議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東浦町

平成17年  2月 臨時会(第2回) 02月15日−01号




平成17年  2月 臨時会(第2回) − 02月15日−01号









平成17年  2月 臨時会(第2回)



1 議事日程

     平成17年2月15日(火) 午前9時30分 開会

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 議案第2号 平成16年度東浦町一般会計補正予算(第4号)

1 会議に付した事件

 議事日程に同じに付省略

1 会議に出席した議員(21名)

    1番  長坂唯男議員    2番  齋 吉男議員

    3番  兵藤高志議員    4番  神谷明彦議員

    5番  中村六雄議員    6番  新美常男議員

    7番  深谷公信議員    8番  平林良一議員

    9番  広瀬勇吉議員   10番  山田眞悟議員

   11番  平林由仁議員   12番  村瀬直正議員

   13番  戸田安信議員   14番  竹内 稔議員

   15番  大橋?秋議員   16番  柳楽 榮議員

   17番  日比昭子議員   18番  藤村 務議員

   19番  ?橋和夫議員   20番  澤 潤一議員

   21番  長坂宏和議員

1 会議に欠席した議員

     なし

1 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者

  町長       井村?光     助役       戸田宗明

  収入役      長坂幾夫     総務部長     荻須英夫

                    企画情報

  総務課長     外山眞悟     課長       ?原孝典

                    防災交通

  財政課長     山下義之     課長       林 久和

                    産業建設

  民生部長     水野清彦     部長       久米光之

  水道部長     伊佐治 修

1 議場に職務のため出席した者

  事務局長     杉本 清

  事務局総務係長  杉浦一成

  書記       枡田美貴

          午前9時30分開会



○議長(長坂宏和) 皆さんおはようございます。ただいまから、平成17年第2回東浦町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は21名全員です。本議会の成立することを確認いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 ここで、町長のあいさつをお願いいたします。

 町長。

          [町長 井村?光登壇]



◎町長(井村?光) おはようございます。平成17年第2回東浦町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位の御参集を賜り、ここに開会の運びとなりましたことを、厚くお礼申し上げます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 中部国際空港の待ちに待った開港が明後日となりました。13日には、県内外から多くの出席者のもと開港式典が行われ、空港への大きな期待が寄せられたところであります。今後は、空港のインパクトを直接・間接的にとらえ、これからのまちづくりにいかに生かしていくかが課題であると存じます。その意味において、これからの行政運営に当たり柔軟かつ適切な対応に努めてまいります。

 さて、本日の臨時議会で御審議いただきますのは、昨年8月6日に要望事業計画を添えて、地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の延長についてを内閣府及び総務省消防庁に要望をしたことにより、国の補正予算に関連し、急遽補助金がいただけることになり、耐震性防火水槽整備に伴う平成16年度一般会計補正予算(第4号)の1案件をお願いするものであります。

 議員の皆様にはよろしく御審議を賜りまして、御賛同いただきますようお願いを申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。



○議長(長坂宏和) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりですので、御了承を願います。

 これより日程に入ります。

             −−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(長坂宏和) 日程第1、会議録署名議員の指名についてを行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第112条の規定により、議長において指名いたします。

 12番村瀬直正議員、16番柳楽 榮議員、以上の2名にお願いをいたします。

             −−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(長坂宏和) 次に、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

             −−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第2号 平成16年度東浦町一般会計補正予算(第4号)



○議長(長坂宏和) 次に、日程第3、議案第2号平成16年度東浦町一般会計補正予算(第4号)を上程し、議題といたします。

 本案の説明を願います。

 総務部長。

          [総務部長 荻須英夫登壇]



◎総務部長(荻須英夫) 議案第2号平成16年度東浦町一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,685万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ128億5,111万4,000円とするものでございます。

 第2条は、繰越明許費の追加でございます。

 第3条は、地方債の追加でございます。

 それでは、8ページから御説明申し上げます。

 2の歳入予算では、13款2項6目消防費国庫補助金で消防防災施設整備費補助金785万4,000円の増であります。20款1項6目消防債で消防防災施設整備事業債900万円の増であります。3の歳出予算では、9款1項3目消防施設費の15節工事請負費で3基分の耐震性貯水槽築造工事1,647万5,000円を追加計上するもので、これにより、本年度は耐震性貯水槽を4基設置するものでございます。なお、設置場所は、既に設置済みの藤江の西之宮地区のほか、森岡中町地区、石浜中央地区、生路西午新田地区を予定しております。14款予備費は、歳入歳出予算の調整であります。

 次に、3ページに戻りまして、第2表の繰越明許費補正につきましては、9款消防費で耐震性貯水槽築造工事1,709万2,000円を追加し、合計を6事業で5,131万8,000円とするものでございます。

 また、4ページの第3表の地方債補正では、新たに消防防災施設整備事業債を追加し、限度額は900万円で、限度額の合計を19億8,600万円に変更するものであります。

 なお、起債の方法、利率、償還の方法は、補正前と同じであります。

 以上でございます。



○議長(長坂宏和) 以上で、本案の説明を終わりました。

 これより本案の質疑に入ります。

 お断りいたします。質疑の回数は、同一議員につき同一議題について2回までといたします。

 これより質疑を行います。質疑のある方は発言を願います。

 山田眞悟議員。



◆10番(山田眞悟) 今回の防火水槽の件については異論のないところではございますが、先ほど、設置場所の住所が概略発表されました。ここの地番及び、町有地になると思いますが、所有者を明らかにしていただきたいということと、必要面積はどれだけになるか。ということで、先回の議会でも取り上げさせていただきましたが、民地に設置している有蓋の防火水槽と、それから町有地に設置している防火水槽との不均衡さがどんどん開いていく。今後の方針として、その後民地に設置している防火水槽についての所有権及び借地料を具体的にいかが検討されているか、お尋ねしておきます。



◎防災交通課長(林久和) 今回の補正でお願いする場所につきましては、森岡の中町公園と石浜の上子北公園、それから生路地区の西午新田ちびっ子広場の3カ所を選定いたしました。すべて公園内でありますので町有地であります。

 なお、地盤等につきましては、中町公園、西午新田ちびっ子広場につきましては通常の施工でやれると思いますが、上子北公園につきましては、ボーリング等の調査結果が出ておりますので、それをもとに設計を組んでいきたいというふうに考えております。石浜駅前に40トンの耐震性貯水槽並びに、同じく、公園に60トンの飲料水兼用の水槽が既につくられております。この水槽につきましても従来の方法でやっておりますので、現在のところ、ボーリングの調査を生かしながら施工していきたいと思っておりますが、現段階の設計では、従来の方法でできるのではないかというふうに判断をしております。

 それから、借地につきましては、12月議会でも取り上げましたが、引き続きまして、所有者との話し合いを持たさせていただき検討をしていくということで、先般の緒川の2カ所につきましては、1件は後退用地ですべて防火水槽用地を購入するということと、もう1件につきましては、地主さんの了解のもとにおきまして従来の方法で行っていく。また、町内にはまだいろいろな借地がありますので、地元の方ともよく相談をして検討していくということであります。よろしくお願いします。



◆10番(山田眞悟) このように町有地で、町がちゃんと管理する有蓋の防火水槽が7割を超すような状況になってきて、不整合な管理状況が生まれているということは、都市化を目指した、また防災に強化を入れたまちづくりに立って、この点はおくれていると思うんです。早く見直す必要があると思います。

 それと、もう一つは、防火水槽と防火池ですね、池の管理の点での検討はいかがされたか。先般、生路での火災のときに池の工事がたまたま行われていたがために、池の水が使われていない、使うことができなかったという状況が生まれて残念でしたが、それとの整合性で、民有地にある防火水槽と町有地にある防火水槽の均衡が必要だと思うんです。こういう機会に、その辺の今後の方針を披瀝していただきたいと思います。



◎防災交通課長(林久和) 今の関連につきましても引き続き検討してまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(長坂宏和) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]

 これをもって、議案第2号の質疑を終結いたします。

 これより討論及び採決を行います。本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案どおり可決と決定いたしました。

 以上で、本臨時会に付議された案件の審議は終了いたしました。

 ここで、町長のあいさつをお願いいたします。

 町長。

          [町長 井村?光登壇]



◎町長(井村?光) 平成17年第2回東浦町議会臨時会の閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げます。

 議員各位におかれましては、御多忙の中御出席を賜り、御提案申し上げました案件につきまして可決御決定をいただき、厚くお礼申し上げます。

 さて、本年1月中に町内で、早くも3件の死亡事故が発生し、いずれも60歳以上の方が亡くなられました。事故内容は、車対車が1件、車対二輪車が1件、車対歩行者が1件で、場所で申しますと、国道2件、町道1件であります。いずれにいたしましても、尊い命が交通事故により失われたことは大変残念なことでありますので、交通事故死ゼロを目指し、交通安全意識の啓発にこれまで以上に努めてまいりたいと存じます。

 簡単ではございますが、閉会のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(長坂宏和) これをもって、平成17年第2回東浦町議会臨時会を閉会いたします。御苦労さまでございました。

          午前9時44分閉会

    地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

                    東浦町議会議長  長坂宏和

                    署名議員     村瀬直正

                    署名議員     柳楽 榮