議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 武豊町

平成21年  7月 臨時会(第3回) 07月07日−01号




平成21年  7月 臨時会(第3回) − 07月07日−01号









平成21年  7月 臨時会(第3回)



            平成21年第3回

          武豊町議会臨時会会議録

●招集年月日 平成21年7月7日

●招集場所  武豊町議事堂

●議事日程 (第1号) 平成21年7月7日(火)午前10時00分開会

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定

 日程第3 報告第5号 専決処分の報告について

            「損害賠償の額の決定及び和解の専決処分について」

 日程第4 議案第39号 平成21年度武豊町一般会計補正予算(第3号)

● 本日の会議に付した事件

  〔議事日程に同じにつき省略〕

● 本日の出席議員(18名)

   1番 小寺岸子君    2番 石川義治君    3番 鈴木一也君

   4番 南 賢治君    5番 佐伯隆彦君    6番 石原壽朗君

   7番 江本重忠君    8番 中川 一君    9番 小山茂三君

  10番 本村 強君   11番 加藤美奈子君  12番 小西幸男君

  13番 森田義弘君   14番 加古猛二君   15番 大岩 保君

  16番 岩瀬計介君   17番 梶田 進君   18番 梶田 稔君

● 本日の欠席議員(なし)

● 職務のため出席した者の職・氏名(2名)

   議会事務局長   宮地 修君

   同   書記   青木純二君

● 説明のため出席した者の職・氏名(9名)

   町長       籾山芳輝君   副町長      田中敏春君

   教育長      澤田雅司君   総務部長     大岩一政君

   厚生部長     小坂延夫君   産業建設部長   中川和男君

                    次長兼

   教育部長     各務正己君            高須直良君

                    総務課長

   学校教育課長   菅田豊宏君

                          〔午前10時00分 開会〕



○議長(小山茂三君) 

 皆さん、おはようございます。

 議員並びに理事者各位には、ご多用のところ全員の出席を賜りまして、まことにありがとうございました。

 開会に先立ち、町長より招集のあいさつを願います。

     〔町長 籾山芳輝君 登壇〕



◎町長(籾山芳輝君) 

 皆さん、おはようございます。

 本日ここに平成21年第3回武豊町議会臨時会を招集いたしましたところ、時節柄大変ご多用の中を全員のご出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 今臨時会におきましては、報告案件といたしまして、損害賠償の額の決定及び和解に関する専決処分が1件、そして予算案件といたしまして、平成21年度一般会計の補正予算案1件で、それぞれ1件のご報告と議案につきましてご提案をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。

 とりわけ補正予算案のご審議に際しましては、詳細な提案説明をさせていただきますが、何とぞ慎重なご審議の上、ご可決を賜りますようお願いを申し上げまして、招集のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔降壇〕



○議長(小山茂三君) 

 ありがとうございました。

 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議は成立しました。

 これより平成21年第3回武豊町議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付したとおりであります。よろしくご協力を願います。

 日程に入る前に、本会議に出席を求めた者の職・氏名は、別紙自席に配付した名簿のとおりであります。ご了承を願います。

 それでは、これより日程に入ります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(小山茂三君) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 武豊町議会会議規則第118条の規定により、本臨時会の会議録署名議員に、15番 大岩 保議員、16番 岩瀬計介議員を指名します。両議員、よろしくお願いをします。



△日程第2 会期の決定



○議長(小山茂三君) 

 日程第2、会期決定の件を議題とします。

 お諮りをします。本臨時会の会期は、本日1日限りと定めますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小山茂三君) 

 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日限りと決しました。



△日程第3 報告第5号 専決処分の報告について「損害賠償の額の決定及び和解の専決処分について」



○議長(小山茂三君) 

 次に、日程第3、報告第5号 専決処分の報告について「損害賠償の額の決定及び和解の専決処分について」を議題とします。

 報告を願います。



◎学校教育課長(菅田豊宏君) 

 それでは、報告第5号 専決処分の報告についてご説明を申し上げます。

 本報告は地方自治法第180条第1項の規定に基づきまして、次のとおり専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により、報告するものでございます。

 次ページをごらんいただきたいと思います。

 平成21年6月4日午後3時ごろ、武豊町字中根四丁目地内の武豊中学校におきまして、特別支援学級の体育の授業中、生徒がグラウンドに置いてあるマット固定用のタイヤを転がしてしまい、偶然、進学説明会に来校された保護者の駐車中の自動車のドア部分に当たりまして、ドアを破損したものでございます。

 相手方との和解及び損害賠償の額につきましては、平成21年6月25日に示談が成立しましたので、次のとおり専決処分したものでございます。

 過失割合につきましては、学校管理下における事故でございますので、武豊町が10割で、損害賠償の額は5万7,540円であります。

 なお、賠償金につきましては、保険からの支払いとなります。

 以上、報告第5号の説明とさせていただきます。



○議長(小山茂三君) 

 以上で報告を終わります。



△日程第4 議案第39号 平成21年度武豊町一般会計補正予算(第3号)



○議長(小山茂三君) 

 次に、日程第4 議案第39号 平成21年度武豊町一般会計補正予算(第3号)についてを議題とします。

 提案理由の説明を願います。



◎次長兼総務課長(高須直良君) 

 議案第39号につきまして、提案理由をご説明申し上げます。

 この補正予算は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,400万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ124億8,244万3,000円とするものであります。

 内容でございますが、先月から衣浦小学校におきまして、水道の蛇口から赤水が出ておりまして、夏休み中に給水管の修繕工事を行う必要がありますので、本臨時会での補正をお願いするものであります。

 それでは、歳入から説明いたしますので、7、8ページをお開きください。

 今回の補正の財源としまして、19款1項1目繰越金を充てるものであります。

 次のページに移りまして、歳出であります。

 10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費の衣浦小学校施設営繕工事であります。衣浦小学校は、昭和45年春に開校しましてから39年が経過をしております。水道管には鋼管を使用しておりますので、現在では内部にかなりのさびが発生しているものと推測されます。

 修繕の方法でありますが、建物の使用可能年数と経済性を勘案しまして、管の取りかえではなく、管内部の研磨と樹脂塗料によるライニングを予定しております。これは、高速の空気流で研磨剤を圧送して、さび等を除去した後、同じく空気流によってエポキシ樹脂を注入して、塗膜を形成するものでございまして、工事延長は825メートル、塗料の耐用年数は20年以上ということであります。

 以上で議案第39号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(小山茂三君) 

 提案理由は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。



◆17番(梶田進君) 

 2、3点質問させていただきます。

 この衣浦小の給水管の腐食に対する対策ということなんですけれども、これはもう数年前に、電食による腐食による漏水漏れで、配管を布設がえしたという経過もあったと思います。そういうことを考えると、今回のこの赤水の問題も考えますと、全体的に衣浦小の配水管の腐食が相当進んでいるのではないかなというふうに思われるわけです。

 そこで、1つは今回校舎の耐用年数とかを加味してということで、エポキシ樹脂によるライニングということなんですけれども、この給水管そのものの腐食度合いの調査をされた後、その結果を踏まえて、エポキシ樹脂によるこのコーティングで対処するということになったのか、その腐食度合いは確認していないけど、対応としてこういう方法があるということで、エポキシのライニングと決定したのか、そのあたりはいかがですか。



◎学校教育課長(菅田豊宏君) 

 すべての管をずっと調査したというわけではございません。ただ、全体の蛇口からさびが出ておるということから、今回学校環境上の面で、急遽提案をさせていただくものでございます。



◆17番(梶田進君) 

 今の答弁を聞いていますと、部分的に赤水が出るならば、部分的な腐食ということがあるんですけれども、全体から出るということになれば、なおさらきちっと確認する必要があるのではないかなと思う点、そのあたりをもう一回お答えいただきたいと思いますし、それからこのエポキシが十分施行されたかどうかの確認というのは、どういう方法でやられるかという点、そのあたり。この配水の管口径は、せいぜい20ミリ程度のものではないかなと思うのですけれども、そういうもののライニングの確認とか、それはどういう方法で施行確認はされていくのか、その点を。



◎学校教育課長(菅田豊宏君) 

 まず、腐食度合いの確認ということですが、校内すべての蛇口を調査をさせていただきました。その結果、すべての蛇口から赤さびがやっぱり出てきたということがございまして、全体的に腐食度合いが進んでおるんだろうというふうな理解をさせていただいております。

 それから、今のライニング工法したあとの検査ということでございますが、ちょっと細かい、ごめんなさい検査内容まで把握してございません。ただ、工法としては耐用年数と、今の新たにこのさび防止に対応する工事といたしましては、この工法が一番的確ではないかというふうな判断をさせていただいております。ちょっと答えになっていないかもしれませんが、すみません。



◆17番(梶田進君) 

 私が言ったのは、すべての蛇口から赤水が出るということは、全体に相当腐食しているのではないかと。だから確認する必要があるのではないかと、肉厚の確認が必要ではないかなということなんですね、1つには。

 それと、工事施行後の問題なんですけれども、これはきちっと後処理をしないと硬化性の樹脂ですので、この水道の蛇口があかないということが非常に多く発生するわけなんです。そのあたりの施行後の管理も、きちっと確認をする必要があると思います。

 そして、あと肉厚の問題でこだわるのは、この工法が加圧してエポキシ樹脂を塗装するということなんですけれども、エポキシ樹脂というのはご存じだと思うんですが、結構粘性の高い樹脂ですもので、ピンホールなどが発生しやすいという、特に蛇口回りのねじ切り部分のところなど。十分浸透しないということもありますもので、そこら辺のことも十分考えて、業者には施行を指示する必要があるのではないかなと思うんですけれども、そのあたりいかがでしょうか。



◎学校教育課長(菅田豊宏君) 

 今、ライニングに関するいろいろなご指摘をいただいておるわけでございますが、ここで施行が入りますと、当然13年に施行した部分は除きまして、今回赤さびが出る工事をしていない部分、そちらにつきましてはまず加圧をさせていただきます。圧力をかけて砂を入れたり、その後でライニング工法ということでやるんですが、その際に老朽箇所で吹き出しが発生する可能性もやっぱりあります。その際には当然、その工事を途中で、まずその亀裂をした部分につきましては対応させていただきたいというふうな事を考えております。

 したがって、全体をまず圧力をかけて、その亀裂状態というか腐食の進んでいるところ、そちらにつきましては、きちっと対応させていただきたいというふうに考えております。

 あとは、バルブの関係ですとか、ねじ切り部分のことだとか、いろいろ施行に関しましてはまた担当の技術者のほうから、受注業者が決まりましたらそちらのほうには的確なアドバイスをさせていただきたいというふうに考えております。以上です。



○議長(小山茂三君) 

 ほかにありませんか。

 ないようでありますので、これで質疑を終わります。

 お諮りをします。ただいまの議案につきましては、この際、委員会付託、討論を省略して、直ちに採決をしますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小山茂三君) 

 異議なしと認め、これより採決をします。議案第39号 平成21年度武豊町一般会計補正予算(第3号)について、原案を可とすることに賛成の議員は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(小山茂三君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり可決されました。

 以上で、本臨時会に付議されました案件の審議は終了しました。

 閉会に当たり、町長より一言ごあいさつを願います。

     〔町長 籾山芳輝君 登壇〕



◎町長(籾山芳輝君) 

 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日の第3回臨時議会にご提案申し上げました補正予算につきましては、慎重なご審議の上、ご可決を賜りまして、まことにありがとうございました。早速、この夏休み期間中に、安全で安心できる教育環境の整備のため、取り組んでまいりたいと考えております。

 あわせまして、武豊小学校体育館におきましても、武豊力を発揮をしていただき、無料で耐震工事をやっていただけることとなりました。既に、職員には発信をしておりますが、町行政だけの予算ではなく、各般の事業を洗い出し、対応していく姿勢も大切なことであると。こうした姿勢が大きく実を結んだ事例であると認識をいたしているところであります。

 最後になりましたが、議員各位におかれましては、この夏、健康管理に十分ご留意をいただきますとともに、町政発展のため、さらなるご指導ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

     〔降壇〕



○議長(小山茂三君) 

 これをもって平成21年第3回武豊町議会臨時会を閉会します。

 お疲れさまでした。

                          〔午前10時15分 閉会〕

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

          平成21年7月7日

            武豊町議会

              議長

              議員

              議員