議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊山町

平成28年 12月 定例会(第4回) 12月16日−04号




平成28年 12月 定例会(第4回) − 12月16日−04号







平成28年 12月 定例会(第4回)



1.議事日程

   (平成28年豊山町議会第4回定例会)

                               平成28年12月16日

                               午後1時30分招集

                               於議場

 日程第1 諸般の報告

 日程第2 議案第81号から議案第91号(委員長報告、討論、採決)

 日程第3 議案第92号 北名古屋衛生組合規約の変更について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第4 議案第93号 地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書の提出について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第5 議案第94号 定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書の提出について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)

 日程第6 議会閉会中の委員会継続調査の申し出について

2.出席議員は次のとおりである(10名)

  1番   坪井孝仁          2番   山本亮介

  3番   岡島政信          4番   坂田芳郎

  5番   岩村みゆき         6番   安藤春一

  7番   水野 晃          8番   大口司郎

  9番   粟田昌子          10番   熊沢直紀

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(16名)

  町長      服部正樹   副町長     鈴木邦尚

  理事      梶田浩昭   教育長     西川 徹

  総務部長    安藤光男   総務課長    小川徹也

  税務課長    牛田彰和   防災安全課長  佐藤正司

  産業建設部長  長谷川徳康  地域振興課長  堀尾政美

  建設課長    櫻井充一   生活福祉部長  堀場 昇

  住民課長    蟹江敏彦   福祉課長    鈴木雅之

  保険課長    高桑 悟   教育次長    飯塚泰行

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(2名)

  事務局長    日比野敏弥

  書記      安藤真澄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時30分 開議



○議長(水野晃君) 皆さん、こんにちは。きょう、私、早朝名濃バイパス走りまして、犬山方面へちょっと用事がありましてちょっと走っていたわけですけれども、7時から7時25分、その間、ことし初の粉雪が舞っているところを走らさせてもらったんですが、議員各位、それから当局の皆さんのおかれましては、本当に寒くなってきておりますので、体には十分注意していただきたいと思います。

 また、ご高齢者を抱えるご家庭の皆様におかれましては、体調管理に配慮していただきますようお願いいたしたいと思います。

 ただいまの出席議員数は10名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 諸般の報告



○議長(水野晃君) 日程第1、諸般の報告を行います。

 本日お手元に配付いたしました追加提出議案一覧表のとおり、3議案が提出されましたので、ご報告申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第81号〜議案第91号(委員長報告、討論、採決)



○議長(水野晃君) 日程第2、議案第81号から議案第91号を議題とし、各常任委員会へ付託となっておりました。その結果報告を求めます。

 まず、福祉建設委員会の報告を求めます。

 福祉建設委員会委員長、岩村みゆき君。



◆福祉建設常任委員長(岩村みゆき君) それでは、福祉建設委員会の結果をご報告いたします。

 平成28年第4回福祉建設委員会審査結果報告書。

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、豊山町議会の会議に関する規則第76条の規定により報告します。

 記。

 1、日時、平成28年12月14日水曜日、午前9時30分から午前11時10分。

 2、場所、委員会室。

 3、出席者、委員全員、議長同席。

 4、議題、(1)付託議案について、(2)所管事項について、(3)その他、(4)陳情について。

 (1)付託議案である議案第81号公の施設の区域外設置について、委員より具体的な運行について質問あり。当局より、この議案の議決後に名古屋市交通局が法令上の手続を経て決定することになると答弁があった。討論もなく、全員賛成により原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第82号豊山町道路線の認定について、質疑、討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第83号豊山町農業委員会委員の定数を定める条例の制定について。委員より、なぜ16人か、また選出、選考方法について質問あり。当局より、地域的な農業のあり方を考え、従来と同等人数で、また以前16人から17人へふやすときの議会の議論を尊重し、16人とした。農業委員は現に営農に積極的な方が原則であり、意欲や地域的なものも考え、選考委員会で確認していくことになると答弁があった。討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第86号豊山町国民健康保険税条例の一部改正について、質疑、討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第87号豊山町道路占用料条例の一部改正について、委員より、どれくらい収入がふえるのか質問あり。当局より、平成29年度には約130万円、2割増加となると答弁があった、討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第88号豊山町都市公園条例の一部改正について、質疑、討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第90号平成28年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第4号)について、委員より、審査件数について質問あり。当局より、当初より35件の増加見込みであると答弁があった。討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 続いて、議案第91号平成28年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、質疑、討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定した。

 (2)付託議案は終わり、議案第89号平成28年度豊山町一般会計補正予算(第5号)について、所管事項の質疑に入り、委員より、障害者福祉、通所サービス、タクシー利用件数等の質問あり。当局より、それぞれ利用者の増加が主な要因であると答弁があった。3款民生費の児童手当については、3歳から12歳の被用者世帯の児童が1カ月ベース50人の増加のためと答弁があった。

 (3)その他に入り、建設課より工事の進捗状況の報告があった。保険課より、医療法人松陽会に対する訴訟の経過報告として、第1回口頭弁論が11月15日火曜日に行われ、裁判所より返還同意書の作成経緯等の書面2点の提出を求められ、現在、代理人(大樹法律事務所)において作成中。次回、口頭弁論が12月20日火曜日に開かれると報告があった。委員より、福祉施設駐車場の時間外の適正管理について質問があった。

 (4)陳情についての審議に入り、受理番号第11号介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての陳情書、受理番号第12号安心・安全の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善を求める陳情書、受理番号第13号介護従事者の勤務環境改善及び処遇改善の実現を求める陳情書、受理番号第14号地域の実情に応じた医療提供体制の確保を求める陳情書は、全て賛成少数にて不採択することに決定した。

 以上、報告いたします。



○議長(水野晃君) 福祉建設委員会の報告が終わりました。

 次に、総務文教委員会の報告を求めます。

 総務文教委員会委員長、大口司郎君。



◆総務文教常任委員長(大口司郎君) それでは、総務文教委員会から、平成28年第4回総務文教委員会審査結果報告をさせていただきます。

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定いたしましたので、豊山町議会の会議に関する規則第76条の規定により報告いたします。

 記。

 1、日時、平成28年12月15日木曜日、午前9時30分より午前10時15分。

 場所、委員会室。

 出席者、委員全員、副議長同席。

 4、議題(1)付託議案について、(2)その他、(3)陳情について。

 (1)付託議案である議案第84号豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、委員より、届け出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者との認定基準について質問あり。当局より、住民票の記載欄に婚姻未届けの場合には、その旨が表記されるので、これにより判断するとの答弁であった。委員より、介護時間の2時間を超えないとは分割取得も可能かとの質問に、午前中1時間、午後1時間も可能であり、時間単位で取得するとの答弁があった。討論はなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定をした。

 続いて、議案第85号豊山町税条例等の一部改正について、質疑、討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることに決定をした。

 続いて、議案第89号平成28年度豊山町一般会計補正予算(第5号)について、委員より、補装具交付費についての質問に、補装具の種類によって変わってくる。高額な補装具の申請があれば必要に応じ給付しているとの答弁があった。委員より、障害者福祉タクシー利用料金助成金についての質問に、基本料金を支払っている。最近は、介護つきタクシーの利用がふえているとの答弁があった。委員より、更生医療給付費についての質疑に、対象者が14名から15名に増員となったのが主な要因であるとの答弁があった。討論もなく、全員賛成により、原案のとおり可決することを可と認めることと決定した。

 (2)その他に入り、総務課より町民討議会のシンポジウムの開催を1月22日日曜日、午前10時から午後4時まで、社会教育センターホールにて行う。内容については、平成23年度から平成27年度まで討議会に参加された方々を中心に集まっていただき、講演会等を行うとの報告があった。

 防災安全課より、消防団年末夜警について12月28日から30日までの3日間、午後9時から11時まで行う。28日については午後8時より行うとの報告があり、西春日井2市1町合同消防出初め式が来年1月8日日曜日、午前9時30分より、北名古屋市の西春中学グラウンドで行われる。雨天の場合は当校体育館で行うとの報告があった。教育委員会事務局より、成人式が1月4日水曜日、社会教育センター2階ホールにて、午前10時受け付け、10時30分より式典が行われるとの報告があった。

 (3)陳情についての審議に入り、受理番号第9号「地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書」について、各委員から考え方についての発言があり、採決により賛成多数により採択することに決定をした。

 続いて、受理番号第16号「定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める陳情書」について、討論もなく、賛成多数により、採択することに決定をした。

 以上、報告をいたします。



○議長(水野晃君) 総務文教委員会の報告が終わりました。

 以上で各常任委員会の結果報告を終わります。

 議案第81号公の施設の区域外設置について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第81号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第82号豊山町道路線の認定について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第82号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第83号豊山町農業委員会委員の定数を定める条例の制定について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第83号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第84号豊山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第84号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第85号豊山町税条例等の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第85号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第86号豊山町国民健康保険税条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第86号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第87号豊山町道路占用料条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第87号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第88号豊山町都市公園条例の一部改正について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第88号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第89号平成28年度豊山町一般会計補正予算(第5号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第89号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第90号平成28年度豊山町介護保険特別会計補正予算(第4号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第90号は委員長の報告どおり可決されました。

 議案第91号平成28年度豊山町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について討論に入ります。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第91号は委員長の報告どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第92号 北名古屋衛生組合規約の変更について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(水野晃君) 日程第3、議案第92号北名古屋衛生組合規約の変更についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(服部正樹君) 〔議案第92号朗読〕

 内容につきましては、生活福祉部長より説明をさせます。

 よろしくお願いします。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 議案第92号北名古屋衛生組合規約の変更について説明をします。

 さきの全員協議会で経過報告をさせていただきました(仮称)北名古屋清掃工場建設事業に関して、近隣の地元自治会及び事業者からの意見や要望に応えるため、清掃工場の余熱を利用する余熱利用施設及び附帯施設等を名古屋市へ要望し、現在は北名古屋市及び北名古屋衛生組合とともに協議を進めているところであります。

 この余熱施設等は北名古屋市二子地区を建設予定地として事業を北名古屋衛生組合が建設、維持管理及び運営を実施しますが、共同処理する事務を変更するため町議会の議決を経た後に愛知県知事への許可申請をすることになります。このため北名古屋衛生組合管理者から協議を求められたことにより、提案をするものでございます。

 それでは、新旧対照表で説明をいたしますので、3ページをごらんになってください。

 規約第3条に組合の共同処理する事務に第3条の余熱利用施設(温水プール)及び附帯施設の建設、維持管理及び運営に関する事務を加えます。

 次に、規約第8条には組合の経費の支弁の方法が規定されており、現行の規約の同条第3項に、余熱利用施設(温水プール)及び附帯施設の建設に要する組合市町の負担割合を定める条文に一部改正を求めるものでございます。

 なお、今回の規約の変更に係る余熱利用施設、温水プール及び附帯施設の建設、維持管理及び運営に関しましては、要望先であり、応分の負担をする名古屋市との協議により名古屋市の負担が決定をされた事業の範囲となってまいります。

 1ページに戻ります。

 この規約は、平成29年4月1日から施行となります。

 以上で北名古屋衛生組合規約の変更についての説明を終わります。

 以上です。



○議長(水野晃君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。発言を許可いたします。

 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 8番大口司郎でございます。

 ただいまのご説明についてご質問をさせていただきます。

 先ほど提案説明のあった名古屋市の応分の負担というところがございましたが、これについてご説明をいただきたいと思うわけです。

 よろしく。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 新たに建設する新工場全体の計画処理能力でございますけれども、日の処理能力が660トン、これは9月議会の終了後に9月21日でありましたけれども、名古屋市からこういった資料で整備運営事業の概要で説明を受けたところでございます。この日処理能力の割合を分けますと、名古屋市が530トン、それから北名古屋衛生組合が130トンであります。したがいまして、余熱施設と附帯施設の対象となる事業の負担割合につきましては、この日処理能力の割合をもとに名古屋市が530トンで8割、それから北名古屋衛生組合が130トンで2割と、こういうことで、そういった負担の割合ということで、現在協議をしているというところでございます。

 よろしくお願いします。



○議長(水野晃君) 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) ただいまの説明の中で、この負担協議が万が一調わなかったものについて、負担を求められた場合はどうされるんでしょうか。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 組合が実施をする事業でありまして、負担協議が調ったものを対象としております。負担協議が調わないものはないというふうに考えておりますが、協議でありますので、万が一、どうしても負担や変更を求められた場合、これはまた協議を行うということになってまいります。

 以上です。



○議長(水野晃君) ほかに質疑はございませんか。

 岩村みゆき君。



◆5番(岩村みゆき君) 5番岩村みゆきです。

 規約の変更なんですけれども、余熱利用施設と附帯施設ということが追加されるんですけれども、その対象となる範囲についてご説明お願いいたします。



○議長(水野晃君) 堀場生活福祉部長。



◎生活福祉部長(堀場昇君) 余熱利用施設は温水プールと附帯施設として温水プールの諸施設、そこに入っているほかの部屋だとか、そういったものも含めて、それと周辺道路の整備が計画をされておりまして、対象の範囲は、今回変更する北名古屋衛生組合規約の第3条及び第8条に定める余熱利用施設及び附帯施設で、名古屋市との協議により名古屋市の負担が決定をしたものがその範囲というふうになってまいりますので、よろしく理解をお願いしたいと思います。



○議長(水野晃君) ほかに質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 質疑が終わったようですので、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略し、直ちに討論に入りたいと思いまが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略し、直ちに討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので……

     (8番大口司郎君「議長」と呼ぶ)

 大口司郎君、何かありますか。



◆8番(大口司郎君) 先ほど質問をさせていただきましたが、賛成の立場ですが討論をしたいと思いますので、議長に発言の許可をお願いしたいと思います。



○議長(水野晃君) 大口司郎君の発言を許可いたします。

 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 8番大口司郎でございます。

 現在のところ協議中である名古屋市と北名古屋衛生組合との負担割合は新工場の計画処理能力である名古屋市が1日530トン、北名古屋衛生組合が1日130トンを前提とすることを望みます。

 また、対象事業は負担協議が調ったもののみを対象といたしまして、負担協議が調わないものは負担をしないこと。もし負担割合が変更された場合については、再度協議することを望み、賛成の討論といたすものでございます。

 最後に、発言の機会を与えていただきました議長に感謝をいたします。ありがとうございます。



○議長(水野晃君) ほかに討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論が終わったようですので、討論を終結し、採決いたします。

 議案第92号について、原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立全員であります。

 よって、議案第92号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第93号 地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書の提出について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(水野晃君) 日程第4、議案第93号地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 提出者を代表して、大口司郎君より提案理由の説明を求めます。

 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 〔議案第93号朗読〕



○議長(水野晃君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

 討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

 山本亮介君。



◆2番(山本亮介君) 2番山本亮介です。

 地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書について、反対の立場で討論をさせていただきます。

 厚生年金制度に加入することは、国民年金保険料のみを納めている25歳以上の議員にとって老後の年金生活への不安の解消につながると考えてはいます。私も国民年金保険料のみを納めているので、このままだと老後にもらえる年金は少ないというのは確かな事実でございます。なので、厚生年金制度への加入、喜ばしいことだと考えておりましたけれども、しかし、今回さまざまな多方面から意見を聞いたり、考え直したりする中で、この意見書に反対する理由が幾つも出てきましたので、1つずつお話ししたいと思います。

 1つ目は、今の議員報酬からさらに厚生年金保険料が引かれると、月々の生活が今よりもさらに苦しくなるという問題です。豊山町では報酬月額は28万2,000円となっており、そこから所得税や国民健康保険料、国民年金保険料などが引かれていきます。議員それぞれの生活にもよりますけれども、そこから家賃や電話代、食事代、光熱費などを支払います。豊山町の場合は、政務活動費がないため、広報を発行したり、視察に行ったりするお金というものは当然議員報酬の中から支払うことになります。そうすると手元に残るお金というのは正直本当に月々で考えれば、わずかではないかと考えております。

 2つ目は、厚生年金制度は事業者と保険料を折半することになるので、自治体の負担が大きくなるという問題です。町村においては、豊山町よりも低い議員報酬や財政力の低い財政力の自治体も多く存在しております。そうした自治体においてはこれまで以上に自治体行政を圧迫させるおそれもあります。この意見書については、賛否が分かれており、都道府県議会、市町村議会でそれぞれ賛否が分かれていると聞いております。とりわけ自治体の財政力指数が低いところでは、否決に至るところが多いと聞いております。

 3つ目は、住民の理解が得られるかという問題です。私たちは選挙によって町民から選ばれた町議会議員でありまして、先ほど述べたように私たち議員が厚生年金に加入することになれば、自治体に保険料を折半してもらうことになるわけですけれども、そのお金は紛れもなく町民の税金であります。私たちは町民から選ばれている以上、町民の税金を使って厚生年金に加入してもよいか、もっと町民の声を聞いてから判断すべきではないかと思っております。

 また、この議員を志す新たな人材確保につながっていくという文言が意見書の中にありましたけれども、果たして厚生年金に加入できるからという理由で議員を志す人がふえていくのかというと、疑問が残るところもあります。

 私はここまで上げたさまざまな理由から今回の意見書提出することに賛成することはできません。

 以上、反対討論を終わります。



○議長(水野晃君) 次に、原案に賛成者の発言を許可いたします。

 安藤春一君。



◆6番(安藤春一君) 議案第93号について、賛成の立場で意見を述べます。

 住民の代表である私たちには、住民福祉と公益のための積極的な活動が求められております。

 しかしながら、昨今は議会議員の不足といいますか、いわゆるなり手が少ないという現象が起きて、全国的にも問題視されていると思います。

 選挙年齢の引き下げに伴い、若者に対して政治への関心を高め、幅広い政治参加、議員を志す新たな人材確保の手段の一つであると考え、現行の制度上からは将来的な社会保障といいますか身分保障的なものは必要であるということから考えて、賛成いたします。



○議長(水野晃君) ほかに討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論が終わったようですので、討論を終結し、採決いたします。

 議案第93号について、原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立多数であります。

 よって、議案第93号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第94号 定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書の提出について(上程、提案説明、質疑、討論、採決)



○議長(水野晃君) 日程第5、議案第94号定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 提出者を代表して、大口司郎君より提案理由の説明を求めます。

 大口司郎君。



◆8番(大口司郎君) 〔議案第94号朗読〕



○議長(水野晃君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑を行います。発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 質疑がないようですので、質疑を終結します。

 討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許可いたします。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) 討論がないようですので、討論を終結し、採決いたします。

 議案第94号について、原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(水野晃君) ありがとうございました。

 起立多数であります。

 よって、議案第94号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議会閉会中の委員会継続調査の申し出について



○議長(水野晃君) 日程第6、議会閉会中の委員会継続調査の申し出についてを議題といたします。

 別紙でお手元に配付いたしました2常任委員会、議会運営委員会及び議会広報編集委員会より閉会中の委員会継続調査の申し出が出されております。

 本継続調査の申し出について、これを認めることにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(水野晃君) ご異議なしと認めます。

 よって、本継続調査の申し出を認めることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(水野晃君) ここで、町長より挨拶の申し出がありますので、発言を許可します。

 町長。



◎町長(服部正樹君) 平成28年第4回定例会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 今定例会にご提案いただきました全議案につきまして、慎重にご審議をいただき、全てをご議決賜り、厚く御礼を申し上げます。

 今後行う事業につきまして、十分留意の上、適切に執行してまいります。

 これからも本町の発展並びに町民の負託に応えるために努力してまいりますので、議員の皆様方のより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 最後に、皆様方のご健勝と、今後ますますのご健闘を心からお祈りいたしまして、お礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(水野晃君) 以上をもちまして、平成28年豊山町議会第4回定例会を閉会といたします。

 長時間ご苦労さまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時24分 閉会

 以上、会議の経過は、議会事務局長日比野敏弥の記載したものであるが、その内容の相違ないことを証するためここに署名する。

                豊山町議会議長   水野 晃

                会議録署名議員   岡島政信

                会議録署名議員   坂田芳郎