社会をさらに広げるものです。具体的に減税の恩恵を受けているのはどのような方なのか。県内のことをお聞きしましたが、回答はありませんでした。

 しかし、国会の総務委員会、ここで私ども日本共産党の吉川春子議員の質問で明らかにもなっていますが、平成17年の申告分の所得階級別の株式譲渡益では、1000万円以下の所得階級のうち株式譲渡所得のある者は21万8254人。これらの者の譲渡所得等の合計は3310億円です。

 ところが、5000万円を超える所得のある者のうち株式譲渡所得がある者は1万2298人で、この人たちの譲渡所得等の合計は1兆7299億円。実に、減税額の65%を全体の5%に当たる年所得5000万円以上の高額所得者が占めてもいます。金持ち優遇減税と言われるゆえんがここにあります。

 さらに、地方への影響も深刻です。これは政府の試算によりますが、全体で配当割で600億円強、譲渡所得割では900億円強の影響が地方に及んでいます。

 昨日の議長、副議長候補の方の所信表明をお聞きさせていただきましたが、ともどもに新しい地方自治を訴えられ、中央集権からの脱却を求めてみえました。

 生活苦にあえぐ国民勤労者に一層のしわ寄せ、増税を押しつけ、超富裕層には過剰な優遇税制を続け、格差を拡大する国の悪政をそのまま県民に押しつけるこの専決処分には断固として反対をいたします。

 議員各位におかれましても、県財政の健全化と公平性の確保のためにも反対の意思を表明していただくことをお願いいたしまして、討論を終わらせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(岩名秀樹君) 以上で討論を終結いたします。



△採決



○議長(岩名秀樹君) これより採決に入ります。

 議案第1号を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は承認であります。

 本案を委員長の報告どおり決することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(岩名秀樹君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告どおり承認されました。



△監査委員の選任

   〔30番 大野秀郎君、35番 貝増吉郎君離席・退場〕



○議長(岩名秀樹君) 日程第12、議案第2号を議題といたします。

 お諮りいたします。本件は人事案件につき、提案説明、質疑並びに委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。



△採決



○議長(岩名秀樹君) これより採決に入ります。

 本案は同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決定いたしました。

   〔30番 大野秀郎君、35番 貝増吉郎君入場・着席〕



△日程追加・議員派遣の件



○議長(岩名秀樹君) この際、申し上げます。

 議員派遣の件について、急施を要するものとして、会議規則第18条第1項の規定により、日程に追加し、直ちに議題といたします。

 本件は、議事進行上、趣旨説明、質疑並びに委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認め、本件は、趣旨説明、質疑並びに委員会付託を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。



△採決



○議長(岩名秀樹君) これより採決に入ります。

 本件は、お手元に配付の一覧表のとおり派遣することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。よって、本件はお手元に配付の一覧表のとおり派遣することに決定いたしました。

          ──────────────────



△議員派遣一覧表



1 平成19年度リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会総会

(1)派遣目的

   超電導磁気浮上式リニアモーターカーによる中央新幹線の早期建設の実現を強力に推進することを目的に、沿線9都府県の期成同盟会等が組織する「リニア中央エクスプレス建設促進期成同盟会」が、平成19年度事業計画・収支予算を決定するとともに、総会決議を行い国、関係機関等に要望活動を行うため開催する「平成19年度総会」に出席する。

(2)派遣場所  東京都

(3)派遣期間  平成19年5月   1日間

(4)派遣議員  奥野 英介 議員   中村  勝 議員

         末松 則子 議員   前田 剛志 議員

         大野 秀郎 議員   中森 博文 議員

         岩田 隆嘉 議員   吉川  実 議員

         桜井 義之 議員   中川 正美 議員


          ──────────────────



△日程追加・閉会中の継続審査・調査



○議長(岩名秀樹君) 次に、閉会中の継続審査及び調査の件について、急施を要するものとして、会議規則第18条第1項の規定により、日程に追加し、直ちに議題といたします。

 本件は、政策防災常任委員会外6常任委員会並びに議会運営委員会の各委員長から、お手元に配付の閉会中の継続審査・継続調査申出事件一覧表のとおり、それぞれ閉会中も継続してこれを行いたい旨の申し出がありました。

 お諮りいたします。本件はいずれも申し出のとおり認めることに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩名秀樹君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件はいずれも申し出のとおり認めることに決定いたしました。

          ──────────────────



△常任委員会閉会中継続審査・継続調査申出事件一覧表



政策防災常任委員会

1 県政の総合企画調整について

1 地域振興の推進について

1 東紀州地域の対策について

1 科学技術の振興について

1 危機管理の推進について

1 防災対策の推進について



健康福祉病院常任委員会

1 社会福祉対策の総合的推進について

1 保健医療行政の推進について

1 病院事業の運営について



環境森林農水商工常任委員会

1 環境行政の推進について

1 林業の振興対策について

1 農業の振興対策について

1 水産業の振興対策について

1 商工業の振興対策について

1 中小企業の育成対策について

1 観光の振興対策について



県土整備企業常任委員会

1 公共土木施設の整備促進について

1 都市計画、住宅、下水道、その他土木行政の推進について

1 公営企業(病院事業を除く)の運営について



教育警察常任委員会

1 学校教育の充実について

1 体育・スポーツの振興について

1 生涯学習及び文化財保護行政の推進について

1 警察の組織及び運営について



総務生活常任委員会

1 行財政の運営について

1 生活文化行政の総合的推進について

1 雇用安定対策について



予算決算常任委員会

1 予算、決算等県財政について





△議会運営委員会閉会中継続審査・継続調査申出事件一覧表



1 議会の運営に関する事項について

1 議会関係の条例及び規則等に関する事項について

1 議長の諮問に関する事項について

          ──────────────────



○議長(岩名秀樹君) 以上をもって、本臨時会に付議されました事件はすべて議了いたしました。



△閉会



○議長(岩名秀樹君) これをもって、平成19年第1回臨時会を閉会いたします。

               午後3時22分閉会



□閉会に当たり、議長 岩名秀樹君、知事 野呂昭彦君は、それぞれ次のあいさつを述べた。



○議長(岩名秀樹君) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 去る15日に開会いたしました本臨時会も、本日ここに付議されました事件をすべて議了し、県民の負託にこたえるべく、新しい議会活動の体制が整えられましたことは、まことに喜びにたえないところであります。議員並びに執行部の皆様の御協力と御精励に対しまして、厚くお礼を申し上げます。

 また、藤田前議長、萩野前副議長をはじめとする旧役員の方々の過去1年間の御尽力に対しまして、深く感謝と敬意を表する次第であります。

 議員並びに執行部の皆様方におかれましては、ますます御自愛の上、今後とも、県政進展のため、一層の御活躍をいただきますようお願いを申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。(拍手)



◎知事(野呂昭彦君) 閉会に当たりまして、私からも一言ごあいさつ申し上げます。

 今回の臨時会は、議会の構成及び運営にとって最も重要な正副議長をはじめ各種委員などを御決定いただく、今期県政初めての議会でありましたが、滞りなくその選出を終えられ、ここに三重県議会の新体制がめでたく発足されることになりましたことは、まことに御同慶にたえません。

 今回、委員の御重責を担われました方々に対しましては、その就任を心からお喜びを申し上げます。

 今後、県政の運営に当たり、議長、副議長をはじめ役員の方々、議員の皆様方におかれましては、県政発展のため、何とぞよろしく御尽力を賜りますようお願い申し上げます。

 また、本会議にお諮りいたしました専決処分につきましては、御承認を賜りましたことをここに改めて厚く御礼を申し上げます。

 以上、簡単でございますが、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)







      地方自治法第123条の規定により署名する







       臨時議長   吉 川   実





       議  長   岩 名 秀 樹





       副 議 長   桜 井 義 之





       署名議員   中 村   勝





       署名議員   稲 垣 昭 義





       署名議員   服 部 富 男