議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 阿久比町

平成28年  3月 定例会(第1回) 03月17日−06号




平成28年  3月 定例会(第1回) − 03月17日−06号







平成28年  3月 定例会(第1回)



          阿久比町議会第1回定例会(第6号)

1 議事日程

   平成28年3月17日(木) 午前10時30分開議

   第1 議案第4号 阿久比町職員の退職管理に関する条例の制定について(委員長報告)

   第2 議案第5号 阿久比町職員の降給に関する条例の制定について(委員長報告)

   第3 議案第6号 阿久比町行政不服審査会条例の制定について(委員長報告)

   第4 議案第7号 阿久比町子ども・子育て審議会条例の制定について(委員長報告)

   第5 議案第8号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(委員長報告)

   第6 議案第9号 阿久比町一般職の職員定数条例の一部改正について(委員長報告)

   第7 議案第10号 阿久比町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第8 議案第11号 阿久比町職員の特殊勤務手当に関する条例等の一部改正について(委員長報告)

   第9 議案第12号 阿久比町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第10 議案第13号 阿久比町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第11 議案第14号 阿久比町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第12 議案第15号 阿久比町特別職の職員の給与及び旅費並びにその支給方法に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第13 議案第16号 阿久比町教育委員会教育長の給与並びに勤務時間等に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第14 議案第17号 阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第15 議案第18号 阿久比町公共用物の管理に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第16 議案第19号 阿久比町立幼稚園保育料徴収条例の一部改正について(委員長報告)

   第17 議案第20号 阿久比町遺児手当支給条例の一部改正について(委員長報告)

   第18 議案第21号 阿久比町母子・父子家庭医療費支給条例の一部改正について(委員長報告)

   第19 議案第22号 阿久比町道路占用料条例の一部改正について(委員長報告)

   第20 議案第23号 阿久比町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について(委員長報告)

   第21 議案第24号 阿久比町立地区公民館の管理に係る指定管理者の指定について(委員長報告)

   第22 議案第25号 阿久比町立区民館の管理に係る指定管理者の指定について(委員長報告)

   第23 議案第26号 阿久比町道路線の認定について(委員長報告)

   第24 議案第27号 平成27年度阿久比町一般会計補正予算(第6号)(委員長報告)

   第25 議案第28号 平成27年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第3号)(委員長報告)

   第26 議案第29号 平成27年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)(委員長報告)

   第27 議案第30号 平成27年度阿久比町水道事業会計補正予算(第3号)(委員長報告)

   第28 議案第31号 平成28年度阿久比町一般会計予算(委員長報告)

   第29 議案第32号 平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計予算(委員長報告)

   第30 議案第33号 平成28年度阿久比町土地取得特別会計予算(委員長報告)

   第31 議案第34号 平成28年度阿久比町下水道事業特別会計予算(委員長報告)

   第32 議案第35号 平成28年度阿久比町介護保険特別会計予算(委員長報告)

   第33 議案第36号 平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計予算(委員長報告)

   第34 議案第37号 平成28年度阿久比町水道事業会計予算(委員長報告)

   第35 常任委員会の閉会中の継続調査について

   第36 議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査について

   第37 議会運営委員会の閉会中の継続調査について

1 会議に付した事件

   議事日程に同じにつき省略

1 会議に出席した議員(11名)

     1番  都築重信君    3番  山本恭久君

     5番  田中千代子君   7番  澤田道孝君

     8番  竹内 強君    9番  勝山 制君

     10番  沢田栄治君    11番  山本和俊君

     12番  久保秋男君    13番  三留 享君

     14番  渡辺 功君

1 会議に欠席した議員(2名)

     4番  新美正治君    6番  都築清子君

1 地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

 町長          竹内啓二君   副町長         間瀬政好君

 教育長         石井勝巳君   総務部長        榊原敏彦君

 民生部長        野崎秀幸君   建設経済部長      新美清司君

 教育部長兼学校教育課長 河合 廣君   総務課長        田中清高君

 検査財政課長      新美良幸君   防災交通課長      蟹江信裕君

 政策協働課長      遠藤公昭君   税務課長        竹内勝彦君

 住民福祉課長      新美利満君   子育て支援課長     竹内 康君

 健康介護課長      石垣素三君   産業観光課長      竹内 淳君

 建設環境課長      新美利幸君   上下水道課長      鈴村欣司君

 会計管理者兼出納室長  稲田 郁君   社会教育課長      青木 敦君

1 本会議に職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長      雉野義弘    書記          鈴木紀子

     午前10時30分開議



○議長(久保秋男君) 

 会議に入る前にご案内いたします。都築清子議員より、体調不良の為欠席の届けがございましたので、ご報告させていただきます。

 それでは進めさせていただきます。

 ただいまの出席議員11名です。

 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第1、議案第4号阿久比町職員の退職管理に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第4号阿久比町職員の退職管理に関する条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、課長以上の退職者が営利企業に再就職したケースがあるのかの質疑に対して、近年では営利企業に再就職した事例はないと回答がありました。どこまでが該当職なのかの質疑に対して、課長、主幹、指導保育士と回答がありました。罰則規定はあるかの質疑に対して、地方公務員法で罰則規定はあるが、届け出規定には罰則はないと回答がありました。退職前に課長職にあった者が行政書士事務所などを開業した場合の罰則はの質疑に対して、職員への口ききを禁止しているので規定に該当するとの回答がありました。条文中、職務上の行為をするように、またしないようにとあるが、具体的にどういうことなのかの質疑に対して、元部下に契約に対する便宜を図るようなことをすることなどが該当するとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決したいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第4号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第2、議案第5号阿久比町職員の降給に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第5号阿久比町職員の降給に関する条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、心身に故障がある場合、医師の診察を受けて降給するが、どのタイミングで判断するのかの質疑に対して、配属をかえたり、研修や指導等を受けても改善されないときとの回答がありました。条文中の職制もしくは定数の改廃、または予算の減少により、職員の属する職務の級の職の数に不足が生じた場合とはの質疑に対して、北海道の夕張市の例のように財政が圧迫された場合との回答がありました。2つの課が1つの課に統合されたときの対応はの質疑に対して、今回の条例は給料を下げることができる規定で、職を失うことは想定していないとの回答がありました。降格を決定する機関はどこなのかの質疑に対して、最終決定は任命権者である町長であるが、その前に副町長、教育長、4部長、総務課長で構成している分限委員会があるとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決したいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第5号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第3、議案第6号阿久比町行政不服審査会条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第6号阿久比町行政不服審査会条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第6号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第4、議案第7号阿久比町子ども・子育て審議会条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第7号阿久比町子ども・子育て審議会条例の制定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の主な内容は、これまでの保育所運営委員会などから新しい審議会にかわるが、現役の子育て中の父親を加えることはできるかに対して、委員の構成はまだ決定していないので検討していくとの回答がありました。また、対象児童は小学生までになるかに対し、学童保育も入ることで小学生まで広がることになるとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第7号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第5、議案第8号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第8号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、不服審査請求を出して判定が認められたときは審査に基づいて改善されるのかの質疑に対して、今までは処分庁が直接裁決していたが、今回の改正で処分庁が直接裁決せず、審議員を置き、さらに審査会を置くことにより、公平性を保ち、最終決定されるとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第8号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第6、議案第9号阿久比町一般職の職員定数条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第9号阿久比町一般職の職員定数条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第9号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第7、議案第10号阿久比町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第10号阿久比町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第10号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第8、議案第11号阿久比町職員の特殊勤務手当に関する条例等の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第11号阿久比町職員の特殊勤務手当に関する条例等の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第11号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第9、議案第12号阿久比町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第12号阿久比町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第12号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第10、議案第13号阿久比町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第13号阿久比町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第13号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第11、議案第14号阿久比町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第14号阿久比町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第14号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第12、議案第15号阿久比町特別職の職員の給与及び旅費並びにその支給方法に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第15号阿久比町特別職の職員の給与及び旅費並びにその支給方法に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第15号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第13、議案第16号阿久比町教育委員会教育長の給与並びに勤務時間等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第16号阿久比町教育委員会教育長の給与並びに勤務時間等に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第16号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第14、議案第17号阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第17号阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、等級別基準職務表に困難な業務を行う課長の職務とあるが、具体的にどこのポジションの課長職のことなのかの質疑に対して、区別するものはないが、課長職において一定期間の年数を経過したものについて級を上げる措置をとっているとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第17号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第15、議案第18号阿久比町公共用物の管理に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第18号阿久比町公共用物の管理に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、減額することに決めた理由は何かの質疑に対して、地価に対する賃料の水準が変動していたので、今回それを反映したとの回答がありました。何を基準として決めたのかの質疑に対して、国が定め、県が占用料を決め、5区分に分け、阿久比町が3級になったため下がったとの回答がありました。見直しは定期的に行われているのかの質疑に対して、国は3年に一度の見直しを行っているとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第18号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございます。起立全員であります。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第16、議案第19号阿久比町立幼稚園保育料徴収条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第19号阿久比町立幼稚園保育料徴収条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第19号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第17、議案第20号阿久比町遺児手当支給条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第20号阿久比町遺児手当支給条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第20号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第18、議案第21号阿久比町母子・父子家庭医療費支給条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第21号阿久比町母子・父子家庭医療費支給条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第21号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第19、議案第22号阿久比町道路占用料条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第22号阿久比町道路占用料条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、徴収された占用料は町に全部入るのかの質疑に対して、町の管理するものに関しては全部入る、一時的な看板などは適用外であるとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第22号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第20、議案第23号阿久比町消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第23号阿久比町消防団員等公務災害補償条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第23号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第21、議案第24号阿久比町立地区公民館の管理に係る指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第24号阿久比町立地区公民館の管理に係る指定管理者の指定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第24号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第22、議案第25号阿久比町立区民館の管理に係る指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第25号阿久比町立区民館の管理に係る指定管理者の指定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の主な内容は、公民館と区民館の違いに対して、区民館は体育施設を有する、公民館は町民の方が地域の学習・文化を学ぶところであるとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第25号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第23、議案第26号阿久比町道路線の認定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第26号阿久比町道路線の認定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、調査点検項目表はあるのかの質疑に対して、都市計画法に基づいた宅地開発なのでその資料をチェックしているとの回答がありました。開発基準に基づいたものは町道として認定をしなければならないのかの質疑に対して、特別なこと以外は帰属を受けるが、認定するかしないかはこちらの判断となるとの回答がありました。以前は、ある程度、期間を置いてから移管されていたが、どこでどのように変わってきたのかの質疑に対して、現在は、完了検査が終われば町で検査して町道認定しているとの回答がありました。町道認定後、道路に重要な瑕疵があった場合は、業者が責任を持って補修する取り決めはあるかの質疑に対し、特に決めていないとの回答がありました。

 討論・意見では、つくったばかりの道路をすぐ認定するのはいかがなものか。町道認定後、不良箇所が出た場合は町が負担をしなければならない。状況を見てふぐあいが出た場合は業者に修復させる一筆を取り、同意をするべき、今、この地点で道路認定することには反対との意見がありました。

 その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 これより質疑に入ります。



◆7番(澤田道孝君) 

 質疑をさせていただきます。

 先ほど、委員長の報告にもありましたが、この道路を寄附を受けるときに、その完了後の経過をもって、いろいろなふぐあいが出たときに、その寄附者に対してきちっと管理をする、あるいは補修をするというような念書、あるいは誓約書、そういうものがあるかどうか、再度お伺いをいたします。



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 委員会内部に関しての内容でございますけども、それはありませんということでございました。

 以上です。



◆7番(澤田道孝君) 

 そうしますと、この道路が完了して寄附を受けてから寄附を受けるまでの期間、どれぐらいで寄附を受けたのかということについて、お伺いをいたします。



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 委員会の中におきまして、答弁の中では、その期間に関しての答弁はございませんでした。

 以上です。



○議長(久保秋男君) 

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。7番。



◆7番(澤田道孝君) 

 私は、反対の立場で討論をさせていただきます。

 といいますのは、こういった都市計画法に基づく寄附というのは、今までにもたくさんありました。ところが、この寄附の道路認定というのは、毎年、第1回の定例会において認定をされるという、その年のものを認定するというのが慣例になっておりまして、今回も第1回の定例会に平成27年度にあったものについて認定をしておるわけでございます。

 そして、これ、私の一般質問の資料でございますが、平成25年3月に、やはり同じような道路認定が出てまいりました。そのときに、これはあくまで住宅を建てるための道路認定で、都市計画法29条に違反しているんじゃないかということでございました。そのときの建設部長の答弁は、あくまでこれは住宅を建てるためじゃない、道路築造のための造成工事だということでこの答弁をされたわけでございます。

 その答弁の内容を少し読み上げさていただきます。「今回の道路線の認定議案が、議員が質問されるような500平米以下のミニ開発が次から次に可能となるものでありません。今回の道路線の認定議案につきましては、既存の道路を拡幅した区域と新規に道路を築造するために道路を取り除いた区間がありますが、切り土となっていますので、道路構造令で認められるような45度となっています。また、今回の道路線の認定につきましては、地元区長さんより行きどまりの道路の解消に向けた地元要望書があり、平成24年11月には、関係します1法人と個人5人の方から道路の寄附採納願いがありました。この道路用地の寄附採納願いにつきましては、通り抜け道路としての機能を有しているかどうかを平成24年12月の公有財産審査会を受け、承認されております」ということで、これはあくまで住宅を建てるものじゃない、道路をつくるためのものだというような答弁をされておるわけです。

 ところが、今、現場へ行きますと、軒並み家が建っておって、これは当初から住宅を建てるための道路築造だというような、都市計画法29条の違反だということが明らかになっておったわけでございます。そして、こういう詭弁とも言うべき答弁において、道路認定が可決されてしまったわけでございます。

 私は、この地元からの要請ということでありましたので、地元の区長さんにどういったことでこの要請書を出したのかというようなこともお伺いをいたしました。そしたら、そのことが地元の要請といいながら、区会の結論を持って要請したわけでも何でもない。ただ、一部議員から、ぜひこの書類に判こを押してくれと言われたから、判こを押したまでだというようなことでございました。そして、道路認定が、結論から言うとですよ、されてしまったわけです。全然、その道路認定、あるいは道路築造の目的と結果が違ったものができてしまって、それで道路認定ということでございます。あくまで道路認定されたから家が建つと、あるいは道路認定されなかったら家が建たないという……



○議長(久保秋男君) 

 澤田議員に申し上げます。今、議題となっているのは、この認定の路線のことで議論されて。

     [「そうですよ」と呼ぶ者あり]

 委員会でも付託をさせていただきました。それについて、討論として、この認定を、反対討論ということですので、それについて、反対の理由、討論ですね、それにしていただけませんか、広くなっています。



◆7番(澤田道孝君) 

 わかっております。

 そういうことで、道路認定というのは、最終的に全部これでよろしいと言って、判こを押すものなんです、認め印なんです。だから、私は、今回のこの道路認定もきちんと町民の負託を受けた私たちがこれでいいんだ。少なくとも私は、今回の件において、いいか悪いかということについては、道路を移管を受けたときに、その後にその念書を交わす、あるいは誓約書を交わして、その道路に瑕疵があった場合は、業者が責任を持って負担をすると、修理をするというようなことがない限り、そういうきちっとされた移管がない限り道路認定をすべきじゃないということが私の意見の骨子でございます。

 したがって、我々は、町民からきちっと負託を受けて、町民のために頑張ってくれということで議員はこの席に立っておるわけですので、皆さんの、再度、自分がどういうことでここの議場におるのかということをよく考えていただいて、最終的にこの道路認定の判こを押すのかどうかということについて考えていただいて、賛成あるいは反対の結論を出していただきたいなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(久保秋男君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第26号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第24、議案第27号平成27年度阿久比町一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 本案については、それぞれ所管の常任委員会に付託してありましたので、両委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第27号平成27年度阿久比町一般会計補正予算(第6号)のうち、総務建設委員会に付託されていた部分について、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第27号平成27年度阿久比町一般会計補正予算(第6号)のうち、文教厚生委員会に付託されていました部分についての審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の主な内容は、小学校空調・トイレ改修工事の進みぐあいはに対して、空調設備は平成27年度国の補正予算での対応で事業が完了、トイレ改修については平成31年度までに完了予定であるとの回答がありました。また、減額する臨時福祉給付金と増額する年金生活者等支援臨時福祉給付金の対象者はに対しては、減額する臨時福祉給付金は1人6,000円で532人分を減額する。増額する年金生活者等支援臨時福祉給付金は、平成27年度非課税世帯のうち平成28年度中に65歳になられる方に対し3万円を給付する事業で、1,800人が該当するとの回答がありました。

 討論・意見では、今回の国の補正予算成立に迅速に対応した学校の環境整備の問題等、対応もしっかりしているので、賛成したいとの意見がありました。

 その後、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 議長より委員長に確認をお願いいたします。ただいまの報告では、先ほど全員協議会の中で報告のあった部分ですけども、臨時福祉給付金は1人6,000円で539人分をというところを532人という数字で言葉になっていると思いますので、多分、9が2と発音したんではないかと思いますので。

     [「9人分を減額するということでお願いします」と呼ぶ者あり]

 539ですね。

     [「はい」と呼ぶ者あり]

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第27号を採決いたします。

 本案に対するそれぞれの委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおりに決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございます。起立全員であります。よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第25、議案第28号平成27年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第28号平成27年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第28号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございます。起立全員であります。よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第26、議案第29号平成27年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第29号平成27年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第2号)については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第29号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第27、議案第30号平成27年度阿久比町水道事業会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第30号平成27年度阿久比町水道事業会計補正予算(第3号)については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度、町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第30号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第28、議案第31号平成28年度阿久比町一般会計予算を議題といたします。

 本案については、それぞれ所管の常任委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第31号平成28年度阿久比町一般会計予算のうち、総務建設委員会に付託されていた部分について、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局から精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。主な内容は、新庁舎総合管理委託料の費用対効果の質疑に対して、新庁舎はビル管理法に該当し、面積も旧庁舎の2.5倍になり、いろいろな業務がふえた。今後も一括して総合管理をしていくことで経費節減になるとの回答がありました。総合管理委託することで、旧庁舎とランニングコストを比較してどれだけふえたのかの質疑に対して、電気料に関しては太陽光発電が設置してあるので大きくふえないと思うが、それ以外はまだスタートしたところで現状での比較は難しいと回答がありました。近隣の電波障害については把握しているかの質疑に対して、今後のホール建設は旧庁舎より低いので少ないと想定しているとの回答がありました。新庁舎が完成したが、東県道からの来庁者の歩行者帯の配慮がないことの質疑に対して、現在、工事中でご迷惑をおかけするが、今後、南東方向にメーンの出入り口ができ、歩行者通路ができるとの回答がありました。

 平成28年度はほたるサミットが開催されるが、ホタル調査研究委託料が減額となった理由はの質疑に対して、実績に基づいて減額したとの回答がありました。情報管理費の徴用備品72万4,000円の内容の質疑に対して、調査研究用にタブレット端末を4台購入との回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第31号平成28年度阿久比町一般会計予算のうち、文教厚生委員会に付託されていました部分についての審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。質疑の主な内容は、老人ホーム入所判定委員会は、医師の診断を受け町の審議会後に行うものなのかに対して、養護老人ホームへ入所措置が適当であるかを措置対象者の家庭環境や財政状況等を総合的に判定するための委員会であるとの回答がありました。介護保険特別会計繰出金の基準があるかに対して、町の負担割合が、義務費は全額、介護給付費は12.5%、地域支援事業費の介護予防費12.5%、地域支援事業の包括的任意事業費19.5%を繰り出しているとの回答がありました。

 討論・意見では、細かく精査したが、内容は妥当だと判断するので、賛成するとの意見がありました。

 その後、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。7番。



◆7番(澤田道孝君) 

 それでは、私のほうは6款の農林水産業費、1項の農業費、その中で、元気な家族農園事業の予算につきまして、反対の立場で討論をさせていただきます。

 このパンフレットにありますように、もうこの事業は振興が決定しておりまして、募集、全区画、この土地の中で区画を80区画と定めて、その80区画のうち募集をいたしまして、55区画までが応募者があったということでございます。私は、この家族農園というのがどういった立場で、まずどこに軸足を置いて事業化されておるのかということでございます。

 当然、阿久比町の基幹産業は農業でございまして、それぞれ野菜も生産物としてありますし、米もいろいろあるわけでございますが、農業者からすると、家庭菜園でまずそういった物をつくられて消費に、農家から見る消費に対して影響を与えるということは、これはマイナスじゃないのかということでございます。そして、町民の立場で言って、家庭菜園をやりたいという人から見ると、これは町民の福利厚生というような意味合いで、その家庭菜園でいろいろ農産物をつくって楽しんでくださいね、あるいは農産物に対する理解をしてくださいねということだろうと思うんですが、この家庭菜園をやらないと、そういった農業に理解が得られないのかということでございます。当然、各家庭で野菜をつくって、その野菜を食べていただくということも結構なことかもわかりませんが、これは町主導でやるべきことじゃないということを私は思っております。

 したがって、今のところ、80区画のうち55区画応募があったということですが、私が聞くと、この残りの区画はどうするんだねということです。そうすると、他の市町村にも声かけをして、ここを利用していただくというような答弁があったわけでございます。これは本末転倒じゃないのか。阿久比町の税金を使って、阿久比町が土地を借り上げて、賃借料まで払って、それから水道とかいろんなものを整備して多額のお金をかけて、税金をかけてですね、他の市町村の方に利用していただく。利用していただくということは、他の市町村の人のためにつくるようなものですから、これはいかがなものかというふうに思うわけでございます。

 そして、今、55区画の応募があったということでございますが、私も農家台帳に名前が載っておりますし、いろいろ子どものころから農産物をつくったという経験もございます。しかしながら、やっぱり素人の方が十分な、立派な野菜をつくるということは、大変な労力が要るわけですよ。その中で、やはり興味本位で数坪の土地を耕してみて、ジャガイモをつくってみた。しかし、うまくいかんなというのがやっぱり大半だと思うんですよ。すぐ、この55区画のうちの恐らく半数近くは、もうこれで諦めたというようなことになるんだろうなという推測をいたしておるわけでございます。

 したがって、この80区画が恐らく満杯で埋まるということはないと思いますし、たとえ埋まったとしても、この農業を皆さんに知っていただくという意味でのこの事業は、全然、的を射ていないというふうに思っております。

 したがって、私は、この事業説明を受けたときに、こういったことを推進していくというようなことでありましたけれど、比較的多額の予算をつけて、そしてふれあいの森の駐車場を利用してくださいというような形で応募をしておるわけですが、やはりその駐車場を利用するということも、ふれあいの森の駐車場をほかの目的で使うということになるわけですよ。したがって、私はふれあいの森が、本当のときに真価を発揮したいときに、駐車場が不足ということもあり得るということで、この元気なふれあい農園というこの事業に対して、これからもどんどん町の税金を投入していくということについて、反対をするわけでございます。

 そして、これが恐らく私は、決してうまくいかないというふうに私は思っているわけですよ。そして、私が聞いたところは、いつになったらこういったことを、いつになったらというよりも、どういう状態になったらこの事業をやめるのかということも決めておかないといかんじゃないかという意見も出したわけでございますが、そういったことで恐らくこの現在、80区画のうち55区画しか応募がないということについて、そういう現実を踏まえてこれからも税金の投入をしていくということについて、反対の立場で討論をいたします。どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(久保秋男君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。3番。



◆3番(山本恭久君) 

 ただいま上程されております議案第31号平成28年度一般会計予算につきまして、賛成の立場で討論をいたします。

 緩やかな景気回復基調により税収が好転しつつあるとはいうものの、まだまだ厳しい財政状況の中で、平成28年度の一般会計歳入歳出予算総額106億2,500万円は、過去最大規模となるものであります。この増額となった最も大きな要因は、新庁舎建設事業において最終年度を迎えた多目的ホール棟・食堂棟の建設などによるものであると考えます。

 総務関係では、新庁舎建設事業のほか、犯罪防止に向けた防犯カメラ設置事業や循環バス運行事業が拡充されています。新規事業として婚活応援事業などがある一方、町民の思いを形にする参画と協働の住民税1%町民予算枠事業も引き続き計上されています。

 民生関係では、子育て支援における放課後児童健全育成事業と民間保育所運営事業の拡充を図りつつ、子ども医療費支給事業や高齢者タクシー料金助成事業、臨時福祉給付金事業など、福祉政策も引き続き計画されています。衛生関係に至っては、インフルエンザを初め肺炎球菌ワクチンなどの予防接種事業や妊産婦・乳児の健康診査事業、がん検診対策事業などが引き続き計上されています。環境面では、住宅用太陽光発電施設導入促進事業や合併処理浄化槽設置補助事業などに加え、6月開催予定のほたるサミット開催事業や白沢ホタルの里用地購入事業が新規に盛り込まれています。

 農林水産関係では、新たに元気な家族農園事業を実施するほか、農地の集積利用や青年就農者の育成を図る人・農地プラン事業、阿久比排水機場整備事業、多面的機能支払交付金事業を継続させています。商工関係では、観光振興事業や花かつみ園維持管理事業が計上されています。土木関係では、道路橋梁補修事業、道路舗装修繕事業、民間木造住宅耐震化事業、公園整備事業などが計上されています。消防関係では、可搬式小型消防ポンプ積載台車購入事業や災害用備品購入事業など、引き続き災害対策の充実を図っております。教育関係では、小・中学校の改修事業に加え、図書館のトイレ改修や駐車場整備を実施し、公民館・区民館の整備事業、文化財保護事業など、社会教育の充実も図っております。

 以上、主な事業を申し上げましたが、依然として厳しい財政状況のもとで、災害に強い元気なまちづくりを念頭に、阿久比町の発展と住民福祉の向上に努め、第5次総合計画の第6年次として「みどりと共生する快適生活空間・あぐい」を目指すため、数多くの事業を効率的に盛り込んだ予算であると考えます。

 今後も健全な財政運営をされることを期待いたしまして、賛成討論といたします。



○議長(久保秋男君) 

 次に、反対討論の発言を許します。8番。



◆8番(竹内強君) 

 議案第31号平成28年度阿久比町一般会計予算についての反対の立場で討論を行います。

 この議会に当たって、町長は、本会議の冒頭で所信表明を行いました。その中で、安倍内閣が進めている一億総活躍社会を初めとするアベノミクス新三本の矢の政策を紹介し、これに期待しているようであります。さらに、大村県知事が進める日本一元気な愛知の政策についてもこれを評価し、こうした方向に沿って平成28年度阿久比町一般会計予算も作成されたものと考えます。

 まず、最初に、アベノミクスについてであります。フランスの経済学者ピケティは、アベノミクスについて痛烈に批判をしています。経済が大きく好転するどころか大変な事態になっているのは、現状を見ればよくわかります。アベノミクスの基本的考えの中心をなすトリクルダウンという考え、水が滴り落ちるように庶民に渡ってくる、こういう考えであります。しかし、これは決して実現しない。資本主義が誕生して以来、統計を分析すれば明確になる、こう断言しています。資本家は、資本の拡大にその利益をため込むことはあっても、多くの人たちにこの利益を回すようなことはあり得ない、還元することはないと断言しています。

 現実に現在、大企業はその利益を内部留保という形でため込み、労働者の賃金には回していません。多くの大企業は、正規労働者の雇用を抑えて、非正規労働者をこの肩がわりに使っている、これが現実です。そうした中で、若者たち、多くの若者たちが派遣社員あるいはさまざまな形で非正規労働を強いられて、低賃金で無権利の状態に置かれ、希望も展望も失っている、これが現状です。

 阿久比町においても、陽なたの丘を初めとして家を建てて転入してきた住民の方々の生活も決してバラ色ではありません。総務省の調査によれば可処分所得に占める住宅ローンの負担率は、2000年は18.7%だったのに、2013年は20.6%まで上がっています。こうした中で、夫婦で共稼ぎをしなければ生活ができないような事態が一方で進んでいます。子育てや教育を充実させていくこと、自治体としてそれを担っていくことが極めて重要になっています。こうした中で、来年の4月には消費税がさらに値上げする。8%から10%に値上げをするといわれています。私たちの生活がまさにこうした中で厳しい事態が進行していくと考えざるを得ません。

 町は、こうした点をよく配慮して、政府の政策に拍手を送るだけでなく、住宅開発についても民間企業任せにすることなく、社会インフラの充実とテンポを合わせて推進しなければなりません。人口増、こういう数字にだけ目をとらわれるのではなく、人口の流入が多くの近隣の市町村からの流入ということを考えれば、行政施策そのものを少しでも手厚い住民福祉に充てることが今求められている。阿久比町で暮らしてよかった、阿久比町に移ってきてよかったと言えるようなそういう行政を進めなければならないと思います。

 愛知県政についても、一つの大きな問題があると思っています。私が取り上げた町道3196号線の問題。安全対策について、県は予算がないという理由でなかなか信号機をつけないという事態が起きています。そういう中で、住民の生命や財産を守る政策、これを最優先にするような町政が求められます。大企業には湯水のように税金を投入する、それが本当に元気な愛知をつくることになるのか、全体としてよく考えていただきたいと思います。

 町長のいう、名古屋、三河、阿久比のトライアングル、これが幹線道路によるスピード化であるなれば、それは大きな間違いだと思います。今、町民が求めているのは、毎日生活している生活道路の整備が何よりも重要だということです。このことを提起をしまして、私の反対討論といたします。



○議長(久保秋男君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。1番。



◆1番(都築重信君) 

 ただいま上程されております議案第31号平成28年度阿久比町一般会計予算につきまして、賛成の立場で討論をいたします。

 平成28年度の予算では、新庁舎建設事業において、前年度の庁舎棟に引き続き、ホール棟・食堂棟の建設により事業完了を目指しております。町民の皆様に親しまれる阿久比町のランドマークが無事完成することを願っております。

 全国的に人口減少、高齢化が進む中、人口は第5次総合計画における平成32年度目標値2万8,000人を超え、喜ばしい限りであります。一般会計予算では、将来必ず到来する少子高齢化や人口減少に対処するため、放課後児童健全育成事業や民間保育所運営事業を拡充し、引き続き中学生までの医療費無料化を実施するなど、子育て支援を図っております。加えて、高齢者タクシー料金助成事業や国保税の緩和、肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成など、高齢者の支援施策も充実しており、人にやさしい健康福祉のまちづくりを目指しています。

 また、小・中学校施設の改修や図書館、公民館、グラウンド、ふれあいの森、スポーツ村整備にも力を注いでおります。さらに、防犯カメラ設置事業や循環バス運行事業を拡充し、災害対策事業や道路・橋梁補修事業などを継続し、安全なまちづくり施策も計上しております。元気な家族農園事業や、ほたるサミット開催事業、花かつみ園維持管理事業を盛り込み、阿久比町らしさをアピールするとともに、引き続き住民と行政が一体となって魅力的なまちづくりを進める住民税1%町民予算枠事業の推進を図っています。

 町にあっては厳しい財政状況であることには変わりないと思いますが、安全、安心、安定、阿久比町らしさ、参画と協働を基本とし、自然と調和した快適なまちづくりを感じられる予算編成であると評価するものであります。今後も引き続き健全な財政運営に努められることをつけ加えまして、賛成討論といたします。



○議長(久保秋男君) 

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第31号を採決いたします。

 本案に対するそれぞれの委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第31号は原案のとおり可決されました。

 これをもって午前の会議は閉めさせていただき、暫時休憩とさせていただき、午後1時30分より、日程第29から開会したいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

     午後0時18分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時30分再開



○議長(久保秋男君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第29、議案第32号平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 本案については、文教総務厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第32号平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計予算については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。質疑の主な内容は、国保税の負担を軽減するために、国からの財政支援金のうち、一定額を国保加入者へ還元できないかに対しては、国の財政支援金を国保税の値上げをしないために使っていく、また、町の国保の赤字対策として医療費を抑えることが一番なので、病気の早期発見と各種の予防事業を充実し、データヘルス計画を作成していきたいとの回答がありました。

 討論・意見では、国からの財政支援金を町は財政補填に使うと結論づけているが、保険加入者に分配する自治体もある。一部を保険加入者に分配できる体制が正しいのではないかと思うので、反対するとの討論がありました。また、これからの介護・医療・年金に膨大な予算を費やさなければならず、国保制度が維持されているのはありがたいこと、阿久比町の国保税が極端に高いわけではない、将来に向けてきっちりとした制度が継続できるように今のやり方でいいのではないかと思うので賛成するとの討論がありました。

 その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。8番。



◆8番(竹内強君) 

 議案第32号平成28年度阿久比町国民健康保険特別会計予算について、反対の立場で討論を行います。

 国民健康保険は、現在、我が町においても加入者の多くが60歳から75歳までの年金生活者及びその家族であります。その他としては、自営業者及び農業従事者である。これらの人たちは、一昨年4月に行われた消費税の5%から8%への値上げにより直接生活困窮に強いられている人たちです。まして、医療制度の改悪により、医療費の負担が一層大きく厳しくなっているのも現実です。こうした中で、国からの支援金、大きな意義を持っていると思います。よって、直接保険税の値下げに充てるべきだというふうに考えます。

 もし町当局が主張するように、国保財政の安定化を図るための資金として使用するというのであれば、今予算について一般会計からの繰り入れを減らしている、ここにこのお金が登用されていると考えると問題は重要だと思います。平成27年度予算ではこの分の減額が今、今度の予算でされている、こうしたものを本来ならば加入者に分配するのでなければ、国保の中の財政で積立金というような形で残すべきではないか、こう考えています。

 今後、国保がその運営主体が県へ移っていくという報道もされています。そのようなことを考えたとき、今、単年度できちっとそういうお金を使用していく、そのことが重要ではないかな、こう考えます。永久に町が国保を主体的に運営していく、そういうものでないならば、こうしたことをやらなければいけない、こういうふうに考えます。ぜひ、皆さんのこの問題に対するご意見を反対討論という形で訴えていきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保秋男君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第32号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおりに決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第32号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第30、議案第33号平成28年度阿久比町土地取得特別会計予算を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第33号平成28年度阿久比町土地取得特別会計予算については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局から精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第33号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第31、議案第34号平成28年度阿久比町下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第34号平成28年度阿久比町下水道事業特別会計予算については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局から精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第34号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第34号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第32、議案第35号平成28年度阿久比町介護保険特別会計予算を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第35号平成28年度阿久比町介護保険特別会計予算については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。質疑の主な内容は、託老所の利用人数がふえていないことをどう考えているかに対し、要支援認定を受けた方でもご自分で通える方の受け入れは可能であるので、そういった方々へ声をかけていくとの回答がありました。地区ではサロンを行う動きが活発化している。地域福祉計画にかかわるものであり、今後の展望はどうかに対して、サロンの方向へ切りかえしていきたい。ふやす方向で地区へアプローチをかけており、地域福祉計画でもサロン事業を進めていきたいとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第35号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第35号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第33、議案第36号平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 山本和俊君登壇]



◆文教厚生委員長(山本和俊君) 

 議案第36号平成28年度阿久比町後期高齢者医療特別会計予算については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第36号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおりに決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第34、議案第37号平成28年度阿久比町水道事業会計予算を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 沢田栄治君登壇]



◆総務建設委員長(沢田栄治君) 

 議案第37号平成28年度阿久比町水道事業会計予算については、総務建設委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局から精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。主な内容は、どの地区にどれくらい供給しているかの質疑に対して、平成28年度年間総給水量の予定は299万7,601立方メートルで、そのうち草木配水場が137万5,899立方メートル、地区としては、草木、白沢、高根台、白沢台、福住、板山、福住園高台ほか、八ケ谷配水場が127万9,976立方メートル、地区としては坂部、卯之山、南部小学校校区、宮津、萩、横松ほか、高根配水場が34万1,726立方メートル、地区としては陽なたの丘、宮津山田、宮津特定ほかとの回答がありました。

 その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(久保秋男君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議はございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第37号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第37号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第35、常任委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 各常任委員長から会議規則第70条の規定によって、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第36、議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 議会だより編集特別委員長から会議規則第70条の規定によって、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 日程第37、議会運営委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 議会運営委員長から会議規則第70条の規定によって、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議はありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保秋男君) 

 これをもって、本定例会に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

 よって、平成28年阿久比町議会第1回定例会を閉会いたします。

 お疲れさまでした。

     午後1時51分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

     議長      久保秋男

     署名議員    田中千代子

     署名議員    都築清子