議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 武豊町

平成18年  3月 定例会(第1回) 03月02日−01号




平成18年  3月 定例会(第1回) − 03月02日−01号









平成18年  3月 定例会(第1回)



            平成18年第1回

          武豊町議会定例会会議録

●招集年月日 平成18年3月2日

●招集場所  武豊町議事堂

●議事日程 (第1号) 平成18年3月2日(木)午前9時00分開会

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 町長の諸般報告及び平成18年度予算編成報告について

 日程第4 特別委員会委員長報告(衣浦港3号地調査特別委員会)

 日程第5 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

 日程第6 同意第1号 武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任について

 日程第7 同意第2号 武豊町監査委員の選任について

 日程第8 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて

             「平成17年度武豊町一般会計補正予算(第7号)」

 日程第9 議案第1号 平成17年度武豊町一般会計補正予算(第8号)

 日程第10 議案第2号 平成17年度武豊町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第11 議案第3号 平成17年度武豊町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第12 議案第4号 平成17年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第13 議案第5号 平成17年度武豊町水道事業会計補正予算(第3号)

 日程第14 議案第6号 平成18年度武豊町一般会計予算

 日程第15 議案第7号 平成18年度武豊町国民健康保険事業特別会計予算

 日程第16 議案第8号 平成18年度武豊町老人保健事業特別会計予算

 日程第17 議案第9号 平成18年度武豊町介護保険事業特別会計予算

 日程第18 議案第10号 平成18年度武豊町農業集落排水事業特別会計予算

 日程第19 議案第11号 平成18年度武豊町下水道事業特別会計予算

 日程第20 議案第12号 平成18年度武豊町水道事業会計予算

 日程第21 議案第13号 武豊町国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について

 日程第22 議案第14号 武豊町国民保護協議会条例の制定について

 日程第23 議案第15号 武豊町障害者自立支援条例の制定について

 日程第24 議案第16号 武豊町介護保険条例の一部改正について

 日程第25 議案第17号 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

 日程第26 議案第18号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について

 日程第27 議案第19号 武豊町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び武豊町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

 日程第28 議案第20号 武豊町職員の給与に関する条例の一部改正について

 日程第29 議案第21号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について

 日程第30 議案第22号 玉貫老人憩の家の指定管理者の指定について

 日程第31 議案第23号 大足老人憩の家の指定管理者の指定について

 日程第32 議案第24号 武豊町高齢者生きがいセンターの指定管理者の指定について

 日程第33 議案第25号 多賀授産所の指定管理者の指定について

 日程第34 議案第26号 武豊町デイサービスセンター砂川の指定管理者の指定について

 日程第35 議案第27号 武豊町在宅介護支援センター砂川の指定管理者の指定について

 日程第36 議案第28号 町道の路線廃止について

 日程第37 議案第29号 町道の路線認定について

● 本日の会議に付した事件

  〔議事日程に同じにつき省略〕

● 本日の出席議員(20名)

   1番 小寺岸子君    2番 小山茂三君    3番 中川 一君

   4番 佐伯隆彦君    5番 加古猛二君    6番 小坂延夫君

   7番 伊藤茂夫君    8番 水鳥 勉君    9番 福本貴久君

  10番 大橋芳男君   11番 籾山泰全君   12番 梶田 進君

  13番 岸岡勝行君   14番 森田義弘君   15番 岩瀬計介君

  16番 大岩 保君   17番 臼山利治君   18番 加藤美奈子君

  19番 小西幸男君   20番 梶田 稔君

● 本日の欠席議員(なし)

● 職務のため出席した者の職・氏名(2名)

   議会事務局長   各務正己君

   同 補佐     鈴木政司君

● 説明のため出席した者の職・氏名(35名)

   町長       籾山芳輝君   助役       石川憲夫君

   収入役      厚味孝一君   教育長      澤田雅司君

   総務部長     田中敏春君   厚生部長     篠部勝見君

   産業建設部長   家田敏和君   教育部長     小森順一君

   総務課長     大岩一政君   人事秘書課長   小坂延夫君

   企画情報課長   宮地 修君   防災交通課長   森田英則君

   税務課長     中川和久君   収納課長     都築正文君

   住民課長     厚味久雄君   富貴支所長    重野文男君

   福祉課長     原田行雄君   児童課長     永田金次君

   環境課長     奥村正雄君   健康課長     藤田光雄君

   産業課長     石川幹夫君   都市計画課長   西田紀夫君

   土木課長     羽村房雄君   下水道課長    中川和男君

   水道課長     吉田末吉君   学校教育課長   川合茂夫君

   学校給食センター所長       生涯学習課長   川野光雄君

            小笠原啓高君

   中央公民館長   須田 実君   歴史民俗資料館長 永井 卓君

   図書館長     山田昌宣君   総合体育館長   間瀬新也君

   町民会館事務長  大岩利康君   出納室長     内田有治君

   監査委員書記長  山本雅彦君

                          〔午前9時00分 開会〕



○議長(岸岡勝行君) 

 皆さん、おはようございます。

 議員並びに理事者各位には、ご多用のところ早朝より全員の出席を賜りまして、まことにありがとうございました。

 開会に先立ち、町長より招集のあいさつをお願いします。

     〔町長 籾山芳輝君 登壇〕



◎町長(籾山芳輝君) 

 おはようございます。

 本日、平成18年第1回武豊町議会定例会を招集申し上げましたところ、時節柄、ことのほかご多用の中、全員のご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。

 本定例会は、新年度予算を初め、多数の議案などをご提案申し上げ、平成18年度の町政の方向についてご決定をいただく特に重要な議会であります。どうか各案件につきまして、十分にご審議賜りますとともに、町政諸般につきましてもご意見をいただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。

 さて、本定例会にご審議をお願いいたします案件は、諮問案件といたしまして人権擁護委員候補者の推薦についての1件、同意案件といたしまして武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任についてなど2件、承認案件といたしまして平成17年度武豊町一般会計補正予算に係る専決処分についての1件、予算案件として平成18年度武豊町一般会計を初め5特別会計及び水道事業会計の当初予算案を初め平成17年度の5会計の補正予算案など予算案件が計12件、また、条例案件につきましては武豊町国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定についてを初め9件、そして、その他案件として玉貫老人憩の家指定管理者の指定を初め町道の路線廃止、認定等8件で、合わせまして33件の議案を予定をいたしております。

 それぞれのご審議に際しましては詳細な提案説明をさせていただきますが、何とぞ慎重なご審議の上、ご可決賜りますようお願いを申し上げる次第であります。

 会期を通じまして円滑に議事等が進みますようお願いを申し上げまして、招集のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。

     〔降壇〕



○議長(岸岡勝行君) 

 どうもありがとうございました。

 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議は成立をしました。

 これより平成18年第1回武豊町議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。よろしくご協力を願います。

 日程に入る前に、本会議に出席を求めた者の職・氏名は、別紙自席に配付した名簿のとおりであります。ご了承を願います。

 議場の都合により自席待機の者もいますので、ご了承を願います。

 それでは、これより日程に入ります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(岸岡勝行君) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 武豊町議会会議規則第118条の規定により、本定例会の会議録署名議員に17番臼山利治君、18番加藤美奈子君を指名します。両君よろしくお願いをします。



△日程第2 会期の決定



○議長(岸岡勝行君) 

 日程第2、会期決定の件を議題とします。

 お諮りをします。本定例会の会期は、本日より3月22日までの21日間と定めますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日より3月22日までの21日間と決しました。



△日程第3 町長の諸般報告及び平成18年度予算編成報告について



○議長(岸岡勝行君) 

 日程第3は町長の諸般報告及び平成18年度予算編成報告であります。

 町長の登壇を許します。

     〔町長 籾山芳輝君 登壇〕



◎町長(籾山芳輝君) 

 議長のお許しをいただきましたので、町政の諸般並びに平成18年度予算編成についてご報告を申し上げます。

 先ごろ、第20回「冬季オリンピック・トリノ大会」が幕を閉じました。世界の頂点に立つ選手たちのパフォーマンスは、心・技・体が高度に凝縮をしたその強さと美しさで私たちを魅了し、大きな興奮と感動をもたらしてくれました。日本選手は、全般的に不調でありましたが、大会終盤の女子フィギュアスケートで荒川静香選手が、みごと金メダルを獲得し、それまで鬱積していたものを吹き飛ばしてくれました。

 さて、国内に目を向けますと、昨今、社会の信頼、信用を根底から揺るがす事件が相次いで起きております。昨年末から一層の広がりを見せる耐震偽装問題、米国牛肉の輸入再開直後のBSE特定危険部位混入問題、ライブドアのM&Aを通じた偽計取引や粉飾決算による株価つり上げ、さらには、防衛施設庁発注の建設工事をめぐる官製談合事件など、枚挙にいとまがありません。政府は、建築基準法や証券取引法、官製談合防止法など関係法令を改正し、違反行為の厳罰化を図るとともに、再発防止に向けて、監視・チェック体制の強化を急いでおります。

 町の行政執務におきましては、法令の順守はもちろんのこと、倫理やモラルの面にも意を配し、そのあるべき姿を常に検証しつつ、町民の皆さんの信頼に応え得る適正な事務の執行に努めてまいる所存であります。

 次に、最近の地方行政をめぐる問題について、若干、触れさせていただきます。7年前に始まった、いわゆる「平成の大合併」により、当時3,232あった市町村は、この3月末には1,821となり、実に4割以上もの市町村がなくなったことになります。愛知県でも、これまでの88市町村が、平成18年3月末には35市、26町、2村と、63市町村となります。

 現在は、国は、新たな特例法においても一定の財政上の特例措置を継続しつつ、「地域自治区」や「合併特例区制度」といった旧市町村のまとまりに配慮した制度の創設や、合併推進に係る都道府県知事のイニシアチブ強化等の方策により、引き続き、市町村合併を促進する構えでおります。

 また、第28次地方制度調査会が、現在の都道府県制に替わる「道州制のあり方」に関する答申を小泉首相に提出し、いよいよ本格的な議論が始まる見込であります。道州制に関しましては、自民・民主両党が、先の衆議院議員選挙のマニフェストにおいて検討を進める意思を表明しており、あながち遠大な構想とも言い切れませんので、今後、その動向を注視してまいりたいと思います。

 ことほどさように、地方制度をめぐる動きは激しくなっており、片時も目が離せない状況であります。こうした中で、本町は、18年度から新たなまちづくりの基本的な指針である第5次武豊町総合計画の策定作業に入る予定をしているわけであります。現情勢下では、自治体経営の将来を見通すことは大変難しく、取り組むべき課題も山積しておりますが、地方主権・住民主体の姿勢を堅持しつつ、公平・公正を旨とする適正な政策選択を行ってまいりたいと考えております。

 次に、各所管についてご報告を申し上げます。

 初めに、総務部の関係であります。

 まず、人事秘書課でありますが、地方自治体を取り巻く状況は、ご承知のとおり大変厳しく、また、給与構造改革、職員定員管理等、大きな節目を迎えていると申し上げても過言ではありません。特に、給与構造改革につきましては、50年ぶりの抜本的な改正とも言われ、今年度の人事院勧告を基本とし、本会議にも武豊町職員の給与に関する条例の一部改正をご提案させていただいております。また、職員定員管理のあり方や組織の見直しにつきましては、第3次武豊町行政改革推進計画や新地方行革指針、いわゆる集中改革プランも含め、近隣の状況等を十分に検証し、着実に、また確実に進めてまいる所存であります。

 次に、総務課の関係であります。初めに、平成17年度一般会計の決算見込みであります。今定例会に提案をいたします補正予算案から推測しますと、歳入は114億5,000万円ほどと見込まれます。歳出は109億9,000万円ほどで、実質収支は4億6,000万円程度になると想定しております。3月補正では、1億2,000万円余りの追加予算を提案させていただきますが、その要因といたしまして、歳入では、まず町民税について精査をした結果、2億円の増額を見込んでおります。

 次に、年度末を迎え、各事業の精算額が確定してまいりましたので、それらの財源である国・県補助金や分担金及び負担金、使用料、町債等を補正するものであります。

 歳出におきましても、各事業の精算見込み額が固まってまいりましたので、その整理を行うものであります。合わせまして、学校施設及び保育園施設の耐震改築事業の推進を念頭に置き、それぞれの基金に積み立てをいたしまして、合計2億円の計上をさせていただくものであります。

 次に、工事の入札及び検査の執行状況であります。工事の入札執行状況につきましては、四半期ごとに議員各位にご報告させていただいておりますが、17年度中に入札に付した工事は82件で、平均落札率89.94%という結果でありました。工事検査につきましては、先月末までに38件について実施いたしまして、いずれも合格と認めました。今後、年度末までに44件の工事の検査を予定しているところであります。

 次は、防災交通課の関係であります。まず、防災関係では、昨年の12月27日、消防署武豊支署と防災交通課との共同による、東海地震を想定をした図上訓練を実施しました。初動時に臨機応変に対応できるように、状況判断・意思決定等を要求する状況を設定して行いました。今後も、反復訓練することにより、緊急時の危機管理に備えてまいります。また、2月26日に中央公民館において自主防災会の研修会を開催をし、約150名の参加を見ました。主に、自主防災活動についての講演を初めとして、あいち防災リーダー、防災ボランティア・コーディネーターの紹介と、北山区自主防災会の活動報告もしていただきました。そして、本年1月から2月の間には、井戸水の水質検査を行いました。結果は、40軒中水道法の水質基準に適合すると判定された軒数は25軒、不適合と判定された軒数は15軒でありました。この結果を踏まえ、災害時に井戸水の利用に対する協力のお願いをいたしております。さらに、昨年8月13日の日本油脂の火災に対する対応策として、火薬類災害防止協定書の改定について、去る2月17日の火薬類施設安全対策協議会に諮り、近々のうちに県・関係市町と日本油脂とで協定書の改定に関し、調印を行うこととなりました。火薬類以外の危険物を協定書に追加し、定期自主検査や定期点検等を義務づけることにより、今後、このような事故が二度と起こらないように監視してまいります。

 次は、消防関係であります。AEDを、中学校を初めとして町内の公共施設に配備したことから、中学校の教職員を始め全議員の皆さん、町職員等約200人を対象に普通救命講習会を昨年の9月から12月にかけて開催しました。今後も、定期的に講習会を開催し、使用方法や適切な処置などを十分に理解をいただき、事故が起きた場合に対応できるよう、初動救命の充実を図ってまいります。一方、消防団活動といたしましては、2月22日にJFEスチール北中根社宅近辺において、他分団との中継放水訓練、救助資機材の活用訓練、AEDを使った応急手当訓練などの実戦訓練を実施した後、教福寺で文化財防火訓練を行いました。

 次は、交通防犯関係であります。2月17日に、交通安全推進協議会を開催し、ことし18年の交通安全推進計画等を定め、町を挙げて推進することといたしました。一方、昨年暮れに、児童に対する不審者情報が寄せられ、同報無線による注意の呼びかけ、防犯サポーターによる巡視の強化、消防署による巡回を行いました。今後とも、町民の皆さんの防犯意識を喚起しつつ、警察、地域・団体と連携して防犯対策を推進し、安全で安心なまちづくりの実現に努めてまいる所存であります。

 次は、厚生部の関係であります。

 まず、福祉課であります。支援費制度について、平成17年12月分における利用者数は、居宅サービスでは56人、前年度同期と比較しますと9人、約14%の減であります。そして、施設サービスでは33人、同比較では3人、10%の増となっております。利用者の方に満足していただけるよう、引き続き関係機関と連携を図りつつ、サービスを提供してまいります。

 次は、環境課であります。まず、「衣浦港3号地広域最終処分場計画」であります。県は、事業主体について、県内部で調整中とのことでありましたが、2月23日、アセックに対し、事業主体について依頼文書により正式に申し出がされたとの報告を受けました。また、3月中旬ころには、アセックの理事会が開催され、正式に決定される予定とも聞いております。今後、環境アセス方法書の縦覧について議員各位等に報告、説明がなされますよう、県と調整を図ってまいりたいと考えております。

 次に、燃えるごみの減量についてであります。指定ごみ袋制度を実施をした平成17年4月から18年1月までの家庭系燃えるごみの収集量は8,764トンで、平成16年の同時期の収集量9,664トンと比較しますと、900トン、9.3%の減量となっております。ごみの減量に大きな効果が出てきているものと判断しております。

 次に、この2月1日から実施した分別収集品目拡大に伴い、燃えるごみの収集日が変更となりました。これに合わせ、2月1日と2日の両日における集積場所の状況を調査した結果、町内全域の集積場所396カ所において、完全に収集日が守られていた収集場所は238カ所で、全体の60.1%でありました。

 次に、生活排水対策事業の一環であります浄化槽設置補助の関係であります。2月末現在の設置補助基数は、5人槽21基、7人槽13基、合計で34基、補助額は1,277万7,000円となっております。

 次は、国民健康保険事業の関係であります。医療費の現状について、2月末支払い時点で前年同期と比べますと、一般分で4%の増、退職者は13.6%の増となっており、医療費全体では8.4%の増加となっております。老人保険医療費拠出金は、前年度と比較して4.2%の減となっております。医療費の増加要因として、14年10月の改正から、70歳到達者の国保高齢者数が2月1日現在で891人に達しております。これは、高額な医療費を要する国保対象者の増加、また、医療の高度化に伴う医療費の増加などによるものと判断しております。

 次は、老人保険事業であります。老人保険事業会計の現状を申し上げますと、医療費は、1月末支払い時点で前年同期と比べますと、1.5%の増となっております。平成14年10月の制度改正により、一般的にはその後新たに70歳になる方の老人保険加入者は発生しませんので、対象者数は2月1日現在、昨年同期と比較して、死亡等により114人減少して3,215人になっています。平成19年9月までに、対象者数は、一般的には新たな加入者がないことなどにより、予算規模も縮小していくと予測していましたが、医療費は、実際には横ばい状況であります。

 次は、介護保険事業であります。1月末現在、要介護認定者数は828人で、前年同期と比べますと61人、約8%の増加であります。平成17年10月から介護保険施設の居住費、食費が、原則として自己負担となりました。特別養護老人ホームなどの施設介護サービス費の給付状況は、17年8月分4,633万円、9月分4,395万円、10月分3,911万円、11月分3,743万円であります。また、低所得者への負担を抑えるため、同時に設定された特定入所者介護サービス費、いわゆる補足給付の給付は、10月分361万円、11月分360万円であります。また、10月から利用者負担の第二段階の方を対象とする高額介護サービス費が、月額2万4,600円から1万5,000円に引き下げられました。その給付額は、10月、11月の2カ月分で239万円であります。9月までの状況は、平均して月額40から50万円ほどであり、予想を大きく上回る状況であります。引き続き、慎重な対応をしてまいりたいと考えております。

 次は、産業建設部の関係であります。

 まず、土木課であります。県事業の関連でありますが、古場武豊線は、県と協力をしながら用地買収に当たっているところで、現時点における用地進捗率は約60%であります。そして、18年度に用地買収が完了する予定であります。

 次に、臨港道路の4車線化工事であります。平成22年度の完成を目指し、橋梁工事を実施しているところであり、現在の工事進捗率は、半田市瑞穂町から石炭埠頭交差点までの間で約40%とのことであります。

 次に、大谷富貴線にかかる富貴小南の交差点改良につきまして、排水施設のつけかえ工事を実施しているところであります。18年度で交差点改良工事が完了するとのことであります。

 次に、嶋田高代線のあがた神社参道つけかえ工事でありますが、現在、用地買収が完了いたしましたので、18年度に参道つけかえ工事を実施していただけるとのことであります。

 次に、榎戸大高線でありますが、日本油脂と用地買収についてめどが立ちましたので、18年度では補償工事を実施していただけるとのことであります。

 次に、町事業の関連であります。まず、都市計画街路の六貫山線及び武豊港線であります。元ファイザーアカデーム北の交差点を中心に、4メートルの歩道工事が年度内に完了するよう現在進めております。また、名鉄知多新線にかかる鉄道橋5橋の落橋防止装置設置工事及び壱町田地区の排水路改修工事は、現在、完了しております。他の工事につきましても、年度内完了を目指し、現在工事の進捗を図っているところであります。

 次は、都市計画課であります。六貫山町営住宅は、去る2月1日から15日まで、平成18年度の入居待機者を募集したところ、14件の申し込みがありました。入居者の決定に当たって3月6日に入居者選考委員会を開催し、意見を聞く予定であります。

 次は、水道課であります。本年度の有収水量は、前年1月までと比較しますと約12万5,000立米の増となり、率にして2.9%の伸びとなっております。これは、昨年9月までの若干の伸びと、昨年10月より隔月検針への移行に合わせ、検針日の変更に伴うものであります。そして、昨年10月の料金改定による減収分を眺めつつ、年間の水道料金の動向をも勘案し、水道会計の適切な運営を図ってまいります。工事関係につきましては、水道単独工事、下水道関連工事、地震対策事業としての緊急遮断弁設置工事も順調に進んでおり、引き続き安全管理に努め、工事の完了に努めてまいります。

 最後に、教育委員会の関係であります。去る1月15日に京都市で開催されました第24回全国都道府県対抗女子駅伝のご報告をさせていただきます。

 富貴中学校3年生の奥田和佳奈さんが、同大会に愛知県代表チームの一員として、第8区の中学生区間に出場しました。チーム順位を16位から13位に押し上げ、結果、区間第7位という大健闘ぶりで、うれしいニュースでありました。

 さて、3月は卒業のシーズンであります。7日は中学校、20日には小学校の卒業式が行われます。今年の中学校卒業生は409人、小学校卒業生は365人の予定であります。卒業する児童・生徒たちが誇りと希望を持って目標に向い努力していく姿を見守っていきたいと思っております。

 次は、学校給食関係であります。1月23日から27日までの学校給食週間には、武豊町でとれた新鮮な野菜、米を中心に、武豊町で生産された調味料、漬物、知多みかんで作ったみかんゼリー、そして、愛知県産レンコンを使ったレンコンサンドフライなど、地場産物を多く取り入れた献立を実施しました。子供たちには、この給食週間を通じて、命を支える根幹である食べ物の大切さや郷土、地域への関心を深め、生産者や働く人々への感謝の心をはぐくんでほしいと思っております。そして、2月28日の富貴中学校を皮切りに、「卒業おめでとう、バイキング給食」が始まっております。今年も、肉、魚、卵、果物、デザートなど、バラエティーに富んだメニューを用意し、卒業生にとって楽しい思い出となるよう願っております。

 次は、総合体育館の関係であります。2月5日の日曜日、「夢に向かって情熱で走れ」をテーマに、第7回ゆめたろうスマイルマラソン大会を開催いたしました。当日は小雪まじりの冷たい風の吹く朝でしたが、協議の始まるころには絶好のマラソン日和となりました。毎年参加される常連ランナーから、今年初めてエントリーされたランナーまで、総勢2,300名が青空のもと、熱い声援を受けながら自然豊かなコースを疾走し、心地よい汗を流され、心身ともにリフレッシュされたことと思います。大会を支えていただきました実行委員を始め、500名を超すボランティア、地元企業、団体等、関係者各位にこの場をお借りをして厚くお礼を申し上げます。

 以上をもちまして、諸般に関するご報告とさせていただきます。

 続きまして、平成18年度の予算編成についてご報告を申し上げます。

 まず、国の予算編成の状況であります。

 平成18年度の一般会計予算案は、現在、国会で審議中でありますが、その内容は、歳出改革を一段と加速し、財政再建に本格的に踏み出す政府の強い決意を示すものとなっております。

 予算の総額は、前年度比3%減の79兆6,860億円という緊縮型予算で、80兆円を割るのは実に8年ぶりであります。歳入不足を補う国債発行額も29兆9,730億円と、5年ぶりに30兆円を下回りましたが、18年度末の国債発行残高は、17年度より約5兆円増の542兆円になる見通しで、国の借金依存体質に大きな変化があるわけではありません。

 次に、政策的経費に係る一般歳出は、前年度比1.9%減の46兆3,660億円であります。主要な経費では、高齢化の進行で自然増が避けられない社会保障関係費の0.9%増、科学技術振興費の1.1%増を除き、軒並み減額をなっております。

 また、地方交付税交付金は9.5%の大幅な減額となっており、地方への補助金、約1兆800億円の削減と合わせて、小泉内閣が推し進める三位一体改革の影響が如実に現れております。

 次に、愛知県の予算案であります。

 愛・地球博と中部国際空港開港という2大事業後の初の予算で、注目されております。

 歳入においては、企業収益の改善による法人2税の増収や、定率減税の縮減等による個人県民税の増収により、県税全体では、前年度当初比5%ほどの増が見込まれております。ただ、それでもバブル期の8割程度の税収であり、一方で、地方交付税の半減、国庫補助・負担金の減少等により、引き続き県債の発行や減債基金を始めとする基金からの繰り入れでやりくりしなければならない厳しい財政状況が続いております。

 一般会計の当初予算は、総額2兆2,130億円余りで、前年度比約3%の増加となっております。

 歳出を経費別で見ますと、扶助費、公債費といった義務的な経費が主な増加要因であり、地域のインフラ整備に寄与する投資的経費や市町村への補助金は減っておりまして、今後とも県の財政支援は、多くを望めない状況となっております。

 そして、本町の平成18年度予算案についてであります。

 政府が発表する各種の経済指標や株価の推移によりますと、景気動向には明るさが増してきております。しかし、先ほど来申し上げておりますように、国・県の予算編成状況を見ますと、地方の行財政を取り巻く環境は、むしろ厳しさが増していると言っても過言ではないと思います。

 そうした中、町長就任後、始めての予算編成となったわけでありますが、マニフェストに掲げました「思いやり、夢、創造」という理念のもとに、町民の皆様にお約束をした施策の実現に向けて、確実に歩を進めるべく、最大限の努力を傾注したところであります。

 18年度は、町税の増収や三位一体改革関連の所得譲与税の増加等により、若干の歳入増が見込まれます。しかし、懸案である耐震改修や少子高齢化の進行で、増加を続ける扶助費を始め、多様な歳出需要に対応するため、困難を伴う予算編成となりました。財源の発掘と一般経常経費の縮減等により、新たな行政需要の財源を生み出すべく努力をいたしましたが、結果的には、引き続き、財政調整基金の取り崩しや臨時財政対策債の発行等により、歳入不足を補う形で予算案を取りまとめたところであります。

 それでは、予算案の総括から申し上げます。

 まず、一般会計につきましては、当初予算額112億2,300万円を予定をいたしました。これは、前年度比約5.8%、額にして6億1,300万円の増額となっております。増額の要因は、主に学校施設の耐震改修、土地区画整理など、普通建設事業に係る予算の増加であります。

 次に、特別会計であります。

 国民健康保険事業を始め、5特別会計の合計は89億6,000万円余りで、前年度比0.8%、額にして7,200万円ほどの増となっております。

 まず、国民健康保険事業特別会計につきましては、医療保険制度の改正による加入者の増加と医療費の漸増傾向により、7.7%の増加を見込んでおります。

 老人保健事業特別会計は、19年10月の新制度の発足まで対象者の漸減が想定されておりますが、医療費の減少はそれほど見込めず、ほぼ横ばいの予算であります。

 介護保険事業特別会計は、制度改正が予定されておりますが、予算編成時点での想定といたしまして、過去の実績を踏まえた増額の予算計上といたしております。

 農業集落排水事業特別会計では、経常的な維持管理経費と公債費が主体の予算でありまして、前年度とほぼ同額の予算となっております。

 下水道事業特別会計につきましては、鹿ノ子田及び富貴地区20.9ヘクタールの面整備工事と公債費を中心に予算を計上し、前年度比10.8%の減となっております。

 最後に、水道事業会計であります。前年度比7.3%減の11億900万円余りの予算を計上し、石綿セメント管の更新を始め水管橋の耐震改修、土木工事や下水道工事関連の配水管布設替え等の工事を予定しております。

 以上、各会計の総額は、前年度比2.9%、額にして約5億9,700万円増の212億9,412万5,000円であります。

 次に、各会計の内容につきまして、一般会計から順次概要をご説明申し上げます。

 初めに、歳入であります。

 まず、町税でありますが、前年度比3.4%、額にして2億3,000万円ほどの増収を見込み、69億5,500万円余りを計上をいたしました。税目別に主なところを申し上げますと、まず、個人町民税は、定率減税の変更や老年者控除廃止等の税制改正により、前年度比11.9%増の18億2,400万円を見込みました。

 次に、法人町民税であります。法人所得は景気動向等によって大きく左右され、毎年度、予測が難しい状況にありますが、17年度の決算見込と主要企業の聞き取り調査の結果を踏まえ、前年度比45.4%増の7億8,500万円余を予定しております。

 次に、固定資産税の関係であります。新年度は、評価替えの年に当たります。土地につきましては、価格の下落傾向が見られますが、評価額の負担調整等により、前年度に比べ2,800万円の増額を想定しております。しかしながら、家屋につきましては、評価替えによる減額により、前年度に比べ1億3,700万円の減収が見込まれます。結果、土地、家屋合わせまして、前年度比4.2%、1億900万円減の24億9,700万円の見込みとなりました。また、償却資産につきましても、大きな設備投資が見込まれませんので、前年度比7,800万円減の10億2,700万円を計上しております。

 次に、地方譲与税であります。三位一体の改革に伴う措置として平成16年度に創設された所得譲与税は、国庫補助・負担金の減額に伴う一般財源化分として譲与されるものであります。18年度は、国の算定に基づき、1億8,000万円増となる3億2,000万円を見込みました。ちなみに、本町における18年度の三位一体改革の影響額は、児童手当や農業共済事業への補助金廃止等で4,000万円程度になる見込みであります。地方譲与税全体では、前年度比63.1%増の4億8,600万円を計上いたしました。

 次に、地方消費税交付金であります。消費動向も予測が困難でありますが、個人所得をおおむね横ばいと想定し、交付実績等を踏まえ、前年度同額の3億3,000万円を見込みました。

 次に、繰入金であります。財政調整期金から4億円、教育施設等整備事業基金から1億円など、5億500万円を予定をいたしました。前年度に比べ26.2%、1億円の増で、引き続き、多額の財源不足を基金からの繰り入れで賄う図式となっております。

 次は、町債であります。前年度に比べ14.1%増の8億1,000万円の借入れを予定しております。内訳を申し上げますと、後年度世代にも負担を求めることのできる事業、いわゆる適債事業として、町道整備に5,000万円、小学校施設整備事業に2億8,000万円などを予定しております。そして、前年度に引き続き、特例債である減税補てん債として7,000万円と臨時財政対策債として4億円を予定させていただきました。これにより、18年度末の町債の残高は、75億円を超えるものと想定しております。起債は、言うまでもなく、将来負担となるものでありますので、次世代に過大な負担を強いることのないよう、その発行は適正な範囲にとどめておく必要があります。健全財政維持の立場から経常的経費の縮減はもちろんのこと、すべての施策、すべての事業について、中・長期的な視点を持って、抜本的な見直しを進めていかなければならない状況にあると考えております。

 以上が歳入であります。

 続きまして、歳出であります。

 まず、人件費であります。予算総額の4分の1近くを占める人件費の縮減を図るため、新年度は4役を含む人数として、全体で、前年度当初予算より5人減の362人体制で臨む予定をしております。人件費全体で前年度比1.9%の減の27億1,000万円余りを予定いたしております。

 なお、職員の定員管理につきましては、集中改革プランにおいて、向こう5カ年の削減目標を定め、その実現を図ってまいる所存であります。

 次は、物件費であります。経常的経費につきましては、前年度比マイナスを原則として精査し、一層の縮減に努めてまいりました。分別の拡大に伴う資源ごみ回収に要する経費や、保育・教育の充実にかかる臨時雇用賃金の増加、公共施設の指定管理料の予算組みかえ等により、物件費全体では、前年度比1.6%増の20億3,600万円余りを予定することとなりました。

 扶助費は、児童手当や乳児医療の対象者拡大などの増加要因により、前年度比15.1%増の8億8,100万円ほどを予定しております。

 補助費は、指定ごみ袋制の導入、プラスチック、紙製容器包装の分別収集に伴うごみ減量により、常滑武豊衛生組合への負担金の縮減が図られることや、行政改革の一環として、各種団体等への補助金削減を行ったことなどにより、前年度比5.5%減の14億4,700万円余りとなっております。

 次は、普通建設事業費であります。前年度に比べ、64.7%の大幅な増となる16億5,500万円余りを予定させていただいております。主な増加要因は、武豊小学校北館の耐震改築事業や、祠峯地区土地区画整理事業に係る予算の計上であります。

 公債費は、前年度に比べ2.9%増の7億5,300万円余りとなっておりますが、町債の累増により今後とも増加する見込みであります。

 最後に、特別会計への繰出金であります。下水道事業特別会計への繰出金の減により、前年度比4.3%減の14億8,600万円余りを予定しております。

 以上が一般会計予算の概要であります。

 続きまして、各所管ごとの予算の概要についてご説明させていただきます。

 まず、総務部の関係であります。

 総務課でありますが、新規の事業といたしまして、行政評価システムの構築に係る委託料を経常いたしております。18、19年度の2カ年でシステムを構築をし、財務諸表との連動を図りつつ、20年度予算から評価結果を反映してまいりたいと考えております。その他には、選挙費として、18年度執行予定の武豊町農業委員会委員一般選挙及び愛知県知事選挙の経費と、19年4月上旬に執行が予定されております愛知県議会議員一般選挙の準備事務にかかる経費を計上いたしております。

 次は、企画情報課の関係であります。まず、広報公聴の関連でありますが、DTP編集による広報紙発行、CATVでの広報番組の制作放映、インターネットによる情報提供等の経費を予定させていただいております。企画関係では、広報番組制作放送のほか、本年度は、新しい政策の指針となる第5次武豊町総合計画の策定に着手するため、委託料を予定させていただいております。統計関係では、本年度は事業所統計調査の本調査に当たりますので、この経費を予定させていただいております。情報関係でありますが、電算機等賃借料、保守委託料の経費を計上しております。また、全国自治体を結ぶ総合行政ネットワークの運用に合わせた、あいち電子自治体推進協議会の分担金を予定させていただいております。

 次は、防災交通課の関係であります。まず、防災関係では、喫緊の課題である東海地震、東南海地震の防災対策関係予算について、アクションプランに沿って重点的に予定をさせていただいております。ハード面では、防災倉庫の増設、防災同報無線の屋外拡声機及び個別受信機の整備、AEDの整備等に係る予算を計上しております。ソフト面では、防災の基本である住民の自助・共助の活動を促進するため、防災リーダーの要請、帰宅困難者支援マップの作成等に係る予算を計上しております。また、住民の防災意識の高揚を図るとともに、防災・防犯組織への自立支援助成制度として、防災・防犯活動補助金を新設し、自主防災、自主防犯組織の活性化を図ってまいりたいと考えております。

 次に、消防関係では、耐震性貯水槽の増設、消火栓の増設、消防用資機材の整備等に係る予算を計上し、消防力の充実強化に努めてまいりたいと考えております。

 交通防犯関係につきましては、交通事故及び犯罪を抑止するため、ハード、ソフト両面から安全対策を推進するべく、必要な予算を計上させていただいております。

 次に、厚生部の関係であります。

 まず、住民課の福祉医療の関係であります。精神障害者医療につきましては、準拠法が精神保健法から障害者自立支援法になり、平成18年4月1日診療分から自己負担額が変わります。しかし、自己負担額の全額を助成をして、本人負担は従来と同様、無料の予算内容といたしました。

 次は、福祉課であります。障害者自立支援法が平成18年4月から施行され、3障害の種別にかかわらず、障害のある人がサービスを利用できるようになります。また、利用者負担については、1割の定率負担と所得に応じ月額の上限が設定されます。今回、障害者自立支援法に基づくサービスを行うための関連の経費を計上させていただいております。しかし、平成18年10月から市町村に実施が義務づけられております地域生活支援事業については、不確定要素が多いため、県とも調整し、今後の議会において必要な補正予算を計上させていただく予定であります。また、17年度予定の障害者計画の見直しは、新たに障害者自立支援法との整合が必要となってまいりますので、18年度での策定に改め、全面的な見直しを行うための経費を計上しております。さらに、障害者福祉及び高齢者福祉等の各種扶助費や手当等につきましては、該当者の増加見込み分を含め、必要経費を計上させていただいております。

 次は、児童課であります。次世代を担う子供たちが心身ともに健やかに育つよう、保育所、児童館、児童クラブ等の効率的な運用と保育の充実、子育て支援、施設整備に努めてまいります。まず、児童手当では、小学校第3学年修了前特例給付が小学校修了までに対象年齢が引き上げられました。

 次に、就学前障害児通園事業のあおぞら園に通園する親子に、心身の発達や生活習慣、社会性を身につける療育の医師などへの講師謝礼などを計上いたしております。

 次に、西保育園改築工事につきましては、改築計画の全面的な見直しを行った結果、新たに設計管理委託料と一部の仮園舎の工事を予定させていただくものであります。また、安全、安心なまちづくりの一環として、すべての保育園、児童館、児童クラブなどに、不審者から子供を守る施設警備委託料を計上し、警察に連絡ができるように非常通報装置の設置工事など必要経費を計上させていただきました。

 次は、環境課であります。環境学習関係では、資源の有効利用や自然環境について親子で考え実践するきっかけづくりを目指した環境教育を継続実施してまいります。

 公害対策関係では、各種測定機器の点検整備を行うとともに、環境調査や発生源調査等の各種調査を継続的に行い、町民の皆さんが快適に暮らせる環境づくりを目指してまいります。

 次に、ごみ処理の関係であります。17年度から実施しております指定ごみ袋制度や分別収集品目の拡大により、燃えるごみの減量と新たな資源の有効利用が着実に推進されてきております。町民の皆さんのご協力を得ながら、リサイクルの推進とごみの減量化を図ってまいります。また、知多南部地域ごみ処理広域化ブロック会議において、ごみ処理広域化計画についての協議、調査を実施してまいります。

 次に、し尿処理の関係であります。公共用水域の水質汚濁を防止し環境浄化の推進を図るため、浄化槽設置に対する補助金を予算に計上し、引き続き、生活廃水の水質改善を図ってまいります。

 次は、健康課であります。住民の方々が生涯を通して健やかな毎日を送っていただけるよう、各種検診や健康づくり事業の予算を計上いたしております。基本健康診査は、より多くの方に受診していただけるよう、17年度と同様に保健センターと東大高公民館で行う集団方式と、町内の医療機関で行う個別方式とを併用して実施する予定であります。新規事業といたしましては、40、50、60、70歳の方を対象に、口腔の二大疾病の一つであります歯周疾患の検診を町内の歯科医院で実施いたします。予防接種事業につきましては、前年度に比べ、減額の予算となっております。これは、健康被害の可能性があるため、日本脳炎ワクチン接種を当初予算に計上しなかったためであります。介護予防事業につきましては、介護保険法が改正され、財源が公費のほかに保険料が充てられることになったため、従来までの一般会計から介護保険事業特別会計に組みかえをして計上させていただいております。

 次は、産業建設部の関係であります。

 まず、産業課であります。労働費につきましては、勤労者が住宅取得をするのに際しまして、円滑に金融機関から融資が受けられるよう、勤労者住宅資金預託金を計上しております。

 次に、農林水産業費であります。米政策改革による需要に応じた米づくりの推進を図るため、関係予算を計上しております。また、愛知用水二期事業の利息償還の2年目でありまして、平成19年度より元金返済が始まります。農業施設関係では、森林病害虫防除や農業施設等の維持管理に係る予算を計上しております。

 次に、商工費では、商工振興を図るための商工業振興資金預託金及びその保証料の一部を補助金として計上しております。

 次に、まちづくり交付金を受けての事業であります。2年目となりますワークショップによる散策路整備計画作成委託料や、中心市街地の空き店舗を借り上げ、改修を加えた後、出店者を公募して出店し、市街地の活性化を図る事業についての補助金を計上しております。

 次は、土木課であります。まず、四畝の踏切改良工事では、踏切内に歩道2.5メートルを設置する計画として、名鉄に工事委託をし、歩行者の安全を図ってまいります。

 次は、落橋防止装置設置工事は、18年度に道路橋の残り3橋を実施することにより、町内の当初予定の11橋すべて整備が完了いたします。

 次は、道路改良事業であります。町道環状線について、未整備区間のうち、既設道路の北側部分から約65メートルにわたり、道路の築造を実施してまいります。また、大日池の南に位置する二ツ峰第5号線について、135メートルにわたり道路の法面保護を実施します。

 次に、調査設計委託の関係であります。梨子ノ木線を拡幅するための測量調査や、武豊町雨水排水計画書に基づき六貫山新池の改良工事を平成19年度から県事業として予定をしておりまして、その事業採択に必要な整備計画書を作成してまいります。

 次に、舗装補修工事につきましては、本宮山線、環状線等、実施してまいります。また、一般排水路改良工事は、壱町田地区等で実施を予定し、また、維持補修工事においても区長さんや住民の皆さんと調整を図りながら、着実に進捗を図ってまいります。次は、都市計画課であります。まず、地区計画であります。平井天神前地区の建築制限緩和に向けてのまちづくり計画案の作成を予定しております。

 次に、土地区画整理関係であります。名鉄武豊駅周辺からJR武豊駅周辺までのまちづくり構想を、住民の意見を聞きながら行政と一緒になって練り上げていく予定をしております。また、祠峯土地区画整理事業につきましては、昨年末に組合が設立され、いよいよ事業も本格化してまいりますので、事業に対しての補助を予定しております。

 次に、公園関係であります。転車台周辺を公園としての整備を予定をしております。また、名古屋市武豊野外活動センターにつきましては、昨年に引き続き、緑地保全協力金を予定しております。

 次に、住宅関係であります。民間木造住宅耐震診断は事業を継続し、耐震改修は補助対象を広げるとともに、補助額のアップを予定しております。また、町営住宅は、D棟の外壁改修、屋上防水工事などを予定ををしております。

 次は、教育委員会、学校教育課であります。学校教育は、児童・生徒が生涯にわたり人間としての成長と発達を続けていくための基礎となる力を養うことを目標に、所要の予算を計上しました。まず、情報教育の質的向上を図るため、両中学校のパソコンを新しいものに取りかえる予定であります。また、国際理解教育の一環として、小学校五、六年生及び中学校での英語教育の推進のため、外国人英語指導助手2名を配置する計画であります。また、個人個人に応じた指導を行い、学習効果を高めるための補助員であるスクールアシスタントの増員を図ります。さらに、両中学校を中心に巡回指導し、かつ、教師と一体となって非行防止や事件等の対応に当たる生徒・児童アドバイザーを新規に配置する予定であります。基本的な学力の習得はもとより、いのちの教育をより充実、発展させることにより、みずからの命を守り、すべての命に対して思いをはせることのできる強く、やさしく、豊かな心をはぐくむ教育を進めてまいります。そして、耐震対策としては、武豊小学校の北館の改築工事を19年度までの2か年計画で進めます。校舎、設備の改善では、富貴小学校のプールの塗装工事、緑丘小学校のプールろ過機の改善、そして、武豊中学校の防球ネットの改修などを予定しています。

 次は、学校給食センターであります。平成18年度の学校給食は、小学校189回、中学校191回を予定しており、学校給食の運営に係る管理費、そして賄い材料費等に係る予算を計上しております。最近の石油価格の高騰によりまして、賄い材料の価格への影響も心配されますが、給食費については、引き続き献立の内容を工夫し、1食あたり小学校200円、中学校230円を堅持してまいります。また、食材についても、できる限り地場産物の活用を図り、地産地消を推進してまいります。施設整備費では、学校給食の安全確保を図り、衛生管理の徹底と食中毒の防止に努めるため、機械器具としてコンテナ及び移動台を各2基の購入を予定させていただいております。

 次は、生涯学習課であります。生涯学習基本構想に基づき、乳幼児期から高齢者に至る幅広い教室、講座、子育て支援、青少年健全育成などの諸事業を積極的に推進すべく、所要の経費を計上いたしております。また、学校と地域の連携をより充実するための家庭教育推進事業や、土、日を利用し児童・生徒を対象とした講座、教室を開催するための予算を計上いたしております。

 次に、新城市作手にあります野外活動センターにつきまして、施設を安全かつ適正に維持管理するため、バンガロー回りの改修工事や水遊び場浚せつ工事等に係る予算を予定いたしております。

 次は、中央公民館であります。公民館まつりを始め、各種行事、教室、講座について、一定の成果を上げるため、また、参加者の要望に応えるために必要な予算を計上いたしております。また、地域における生涯学習の推進、コミュニティー活動の振興を支援するための補助金を予定させていただいております。

 次は、歴史民俗資料館であります。文化財関係では、これまで借地しておりました転車台の用地につきまして、新たに用地買収費、そして町指定の有形民俗文化財である下門区の山車の修理に係る補助金など予算計上いたしております。資料館関係では、体験講座、教室、特別展示会等を開催をして、各種事業の充実を図るとともに、文化の育成に努めてまいりたいと考えております。

 次は、図書館であります。平成18年度は、新規事業はありませんが、引き続き利用者の皆様に満足していただけるように工夫を凝らし、業務を進めてまいります。幼児から高齢者まで幅広い年齢層のご要望に応えることのできる蔵書に努めつつ、また、閉架書庫の本の紹介にも力を入れ、充実をしたサービスを行っていきたいと考えております。

 次は、総合体育館であります。町民各位が生涯にわたりスポーツに親しみ、健やかで豊かな生活を送れるよう、所管する施設の維持管理及び各種事業の推進に必要な予算を計上させていただいております。親子で参加できる教室、健康づくり教室など、年齢や体力に応じてみんなが参加できるスポーツ教室を開催してまいります。また、これまでと同様に、町民大会、スポーツフェスタ、マラソン大会などを開催し、スポーツの普及、振興を図ってまいります。

 次は、町民会館であります。地域住民の文化創造の拠点である町民会館は、開館3年目を迎えます。施設の機能を維持し、安全管理を行っていくため、所要の予算を計上いたしております。また、武豊町文化創造プランに基づき、さまざまな文化を体験する機会を提供するために、2年度を1サイクルとする文化振興事業の推進に必要な予算を計上いたしております。町民会館の主役は住民であります。今後とも、住民の主体性、創造性、熱意、責任感をしっかりと受けとめて、地域の文化創造の拠点となるような施設を目指してまいります。

 続きまして、特別会計の関係であります。

 まず、国民健康保険事業特別会計であります。予算規模は、前年度比較7.7%増の32億1,980万5,000円であります。増加の要因として、国保高齢者の増加と医療の高度化による医療費の増が考えられます。一方、老人保健医療費拠出金は6億4,296万円で、8,692万円減少しました。

 これからは、18年度中に実施される税制改正、医療制度改正、また、19年9月まで国保高齢者の増加、若者等のパート化による低所得者層の増加等がある中、さらに国保制度が抱える構造的要因と疾病構造の変化等、不透明な部分も多く、国保財政は予断を許さない状況下にあります。

 こうした中、一般会計からの財政支援的な繰り入れを予定をして、国保税については、当面現行税率を据え置きとしております。

 次は、老人保健事業特別会計であります。予算規模は、前年度比較1.8%減の25億4,909万6,000円であります。対象者数は毎年約150名ほど減少しますが、その割合で医療費は減らないのが実情であります。18年の予算規模は、平成14年10月の制度改正以後も横ばい状況にあることから、医療費については前年度決算見込み額に対して、わずかな減としております。

 次は、介護保険事業特別会計であります。18年度は、第3期介護保険事業計画の初年度となり、必要事業に係る経費を計上しております。全体の歳入歳出予算額は14億1,668万7,000円で、前年度比は7.1%の増となっております。介護サービスの保険給付額は、第3期介護保険事業計画をもとに、必要事業費を計上しておりまして、前年度比は約7.5%の増となっています。

 なお、新たな制度である新予防給付につきましては、10月に地域包括支援センターを設置する計画で、今後の議会において必要な補正予算を計上する予定であります。また、予算全体につきましても、17年10月に介護保険制度が改正され、実績が浅く、見込みにおいて変数が多く、予測が難しい中での予算編成であります。給付等の状況によって、補正で対応させていただくこともあろうかと思われますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 次は、下水道事業特別会計であります。予算規模は、17億844万3,000円で、前年度に比べ10.8%の減であります。主な事業内容は、1号汚水幹線の延伸工事と字鹿ノ子田地内及び冨貴字市場、森万新田地区におけます20.9ヘクタールの面整備を予定しております。18年度の面整備が完了いたしますと、年度末の整備面積は、512.9ヘクタールとなりまして、計画整備面積に対しまして78.7%の整備率となり、整備区域内人口は2万4,520人、普及率は59.1%となる見込みであります。また、平成20年度に面整備の予定地区の実施設計委託、公共下水道事業管渠基本設計委託などの委託費につきましても計上させていただいております。

 次は、農業集落排水事業特別会計であります。予算規模は、6,780万1,000円で、前年度に比べ0.5%の減であります。市原と原田の両浄化センターの施設の適正管理を図るため、必要な維持管理費を計上しました。

 最後に、水道事業会計であります。予算総額を前年度対比7.4%減の11億929万3,000円といたしました。主な事業といたしまして、老朽管の布設替え工事、土木課及び公共下水道関連工事並びに地震対策事業として愛知県の送水管と町の排水管を結ぶ支援連絡管設置工事等を推進してまいります。

 なお、収益的収支では、給水収益を2%減の7億6,171万5,000円と見込み、受水費につきましては、0.07%増の4億51万円で計上させていただいておりまして、純利益は約309万円となる見込みであります。今後とも水道施設等の施設充実を図り、安定供給に努めるとともに、経営健全化の努力をしてまいります。

 以上が平成18年度における予算編成の基本事項であります。詳しくは、提案の際、ご説明をさせていただきますので、よろしくご審議を賜りますよう重ねてお願いを申し上げまして、ご報告とさせていただきます。

     〔降壇〕



○議長(岸岡勝行君) 

 どうもご苦労さまでした。

 以上で、町長の諸般報告及び平成18年度予算編成報告を終わります。



△日程第4 特別委員会委員長報告



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第4、衣浦港3号地調査特別委員会の委員長報告であります。

 委員長、登壇して報告を願います。

     〔衣浦港3号地調査特別委員長 森田義弘君 登壇〕



◆衣浦港3号地調査特別委員長(森田義弘君) 

 ご指名をいただきましたので、衣浦港3号地調査特別委員会の中間報告をさせていただきます。

 衣浦港3号地調査特別委員会は、17年第2回定例会、6月議会において設置され本年9月議会に第1回目、12月議会に第2回目の中間報告をさせていただきました。

 その後、2月15日に衣浦港3号地調査特別委員会を開催しましたので、その内容を要約してご報告いたします。

 平成18年2月15日午前10時より、財団法人愛知臨海環境整備センター会議室にて衣浦港3号地調査特別委員会が開催され、理事者側は町長、収入役、教育長、厚生部長、教育部長、環境課長、企画情報課長に同席をいただき、説明者に財団法人愛知臨海環境センター専務理事、総務課長、管理課長から、財団法人愛知臨海環境整備センター(アセック)の概要について説明を受け、続いて名古屋港南5区における環境影響評価の概要について説明を受けました。説明の後、説明者と委員との質疑応答がありましたので、その質疑応答から抜粋してご紹介いたします。

 搬入に当たっては、規制を設けて安全なものということだが、規制に該当する実態があったら照会していただきたいとの質疑に、代表的な事例を申し上げれば、一つは、廃棄物をバケツに入れ、油膜が生じるような場合は持ち帰っていただく。アスベスト、フェロシルトは一切入れていないとの答弁。

 最初にここを埋め立てるとき、ある程度の悪臭が出たと承っている。知事の意見書に、埋立てに伴う悪臭防止に極力的確に把握して対処するとあるがとの質疑に、悪臭の苦情は確かにあったが、埋め立てに伴う悪臭の発生ではなく、災害廃棄物の腐敗臭が対岸の新舞子で臭った。アセックは、有機物の汚泥は受け入れていない。動物性残渣、有機性汚泥など、悪臭の可能性のあるものは受け入れていないとの答弁。

 基本財産の民間企業からの出資の選定はどのようにされたかとの質疑に、財団設立の前の段階で準備組織があり、中経連、名商などの企業団体に参加をいただいたとの答弁。

 埋め立て時期が8年間延長された地元や知多市へどのように説明したのかとの質疑に、一般廃棄物について、地元知多市も尾張地域も困っている事情があり、県の要請で知多市の方と調整し、行政当局だけではなく議会にも諮り、了解を得たとの答弁。

 平成18年から産廃税が生まれる。その税金の使い道を教えてほしいとの質疑に、産廃税の目的は、産廃の減量を目的と考えている。いわゆる3Rのために使うのが大きな目的である。もう一つは、適正処理、最終処分場の迷惑をかける地元の協力を得るために使うと答弁。

 以上で、衣浦港3号地調査特別委員会の中間報告とさせていただきます。

     〔降壇〕



○議長(岸岡勝行君) 

 どうもありがとうございました。

 ただいま委員長から中間報告をいただきましたが、調査研究が終了するまで、引き続き議会閉会中の継続調査としますので、これをご了承願います。

 これより、しばらく休憩をします。

 なお、再開は午前10時35分とします。

                          〔午前10時16分 休憩〕

                          〔午前10時34分 再開〕



○議長(岸岡勝行君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第5 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第5、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎町長(籾山芳輝君) 

 ただいま議題となりました諮問第1号 人権擁護委員の推薦につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 人権擁護委員は、法務大臣が委嘱をする職でありまして、その委嘱に当たりまして、市町村長が議会の意見を聞いて推薦をするという手続になっております。

 当町では、4名の人権擁護委員さんがお見えになりまして、そのうちの1名が本年6月30日をもって任期が終了いたします。そのために、若干任期前でありますが、諸手続の関係から今議会に諮問をさせていただくものであります。

 議案書を朗読させていただき提案理由の説明に代えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について。

 人権擁護委員として下記の者を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

 平成18年3月2日提出、武豊町長。

 記といたしまして、住所、武豊町字平海道10番地1、氏名、出口孝次、生年月日、昭和9年10月5日、任期につきましては、平成18年7月1日から平成21年6月30日までの3年間であります。

 なお、出口さんの経歴につきましては、別に添付をさせていただきました。ご参考にしていただきながら、ご承認賜りますようお願いを申し上げまして、提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。

 意見はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ないようでありますので、本諮問については推薦することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ご異議なしと認めます。よって、本諮問に対し、推薦することに決しました。



△日程第6 同意第1号 武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第6、同意第1号 武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎町長(籾山芳輝君) 

 ただいま議題となりました同意第1号 武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本町の固定資産評価審査委員会の委員は、地方税法の規定に基づき3名の方にご就任をいただいております。そして、各委員が1年ずつ任期を異にしておりまして、今回、戸田岩夫委員がことしの3月19日をもって任期満了となりますので、再度選任をいたしたくご提案をさせていただくものであります。

 議案書の朗読をもちまして提案理由のご説明に代えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 同意第1号 武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任について。

 武豊町固定資産評価審査委員会の委員として下記の者を選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求める。

 平成18年3月2日提出、武豊町長。

 記といたしまして、住所、武豊町大字東大高字浦之島20番地、氏名、戸田岩夫、生年月日、昭和10年10月8日、任期につきましては、平成18年3月20日から平成21年3月19日までの3カ年間であります。

 なお、戸田さんの経歴につきましては、別に添付をさせていただきました。ご参考にしていただきながら、ご同意賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。

 お諮りをします。本案につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略して直ちに採決をしますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ご異議なしと認め、これより採決をします。

 同意第1号 武豊町固定資産評価審査委員会の委員の選任について、原案を可とすることに賛成の諸君は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(岸岡勝行君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり同意されました。



△日程第7 同意第2号 武豊町監査委員の選任について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第7、同意第2号 武豊町監査委員の選任についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎町長(籾山芳輝君) 

 ただいま議題となりました同意第2号 武豊町監査委員の選任について、提案理由のご説明を申し上げます。

 武豊町監査委員のうち、識見を有する者のうちから選任されております小荒忠則監査委員につきましては、来る3月31日で任期満了となります。引き続き、武豊町監査委員としての選任に当たり、ご同意を賜りたくご提案させていただいた次第であります。

 議案書を朗読させていただき提案理由の説明に代えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 同意第2号 武豊町監査委員の選任について。

 武豊町監査委員として下記の者を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により議会の議決を求める。

 平成18年3月2日提出、武豊町長。

 記といたしまして、住所、武豊町字北中根三丁目52番地、氏名、小荒忠則、生年月日、昭和13年8月26日、任期につきましては、平成18年4月1日から平成22年3月31日までの4年間であります。

 なお、小荒さんの経歴につきましては、次に経歴書を添付させていただきました。ご参考にしていただきながら、ご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。

 お諮りをします。本案につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略して直ちに採決をしますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ご異議なしと認め、これより採決をします。

 同意第2号 武豊町監査委員の選任について、原案を可とすることに賛成の諸君は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(岸岡勝行君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり同意されました。



△日程第8 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて「平成17年度武豊町一般会計補正予算(第7号)」



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第8、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて「平成17年度武豊町一般会計補正予算(第7号)」を議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務課長(大岩一政君) 

 承認第1号 専決処分の承認を求めることについてご説明を申し上げます。

 地方自治法第179条第1項の規定により、平成17年度武豊町の一般会計補正予算(第7号)を別紙のとおり専決処分しましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、その承認を求めるものであります。

 1枚はねていただきまして、専決第1号であります。

 後ほど理由を説明いたしますが、予算の補正に急施を要し議会を招集するいとまがないと認めましたので、本年1月25日付で専決処分させていただいたものでございます。

 もう1枚はねていただきまして、平成17年度武豊町一般会計補正予算(第7号)であります。

 平成17年度武豊町一般会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算の補正、第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ994万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ111億2,228万4,000円とするものであります。

 第2条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。

 それでは、内容につきまして歳出から説明をいたしますので、10、11ページをごらんください。

 2款総務費2項1目の税務総務費でございます。過誤納還付金994万4,000円を補正させていただいたものであります。具体的に申し上げますと、平成16年度分の旭硝子株式会社の法人町民税の還付金でありまして、昨年12月の更正申告によりまして、期納税額に対する還付金が生じたことによるものであります。還付金は支払が送れますと加算金が生じますので、急施を要すると判断し、専決処分により予算を補正させていただきまして、1月31日に還付をいたしました。

 1枚戻っていただきまして、8、9ページをごらんください。

 歳入であります。

 19款1項1目繰越金でございますが、この補正の財源に充てさせていただいたものでございます。

 以上で承認第1号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ないようでありますので、これで質疑を終わります。

 お諮りをします。本案につきましては、委員会付託、討論を省略して直ちに採決をしますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ご異議なしと認め、これより採決をします。

 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて「平成17年度武豊町一般会計補正予算(第7号)」について、原案を可とすることに賛成の諸君は起立を願います。

     〔起立全員〕



○議長(岸岡勝行君) 

 全員賛成であります。よって、本案は原案どおり承認されました。



△日程第9 議案第1号 平成17年度武豊町一般会計補正予算(第8号)



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第9、議案第1号 平成17年度武豊町一般会計補正予算(第8号)についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務課長(大岩一政君) 

 議案第1号 平成17年度武豊町一般会計補正予算(第8号)につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 平成17年度武豊町の一般会計補正予算(第8号)は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算の補正、第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億2,236万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ112億4,465万円とするものであります。

 2項といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。

 債務負担行為の補正、第2条 債務負担行為の変更は、「第2表 債務負担行為補正」によるものであります。

 地方債の補正、第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」によるものであります。

 それでは、内容につきまして歳出から説明をいたしますので、20、21ページをお開きください。

 まず、2款総務費、1項7目の基金費であります。財政調整基金に係る利子を積み立てるものでございます。

 次に、4項の選挙費であります。選挙の執行費用の精算にともなう減額であります。4月執行の武豊町長選挙、それから無投票になりました武豊町議会議員補欠選挙、そして、次のページになりますが、9月執行の衆議院議員総選挙、それぞれに係る不用額を減額するものであります。

 次に、3款民生費、1項社会福祉費であります。1目の社会福祉総務費では、介護保険事業特別会計の予算補正に伴い、一般会計からの繰出金を減額するものであります。

 2目の障害者福祉費であります。まず、障害者計画の策定に係る予算を全額減額するものであります。ご承知のように、昨年11月に障害者自立支援法が成立いたしまして、今後の障害者福祉の方向性が大きく変わることになりましたが、その具体的な姿が見えない中での計画策定は適当でないと判断をいたしまして、本年度の施行を断念をするというものであります。近く示される予定の国の指針を待ちまして、18年度に改めて計画策定を行いたいと考えております。

 次のページをお願いいたします。

 障害者福祉用具給付費は、精算見込みにより増額をするものであります。

 4目の老人福祉センター、デイサービスセンター費は、武豊グランドゴルフクラブからいただきました寄附金を活用いたしまして、老人福祉センター用の座いすとデジタルカメラを購入するものであります。

 6目の福祉施設整備基金費は、基金の利子の計上と合わせまして、保育園施設の耐震改修を念頭に置きまして、当該基金に5,000万円の積み立てをするものであります。

 2項児童福祉費であります。1目の児童福祉総務費は、児童手当等支給費の精算見込みによる減額であります。

 2目の児童措置費は、保育園のシロアリ被害が当初の予想を下回りましたので、駆除委託料を減額するものであります。

 3目の児童福祉施設費は、富貴保育園の増築工事及び竜宮保育園の耐震改築工事の請負残を減額するものであります。

 26、27ページをお願いいたします。

 4目の児童館児童遊園費は、児童クラブの運営上追加が必要となりました臨時雇用賃金の追加をさせていただくものであります。

 次に、4款衛生費、1項2目予防費であります。予防接種事業費の減額は、厚生労働省の通達によりまして、6月以降の日本脳炎の予防ワクチンの接種が中止になったということが主な要因でございます。保険事業費の減額につきましては、各種検診の精算によるものであります。

 次に、2項2目の塵芥処理費であります。常滑武豊衛生組合負担金の精算に伴う負担金の減額でありまして、指定ごみ袋制度の導入により、ごみ処理量の減少等があったと、そういった結果によるものでございます。

 3目し尿処理費の中部知多衛生組合負担金も同様に精算による減額であります。

 次に、6款農林水産業費、1項5目農地費であります。愛知用水二期事業地元負担金の繰上償還に伴う利息の減による減額及び同事業基金の利子積立金の計上であります。

 次のページをお願いいたします。

 6目の緑化推進費は、株式会社げんきの郷からいただきました寄附金を当該費目の財源に充当するため、一般財源と振りかえをするものであります。

 7目の土地改良費は、県施行の自然環境保全整備事業、いわゆるビオトープ事業の精算に伴う町負担金の減額であります。

 次に、7款商工費、1項1目商工振興費であります。

 愛知万博フレンドシップ事業委託料の精算による減額と、不足が見込まれます商工業振興資金保証料補助金の追加をするものであります。

 次に、8款土木費、1項1目土木総務費であります。職員の時間外手当不足見込み額の追加と、道路台帳加除修正委託料の委託残による減額をするものでございます。

 1枚はねて、30、31ページをごらんください。

 2目の道路橋りょう維持費は、落橋防止事業に係る国の交付金の追加交付に伴う財源の更正をするものであります。

 3目の道路新設改良費における上の黒丸、調査設計委託料と道路改良工事の減額は、いずれも請負残の減額であります。下の黒丸の用地買収費と物件補償費の追加は、国から町道環状線改良事業に係る交付金の追加交付をいただきましたので、半田市土地開発公社により先行取得をいたしました用地物件を買い戻すものであります。生活用道路物件補償費は、該当案件がございませんでしたので、減額をするということでございます。

 次に、5項都市計画費であります。

 1目の土地計画総務費は、都市計画事業基金に係る利子を計上するものであります。

 3目の街路事業費は、六貫山線、武豊港線改良工事の請負残を減額するものであります。

 4目公共下水道事業費は、公共下水道事業特別会計繰出金といたしまして、同会計予算の補正に伴う財源措置といたしまして、一般会計からの繰出金を追加するものであります。

 5目の都市下水路費は、一般排水改良工事に係る請負残の減額と、ヒジリ田地内の生活用排水路整備工事用地として土地開発基金で購入した土地を一般会計で買い戻すための追加であります。

 次に、32、33ページをお願いいたします。

 9款消防費、1項1目常備消防費は、知多中部広域事務組合負担金の精算による減額であります。

 3目の防災費は、防災資機材及び防災備品の整備に係る県補助金の交付に伴う財源更正であります。

 次に、10款教育費、1項4目教育施設等整備基金費であります。基金の利子の積み立てと合わせまして学校施設の耐震改築事業を念頭に置きまして、1億5,000万円を当該基金に積み立てるものであります。

 2項小学校費、1目の学校管理費は、武豊小学校の施設整備用地及び物件補償費の減額をするものであります。これは、校舎建築に係る国の基準改正により建築高が低減をされまして、北側影響範囲、すなわち買収補償の区域が縮小したことによるものであります。

 次の3項中学校費、1目の学校管理費は、富貴中学校施設耐震補強工事の工法の一部見直しに伴う工事費低減による減額であります。

 34、35ページをお願いいたします。

 4項社会教育費、3目町民会館費であります。これは、光熱費の節減に努めた結果の減額であります。

 5項保健体育費、2目の体育施設費は、運動公園第2グラウンドの浄化槽設置工事の請負残を減額するものであります。

 最後に、12款公債費であります。これは、地方債の償還元金及び利子の精算に伴う補正であります。

 次に、歳入について説明をいたしますので、戻っていただきまして12、13ページをお開きください。

 まず、1款町税、1項町民税であります。これまでの調定の推移等を参考に精査をいたしまして、現年課税分の個人町民税5,000万円、法人町民税1億5,000万円の増額を見込むものであります。

 次に、12款分担金及び負担金、1項1目民生費負担金であります。保育所運営費保護者負担金につきまして、精算見込みによる補正を行うものであります。

 13款使用料及び手数料、1項2目民生使用料であります。保育所私的契約児童使用料につきまして、精算見込みによる補正を行うものであります。

 次に、14款国庫支出金、1項1目民生費国庫負担金であります。障害者総合福祉事業費負担金は、歳出で説明いたしました障害者補装具給付費の増額に対する補助金であります。児童手当負担金は、児童手当支給額の減額に伴う負担金の減額であります。

 次のページをお開きください。

 2項2目の衛生費国庫補助金は、水辺リニューアルプランの認定に伴う浄化槽設置整備事業費補助金から同交付金への組みかえと合わせまして、増加分を追加するものであります。

 3目の土木費国庫補助金は、落橋防止及び環状線道路改良事業に係る地方道路整備臨時交付金の追加交付がなされましたので、追加補正をするものであります。

 4目の教育費国庫補助金は、富貴中学校施設の耐震補強工事の減額に伴いまして、補助金が減額となるものであります。

 次に、15款県支出金であります。

 まず、1項県負担金、1目民生費負担金であります。これは、障害者補装具給付費の増額及び児童手当支給額の減額に伴う県負担金の補正であります。

 次に、2項県補助金、1目総務費県補助金であります。愛知県市町村振興事業費補助金は、対象となります町民会館実施事業費の確定に伴う減額であります。

 7目の消防費県補助金は、地震防災対策用の資機材及び備品の整備に係る県補助金の交付に伴う補正であります。

 16、17ページをお願いいたします。

 3項委託金、1目総務費委託金は、衆議院議員総選挙費の確定による委託金の減額であります。

 16款財産収入、1項財産運用収入、2目利子及び配当金は、財政調整基金を始め各基金に係る利子を計上するものであります。

 2項、財産売払収入、1目不動産売払収入であります。普通財産の町有地1,100平米余りを売却した収入を計上するものであります。富貴工業団地内の雑種地、伊勢湾台風の被災者住宅跡地など、今後の土地利用が見込まれない土地を処分させていただいたものであります。

 17款寄附金、1項2目民生費寄附金は、武豊グラウンドゴルフクラブから社会福祉事業にと寄附をいただいたものであります。

 5目の農林水産費寄附金は、株式会社げんきの郷から緑化推進のためにと寄附をいただいたものであります。

 1枚はねて、18、19ページをごらんください。

 19款繰越金であります。今回の補正予算に係る財源調整上の措置といたしまして、繰越金2,262万円を計上するものであります。

 次に、21款1項町債であります。

 1目民生債の保育園施設整備事業債は、富貴保育園増築工事の減額に伴うものであります。

 2目土木債の町道整備事業債は、道路改良事業の減額に伴うものであります。

 4目教育債は、富貴中学校施設、耐震補強工事の減額に伴うものであります。

 5目減税補てん債は、国からの発行額の決定に基づき、増額をするものであります。

 6目の臨時財政対策債は、決算見込みを勘案いたしまして1億5,000万円の減額を行うものであります。

 次に、債務負担行為の変更についてでございます。

 戻っていただきまして5ページをお開きください。

 第2表 債務負担行為補正であります。

 環状線道路用地取得事業に係る半田市土地開発公社に対する債務負担行為の変更であります。先ほども説明いたしましたが、国からの交付金の追加交付によりまして、半田市土地開発公社で先行取得した土地の買い戻しを行うことによりまして、借入金額を3,824万6,000円減額いたしまして、1億175万4,000円とするものであります。合わせまして、終期を平成19年度から18年度に変更するものであります。

 次のページをお開きください。

 第3表 地方債補正であります。

 限度額の変更につきましては、先ほど債務のところで説明をさせていただきましたので、割愛をさせていただきます。

 そのほか、起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更はございません。

 以上で議案第1号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第10 議案第2号 平成17年度武豊町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)



△日程第11 議案第3号 平成17年度武豊町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第12 議案第4号 平成17年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第2号)



△日程第13 議案第5号 平成17年度武豊町水道事業会計補正予算(第3号)



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第10、議案第2号 平成17年度武豊町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、以下日程第13、議案第5号 平成17年度武豊町水道事業会計補正予算(第3号)までの4議案を、この際一括して議題とします。

 順次提案理由の説明を求めます。



◎住民課長(厚味久雄君) 

 議案第2号 平成17年度武豊町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 平成17年度武豊町の国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算の補正であります。第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,213万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ32億4,933万1,000円とするものであります。

 2項といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。

 今回の補正は、基本的に医療費が連続的に増加傾向が続いていることによりまして不足が生じるため行うものであります。その要因として、国保高齢者の増加と社会保険のない事業所に働く方の増加による国保加入者の増加及び高度医療に伴う医療費の高騰にあると推察しております。また、16年度の繰越金の精算を行うものであります。

 それでは、内容につきまして歳出からご説明を申し上げますので、10ページ、11ページをごらんください。

 2款保険給付費、1項療養諸費、3目一般被保険者療養費102万2,000円でありますが、医療費の伸びが恒常的に続き、不足見込み額の補正であります。

 次に、2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費451万3,000円、これも理由は前述と同様でございます。

 次に、8款予備費、1項1目予備費1,659万5,000円、これは医療費が予測以上に増加した場合に備えるものであります。最終の支払い月であります5月には、予算措置ができません。したがいまして、こうした場合に対処するための予備費でございます。

 次に、歳入をご説明しますので、1枚戻っていただいて、8ページ、9ページをごらんください。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、2目療養給付費等負担金199万2,000円、これは歳出で申し上げました一般被保険者療養費と一般被保険者高額療養費の国庫負担割合の36%相当分であります。

 次に、5款県支出金、2項県補助金、2目財政調整交付金22万1,000円は、歳出の先ほど申し上げました一般被保険者療養費と一般被保険者高額療養費の県の負担割合の4%相当分であります。

 次に、8款繰越金、1項2目その他繰越金の1,991万7,000円の補正であります。これは、前年度の繰越金の額が確定いたしましたので、財源として予算化したいものであります。

 以上で議案第2号の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



◎福祉課長(原田行雄君) 

 議案第3号の提案理由の説明を申し上げます。

 平成17年度武豊町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによるものであります。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,908万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出予算それぞれ13億5,273万2,000円とするものであります。

 2項としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。

 今回の補正の主な理由といたしましては、保険給付費の費目において、受給者の利用が見込みより増減しまして、給付費に過不足が生じますので、その所要見込額をそれぞれ補正するものであります。

 それでは、主な内容をご説明させていただきますので、12ページ及び13ページの歳出をごらんください。

 13ページの上段黒丸、一般管理費、高齢者、電算システム開発委託料は、先の12月議会において補正させていただいたもののうち、4月改正にかかわる部分であります。国が改正の詳細を示すのがおくれたことによりまして、業者のソフト開発が5月ごろにずれ込むということが判明してまいりました。年度内での執行ができないため、減額をお願いするものであります。

 中段の一つ目の黒丸です。居宅介護サービス給付費は予算を下回る見込みであり、見込み額の減額をお願いするものであります。

 中段二つ目の黒丸、施設介護サービス給付費は、9月議会において10月開始の新制度補足給付に移行する見込み額として2,300万円を減額したところですが、12月に入って給付費が増加し不足が見込まれますので、それぞれ所要額の増額をお願いするものであります。

 中段三つめの黒丸、居宅介護住宅改修でありますが、予算を下回る見込みで、見込み額の減額をお願いするものであります。

 中段四つめの黒丸、居宅介護サービス計画給付費はケアプラン作成の費用でありまして、これも不足が見込まれますので、それぞれ所要額の増額をお願いするものであります。

 下段一つ目の黒丸、居宅支援サービス給付費は、要支援者の在宅サービスにおいて見込みより利用が増加し不足が生じますので所用見込み額を、また、次にその下、黒丸の居宅支援サービス計画給付費はケアプラン作成の費用でありまして、これも不足が見込まれますので、それぞれ所要額の増額をお願いするものであります。

 次に、14ページ、15ページの歳出をごらんください。

 15ページの上段、高額介護サービス費、制度改正により、利用が増加して不足が生じますので、所要見込み額の増額をお願いするものであります。

 中段一つ目の黒丸、特定入所者介護サービス費及びその下の特定入所者支援サービス費は、10月からの制度、いわゆる補足給付で9月議会で見込み額を補正したところですが、それを下回る見込みであり、それぞれ減額をお願いするもであります。

 下段の黒丸、介護給付費準備基金積立金は、法などで定められた余剰金を積み立てするもので、今回、90万6,231円を積み立てするため、所要の額の補正をお願いするものであります。

 次に、歳入をご説明いたします。

 8ページ、9ページをごらんください。

 9ページ、一番上の現年度分介護給付費負担金は、歳出における保険給付費の合計2,138万2,000円に対して、法の定める負担割合20%相当の国庫負担金であります。

 次に、その下、現年度分調整交付金は、歳出2,138万2,000円に対する2.78%相当の国庫補助金であります。

 次に、その下、事務処理システム改修費補助金は、制度改正に伴う電算システム改修に対する国庫補助金であります。

 次に、その下の現年度分介護給付費交付金は、歳出2,138万2,000円に対する32%相当の支払基金交付金で、次に、その下の現年度分介護給付費負担金は、同様に12.5%相当の県負担金であります。

 次に、その下の現年度分介護給付費繰入金は、同様に12.5%相当の一般会計からの繰入金であります。

 次に、その下、その他繰入金は、電算システム開発委託料320万2,000円減額分と事務処理システム改修費補助金80万9,000円であります。

 次に、1枚めくっていただきまして、11ページ上、介護給付費準備基金繰入金は、介護保険料必要額から介護保険料納付見込み額を差し引いた金額を基金から取り崩すものであります。

 次に、その下の繰越金は、16年度の決算によるもので、12月の補正予算で償還金を除いた繰越金でございます。

 以上で議案第3号の提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



◎下水道課長(中川和男君) 

 議案第4号 平成17年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成17年度武豊町下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算の補正であります。第1条 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億40万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出予算それぞれ17億1,359万3,000円とするものであります。

 2項といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。

 次に、地方債の補正であります。

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」によるものであります。

 それでは、内容についてご説明を申し上げます。

 1ページ、2ページの第1表 歳入歳出予算補正内容につきましては、後ほど事項明細書で説明いたしますので、先に3ページをごらんいただきたいと思います。

 第2表 地方債補正は、地方債の限度額の変更であります。起債の目的であります公共下水道事業につきまして、事業の減により2億5,140万円を減額し、2億4,630万円とするものであります。地方債全体では、公共下水道事業債、流域下水道事業債、資本費平準化債と合わせて3億5,250万円となります。

 次に、事項別明細書の歳入から説明いたしますので、10ページ、11ページをごらんいただきたいと思います。

 まず、歳入であります。

 6款繰入金につきましては、歳入歳出について一般会計との調整の結果、5,239万2,000円を増額するものであります。

 9款町債につきましては、事業費の確定により、2億5,280万円を減額するものであります。

 次に、歳出であります。

 12ページ、13ページをごらんください。

 2款下水道建設費につきましては、1億9,540万8,000円の減額であります。

 13節委託料につきましては、実施設計費などの委託費の確定により1,800万円を減額するものであります。

 14節使用料及び賃借料につきましては、工事着手に伴い必要経費の精査等を行った結果により、100万円を減額するものであります。

 15節工事請負費は、事業が確定してまいりまして公共下水道工事費の減により、9,000万円を減額するものであります。

 19節負担金、補助金及び交付金につきましては、衣浦西部流域下水道負担金の確定に伴い、140万8,000円を減額するものであります。

 22節補償、補填及び賠償金について、工事支障物件移転補償費の減であります。水道、ガス関係の工事支障物件の移設工事の確定に伴い、8,500万円を減額するものであります。

 次に、3款公債費につきましては、当初想定利率より低い利率で借入れすることができた結果、償還利息の減が生じましたので、地方債償還利子500万円を減額するものであります。

 以上で議案第4号 平成17年度武豊町下水道特別会計補正予算(第2号)についての提案の理由とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



◎水道課長(吉田末吉君) 

 議案第5号の提案理由に入ります前に、議案第5号に誤りがありましたので、訂正し、差しかえをよろしくお願いいたします。

 ごらんいただきますと、訂正の箇所でありますが、第2条、2行目にあります「収益的支出」の予定額となっておりますが、「収益的収入及び支出」の誤りであります。

 下がっていただきまして、第3条、3行目の「資本的支出の予定額」となっておりますが、こちらも「資本的収入及び支出の予定額」の誤りでありますので、訂正し、差しかえをよろしくお願いいたします。

 改めまして、議案第5号につきまして提案理由の説明をさせていただきます。

 第1条 平成17年度武豊町水道事業会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによるものであります。

 第2条 平成17年度武豊町水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものであります。

 まず、収入であります。

 第1款水道事業収益から901万6,000円を減額し、総額を8億2,875万2,000円とするものであります。

 次に、支出であります。

 第1款水道事業費用から851万9,000円を減額し、総額を8億1,795万2,000円とするものであります。

 第3条 予算第4条の本文括弧書き中「2億4,040万4,000円」を、「2億1,751万9,000円」に、「701万4,000円」を「592万4,000円」に、「2億3,339万円」を「2億1,159万5,000円」に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものであります。

 まず、収入であります。

 第1款資本的収入から2,561万5,000円を減額し、総額を1億171万7,000円とするものであります。

 次に、支出であります。

 第1款資本的支出から4,850万円を減額し、総額を3億1,923万6,000円とするものであります。

 それでは、詳細につきまして、補正予算事項別明細書にて説明をさせていただきますので、5ページ、6ページをごらんいただきたいと思います。

 まず、収益的収入であります。

 営業収益の第3目その他の営業収益、901万6,000円の減額であります。これは下水道関連工事に伴います原因者負担金の減額であります。これらの減額の要因でありますが、現場状況による工事内容の変更並びに請負差額であります。

 次に、収益的支出であります。

 営業費用、第1目配水及び給水費、950万7,000円の減額及び営業外費用、第2目消費税及び地方消費税、98万8,000円の増額であります。これにつきましては、収入と同様の要因によります工事請負費の減額及び今回補正によります消費税等納税額の増額であります。

 続きまして、資本的収入であります。

 工事負担金の第1目工事負担金、給配水工事負担金、2,561万5,000円の減額であります。内容といたしましては、下水道関連工事の工事負担金の減額であります。これらにつきましては、工事費の減に伴いまして、収入の減額をするものであります。

 次に、資本的支出であります。

 第2目配水設備工事費の工事請負費、4,850万円の減額であります。内訳といたしまして、下水道関連工事及び水道単独工事の減額であります。これらの減額の要因につきましては、収益的収入及び支出と同様の理由によるものであります。

 以上が今回補正をお願いするものであります。

 なお、関係資料が添付してありますので、後ほどお目通しをいただきたいと思います。

 以上で議案第5号につきましての提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第14 議案第6号 平成18年度武豊町一般会計予算



△日程第15 議案第7号 平成18年度武豊町国民健康保険事業特別会計予算



△日程第16 議案第8号 平成18年度武豊町老人保健事業特別会計予算



△日程第17 議案第9号 平成18年度武豊町介護保険事業特別会計予算



△日程第18 議案第10号 平成18年度武豊町農業集落排水事業特別会計予算



△日程第19 議案第11号 平成18年度武豊町下水道事業特別会計予算



△日程第20 議案第12号 平成18年度武豊町水道事業会計予算



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第14、議案第6号 平成18年度武豊町一般会計予算、以下日程第20、議案第12号 平成18年度武豊町水道事業会計予算までの7議案を、この際一括して議題とします。

 順次提案理由の説明を求めます。



◎総務課長(大岩一政君) 

 予算書の9ページをお願いいたします。

 議案第6号 平成18年度武豊町一般会計予算につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 平成18年度武豊町の一般会計の予算は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算、第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ112億2,300万円と定めるものであります。

 2項といたしまして、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」によるものであります。

 継続費、第2条 地方自治法第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は、「第2表 継続費」によるものであります。

 債務負担行為、第3条 地方自治法第214条第1項の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第3表 債務負担行為」によるものであります。

 地方債、第4条 地方自治法第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第4表 地方債」によるものであります。

 一時借入金、第5条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、5億円と定めるものであります。

 歳入歳出予算の流用、第6条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるものでありまして、その下の(1)に記載のとおりであります。

 それでは、内容につきましてご説明を申し上げますが、本日は、予算全体にかかわる予算科目についてのみご説明をさせていただきます。各款項の詳細につきましては、明日、各担当課長等からご説明を申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 17ページをお開きください。

 第2表 継続費であります。

 上段の3款民生費、2項児童福祉費の保育園施設耐震対策事業でありますが、これは、西保育園の耐震改築にかかわる仮設園舎の建築から解体までの事業予算といたしまして、平成18年度から19年度までの2会計年度の継続費をお願いするものであります。総額は1,664万円、年度割は18年度は1,108万円、19年度は556万円であります。

 下段の10款教育費、2項小学校費の武豊小学校北校舎耐震対策事業でありますが、校舎の建替事業の予算といたしまして、こちらも平成18年度から19年度までの2会計年度の継続費をお願いするものであります。事業費の総額は13億9,854万円、年度割は18年度が7億4,498万3,000円、19年度が6億5,355万7,000円であります。

 なお、継続費に関する調書が226、227ページに添付してございますので、後刻お目通しをいただきたいと思います。

 1枚はねて、18、19ページをごらんください。

 第3表 債務負担行為であります。

 災害等資金に対する損失補償といたしまして、平成18年度から20年度までの3カ年につきまして、金融機関が平成18年度において災害等資金融資に対して250万円を限度として貸し付けた場合、その資金を貸し付けたことによって損失受けたときの損失額を補償するというものであります。

 なお、債務負担行為に関する調書が228ページから231ページにかけて添付してございますので、こちらも後刻お目通しをいただきたいと思います。

 次に、第4表 地方債であります。

 平成18年度予算の財源措置といたしまして、地方債を記載のとおり予定をするものであります。

 上の3事業は、後年度世代に負担を求めることのできる、いわゆる適債事業でありまして、町道整備事業に5,000万円、防火水槽整備事業に1,000万円、小学校施設整備事業に2億8,000万円の起債を予定するものであります。

 下の2つは特例債でございまして、減税補てん債は、恒久的な減税による減収額を補てんするための特例町債ということでございまして、7,000万円を予定してまいります。臨時財政対策債は、地方の一般財源不足を補うための地方債でありますが、18年度も引き続き歳出事業に対応するため、4億円の起債を予定をしております。

 総額で8億1,000万円の地方債の発行予定をしておりまして、起債の方法は普通貸付または証書発行といたします。利率は年利3%以内、償還の方法は、記載のとおりこれまでと同様の方法といたしております。

 ちなみに、地方債の18年度末現在高は75億2,593万4,000円となる見込みであります。それらの内容につきましては、232ページに地方債の調書が添付してございますので、後刻お目通しをいただきたいと思います。

 次に、歳出の関係であります。

 ずっと飛びまして、218、219ページをごらんください。

 最下段の12款公債費であります。地方債の償還元金として6億2,978万5,000円、償還利子等で1億2,358万1,000円、合わせまして7億5,336万6,000円を計上いたしております。前年比2,110万5,000円の増でありますが、公債費につきましては、地方債の累増に伴いまして、今後とも増加をしていく見込みでございます。

 1枚はねて、220、221ページをお開きください。

 13款諸支出金、1項1目の土地開発基金費であります。これは、土地開発基金で生じた利子を一般会計から同基金に繰出すための項目設定であります。

 次に、14款の予備費であります。不測の事態に備えるための予算といたしまして、1,000万円を計上させていただきました。

 最後に、人件費の関係であります。職員の給料、手当、共済費につきましては、それぞれの所管や事業別に区分をされまして、各款項に散在して計上してありますので、ここで総括をして説明をさせていただきます。

 222、223ページをお開きください。

 表の上から、1は、特別職の関係でございます。2は、一般職でございまして、(1)の総括表にありますように、18年度一般会計予算における職員数といたしまして、327人ということでございまして、前年に比べ5人減、予算額25億1,276万6,000円で、前年に比べ4,273万8,000円の減となっております。223ページ以降の明細につきましては、後刻お目通しをいただきたいと存じます。

 以上をもちまして議案第6号の提案理由の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



◎住民課長(厚味久雄君) 

 では、議案第7号、製本されております予算書の249ページをごらんください。

 平成18年度武豊町国民健康保険事業特別会計予算につきまして、提案理由のご説明をさせていただきます。

 平成18年度武豊町の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算といたしまして、第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ32億1,980万5,000円と定めるものであります。

 2項といたしまして、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」によるものであります。

 第2条として、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるものであります。(1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用であります。

 国保会計の現状は、急速な少子高齢化の進展、低所得者層の加入等の国保制度が抱える構造的要因と疾病構造の変化、医療技術の高度化等によりまして医療費の増加により、国保財政は一段と厳しい状況となっておるのが現状でございます。

 以上で議案第7号の提案理由の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第8号、予算書の291ページであります。平成18年度武豊町老人保健事業特別会計予算につきまして、提案理由のご説明をさせていただきます。

 平成18年度武豊町の老人保健事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものであります。

 歳入歳出予算といたしまして、第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ25億4,909万6,000円と定めるものであります。

 2項といたしまして、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」によるものであります。

 第2条 一時借入金でありますが、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2億円と定めるものであります。

 老人保健事業につきましても、平成14年10月から実施された医療制度改正により、以来5年間は一般的には新たに対象者数が発生することはなく、19年10月から老人保健対象年齢がすべて75歳以上へと変わりますが、現在、その経過措置中でありますが、予測より予算規模は縮小せず、ほぼ横ばいの状況であります。

 以上で議案第8号の提案理由のご説明とさせていただきます。

 なお、一般会計と同様に、あす、説明を加えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



◎福祉課長(原田行雄君) 

 それでは、議案第9号について提案理由の説明を申し上げます。

 製本の予算書及び予算説明書、315ページをごらんください。

 平成18年度武豊町の介護保険事業特別会計予算は、次に定めるところによるものであります。

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ14億1,668万7,000円と定めるものであります。

 2項としまして、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」によるものであります。

 第2条としまして、第2条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次の第1号、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用と定めるものであります。

 なお、予算額は、予算編成時における平成18年度からの第3期保険事業計画をもとに、事業費を厚生労働省の示すワークシートで算出し、3年間の保険料や介護給付費をもとに、歳入歳出それぞれ18年度における所要見込み額が計上してあります。

 介護保険料につきましては、平成17年10月から介護保険制度が改正され、実績が浅く、給付状況の見込みにおける変数が多い中、予算編成時における第3期介護保険事業計画に見合う基準額を月額3,600円と見込んでの積算がしてあります。

 323ページ、324ページ、325ページをお開きください。

 当初予算の前年度との対比は、予算総額では107.1%、歳出の保険給付費では107.5%となっております。

 なお、詳細につきましては、明日の、また説明をさせていただきますので、以上で議案第9号の提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



◎下水道課長(中川和男君) 

 それでは、議案第10号についての提案理由を説明を申し上げます。

 予算書の359ページをごらんいただきたいと思います。

 平成18年度武豊町農業集落排水事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものであります。

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6,780万1,000円と定めるものであります。

 2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」によるものであります。

 今回、平成18年度予算は、市原地区、原田地区両浄化センターの既存の施設の維持管理費等に係る経費を計上して編成させていただきました。

 以上で議案第10号の提案理由の説明とさせていただきます。

 引き続きまして、議案第11号についての提案説明を申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 予算書の385ページをごらんいただきたいと思います。

 平成18年度武豊町下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものであります。

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ17億844万3,000円と定めるものであります。

 2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」によるものであります。

 次に、債務負担行為であります。第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」によるものであります。

 次に、地方債であります。第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表 地方債」によるものであります。

 平成18年度の予算は、1号汚水幹線並びに20.9ヘクタールの面整備工事、公共下水道事業管渠実施設計委託、公共下水道事業管渠基本設計委託などを予定をしておりまして、その事業費を計上しました。また、既存の下水道施設並びに雨水ポンプ場などの維持管理に係る経費、ポンプ場の耐震診断にかかわる予算を計上し、編成させていただきました。

 以上で議案第11号の提案理由とさせていただきます。

 両議案とも、明日、内容につきましては説明を申し上げますのでよろしくお願いいたします。



◎水道課長(吉田末吉君) 

 議案第12号につきまして提案理由の説明をさせていただきますので、421ページをごらんください。

 第1条 平成18年度武豊町水道事業会計予算は、次に定めるところによるものであります。

 第2条 業務の予定量は、給水戸数1万4,450戸、年間総給水量548万2,000立方メートル、一日平均給水量1万5,019立方メートルとするものであります。

 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めるものであります。

 まず、収入であります。

 第1款水道事業収益7億9,269万2,000円であります。内訳といたしまして、営業収益7億9,269万円、営業外収益2,000円であります。

 次に、支出であります。

 第1款水道事業費用7億8,206万8,000円であります。内訳といたしまして、営業費用7億5,200万2,000円、営業外費用2,747万8,000円、特別損失158万8,000円、予備費100万円であります。

 なお、純利益は309万6,000となる見込みであります。

 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めるものであります。

 まず、収入であります。

 第1款資本的収入1億944万7,000円であります。内訳といたしまして、工事負担金8,294万7,000円、補助金2,650万円であります。

 次に、支出であります。

 次のページをごらんください。

 第1款資本的支出3億2,722万5,000円であります。内訳といたしまして、建設改良費3億44万6,000円、企業債償還金2,677万9,000円であります。

 以上、資本的収支の差し引きをしますと2億1,777万8,000円の不足を生じますが、この不足額につきましては、当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額728万9,000円及び過年度分損益勘定留保資金2億1,048万9,000円で補てんするものであります。

 第5条 一時借入金であります。限度額を3,000万円と定めるものであります。

 第6条 議会の議決を経なければ流用することのできない費用であります。これにつきましては、一般会計と同様に職員給与費9,695万円とするものであります。

 第7条 たな卸資産の購入限度額であります。限度額を500万円と定めるものであります。

 なお、関係資料が添付してありますので、後ほどお目通しをいただきたいと思います。

 詳細につきましては、明日、説明をさせていただきますので、よろしくお願いします。

 以上で議案第12号についての提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。

 これよりしばらく休憩をします。

 なお、再開は午後1時とします。

                          〔午前11時49分 休憩〕

                          〔午後1時00分 再開〕



○議長(岸岡勝行君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第21 議案第13号 武豊町国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について



△日程第22 議案第14号 武豊町国民保護協議会条例の制定について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第21、議案第13号 武豊町国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について及び日程第22、議案第14号 武豊町国民保護協議会条例の制定についてを、この際一括議題とします。

 順次提案理由の説明を求めます。



◎防災交通課長(森田英則君) 

 議案第13号、議案第14号の提案理由のご説明を申し上げます。

 まず、議案第13号 武豊町国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定につきましてでございます。

 この案を提出いたしますのは、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に伴い、本条例を制定する必要があるからであります。

 1枚はねていただきまして、条例案についてご説明を申し上げます。

 まず、第1条、条例の目的でございます。武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第31条及び法第183条において準用する法第31条の規定に基づき、武豊町国民保護対策本部及び武豊町緊急対処事態対策本部に関し必要な事項を定めることを目的とするものであります。

 第2条は、対策本部の組織について定めたものでございます。

 第1項では、武豊町国民保護対策本部長の権限について規定しております。

 第2項では、対策本部の副本部長の役割と本部長に対する職務代理を規定しております。

 第3項では、対策本部の本部員の役割について規定しております。

 第4項では、対策本部に本部長、副本部長、本部員のほか、必要な職員を置くことができることを規定しております。

 第5項では、前項の職員は、町の職員のうちから町長が任命することを規定しております。

 次に、第3条、対策本部の会議での本部長の権限を定めたものでございます。

 第1項では、本部長に、対策本部における情報交換及び連絡調整を円滑に行うため、必要に応じ、対策本部の会議を招集することができることを規定しております。

 第2項は、本部長が法第28条第6項の規定に基づき、国の職員その他武豊町の職員以外の者を会議に出席させたときは、当該出席者に対し、意見を求めることができることを規定しております。

 次に、第4条は、対策本部の部について定めたものでございます。

 第1項では、本部長が必要と認めるときに、対策本部に部を置くことができる、部の設置に関することを規定しております。

 第2項は、部に属する本部員の指名について、第3項では、部長の指名について、第4項では、部長の役割について、第5項では、部長の代理についてそれぞれ規定しております。

 第5条は、現地対策本部について定めたものでございます。

 第1項は、現地対策本部長、副本部長、本部員の指名について、第2項で、現地対策本部長の役割を規定しております。

 第6条は、本部長への委任について定めたものでございます。この条例に定めるもののほか、対策本部に関し必要な事項を本部長が定めるとした、本部長への委任について規定しております。

 第7条は、2条から前条までの規定は、緊急対策本部について準用することを規定しております。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行したいとするものでございます。

 以上で議案第13号の提案理由の説明を終わります。

 続きまして、議案第14号 武豊町国民保護協議会条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。

 この案を提出いたしますのは、議案第13号と同様、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に伴い、本条例を制定する必要があるからであります。

 1枚はねていただきまして、条例案についてご説明を申し上げます。

 まず、第1条、条例の目的でございます。武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第40条第8項の規定に基づき、武豊町国民保護協議会の組織及び運営に関し必要な事項を定めることを目的とするものであります。

 第2条は、協議会の委員に関して規定したもので、委員の定数を定めたものでございます。

 第3条は、会長の職務代理について定めたものでございます。会長に事故があるときは、あらかじめその指名する委員がその職務を代理する旨を規定しております。

 第4条は、協議会の会議について定めたものでございます。

 第1項では、会議の招集と議長に関すること、第2項は、会議を開催するために必要な委員定数に関すること、第3項では、議決のために必要な委員定数に関することをそれぞれ規定しております。

 第5条は、協議会への委任について定めたものでございます。この条例に定めるもののほか、協議会に関し必要な事項を、会長が協議会に諮って定めることを規定しております。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行したいとするものでございます。

 なお、第13号の条例案及び本条例案の作成に当たりましては、消防庁より示された参考例をもとに、武豊町に合わせて作成させていただいたことを申し添えます。

 以上で議案第13号、第14号の提案理由の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第23 議案第15号 武豊町障害者自立支援条例の制定について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第23、議案第15号 武豊町障害者自立支援条例の制定についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎福祉課長(原田行雄君) 

 自席で失礼いたします。

 議案第15号について提案の理由の説明を申し上げます。

 武豊町障害者自立支援条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 今回の制定は、障害者の福祉サービスの一元化、障害者がもっと働ける社会に地域の限られた社会資源を活用できるよう規制緩和、公平なサービス利用のための手続や基準の透明化、明確化、増大する福祉サービス等の費用をみんなで負担し、支え合う仕組みの強化として、利用したサービスの量や所得に応じた公平な負担、国の財政責任の明確化をねらいとした、障害者自立支援法が平成17年11月7日公布されました。

 制度の骨格は、法の規定によるところでありますが、細目につきましては条例で定める旨、法が求めておりますので、条例の制定をお願いするものであります。

 1枚めくっていただきまして、武豊町障害者自立支援条例(案)をごらんください。

 趣旨としまして、第1条 この条例は、障害者自立支援法(平成17年法律第123号。以下「法」という。)の規定に基づき実施する障害者自立支援に関し、必要な事項を定めるものとするものであります。

 第2条は、障害者自立支援認定審査会について定めるものであります。障害者自立支援法第15条に、審査判定業務を行わせるため、市町村に審査会を置くことが定められています。これを受けまして第1項で定めるものです。また、法第16条では、市町村審査会の委員の定数は、政令で定める基準に従い条例で定める数とするとあり、これを受けまして、第2項で定めるもので、「35人以内」は老人の介護認定審査会の体制に合わせたものであります。

 第3条は、介護給付費等の額の特例について定めるものです。障害者自立支援法第31条に、法律に基づく介護給付費等の額の特例を市町村が行う場合、市町村が定めることが求められています。これを受けまして、第1項で、特例の適用を受ける手続について所要の事項を定めるものです。また、第2項では、特例の適用理由が消滅した場合について届け出ることを定めております。

 委任といたしまして、第4条、この条例に定めるもののほか必要な事項は、町長が定めるものであります。

 第5条は、罰則について定めるものであります。障害者自立支援法第115条で3項にわたりまして、市町村等は条例で10万円以下の過料を科することができる規定を設けることができることが定められています。

 第1項では、障害者等、障害児の保護者、障害者等の配偶者、属する世帯の方などについて、第2項では、自立支援給付対象サービス等を行うもの、事業所などについて、第3項では、受給者証の提出または返還を求められてこれに応じないものに対してであります。

 これを受けまして、第5条、第1号、第2号、第3号、それぞれ定めるものであります。

 附則といたしまして、この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第15号の提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第24 議案第16号 武豊町介護保険条例の一部改正について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第24、議案第16号 武豊町介護保険条例の一部改正についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎福祉課長(原田行雄君) 

 それでは、議案第16号について、提案理由の説明を申し上げます。

 武豊町介護保険条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 今回の改正は、介護保険制度の改正第3期介護保険事業計画、国の準則によるところであります。

 新旧対照表でご説明しますので、3枚めくっていただきます。

 改正部分には、アンダーラインがあります。

 まず、第4条第1項中、「平成15年度から平成17年度」を第3期の事業計画期間である「平成18年度から平成20年度」に改め、同項の第1号から第6号は、国の段階が5段階から6段階になることにより保険料の額をそれぞれ改め、また、今までと同様に弾力化を行うため6段階を7段階にし、同項に「第7号 令第39条第1項第7号に掲げる者 7万7,700円」を加えるものであります。

 なお、予算編成において、高額介護サービス費など制度改正以後の給付状況が明らかになってまいりました介護保険料につきまして、再度試算し、保険料の基準額を年額4万4,400円(月額3,700円)とし、各号の段階のそれぞれの保険料率を乗じて算出してあります。

 第4条第2項と第3項は、上記1項の改正を受けて改めるものであります。

 第5条中第3項は、国の準則により削り、同条第4項第3項とするものです。

 1枚めくっていただきまして、第6条、第9条は、国の準則により、法律、政令などの引用条項等を改めるものであります。

 第11条は、第2項に「第1号被保険者及びその属する世帯の生計を主として維持する者の氏名及び住所」、「第2号、減免を受けようとする保険料の額及び納期限又は当該保険料の徴収に係る特別徴収対象年金給付の支払に係る月」、「第3号、減免を必要とする理由」を加えるものです。

 1枚めくっていただきまして、第12条、第13条、第14条、第15条、第16条は、国の準則により、文言や法律、政令などの引用条項等を改めるものです。

 その下、附則に、次の「(新予防給付の施行期日)第8条、介護保険法一部を改正する法律(平成17年法律第77号)附則第3号第1項の条例で定める日は、平成18年11月1日とする。」を加えるものであります。

 3枚戻ってめくっていただきまして、条例案2ページ目、左ページになりますが、中段をごらんください。

 附則としまして、(施行期日)第1条 この条例は、平成18年4月1日から執行するものであります。

 その下、(平成18年度及び平成19年度における保険料率の特例)として、第2条があります。これは、税制改革による保険料の激変緩和についての扱いを定めるものであります。

 最初に、第2条の行の最後、「政令 号」になっておりますが、「政令第28号」、その下の「第A条」及び右ページ第2項の最初の行、中ごろ、「第A条」とありますが、「第4条」になるとの情報を国から得ております。間もなく正式に通知がありましたら、その内容で改めるものであります。

 第2条第1項は、平成18年度の激変緩和でございます。

 第1号は、第1段階から第4段階に、第2号は、第2段階から第4段階に、第3号は、第3段階から第4段階に、第4号は、第1段階から第5段階に、第5号は、第2段階から第5段階に、第6号は、第3段階から第5段階に、第7号は、第4段階から第5段階になる人の、それぞれの保険料の額であります。

 右ページ下から同条第2項、第1号から第7号は、同じように、平成19年度の激変緩和であります。保険料基準額年額4万4,400円に、各号、各年度に該当する緩和率を乗じて算出しております。

 以上で議案第16号の提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第25 議案第17号 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第25、議案第17号 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎福祉課長(原田行雄君) 

 議案第17号について提案理由の説明を申し上げます。

 武豊町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 今回の改正は、町民会館館長報酬の見直しと障害者自立支援法の施行による障害者自立支援認定審査会委員報酬の新設であります。

 新旧対照表でご説明させていただきますので、2枚めくってください。

 改正部分にはアンダーラインがあります。

 まず、町民会館館長報酬についてご説明します。

 本町としましては、劇場の管理運営は初めてのことであります。館長には多くの助言をいただき、この2年間を過ごすことができました。開館3年目を迎える18年度は、館長の職務を見直し、管理運営の管理面を軽減し、町職員で管理をし、自主事業企画及び劇場運営を中心にお願いしてまいります。職務の見直しに伴い、勤務条件を週3日から年間120日とし、報酬額を見直すもので、「月額45万円」を「月額38万円」に改めるものであります。

 続きまして、障害者自立支援認定審査会委員報酬であります。

 障害者自立支援法の施行により、平成18年4月1日から障害者自立支援認定審査会の設置が定められました。これは、障害者の心身の状況を判定するため、国が定める項目のアセスメントを行い、現在行われております介護保険の介護認定審査会とほぼ同様の体勢で、障害程度区分の認定をする審査会であります。利用者へのサービスの即応を図るため、現在毎週木曜日開催の介護保険の介護認定審査会に合わせて開催することとし、これを考慮し、障害者自立支援認定審査会委員の報酬の額を日額6,300円とし、加えるものであります。

 1枚戻っていただきまして、附則といたしまして、この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第17号の提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第26 議案第18号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第26、議案第18号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎人事秘書課長(小坂延夫君) 

 議案第18号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。

 公益法人等への職員の派遣等に関する条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 この案を提出するのは、公益法人等への職員の派遣等に関する法律の規定に基づき、公益法人等への職員の派遣等に関し必要な事項を定める必要があるからであります。

 法律そのものは平成12年4月26日に制定されておりましたが、派遣先を特定しなければこの条例は制定できないこと、また、近隣の制定状況や今後の社会状況の変化等に対応可能な法的環境の整備等を勘案し、今般、条例制定をお願いするものであります。

 1枚はねていただきまして、条例案についてご説明いたします。

 第1条は、趣旨であります。

 第2条は、職員の派遣であります。派遣先といたしまして、(1)社団法人武豊町シルバー人材センター、(2)社会福祉法人武豊町社会福祉協議会に職員の派遣をすることができる派遣規定であります。

 2項で、法第2条第1項に規定する派遣できる職員を定めております。

 3条でありますが、派遣に係る各種取り決めの関係であります。

 第4条、職員復帰の規定であります。

 第5条は、派遣職員に係る給与の規定であります。法第6条第1項により、派遣期間中の職員は派遣先からの支給であります。ただし、同条2項で、派遣先との共同事業、事務の保管、事業効果等一定の条件に該当する場合は、町から給与支給はできるとの規定であります。

 第6条、復帰後の給与条例の特例に関するみなしの規定であります。派遣業務期間中の負傷、休職等の取り扱いは公務に準じて取り扱うというものであります。

 第7条、復帰時の処遇に関する規定であります。

 第8条、復帰職員の退職手当条例等に係る取り扱い規定であります。

 第9条、企業職員や単純労務職員派遣の給与についての規定であり、内容は第5条とほぼ同様であります。

 第10条は、報告の規定であります。

 附則といたしまして、この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第18号の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第27 議案第19号 武豊町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び武豊町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第27、議案第19号 武豊町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び武豊町消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎人事秘書課長(小坂延夫君) 

 議案第19号の提案理由の説明をさせていただきます。

 議案第19号 武豊町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び武豊町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 この案を提出いたしますのは、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の制定に伴う地方公務員災害補償法の一部改正によるものであります。

 1枚はねていただきまして、条例案についてご説明申し上げます。

 武豊町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を次のように改めるものであります。

 第8条第1項中「監獄」を「刑事施設」に改める。

 続きまして、武豊町消防団員等公務災害補償条例の一部を次のように改めるものであります。

 第8条第1項中「監獄」を「刑事施設」に改めるものであります。

 附則といたしまして、この条例は、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の施行の日から施行するものであります。

 以上で議案第19号の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第28 議案第20号 武豊町職員の給与に関する条例の一部改正について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第28、議案第20号 武豊町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎人事秘書課長(小坂延夫君) 

 失礼いたします。

 議案第20号の説明に入らさせていただきます前に、字句の訂正をお願いいたします。

 10ページをお開きください。

 一番下の見出しでありますが、「武豊町職員」の次に「等」を入れていただき、「武豊町職員等」に改めていただきたいと思います。同じく11ページの1行目と10行目の「武豊町職員」の次に「等」を入れていただくようお願い申し上げます。申しわけありませんでした。

 それでは、議案第20号 武豊町職員の給与に関する条例の一部改正について提案理由の説明をさせていただきます。

 武豊町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 改正の理由であります。平成17年8月に人事院が国家公務員の給与において地域における国家公務員給与の水準の見直し、年功的な給与上昇の抑制と職務職責に応じた給与構造への転換及び勤務実績の給与への反映と給与構造について、抜本的な改革を行うための勧告をし、平成18年4月より実施することになりました。この勧告に基づき、国家公務員の一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律が平成17年11月7日に公布されたことに伴い、本町におきましても人事院勧告及び愛知県人事委員会の勧告をもとに、職員の給与改定を実施するため、本条例を改正する必要があるからであります。

 改正に係る資料等多くありますので、まず、主な改正ポイントを申し上げ、その後若干の補足をさせていただく形でご説明を申し上げます。

 説明の都合上、ページが前後いたしますが、よろしくお願いいたします。

 まず、改正の主な内容6点につきご説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 改正条例案であります。

 1点目、昇給時期の変更であります。6行目、第6条第3項関係でありますが、現在年4回の昇給の時期が年1回に変更されます。

 2点目、給料表の改正であります。3ページから8ページにありますように、別表第1及び別表第2のとおり、給料表をそれぞれ改正するものであります。給料表の号給でありますが、現在の1号給を4分割し4号給とし、きめ細かな対応を可能といたしました。別表第1の行政職給料表(一)につきましては、新8級を設けます。

 1ページに戻っていただきまして、3点目、地域手当の新設であります。下から6行目からの第13条の2の関係であります。現行の調整手当に替えて地域手当を支給するものであります。支給率は従前の調整手当と同じ100分の9であります。

 続きまして、9ページをごらんください。

 附則の関係であります。

 4点目、職務の級の切替であります。

 9ページ4行目からの附則第2項関係であります。給料表の改正に伴い、ことし3月31日現在在職者の4月1日時点での切替の対比であります。12ページの最後に切替表を掲載させていただいております。

 また、13ページから18ページにかけましては、附則第3項の関係でありますが、これは個々の給料の新と旧の号級の読み替えであります。

 次に、10ページであります。

 5点目、給料の切替に伴う経過措置、いわゆる差額の支給の関係であります。3行目からの附則第7項関係であります。

 今回の給料の切替に伴い、平均で4.8%、中高年齢層では最大7%ほどの引き下げと言われ、これに関連いたしまして、ことし3月31日現在の在職者で4月1日時点で同一の新給料表に切り替わる場合で差額が生じる場合には、3月31日現在との差額相当額を支給するというものであります。

 6点目といたしまして、その他関連条例の改正であります。10ページから12ページにかけての附則の関係であります。主に条文整理と字句修正等であります。

 10ページの下から6行目、附則第12項関係であります。

 武豊町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正であります。

 次は、附則13項関係であります。

 武豊町職員等の旅費に関する条例の一部改正であります。

 続きまして、附則第15項関係、武豊町職員の育児休業等に関する条例の一部改正であります。

 次は、附則第16項関係、武豊町長、助役、収入役の給与に関する条例の一部改正であります。

 そして、附則第17項関係であります。武豊町教育委員会教育長の給与、勤務時間、その他の勤務条件に関する条例の一部改正であります。

 続きまして、附則第18項関係、企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正であります。

 続きまして、19ページからの新旧対照表で、3点補足をさせていただきます。

 19ページをお開きください。

 1点目であります。下から7行目、第6条第4項関係でありますが、級の1号級が4分割され4号級となっております。

 2点目といたしまして、20ページの第5項関係でありますが、従来からの55歳を超えるものの昇給停止を改めるというものであります。

 3点目といたしまして、25ページから31ページまでは給料表につきまして、また、32ページ以降は関係各条例の改正に係る新旧対照であります。改正部分につきましては、アンダーラインが施してございますのでよろしくお願いいたします。

 最後に施行期日でありますが、平成18年4月1日を予定しております。

 以上で議案第20号の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第29 議案第21号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第29、議案第21号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。



◎人事秘書課長(小坂延夫君) 

 議案第21号の提案理由の説明をさせていただきます。

 従前からお願いいたしておりますように、市町村合併に伴う規約の整理であります。

 議案第21号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更につきまして、地方自治法第286条第1項の規定により、平成18年3月31日をもって愛知県市町村職員退職手当組合から十四山村を脱退させ、愛知県市町村職員退職手当組合規約を別紙のとおり変更することについて協議するため必要であり、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 十四山村は弥富町に編入合併し、平成18年4月1日弥富市となる予定であります。また、一部事務組合の名称変更等に係る規約の変更をするものであります。

 改正の内容でありますが、説明の都合上2枚はねていただきまして、新旧対照表をごらんください。

 一部事務組合の名称等の変更も含め、ごらんの新旧対照表のように変わります。変更部分につきましてはアンダーラインが施してありますのでよろしくお願いいたします。

 1枚戻っていただきまして、附則といたしまして、第1項、この規約は、平成18年4月1日から施行し、別表の改正規定中「西春日井郡東部水道企業団 西春日井郡東部衛生組合」を「北名古屋水道企業団 北名古屋衛生組合」に改める部分は、平成18年3月20日から適用するものであります。

 第2項は、みなし規定であります。

 以上で議案第21号の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第30 議案第22号 玉貫老人憩の家の指定管理者の指定について



△日程第31 議案第23号 大足老人憩の家の指定管理者の指定について



△日程第32 議案第24号 武豊町高齢者生きがいセンターの指定管理者の指定について



△日程第33 議案第25号 多賀授産所の指定管理者の指定について



△日程第34 議案第26号 武豊町デイサービスセンター砂川の指定管理者の指定について



△日程第35 議案第27号 武豊町在宅介護支援センター砂川の指定管理者の指定について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第30、議案第22号 玉貫老人憩の家の指定管理者の指定についてから日程第35号、議案第27号 武豊町在宅介護支援センター砂川の指定管理者の指定についてまでの6議案を、この際一括議題とします。

 順次提案理由の説明を求めます。



◎福祉課長(原田行雄君) 

 それでは、議案第22号から議案第27号までについて、順次提案理由の説明を申し上げます。

 今回の提案は、地方自治法の一部改正により、平成18年9月1日までに公の施設の管理運営方法につきまして、従来の直営または管理委託から直営または指定管理者による管理運営方法とすることによるもので、激変緩和に配慮し、従来の延長線上で指定管理に移行するものであります。

 それでは、議案第22号について説明いたします。

 玉貫老人憩の家の指定管理者の指定について、次のとおり指定管理者を指定するものであります。

 1、管理を行わせる公の施設の名称、玉貫老人憩の家。2、指定管理者となる団体の名称、玉貫西一区。3、指定の期間、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間であります。

 1枚めくりまして、続きまして、議案第23号について提案理由の説明を申し上げます。

 大足老人憩の家の指定管理者の指定について、次のとおり指定管理者を指定するものであります。

 1、管理を行わせる公の施設の名称、大足老人憩の家。2、指定管理者となる団体の名称、大足区。3、指定の期間、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間であります。

 1枚めくりまして、続きまして、議案第24号について提案理由の説明を申し上げます。

 武豊町高齢者生きがいセンターの指定管理者の指定について、次のとおり指定管理者を指定する。

 1、管理を行わせる公の施設の名称、武豊町高齢者生きがいセンター。2、指定管理者となる団体の名称、社団法人武豊町シルバー人材センター。3、指定の期間、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間であります。

 1枚めくりまして、続きまして、議案第25号について提案理由の説明を申し上げます。

 多賀授産所の指定管理者の指定について、次のとおり指定管理者を指定する。

 1、管理を行わせる公の施設の名称、多賀授産所。2、指定管理者となる団体の名称、社会福祉法人武豊町社会福祉協議会。3、指定の期間、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間であります。

 1枚めくりまして、続きまして、議案第26号について提案理由の説明を申し上げます。

 武豊町デイサービスセンター砂川の指定管理者の指定について、次のとおり指定管理者を指定するものであります。

 1、管理を行わせる公の施設の名称、武豊町デイサービスセンター砂川。2、指定管理者となる団体の名称、社会福祉法人福寿園。3、指定の期間、平成18年4月1日から平成20年3月31日までの2年間であります。

 なお、武豊町デイサービスセンター砂川につきましては、現在、社会福祉法人福寿園が計画を進めている特別養護老人ホームが開所予定の平成20年4月に合わせてデイサービス事業を移行するため、2年間の指定期間とするものであります。

 1枚めくりまして、続きまして、議案第27号について提案理由の説明を申し上げます。

 武豊町在宅介護支援センター砂川の指定管理者の指定について、次のとおり指定管理者を指定するものであります。

 1、管理を行わせる公の施設の名称、武豊町在宅介護支援センター砂川。2、指定管理者となる団体の名称、社会福祉法人福寿園。3、指定の期間、平成18年4月1日から平成18年9月30日までの6カ月間であります。

 なお、在宅介護支援センターは、介護保険制度の改正により、10月から設置予定の地域包括支援センターにその機能を移行する計画のため、6カ月間の期間であります。

 以上で議案第22号から議案第27号までの提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。



△日程第36 議案第28号 町道の路線廃止について



△日程第37 議案第29号 町道の路線認定について



○議長(岸岡勝行君) 

 次に、日程第36、議案第28号 町道の路線廃止について及び日程第37、議案第29号 町道の路線認定についてを、この際一括して議題とします。

 順次提案理由の説明を求めます。



◎土木課長(羽村房雄君) 

 議案第28号 町道の路線廃止について、提案の理由をさせていただきます。

 次のページと箇所図をごらんください。

 整理番号1、2、3の向陽3丁目向田第1号線、向田第3号線、石田・白山第1号線でありますが、知多東部線の供用開始に伴い路線の見直しを行うために廃止するものであります。

 また、整理番号4の下別曽第3号線、整理番号5の山・上原第1号線、整理番号6の下別曽第5号線は、現地調査により路線の見直しを行うために廃止するものであります。

 次に、議案第29号 町道の路線認定について、提案理由の説明をさせていただきます。

 次のページと箇所図をごらんください。

 整理番号1の楠5丁目第2号線は町営住宅と民地と隣接した土地で、道路として利用のため、新たに認定するものであります。

 整理番号2の明神戸第4号線は開発行為に伴う帰属道路でありまして、新たに認定するものであります。

 次に、整理番号3、4、5の向陽3丁目向田第1号線、向田第3号線、石田白山第1号線でありますが、いずれも知多東部線の供用に伴い、新たに認定するものであります。

 次に、整理番号7の上原第9号線と整理番号8の下別曽第6号線は、現地調査により新たに認定するものであります。

 以上で議案第28号、議案第29号の提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(岸岡勝行君) 

 提案説明は終わりました。

 お諮りをします。ただいま説明のありました議案第1号から議案第29号に対する質疑は、3月10日の本会議で議案に対する質疑として行いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岸岡勝行君) 

 ご異議なしと認めます。よって、議案第1号から議案第29号に対する質疑は3月10日の本会議で議案に対する質疑として行うことに決しました。

 ご報告します。

 監査委員より定期監査及び財政援助団体等監査、例月出納検査結果報告があり、議案末尾に添付してありますので、これをご了承願います。

 また、議員派遣報告書も議案末尾に添付してありますので、これをご了承願います。

 以上で、本日の議事日程は終了しました。

 これをもって散会をします。

 なお、3月3日から7日までは議案精読休会とし、3月8日は午前9時から本会議を再開しますので、よろしくお願いをいたします。

 どうもご苦労さまでした。

                          〔午後1時52分 散会〕