議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 武豊町

平成28年  6月 定例会(第2回) 06月14日−05号




平成28年  6月 定例会(第2回) − 06月14日−05号









平成28年  6月 定例会(第2回)



●議事日程 (第5号) 平成28年6月14日(火)午後2時00分開議

 日程第1 各常任委員会委員長報告(付託案件審査の経過及び結果)

 日程第2 委員長報告に対する質疑

 日程第3 討論・採決(議案番号順)

      議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)

      議案第33号 平成28年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第34号 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

      議案第35号 武豊町国民健康保険税条例の一部改正について

 日程第4 議員派遣の件

 日程第5 議会閉会中の継続調査について

●本日の会議に付した事件

   〔議事日程に同じにつき省略〕

●本日の出席議員(16名)

   1番 冨永良一君    2番 甲斐百合子君   3番 久野 勇君

   4番 櫻井雅美君    5番 青木信哉君    6番 青木宏和君

   7番 本村 強君    8番 梶田 進君    9番 南 賢治君

  10番 石川義治君   11番 森田義弘君   12番 大岩 保君

  13番 鈴木一也君   14番 石原壽朗君   15番 福本貴久君

  16番 岩瀬計介君

●本日の欠席議員(なし)

●職務のため出席した者の職・氏名(3名)

   議会事務局長   中野 満君

   議会事務局長

            佐伯千恵子君

   補佐

   同  副主幹   池田ゆかり君

●説明のため出席した者の職・氏名(34名)

   町長       籾山芳輝君   副町長      各務正巳君

   教育長      榊原武夫君   総務部長     永田 尚君

   企画部長     宮谷幸治君   健康福祉部長   新美周大君

   生活経済部長   鬼頭研次君   建設部長     杉江保光君

                    次長兼

   教育部長     田中泰資君            木村育夫君

                    総務課長

   防災交通課長   若松幸一君   防災専門官    奥村行雄君

   税務課長     籾山英巳君   収納課長     田中康博君

   次長兼

            山田晴市君   秘書広報課長   松本由美子君

   企画政策課長

   次長兼

            岩川佳弘君   福祉課長     飯田浩雅君

   保険医療課長

   子育て支援

            池田武彦君   指導保育士    神田由佳君

   課長

   健康課長     澤田由美子君  住民窓口課長   藤井信介君

   次長兼

            竹内誠一君   産業課長     森山利久君

   環境課長

   土木課長     篠崎良一君   都市計画課長   近藤千秋君

   次長兼              会計管理者兼

            犬塚敏彦君            平野幸夫君

   上下水道課長           出納室長

                    学校給食センター

   学校教育課長   荒井 修君            明壁幸治君

                    所長

   次長兼

   生涯学習課長

            木村孝士君   中央公民館長   伊藤誠一郎君

   兼町民会館

   事務長

   歴史民俗             スポーツ課長

            森田正樹君   兼総合体育    山田正典君

   資料館長             館長

                           〔午後2時00分 開議〕



○議長(森田義弘君) 

 皆さん、こんにちは。

 議員並びに理事者各位には、ご多用のところ出席を賜りまして、まことにありがとうございました。

 ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、事前に配付したとおりであります。よろしくご協力を願います。

 それでは、これより日程に入ります。



△日程第1 各常任委員会委員長報告



○議長(森田義弘君) 

 日程第1は、各常任委員会の委員長報告であります。

 さきに各常任委員会に審査を付託しました議案第32号から議案第35号までの4議案を一括議題として、各常任委員会の委員会審査の経過及び結果の報告を願います。

 最初に、総務企画委員長、登壇して報告を願います。

     〔総務企画委員長 石川義治君 登壇〕



◆総務企画委員長(石川義治君) 

 それでは、総務企画委員会の委員長報告をさせていただきます。

 去る6月7日本会議におきまして、総務企画委員会に付託されました案件の審査の経過と結果についてご報告のほうをさせていただきます。

 総務企画委員会は、6月8日午前9時より全員協議会室にて、委員会委員全員と関係理事者出席のもと開催をさせていただきました。

 当委員会に付託されました案件は、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)当委員会所管事項の1件でございます。

 初めに、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)当委員会所管事項の主な経過と結果についてご報告のほうをさせていただきます。

 タウンマップ更新委託料の中で、新しい内容とどんな利用を考えているのかとの質疑に、タウンマップの更新は、平成23年に策定したものを加除修正するもので、地図及び公共施設の情報を現状に更新する予定である。利用方法は、役場や各施設へ設置、転入者への案内、会議時における他市町への配布などを考えていると答弁。

 現在、町の発行物は英語表記、多言語表記があるが、このタウンマップはどのように考えているのかとの質疑に、現在タウンマップはホームページ上で英語版とポルトガル語版が掲載されているが、今回の更新では今のところ日本語版のみの印刷と考えていると答弁。

 コミュニティ助成事業の事業費の内訳及び総事業費はとの質疑に、事業の内訳は山車の車輪4本の交換、神楽太鼓1台の革の張りかえ、はやし笛6本の購入などである。総事業費については補助金の上限額250万円以上であると答弁。

 企画事業費で、シティプロモーション映像募集チラシの印刷との説明だが、詳しい内容と大学等9カ所はどこになるのかとの質疑に、このシティプロモーションは「たけとよ ザ ムービーコンテスト」応募のための募集チラシの作成である。今後は、チラシを各施設に設置し、広報やホームページへの掲載、映像学科のある大学や専門学校への郵送をし、広くPRする予定である。9カ所の大学等は、名古屋芸術大学、愛知淑徳大学、名古屋造形大学、愛知県立芸術大学、東海学園大学、愛知工科大学、名古屋工学院専門学校、トライデントデザイン専門学校、専門学校名古屋ビジュアルアーツであると答弁。9校の大学、専門学校以外にも近隣の高校などにチラシを配ることは考えていないのかとの質疑に、現状での調査がこの9校なので、それ以外にもあれば送りたいと答弁。

 防災減災活動事業委託料で、防災ボランティアに活動委託と説明があったが、具体的な内容と実施回数は、また1回分の予算は幾らかとの質疑に、子どもから大人や区、自主防災会などへの効果的な防災教育、訓練を行うための煙体験ハウス、展示パネルや炊き出し機器等の資材を購入する経費が主なもので、防災教育1回当たりでの積算ではないと答弁。資機材の管理はどのようになされるのかとの質疑に、管理は防災ボランティアと調整を図りながら検討をしていくと答弁。

 採決の結果、全員賛成で委員会可決と決しました。

 以上が、総務企画委員会に付託されました案件の審査の主な経過と結果についてのご報告でございます。

 以上でございます。

     〔降壇〕



○議長(森田義弘君) 

 次に、文教厚生委員長、登壇して報告を願います。

     〔文教厚生委員長 石原壽朗君 登壇〕



◆文教厚生委員長(石原壽朗君) 

 ご指名を受けましたので、去る6月7日の本会議にて文教厚生委員会に付託されました案件の主な審査の経過と結果についてご報告いたします。

 文教厚生委員会は、6月8日午後2時より全員協議会室にて、委員5名と関係理事者出席のもとに開催いたしました。

 当委員会に付託された案件は、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)当委員会所管事項を初め、議案3件であります。

 初めに、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)当委員会所管事項の主な質疑について報告をします。

 教育総務費事務局一般管理費456万6,000円について、国際交流員の業務の対象になる児童・生徒は何人いるのか、また国際交流員は具体的にどのような活動をするのかとの質疑に、武豊町の小・中学校において日本語指導を必要とする児童・生徒は現時点で21人であり、今回受け入れる国際交流員は、ブラジル人男性23歳で、使用可能な言語はポルトガル語、日本語、英語、スペイン語である。主な活動は、学校現場において増加してきた日本語が理解できない外国人児童・生徒への対応及び学校から渡されるさまざまな通知文書の翻訳等であると答弁。

 在住外国人の方で対応できないのかとの質疑に、対象者は能力、意欲、人柄などについて十分な調査が行われており、同等の人材を町独自で探すことは非常に難しい。また、国際交流員に係る経費として、1人につき約470万円の交付税基準財政需要額に算入され、この制度を利用したほうが財政的にもメリットがあると答弁。

 他部署にまたがる業務を兼務することになるのであれば、非常勤特別職に当たらないのではないか、地方公務員法のどの号に該当する非常勤特別職なのかとの質疑に、地方公務員法第3条第3項第3号の「臨時又は非常勤の顧問、参与、調査員、嘱託員及びこれらの者に準ずる者の職」に当たり、具体的には統計調査員、臨時または非常勤の学校医、非常勤の公民館長等が当てはまると答弁。

 キャリア教育推進事業委託料12万4,000円について、対象学年と小学校低学年でも働くことを学ばせる意義はとの質疑に、この事業は小学校の全学年を対象としているが、内容に合わせた学年を対象とした、地域の人による講話、読み聞かせと、5年生が行う体験学習となっており、下級生に語り継ぐことも目的の一つとなっている。中学生の職場体験などのキャリア教育が、実際的な知識や技術・技能に触れることを目的としているのに対して、子どもたちが働くことや自分の生き方について考えを深める場とすることが目的であると答弁。

 壱町田湿地管理棟修繕費120万円について、管理棟は築後何年経過しているのか、また管理はどのようになっているのかとの質疑に、記録はないが、工事現場で使われていたプレハブ事務所が「壱町田湿地を守る会」により、三十二、三年前に現在の場所に移設されたもので、保守管理も「守る会」により行われている。今回、休憩場所としても利用が可能なものを町として整備を行うので、今後は町による管理となると答弁。

 登録有形文化財三井家住宅整備650万円の具体的内容はとの質疑に、保存修理20万円、一般公開事業費30万円、改修整備600万円となっており、600万円の内訳としては、南土蔵の雨漏り修繕、板塀の修理、母屋の床下補強と畳がえになっていると答弁。

 採決の結果、全員賛成で委員会可決と決しました。

 次に、議案第34号 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正については、国際交流員の報酬が5年目まで規定されているが、この間勤務するということかとの質疑に、今回の任用は1年で、学校において、今年度中に交流員の力をかりて日本語を理解できない児童・生徒及びその保護者への対策をできる限り整えたい。5年分の報酬を条例化しているのは、現在、自治体国際化協会の国際交流員の募集要項にある同一人物を継続して任用した場合の報酬額であり、任用期間を意味するものではないと答弁。

 採決の結果、全員賛成で委員会可決と決しました。

 次に、議案第35号 武豊町国民健康保険税条例の一部改正については、特に質疑もなく、全員賛成で委員会可決と決しました。

 以上が、文教厚生委員会に付託されました案件の審査の主な経過と結果についての報告であります。

     〔降壇〕



○議長(森田義弘君) 

 次に、建設経済委員長、登壇して報告を願います。

     〔建設経済委員長 南 賢治君 登壇〕



◆建設経済委員長(南賢治君) 

 ご指名をいただきましたので、建設経済委員会委員長報告をさせていただきます。

 去る6月7日の本会議にて、建設経済委員会に付託されました案件の審査の経過と結果についてご報告いたします。

 建設経済委員会は、6月9日午前9時より全員協議会室にて、委員全員と関係理事者出席のもと開催しました。

 当委員会に付託されました案件は、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)当委員会所管事項を初め、2件であります。

 初めに、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)当委員会所管事項の主な経過と結果について報告します。

 観光事業費で、観光モデルコース作成と武豊キャンペーン等と説明があったが、予算の内訳と具体的な事業内容はとの質疑に、モデルコース作成が617万8,000円で、内容は、武豊町観光協会に委託し、武豊町観光ガイドボランティア協会、蔵元等の施設関係者と地域交流施設を中心とした新たな観光モデルコースを考案するものである。武豊キャンペーンは200万円で、内容は蔵元とみそ蔵の見学会を開催し、たけとよめしランチを提供するもので、ポスター、パンフレットの作成費であると答弁。

 市街地開発事業調査設計委託料の具体的内容は、また将来どのような構想を持っているかとの質疑に、内容は、交通量、既存施設の集客の現状調査を行い、調査結果や駅東土地区画整理事業、都市計画道路武豊港線整備を踏まえ、駅西側地区及び周辺道路整備に関する検討を行うものである。将来の構想は、中心拠点である駅周辺から地域交流施設まで交流拠点とつながりをもたせ、活気あふれるまちづくりを進めていくと答弁。

 駅西側地区の具体的な構想はあるかとの質疑に、都市計画道路武豊港線の拡幅に伴い、駅西側地区も交通形態が変更となるため、それも含めた上で今後検討していくと答弁。

 地域交流施設の誘導案内を七号地交差点南の既存サイン北面に設置するとのことだが、具体的にはどのような案内になるのかとの質疑に、衣浦西部線に「武豊北ふ頭」、「武豊緑地」へ誘導するサインがあり、その裏面に、半田方面から南進し、地域交流施設へ向かうドライバーの誘導サインを設置し、「武豊町地域交流センター」、「まちの駅味の蔵たけとよ」と表示し、英語表記、方向矢印、施設までの距離を表示する予定であると答弁。

 採決の結果、全員賛成で委員会可決と決しました。

 次に、議案第33号 平成28年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について主な経過と結果について報告します。

 上ケ第2ポンプ場のエンジンのオーバーホールは2台とも行うのかとの質疑に、常に2台とも調子は悪くないが、安全面を考慮し、2台ともオーバーホールを行うと答弁。

 エンジンのオーバーホールを実施することで、どのぐらいの延命になるか。またエンジンは何年製造のものかとの質疑に、今までも約10年に1回のペースでオーバーホールを行っており、10年は延命できると考えている。また1号エンジンは昭和45年度、2号エンジンは昭和52年度製であると答弁。

 上ケ第2ポンプ場はかなり老朽化がしているが、建てかえの検討はしているのかとの質疑に、現在、上ケ第1ポンプ場の長寿命化事業を行っており、次に大足第1ポンプ場の長寿命化を行った後に、上ケ第2ポンプ場の更新を行いたいと考えていると答弁。

 採決の結果、全員賛成で委員会可決と決しました。

 以上が、建設経済委員会に付託されました案件の審査の主な経過と結果についての報告であります。

     〔降壇〕



○議長(森田義弘君) 

 ありがとうございました。

 以上で、委員長報告を終わります。



△日程第2 委員長報告に対する質疑



○議長(森田義弘君) 

 次に、日程第2、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑はございませんか。

 ないようでありますので、これで質疑を終わります。



△日程第3 討論・採決(議案番号順)



○議長(森田義弘君) 

 次に、日程第3、討論及び採決であります。

 議案第32号から議案第35号まで、討論の通告がありませんでしたので、これより順次採決を行います。

 初めに、議案第32号 平成28年度武豊町一般会計補正予算(第1号)について、委員長の報告どおり原案を可とすることに賛成の議員は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(森田義弘君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり可決されました。

 次に、議案第33号 平成28年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、委員長の報告どおり原案を可とすることに賛成の議員は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(森田義弘君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり可決されました。

 次に、議案第34号 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、委員長の報告どおり原案を可とすることに賛成の議員は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(森田義弘君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり可決されました。

 次に、議案第35号 武豊町国民健康保険税条例の一部改正について、委員長の報告どおり原案を可とすることに賛成の議員は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(森田義弘君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり可決されました。



△日程第4 議員派遣の件



○議長(森田義弘君) 

 次に、日程第4、議員派遣の件を議題とします。

 お諮りをします。別紙、お手元に配付の議員派遣の件でお示しした一覧のとおり、議員派遣することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(森田義弘君) 

 異議なしと認めます。よって、別紙議員派遣の件のとおりと決しました。

 なお、議員派遣の日時、場所、目的、派遣の内容など一部未定の部分も含め、変更が生じた場合、また一覧の派遣以外に派遣の必要が生じた場合は、議長にご一任願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(森田義弘君) 

 異議なしと認め、そのように決しました。



△日程第5 議会閉会中の継続調査について



○議長(森田義弘君) 

 次に、日程第5、議会閉会中の継続調査についてを議題とします。

 お手元に配付しました議会閉会中の継続調査事件一覧表のとおり、各委員長より申し出がありました。

 お諮りをします。各委員長の申し出のとおり異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(森田義弘君) 

 異議なしと認めます。よって、各委員長の申し出のとおり、議会閉会中の継続調査とすることに決しました。

 以上で、本定例会に付議されました議案の審査は全て終了しました。

 閉会に当たり、町長よりご挨拶を願います。

     〔町長 籾山芳輝君 登壇〕



◎町長(籾山芳輝君) 

 閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 去る6月1日開会いたしました平成28年第2回武豊町議会定例会も全ての議事を終え、ここに閉会の運びとなりました。

 会期中は町政諸般にわたり多くのご質問や貴重なご意見をいただき、またご提案申し上げました諸議案につきましては、慎重なご審議の上、いずれもご承認、ご可決を賜りましてまことにありがとうございました。

 今後も今議会で頂戴いたしました建設的なご提言等も含め、諸施策の推進に全力で取り組んでまいる所存でありますので、議員各位の一層のお力添えをお願いするものであります。

 とりわけ、この4月以降は里中地区の地域交流施設を初め、町内の福祉施設のご理解によりまして、北山地区での高齢者交流センターが開所されまして、有効活用をされているやにお聞きをいたしております。また、高齢化社会を見据え、緑地区のみどりサロン、富貴市場地区の竜宮サロンなど、新たな憩いのサロンが開所されまして、町民の皆様と一体となって協働のまちづくりの理念のもと計画的に促進がなされており、運営にかかわっていただいております関係者に感謝と敬意を表する次第であります。

 一方、来る7月11日から20日には、夏の交通安全県民運動が展開されます。飲酒運転の根絶は安心・安全なまちづくりを目指す上で、本町の重要な課題の一つであると認識をいたしております。県警のホームページによりますと、本町でのことし1月から3月までの飲酒運転の検挙者は3人で、免許人口1万人当たりでは県下ワースト第12位とのことであります。昨年1年間では県下で中間くらいに位置しておりましたが、再びワースト上位に浮上してきております。これまで以上にしっかりと根絶運動を展開してまいりたいと考えております。

 さて、ことしは平年並みの梅雨入りとなり、間もなく夏本番を迎えますが、酷暑や猛暑の少ない過ごしやすい夏になってほしいものであります。また、電力需要の多い時期でもあり、より一層の節電や省エネに努め、この夏を乗り切りたいところであります。

 そして、7月から8月にかけまして、各地区で夏祭りや盆踊り大会など多彩な催しが予定がなされております。それぞれ盛大に開催がなされ、多くの皆さんがこの夏を存分に楽しんでいただくとともに、地域のきずながさらに深まりますことを期待するものであります。同時に、台風や集中豪雨による被害が心配される時期でもありますので、災害対策の一層の強化を図りたいと考えております。

 また、今議会でもご議論をいただきましたが、4月の熊本地震によって耐震や避難生活等の備えについて、改めて見直しが必要な事項については、見直しをしてまいりたいと考えております。本町におきましても、南海トラフ巨大地震への対策として、防災計画の改善を重ねておりますが、さらに官民一体となって実践的な訓練に励み、少しでも減災につながりますよう努めてまいりたいと思います。

 最後になりましたが、議員の皆様におかれましては、これからの夏の体調管理に十分ご留意をいただきますとともに、町政発展のためさらなるご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、閉会に当たってのご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

     〔降壇〕



○議長(森田義弘君) 

 ありがとうございました。

 これをもって、平成28年第2回武豊町議会定例会を閉会します。

 どうも長時間ご苦労さまでございました。

                           〔午後2時27分 閉会〕

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

          平成28年6月14日

            武豊町議会

              議長  森田義弘

              議員  大岩 保

              議員  鈴木一也