議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 阿久比町

平成28年 12月 定例会(第4回) 12月08日−02号




平成28年 12月 定例会(第4回) − 12月08日−02号







平成28年 12月 定例会(第4回)



          阿久比町議会第4回定例会(第2号)

1 議事日程

   平成28年12月8日(木) 午前10時開議

   第1 一般質問

1 会議に付した事件

   議事日程に同じにつき省略

1 会議に出席した議員(12名)

     1番  都築重信君    3番  山本恭久君

     5番  田中千代子君   6番  都築清子君

     7番  澤田道孝君    8番  竹内 強君

     9番  勝山 制君    10番  沢田栄治君

     11番  山本和俊君    12番  久保秋男君

     13番  三留 享君    14番  渡辺 功君

1 地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

    町長        竹内啓二君   副町長       間瀬政好君

    教育長       石井勝巳君   総務部長      野崎秀幸君

    民生部長      蟹江信裕君   建設経済部長    新美清司君

    教育部長兼学校教育課長       総務課長      関 真人君

              田中清高君

    検査財政課長    新美良幸君   防災交通課長    細川貴義君

    政策協働課長    大久保英俊君  税務課長      竹内久敬君

    住民福祉課長    新美利満君   子育て支援課長   竹内 康君

    健康介護課長    鈴村みえ子君  産業観光課長    宮本英二君

    建設環境課長    新美利幸君   上下水道課長    鈴村欣司君

    会計管理者兼出納室長        社会教育課長    青木 敦君

              新海和重君

1 本会議に職務のため出席した者の職氏名

    議会事務局長    雉野義弘    書記        長谷川博美

     午前10時00分開議



○議長(久保秋男君) 

 おはようございます。

 ただいまの出席議員12名です。

 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第1、一般質問を行います。

 質問の順序は通告順であります。

 最初に、5番 田中千代子議員の質問を許します。

     [5番 田中千代子君登壇]



◆5番(田中千代子君) 

 改めまして、おはようございます。菫の会の田中千代子でございます。

 先日、市町村対抗愛知駅伝が行われ、選手の方々の努力のおかげで立派な成績を上げていただきました。小学生から青年、大人まで、たすきをつなぎながらの激走を見るにつけ、私たちも阿久比町がよりよい町になるように頑張らなくてはと勇気づけられました。

 本日、議長のお許しをいただき、通告に基づきまして、大きく2点質問させていただきます。

 大きな1点目は、安心して子育てできる阿久比町を目指してと題し、阿久比町の子育て支援の取り組みを伺いたいと思います。

 2015年、子ども・子育て支援制度がスタートし、2017年までの2年間でさらに整備を進めるという国の動きに合わせて、阿久比町も人口増加に沿った子育て支援対策を進めていると思われます。

 10月に入り、来年度の幼稚園の入園の合否も決まったころです。保護者の方からご相談をいただきました。

 その一つに、阿久比町の幼稚園に入れなかった児童は、他の市町の幼稚園を探すか、あるいは保育園の自由契約児として申し込みをしなくてはならないのですが、来年度は自由契約児の枠がないと役場に言われましたという相談でした。すなわち、ほくぶ幼稚園に落ちたら他の市町の幼稚園に行かざるを得ないという、そういう選択しか残っておりません。

 また、保育園入所についてもさまざまな課題が見えてきます。現在育休中ですが、1年の育休明けだと1歳児保育に預けることになるわけですが、1、2歳児保育はあきが少なく、入所の見込みが少ない。そのため、育休を早く切り上げ、ゼロ歳児保育に申し込まなくてはならないのかと心配している保護者もみえました。子どもが生まれて、ゆっくり子どもの面倒を見たいと育休をとったにもかかわらず、育休を早目に切り上げざるを得ない阿久比町の現状にため息をついてみえます。

 家計を助けるために仕事を始めたいが、保育園に入れない。保育園に入れないと仕事につけないと、まさに卵が先か鶏が先かのはざまで苦悩しておられます。

 加えて、おばあちゃん世代からも相談がありました。阿久比町は幼保小中一貫教育が成果を上げ、いろいろなところで一貫教育、一貫教育と言われれば言われるほど、ほくぶ幼稚園に落ちて他の市町の幼稚園に通っているうちの孫は取り残されている気がして不安でならない、そういうご相談でした。

 保育園に入れない待機児童問題が日本各地で、今や保活に関する本まで発売されるようになりました。厚生労働省も国を挙げて解決に向け待機児童解消加速化プランを掲げ、保育所の整備、保育士の確保を図っている状況です。本年7月に東京都知事に就任した小池百合子都知事も、都民ファーストの視点に立ち、9月9日に待機児童緊急対策を打ち出しました。

 我が阿久比町も人口増加に伴い、子育て環境整備対策を打ち出さなければいけない状況は誰が見ても明らかです。子どもの成長は早いものです。時期を逃さず、子育て環境の課題を察知し、即座に対策してこそ、いつも町長が言っておられる「子どもは阿久比の宝」という言葉がより一層真実味を持つのではないでしょうか。

 そこで、さまざまな方から出された不安をもとに、町民ファーストの立場に立った子育て支援について伺いたいと思います。

 まず、幼稚園に関する不安です。

 1、現在幼稚園の登園、降園は、マイクロバスと保護者の付き添いで行われていると思いますが、登園時の車の混雑で交通安全面が心配されると、近隣の住民からの声が上がっております。私も現場を見てきました。登園の車以外に、一般車の通行も以前と比べて多いように感じられました。特に雨の日は、下の子を連れ、傘を差しながら上の子を幼稚園に送るため道を横断する姿に、危険を感じております。

 そこで、ほくぶ幼稚園登園時における安全対策はどのようになっているか、お伺いしたいと思います。

 2、来年度、ほくぶ幼稚園3歳児入園申し込みが、定員の44名をはるかに超える94名あったとお聞きしました。すなわち50名の児童が阿久比町でなく他の市町の幼稚園もしくは保育所に行くことになります。幼保小中一貫教育をうたい、その成果が上がれば上がるほど、その恩恵にあずかれないのでは、取り残されるのではという不安が保護者の方にあります。そのことについてどうお考えでしょうか。

 二つ目、次は保育園に関する不安です。

 その1、来年度の入所申し込みが10月13日から18日の間で行われたと思いますが、申し込み初日はかなりの混雑が見られたようです。上の子を保育園に預けた後、下の子を連れて役場に申し込みに行ったところ、長時間待たされて、こんなことなら下の子のミルクを持ってくるべきだった、親に預けてくるのだったという保護者や、長時間の待ちに、その場で職場に時間休の延長を申し出た等々、保護者の間で混乱が見られたように思われます。

 保育園入所申し込み初日の対応から見えた課題をお伺いしたいと思います。

 2番目、現在、阿久比町の保育園選考過程に点数制を導入していると思います。各ご家庭の就労状況や世帯の状況に応じて点数をつけ、合計点の高い世帯から順に入所させるという、一見納得できる形のように思われますが、現状はさまざまな問題を抱えております。それは、指数合計で優先順位を判定する一方で、原則保護者に指数合計を公表していないということです。入所選考過程を不透明にしていることが、保護者に本当に公平に選考されているのかという疑問を抱かせています。

 この点数制を保護者に公開するお考えはありませんか。

 三つ目の質問です。

 保育園入所条件に、保護者両方とも社会保険に加入しなければならないという、そういう一項があります。この一項を撤廃する考えはありませんかという質問をしたいと思います。

 平成26年度までの入所条件にはこの一項はなかったはずですが、いつの間にか気がつくと、両親とも社会保険に加入していなければ保育園入園申し込みさえできないということに戸惑いを感じている保護者の方が多くみえます。

 他の市町の入園条件を調べてみました。どこの市町村にもこの一項は見当たりませんでした。国の保育園入所条件にもこの一項はありません。明らかに待機児童を出さないための足切りと思われても仕方がない条件だと感じております。

 この一項、撤廃の考えはありませんでしょうか。

 4番目です。ことし、民間の保育園が阿久比町にも新設され、若干保育の受け皿がふえたように思われますが、まだまだ十分でないように思います。そこで、保育のニーズのピークはいつごろだと想定し、現在それに向けてどんな対策をとっているかお伺いしたいと思います。

 5番目、どこの自治体でも、待機児童解決策の最善方法は保育士の確保だと言われております。昨年の12月議会で、私は阿久比町の臨時保育士の時給が近隣自治体と比べて安いのではと、時給の引き上げと、臨時保育士の採用年齢を引き上げてはという質問をさせていただきました。その後、保育士確保に向けてどのような取り組みをされておりますか。

 6番目、民間の保育園の参入により受け皿は徐々にふえてくるとは想像できますが、民間頼りだけではなく、阿久比町自体も受け皿拡大の対策をとるべきだと考えております。

 近隣の高浜市で家庭的保育事業、すなわち保育ママ制度というのを取り入れております。これは市の単独事業でありまして、保育士の資格のない人でも、国のガイドラインに沿い、高浜市の設定した研修を受けていただければ、小規模で家庭内保育ができるという、そういう事業であります。現在、市の宅老所や子育て支援広場の一角、計5カ所で実施しているそうです。

 少しでも保育の受け皿をふやすため、保育ママ制度を取り入れる考えはありませんでしょうか。

 次に、大きな質問の2番目です。

 非正規職員とともに住民サービスの充実をという観点から、阿久比町役場に勤める非正規職員の実態についてお伺いしたいと思います。

 現在、日本の労働者の3人に1人、25歳以下の青年労働者では2人に1人が非正規労働者ということになっております。全国で年収200万円以下の働く貧困層、すなわちワーキングプアが1,000万人を超えています。その原因というのは、労働法の改悪で派遣などの非正規雇用が大きくふえたことです。

 では、公務の現場ではどうでしょうか。官公庁でも非正規化が進み、全国60万人の非正規職員がいると言われています。全国の自治体の正規職員は減り続け、非正規職員がふえているということです。それに伴って、経験を重ねた非正規職員が契約を更新されない雇いどめとなって、住民サービスが低下する懸念や、正職員と同じ仕事をしても賃金が安いという官製ワーキングプアという言葉まで生まれてきております。

 そこで、1番目の質問です。阿久比町における正規職員、非正規職員の数を教えてください。

 2番目、他の自治体と比べ、阿久比町の非正規職員の比率というのは高いのでしょうか。

 3番目、非正規職員の福利厚生というのはどのようになっておりますでしょうか。年休、時間外手当、社会保険の加入状況等教えてください。

 4番目、非正規職員に副業は認めておられますでしょうか。

 5番目、非正規職員の労働のモチベーションを高めるため、何らかの昇給制度が必要と考えておりますが、経験加算はどうなっておりますでしょうか。

 6番目、平成20年から施行されている改正パートタイム労働法では、通常の労働者との均衡のとれた待遇の確保が示され、能力を発揮できる雇用環境について事業者が講ずるべき措置等が定められました。すなわち、民間の企業でいいますと、優秀なパートさんは正規職員に登用されるチャンスがあるという、こういうことだと思います。意欲ある誰もがチャレンジできる阿久比町をつくるためにも、正規職員にチャレンジできる制度を考えられませんでしょうか。

 以上、壇上からの質問とさせていただきます。



◎町長(竹内啓二君) 

 私からは、大きな1番の、安心して子育てできる阿久比町を目指してということについて答弁をさせていただきたいと思います。

 私がいつも言っているように、阿久比町の宝といったら、何といってもこの阿久比町の子どもたちだという考え方のもとに、今までも保育だけによらず教育も含めて、子どもたちの環境整備ということに努めてきたつもりでございます。

 そこで、まず1点目の、ほくぶ幼稚園登園時における安全対策についてをお答えをさせていただきます。

 このほくぶ幼稚園児の通園状況をまず説明させていただきたいと、そのように思います。

 児童数が151名のこのほくぶ幼稚園は、バスを利用しての登園をしている児童が、11月現在53名となります。また、保護者が徒歩または自家用車で送迎している児童は98名となっております。

 登園時間につきましては、バス利用者はおおむね8時35分と9時16分の2往復、2ルートで登園し、正門前の駐車スペースで乗降しております。また、徒歩または自家用車による登園については、8時35分から9時までに登園をしていただいております。

 自家用車の送迎用駐車場は、園舎の東側駐車場に四、五台と、道向かいの川沿い駐車場に18台の駐車スペースを確保しておりますが、何分駐車台数に限りがありますので、園及び保護者会においてもさまざまな安全対策を講じております。

 このたび、現状を把握するために、登園時間と降園時間の様子を2日間にわたり、民生部長に確認をさせました。確認した11月10日、11日の状況ですが、朝8時30分から9時までの30分間に県道方面からの送迎車は、2日間で平均で58台、また、同じ時間帯に通過する一般の車両につきましては平均26台でございました。次に、スポーツ村方面からの送迎車は平均20台、一般車両は25台でした。次に、降園の状況、お迎えの状況ですが、午後2時20分から3時までの時間帯に、県道方面からの送迎車は、2日間平均で57台、また、同じ時間帯に通過する一般車両は平均19台でした。また、スポーツ村方面からの送迎車は平均18台で、一般車両は9台でございました。

 いずれにいたしましても、この登園、降園とも短時間に送迎車が集中することから、児童の安全面や通行面に関しては安全の配慮が重要となってまいります。

 園と保護者会の間でも、安全対策の一つとして、自家用車の送迎につきましては、保護者同士で一定の送迎ルールを設けております。例えば、県道から来る車両については全て川沿い駐車場を利用すること。そして、スポーツ村方面に出る一方通行方式や、スポーツ村方面から来る車両は全て園舎東側駐車場を利用することとしております。また、混雑時に一般車両が来た場合には、一般車両を優先的に通行していただくよう心がけております。お迎え時においては、混雑を避けるために、年代別にお迎え時間を10分ずつずらすなど工夫をいたしております。

 そこで、今後の対策として、登園時においても年代別に若干の時間差を設けて、登園時間に余裕を持たせるようできないかを検討してまいります。また、スポーツ村第2駐車場を有効利用していただくよう、保護者には協力依頼をしていきます。

 また、バス通園に関しましても、2ルートあるうちの東部・南部方面については、まだ座席に余裕があることから、利用可能な児童については協力願うよう周知をしてまいります。

 これからもさまざまな対策を講じながら、常に児童等の安全対策に心がけたいと考えております。

 次に、?の、抽選に漏れて他の市町の幼稚園に通っている児童が、阿久比町の幼保小中一貫教育を受けられないことをどう考えるかについてお答えをさせていただきます。

 幼保小中一貫教育では、ゼロ歳から15歳までの一貫性のある教育を行うため、幼保小中が連携して阿久比町では取り組んでおります。町外の私立幼稚園は、幼稚園教育指導要領に基づきカリキュラムを作成をしております。また、本町も同様に、指導要領や保育指針に基づいて一貫性のあるカリキュラムとしております。

 町外の私立幼稚園に通う児童に対しましても、一貫教育で作成している園と保護者のそれぞれの役割を掲載した「阿久比町めざす子ども像」と、家庭における子育てに対する意識啓発のため「子育て10か条」を配布をしたり、毎月1日号の広報あぐいに阿久比町小中一貫教育プロジェクトのコーナーを設けて、活動内容や取り組みについてご紹介し、阿久比町が進める一貫教育の周知を図っております。

 また、毎年2月に行っている入学説明会の折に開催する交流会では、小学生と町内外全ての幼稚園、保育園の年長児童たちが触れ合える場を設け、子ども同士の交流を図っております。

 次に、2点目の?入所申し込み初日の対応から見えた課題はについてお答えをさせていただきます。

 昨年度までは、各保育園においても同様に入所申し込みの受け付けを行っておりましたが、事務処理の効率化を図るため、今年度からは役場庁舎だけで一本化し、4日間の日程で入所申し込みを行いました。

 初日の受け付け件数が93件、2日目が69件、3日目が55件、最終日が26件で、合計243件の申し込みを受けました。やはり初日に申し込みが集中したこともあり、大変な混雑と待ち時間が発生をしてしまいました。

 今回の状況を踏まえ、来年以降の入所申し込みにつきましては、申し込みが分散されるよう、入所を希望する園別に受け付け日を設定したり、受付職員をふやすなど対応策を検討し、適切な受け付け事務が行えるように努めてまいりたいと思っております。

 ?保育園入所申請時の点数制を公表する考えはないかについてお答えをいたします。

 この点数制は、保育の必要度に合わせて優先順位をつけるものであります。毎年の入所申し込みに合わせて、保育所入所利用調整基準指数表の見直しをしております。

 なお、指数表は在園児の方については使用することはございません。新たに入所申し込みをされた方で、希望する園の定員を超える希望があった場合のみ使用をしておりますので、現在は公表についての考えはありませんが、今後の検討課題とさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。

 ?の入所条件の社会保険加入の項を撤廃する考えはないかについてお答えをいたします。

 ことし4月の民間保育園の開園と分園及び来年4月に民間保育園の開園を予定しておりますが、ゼロ歳から2歳児の受け入れ状況は依然大変厳しい状況となっております。さらに、10月から社会保険の適用枠の拡大により、該当する方も多くみえると考えられております。

 現在、働いている保護者が育児休暇後に仕事に復帰する際、受け入れができない状況を生じさせないことも重要な問題となっております。保育士不足から定員減の民間の保育園もありますが、町立の保育園の定員増や民間の保育園の開園と分園により定員増を図っております。

 保育の必要性と保育園の状況を鑑みながら、この社会保険加入の条件などを含めた検討をしてまいりますので、よろしくお願いをいたします。

 ?番目の、保育ニーズのピークはいつごろと想定し、どんな対策をとっているかについてお答えをいたします。

 平成28年11月、最新の年齢別統計から推測をいたしますと、平成28年度のゼロ歳児から5歳児の人口は、平成27年度に比べほぼ横ばいとなっております。また、平成29年度の人口は緩やかに増加し、その後は減少する傾向となっておりますので、ご質問の保育ニーズのピークは平成29年度と想定をしております。

 対策としましては、まずは保育士の確保が重要と考え、今年度6名の保育士を新規採用いたしました。また、来年度につきましても新規採用を見込んでいるところであります。また、随時保育士の募集を行い、臨時保育士の確保に現在も努めております。

 ?保育士確保に向けた取り組みはについてお答えをいたします。

 臨時保育士の確保は、本町だけでなく、他市町でも大変苦慮をいたしております。本町もよき人材を確保するために幅広く採用要件を設定しております。例えば、幼稚園免許、小学校免許、養護教諭免許をお持ちの方へ、随時あぐい広報、ホームページ等で募集をかけております。また、保育士免許をお持ちでない方でも、保育に意欲や理解がある方には、早朝、延長の保育補助員として募集をしております。さらに、健康で保育に意欲のある方のために、採用年齢も67歳まで引き上げて応募しやすくしております。

 町内外のよき人材を確保するために、今後も随時募集を続けてまいりたいと考えております。

 6番目、?の家庭的保育事業(保育ママ)を導入する考えはについてお答えをいたします。

 子ども・子育て支援制度の地域型保育給付の対象となる地域型保育事業の一つとして位置づけられたこの家庭的保育事業は、ゼロ歳から2歳児の少人数の単位で子どもを預かる地域型保育となっております。

 地域型保育には、定員5人以下の家庭的保育、定員6人から19人の小規模保育、会社の事業所の保育施設などで従業員の子どもと地域の子どもを一緒に預かる事業所内保育、保護者の自宅で保育する居宅訪問型保育の四つがございます。これは全て認可保育となります。

 いずれも事業主が町の認可を受けて始める事業でありまして、事前協議が必要となってまいります。協議等がございましたら対応いたしておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 私からは以上でございます。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 私からは、2番目の非正規職員とともに住民サービスの充実をについてお答えします。

 1点目の、正規職員、非正規職員の数につきましては、町職員全体で見ますと、11月1日現在の在籍状況で、再任用職員、任期つき採用職員を含め、正規職員は210名で、非正規職員は、嘱託職員38名、臨時職員253名の計291名となっております。

 非正規職員の数が多い職種としましては、保育職等の112名、施設管理業務を含む事務職の80名、用務員等の23名、給食調理員の21名などとなっております。

 2点目の、近隣自治体と比べ、非正規職員の比率は高いのかにつきましては、郡内4町で比較したところ、本町は非正規職員の比率が若干高い傾向にあると言え、その要因は、近年の子どもの急増による保育職の増にあると分析しています。

 3点目の、非正規職員の福利厚生はどのようになっているのかにつきましては、年休につきましては、労働基準法の定めるところに従い、勤務半年後からその勤務の状況により付与しており、日数は、1年間の勤務日数と勤続勤務年数により、年間1日から20日までとなっております。

 時間外手当につきましては、原則として時間外の勤務を想定しておりませんので、割増等の措置はございません。交通費につきましては、通勤距離が2キロメートル以上で、1カ月に10日以上勤務する者に月額2,000円を支給しております。

 社会保険の加入につきましては、1カ月の労働日数が正規職員の4分の3以上、かつ1日または1週間の労働時間が正規職員の4分の3以上である者は加入しております。現在加入者は88人です。その他、雇用保険についても一定の条件のもとに加入しており、加入者は192人です。

 人間ドック、特定健診、職員検診については、一般職の職員と同様に受診できるよう取り扱っております。嘱託職員につきましては、互助団体である阿久比町職員会への加入もできるとしております。

 4点目の、副業を認めているかにつきましては、地方公務員法で兼業、つまり副業が禁止されているのは一般職の職員で、嘱託及び臨時職員はこの範疇に入りません。しかし、町の業務に支障が生じたり、公序良俗に反するなど、町民に誤解を受けるおそれがありますので、臨時職員等が兼業を行う場合は、上司に届け出をするよう指導しております。

 5点目の、経験加算はにつきましては、現在、嘱託職員の交通指導員と臨時職員の給食調理員については制度がありますが、そのほかの職種では経験加算の制度はございません。

 6点目の、非正規職員が正規職員にチャレンジできる制度はにつきましては、地方公務員法に職員採用についての特別扱いの禁止条項もありますので、本町には特別な制度はございません。しかし、本町の一般職の受験資格は、年齢が一般事務職では35歳まで、保育職は55歳までとしており、近隣と比較しても高く設定し、採用の幅を広くしております。臨時職として勤務している者にもチャレンジしていただく機会はございます。これまでにも臨時職で勤務しながら一般職を受験し、採用となった職員もございますので、よろしくお願いします。

 以上です。



◆5番(田中千代子君) 

 それでは、ただいまのご答弁について、再質問をさせていただきます。

 ほくぶ幼稚園前の通行量が漫画喫茶近辺の交差点の整備によりふえたということは、私も、役場の方もよくご存じだと思うんですが、今のご答弁聞きまして、園ともども登園、降園時における交通安全対策には対応してくださっているということはよくわかりました。特に登園時の混雑が心配されますので、通園バスの有効利用と、それから年齢別時間差登園というんですか、それを推し進めていただきたいと思っております。

 幼保小中一貫教育の件での再質問ですが、町外の幼稚園に通っている児童に対して、一貫教育で出している「阿久比町めざす子ども像」、それから「子育て10か条」を配布して、毎月広報あぐいに幼保小中一貫の取り組みを掲載していると。それを見てくださいねということだと思うんですが、阿久比町の幼稚園児、保育園児は頻繁と阿久比町内の小中学生と交流をしておりますよね。その交流がとても効果を上げていると思うんですが、その交流が、他の市町に通っている幼稚園児に余りチャンスがないということで、そのために「めざす子ども像」が実感できないと、そういう保護者の不安というのですか、それで他の市町の幼稚園に通っている児童と、それから阿久比町の小中学生とが交流できる機会をふやしていただくとか、それから、一貫教育のイベント、この間もありましたが、そういうイベントに呼んでいただくという、そういうチャンスを与えていただけるお考えはありませんでしょうか。



◎教育長(石井勝巳君) 

 お答えをさせていただきます。

 阿久比町の幼保小中一貫教育は、十何年にわたって実施をしてきて、それなりの成果が上がっている。また、保育園、幼稚園等と小学校、中学校の校種を越えての活動というのは、子ども同士のつながりの中に大変有意義なものを持っているかというふうに思います。

 現在行われているのは、小学校へ入学する前の入学説明会の段階で、他市町の幼稚園に通っている子どもさん、それから町内の保育園、幼稚園に通っている子どもさんに集まっていただいて、小学校1年生の子どもたちがリーダーとなって、子どもたちが交流をしているという形が1カ所つくってあります。

 それから、幼稚園については、中学校と交流を持つということで、ほくぶ幼稚園と阿久比中学校の子どもたちが活動をともにするということも授業の一環としてございます。

 それから、保育園と幼稚園と地元の小学校が、同一日に全町一斉に交流活動を行うことができています。ただし、それには他市町の幼稚園に通っておられる子どもさんのところまで現在案内が行っている状況ではないですので、その時点については、案内状を用意する形の中で広報をしていくということを、今後検討をしていくことによって、交流の機会ができるのではないかということを考えていますので、これについては検討していきたいと思います。

 それから、他市町の保育園、幼稚園の子どもたちを中学校の子どもと交流するということについては、現在難しいというふうに思っていますので、その部分は考慮することができないかということを思います。

 何にせよ、阿久比町の子どもたちが小学校へ入ってくる時点においては、それぞれの子どもたちが同じ小学校で通うことになっていきますので、入学してからの、特に入り口のところでの子どもたちへの対応、もしくは子どもたちの生活の様子をつくりながら、子どもたちを順調に小学校のほうへなれていくような手順をとっていって、6年間の小学校での活動にいろいろな形で子どもの育ちを見つけていきたいということを思っておりますので、ご理解いただけるとありがたいと思います。



◆5番(田中千代子君) 

 入学時、子どもが一斉に同じスタートラインに並ぶことを親御さん方は期待しておりますので、よろしくお願いします。

 次に、点数制の対応について再質問をさせていただきます。

 入所過程を公表してほしいという保護者の気持ちとしては、入所できなかった理由を教えてほしいとか、それから、落ちた理由がわかると次回入所申し込みの参考になるという、そういう思いからだと思うのですが、この点数制を公開する自治体もふえてきております。この点数制の非公開も問題になるのですが、点数制自体にも問題があるように思われます。

 例えば、正規を望んでも非正規でしか働くことができなくて、仕事をかけ持ちしているダブルワークというんですか、そういう方、それから、親の介護とパートをかけ持ちしている人、そういう方が、両親とも定時に終わる正規の仕事の保護者と比べて、どちらがより保育に欠けているかというのは、もう聞くと明白なわけなんですが、そういうダブルワークをしている人だとか、介護、保育をかけ持ちしてやっている人というのは、点数制に換算すると、これがまた違ってくるんですよね。

 これらのダブルワークの人の就労状況というのは、点数制ではどのように配慮されておりますでしょうか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、今のご質問にお答えいたします。

 現在、私どもが使用しております指数表、この中で、今ご質問の仕事をかけ持ちで行っている、ダブルワークと言われますけれども、そういう方の就業時間等におきましては、まずは合算させていただいております。そして点数を加算させていただいております。

 次に、現在よくあります介護、ご両親の介護にかかわるんですけれども、お仕事しながら、また介護の支援をされている方につきましては、おのおの就業時間は就業時間で別々で点数、また改めて介護の支援につきましても、介護は介護で点数を別で設けております。ただ、介護の中でもそれぞれの要件、またそこで点数表は若干変わってきますけれども、おのおの時間帯に合わせて加算はされております。

 以上です。



◆5番(田中千代子君) 

 次は、保育園入所条件にある社会保険加入についてのことなんですが、この条件を撤廃していただきたいというのは、再三一般質問で取り上げさせていただきました。個人経営の企業など小規模の会社は、そもそも企業自体が社会保険に加入していないという、そういう小規模の会社もあると思われるんですが、以前この質問の中で美容師さんの例を挙げさせていただいたんですが、ちょっと調べてきました。

 大体パートさんの平均給与というのは、現在8万8,000円と言われております。そこから算出される健康保険料というんですか、それは4,400円、厚生保険料が8,400円です。8万8,000円からその金額を引きますと、手取りを考えますと、社会保険に加入するのがちゅうちょされるのが現状だと思うのですが、しかも、先ほどご答弁の中にありました、本年10月から、従業員500名以上の企業で働く人は全て社会保険に加入しなければいけないという社会保険の適用拡大がされて、もはや入所条件にこの一項を入れる意味がもうなくなってくるのではないのかと、そう考えられますが、この一項、両親そろって社会保険に加入しなければならないという、この一項を外しますと、一体どれくらい保育ニーズは上がると考えられておられますか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 社会保険加入の項目を撤廃した場合におけるニーズ量ですけれども、それぞれちょっと就職先というのがちょっと不透明で、どのような配分で増加するというのはちょっと見えないんですけれども、先ほども答弁の中に、ピーク時は何年度になるかということで、とりあえず平成29年度ピークということで今予定しております。その平成29年度の3歳から5歳の人口、私ども1,172人と見込んでおります。それに対しまして、需要率というものを掛けて算出した結果、現在のところ1,020人のニーズがあるだろうという試算をしております。

 以上です。



◆5番(田中千代子君) 

 今ちょっとすみません。3歳から5歳までの保育ニーズということですね。保育というのはゼロ、1、2も入ると思うんですが、ゼロ、1、2を入れますと、どういう保育ニーズになりますでしょうか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 申しわけありません。今その数値というのは確認しておりませんので、ご回答ちょっと控えさせていただきます。



◆5番(田中千代子君) 

 多分どこの自治体でも、3歳から5歳までの受け皿というのはそこそこ準備されているのではないかなと思うんですが、昨今女性が社会進出するに加えて、多分受け皿が足りないと言われているのはゼロ、1、2歳児だと思われます。そこら辺のちょっと調査というんですか、それもよろしくお願いしたいと思います。早くこの社会保険の一項が外されることを保護者ともども期待しております。

 保育士確保に向けてのご答弁で、臨時保育士さんの募集年齢を67歳まで上げられたということですが、時給についてはいかがでしょうか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、時給率のアップを申し上げます。

 特に早朝、延長の時間帯における保育士さんというのが、非常に保育士不足になっております。直近で申し上げます。当初、時給ですね、1,130円だった時給を、170円アップで1,300円に平成28年度から引き上げております。

 以上です。



◆5番(田中千代子君) 

 保育ママ制度についてなんですが、高浜市では、家庭的保育事業の必要性というのを、もう早くも平成10年代に行政が察知したそうで、この事業のスタートを認識して養成講座を立ち上げたということです。保育士の資格なしでも、国のガイドラインに沿った養成講座を受講した人、こういう人を保育ママと認定して、現在、市の宅老所や子育て支援センターの一角で、計5カ所で実施しているという、自治体のニーズをいち早く察知して市が単独で行っている事業だとお伺いしておりますので、阿久比町も小さな単位で結構ですので、こういう近隣自治体の先例事項を勉強していただいて、いろいろと検討していただきたいと思っております。

 次は、非正規職員とともに住民サービスの充実についての再質問です。

 先ほどのお話で、非正規職員阿久比町で291名おられると。そのうちの88名が社会保険に加入というお話だったんですが、では、残りの方は社会保険に加入されていないということですよね。そうすると、加入されていない方は阿久比町の保育園の入園には申し込みができないという、そういう計算になりますか、単純に考えますと。ちょっと今そう思ったものですから。

 では、再質で、人口に応じて適正な職員数があると思いますけれども、阿久比町の正規職員の適正数というのは何人でしょう。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 その職員の適正な数というものについては、これといって算定する基準はございません。といいますのは、多くの市町村それぞれ立地、人口、年齢構成だとか必要事務の範囲、また一部事務組合などの設立や委託の範囲、そういうものが異なりますので、単純に人口で比較できるものではございません。

 それで、現在、総務省のほうから、そういう基準はないんですが、参考として、平成27年度の類似団体別職員数の状況、そういうものが出てありまして、本町は類似団体、人口2万人以上、産業構造2次、3次が80%以上、かつ3次50%以上の団体というところに分類がされております。その統計の対象は普通会計の職員になっておりまして、その全国類似団体134団体あるんですが、人口1万人当たりの職員数で比較しますと、全国平均が67.07人、それに対しまして本町は65.55人であります。ほぼ中間の位置にあります。そして、同じ分類の中で、近隣の町としましては、武豊町が70.86人、美浜町が87.50人で、平均よりも多く職員がいるということがわかりました。

 いずれにしましても、本町は最少の人員で最大の効果があるよう努力しておりますが、不足している人数につきましては、臨時職の職員に頼らなければならない状況であることをご理解いただきたいと思います。



◆5番(田中千代子君) 

 今のご答弁で、最少の人数で最大の効果をという、そういうご答弁だったんですが、町民サイドから見ますと、部署によって職員の忙しさにかなり格差があるというんですか、そういうように思われるんですが、その職員の人数は部署に適正に配置されておりますでしょうか。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 先ほど申し上げましたとおり、どこの部署にどれだけの人数が適正かという、そういう基準というものがございません。例えば、来年度はこういう事業があるからここの人数をふやしていくだとか、新しい業務が加わったものですから、最近特にそうなんですが、権限移譲で国・県のほうから事務移譲がされて、市町村の職員の事務ふえております。また、新たに法で市町村業務の中に新しい業務が加わってきております。そういうところに対しては、職員をできるだけ配置するような、そういう配慮はしておりますので、よろしくお願いします。



◆5番(田中千代子君) 

 非正規職員で問題になっているのは、低賃金とあわせて雇いどめの問題であると思います。正規職員の免職については詳細な規定がありますが、非正規職員は、幾ら長期で勤めていても、突然の雇いどめを覆す法的根拠はないように思われますが、例えば、阿久比町では過去五、六年の間に、この雇いどめという事実はあったでしょうか。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 臨時職員の採用につきましては、原則6カ月間、1回更新の最長1年までということになっております。それで、現在阿久比町がやっている臨時職員の採用につきましては、毎年募集をして採用をしていると、そういう形でやっております。

 それで、最近ここ5年間で雇いどめ云々ということですが、町のほうとしましても、先ほど議員が言われましたように、優秀な方は続けていただきたいという思いもありますが、法制度にのっとってそういう試験をやって採用しております。ですが、過去に雇いどめ云々ということは1件もありませんので、よろしくお願いします。



◆5番(田中千代子君) 

 最後になると思いますが、経験加算についてお伺いしたいと思います。

 保育士さんというのは経験の積み重ねだと思うんですけれども、経験の積み重ねというのは雇用条件や労働条件に大きく左右されると思います。働き続けられる雇用であるか、そうでないのか、それから、働き続けられる賃金体系なのかということですが、非正規の保育士さんであっても、現在クラス担任をするなど、長期にわたり正規職員さんと同じ仕事をしていると思うんですが、保育士さんにおける経験加算はどのようになっておりますでしょうか。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 先ほど保育士の確保というところで答弁がございましたが、やはり阿久比町も大変厳しい状態で、一生懸命保育士を何とか確保したいというふうで考えております。

 現在、平成29年度の予算査定を行っているわけなんですが、その中で、並行して臨時職員の賃金を見直していく作業もやっております。保育職については、特に人材確保ということが難しい大きな課題でございますので、現在引き上げる方向で検討しております。

 また、保育士の確保というところ、新しく採用するということも大変重要なんですが、逆に、今働いてみえる方を退職しないようにするということも大変重要なことですので、そちらのほうの賃上げの内容などにつきましても、臨時保育士の職種だとか勤務時間、あと経験年数等を考慮して、保育士確保につながるよう現在検討しておりますので、よろしくお願いします。



◆5番(田中千代子君) 

 町民サービスの質を大きく握る非正規職員の方の仕事のモチベーションにつながるような、そういう取り組みに今後ともぜひ取り組んでいただきたいと思いまして、これで私の質問を終わらせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(久保秋男君) 

 この際、暫時休憩をいたします。

 午前11時10分より再開いたしますので、よろしくお願いいたします。

     午前10時57分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時10分再開



○議長(久保秋男君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 9番 勝山 制議員の質問を許します。

     [9番 勝山 制君登壇]



◆9番(勝山制君) 

 議長のお許しをいただきましたので、質問をさせていただきます。

 私の質問は学童保育についてでございます。学童保育について、3項目についてを質問させていただきます。

 まず、一つ目といたしまして、学童保育の現状と人口増に伴う今後の展望についてをお聞きいたします。

 阿久比町におきましては、ここ近年、陽なたの丘を初めとする若い世代の方々の転入が続いたことで、阿久比町の人口構成も大きく変わってきました。また、それに伴い、行政に対するニーズも今までになかったようなさまざまな要望、要求がふえてきたと思います。

 特に、東部学区においては、陽なたの丘を初めとして区画整理事業による宮津1丁目から4丁目に転入されてきた若い世代の方々がふえたことで、学区内の人口構成が大きく変わってきております。特に、元気な子どもたちがふえ、地域のさまざまなところで活気があふれております。まさにそれがあらわれるのが東部小学校の朝の登校時間帯ではないでしょうか。東部線を学校へ向かって登校する元気な子どもたちの列、そして子どもたちを見守る地域のボランティアの方々など、まさにその風景は心躍るほどの活気にあふれております。

 東部学区では、地域間の連帯意識を育て、豊かで住みやすい地域づくりを目的で、今年度東部学区の全地区を対象に、東部コミュニティを立ち上げました。これからは、老いも若きも相互交流をすることで、地域の活性化を図り、住みよいまちづくりに貢献したいと、各地とも徐々に盛り上がっております。

 また、この盛り上がりを継続するためには、ふだんの暮らしが安全で安心でなければなりません。誰もが安心した暮らしができるよう、世代世代に合った行政サービスの提供がなされることが大事だと思います。

 当然ながら、町当局としても、社会情勢に即した行政サービスを目指し、日々町民の暮らしのため、さまざまな施策を展開されていると思います。そこで、今回は特に、東部学区の一つの特徴でもあります子どもたちの人口増に伴う子育て支援事業について、幾つか質問させていただきます。過去の定例会においても同様の質問がございましたが、改めてお聞かせ願いたいと思います。

 初めに、町内に現在ある学童保育所についてでございますが、?学区別に学童保育所は幾つあるのか、また何クラスあるのかをお聞かせ願いたい。

 ?といたしまして、直近の学童保育所の定員と利用者数はどれほどかお聞かせ願いたいと思います。

 ?といたしまして、運営する事業主体はどのような形になっておるのかをお伺いをいたします。

 ?といたしまして、学童保育所に対する運営委託料と補助金の割合をお知らせを願いたいと思います。

 ?といたしまして、児童数の推移から予測できる学区ごとの展望はという質問であります。

 ?といたしまして、最後に、今、英比小学校東側に建設中の学童保育の事業内容と整備費について。

 以上、6点についてをお聞きしたいと思います。

 次に、宮津公民館北側にできる新しい、新たな学童保育所についてをお聞きいたします。

 ことしの春先に、土地開発の事前協議の関係で、隣接する宮津公民館の管理者でもある大字に対して、同意書を得るために、事業者から事業概要について説明を受けました。大字としては、子どもたちの支援につながると思い、開発に関しては同意をしております。

 現在、現場では稲の収穫も終わり、事業を進めるために埋め立ても終わり、今、基礎工事が始まっております。そして、着々と進んでいる様子でございます。

 そこで、現在わかっている範囲での情報等も含めて、全体計画などについてお聞かせ願いたいと思います。

 ?といたしまして、運営する事業主体はどこでしょうか、お聞きいたします。

 ?学童保育の事業内容はどうなりますか、お聞きいたします。

 ?整備費及び運営基準はどのようになりますか、お聞きをいたします。

 ?最後に、特に東部学区では、子どもたちは増加し、しばらくは学童保育のニーズはあると思いますが、いずれ子どもたちの人数も減り、ニーズも減少すると思います。そんなときのことを考え、事業所として将来的な展望を持っているのかを、もし町当局が把握していることがあるなら教えていただきたいと思います。

 以上4点についてをお聞きいたします。

 3といたしまして、東部学区のげんきッズ東部についての対策でございます。

 現在、あいち知多農協では、事業の合理化を図るため、各市町で支店同士の統合を進めているとお聞きしております。それにより、東部支店と福山支店を統合することになり、現在、卯坂の東部線沿いに新しい支店を建設中であります。それに伴い、東部支店は来年2月末をもって閉店するとお聞きしました。

 この件につきましては、農協サイドから地域懇談会の折に事業計画等の報告を聞いております。その際に、地元住民からは、閉店後の支店の利用について、立派な施設でもあることから、ぜひ地域のために公共的な再利用を考えてほしいと要望などが出ておりました。

 そこで、今まで行政側とどのような協議がなされてきたか、また、現在どんな協議をなされているのか、当初からの経緯及び今後の利用方法なども含めてお聞かせ願いたいと思います。

 ?あいち知多農協東部支店の再利用についてをお聞きいたします。

 ?施設の利用方法及び将来展望についてをお聞きしたいと思います。

 以上2点についてお聞きします。

 これで、私の通告による質問を終わります。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、私から、大きな1番の、学童保育についてのお答えをいたします。

 学童保育の現状と人口に伴う今後の展望についての?番、学区別に、学童保育所は何カ所及び何クラスあるかについてお答えいたします。

 初めに、東部学区につきましては、げんきッズ東部が3クラス、草木学区にはげんきッズ草木が1クラス、英比学区にはげんきッズ英比が2クラス、南部学区にはげんきッズ南部が1クラスとなります。町全体で申し上げますと、四つの学童保育で7クラスございます。

 ?直近の定員と利用者数についてお答えいたします。

 定員及び利用者数ですけれども、平成28年11月1日現在の状況となります。げんきッズ東部は、定員160人に対し利用者139人、げんきッズ草木は、定員50人に対しまして利用者35人、げんきッズ英比は、定員75人に対し利用者は69人、げんきッズ南部は、定員50人に対し利用者は56人となっております。全体で申しますと、定員335人に対し利用者は合計299人となります。

 ?運営する事業主体はについてお答えいたします。

 事業主体につきましては町となります。ただ、毎年度、阿久比町の放課後児童健全育成事業実施要綱に基づきまして、事業委託契約を締結し、東部学区のげんきッズ東部と草木学区のげんきッズ草木につきましては、NPO法人学童保育ざりがにクラブに町から運営を委託しております。また、英比学区のげんきッズ英比と南部学区のげんきッズ南部につきましては、NPO法人プレママクラブに町から運営を委託しております。

 ?学童保育に対する運営委託料と補助金の割合についてお答えいたします。

 平成28年度、年間委託料の総額といたしまして、2,945万9,000円と本年度は見込んでおります。また、国・県の補助金の割合につきましては、それぞれが補助基準額の3分の1となりますので、国・県ともに944万円となります。合わせて1,888万円の補助金となります。また、町におきましては1,057万9,000円の補助金となります。

 この年間委託料を11月1日現在の利用者299人で割り返しますと、公費負担は年間1人当たり約9万8,500円の補助となります。また、保護者負担につきましては、年間1人13万2,000円となります。これは登録料が1人1万2,000円、月額利用料が1万円となりますので、児童1人当たりの年間費用というのは、合わせますと23万500円となります。そのうちの約4割は公費負担となっております。

 ?児童数の推移から予測できる学区ごとの展望についてお答えいたします。

 今後3年間の児童数の推移予定ですけれども、初めに、東部小学校が、平成28年度は649人に対しまして、平成29年度は759人、平成30年度は864人、平成31年度は954人となっております。次に、英比小学校ですけれども、平成28年度431人に対しまして、平成29年度は450人、平成30年度は457人、平成31年度は471人となります。次に、草木小学校となります。平成28年度230人に対しまして、平成29年度は234人、平成30年度は248人、平成31年度は256人となっております。最後に、南部小学校につきましては、平成28年度372人に対しまして、平成29年度は369人、平成30年度は379人、平成31年度は401人を見込んでおります。

 特に、東部学区につきましては、来年新1年生は178人と見込んでおりますので、1学年6クラスが必要となります。また、今後も同様以上の新1年生が見込まれますので、学童保育についても今まで以上にニーズはふえると考えております。また、その他の3学区につきましては横ばい、もしくは微増になると考えております。

 なお、げんきッズ東部につきましては、そのほかに一部建物の老朽化等の問題もあります。施設の確保が急務となっておりますので、できる限りの早い対策が必要となります。

 ?英比小学校東側にできる施設の事業内容と整備費についてお答えいたします。

 英比小学校東側に現在建設中の施設につきましては、現在坂部駅東側にある学童保育げんきッズ英比が移転する予定となっております。NPO法人プレママクラブに引き続き運営を委託する予定となっております。

 なお、建設にかかわる整備費につきましては、全て法人の自己資金で整備しておりますので、町からの補助金は一切ございませんが、運営委託料といたしまして、げんきッズ英比については、年間776万4,000円の委託料を支払う予定となっております。

 次に、2点目となります。宮津公民館北側にある新たな学童保育所についての?番、運営する事業主体はについてお答えいたします。

 新たな学童保育所は、半田市星崎町にあるNPO法人どりーむハウスが開設いたします。町はほかのNPO法人と同様にどりーむハウスと事業委託契約を締結し、町が事業主体となり、運営を委託する予定としております。

 このどりーむハウスにつきましては、障害者等の福祉を増進する目的で、平成23年7月20日に設立をしております。現在、学童保育所を1カ所、放課後等デイサービスを2カ所、半田市の星崎町内で開設をしております。

 ?学童保育の事業内容についてお答えいたします。

 以前、法人の方から聞き取りを行った際に確認したところ、定員40名のクラスを2クラス開所し、計80人の受け入れができるよう、施設を今、予定しております。

 次、?整備費及び運営基準についてお答えいたします。

 今回のどりーむハウスが建設する施設については、当初より法人の自己資金で全て整備いたしますので、町からの補助金は一切ございません。

 次に、運営基準ですが、事業を始める前に、阿久比町放課後児童健全育成事業届出規則に基づきまして、開始届を町のほうに提出をいただきます。その後、事業者は阿久比町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例に基づきまして、設備及び運営基準を順守することになっております。

 ?将来的な事業展望はについてお答えいたします。

 聞き取りの際に確認したところ、学童保育のニーズがある限りは学童保育事業を展開していくと聞いております。

 また、今回は学童保育所を開設するとともに、同敷地内に、障害を持った児童たちを対象とした放課後等デイサービス事業の施設をあわせて開設する予定と聞いております。この施設につきましては、放課後や長期休暇、例えば夏休み中において、自立した生活能力を向上させるための機能回復訓練等を行ったり、また、放課後等の居場所を提供する施設となります。

 将来的に学童保育のニーズが少なくなれば、社会情勢や地域性に合わせ、必要とされる福祉事業の展開を目指し、末永く阿久比町の福祉事業に根を張りたいと聞いております。

 次に、3点目の東部学区のげんきッズ東部についての対策の?あいち知多農協東部支店の再利用についてお答えいたします。

 東部学区には、げんきッズ東部が現在3クラスございます。その中の東部小学校東側にあるげんきッズ東部第1につきましては、建物の横が山腹崩壊の危険もあることから、以前より安全な移転先はないか探していたところ、今回JA阿久比事業部から、4月早々に町へ一つの打診案をいただきました。そこで、JA阿久比事業部から打診のあった東部支店の再利用について、当初からの経緯を含めてご説明いたしたいと思います。

 JA阿久比事業部からは、現在、あいち知多農協では、事業全体の合理化を図る目的で支店の統合を進めており、それに伴い、阿久比町の中で東部支店と板山にある福山支店を統合し、事業のスリム化を図るため、卯坂小曽ケ脇に新しい支店を建設する予定としております。それによって、東部支店は来年2月末をもって閉店すると申し出がございました。

 そこで、改めてJAからは、東部支店及び隣接する東部直売所を含む建物全てと土地約1,100平米を、引き続き公共施設として再利用する考えはあるか、いま一度町サイドでよく検討してもらえないかと打診を受けました。

 そこで、町幹部を初め関係部局と早急に協議検討をいたしました。町といたしましては、当初、建物を借りることを前提に話を進めていましたが、JA東部支店と直売所は、都市計画法第34条第1号の許可基準の許可を受け、市街化調整区域内に建設された建物であるため、町が公共施設として再利用するには、建物を借用ではなく所有しなければ都市計画法の用途変更許可がおりないということが判明いたしました。

 都市計画法及び建築基準法に基づくさまざまな規制要件をクリアしなければなりませんが、東部支店は、立地的にも小学校に隣接していること、また、耐震的にも安心であること、さらに東部学区の中心地で好立地であることから、公共施設としては十分に利用価値はあると考え、土地及び建物を購入することといたしました。

 この間、JAはもとより県知多建設事務所等と数回にわたり協議の場を持って検討してまいりました。その結果、東部学区の現状を鑑み、子育て支援に関する児童福祉事業を展開するには最適な施設だと判断し、土地及び建物を購入して、いま一度地域のために再利用できるような計画案を立てました。

 なお、本定例会におきまして、土地購入費等の補正予算を計上させていただいておりますので、ご審議を願いたいと存じます。

 ?施設の利用方法及び将来展望についてお答えいたします。

 町幹部を含め担当部局で検討した結果、今現在、東部学区で運営している学童保育の一部を移転できないか、また、事務所等を改修してさまざまな児童福祉事業ができないものか、協議検討を行いました。

 先ほども申し上げましたように、東部小学校東側にあるげんきッズ東部の第1については、木造平屋建ての民家を改修し、法人が民間と賃貸借契約を結び、運営を行っておりますが、建物の横が山腹崩壊の危険もあることから、以前より関係者や地域の方々から心配な声が上がっている場所でもあり、当局としても対応策に苦慮しておりました。

 まずは、危険回避を第一優先と考えるならば、一刻も早く安全で安心な場所を確保し、移転することが重要となります。今回の東部支店は、耐震化もクリアしていることも含め、最適な移転先だと判断いたしました。

 さらに、げんきッズ東部第2についても民家を借用して運営をしていますが、できることなら同敷地内の東部直売所を改修して運営ができれば、スタッフも効率よく、また効果的に事業運営ができるなどメリットもありますので、移設候補として現在考えております。

 また、施設内のスペースを有効的に活用し、他の児童福祉事業をあわせ持つ複合的な児童福祉施設の設立も視野に入れ、今後協議検討をしたいと考えております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 答弁ありがとうございます。

 それでは、幾つか再質問をさせていただきたいと思います。

 まず、宮津公民館北側にできる新たな学童保育について、少しお伺いいたします。

 既に東部学区には第1から第3まで三つの学童保育がありますが、新しく新設予定になっている学童保育などと何か違う点がございますでしょうか、お聞きをしたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 先ほども申し上げましたように、運営に当たっては、阿久比町の放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例に基づいて運営されますので、既にあります既存の学童保育との違いというのはございません。



◆9番(勝山制君) 

 町当局とのかかわりなんですが、運営費についてはどういう形になるでしょうか、お聞きしたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 運営費につきましては、阿久比町放課後児童健全育成事業実施要綱に基づきまして、事業計画書、予算書、支援員及び補助員の名簿等提出していただきまして、適正な事業運営と認められれば運営を委託し、運営委託料を支払うことになります。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 それでは、保護者の負担金はどういう形になるでしょうか、お聞きしたいと思いますが。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 保護者の負担金につきましては、運営委託されれば、先ほど申しました実施要綱に基づきますので、既存の学童保育と同額の負担となります。登録料1万2,000円、月額利用料が1万円と、同額の利用料となると思います。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 今回の施設では、全て自己資金で整備すると先ほどお聞きしましたが、法人としては補助がないというようなことで、私どもが一般的に考えますと、かなり厳しい運営だなというふうに考えますが、いかがでしょうか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 運営費につきましては、先ほど申し上げましたが、町が法人に運営を委託すれば委託料が支払われます。また、整備費につきましては、当初より法人の自己資金で行うと申し立てがございましたので、補助金はございません。

 ただ、今回の施設につきましては、法人が自己資金で建てた施設でございます。今後、ニーズに即した事業変更をしたいという場合におきましては、補助金を利用した施設におきましては、恐らくさまざまな規制要件がございます。事業変更を行うにも時間を要します。できない場合も考えられます。

 しかし、今回の場合、法人の自己資金で整備した施設でございますので、ニーズに合わせて、社会情勢等を見まして、さまざまなニーズに即応できる福祉サービスが提供できると考えます。そうすれば自由に事業展開ができるものでございます。そういったことで、町にとっても貴重な社会資源の一つと考えられますので、私どもも心強い法人だと考えております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 次に、東部支店の再利用についての質問でございますが、先ほども答弁の中で、耐震化は大丈夫というようなことをちょっとおっしゃいましたが、改めて、東部支店の耐震化についてはどのような基準となっておりましょうか、再度お聞きしたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 耐震化につきましてですけれども、現在の建築基準法令における耐震基準につきましては、昭和56年6月に導入されております。今回の東部支店につきましては、平成10年の建築物件でありますので、耐震基準は十分クリアしております。

 なお、参考に申し上げますと、最低限の基準としまして、中規模の地震度、これは震度5強程度になりますけれども、そんな地震が起きた場合、ほとんどの損傷を生じないこと、また、大規模の地震度、震度6から7程度になりますけれども、これに対しましては、人命に危害を及ぼさないよう、倒壊等の被害を生じないような耐震施工工事がなされておりますので、安心できるものと考えております。



◆9番(勝山制君) 

 次に、今回の定例会に補正予算が計上されていると、先ほども答弁のところでお聞きしまして、私どもも承知しておりますが、学童保育の開始をするまでに、これからどんな手続を行う予定なのかをちょっとお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 まずは、土地及び建物購入手続に入ります。その後、所有権移転登記の手続を行い、それが済みますと、都市計画法及び建築基準法の用途変更申請の手続に進みます。用途変更が許可がおりれば、そこで初めて施設のほうの改修工事に入り、開所準備に入る手順となっております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 次に、学童保育の開所時期はいつごろ予定されているのかをお聞きしたいと思いますが、いかがでしょうか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 用途変更の手続を、申請を新年度早々4月行いたいと考えております。許可がおりるのが約1カ月から2カ月程度要しますので、その後、工事の入札着工、また完了検査、おおむね2カ月程度かかるのではないかと考えております。また、その後、開所の準備等もございますので、早くても9月ごろかなというふうに今考えております。しかし、できる限り早く開所できるように努めたいと考えております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 なるべく早いところ、よろしくお願いします。

 次に、この施設を、答弁の中でもいろいろな方面で検討しておるということをお聞きしましたが、将来的に学童保育以外に、具体的なことがまだできていないかもしれませんが、どんな事業を展開しようと考えているのかを、わかれば少しでも教えていただきたいと思いますが。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 さまざまな事業がございますけれども、例えば児童館や子育て支援センターの役割を持ったセンターの分所など、複合的な施設を検討しております。ただ、まずは放課後児童クラブを最優先して利用していきたいと考えております。



◆9番(勝山制君) 

 私からも、特に児童館などはやはり必要じゃないかなと考えております。また、しっかりと検討していただきたいと思います。

 それと、次に、英比小学校の東側に建設中の施設についての再質問ですが、学童以外の事業を、内容と将来的な展望は持っておられるでしょうか。ちょっとお聞きしたいんですが。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 学童保育事業以外の事業なんですけれども、現在、認可保育園SAKURA保育園を開設する予定となっております。これは4月1日に開所するように進めております。

 なお、保育園の定員につきましては、ゼロ歳から5歳児で64名の受け入れができるように準備を進めております。

 また、将来的には、このプレママクラブさんについては、障害を持った未就学児の通園施設を開設したいという考えがございます。それはまだ何年とかというのはちょっとわからないんですけれども、そういった施設もやってみたいということは聞いております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 全体の学童保育の入所までのスケジュールについてお聞きしたいと思います。これは、いろいろな方法でお知らせするかと思いますが、今までの方法と同じような方法でやられるのか、お聞きしたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 学童保育へ入るまでの入所スケジュールでよろしいでしょうか。

 全体を含めて申し上げます。

 学童保育のまず入所につきましては、この12月中旬ごろに各保育園とげんきッズ、既存のげんきッズの児童クラブのほうに来年の入所関係の書類を配布する予定となっております。それと、あぐい広報の1月1日号に入所募集の記載を上げたいと考えております。

 それから、その後、1月中旬ごろから事業受け付け開始をいたしますけれども、事業説明会を各げんきッズ等で開催いたします。その説明会が終わった後、1月末日をめどに入所申込書の提出をしていただく予定となっております。

 その後、2月中旬をめどに入所決定通知を送らせていただきまして、4月1日からの入所開始というような入所スケジュールとなっております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 質問としては最後とさせていただきますが、利用料の減免についてのちょっと質問ですが、母子父子家庭のひとり親での世帯の減免制度、これの内容についてお聞きしたい。

 そして、近隣市町での利用料も含めてですが、もし資料があれば教えていただきたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 まずは、阿久比町の減免のほうを説明させていただきますけれども、阿久比町につきましては、阿久比町の放課後児童健全育成事業の実施要綱の中に明記してございます。ひとり親で住民税非課税世帯に対しまして、月額利用料の、今現在1万円でございますけれども、そこから2,000円の減額をしておりますので8,000円となっております。

 あと、近隣市町、今手元に半田市のがあるんですけれども、半田市さんの要綱を見ますと、半田市さんは、私どものように利用料は定額ではございません。事業者ごとにばらつきがございます。聞くところによりますと、低学年、高学年でそれぞれまた違うということで、低学年につきましては1万5,000円から1万8,000円ぐらいまで幅があるそうです。あと、高学年につきましては、やはりお世話も軽くなるということでしょうか、約5,000円ぐらいから、それでも上は1万1,000円でございます。

 それの利用料につきまして、減免のほうなんですけれども、半田市は、母子父子世帯で前年所得が150万円未満の家庭におきましては、月額利用料の5割減免となっております。また、同じく母子父子世帯の前年所得が300万円未満におかれましては、月額利用料から3割減免というふうに聞いております。

 以上です。



◆9番(勝山制君) 

 ありがとうございました。

 ことしの3月に発行されました「阿久比プレイガーデンプロジェクト」にも記載がありますように、阿久比町においては、名古屋市の都市圏に近く、子育てに適した自然豊かな町であるとイメージ化されております。子どもたちは阿久比町の宝でございます。子どもたちがすくすく育ち、子育て世代が安心して暮らせる町であり続けるためにも、今後、子育て支援事業がますます充実されることをご期待をいたしまして、私の質問を終わります。

 ありがとうございました。



○議長(久保秋男君) 

 この際、暫時休憩をいたします。

 午後1時より再開いたします。

     午前11時56分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時00分再開



○議長(久保秋男君) 

 休憩前に引き続き会議を再開します。

 1番 都築重信議員の質問を許します。

     [1番 都築重信君登壇]



◆1番(都築重信君) 

 それでは、議長のお許しをいただきましたので、通告に基づきまして質問させていただきます。私の質問は大きく3点であります。順を追って質問してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 まず一つ目の質問であります。

 庁舎完成があったわけでありますけれども、それに引き続いて現在、多目的ホール、食堂棟、芝生広場、倉庫、駐車場の工事が進められております。きょう現在、周りから見ましても、この庁舎の4階から見ましても、非常に形が見えて、完成間近かなと思います。完成が楽しみになってまいりました。

 そこで、完成した折の各施設の内容や今後の利用について質問いたします。小さく10項目ありますので、順を追って質問させていただきます。

 まず一つ目としまして、計画の段階から長い期間と多額の予算を使ってきた新庁舎建設工事が、いよいよ終盤となってまいりました。間もなく多目的ホール、食堂棟、芝生広場、倉庫、駐車場などの完成となりますが、完成はいつを予定しているのでしょうか。

 二つ目に、多目的ホールの施設の内容についてお聞きします。ホールの利用者としまして、いろいろな方、若い方から年配の方、授乳中の乳児や母親、身体の不自由な方など、いろいろな方が利用されることになりますが、このホールの施設の内容についてお聞きいたします。

 授乳中の母親や乳児の利用できる授乳室は確保されているでしょうか。また、いろいろな障害を持たれている方のためのトイレ、いわゆる多目的トイレ、障害者用トイレは幾つ確保されているでしょうか。スクリーンなどを使う映像の施設はどのようになっているのかお聞きいたします。また、スポットライトなどの照明はどの程度つけられているのかもお聞きいたします。音響につきましても十分な設備がなされているものと思いますが、音響についてもお聞きいたします。

 三つ目としまして、多目的ホールの利用方法についてお聞きいたします。ホールを利用する場合、何カ月前から予約することが可能であるのか。そして、利用料金はどの程度であるのかお聞きをいたします。

 四つ目としまして、食堂棟の利用についてであります。テーブル、席の数、そして利用できる時間、今後の利用方法についてお聞きいたします。

 五つ目に、台風、地震などの災害によって停電が起きた場合、非常用照明が必要となりますが、新庁舎や多目的ホール、食堂棟など、どのようになっているか伺います。

 六つ目としまして、みんなの広場について。広場の面積はどの程度であるのか。芝生張りなのか。樹木などの植樹は行われるのか。また、芝生広場は傾斜となっているのかフラットなのか、お聞きいたします。

 七つ目としまして、元町営プールのあった場所に倉庫ができてまいりますが、倉庫の規模や利用方法について伺います。

 八つ目に、多目的ホールが利用されるようになると、多くの講演会やイベントが新しいホールで行われると思われます。その場合、エスペランス丸山や中央公民館の利用に余裕が生まれる可能性があります。現在、エスペランス丸山の予約できるのが3カ月前、中央公民館の予約は2カ月前となっております。多くの団体が講演会などの計画をするのには、もう少し期間が欲しいと言っております。両施設の利用がしやすいように、予約の前倒しはできないのかお伺いいたします。

 九つ目としまして、現在、工事中でありますが、駐車場不足というのは毎日の状態でありますが、この件については以前お聞きしたこともありますが、今回改めて駐車場についても伺います。全ての施設の完成後、駐車スペースはどの程度であるのか。車の流れはスムーズに流れると思われるかお聞きいたします。

 10番目に、全ての施設完成後に開催されるであろう大きなイベントについて、どこを会場とするのかお聞きいたします。

 産業まつりは現在、エスペランス丸山駐車場で開催されておりますが、今後どこで行うのか。菊花展はふれあいの森駐車場で開催されておりますが、今後の開催はどうするのかお聞きいたします。そして、盆踊り大会は現在、ふれあいの森時計塔の周囲で開催されておりますが、ここでずっと開催をしていくのかお聞きいたします。そして、文教まつり、芸能発表会も大きなイベントでありますが、今後の開催場所をお伺いいたします。

 次に、大きい質問の二つ目としまして、農地の課税強化。

 農地の中の遊休農地でありますが、平成29年より遊休農地に対して課税が強化されると聞いております。農地の課税は現在、決して高いものではありませんが、上がるとなると、一般農家の皆様、大変不安になり、気にしていることと思います。どのように課税が強化されるのかお聞きします。

 以下、3項目について質問いたします。

 一つ目としまして、遊休農地に法的措置がとられてくるが、農振地域内の遊休農地だけなのか、農振地域以外の農地も含むのか。また、遊休農地とそうでない農地の見きわめはどうしていくのかお聞きいたします。

 二つ目としまして、遊休農地の課税強化はどのようなものか、どの程度上がるのか、いつから上がるのか伺います。

 三つ目としまして、農地中間管理機構という名前があります。実質現在動いているわけですが、この農地中間管理機構というものはどのような機構なのか、どのような仕組みなのかお聞きいたします。

 大きい三つ目の質問としまして、農業委員会について伺います。

 農業委員会法が改正され、阿久比町でも来年度より施行されるとのことであります。どのように改正されるのか、以下3項目について質問いたします。

 1番目に、農業委員会の役割はどのようなものであるのか。農業委員会はどこの市町にもあり、農地や農業について監視等を行っておりますが、具体的にどのような業務を行っているのかお聞きいたします。

 2番目としまして、農業委員会法が改正されましたが、どのように改正されたのかお聞きいたします。

 3番目に、阿久比町農業委員会の改正点はどのようなものであるのか、お聞きいたします。

 これで私の通告した質問を終わります。よろしくお願いいたします。



◎町長(竹内啓二君) 

 私からは、1番目の庁舎全工事完成後の利用について、?1点目の多目的ホール、食堂棟、芝生広場、倉庫、駐車場等の完成はいつを予定しているかについてお答えをさせていただきます。

 新庁舎並びに多目的ホールの建設に当たりまして、議員の皆様、また町民の皆様方に多大なるご理解、またご支援をいただき、今、工事が順調に進んでいることに対しまして、改めて厚くお礼を申し上げます。また、工事中は駐車場不足など大変ご不便をおかけして申しわけありませんでしたが、いましばらくご辛抱いただきますようお願いを申し上げます。

 工事は予定どおり順調に進んでおり、平成29年3月中旬に工事を完了し、検査を経まして、3月下旬に引き渡しの予定であります。引き渡し後の3月30日には完成記念式典と内覧会、4月8日には町民の皆様への感謝の気持ちを込めた完成記念行事を開催し、町民の皆様と一緒にお祝いをしたいと考えております。

 2点目の多目的ホールの施設の内容は。授乳室、身障者用トイレ、映像、照明、音響などはについてお答えをします。

 ホールの収容人数は400人であります。うち270席は電動の可動席であり、残りの130席は重ねて収納可能なスタッキングチェアとなっております。これらの座席は全て収納可能なため、床が全面フラットになり、屋内で体を動かすヨガやダンスなどの利用も可能となります。また、災害時には避難所としての利用も想定しております。

 障害者用トイレにつきましては、ホール内に1カ所あります。授乳室については、ホール内にはございませんが、ホールでのイベント等開催時には、一度に大勢の方が利用されますので、土日や役場閉庁時間帯でも、庁舎棟1階のトイレ、授乳室をご利用いただける運用を考えております。

 映像につきましては、調整室に備えつけのプロジェクターより、舞台上部に設置しているスクリーンをおろして投影することができ、照明、音響設備等につきましては、旧南館で行われていた講演会、演芸、音楽会などの催し物に対応できる仕様となっております。

 3点目の多目的ホールの利用方法は。予約や利用料などにつきましてお答えをいたします。

 多目的ホールは今年度中に完成を目指し建設中であります。完成後のホールの利用につきましては、階段式座席を利用した場合には、講演会、演芸、音楽会等の開催を、またホールをフラットにした場合には、屋内で体を動かすヨガやダンスなど、健康増進並びにその技能向上を目的にした教室や講座を幅広く町民の皆様にご利用していただけるものと考えております。

 また、災害時につきましては、避難所としての利用も想定しており、一時避難所として450人、長期避難所として200人の収容人数を予定しております。

 次に、ホールの予約申し込みにつきましては、勤労福祉センター、エスペランス丸山の申し込みに合わせ、3カ月前から3日前まで予約ができるように考えております。

 次に、利用料につきましては、今議会の議案第60号で上程させていただいておりますが、ホールの利用料は、ホールをフラットで利用した状態で1時間当たり2,160円、冷暖房使用時のときには20%を加算した額を予定しております。その他設備として、階段式座席が1回使用につき8,640円、ピアノの1回使用が2,160円の加算を予定しております。

 この算定基準としましたのは、エスペランス丸山のホールステージの利用面積当たりの単価を基準として算定をいたしております。

 次に、練習室1、2の利用料でございますが、1時間当たり570円、冷暖房使用時は20%加算した額を予定しております。この算定基準としたものは、現在の中央公民館304、305号室等の料金に固定費、設備費を加えた利用料で考えております。

 4点目の食堂棟の今後の利用方法につきましてお答えをいたします。

 食堂棟につきましては、約40席の計画で、庁舎棟、ホール棟とは縁側モールでつながっております。利用については、職員だけでなく、多くの町民の皆様に利用していただきたいと考えております。

 また、食堂棟は庁舎棟やホール棟から独立しているため、イベント開催時など閉庁日の臨時営業や、災害時の炊き出し所としての支援について、食堂運営業者と協議中でございます。

 5点目の災害等による突発的な停電に対して、新しい施設ではどのような対応をするかについてお答えをいたします。

 突発的な停電に対しては、非常用発電機と太陽光発電から蓄電した電力により、災害時でも必要とされる業務が継続できる電力は確保しております。

 6点目のみんなの広場、芝生広場のことでございますが、その概要はにつきましてお答えをいたします。

 みんなの広場につきましては、面積は約460平方メートル、ほぼフラットの全面芝生張りの広場になります。この広場につきましては、施設の中心として、町民の庭となるような、世代間を超えて親しみやすい町の交流拠点として、町民の皆様にご利用いただきたいと考えております。

 また、多目的ホールの可動間仕切りを開放すれば、ホール、ホワイエ、縁側モールと平土間の連続した大きな空間となりますので、さまざまなイベント等にご利用いただきたいと考えております。

 7点目の倉庫の規模、利用方法についてお答えをいたします。

 倉庫、車庫棟につきましては、鉄骨づくり2階建て、床面積約440平米でございます。

 利用方法については、1階車庫部分に公用車3台と町のマイクロバス1台を駐車し、それ以外の部分は倉庫として、町の業務に必要な物品等を収納する予定をしております。

 8点目のエスペランス丸山、中央公民館の利用方法は。予約の前倒しはできないかにつきましてお答えをいたします。

 中央公民館の予約申し込みにつきましては、本館は2カ月前から3日前まで、多目的ホールは勤労福祉センター、エスペランス丸山同様、3カ月前から3日前までを予定しております。

 ご質問のありました予約の前倒しについては現在のところ考えておりませんが、イベント等で事前に周知する必要がある行事の予約については、阿久比町立中央公民館管理規則第6条に、「ただし館長が特別な理由があると認めるときは、この限りではない」とありますように、特別な理由があると認めた場合は、受け付け期間前の予約受け付けも行っておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

 勤労福祉センター、エスペランス丸山は、休日等の場合を除く毎週月曜日及び年末年始を除く午前9時から午後9時30分まで利用可能であります。その申し込みついては、利用日の3カ月前から3日前までとなっております。ご質問の予約の前倒しにつきましては、申し込み申請の管理やその他の施設との兼ね合いもありますので、今後の研究課題とさせていただきたく思います。

 エスペランス丸山は、中央公民館南館の代替として各種行事に活用をされてまいりました。今後におきましても、勤労者の文化、教養及び福祉の増進が一層図られますよう、新多目的ホールと並行して、多くの方にご利用いただきたいと願っております。

 9点目の、駐車場の台数、車の流れは大丈夫かについてお答えをいたします。

 中央公民館本館北側、庁舎棟東側及び南側、ホール棟西側を合わせ、敷地内全体では180台ほどの駐車が可能となります。

 外構の駐車場整備後の車の流れは、北は中央公民館本館駐車場出入り口及び町道4059号線から、東は県道名古屋半田線の消防署阿久比支署南側、南からは殿越橋からの合計4カ所の出入り口があり、それぞれ駐車場内を通り抜けることができますので、スムーズなアクセスが可能となります。

 10点目の、産業まつり、菊花展、盆踊り、文教まつり、芸能発表会の開催は今後どこで行うかにつきましてお答えをいたします。

 ご質問の各種行事は、庁舎建設工事に伴いまして、勤労福祉センターやふれあいの森に会場を変えて開催をしてまいりました。

 今後、産業まつりにつきましては、庁舎周辺での開催を考えております。

 また、菊花展につきましては、展示期間が長いことから、展示スペースや来庁者の駐車場などを考慮し、庁舎周辺で行うか、ふれあいの森で行うのかについて、菊花連合会と協議をしながら会場を決めてまいりたいと考えております。

 今年度は、文教まつり、芸能発表会は中央公民館及び勤労福祉センター、エスペランス丸山にて開催をいたしましたが、来年度は中央公民館本館と多目的ホールでの開催を予定しております。

 また、盆踊りにつきましては、新庁舎の芝生広場の状況を踏まえ、文化協会と協議をし、実施に向けて検討していきたいと考えております。

 私からは以上でございます。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 それでは、私からは、大きな2番の1番と3番、それから大きな3番と、この質問についてお答えをさせていただきます。

 まず、大きな2番、農地の課税強化についての1番、遊休農地に対して法的処置がとられるが、どのような内容か質問するについてお答えします。

 まず、遊休農地とは、過去1年以上にわたり農作物の作付がされていない状態で、かつ今後所有者等による適正な維持管理や作物栽培が行われる見込みがない農地及び農作物の栽培は行われているが、周辺の同種農地と利用の様態を比較し、その程度が著しく劣っている農地とされております。

 この遊休農地に対する法的措置の内容につきましては、遊休農地として判定されますと、この農地の固定資産税が引き上げられます。ただし、対象となる遊休農地は、一般の遊休農地の中でも特に農業委員会が農地法に基づき、所有者に対し、農地中間管理機構と協議すべきと勧告した農業振興地域内の勧告遊休農地となります。

 なお、この制度は平成29年度から実施し、固定資産税の賦課期日時点、平成29年1月1日に既に勧告を受けている遊休農地が対象となります。

 続いて、3番、農地中間管理機構とはどのようなものかについてお答えします。

 全国でこの20年間に耕作放棄地が約40万ヘクタールに倍増する中、担い手の農地利用は全面積の5割にとどまっている状況です。そこで、国は今後10年間で担い手への農地の集積、集約化を加速して、生産コストの削減を図り、担い手の農地利用を全農地の8割となるよう農地集積を推進するため、信頼できる農地の中間的受け皿として、平成26年度に農地中間管理機構が全都道府県に設置されました。

 その業務の内容は、「リタイアするので農地を貸したい」、「利用権を交換して分散した農地をまとめたい」、「新規就農するので農地を借りたい」などの理由で、農地を貸したい方、借りたい方のため、市町村やJAの協力を得て、担い手への農地集積、集約化を図ることであり、これによって耕作放棄地の解消を目指すものでございます。

 続きまして、大きな3番、農業委員会についての1番、農業委員会の役割はについてお答えします。

 農業委員会は、農地法に基づく農地の売買、貸借の許可、農地転用案件への意見具申など、農地に関する事務を執行する行政委員会として、原則として一市町村に一委員会が設置されております。その役割としましては、農業の担い手への農地等利用の集積、集約化、遊休農地の発生防止、解消、新規参入の促進など、農地等の利用の最適化を積極的に推進することが求められております。

 次に、2番、農業委員会法の改正点はについてお答えします。

 農業委員会法は、正式には農業委員会等に関する法律といいますが、平成28年4月1日に施行されました本法の一部改正では、大きく4点について改正されております。

 1点目は、農業委員会の事務として、農地等利用の最適化推進に重点を置くことが明確にされています。

 2点目に、農業委員の選出方法について、委員の過半数を認定農業者とすること、地域農業を牽引する担い手が委員となるよう、公選制を廃止し、市町村長が任命する方法に改められました。

 3点目では、農業委員会の中に農業委員とは別に、担当区域における農地等の利用最適化を推進するため、現地活動を行う農地利用最適化推進委員が新設されています。

 4点目としまして、都道府県農業会議及び全国農業会議所については、市町村農業委員会へのサポート組織としての機能が強化されております。

 以上4点でございます。

 続きまして、3番、阿久比町農業委員会の改正内容はについてお答えします。

 先ほど、本法改正点の2点目、3点目で申しましたように、本町の農業委員会の改正におきましても、選挙による委員の定数を廃止すること、委員会に農業委員と農地利用最適化推進委員を設置すること、この2点が改正の主なものでございます。

 本法の一部改正に伴いまして、今議会におきまして条例関連2議案を上程させていただいております。内容につきましては、一つ目は、農業委員会の定数に関する条例の制定、農業委員を11名、農地利用最適化推進委員を8名とし、現農業委員会の選挙による委員の定数に関する条例を廃止するなど。二つ目は、証人等の実費弁償に関する条例の改正で、該当条項を整理するものでございます。

 説明は以上です。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 私からは、2問目の農地の課税強化についての2点目、税制面はどのようになるかについてお答えします。

 平成28年、地方税法改正にあわせて固定資産評価基準が見直されています。一般農地の評価方法は、各筆の面積に評点数を乗じて算出しています。農業委員会が勧告した勧告遊休農地については、評点数に適用されている農地の売買事情による修正率0.55を乗じないこととする改正がされており、平成29年度からは税額で約1.8倍になります。

 なお、今回はこの課税強化ばかりではなく、軽減される措置も講じられており、所有する全ての農地に農地中間管理事業のための賃借権等を新たに設定し、設定期間が10年以上の農地については、最初の3年間、税額が2分の1になります。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 どうもありがとうございました。

 それでは、再質問をさせていただきたいと思います。

 まず一つ目としまして、庁舎に関してでありますけれども、閉庁時に多目的ホールでイベントが開催された場合、庁舎内のトイレを利用するということになりますが、庁舎の1階には現在執務を行っている執務場所とこのトイレとの間に、管理ラインというのがあると思いますが、ここで完全に仕切られるのか、また、その奥にありますエレベーターの利用は閉庁時には利用可能であるのか伺います。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 庁舎棟でできるトイレなどは1階のみとなります。庁舎執務室のセキュリティーを確保するため、1階の出納室、税務課窓口カウンターの前面で管理用のシャッターをおろす運用となります。そのため、トイレ、授乳室以外庁舎内には入れませんので、エレベーターの利用はできません。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 それでは、次に、多目的ホール内にできるトイレでありますけれども、この新しくできるホールの中にはトイレが幾つあるのか。小さい行事であれば新庁舎の中に来なくても、このホール内のトイレだけで済むのかお聞きしたいと思います。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 多目的ホールのふだんの利用は、一般的なサークル活動などを想定して、ホール1階の南側に男性用トイレ、小便器2基、洋式便器2基、そして女性トイレには洋式便器2基、ベビーチェア1個、それと多目的トイレにはオストメイト、ベビーシートを設けております。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 どうもありがとうございました。

 それでは、ホール内の映像、それから照明、音響が新しくなってくると思いますけれども、この操作について、ふなれで、なかなか最初は迷うことが多いと思いますけれども、このこういった機器類の操作は誰が行うのか、お聞きいたします。



◎教育部長兼学校教育課長(田中清高君) 

 映像や照明、音響等の操作は誰が行うかにつきましては、一般の方がホールを利用する場合、簡単なマイクだとか部屋の照明等については利用者で行っていただいて、それ以外の操作については職員で行う予定をしております。

 ただし、特殊な映像や照明、音響等で高度な演出が必要とされるような場合には、事前に協議の上、専門業者等を紹介したり、そういう方を用意したりしたいというふうに考えております。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 それでは、食堂についてお伺いしたいと思います。

 このできる食堂でありますけれども、イベントのとき、そして早朝、そして夜間、そしてまた災害時においたときにどのような利用がされるのか、もし決めてあるのであれば伺いたいと思います。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 役場敷地内での食堂営業につきましては、初めてのことであり、町民の皆様がどれほど食堂を利用していただけるのか、想定するのが大変厳しい状況にあります。現在、食堂の運営業者と協議している中では、まずは平日のランチタイム、そちらのほうを中心とした営業を予定しておりますが、多くの町民の皆様にご利用をいただき、連日盛況ということであれば、営業時間拡大を働きかけてまいりたいと考えております。

 また、イベント時の特別営業につきましては、当日の利用者数の想定によりますので、その都度所管課と一緒に食堂運営業者と協議をしてまいります。

 また、災害時の炊き出しについても、現在、協力していただくよう協議をしておりますので、よろしくお願いします。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 それでは、災害時に停電というのは当然起きる可能性がありますけれども、先ほどでは大丈夫というお話でありましたけれども、庁舎とかホール、食堂棟の非常用電気というものはどのような方策になっているのか、お聞きいたします。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 先ほども町長のほうからお答えしましたが、これらの建物には非常用発電機で対応をします。この非常用発電機は無給油で約80時間稼働をします。これに加えまして、避難所を想定したホール棟と、炊き出しを行ってもらう食堂棟につきましては、ホール棟屋上に設置した、屋根に設置した太陽光発電から蓄電された電力で一部の室内照明、コンセントの利用ができるようになっております。

 また、中部電力株式会社とは予備電源の供給契約を締結しております。通常供給されている阿久比変電所からの電力供給が途絶えた場合には、常滑市の矢田変電所からの供給ルートに切りかえることも可能となっておりますので、二重、三重の対策を講じております。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 次に、イベントのあるときの駐車場の確保でありますけれども、大きなイベント時にはどうしても足りないことになると思いますけれども、このときの駐車場の確保はどのように考えているのか、お聞きいたします。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 閉庁時の敷地内でのイベントでは、多数の来場が見込まれ、駐車場の混雑が予想される場合には、従来どおり公用車をほかの施設、例えばスポーツ村等に移動しまして、役場南西駐車場、JAガソリンスタンド西職員駐車場など、近くの駐車場も来場の方に利用していただき、円滑なイベントが開催できるよう主催者に協力してまいりますので、よろしくお願いします。



◆1番(都築重信君) 

 先ほどのお答えで、全ての工事の完成が3月中旬、3月下旬に引き渡しという回答でありました。そして、3月30日に完成の式典、4月8日に完成祝いが行われるということでありましたが、式典の内容、そして4月8日の祝いの内容についてお聞きをいたします。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 私のほうからは、完成記念式典についてお答えをさせていただきます。

 3月30日の午前中に完成記念式典を行い、一般の方の内覧会につきましては午後を予定しております。

 内容につきましては、完成記念式典は、ホール棟のテープカットをした後、多目的ホール内で式典を開催し、終了した後、出席者の皆様に内覧をしていただく予定でございます。

 内覧会につきましては、ホール内、緞帳などを自由にごらんいただき、ホールのさまざまな利用形態も紹介する計画をしておりますが、詳細につきましては現在調整中でございますので、よろしくお願いします。



◎教育部長兼学校教育課長(田中清高君) 

 私のほうからは、4月8日に行います完成記念行事のうちの、山車祝い込みとこけらおとしについてご説明いたします。

 まず、山車祝い込みにつきましては、町指定文化財に指定されております町内の5台の山車が、早朝からそれぞれの地区より新庁舎に集結していただき、到着後はからくりや三番叟等のご披露もお願いし、新庁舎多目的ホールの完成をお祝いしていただきたいと思っております。

 次に、こけらおとしにつきましては、日中に行います山車祝い込み、餅投げが終了した後、午後6時から、新しい多目的ホールにおいて、ジャズ歌手としてご活躍されている、半田市出身で高校は阿久比高校を卒業のケイコ・リーさんを招いてジャズコンサートを開催し、多目的ホールの落成祝いを行いたいと考えております。

 以上です。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 4月8日のイベント行事なんですが、もう2点ほどございまして、まず餅つきが一つ、それから餅投げが一つ、この二つを予定をしております。餅つきでは、2地区の行政区に一つの臼を用意いたしまして、各臼2回ついていただきます。各大字自治会の代表の方や来賓の方々に餅をついていただき、その場で来場者の皆様に食べていただくことを考えております。

 もう一つ、餅投げにつきましては、阿久比の菓子組合、6店舗ございますが、そこにお願いし、餅を作製していただきます。子どもや一般男女などグループに分けて、縁側モールから芝生広場に向かって投げることを想定しておりますので、よろしくお願いします。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 よくわかりました。

 次に質問でありますけれども、阿久比町として、文化的価値の高い山車が記念行事に披露されるということでありますけれども、こういった山車が出るということは非常に行事に花が咲くというふうに思います。町の改めてこの山車に対する思い、考えをお聞きしたいと思います。



◎教育部長兼学校教育課長(田中清高君) 

 4月8日のイベントにつきましては、今申し上げましたとおり、早朝から文化財になっておる山車を庁舎に集結していただいて、そこで庁舎と並んで皆さんで写真を撮ったり、文化財であるからくりだとか三番叟もあそこでみんなで見ていただくと同時に、先ほど、次に行います餅つきをしていただいて、それは全ての地区の区長さんや役員さんにも参加していただいて、町全体での行事と、町全体、町民の皆さんのかかわりを持っていただく。あわせて餅投げも行いまして、そのときにおきましては、危険なことも考慮しまして、子どもさんだとか高齢者等は別に配るだとか、そういうことも考えておりますので、危険回避も考えて行事を今から進めていきたいと思っております。

 さらに、夕方になりますとケイコ・リーさんのコンサートということで、新しくできるホールで落成を記念したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 ホールのこけら落としで、阿久比高校出身のケイコ・リーさんがやられるということは非常にいいことだと思いますので、ぜひお願いしたいと思います。

 そして、阿久比町は以前より稲作が盛んでありまして、現在に至っても盛んに稲作が行われております。小学校においても稲作体験が続けられておりまして、この先どんな時代が来ても、食料をつくるということは大事なことであると思います。今後、どんな時代が来ようと、阿久比町では稲作が続くというふうに思います。

 そんな中で、餅つき、餅投げといった行事が新庁舎多目的ホールの完成記念にあわせて行われるというのはふさわしいのではないかと思います。ぜひお願いしたいと思います。

 次に、遊休農地についての再質問を行いたいと思います。

 阿久比町では、稲作を初め野菜、切り花、鉢物ですとか果樹、酪農、肥育牛、養鶏といろいろな農産物が生産されております。高齢の方にあっては農業は生きがいであり、健康維持にも役立っております。

 最近は若い農業者も町内でたくさん出てきております。阿久比町の農業はまだまだ有望であると思いますが、そんな中で、阿久比町には遊休農地がどれぐらいあるのかお聞きしたいと思います。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 遊休農地でございますが、平成27年度は約22ヘクタールを確認しております。平成28年度につきましては、昨年度からの遊休農地の解消ですとか再認等がございまして、現在、調査中でございます。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 平成27年で22ヘクタールということでありますが、遊休農地の解消に向けて行っている、現在行われている方法ありましたら教えていただきたいと思います。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 遊休農地の解消方法ということでございます。

 現在、阿久比町では遊休農地の解消、発生防止に対しましては、阿久比町地域耕作放棄地対策協議会を設立しておりまして、愛知県、JA、農業者団体などの関係機関と連携しながら、耕作放棄地の再生に向けて協議をしているところでございます。新規就農者を初め、農地の耕作者に対し、国庫支援、交付金の活用を促しながら、耕作放棄地の再生に向けて取り組んでいるところでございます。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 遊休農地に対していろいろ方策をとっておられますが、ここ何年かで遊休農地の面積に変化はないでしょうか。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 数字で申します。平成23年度は約24ヘクタールでございます。平成24年度は25ヘクタール、平成25年度は約20ヘクタール、平成26年度が21ヘクタール、平成27年度が先ほど申しました22ヘクタールとなっております。この5年間で申しますと、約2ヘクタール減少しているということになりますが、全体的にはふえたり減ったりという状況でございます。

 今後も農地の利用の最適化に向けて、遊休農地の解消、発生防止に取り組んでいきたいと考えております。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 税制が改正されるわけでありますけれども、この税制改正によって遊休農地の解消に役立つのか、お聞きしたいと思います。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 今回の税制改正では、平成29年度から税額が変わるということで、現時点では判断ができかねますが、この税制改正で遊休農地の解消が進むことを期待しておるというところでございます。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 それでは、中間管理機構について質問させていただきたいと思います。

 この農地中間管理機構でありますけれども、現在阿久比町では利用されている方はあるでしょうか。そして、もう一つ、今後の農地中間管理機構を利用する見通しというのはあるのか、お聞きいたします。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 では、本年12月1日現在、賃借権の設定がされている農地ですが、7筆で7,367平方メートルとなっております。農地の貸し手5名が農地中間管理機構を通じまして担い手に借り受けていただいております。

 それから、このほかに農地15筆、2万7,370平方メートルについては、現在農業者の方から相談を受けているところでございます。

 今後も農業者の高齢化や担い手不足、土地持ち農家の増加などによりまして、耕作放棄地がふえるということが予想されます。さらに農地中間管理機構の役割が増すものと考えております。

 以上です。



◆1番(都築重信君) 

 どうもありがとうございました。



○議長(久保秋男君) 

 8番 竹内 強議員の質問を許します。

     [8番 竹内 強君登壇]



◆8番(竹内強君) 

 それでは、議長の承認を得ましたので質問させていただきます。日本共産党の阿久比町議団を代表しまして質問いたします。

 私の質問は大きく二つの問題です。

 一つは、子育て・保育行政についてであります。

 今年度、9月15日号の広報あぐいの5ページに、平成29年度保育園の入園案内が掲載されました。ところが、これをよく読んでみると、その内容が昨年、平成28年度案内と大きく変わっている箇所があります。どこかといいますと、一つは自由契約児童についてであります。

 「自由契約児童(3歳児以上で保育実施の入園基準にはまらない児童)の受け付けは、今回行いません。募集については、今後、保育実施児童の入所状況に応じて、改めてお知らせします」となっています。平成28年度入園案内では、「上記、これは(入園基準、保育を必要とする児童)に当てはまらない場合でも、定員に余裕のある保育園では、満3歳以上に限り、自由契約児として入園できます」と、こう明記されています。一体去年からことしにかけてどんなことが起きたのか、こういう変化がなぜ起きたのかということについて疑問を感じています。

 来年、3歳児を持つ親たちにとって、この問題は大問題です。パートの仕事を探す人、あるいは内職をあわてて探す人、パニックになっている。子どもを抱えて途方に暮れる、こういう家族もあります。なぜこんなことが起きるのでしょうか。

 大きな要素は、近年、阿久比町では、陽なたの丘を中心に住宅開発が急速に進みました。予想していた以上の人口増が生み出され、こうした中で、これに伴うインフラ、これがついていけなくなっているのではないか、こう考えます。だからといって手をこまねいて見ていることは許されません。手当てを打ったが間に合わない、これも許されません。

 平成27年3月に阿久比町の子育て支援課が出した「阿久比町子ども・子育て支援事業計画」、この冊子が出ています。これでは、これはまだ平成27年3月に、約1年半前に出された町の資料です。それで、その中で、これは平成27年から平成31年までの5年間の事業計画になっているわけです。

 ところが、この中で、平成29年度の状況をシミュレーションをしています。3歳児から5歳の児童が約1,188人と推定し、このうち1号認定の人数が366人としています。町内の幼稚園の定員が164人、町外への幼稚園の入園が130人、合計294人。そして、残る72人が行き場を失う。これに対して、シミュレーションでは、72人の受け口として自由保育を認めるんだ、自由保育でこれを補っていくんだということを明記しているんです。

 ところが、先ほど述べたように、今年度の入園案内では自由保育は認めない、こういうふうな結論を出している。シミュレーション、この事業計画と全く違う方向を出している。このことについて、重要な問題があるのではないかというのが第一です。

 そこで、この支援計画を見ると、今後の方向性について次のように述べている。1号認定は、町内の幼稚園の定員では提供量が確保できないために、隣接の市町の施設利用を最大限に活用し、それでも不足する部分は自由契約児で対応する、こうなっているんです。ですから、この72人、もうこのシミュレーションですら、72人の行き場がない子たちについては自由契約でやるんだということだと思います。

 ここで言う1号認定というのは、専業主婦家庭、あるいは就労時間の短い家庭のことを言います。これらの方々の中には、子どもが小学校へ入学する前に集団生活になれさせたい、できれば幼稚園に入園させたい、そういう要望を持つ両親、親たちの希望がある、そういう人たちです。

 先ほど述べたように、そのうち130人が町外の幼稚園に行っている。この町外の幼稚園に入るために、前日から徹夜をして並ばなければ入れないというのも実態です。こういう状況の中で、大至急に私は阿久比町で幼稚園の確保が必要だと、増設が必要だというふうに考えていますけれども、その点について、第一の質問として、町立幼稚園の増設についての計画はどのようになっているか。

 2番目は、3歳児以上の自由契約児について、直ちに入園手続の受け付けを行う用意があるかどうか。これは口先だけで、子どもの育てやすい町政とか、子どもは宝だ、こんなことを言っているんじゃなくて、実際に今、必要な手だてが打てるかどうかという問題だと思います。

 さらに、質問として、入園すればそれでいいというものではなくて、よりよい子育てや保育をするために、そこで働く保育士さんの待遇の問題、これは午前中の質問でも出ていましたけれども、非正規ではなくて、正規の保育士さんとしてきちんと保育のできるような体制を組んでいくことが求められる、こう考えますので、次の質問、三つ目は、町立保育園の正規、非正規の保育士さんの割合と、非正規保育士さんの待遇について、そして、今後の改善の方向についてお聞きしたいと思います。

 こうした保育の問題、その他さまざまな問題が出てくる最大の原因は、陽なたの丘に見られるような大型住宅開発に対する町のインフラなど、必要な対応がなされていないところに問題がある、こう考えます。

 それで、第4番目の質問として、大型住宅開発への対応として、インフラなどその責任を、開発業者に対して行政としてどのように対応しているのか、今後新たな住宅開発が進んだ場合、どのように対応するのかについてお聞きしたいと思います。

 以上が保育の問題についての質問です。

 第2番目に、介護保険の具体的動向についてお尋ねします。

 私は、昨年、この一般質問の場で、伏見の介護殺人事件について話させていただきました。この問題、被疑者は最終的には2年8カ月の刑を言い渡され、3年の執行猶予ということで釈放になりました。その後どうなったのか。彼はその後、毎日新聞の追跡調査の中で、その8年後に琵琶湖大橋から飛びおりて自殺をしたということが明らかになっています。母親を殺して自分も死のうとしたけれども死に切れず、裁判長から、元気に、本当に母親のことを思って生きてくれと言われたこの青年が、結局は命を落としてしまったというのが現実です。介護の問題は、そういう意味では、今後我々にとって重要な課題になってくるし、一人一人の生活を犠牲にするような問題になってくる、こう考えます。

 この裁判では、もう一つ大きな課題が突きつけられました。それは、行政の窓口がしっかりと対応したかどうかという問題です。行政窓口がこれに対して親身になって対応できなかった。これが介護殺人を生んだ原因、そして、その青年すらも命を落としていった原因になっているということが大きな問題になったんです。

 いよいよ来年3月から4月、介護保険は大きく変わろうとしています。要支援1、2の方々に対する給付、これが大きく変わろうとしている。あるいは、要介護3以上でなければ特別養護老人ホームには入れない、基本的に入れないという状況も起きてきます。この点についてご質問をします。

 1番目、要支援1、2の方々の訪問介護、あるいはデイサービスはどのように変わるのか。

 2番目、現在待機となっている要介護1、2の方々の特別養護老人ホームへの入所はどうなっていくのか。

 3番目、こうした変化に伴って、来年4月に向けて、介護施設や、あるいは事業所の対応、町はこれに対してどういう今対応をしているのか、お話をお聞きしたいと思います。

 いろいろ質問をしましたけれども、この二つ、保育の問題、そして介護の問題は今、全国で問題になっている同時に、阿久比町でも重大な問題になっている、そのことを鑑みて答えをいただきたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、私からは、大きな1番目の子育て、保育行政についての1点目、2点目、さらに、大きな2番の介護保険についてお答えいたします。

 初めに、1番目の1点目、町立幼稚園の増設について計画はないかにお答えいたします。

 現在、町立幼稚園の増設の計画はございません。

 ほくぶ幼稚園の定員は、3歳児が22名の二クラスで44名、4歳児が30名の二クラスで60名、5歳児が30名の二クラスで60名、計164名となっております。11月現在の児童数は、3歳児が44名、4歳児が57名、5歳児が50名の計151名となっております。4歳児の3名、5歳児は10名が定員より少ない状態となっております。平成29年度の3歳児の入園申し込みをされた方については94名、そして抽せんを行い、44名の児童が入園となります。

 子ども・子育て支援事業計画では、3歳以上で教育を希望される1号認定を町内のほくぶ幼稚園の定員では確保できないため、近隣市町の施設を活用すると記載し、その不足する場合は自由契約で対応するといたしております。自由契約の対応は、定員に余裕のある保育園で満3歳以上に限り入所することができます。

 保育士の配置基準によって、ゼロ歳児は3人の児童に対し1人の保育士、1歳児は6人の児童に対し一人の保育士が必要となります。民間の保育園の中にも、保育士不足の影響から受け入れが困難となっている園がございます。保育の必要な児童に対応するためにも、保育士の確保に努めてまいりますので、ご理解をお願いしたいと思います。

 2点目、3歳以上の自由契約児について、直ちに入園手続の受け入れを行うかどうかについてお答えいたします。

 平成29年度の保育所入所申し込みの受け付けを、10月13日から18日までの土日を除く4日間で行いました。申し込みを受け付けた件数は243件となっております。

 現在、認定に向けた作業を進めているところではありますが、自由契約での受け入れが可能な4歳児、5歳児の保育園の案内を、12月15日号のあぐい広報等でお知らせするよう進めております。しかしながら、満3歳児につきましては、調整をしている段階ではございますが、受け入れに余裕がなく、入所案内をすることが非常に困難な状態となっております。

 次に、大きな2番、介護保険についての1点目、要支援1、2の方々の訪問介護、デイサービスはどう変わるかについて、現段階でお伝えできる事業内容を、詳しくかつ丁寧にご説明いたします。

 今回の介護保険制度の改正につきましては、2025年、平成37年に団塊の世代と言われる方々全員が75歳を迎えることで、日本社会は超高齢化社会となり、その中で、さらなる要介護者の増加に向き合うことになると国は予測しております。

 そんな背景のもと、全国ベースのデータとなりますが、現在、人口の4人に一人が65歳以上で占められております。そして、今後の人口推移を見ますと、2025年、平成37年には3人に一人が65歳以上の方になると予測しております。特に、団塊の世代が75歳以上になる2025年以降、要介護者の増加に伴い、介護、医療の需要が今まで以上に増加すると言われます。また、単身世帯、高齢者のみの世帯も増加いたし、日常生活を送るための生活支援ニーズが高まることも予想されております。

 その半面、これらのニーズが増加する中で、それを支える生産年齢人口は減少していくため、介護福祉士等、介護専門職の確保が難しくなるとも言われております。

 これら社会的背景を受け、介護予防の効果を高め、要介護になるリスクを減らし、元気な高齢者がふえること。また、支える手段として、公的な制度のみならず、高齢者自身がみずからできることは自分で試みることや、NPO、ボランティアなどによる支え合いなどの、地域全体で高齢者を支える仕組みが求められております。特に、元気な高齢者の皆さんは地域で支え合う担い手側に加わっていただくことが期待されております。

 同時に、介護保険の効率化も求められており、介護度が中重度、これは介護3から5のことを言います、の高齢者に対して、専門職の支援が集中的にできるような仕組みづくりが検討されております。

 このような流れの一つとして、要支援1、2の訪問介護、これはヘルパー事業となります、及び通所介護、これはデイサービスのことになります、について、介護予防・日常生活支援総合事業に移行されます。

 今までは、国の定めた全国統一の基準で介護サービスが提供されていましたが、今回の改正で、市町村が地域の実情に応じた取り組みができる介護保険制度の地域支援事業へ移行することになりました。この地域支援事業は介護保険の枠内の中で行う事業の一つでございます。今まで同様に介護保険料等を財源として実施するサービスでもございます。各市町村の状況に応じて市町村が独自に基準を定めるため、地域に合った、地域の特性を生かした効率的なサービスの創設が期待されております。

 現在、訪問介護や通所介護を利用されている要支援の方の中に、専門職による支援が必要な方もみえますが、中には出かける場所がなく閉じこもりがちな方や、簡単な家事を手伝ってもらえれば十分日常生活を送れる方もいらっしゃいます。

 平成29年4月の開始に向けて準備を進めている町の訪問介護と通所介護のサービスについては、現行の介護予防サービスと、新たに設ける緩和した基準のサービスの二つの基準を現在検討しております。

 訪問介護のうち、現行の介護予防サービスの対象者は、既にサービスを利用している方でサービスの継続が必要な方、認知機能が低下し、日常生活に支障がある方、退院直後で専門的な支援が必要な方、身体介護が必要な方など、訪問介護員などの専門職の支援を必要とする場合を想定しております。また、事業所に支払う単価も現行と同額で設定をしております。

 また、緩和した基準のサービスの対象者は、掃除、買い物といった家事援助などの生活支援を必要とする方を想定しております。その分、支払う単価は現行よりも低目に設定しております。

 通所介護についても考え方は同様です。現行の介護予防サービスの対象者は、既にサービスを利用している方でサービスの継続が必要な方や、認知機能が低下し、日常生活に支障のある方、退院直後で専門的な支援が必要な方を想定しております。

 また、緩和した基準サービスの対象者は、認知機能低下のない方で、日常生活に何らかの支援が必要とする方などを考えております。

 今回、要支援1、2の186人のうち、訪問介護を利用している方35人と通所介護を利用している方108人の全員の身体状況やサービス内容を、いま一度、介護度に合ったサービス提供となっているかを再調査いたしました。その結果、現在、要支援1、2の認定を受けている143人全員が、今のサービス内容を今後も継続することが、本人にとって適正な支援につながるものと判断をいたしました。

 そのことから、4月以降も引き続き現行のサービスを提供することで、いつまでも住みなれた地域で暮らし続けられるよう支援できればと考えております。いま一度申し上げます。現在、要支援1、2の認定を受けている143名全員の方については、現行のサービスを引き続き4月以降も提供いたしますので、サービスの低下になることはございません。

 2点目の、現在待機となっている要介護1、2の方々の特養への入所はできるかについてお答えいたします。

 特別養護老人ホームは、要介護者に対して入浴、排せつ、食事などの日常生活上の介護、機能訓練、健康管理等のお世話を行う役割を持っております。この施設では、重度の要介護状態で、入所を希望しながら在宅での生活を余儀なくされている高齢者が多くいることを踏まえて、特別養護老人ホームについては、今まで以上に中重度、介護3から5となります、の要介護者を支える施設として役割が求められています。

 特別養護老人ホームの要介護1、2の入所者の割合は、平成12年には27.4%でしたが、年々減少し、平成18年には15.4%、平成24年には11.8%となっており、入所者の平均介護度も3.88と、ほぼ介護4となっておりますが、現状でも中重度の利用者が多く占めています。

 特別養護老人ホームの入所については、今までも単に申し込み順や、介護度の重いとか軽いとかだけでは決められるわけではございません。介護度、また家族等の状況を踏まえ勘案し、入所の必要が高いと認められた申し込み者を優先的に入所させるように努めることとされております。

 今回の改正により、特別養護老人ホームの入所については、原則要介護3以上の方に限定されることになりましたが、一方で、やむを得ない事情により、施設以外での生活が著しく困難であると認められる場合には、特例入所の対象者として、要介護1、2の方でも入所が認められることになっております。

 この特例入所、介護1、2を判断するには、次のことについて考慮することがなされております。

 一つ目は、認知症である者であって、日常生活に支障を来すような症状、行動または意思疎通の困難さが頻繁に見られること。

 二つ目、知的障害、精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状、行動、または意思疎通の困難さ等が頻繁に見られること。

 三つ目、単身世帯であることか、同居家族が高齢または病弱である等により、家族等による支援が期待できず、かつ地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分であること。

 これらは、各施設の入所選考に係る委員会の合議により検討され、入所の決定については、保険者である市町村に意見を求めることが、愛知県の特別養護老人ホーム標準入所指針に定められております。

 特例入所に該当しない要介護1、2の方につきましては、老人保健施設、阿久比町でいいますと草木のメディコ阿久比となります、また、グループホーム、有料老人ホームなど、要介護1以上であれば入所が可能な施設を選択することになります。

 3点目の、介護施設、事業所への対応についてのお答えをいたします。

 今回、新たに設ける緩和した基準のサービスを提供する事業所等は、現在、介護保険事業を行っている事業所を想定しております。事業に参入していただくには、新たに町が設けた基準に従って指定を受けていただく必要がございます。

 そこで、町は8月24日に、介護予防・日常生活支援総合事業の訪問介護、通所介護について事業所説明会を開催し、事業所に緩和された基準のサービス事業に対する参入意向についてのアンケートを行いました。その後、アンケート結果をもとに職員が事業所を訪問し、事業所から意見や意向などを聞き取り、事業の指定基準等を現在検討しております。

 今後、指定基準及び申請方法についてのさらなる事業所説明会を開催し、できるだけ多くの事業所に参入していただくことで、サービスの充実を図り、支援の必要な方に必要なサービスが提供できるように、サービス事業所の体制整備に努めたいと考えております。

 以上です。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 私からは、1問目、子育て、保育行政についての3点目と4点目についてお答えします。

 3点目の、町立保育園の正規、非正規保育士の割合と非正規保育士の待遇、今後の改善方向についてお答えします。

 まず、正規、非正規保育士の割合ですが、ご質問では町立保育園の保育士と問われておりますが、町立幼稚園の教諭職等を含めた数でお答えをさせていただきます。

 11月1日現在の在籍状況で、正規職員は61名で、非正規職員は101名となっております。

 非正規職員の待遇、時給につきましては、平成28年度10月以降の臨時職の賃金でお答えいたします。まず、クラス持ちについては、月額21万円の者と時給1,170円の者がおります。以下、時給で申し上げます。指定休、代休対応1,170円、乳児、クラス加配、休憩、遅番対応1,130円、障害児保育1,130円、早朝、延長対応、資格あり1,300円、早朝、延長対応、資格なし、こちらのほうは保育補助員になりますが、そちらのほうは1,000円となっております。

 今後の改善方法につきましては、正規職員の確保については、一時的な子どもの数の増加による保育士の増員の必要性と、長期的視野に立った職員配置の両面を念頭に、限られた職員定数の中で保育職を最大限確保するよう努めておりますが、臨時職に頼らなければならない現状をご理解いただきたいと思います。

 午前中の田中議員にもお答えしましたが、待遇面の改善といたしましては、現在、平成29年度予算査定と並行して、臨時職の賃金の見直し作業を行っており、その中でも、保育職については、保育が必要な子どもの増加や、職員の産休、育休取得による不足傾向が続いておりますので、保育に必要な人材を確保すべく、賃金を上げる方向で検討しておりますのでよろしくお願いします。

 続きまして、4点目の、大型住宅開発への対応、インフラについて、開発業者に対して行政としてどのように対処したか、今後どのようにしようと考えているのかについてお答えします。

 大型住宅開発の中で、土地区画整理事業の場合は、事業の認可申請をする前段として、総合計画などの町の全体計画との整合性を図るため、計画協議を行い、その後に、公共公益施設などの整備計画を示した事業計画の事前協議を行います。計画協議や事前協議では、関係官公庁と公共公益施設の整備内容を十分に調整し、事業計画に反映させることが法令で義務づけをされております。

 また、本町の場合、一定規模以上の開発事業を行う場合は、阿久比町宅地開発等に関する指導要綱により、事業者は関係法令の許認可申請または届け出をする以前に、町と事前協議をすることになっております。

 指導要綱では、都市計画法、土地区画整理法などの法令で定める設置基準の道路、公園緑地等の整備のほかに、消防水利、街路灯、防犯灯、ごみ収集場所、集会施設などを関係機関と協議の上、事業者の負担において設置することを規定しています。また、その他の公共施設整備についても別途協議するものとしております。

 なお、大型住宅開発であっても、公益施設については、専ら開発区域内の住民が利用する施設を除き、地方公共団体が整備することが基本であり、公益施設用地の確保を求める場合であっても、当該用地は有償で取得することが原則でございますので、開発事業者に全てを負担させることはできないことになっております。

 提出された事前協議は、土木、産業、教育などの関係部署を回覧して意見を聴取し、土地対策会議において意見を集約し、町としての要望や指導内容を事業者に伝えております。

 陽なたの丘の開発は、阿久比宮津板山土地区画整理事業として、土地区画整理法に基づく協議と指導要綱に基づく事前協議を実施しました。

 ご質問にありました陽なたの丘の開発におけるインフラ整備につきましては、平成13年度に、阿久比宮津板山土地区画整理事業に伴う公共公益施設整備等についての協定書を町と名古屋鉄道株式会社で締結し、公共公益施設整備の負担区分を明確にいたしました。

 保育園の整備につきましては、施工区域内にある宮津保育園が道路計画の支障となることから、機能改修が必要であり、それに合わせて、今後の保育児童数の推移による影響を協議してまいりました。将来の保育児童数を把握するため、平成16年に年度別の販売計画を名古屋鉄道株式会社から提示していただき、それに基づき、既設保育園の収容人数で区域内に転入してくる保育児童を賄うことができるか検討いたしました。

 名古屋鉄道株式会社の販売計画は、バブル経済の崩壊により分譲住宅の販売が伸び悩み、人口減少が予想されたため、これまでの一体開発から段階的に開発する手法に切りかえ、当地区は40代から定年退職を迎えた60代の年齢層を販売のターゲットとして、平成19年度から販売を開始し、平成25年度までに毎年約65戸を売り出し、合計387戸を販売する計画でした。そのため、この時点では、販売する区画がすぐに完売し、急激に開発区域内の人口が増加することや、子育て世代の家族が大量に転入してくることは予想しにくく、既設保育園の定員調整で賄えると判断し、宮津保育園の機能補償工事についてのみ協議を進めてまいりました。

 その後、前述の協定書に基づき、平成19年に宮津保育園の機能補償工事についての協定書を締結し、職員室の増設、駐車場を含む外構の整備、園庭の整備及び遊具の設置などの工事を名古屋鉄道株式会社の費用負担により実施しました。

 今後も大型住宅開発につきましては、関係法令並びに阿久比町宅地開発等に関する指導要綱に基づき、一定の基準をもって事業者を指導してまいります。

 さらに、町の秩序ある発展と町民の福祉の増進を図るため、住宅開発による町民への影響を最大限考慮し、将来計画を立ててまいりますのでよろしくお願いします。

 以上です。



◆8番(竹内強君) 

 今のお話伺いました。それで、再質問させていただきます。

 この平成27年度子育て支援計画ですね、この計画に変更はありませんか。このことについてまずお聞きしたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 変更はございません。



◆8番(竹内強君) 

 この計画、シミュレーションを見ると、陽なたの丘の、先ほど総務部長から報告のあった中身との整合性がない。例えば急速にふえた、このことについて、ここのシミュレーションの中には出てきていない、こう考えるのですが、どうでしょうか。

 もし、この既に陽なたの丘では約800戸近い数の戸数がふえている。そして、子どもたちも急速にふえている、そういうことを考慮に入れた上でこの事業計画がされたのかどうかという点に、僕は疑問に思っているわけです。その点についてはいかがでしょうか。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 先ほど総務部長からのお話がありましたとおり、当然、この計画を立てる段階では、陽なたの丘の状況等も踏まえて整備しておりますけれども、今回の計画につきましては、ほかにも要因がございます。子育て支援法というものができた関係で、保育に長時間の保育時間が設けられたこともございまして、ゼロ歳から2歳、以前から保育しておりましたけれども、今回こういった形で11時間保育延長されたこともありまして、特に、陽なたの丘に来られた若い世代の方には小さなお子さんがいらっしゃる、その方たちの保育ニーズというのも非常にふえたということも一つの要因になっております。

 この計画におきまして、さまざまな要因はございますけれども、今回の計画は、これは今の現在では修正する予定はございません。



◆8番(竹内強君) 

 それでは、もう一つ問題を提起したいと思います。

 それは英比保育園の建設についてです。英比保育園の建設に当たっては、英比学区における北原保育園、それから英保育園、城山保育園の三つが老朽化したということで、これを統廃合して英比保育園をつくっていこうということで建設計画がずっとされてきたというのをお聞きしています。

 そういう中で、今現実には、英比保育園ができ上がったにもかかわらず、それを超えるニーズが存在する。それは民間の保育園が、SAKURA保育園ができたということからもわかると思うんです。そういう計画性と実際のニーズとの違い、ここのところがどうも理解できない。町の計画そのものが後追い、後追いになっているのではないか、そういう問題についてお答え願いたいと思います。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 英比保育園の設立に関しましては、英比保育園を設立する前に、阿久比町の町立新保育園基本計画というものをつくることといたしました。この基本計画につきましては、平成17年におきまして、英比学区の英保育園、北原保育園、城山保育園が施設の老朽化、またその当時は児童が減少しているという判断のもと、内部で検討いたしました。その検討結果をもとに、平成21年度に検討委員会を発足し、3園を1園に統合するという方針が出されました。その方針に基づいて、平成22年、新保育所基本計画策定委員会というものを設立いたしまして、その中で基本方針を定めております。

 3園の児童数は横ばい、または減少すると見込む中で、一方、需要もあるという想定をいたしまして、3園の規模を統合するとともに若干の余裕を持たせ、そうすれば保育をできるという判断のもといたしました。当然そのときも、陽なたの丘の販売計画、または建設状況だとか転入時期等も踏まえて計画をしております。その計画に基づいて、定員260名という形で計画を立てております。そうしたところ、先ほども説明があったように、非常に販売計画を上回る好調の売れ行きで、特に若い世代の方の転入がふえ、児童の人口増となる結果となりました。

 ただ、このような状況の中、保育園を英比保育園だけで対応できぬ、不可能という判断のもと、早急に当局も措置を行っております。平成24年度におきましては補正予算を対応して、宮津保育園の増築、それと、一旦休園をしようと思っていた城山保育園を再園させております。それは、英比保育園を竣工と同時の同年度に並行してそのような対応をし、何とか平成25年度当初には、英比保育園、城山保育園の再園、宮津保育園の増築とあわせて開園をさせていただきました。

 当然、このような措置をしたというのは、多くの方が阿久比町を希望して転入してきた。そして、新しいスタートを迎えるに当たって、子どもたちが行き場がなくなる、そんな不安を解消するためにも、即時対応して、手をこまねいているわけではなく、処置を行ったという経過がございます。

 以上です。



◆8番(竹内強君) 

 今、英比保育園の建設について、その計画性についてお話を聞きましたけれども、ここでもやはり、急速な人口増加や子どもの増加が最大の大きなネックになっているというのをお伺いしました。

 町も大変だけれども、やってきた家族、子どもを抱えて大変な状況になっているということもよく理解していただきたいというふうに思います。そうした上で、本当に町がきちんと対応していくことがこれからも求められていくというふうに考えています。

 次に、非正規の問題について聞きたいと思います。

 今、非正規労働者の問題は重要な問題になっています。例えば、ことし出された結果として、大企業に勤める非正規労働者の数が急速にふえている、そういう傾向がずっと大きくなってきているということが報道されています。

 2012年の段階での、約10億円以上の大企業に勤める非正規労働者が149万人いる。それが、2015年には194万人、約50万人ふえた、こういうふうに言っています。こういう傾向が生まれている中で、自治体、地方公務員の段階でもこういうことが進められていること自体に問題がある。むしろ地方公務員の段階で言えば、積極的に正規労働者を雇い入れることによって、大企業や、あるいは中小企業も含めて、正規労働をきちっとふやしていくような取り組みが必要だと思います。それは同時に、日本の経済を転換、好転換させていく方向につながっていく、こう考えています。

 非正規労働者が多いということは、さまざまな分野で問題が起きてくる。先ほど述べていただきましたけれども、例えば介護保険をやる場合でも、下支えがなくなってきた。年金も若い労働者が減ってきたと言っていますけれども、年金の支払う人が減ってきたというのが現実で、そういう問題がこの非正規問題にかかわっているというふうに考えます。

 そういう点で、非正規労働者を減らしていく上で、町の段階では、大きなネックになっているのは、私は職員定数条例、ここにあると思います。職員の定数が枠が決まっている。だから、正保育士に対して、非正規保育士を正規になかなかできない。枠が決まっているので、やめない限り新たにふえないという問題が生まれてくると、こういうふうに考えます。そういう意味では、この定数条例を改めなければ変わらない。定数をふやす、ここから始める必要がある。

 午前中の答弁の中で、正規定数についてはさまざまなカウント情報があると。いろいろな状況のもとでこの定数が決まっているんだと言いましたけれども、実際に阿久比町ではこの間、かなりの人口増が行われ、子どももふえたということであれば、当然定数もふやしてしかるべきだというふうに考えますが、いかがでしょうか。お答えお願いします。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 午前中も申し上げましたが、確かに限られた職員定数ございます。そちらのほうをふやしたらどうかというご意見ですが、先ほどから見込みが甘いじゃないかとか、そういうようなことを言われているような気がしておるわけなんですけれども、職員というか、子どもの数も、午前中ありましたとおり、平成29年度、来年度がピークと推計をしております。そういった段階で職員定数を引き上げて、正規職員をどんどんふやすということは、議員もご存じかと思いますが、公務員というのは首を切ることができません。人件費に対する財政の影響大変大きいですので、安易に正規職員をどんどん入れるということは大変難しいと考えておりますので、その辺はご理解いただきたいと思います。



◆8番(竹内強君) 

 いろいろあると思います。あると思いますけれども、しかし、やはり先ほど述べたように、国全体の問題とあわせて考えるならば、町が積極的に正規職員をふやすことが今求められているということを私は主張していきたいと思います。

 今後ともこの問題については質問をしていきたいと思いますが、次の質問で、大型住宅開発に対する町の姿勢、ここのところについてご質問します。

 大型開発が行われる。先ほどお聞きしたように、名鉄不動産が陽なたの丘を開発する段階で、予想以上に売れたんだという答えが返ってきています。実際に予想していた倍以上の速さで、そして若い人が入ってきたと、こういう実態があることはよくわかりました。

 しかし、そういうときに、途中立ちどまって、きちんともう一度開発業者とお話し合いをする、そういうことが必要じゃないか。急速に売れているからさらに売ればいい、どんどん売ればいいという、業者の側から言えばそういうことです。だけれども、町の側から言ったら、それをやってしまえばインフラがおくれていくということが出てくるわけですから、必ず中間できちんと業者との話し合いを進めていく、こういう姿勢が必要ではないかと思いますが、いかがでしょうか。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 先ほども答弁の中で申し上げましたが、開発指導要綱事前協議等で費用負担だとかそういう協議は当然やっております。それで、先ほど答弁の中でも言いましたが、公益施設について、全てを事業者に押しつけるという、そういうことはできません。バブル期の地価がどんどん上がっていく時代のころには、安易に事業者に、あれも欲しい、これも欲しいということで、無理なお願いをしていたこともあったかと思います。

 そのときに、平成7年なんですが、建設省建設経済局長と建設住宅局長から局長通知というものが出ていまして、宅地開発等指導要綱の見直しに関する指針についてということで、先ほど言いましたが、公共用地、出していただくというのは、場所を協力していただくことは可能かと思いますが、購入については全て市町村がやらなければならないと。ですから、議員言われるように、売れたから、途中で急に状況が変わったから、再度業者のほうに、あれもやってくれ、これもやってくれということは要求ができないと考えております。

 また、そういう形で、もしこの指導要綱というのが、当然事業者の理解と協力があってこそできることですので、もしそれを例えば聞いたとして、やった場合、事業者必ずどこかに費用を捻出しなければいけないものですから、回すと思うんですね。そうすると、どこへ行くかというと、回り回って、そこを購入する方の購入費がどんと上がってしまうのではないかという心配もございますので、そういうことが町としてはできないと考えておりますので、よろしくお願いします。



◆8番(竹内強君) 

 今の話で、一つ僕は理解してほしいと思うのは、僕が質問したのは、業者に全部やれと言っているわけではないんです。業者とよく話し合うことが必要だ。例えば開発を少しおくらせるとか、そういう問題なんです。急いで一気にやるのではなくて、段階を追ってやっていく、それが大きなインフラをしなくても済む問題だというふうに考えるから聞いているんです。ただ公共施設を業者に丸投げする、こんな話ではないんです。そこのところはしっかりと受けとめてほしいと思います。

 そういう意味で、今後の対策としても、どういう計画があって、それが進みぐあいを見ながらきちんと業者と話し合っていくということが重要ではないかということを提起しているわけです。その点についていかがでしょうか。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 議員のおっしゃることはもっともだと思っております。そういう形で、今後開発の進捗状況等、事業者のほうと連絡を密にとりながら対応という形をとっていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



◆8番(竹内強君) 

 時間が来ましたので終わりにしますけれども、今、阿久比町の中で、子どもの子育て問題と老後の問題は大変重要な問題になってきていると思います。その二つが2大問題だと僕は考えています。そういう点で、今後もこの二つの問題については引き続き一般質問等で質問をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 どうもありがとうございました。



○議長(久保秋男君) 

 この際、暫時休憩をいたします。

 午後3時10分より再開いたします。

     午後2時53分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時10分再開



○議長(久保秋男君) 

 休憩前に続き会議を再開いたします。

 7番 澤田道孝議員。

     [7番 澤田道孝君登壇]



◆7番(澤田道孝君) 

 それでは、議長のお許しをいただきましたので、通告順に質問をさせていただきます。

 本日の私の質問は、根底には税金を大切に使っていただきたい、そういう願いを込めて質問をいたしますので、お含みおきをいただきたいと思います。

 まず、大きな1問目でございます。農林水産事業の元気な家族農園事業の現状についてお伺いをするということです。

 この事業は、非農家の町民に対して家庭菜園を貸し付け、野菜等を栽培していただき、農業に理解を得ることが目的だと思います。農家より約3,200平米の田んぼを借り受け、その中に80区画、1区画当たり約8坪の家庭菜園をつくり、非農家家庭に貸すことを目的としていると思います。

 しかしながら、総数約80区画の1区画当たり約8坪の家庭菜園をつくり、町民に募集をかけたところ、予定区画数を下回る利用率65%と伺っています。一般民間企業では考えられない不経済な不効率な利用と思われます。その利用区画数の現状についてお伺いをまずいたします。

 2問目、土地の借り上げ、借地料が世間相場よりかけ離れていると思うが、そのことについてお伺いをいたします。農家より農地を借り上げることからまず問題になっております。本町は、米の収穫量をもとに、1反当たり10万円を目安に、3反年間30万円として農家より農地を借地する計画で土地借地契約を結び、既に2年分の借地料60万円が地主さんに渡っているということです。

 しかしながら、1反10万円の借地料が適正であるかどうかということにつき、非常に私としては疑問を感じたわけでございます。農業従事者の減少と高齢化、農地の採算性の悪化に伴い、近年では町内に耕作放棄地が多数存在し、その適正なる農地の管理が求められているわけでございます。したがって、農家としては、農業を運営することより農地を管理することが大切な課題となり、大規模農家にその耕作を依頼しているのが現状です。

 したがって、借地料が高額になれば借りてもらえず、農地の管理がおろそかになるということで、借地料は低い価格で農地を貸し出し、その農地の管理を大規模農家にお願いすることが一般化しているわけであります。

 農地1反当たり幾らの借地料が適切であるかということで、私が調査した結果、農業協同組合、JAの内部組織である農作業受託部会阿久比支部によると、1反当たりの標準的な借地料は7,000円が適切であると一般農家に指導要望が出ていたようである。したがって、本町が契約した1反当たり10万円とは大幅にかけ離れており、大いなる不自然さと疑問を抱いたわけであります。

 この事態は、町が契約当事者、地主に特別に利得を与えることを目的としているのか、本町の農地の賃貸借の現状をよく知らないで契約したのかわかりませんが、大きな問題であると考えるものであります。そして、貸し主、土地所有者は、数年前に農業委員会の会長を経験された方であると聞いております。農地の実情をよく知っている方であります。

 そして、多くの農業者及び農地所有者に本町の契約状況をお話をしてみましたが、一般農地所有者の感想は、私の土地もぜひ借り上げてほしい。あるいは、町民から税金の無駄遣いという批判が多数ありました。

 本町は今後もこのような契約を継続するのか、あるいは借地契約を見直すのか、見解をお伺いいたします。今後、この元気な家族農園の利用率の増加も大変危惧されることであると思いますが、どこで見直しをしていくのか、答弁をいただきたい。

 それでは、続きまして、大きな2問目に移ります。

 2問目の小さな1番、完成記念事業についてお伺いをいたします。

 完成記念事業は、完成記念式典、ホール及び食堂棟竣工式について、予算及びその計画について伺います。先ほどの答弁とダブっておるかわかりませんが、簡潔に説明をお願いします。

 ホールの内覧会について、その実施計画をお伺いします。

 山車の祝い込みについて、実施計画とその予算についてお伺いをいたします。

 餅つきについて、その実施計画と予算についてお伺いをいたします。

 餅投げについての実施計画と予算についてもお伺いしたいと思います。

 多目的ホールについて、実施計画とその予算についてお伺いいたします。

 以上、細かく質問をいたしましたが、全体から感ずる私の感想は、非常に過大な完成式典であり、必要以上かつ税金の無駄遣いではないかという感じを受けております。

 ちなみに、半田市の新庁舎建設は、総工費が約65億円だそうです。そして、その65億円に対し、式典にかけたお金は133万円。阿久比町は総工事費が47億円だそうです。そして、その式典にかける費用は約800万円ということになっております。このことから見ても、必要以上の税金を投入しているのではないかと。要は、町民が本当にこの完成式典を望んでいるのかということが問題だと思います。非常に疑問を感ずるところであります。

 これをもちまして質問席での最初の質問を終わります。よろしくお願いします。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 それでは、私からは、大きな1番と2問目の2の?、それから?と、この三つについてお答えをさせていただきます。

 お答えをする前に、まず本日、中日新聞報道にありました住民監査請求に関する記事におきまして、町農業委員会で賃借料基準が定められているとありましたが、現在そのようなことは定めておりませんので、ここでお断わりをしておきます。

 それでは、大きな1番、農林水産業の元気な家族農園事業の現状についてお伺いするの1番、現在の利用区画状況について伺うについてお答えをいたします。

 元気な家族農園は、板山にありますふれあいの森に隣接した農地を借り受け、整備してまいりました。全区画数は現在80区画で、11月30日現在、51名の方で53区画を貸し出しております。貸し出しました区画につきましては、全区画が畑として有効に利用されているところでございます。

 次に、2番、土地借り上げ料が世間相場とかけ離れていると思うが、このことについて伺うについてお答えをいたします。

 この土地は、もともと元気な家族農園として町が借地するまでは、優良農地として水稲栽培がされておりました。地権者の方に、町の政策として家庭菜園用に一般町民に貸し出したい旨説明をしまして、借り受けた土地でございます。

 土地借り上げ料につきましては、借り受けた土地の総面積が3,272平米であります。この土地を年間30万円で借地契約をしております。平成27年度の全国の1俵当たりコシヒカリの米価と水稲収穫量から計算しますと、1,000平方メートル当たり10万4,377円の収入となります。この計算から、1,000平米当たりの金額を差し引き計算をいたしますと、1万2,677円安く契約できています。

 ふれあいの森に隣接したこの土地を選定しましたのは、利用される方の利便性を考慮し、駐車場やトイレ、手洗いが近くにあり、愛知用水が使用できる農地からこの土地を選定しました。現在、この地権者との話し合いがつきましたので、契約をお願いして借りておるところでございます。

 よって、この土地の借り上げ料については、特に過大な金額ではないものと考えております。

 続きまして、3番の今後の運用計画について伺うについてお答えします。

 元気な家族農園は平成28年4月に開設され、開設の目的である地域農業への理解を深め、家族のふれあい機会を創出していただいております。利用者の中には子どもや孫を連れてくる方もおり、世代を通して農作物に触れる機会を創出する場として、また今年度末には、ふれあいの森デイキャンプ場にバーベキュー場が追加整備されることから、ふれあいの森との一体利用により、とれたての新鮮野菜を食するなど、家族のふれあいの場としてご利用いただくことを願っております。

 今後も家族のふれあいの場として、利用者に使いやすい元気な家族農園の一層の整備を進めるとともに、空き区画の利用促進に向けPRしてまいりたいと考えております。

 大きな2番の、新庁舎多目的ホール完成記念行事についてお伺いするの2番の?番、餅つきについてと、?番、餅投げについてをあわせてお答えします。

 この餅つきと餅投げに使用する餅は、地域との一体感を持ちたいとの考えから、町内農家が町内で生産したモチ米を購入し、使用したいと考えております。予算につきましては、餅つきに76万5,000円、餅投げに214万2,000円、合わせて290万7,000円を委託料として今議会補正予算に計上しております。

 内容につきましては、餅つきでは、2地区の行政区に一つの臼を用意しまして、各臼2回、各大字、自治会の代表の方や来賓の方々に餅をついていただきます。ついた餅はその場で切り分け、振る舞いますので、ご来場の皆様に食べていただき、完成をお祝いするというものでございます。場所につきましては、庁舎正面入り口から多目的ホールにかけての縁側モールの下で行う予定をしております。

 次に、餅投げでは、昔から住宅の新築時に餅投げを行っていましたこの地方の風習にちなみまして、町民の皆様多数が参加でき、皆様とともに喜びを分かち合えるものと、庁舎多目的ホール完成の祝いとして企画をいたしました。

 用意する餅は町内に6店舗ある阿久比菓子組合にお願いし、餅を作製していただく予定で、縁側モールから芝生広場に向かって投げることを想定しております。投げる際は、子どもや一般男女などのグループに分けて行うことを考えております。

 ただ、行うに当たりましては、別途配布することや、投げ方などを含め、行政協力員会にお諮りして、検討してまいりたいと考えております。

 また、安全対策につきましては、安全柵の設置や警備員、職員の配置、救護班の配置など、参加者の安全に万全を期してまいりたいと考えております。

 以上です。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 私からは、2問目の新庁舎多目的ホール完成記念行事についての1点目の?完成記念式典、ホール、食堂棟竣工式と、?のホール内覧会、一般住民対象についてあわせてお答えをします。

 完成記念式典につきましては、建設事業の完了後、平成29年3月30日の午前中、一般の方への内覧会につきましては午後から実施する予定でございます。

 予算につきましては、記念品代として73万5,000円を予定しております。

 内容につきましては、完成記念式典は、ホール棟のテープカットをした後、多目的ホール内で式典を開催し、終了後、出席者の方に内覧をしていただく予定でございます。内覧会につきましては、ホール内、緞帳などを自由にごらんいただき、ホールのさまざまな利用形態も紹介する計画ですが、詳細につきましては現在調整中でございますので、よろしくお願いします。

 以上です。



◎教育部長兼学校教育課長(田中清高君) 

 私のほうからは、?の山車祝い込みについてと、?の多目的ホールのこけら落としについてお答えいたします。

 先ほど都築重信議員の質問にもお答えさせていただきましたが、4月8日土曜日に予定する新庁舎多目的ホール完成事業の山車祝い込みにつきましては、予算は235万2,000円で、内容は、町指定文化財に指定されている町内の5台の山車がそれぞれ地区より新庁舎に集結していただき、到着後は、からくりや三番叟等の披露もお願いし、多目的ホールの完成をみんなでお祝いしたいと考えております。

 次に、?の多目的ホールこけら落としにつきましては、予算195万5,000円で、内容は、日中に行う山車祝い込み、餅つき、餅投げが終了した後、午後6時から、ジャズ歌手として活躍されているケイコ・リーさんを招いてジャズコンサートを行う計画です。ケイコ・リーさんは半田市の出身で、高校は阿久比高校を卒業されており、本町ともご縁のある方で、多目的ホールのこけら落としにふさわしい方であると考えております。

 こちらの予算につきましてはこの議会のほうに上程しておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



◆7番(澤田道孝君) 

 それでは、再質問を行いたいと思います。

 先ほど、1反当たりの収穫量が10万4,377円となる、米をつくった場合こういう計算になりますよということで、1反当たり10万円というふうに借地料を定めたということでございます。これは、収穫量は確かに10万円程度あるんだろうというふうに想像しますけれども、一切土地所有者は、農家は手を加えていないわけですよね。手を加えていなくて、10万円近くの収入があるから賃借料10万円だという乱暴な設定なんですよね。

 私、実はこれ、幾らが適正かということで、私の友人が、あなたそういうことをやるの、うん、実はね、こういう資料があるんだわといって届けてきたんです。これ同じ方です。同じ場所です。これ領収書が4枚、これ同じところを1年間1万円で貸しているんですよ。それで、ここに確かに受け取りましたという判こがあるんですよ。阿久比町に貸すと1万円が10万円に化けてしまうということなんですよ。こんなばかな話はないでしょうということです。

 それで、まだあるんですよ。実はこの中に、彼は農業委員会の会長をやってみえた。その会長をやると、農地を貸してください、貸しますよという、そういう農地法の3条の申請が出てくるわけです。これを見ますと、2,594平米をただで貸しますよ。ただですよ。これに判こが押されて、いいですよということです。今の現状はこうなんですよ。耕作さえしてくれたら、ただでもいいですというのが現状なんですよ。ここでよく1万円も払ったなというふうに思いますけれども、それが現状なんです。それを1反当たり14万円で阿久比町は借りるというわけですよ。すごいここに私は不合理性を感ずるわけでございます。

 私は、ここで強く訴えたいのは、この契約は無効なんです。悪意を持ってなされておるということです。私はちょっと法律の勉強をしましたので、善意、悪意というのは、法律上では知っておったか、知っていないかということなんですよ。知っておれば悪なんです。知らなかったら善なんですよ。この借地料は、こんなことは高いんだと。実際には1万円でいいんだと。それを10万円で契約しておるんだということなんですよ。だからこの契約は無効なんです、私が言うと。無効な契約は破棄して、お金を返してもらわなければいけない。それを強く要望しておきます。

 ほかにもいろいろわけのわからんことはたくさん出てきましたけれども、次に移りたいなというふうに思っております。

 いずれにしても、もうちょっと、あ、一つお伺いするのを忘れましたけれども、ごめんなさい。

 この年間30万円という賃借料です。これは、阿久比町側が年間30万円でお願いしますよと言ったのか、地主さんが年間30万円なら貸してあげるよと言ったのか、どちらなんでしょうか。お伺いします。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 この金額につきましては、阿久比町側から地主さんのほうへまず、この金額でお貸しいただけませんでしょうかという案をお持ちをいたしました。そこで地主さんとの話し合いがついたと、こういうことでございます。

 以上です。



◆7番(澤田道孝君) 

 すみません。それでは、阿久比町さん側は世間相場というものを全く調査しなくて、このお話を地主さんに持っていったということですね。

 同じような農園事業を、農協はやはりすぐそばでやってみえます。ここは1反当たり10万円じゃないですよ、2万円でやっておりますという返事をいただきました。その5倍ですよ、阿久比町は。

 それから、先ほども言いましたけれども、JAの作業部会では、1反当たり7,000円が賃借料としては適正だというふうな通達が出ておるわけですよ。そういうことを一切考えずに、1反当たり10万円で地主さんにお願いすると。これは、私でも、そんな実情を知っておって、10万円うまい話を持ってきたなということで契約をしてしまうということだと思うんですよ。

 この古い庁舎からこちらに移動しましたよね。古い庁舎のときには綱紀粛正という、あれは町長が書いたそうですけれども、それが各机にペタペタ張ってあって、こちらへ来たら一向に目につかんようになったんですけれども、やはりこういう契約をするときに現状を把握しない、それで、この法外な賃料で契約をしてしまうというのは、綱紀粛正ということが自覚されておらんのではないかというふうに思っておりますけれども、町長、このことについてちょっと答弁をいただきたい。



◎町長(竹内啓二君) 

 先ほどから議員のお言葉を聞いていると、米の単価のみでこの契約の金額を決めて行ったと決めつけておられるようでありますが、私どもはそれだけで決めたわけではございません。先ほど部長が答弁したのは、このコシヒカリの米の単価からいって、これが過大な金額ではないと考えているというふうに申し上げているはずでございます。

 これを決めるときには、もちろん我々の幹部会のほうにも案が担当のほうから出てまいりました。そして、例えば阿久比町の中で、土地の借地を行っているのはここだけではございません。平成13年のとき、私の前の町長さんのときに、高根湿地を賃借をいたしております。そのときの平米単価は118円でございます。現在それは88円になっております。

 そして、この元気な家族農園が、平米単価でいうと91円70銭。もう一つ、板山グラウンド、それから草木グラウンドも、これもその地区から阿久比町が借り入れているわけでございますが、それを平米単価でいきますと、板山グラウンドにおきましては203円、同じく草木グラウンドでは118円という形でなっております。

 ですから、こういう阿久比町が現在、今、借り入れをしているところとの比較も見ながら、この担当のほうは、元気な家族農園の単価を年間で30万円というふうで決めてきたものと私は思っておりますし、それが法外に高いというものではない。そして、土地というものは、耕作を放棄する、また農地がもうやっていけない方が、その土地を管理してくださいと言って出す場合には、ただばかりじゃなくて、管理料を払ってまでやっていただいている方もおみえになるでしょう。それから、そこで、先ほど言ったように、1万円なり幾らかなりのお金の年貢のかわりとしていただいてやっているところもあるでしょう。しかし、土地というものは、結局その必要のあるところが、同じ1坪の土であっても価値があるかないかということだと思います。

 そこで、我々にとって、ここの今度行うこの事業において、真っ先に考えたのはトイレでありました。つまり、農作業をやりに行ったとき、トイレが行きたくなったときに、もうトイレがないところでは困るから、トイレの近いところ。それから、先ほど部長が言ったように、車で恐らく行かれるでしょうから、車を道路へ置いて、それが邪魔になっては困るわけであって、駐車場が近くになければいけない。そして、手を洗う上水道もなければいけない。それから、皆さんのこの農園がやはり集えるような、安心してできるような農園にしたいということもありました。

 そして、私どもと、地元の人間と違って、団地に入ってきてみえた方たちは、田んぼだとか畑というものをお持ちになっていない。そういう人たちが農業というものにふれあおうということを考えますと、やはり大きな団地の近くがいい。そういうことを大きな局面から見たときに、一番いい土地というのは、今の土地が一番いい土地であると。だからあそこを何とか貸していただきたいと、そういうふうで始めた形であります。

 それから、先ほど全区画が埋まっていないじゃないかということのご質問がありましたが、これは、私どもがあそこを設定したときに、見に行ったときに、区画割りしたんですが、隣といいますか、道を一つ挟んだ隣に林というか、それがありまして、日光が届かない、一日のうちで朝日を受けられないというところが今あいてしまっています。ですから、そういうところにつきましては、今後、農作業用のものの物を置く小屋だとか、それから、また運搬するための車が入って行けるようにするだとかということを、今、担当のほうでは考えて、もっと使いやすいような、そして町民の方に多くの人に利用していただけるような、そういう元気な農園にしたいということで行っております。

 そして、今、53区画の皆さん方は、一生懸命あそこの土を耕し、そこで自分たちでとったお野菜をことし収穫している。そういう事業が進められておりますので、ご理解をいただきたい、そのように思います。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 先ほど町長が、草木グラウンドについての借地料を申し上げましたが、118円ではなく、平方メートル当たり192円の誤りですので、修正させていただきます。



◆7番(澤田道孝君) 

 草木グラウンドだとか湿地だとか、そういう例を挙げられたんですけれども、湿地はあそこでないとないわけですよ。また、板山もグラウンドを貸しております。その板山グラウンドの借地料も高いことは存じ上げております。しかし、農地を農地として貸す、そういうものじゃないわけですよ。

 私は、農地であっても、そこから農地以外のものに転用して高い収益性を上げるんだということなら納得いきますよ。今回の場合は農地を農地でしょう。そこでないとできないものじゃないんですよ。それを1万円のものを10万円というのがどういうことなんですかということですよ。いろいろなところの単価を聞いても、まー頼むよ、1万円、お金はもういいですよと。愛知用水のお金もこちらで払います。ぜひとも何かやっておられたい。耕作放棄地を見るのはしのびないというのが現状なんですよ。それを、さもほかのところと比べたらこれ安いんだよというふうに、ほかのところと比べたらまだ安いですかね、言うんだよというような言い方は、もう全然論拠に値しないというふうに私は思っております。

 それでは、次に行きます。

 そのお祝いの件ですね。私は当初、これがある議員が、全然議員には話がないのに、町長が餅投げやるぞと。一体どこを根拠にそれができるんだというようなことがありまして、急遽その、急遽かどうかわかりませんけれども、説明があったということですよね。

 私は半田市と同じにやれとか言いませんよ。でも、余りにも桁外れに、阿久比町の予算というのは大き過ぎるんじゃないのかというふうに思っております。これは、もうちょっと税金を適切に使ってほしい。700万円です。こうしないとお祝いができなのかというようなことなんですよ。私もいろいろな方に聞きましたけれども、ばかげた、今どき餅投げなんてけが人が出るぞと。これ何千人でしたかね。3,000人でしたか。ちょっとその辺、予定人数を教えていただきたいと思います。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 一応、予定をしておりますのは、3,000人を予定をしております。

 以上です。



◆7番(澤田道孝君) 

 想像してみてくださいよ。あそこのテラスの下に3,000人の人が来るんですよ。その人たちに向かって餅を投げるわけですよ。どういう人が来られるのか、まさか腰の曲がったおばあさんや保育園の生徒が来るわけじゃないだろうというふうに思いますけれども、3,000人といったら、阿久比町今約1万世帯でしょう。1万世帯で3,000人ということは、3.3世帯で1人来るわけです。それは余りにも過大だというふうに思いますし、もし、その3世帯に1人しか出られないようなものであれば、これは餅と言ってもお金をばらまくようなものなんですよ。

 私どもは開業してからもう40年近くになりますけれども、昔はボーナスとは言わなかったんです。餅代だということです。税金を餅に変えてばらまくわけですよ。こんなばかなお祝いの仕方がありますかということです。それは昔、私も隣近所で家が建って、餅を拾いに行ったということも覚えておりますよ。でも、そういうことをしなければこの庁舎がお祝いができないのかということですよ。私はもっとみんなが本当に集えるようなお祝いの仕方を考えるべきだと。こんな危険なことを考えて、それから山車でもそうですよ。3,000人も来るところに山車を入れてやったらどうなると思いますか。山車は山車、お祝いはお祝いでやったらどうなんですか。

 それで、私はいろいろ皆さんにお聞きしましたら、このことについて、やはり反対だというような意見を持ってみえる方がたくさんありました。本町にはそういう方のご意見は届いていないですか。



◎副町長(間瀬政好君) 

 ただいまのご質問ですが、私どもは皆さんと一緒にお祝いがしたいという考えであります。そのようなことは耳に入っておりませんので、よろしくお願いいたします。



◆7番(澤田道孝君) 

 私、ここに要望書というのがあるんですよ。私はこれ、同僚議員が朝来ましたら、おお、こういうものが来たぞ、おお、澤田君が言っておることとよう似ておるな。ぜひこれを持ってやったらどうだということです。これには、危険を伴うこんな山車の勢ぞろいというのは必要なのかと、中止してほしいというような要望書があって、阿久比町議会の判こが押してあるんですよ。こういう中止を、あるいは縮小してほしいという要望書に対して、本町の考え方はどうなんですか。一遍ご答弁願いたいと思います。



◎副町長(間瀬政好君) 

 先ほど部長もお答えしましたように、餅投げはやはり危険はあります。それに対して、安全策を設けて投げようと思っておりますし、配布、投げ方につきましても、それぞれ子どもさん、一般男女、グループ等々に分けて餅投げをしようというふうな考えでおりますので、安全には万全を期して行いたいと思っております。



◆7番(澤田道孝君) 

 私、今質問したのは、こういう要望書が来ておることについてどう考えるのかということについてお伺いしております。それに対する答弁をお願いしたい。



◎副町長(間瀬政好君) 

 要望書は要望書というふうで承っております。



◆7番(澤田道孝君) 

 どうもかみ合わないんですよね。要望書は要望書だと。この要望書を出した方はひょっとしてこのテレビを見るかもわからん。これを要望書に対して、例えばこの点はこう配慮しますとか、こういうことに配慮していきたいとか、そういうふうに答えるのが、それが答弁じゃないですか。本当に何かわけのわからんことですよ。

 余分に、余談になりますけれども、私は、3,000人ですか、1台の車に3人乗ってきて、もう1,000台の車がいるわけですよ。1,000台の駐車場が要るわけですよ。それで、その庁舎の周りの駐車場は、ほとんど山車があったり、3,000人の人が集まるわけですから、そんな車を置いておくわけにはいかない。一体1,000台の車をどこへ置くというんですか。お聞きします。



◎町長(竹内啓二君) 

 私どもは、過去の役場周辺にお集まりをいただいた人数をもとにして3,000人というのを割り出しておるわけであります。つまり、60周年のときの盆踊りを夏やって、花火を出しましたが、そのときに、じゃ、1,000台の車が集まったかというと、そんなことはございませんでした。町民の皆さん方が何らかの方法によってこちらへお集まりをした数字は、3,000人を超えていたというふうに記憶をしております。

 それから、先ほどおっしゃっていた町民からのご意見というものは、これは大切にしなければいけないと思います。しかし、ご意見は一人一人やはり違うということも事実でございまして、私どもに、山車をここへ祝い込みをするという案を一番最初おっしゃった方も町民の方でした。今度はうちらが、60年に一遍の大仕事が完成したときには、ここへ山車を持ってきて祝ってあげたいなということから始まってきたことであります。その方も町民のご意見というふうにも感じております。

 それから、今言った餅投げ等につきましても、うちらのほうとしては、どういうふうな形でやったら安全策がとられるのかということを今研究させています。

 それから、お祝いはできないのか、お祝いはできないのかと言っていますが、私が一番主として考えていることは、この新しい庁舎と新しいホール、そして町民が選んでくれたそこでの緞帳が完成してくるわけです。そして、今度は食堂が、今までと違って一般の方にもその食堂を利用してもらおうという新しい施設にするわけでありますので、一人でも多くの方にここへお集まりをしていただきたい。多くの人に集まって見ていただく。そのために、どのような企画をすれば町民の人が集まっていただけるかということを職員ともども考えて、今回のこのお祝いの事業というのをさせていただいておるわけでございますので、趣旨はそちらにあるということをよくご理解をいただきたいと、そのように思います。



○議長(久保秋男君) 

 澤田議員、申しわけございません。確認で、ちょっと申しわけございません。

 先ほどから要望書のことでございますけれども、要望書につきましては、議長として受理して議会に提出してあります。したがって、理事者側のほうに出ているかどうかについては私のほうではわかりませんので、あくまで議会に出ているという要望書でございますので、よろしくお願いします。

 どうぞ。



◆7番(澤田道孝君) 

 ちょうど60年ということで、60年の節目に新しい庁舎ができたということですね。60年とか70年とかそういうサイクルでいきますと、ちょうど東京オリンピックと重なるわけですよね。私も今、東京オリンピックとテレビ見ると、しきりに、最初は9,000万円だったのが1兆円になって、2兆円になって、3兆円だということで、豆腐屋じゃないんだというようなお話があって、ぜひとも小池百合子都知事がそのお金を節約しましょうということですよ。そのことについて高い評価を得ておるということです。

 私も実は、これ町民の方にわかりやすく説明させていただくということで、実は47億3,000万円という巨費が使われたわけですよね。補助金が1億2,000万円、それから、今までの貯金が約11億円たまっておったと。それから、財政調整基金というのがありまして、そこから流用して6億8,000万円ということです。借り入れが28億円あるわけですよ。この借り入れは当然返していかなければいかんということです。寄附金が3,000万円ぐらいあって、その28億円の借り入れについては30年かかって返済をしていくということです。ざっと考えると、1年1億円ずつ返済していかなければいかんということなんですよね、簡単に言いますとですよ。それは波はあると思いますけれども、一応1年1億円ずつ、この庁舎を建てたために返済していくということですよ。そうでしょう。

 それで、ぜひとも、町民の立場からすると、私が町民に聞いた限りでは、それはお祝いだ、お祝いだといって、やれやれと言って金使ってもらいたくない。税金を大切に使ってもらいたいということですよ。その税金のうちから、残ったからかどうか知りませんけれども、800万円も巨費をそのお祝いに投入する。全然使ってはいかんというわけではないんだけれども、800万円もの巨費を投入しなければお祝いができないのかというところです、私が強く言いたいのは。

 もうちょっと町民のことを考えて、私、町長はわかるんですよ。町長の気持ちとしては、ここは竹内啓二さんのお城だと。だからどんどんお祝いをするんだと、そういう気持ちはわかるんです。ところが、町民から見たら庁舎なんかどうでもいいと。きちんと仕事をしてほしいと。税金を大切に使ってほしい。オリンピックのように何兆円だというような、膨れ上がるようなことはやめてほしいということですよ。それが町民が望むことなんです。それを800万円もの巨費を投じて、3,000人もの人を集めてやる。餅投げをする。想像しただけで、これは私、恐らくけが人が出るだろうというふうに思うわけですけれども、そういったことで、非常にこういったやり方というのは民意を無視したということを感じるわけです。

 ぜひとも適切な税金の使い方をしていただきたい。800万円あったら、毎回毎回議会が開かれて、一般質問がなされて、ほとんどお金があれば解決することばかりなんです。各議員さんが毎回のように一般質問をして、どうなんだ、どうなんだと。お金があればどうなんだということなんです。そういったお金を、一般質問の要望を町長が全部聞いておるとか聞いていないとか、そういうことは申しませんけれども、とにかく800万円の重みを感じていただきたい。

 町長がこの4期目でしたか、5期目でしたか、立候補されたときに、どうしてもこの庁舎の完成を見たいんだということで、その熱い思いをこの庁舎に注いでこられたということはよくわかります。しかしながら、こういったやり方はいかがなものかと。新しい庁舎に入れていただいて、私たち職員も本当によかったなと思っていますし、私も立派なものができたなと思っていますけれども、それができたからといって、私たちが利益を、温かい恩恵をこうむるということに関して、800万円もの巨費が投じられるということについては、非常に憤りに近いお祝いの仕方だというふうに言っておきます。

 本当に再三申しましたけれども、もう一度大変申しわけないんですけれども、さきに戻って、年間1万円で借りておったものが10万円とはどういうことだと。そういうことです。

 これをもちまして私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は12月9日に開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。

 お疲れさまでした。

     午後4時01分散会