議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東浦町

平成17年  6月 定例会(第2回) 06月17日−03号




平成17年  6月 定例会(第2回) − 06月17日−03号









平成17年  6月 定例会(第2回)



1 議事日程(第3号)

     平成17年6月17日(金) 午前9時30分 開議

 日程第1 東浦町農業委員会委員の推薦について

 日程第2 委員長報告及び委員長報告に対する質疑

      (1)経済建設委員会委員長報告、同質疑

      (2)文教厚生委員会委員長報告、同質疑

      (3)総務委員会委員長報告、同質疑

 日程第3 議案第25号から第31号まで(討論・採決)

 日程第4 意見書案第3号 すべての勤労者の賃金・労働条件の引き上げ等に関する意見書

 日程第5 議員派遣について

1 会議に付した事件

 議事日程に同じに付省略

1 会議に出席した議員(21名)

    1番  平林由仁議員    2番  齋 吉男議員

    3番  神谷明彦議員    4番  兵藤高志議員

    5番  長坂唯男議員    6番  中村六雄議員

    7番  新美常男議員    8番  平林良一議員

    9番  広瀬勇吉議員   10番  山田眞悟議員

   11番  深谷公信議員   12番  村瀬直正議員

   13番  戸田安信議員   14番  竹内 稔議員

   15番  大橋?秋議員   16番  柳楽 榮議員

   17番  日比昭子議員   18番  藤村 務議員

   19番  長坂宏和議員   20番  澤 潤一議員

   21番  ?橋和夫議員

1 会議に欠席した議員

    なし

1 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者

  町長       井村?光     助役       戸田宗明

  収入役      長坂幾夫     総務部長     伊佐治 修

                    防災交通

  総務課長     外山眞悟     課長       林 久和

  企画財政

  部長       荻須英夫     企画課長     ?原孝典

  財政課長     山下義之     民生部長     水野清彦

  福祉課長     神谷卓男     児童課長     平林直樹

  環境経済

  部長       鈴木照海     環境課長     戸田吉則

  産業課長     川合従裕     建設部長     久米光之

  管理課長     山口成男     土木課長     齋藤 等

  水道部長     山口文徳     水道課長     大野富夫

  下水道課長    岡田 勝     教育長      稲葉耕一

                    学校教育

  教育部長     小野 勝     課長       神野敬章

1 議場に職務のため出席した者

  事務局長     杉本 清

  事務局総務係長  杉浦一成

  書記       川瀬美和

             午前9時30分開議



○議長(?橋和夫) おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。

 ただいまの出席議員は21名全員です。本議会の成立することを確認いたします。

 本日の議事日程はお手元に配付したとおりですので、御了承を願います。

 これより日程に入ります。

            −−−−−−−−−−−−−



△日程第1 東浦町農業委員会委員の推薦について



○議長(?橋和夫) 初めに、日程第1、東浦町農業委員会委員の推薦についてを上程し、議題とします。

 地方自治法第117条の規定により、深谷公信議員及び竹内 稔議員の退席を求めます。

     [11番 深谷公信議員 14番 竹内 稔議員退席]

 この際、提案説明、質疑、討論を省略して直ちに採決を行います。これに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。これより採決を行います。農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、議会推薦の農業委員会委員は3名とし、お手元の名簿のとおり推薦したいと思います。これに御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議会推薦の農業委員会委員は3名とし、戸田和正さん、深谷公信さん、竹内 稔さん、以上の方を推薦することに決定いたしました。

 深谷公信議員及び竹内 稔議員の入場を願います。

     [11番 深谷公信議員 14番 竹内 稔議員入場]

            −−−−−−−−−−−−−



△日程第2 委員長報告及び委員長報告に対する質疑



○議長(?橋和夫) 次に、日程第2、委員長報告及び委員長報告に対する質疑を行います。

 去る6月8日の本会議に委員会付託した各事件の審査の経過及び結果について、各常任委員長より報告をお願いし、それぞれ委員長報告に対する質疑を行います。

 なお、委員長報告及び委員長報告に対する質疑は、委員会ごとに区切って行いますので、御了承願います。

 この際お断りいたします。質疑の回数は1人2回までといたします。なお、質疑は委員長報告の議題に外れないようにお願いいたします。

 これより委員長報告に入ります。

 初めに、経済建設委員会の報告を深谷公信委員長にお願いいたします。

 深谷公信委員長。

     [経済建設委員長 深谷公信登壇]



◆経済建設委員長(深谷公信) おはようございます。御指名により経済建設委員会の報告を申し上げます。

 本委員会は、6月9日午前9時30分に開会し、午前9時38分に閉会いたしました。場所は合同委員会室です。出席者は、委員7名、議長、町当局より、町長以下27名、議会事務局2名の出席でした。

 6月8日の本会議において本委員会に付託された事件は4件です。以下、付託事件の審査の経過及び結果について御報告いたします。

 まず、付託事件の第1は、議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)のうち、歳出の8款土木費であります。

 本案について質疑を行いました。その質疑内容を申し上げます。

 問い、交通安全対策工事の箇所数と場所は。答え、森岡のサンハウス尾張森岡マンション北東の交差点、緒川小学校南門から東への道路(通称おじょうざか)と旧道との交差点、石浜の国道366号線から東浦中学校への道路のNTT西交差点の3カ所。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)のうち、歳出の8款土木費は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、付託事件の第2は、議案第29号町道路線の廃止についてであります。

 本案について質疑を行いました。その質疑内容を申し上げます。

 問い、廃止される町道石浜120号線から石浜124号線の道路には車が駐車されている。この周辺は県営住宅の建てかえを予定しているが、これらの車の対処は。答え、県営住宅自治会長及び県住宅整備課と協議し、予告立て看板及び撤去依頼文を回覧板または個別配付で対処していく。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第29号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、付託事件の第3は、議案第30号町道路線の変更についてであります。

 本案については、質疑もなく、採決の結果、全員の賛成をもって、議案第30号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、付託事件の第4は、議案第31号町道路線の認定についてであります。

 本案については、質疑もなく、採決の結果、全員の賛成をもって、議案第31号は原案どおり可決と決定いたしました。

 以上で経済建設委員会の報告を終わります。



○議長(?橋和夫) これより質疑に入ります。質疑のある方は発言を願います。

     [「なし」と呼ぶ者あり]

 これをもって、経済建設委員会委員長報告及び質疑を終結いたします。

 次に、文教厚生委員会の報告を大橋?秋委員長にお願いいたします。

 大橋?秋委員長。

     [文教厚生委員長 大橋?秋登壇]



◆文教厚生委員長(大橋?秋) 御指名により文教厚生委員会の報告を申し上げます。

 本委員会は、6月10日午前9時30分に開会し、午前9時37分に閉会いたしました。場所は合同委員会室です。出席者は、委員7名、議長、町当局より、町長以下25名、議会事務局2名の出席でした。

 6月8日の本会議において本委員会に付託された事件は1件です。付託事件の審査の経過及び結果について御報告いたします。

 議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)のうち、歳出の3款民生費、10款教育費であります。

 本案について質疑を行いました。その主なるものを申し上げます。

 問い、人権教育研究事業の委託先とその内容は。答え、委託先は片葩小学校。平成16年度、平成17年度の2年間、人権教育研究を国から委嘱された事業で、内容は、1人1人を大切にして、個々の児童が自他を大切にしていくというもので、人権教育研究の成果発表に係る冊子印刷等の費用やシンポジウムを開催するためのもの。

 問い、障害者福祉基金の積立額は、また、基金の運用はどのように考えているか。答え、基金の積立額は、4月末現在560万円余で、福祉施設建設及び備品購入等に充てていく。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)のうち、歳出の3款民生費、10款教育費は原案どおり可決と決定いたしました。

 以上で文教厚生委員会の報告を終わります。



○議長(?橋和夫) これより質疑に入ります。質疑のある方は発言を願います。

     [「なし」と呼ぶ者あり]

 これをもって、文教厚生委員会委員長報告及び質疑を終結いたします。

 次に、総務委員会の報告を神谷明彦委員長にお願いいたします。

 神谷明彦委員長。

     [総務委員長 神谷明彦登壇]



◆総務委員長(神谷明彦) 御指名により総務委員会の報告を申し上げます。

 本委員会は、6月13日午前9時30分に開会し、午前10時8分に閉会いたしました。場所は合同委員会室です。出席者は、委員7名、町当局より、町長以下18名、議会事務局2名の出席でした。

 6月8日の本会議において本委員会に付託された事件は4件です。以下、付託事件の審査の経過及び結果について御報告いたします。

 まず、付託事件の第1は、議案第25号東浦町消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてであります。

 本案について質疑を行いました。その主なるものを申し上げます。

 問い、附則で「平成16年7月1日から適用する」となっているが、その理由は。答え、労働基準法施行規則及び労働者災害補償保険法施行規則の一部を改正する省令が同日に施行されたことに伴う改正であること。該当者があれば、平成16年7月1日からさかのぼって適用される。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第25号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、付託事件の第2は、議案第26号東浦町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてであります。

 本案について質疑を行いました。その主なるものを申し上げます。

 問い、団員の階級で退職報償金のアップがされていない理由は。答え、今回の改正では、中堅層の分団長、副分団長及び部長、班長の階級を経験されて退団される団員が全国的に多いため、勤務年数に応じ処遇改善が図られた。

 問い、退職報償金の支給該当になる団員は何人いるか。答え、平成17年度の退団予定者は30人を見込んでおり、そのうち、退職報償金支給該当団員は9人、団員の階級での支給団員は2、3人を見込んでいる。退職報償金は、過去に最高の役職についた階級で、勤務年数に応じた支給となる。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第26号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、付託事件の第3は、議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)のうち、歳入、歳出の2款総務費、14款予備費であります。

 本案について質疑を行いました。その主なるものを申し上げます。

 問い、交通安全対策費の工事請負費の内容及び当初予算と合わせて何基設置になるか。答え、補正予算で道路反射鏡設置工事20基、交通安全灯設置工事2基を予定。当初予算と今回の補正予算を合わせて、道路反射鏡は35基、交通安全灯22基の設置になる。

 問い、当初予算の1基当たりの単価と補正予算の単価の違う理由は。答え、補正予算では建てかえを入れた工事を予定、当初予算は新設のみであるので、単価が異なる。

 問い、設置要望数と実際に設置した数は。答え、道路反射鏡で、平成16年度の要望に対し設置できなかった箇所は5カ所、平成17年度の設置については、現在、連絡所長に設置箇所について依頼している段階である。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)のうち、歳入、歳出の2款総務費、14款予備費は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、付託事件の第4は、議案第28号工事請負契約の締結についてであります。

 本案について質疑を行いました。その主なるものを申し上げます。

 問い、工事期間は。答え、6月20日契約、工期は、翌日から平成18年2月10日までを予定。実際の工事は、7月上旬から1月末で終わらせたい。

 問い、正面玄関が工事区域となるので、来庁者の出入りはどうするのか、また、その周知の方法は。答え、当直室前の通用口と本庁舎西の通用口となる。7月1日号の広報で周知の予定。

 問い、この工事で利用できなくなる駐車場は。答え、正面の7台分が工事区域となり、利用できなくなる。

 問い、エレベーターの乗りおり、誘導案内は。答え、エレベーターは両開きの構造で、エレベーターをおりた際、迷わないよう、また、ホールの東面は、ガラスのカーテンウオールを採用することで明るくし、案内板なども設置する。

 採決の結果、全員の賛成をもって、議案第28号は原案どおり可決と決定いたしました。

 以上で総務委員会の報告を終わります。



○議長(?橋和夫) これより質疑に入ります。質疑のある方は発言を願います。

     [「なし」と呼ぶ者あり]

 これをもって、総務委員会委員長報告及び質疑を終結いたします。

 以上で、委員長報告及び委員長報告に対する質疑は終結いたします。

            −−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第25号から第31号まで(討論・採決)



○議長(?橋和夫) 次に、日程第3、議案第25号から第31号まで合計7件を議題とし、討論及び採決を行います。

 討論の回数は、同一議題に対し1人1回といたします。なお、討論はなるべく簡潔に願います。

 これより討論及び採決に入ります。

 初めに、議案第25号東浦町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第25号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、議案第26号東浦町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第26号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、議案第27号平成17年度東浦町一般会計補正予算(第1号)について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第27号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、議案第28号工事請負契約の締結について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第28号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、議案第29号町道路線の廃止について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第29号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、議案第30号町道路線の変更について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第30号は原案どおり可決と決定いたしました。

 次に、議案第31号町道路線の認定について、本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第31号は原案どおり可決と決定いたしました。

            −−−−−−−−−−−−−



△日程第4 意見書案第3号 すべての勤労者の賃金・労働条件の引き上げ等に関する意見書



○議長(?橋和夫) 次に、日程第4、意見書案第3号すべての勤労者の賃金・労働条件の引き上げ等に関する意見書を上程し、議題といたします。

 提案理由の説明を、提出者の広瀬勇吉議員からお願いいたします。

 広瀬勇吉議員。

     [9番 広瀬勇吉登壇]



◆9番(広瀬勇吉) ただいま議題となりました意見書案第3号について、文案を朗読し説明にかえさせていただきます。

 すべての勤労者の賃金・労働条件の引き上げ等に関する意見書。

 多国籍大企業が史上空前の利益を上げる中、中小零細企業は、単価低減の押しつけに苦しみ、不安定雇用が増加する一方で、正規労働者数は7年連続減少し、平均賃金も低下している。景気の見通しを明るくするためにも、安定雇用の確保と賃金底上げ、均等待遇の実現が求められている。

 とりわけ、雇用流動化で増大したパートや臨時、契約社員など「非正規」労働者は、職場に不可欠な労働力となっているにもかかわらず、低賃金のままおかれ、暮らしの悪化ぶりは放置できない状況になっている。昨年、地域最賃は2円引き上げられたが、今の金額では、働いても健康に暮らせるだけの所得を得ることができず、最低賃金の大幅引き上げが必要である。

 また、国や自治体の公共・委託事業では、人件費の適正水準を無視したダンピング受注やピンはねが横行し、下請企業や資材・機材納入業者、そこで働く労働者にしわ寄せが押しつけられている。

 よって、国におかれては、すべての勤労者の賃金・労働条件向上のため、下記の事項について特段の措置を講ぜられるよう強く要望するものである。

 記、1、現行の地域別最低賃金を生活保護基準(18歳・単身者)以上に引き上げること。

 2、ILO94号条約(公契約における労働条項に関する条約)を批准し、公共関連事業や官公需に携わる労働者の賃金・労働条件を適正に確保するよう求める「公契約法」を制定すること。

 3、パート、アルバイトなど、非正規労働者と正規労働者の均等待遇を具体化するために、ILO第175号条約の批准とパート労働法の抜本的な改正を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成17年6月17日。

 愛知県知多郡東浦町議会。

 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣です。

 提案理由は、すべての勤労者の賃金・労働条件向上のための措置を講ずるよう要望するためです。

 以上、満場一致の御賛同をお願い申し上げ、説明を終わります。



○議長(?橋和夫) 以上で本案の説明を終わりました。

 これより本案の質疑に入ります。質疑のある方は発言を願います。ありませんか。(なし)

 これをもって、意見書案第3号の質疑を終結いたします。

 これより討論及び採決を行います。これより討論に入ります。

 本案に対する反対討論の発言を許します。(なし)

 次に、賛成討論の発言を許します。ございませんか。(なし)

 これをもって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     [起立少数]

 ありがとうございました。起立少数です。よって、意見書案第3号は否決と決定いたしました。

            −−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議員派遣について



○議長(?橋和夫) 次に、日程第5、議員派遣についてを上程し、議題といたします。

 本案については、お手元に配付したとおり決定することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議員派遣については原案どおり決定いたします。

            −−−−−−−−−−−−−

               議員派遣について

 平成17年6月17日

 次のとおり議員を派遣する。

 1 東浦町・鳳来町姉妹交流事業

 (1)目的   両町議会議員が交流し研修する。

 (2)場所   鳳来町

 (3)期間   平成17年6月22日(水)

 (4)派遣議員 全議員

            −−−−−−−−−−−−−

 ここでお諮りいたします。各常任委員会、議会運営委員会、各特別委員会の所管事項の調査運営に関する事項についてであります。このことについては、閉会中の継続調査といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、各常任委員会、議会運営委員会、各特別委員会の所管事項の調査運営に関する事項については、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

 以上で、本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。

 ここで、町長のあいさつをお願いいたします。

 町長。

     [町長 井村?光登壇]



◎町長(井村?光) 平成17年第2回東浦町議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 6月7日から本日までの11日間にわたりました本定例会におきまして、御提案申し上げました案件につきまして慎重な御審議を賜り、可決、御決定をいただきましたことを心から厚くお礼を申し上げます。本定例会で議員の皆様からいただきました御意見、御指摘につきましては、十分に検討いたしまして、今後の行財政運営に反映してまいりたいと存じます。

 また、「新市都市ビジョン案」は、6月11日開催の知多北部任意合併協議会において承認をされました。これをもって、7月3日日曜日に、新市都市ビジョン案発表会をあいち健康の森健康プラザにて開催をいたします。この新市都市ビジョン案発表会は、よりわかりやすく解説し、多くの人に知っていただき、7月から8月までの間に開催するタウンミーティングにたくさんの方に御参加をいただくため行うものであり、議員の皆様を初め多くの方の新市都市ビジョン案発表会とタウンミーティングへの参加をお願いいたします。

 また、タウンミーティングにより皆様の御意見をいただき、新市都市ビジョンを完成し、11月から12月にかけて住民意識調査を実施し、その後、合併に向けた協議を継続するかしないかを、平成18年3月までに知多北部任意合併協議会として判断することになります。

 いずれにいたしましても、将来を見通すことは大変難しいことでありますが、地方分権が進み、地方自治体の考え方や役割の変化に対応していくために、本町の将来にとって重要な節目と考えておりますので、議員の皆様の今後とも一層の御指導と御協力を賜りますようお願いを申し上げ、簡単ではございますが、閉会のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。



○議長(?橋和夫) 去る6月7日開会以来本日までの11日間にわたり、熱心なる御審議をいただき、ここに閉会の運びとなりました。議員各位、当局各位には御苦労さまでございました。深く敬意と感謝を申し上げる次第でございます。

 これをもって、平成17年第2回東浦町議会定例会を閉会いたします。

             午前9時58分閉会

   地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

                   東浦町議会議長  ?橋和夫

                   署名議員     平林由仁

                   署名議員     中村六雄