議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成29年  6月 定例会(第2回) 06月12日−02号




平成29年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−02号







平成29年  6月 定例会(第2回)



1.議事日程

   (平成29年豊山町議会第2回定例会)

                               平成29年6月12日

                               午前9時30分招集

                               於議場

 日程第1 一般質問

2.出席議員は次のとおりである(10名)

  1番   坪井孝仁          2番   山本亮介

  3番   岡島政信          4番   坂田芳郎

  5番   岩村みゆき         6番   安藤春一

  7番   水野 晃          8番   大口司郎

  9番   粟田昌子          10番   熊沢直紀

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(16名)

  町長      服部正樹   副町長     鈴木邦尚

  理事      梶田浩昭   教育長     西川 徹

  総務部長    安藤光男   総務部次長   小川徹也

  税務課長    牛田彰和   防災安全課長  小塚和宣

  産業建設部長  佐藤正司   地域振興課長  高桑 悟

  建設課長    井戸茂治   生活福祉部長  小川淳之

  生活福祉部次長 堀尾政美   住民課長    日比野敏弥

  福祉課長    鈴木雅之   教育委員会事務局長

                         安藤憲司

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    安藤真澄

  書記      竹島潤也

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時30分 開議



○議長(水野晃君) 皆様、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は10名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 また、傍聴の方、早朝よりありがとうございます。議会といたしましては、皆様に議会に対してご意見をいただきたくアンケート用紙を配布させていただいております。ご自由にご意見・ご要望などをお書きになりまして、帰り際、アンケート箱に入れてご協力いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 一般質問



○議長(水野晃君) 日程第1、一般質問を行います。

 ここで、時間制限について申し上げます。答弁時間を含めて60分といたします。

 7名の通告がありましたので、通告順に基づき、9番粟田昌子君の発言を許可します。

 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 9番粟田昌子です。

 議長のお許しをいただき、通告に基づきまして、本日は高齢者の日常生活支援サービスの充実について質問いたします。

 日常生活支援事業と申しましても大変幅が広く、いろいろな分野があるわけですけれども、その中で、本日は高齢者の方々から強く要望がありました「高齢者の足を守る」という点に絞って質問いたします。

 平成14年に運行開始となったとよやまタウンバスは、豊山町と他の町をつなぐ住民の足として市民権を得てきているように思われます。また、数社によるバス運行で豊山町の公共交通網は一層充実してきております。

 しかし、超高齢社会の到来により、これまでの一般住民対象の施策だけでなく、豊山町内で日常生活を送る高齢者のための対策が喫緊の必要に迫られていると痛感するものです。

 近ごろ耳にするのは、高齢者の方々の不安の声です。不安の声というより、何とかしてほしいという要望なのです。運転免許証を返納した後、買い物や役場や郵便局に行くにはどうしたらよいかと、ご本人だけでなく、伴侶の方々の不安は大きいものがあります。

 タウンバス路線から等も離れております、そういうところに住んでいらっしゃる方、いわゆる交通空白地帯なので何とかしてほしいという、そういう強いお声があります。

 本日は、要介護者や要支援者に対するタクシー利用助成、このことでなく、介護保険には該当しない、いわゆる介護保険は使っていない高齢者のための対策について質問いたします。

 まず第1点目、8年後、2025年には団塊世代の方々が一斉に後期高齢者になります。そうすると現在よりももっともっと日常の足をどうしたらよいかと悩まれるお年寄りがふえると思います。豊山町には団塊の世代に該当する人たちは何人ぐらいいらっしゃるでしょうか、教えてください。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 団塊世代は、昭和22年から昭和24年までに生まれた方で、2025年には全員が75歳以上の後期高齢者になります。本町には、平成29年6月1日現在で685人の方がいらっしゃいます。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) ありがとうございます。

 そうしますと、その後の3年間の出生数はどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 今、その後の3年間の出生というご質問ですが、資料によりますと543人というふうになっておりますので、その後の3年間はおよそ20%の減になると思われます。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) そうすると団塊の世代と言われる3年間を言うわけなんですけれども、22年から24年にかけて生まれた方ですね、685人、そしてその後の3年間比べてみると、その後の3年間には543人、大体20%近く減るわけですね。

 ですから、これは大体国全体でも24%ぐらい減っているということですので、大体その線で同じくらいかなと思うんですけれども、だからいかに団塊の世代の方たちが多いか。

 グラフを見ても、総務省のグラフ、幾つかいろいろありますけれども、それを見ても本当に断トツ、団塊の世代の方たちは本当に進学から全て、小学校、中学校、高校、全てそういう意味では大勢の方々がいらしたわけで、何かと大変だったのではないかなと思うんですけれども、そうすると、豊山町も8年後、後期高齢と言われる人たちがぐんと、一どきぐっとふえるわけなんです。その前に生まれた方もそんな調子ですから、そこだけが目立っているんです。そうすれば、いろいろこの要望も当然多くなってくるのではないかと推測します。

 そのころには交通事情も変わってきていて何か新しいことが出てきたり、いい方向に進んでいくんじゃないかなと、その交通事情の変化を期待しているんですけれども、現在、まだいろいろなご意見をお聞きします。

 では、2点目ですが、町として現在の要介護者、要支援者のタクシー利用助成以外に何か高齢者の足を守る対策、高齢者の外出を助ける対策を考えていらっしゃいますか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 誰しも老化に伴い足腰は弱まり、隣近所との交流を初め、社会参加が減少し、閉じこもりがちになります。

 高齢者の外出する機会がふえれば、体を動かす機会などもふえることにつながりますので、介護予防の観点からも有効であると考えております。

 自立での外出が困難な方につきましては、タクシー利用料金の助成を行っております。それ以外の高齢者の方の外出を助ける対策につきましては、今年度予定をしております第8次高齢者福祉計画・第7次介護保険事業計画を策定する中で、65歳以上の方に対してニーズ調査を行いますので、調査の結果を踏まえ、福祉サービスとして検討してまいります。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) そうですね、今お答えいただいたように要介護者、要支援者の方に対してはタクシー利用の助成、そういうことがなされていて大変ありがたく思うんですけれども、また、これをさらに拡充しなければならないんじゃないかと思うこともあります。

 しかし、おっしゃったように本当に外出が少なくなればお年寄りがうちにこもることが多くなり、そして体も弱ってしまうということがあると思います。

 今、第7次福祉計画を実施中でありますから、来年ですね、ことしいっぱいでこれは切れるわけですから、来年度、第8次福祉計画が出されるわけですね。それに向かってその準備をされていると思います。

 今、お年寄りのニーズを調査するということですので、そこにもいろいろとあらわれてくるかもしれません。それに沿った計画をされるんだろうと期待しております。

 もう既に、ある程度は策定中なんでしょうかね、来年度実施予定ですから。お年寄りのニーズの調査はまだでしょうか。そういう新しい計画の中に、今私が問題提起している高齢者の足を守るというような、そういう施策も盛り込んでいただけるでしょうか。



○議長(水野晃君) 堀尾生活福祉部次長。



◎生活福祉部次長(堀尾政美君) 現在アンケートの中身については検討中でございまして、今月中に送れるように進めている状況でございます。

 以上です。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) その中身の中に、こういうこのお年寄りのいわゆる運転ができなくなった方の場合どのようにして外出していきますかとか、そういう項目はあるんでしょうか。お年寄りの足を守るという観点での質問事項はありますか。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君、詳細になってきますので、質問が。

     (9番粟田昌子君「大体でいいですから」と呼ぶ)

 通告に基づいている、今2番の質問をされておるわけですけれども、それについて細かく質問入っておりますので。

     (9番粟田昌子君「でも思いはあるんじゃないでしょうかね。いいですか」と呼ぶ)

 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 今、質問事項、検討中なんでしょうか。



○議長(水野晃君) 堀尾生活福祉部次長。



◎生活福祉部次長(堀尾政美君) 今現在、発送準備をしておりまして、内容についても検討中でございます。

 以上です。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) 私の理解がちょっと遅いんですけれども、もう中身は、だから決まっているということですよね、発送準備をしているということは。私はその中にこういう観点での−−観点というのは高齢者の足を守るという観点での質問も入れてほしいなと思うんですけれども。



○議長(水野晃君) 堀尾生活福祉部次長。



◎生活福祉部次長(堀尾政美君) 今段階、発送に向けての準備中ですので、アンケートの内容についても検討中でございますので、詳細についてはちょっと控えさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) それでは要望というような形でお願いいたします。

 次の質問に入ります。

 高齢者の足を守るため、全国各地でさまざまな取り組み、工夫がなされています。地域の特性があるので方法はまちまちです。しかし、豊山町に取り入れることができるのではないかと思われるのはオンデマンド方式です。ドア・ツー・ドアで家のすぐ近くから目的地まで行けます。オンデマンド交通についてはどう思われますか。

 運用の方法はいろいろ考えられると思います。5月27日の中日新聞朝刊で紹介されていたのは、住民による運行です。参考になるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) ただいま議員のご質問の中にありました5月27日付中日新聞朝刊に掲載されております岐阜県恵那市の住民運行によります里山バスについては、新聞記事によりますと昨年10月、市が民間事業者に委託しておりました路線バスの廃止に伴い、有償で運行を始めたもので、自宅近くまで送迎するというものでございます。

 住民運動による、この里山バスは、公共交通のない過疎地において道路交通法で例外的に認められているものでございます。

 お尋ねのオンデマンド交通につきましては、正式には需要応答型交通システムで、略してデマンド型交通と呼ばれ、主に人口密度の低い地域で導入されております。路線バスとタクシーの中間的な位置にある公共交通で、事前予約により運行するという特徴があり、運行方式や運行ダイヤ、さらには自由な発着地の組み合わせにより、多様な形態で運行することができるものでございます。

 平成18年の道路運送法の改正により、デマンド型交通も道路運送法に基づく乗り合い事業に位置づけられ、一般的には公共交通会議で協議が調うことを運行許可の条件としているものでございます。

 デマンド型交通に関する国土交通省中部運輸局の調査では、タウンバスのような路線定期型交通に比べ、利用者1人当たりの運行経費は平均で言いますと高い水準であり、また、予約という仕組みが利用者になじまない場合もあるなど、デマンド型交通を導入している自治体の約7割が見直しを考えていると聞いております。

 本町といたしましては、デマンド型交通の導入は、先行した自治体の事例などを見据え、既存の路線バスやタクシー等の役割も踏まえながら慎重に考えてまいりたいと存じます。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) ありがとうございます。詳細な説明をいただきまして、オンデマンド方式というものの理解をさらに深めることができました。ありがとうございます。

 オンデマンド方式というのは、確かにそういう里山的なというか山間地があるところが使われているようですね。以前視察した北陸のほう、福井だったと思います、それから長野にもあったと思いますが、そういう町でもたしかオンデマンド方式のようなやり方でしていたと思います。予約制ですし、町に出ていって、帰りにまたそれに乗って帰ってくるとか、何かそういうやり方を記憶していますけれども、私もこの方式はそういうところでしか使えないんじゃないかなと思っていたんですが、近ごろのこの社会の変化といいますかそういうのを見ているときに、お年寄りの様子を見たりしているうちに、やはりこの町でも、都会でもやれないことはないんじゃないかなと。いろいろと検討されるということですので、それも期待していきたいと思うんです。

 いずれにしても、町の負担分、今でもタウンバスが2,700万から800万近く町の負担がありますし、これも有償ボランティアにしても、このデマンド方式でやって町の負担はやはりあると思います。だから、そうすぐにということにはいかないと思いますので、今本当にご説明いただいたのでわかりましたが、これからも慎重に検討していただきたいと思います。

 何かほかに考えられるような方策はないでしょうか。どうでしょうか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 高齢者の方の外出をどのように手助けをするのかという内容のご質問と理解して答弁をさせていただきます。

 先ほども答弁しましたように、今年度予定をしております第8次高齢者福祉計画・第7次介護保険事業計画を策定する中で検討してまいります。よろしくお願いします。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君。



◆9番(粟田昌子君) ありがとうございます。

 豊山町を見ますと愛知県で一番小さな町で、総面積は6.18平方キロメートル、そのうち3分の1を空港が占めていますから、非常にコンパクトな町です。近年大きなスーパーマーケットが幾つも進出して、私たち住民にとっては大変便利になりました。

 しかし、私自身が後期高齢者となり、身体の衰えを感じるようになりました。すると、私より年長の方々の不安や心配等が自分自身の問題としてよく理解できるようになりました。交通問題は決して山間地や大都市だけの問題ではないと思うようになりました。

 昔の人は、どこへ行くのも徒歩で行き、自然と足腰を鍛えられていましたが、車社会に生きる現代人は足腰の痛みを訴える人が多くなったように思います。また、車がなくなると手足をもがれたような感覚になるようです。

 少しずれるかもしれませんが、関連していることなので、事例を一つ紹介したいと思います。

 生々しいのですけれども、私の身近なひとり暮らしの−−独居老人と言われますが−−ひとり暮らしの男の方、おじいちゃんが、あるときフェンスを突き破って、もう道路に落ちそうになってしまいました。

 親族の方は、私もまた身近な者として、本当に心配でした。もう早く免許証を取り上げてしまいたい。お巡りさんにもお願いしました。しかし、それをしてしまったら、彼は自転車ももう乗れない、きっとひきこもりになってしまうだろうということで、非常に私どもは心配しました。悩みました。本当に耳も遠くなり、本当に危ない、見ていても危ないなと思うことが何回もありました。本当に親族の方も、どうしたらいいでしょう、いつも相談を受けていましたが、何ともなりませんでした。それで、そのようにフェンスを、ブレーキとアクセル、私は運転ができませんのでよくわからないんですが、間違えて突っ込んじゃったんですね。ですから、本当にもうそのとき彼も真っ青な顔になりました。

 これからどうしようというようなことを考えてみましたけれども、お巡りさんも、おじいちゃん、気をつけて運転してねと言うだけで何も動きませんでした。でも、ほどなくして彼はお風呂の中でひとりで亡くなりました。

 でも、本当に大事故は起こさないでよかったなとは思っています。

 しかし、これから本当に後期高齢になって、だんだん70、80歳に近くなり、あるいは80歳を超えて、運転免許証を返そうか返すまいか悩む方が大勢いるんじゃないかと思うんです。この問題に直面する人たち、その人たちの声も本当に聞いていかなければならないと思います。

 私はこれで質問を終わりますが、しかし、どうぞこれからの町の施策も、こういう方たちがふえるということを念頭に置いて、どうぞ弱い方をも助けていただけるようよろしくお願いいたします。何かありましたらお聞かせください。



○議長(水野晃君) 通告にある5番に対しての答弁をお願いします。

 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) それでは、事前に提出いただいております5番のご質問に対しまして答弁させていただきます。

 本町は、大都市に近接し、コンパクトな行政区域に公共施設や商業施設が立地しており、とよやまタウンバスなどのバス路線が栄、名古屋駅、黒川、西春、勝川、小牧と主要交通拠点に通じるなど、公共交通アクセスに関しましては一定の水準にあるものと考えております。

 今後、本町におきましても少子高齢化の傾向は例外なく進み、その結果、自動車を利用できない高齢者の方などの増加が想定され、通院や買い物など、住民の皆様が健全な日常生活を営む上で地域交通の役割は一段と重要になると考えております。

 引き続き、公共交通の維持・充実を図るとともに、徒歩・自転車・自家用車等の全ての交通手段を一体的なネットワークといたしまして捉え、それぞれを適切に役割分担することにより、高齢の方や障害のある方を含めた全ての住民の皆様に対しまして、公共交通アクセスの向上が図られますよう取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(水野晃君) 粟田昌子君の質問が終わりました。

 次に、3番岡島政信君の発言を許可します。

 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 3番岡島政信でございます。

 議長の承認をいただきましたので、ただいまより通告書に基づき質問していきたいと思います。

 初めに、町制50年には多くの町民に喜んでいただける事業をと題して、始めてまいりたいと思います。

 前の定例会の一般質問で、ほんの少しではありますが、歴史に関することにかかわることになったとお話はさせていただきました。私の地区にかかわる歴史を一つずつ掘り起こしているわけでございます。

 その事前調査として、豊山町史とか、あとコピーしたものなんですけれども、豊山村史とか、あとは先ほど豊山町史、ちょっと編集したこの資料とか、これは図書室のほうであった資料です。それから西春日井郡史とか、尾張徇行記とか尾州誌等がいろいろあったわけでございます。

 それら多くの資料には、先人の方々の培ってこられた、また築いてこられた出来事が記録として残されております。先人の方があって今があると言えるのではないでしょうか。

 豊山村史に記載されていた内容で、昭和39年少し前だったと思うんですけれども、多くの市町は合併で一回り大きくなりました。豊山町の前身である豊山村においても、明治39年7月11日、当時の豊場村と青山村が合併したということですが、ちょっとその中で記載した内容がある、尾州誌には、青山村については一久田村の南で名古屋の北のほう2里半ばかりにあり、この村と豊場村を一色荘と言う表現が記載されたり、豊場村についても、あぢまはら、春日井原などの西のほうにありて名古屋の2里半北にあり、そういう表現などがありました。ちょっと余談な話ししてすみません。

 また戻りまして、その当時、男性1,802人、女性1,867人、合計3,669人でスタートしたと昭和14年に発行された豊山村土地宝典に記録されていました。何と今から約111年前の出来事であります。その当時の記録で、役場としてはまだなかったということで、仮役場としては常安寺をということ、そして村会議員は定員12名でということが記載されておりました。

 それから66年経過した昭和47年4月1日、町制施行となったのは記憶に残るところであります。

 先ほど豊山村施行時の人口を述べましたが、昭和50年における国勢調査のデータで、男性7,020人、女性6,856人、合計1万3,876人となっており、増加人数はそれぞれ男性5,218人、女性4,989人、計1万207人、大幅な人口増加を果たしていました。当時の記録によると、町制施行に合わせてこの役場庁舎は3月に新築開業するという記録もありました。これも先人の方々の努力によって生まれた結果であり、私たちにいろいろ残してくれました。私たちは、その足跡をベースに発展を進める必要があると思います。

 また、周囲の環境を見ても、好都合の条件が整っています。私たちはその条件を生かし、豊山町を活気あふれる町に今まで以上に進めなければなりません。そうする使命を背負っているようにも思うのであります。

 前置きは大変長くなりましたが、これから質問させていただきます。

 最初の質問ですが、町制45年を迎えたことしですが、まだ早いのかもわかりませんが、50年を迎えるに当たり、事業を行う考えはお持ちでしょうか。お尋ねします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 本町は、昭和47年4月1日から町制を施行し、平成34年4月をもって町制施行50年を迎えます。

 町では、過去、10年、20年、30年、40年と10年を節目とする周年事業を実施してきました。

 特に、30周年記念事業では、NHKの「のど自慢」、40周年記念事業では宇宙飛行士の山崎直子さんの宇宙講演会を開催し、周年事業に対する町民の期待も高くなっております。

 また、周年事業は、町民の皆様の町に対する新たな期待感の醸成と町のにぎわいを創出する絶好の機会であると考えております。

 こうしたことから、町制50周年には、これまで先人の方々が築いてきた歴史を振り返りながら、町民の皆様全員で50周年という記念すべき年をお祝いできるような、次なる世代が夢と希望を抱くことができる事業を実施してまいりたいと考えております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 多くの町民の方に喜んでもらえ、先ほどもお話がありました次の世代に夢と希望を抱いてくれるメッセージが残せるといいんじゃないかなと思います。

 先ほど出されたお話があった内容で調査していただいた資料で、10年、20年、30年、40年と、いろいろと事業をこなしてみえました。40年は特にメッセージとして豊山町が航空宇宙産業の町がPRできたんじゃないかなと、そんな思いであります。

 私自身、40周年のときですけれども、宇宙飛行士の山崎直子さんの宇宙講演会は、私、抽せんで外れまして聞くことができなく、記憶が強く残っております。アリーナで大スクリーンで見られる光景が見られなくて、今でも残念に思っているところです。

 多くの方々が期待し、多くの方々に喜んでいただけるように展開していこうとすると、もう早いうちから進めていかなければならないと思うわけでございます。

 そこでお聞きしたいのですが、その周年事業はどういった方法で進めていく考えなのでしょうか。まだ早く、構想はまとまっていない状況だとは思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 町制施行50周年記念事業を町民の皆様とともに喜びを分かち合い、全町的に盛り上げていく事業にするために、団体・企業と連携した記念事業実行委員会を立ち上げるなど、官民が一体となった取り組みとしていきたいと考えております。

 具体的な事業のあり方につきましては、今後検討してまいります。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 先ほどいろんな団体とか実行委員会を立ち上げるという構想的なことを聞かせていただき、ありがとうございます。いろんな方のアイデアなどを盛り込んで、豊山町のPR、次世代へのメッセージができるような構想ができることを期待しております。

 先ほど言われたプロジェクトチームなどによる展開もあるだろうし、また、効率のよい方法で展開を含め、今後進めていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 先ほど前置きで、いろいろ歴史について話させていただきました。

 町制施行において豊山町史を発行されたわけでございます。50年経過しようとしている中、発行後に、また新しい事実も発見されたり、その以降に発生しているということが多々あると思います。半世紀を記念し、豊山町史の編集・作成をしてはどうかというふうに私考えるわけでございますが、考えをちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 豊山町史につきましては、町制施行翌年の昭和48年9月に発行して以来、平成7年3月に軽微な訂正を行った復刻版を発行し、現在に至っているところでございます。

 町史の編さんは、単にこれまでの歴史を振り返り検証するだけではなく、歴史的な流れの中で現在の豊山町を見つめ直し、将来を展望するという点から大きな意義があると考えております。

 本町のこれまでの歩みを振り返り、町民の地域に対する理解と郷土愛を醸成するとともに、本町の歴史を後世に伝えていくため、50周年記念事業の一つとして町史の編さんを行ってまいりたいと考えております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 現在の豊山町史は、一つ一つの事柄など記録に残し、大切な資料になっていると私も思います。

 また、例えばの話になってしまうかもわからないんですけれども、新しく歴史の事実と比較できるような年表式などにすると、また新しい理解が得られるような気がしないでもありません。多くの方々に豊山町もこんなに古くから、こんな歴史が記録として残っているということを知ってもらえるようにしていただきたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。

 町制50年における事業の質問はここで終わらせていただき、次の質問に移りたいと思います。

 次の質問ですが、空き家対策についてでございます。

 最近の新聞紙上においても、空き家対策は大きく捉えられております。現在は、過疎地における空き家より都会における空き家のほうが大きな問題になっているようでございます。

 防災上の問題があったり、火災上の問題があったりなど、住民の苦情に対し、関係自治体が、今はいいんですけれども、以前は法律がない状況のもとでは自治体で条例を発効してまで進めるなどして対処されていたというのも聞いております。

 現在では、空き家対策法案ができ、法律に基づき対処されているということをもお聞きしております。

 今年度の予算に空き家実態調査委託料がありました。施政方針でも、空き家対策につきましては町内全域の空き家実態調査を行い、空き家対策計画の基礎資料としていくとあります。

 国土交通省の資料によりますと、居住者のいない住宅は全国で853万戸、うち長期不在などで人が住んでいない住宅は318万戸が全国であるそうです。この数値の中に豊山町のデータは入っていないと思います。

 当町においても、全国レベルの事件になりましたが、使用されていないホテルで事件があったり、当町にはこんなことはないんですが、お住まいの方が亡くなると、そのお宅は管理されていない状況になり、不審者の出入りが起きたりしているということも聞いております。

 全国レベルの問題で、防災性が低下するとか防犯性が低下するとか、ごみの不法投棄などが発生して困っているとかいうようなことも挙げられますし、また、火災発生時の誘発等の問題も挙げられているということをお聞きしています。

 そこでご質問させていただきます。

 先ほど全国レベルの問題を挙げさせていただきましたが、豊山町としての問題はどんなことが挙げられるか、そこら辺教えていただけませんでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 本町では、これまで町民の皆様からの空き家等に関する情報や苦情等がないことから、空き家問題が発生しているとの認識はございませんでした。

 しかし、県下のほとんどの市町村が空き家問題の現状を正確に把握するため、空き家実態調査を実施しております。

 こうした状況を踏まえまして、本町におきましても実態調査の必要性を認識し、今年度、集合住宅を除く一般住宅を対象といたしました実態調査を実施するものでございます。

 以上です。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 今、お話のございました、今のところは当町には空き家がないというように判断されているんですが、状況として、やっぱり実態調査する必要を感じられたというような御答弁をいただきました。

 いろんな、どこに問題があるかというのは、やっぱり調査してみないとわからないわけで、それを進めていくに当たっていろんな項目等について調べられるというふうに思うわけでございますが、それらの空き家実態調査の結果というのは、調べられた調査結果というのは今後どのように活用し、展開していく考えかをお聞きします。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 本年度実施をいたします空き家実態調査の結果に応じまして、本町の現状に即した対策を講じる必要があると考えております。

 保安上の危険や衛生上有害な状態にあるなど「特定空き家」に該当する家屋がある場合につきましては、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく適切な方策を講じることはもちろんのこと、特定空き家がない場合におきましても、特定空き家を今後発生させない予防的な方策を講じる必要がございます。

 これらの方策を適切に進めるため、次年度、豊山町空家対策計画を策定する予定でございます。その計画の中で、本町の現状や課題を明確にした上で、空き家問題に対する本町の基本的な考え方を明らかにしていきたいと考えております。



○議長(水野晃君) 岡島政信君。



◆3番(岡島政信君) 今、次年度で、そのデータに基づいていろいろ計画をしていただけるということで、今後展開をお願いしたいと思います。

 以前、空き家対策についての質疑で、データがなかったということもあって、回答もいろいろ苦慮されたと思います。今年度に実施される事業で、そのデータでですね、町民から問い合わせがあったとしてもきちんと返答できるということは、豊山町というのは明るい町ということをイメージできる、築いていけるんではないかと思っているわけでございます。

 今後は、空き家に対し、どのように管理したらよいのか見えてくると私は思っています。また、事件の発生した空きホテルでは、ここで言う空き家とは対象外ということですが、データから、いろいろな必要性のある事柄も見えてくるのではないでしょうか。

 私としては、今後、核家族化が進むと、また空き家も進んでいくんじゃないかなというふうに推測しているわけでございます。調査結果で何をすべきか、今後の対策などをどのように進めるべきか見えてくると思います。そして、ガイドラインなどの検討にも展開が必要になるのかもわかりません。

 町民にとって有効な資料作成、また町民への見える化の推進をお願いして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 岡島政信君の質問が終わりました。

 ここで10時30分まで暫時休憩といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時22分 休憩

     午前10時30分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(水野晃君) 休憩を閉じ再開いたします。

 次に、2番山本亮介君の発言を許可します。

 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 2番山本亮介です。

 今回は、高校卒業までの医療費無料化について、小・中学校の給食費無料化について、特別徴収税額通知書の対応について、3つのテーマで質問をさせていただきます。どの質問も町民にとってかかわりの深いテーマだと思います。それぞれのテーマにおける問題意識を皆様とぜひ共有していきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

 それでは、まず初めに高校卒業までの医療費無料化について質問をしていきたいと思います。

 このテーマについては、昨年の6月議会でも取り上げさせていただきました。

 昨年は東郷町を視察しました。東郷町では、「子育てするなら東郷町」というキャッチフレーズで子育て支援ナンバーワンを目指しており、その目玉として実施されることになったのが高校卒業までの医療費無料化であることを知りました。

 豊山町でも高校卒業までの医療費無料化を子育て支援施策の一つとして取り入れてほしいと強く思い、今日まで至るわけであります。

 そこで、まずお聞きします。

 平成26年度、平成27年度、平成28年度の16歳から18歳までの医療費窓口負担分について、概算見込み費用は、通院・入院別でどれくらいになるか教えてください。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 16歳から18歳までの国民健康保険以外の健康保険分の医療費につきましては、うちのほうでは実態を把握できず、正確な見込み額をお示しすることができませんので、ご理解いただきたいと存じます。

 なお、国民健康保険加入者と総人口をもとに概算で推計しますと、平成26年度は通院が約625万円、入院が約45万円、合計約670万円、平成27年度は通院が約700万円、入院が約150万円、合計約850万円、平成28年度は通院が約805万円、入院が約125万円、合計約930万円となります。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) これで16歳から18歳までの医療費窓口負担分について、通院・入院別の概算見込み費用の3年分のデータがそろいました。これ、今ぱっと3年間平均で見てみますと、通院・入院合わせて、この3年間で2,450万円ほどになっておりますので、3年間平均すると約800万円ほどだと思われます。

 どちらにしましても、これ1,000万円予算組めば何とかできるかもしれないということがわかったかなと思います。年によってばらつきがあって、あくまでも概算見込み費用ではありますけれども、町の財源的には、財政的には十分実現可能だと思いました。

 ここで一つ紹介したいのが医療費助成に対する国からのペナルティーです。この医療費助成に対する国からのペナルティーとは、地方の単独事業として医療費の窓口負担を減免した場合に国庫負担を減額調整することです。しかし、このペナルティーはかねてより地方団体から廃止の要望がある中で、平成28年12月22日、厚生労働省が子ども医療費助成に係る国保の減額調整措置について、平成30年度より未就学児までも対象とする医療費助成については国保の減額調整措置を行わないこととする通知を出しております。

 減額調整のペナルティーがなくなれば、その分、子どもの医療費助成に使える金額が実質増額することになります。ここでお聞きします。

 平成28年度にペナルティーで減らされた金額は概算で幾らになるでしょうか。お答えください。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 市町村が子どもの医療費を独自に助成した場合、国民健康保険の公費を減額調整する措置がございます。平成30年度からは、全ての市町村が未就学児に対して何らかの助成措置を実施している実態を踏まえ、未就学児に対する医療費助成のみ減額調整を行わないこととなりました。

 平成28年度の減額調整措置の中で未就学児分を推計しましたところ、減額調整額は約120万円でございました。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) わかりました。

 120万円という減額、大変大きなものであると思います。医療費の窓口負担を減免するための費用が、このペナルティー解除によって実質ふえるわけですので、本当に大きなことだと思います。

 厚生労働省は、こうも言っています。全ての市町村が未就学児までは何らかの助成措置を実施している実態等を踏まえ、自治体の少子化対策の取り組みを支援する観点からと、国は、子どもの医療費助成は少子化対策の取り組みであると捉えています。

 また、少子化対策の大きな柱は、やはり子育て支援施策だと思っております。高校卒業までの医療費無料化は親にとっては大変喜ばれる施策だと思います。

 例えば突発的なけがや病気にかかってしまうことは誰にでも起こり得ることです。たくさんお金がかかってしまえば経済的負担はたちまち大きくなってしまいます。また、アレルギー性疾患、ぜんそく、アトピー性皮膚炎など継続的な治療が必要なものもあります。

 本当に高校卒業までの医療費無料化は、一方ではばらまきとも言われますけれども、本当にぜいたくでもばらまきでもないと思います。子どもたちがやはり健康で元気に豊山町で成長するために、また子育て世代が安心して子どもたちを育てることができるために必要な施策であり、意義深いものであると考えております。

 高校卒業までの医療費の無料化をぜひ実現させてはいかがでしょうか。お答えください。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方までを対象とする現行制度におきましても、子育て世代の方に十分安心して医療を受けていただける制度であると考えております。

 また、18歳まで助成を必要とする世帯の方につきましては、母子・父子家庭医療制度によって対応をしております。

 したがいまして、当面は現行制度を維持してまいりたいと考えております。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) まさかとは思って、ちょっと、こっちも去年の答弁を用意していたんですけれども、去年の答弁と全く同じ答弁が返ってきまして、少し動揺しております。

 新しい町政になって、少しそういう考え方などには変化があるのかなと期待していたわけですけれども、ちょっと、本当にこれはちょっと残念だなと率直な感想を言わせていただけたらと思います。

 通告にはないんですけれども、例えば実現に向けてほかの自治体への調査をしたりですとか、あるいは何か実現に向けた条件など何かお考えでしたら、お答えいただけたらと思いますけれども、どうでしょうか。



○議長(水野晃君) 通告にない発言ですけれども。



◆2番(山本亮介君) 答えられたらということで、ちょっと本当に、これは残念です。率直に言って残念です。



○議長(水野晃君) 副町長。



◎副町長(鈴木邦尚君) 昨年と全く一緒だということでもって申しわけないですけれども、平たく言いますと、医療費というのは、先ほど粟田議員のご質問もありましたけれども、高齢者がふえていくという格好で、全体でいけば伸びるんですね、全体で。それに対して、ある特定の部分だけ、例えば、当然子育てのために必要だという意見わかりますけれども、じゃ、それに伴う財源措置と、将来にわたってこれ一体で考えたら引くことできないわけですよね、引くことは。やめることができないわけですよね、こういうものは。そうすると、その辺のことを逆に山本議員から、こういう財源が例えばあるんじゃないかとか、財源をこうやったら生み出せるんじゃないかとか、そういう具体的な、例えばご指摘とかご提案をいただければ、我々ももう少し前向きに考えることは可能かなというふうに現時点では思っているところでございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) ご指摘ありがとうございました。

 私は、これはちょっと言うつもりはなかったのですけれども、今、財政調整基金への積み立てなんかを結構されていると思うんですけれども、先ほど財源とおっしゃったんですけれども、もちろん財政調整基金を積み立てることというのはもちろん大事なことだとは思いますけれども、その中から例えば今回1億何千万円積み立てたわけなんですけれども、こういったものから1,000万円ぐらいちょっと……



○議長(水野晃君) 山本議員、今の副町長の答弁に答える必要はございません。



◆2番(山本亮介君) そういったものを使えばいいと思います。

 ぜひこれからも前向きに検討していただけたらと思いまして、次の質問に移らせていただきたいと思いますが、その前に少しご紹介しておきたいんですけれども、全県、愛知県内では、2016年の自治体キャラバンの調べでは、東郷町、飛島村、設楽町、東栄町は入通院とも、安城市、南知多町は入院で、自己負担なしで18歳年度末まで行っています。また、全国でも施策の広がりを見せているということをつけ加えさせていただきまして、続いての質問に移らせていただきます。

 続いて、小・中学校の給食費の無料化について質問していきます。

 給食費への補助を実施する自治体が全国で近年広がりを見せているのはご存じでしょうか。

 2017年1月14日の赤旗の記事をご紹介いたします。

 公立小学校や中学校の給食費の保護者負担を全額補助して無償にする市町村が少なくとも55あることが本紙の調査でわかりました。うち9割が、この6年間で無償にしています。新たに2市町、群馬県みどり市、鹿児島県長島町が今春から始めます。時世でいいますと今はもう始まっているところであります。

 給食費の一部を補助する市町村、これも少なくとも362あることも明らかになりました。

 文部科学省の調査によると、給食費の保護者負担の1カ月当たりの平均額は、小学校で4,266円、中学校が4,882円です。

 給食費を全額補助しているのは北海道三笠市、栃木県大田原市、滋賀県長浜市、兵庫県相生市の4市と28町23村、大半が小・中学校とも対象にしていますが、三笠市、長浜市の2市と和歌山県古座川町の1町、長野県平谷村の1村は小学校のみを対象としています。開始時期は平成15年度が最も多く、11年度から16年度の6年間で大きく広がっています。

 教育委員会や給食センターの担当者は、保護者の反応として、負担が軽減され大変喜ばれていると回答、若い世代の定住や転入に効果を期待しています。

 半額補助や多子世帯の補助、産地食材の使用の補助など給食費の保護者負担を部分的に補助する市町村も広がっています。一部補助を実施している自治体の状況について、38道府県教育委員会が回答、県内に全額補助の自治体がない茨城県でも22、同様に千葉県、愛知県、福岡県でも10以上の市町村が一部補助を実施しています。

 全額補助と一部補助の自治体を合わせると、全1,741市町村のうち、少なくとも417市町村ありました。

 ということで、近年全国で小・中学校の給食費の無料化が進んでいることがわかっていただけたと思います。

 また、大口町は小・中学学校の給食費を半額補助しています。

 では、まずこの豊山町の給食費にかかわって順次質問をしていきたいと思います。

 初めに、平成27年度、平成28年度の小・中学校の児童・生徒数を教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(安藤憲司君) 平成27年度における小学校の児童数は995人、中学校の生徒数は436人、平成28年度における小学校の児童数は1,014人、中学校の生徒数は435人でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) それでは、平成27年度、平成28年度の小・中学校別の1人当たりの給食日数、全体の給食実施食数を教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(安藤憲司君) 平成27年度における小学校の給食日数は186日、給食実施食数は19万8,114食、中学校の給食日数は182日、給食実施食数は8万1,661食でございます。

 平成28年度における小学校の給食日数は188日、給食実施食数は20万5,433食、中学校の給食日数は184日、給食実施食数は8万2,824食でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 最後のは8万2,000……、もう一度、すみません。



○議長(水野晃君) 安藤教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(安藤憲司君) 8万2,824食でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 次に、平成27年度、平成28年度の小・中学校別の1人当たりの1日の給食費、月間の給食費、年間の給食費、全体の給食費総額を教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(安藤憲司君) 平成27年度における小学校児童1人当たりの1日の給食費は240円、月間の給食費は4,150円、年間の給食費は4万5,650円、全体の給食費総額は4,731万9,617円、中学校生徒1人当たりの1日の給食費は275円、月間の給食費は4,750円、年間の給食費は5万2,250円、全体の給食費総額は2,242万4,507円、小・中学校を合わせた全体の給食費総額は6,974万4,124円でございます。

 平成28年度における小・中学校別の1人当たりの1日の給食費、月間の給食費、年間の給食費は、平成27年度と同額でございます。全体の給食費総額につきましては、若干平成27年度を上回る見込みでございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) ありがとうございます。たくさんの質問に答えていただき、本当にありがとうございます。

 今回質問させていただいたデータの中で特に重要なのは、3問目に質問した1人当たりの給食費です。1人当たりの月間の給食費は小学生で4,150円、中学校で4,750円で、これだけの負担が毎月あるのは大変なことだなと思います。

 1人当たり年間で4万5,650円だったり5万2,250円だったりしますので、これが2人以上いれば2倍、3倍と経済的負担が大きくなると。本当にこうした負担が小・中学校の給食費の無料化をすることで解消されれば、大きな子育て支援になることは間違いありません。また、先ほど述べたような意義もございます。小・中学校の給食費の無料化、ぜひ実現させてはいかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(安藤憲司君) 本町におきましては、学校給食法及び同法施行令に基づき、学校給食の実施に必要な経費のうち施設や設備に係る費用、消耗品費、光熱水費、調理員等の人件費を町で負担しており、給食費として食材の購入相当額を生活保護及び準要保護世帯を除き児童・生徒の保護者の皆様にご負担をしていただいております。

 給食費無料化をすることは、先ほどご説明いたしましたとおり年間約7,000万円もの多額の財源を毎年確保し続けることとなるため、現状では困難であると考えております。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 僕も事前に聞いてはいたんですけれども、7,000万円ほどかかると。これを予算化するというのは大変な苦労が要るのかなとは思います。

 小・中学校の給食費の無料化、大きなお金がかかりますけれども、全国で小・中学校の給食費の無料化が広がりを見せ、その意義や効果がはっきりしてきました。

 また、私が提言するのは小・中学校の給食費の無料化ですが、小・中学校の給食費を半額補助にした場合ですとか、小学校の給食費のみ無料化した場合など、さまざまな試算が今回の質問で実質的な数字が出てくることとなりました。

 ちょっと金額のことばかりで話ししていてもいけないので、一つ、栃木県大田原市の例に、この小・中学校の給食費の無料化の意義について少しお話ししたいと思います。

 学校給食費無料化の概要ということで、栃木県大田原市教育委員会事務局の教育総務課がつくっている資料に、学校給食費無料化の経緯、趣旨、学校給食法に規定する保護者負担との整合などについてまとめられています。

 この栃木県大田原市における学校給食は、学校給食法第11条第2項に定める学校給食費を小学生は月額4,200円、中学生は月額4,900円として、安全で安心な食材を調理して提供しています。

 学校給食費の無料化は、津久井富雄市長がマニフェストとして第1に掲げる、全ては子どもたちの未来のためにを実現するための施策の一つとして始められました。

 平成23年3月11日の東日本大震災で被災したため、平成24年4月に無料化する予定が延期となったものの、平成24年10月から給食費の完全無料化を開始した経緯があります。

 また、学校給食費の無料化の趣旨については、成長期にある子どもへの食育、徳育は健やかに生きるための基礎を培うことを目的としています。また、地域を理解することや食文化の継承、自然の恵みや勤労の大切さを理解する上で食は重要な教材になります。学校における食育の中心は給食で、学校給食は生きた教材でもあります。

 市民が一番に望む必要な施策は何かと考えるときに、加速化する少子化、子どもの貧困など、その対策は急務であり、保護者に求められる教育に関する負担の軽減を図り、子育て環境の向上を目指すために地域社会全体で子育てを支える方策として給食費を無料化することは、意義深く、大きな価値のあるものです。

 また、子どもたちを支援し、ともに健康な大人に育て上げることは、保護者だけではなく市民全体の責務であります。子どもたちに感謝するということを具体的に体験させて学ぶことは大変重要であると思います。

 給食の食材の調達では、多くの動植物の命が原材料となること、調理では調理員や調味料をつくる人のご苦労に、食べるときには誰かが費用の負担をしてくれることに感謝することを学びます。無料化によって、この誰かが大田原市民全体であることに気づき、知らない人も支えてくれているという協働の仕組みや大人への尊敬を学習する生きた教材になると思われますと、この無料化の趣旨について話しています。

 最後に、この学校給食法、先ほども少し答弁の中であったと思いますけれども、この整合性について、大田原市でこのように述べています。

 補助金導入に際し、文部科学省に問い合わせをしたところ、次のような回答があったと。その回答はどういうものかといいますと、学校給食法では給食にかかる経費の負担区分を定めている。学校給食費とされるのは食材料費及び光熱水費となり、原則として保護者負担となる。しかし、これは経費の負担関係を明らかにしたものであり、法律の趣旨は設置者の判断で保護者の負担を軽減−−負担なしを含む−−することを可能とされている。この解釈は学校給食執務ハンドブックの質疑応答の中の説明にある保護者の負担軽減を禁止する趣旨のものではない。また、負担軽減の手続論まで定めていないので軽減の制約はないと思われると、この保護者負担との整合性を述べているので、また後でお渡ししたいと思います。

 これが給食費無料化についての大田原市の考え方でありまして、私は正直、この文書を読んで、ちょっと感動いたしました。本当に給食費の無料化、この質問をする前は、財源はどうすればいいか、保護者の負担はどれだけ軽減されるのかなど、どこか浅いところで捉えていた部分があったんですけれども−−浅くはないかもしれないですけれども−−大田原市の考え方というのは、給食の目的や地域社会全体で支える考え方など給食費無料化についての考え方が本当に深いなというふうに思います。

 少しでも大田原市の考え方に共感するものがあるのであれば、ぜひ実現に向けて一歩でも半歩でも足を進めてほしいと要望しまして、3つ目の質問に移らせていただきます。

 3、特別徴収税額通知書の対応についてということで質問をさせていただきます。

 この特別徴収税額通知書というものがありまして、昨年までは全国の自治体が送付するこの書類に個人番号、マイナンバーを記載する欄はありませんでした。ことしは個人番号を記載する欄の様式が使われ、個人番号を記載することでさまざまな問題が発生しています。

 それは、やはり去年まではマイナンバーを記載していなかったので、それを記載し始めれば、新たな問題が発生するのは容易に想像できるかとは思いますけれども、この特別徴収税額通知書について、豊山町の対応を確認し、今後の対応についてお伺いしていきたいと思います。

 では、まずお伺いします。まず、そもそもこの特別徴収税額通知書とはどのようなものなのか確認させてください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 特別徴収とは、雇用主が従業員に給与を支払う際、個人町県民税を給与から天引きし、雇用主がまとめて市町村に納付する徴収方法を指します。

 特別徴収義務者であります雇用主及び納税義務者であります従業員に対して交付する個人町県民税の通知を特別徴収税額通知書と言います。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 全国の自治体でこういったものが送付されている、この特別徴収税額通知書、これに一人一人のマイナンバーが附番されるとなると、誤配などがあれば個人情報の漏洩ということになり、大問題となるわけでございます。

 続いて、特別徴収税額通知書を豊山町が送付した件数と、特別徴収で税金を納めている人数を教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 平成29年度における送付件数は3,175件であり、特別徴収で税金を納めている人数は5,668人になります。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 結構多いなと思って、ちょっとびっくりしています。人口3分の1の人数ですものね、5,668人といいますと。これだけの人が特別徴収で税金を納めていて、つまりこの5,668人のマイナンバーが対応によっては流出してしまう可能性が出てくるということであります。

 では、ことしは豊山町としてはこの特別徴収税額通知書の個人番号の記載についてどのような対応をされましたでしょうか、教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 特別徴収義務者に対し、従業員の個人番号を記載した特別徴収税額通知を送付いたしました。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) それだけのマイナンバーが記載されたということであります。

 では、この特別徴収税額通知書の個人番号の記載について、県内ではどのような対応になっているのかご紹介したいと思います。

 この特別徴収税額通知書の個人番号の記載については、県内の54市町村の自治体でそれぞれ対応が異なっております。

 県内54市町村の中には、個人番号を記載しなかった名古屋市を初め、個人番号の一部のみを印字した自治体が半田市、阿久比町の1市1町、給与支払い報告書に不記載の場合のみ個人番号を不記載にした自治体は津島市、愛西市、東浦町、美浜町、武豊町の2市3町など、個人番号の記載について不記載、一部不記載にした自治体は8自治体に上ります。

 豊山町は、今回特別徴収税額通知書に個人番号を記載するという対応されましたけれども、その理由についてお聞かせください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 地方税法第43条では、特別徴収義務者及び特別徴収に係る納税義務者に交付する特別徴収の通知書を総務省令で定める様式に準じて作成するものと規定しております。

 当該省令であります地方税法施行規則第2条に定める様式が一部改正され、特別徴収義務者に交付する特別徴収税額通知書の様式に個人番号欄が追加されたことに伴い、本町においても特別徴収税額通知書に個人番号を記載いたしました。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) こちらの調べでいきますと、平成29年3月6日に総務省の自治税務局市町村税課から個人番号欄を設けている様式の通知書を使うよう通達が来ていると思われますけれども、そもそも昨年、これ疑問なんですけれども、昨年までは個人番号欄がない通知書を事業所に送って税徴収を行ってきた、つまりしっかりと対応できていたと思うんですけれども、しかも名古屋市のように個人番号を記載せずに送付しても対応はできているんですね。

 個人番号を記載することの特別なメリットというのは一体何なのかなという。メリットもないのに、例えば個人番号を記載して誤送付して個人番号が流出するなんていうことがあったら、こんなおかしなことはないわけでありまして、実際、誤送付で個人番号が流出したというケースも全国で多々あります。

 また、これは条文の解釈の問題ですので、考え方として聞いていただきたいんですけれども、個人番号法第19条第1項は、何人も特定個人情報の提供してはならないという本条文を前提として、個人番号利用事務を処理するために必要な限度での提供を例外とする規定でありまして、したがって事務処理上の積極的な必要性があるのであればともかく、まして何の説明もなく提供することの根拠にはならないという考え方がありますけれども、先ほどこの名古屋市の例を挙げたように、事務処理上、積極的な必要性って特にないんじゃないかなというふうに思うんですけれども、その点はいかがでしょうかというか、これは答えられればいいんですけれども、私はやっぱり個人情報保護の観点からいっても、総務省の通達というのは個人番号法第19条第1項と矛盾しているように思えてなりません。

 改めて、今回のマイナンバー記載というのは疑問があるということで、もし何かお答えいただけることがあれば、ちょっといいですかね。すみません。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) マイナンバー制度では、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第1条において、行政運営の効率化及び行政分野における、より公平な給付と負担の確保を図り、申請、納税等の手続の簡素化による負担の軽減、本人確認の簡易な手段、その他の利便性の向上を得られるようにすることを目的として創設された制度となっております。

 今回の特別徴収税額通知書の改正は、法律の趣旨を踏まえて、同法第19条第1項に基づき行われたものであります。

 また、議員が述べられましたように総務省から出されている通知におきましても、地方税法及び地方税法施行規則に定められた特別徴収税額通知書において個人番号欄の削除をしたり、個人番号の不記載やアスタリスクを含む一部不記載ということは認めていないとなっております。

 こうしたことから、本町におきましては、特別徴収税額通知書に個人番号を記載しております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) だんだん時間がなくなってきてしまいまして、今、一つつけ加えさせていただくのであれば、実際に通知に従っていない自治体もあるんですけれども、そういった自治体が法令違反を犯しているかどうかということに関してはちょっと疑問があるところでありますが、ちょっと時間がないのでごめんなさい、次の質問に移っていきたいと思います。時間がないのは自分の時間配分があれなんですけれども、次の質問に移ります。

 特別徴収税額通知書の対応については、その送付方法によって個人情報漏えいのリスクが大きく変わってきます。そこでお聞きします。特別徴収税額通知書の送付についてどのような対応をされましたか。また、その送付にかかった経費についても教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 普通郵便により送付いたしました。送付に要した経費は63万8,261円でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 県内54市町村の中には特別徴収税額通知書の送付方法について、簡易書留で送付した自治体が6市村あります。蒲郡市、愛西市、北名古屋市、あま市、飛島村、豊根村です。豊根村は特定記録郵便で送っております。

 2年前、個人番号が書かれている通知カードを送付した際には、個人番号の情報が他人に漏れないように送付方法を豊山町でも簡易書留にしていますけれども、今回個人番号を記載した特別徴収税額通知書を普通郵便で送付したのはなぜでしょうか。お答えください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 納税通知書につきましては、従前から正確な宛て名を把握し、普通郵便で送付しております。誤配達が生じた場合は、郵送方法にかかわらず郵便法第42条の規定に基づき、誤配達を受けた者は原則、当該通知を開封することなく誤配達の旨を表示した上で郵便ポストへ差し入れるか、誤配達の旨を郵便局へ通知することが義務づけられております。

 今回、本町では特別徴収税額通知書を郵送する封筒の表面に誤配達があった場合の取り扱いについて、受け取り者の対応方法を記載し、当該郵便法に基づく義務の周知徹底を図っております。

 正確な宛て名の把握と封筒への当該記載により情報漏えいの危険性は回避できるものと認識しておりますので、普通郵便で送付いたしました。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) とはいえ、僕なんかついつい来ちゃった、ポロリとあけてしまうことがあると思うんですけれども、それはケース・バイ・ケースなのであれなんですけれども、簡易書留のほうが確実ではないかと思っております。

 今回普通郵便で送付したわけですけれども、簡易書留の場合について聞いていきたいと思います。

 特別徴収税額通知書の送付を簡易書留で郵送する場合の経費は幾らになるでしょうか。お答えください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 簡易書留とした場合の郵送費用は162万2,511円でございます。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) そうすると約2.5倍ぐらい、2.7ぐらいの経費がかかると。当然普通郵便より簡易書留のほうが高いわけですけれども、やはり個人番号流出、誤送付や情報漏えいのリスクを限りなくゼロに近づけるならば、やはり簡易書留にすべきではないかと思います。

 重複するかもしれないんですけれども、この簡易書留よりも普通郵便のほうが誤送付や情報漏えいのリスクが高いんですけれども、誤送付になった場合のケースは考えていたのでしょうか。お答えください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) さきの質問でお答えしましたとおり、誤配達を受けた場合を想定し、封筒の表面に注意喚起を促す案内を記載いたしました。

 誤送付等が発生した場合につきましては、郵便法に基づく対応がなされるものと認識しております。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) ありがとうございます。

 最後の質問に移っていきたいと思います。

 先ほどから問いておりますとおり、個人情報保護の観点から、ほかの自治体も実際、普通郵便では個人情報のリスクがあるのではなかろうかということで簡易書留で郵送する自治体があるわけでありまして、例えばあま市の市町村担当者のコメントとしては、税額通知書の誤送付、紛失等のリスクを考え、事務負担等の財政負担は非常に大きいものですが、平成29年度は簡易書留で郵送する方向で準備していますというコメントがあります。

 もうちょっと紹介したかったところなんですけれども、先ほど申し上げましたように個人情報保護の観点から、特別徴収税額通知書の個人番号の取り扱い、せめてこの送付方法について再考すべきではないかと思っておりますけれども、今後の対応、来年度対応について、現時点でどのように考えているのか教えてください。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 特別徴収税額通知書における個人番号の取り扱い、送付方法につきましては、今後も法令に基づき、適切に対応してまいります。



○議長(水野晃君) 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 簡易書留で送っていただいたほうがいいんではないかと思うので、重ねて要望をしておきます。

 特別徴収税額通知書に個人番号を記載して送付することによる不利益として考えられるものは、従業員が事業所に個人番号を教えていない場合と自治体が事業所に個人番号が記載された通知書を送付する場合、開封時に個人番号を管理する人以外が開封してしまった場合、自分の個人情報を他人に知られたくないのに知られてしまうということなんですね。

 今はパソコンで何でもできる時代になってきまして、個人番号、今、さまざまな情報が数珠つなぎにされるようになっています。個人情報が、個人番号が流出しただけで、ありとあらゆる個人情報が流出することにつながると。

 私は、個人番号には反対の立場ですけれども、賛成の立場の方もいらっしゃるかと思います。その中で、個人番号は個人情報だと、個人情報の漏えいは誰もが嫌だと思いますけれども、この個人番号の取り扱いについて、今後個人情報保護の観点から、よりよい対応がされることを要望しまして、一般質問を終わりたいと思います。長々とありがとうございました。失礼しました。



○議長(水野晃君) 山本亮介君の質問が終わりました。

 次に、1番坪井孝仁君の発言を許可します。

 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 1番坪井孝仁です。

 議長のお許しを得ましたので、発言させていただきます。

 それでは、児童遊園及び神明公園について質問させていただきます。

 最近では、若い世代がここ豊山町で住宅を購入し、住民もふえてきています。また、子どもたちもふえ、小学校の部屋数も足りなくなってきています。

 この若い人たちが豊山町に移り住み、各地区26カ所ある児童遊園を、児童の遊び場や通学の集合場所であるとともに地域の憩いの場やコミュニケーションをとる場として利用されています。

 その中で、児童遊園のトイレは人々が集まる場として重要なものです。児童遊園のトイレは、安心・安全に使用できるようになっているのでしょうか。

 町内児童遊園の一部のトイレでは、旧式のくみ取り式トイレが使われております。衛生的な問題を踏まえ、なぜいまだ旧式のくみ取り式トイレが使用されているのか。

 また、このくみ取り式トイレは、危険な公共トイレとして指摘される男女共用、入り口が男女で同一、トイレ内から周囲に家の窓が見えない、壁や木々が邪魔をして見えない、清潔でないと、全てに当てはまるトイレではないでしょうか。そういったトイレの設置場所の再考も必要ではないでしょうか。どうでしょうか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 26カ所ある児童遊園のうち、トイレを設置しております児童遊園は現在12カ所ございます。

 トイレの管理につきましては、委託業者により毎週1回、水洗いによる掃除、消毒、トイレットペーパーの補充を行っております。実施結果につきましては、毎年福祉課において報告を受け、利用者が安心・安全使用できるよう適切に衛生管理を行っております。

 それから、2点目のくみ取り式のトイレのままなのかというご質問ですけれども、児童遊園のトイレにつきましては下水道整備に合わせて順次整備しております。平成29年4月現在のくみ取り式トイレにつきましては、青山地区にあります青山上児童遊園と青山児童遊園の2カ所の児童遊園となっております。今後も、下水道整備に合わせ、順次適切に整備してまいりたいと考えております。

 次に、設置場所につきましては、児童遊園の地形や大きさ、遊具等の配置、安全性を考慮しております。

 このようなことから、トイレの下水道接続や遊具の交換・改修時期、防犯上の観点などを含めて、適切に設置してまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) くみ取り式トイレが使われている児童遊園というのは青山地区の上児童遊園と青山児童遊園、2カ所のみということでありますけれども、この地区の下水道工事というのは今後何年後というか、いつぐらいになるのでしょうか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 青山地区の下水道整備につきましては、平成32年から平成38年ごろとお聞きしております。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 既にほかの児童遊園、12カ所あるうちの10カ所については少なくとも水洗化にされていると。それで平成32年から38年ごろと言われると、これから早くて3年、遅くて9年後ということになると思うんですけれども、これ余りにも先の話ではないのかなと思います。

 同時に工事をすると、下水道工事と同じようにするというのは一番無駄がないということは理解できます。しかし、これ一時的に浄化槽を入れて、下水道が来たときに配管のみの工事をするという方法もあると思うんですけれども、その辺はどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 先ほども答弁をさせていただいたかと思いますが、基本的には下水道の整備に合わせて接続をすることを考えております。下水道の整備時期が明らかになった時点で、改めて検討してまいりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) やはりその3年後、9年後ということを考えると、そのままにということだと思うんですけれども、今年度の豊山小学校の2階、3階の男女のトイレが和式トイレから洋式トイレに変更されます。それは和式トイレが子どもたちが使えないという子がふえているということもあり、また、水洗式というのも当然なっている話だと思うんですけれども、現在、児童遊園のくみ取り式トイレなんですけれども、ドアをあけると一斉に虫が飛び出てくるといったような衛生的なことも考えると、とても使えるような状態ではないと思うんですね。一刻も早く、3年後、9年後と言わずに、早くやれる方法というのは何かございませんでしょうか。

 この児童遊園というのは、憩いの場所として、そしてコミュニケーションの場としても非常に重要な場所だと思いますので、皆さんが安心・安全に、そしてあそこのトイレ安心だから使えるよと言えるようなトイレを一刻も早くつくっていただけるような方法というのはないでしょうか。最後お願いします。



○議長(水野晃君) 坪井議員に言いますけれども、質問が重複しておりますので、答弁は同じだと思いますので、次に移ってください。



◆1番(坪井孝仁君) わかりました。このまま平行線ということなので、次の質問に移らせていただきます。

 神明公園についてですが、平成17年、2005年に供用開始して10年が経過しました。

 現在の神明公園の利用者数と航空館boonの利用者数はどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 神明公園につきましては、広く一般の用に供する公園でございます。利用者につきましては把握をしておりませんので、ご理解を賜りたいと存じます。

 2つ目の航空館boonの利用者につきましては、施設の職員が目視により入館者数を毎日カウントしております。平成28年度における年間の入館者につきましては約5万7,000人であったと報告を受けております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 航空館boonについては、2013年では約3万5,000人ほどでしたが、5万7,000人ということは、2019年の目標値5万人なんですけれども、これを超えているということですね。

 それでは、デイキャンプ場の利用者数と利用状況はどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) デイキャンプ場の平成28年度における年間利用者数は467件、延べの利用者数は6,135人、8基備えておりますバーベキューの炉の延べの稼働数は593基でございました。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) デイキャンプ場についても、2019年度の目標値6,000人という目標値になっているんですけれども、これに達しているということですね。

 そこで、神明公園デイキャンプ場利用者のうち、豊山町在住の利用者はどれぐらいでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 昨年度におけるデイキャンプ場の年間利用件数は467件であり、そのうち豊山町在住者の利用は39件でございました。率にしまして全体の8.4%ということでございます。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 次に、神明公園にかかる維持管理費、これboonを含めますけれども、年間どれぐらいでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 年間維持費につきましては、平成27年度の決算額でお答えをさせていただきます。

 都市公園管理事業と航空館boon管理運営事業を合わせました決算額は2,946万1,000円でございます。

 主なものとしましては、公園の除草作業等に係る公園管理委託料としまして891万7,000円、航空館boonの臨時職員賃金としまして478万5,000円、公園設備の保守・管理に係るもので浄化槽保守委託料としまして172万8,000円、水景施設管理委託料としまして145万8,000円などが挙げられます。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 約2,200万円程度ということなんですけれども、その2,200万円のうちに何か国や県から補助金や助成金で賄っているというのはあるんでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 県からいただくものとしまして、航空館boonの運営に関します経費、これは空調機にかかるガス代でございますが、補助金としまして8万1,000円、それから航空館boonの展示スペースの維持管理等にかかる費用といたしまして名古屋空港環境整備対策協議会のほうから10万5,000円、合わせて20万円ほどの補助に関するものがあります。

 以上です。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) そういうような神明公園の収入源というのはあるのでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 神明公園におきましては、一般の利用者の方からいただく収入はございません。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 住民の利用率が8.4%ということですけれども、非常に低いのかなと、1割ない人数の方が使われているということなんですけれども、このデイキャンプ場の利用については町内外を問わず3カ月前から無料で予約できるようになっていますけれども、豊山町住民に対してデイキャンプ場利用予約が町外の人より早く予約ができたりだとか、月の第何週は住民優先したりだとかという優遇措置というのはされないのでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 先ほども申し上げましたように神明公園につきましては広く一般の方にご利用いただく公園でございます。神明公園の開園当初より、デイキャンプ場の使用予約に限らず豊山町民の皆様のための優遇措置は設けてございません。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 優遇措置をとらないということで、もしかしたら8.4%の利用率しかないのかなともとれるのですけれども、もう少し、ほとんど町税で賄っている以上、住民の方に優遇するような措置をとってもいいのかなと思うんですけれども、この8.4%の利用率が、住民の方が利用したくてもできない状況で8.4%なのか、もしくは利用したくなくて8.4%なのか、この辺のところは多分わからないと思うんですね。

 例えばこの優遇措置をつくってみて、この8.4%以上上回るようであれば、本来使ってみたいけれども使えないというふうにもとれるのではないかなと思うんですね。

 もしくは、今言った8.4%そのままで余り変わらないということであれば、住民の方がこの公園を利用したくないと、デイキャンプ場のほうを利用したくないというふうにもとれるのではないのかなと思います。

 こういったものを優遇措置をとることによって、何かデメリットというものはあるのでしょうか、町として。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) ご質問の中にありましたように、窓口にお越しいただいた、申し込み等でお越しいただいた住民の方から直接ご意見を伺ったわけではございません。もちろんアンケート等も実施しているわけではございませんが、町としましては、町民の方と豊山町以外にお住まいの方は受け付けにおいて特に不平等な取り扱いをしているわけではなくて、デメリットはあるかというような質問ですが、もし町民の方がご利用いただけない理由の中で、3カ月の前から予約をしておりますが、その時点で、同じ条件の中でご利用いただく中で、今のやり方で町民の方にデメリットがあるとは特に考えてはおりません。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 第4次総合計画で、第4次後期総合計画の中で公園、児童遊園及び公園についてのところなんですけれども、その中で住民への魅力の向上というところがあるんですけれども、そういったもの、住民の人たちがより多く使っていただけるような対策をしてはと思うんですけれども、そういったものが何か望んでいないようにもとれるのですけれども、これ以上言ってもあれですので、次に行きたいと思います。

 これも優遇措置にもなると思うんですけれども、デイキャンプ場の炉ですけれども、10年経過していることもあり、今後、炉の改修など費用もかかってくると思いますけれども、住民以外の利用を有料化にしてみてはどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 現在のところ、町民の皆さんを優先したり、町民以外の方のご利用の方から料金をいただくような措置を講じる考えはございません。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) それでは、もっとデイキャンプ場の利用価値を高めるために、雨天時にも利用できるように屋根を併設してみてはどうでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 屋根の設置につきましては、一長一短があり、本町としましては、青空のもとで開放的な中でバーベキューを楽しむことがデイキャンプのだいご味であるというふうに考えております。

 デイキャンプ場の利用者には、日よけ等のために必要であればタープテント等の設営も認めております。

 したがいまして、今のところ現状で問題ないと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 総合計画の中で、現状及び課題として、公園や児童遊園は町の責任あるかかわりのもとで、施設管理などの民間への委託も含め、今後も適正に管理していくことが必要であると示されております。

 今後、デイキャンプ場のサービス向上のために商工会や北部市場といったところとコラボレーションなどをして民間委託などという予定はございますでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 現在、デイキャンプ場の管理運営につきましては、航空館boonの非常勤職員が業務の一環として行っております。

 ご質問のようにデイキャンプ場の業務を切り離して民間委託とすることは、現状の経費に加えまして別途費用が発生することになります。

 また、デイキャンプ場の受付簿を見ますと、おかげさまで土日祝日の稼働率は、雨天時や冬季などの特定の時期を除きまして、ほぼ100%でございます。あらたな経費をかけなくても、現行の運用方法で利用者の方にはご満足いただいているものと判断しているところでございます。

 したがいまして、現在のところデイキャンプ場を民間委託する予定はございません。ご理解を賜りたいと存じます。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 現在、神明公園も周辺地域から認知されるようになり、2019年の目標値人数に既に達しています。先ほど言われましたように土曜日、日曜日、連休中はもちろんですけれども、春休み中などの平日についても非常ににぎわいを見せています。

 しかし、その土曜日、日曜日、混雑しているときに、駐車場に入れない車が周辺道路に駐車されています。駐車場不足の対策はございますでしょうか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 現在、神明公園の駐車場としましては、3カ所で合計127台分を確保しております。駐車場の利用としましては、気候の温暖な時期の週末などに、一時的に駐車場が満車となることがございますが、ほとんどの場合は駐車可能な状態にあると考えております。したがいまして、新たな駐車場を設ける予定はございません。

 なお、周辺道路に一時的に駐車されるようなところもありますので、これまでもやっておりますように注意喚起の看板を設置するなど、そういったような対策をとっていきたいというふうに考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君。



◆1番(坪井孝仁君) 幾つか神明公園及び周辺について、私なりの改善点を述べさせていただきました。しかし、ほぼ今までどおり、現状維持という回答のようです。

 ことし3月に町長の施政方針の中で、あいち航空ミュージアムのオープンを契機として神明公園・航空館boonを合わせた観光資源化に向けた取り組みを進めていくとありました。

 具体的には、神明公園展望台など利用した航空機撮影スポットツアーやboonなどを利用した観光ルート化に向けて県や関係機関と連携を図っていくこととあります。

 また、第4次後期総合計画の中で、神明公園の拡大や航空宇宙産業展示施設の誘致を進めるともあります。

 観光資源化とは何か。人のみが神明公園に訪れて、町にとっての収入源と見込めるのでしょうか。

 平成21年に神明公園駐車場に入り切れない車が路上駐車しようとした際、近隣住民がはねられ、救急車で運ばれました。また、周辺田畑の農繁期には田畑の玄関とも言える入り口に駐車され、迷惑もこうむっています。路上駐車の多い日の後に、田畑にごみを投げ捨てられることも少なくないようです。本当に駐車場対策はしなくていいのでしょうか。

 第4次後期総合計画の神明公園の拡大とは何なのか、駐車場ではなかったのかと。もしくは観光資源を新たに計画しているのでしょうか。

 都市計画マスタープランでは、神明公園周辺地域・地区についても、航空宇宙関連の先端技術産業の研究開発、生産施設の立地を誘導することも書いてあります。

 豊山町には限られた土地しかありません。地権者の権利が最優先を前提として、神明公園周辺を含む青山地区の市街化調整区域については、給食センターの移設や今後予想される学校や公共施設の老朽化、少子高齢化に向けての施設の検討、観光資源としての有効活用などを鑑みたとき、豊山町においても貴重な場所であると思います。

 現在の豊山町には、地方から訪れても滞留させる要素が少なく、単なる通過点になっているのではないのでしょうか。

 豊山町は、北に位置する神明公園と、今後、豊山町の将来を左右するとも言える市街化調整区域、中心に位置する航空産業文化を学べる今週オープン予定のあいち航空ミュージアムやMRJ生産工場、南に位置する食文化を楽しめる要素のある北部市場があります。空港があり、名古屋のベッドタウンという利点もあります。

 行政として、今後どうしていくのか、早目に施策を打ち出していくことが大事ではないのでしょうか。

 きょうは児童遊園、神明公園周辺とデイキャンプ場に焦点を当て、質問させていただきました。今後も、豊山町の土地利用と町長の政治的手腕を期待して、質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 坪井孝仁君の質問が終わりました。

 これより昼食休憩といたします。

 午後は13時再開といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後0時0分 休憩

     午後1時0分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(水野晃君) それでは、昼食休憩を閉じ再開いたします。

 次に、5番岩村みゆき君の発言を許可します。

 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 5番、公明党の岩村みゆきでございます。

 議長のお許しをいただきましたので、通告に基づき、私は2点質問をさせていただきます。

 まず初めに、子宮がん・乳がん検診のさらなる推進についてを質問いたします。

 昨年から乳がんになったタレントのブログが話題を呼んでいます。マスコミにも何度も取り上げられ、私も何度も勇気をいただいております。

 私の周りにも乳がんに罹患された方がいます。日本人の2人に1人はがんになり、3人に1人はがんで亡くなる時代です。亡くなる人は年間36万人を超えます。国民の生命と健康を守る上でがん対策は重要な政策課題であります。

 それには、やはり検診だと思います。一人でも多くの方に検診を受けていただきたいと願っております。女性は一家の太陽であり、同じ女性としていつまでも朗らかに元気でいていただきたいと思っております。

 この検診については、今まで何度も質問を行っておりますけれども、服部町政となって初めて質問をさせていただきます。

 住民の皆様の健康を守るために検診を推進すること、ワンコイン検診の導入が私の選挙のときの公約でありますので、いま一度質問し、服部町政での見解をお伺いしたいと思います。

 まず最初の質問です。子宮がん、乳がんの検診受診率の推移はどうか。また、年代別の受診率は調べているか。わかっているのならば教えていただきたいと思います。お願いします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 子宮がん検診の受診率につきましては、平成26年度が17.7%、平成27年度が18.5%、平成28年度が19.5%でございます。

 乳がん検診、マンモグラフィーの受診率につきましては、平成26年度が27.6%、平成27年度が31.3%、平成28年度が31.0%でございます。

 年代別の受診率につきましては、5歳刻みで受診率を算出しておりますが、平成28年度はまだ算出できておりませんので、平成27年度の受診率でお答えいたします。

 子宮がん検診につきましては、40から44歳が56.9%と受診率が一番高く、45から49歳が46.2%、35から39歳が40.0%でございます。若い年代では、20から24歳が21.9%、25から29歳が31.9%となっております。

 乳がん検診につきましては、40から44歳が87.1%と受診率が一番高く、50から54歳が69.0%、45から49歳が57.1%でございます。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 乳がんが31.0%ということですけれども、年代別で見ると、平成27年度ですよね、87.1、57.1、69%ということなので、それ以外の方、もう少しご高齢の方も入れての数字なんでしょうね。

 検診受診率は上昇、平成27年度は乳がん、上昇はちょっとないですけれども、この上昇は特定健診を無料とされて値段が安くなり、受けやすくなったのかなというふうにも推察をしておりますし、また、やっぱり平成27年度がかなり乳がんの検診を受けられたということで、ちょっと前年度調べてなくてあれなんですけれども、けさもテレビで少しやっておりました。その乳がんのお子様がお父さんと一緒に舞台に立つということで、かなりこの方をテレビに取り上げられて、マスコミの力、テレビの影響力はすごいなというふうに思っております。

 豊山町も保健センターの職員頑張って努力を重ねておられますけれども、テレビの影響もあり、かなり関心が高くなり、受診率が上がったのではないかなというふうに思います。

 でも、これで満足ということはないと思いますし、今聞きましたけれども、子宮がんなんかは特に年代別の課題という、これ浮き彫りにされているものだと思います。

 次の質問に移ります。

 乳がんが集団検診なら30歳から受けられます。個別では40歳から、子宮がんは20歳から受診をできます。今浮き彫りになったと思いますけれども、若い方への推進はどのように考えておられるか。

 これで乳がん検診の個別検診ということで、30歳から個別検診ということはできないのでしょうか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 若い方への検診の推進につきましては、近年、若年層で子宮がん、乳がんの罹患が増加していることから、非常に重要だと考えております。

 町におきましても、無料クーポン券を子宮がん検診は20歳・30歳、乳がん検診は40歳・50歳の方に配布し、がん検診を推進しております。

 現在、若い方に対しましては、3歳児健診におきまして、子宮がん検診・乳がん検診の必要性やセルフチェックができるパンフレットを配布し、健康教育を行っております。また、小学校4年生・6年生の保護者に対し、予防接種案内にがん検診の案内を同封し、乳がん、宮がんを含めたがん検診の受診勧奨を行っております。

 個別の乳がん検診につきましては、40歳以上で実施しておりますが、受診者数は平成28年度が9名と、集団健診を受けられた方の631名に比べると少ない状況です。

 30歳代の個別の乳がん検診につきましては、現在行っておりませんが、集団検診を年2回、保健センターで行っており、受診者数は増加傾向にあります。そのため、30代の女性につきましては、集団検診の受診勧奨を重点的に行っていきたいと考えております。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 個別はそれほど人数がなかったのかなというふうに感じました。

 この質問をさせていただいたのは、今言ったこのタレントさんも30代で乳がんに罹患された。私の知り合いもたまたま乳がんと言われたんですけれども、この方も30代で、30代の検診もすごく重要だなと思って、機会がたくさんあったほうがいいと思って質問しました。

 この方も勘違いをされておりまして、どうして乳がん検診は40歳からですかというふうに質問があったものですから、このあたりの周知を、30歳からできますよということで、今年の乳がんの検診は済衆館病院でしか個別でもできないので、1回保健センターでの予約をするということが必要になりますので、集団検診の予約をしたほうが早いのかなというふうに思います。周知のほうをしっかりと行っていただきたいというふうに思います。

 先ほども年代別の課題も浮き彫りになってということで、テレビの影響で関心が高く、受診率も上昇かなというふうに思っておりますけれども、この受診率で満足してはいけないなというふうに思っております。

 第2次とよやま健康づくり21計画の中間発表が来年度行われます。目標をここに定めておられますけれども、乳がん検診、子宮がん検診はまだそこまでには至っておりません。

 他市町では啓発品を配布しているところもあります。例えば乳がんグローブとか、手にグローブのようにはめて、これが結構つるつるな感じで乳がんをチェックしやすいものになりますけれども、乳がんグローブとか、お隣の北名古屋市ではお風呂に入る乳がんチェックシート、きょうもらってきましたけれども、このようなものを配布しております。

 お風呂で自分でチェックをするものですけれども、自己チェックの方法のものなんですけれども、家族で、先ほども3歳児健診のときにセルフチェックの用紙を渡しているというふうに言われましたけれども、家族でがんに対する意識が高まるものだと思います。

 3歳の子はちょっとわからないと思いますけれども、私ぐらいの年代になりますと、娘はおりますけれども、娘がチェックをしたり、例えば高校生のお子さんも乳がんのチェックは大切だというふうに、非常に家族に対する意識がこれ高まる、お風呂でやるというところがみそで、家族に対する意識が高まるものだと思いますが、豊山町もこのような啓発品を考えてはいかがでしょうか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 本町では、乳がん検診受診者全員に対し、乳がん自己検診法について健康教育を行っております。乳がん触診モデルを使って実際にしこりをさわってもらい、早期に発見できることを伝え、自己検診法が記載されているパンフレットを全員に配布しております。

 また、3歳児健診においても、子宮がん検診、乳がん検診の必要性やセルフチェックができるパンフレットを配布しております。

 今後は、広報や健康福祉フェスティバルで若い方への啓発を考えております。

 したがいまして、啓発品の配布までは現在のところ考えておりません。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 非常に残念な答弁で、先ほども言いましたけれども、マスコミの力、毎日目にするというのはすごいなというふうに、先ほども言っていますけれども、やっぱり周知を続けるしかないんですよね、方法としては。これ毎日目につくシート、これは一考に値するものだと思いますので、これはもうぜひ検討してください。

 啓発品だけでなく、もう一つ受診率を上げる方法がございます。

 副町長はよくご存じだと思いますけれども、名古屋市ではワンコイン検診−−500円で検診が受けられる−−を実施しております。それで受診率が伸びているというふうに聞きます。聞くというか実際調べていますけれども、ほぼ全ての、名古屋市は8項目でしたか、ワンコインで、今6項目ですけれども、胃がんの胃カメラなんかも500円を検討されているということで、ほぼ全ての受診率が2倍から3倍に伸びております。受診料が安くなれば受診率はもっと伸びるのではないでしょうか。

 非常にインパクトがあり、要はインパクトなんですけれども、周知しやすいということで、本当に保健センターの職員は頑張って3歳児健診にも小学校の予防接種のときにもお知らせをしているということで、物すごく心を砕いて検診してください、検診してくださいというふうには頑張っていると思うんです。それで少しずつですけれどもちょっと伸びています。

 でも、これが実際の目標は幾つかということを思ってほしいんですよね。ここに健康21の、これは平成35年までの数値ですけれども、子宮がんは38%以上、乳がんは40%以上ということで、今これ頭打ちで、この努力だけじゃなくて次の施策といいますか、インパクトがある−−を、今の数字で少しずつ上がっているからいいやではなくて、これで満足するのではなく、もう一つやったら−−国の目標は50%ですので、皆さん、私が言うまでもなくご存じだと思いますけれども、厚生労働省の目標は50%ですので、それでも2人に1人ですので、これ本当にワンコインというふうで非常にインパクトがあって周知しやすいと思いますけれども、豊山町も実施してはいかがでしょうか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 無料クーポン以外では、有償となりますが、近隣自治体と比較しても高い額ではございません。

 本町におきましては、受診率がここ数年上がっており、今後においても同様の方法で行ってまいりたいと考えておりますので、今すぐワンコイン検診を実施することは考えておりません。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 何回も質問させていただいていますけれども、一番いいご答弁であります。今すぐはやらないけれども将来はわからないよという。全否定されるのかなと思いながら聞いていたので、なかなか私は前向きな答弁だなと思って聞いておりました。

 本当にいろんな問題、予算とかいろんな問題があると思います。午前中、副町長もおっしゃられたとおり、これ1回下げちゃったら、ちょっと続けないと次に上げることはできませんので、近隣市町よりも安いことも重々に承知しておりますけれども、やっぱりこれインパクトでなかなか周知しやすく、ぐんと受診率も伸びるんじゃないかなというふうに思います。

 本当に欧米ではもう70から80%の方が検診を受けられるんですね。本当に保健センターの皆さんの努力は知っておりますけれども、このとよやま健康づくり21計画の数値目標にはまだほど遠いと思います。インパクトのある施策で検診を受ける癖がつけばなというふうに思います。

 特に子宮がんはもう早期発見すれば、ほぼ100%完治するがんでございますので、これはしっかりと考えていただきたいと思います。

 検診の質問は終わります。

 次の質問に移ります。

 次は、使用済み小型家電のリサイクルをということです。

 平成25年4月1日より小型家電リサイクル法が施行されています。小型家電などには鉄、アルミ、金、銀、銅、レアメタルなど有用金属が多く含まれる一方で、鉛などの有害な物質を含むものもあるため、適正な処理が必要となります。使用済みの小型家電の回収・リサイクルを推進するためにスタートしたものであります。

 環境省のデータでは、日本では年間65万トンの小型家電が使われなくなっていますが、その中には844億円分もの貴重な金属が含まれているとのこと、よりより環境のために、未来の子どもたちのためにリサイクルをもっと進めていかなくてはならないと思います。

 そこで、豊山町では小型家電リサイクルをどのように行っておられるでしょうか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 本町では、平成22年4月より、従来不燃ごみとして収集しておりました小型家電を金属類のリサイクル資源として分別収集しております。

 平成25年4月に小型家電リサイクル法が施行されましたので、小型家電リサイクル法に準じた小型家電の回収とリサイクル化の取り組みを行っております。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) ちょっとざっくり過ぎて、余りよくわからなかったんですけれども、金属類で集めて小型家電リサイクル法に準じた処置をしていくということでしょうかね。

 要はレアメタルと言われるもののリサイクルはどういうふうになっていますでしょうか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) リサイクル金属、レアメタルと言いますものにつきましては、適正に収集し、処理業者に搬入しております。搬入しました金属類は処理業者によりまして分別され、鉄は鉄鋼事業者へ、小型家電は認定処理業者へ、プラスチックやガラスなどはリサイクル業者へと売却されていると聞いております。したがいまして、適正にリサイクルされているものと考えております。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) わかりました。小型家電は認定処理業者へということで、現在、東京オリンピックに向けた取り組みとして「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」が行われております。「都市鉱山」と言われるものなんですけれども、地上に蓄積された工業製品を都市に眠る鉱山資源とみなすリサイクル元年ということで、「都市鉱山」とは1988年に東北大の研究者によって提唱されたリサイクル概念で、山を削らずとも家の中に貴重な物資が、都市の中に貴重な工業製品を生み出す資源があるということで「都市鉱山」というふうに名づけられたということだそうです。

 その都市鉱山からつくる、そこから金や銀や銅がとれるということで、そこからオリンピックのメダルをつくるという取り組みが行われておりますけれども、豊山町の状況はどうでしょうか。参加されてはいかがでしょうか。お願いいたします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」の取り組みについてお答えします。

 平成29年4月から東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」がスタートしました。

 このプロジェクトでは、使用済み小型家電のリサイクルへの協力を促し、回収した小型家電から抽出したリサイクル金属を用いて、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会の入賞メダルを製作し、リサイクルの取り組みを国際的にアピールすることを目指しております。

 平成29年5月24日現在、愛知県内の自治体の取り組み状況につきましては、既に回収を始めている自治体は10団体、回収に向けて準備中の自治体は20団体、本町を含む未定の自治体は24団体となっております。

 本町につきましては、資源の有効活用を重視し、持続可能な循環型社会の実現を目指す、このプロジェクトの趣旨に賛同し、回収方法や回収品目の検討を行ってまいります。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) ぜひ前向きな検討をお願いいたしたいと思います。

 我が家もなんですけれども、平成22年4月から豊山町では小型家電も金属として集められておりますけれども、我が家もちょっと数えてみたら、携帯電話が5つぐらい使っていないのが出てきまして、友人の家なんかには8個もあったわということで、まだ都市鉱山にはやっぱりなかなか眠っているわけですね。ぜひともこの東京オリンピックに向けた取り組みですけれども、これがリサイクルを進めていくということが未来への環境をつくるということでもありますし、それが未来の子どもたちのためになりますので、ぜひとも前向きの検討をお願いして、私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 岩村みゆき君の質問が終わりました。

 次に、4番坂田芳郎君の発言を許可します。

 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) 4番坂田芳郎でございます。

 通告に基づきまして、1点質問をさせていただきます。

 タイトルといたしましては、鈴木前町長をたたえ、銅像の設置をということでよろしくお願いいたします。

 指摘を受け、敬意を持って提案する。いわく次のとおりであります。

 鈴木前町長は、任期半ばにおいて辞任され、直ちに入院、そして「先人」なった。

 服部町長所信表明、施政方針に色濃く反映、浮かび上がる、先人に対する深い敬意を思うとき、心から頭が下がる。

 日々の業務を勤勉・実直なる態度にてとり行い、一途な責任感を持って見識を積み上げ、一生涯をこの豊山にささげ、今なお役場職員方々の日々の範となり励みとなり、愛され親しまれ続ける、まれなる鈴木幸育前町長。

 国・国家よりは叙勲の旭日双光章さえも受章、強い観念、思いには広く浸透、認識、理解なされるを目的として、精神のよりどころになるかたちある「象徴的対象物」または「式典・行事」などが必ず用意されている。また、すべきである。

 本町行政の一貫した基本理念、すなわち先人の築かれた独自文化の継承とさらなる発展、この理念は住民の皆様と強い志の共有を図り、一丸一体となって邁進していくべきものである。

 しかしながら、あろうことか、所信表明に至っては、みずからの選挙支持基盤に対する単なる方便、リップサービスではないかとのうがったよこしまな指摘が一部に定着化しつつある昨今、ここは断固それらよこしまな疑念を払拭すべく、豊山町政としての基本精神、基本理念のよりどころとして象徴的対象物、すなわち目に見える形で広く示すべきであると考え、ここに僭越ながら提案をなすものであるとのことであります。

 よって、次のとおりお尋ねする。

 1番目といたしまして、服部本町政の先人に対する敬意・基本理念を具体的に可視化し、住民各位に広くご理解願う意味において、庁舎敷地内または玄関ロビーに鈴木前町長の銅像あるいは胸像を設置してはどうか。伺います。お願いします。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 昭和47年4月に町制が施行されて以来、鈴木前町長を初め多くの方々が豊山町の発展のため、町政の運営にご尽力されてこられました。

 こうしたご尽力に対しまして、心から敬意を表するとともに、職員一同、心から感謝を申し上げているところでございます。

 町政につきましては、鈴木前町長を初めとする歴代の町長や議員各位、関係機関の皆様、そして何よりも町民の皆様の御理解、ご協力があってこそ成り立つものであると考えております。

 こうしたことから、特定個人の功績を象徴化する銅像や胸像の設置につきましては考えておりません。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) ありがとうございます。わかりました。

 2番目といたしまして、では肖像画、写真など、特定の個人ではなく歴代町長肖像画など展示すると、同じかな……、では、ちょっと飛ばします。

 個人ではなく、先人をしのんでなどの塔、碑文の設置はどうでしょうか。個人ではなく。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) ご質問は前町長においてでございましたので、さきの質問と同様に考えてはおりません。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) わかりました。

 では、期間を定めて、さしずめ先人の代表というような意味合いで歴代町長のパネル写真展などを行うというのはいかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) こちらも、さきの質問と同様に、町長ということに対して特に考えているわけではございませんので、考えておりません。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) 町長というよりは先人の代表ということで、住民の方々にその時代ごとに選ばれた代表者ということで、そういった方々がその時々の住民の方から選ばれた代表者、町長、それがたまたま町長というあれであって、代表者、住民の代表者と、我々の代表者であるという、そういう趣旨、意味合いでそういったパネルの写真展など行ってはいかがかなと。理由的には重複するやもしれませんが、あくまで町長というよりはその時代時代によって住民の方々から選ばれた、先人の方たちから選ばれた方ということで、最大多数といいますか、そういう意味合いで、さしずめ結果として町長の写真展のような形になってはしまいますが、そういった形ではいかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) こちらもさきの質問と同様に、あくまでも代表と言われましても個人になりますので、そのようなことは考えておりません。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) 個人ということではありますが、先ほど来より申し上げておりますが、その時代時代によって選ばれた住民の代表、町長、公人ですので、町長という公人ですね……

(「議事進行」と呼ぶ者あり)



○議長(水野晃君) 坂田議員、同じ質問を繰り返していますので、次に進んでください。



◆4番(坂田芳郎君) では、まるっきりそういったパネルの写真だとか銅像とかはちょっと省きまして、取り下げまして−−取り下げるわけじゃないですが−−やめまして、では行事として、特定の個人であるとかそういったことではなくして、いわゆる先人というような一くくりで行事、式典などを行ってはいかがでしょうか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) さっきの質問と同様に実施のほうは今考えておりません。

 なお、町では、町行政及び住民福祉等に貢献し、その功績が顕著な方に関しましては、表彰条例に基づいて毎年10月に式典を実施し、その功績をたたえております。

 以上です。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君。



◆4番(坂田芳郎君) 大変よくわかりました。ありがとうございました。

 以上でございます。



○議長(水野晃君) 坂田芳郎君の質問が終わりました。

 次に、6番安藤春一君の発言を許可します。

 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 議長のお許しを得ましたので、3点ばかり質問しますが、ちょっと議長にお願いしますが、大変質問が多いので、最初の子育て支援のうちの5番目の児童相談所関係、これを削除したいと思いますので、よろしくお願いします。

 当局にもお願いしますが、大変長い質問をしたのは私でございますが、当局の時間も持ち時間に入りますので、簡潔に短い答弁で、正確な答弁をお願いしたいと思います。

 それでは、子どもの貧困、地元の事業所発展、働きやすい職場、この3つになろうかと思いますが、質問をさせていただきます。

 子どもの貧困対策など、町長の姿勢と行政運営を問う。

 平成28年11月17日の中日新聞は、新町長に町のリーダーとしての意気込みなどを聞いたと報じております。注目すべきは、1つ、子どもの貧困問題には立ち向かいたい。2つ、地元の小規模な事業所も発展する施策を商工会と協力して考える。

 また、広報5月号では行政改革の進捗報告があります。そのうち私が非常に気になる事項が2つございます。1つ、女性職員の活躍推進、2つ、働きやすい職場環境の構築の2点。とりわけ2については、私は基本的な問題には触れていないような気がしております。

 まず、貧困問題から順次お聞きします。

 1つ、子どもの貧困とは何か。明確な説明をお願いします。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 子どもの貧困とは、一般的に、生活に余裕がなく、朝昼晩と3食きちんと食べられない、清潔な衣服を与えられない、高校に進学できないなどが挙げられております。

 基準としましては、必要最低限の生活水準が満たされておらず、心身の維持が困難であり、世帯の収入から税金や社会保険料等を除いた、いわゆる手取り額の中央値の50%以下の所得で暮らす18歳未満の子どもの存在や生活状況と言われております。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) もう少し短くて結構でございます。

 貧困と子育て支援については、私が言うまでもなく切り離せない問題と思いますが、愛知県にお尋ねしたところ、子育て支援と貧困問題は切り離せない問題でありますが、一応区分して2つの担当課に分けて連携をとっているというようにお聞きしました。さらに細かくお聞きしましたら、県下の状況は、保健センター、支援担当課、そして民生・児童委員などの協力を得て、三位一体となって取り組んでいるとのことでございます。

 このことを踏まえて、次へ移ります。

 子育て支援計画−−平成27年と思いますが−−には子どもの貧困なる用語は見当たらないようですが、前向きに対応するということでよろしいか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 本計画策定時は、子どもの貧困対策が社会問題として認知され始めたころであったため、本計画の中に「子どもの貧困」といった用語の記述はしてございません。

 しかしながら、本計画に定めてございます、母子家庭等の自立支援を進める中で、生活支援や就業支援、経済的支援など、総合的な支援を通して子どもの貧困問題を含めて推進していく計画であると認識しております。

 また、国におきましても、平成26年8月に子どもの貧困対策に関する大綱が策定され、教育の支援、保護者に対する就労の支援、生活・経済的支援とさまざまな方面から支援していくこととしております。

 したがいまして、本町の子育て支援事業計画は、国の大綱に準じて、ひいては子どもの貧困問題にもつながっていくものと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 6番安藤です。

 県のOBで現在も後進の指導に当たっている方、あるいは他市町の話をお聞きしますと、今、部長の丁寧な説明もございましたが、保健センターが担う役割は非常に大きいものとお話から私は思っております。

 町のほうにおかれましても、私のこの認識と同じかどうかお聞きしたい。



○議長(水野晃君) 安藤議員、保健センター……



◆6番(安藤春一君) 保健センターが重要という認識でいいですね。



○議長(水野晃君) 答弁はないようですので。



◆6番(安藤春一君) それでは、3つ目、子どもの貧困問題には立ち向かいたいという町長の意気込みを担当部署はどのように受けとめられたか。また、子育て支援を担う保育現場では、全国保育士会倫理綱領の精神が十分に生かされていますか。さらに、貧困に該当する町内で対象事例はございますか。そして、子育て応援デー、毎月19日を意識した取り組みをされていますか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 先ほどの子育て支援事業計画の中でも申し上げておりますが、子どもの貧困につきましては、各種手当や助成制度による経済的支援のみならず、ご家庭の生活支援や保護者の就労支援など、包括的に取り組む必要があります。そのため、個々の状況に応じて適切に対応する必要があると受けとめております。

 次に、子育て支援を行う保育現場では、全国保育士倫理綱領の精神が十分に生かされているかについてお答えします。

 本綱領では、子どもが今を幸せに生活し、あすを生きる力を育てる保育の仕事に誇りと責任を持って、保育士みずからの人間性と専門性の向上に努め、行動するための8つの目標を掲げております。

 本町では、保育士が社会に果たす役割を自覚するため、全ての正規保育士を全国保育士会に登録し、初任職員セミナーや中堅保育士研修を初めとして、乳児保育、障害児保育など、さまざまなテーマの研修を受講し、専門的知識の向上に努め、本綱領の趣旨に沿った適切な人材育成に努めております。

 次に、町内に対象事例はあるかとのご質問についてお答えします。

 平成29年4月現在、生活保護受給者世帯のうち、18歳未満の子どもがいる世帯はございません。生活保護の受給状況から子どもの貧困を推計することは困難でございますが、保健センター、保育園、小・中学校あるいは町民から子どもの貧困と思われる事例として相談や報告を受けたことはございません。

 次に、子育て応援デーを意識した取り組みをしているかとのご質問にお答えします。

 本町では、児童手当の申請など窓口にお越しになった方に対し、子育て応援デーにちなんだ愛知県子育て支援パスポート、はぐみんカードの申請をご案内しております。

 はぐみんカードは、全国の協賛店で利用条件やサービス内容に特典を受けることができ、18歳未満の子どもがいるご家庭の方が利用可能な優待カードでございます。町内にも20以上の加盟店がございますので、カードの申請や利用の促進を積極的に取り組んでまいります。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 部長から保育士会倫理綱領については大変丁寧な説明をいただきまして共感しました。

 応援デー、子どもの応援デー、これは愛知県のあれをちょっと見ますと、私もうっかりしていましたが、イクというのは育てる育で19日、もう一つは食育の育で19日と、このように県のほうの資料もらっておりますが、はぐみんカードは努力されておりますことは承知しておりますが、はぐみんカードを採用したから、言い方は悪いんですけれども事足りると、それではちょっと困りますので、住民の立場に立つ、対象者の立場に立てば、もう少し仕事は貪欲に進めてほしいと思います。そういう意気込みというか気持ちがあれば、材料ははぐみんカード以外の応援デーの日に何をやるべきか、その気持ちで探せばそこら辺にごろごろと転がっているのではないかと思いますが、どうですか。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 今、議員がおっしゃられましたとおり、県のほうでもはぐみんカードに限らず子育て応援の取り組みとして、例えば子育て家庭ということで、早く帰宅し、家族で協力して家事・育児を行いましょうと、そういうことを推進しておりますので、そういう点についても取り組んでまいりたいと思います。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) ここが小さくてもきらりと輝くの真骨頂だと思いますが、子育て支援、貧困でもないですが、あらゆる分野にありますが、あえてここは、きょうはこの質問ですけれども、こういう問題で役場に相談に来られない人、もっと平たく言えば意見を言いに来るとか、ちょっと要求に来るとか、柔らかく言えば相談に来られない人、そういう人をどのように把握されるかお聞きしたい。



○議長(水野晃君) 小川生活福祉部長。



◎生活福祉部長(小川淳之君) 相談等に来られない方の把握につきましては、関係機関と連携し、例えば保健センターでの各種検診時や保育園、学校等の生活を通して子どもの様子に気づいた点があれば福祉課に連絡をいただき、把握に努めております。

 把握後は、相談者のご都合に合わせて電話での相談や必要に応じて個別の家庭訪問または最寄りの施設などへの出張相談を行っております。

 なお、子育て支援相談の啓発は、広報やホームページの掲載、町内施設12カ所への案内チラシの配布などにより実施しております。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 大変部長の熱意ある答弁でありましたが、予想どおりの答弁でございまして、私もその他の議員さんも考えてみえると思いますけれども、従来から言われておりますようにネットワークという言葉がちょっと最近聞かれますけれども、はやっていますけれども、やはり職員のスタッフは当然のことですけれども、民生・児童委員さんとかボランティアとか、そういう人をもうちょっと利用と言っては悪いんですけれども、協力していただければ、より広く深くいくんじゃないかと思いまして、ちょっと副町長さんにヒントを得ましたので、私も提案したいと思いますけれども、一人でも多くの人に手を−−私が町長に向かって、町長に言うのは釈迦に説法ですけれども−−一人でも多くの人に手を差し伸べるためには、私も実はきのう、先ほどの県のOBという方にお会いしました。服部さんという名前で愛知県保健センターの要職を務めて、コロニーや子育て支援の中枢を歩いた方でございます。どういう手法がありますかと、本当に来られない人、お聞きするというしか、私も相談を持ちかけました。そこからちょっとヒントを得て私なりに解釈しましたが、やはり先ほど部長にも冒頭申し上げましたように、長期的に時間をかけて、担当課、保健センター、民生・児童委員あるいはボランティアの方、そういう方の協力をお願いして継続することが大切だと、そのように私は解釈しました。

 それから、これに関して私が今、さきの議員が前町長をたたえておりましたが、故人鈴木町長に言われた智創、知恵を出して汗をかく、これも一つのヒントになると思いますよ。だから、町長、温故知新の精神で前の町長、前の鈴木さんのいいところは継承して広げていっていただきたいと思いますが、何か答弁ありましたら。



○議長(水野晃君) 町長。



◎町長(服部正樹君) ありがとうございます。

 前鈴木町長の遺志を継いでやっていくつもりでございますけれども、鈴木町政も引き継ぎますけれども、私のカラーも出していきたいというふうに思っておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 次の質問に移ります。

 地元事業所の発展についてお尋ねします。

 商工会長とのトップ会談を考えてみえますか。あわせて、事務担当レベルでの話し合いの場を設けたら、より効果的と思いますが、どうですか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 商工会長とのトップ会談につきましては、商工会を通常総代会や商工会からの陳情時など年に数回、町長が商工会長と面談する機会がございます。これまでも十分に商工会長との意思疎通が図られているものと考えております。

 また、事務担当レベルの話し合いの場としましては、必要に応じまして商工会事務局長との情報交換を行っておりますし、商工会の目的達成のため、年に数回、商工会主催の商工会事業検討委員会に町の職員を委員として参加させ、重要事項の調査研究等を行っているところでございます。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) これも予想どおりの答弁でございますが、たった今、町長に私が激励を込めて質問したところ、前町長を継承しながら服部カラーも出していくと、これ本当に私の思っていたとおりの答弁が来ましたけれども、今の答弁を聞きますと非常に、一言正直言って残念です。

 服部町長の政治スタンスをプレス発表もしておるし、ここで町長の政治スタンスをアピールする絶好の機会と思って私はあえて質問をしておりますが、今の答弁は残念の一言に尽きるものでございます。

 第一、今、町長が胸を張って答えられましたように町の行政、動きのない、相手のあれを待つ町の行政というのは、もう服部町政には似合いませんよ。町長のせっかくのキャラクターが消えてしまう。だから、ここでもう一度ギアチェンジして、町の行政でなく、動きのある、攻めのある、私横文字嫌いですけれども、あえてアクションのある行政のほうへギアチェンジをしていただきたいと思います。

 あえて私が町長を支援して、今もう立ち位置が変わっても支援する気持ちではございません。町の声や町民の期待は、簡単に言いますと私の届いておる声が、町長さんには役場から出て顔を見せてほしい、姿を見せてほしい、声を出してほしいと、このように聞いております。

 くどいようですが、故鈴木町長のすばらしいところは受け継いで、町長の、服部町政のカラーはしっかりキャラクターを出して受け継ぎながら、コンパクトな−−まさにこれコンパクトですね−−コンパクトな行政の特色を広げていただきたいと思います。質問ですけれども。



○議長(水野晃君) 再質問ですか。答弁ないようですね。

 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 町長、あうんの呼吸で今、私が言ったことが全面的に理解したというふうに受けとめております。

 先ほど部長も丁寧に答えていただきましたが、今度3回目、確認したかったですから。

 私が聞いている範囲では、商工会はもうトップ会談を望んでいるような空気を私は感じております。ということを申し上げて、次に移ります。

 2つ目に、先ほどと同じですが、町長の意気込みの報道を担当部署はどのように受けとめられたかと。また、商工行政の充実のために多くの人に会うこと、すなわち会社訪問あるいは事業所訪問に行きますが、ことは大切と思いますと思いますが、どうですか。



○議長(水野晃君) 佐藤産業建設部長。



◎産業建設部長(佐藤正司君) 本町の小規模な事業所を初めとする商工業の発展を目指す意気込みとしましては、町長就任時に新聞で報道された内容と同じ気持ちでございます。

 商工会とは、これまでも日常の業務を通じて意思の疎通を図ってまいりましたが、この一層の地域商工業の活性化を推進するため、連携を深めていかなければならないと受けとめているところでございます。

 また、会社訪問につきましても、商工会員の方々とお会いすることは大切なことと思いますので、さまざまな行事でお会いする機会などを活用し、コミュニケーションを深めてまいりたいと考えております。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) やや前向きな部長の答弁がありましたが、一つだけ参考までにつけ加えておきます。

 会社訪問を行っている市町で聞きました。何がメリットかと。ズバリ、信頼関係の構築です。当局の好きな言葉ですね、構築。信頼関係だけで結構ですけれども、私は余りに明確過ぎまして、納得というより絶句しました。

 部長、わかりましたね。次に移りますから。ありがとうございました。次に移ります。

 最後に、行政改革の進捗状況の件についてお尋ねします。

 1つ目の問題でございますが、町長が最も力を注いで、今−−私はそういうふうに解釈していますが、全て力を注いでおりますけれども−−一番今力を入れているのは、新聞にこんな大きな活字で出てましたね、貧困問題、というふうに解釈しておりますが、福祉課と保健センターが中心になると認識しております。つまり女性の実力を生かす典型的な例といいますか職場であると思います。

 女性の活躍推進云々という項でございますが、経験・力量等を備えた人材を今後積極的に登用していくという受けとめ方でよろしいか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 医療・福祉の分野を初め、教育、環境等、多様化する住民ニーズに対応するには、女性の感性、視点を生かしたまちづくりが大変重要となってまいります。また、少子高齢化が進む中、女性職員の活躍は本町の大きなパワーとなります。

 こうしたことから、本町では、一人一人の女性が個性と能力を十分に発揮できる豊かで活力ある社会の実現に向け、平成27年度に豊山町特定事業主行動計画を策定し、本計画に基づき、女性職員の活躍推進の取り組みを進めているところであります。

 また、同時期に策定しました第5次豊山町行政改革大綱におきましても、女性職員を管理職やプロジェクトチームへ積極的に登用し、女性職員のモチベーションを高め、活躍できる機会の増加を目標に掲げております。

 いずれにしましても、経験、力量等を備えた職員については、男性、女性に限らず積極的に登用していくことが重要であると考えていますし、今後もその方向で取り組んでまいります。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 本当に涙が出るような答弁でございましたが、参考までに私の提案と言ってはちょっとおこがましいですが、お話だけさせていただきます。

 平成元年ぐらいから、まだ介護保険が制度化されていない、豊山町の福祉は本当にすばらしかったものですから、もう寝たきり老人の訪問を60年ぐらいからやっていましたけれども、平成元年ぐらいからベテランの職員について寝たきり老人の介護、つまり、言わなくてもわかりますけれども、お尻を拭いたり爪を切ったり、買い物の手伝いをしたり、そうして従事して、今は事務的な仕事もこなしている、このような人材が育ち切っているケースが目の前にある。ありますよ、目の前に存在しています。ことをやはり参考に申し上げて、次へ移ります。

 2つ目として、町長の、町長にご無礼かもしれないけれども、私は町長の力説される民間のノウハウは職場に浸透しつつありますか。手応えを感じてみえますか。

 服部町長の就任前から途中退職−−資料でいただいておりますが−−の経緯が存在した事実は、今後の行政運営を遠慮して−−深謀遠慮ですね−−参考までに申し上げておきます。



○議長(水野晃君) 町長。



◎町長(服部正樹君) ことし3月の定例会の所信表明でも申し上げさせてもらったとおり、私の政治信条、先人の方々が大切に守り育ててきたことを学び、そこから新しいものを、知識・見解を導くことでございます。

 職場の改善に限らず、今までの町政を継承しつつ、私がこれまで培ってきた民間の経験、ノウハウを生かしながら、見直すべきものは見直しまして、豊山町の発展のために取り組みを進めてまいりたいと考えております。

 そうした中で、今、私が職員に話しておることは、「5S」の徹底でございます。これは民間企業、特に製造業、サービス業など職場環境の維持改善に用いられるもので、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の5つの頭文字のSをとったものでございます。

 こうした取り組みは、目に見えづらいものですが、長期にわたっては必ず業務の効率化、または事故の未然防止、働きやすい職場環境につながっていくものであるというふうに考えております。

 また、中途採用につきましては、離職率という点では民間企業のほうが私が思うにはるかに多いような気がいたします。

 退職される理由は、特に職場環境、また風土によるものではなく、その退職者について他の自治体の首長にも同様に苦慮してみえることなど、町長になって知ったこともたくさんございます。

 いずれにしましても、職員に、健康で、定年まで勤め上げていただきたいというふうに思っておりますので、引き続き働きやすい職場づくりに取り組んでまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解よろしくお願いいたします。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 町長の今の答弁、大方了解しましたが、ちょっと私と異にする部分がございますので、私申し上げさせていただきますが、町長の私が言わなくてもこの明るいキャラクターと大きな公正な目で、この途中の、資料もらっております、今から細かく言います、町長も多分職員に気を使ったような答弁でありますけれども、民間の離職率と公務員とは全然違いますよ。

 公務員は給与制度、特にこの場合労働条件もしっかりしていますし、身分保障されていますし、この悪い流れをぜひ断ち切っていただきたい。でないと、私が意地悪な質問ではございません。町長にばりばりとやっていただきたい。きょうも朝から二、三の議員さんは町長に期待するというような質問が続きましたね。だから、私も同じベースで、今後の行政運営に影を落とさないためにも、町長、副町長も含めてですけれども、ぜひこの流れを断ち切っていただきたい。

 それで資料に入りますと、平成20年を皮切りに、私は周辺市町を聞き取りに行きました。嫌らしいやつだな、あそこの議員、安藤というやつはと言われるような気で行きました。町長、そこに今、名古屋市とございましたけれども、名古屋市に聞きました。大体私、数字も記憶しかしませんが、今、資料は豊山だけでございますが、大体もう1%ですよ、1%。豊山は平成、これは先輩議員も今までやられましたが、これ過去のことは終わったということではだめですよ、町長。温故知新、経緯、経緯は大事ですから。平成20年には8%ですよ。それから後はずっと5%台。入って5年目の人云々という資料もありましたけれども、そこまで言いませんが、近ごろでは難関を突破して新しい人がやめられると。これただ本人の問題じゃないですよ。本人の能力があるとかないとか、飽きちゃうとか。私のところで聞いていますのは、私ばかりやっていますが、役場なんだと、ええ給料で、またしっかりした、なぜもたんのかと。事情を知らん人はそうだね、ああきついんだな。みんな公務員、うらやましがってるのに何でこんなにやめると。これはやっぱり何かありますよ。ありますよ、何かこれは。町長が幾らいい公約上げてやると言ったって、やるのは職員ですからね。人は石垣、人は城と。私は恐れ多いですけれども、余り細かいこと言いたくないけれども、やっぱり人ですよ、マンパワーですよ。気持ちよく動く、そして住民も気持ちよく役場へ来る。職員は明るい職場で一生懸命気持ちよく働く。住民は気楽に役場へ来られる。この2つを基本として私は今回質問しております。

 これ間違っておったらどんな批判でも受けますよ。ここばっかじゃなく外でしゃべってもいいですよ。

 この今の数字は、とても尋常じゃないと。終わったことで何言っておると、まだ平成28年の数字はありますけれども、まだないとは言えませんね。だから、こういう数値を、これ町長にするか、総務部長にするかどうか、どういう、わかりませんけれども、議長にお任せしますけれども、このこういう数字を、ただ数字じゃなくて、どのように認識して受けとめてみえるかお聞きしたい。



○議長(水野晃君) 副町長。



◎副町長(鈴木邦尚君) まず、職員の離職の数の問題と思っていますけれども、私自身はここへ来て経験が少ないから、なかなか豊山町の実質の背景なんかは、特に豊山町が他の市町に比べてどうだこうだということについては申し上げる材料は持っていません。

 ただ、全体の傾向から言いますと、パーセントというのは母数の大きさによって、当豊山町は母数が少ないものですから、数の上ではパーセントはすぐ上がっちゃうという格好で、職員数というは先ほど町長の答弁ありましたけれども、民間に比べたらはるかに少ない、民間は大体3年以内に3割の職員が辞めちゃうということがありまして、世代的には多分一般的になりますけれども、仕事と自分の考え方が合わないと、すぐ転職、やめてしまうという今の世代というものの考え方の一つは多分あろうかというふうに思います。

 それから、最近特に個人的に思っていますのは、やめられる事由があまり大きな声で言えませんけれども、ある意味でいうと精神的な疾患で休養に入って、長期復帰が難しくて退職されるという事案の最近はかなりパーセンテージを占めてきているというふうに思っています。これは豊山町に限らず全体的な今の世代の流れだと思いますけれども、個人的に一つだけ、私の経験からいって、私の反省も含めますけれども、失われた25年間と最近よく言われていますけれども、バブルがはじけてから。何がいけないかというと、仕事に対する前向きな姿勢がなかなかとれない、これがいわゆる景気が低迷して税収も落ち込んできている。新しいことを考えて新しいものに着手するというか、むしろ過去の負の遺産をどう整理していくかということに大分職員が振り回されています。これが今、地方自治体の現状だというふうに私自身は捉えていまして、そういう方々が本来でいくと要所を引っ張っていかなきゃならない40代後半から50代に今なりかかってみえる。過去のいいことを知っている人間がほとんどもう離職していなくなると、それでいくと全体の環境が私たちが夢を持って先へ進めるという環境にないというのも確かに背景としてあると思います。

 ですから、一概に豊山町特有の問題というふうには思っていませんけれども、議員のご指摘をきちっと受けとめまして、豊山町独自のいわゆる職場環境の問題はぜひ教えていただくなり、また我々も関係に努めて、課題の解決については積極的に取り組みたいというふうに思っておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 副町長の答弁、おおむね了解しましたが、ただ、歯止めにならない時代ということであれですけれども、もう一つ参考までに申し上げておきますと、私は生まれも育ちも豊山でございますので、結果的に豊山の職員が多くやめておる。何でだと。言葉では言いません。データもありませんから、こういうものはね。だから、そういう点も、非常に今、いい答弁いただきまして感謝しておりますけれども、この点だけ。

 これがもう愛町精神というのは豊山には大変申しわけないけれども、やはりどうして豊山の人間が減っていくんだと。これ私、質問として責められましたけれども、次へ移ります。

 3番目の、これ当然のことですから聞くのはやぼかもしれませんが、職場改革の改善に関連というか大切な問題ですけれども、人事計画は、内容までは聞きませんが、あるかないかだけ。正直ありますか。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 人材育成におきましては、職員の職務遂行に必要な能力を開発するとともに、職務で発揮した能力や成果を適正に評価し、気づきを与えることで、職員の意識改革を図ることが重要となります。

 本町では、社会情勢の変化に対応し、職員一人一人が絶えず人材育成という視点を持ち続けるような組織文化の醸成を目指すため、平成19年度に豊山町人材育成計画を策定しました。

 この計画に基づき、職員みずからが目標とすべき職員像を定めた上で職務に取り組むほか、職員研修の実施や社会情勢の変化に応じた人材育成方針の見直しなどを適宜行っております。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) よくわかりました。

 人事計画をきちんと立てて、順次といいますか、きちっと行ってみえるというお答えでございますが、住民サービスの役場の一番最先端の同じポジションの課長が連続してやめられたと、こういうことは今後の人事計画の旨において進めていただきたいと思います。と言いながら、次に進みます。

 4つ目ですが、これ非常に私は力を入れてお聞きしたいと思いますが、管理職である部課長さんは、職場風土、働きやすい職場のためにどれほど心を砕いてみえるか、苦心の一端をお聞きしたいと思います。



○議長(水野晃君) 安藤総務部長。



◎総務部長(安藤光男君) 職員一人一人を気にかけ、その成長をアシストすることこそが管理職の重要な役割でございます。

 そのためには、何よりも仕事での達成感や充実感を得られる職場づくりが重要であると思います。

 こうしたことから、日常業務や個人面談を通して、所属職員と苦労や反省を話し合ったり、また、時にはねぎらいながら、仕事への意欲が高まるように常に意識しております。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 本当に優等生の100点の答えでございますが、もう少し部長、砕けて私が指摘してみますと、朝出てきて、出勤して、課長さんでも何でも、きょうはAという職員と話を、余りしゃべらない職員、無口なAと話ししてやろう、あしたはあの頑固なやつに声かけてみようとか、そういう意識で努めてみえれば、今言われた答え、いい答弁、それの実態は私もわかりませんけど、あの職員としゃべってやろう、一回も課長としゃべらん職員がおらんとは言いませんけれども、私ちょっと口幅ったいこと言うようですが、100の研修よりかも、そうした、きょうこの職員と話ししよう、きょうは一杯飲みに行こうかと、断られたけど行こうかと声をかけるとか、そういう現場の実践、一つの実践のほうがはるかに効果を発揮すると思いますけれども、これは私の偏見かもしれませんけれども、そういうことをすることによって、この職員がどう考えておる、職場の空気や景色が見えてくると思いますよ。

 研修が悪いとは言いません。研修10回しかない、毎日毎日Aという職員に声かけてやろうか、あの女の子はいつもちょっとおくれて来るけれども、声かけようかとか、そういう意識を持って温かく慈愛の精神を持って職員に−−叱るときは仕方ないですよ−−やはり温かい。ある市町では、あの課長が職員の失敗をフォローしたと、そういう美談を聞いております。逆に、逆のケースも聞いておりますけれどもね。これ大事なことですけれども。だから、そういうことのないように希望して、次の5番目の最後の質問に入ります。

 町長は非常に私、期待していますから、怒らんでくださいよ。

 結論的なことを言いますと、私自身も含めて、町長、誰のための仕事だと。いま一度この、誰のための仕事だという筋を純粋に通す。そうすれば答えは自然に出てきますよね。そういうことを最初にお願いしておきますが、言って、最後の質問に入りますけれども、町長の意気込みを正しく具現化するのは組織、マンパワーであります。これに異議を唱える者はないとは言いませんけれども、少ないと思っております。

 行政改革のスタート時点から、アグレッシブかつフレキシブルと、よく聞きました、この言葉。耳にたこが当たるぐらい。だけれども、実際は、一生懸命やってみえますが、アグレッシブというふうな雰囲気はどうも私はまだ、ちょっと言葉は悪いですけれども、達成度はとなるとまだまだ疑問が残っております。一生懸命やってみえるって、申しわけないですけれども、まだまだ達成度は疑問がある。

 そこで、若くて馬力のある服部町長には、堂々と達成して、今以上に風通しのよい職場を築いていただきたいと、改めて気持ちを込めた力強い一言をお願いしたいと思います。



○議長(水野晃君) 町長。



◎町長(服部正樹君) ありがとうございます。

 では、力強い言葉になるかどうかわかりませんけれども、昨今の職員数の低迷、また減少、地方分権改革に伴う地方の権限移譲が進むにつれまして、職員の業務量、年々増しておるというふうに思っております。また、本町では昨年度に多くの管理職員が定年退職しまして、職員の若年齢化が急速に進んでおるというところでございます。

 今後、こうした変化に応じまして、限られた人材で多くの業務を継続的に実施するため、組織づくりに努めるとともに、今以上の風通しのよい職場環境を構築していくことが重要だというふうには思っております。

 こうしたことから、私自身、各職場を回りながら、できるだけ多くの若手職員、特にコミュニケーションをとっているというところでございます。

 あわせて、各職場における朝の朝礼についても指示を出したところでございます。

 また、若手職員のモチベーションアップのために、できるだけ職員提案を実現したいと考えておりまして、これを具体化したものが、今月より、役場窓口1階に設置いたしました荷物スペースとひじかけを備えた椅子でございます。これは、町民の皆様にできるだけ快適に申請や相談ができるようにと若手職員から提案があったものでありまして、今後、若手職員提案によりまして、役場案内看板掲示等につきましても改善を行っていく予定でございます。

 よく「モノづくりは、人づくり」というふうに言われております。公務も同様に思っております。人づくりがよい職場をつくり、ひいては、よいまちづくりにつながっていくものというふうに思っております。引き続き、人材教育、そしてよりよい職場づくりに尽力してまいるというふうに思っておりますので、ご理解のほうよろしくお願いします。



○議長(水野晃君) 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 私の期待したといいますか、思っていた言葉がほとんど出ましたが、最後に老婆心ながら一言、町長もよく知ってみえる言葉でございますが、アサヒビールのスーパードライのアサヒグループの泉谷さんという社長さんの言葉でございますが、何をやるかは戦略−−会議ですね−−で決まり、どこまでやるかは職場風土で決まると、本当にこれ、町長、多分知ってみえると思いますが、いい言葉ですね。

 もう一つ、町長がよく知ってみえる、もうちょっと言えばファンかもしれませんが、かんてんぱぱ、天下のトヨタ自動車がかんてんぱぱの会長さんを経営合理化のお話に招いたという、このかんてんぱぱ、塚越さんは。管理職になる方は大抵名前ぐらいは知ってみえると思いますけれども、この人がいつも言ってみえるのが、社員が快適に働けるかどうか−−ここでは職員ですがね−−どうかを注意深くチェックすることが管理職としては大切だと、これを口酸っぱく言われておりますので、こういう言葉を町長、贈る言葉ですけれども、粗削りの答弁になりましたから、くどいようですけれども、これを参考にされて、賢明な町長のことですから、町民の安全・安心と幸せのために、私のきょう言わんとしたこと、言ったことが全て理解していただけたものと確信しております。

 町長の英断と行動力、アクションに私も町民の皆さんと同じように信頼と期待を寄せて終わります。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 安藤春一君の質問が終わりました。

 以上で一般質問は終わります。

 本日の日程は全部終了いたしました。

 なお、あすの議案質疑につきましては、午後1時30分からとなります。

 本日はこれにて散会といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時27分 散会