議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 阿久比町

平成27年  3月 定例会(第1回) 03月19日−06号




平成27年  3月 定例会(第1回) − 03月19日−06号







平成27年  3月 定例会(第1回)



          阿久比町議会第1回定例会(第6号)

1 議事日程

   平成27年3月19日(木) 午前11時開議

   第1 議案第1号 阿久比町一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定について(委員長報告)

   第2 議案第2号 阿久比町教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の制定について(委員長報告)

   第3 議案第3号 阿久比町地域包括支援センターの設置者が包括的支援事業を実施するために必要な基準を定める条例の制定について(委員長報告)

   第4 議案第4号 阿久比町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の制定について(委員長報告)

   第5 議案第5号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について(委員長報告)

   第6 議案第6号 阿久比町公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第7 議案第7号 阿久比町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第8 議案第8号 阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第9 議案第9号 阿久比町使用料条例の一部改正について(委員長報告)

   第10 議案第10号 阿久比町立幼稚園保育料徴収条例の一部改正について(委員長報告)

   第11 議案第11号 阿久比町社会教育委員設置に関する条例の一部改正について(委員長報告)

   第12 議案第12号 阿久比町立保育所設置及び管理条例の一部改正について(委員長報告)

   第13 議案第13号 阿久比町介護保険条例の一部改正について(委員長報告)

   第14 議案第14号 阿久比町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部改正について(委員長報告)

   第15 議案第15号 阿久比町営プールの設置及び管理に関する条例の廃止について(委員長報告)

   第16 議案第16号 阿久比町保育の実施に関する条例の廃止について(委員長報告)

   第17 議案第17号 知多地方教育事務協議会規約の変更について(委員長報告)

   第18 議案第18号 阿久比町立障害者福祉施設の管理に係る指定管理者の指定について(委員長報告)

   第19 議案第19号 阿久比町立老人憩の家の管理に係る指定管理者の指定について(委員長報告)

   第20 議案第20号 阿久比町道路線の認定及び廃止について(委員長報告)

   第21 議案第21号 平成26年度阿久比町一般会計補正予算(第5号)(委員長報告)

   第22 議案第22号 平成26年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第3号)(委員長報告)

   第23 議案第23号 平成26年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第3号)(委員長報告)

   第24 議案第24号 平成27年度阿久比町一般会計予算(委員長報告)

   第25 議案第25号 平成27年度阿久比町国民健康保険特別会計予算(委員長報告)

   第26 議案第26号 平成27年度阿久比町土地取得特別会計予算(委員長報告)

   第27 議案第27号 平成27年度阿久比町下水道事業特別会計予算(委員長報告)

   第28 議案第28号 平成27年度阿久比町介護保険特別会計予算(委員長報告)

   第29 議案第29号 平成27年度阿久比町後期高齢者医療特別会計予算(委員長報告)

   第30 議案第30号 平成27年度阿久比町水道事業会計予算(委員長報告)

   第31 同意案第1号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

   第32 同意案第2号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

   第33 同意案第3号 副町長の選任について

   第34 議員提出議案第1号 阿久比町議会委員会条例の一部改正について

   第35 意見書案第1号 年金積立金の被保険者の利益のための安全な運用に関する意見書

   第36 常任委員会の閉会中の継続調査について

   第37 議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査について

   第38 議会運営委員会の閉会中の継続調査について

1 会議に付した事件

   議事日程に同じにつき省略

1 会議に出席した議員(15名)

     1番  二井登喜男君   3番  杉野 明君

     4番  辻 忠男君    5番  竹内一美君

     6番  山本和俊君    7番  都築重信君

     8番  沢田栄治君    9番  鈴村一夫君

     10番  三留 享君    11番  渡辺 功君

     12番  大村文俊君    13番  勝山 制君

     14番  久保秋男君    15番  新美秀夫君

     16番  渡辺和幸君

1 地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

 町長          竹内啓二君   副町長         間瀬政好君

 教育長         石井勝巳君   総務部長        榊原敏彦君

 民生部長        竹内昌弘君   建設経済部長      神野光由君

 教育部長兼学校教育課長 河合 廣君   総務課長        野崎秀幸君

 検査財政課長      遠藤公昭君   防災交通課長      宮崎剛典君

 政策協働課長      田中清高君   税務課長        井土和久君

 住民福祉課長      竹内勝彦君   子育て支援課長     戸松英志君

 健康介護課長      新海茂之君   産業観光課長      竹内 淳君

 建設環境課長      新美清司君   上下水道課長      梛野若光君

 会計管理者兼出納室長  片岡延彦君   社会教育課長      石垣素三君

1 本会議に職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長      雉野義弘    書記          鈴木紀子

     午前11時00分開議



○議長(大村文俊君) 

 ただいまの出席議員15名です。

 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第1、議案第1号阿久比町一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第1号阿久比町一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、どのような業務に採用する計画かの質疑に対し、第2条第2項第1号では、弁護士、会計士、大学教授などを、第2号では、IT関係を、第4号ではイベントや広報、企画などを、第3条では、子どもの数が急速にふえた場合の保育士などを、第4条では、サービス体制の維持などでの短時間勤務を想定していると回答がありました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第1号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第2、議案第2号阿久比町教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第2号阿久比町教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、第3条第1項第2号の具体的内容の質疑に対し、人間ドックの受診や夏休みなどと回答がありました。また、国が地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する目的は何かの質疑に対し、教育の政治的中立性、継続性、安定性を確保しつつ、責任の明確化、迅速な危機管理体制を構築し、首長との連携の強化を図るとともに、地方に対する国の関与の見直しを図るためであると回答がありました。討論・意見では、教育権に首長の関与が発生するので賛成できないと意見がありました。その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。3番。



◆3番(杉野明君) 

 ただいま議題となっております議案第2号阿久比町教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の制定についての反対討論をいたします。

 教育の自主性を保障するためにつくられた教育委員会の制度を根本から覆すものであります。教育委員会を代表する教育長のポストをなくし、その職務を教育長に与えるもの、教育長は首長が任命するものとしています。現在の教育委員会は教育長を任命し罷免もできます。また、教育長を指揮監督する権限を持っております。しかし、今回の改正は立場が逆転し、教育長が教育委員会のトップとして大きな権限を持つことになります。首長がかわるたびに、首長の意向を受けた教育行政になり、戦後の教訓を踏まえた教育の中立性が危ぶまれます。後ほど提案されます議案第5号、11号、17号についても同趣旨であります。また、議員提出議案1号についても同趣旨であることを申し添え、討論といたします。

 以上。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第2号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第3、議案第3号阿久比町地域包括支援センターの設置者が包括的支援事業を実施するために必要な基準を定める条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第3号阿久比町地域包括支援センターの設置者が包括的支援事業を実施するために必要な基準を定める条例の制定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第3号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第4、議案第4号阿久比町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第4号阿久比町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の制定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の内容は、記録の保存期間が2年から5年間と倍以上になるが保存場所はあるかに対し、事業者となる包括支援センターでの保存は可能であり、また、新庁舎ができると包括支援センターの部屋ができ、そこで保管するとの回答がありました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第4号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第5、議案第5号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第5号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、知多半島内で地域手当が支給されない市町はあるかの質疑に対し、南知多町、美浜町、武豊町は支給対象ではなく、その他の市町は、率は違うが支給対象となる。今回の給与制度の総合的な見直しでは、地域間の調整と世代間の調整が指示された。基本給は下がるが、物価、給与の高い地域には地域手当として加算される。阿久比町は名古屋への通勤者が多いので3%支給となったと回答がありました。討論・意見では、議案第2号と同じ理由で賛成できないと意見がありました。その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第5号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第6、議案第6号阿久比町公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第6号阿久比町公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第6号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第7、議案第7号阿久比町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第7号阿久比町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第7号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第8、議案第8号阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第8号阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、地域手当の狙いはの質疑に対し、地方公務員の給与制度は、国家公務員の制度に準ずる均衡の原則がある。若年層給料表1級、2級の基本給は、引き上げ幅が低く、高齢の職員の引き上げ幅は大きい。国より初任給を4号級上に設定しているので、ラスパイレスは若い職員では上回っているが、年数を重ねると、国は順次上がっていくが、本町では上が詰まっているとそうはいかないと回答がありました。討論・意見では、人事院勧告に基づかず、政府の意向による職員給与の引き上げは賛成できないと意見がありました。その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。3番。



◆3番(杉野明君) 

 ただいま議題となっております議案第8号阿久比町職員の給与に関する条例の一部改正についての反対討論をいたします。

 人事院の給与制度の総合的見直し勧告は、単なる配分の見直しと説明しておりますが、単なる見直しでなく、給与引き下げそのものであります。労働基本権制約の代償機関としての役割をみずから放棄するものであり、こうした勧告は容認できません。また、地域手当の導入により、地域間格差が拡大するものであります。

 以上で討論を終わります。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第8号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第9、議案第9号阿久比町使用料条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第9号阿久比町使用料条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の内容は、スポーツ村シャワー室が無料になると使用頻度が上がり経費が余分にかかるのではないかに対し、使用者の多少の増で大きく変わることはないとの回答がありました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第9号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第10、議案第10号阿久比町立幼稚園保育料徴収条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第10号阿久比町立幼稚園保育料徴収条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、町外の私立幼稚園へ通園する子どもへのかかわり方はに対し、ほくぶ幼稚園と町外の私立幼稚園では保育料に差があるが、町外の私立幼稚園に通う子どもには、国の幼稚園就園奨励費補助金でカバーしているとの回答でありました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第10号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第11、議案第11号阿久比町社会教育委員設置に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第11号阿久比町社会教育委員設置に関する条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。討論・意見では、教育委員長の職がなくなると教育の中立性が失われ、行政によって左右される事態が起こってくるとの反対意見があった。その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第11号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第12、議案第12号阿久比町立保育所設置及び管理条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第12号阿久比町立保育所設置及び管理条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第12号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第13、議案第13号阿久比町介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第13号阿久比町介護保険条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の内容は、介護保険料の値上げをする際に、値上げ幅を抑える努力はしたかに対して、保険料の段階を8段階から12段階に細かくしたり、介護給付費準備基金から繰り入れたりするなどし、値上げを抑えているとの回答が、また、介護保険料の平均額はどの段階かに対して、12段階中の5段階目、年5万7,360円が平均額であるとの回答がありました。その後、委員会内部において審議をしました。討論・意見では、介護保険料が大幅に上がり、生活が厳しくなるし、長年介護保険料を納めていても、いざ利用する際には使えない状態になっている。介護保険料の値上げより、もっと利用しやすい制度に切りかえることが大切であるとの反対討論がありました。採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。4番。



◆4番(辻忠男君) 

 議案第13号阿久比町介護保険条例の一部改正についての反対討論を行います。

 この条例は、介護保険料を大幅に値上げするための条例改正です。ただでさえ毎年のように年金が引き下げられ、安倍内閣による物価値上げ政策や円高により高齢者の生活は苦しくなる一方です。こんな中で、介護保険料の値上げは許されません。介護保険料は値上げされる一方で、介護認定は病院の意見書が必要ですが、昨今の病院の医師は、週1回とか、月1回しか勤務しない医師があり、意見書の提出が大幅におくれるなど、とても使いにくい制度となっています。40歳から介護保険を長年かけ続けていながら、いざ使いたいときには使えない状態が生まれています。このような中で、老老介護や親の介護のための離職が後を絶ちません。介護保険料を値上げするのではなく、利用者が病院に行くような気軽に利用できる制度にすることが大切と考えます。

 以上、反対討論とします。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第13号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第14、議案第14号阿久比町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第14号阿久比町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部改正については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第14号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第15、議案第15号阿久比町営プールの設置及び管理に関する条例の廃止についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第15号阿久比町営プールの設置及び管理に関する条例の廃止については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第15号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第16、議案第16号阿久比町保育の実施に関する条例の廃止についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第16号阿久比町保育の実施に関する条例の廃止については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第16号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第17、議案第17号知多地方教育事務協議会規約の変更についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第17号知多地方教育事務協議会規約の変更については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第17号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第18、議案第18号阿久比町立障害者福祉施設の管理に係る指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第18号阿久比町立障害者福祉施設の管理に係る指定管理者の指定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第18号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第19、議案第19号阿久比町立老人憩の家の管理に係る指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第19号阿久比町立老人憩の家の管理に係る指定管理者の指定については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。質疑の内容は、老人憩の家の耐震化の状況はに対し、建築年の古い阿久比と福住の老人憩の家の耐震化は、公共施設等の利用も含め今後検討していくとの回答が、また、公民館と老人憩の家の利用料のバランスはとれているかに対し、今後全体的なバランスを検討していくとの回答がありました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第19号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第20、議案第20号阿久比町道路線の認定及び廃止についてを議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 先ほど総務建設委員会に付託された案件、第8号の報告をいたしましたが、その中で、職員の給与の関係で、引き上げ幅と読み上げたところを、引き下げ幅と修正を願いたいと思います。審議結果は可決という報告でございましたが、どうやら、私記憶がありませんが、そのように読み上げたようでございますので、議長に取り計らいをお願いしたいと思います。



○議長(大村文俊君) 

 了承しておきます。

 総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第20号阿久比町道路線の認定及び廃止については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、民間業者が開発し、町に帰属する道路を認定道路とする際のチェックの基準の質疑に対し、幅員は5メーター以上、両側に250ミリ以上の側溝を設置、県の開発許可を受けているので、チェックして帰属を受ける。道路の表層、下層部分の確認は、施工前、施工中、施工後の写真で確認している。舗装圧の基準は、表層5センチ、下層路盤の基準は20センチとしているが、軟弱地盤の場合は、その下を地盤改良していただいていると回答がありました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第20号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第21、議案第21号平成26年度阿久比町一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。

 本案については、それぞれ所管の常任委員会に付託してありましたので、両委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第21号平成26年度阿久比町一般会計補正予算(第5号)のうち、総務建設委員会に付託されていた部分について、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、宮津地区計画調査業務委託料の減額内容の質疑に対し、委託作業の一部ができなかったので減額するが、平成27年度に今回できなかった部分と、その他の作業を含め委託すると回答がありました。新規就農者のキャリアの質疑に対し、現在まで農家で研修を受けている農業経験の浅い方で、農家の跡継ぎではなく、非農家の方であると回答がありました。観光資源開発に関する業務委託の内容の質疑に対し、阿久比の観光資源を観光ブランドとして地域内外に発信し、観光客が阿久比に訪れることを目的とする。内容はプロポーザル方式を採用し、例えばキャラクター商品の開発、ホームページの作成、観光ルートの作成をしてPRなどを考えると回答がありました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第21号平成26年度阿久比町一般会計補正予算(第5号)のうち、文教厚生委員会に付託されていました部分についての、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第21号を採決いたします。

 本案に対するそれぞれの委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第22、議案第22号平成26年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第22号平成26年度阿久比町下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局から説明を受け、質疑を行いました。主な内容は、公共下水道水質検査業務委託の内容についての質疑に対し、大型スーパー1件、飲食店32件、医療・老人施設3件、自動車関連7件、クリーニング店1件で行い、基準数値を上回る場合は、改善を求めていると回答がありました。その後、委員会内部において審議しましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第22号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第23、議案第23号平成26年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第23号平成26年度阿久比町介護保険特別会計補正予算(第3号)については、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、再度町当局より説明を受け、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第23号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。

 この際、暫時休憩をいたします。

 午後1時より再開いたします。

     午前11時58分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時00分再開



○議長(大村文俊君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第24、議案第24号平成27年度阿久比町一般会計予算を議題といたします。

 本案については、それぞれ所管の常任委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第24号平成27年度阿久比町一般会計予算のうち、総務建設委員会に付託されていた部分について、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。主な内容は、新庁舎建設に係る費用の内訳の質疑に対し、工事費15億3,468万円、機器移転費6,503万2,000円、引っ越しに係る人件費850万8,000円、雑費1億3,092万円、備品費1億8,855万4,000円、合計で19億2,769万4,000円を予定しているとの回答が、現庁舎と新庁舎の維持管理費の違いの質疑に対し、電気料金では、現庁舎は月額65万円、新庁舎は月額約220万円、中央公民館の35万円を含む。都市ガス料金は、現在お湯を沸かす程度の使用だが、新庁舎はガス空調のため、月額65万円、水道料金は同程度、下水道料金は新庁舎になってから発生し、月額1万4,000円となる。新庁舎総合管理業務委託では、3カ月で905万1,000円、現在は11業務であるが、新庁舎では23業務を委託すると回答がありました。循環バス運行業務委託料の増額理由の質疑に対し、貸し切りバスの運賃制度の見直しがあり、新制度を適用すると、現在の状況では2.34倍となるが、適用除外とするため、現車両504万7,000円で購入し、運行を全面委託することで1,756万1,000円が抑えられる。利用者にとっては何も変わらないと回答がありました。

 また、消火栓の新設場所と設置基準の質疑に対し、平成26年4月1日現在431基設置されているが、平成27年度にデンソー、役場前、福住2187号線、農免道路2カ所の計5カ所を新設する。消防庁の設置基準では半径140メートル以内、市街化区域では120メートル以内で設置となっていると回答がありました。討論・意見では、新庁舎建設にかかわるものと一般行政事務にかかわるものをきちんと峻別して、管理をしっかりやってほしい。ベテラン職員の大量退職による住民サービスの低下を招かないよう、将来的な採用を考えてほしいと意見がありました。その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第24号平成27年度阿久比町一般会計予算のうち、文教厚生委員会に付託されていました部分についての審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。主な質疑は、学校給食でアレルギーの児童の対応はに対し、アンケートにより調査をして、各担任が対応しているとの回答が、学校のクラス数の基準はに対して、小学1、2年生は35人学級で、3年生以上は40人学級であるとの回答でありました。また、英比小学校の教室扉の修繕は何クラス分かに対して、5クラス分であるとの回答でありました。その後、委員会内部において審議を行いました。討論・意見では、国民総背番号制の予算が組まれていること。また、掲示板設置に多くの反対があったのに、多額の費用をかけて保健センターに移転する必要はないとの反対意見がありました。採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。3番。



◆3番(杉野明君) 

 議案第24号平成27年度阿久比町一般会計予算の反対の立場での討論をいたします。

 安倍内閣の新年度予算の特徴は、社会保障切り捨て、大企業減税、70年問題を意識した大軍拡予算となっております。昨年7月の集団的自衛権の閣議決定強行に国民的批判が高まると、この法制化を一斉地方選挙が終わった後に先延ばしし、一斉地方選挙をにらんだ予算づけになっています。こうした中で、政府は、人口減少社会が来るから、大企業中心の成長戦略、すなわちトリクルダウンに力点を置いて社会保障関連費も聖域なき見直しが必要、自治体も行政サービスの集約化とネットワークが必要と迫り、一斉地方選挙を意識して、地方創生の名で地域産業の振興、地方への人材還流、若者の雇用拡大等の関連予算も盛り込まれ、選挙対策予算となっております。中でも、社会保障関連経費の削減が介護報酬の削減、生活保護の削減、病床削減の推進などにより、自治体の福祉施策に大きく影響しています。自治体が政府の悪政の下請機関になるのか、住民を守る防波堤になるかが問われています。

 また、主な県政は自民から離れ、第3局として、河村名古屋市長と連携して、自民推薦、民主推薦と対峙したが、その後、自民党にすり寄り、1件100億円補助金等の大企業優遇、リニア、設楽ダム、中部空港第二滑走路など、国民健康保険料、県単独補助金の廃止など、福祉・医療切り捨ての県政を推進しようとしております。こうした国・県政の中で、竹内町政の新年度予算は、町長の所信表明にも示されているように、庁舎建設と地方創生関連費が大きなウエートを占めており、あとは一般的な経常的な義務的関連経費です。あえて野党の立場での反対の理由を述べます。

 第1に、職員定数が214人に対し、正規職員は6人少ない208人です。町民の身近な窓口である役場は、各種の事務手続はもちろんのこと、マンツーマンである人と人とのつながりが大切であります。ある市のように、市民との窓口を会社に丸ごと委託して、市民とのきずなが断ち切られ、まさに事務的な行政になったとやゆされています。そういうことにならないように危惧するものであります。

 第2に、財政調整基金のため込みです。地方自治体の会計は、基本的には単年度主義であります。単年度でできない事業は繰り越していくということができます。災害等の関連経費は、その都度補正予算を立てることができます。過大な積み立てはやめるべきであります。

 第3に、障害者の人たちの日常の居場所がないことです。関係者、関係団体の再三の要望にもかかわらず、本町では日常の生活の場がなく、他の市町に頼らざるを得ない状況です。最近では、他の市町の利用者は遠慮してほしいと言われ、これからどうするのかと大変不安な気持ちになっています。どうか一日も早く、こうした人たちの居場所づくりを阿久比町で財政調整基金を取り崩してでもしていただくことを強く要望しておきます。

 第4に、一ノ草病院から西の方面に通る道路が、阿久比川、名鉄を通り抜けなくてはなりません。高架にするか、地下式にするかは、私の知る限りでは地元の人たちは特にこだわっていないようであります。一番合理的な方法で早期に東西に抜ける道路をつくってほしいということであります。

 第5に、一般質問に取り上げられました植大地区の豪雨対策の件です。今回、県の事業として湛水防除の排水機場が設置されることになりました。まずは一段落ですが、しかし、排水機設置は田畑が水につかることを前提に、早く水を取り除くことを目的にしております。植大地区に住んでいる人たちの不安はぬぐい去れていません。半田池の本町の取得にならず、大変残念でなりません。町として田畑の下に地下貯水槽を設置する等、抜本的な対策を打つべきときであります。

 第6に、同僚議員から指摘がありましたように、学童保育の利用者が多く、定員増が図られました。取りこぼしなきように図られたいというふうに思います。教室の定員増がなされましたが、指導員の増員がなされておりません。大勢の児童に目が行き届きにくくなり、事故になる可能性が増します。指導員の適正な配置は必要不可欠です。

 以上で討論といたします。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。8番。



◆8番(沢田栄治君) 

 ただいま上程されております議案第24号平成27年度一般会計予算につきまして、賛成の立場で討論をいたします。

 税収などが好転しつつあるとはいえ、まだまだ厳しい財政状況の中で、平成27年度の一般会計歳入歳出予算総額は101億1,800万円で、過去最高額となるものであります。この増額の最も大きな要因は、新庁舎建設において庁舎等が年内に完成する見込みであり、平成27年度の建設工事の出来高分が大きくなり、また、新庁舎への移転費用も計上したためであると思われます。総務関係では、新庁舎建設事業のほかに、新規事業としては、巽ヶ丘駅、阿久比駅の自転車等駐車場整備事業、社会保障税番号制度導入事業などを計上し、防犯カメラ設置事業及び循環バスの運行事業、住民税1%町民予算枠事業などが引き続き実施されるものであります。

 次に、民生関係で主なものは、放課後児童健全育成事業を拡充し、一時預かり事業の充実などに加え、子ども手当等支給事業や臨時福祉給付金給付事業、子育て世帯臨時特例給付金給付事業など、引き続き実施されるものであります。

 次に、衛生関係で主なものは、子宮頸がんを初め、肺炎球菌ワクチンなどの予防接種事業や妊産婦、乳児健康審査事業、がん検診対策事業など、引き続き実施されます。環境面では、住宅用太陽光発電施設導入促進事業、合併処理浄化槽設置費補助事業などに加え、粗大ごみ収集で出された自転車をリサイクルする事業が新規であります。

 次に、労働商工関係で主なものは、花かつみ園を中心とした下芳池周辺の維持管理など、観光事業への取り組みが図られ、創業者の支援のため、創業支援事業信用保証料補助金が新規事業であります。

 次に、農林水産関係で主なものは、農地の集積利用や青年就農者の育成に向け、人・農地プラン事業を継続し、そのほかに多面的機能支払交付金事業、土地改良事業の推進、阿久比排水機場整備事業及びため池整備事業などであります。

 次に、土木関係で主なものは、橋梁補修事業、道路舗装修繕計画策定事業、民間木造住宅耐震化事業、町道の補修事業などであります。

 次に、消防関係で主なものは、福祉避難所となっている一期一会荘に新たに防災用資機材倉庫を設置し、可搬式小型消防ポンプ積載台車購入事業や災害用備蓄品購入事業など、引き続き災害対策の充実を図っております。

 次に、教育関係で主なものは、小学校の空調設備整備事業やトイレ改修事業を初めとする学校環境の整備に加え、給食センターの耐震化などの調査を実施し、公民館、区民館の整備事業や文化財保護事業など、社会教育の充実も図っております。

 以上、主な事業を申し上げましたが、厳しい財政状況のもとで、災害に強いまちづくりを念頭に、阿久比町の発展と住民福祉の向上に努め、第5次総合計画の中間年度として、みどりと共生する快適生活空間あぐいを目指すため、積極的に編成された予算であると思います。今後も健全な財政運営をされることを期待いたしまして、賛成討論といたします。



○議長(大村文俊君) 

 次に、反対討論の発言を許します。4番。



◆4番(辻忠男君) 

 ただいま上程されています平成27年度阿久比町一般会計予算に反対の討論を行います。

 全体的には杉野 明議員が行いましたので、私は補足的な部分について討論します。

 第1に、社会福祉予算です。民生費については、特に、子どもの医療費は多くの町民を初めとする運動の成果として、中学校3年生まで窓口無料化ができています。日本全体で言うと、未就学児はほぼ無料化されています。しかし、国はこれに対してペナルティーをかけて、医療費窓口無料化の実現を抑制しています。また、愛知県内では、多くは中学校卒業まで無料化されています。さらに、安城市、東郷町、飛島村、設楽町、南知多町で高校卒業までの無料化が進行中です。このような他市町の動きのある中で、阿久比町では検討をしないとされました。

 第2に、国民総背番号制の予算の実施です。今、振り込め詐欺など、個人情報漏えいに伴う犯罪を助長させる原因ともなる懸念があります。また、国民には情報管理の強化、国は機密保護法で情報隠しという逆さまな政策が問題です。

 第3に、電光掲示板の移設の問題です。新庁舎建設に伴い、電光掲示板の移設予算208万5,000円が計上されていますが、移設ではなく、廃止すべきです。幸いにして、電光掲示板を見ながら交通事故を起こしたという事例は多分ないと思いますが、これからとても心配です。

 第4に、各種障害者への対応です。これは先ほど杉野 明議員の反対討論の中でも発言されています。重複しますが、あえて私からも一言批判したいと思います。

 障害者団体への支援は、社会福祉協議会の献身的努力で運営されていますが、社会福祉協議会はお世話をする以上には、当然ですが立ち入れませんし、役場への要望は聞きません。例えば、お泊まり施設の確保や各施設との橋渡し等はできません。障害者、あるいは親の対応は一人一人の違いがあります。きめ細かく障害者や親の要望を聞いて対応することは、役場職員に果たされた大事な課題と思います。

 以上、反対討論とします。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。6番。



◆6番(山本和俊君) 

 ただいま上程されております議案第24号平成27年度阿久比町一般会計予算につきまして、賛成の立場で討論をいたします。

 平成27年度の予算では、新庁舎建設において庁舎棟が年内に完成し、事務所機能の移転後、新年から新庁舎での事務がスタートします。町民の皆様も徐々に姿をあらわし始めた新庁舎の姿に完成を楽しみにしてみえる方も多いと感じております。ぜひとも何事もなく全ての事業が完了することを願っております。

 また、先月には本町の世帯数が総合計画の目標値である1万世帯に、人口も3月12日に2万8,000人に達し、人口が減少している自治体が多い中で喜ばしい限りであります。その中でも、将来必ず到来する少子・高齢化や人口減少に対処するため、保育園や幼稚園の保育料を下げ、放課後児童健全育成事業を拡充し、引き続き中学生までの医療費無料化を実施するなど、子育て支援を図っております。加えて、小学校の空調設備整備事業やトイレ改修事業など、学校環境の整備にも力を注いでおります。また、高齢者タクシー料金助成事業や、国保税の緩和、肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成など、高齢者を初めとする福祉政策も充実しております。

 次に、町道の補修事業や橋梁補修事業を継続し、多面的機能支払交付金事業につきましては、名称と制度が変わり、従来の2地区から6地区となりましたが、引き続き農地の多面的機能の維持発揮のため、地域活動や営農活動に対し支援を行うものであります。

 また、阿久比排水機場整備事業は、施設の老朽化による能力低下や近年多発する集中豪雨などの対策として、湛水防除事業により、阿久比排水機場の更新を行うもので、身近な生活道路や農地などを維持していく施策も充実を図っております。町にあっては、厳しい財政事情であることは承知しておりますが、総合計画の基本理念の1つである安全・安心・安定を基本とした自然と調和した快適なまちづくりを感じられる予算編成である評価するものであります。今後も引き続き健全な財政運営に努められることをつけ加えまして、賛成討論といたします。



○議長(大村文俊君) 

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第24号を採決いたします。

 本案に対するそれぞれの委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第25、議案第25号平成27年度阿久比町国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第25号平成27年度阿久比町国民健康保険特別会計予算につきましては、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、町当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議を行いました。討論・意見では、全国で国民健康保険料の滞納者が360万人いる。支払えない人が余りにも多い。国民健康保険料の値下げをしてほしいとの意見が出された。採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。4番。



◆4番(辻忠男君) 

 ただいま上程されました第25号議案平成27年度国民健康保険特別会計に反対する討論を行います。

 市区町村が運営する国保では、国保料、国保税、言い方はいろいろありますが、2014年6月時点で、全国で360万世帯を超える全加入者世帯の17%以上です。これは国保料が余りにも高過ぎるためです。町民から国保税は高いと悲鳴が上がっています。たまたま阿久比町は町営住宅や県営住宅がないために資格証明書、あるいは短期保険証の発行は少ないようですが、これはリストラや廃業になった町民が近隣市町に転出しているようです。私は、住んでよかった、住んでいてよかった阿久比にするために頑張ってきましたし、これからも頑張りたいと思います。町民が阿久比には住めないと他市町に転出されるのを聞いて背筋が冷たくなりました。

 私は、以前の議会で補正予算の議案に対し、国保税の値下げを強く要望し、賛成討論を行いましたが、しかし、残念ながら真剣に値下げの検討はされたようには思いません。国保税や介護保険料の資産割などを含めて値下げの検討は不十分です。私は、国政でできない部分を自治体が単独事業としてでも町民を守る責務はあると考えます。

 以上、反対討論とします。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第25号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を願います。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第26、議案第26号平成27年度阿久比町土地取得特別会計予算を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第26号平成27年度阿久比町土地取得特別会計予算は、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。主な内容は、この特別会計の目的と将来的な運用の見通しの質疑に対し、公共用地を先行取得することを目的としている。土地を取得して事業が決まるまでは普通財産となるので、この会計で購入し、土地を取得してすぐ建てる場合は、行政財産となるので一般会計で購入することになる。この会計の廃止も検討したが、今後、体育館や給食センターなどの建設の可能性もあり、急に購入する土地が生まれ、建設物が決まっていない場合は、この会計を使うかもしれないので、この会計を残すこととしたとの回答がありました。この会計の運用事例の質疑に対し、直近では平成7年度の事業で、一期一会荘、多目的広場の用地を取得した。また、丸山公園の一角にあった都築紡績の社員寮跡地を購入した。それ以後の運営はないと回答がありました。討論・意見では、平成7年度以後、この会計を有効活用していない。本当の意味の土地利用がないなら、この会計を生かしていく理由はない。保育園の跡地等の購入や中心市街地の計画に、この会計を生かし、目的を十分反映する運営をしていただきたいなどの意見がありました。その後、採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。3番。



◆3番(杉野明君) 

 ただいま議題となっています議案第26号平成27年度阿久比町土地取得特別会計予算についての反対討論をいたします。

 委員会でも、以前からも指摘してきましたとおり、半田土地開発公社から、今回は本町の土地取得特別会計に移行されましたが、問題は基金残高の1億6,987万円が先行取得要件等がないと予算が執行できないことのようでありますが、およそ社会通念上考えられない理由で基金が凍結されていることです。一日も早く普通会計に計上され、住民の要望の施策に運用すべきであります。

 以上、討論といたします。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第26号の採決をいたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第27、議案第27号平成27年度阿久比町下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第27号平成27年度阿久比町下水道事業特別会計予算は、総務建設委員会に付託されていましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部において審議をしましたが、討論・意見はなく、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第27号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第28、議案第28号平成27年度阿久比町介護保険特別会計予算を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第28号平成27年度阿久比町介護保険特別会計予算につきましては、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部で審議を行いました。討論・意見では、介護保険料条例と同じく、介護保険料の値上げはいかがなものかとの反対討論がありました。採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。4番。



◆4番(辻忠男君) 

 反対討論の前に、先ほど間違えまして、賛成のところを座ったままにした議案がありました。大変失礼しました。

     [「後でいい、27号のところですね、議長を通して変更いたします」と呼ぶ者あり]

 27号です、よろしくお願いします。

 議案第28号平成27年度阿久比町介護保険特別会計予算についての反対討論です。

 これは、さきに可決されましたが、介護保険の条例と同じく介護保険料の値上げであり、反対するものです。それについて若干補足させていただきますが、介護保険が第1期、2000年から2002年までが2,911円、それが第6期、今度の4月から、15年から17年、3年に1回ずつ変わっていくんですが、全国平均で5,550円程度となっています。そこからして阿久比町の予算は決して高いものではありません。しかし、相当僻地である北海道長沼町の値上げ抑制の取り組みを紹介させていただきます。

 一般会計から介護保険への繰り入れは可能だということで、既に可決されておりました。それは人口1万2,000人の長沼町で、阿久比町よりずっと人口が少ないですね、一般会計から1億円繰り入れて介護保険の値上げを抑制しております。そういう実例を挙げながら、介護保険を極力抑える方向性を考えていただきたいと思いまして、反対討論といたします。

 以上です。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第28号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第29、議案第29号平成27年度阿久比町後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。

 本案については、文教厚生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。文教厚生委員長。

     [文教厚生委員長 都築重信君登壇]



◆文教厚生委員長(都築重信君) 

 議案第29号平成27年度阿久比町後期高齢者医療特別会計予算につきましては、文教厚生委員会に付託されていましたので、審査の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。その後、委員会内部で審議を行いました。討論・意見では、国民総背番号制を導入することや、前期高齢者、後期高齢者と年齢で人間を区分けすることはいかがなものかとの反対討論がありました。採決を行った結果、委員多数の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。4番。



◆4番(辻忠男君) 

 ただいま上程されました第29号議案平成27年度後期高齢者特別会計予算に反対する討論を行います。

 まず、人間を年齢で区分けする医療制度自体問題です。後期高齢者医療制度を国民からの厳しい批判に対して、後期高齢者を長寿という名前に変えたこともあります。そういう表現さえしていましたが、最近は、人のうわさも75日とばかりに、後期高齢者医療制度と普通に使われるようになりました。そればかりか、前期高齢者というような言葉さえ、いつのまにか聞かれるようになりました。

 次に、この予算でも国民総背番号制の導入のための支出が計上されており、一般予算で述べたと同じ理由です、これは。反対とさせていただきます。

 以上です。



○議長(大村文俊君) 

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第29号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第30、議案第30号平成27年度阿久比町水道事業会計予算を議題といたします。

 本案については、総務建設委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。総務建設委員長。

     [総務建設委員長 竹内一美君登壇]



◆総務建設委員長(竹内一美君) 

 議案第30号平成27年度阿久比町水道事業会計予算は、総務建設委員会に付託されましたので、審議の経過と結果を報告いたします。

 審査に当たり、当局より精読会以外の説明はなく、質疑を行いました。主な内容は、耐震管への布設がえの計画の質疑に対し、総合計画に準じたものを策定していく必要があるが、今は計画がない。今後つくっていきたいと回答がありました。討論・意見では、老朽管の布設がえをきちんと計画し、予算化することを条件に賛成すると意見がありました。その後、採決を行った結果、委員全員の賛成により、原案のとおり可と決しましたことを報告いたします。



○議長(大村文俊君) 

 お諮りいたします。この際、質疑・討論を省略して採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 これより議案第30号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。

 この際、暫時休憩をいたしたいと思います。

 午後2時10分より始めたいと思います。

     午後1時48分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時10分再開



○議長(大村文俊君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 先ほど辻 忠男議員より表決の訂正の発言がありましたが、阿久比町議会会議規則第81条の規定により、表決の訂正はできませんので、ご了承いただきます。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第31、同意案第1号固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。

     [町長 竹内啓二君登壇]



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました同意案第1号固定資産評価審査委員会委員の選任につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 固定資産評価審査委員会委員、伊藤 彰は、平成27年3月31日をもって任期満了のため、次の者を固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 住所、知多郡阿久比町大字卯坂字英比11番地1、氏名、伊藤 彰、生年月日、昭和18年3月28日生まれでございます。よろしくご審議賜りまして、ご同意いただきますようお願い申し上げます。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を求めます。

     [発言する者なし]

 次に、賛成討論の発言を求めます。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、同意案第1号の採決をいたします。

 本案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、同意案第1号は、これに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第32、同意案第2号固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました同意案第2号固定資産評価審査委員会委員の選任につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 固定資産評価審査委員会委員、新美正彦は、平成27年3月31日をもって任期満了のため、次の者を固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 住所、知多郡阿久比町大字横松字前田10番地2、氏名、大久保由紀子、生年月日、昭和40年2月28日生まれでございます。よろしくご審議賜りまして、ご同意いただきますようお願い申し上げます。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、同意案第2号を採決いたします。

 本案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、同意案第2号は、これに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第33、同意案第3号副町長の選任についてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。町長。



◎町長(竹内啓二君) 

 ただいまご上程をいただきました同意案第3号副町長の選任につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 副町長、間瀬政好は、平成27年3月31日をもって任期満了のため、次の者を副町長に選任したいから、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 住所、半田市岩滑中町1丁目63番地の1、氏名、間瀬政好、生年月日、昭和26年2月26日生まれでございます。よろしくご審議賜りまして、ご同意いただきますようお願い申し上げます。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、同意案第3号を採決いたします。

 本案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、同意案第3号は、これに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第34、議員提出議案第1号阿久比町議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。13番。

     [13番 勝山 制君登壇]



◆13番(勝山制君) 

 ただいま上程されました議員提出議案第1号阿久比町議会委員会条例の一部改正について提案理由を申し上げます。

 議員提出議案第1号阿久比町議会委員会条例の一部改正について、次のとおり阿久比町議会委員会条例の一部を改正する。

 平成27年度3月19日提出。

 提出者、阿久比町議会議員、勝山 制。

 賛成者、阿久比町議会議員、久保秋男議員、渡辺 功議員、鈴村一夫議員でございます。

 提案理由は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴う地方自治法の一部改正により、本条例を改正する必要があるためであります。この地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正により、教育委員会委員長と教育長を一本化し、新たな責任者として教育長が設置され、委員会委員長が廃止されるものであります。

 内容についてご説明いたします。

 阿久比町議会委員会条例の一部を改正する条例。

 阿久比町議会委員会条例、昭和31年阿久比町条例第1号の一部を次のように改正する。

 第17条中、教育委員会の委員長を教育委員会の教育長に改めるものです。

 附則第1条は、施行期日で、この条例は、平成27年4月1日から施行するものです。

 附則第2条は、経過措置で、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律、平成26年法律第76条、附則第2条第1項の場合においては、この条例による改正後の阿久比町議会委員会条例第17条の規定は適用せず、この条例による改正前の阿久比町議会委員会条例第17条の規定は、なお、その効力を有するものであります。

 以上で提案理由の説明を終わります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。

 ちょっと失礼します。

 平成26年法律第76条と言いましたが、76号の間違いでございました。訂正いたします。よろしくお願いします。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、議員提出議案第1号を採決いたします。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議員提出議案第1号は、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第35、意見書案第1号年金積立金の被保険者の利益のための安全な運用に関する意見書を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。11番。

     [11番 渡辺 功君登壇]



◆11番(渡辺功君) 

 ただいま上程になりました意見書案第1号年金積立金の被保険者の利益のための安全な運用に関する意見書について、案文を朗読して提案理由の説明にかえさせていただきます。

 年金積立金の被保険者の利益のための安全な運用に関する意見書。

 公的年金は、高齢者世帯の収入の7割を占め、高齢者世帯の6割が年金収入だけで生活していると。特に、高齢化率の高い都道府県では、県民所得の17%前後、家計の最終消費支出の20%前後を占めているなど、年金は老後の生活保障の柱となっていると。

 このような中で、政府は年金積立金管理運用独立行政法人、GPIFに対し、リスク制資産の割合を高める方向での年金積み立ての運用を求め、新たな運用方針を決定した。年金積立金は、厚生年金保険法等の規定に基づき、被保険者の利益のために、長期的な観点から、安全かつ効率的な運用を堅持すべきものであるが、GPIFのガバナンス体制の見直しが行われていない現時点で、リスク制資産の割合を高めれば、年金積立金が毀損し、被保険者や受給者が被害を受けることになる。こうした現状に鑑み、本町議会は国に対し、下記の事項を強く要望する。

                 記

 1、厚生年金保険法等の規定に基づき、被保険者の利益のために長期的な観点から、安全かつ効率的な年金積立金の運用を堅持すること。

 2、年金積立金管理運用独立行政法人、GPIFにおいて、被保険者の利益を第一に考えた運用が確実に行われるよう、関係識者が参画するガバナンス体制を構築すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成27年3月19日、愛知県知多郡阿久比町議会。

 なお、提出先については、議長に一任いたします。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(大村文俊君) 

 これより質疑に入ります。

     [発言する者なし]

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 次に、賛成討論の発言を許します。

     [発言する者なし]

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、意見書案第1号を採決いたします。

 本案は原案のとおり提出することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]

 ありがとうございました。起立全員であります。よって、意見書案第1号は、提出することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第36、常任委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 各常任委員長から会議規則第70条の規定によって、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第37、議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 議会だより編集特別委員長から会議規則第70条の規定によって、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 日程第38、議会運営委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 議会運営委員長から会議規則第70条の規定によって、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。

 したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大村文俊君) 

 これをもって、本定例会に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

 よって、平成27年阿久比町議会第1回定例会を閉会いたします。

     午後2時25分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

      議長      大村文俊

      署名議員    杉野 明

      署名議員    辻 忠男



◎議会事務局長(雉野義弘君) 

 ご案内いたします。今期最後の定例会終了にあたりまして、議長さん、町長さんからご挨拶をいただきますので、よろしくお願いいたします。

 最初に、議長さんお願いします。



○議長(大村文俊君) 

 突然の指名でちょっと、とまどっておるわけです。挨拶があるという話しは、聞いておったわけですけど、今日、台本もなく2年間議長をやらせていただいて、ここに立ってみて、つらつら思って、私の想いを語らせていただこうと思ったわけですけど、一番最初に議長になった6月定例会では、本当に暫時休憩、議運の皆さんにも色々ご迷惑をかけて、とても大変な議会のスタートになったわけですけども、こうして2年間議員の皆様のご協力、またご指導のおかげで、何とか無事に最後の定例会も結局、暫時休憩をとったというわけで、私なりに私らしい議会であったのかと思いますけど、まあ無事にこうして2年間終えられたこと、本当にありがたく感謝申し上げます。

 また、あの町長以下当局の皆さんには、私の不手際等々たくさんあって、いつもハラハラご心配をかけたことを、この場を借りてお詫び申し上げます。本当にご迷惑をおかけいたしました。

 ただ、私なりに阿久比町議会議員として、阿久比町のために全身全霊をかけて、本気でこの阿久比町を良くしようというふうに思って、議長の職を全うしてきたつもりでございますので、その点については、職員の皆様もまた議員の皆様にも、ご理解していただきたいと思います。

 一期4年最後の議会ということで、ご挨拶ということなものですから、一言言わせていただきますと、やはり皆さん議員になるときに、阿久比町に対する志や阿久比町をこうしようという想いで、議員に立候補されて議員になったわけだと思います。そしてやはり議員というものは、一期4年間という一つの区切りがあるわけで、4年間でなにができるかということを考えて、ただ4年間を過ごしていくことじゃなくて、4年で1つの結果を出そうという意気込みでやらなければいけないというふうに思います。

 今議会を最後に、引退をされる議員の諸先輩方には今後も阿久比町のために、また議員の皆さんにおかれましても、ご指導またご協力を願いたいと思いますし、またさらに立候補される議員の皆さんにおきましては、次の4年間で阿久比町をどうしていきたいのか、自分に何ができるのかということを考えて、やはり立候補していただいて、4年間を貫いていっていただきたいというふうに思います。

 私自身がこの2年間、シャラくさいだとか偉そうにだとか、皆さんにずい分言われたわけですけど、決してそんなことを思ってるつもりはないです。本当に阿久比町のために一生懸命、町を良くしたいというふうに思っておりますので、至らない点がありましたら本当に申し訳なく思いますが、皆さんと一緒になって、この阿久比町議会を4年間やれたことを、本当に感謝しております。また皆様とご協力、また町長をはじめ、職員の皆さんもこの阿久比町のために、本当に一生懸命がんばっていっていただきたい、また一緒に協力していただきたいということをお願いして、私の最後の挨拶とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。



◎議会事務局長(雉野義弘君) 

 どうもありがとうございました。議長さん、お疲れ様でした。

 続きまして、町長さんお願いいたします。



◎町長(竹内啓二君) 

 まずもって、今定例会におきましては、慎重審議を重ねていただきました。おかげをもちまして、本日平成27年度の各会計予算をはじめ、諸議案を可決していただくことができ、厚くお礼を申し上げます。

 皆様がお務めになられたこの4年間を振り返ってみますと、思い出されるのは町制60周年を迎え、色々な行事を通じて皆様と共にお祝いをすることができたことです。60年間先人の方々をはじめ、多くの町民の皆さんと共に阿久比町は歩み、発展をしてまいりました。記念すべき60周年を迎えた現在、人口の増加をはじめ本町が元気な姿を示していることは、今までご苦労され尽力をされた町民の方々に対しても、決して恥ずかしくないことと思っています。特にこの4年間の議員各位におかれましては、新庁舎建設、東部小学校の増築、英比保育園の新設、中学校のプールの新設、阿久比駅のバリアフリー化など、大型予算をお認めいただき、かつてない大きな事業を短期間に推進していただきました。

 また、循環バスの運行や学校へのエアコン整備、町民税1%予算枠事業など、町民サービスの充実にもご理解をいただきました。これもひとえに、議員の皆様のご指導とご協力の賜物と感謝する次第でございます。心より、お礼申し上げます。

 最後に、議員各位におかれましては、4月に町議会議員の改選が行われますので、本日が最後の議会となられる方もいらっしゃると思います。この場をお借りして、今日までの町政に対するご協力とご尽力に対し、衷心よりお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

 また、再選をめざして活動されてみえます議員におかれましては、悔いのない選挙運動をされ、再びこの議場へお戻りになり、またご一緒に町政に取り組まれることを願っております。ご健闘をお祈りいたします。これからの阿久比町の発展と町民の皆様の幸せと、そして議員の皆さまのご活躍、ご健勝を心よりご祈念申し上げ、私のご挨拶とさせていただきます。本当にどうもありがとうございました。



◎議会事務局長(雉野義弘君) 

 ありがとうございました。これをもちまして、終わらせていただきます。

 皆様大変お疲れ様でした。