議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東浦町

平成17年  1月 臨時会(第1回) 01月25日−01号




平成17年  1月 臨時会(第1回) − 01月25日−01号









平成17年  1月 臨時会(第1回)



1 議事日程

     平成17年1月25日(火) 午前9時30分 開会

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 議案第1号 工事請負契約の変更について

1 会議に付した事件

 議事日程に同じに付省略

1 会議に出席した議員(21名)

    1番  長坂唯男議員    2番  齋 吉男議員

    3番  兵藤高志議員    4番  神谷明彦議員

    5番  中村六雄議員    6番  新美常男議員

    7番  深谷公信議員    8番  平林良一議員

    9番  広瀬勇吉議員   10番  山田眞悟議員

   11番  平林由仁議員   12番  村瀬直正議員

   13番  戸田安信議員   14番  竹内 稔議員

   15番  大橋?秋議員   16番  柳楽 榮議員

   17番  日比昭子議員   18番  藤村 務議員

   19番  ?橋和夫議員   20番  澤 潤一議員

   21番  長坂宏和議員

1 会議に欠席した議員

     なし

1 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者

  町長      井村?光     助役      戸田宗明

  収入役     長坂幾夫     総務部長    荻須英夫

  総務課長    外山眞悟     財政課長    山下義之

                   産業建設

  民生部長    水野清彦     部長      久米光之

  水道部長    伊佐治 修    下水道課長   岡田 勝

  教育長     稲葉耕一     教育部長    山口文徳

1 議場に職務のため出席した者

  事務局長    杉本 清

  事務局総務係長 杉浦一成

  書記      枡田美貴

     午前9時30分開会



○議長(長坂宏和) 皆さんおはようございます。ただいまから、平成17年第1回東浦町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は21名全員です。本議会の成立することを確認いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 ここで、町長のあいさつをお願いいたします。

 町長。

     [町長 井村?光登壇]



◎町長(井村?光) おはようございます。平成17年第1回東浦町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位の御参集を賜り、ここに開会の運びとなりましたことを、厚くお礼申し上げます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年12月26日のスマトラ島沖地震と津波により23万人以上の方が亡くなられました。多数の国にわたる、広く大きな災害となりました。亡くなられた方々の御冥福と一日も早い復興を心からお祈り申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

 また、今月の18日に開催した東浦町愛知万博フレンドシップ事業推進委員会におきまして、ことしの4月18日から9日間の日程でケニア共和国への親善訪問の実施、その参加者募集について御決定をいただきましたので、ケニア大使館との打ち合わせを進めており、詳細な日程を詰めております。

 さて、本日の臨時議会で御審議いただきますのは、公共下水道事業藤江汚水幹線整備に伴う工事請負契約の変更についての1案件でございます。

 議員の皆様にはよろしく御審議を賜りまして、御賛同いただきますようお願いを申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。



○議長(長坂宏和) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりですので、御了承を願います。

 これより日程に入ります。

             −−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(長坂宏和) 日程第1、会議録署名議員の指名についてを行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第112条の規定により、議長において指名いたします。

 10番山田眞悟議員、13番戸田安信議員、以上の2名にお願いをいたします。

             −−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(長坂宏和) 次に、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

             −−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号 工事請負契約の変更について



○議長(長坂宏和) 次に、日程第3、議案第1号工事請負契約の変更についてを上程し、議題といたします。

 本案の説明を願います。

 総務部長。

     [総務部長 荻須英夫登壇]



◎総務部長(荻須英夫) 議案第1号工事請負契約の変更について御説明申し上げます。

 下記のとおり工事請負契約を変更するものでございます。

 1工事名、公共下水道事業管渠布設工事(16−1工区)、2路線等の名称、藤江汚水幹線(藤江北部処理分区)、3工事場所、知多郡東浦町大字藤江字大坪地内始め、4契約金額、変更前6,909万円、変更後7,041万4,050円、132万4,050円の増額、5契約の相手方、愛知県知多郡東浦町大字藤江字柳牛28番地の1、東浦土建株式会社代表取締役 長坂勝之であります。

 なお、工期につきましても、平成17年2月2日までを平成17年3月14日までに変更するものでございます。

 提案理由は、管推進工の作業基地の地盤安定を図るため工事請負契約の変更が必要となり、提案するものでありますが、参考資料をごらんください。

 契約変更の詳細にございますように、本工事の管推進工マンホール2の作業基地である立坑において掘削を行ったところ、地下水位が高く軟弱であることから土質調査を行い、地盤安定を図るものでございます。なお、場所は、裏面の位置図の「マンホール2」と記載されているところでございます。

 以上で、説明を終わります。



○議長(長坂宏和) 以上で、本案の説明を終わりました。

 これより本案の質疑に入ります。

 お断りいたします。質疑の回数は、同一議員につき同一議題について2回までといたします。

 これより質疑を行います。質疑のある方は発言を願います。

 広瀬勇吉議員。



◆9番(広瀬勇吉) まず、この工事における契約日時、そして、工事の期間は、今の説明では平成17年2月7日というお話でしたけれども、どれだけ設けていたのか。

 それから、この場所は片側交互交通規制をかけておるため渋滞し、近所の商店の皆さんから、早く工事を進め、終わってほしいという要求が強いわけであります。こうした中で、この地盤改良を進めなければいかぬということがわかった時期、そして、きょうここに持ってくるまでの経過について、納得のいくよう詳細に説明をいただきたいというふうに思います。

 それで、工事期間がこのことによって40日近く延ばされるわけでありまして、この工期を短縮するための努力も講じていただきたいということを重ねて言いながら、以上の質問をいたします。



◎下水道課長(岡田勝) 工期の期間でございますが、当初平成16年6月18日から17年2月2日までの230日間で、今回40日間を追加させていただきまして270日間になります。

 最初地盤が悪いということがわかったのが9月の中旬でございました。そこでどういう対策をするべきかということでまず土質調査をさせていただいて、それから地盤安定を図ろうという方法をとりまして、土質調査につきましては、9月中旬から下旬にかけて行いました。その調査結果をもって、工事方法等検討しておりましたのが10月半ばぐらいであります。それで、地盤安定を図る方法としまして、薬液注入を10月中旬から下旬にかけて行ったわけでございます。そんな経過でございます。

 工期短縮につきましては、生活道路合わせて大変通りの多い場所でございます。国道でございますので、いろいろ迷惑をかけて申しわけなく思っておりますが、これにつきましては、40日ほどいただいて調査から地盤改良等をさせてもらいました。それに対する工事の工程を見直しまして、今後行います南の株式会社吉浜石油さんのところまで200メートル弱を早く推進工法でもって進めるように、業者とも調整しながら行っておるわけでございます。推進工法につきましては2月4日ごろ完了、それからあと、マンホールの設置、仮復旧工事をしまして本復旧工事に入っていくわけです。大体3月の初めごろに現場ができ上がったらと思っておりますが、3月10日ごろを予定しております。そんな予定です。



○議長(長坂宏和) 答弁が終わりました。

 広瀬勇吉議員。



◆9番(広瀬勇吉) もともと公共事業における工期が非常に長いということで、不満があるわけです。これは、決められた内容、手法によってこういう期間を設定するということを思うんですけれども、その上に今の事態になっているわけです。それで、この地盤が軟弱で、マンホール基地の地盤安定、強化を図らなければいけないということは9月の中旬にわかっていて、それなりの方策を検討していたにしても、結論は、10月の半ばにこういう方式だということが出ておるということですか。にしては、議会へ、つまり変更をかけずに現場で実際に進んでいるというならいざ知らず、きょうの議会で同意を得た上で契約変更を進めて、地盤改良の工事に着手するということですか。

 形でいえば、そうですね。議会が承認した上で、ではそういう工法でやろうか。それとも、実際は工事は進捗しておるというふうに理解していいんですか。など、なぜ10月半ばに方策が決定されながら、11月、12月、1月、きょうまで議会にかけるのを躊躇してしたのかどうなのか知りませんけれども、ちょっとそのあたりはどうですか。もっとスピーディーにやれぬのかということです。



◎水道部長(伊佐治修) 工事の方は既に進んでおります。これは、ほかの事業もそうなんですが、業者と協議書というのを取り交わし、おおむね金額がかたまった段階で議会にお願いして変更契約をするということになってございます。

 ということで、その都度こういった議会を開くのも大変でございます。また、工事の方もスムーズにやりたいということで、今までも、協議を重ね、最後の額がかたまった段階で変更契約というような段取りでやってきておるというような状況でありますので、よろしくお願いします。

     [「お願いしますではなくて、こんなになぜかかっておるんだということも聞いている、10月の初めから今まで。それは説明しておらぬ。なんできょうまでになるんだ」と呼ぶ者あり]



○議長(長坂宏和) ほかに質疑は。

 水道部長。



◎水道部長(伊佐治修) 先ほども言いましたように、工事をやっていく間に変更がいろいろ出てくるわけであります。額が確定するのがこの時期だったということで、今回提案させていただいたということでありますので、よろしくお願いします。



○議長(長坂宏和) ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]

 これをもって、議案第1号の質疑を終結いたします。

 これより討論及び採決を行います。本案に対する討論は省略いたします。

 これより採決を行います。本案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、議案第1号は原案どおり可決と決定いたしました。

 以上で、本臨会に付議された案件の審議は終了いたしました。

 ここで、町長のあいさつをお願いいたします。

 町長。

     [町長 井村?光登壇]



◎町長(井村?光) 平成17年第1回東浦町議会臨時会の閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げます。

 議員各位におかれましては、御多忙の中御出席を賜り、御提案申し上げました案件につきまして可決御決定をいただき、厚くお礼申し上げます。

 なお、1月29日土曜日の午後1時15分より「これからの教育を語る−未来の輝く子供たちに−」と題して、愛知教育大学教授・魚住忠久氏、国立長寿医療センター総長・大島伸一氏、名古屋大学総長・平野眞一氏、株式会社デンソー社長・深谷紘一氏をお招きし2005年東浦町教育フォーラムをあいち健康プラザホールで開催いたしますので、ぜひ御参加をお願いいたします。

 簡単ではございますが、閉会のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。





○議長(長坂宏和) これをもって、平成17年第1回東浦町議会臨時会を閉会いたします。御苦労さまでございました。

     午前9時46分閉会

    地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

                    東浦町議会議長  長坂宏和

                    署名議員     山田眞悟

                    署名議員     戸田安信