議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 阿久比町

平成28年  9月 定例会(第3回) 09月07日−01号




平成28年  9月 定例会(第3回) − 09月07日−01号







平成28年  9月 定例会(第3回)



         阿久比町議会第3回定例会(第1号)

1 議事日程

   平成28年9月7日(水) 午前10時開議

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 会期の決定

   第3 知多中部広域事務組合議会議員の補欠選挙

   第4 議案第44号 阿久比町職員の退職管理に関する条例の一部改正について

   第5 議案第45号 平成28年度阿久比町一般会計補正予算(第2号)

   第6 議案第46号 平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   第7 議案第47号 平成28年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第1号)

   第8 議案第48号 平成28年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第9 議案第49号 平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

   第10 議案第50号 平成28年度阿久比町水道事業会計補正予算(第1号)

   第11 認定第1号 平成27年度阿久比町一般会計歳入歳出決算認定について

   第12 認定第2号 平成27年度阿久比町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

   第13 認定第3号 平成27年度阿久比町土地取得特別会計歳入歳出決算認定について

   第14 認定第4号 平成27年度阿久比町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

   第15 認定第5号 平成27年度阿久比町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

   第16 認定第6号 平成27年度阿久比町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について

   第17 認定第7号 平成27年度阿久比町水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について

   第18 諸般の報告

1 会議に付した事件

   議事日程に同じにつき省略

1 会議に出席した議員(12名)

     1番  都築重信君    3番  山本恭久君

     5番  田中千代子君   6番  都築清子君

     7番  澤田道孝君    8番  竹内 強君

     9番  勝山 制君    10番  沢田栄治君

     11番  山本和俊君    12番  久保秋男君

     13番  三留 享君    14番  渡辺 功君

1 会議に欠席した議員(1名)

     4番  新美正治君

1 地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

    町長        竹内啓二君   副町長       間瀬政好君

    教育長       石井勝巳君   総務部長      野崎秀幸君

    民生部長      蟹江信裕君   建設経済部長    新美清司君

    教育部長兼学校教育課長       総務課長      関 真人君

              田中清高君

    検査財政課長    新美良幸君   防災交通課長    細川貴義君

    政策協働課長    大久保英俊君  税務課長      竹内久敬君

    住民福祉課長    新美利満君   子育て支援課長   竹内 康君

    健康介護課長    鈴村みえ子君  産業観光課長    宮本英二君

    建設環境課長    新美利幸君   上下水道課長    鈴村欣司君

    会計管理者兼出納室長        社会教育課長    青木 敦君

              新海和重君

1 本会議に職務のため出席した者の職氏名

    議会事務局長    雉野義弘    書記        長谷川博美

     午前10時00分開会



○議長(久保秋男君) 

 おはようございます。

 会議に先立ちましてお知らせをいたします。新美正治議員は病気療養中のため、本定例会は欠席です。

 ただいまの出席議員12名です。

 定足数に達しておりますので、平成28年阿久比町議会第3回定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでありますので、よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、9番 勝山 制議員、10番 沢田栄治議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月23日までの17日間といたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から9月23日までの17日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第3、知多中部広域事務組合議会議員の補欠選挙を行います。

 本選挙は、知多中部広域事務組合議会議員の新美正治議員が辞職したため欠員が生じましたので、知多中部広域事務組合規約第7条の規定により、知多中部広域事務組合議会議員1人を選挙するものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選で行うことに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決しました。

 知多中部広域事務組合議会議員に田中千代子議員を指名します。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名しました田中千代子議員を、知多中部広域事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、ただいま議長が指名しました田中千代子議員が知多中部広域事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま知多中部広域事務組合議会議員に当選されました田中千代子議員に、会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第4、議案第44号阿久比町職員の退職管理に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第44号阿久比町職員の退職管理に関する条例の一部改正につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 県費負担教職員の規定を追加する必要があるためのものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎教育部長兼学校教育課長(田中清高君) 

 それでは、議案第44号阿久比町職員の退職管理に関する条例の一部改正についてを説明させていただきます。

 次のとおり、阿久比町職員の退職管理に関する条例の一部を改正することについて、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 提案理由といたしましては、県費負担教職員の規定を追加する必要があるためでございます。

 内容について説明いたします。

 第3条の見出し中「任命権者」の次に「等」を加え、同条中「任命権者」の次に「(阿久比町立の学校に勤務する県費負担教職員にあっては、阿久比町教育委員会)」を加えるのは、さきの3月議会で制定しました阿久比町職員の退職管理に関する条例に、役場職員と同様に学校の教職員が営利企業等に再就職した場合は、離職後2年間規則で定める再就職情報を教育委員会へ届け出なければならないとするものです。

 附則としまして、この条例は公布の日から施行するものです。

 説明は以上です。



○議長(久保秋男君) 

 議案第44号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第5、議案第45号平成28年度阿久比町一般会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第45号平成28年度阿久比町一般会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成28年度阿久比町の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものでございます。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,240万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ104億2,851万2,000円とする。

 2といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び該当区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎総務部長(野崎秀幸君) 

 それでは、議案第45号平成28年度阿久比町一般会計補正予算(第2号)の内容について説明させていただきます。

 これから事項別明細書により説明させていただきますが、まず初めに、今回の補正予算の中で人件費につきましては、職員の人事異動や人員配置に伴う給与の増額が主なものでございます。その総額は812万7,000円です。

 それでは、人件費を除き、歳出から説明しますので、事項別明細書の9ページ、10ページをお願いします。

 2款総務費、1項総務管理費、7目新庁舎建設費につきましては、寄附金及び庁舎建設基金からの繰り入れによる財源更正です。

 11目交通安全対策費は県支出金の増額による財源更正です。

 11、12ページをお願いします。

 3項1目戸籍住民基本台帳費119万4,000円の増額のうち、戸籍基本住民台帳一般管理費103万8,000円の増額は、7節賃金で、個人番号カード事務に係る臨時雇いの賃金101万4,000円と交通費2万4,000円です。

 3款民生費、1項社会福祉費、5目国民健康保険費4,998万1,000円の減額のうち、繰出金5,000万円の減額が、国民健康保険特別会計からの繰り戻しです。

 13、14ページをお願いします。

 4款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費416万5,000円の増額は、本年10月1日からB型肝炎が定期の予防接種の対象疾病に追加されたことによる予防接種費で、需用額2万5,000円は予診票の印刷製本費で、委託料414万円は個別予防接種委託料でございます。

 4目環境衛生費7万4,000円の増額は、知多中部広域事務組合負担金で、半田斎場職員の地域手当率3%から6%へ引き上げる増額分でございます。

 17、18ページをお願いします。

 8款土木費、4項都市計画費、3目公園費116万6,000円の増額は、丸山公園の高圧電気設備取りかえ工事に係るものでございます。

 4目公共下水道費1,912万3,000円の減額は、下水道事業特別会計からの繰り戻しです。

 9款消防費、1項1目常備消防費682万7,000円の増額は、知多中部広域事務組合負担金で、消防職員の地域手当率の引き上げによる増額分です。

 19、20ページをお願いします。

 10款教育費、6項保健体育費、4目ふれあいの森管理費1,451万3,000円の増額は、元気な愛知の市町村づくり補助金チャレンジ枠を活用して、ふれあいの森デイキャンプ場へバーベキュー施設を整備するもので、設計管理委託料241万7,000円と、21、22ページをお願いします、工事請負費1,209万6,000円でございます。

 14款1項1目予備費80万6,000円の増額は計数整理です。

 次に、歳入を説明しますので、7ページ、8ページをお願いします。

 13款国庫支出金、2項国庫補助金、1目総務費国庫補助金69万2,000円の増額は、個人番号カードの交付事務に対する補助金です。

 14款県支出金、2項県補助金、1目総務費県補助金569万9,000円の増額は、元気な愛知の市町村づくり補助金の従来枠70万円の増額と、チャレンジ枠499万9,000円につきましては、市町村の行う先進的な新規事業を対象とするもので、ふれあいの森デイキャンプ場整備工事に充当をします。

 16款寄附金、1項4目総務費寄附金3,000万円の増額は、新庁舎建設事業への寄附金でございます。

 17款繰入金、1項1目基金繰入金5億8,700万円の減額は、財政調整基金へ5億8,840万円を繰り戻し、庁舎建設基金から140万円を繰り入れするものです。これにより、財政調整基金の年度末見込み額は20億900万7,000円となります。

 18款1項1目繰越金5億1,820万2,000円は、平成27年度からの繰越金の額の確定によるものです。

 以上で一般会計補正予算の説明を終わります。よろしくお願いします。



○議長(久保秋男君) 

 議案第45号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第6、議案第46号平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第46号平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成28年度阿久比町の国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものでございます。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,608万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億2,162万円とする。

 2といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、議案第46号平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

 歳入からご説明しますので、事項別明細書の6ページ、7ページをごらんください。

 3款1項1目療養給付等負担金1,182万5,000円の増額補正は、平成27年度の療養給付費負担金の額の確定によるものでございます。

 9款1項1目一般会計繰入金5,000万円の減額補正は、前年度繰越金で剰余金が生じたため一般会計繰入金を減額するものでございます。

 10款1項2目その他繰越金1億5,425万9,000円の増額補正は、平成27年度歳入歳出決算の額の確定によるものでございます。

 次に、歳出をご説明いたしますので、事項別明細書8ページ、9ページをごらんください。

 10款1項3目償還金699万1,000円の増額補正は、平成27年度の精算により療養給付費等交付金を償還するものでございます。

 11款1項1目予備費1億909万3,000円の増額補正は計数整理によるものでございます。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(久保秋男君) 

 議案第46号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第7、議案第47号平成28年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第47号平成28年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成28年度阿久比町の下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 議案第47号平成28年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第1号)の内容につきまして説明させていただきますので、まず、事項別明細書の3、4ページをごらんください。

 まず歳入、4款1項1目一般会計繰入金1,912万3,000円の減額は、次に説明します前年度繰越金の増額に伴いまして一般会計へ繰り戻すもので、補正後の額を3億7,976万円とするものでございます。

 次に、5款1項1目繰越金1,912万3,000円の増額は、平成27年度からの繰越金の額の確定によるもので、補正後の額を1,962万3,000円とするものでございます。

 説明は以上です。よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保秋男君) 

 議案第47号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第8、議案第48号平成28年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第48号平成28年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成28年度阿久比町の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものでございます。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,702万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億7,091万2,000円とする。

 2といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、議案第48号平成28年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

 歳入からご説明しますので、事項別明細書の6ページ、7ページをごらんください。

 4款2項2目地域支援事業交付金1万5,000円の増額補正は、平成27年度の地域支援事業交付金の精算によるものでございます。

 6款2項1目基金繰入金3,000万円の減額補正は、平成27年度決算により剰余金が生じたため、基金へ戻すものでございます。

 7款1項1目繰越金8,701万円の増額補正は、平成27年度の歳入歳出決算による額の確定によるものでございます。

 続きまして、歳出をご説明いたします。8ページ、9ページをごらんください。

 2款1項の介護サービス等諸費から、2項、次のページに入ります、10ページお願いします。3項、4項、5項、さらに次のページをお願いします。6項の特定入所者介護サービス等費までの1項から6項につきましては、歳入で介護給付費準備基金繰入金を繰り戻したことにより、一般財源へ財源更正するものでございます。

 3款1項1目介護給付費準備基金積立金2,199万9,000円の増額補正は、平成27年度決算による剰余金の一部を基金へ積み立てるものでございます。

 5款1項2目償還金825万2,000円の増額補正は、平成27年度の精算として国庫支出金、支払基金、県支出金への返還するものでございます。

 続きまして、14、15ページをごらんください。

 6款1項1目予備費2,677万4,000円の増額補正は計数整理によるものでございます。

 説明は以上となります。よろしくお願いいたします。



○議長(久保秋男君) 

 議案第48号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第9、議案第49号平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第49号平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 平成28年度阿久比町の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ546万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億2,893万円とする。

 2といたしまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎民生部長(蟹江信裕君) 

 それでは、議案第49号平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 歳入からご説明しますので、事項別明細書の6ページ、7ページをごらんください。

 3款1項1目繰越金546万5,000円の増額補正は、平成27年度歳入歳出決算による額の確定によるものでございます。

 次に、歳出を説明いたしますので、事項別明細書8ページ、9ページをごらんください。

 2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金546万6,000円の増額補正は、平成27年度分保険料負担金として広域連合へ支払うものでございます。

 4款1項1目予備費1,000円の減額補正は計数整理によるものでございます。

 説明は以上となります。よろしくお願いいたします。



○議長(久保秋男君) 

 議案第49号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第10、議案第50号平成28年度阿久比町水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました議案第50号平成28年度阿久比町水道事業会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 (総則)

 第1条、平成28年度阿久比町水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 (収益的支出)

 第2条、平成28年度阿久比町水道事業会計予算第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。

 支出といたしましては、第1款水道事業費用、既決予定額5億5,422万4,000円、補正予定額108万円の増額、計5億5,530万4,000円。

 第1項営業費用、既決予定額5億4,057万円、補正予定額108万円の増額、計5億4,165万円とするものでございます。

 (資本的支出)

 第3条、予算第4条本文括弧書き中、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額「1億4,304万7,000円」を「1億4,362万6,000円」に、過年度分損益勘定留保資金「1億2,741万8,000円」を「1億2,799万7,000円」に改め、資本的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。

 支出といたしまして、第1款資本的支出、既決予定額1億5,423万9,000円、補正予定額57万9,000円の増額、計1億5,481万8,000円、第1項建設改良費、既決予定額1億4,518万6,000円、補正予定額57万9,000円の増額、計1億4,576万5,000円とするものでございます。

 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)

 第4条、予算第6条中「5,856万7,000円」を「6,022万6,000円」に改めるものでございます。

 内容につきましては、関係部長から説明をさせますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 それでは、議案第50号平成28年度阿久比町水道事業会計補正予算(第1号)の内容につきまして説明させていただきますので、事項別明細書の7、8ページをごらんください。

 今回の補正につきましては、いずれも職員の人件費に係るものでございます。

 まず、収益的支出です。

 1款水道事業費用、1項営業費用、3目総係費108万円の増額の内訳は、2節扶養手当などの諸手当78万4,000円及び6節社会保険料などの法定福利費29万6,000円でございます。

 続きまして、資本的支出です。

 1款資本的支出、1項建設改良費、1目配水設備新設改良費57万9,000円の増額は、2節扶養手当など諸手当でございます。

 説明は以上です。よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保秋男君) 

 議案第50号の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 この際、日程第11、認定第1号平成27年度阿久比町一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第17、認定第7号平成27年度阿久比町水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定についてまでを一括上程といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました認定第1号平成27年度阿久比町一般会計歳入歳出決算認定についてから認定第7号平成27年度阿久比町水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定についてまでの7決算認定につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 認定第1号平成27年度阿久比町一般会計歳入歳出決算認定、認定第2号平成27年度阿久比町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定、認定第3号平成27年度阿久比町土地取得特別会計歳入歳出決算認定、認定第4号平成27年度阿久比町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定、認定第5号平成27年度阿久比町介護保険特別会計歳入歳出決算認定、認定第6号平成27年度阿久比町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定につきましては、地方自治法第233条第3項の規定により、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付するものでございます。

 次に、認定第7号平成27年度阿久比町水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定につきましては、地方公営企業法第30条第4項の規定により、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付するものでございます。

 内容につきましては、会計管理者、また関係部長から説明させますので、よろしくご審議賜りましてご議決いただきますようお願い申し上げます。



◎会計管理者兼出納室長(新海和重君) 

 それでは、認定第1号から認定第6号までの平成27年度各会計の歳入歳出決算について説明させていただきます。

 まず、決算書の3ページをお願いいたします。

 平成27年度の各会計別決算表でございます。

 一般会計を初め6会計合計の予算現額167億2,010万8,020円に対しまして、歳入総額は162億3,079万8,555円で、前年度対比10億4,572万5,846円の増額、歳出総額は152億2,143万620円で、前年度対比10億2,155万8,921円の増額となりました。歳入歳出差引額は10億936万7,935円で、前年度対比2,416万6,925円の増額でございます。

 続きまして、各会計の決算状況を説明させていただきますので、22ページ、23ページをお願いいたします。

 一般会計の歳入総括表でございますが、主な事項について説明いたします。

 まず、1款町税は、予算現額39億3,297万1,000円に対しまして、調定額が41億2,717万9,045円、収入済額は40億5,478万3,228円で、前年度対比1億6,156万6,522円、3.8%の減、徴収率は98.2%でございます。不納欠損額につきましては216万7,633円、124件の不納欠損処分を行いました。収入未済額は7,022万8,184円でございます。

 次に、11款分担金及び負担金の収入未済額450万9,900円及び12款使用料及び手数料の収入未済額40万2,000円は、保育料の未収金でございます。

 13款国庫支出金の収入未済額1億1,309万4,000円は、情報セキュリティー強化対策事業、個人番号カード交付事業、年金生活者等支援臨時福祉給付金給付事業、子どものための教育保育事業、小学校空調設備整備事業及び小学校トイレ改修事業に係る繰越明許費繰越による国庫補助金の未収金でございます。

 19款諸収入の収入未済額121万2,390円は、給食費の未収金でございます。

 以上、一般会計の歳入合計では、予算現額108億1,440万1,020円に対しまして、調定額は106億7,509万437円、収入済額は104億8,347万6,330円で、前年度対比7億1,915万383円、7.4%の増、不納欠損額は216万7,633円、収入未済額は、1億8,944万6,474円でございます。

 続きまして、24ページ、25ページの歳出をお願いいたします。

 1款議会費は、支出済額1億683万302円で前年度対比489万964円の減となりました。

 2款総務費は、支出済額29億713万9,598円で前年度対比9億7,907万1,169円の増となりました。これは新庁舎建設事業に係るものが主な原因でございます。継続費逓次繰越2億8,276万8,192円つきましても、新庁舎建設事業に係るものでございます。また、繰越明許費5,642万4,800円につきましては、公共施設等総合管理計画策定事業、スポーツ医・科学による元気なまちづくり事業、情報セキュリティー強化対策事業及び個人番号カード交付事業に係るものでございます。

 3款民生費は、支出済額31億2,707万8,617円で、前年度対比1億4,507万5,430円の増となりました。これは保育所整備交付金事業などが要因でございます。また、繰越明許費5,977万2,000円につきましては、年金生活者等支援臨時福祉給付金給付事業及び子どものための教育・保育事業に係るものでございます。

 4款衛生費は、支出済額6億7,714万9,030円で、前年度対比534万6,973円の増となりました。

 5款労働費は、支出済額2,528万6,007円で、前年度対比182万37円の減となりました。

 6款農林水産業費は、支出済額1億7,950万8,970円で、前年度対比449万5,293円の増となりました。

 7款商工費は、支出済額1億9,826万9,997円で、前年度対比1億2,517万7,530円の増となりました。これはプレミアム商品券事業費に係るものが主な要因でございます。

 8款土木費は、支出済額7億8,569万9,017円で、前年度対比9,743万4,994円の減となりました。これは町道3196号線道路改良事業が前年度で完了したことが主な要因でございます。また、繰越明許費3,018万6,200円につきましては、道路補修事業及び道路改修事業に係るものでございます。

 9款消防費は、支出済額3億3,129万5,897円で、前年度対比1,141万1,409円の減となりました。

 10款教育費は、支出済額10億9,880万523円で、前年度対比4億5,536万2,547円の減となりました。これは、東部小学校校舎建設工事と阿久比中学校プール新築工事が前年度で完了したことが主な要因でございます。また、繰越明許費1億9,851万8,000円につきましては、小学校空調設備整備事業及び小学校トイレ改修事業に係るものでございます。

 12款公債費は、支出済額3億9,440万9,322円で、前年度対比3,311万9,190円の増となりました。これは、平成26年度償還完了分と平成27年度償還開始分の差が大きかったためによるものでございます。

 14款予備費の予算現額中491万1,539円の減額は、総務費、民生費等に予備費を充用したものでございます。

 以上、一般会計の歳出合計では、予算現額108億1,440万1,020円に対しまして、支出済額は98億3,146万7,280円で、執行率91%でございます。翌年度繰越額は継続費逓次繰越と繰越明許費の合計で6億2,766万9,192円、不用額は3億5,526万4,548円でございます。

 次に、226ページをお願いいたします。

 実質収支に関する調書でございますが、歳入歳出差引額6億5,200万9,050円から翌年度へ繰り越すべき財源の繰越明許費繰越額7,380万7,000円を控除し、実質収支額は5億7,820万2,050円の黒字決算となりました。

 次に、230ページ、231ページをお願いいたします。

 国民健康保険特別会計でございますが、歳入の1款国民健康保険税は、調定額6億8,158万4,674円に対しまして、収入済額は6億1,634万6,889円で、徴収率は90.4%、不納欠損額につきましては178万9,500円、132件の不納欠損処分を行いました。

 232ページ、233ページをお願いいたします。

 歳入合計では、予算現額31億4,549万5,000円に対しまして、調定額は31億7,407万8,267円、収入済額は31億828万6,678円で、前年度対比2億5,909万710円、9.1%の増となりました。これは、郷土事業交付金が主なものでございます。不納欠損額は178万9,500円、収入未済額は6,400万2,089円でございます。

 続きまして、236ページ、237ページの歳出合計をごらんください。

 予算現額31億4,549万5,000円に対しまして、支出済額は28億9,402万7,069円で、執行率92%、不用額は2億5,146万7,931円でございます。

 270ページをお願いいたします。

 実質収支額につきましては、2億1,425万9,609円の黒字決算となりました。

 次に、274ページ、275ページの土地取得特別会計をお願いいたします。

 平成27年度には土地の取得はなく、決算額につきましては歳入歳出ともに21万4,968円で、差引額は0円でございます。

 次に、290ページ、291ページの下水道事業特別会計をお願いいたします。

 歳入の2款使用料及び手数料は、調定額2億175万7,166円に対しまして、収入済額が1億9,655万142円で、徴収率は97.4%、不納欠損額につきましては42万2,813円、28件の不納欠損処分を行いました。

 歳入合計では、予算現額5億7,486万5,000円に対しまして、調定額は5億9,477万3,645円、収入済額は5億8,592万8,201円で、前年度対比6,626万309円、10.2%の減、不納欠損額は42万2,813円、収入未済額は842万2,631円でございます。

 292ページ、293ページをお願いいたします。

 歳出の2款下水道建設費の支出済額は5,501万8,688円で、前年度対比6,562万9,742円の減でございます。これは卯之山処理分区公共下水道事業が前年度に完了したことが主な要因となっています。

 歳出合計では、予算現額5億7,486万5,000円に対しまして、支出済額は5億6,630万4,429円で、執行率98.5%、不用額は856万571円でございます。

 310ページをお願いいたします。

 実質収支につきましては、1,962万3,772円の黒字決算となりました。

 次に、314ページ、315ページの介護保険特別会計をお願いいたします。

 歳入の1款保険料は、調定額4億4,122万5,830円に対しまして、収入済額4億3,720万1,728円で、徴収率は99.1%、不納欠損額につきましては54万4,120円、85件の不納欠損処分を行いました。

 歳入合計では、予算現額18億7,749万5,000円に対しまして、調定額は17億4,390万8,045円、収入済額は17億3,988万3,943円で、前年度対比1億1,267万7,530円、6.9%の増、不納欠損額は54万4,120円、収入未済額は347万9,982円でございます。

 316ページ、317ページの歳出をお願いいたします。

 歳出の2款保険給付費の支出済額は15億4,649万4,685円で、前年度対比5,821万5,186円の増となりました。

 歳出合計では、予算現額18億7,749万5,000円に対しまして、支出済額16億2,287万3,539円で、執行率は86.4%、不用額は2億5,462万1,461円でございます。

 348ページをお願いいたします。

 実質収支額につきましては、1億1,701万404円の黒字決算となりました。

 次に、352ページ、353ページの後期高齢者医療特別会計をお願いいたします。

 歳入の1款後期高齢者医療保険料は、調定額2億6,203万4,700円に対しまして、収入済額2億6,056万3,800円で、徴収率99.4%、不納欠損額につきましては25万1,500円、11件の不納欠損処分を行いました。

 歳入合計では、予算現額3億763万3,000円に対しまして、調定額は3億1,447万9,335円、収入済額は3億1,300万8,435円で、前年度対比2,103万2,093円、7.2%の増、不納欠損額は25万1,500円、収入未済額は121万9,400円でございます。

 354ページ、355ページの歳出をお願いいたします。

 歳出合計では、予算現額3億763万3,000円に対しまして、支出済額3億654万3,335円で、執行率99.6%、不用額は108万9,665円でございます。

 368ページをお願いいたします。

 実質収支額につきましては、646万5,100円の黒字決算となりました。

 以上、認定第1号から認定第6号までの各会計決算につきましてご説明を申し上げました。

 詳細につきましては、決算書及び決算説明書並びに主要施策の成果報告書をご参照の上、ご認定いただきますようによろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



◎建設経済部長(新美清司君) 

 それでは、私のほうから認定第7号平成27年度水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定についてご説明を申し上げます。

 この認定議案は、地方公営企業法の規定に基づき、剰余金処分計算書(案)のとおり、処分案について議会の審議を受けるとともに、決算について監査委員の意見を付して議会の認定をお願いするものでございます。

 それでは、水道事業会計決算書の413ページ、事業報告書をごらんください。

 最初に、業務状況でございますが、本事業の平成27年度末の給水戸数につきましては前年度対比91戸ふえ、1万626戸に、給水人口につきましては前年度対比352人ふえ2万8,282人となりましたが、普及率につきましては99.7%で前年度と同率となっております。年間総配水量につきましては前年度対比6,568立方メートルふえ293万5,158立方メートルに、総有収水量につきましては、前年度対比5万3,485立方メートルふえ277万5,262立方メートルとなり、有収率は94.55%で、前年度対比1.61ポイントの増となりました。

 次に、建設改良工事につきましては、県工事関連配水管布設替工事、配水管改良工事等を実施しまして、各地域における水道水の安定供給に努めております。

 続きまして、経理の状況でございます。

 収益的収入及び支出につきましては、税抜きですが、総収益5億6,445万4,747円に対しまして、総費用4億8,554万571円となり、収支差引額7,891万4,176円の純利益を計上しております。また、資本的収入及び支出につきましては、税込みとなりますが、収入総額1,790万3,160円に対しまして、支出総額1億6,135万6,603円となり、差引不足額1億4,345万3,443円については、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額900万9,273円と、減債積立金890万1,772円及び過年度分損益勘定留保資金1億2,554万2,398円にて補填をいたしました。

 続きまして、議決案件となります剰余金の処分案についてご説明申し上げます。

 まず、404、405ページの剰余金計算書をごらんください。

 右のページ、利益剰余金の未処分利益剰余金欄の真ん中あたり、前年度繰越利益剰余金6,713万8,156円に、2つ下の段の減債積立金の使用分890万1,772円とその下の当年度純利益7,891万4,176円を加えた最下段1億5,495万4,104円が当年度未処分利益剰余金となります。

 次に、1枚はねていただきまして、406ページの剰余金処分計算書(案)をごらんください。

 表の右端にあります、先ほど申し上げた当年度未処分利益剰余金1億5,495万4,104円のうち、長期前受金戻入額1億423万4,548円と減債積立金の使用分890万1,172円を加えた1億1,313万6,320円を資本金へ組み入れを行うことで、残りの4,181万7,784円を翌年度への繰越利益剰余金としたい処分案でございます。

 以上で水道事業会計決算の説明を終わらせていただきます。

 詳細につきましては、決算書をごらんいただきましてご審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(久保秋男君) 

 認定第1号から認定第7号までの説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第18、諸般の報告をいたします。

 監査委員から例月出納検査及び定期監査報告書の提出がありましたので、写しを配付しておきましたからご了承お願いします。

 次に、町長から、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により健全化判断比率及び同法第22条第1項の規定により資金不足比率を監査委員の意見を付して報告がありましたので、配付しておきましたからご了承お願いします。

 次に、教育委員会委員長から、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第1項の規定により、教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況について点検及び評価を行い、その結果に関する報告書の提出がありましたので、写しをお手元に配付しておきましたからご了承願います。

 次に、陳情2件の提出がありましたので、写しをお手元に配付しておきましたからご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は9月8日に開きます。

 本日は、これをもって散会いたします。お疲れさまでした。

     午前11時00分散会